2013
02.28

世界ジュニア選手権 1日目 ペアSP

ユロスポセンキュ。

ペアSP
1 Xiaoyu YU / Yang JIN(中国)54.95 PB
2 Margaret PURDY / Michael MARINARO(カナダ)53.09 PB
3 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)52.61
4 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)52.25 PB
5 Brittany JONES / Ian BEHARRY(カナダ)51.57
6 Annabelle PRÖLSS / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)49.95 PB
7 Lina FEDOROVA / Maxim MIROSHKIN(ロシア)49.43
8 Jessica CALALANG / Zack SIDHU(アメリカ)45.72
9 Britney SIMPSON / Matthew BLACKMER(アメリカ)43.16
10 Kamilla GAINETDINOVA / Ivan BICH(ロシア)42.87
11 Julia LAVRENTIEVA / Yuri RUDYK(ウクライナ)42.61 PB
12 Meiyi LI / Bo JIANG(中国)41.88
13 Giulia FORESTI / Leo Luca SFORZA(イタリア)40.57 PB
14 Hayleigh BELL / Alistair SYLVESTER(カナダ)40.18
15 Marcelina LECH / Jakub TYC(ポーランド)36.30 PB
16 Rachel EPSTEIN / Dmitry EPSTEIN(オランダ)30.90

突然始まったからジョーンズ見られなかったです。

プロブロ
大きなミスの無い演技でした。ソロジャンプは少し離れましたけど降りましたし、スローもこらえました。ソロスピンは見事にズレていましたが、フニクリフニクラの音楽にのって、とても可愛らしいステップとトランジションでした。少したどたどしいところもありましたが、またそれも可愛いからオッケー。

タラモロ
ソロジャンプで着氷したのに、抜けてしまったような感じで男性が転倒。スローは綺麗、ツイストは大きかったです。少し男性の滑りが浅いなあというところがいくつかありました。浅いというか、粘りがないというか、軽いというかそんな感じ。もっとねちっこく。

パーディー&マリナロ
クリーンプログラムでした。身長差が16センチということですが、多分女の子170ぐらいあるのではないかと思います。決して太いわけでは無いので、もうこれは仕方無いんです。リフトを上げた時にポジションが中途半端で、女の子も踏ん張れないからかフリーレッグのポジションが中途半端でした。やはりリフトが1番の得点源ですから、リフトが上げられないにはペアとしては、かなりしんどいと思います。フリーが終わって「解散します!」と言ってもおかしくはないですね。でも本当に素敵な雰囲気なので、惜しい。

ユージン
世界ジュニア銀メダリストということを忘れていたぐらい、今シーズンあまり良い演技を見せていなかったユージン。今回はまとめられたのでは無いかと思います。衣装を変えていますが、アジア人に紫は合うので良い判断かと思います。ヴァイオリン協奏曲だから別になんでもいいんですけどね。ツイストはダブルなので、ディレイをかける工夫をしていたのですが、そんなにキャッチがよくなかったです、本末転倒な挑戦だったような気がしないわけではないですが、ミスでは無いので。本当に本当にシーズン序盤の音楽表現が酷かったので、今回ははなまるです。

デニフレ
素敵なマラゲーニャでした。女の子が随分体を絞って男の子も持ち上げやすそうでしたし、スポーティーになってもいますし、見た目のバランスも良くなりました。スローは少し曲がったもののきちんと降りられましたし、ソロジャンプもツイストも良かったです。女性のエッジがお姉さんと同じく、浅くて、それが非常に目立ってしまうので、そこを改善できるといいですね。ジマーマンかっこいい。

フェドミロ
高いスローでしたが珍しく転倒してしまいました。スピンのズレはおなじみなので特にどうとも無いんですけど、もったいないですよねスローは。ただ、もうそこだけですから。この点差ですと、彼らの力だとメダルにも届きますし、明日も気張っていただきたいです。


Comment:2
2013
02.28

世界ジュニア選手権 1日目 アイスダンスSD

はいはいはいはいはいはい!
始まったよおおおおおおおおおおおおおおい!

アイスダンスSD
1 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)64.65 PB
2 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)61.58 PB
3 Alexandra ALDRIDGE / Daniel EATON(アメリカ)56.89
4 Mackenzie BENT / Garrett MACKEEN(カナダ)55.88 PB
5 Valeria ZENKOVA / Valerie SINITSIN(ロシア)55.82 PB
6 Madeline EDWARDS / Zhao Kai PANG(カナダ)54.92 PB
7 Anna NAGORNYUK / Viktor KOVALENKO(ウズベキスタン)52.19 PB
8 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)51.80
9 Evgenia KOSIGINA / Nikolai MOROSHKIN(ロシア)50.64
10 Shari KOCH / Christian NÜCHTERN(ドイツ)50.59
11 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)49.63
12 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN(ウクライナ)48.03
13 Estelle ELIZABETH / Romain LE GAC(フランス)47.20 PB
14 Cagla DEMIRSAL / Berk AKALIN(トルコ)47.03
15 Sofia SFORZA / Francesco FIORETTI(イタリア)44.86
16 Yiyi ZHANG / Nan WU(中国)44.71
17 Rebeka KIM / Kirill MINOV(韓国)44.27 PB
18 Alessia BUSI / Andrea FABBRI(イタリア)44.20 PB
19 Ria SCHIFFNER / Julian SALATZKI(ドイツ)44.14 PB
20 Celia ROBLEDO / Luis FENERO(スペイン)43.72 PB
21 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)43.51
22 Olivia SMART / Joseph BUCKLAND(イギリス)42.77
23 Karolina PROCHAZKOVA / Michal CESKA(チェコ)41.80
24 Sara AGHAI / Jussiville PARTANEN(フィンランド)41.63
25 Lolita YERMAK / Alexei KHIMICH(ウクライナ)41.31
26 Carina GLASTRIS / Nicholas LETTNER(ギリシャ)36.81 PB
27 Nicole KUZMICH / Jordan HOCKLEY(スロベニア)36.33 PB
28 Olga JAKUSHINA / Aleksandrs GRISHINS(ラトビア)35.92 PB
29 Joanna ZAJAC / Cezary ZAWADSKI(ポーランド)34.15 PB
30 Anna BOLSHEM / Ronald ZILBERBERG(イスラエル)32.67
31 Johanna ALLIK / Paul Michael BELLANTUONO(エストニア)31.95
32 Christine SMITH / Simon EISENBAUER(オーストリア)31.26
33 Laura ABTS / Maarten BUCKENS(ベルギー)28.26
34 Slavyana TSENOVA / Egor ZAYTSEV(ブルガリア)27.68 PB
35 Liliana KIRALY / Szabolcs NAGY(ハンガリー)26.58 PB

優勝候補のステブキは優勝候補の名に恥じない、ベストスコアを出してきました。これでもレベル4は揃っていないんですよね。でもプラスばかりが並んで、0が1つしかない綺麗なプロトコルになっています。今日も圧倒的でした。ブキンが上手すぎる。ジュニア男子の中では頭2つ抜けるぐらいの滑りだと思います。デカいカップルなのに、女性をしっかり持ち上げられますし。男の子がいつも胸を張り気味なのが面白い。

パパシゼも素晴らしいスコアでした。でもレベルは彼らも揃えられていません。でもこんなスコア出せちゃうという凄さ。パフォーマンスに関してはステブキと同じだけ出ているというのがすごい。演技を見ましたが、とにかく素晴らしい。まだまだ滑りはシニアレベルではありませんが、1つ1つの動きに雰囲気があって、自然で流れがある。感じた音楽をそのまま体で表現しているという感じ。素敵です。大好きですねえ。

アルイーは最初はこのSDはあんまりだったんですけど、見慣れてきたというか、しっくりきたというか、そんな感じ。アメリカ人だけあって、ペンシルベニアしっくすふぁいぶおっおっおー似合いますよね。ややガサツと言いますか、大味な滑りなので、それが改善されるともっともっと素敵になると思います。

カナダは競っているのですが、今回はレベルを獲得できたマッケンジーたちが上に来ました。でも海パン組の方が上なんですね。海パン組は女性が上手で美人なので、男性が薄まらないようにもしないと。上手くてこその男性ですからね。

最終グループに入ることができたヴァレヴァレ、SDは良い演技でした。心配なのはFDです。ここで大きく順位を落とさないと良いのですが、とても心配です。

ミニマムスコアが懸かっていたナゴコバは28点台のTESで惜しくもクリアならずでした。しかし、さしたるレベルの取りこぼしも無かったので、ここらへんでいっぱいいっぱいだったかもしれませんね。クリアはできませんでしたけど、出来は良かったですし、ベストですし、トップ10にも入れているので、良かったと思います。

8位~12位の集団はレベルをかなり取りこぼし組でした。アメリカの2組はもうちょっと点数出ると思っていたんですけどね。そして大きく点数をとれなかったのがイタリアのスフォルツァ&フィオレッティでした。トップ10に入って、さらに上を目指していたと思うので、残念ですね。FDは素敵なので、逆転していただきたいです。

今回のパネル厳しかったと思います、ジャッジ特にPCSも厳しかったですね。でも他の大会に比べてですけどね。多分これぐらいが妥当なPCSなんじゃないかと思います。ちょっとインフレしすぎでしたもん、一部の大会が。

パネルにキャロジョンのコーチのマリカ・ハンフリーズが入っていました。ぜひキャロジョンのレベルをとれるようにしてください。

ワールドに出られるベラルーシ、バックランド弟、毎年変なミスやらアクシデントに見舞われるチェコなど、21~23位に見たかったカップルが揃いました。残念。
Comment:0
2013
02.25

チャレンジカップ 4日目 ペアリザルト

ペアリザルト
1 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)189.82
2 Tarah KAYNE / Daniel O'SHEA(アメリカ)167.82
3 Mari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE(ドイツ)156.30
4 Daria POPOVA / Bruno MASSOT(フランス)149.09
5 DeeDee LENG / Timothy LEDUC(アメリカ)148.56
6 Kiri BAGA / Taylor TOTH(アメリカ)146.50
7 Camille FOUCHER / Mark MAGYAR(ハンガリー)105.01
WD Stina MARTINI / Severin KIEFER(オーストリア)

優勝はヴァネッサとシプレでした。どんどんスコア上がってきます。ミスはユーロと同じ3Tでコンボをつけられなかったところ。

2位のケイン&オシェイは今シーズンからのペアで、全米7位。男性は今シーズンからペアを始めた・・・・・ぽい?にしては仕上がっている感じ。男の子は91年生まれなのにすでに生え際が仕上がっていて、これは大成する匂い。女の子はめちゃくちゃ美人の93年生まれ。年齢差の小ささ、そしてコーチはメガネコーチ。これは期待せざるを得ない。

マリタイはソロジャンプを降りられなかったのですが、ユーロでどちらも失敗だったスローは2本とも降りられたので良かったです。ユーロは痛そうで痛そうで見ていて心が痛みました。

ノービスに参加した日本の2人もお疲れ様でした。樋口ってもう5種トリプル構成なんですね。日本女子にしては珍しいフリップにeが付く子だ。

水曜日からは世界ジュニアですよー。
Comment:0
2013
02.24

チャレンジカップ 3日目 ペアSP・男子リザルト

ミニマムスコアちゃんやっつけ第2ラウンドでありんす。

ペアSP
1 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)65.41
2 Daria POPOVA / Bruno MASSOT(フランス)56.63
3 Tarah KAYNE / Daniel O'SHEA(アメリカ)54.11
4 Mari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE(ドイツ)51.82
5 DeeDee LENG / Timothy LEDUC(アメリカ)51.79
6 Kiri BAGA / Taylor TOTH(アメリカ)43.75
7 Stina MARTINI / Severin KIEFER(オーストリア)39.71
8 Camille FOUCHER / Mark MAGYAR(ハンガリー)33.35

ジェームズ&シプレはスローで少し擦ってしまいましたが、良い演技だったようです。今シーズン試合で滑る度に安定感を増していますよね。この調子で行くと、フランスも五輪で2枠行けそうな勢いです。ぜひそうなって欲しいです。ポポワさんフランス国籍とれるか分かりませんけど。フランスなら大丈夫?

そしてミニマムスコアですけど、残念ながらオーストリアもハンガリー、どちらのペアもSPのミニマムスコアを満たすことができませんでした。ペアはSPのミニマムスコアが壁になっています。LPはどのペアもさほどエレメンツの構成に差が無くて、リフトが点数の大半を占めているので、割と満たしていることが多いのですが。

あとワールドに出られる可能性があるのは、ジュニアワールドに出場するウクライナのラウレンティエワ&ルディクです。LPではすでにクリアしているので、あとはSPだけですが。ジュニアはSPのエレメンツが固定なので、厳しいかもしれませんですね。

男子リザルト
1 Brian JOUBERT(フランス)228.66
2 Alexander JOHNSON(アメリカ)228.54
3 Chafik BESSEGHIER(フランス)194.29
4 Denis WIECZOREK(ドイツ)191.07
5 Paul Bonifacio PARKINSON(イタリア)188.99
6 Justus STRID(デンマーク)183.48
7 Valtter VIRTANEN(フィンランド)176.92
8 Phillip HARRIS(イギリス)176.34
9 Stéphane WALKER(スイス)163.81
10 Maurizio ZANDRON(イタリア)151.18
11 Ali DEMIRBOGA(トルコ)143.03
12 Harry MATTICK(イギリス)135.44
13 Florian GOSTELIE(オランダ)125.76

待てどもプロトコル上がってこないからいいや。いずれ出る。

ジュベールが優勝でしたが辛勝でした。TESで負けたのかと思えば、PCSで負けとるやないの。ジョンソンはこれが来シーズンに繋がるといいですね。このスコアだと、シーズンベストでは今のところ18番なので、GPSの枠こないかなあ。欲しいなあ。

当然ベセギエがワールドと頭の中でなっていたので、よくよくエントリーを見返すと、ワールドがポンサールになっていてビックリ。どういうアレでポンサールなんだろう・・・。

ミニマムスコアに関しては対象だったパーキンソン、ストリードの両方がクリア!!!!!!!YES!!!!!イタリアの枠ロス無くなった!!!ユーロでは残念な出来だったので、ワールドではがんばって欲しいです。ストリードはキスクラが楽しみ。デンマークチームとしても男女1人ずつ出せてよかった。

スペインはワールド2枠目使わなかったのですが、ラヤは怪我だそうですね。非常に残念です。

これで男子も36名。Jスポがんばれ。

プロトコルよりも先に映像が出ました。ジュベールは4Tと4Sに成功しました。ミスといえば3Aと3Lz-3Tのステップアウトぐらいなのですが、3Loが入っていないのは構成的に大した問題ではないにしろ、コンビネーションが入れられそうなジャンプばかりなのに、2Tつけないというのはいかがかと。3つの2Tが後半に入ればえらい点数の違いになりますよ。後半の単独3Tは、4Tにするものなのか、それとも単独かというところなんですけど、後者でしょうか。だとしたら3Aにしてくれい。

ジョンソンは3-1-3の最後と2A-3Tの3Tがステップアウトでした。でも全体的に良かったと思います。Jスポの音声被せて見たのでだいたいしか分からないんですけどね。

パーキンソンはザクライチェクチームなんですけど、たしかにそんな感じ。ツイッターで見ると、練習場所は同じだけどチームの違うファリス、ザワツキー、アンジェラとも仲良さそうにしていました。彼は控えめな脚の長さで、非常に好感の持てる選手です。時計回りの選手はリンクの使い方が不思議に見えることが多いのですが、彼はいたって普通の反時計回りの選手なのに、ジャンプの軌道が変わっているなあと思います。楽しそうに滑るのもいいですね。
Comment:0
2013
02.23

チャレンジカップ 2日目 女子リザルト・男子SP

ワールド前最後の国際Bです。憎きミニマムスコアちゃんをやっつける選手は現れるのか。

女子リザルト
1 Carolina KOSTNER(イタリア)198.90
2 Maé Bérénice MEITé(フランス)166.55
3 Kerstin FRANK(オーストリア)143.42
4 Anne Line GJERSEM(ノルウェー)136.90
5 Francesca RIO(イタリア)136.09
6 Juulia TURKKILA(フィンランド)135.35
7 Kaat VAN DAELE(ベルギー)133.22
8 Belinda SCHöNBERGER(オーストリア)124.91
9 Myriam LEUENBERGER(スイス)124.63
10 Dasa GRM(スロベニア)123.77
11 Jennifer URBAN(ドイツ)122.23
12 Tina STüRZINGER(スイス)121.15
13 Nicole GRAF(スイス)118.16
14 Sila SAYGI(トルコ)117.77
15 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)116.71
16 Michelle COUWENBERG(オランダ)109.03
17 Anine RABE(ノルウェー)108.79
18 Eliska BREZINOVA(チェコ)107.59
19 Alexandra KUNOVA(スロバキア)107.05
20 Clara PETERS(アイルランド)97.22
21 Birce ATABEY(トルコ)96.15
22 Elettra OLIVOTTO(イタリア)92.04
23 Joyce den HOLLANDER(オランダ)91.56
24 Winnie DEKKER(オランダ)79.64
25 Christina ERDEL(ドイツ)78.88
26 Kim FALCONER(南アフリカ)74.41

カロリーナがぶっちぎり優勝でした。SPの演技を見ました。無音の映像に他の大会の音声を重ねるという、ちゃちな方法で見ました。完璧な演技でした。あれをワールドでやってくれると、またおもしろくなりそうです。70点近いところはワールドでも出そうな感じです。LPでは今回も3Lzが入りました。アクセルとループが抜けてしまっているものの、3F-3T(アンダーローテーション)を入れてきましたし、悪くはない出来なのではないでしょうか。構成は弱いですが、PCSのアドバンテージはあるので、ミスなく滑りさえすればロシアやアメリカの選手よりは点数は出ますから、これをさらに来シーズンにつなげていただきたいです。3Fを2本プリーズ。

メイテはかなり綺麗なプロトコルになっています。3Fにeがついた以外のマイナスが1つもありません。3連続は入っていませんが、彼女のベストの出来と言っていいのではないでしょうか。ワールド楽しみ。金ぴか。

そして注目のミニマムスコアちゃんをやっつけた選手がなんと、なんと2人も!ヤシェムとバンダーレがやっつけました。バンダーレに関してはTESが46.00というオン・ザ・スコアという奇跡。あと1人のジャッジが-1していれば・・・というところ。すごい。リオがクリアできなかったので、ロデギエーロかブレッサヌッティが出場することになるのですが、ナショナルが上のロデギエーロですかね。これで36名が出場確定です。あとはジュニアワールドではブルガリアのアフォンキナとメキシコのハムイが懸かっています。かなり難しいところですが、アフォンキナに関しては3Lzもいける選手ですし、あとはLPなので、なんとかいって欲しい。

男子SP
1 Brian JOUBERT(フランス)78.21
2 Alexander JOHNSON(アメリカ)76.53
3 Chafik BESSEGHIER(フランス)69.29
4 Phillip HARRIS(イギリス)59.99
5 Denis WIECZOREK(ドイツ)59.12
6 Valtter VIRTANEN(フィンランド)57.72
7 Paul Bonifacio PARKINSON(イタリア)55.94
8 Justus STRID(デンマーク)55.83
9 Stéphane WALKER(スイス)53.64
10 Ali DEMIRBOGA(トルコ)53.15
11 Maurizio ZANDRON(イタリア)47.94
12 Florian GOSTELIE(オランダ)47.23
13 Harry MATTICK(イギリス)45.88

ジュベールはマイナスはついていないものの、4T-2T 3S 3Aという弱め構成。でも2本目のジャンプに3Sってことは4Sにするってことっ!?ハッ、さすが私たちのジュベール、信じてたわっ!みたいにはならん。ここで入れないってことはワールドで入れられるのだろうかという。やっぱり入れないと入れたってことではないので、彼のことはよく分からん!レベルとって!

久しぶりの国際大会のジョンソンは3-3とスピンでマイナスを食らっています。んでもって、レベルとって!

ミニマムスコアについてですが、今大会出場者でかかっていたのが5名。
ヴィルタネン→SPをクリアしていないので、出場ならず。
パーキンソン→SPはクリア済み、LPはまだ。
ストリード→SPはクリア済み、LPはまだ。
ウォーカー→SPクリアならず、LPはクリアしていた。
マティック→SPをクリアしていないので、出場ならず。

ハリスはせっかくクリアしていたのに、補欠エントリーされていないです。

ジュニアワールドに懸かっているのがブラジルのマネッラ(SPもLPもまだ)だけなので、出場決定の34名に加えて、最大でも37名ということになりますね。ぜひ、その最大になって欲しい。

明日はジュベール、レベルとって!ジョンソンは素敵な未亡人をよろしく。パーキンソンとストリードはミニマムスコアのクリアを心から願っています。

最近ミニマムスコアにがんじがらめで、まともな文章を書いていないような気がするから、全部ミニマムスコアのせい。五輪までミニマムスコアあるし。

ティモシー・ドレンスキーさんが「ストリーミングないですか?」っていうのを聞いていました。ファンかっ。
Comment:0
2013
02.23

世界選手権エントリー

1週間前ですので、これで確定ということで。

男子シングル
1 Viktor PFEIFER AUT 1
2 Pavel IGNATENKO BLR 2
3 Jorik HENDRICKX BEL 3
4 Patrick CHAN CAN 4
5 Kevin REYNOLDS CAN 4
6 Andrei ROGOZINE CAN 4
7 Nan SONG CHN 5
8 Michal BREZINA CZE 6
9 Tomas VERNER CZE 6
10 Justus STRID DEN 7
11 Viktor ROMANENKOV EST 8
12 Florent AMODIO FRA 9
13 Brian JOUBERT FRA 9
14 Peter LIEBERS GER 10
15 Ronald LAM HKG 11
16 Alexei BYCHENKO ISR 12
17 Paolo BACCHINI ITA 13
18 Paul Bonifacio PARKINSON ITA 13
19 Yuzuru HANYU JPN 14
20 Takahito MURA JPN 15
21 Daisuke TAKAHASHI JPN 14
22 Abzal RAKIMGALIEV KAZ 15
23 Denis TEN KAZ 15
24 Kim LUCINE MON 16
25 Christopher CALUZA PHI 17
26 Maciej CIEPLUCHA POL 18
27 Jin Seo KIM KOR 19
28 Zoltan KELEMEN ROU 20
29 Maxim KOVTUN RUS 21
30 Javier FERNANDEZ ESP 22
31 Alexander MAJOROV SWE 23
32 Yakov GODOROZHA UKR 24
33 Max AARON USA 25
34 Ross MINER USA 25
35 Misha GE UZB 26

女子シングル
1 Brooklee HAN AUS 1
2 Kerstin FRANK AUT 2
3 Kaat VAN DAELE BEL 3
4 Isadora WILLIAMS BRA 4
5 Kaetlyn OSMOND CAN 5
6 Zijun LI CHN 6
7 Kexin ZHANG CHN 6
8 Anita MADSEN DEN 7
9 Elena GLEBOVA EST 8
10 Juulia TURKKILA FIN 9
11 Mae Berenice MEITE FRA 10
12 Elene GEDEVANISHVILI GEO 11
13 Nathalie WEINZIERL GER 12
14 Jenna MCCORKELL GBR 13
15 Carol BRESSANUTTI ITA 14
16 Carolina KOSTNER ITA 14
17 Valentina MARCHEI ITA 14
18 Mao ASADA JPN 15
19 Kanako MURAKAMI JPN 15
20 Akiko SUZUKI JPN 15
21 Alina FJODOROVA LAT 16
22 Inga JANULEVICIUTE LTU 17
23 Anne Line GJERSEM NOR 18
24 Yuna KIM KOR 19
25 Alena LEONOVA RUS 20
26 Adelina SOTNIKOVA RUS 20
27 Elizaveta TUKTAMYSHEVA RUS 20
28 Monika SIMANCIKOVA SVK 21
29 Patricia GLESCIC SLO 22
30 Sonia LAFUENTE ESP 23
31 Viktoria HELGESSON SWE 24
32 Tina STUERZINGER SUI 25
33 Natalia POPOVA UKR 26
34 Gracie GOLD USA 27
35 Ashley WAGNER USA 27

ペア
1 Elizaveta MAKAROVA / Leri KENCHADZE BUL 1
2 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 2
3 Kirsten MOORE-TOWERS / Dylan MOSCOVITCH CAN 2
4 Qing PANG / Jian TONG CHN 3
5 Cheng PENG / Hao ZHANG CHN 3
6 Wenjing SUI / Cong HAN CHN 3
7 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA 4
8 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY GER 5
9 Mari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE GER 5
10 Stacey KEMP / David KING GBR 6
11 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK ITA 7
12 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA 7
13 Magdalena KLATKA / Radoslaw CHRUSCINSKI POL 8
14 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV RUS 9
15 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV RUS 9
16 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV RUS 9
17 Marissa CASTELLI / Simon SHNAPIR USA 10
18 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM USA 10

アイスダンス
1 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV AZE 1
2 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV BLR 2
3 Piper GILLES / Paul POIRIER CAN 3
4 Tessa VIRTUE / Scott MOIR CAN 3
5 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN 3
6 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN CZE 4
7 Irina SHTORK / Taavi RAND EST 5
8 Olesia KARMI / Max LINDHOLM FIN 6
9 Pernelle CARRON / Lloyd JONES FRA 7
10 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT FRA 7
11 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI GER 8
12 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND GBR 9
13 Zsuzsanna NAGY / Mate FEJES HUN 10
14 Allison REED / Vasili ROGOV ISR 11
15 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 12
16 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 12
17 Cathy REED / Chris REED JPN 13
18 Isabella TOBIAS / Deividas STAGNIUNAS LTU 14
19 Justyna PLUTOWSKA / Peter GERBER POL 15
20 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS 16
21 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV RUS 16
22 Ekaterina RIAZANOVA / Ilia TKACHENKO RUS 16
23 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY SVK 17
24 Sara HURTADO / Adria DIAZ ESP 18
25 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR 19
26 Siobhan HEEKIN-CANEDY / Dmitri DUN UKR 20
27 Madison CHOCK / Evan BATES USA 21
28 Meryl DAVIS / Charlie WHITE USA 21
29 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA 21

すくないねえ。
Comment:2
2013
02.21

キーラ・コルピ、ワールド欠場

http://yle.fi/urheilu/kiira_korpi_ei_kilpaile_mm-jaalla/6504483

抹茶の妖精


非常に非常に残念なニュースで。キーラ・コルピ、世界選手権欠場です。ユーロに続く欠場ですし、世界選手権は2年連続で出られないということになりました。理由はユーロの時と同じく、アキレス腱の怪我。長い目で見て、オリンピックに出場がしたいということで、今回の出場だったそうです。本人としても、ここで出場を決めておきたかったでしょうね。

代替出場は補欠のユリア・トゥルッキラとなります。ミニマムスコア持っていて良かった。気負わず楽しく滑ってきて欲しいです。

オリンピックの出場枠はワールドでは24枠まで決まります。アメリカやカナダが枠を増やす可能性がありますし、韓国も増やすでしょう。イタリアも3枠キープする可能性もありますから、最低トップ20に入らないとワールドの枠はとれません。だから、トゥルッキラにやんや言うのはあかへんで。

彼女はたしか前回も枠取りのかかったワールドは出場できなかったんですよね。あの時はユーロでスタート直後に転んで、代表落ちしてしまって。その前のワールドの時はジュニアだったので、ポイキオがとってきた2枠で出て。今回は自分でネーベルホルンでとってくることになるでしょう。ネーベルホルンで上位6カ国に入ればとれるので、ぜひそこで復活する彼女が見たいものです。彼女はトリノ五輪では回転不足でしたけど3Lo-3Tを入れていて、なかなかの好演技でしたし、バンクーバー五輪はジャンプのミスの少ないこちらも良演技でしたし、オリンピックとの相性はなかなか。3度目のオリンピックで彼女が見られることを楽しみにしています。

Tsemppia Kiira!!!
Comment:2
2013
02.20

デイヴィス&ブルーベイカー、新ペア結成

http://www.icenetwork.com/news/article.jsp?ymd=20130219&content_id=41779584&vkey=ice_news

みんなトライアウトすんじゃね?と思ったやつやっぱり。リンジー・デイヴィスロックニー・ブルーベイカーが新ペア結成です。デイヴィス20歳、ブルーベイカー26歳ということで、やっとまともな年齢差のペアで良かった。またブルーベイカーが見られて嬉しい。

コーチはマリナ・ズエワとジョニー・ジョンズで、ミシガンへ練習拠点を移すそうです。来シーズンの振り付けにもすでに動き出しているようです。目標はオリンピック出場、できるなら2回出たいそうです。ぜひ出てください。

解散しないでね?


Comment:0
2013
02.19

デニー&コフリン、ワールド欠場

http://web.icenetwork.com/news/article.jsp?ymd=20130217&content_id=41741714&vkey=ice_pressrelease

でにこふ



ケイディー・デニージョン・コフリンが世界選手権の欠場を発表しました。コフリンの手術があってから、氷上の練習に戻り、3Tも入れられるようになったということをツイートしていたのですが、来シーズン万全を期すためにということだそうです。とても残念ですが、また来シーズンに期待しましょう。時間がたっぷりあるので、プログラムも今までより難度を上げたものにして欲しいと思います。

第1補欠がシメカ&クニーリムなのですが、こちらは女性の右足の痛みで四大陸を欠場したということで、よく分かりません。正式発表は後日だそうです。第2補欠はナショナル3位のジャン&バーソロメイになっています。

言っては失礼ですが、現在のペアの力ではアメリカは3枠は上位勢総崩れの上の2組ノーミスでは無いと不可能なので、13位15位でも2枠は大丈夫ですから、気負うことなく代表の2組には戦って来て欲しいと思います。

カナダはウィバポジェが代表に決まり、ロシアは現在カップオブロシアファイナルの真っ最中。代表決定間近であります。
Comment:0
2013
02.17

スケーターのみなさんの趣味を調べてみた

ISUのバイオグラフィーで、なぜこれが必要なのかといつも思わせてくれる趣味の欄。一体どんな趣味の選手がいるかを調べてみた。調査対象は2013年2月17日時点でのワールドスタンディングで、シングルはトップ40、カップル競技はトップ30の合計200人。所要時間3時間wwwwwwクポォwwwww

複数回答もアリです。

トップ10は
1位 読書 75人
2位 音楽 69人
3位 ダンス 40人
3位 映画 40人
5位 友達と遊ぶ 32人
6位 ショッピング 23人
7位 料理 18人
8位 サッカー 16人
9位 ゲーム 15人
10位 車・ドライブ 14人

そしてー楽しい少数回答。

ブライアン・ジュベール

フェンシング


フェンシング


マックス・アーロンキーラ・コルピ

bennkyou


勉強


ペーター・リーベルス

てつどう


鉄道模型


アグネス・ザワツキー

havingfun


楽しむ!(having fun)


アンドレイ・デュプタット

russian


ガールズ


ジョン・コフリン

speedwalking


競歩


ningennkansatu


人間観察


rain


雨の中を長い距離歩く


ディラン・モスコビッチ

samba


サンバ


barbra


バーブラ・ストライサンド



なんだよ、バーブラ・ストライサンドって

ジョン・コフリンさんとディラン・モスコビッチさんは不思議っ子。これからこの2人を愛でまくりましょう。続きを読む
Comment:6
back-to-top