2013
08.31

オンドレイネペラト杯エントリー

文字かpdfで出さずに、画像でエントリーを出す高等テク。文字に起こすのめんどくさかったの?
僕もめんどくさいよ。

男子

MEN-2.jpg



ベルネルさんはここでシーズンを始めます。そういえば去年も出ていましたよね。結構な演技をして・・・・・。マイナーさんはボストンのプログラムをここで初披露です。日本からはむらむらとあきお。アメリカ補欠出すな。ケチんな。

女子

LADIES-1.jpg



再びチームボストン、ガオーさん出場です。だから補欠出すなって。オーストリアとドイツなんて4人出てるんだぜ。日本からは今井と西野が出場。ロシアはコロベイニコワとゴスヴィアニ。コロベイニコワはジャンプをどれだけ降りられるのでありましょうか。たぶんヨシ子さんは出られないですね。

ペア

PAIRS-1.jpg



ペアは8組でギリギリワールドスタンディングのポイントをもらえます。1組でもいなくなればアウト。イルハンも出ますよー。最近僕の中で可愛すぎると話題になっているマルティウシェワと、いつの間にか結婚をしていたロゴノフさん出てきます。昨シーズンはプログラムが良かったのにgdgdな演技が多かったので、今シーズンこそは。アメリカはペア3組。なんでここは出すんだ!!!!!意味分からんぞ!!!

アイスダンス

ICE-1.jpg



カペラノはここでシーズンインですか。上位勢でFDが不明なのってカペラノだけなんですよ。イリカツはもうすぐ出すので。本命はロミジュリ、対抗でトスカね。レミゼとドクトルジバゴも考えられたけど、チョクベイと被るから無いですね、シュピルですし。イタリアは4組出せばいいのにアレバト久しぶりに見たいぞ。毛刈りしたバトゥーリ見たいぞ。
アルイーは微妙なプログラムに手を加えられていればいいのですが。ハベドノはスケアメ決まったし、スケカナと連戦だから良いけど、カヌーシオ&マクマナスは出てもいいじゃないか。
エントリーしたはずのプシゲレが入っていないという。これは1.スロバキア連盟のうっかり。2.ロシアスケ連の出し忘れ。3.ロシアスケ連が勝手に出さなかった。さあどれでしょう。僕のロシアスケ連への不信感は並ではありませぬ。

フィンランディアのエントリーも直に出ると思います。今のところ、あっこちゃんや羽生、がっちゃん、テサモエあたりが出場予定です。ネーベルホルンから連戦になりますけど、ポスターになっているからキーラは出ることになるんでしょうか。五輪シーズンということもあって、会場が満員になって、金髪幼女たちの大歓声に包まれるのですね。

各国連盟へ言いたいこと
アメリカ→派遣しろ、TSLの取材申請通せ!
ロシア→リリース認めろ、選手クビにすんな!
フランス→黙れ
日本→もっと良いホームページ作れ
中国→日程考えろ、ナショナルの日程をずらせ
イタリア→神
Comment:0
2013
08.31

新プロ情報32

まだ大物が残っておりました。

アリオナ・サフチェンコロビン・ゾルコビー
LP:くるみ割り人形

SPはアンドレ・リュウ作曲のプログラムにしますが、LPは珍しいことに王道できます。でもボレロの発表聞いて、「アレ」だったので、まだまだ油断はできません。頼むからオリンピックシーズンに変なことしないで。

キーラ・コルピ
SP:A day in the life
LP:Once upon a time in America(続行)

ジェフリー・バトル氏振付のプログラムはジェレミー・アボットさんが2009-2010に滑ったジェフ・ベックが演奏したバージョンのようです。あれ良い音源ですよね。このプログラムでどんな衣装にするのキーラさん。黒はLPで使ってるよ。久しぶりに赤い衣装どや?

ヴァネッサ・ラム
SP:イルミネーション
LP:アーティスト(続行)

とっくの昔に発表されていたのに忘れていました。一斉発表の時に全米の上の人から調べて行ったので、彼女は出場していなかったもので。ごめんねラムだっちゃ。SPは好きな曲なので嬉しいです。

ブライアン・ジュベール
LP:インセプション

プログラム続行という話は出ていて、当初はグラディエーターだったのですが、そうではなくてインセプションの方になるそうです。リベンジとは珍しい。また変える気がしないわけではありません。

リーザのSPがマンボなのに、LPがフラメンコ/マラゲーニャっていうのは一体。本人が良いなら僕は良いですけど。いや本当は嫌ですけど。コーチ変えません?100%本気で変えて欲しい。
Comment:0
2013
08.31

JGPリガ杯 2日目 アイスダンスSD・ペアリザルト・女子リザルト

今シーズンは踊るリッツの夜祭りになるのか。憂鬱だ。この曲だけではなくて、SDで同じ曲多過ぎる。もうやだ。Big Bad Voodoo Daddyは禁止にしろ。ついでに無良も滑んな。

アイスダンスSD
1 Mackenzie BENT / Garrett MACKEEN(カナダ)55.21
2 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)52.40
3 Alla LOBODA / Pavel DROZD(ロシア)50.93 PB
4 Elliana POGREBINSKY / Ross GUDIS(アメリカ)49.56 PB
5 Estelle ELIZABETH / Romain LE GAC(フランス)47.64 PB
6 Daria KOROTITSKAIA / Maksim SPODIREV(ウクライナ)46.55
7 Sara GHISLANDI / Giona Terzo ORTENZI(イタリア)38.48
8 Kathrin HAUSER / Sevan LERCHE(ドイツ)36.24
9 Florence CLARKE / Tim DIECK(ドイツ)35.29 PB
10 Olga JAKUSHINA / Aleksandrs GRISHINS(ラトビア)29.60
11 Kristsina KAUNATSKAIA / Yan LUKOUSKI(ベラルーシ)28.00 PB
12 Reka STAUDT / Mate STAUDT(ハンガリー)21.44 PB

ロボダ&ドロースト
ドローストってツグミって意味みたいです。良い名字だなあ。ロシアは新しいカップルが出てきてもある程度はこなしますね。クイックステップのパターンのところ、スウィングみたいな雰囲気だったのが気になります。曲が変わっているので演じ分けを見せて欲しかった。ツイズルは上手にできました。

ウクライナさん
マスクのやつをテンポを下げて使用。まだ頭からだから耐えられます。途中からだったら違和感で戻しそうに。女性のスカートがすごいです。燕尾服をスカートにしたような雰囲気。キャバレーのお姉さんっぽい。フリーレッグをもう少し綺麗に揃えて欲しい。足先ダラーンってなってます。フィニッシュはキリッと決められないものか。

ポグレビンスキー&グディス
女の子がしっかりしている印象、多分ガタイの話。なぜこのカップルだけ名前のコールまで映像に収められていたんだろう。

ベント&マッキーン
期待に違わぬ滑りをしてくれました。何よりパターンの脚上げるところでバラバラで足先ダラーンとなっていない、それだけで素晴らしい。男の子はほっそいのが気になってましたが、ガタイが少しよくなってくれて良かった。でもこういう髪の色と形だと昔のヨガマスターに見えるんだよなあ。ヨガマスターはハンサムだから良いのよ、でもスタミナとかは見習わないで。リフトのポジションチェンジ時のもたっと感が雰囲気を損なうので、僕ならGOE±0あげちゃう!
男の子の趣味、ホッケーとラクロスてって、そんなに棒握りたいのか?

マクナマラ&カーペンター
女性がとんでもなく若い年齢ながら大活躍の昨シーズンから、今シーズンも個性的なSDになりました。少し粗さはありますが、とにかく元気です。王道カップル的な雰囲気のある美男美女というわけでは無いので、こういう不思議プログラムは良いと思います。お衣装も素敵ですし。

エリザベス&ルガク
女の子のジャケットの裾の裏地が水玉。ジャケットなのにヒラヒラスカート。ジャケットなのに背中パッカーンも不思議。これが、これがフランスなのね。恐ろしい。下手では無いのですが、味が無い。音楽の表現が感じ取れません。チェコに移籍したニール・ブラウンぐらい、あれぐらいアスレチックさを極めていればまだかっこいいんですけどね。体をしっかり伸ばしていない、ポーズを決めていない。だから全体的にダラダラとした印象を受けてしまいました。

ペアLP
1 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)104.86 PB
2 Xiaoyu YU / Yang JIN(中国)104.50
3 Maria VIGALOVA / Egor ZAKROEV(ロシア)102.93 PB
4 Mingyang ZHANG / Zhong XIE(中国)88.93 PB
5 Arina CHERNIVSKAIA / Antonino SOUZA-KORDYERU(ロシア)82.00 PB
6 Dylan CONWAY / Dustin SHERRIFF-CLAYTON(カナダ)77.90 PB
7 Mary ORR / Phelan SIMPSON(カナダ)71.11
8 Christina ZAITSEV / Ernie Utah STEVENS(アメリカ)67.49
9 Ekaterina PRIBYLOVA / Jegors Nikita ADMIRALOVS(ラトビア)64.55
10 Marin ONO / Hon Lam TO(香港)52.63 PB

ペアリザルト
1 Xiaoyu YU / Yang JIN(中国)160.75
2 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)157.82 PB
3 Maria VIGALOVA / Egor ZAKROEV(ロシア)154.39 PB
4 Mingyang ZHANG / Zhong XIE(中国)133.88 PB
5 Arina CHERNIVSKAIA / Antonino SOUZA-KORDYERU(ロシア)128.79 PB
6 Dylan CONWAY / Dustin SHERRIFF-CLAYTON(カナダ)116.05 PB
7 Mary ORR / Phelan SIMPSON(カナダ)110.77
8 Christina ZAITSEV / Ernie Utah STEVENS(アメリカ)104.84 PB
9 Ekaterina PRIBYLOVA / Jegors Nikita ADMIRALOVS(ラトビア)100.08
10 Marin ONO / Hon Lam TO(香港)82.51 PB

ジャンシェイ
同門で道被りの謎ペア。高いトリプルツイストからでした。SPに引き続きスローはダブルでした。ミスしたわけではなくて出来ないのか。質はとても良いです。欧米の身長差のあるペアを見ると「すごーい」ってなるけれど、同じアジア人で見たら、現実味が出て誘拐犯感が増してしまいます。リフトは超楽そうで上手でした。
トリプルツイストかと思ったら、クワドツイストでしたー。気が付かなーーーい。

タラモロ
G線上のアリアと四季。ジャンプをスッテーンするイメージがありましたが綺麗に3Sと3T+2Tを成功させました。全後半の分かれ目で男性が膝を付くところで、白い息が見えました。そうだ、リンクは寒いんだ。スローは堪えましたし、ミスはほとんど無い演技でした。もう少しエレメンツ1つ1つをスムースにこなせるようになれば良いですね。コレオシークエンスも、もうちょっと音楽に合わせてしっとり滑って欲しかった。ガッツポーズ。

ユージン
3Tお手つきからのスタート。2A+2Aは問題なし。ペア選手の中ではソロジャンプは割かし安定しているイメージがあります。雪組がコーチをしたからか、デススパイラルのポジションが雪ちゃん風味。でも雪ちゃんはあのポジションでスルルーーーンと回っちゃうんだな、バケモノだわ。コレオシークエンスではちゃんと音楽を表現しています。それだけでちょっとした感動。後半にまとめた投げ技3つは安定。1位のPCSが出たのは納得納得アンド納得。上手くなった。well done ユージン、good job ズエワ、thank you 雪組。

ヴィガザク
バレエっぽくホップをたくさん入れたプログラム。ソロジャンプはまだ2Fです。3Tにできないとどうにも勝負していけないので、がんばっていただきたい。この組のオーバーな表現好きです。スパイラル綺麗。リフトはもう少し音楽に合ったらいいなあ。

女子LP
1 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)114.35 PB
2 Maria SOTSKOVA(ロシア)107.04 PB
3 Alaine CHARTRAND(カナダ)97.35 PB
4 Karen CHEN(アメリカ)96.05 PB
5 Na Hyun KIM(韓国)95.83 PB
6 Lutricia BOCK(ドイツ)91.02
7 Yasmin SIRAJ(アメリカ)90.62
8 Yura MATSUDA(日本)87.49 PB
9 Xiangning LI(中国)87.43 PB
10 Yuka NAGAI(日本)84.81
11 Laurine LECAVELIER(フランス)80.84
12 Liubov EFIMENKO(フィンランド)75.11 PB
13 Inga JANULEVICIUTE(リトアニア)73.91 PB
14 Pernille SORENSEN(デンマーク)73.27 PB
15 Kristina Isabel YNTEMA(オーストリア)64.95
16 Anna AFONKINA(ブルガリア)64.56 PB
17 Eike LANGERBAUR(エストニア)63.43
18 Kristine GAILE(ラトビア)62.14
19 Taylor DEAN(オーストラリア)60.76 PB
20 Maria GAVRILOVA(ウクライナ)60.53 PB
21 Pina UMEK(スロベニア)60.42 PB
22 Ieva GAILE(ラトビア)57.98
23 Cristina MARTINEZ(アンドラ)55.93 PB
24 Maria BAKUSHEVA(ベラルーシ)54.66 PB
25 Melisa Sema ATIK(トルコ)54.44
26 Niki WORIES(オランダ)52.89 PB
27 Alina FJODOROVA(ラトビア)50.87

女子リザルト
1 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)169.52 PB
2 Maria SOTSKOVA(ロシア)166.49 PB
3 Karen CHEN(アメリカ)154.26 PB
4 Alaine CHARTRAND(カナダ)146.95 PB
5 Na Hyun KIM(韓国)143.12 PB
6 Yasmin SIRAJ(アメリカ)142.32
7 Lutricia BOCK(ドイツ)134.04 PB
8 Yuka NAGAI(日本)131.68
9 Yura MATSUDA(日本)130.08 PB
10 Xiangning LI(中国)129.27 PB
11 Laurine LECAVELIER(フランス)128.51
12 Liubov EFIMENKO(フィンランド)126.91 PB
13 Inga JANULEVICIUTE(リトアニア)116.39 PB
14 Pernille SORENSEN(デンマーク)105.76
15 Anna AFONKINA(ブルガリア)101.40 PB
16 Eike LANGERBAUR(エストニア)98.56 PB
17 Kristine GAILE(ラトビア)98.38
18 Kristina Isabel YNTEMA(オーストリア)98.32 PB
19 Ieva GAILE(ラトビア)95.26
20 Maria GAVRILOVA(ウクライナ)93.72 PB
21 Taylor DEAN(オーストラリア)92.14 PB
22 Pina UMEK(スロベニア)90.52 PB
23 Cristina MARTINEZ(アンドラ)85.57 PB
24 Niki WORIES(オランダ)85.02 PB
25 Maria BAKUSHEVA(ベラルーシ)84.68 PB
26 Melisa Sema ATIK(トルコ)81.79
27 Alina FJODOROVA(ラトビア)81.31

メドヴェージェワ
5種7トリプルを降りました。レベル4のスピン、レベル3のステップを揃えて、全エレメンツでマイナスのGOEが1つもありませんでした。こんなところですでにノーミス券を使うとは。トランジションはちゃんと入れているのですが、この音楽に対して彼女が適した動きをしているのかと考えると、少しピョコピョコと跳ねるような動きが多くて、合っていないように感じてしまいました。ジャンプが小さいので、体が大きくなると苦労はしそう。ヘアカッターポジションはやっぱり大好き。衣装も好き。水色の衣装は何でも好きかもしれない。

ソツコワ
荒川さんのサイバースワン的な衣装のピナ・バウシュ。ウネウネした腕の動きがリーザに見えてくるぜ。でも豊富な上体の動きはいいなあ。2Aの後にその軌道をもう一度滑ってスピンっていうフィニッシュ、この振付好き。微妙にこちらの方がPCSで上位に来たのは納得できます。どっちもメジャー曲なので、公平にも見られたでしょうし。そのタイツの履き方は止めてー。

カレン
セカンドトリプルがどちらもダウングレード、アクセルがノーバリュー。かなり大きなミスでした。ステップ素敵でした。ザッザッザッザッと同じ勢いで滑り過ぎな気がしなくも無いですけれど、それでも素敵です。3Fのeは見逃せられないような物だと思います。スピンは加点が全て1,00以上という質でした。後半はエレメンツの詰め込み過ぎなのか、常に急いでいるような印象。スピードがあるから?リンキングフットワーク、スケーティングスキルは1番が付いても良いと思いました。ジャンプがガタガタッとなったけれど演技が崩れなかったから、1番のPCSが付くと思ったのに。みんながレミゼの中、ミス・サイゴン。偉い!

チャートランド
彼女のハーフループはジャンプ(ステップ)じゃなくて、歩いているように見えてしまいます。ジョアニーは上手だったわハーフループ。オールレベル4で揃えました。SPもほとんどレベルはとれていました。後半になるにつれてガサツになって行くのが面白いなあ。でもステップは綺麗。でも彼女のエレガサツさはドクトルジバゴらしいっちゃらしくもあります。
モントリオールとかケベック生まれならシャルトランって呼ぶのに、困る。シャトルランに似てますね。僕あれやったこと無いんです。

松田はほぼ全てのジャンプがアンダーローテーションの判定を受けました。これはもうしょうがない、低くて回りきれないですもん。オーストリアや中国の選手は2種4トリプルですけど、きちんと回りきっています。回りきることの大切さ。

レカヴェリエやエフィメンコがドーーーンってなって、フェードロワは最下位ですか。トリプルが跳べなくなっている。

スケーターの画像をパソコン本体とUSBに保存しているけど、もしかしたら地震が起きてパソコンがぶっ壊れ、USBが火事に飲まれるかもしれないという、考えからGoogle ドライブにも保存しました。磐石の三重構造であります。アップロードには13時間を要しました。5G無料なので、オススメです。ステマじゃないよ。
Comment:2
2013
08.30

JGPリガ杯 1日目 女子SP・ペアSP・男子SP

ヨガマスターからインスタでコメントもらって、ちょっと機嫌が良い人です。

まずはJGPに関係の無いお話。ザ・スケーティング・レッスンがUSクラシックの取材申請をした所、USAFAから拒否されたみたいです。自由なスタイルで好き勝手言っていたのが、気に食わなかったのでしょう。僕はTSLを支持しますよ。取材をするなら少しスタイルを変える必要があるかもしれませんが、どのメディアも「調子は?練習は?成功の秘訣は?」なんてつまらないし、不要。利権と保守的思考にまみれた世界は嫌いだ。

女子SP
1 Maria SOTSKOVA(ロシア)59.45 PB
2 Karen CHEN(アメリカ)58.21 PB
3 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)55.17 PB
4 Liubov EFIMENKO(フィンランド)51.80 PB
5 Yasmin SIRAJ(アメリカ)51.70
6 Alaine CHARTRAND(カナダ)49.60 PB
7 Laurine LECAVELIER(フランス)47.67
8 Na Hyun KIM(韓国)47.29 PB
9 Yuka NAGAI(日本)46.87
10 Lutricia BOCK(ドイツ)43.02 PB
11 Yura MATSUDA(日本)42.59
12 Inga JANULEVICIUTE(リトアニア)42.48 PB
13 Xiangning LI(中国)41.84 PB
14 Ieva GAILE(ラトビア)37.28 PB
15 Anna AFONKINA(ブルガリア)36.84
16 Kristine GAILE(ラトビア)36.24 PB
17 Eike LANGERBAUR(エストニア)35.13 PB
18 Kristina Isabel YNTEMA(オーストリア)33.37
19 Maria GAVRILOVA(ウクライナ)33.19 PB
20 Pernille SORENSEN(デンマーク)32.49
21 Niki WORIES(オランダ)32.13 PB
22 Taylor DEAN(オーストラリア)31.38 PB
23 Alina FJODOROVA(ラトビア)30.44
24 Pina UMEK(スロベニア)30.10
25 Maria BAKUSHEVA(ベラルーシ)30.02 PB
26 Cristina MARTINEZ(アンドラ)29.64 PB
27 Melisa Sema ATIK(トルコ)27.35

ナヒュン・キム
3F-2T 3Lo 2A
ジャンプ技術は割りとしっかりしているのに、踊り心が少しばかり足りないのが韓国の伝統なのでしょうか。韓国って音楽にしろバレエにしろ、とにかくオーバーな所が特徴だと思うので、フィギュアスケートでもそういうやり過ぎな選手出てきて欲しい。シットスピンは上手だったけれど、エスパーニャ・カーニなのでキャメルはもっと足を張って欲しかった。その後のトランジションは良かったけれど、ステップがこれまた問題あり。でも後半2つのジャンプも入りましたし、良い出来でした。

ソツコワ
2A 3F-3T 3Lo
トランジションいっぱい入れてからの2Aスタート。ジャンプは3つとも綺麗でした。スピンは少し軸がブレているものの回転速度が速くてポジションも綺麗です。2000年生まれ13歳とは思えないぐらい、動きは洗練されています。品も感じられます。見た目はゲルボルトみたいになりそう。

メドヴェージェワ
2A 3F-3T 3Lo
分かりやすくインパクトがありました。インパクトはあったけれど、ソツコワとそれほど点数に開きがあるような後半項目かな?とも思いはします。ステップ中の細かいステップは音に合っているのか、外しなのか、それもよく分かりません。上向いて、腰を曲げる「エクスタシー」的な振付は小慣れ感と風格、身長も必要なので、ジュニア選手にはあまり向かないと思います。これは僕の振付の好み。最後のレイバックスピンのヘアカッターポジション安定しまくってて驚きました。
ステップノーカンはリンクを十分に使えていないという事でしょうか。規定は短い方をいっぱいいっぱいか、長い方の2倍の距離ってなってますよね。たしかに短いか。

サハノビッチが出場する大会を変更しましたが、それでも強いロシア。

エフィメンコ
3Lo 3F-2T 2A
ふたりの天使で、ちょっとエッチな情景を浮かべてしまうのは日本人だけなのだろうか。別にそんな曲でも無いのに。天使だから背中に羽ついてるwwwwwそのストレート過ぎる発想はありませんでした。着氷の固さはフィンランドの諸先輩方を見習っているのでしょうか。足首がカッチーンって。もう少し流れると良いですよね。滑りが漕いでいるというより、もがいているように見えました。がんばれー。最後のスピン2つは元気。良い悪いじゃなくて「元気」。

11番滑走のラトビアの子、練習時間週に2時間ってどういうことだ・・・・・日と間違えてない?シングルの競技プログラムにまで、アデルはもってこないでえええええええええ。18番滑走の子と双子。

松田
3F-3T 3Lo 2A
およよ、またエスパーニャ・カーニ。ジャンプは3つとも降りたのですが、TESがすごい事になってしまっています。回転が足りていません。昨シーズンでもほとんどのジャンプで足りていなかったので、厳しいですね。国内の認定じゃ、あてにならんということか。

永井
3Lz so 3Lo 2A
ちっこい子がいっぱいだったから急に大人がキター!って思ったらまだ14歳だった。でも背が高いってだけで動きが大きいし、一歩が違うからPCSの面ではジュニアでは得ですね。ジャンプは高さがあるので、+1は一律貰えると思います。

カレン・チェン
3Lz-3T 2A 3Lo
ちっちゃいのに若いのに、しっかり「女」なのがアメリカ女子の強みです。一人だけ雰囲気が違いすぎました。ジャンプは高いし、スピンは速いし、一人だけステップ動きまくってますし。ジャンプさえ完璧に降りていたらデビュー戦で60点ですか。ロシア勢の連覇止められるかもしれませんね。

ボック
3F-3T 3Lo 1A
ビールみたいな名前。ドイツから3F-3Tを入れてくるような選手が出てくるというだけで感動物。回転は足りていませんけども。いただけないシットスピン、ステップ、音楽のBGM化ではありますが、まだ14歳ですから。このまま成長してくれますように。インゴはシングル選手のコーチもしていたわけか。

チャートランド
3Lz-3T 3Lo 2A
つんのめった3Lzから3Tは女子選手で回転なんて誰も充足した物入れられるわけ無いのに入れてくる男らしさ。かっこいいけれど無謀度数の方が高いです。滑りはシャープで品があるのに、動きはガサツという。エレガサツと呼ぼう。ジャンプでのスピン足換えはいただけなかったです。こういうスカートのデザインはあんまり好きじゃないけれど、やっぱり好きかもしれない。

レカヴェリエ
3Lz-2T 3Lo so 2A
3-2の後の振付は無理矢理入れ過ぎのような気がします。無脊椎動物みたいでしたよ。全てのエレメンツがせかせかしているように見えました。ジャンプはもちろんのことコンビネーションスピンも。最後の回転速度は何だったのだろう。ステップは独創的な動きを入れようとするがあまり、滑らなかったり、流れが止まって、印象はあまりよく無かったかも。ラナ・デル・レイの楽曲を使っていますが、これは歌詞が無いと選曲する意味が無いと思います。
ラナ・デル・レイはアメリカのサブカル野郎の御用達と聞いたことがあるのですが、本当ですか?日本で言う、謎の声質で歌ってるロキノンみたいな崇められ方?

オーストリアの蛍光グリーンとイエローに紫の衣装の彼女。勇気に賞賛。

中国の子はジャズワルツ組曲。もういいよ中国とこの組み合わせは。

シラジ
3T-2T 3Lo 2A
3T-3Tは入れませんでした。3Loは苦手なのに根性で降りました。逆回りというのもあるのか、ステップの動きが一人だけ独特に見えました。まだまだ探り探りというのも見えますが、上達していって欲しい。姿勢の改善も見られて良かった。

フョードロワ、がんばれ。

ソツコワとシラジがオールレベル4、チャートランドもステップはレベル4。レベルはガンガン出ています。

ペアSP
1 Xiaoyu YU / Yang JIN(中国)56.25 PB
2 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)52.96 PB
3 Maria VIGALOVA / Egor ZAKROEV(ロシア)51.46 PB
4 Arina CHERNIVSKAIA / Antonino SOUZA-KORDYERU(ロシア)46.79 PB
5 Mingyang ZHANG / Zhong XIE(中国)44.95 PB
6 Mary ORR / Phelan SIMPSON (カナダ)39.66 PB
7 Dylan CONWAY / Dustin SHERRIFF-CLAYTON(カナダ)38.15 PB
8 Christina ZAITSEV / Ernie Utah STEVENS(アメリカ)37.35 PB
9 Ekaterina PRIBYLOVA / Jegors Nikita ADMIRALOVS(ラトビア)35.53 PB
10 Marin ONO / Hon Lam TO(香港)29.88 PB

タラモロ
ロシアは毎年の事ながらバイオをきちんと更新する気が無いのですね。曲はロクサーヌでした。ソロジャンプは少しズレましたが問題無く、スロージャンプはフリーレッグが綺麗に引けなかったもののまずまず。ステップは最後の方でホールド組んでいましたが、ダンスみたい~とまでは行っていませんでした。女性の滑りが少し男性に付いて行けていないようにも見えました。

ユージン
昔の衣装の再利用かと思いましたが違いました。毎年毎年酷いプログラムばかり充てられていましたが、今回はとても良いプログラムです。まず音楽がBGM化していないところ。そして男女で別々の動きをしていて、それがバラバラになっていないところ。弱点だったステップも良くなりました。タイスの瞑想曲なので、脳内でシェンツァオが補完してくれるのもいいなあ。

ヴィガザク
この音楽を聞くと、テンポが気持ち悪いパターンダンスしか思い浮かびません。普通のテンポなのに勝手に頭の中でテンポを遅く判断してしまうので響きまくります。女の子の身長が伸びてバランスが前より良くなりました。もう少し伸びても良さそう。タラモロよりはインタープリテーション良いだろーって思ったら、本当にそうなりました。それからパフォーマンスもこちらの方が高いです。

ロシアの3組目
男の子の名前がロシア風では無いのですが、黒人ですね。ロシアで黒人選手なんてとっても珍しいです。ツイストが高いのはロシアみんな。高く無いと大会にも出してもらえなさそうな。素敵なダンスリフト、両足スロー、シングルアクセル。うーん。がんばれ!

ラトビアの組衣装・・・中東の衣装で男女同じって変だよ。せめて色変えようよ。

ちうごく
中国で1番多い苗字はWANGって言うけど、絶対ZHANGの方が多いわ。こちらもボー・ルアン門下の生徒です。女の子がスイちゃんみたいに見えます。男の子はいつぞやのJテンの衣装みたい。振付師が現役のアイスダンサーのシュン・ジェンとなっています。ステップ中のリフトは多分いらなかったと思う。スローがダブルだったのは残念です。中国が派遣してくるからには、ちゃんと出来るペアだと思うんですけど。ステップの最後でコケかけたのはご愛嬌ということで。

男子SP
1 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)64.03
2 Boyang JIN(中国)63.19 PB
3 Brendan KERRY(オーストラリア)61.17 PB
4 Jin Seo KIM(韓国)60.69
5 Adian PITKEEV(ロシア)59.91 PB
6 Shoma UNO(日本)58.22
7 Simon HOCQUAUX(フランス)57.36 PB
8 Luiz MANELLA(ブラジル)57.19 PB
9 Pavel IGNATENKO(ベラルーシ)57.17
10 Jimmy MA(アメリカ)56.31 PB
11 Sota YAMAMOTO(日本)56.15 PB
12 Jordan MOELLER(アメリカ)52.98 PB
13 Zijing TENG(中国)52.52 PB
14 Deniss VASILJEVS(ラトビア)52.24 PB
15 Igor REZNICHENKO(ウクライナ)52.21 PB
16 Roman SADOVSKY(カナダ)51.10 PB
17 Samuel KOPPEL(エストニア)48.82 PB
18 Armen AGAIAN(グルジア)46.12 PB
19 Krzysztof GALA(ポーランド)42.15
20 Juho PIRINEN(フィンランド)42.12 PB
21 Vladislav TARASENKO(ロシア)41.55
22 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)40.50
23 Glebs BASINS(ラトビア)39.72 PB
24 Adrien BANNISTER(イタリア)38.64 PB
25 Ivo GATOVSKI(ブルガリア)37.82 PB
26 Giray SENOL(トルコ)30.40
27 Arturas GANZELA(リトアニア)28.41

マルティネス
3A df 3Lz-3T df 3Lo
ロミジュリ二大音源のうちの一つ、ボストンポップスオーケストラの方。ジャンプはあれでしたけど、3-3はきちんと回れていましたし、まあまあでした。ロミジュリなので、それっぽい動きをそれらしく入れておけば間違いなく演技はまとまりますしね。ちょっとつまらないプログラムではあるんですけど。

ボーヤン
3A 3Lz-3T fall 3Lo
それほど得意では無い3Aがスコーンって入るようになりましたね。質自体が上がっているように見えました。3-3のセカンドは回転が足りずに転倒。昨シーズンの頭は「無」に近かったような踊り心が出現していました。ラ・バヤデールなんて無謀な選曲だと感じていた幾日前かでしたが、このPCS評価も全体を見れば妥当なところに収まっていると思います。ステップの最後のCDがループしちゃったみたいな編曲は、あれでよろしいのでしょうか。

ケリー
3Lz-2T 3A 3Lo
3-3ならずも、きちんと3Aを成功させました。スピンが弱いので、そこを強化して行ければ良いですね。プログラムは昨シーズンと同じやつです。もうちょっと芯の通った動きでメリハリ良く上体使ってくれるとかっこいいのに。ふにゃふにゃしてる。ステップの最後気になりました。

ジンソ
3A ot 3Lz-2T 3Lo td?
SPの出遅れ芸が常態化していましたが、今回は出遅れありませんでした。この動きって誰かに似ているなあと思ったんですけど、メッシングだったりマヨロフとかかも。最後のスピンの前、ステップからすぐだから引っかかってるじゃないですか。よく動きますがシェイキーでもあります。こういうタイプってジュニア時代は評価されても、シニアだと完全にPCSが上がり止ってしまって・・・。彼もネーベルホルン出ますから、そこのところ改善しないといけないと思います。このどう見ても短い脚の長さには好感を覚えます。アジア人らしくてよろしい。

ピトキーフ
3A 1Lz-3T 3Lo df
1Lzになった後にきちんと3Tをつけられるあたり力ありますね。ジャンプが高くて軸が安定しているのが強いです。男子は長ズボン着用が義務なので、こういう半ズボン&靴下風の衣装は珍しいです。でも腕の肌色の部分は緑で良いと思うんです。腕出してんのかと思いましたよ。

昌磨
3F-3T fall 2A 3Lo
初めて3F-3Tを入れてきましたが回転不足で転倒でした。高さが足りないですね。2Aの着氷のヌターーーーっとした雰囲気はさすがでした。ジャンプ1つ転倒して、ジャンプ自体も後半にソロジャンプが1つだけ、レベルもかなり取りこぼしている。なのに6位に留まった。PCSがかなり評価されています。そりゃそうだろうなという滑りですけどね。身長150cmになって良かった。1年で6cm伸びましたからこのペースで行けば5年後には180cm。

靴の到着が遅れていたモラーは12位。カナダ期待のサドフスキーは16位と沈黙。タラセンコにいたってはジャンプ全滅でこんな感じ。

fgdfgfgfdfdfg.jpg


カオスな表彰台になりそうで楽しみ。北米じゃない四大陸サイドが上位に集まって、すごい違和感です。SPはみんなミスが出ていたので、LPはクリーンプログラムが見たいです。
Comment:0
2013
08.28

新プロ情報31(デイヴィス&ホワイト)

http://web.icenetwork.com/news/2013/08/27/58610472

メリチャリ232



今シーズン、最後の大物メリル・デイヴィスチャーリー・ホワイトの新プロが発表になりました。

SD:マイフェアレディ
FD:シェヘラザード

I Could Have Danced All Night
http://www.youtube.com/watch?v=7Ezy50aY6Bg

With a Little Bit of Luck
http://www.youtube.com/watch?v=h_Sj9o7DWJU

Get Me to the Church on Time
http://www.youtube.com/watch?v=ZJtcRupHqfU

ショートダンスは3曲を使います。マイフェアレディの曲ですがこの映画自体を演じるわけでは無く、男女の関係を描くそうな。良かった、また映画見直す必要が無くて。センキューズエワ。でもメリルのコスプレは見たかったなあ。でもあのコスプレは靴に衣装が引っかかる呪い付きだからダメか。
デモーコレハクイックステップダロウカ。

シェヘラザードは、はい合います。何の違和感もなく初見でしっくり来るでしょう。シェヘラザードを五輪に持ってくるなんて、100人中80人ぐらいは予想してましたね。


そんなメリチャリの初戦はエントリーが正式発表になったUSクラシックです。26日発表だったのに発表されず、昨晩はイライラしておりました。無理なら言わないでよ!あたし・・・・・あたしずっと待ってたんだから!

ダンスだけ妙に豪華でメリチャリの他、ペシャブル、ウィバポジェ、シブタニズも出場します。GPSより遥かに豪華。北米拠点の各国の選手が出場すると思いきや、大会が増えすぎて参加者が分散し過ぎて、男女はアメリカの表彰台独占が濃厚。拍子抜け。
http://www.usfigureskatingclassic.com/wp-content/uploads/2013/06/2013-U.S.-Figure-Skating-Classic-Entries.pdf


Comment:6
2013
08.27

JGP5戦目エントリー

アブラゼミが勢いよく死に始めました。夏よ終われ。

5戦目はベラルーシ。

男子
1 Anton KARPUK BLR 1
2 Ivan PROKOPOVICH BLR 1
3 Artsiom TSELUIKO BLR 1
4 Roman SADOVSKY CAN 2
5 Chih-I TSAO TPE 3
6 Matthias VERSLUIS FIN 4
7 Simon HOCQUAUX FRA 5
8 Alexander BETKE GER 6
9 Anton KEMPF GER 6
10 Peter James HALLAM GBR 7
11 Alexander MASZLJANKO HUN 8
12 Mattia DALLA TORRE ITA 9
13 Ryuju HINO JPN 10
14 Taichi HONDA JPN 10
15 June Hyoung LEE KOR 11
16 Daniel PATRICHE ROU 12
17 Alexander SAMARIN RUS 13
18 Vladislav TARASENKO RUS 13
19 Kristof BREZAR SLO 14
20 Marcus BJÖRK SWE 15
21 Osman AKGÜN TUR 16
22 Yaroslav PANIOT UKR 17
23 Spencer HOWE USA 18
24 Jimmy MA USA 18

カナダの補欠に入ってるダニエル=オリビエ・ブーランジェ=トロティエさんがめちゃくちゃ気になりました。名前にも苗字にもハイフン入ってる長さ。ぜひ活躍していただいて、いつか千鶴さんに「長いです」って言って欲しい。
ちなみにこんな子。http://www.youtube.com/watch?v=qF4vpoPXtH0
出ないんですけどね。4戦目も補欠なので、やっぱ出ないんでしょう。嗚呼出ない。

このままの出場メンバーならリュージュの優勝の確率高いです。相変わらず中国は派遣をする気がない。かっこいい。

女子
1 Maria Cristina MARTINEZ DE HARO AND 1
2 Victoria HUEBLER AUT 2
3 Daria BATURA BLR 3
4 Janina MAKEENKA BLR 3
5 Kristina ZAKHARANKA BLR 3
6 Vasilena YAKIMOVA BUL 4
7 Alaine CHARTRAND CAN 5
8 Madelyn DUNLEY CAN 5
9 Kristina DUBROVSKAYA CYP 6
10 Pernille SORENSEN DEN 7
11 Lyydia MAATTANEN FIN 8
12 Laurine LECAVELIER FRA 9
13 Maria-Katharina HERCEG GER 10
14 Ivett TOTH HUN 11
15 Agnes Dis BRYNJARSDOTTIR ISL 12
16 Sara CASELLA ITA 13
17 Rika HONGO JPN 14
18 Yura MATSUDA JPN 14
19 Elizabet TURZYNBAEVA KAZ 15
20 Angelina KUCHVALSKA LAT 16
21 Deimante KIZALAITE LTU 17
22 Da Bin CHOI KOR 18
23 Julia SAUTER ROU 19
24 Yulia LI RUS 20
25 Maria STAVITSKAIA RUS 20
26 Pina UMEK SLO 21
27 Josefine TALJEGARD SWE 22
28 Elfi ERDEM TUR 23
29 Mayada KHUSSEIN UKR 24
30 Karen CHEN USA 25
31 Hannah MILLER USA 25

女子はレベルの高い試合が見られそうです。マイスイート、ハンナ・ミラーさんを楽しみに生きよう。この3-3隆盛期の中彼女は3-3を入れるのでしょうか。入れなくても十分魅力的な選手ですけどね。
本郷は1戦目表彰台を狙えるだけに、ここでアメリカンにどれだけ食いつけるかですね。
メキシコにも出場するフィンランドのリディエ・マッタンネンさん。しょうがないから、あんたのこと待ったんねん!(上から)

ペア
1 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU CAN 1
2 Vanessa BAUER / Nolan SEEGERT GER 2
3 Molly LANAGHAN / Jake ASTILL GBR 3
4 Alessandra CERNUSCHI / Filippo AMBROSINI ITA 4
5 Bianca MANACORDA / Niccolo MACII ITA 4
6 Vasilisa DAVANKOVA / Andrei DEPUTAT RUS 5
7 Kamilla GAINETDINOVA / Ivan BICH RUS 5
8 Oksana NAGALATI / Maxim BOBROV RUS 5
9 Madeline AARON / Max SETTLAGE USA 6
10 Christina ZAITSEV / Ernie Utah STEVENS USA 6

カナダ3組、アメリカ4組補欠います。出せや。ガール組ことダワンコワ&デュプタットが出ます。セットレージ画伯も出場します。もちろん中国は出ません!

アイスダンス
1 Kristsina KAUNATSKAIA / Yan LUKOUSKI BLR 1
2 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV BLR 1
3 Eugenia TKACHENKA / Yuri GULITSKI BLR 1
4 Slavyana TSENOVA / Egor ZAYTSEV BUL 2
5 Jessica JIANG / Tyler MILLER CAN 3
6 Carolane SOUCISSE / Simon TANGUAY CAN 3
7 Laura BOUTARY / Alex LAMASSE FRA 4
8 Estelle ELIZABETH / Romain LE GAC FRA 4
9 Loreen GEILER / Sven MIERSCH GER 5
10 Leah STEFFAN / Benjamin STEFFAN GER 5
11 Valentina GABUSI / Nick MIRZAKHANI ITA 6
12 Rebeka KIM / Kirill MINOV KOR 7
13 Daria MOROZOVA / Mikhail ZHIRNOV RUS 8
14 Betina POPOVA / Yuri VLASENKO RUS 8
15 Cagla DEMIRSAL / Berk AKALIN TUR 9
16 Valeria GAISTRUK / Alexei OLEJNIK UKR 10
17 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER USA 11
18 Tory PATSIS / Joseph JOHNSON USA 11

マクナマラ&カーペンターと、ベラルーシの巨大男の子の組以外は分からないです。

アイスネットワークの記事でシズニーの現状についてがあったのですが、2Aと3Tは大丈夫。3Fと3Lzはまあ降りてる。3Loはまだ。ループは元々得意な方では無かったですが、エッジエラー持ちなので3Lo2本いるんですよね。戻りますように。
Comment:0
2013
08.26

小ネタ×11 「オーストラリア英語」など

チャンプスキャンプでのネタの少なさには落胆を隠し得なかったです。

*オチ付けられる人だから
http://www.t-kozuka.com/blog/2013/08/post-6f10.html
小塚崇彦さんはブログが公人公人していない、普通の20代っぽい文章で読みやすいです。きちんとオチも付けられています。オチの付け方は僕より上手。ルイージが不登校の子みたいに。

*【朗報】ガジさんが元気

ガジ2


こんな表情する人が悪い人なはずがない。良い声だし。

*レークアローヘッドの偏差値が上がる
http://web.icenetwork.com/news/2013/08/23/58045574/korpi-to-train-with-arutunian-in-lake-arrowhead
キーラがコーチをラファエル・アルトゥニアンに変更しました。今まではフィンランドを拠点にしていましたが、アダム・リッポンやアシュリー・ワグナーと同じ練習拠点になります。これで中途半端な時期にアメリカに来ていた理由が分かりました。顔面偏差値高い。うつくすぃー。

*アイスキャッスル閉鎖
http://www.mountain-news.com/business/article_4f2877ee-0ab5-11e3-bab9-001a4bcf887a.html
そんなレークアローヘッドにあるアイスキャッスルの今月末での閉鎖が決定しました。金銭的な問題で、アメリカにおけるスケートの現状を感じさせられます。デザートアイスキャッスルに拠点を移す選手がいるそうですが、全員がそうなるかは果たして。なおデザートアイスキャッスルではフランク・キャロルのコーチング、20分で50ドルで受け付けております。いかがですか?
レークアローヘッドと言えば、浅田真央氏やジェフリー・バトル氏も練習していましたし、とても寂しいです。

*アッシャー・ヒルさん髪型を変える



これは新シーズンに向けてなのか、単なる遊びなのか定かではありませんが、また近いうちに写真を見せてくれるみたいです。ストレートヘアーのヒルさん。

*こんづーくん住民説



クリストファー・ベルントソンさんをべるるん呼びするとは。知らぬ間にこんづーくんにレスをしている可能性が・・・?

*佳作

セットレージ画伯「メリチャリ」


ペアのマックス・セットレージ画伯はインスタグラムに度々自分で描いた絵を投稿しています。これはUSAFAと契約してグッズ売り出すべき。このキーホルダーあったら欲しい。

*シャルレーヌ・ギニャール、イタリア市民権獲得
http://www.artonice.it/?q=en/node/13807
フランス出身のダンサー、シャルレーヌ・ギニャールがイタリア市民権を獲得しました。やっとですね。これでさらにアレッサンドリーニ&バトゥーリとの五輪2枠目争いが楽しみになってきました。
この記事で初めてbureaucraticなんて言葉覚えました。僕の英単語ボキャブラリーは全てフィギュアスケート記事から増えていきます。

*ヨシ・ヘルゲソンの怪我
http://joshihelgesson.se/?page_id=11
ヨシ子さんが足を骨折して手術を行いました。氷に戻るには6週間を要するということで、ロンバルディアトロフィーには出場ができません。11月1日からの中国杯に出場予定ですが、できるかは微妙なところでしょうか。ヴィッキーの方が国際的な評価が上とはいえ、姉妹でやり合えばヨシ子さんが上に行くこともありえます。プログラム発表の記事でもジャンプに取り組んでいることを言っておりましたので、間に合って欲しいです。

*オーストラリア英語
http://sochi2014.olympics.com.au/news/skaters-light-up-sydney
スケートダウンアンダーの映像とともに、オージースケーターのインタビューを公開してくれました。オブライエン&メリーマンがアメリカ英語寄りに聞こえるのはアメリカ拠点だからでしょうか。対してケリー兄妹は結構訛ってます。more, this, difficultなんかは特に。このアクセントをスケートで聞くことが無いから、オージースケーターが愛おしくなってきました。美青年の声変わりミスったような声質、気に入りました。スケートダウンアンダーからの美青年のゴリ押し。

*ロンバルディアトロフィーのエントリー
男子
1 1 AUSTRIA MARCO-RAFAEL IONIAN
2 2 CANADA
3 3 ESTONIA VIKTOR ROMANENKOV
4 4 FRANCIA ALEXANDER ZAHRADNICEK
5 4 FRANCIA NOEL-ANTOINE PIERRE
6 5 FINLANDIA VALTTER VIRTANEN
7 6 ITALIA DARIO BETTI
8 6 ITALIA SAVERIO GIACOMELLI
9 6 ITALIA ANTONIO PANFILI
10 6 ITALIA MAURIZIO ZANDRON
11 7 KAZAKHSTAN ABZAL RAKIMGALIYEV
13 8 PHILIPPINE CHRISTOPHER CALUZA
14 9 RUSSIA MAKSIM KOVTUN
15 10 SPAGNA FELIPE MONTOYA
16 10 SPAGNA JAVIER RAYA
17 11 SVEZIA ALEXANDER MAJOROV
18 12 SVIZZERA MIKAEL REDIN

コフトゥンのシーズンインの試合です。テストスケートで公開したSPは完全版では無かったようで、さらにすごくなるらしいです。ローラースケートからの転向のベッティ、アメリカから移籍で国際大会デビューのザラドニチェクあたりも楽しみなところ。
マクスウェルは男子にもエントリーするなんて、ガッツがあるなあ。

女子
1 1 AUSTRIA BELINDA SCHONBERGER
2 1 AUSTRIA CHRISTINA GRILL
3 2 BELGIO KAAT VAN DAELE
4 3 ESTONIA GERLI LIINAMBE
5 4 FINLANDIA LEENA RISSANEN
6 4 FINLANDIA KRISTA PITKANIEMI
7 5 FRANCIA GABRIELLE SCALZO
8 5 FRANCIA ANAIS VENTARD
9 6 GERMANIA SARAH HECHEN
10 7 GRAN BRETAGNA MICHELLE CALLISON
11 7 GRAN BRETAGNA FRANCES HOWELL
12 8 ITALIA VICTORIA MANNI
13 8 ITALIA VALENTINA MARCHEI
14 8 ITALIA ILARIA NOGARO
15 8 ITALIA BRILEY PIZZELANTI
16 8 ITALIA FRANCESCA RIO
17 8 ITALIA NAOMI DE SIMONE
18 8 ITALIA ROBERTA RODEGHIERO
19 9 LUXEMBOURG FLEUR MAXWELL
20 10 MEXICO REINA HAMUI
21 11 RUSSIA ADELINA SOTNIKOVA
22 11 RUSSIA ALENA LEONOVA
23 12 SLOVENIA NIKA CERIC

マクスウェルきたああああああああああああああああ!!!!!ネーベルホルンも加えて、今シーズン3戦を確保。どんどんいくでー。
ソトニコワは3F抜けませんように。3-3認定もらえますように。変な音源から改善されていますように。

ペア
1 1 AUSTRIA MIRIAM ZIEGLER
AUSTRIA SEVERIN KIEFER
2 2 GERMANIA ANNABELLE PROLB
GERMANIA RUBEN BLOMMAERT
3 2 GERMANIA MARI VARTMANN
GERMANIA AARON VAN CLEAVE
4 2 GERMANIA MAYLIN WENDE
GERMANIA DANIEL WENDE
5 3 GIAPPONE NARUMI TAKAHASHI
GIAPPONE RYUICHI KIHARA
6 4 GRAN BRETAGNA AMANI FANCY
GRAN BRETAGNA CHRISTOPHER BOYADJI
7 ITALIA NICOLE DELLA MONICA
ITALIA MATTEO GUARISE
8 5 ITALIA KRISTINA BUSTAMANTE
ITALIA LUCA DEMATTE
9 5 ITALIA STEFANIA BERTON
ITALIA ONDREJ HOTAREK
10 6 RUSSIA KATARINA GERBOLDT
RUSSIA ALEKSANDR ENBERT
11 6 RUSSIA ANASTASIA MARTYUSHEVA
RUSSIA ALEXEY ROGONOV
12 7 SPAGNA VERONIKA GRIGOREVA
SPAGNA ARTIZ MAESTU

11組もエントリーというのは、さすが五輪シーズンです。成龍デビュー戦というのにはもちろん注目ですが。怪我で1シーズン欠場していたゲルエンが戻ってきます。

Comment:0
2013
08.26

新プロ情報30

オリンピックチャンピオンたちのプログラムが発表になりました。

ユナ・キム
SP:Send in the clowns
LP:アディオス・ノニーノ

また同じ系統のSPだったらどうしようかと思っていました。全然違う路線で良かったです。サフゾルのSPで使われたSend in the clownsとジェフのSPで使われたアディオス・ノニーノ。それぞれが全フィギュアスケートのプログラムの中でトップ20に入るぐらい好きだし、好きな音楽なので、めっちゃハードル上げておこっと。
五輪で解説者は「オリンピックのディフェンディングチャンピオン、キム・ヨナはリンクに別れを告げました」ってどうせ言うんでしょ。はいはいはい。

エフゲニー・プルシェンコ
LP:ゴッドファーザー、アダージョ、トスカ、タンゴアモーレ

正式に悪夢のプログラムきたああああああああああああああああああ。ニジンスキーではなくアダージョでした。練習映像ではシェヘラザードが流れていたので、ニジンスキーは確定だと思ったのですが変更したのかもしれませんね。あーあ、決まっちゃった。あーーーーーーーあ。

そんなプルシェンコ

プル90


家族サービス中。連れ子どん達はスケートやらないのか?もう遅いな。「新しいパパよー」でプルシェンコが来たら超おもしろい。
Comment:4
2013
08.24

新プロ情報29

最近、辞書登録した言葉は「内野聖陽」

デニス・テン
SP:死の舞踏
LP:お嬢さんとならず者

SPはサン=サーンスの方です。昔リスト使ってましたよね、スケアメではまさに死の舞踏でした。とこれを書いている時にiPodから流れてくる死の舞踏。テンくんはシーズン頭から大活躍するでしょう。お嬢さんとならず者は使っていたのがムホトラ以外に思いつかないです。あと1組か1人いたと思うんですけど、誰だか忘れてしまいました。

ヨリック・ヘンドリックス
SP:キャラバン

LPはすでにラプソディー・イン・ブルーだと発表していました。振付は両方ともジャンナです。昨シーズンは初めて3Aを大会でクリーンに降りられたので、さらに安定するといいなと思います。五輪は3大会連続ケビンさんだったのがジョリヘンになるんですね、感慨深いものです。
ジョリヘンが引退したら本格的にベルギーどうなるんだ。ファヌトはどこ行った。プランタン杯も出なかったし、ネーベルホルン杯も出ないし、ついに引退?レピストの「パトラッシュ、僕とっても眠いんだ」方式?

エレーナ・グレボワ
SP:知らない曲

アメリカの大会で披露したSPです。撮影はジョニー・ウィアー=ヴォロノフさん。ジャンプは全て成功しています。ソロジャンプは3Sで行くのでしょうか。彼女のサルコウは独特な入り方で、後ろ向いてから足を引くルッツみたいなサルコウなのですが、こういう風にステップから入った方がリズムが取りやすそう。LPでも導入してみてはいかがでしょう。グレボワに関してコメントをする時に毎年「スケーティングが良くなった」と言っている気がします。たしかに良くはなっているんですよ。タッチの柔らかさだったり、トランジションがスムースになったり、そういうのはよく分かります。ただしエッジが浅いままなんですよね。距離が出ないですし、勢いが止まりますし。彼女ももうベテラン。あとどれだけ見られるでしょうか。

ミハル・ブレジナ
SP:山の魔王の宮殿にて

昨シーズンと同じ曲です。昨シーズンは最初3つにジャンプを固めていたのを、今シーズンは3Aと3F-3Tを後半に持ってきてボーナスポイント狙いにしました。代わりにスピン2つがジャンプの後に来たので、すさまじい間延びを感じます。スピンスピン助走ーーーーー3Aですからね。ここら辺りは点数に反映していただきたい。ジャンプが終わってからは前と同じプログラムです。せめて衣装は前の強そうなやつに戻して欲しいです。

ステファニア・ベルトンオンドレイ・ホタレック
LP:椿姫

画像も出ていました。とにかく可愛いからOK!

メリチャリまだかー。
USクラシックのエントリーは8月26日に発表するって公式サイトくんが言っていました。毎日毎日しつこくアクセスした甲斐があったってもんです。日本時間なら、てっぺんから明け方でしょうか。
ロンバルディアトロフィーのエントリーはまだ出ていませんが、成龍に加え、ロシアからはソトニコワとコフトゥンが出場する模様です。イタリアからはベルホタ、デラモデル、マルケイが出場します。

新プロ記事1日に2つもアホらしいので、どんどん追記。

トマシュ・ベルネル
SP:Dueling Banjos

ギターの牧歌的な曲なので、彼の今の存在感と共に消え入ってしまいそうな・・・・・。

ウェンジン・スイ&ツォン・ハン
SP:道
LP:カリンカ

カリンカ使うようで、みんな使っていないですね。

川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ
SP:歌曲カチューシャの主題による変奏曲
LP:マンフレッド交響曲

SPは若いグループが作った曲だそうです。どのような物になるのか楽しみ。チャイコフスキーのLP。良いですねチャイコフスキー。ねえ良いですよねロシアでチャイコフスキー。みんな滑れば良いんですよ。マーラーのシンフォニーは合わないと思うので廃案になってくれて良かった。

ハビエル・フェルナンデス
LP:ピーター・ガン

すでにファンミーティングで話がありましたが、インスタで出た映像で確定のもよう。

もう大半出ましたよね。
Comment:13
2013
08.22

スケートダウンアンダー リザルト

オーストラリアでの開催です。スコアは認定されますが、ワールドスタンディングのポイントはもらえません。

ペアリザルト
1 Paris STEPHENS / Matthew DODDS(オーストラリア)78.34

男子リザルト
1 Brendan KERRY(オーストラリア)192.28
2 David KRANJEC(オーストラリア)169.43
3 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)154.29
4 Mark WEBSTER(オーストラリア)144.26
5 Maverick EGUIA(フィリピン)140.24
6 Andrew DODDS(オーストラリア)128.30
7 Jordan DODDS(オーストラリア)120.27
8 Harry Hau Yin LEE(香港)110.16
9 Kwun Hung LEUNG(香港)100.49

美少年から美青年への進化中のブレンダン・ケリーがぶっちぎりでした。昨シーズンから3Aを入れ始めましたが、今大会ではなんと3本すべて成功でした。3A-3Tも成功しています。地元と出場メンバーのこともあり、点数はかなり高めに出たのだと思いますがすごいですね。SPはミニマムスコアをクリアできたんですけど、LPは惜しくも0.75点足りませんでした。埼玉にいいいいいいいいいいいいおいでえええええええええええええええええ。後半の抜け祭りのうち、1個でも抜けなければ。もうあれだね、今のうちにミニマムスコア下げましょう。62でいい。

女子リザルト
1 Chantelle KERRY(オーストラリア)137.56
2 Sumika YAMADA(香港)103.91
3 Clara PETERS(アイルランド)97.75
4 Jaimee NOBBS(オーストラリア)97.44

兄妹で優勝でした。ブルックリーは出ていないんですね。

アイスダンスリザルト
1 Danielle O'BRIEN / Gregory MERRIMAN(オーストラリア)139.47
2 Romana ELSENER / Florian ROOST(スイス)134.64
3 Ayesha CAMPBELL / Shane SPEDEN(ニュージーランド)83.32
4 Katherine FIRKIN / Henri DUPONT(オーストラリア)49.70

オブライエン&メリーマン、エルゼナー&ルーストともにミニマムスコアをクリアしました。特にスイスは去年出られなかったので良かったですよね。スイスはステップ2つがレベル3で残りが4、オーストラリアはステップ2つとリフト1つがレベル3で残りが4という素晴らしい内容でした。100点満点のシーズンスタートですね。マッシモさんもわざわざオーストラリアまで行った甲斐があります。

USクラシックのエントリーを出してけれー。

美少年2


これは完全に美青年ですわ。いつの間にか175cmになってるやないですか。身長抜かされたぜ。
Comment:0
back-to-top