2012
03.31

世界選手権 5日目 ペアリザルト 歴史的瞬間

歴史が作られた。

ペアLP
1 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV(ロシア)140.90 PB
2 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)132.86
3 Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN(日本)124.32 PB
4 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)122.83
5 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)121.72
6 Qing PANG / Jian TONG(中国)118.95
7 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(ロシア)118.66
8 Caydee DENNEY / John COUGHLIN(アメリカ)117.89
9 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)116.17
10 Mary Beth MARLEY / Rockne BRUBAKER(アメリカ)111.28
11 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK(イタリア)107.77
12 Jessica DUBE / Sebastien WOLFE(カナダ)100.53
13 Maylin HAUSCH / Daniel WENDE(ドイツ)97.32
14 Mari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE(ドイツ)95.38
15 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)88.24 PB
16 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)80.19

ペアリザルト
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)201.49
2 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV(ロシア)201.38
3 Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN(日本)189.69 PB
4 Qing PANG / Jian TONG(中国)186.05
5 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)185.41
6 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(ロシア)183.68
7 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)182.42
8 Caydee DENNEY / John COUGHLIN(アメリカ)180.37
9 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)179.44
10 Mary Beth MARLEY / Rockne BRUBAKER(アメリカ)170.90
11 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK(イタリア)168.16
12 Jessica DUBE / Sebastien WOLFE(カナダ)156.36
13 Maylin HAUSCH / Daniel WENDE(ドイツ)145.80
14 Mari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE(ドイツ)143.29
15 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)137.31 PB
16 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)130.70


1.マリタイ
スローループでステップアウトをした以外はミスなく。3T-2Tができるのに、2Aは入れていないんですねえ。男性が体をもてあまし気味に見えるので、もっともっとよくなってくれることを祈ります。

2.ジェームズ&シプレ
最初の3T-2Tはタノをして良いスタートを切りました。しかしスローループはシングルに抜けるという珍しいミス。助走が長すぎてタイミングを逃してしまったのかも。そこからリフトは途中で降りてきてしまし、スローサルコウはバランスを崩し、アクセルは抜けとミスが続きました。曲が淡々としているので、表現する暇なく終わってしまった印象でした。

3.ハウウェン
スローフリップで転倒、ソロジャンプは両方失敗でした。スロージャンプを2本とも揃えられないのは痛いです。どっちの問題なんでしょうね。軸が曲がってるので男性かな。男性ソロジャンプの軸もちょっと太いよなあ。デススパイラルでは頭ついてしまっていました。
来シーズンは違う路線で行ってみよう。もうさすがに鎧はいい。

4.デラモニカ&グアリーゼ
ミスが多い演技でしたが、転向&組んだばかりでこれだけできれば良いと思います。振り付けをしているのが止まっているところだったのを見ると、そこまではまだまだ気が回らないんでしょうね。リフトを降ろして、女性がスーーーッと流れていくところで、男性がクルッと回る振り付けが良かった。

5.ベルホタ
綺麗な3連続からスタートでしたが、ツイストで抱えてしまいました。ジャンプは2つミスも出ました。素敵なプログラムなのでクリーンな演技が見たかった。ソロスピン、それとデススパイラルは上手だと思います。後者は形がベチャッとつぶれなかったので。

6.マーブル
3T-2Tはがんばりましたが、2Aで女性が転倒。スローのフリップかルッツかはクリーンでしたが、サルコウはタッチダウン。片方ずつにミスがでました。キャリーリフトの足ぷるぷるも目立つ。曲はBGMと化していて、とりあえず、「おりゃーーーー突っ走るでーーーー」というプログラムですよね。来シーズンはもっともっと凝ったものにして欲しい。
最後の奇妙な音楽の繰り返しは気になりすぎる。

7.川スミ
悠子ちゃんが2Aのセカンドで両足、そして今回はリフトを1つ上げられませんでした。5点ぐらいが一気に失われてしまうわけです。もったいない。ただ、それ以外のエレメンツは流れの中で行われていてとても良かった。昔よりスロー上手くなったし、何よりこのグループでは滑りの上手さが違いすぎる。水の上を歩くような滑りでした。タッチが柔らかくてうっとり。このプログラムをノーミスで見たかった。

8.デュベ&ウルフ
今シーズン確率の高かった3Sで転倒。スローは両方転倒。合計3度の転倒がありました。GPSの時に比べると遥かに滑りは上達しているものの、男性のリフトの不安定感はまだまだ残りますグラグラしていますから。デュベはちょっと痩せたから衣装の色を変えたのか、テッサに対抗して似た感じにしたのか?www

9.デュハラド
3Lzの3連で、女性が最初詰まって、次が2Tになった以外大きなミスの無い演技でした。演技に安定感のある組なので、これからは1つ1つのエレメンツに流れを持たせて、プログラムを演じられるようになってほしい。一直線!って感じのペアなので。

10.スイハン
最後から2つ目のリフトが持ち上げられずノーバリューになります。しかしすごかったです。荒さはありますが、それを吹き飛ばすような基礎点の高さと思ったら、点数引く過ぎてテンション下がった。スローフリップの飛距離出し過ぎて怖かった。あんな飛距離の出すぎたスロージャンプ見たことない。何メートル飛ばしてんの?www

11.デニコフ
女性の2Aが抜けた以外ミスの無い演技でした。トゥーランドットを使う必然性というものは全く感じませんが、ミスを抑えてできたのは良かった。SPの時ほど女性の滑りが気にならなかったのはステップが無かったからですね。そう考えるとステップって必要な気がしてくる。

12.ヴォロトラ
ノーミスのクリーンプログラム。もはや言うことはないですね。素晴らしい。昨日の死にそうなトランコフさんさようなら。

13.パントン
トン兄が3Tで転倒。抜けは多いですけど転倒はなあ。ツイストでは着氷が乱れ、2本目のスローはステップアウト、スピンはバラバラ。リフトも不安定でした。全体的に動きがとても悪く、彼らの本来の出来からはかけ離れていました。プラスをもらえるところがほとんど無いんですよねえ。プログラム自体もちょっと流れが無い。

14.バザラリ
メダルのチャンスでしたが、2つの大きなミス。ミスがあるのはもちろんですけど、曲とのマッチングがいまいち。まだSPの方が彼らにいいような気がします。淡々とし過ぎて、ちょっと味気なかった。しかもミスありだとさらになあ・・・。

15.サフゾル
男性の2Aがシングルになった以外目立ったミスは無しでした。ただいつもの出来ではありませんでした。演技の質でいうとファイナルの時の方が遥かに良かった。全体的におっかなおっかなリフト怖かった。ペアスピンは遅かったですし、ソロスピンは女性が少しミスをしましたし。0.11差とかあぶねえええええええええ。

16.高トラ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああ良かったあああああああああああああああああああああああああああああああ高トラ史上最高だったああああああああああああああああああああああああああああこまけえこた良いんだよ!!!
手が震えるうううううううううううううう
ああああああああああああああメダルきたあああああああああ!!!!
すごい!すごすぎる!日本ペアの歴史つくった!すごすぎる!おしっこ漏れそうじゃないけど、おしっこ漏れそう!


サフゾルは2008年、2009年、2011年に続く4度目のワールドタイトル。7年連続のメダルです。
ヴォロトラは2年連続の銀メダル。LPは2年連続で素晴らしい演技を見せてくれました。
高トラは2度目の出場で銅メダルを獲得。日本ペア初の快挙です。しかもSP3位、LP3位とどちらもスモールメダルを獲得してのメダル。本当にすごいことです。


来シーズンの枠は
3枠 ロシア・中国
2枠 日本・カナダ・アメリカ・イタリア・ドイツとなりました。

中国は3枠復帰ですが、ジャンジャンはペアとして続けられるかどうか危ない。体の大きさの問題なので、もはや考えても仕方無い・・・。出てきてほしいですけども。

どうせフジテレビは十分にペアの枠とかとってなかっただろm9。゜(゜^Д^゜)゜。プギャーハハ八八ノヽノヽノヽノ\/\/\
Comment:9
2012
03.31

世界選手権 5日目 男子SP

ある意味すごい。

男子SP
1 Patrick CHAN(カナダ)89.41
2 Michal BREZINA(チェコ)87.67 PB
3 Daisuke TAKAHASHI(日本)85.72
4 Brian JOUBERT(フランス)83.47
5 Javier FERNANDEZ(スペイン)81.87
6 Florent AMODIO(フランス)79.96 PB
7 Yuzuru HANYU(日本)77.07
8 Denis TEN(カザフスタン)76.00
9 Jeremy ABBOTT(アメリカ)74.85
10 Adam RIPPON(アメリカ)73.55
11 Samuel CONTESTI(イタリア)73.55
12 Kevin REYNOLDS(カナダ)72.95
13 Takahiko KOZUKA(日本)71.78
14 Tomas VERNER(チェコ)70.38
15 Nan SONG(中国)69.58
16 Artur GACHINSKI(ロシア)68.50
17 Sergei VORONOV(ロシア)66.81
18 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)66.38
19 Misha GE(ウズベキスタン)65.29 PB
20 Christopher CALUZA(フィリピン)61.87 PB
21 Viktor PFEIFER(オーストリア)60.61
22 Kim LUCINE(モナコ)59.93 PB
23 Peter LIEBERS(ドイツ)58.21
24 Javier RAYA(スペイン)57.22 PB
25 Maciej CIEPLUCHA(ポーランド)57.18
26 Alexander MAJOROV(スウェーデン)56.57
27 Min-Seok KIM(韓国)55.41
28 Dmitri IGNATENKO(ウクライナ)52.93 PB
29 Alexei BYCHENKO(イスラエル)52.76
30 Justus STRID(デンマーク)50.55

1.ヴォロノフ
4T-3T 2A 3Lo
4回転で男子のイベントが幕を開けました。アクセルがあっても首位には立てていなかったんだろうなあ・・・。プログラムがサッカーボールではなくなっていました。あのよーく聴くやつです。ゲデ子のトリノのLPのやつ。

7.チャッキー
4S-3T 3A 3Lz
ガッツポーズ出たよ!良い出来でした。髪の毛をバッサリ切り落としてスッキリしての登場。こっちの方が好き。4Sは回転が少し足りていない感じがしますけど、3Aは降りられましたし、演技に流れがありました。ステップが長すぎるのは少し退屈だったかも。

観客席のペーゼラが木こりに見えて、アニシナはそれを騙す悪い魔女に見える。

8.テンくん
3A 3F-3T so 3Lz
4Tを回避したのにステップアウトしてしまいました。残念。3Aは完全に戻ってきました。昔以上の質のジャンプになりました。ちょっと体を絞ったように見えるのは気がせいでしょうか、妙に頭が小さく見えます。素敵なプログラムでした。
ステップアウトなければベストだったのでしょうに。

11.カルーザ
2A 3Lz-3T 3Lo
ワンフットで滑りまくりまクリスティー。ガッツポーズめっちゃやった。8回ぐらいやりましたよガッツポーズ。でも演技中にもやってました。カメラに映っていない時もやっていたかも。ガッツポーズくんはLP進出ケテーイ。

12.ミーシャ
3A df 3F-3T 3Lz
ジョニーすぎる。too johnnyだわ。身長が173センチもあるそうで、とてもそうは見えないです。10センチは低く見える。ステップに全然瀕死感はないですけれど、しなやかで素敵よ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆ツイッターで背中が痛いみたいなことをつぶやいていたと思いますが、その影響は無かった模様。あいさつまで白鳥。自己陶酔の世界に入りきってる感じがいい。

13.ナンソン
4T-3T 3A shaky 3Lz fall
年明けからの失速っぷりが・・・。せっかく綺麗な4-3降りたのに、3Lzで転倒だなんて、いつぞやのエマみたいじゃないか。他のところは昨シーズンよりも安定した気がします。スピンも滑りも去年はどうしちゃったの?っていうぐらいでしたから。この髪型・・・・・IKKO?

14.ファイファー
3Lz tano 3S-3T 2A
ステップの時にストラップが外れていて、引っかかりを防ぐために咄嗟にズボンをまくし上げるとかSUGEEEEEEEE!!!最後のあいさつで逆まで上げるとかギャグセンスTAKEEEEEEE。この面白さだけで加点したいレベル。

16.ジュベール
4T-3T 3A 3F
こらえた→こらえた→立ったあああああああああああああああああああ!!!!!
客煽って調子にのってるうううううううううううううう。こんな調子に乗ったジュベール久しぶり。良かったよおおおお良かったああああああ・゜・(つД`)・゜・
もうトランジションなんかどないでもええわっ!    完

17.マヨロフ
3A 3Lz fall 3F<< fall
ぎょええええええ3Fコケてフェンス激突。でも大丈夫そうで良かった。この「顔はやめなボディにしな」的に丈夫そうな体のおかげか。去年と失敗するジャンプが違うだけで同じパターン。

18.りっぽんぽん
3F-3T 3A so 3Lz so
3Aは助走が雄大過ぎてタイミングを逃してしまった感がありました。有香組は3Lz呪われているのだろうか。これでアボットくんまでやったらコンプリートしてしまう。
ステップからバレエジャンプ、スピンの流れは素晴らしい。

19.Pさん
4T so 3A 3Lz-3T
橋大輔さんが英語ができたら話してみたいPさん、4Tはクリーンな成功とはいきませんでしたが悪い出来ではない・・・と言いたいところですが、ワンフットの途中にバランスを崩してしまいましたので、あんまり良くない出来。でも動きは良かったです。この3Aの安定感なんでしょうね。ついに21歳にして3A安定きた?2回入れる?そうしよう。最初の表情、アップで見たらインチキ臭すぎる。東南アジアの観光地の客引きのようなインチキ臭さである。
それでもシーズンベスト。加点分考えたら、まあそんなもんか。

20.コンテ
3Lz-3T 3A 3F
フランス人がフランスで1812年やってくれると、シーズン頭から楽しみにしていたのに見損なったぜ。ただし、黒ばっかりでは飽きるから、そのパプリカみたいな衣装は合格!
ジャンプはシェイキー気味でしたが3つとも入りました。LPと路線が似ているので、頑張ったけど、まあ特に・・・。

21.ミハル
3A 3F-3T 4S
きたああああああああああああああああ!!!!!ビッグでクリーンな4Sきたあああああああああ!!!!!さすが橋大輔さんが英語できたら喋りたいスケーターだな。
最後の最後でクリーンなやつ決めるとは、ついに4位卒業か。胸のドラゴンも喜んでますよ。今年辰年ですもん。

22.大輔さん
4T-3T< hd 3A 3Lz
思いがけなさ過ぎて笑ってしまった。なんか気合い入りすぎて体がうずうずしてしまったんだろうか。プラマイゼロだー。でもLPへのことも考えたら感覚掴む意味では+1かも。
日本人の応援がすごすぎて笑ってしまう。ボデーはキレッキレ。四大陸や全日本よりも良かったかも。無理せず2Tだったらなーとは思いますけど、後から言ってもしゃーなし。このスコアなら十分明日も戦える!

23.アボットくん
3F-3T fall 3A 2Lz
やっぱり有香組の3Lz呪われてる。何が問題かって、全員が3LzをLPに2回入れるような選手だからなんですよ。チャレンジ杯から調子上がってないのか、なんだったらあれ出たのがいけなかったのか(´・ω・`)
ジャンプのミスがあっても会場を沸かせるのはさすが。いや、でもメダル獲ってほしかったからハイパー残念。10点ぐらい失ってしまったわけですから。

24.ケビンさん
3T-3T 2A 3Lz
女子みたいな構成になりました。クリーンだったのは何よりですが。まだ調子が悪いんでしょうか。お茶汲みにあるまじき、ワンフットステップとかそれなりにきちんとできていたと思いますから、ジャンプのタイミングだけの問題なのでしょうか。

25.がっちゃん
2T-2T 3A 3Lo
今シーズンの不安定クワド、ここに来て復活。ロシアの呪いはやっぱり終わってくれないのか。これだけで13点ぐらいは失ってしまうんですね。あとはいつものがっちゃんでした。彼もタイミングだけなのかなあ・・・。

26.アモディオ
4S fall 3Lz-3T 3A
転倒はしましたが回転は足りていたので大きな痛手にはならないです。eつきの3Fを跳ぶと考えればむしろ+なのでーす。そうですね。あとは見ていなかったです。いかんせん眠すぎるので。何気にパーソナルベスト。

橋大輔さんが英語が喋れたら深いことも話してみたいランビも観戦中。

27.羽生
4T-2T 3A 1Lz
今シーズン安定してた3Lzが抜けてしまった・・・。3つともランディングが良くなかったですけど、3Aすごかったです。流れが止まってしまったのを体をよじって振り付け風に見せちゃうっていう。この子怖い。気迫たっぷりのステップもよろしゅうございました。ミスあれど、滑りと勢いは素晴らしかった。ノーミスなら大輔さんの上ぐらいに行ったんでしょうね。

28.こづ
4T fall 3A fall 3Lz-3T
踏ん張りきかなかったDAYになりました。まあこんな日もありますよ。谷間シーズンですしどんどん挑戦していかないと。銀メダル獲ったんだから、金メダル獲るためには降りるしかないんですよ。気持ち切り替えて明日は楽しんでー!

29.なんですくん
4T 3Lz-3T 3A ot
一番怖いジャンプが3Lzのなんですくん。今日も怖かった。他のジャンプより上がらなくて怖い。のび太も見納めでありました。最後に良いのび太が見られて良かった。
PCSの位置は7.7前後で落ち着きました。8点台まみれはやりすぎだったと思いますし、これぐらいかも。

30.トラ
2T 3A 3Lz-3T df
抜けてしまったけれど、リカバリーをしました。いつぞやの試合みたいに3Lz-2Tにしないだろうかと心配していましたが、クリーンではないものの入れました。ノーカンになるぐらいなら、両足でもいい。よく滑ってはいますが、なんかプログラムが締まらないんだよなあ。フィニッシュのポーズってミハルじゃん。チェコの絆。素敵やん。


感想がやっつけ気味に見えるのは眠いからです。ペアまで寝ます。
なんだかんだでおもしろかった。
アモディオもジュベールも最終だから盛り上がりそう。
日本チームは全員グループがバラけて大変!フジテレビがなm9(^Д^)プギャー
トップ18って、コンテ以外みんなクワド入れてきますよね?明日が楽しみ。グループ2の豪華さが悲しい。ということで、明日はかなり順位が動きそうです。

7人もステップレベル4出てました。ミンソクはルール変わって2シーズン目の最後の試合で、なんでスピン重複させてるんだ。

離脱!

Comment:6
2012
03.30

世界選手権で団体戦導入?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120330-00000033-jij-spo

世界選手権でも導入したいそうで。いつか。シーズンオフのISU総会で提案されるようです。

しかも出場って、3人(組)からでもできるんですね。日本も五輪出場できるじゃないですか。出てもメダルは無理ですけど出られるこた出られます。日本の成績なら余裕で選ばれるでしょうし。世界選手権だったらメダルとれ・・・・・るか?アメリカロシアは確定だろうけど、カナダは女子がネックですよね。しかも大会期間伸びるのかよ。マラソンみたいにチームはおまけみたいにすればいいじゃないか。

団体戦は正直どっちでもいいです。選手がウェルカムならやってほしい。
Comment:1
2012
03.30

世界選手権 4日目 アイスダンスリザルト

すごすぎ。

アイスダンスFD
1 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)110.34
2 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)107.64
3 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)104.05 PB
4 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)100.18 PB
5 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV(ロシア)95.66 PB
6 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)95.51 PB
7 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)92.46
8 Ekaterina RIAZANOVA / Ilia TKACHENKO(ロシア)86.24
9 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI(ドイツ)85.07 PB
10 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)84.39 PB
11 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)82.37
12 Siobhan HEEKIN-CANEDY / Dmitri DUN(ウクライナ)80.05 PB
13 Xintong HUANG / Xun ZHENG(中国)78.92
14 Kharis RALPH / Asher HILL(カナダ)78.80 PB
15 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV(アゼルバイジャン)78.42
16 Lorenza ALESSANDRINI / Simone VATURI(イタリア)75.71
17 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)74.96
18 Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)74.44
19 Isabella TOBIAS / Deividas STAGNIUNAS(リトアニア)73.85
20 Danielle OBRIEN / Gregory MERRIMAN(オーストラリア)64.31

アイスダンスリザルト
1 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)182.65
2 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)178.62
3 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)173.18 PB
4 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)166.65 PB
5 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV(ロシア)161.00 PB
6 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)160.62 PB
7 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)150.75
8 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)144.72
9 Ekaterina RIAZANOVA / Ilia TKACHENKO(ロシア)144.43
10 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)143.95 PB
11 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI(ドイツ)141.36 PB
12 Xintong HUANG / Xun ZHENG(中国)130.27
13 Kharis RALPH / Asher HILL(カナダ)129.55
14 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)129.31
15 Siobhan HEEKIN-CANEDY / Dmitri DUN(ウクライナ)128.75 PB
16 Lorenza ALESSANDRINI / Simone VATURI(イタリア)126.89
17 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV(アゼルバイジャン)126.57
18 Isabella TOBIAS / Deividas STAGNIUNAS(リトアニア)124.07
19 Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)123.12 PB
20 Danielle OBRIEN / Gregory MERRIMAN(オーストラリア)112.23 PB


1.フルディア&ディアス
トリスタンとイゾルテってストーリー知らないのであらすじを見たら、なんやかんやあって結ばれるっていうやつなんですね。長くて読めない。
男性がゴクゴクと水を飲むところの効果音デカすぎて笑えました。得意の逆リフトはもうちょっとスムースにできると加点がもらえるんですけどね。女性の体がぐらぐらするんですよね入りと出で。
マリーさん、出産してもスタイルキープできていてすごい。

2.オブライエン&メリーマン
最初のステップで女性がいきなりバランスを崩して膝からコケてしまいました。氷が硬くてエッジで掴めないんでしょう。全部氷のせい。氷いけない子。
去年のシブタニズと同じ感じのプロ。ムーンライトセレナーデあたりまでは良いんですけど、最後のSing×3のあたりはバテてしまったのか、音楽に合っていなかったです。スタミナは課題です。セレナーデと言えば、いっそセレナーデ。

3.ヒッキンケネディ&ドゥニ
ノートルダムドパリ。おフランスを意識した選曲でした。女性は前のパートナーと出てとったダイレクトエントリーで今年も出場なんですよね。
曲いっぱい使っていましたけど、もうちょっと使うところ絞ってもいいような気がします。身長が186センチもあるような男にカジモドは演じられないお。せめてコペリー弟ぐらいじゃないとさ。

4.ズロビナ&シトニコフ
コンテンポラリーで素敵です。プログラムの内容は分かりませんけど、振り付けが独創的で目を引きますよね。おまたから飛び出してリフトしながら男性が腕ふったり(首もふってる)、ヘンテコ姿勢からカーブリフトしたり、フィニッシュの仕方も独創的だ。好きだ。素敵だ。PCSがウクライナより下はちょいと残念。これから上手くなってくれ。楽しみすぎる。
ミハイロワがキスクラに。きれい。

5.トビアス&スタグニウナス
ちょっと昔メドレー。男性が体育の先生に見える。ラインが入ったダサいジャージ穿いた先生だ。首からホイッスル下げたら完璧。もうダサいパンツしか目に入らない。
同じようにメドレーならフランスのパパダキスとか、ペニコラも滑っていましたけど、彼らにはマッチしていないような。終始ノーフィーリングなままシーズン終わってしまった。たぶん来年のこの時期には覚えてない。

6.ファン&ジェン
ちんとんしゃん!まともにこのFD見たの初めてかも。中国杯の時は全体的に出来が悪くて、あんまりちゃんと見ていませんでしたし。
タンゴですけど、それらしい色気はないというかリベルタンゴなのに淡々としていて、もっとシャキーンとかっこよく決めて欲しかった。最初のリフトに入る前のトランジション、何がしたいのかよく分からなかった。ただの時間稼ぎとラン?ハイライトが無いので、全体的にもっさりでした。

7.ラルフ&ヒル
タンゴが連続。普通ならげんなりするところですが、それを打ち破ってくれました。最初はキレキレで男女のぶつかりあい?中盤の暗い音楽では質の高いリフトを見せてくれました。スピンの時もホールドを組んでいてかっこよかった。そこから音楽の高まりとともに、見ている方のボルテージを一気に高めてくれる。素晴らしいタンゴでした。ヒルのケツも素晴らしかった。
僕も会場にいたらスタオべしていました。点数もしょうがないんでしょうけど、ここで1位にはなってほしかった。

8.ジガンシナ&ガジ
たぶん忠実に演じているのに、独特だと解釈されてしまうロミジュリ。いやまあ・・・・ねえ。エレメンツの質は良かったですよ。ガジの死に顔がおじいちゃんみたいになっていたのはさておきね。来シーズンはどんなプログラムかなー(棒

9.アレッサンドリーニ&バトゥーリ
雰囲気ぴったりのトスカでした。雰囲気があるのは良いんですけど、よくよく見てみると雰囲気だけで流している感を感じないわけでもないなという。でも印象付けて評価を上げるのは大切なことですから。クリロワも呪文をつぶやくのね。バトゥーリとハグするマッシモさんの小さきこと。点数が出て客無言。

10.クームス&バックランド
前半の締めくくりはプレスリーメドレー。途中女性がバランスを崩すところがありましたが、アクロバティックな動きがあって楽しめました。スローな音楽に移った時にムードを出せるようになったのは強みになります。特に女性がそんな感じ。そういえば顔がデンコワに似ている気がする。来シーズンはGPSで台乗りなんてしてくれるかな?

11.ハベル&ドノヒュー
衣装・・・変えるならもっとムードのあるものに変えて欲しかった。黒けりゃうんぬんって時代はもう終わったの!大人な雰囲気のプログラムではありますが、いまいちピンと来ないなあ。最初ピンと来なかったら、一曲だからそのまま終わってしまう。ひとつの曲で滑るというのはそれだけリスクが高いことですよね。女性がやや不安定だったのも気になりました。

12.リャザノワ&トカチェンコ
トカチェンコさんが素敵なベロアっぽい衣装やめて、気味の悪めな紫のパンツ穿いて、胸のあたりキラキラさせてるううう。
ツイズルはややズレではありましたが、今日も素敵な世界を見せてくれました。後から足したピアノのポロポロも、今となれば記憶の奥底から思い出を引っ張りだすような追憶のシーンを表していると思えなくもない・・・よ?
ロシアの呪いがきいていないと思いきや、食あたりだったトカチェンコさんおつ。TES低いよ。

13.カッペリーニ&ラノッテ
今日も可愛かったです。ややツイズレでしたけども、転倒しなければいいんです!いいんです!もう可愛いからそれでいいんです!パーソナルベストやたーーー!!!!!きっとリヨンで練習してたから相性がいいんだよ!だからだよ!やっほーだよ!

デロションが映ったよ!

14.ボブロワ&ソロビエフ
ボブロワのスカートが短くなりました。美しい脚を見せるにはこっちの方が良い。ツイズルは無難に成功。他のエレメンツもミスはありませんでした。後半になるとやはりお疲れな感じが見えます。でも出来は悪くはなかったのではないかと。でもやっぱりTESが伸びない。

15.シブタニ兄妹
アレックスがファーストツイズルでミス。続けられませんでした。大きなミス。今日はアレックスがとても悪かった。ここはコロラドじゃないよ!エッジが浅くていつものような迫力も無かったです。ツイズルの点数が無くなりましたね・・・加点もいつもみたいにもらえなかったのかなあ。

16.デイヴィス&ホワイト
メリチャリとても良かった。クリーンプログラムを滑ってくれました。ヤバかった四大陸のときとは打って変わってのスピーディーな演技。メリル様も絶好調で跳ねていらして、チャーリーが少し絞ったように見えますし、バランスもOK。
十分高いスコアですけど、どうなるのか。

17.ウィーバー&ポジェ
クリロワも感動して涙する素晴らしい演技でした。クリーンな滑りを見せてくれました。GPS、ファイナル、ナショナル、四大陸、そしてワールド7試合も見ているというのに、何度見ても人の心を打つプログラム。これだけのプログラムを滑り切ることができた彼らが本当に素晴らしい。最後にはケイトリンが髪乱しまくって迫力がありました。すごく良かった。
ついに100点超えた!おめでとう!

18.ペシャラ&ブルザ
何も言うことはあるまい。最後まで滑りきることができて本当に良かったよ。
もう、本当に。

19.イリニフ&カツァラポフ
終始荒ぶるニック。メダル争いとちょっと離れたところにいたというか、そんな感じなのでリラックスできたのかも。今日はミラーツイズル、一番の出来でした。今日は2人ともスケートが伸び過ぎて怖かった。コケてしまうんじゃないか?というぐらいに。もうちょっと出て欲しかった気もしますけど、シーズン一番の出来でした。3枠ゲッツ!

20.ヴァーチュ&モイア
ツイズルでミスしかけましたけど、ごまかした!さすが。本調子というかベストな出来では無かったと思いますが、素晴らしくはありました。ダンスイベントを締めくくるにふさわしい演技。スコット顔やばいwww優勝おめこ!

良い演技がいっぱいで目が離せなかった。文字打ち過ぎて左の薬指死んだ。動かない。

テサモエは2度目のワールドタイトル。5年連続のメダルです。
メリチャリは3年連続のメダル。銀は2つ目。
ペシャブルは念願の初メダルを獲得しました。
4~6位の3組ともに素晴らしい演技を披露してくれました。それぞれの最高位です。

最後はステップの差になっていますが、テサモエとウィバポジェが4を出しているんですね。5位までは他は3。イリカツも3とれた!カペラノはスピンが3ですが、これが4なら5位に入っていました。

トップ6はどの組も素晴らしい演技を披露してくれて興奮しきりでした。


来シーズンの枠は
3枠 カナダ・アメリカ・ロシア
2枠 フランス・イタリア
となります。ダイレクトエントリーはトップ15にあたえられます。何か勘違いしてた。この順位なのにカナダ予選からなわけない。脳死んでた。

やっぱりダンスって良いなあ。と再確認できた今回のアイスダンスでした。
バカンスバカンス!
Comment:6
2012
03.30

世界選手権 4日目 女子SP

ケシンジャンの演技終了とともに見始めました。
エリック杯の画家っちおるやないか。

女子SP
1 Alena LEONOVA(ロシア)64.61 PB
2 Kanako MURAKAMI(日本)62.67
3 Carolina KOSTNER(イタリア)61.00
4 Mao ASADA(日本)59.49
5 Akiko SUZUKI(日本)59.38
6 Ksenia MAKAROVA(ロシア)58.51
7 Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)58.49
8 Ashley WAGNER(アメリカ)56.42
9 Kexin ZHANG(中国)55.00 PB
10 Viktoria HELGESSON(スウェーデン)54.19
11 Valentina MARCHEI(イタリア)52.14
12 Jenna MCCORKELL(イギリス)50.42
13 Amelie LACOSTE(カナダ)49.37
14 Elena GLEBOVA(エストニア)49.04
15 Yretha SILETE(フランス)48.42
16 Alissa CZISNY(アメリカ)48.31
17 Juulia TURKKILA(フィンランド)47.75 PB
18 Sonia LAFUENTE(スペイン)47.36
19 Polina KOROBEYNIKOVA(ロシア)46.71
20 Natalia POPOVA(ウクライナ)46.60 PB
21 Sarah HECKEN(ドイツ)46.39
22 Kerstin FRANK(オーストリア)45.80 PB
23 Alisa MIKONSAARI(フィンランド)44.16 PB
24 Romy BÜHLER(スイス)44.02
25 Victoria MUNIZ(プエルトリコ)43.27
26 Isabelle PIEMAN(ベルギー)38.45
27 Alina FJODOROVA(ラトビア)38.06
28 Min-Jeong KWAK(韓国)36.91
29 Clara PETERS(アイルランド)34.03 PB
30 Lejeanne MARAIS(南アフリカ)32.22

14.嫁
2A 3Lz-2T 3T
3Fではなくて今日は3Lzなんですね。バランスを崩していましたが、何が何でも降りてやる!みたいな気合いが感じられました。旦那がこの試合で引退なので彼女も引退なんでしょうか。どうなんでしょう。ケシンジャンよりPCS上です。予選から好調ですね。LPでノーミスで100点超えしてほしい。
いつも衣装のセンスがよろしゅうございますね。

16.シレーテ
3T-3T shaky 3Lo so 2A
地元フランスの大歓声の中で滑りました。ジャンプにミスはありましたが、トランジションの滑りなんか良くなったような気がします。ステップは少しお疲れモードだったかもしれません。僕が選手だったら地元は嫌だなあ。家族や友達に応援に来てほしくないしヽ(*´∀`)ノ

フランススター専用カメラあるの?

17.ラコステ
2A 3Lo ot-2Lo 3S
鉄板の3Loで失敗。成功率がとても低い3Lzは回避してきました。滑りが良い選手だけど、ランに必死で音楽に合っていないなーと。トップ選手になるとそこまで味みたいに見えてきますよね。そこらへんまで行って欲しい。

18.ポポワ
3F 3T-2T 2A
ジャンプをきちんと降りました。2Aの前にスパイラルというか、足を上げてぬおっとする振り付けがありましたがすごく中途半端でした。犬がおしっこするときみたいな半端さを感じました。ミスは無い演技だったのもやや単調。悲しげな曲なので、もっと上半身を動かして欲しかったのに、腕の動きぐらいでしたし。ここらへんはこれからの課題でしょうか。
ペトレンコがおってやで。

19.真央
3A fall 3F-2Lo 3Lo
スピンは四大陸の時よりも良かったです。練習では16回挑んで1度も成功しなかったそうで、完全に戦略ミスとしか。厳しいパネルだとかろうじて降りで回転不足判定でしょうし。それに今回は完全に回転が足りていませんし。
なかなかキレッキレという演技が見られません。ううむ。残念。
アイシャドウが濃いですねえ。

20.レオノワ
3T-3T 3F 2A
レオノワさんのワールドSPの相性の良さは異常なり(2010年除く)。レオノワにはナポレオンの呪いもきかないというのか!質の良い3T-3T素敵でした。間延びステップはロステレコムの時のキレキレすぎた時に比べれば抑えられてはいましたが、ヨーロピアンよりは良かったと思います。たぶんモロゾフの呪文で大丈夫だったんですね。ヴォロノフとイリカツも大丈夫だったし。
インタープリテーションすげえ。

21.ゲデ子
3Lz-3T!!!!!!!! 3S 1A
ぎょえええええええええええええ→(´・ω・`)
この年齢で3Lz-3T入れられるようになったああああああ!!!!!SUGEEEEEEE
と思ったらスパイラルの助走でつまづきかけてあせったのか1Aになったあああ。プラマイゼロ。でもすごい3Lz-3Tでした。全員プラスつけてね!キレッキレすぎて怖かったです。キレキレの時のゲデ子は必ずスタンブルかスピンでミスするので。ステップがヌメヌメ滑っていたのでスタンブルしないか心配でした。ジャンプミスはありましたがシーズン1番の出来と言っても良いのではないでしょうか。
予想以上にPCS低くて残念。7点台1つなんて。そんなそんな。

22.マカロワ
3T-3T 3Lo 2A
3つのジャンプを降りた瞬間にLPがんばれと思わせるマカロワ。
このプログラムやっぱり好きだ。アクセルの前のスパイラルと腕の動きも、コンビネーションスピンのキャメルの腕のポジションも、ストレートラインの後ろ向きのホップも、ループ書いてからの上椋動きも全部好き。すんばらしーーーーー!!!
マジでLPまとめてくれ!回転不足なんて蹴散らして!!!
60点は乗ると思ったのに。そんなバナナ。PCSも厳しい。でもよくよく考えれば7点台って昔は環ールド最終グループぐらいにしか出てなかった。感覚が麻痺しているのであろうか。

23.ヘッケン
3T-2T 3S fall 2A
3-3の予定を3-2に変更。サルコウはせっかく降りたのにフリーレッグを引くときに引っかかって転倒。-2ぐらいで済まないかなあ。怪我の影響は目に見えます。動きが大きく無いし硬いです。体も演技も表情も硬い。

24.アシュリー
3F so 3Lo-2T 2A
3Fのコンビネーションが入れられず、リカバリーをしました。彼女はエッジが深く、よく滑るという選手では無いのでノーミスありきなところがあるんですよねえ。3Fでほとんどミスが無いだけに残念なミス。その他のところはきちんとこなしていませた。シーズン最後までよく分からないプログラムだった。

25.マルケイ
3Lz shaky 3S-2T 2A
4年ぶりのワールドのマルケイさん。3Lzがシェイキーだったのでコンボはつけずに、リカバリーをしました。3Lzは2~3引かれるでしょうね。助走が長くてステップは全くないので。彼女を初めて見たときの印象は助走長すぎてリンク滑り切るんじゃない?でした。彼女のマッチしたラテンのプログラムですけど、よく見るとプログラムの密度は薄いです。もうちょっと、こう良い感じにね。

26.シズニー
3Lz fall 3Lo fall 2A so
ジャンプ壊滅ですが、予想できていなかったことは無いので、あんまり驚きませんでした。心配なのが国に帰ってから、去年のレイチェルみたいに叩かれないか。スピンはいつも通り素晴らしかったですよ。
3Loの転倒で驚く観客席の日本人であった。

27.佳菜子
3T-3T 3F 2A
すうううううううううううぱあああああああああああ!!!!!
素晴らしい出来でした。ビールマンがちょっとグラってきた以外もう全部良かった。シーズン頭は体が大きくなってしまいジャンプに苦しんでいましたが、よくこの17歳という体を絞るのが大変な時期にここまで体を作ってきましたね。これは根性が座ってないとできないことですよ。本当にすごい。こういう時にアクセルをミスってしまったりしますけど、成功。佳菜子もアクセル緊張していたそうですけども。この笑顔を見れば、今までの選手の失敗の鬱屈とした空気がふっとんでいきます。最終グループ入りおめ!目標のトップ6だけじゃなくてメダルも狙える。

28.カロリーナ
3T-3T 2Lo 2A
ループ抜けの大きなミスがありましたがスピン、ステップはキレキレでした。ヨーロピアンより良かった。チャレンジカップの時の調子をキープできているように見えます。何よりです。会場のほとんどの人が彼女に優勝してほしいんだろうなーという空気を出しています。失敗の時の「oh...」も一段と大きかった。失敗はあっても滑り、音楽表現は今日滑ったスケーターの中での完成度は抜けています。「どんな氷でも知ったこっちゃねえ、滑ったるわ!」っていう。
お茶目なカロリーナかわいいいいいい!!!SS8点台じゃないんですね。わしならつけるよ8点。

29.あっこちゃん
3T-3T 2Lz 2A
過大のルッツが(;^ν^)ぐぬぬ…。でもこれはきっと明日に向けて2本成功させるためにミスったんですよね?明日はスーパーあっこですよね?ジャンプのミスこそあれど、体はキレッキレでした。ディープエッジでギュイーーーーンと進むワンフットかっこよすぎでした。
チケット購入者の2割が日本人ということで、手拍子先導したな!

30.ヴィッキー
3T-3T 3Lo 2A ot
普通に3T-3T入れてきてワロタ。3T-2Tばかりの壮大な前フリが功を奏したのか?最後のアクセルで少しマイナスはもらうでしょうが、それも気にならないような良い出来。あ、でもセカンドは回転が全然足りてないわん・・・。でも、挑戦しないと成功はない(again)ので、今回の挑戦は男らしくてかっこよかった。

加点はたっぷり、PCS控えめなジャッジでしたけど、出し過ぎもあれですしね。
ジャンプ判定は全然厳しくなくすごく普通。レベル判定はやっぱり大盤振る舞い。上位5名とヴィッキーにステップレベル4。スピンも4まみれ。

チーム3T-3Tは3T-3Tこそ降りれど、明暗が分かれました。
奥さんご存じ?日本女子3人が最終グループに入るのって史上初なんザマスよ?(たぶん)でも、これって去年の男子のパターンじゃないか。複数メダル確実とかで、あれ?あれ?ってなっていくの。これ3人の中で最後に滑った選手がメダル・・・あるで。

アメ女は3枠無理なので、もうアシュリーには気楽に、シズニーには怪我なく滑っていただきたい。机上の空論を述べようとも3枠は無理ですよ。

コロベイニコワのミスで、3枠\(^o^)/オワタ状態だったロシア。今年も同じ2人が最終入り。よほどのことがなければキープできるでしょう。よほどのことがなければね・・・。

なんかもう、レオノワが世界チャンピオンになりそうな気が。それはそれでいいや。ミス無い選手が優勝で。んでレオノワが世界チャンピオンになって8点台安定の選手になって、ロシアの国内で泥沼の代表選考になればおもしろい。レオノワはメダル確実だしょな。

カロリーナはレオノワまで3点ちょっと、PCSのアドバンテージあれど微妙な差。レオノワがノーミスなら3点差は厳しい。チャレンジ杯の時の演技、ここにもっと来ようず!

地味に2枠に増やしそうな中国とスウェーデン。ぜひそうしてください。1回とれば13位と15位でも2枠キープですから。


なんかカオスすぎてついていけない。最低でも新しいワールドのメダリストが1人は誕生するんです。なんか変な感じ。新しいメダリストって変な感じ。

日程折り返すと途端に気持ちが萎えてくる。あとちょっとで終わってしまうという。嫌だなあ。
Comment:4
2012
03.29

世界選手権 3日目 アイスダンスSD

あーーー。ペアの時のような気力がない。
と思ったけどウィバポジェとカペラノのおかげで生き返った。

アイスダンスSD
1 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)72.31
2 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)70.98
3 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)69.13
4 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)66.47 PB
5 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV(ロシア)65.34
6 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)65.11 PB
8 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)59.56 PB
9 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)58.29
10 Ekaterina RIAZANOVA / Ilia TKACHENKO(ロシア)58.19
11 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI(ドイツ)56.29
12 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)54.35
13 Xintong HUANG / Xun ZHENG(中国)51.35
14 Lorenza ALESSANDRINI / Simone VATURI(イタリア)51.18
15 Kharis RALPH / Asher HILL(カナダ)50.75
16 Isabella TOBIAS / Deividas STAGNIUNAS(リトアニア)50.22
17 Siobhan HEEKIN-CANEDY / Dmitri DUN(ウクライナ)48.70 PB
18 Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)48.68
19 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV(アゼルバイジャン)48.15
20 Danielle OBRIEN / Gregory MERRIMAN(オーストラリア)47.92 PB
21 Pernelle CARRON / Lloyd JONES(フランス)47.75
22 Irina SHTORK / Taavi RAND(エストニア)47.24
23 Zsuzsanna NAGY / Mate FEJES(ハンガリー)45.70 PB
24 Cathy REED / Chris REED(日本)44.19
25 Anna NAGORNYUK / Viktor KOVALENKO(ウズベキスタン)44.08

アニペーにイザベルにボナリーに。フランススターがそろい踏みなのでーす。おまけでランビも。

7.ハベル&ドノヒュー
良い演技でした。女性が派手な衣装で無くなってしまったのは残念。黒なんておもしろくない!彼らはレベルの取りこぼしが課題でしたが今回はそれもきちんとできたようです。雰囲気のある2人ですし素敵に滑ってくれました。前のパートナーだとここの位置までは来られなかったでしょうね。パイパーも同じく。相性はやっぱり大事。

11.オブライエン&メリーマン
ずいぶん上手になりました。滑りにスピードが出てきたように見えました。ただパターンのところを見ると女性のエッジが浅く、サーキュラーの時も上手く踏めていなかったです。雰囲気が良くなってきたのはとっても良いことです。もっともっと上手になってほしいですね。

12.リード組
ファーストツイズルでクリスが転倒してしまいました。2回転も回っていないぐらいなのでエレメンツとしてとってもらえません。パターンの時にクリスの足元がだいぶグラついていました。痛み止めを打っているようですし、まだまだ万全ではありません。国別も出なければいけないので、まだシーズンは終わらないわけですが、今度はぜひ素敵な演技を披露して欲しいと思います。

13.ちんとんしゃん
男性が衣装を変えてしまった。しかも黒なんてつまらん。でもアジア人なのに胸毛わっさーと生やしているのは評価に値しますですよ。無難にツイズルを決めて、よく滑るようになった滑り。最後のパートはいらないような気がします。しかもあんなにリズムを落とした挙句、パターンを滑るわけでもないですからね。今回はフィニッシュミスって、中途半端に終わってしまったのも印象悪い。

14.ジガガジ
もっさり。動きが音楽と合っていなかったように見えました。ツイズルでガジがバランス崩したぐらいから、バラバラし始めて。最後の盛り上がりもいまいちだったなあと。お姉様がお花復活させたのは良かったですよ。

15.ペニコラ
経験が人を大きくさせると言いますか、まさにそんな感じ。女性に雰囲気が出てきました。男性も続いて!ツイズルミスってる場合じゃないよ!今回はレベルがとれなかったのでしょうか?

16.ボブソロ
あああああああああああああボブロワが誕生日転倒してもうた・・・。その後のリフトも中途半端な質になってしまいました。せっかくソロビエフがツイズル耐えたのに。
にしてもテクニカルがいつにも増して低すぎる。

17.キャロジョン
地元の大歓声を受けて、ツイズルでミスをするジョーンズさん。キャロンの衣装が南国の鳥みたいだったのが青一色のフリンジになっていました。バランス的にはこっちの方が良いですけど、チャレンジ精神がないで。それ以外はジョーンズさんの白パンツしか目に入らない。
そして、ゲンナジーが真っ白髪の上についに髪の毛全部剃り落としてしもうた。
SD落ちしてもうた・・・来年は予選からよ・・・。7点台出てるのに、転倒ないのにテクニカルが最下位て。

18.リャザトカ
ロシアの呪いをついに断ち切ってくれました。サーキュラーの入りのスピードがたまらない。ぎゅいーーーーん。トカチェンコさんの雰囲気たまらんですね。このプログラム最初はラテンぽく無さ過ぎてあんまり好きではありませんでしたけど、良くなりました。シーズン最後に良い演技でしめくく・・・・って点数引く過ぎて(´・ω・`)´・ω・`)´・ω・`)ジェットストリームショボーン

19.ウィバポジェ
今日もいつも通りのパッショネートな演技でした。そして彼らがリンクサイドに来たときに、彼らに合わせてカメレンゴが顔を動かさず、グイーーーーーンと移動しているのを見て笑ってしまいました。亀さんおもしろいよ亀さん。スタオべの出る素晴らしい演技。

20.カペラノ
シーズン1番の出来と言っていいのではないでしょうか。よく滑っていて、動きもキレキレ。ヨーロピアンの時の覇気の感じられなかった演技はさようならしました。彼ら比でよく滑っていたと思います。特にパターン。そして安定のカッペちゃんの愛らしさ。
ベストでした!やっほい!

21.イリカツ
すごいスピードでサーキュラーに入っていきました。スタート時のエレーナの表情がいやらしくて非常によろしいです。ツイズルは彼らにしたら合格点でした。バランス崩したりコケなければ良いんんです多少ずれていようが。編曲は好きになれませんが、今日の出来ならパフォーマンスとしては良かったのではないかと。ロシア最上位が彼らなら、彼らが国別?
モロゾフ痩せたねー。脚とか全然違う。

22.メリチャリ
コントロールされた危なげの無い演技でした。どちらかがやりすぎるということも無かったです。2人のバランスがとれていました。+2以上がたくさん、ツイズルは3ばっかりなのではないかと。いちいちするドヤ顔がおもしろい。彼らはラテンというよりも「メリチャリ」っていうダンスを踊りますね。メリルの衣装は全米の時のが好きなんですけど、布の量なんでしょうねー。残念だなあ。
思ったより全然低いスコアでした。パネル鬼かっ!

23.テサモエ
いつもの彼らの素敵な滑りを見せてくれました。この安定感と空気感はやっぱりいいなー好きだなー。でもやっぱりプログラム詰め込み過ぎて意味分からないなーwww
ズエワのサングラスはバカンス気分出し過ぎて・・・ここ室内ですけど?(笑)
全項目でメリチャリの上に行ったのここ2シーズンで初めて?

24.シブタニズ
このプログラムに変えたのはやっぱり正解でした。マイアは前の衣装の方が良かった気がします。ちょっと変わっただけですけど。ラテンの色気はないけど、朗らかさと上品さがあって別方向にアピールはできました。ツイズルでバランス崩しかけたけど、アレックスはさすが。
うーん点数低い。テクニカル30点行ってない。

25.ペシャブル
鼻の骨折、地元のワールドで一番のベテランが最終滑走。プレッシャーは相当な物だったと思いますが、よく最後まで滑ってくれました。エッジはヨーロピアンよりも良かったと思いますよ。こまけえこたいいんだよ!な演技。すごく盛り上がった。もちろん本調子では無いんですけど、そんなことはいいんです。はい。良かったよナタリー。良かったよファビアン。
テクニカル1位やった!コンポーネンツもほぼ9点!


ということで、レベルが全然とれていないのかと思いきや、原因は加点でした。
パターンの加点が全然ついていません。唯一マイナスが1つもつけられていないのがテサモエ。彼らでさえ0がたくさんついているわけです。イリカツぐらいになると半分はマイナスですし。あまりにも気分で加点つけすぎるから、ちゃんとしろ!みたいなのが出たのでしょうか?とてもいいことだと思います。きちんとできていないのに加点なんておかしい。上位勢でもネームバリュー加点なんてやめてほしいです。

ペシャブルとハベル&ドノヒューはパターンは両方4、ハベルたちはサーキュラーも4でした。素晴らしいです。

リード組はツイズルがノーバリューパターンは4と3ですが、-3をつけているジャッジもいる厳しい評価。チェックポイントだけ滑っていてはダメということがよく分かります。

SD落ちというまさかの結果に終わったキャロジョン。ツイズルは1。エレメンツで1つもレベル4がありませんでした。基礎点がダントツで低いです。

ボブソロはパフォーマンスで6.75をつけているジャッジがいました。彼らも基礎点が低いです25点しかとれていません。レベル4はリフトだけ。レベルがとれないですね。とれないままシーズンを終える・・・のか。

優勝争いは依然としてテサモエとメリチャリ。加点の度合いが違うので、それは変わらないと思います。ペシャブルのFDはあんまり受けも良くないでしょうし。3位と4位の差が3.7点ぐらい。これは分かりませんね。ロシアが3枠取るにはイリカツは5位死守は絶対。ボブソロかリャザトカはハベルたちより、普通にやれば上に行くでしょうから、さすがに・・・と思います。

どうなるでしょうね。読めませんね。トップ10とそれ以外では力に差がありますね。ここの壁厚い。

明日は折り返しの4日目になります。女子SPとアイスダンスFD。女子はSPを制した者が大会を制します(よ・・・たぶん)。
男子は始まってすらいないのに、今大会のフランス的には一番注目のダンスのメダリストが決まります。神様おねがい。ペシャブルをっ。都合のいい時だけ神信じる。

朝6時。雪かと思えば霧でした。おやすみなさい。

Comment:0
2012
03.28

世界選手権 3日目 ペアSP

(;^ν^)ぐぬぬ…ストリーミング厳しい。非常に。
でも、早く上げてくれた方の映像見て感想書けました。

ペアSP
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)68.63
2 Qing PANG / Jian TONG(中国)67.10
3 Narumi TAKAHASHI / Mervin TRAN(日本)65.37 PB
4 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(ロシア)65.02
5 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)63.69
6 Wenjing SUI / Cong HAN(中国)63.27
7 Caydee DENNEY / John COUGHLIN(アメリカ)62.48
8 Tatiana VOLOSOZHAR / Maxim TRANKOV(ロシア)60.48
9 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK(イタリア)60.39 PB
10 Mary Beth MARLEY / Rockne BRUBAKER(アメリカ)59.62
11 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)59.59
12 Jessica DUBE / Sebastien WOLFE(カナダ)55.83
13 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)50.51
14 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)49.07 PB
15 Maylin HAUSCH / Daniel WENDE(ドイツ)48.48
16 QMari VARTMANN / Aaron VAN CLEAVE(ドイツ)47.91
17 Danielle MONTALBANO / Evgeni KRASNOPOLSKI(イスラエル)44.69 PB
18 Anais MORAND / Timothy LEEMANN(スイス)44.59 PB
19 Stacey KEMP / David KING(イギリス)39.33
20 Ji Hyang RI / Won Hyok THAE(北朝鮮)36.23 PB

1.マリタイ
すっかりタイラントが定着してしまったアーロン・ファン・クリーブさん(25)です。ソロジャンプがダブルになりました。スローはきれいに成功。動きが大きくて素敵なカップルだと思います。ただ、男性の動きというか、表情や目線が明後日の方向で、あまり演じている雰囲気を感じ取れないのが惜しいです。ここ改善してくれるだけで、もっとロマンチックに見えるのに。
マリちゃん上手いよマリちゃん。

2.ケンプキング
もうベテランのペアになりました。ツイストはいつもより良いものでしたがもたれかかってはいました。ソロジャンプとスローで転倒でした。厨二要素の強い選曲の多い彼らが無伴奏チェロ組曲を選ぶことが、それだけでも進化した!って感じはするんですけど、これだけミスが出てしまうと厳しいです。2人の息は合っていますが、点数にも出ている通り、エッジが浅かったです。ぐらぐらしていました。

3.リー&タエ
北朝鮮の組です。スロージャンプでサッと投げた後に後ろを向くのがかっこいい。ハウウェンのよりももっとナチュラルにした感じでした。ペアスピンがほどけてしまってカウントされないと思います。それにしても選曲がすごすぎて絶句。スーファミのRPGの中ボスと戦っているかのようなチープな音楽。もしくはチェーン店じゃないスーパーのBGM。北朝鮮の作曲家・・・。
SPで競技は終えますが、いっぱい美味しいもの食べて帰るといいよ!バンケット出ずにすぐ引き揚げとか可愛そうなことはやめてあげて!

4.マーブル
タイミングぴったりの3Tからスタート。スピードを出してクイックステップの楽しい雰囲気が出ていて素敵です。女性がペアに慣れてきたのかコンビネーションが良くなってきました。ステップの時の体の使い方の大きさは素晴
らしい。60点台には乗ってもいいとは思いますが、滑走順と四大陸ではないので、ちょっと辛めに出ましたね。

5.デラモニカ&グアリーゼ
イタリアのペアは結成1年目はロミジュリを滑らないといけない決まりでもあるの?wwwローラーフィギュアスケートをメインにやっていたので滑りが心配だったのですが、特に問題はなかったです。ペアの選手だったのでリフ
トも大丈夫。ジャンプもおk。滑りはスピーディーですし、リンクを大きく使っていて好印象。デラモニカも怪我とかは大丈夫なんだろうか。マジもんのモデルは肢体のバランスがすごいなあ。
LPでも見られますよー!

6.ダニエルちゃんとキャシーのジェンニャ
キャシーの彼氏の組です。男前なのにスラブ系によくいる顔過ぎて覚えられない彼氏。耳タコのアサシンズタンゴ。女性の雰囲気はありました。男性はなんかモロゾフの生徒的な腕の動かし方を感じました。

7.ジェームズ&シプレ
今日も安定の可愛いヴァネッサ。ヴァネッサがダブルになって見えたのは彼女のジャンプが上がってから回転していたからですね。かっこいいジャンプ。組んだばかりの時はスローが全然成功しなかったのに、よくこの質まで持
ってこられたなあとしみじみ。サクサーヌの雰囲気らしからぬ健康さですが、うんいいよいいよ。

8.デュベ&ウルフ
ツイストは抱え込み。ソロのサルコウはきれいでした。これをデイヴィソンの時にやr(ry
男性も慣れてきたのが上手にはなってきましたが、色がまだ無いように思います。それがついてくるのは来シーズンからでしょうか。LPの後半にハイパーお疲れモードになると思うので、そこに注目。念を送りましょう。

9.モラン&リーマン
大きなスローはステップアウト、きれいなソロの2Aを降りました。個性的な組がたくさん滑ったので、その中だとちょっと埋もれてしまったかなあ?あとインゴかこいい。

10.デニコフ
ノーミスのクリーンプログラムでした。高いツイスト、ソロジャンプ、スローも良かった。もう少し曲にエレメンツを当てはめて欲しかった気もしますが、なんやかんやで良かったです。あとはステップですね。デニーはもっと
もっと滑りの練習しないと、今シーズンは良いですけど来シーズンから伸び悩むかもしれません。なんでこんなに黒くなっているんだデニー。

11.高トラ
一言で言うと「breathtaking」そんな演技でした。
ソロの3Sを降りて、ツイストもきれい、リフトも素晴らしい、トランジションも豊富、膝を使った深いエッジでのスケーティング、スローはちょっと両足だったけど転倒じゃない。感慨深い成美のガッツポーズ震えたZEEEEEEEEEEEEEE
65点!!!!!!コンポーネンツが7.57 7.50 7.68 7.68 7.61ですよ!すごすぎですよ!

12.ハウウェン
スロージャンプで転倒でした。この組はスロージャンプの成功率が非常に悪いですね。高トラより悪いかも・・・・・。他のエレメンツは良かったですよ。この70's~80'sを彷彿とさせるような古臭いスポ根風音楽たまりません
。北朝鮮の組と双璧を成す古臭さでした。

13.川スミ
悠子ちゃんが結婚式の二次会帰りの酔いどれドレスに戻った。スミが髪伸ばしてヒゲもじゃになった。でも童顔だから違和感しかない。やめようよ。
ソロジャンプは少しシェイキーでしたが、ツイストはいつものキャッチより良かったような。僕がジャッジだったらマイナスはつけません。スロージャンプは飛距離があってとてもよかった。足の引き方も綺麗になりました。
そして驚いたのがリフトを降ろす時の転倒。スミがバランスを崩して、悠子ちゃんも転倒。でも悠子ちゃんが氷に落ちないようにスミが器になったのはかっこよかったよ・・・。
高トラより下のコンポーネンツ・・・。

15.バザラリ
ソロジャンプで男性がステップアウト、スローやツイストは良かった。そして今日はステップが良かったんですよ。いつもより気迫がこもっていて、激しくてやっとトスカっぽさを見られました。だがしかし、ラリオノフさんがフィニッシュポーズで転倒するという、塩湖のサレペルのようだ。ディダクション無しで良かった。

15.ベルホタ
大きなミスの無い演技でした。今日はトリプルツイストを入れてきました。抱え込んではしまいましたが、挑戦しないと成功はないから(`・ω・´)キリッ ランディングがシェイキーだったりと小さなエラーはありましたが、全
体的には良かった。最初から雰囲気がたまらなくエロい。このエロさがダンスっぽさを感じさせる一因ですよね。ステップの時はホタレックがちょっとバテ気味だったように見えました。

16.ヴォロトラ
これは呪いとしか言いようがないレベル。ロシア全組転倒なんて。ナポレオンの呪いが200年の時を超えてロシアを襲っているのや。ツイストで着氷姿勢を上手くとれず、スローは両足、そしてデススパイラルで転倒、あまり得意
ではないペアスピンも流れてしまいました。流れの悪い演技でした。シーズン最悪の出来の演技を、ワールドタイトルが今シーズン一番近かった彼らがしてしまうとは、これは痛すぎる。
コンポーネンツで8点台が1つも無く、SPで0.8掛けだから高トラとほとんど変わらない。最終落ち・・・。

17.デュハラド
ソロジャンプは3Sだったのを3Lzにしてきました。あまりにもリスクが大きかったですね。男性が転倒でした。そのミスだけではなく、ステップあたりから動きがバラバラして、もっさりした演技になりました。アランフェスの雰囲気が感じられませんでした。最後のスローの女性の根性降りはさすがでした。男らしいよOMG。
でもパーソナルベストでした。謎い。

18.スイハン
女性がソロジャンプで転倒でした。回転が足りていたので、うんなんとか。スローはきれいに3Fを成功。いつもの彼らでした。今日は女性がポニーテールでした。だから転倒したんだ。そうに違いない。全てはポニテのせい。
というわけで、明日はお団子にしてノーミスよろしく!

19.サフゾル
スロートリプルアクセルに挑戦してきました。両足ではありましたが、いつものようなエグい転倒ではありませんでした。でもふんわり3Fも好きですよ。ソロジャンプは男性がステップアウト。残念でした。いつもに比べると危なっかしく感じたのはこの空気感なのか、練習不足なのか・・・。でもやはり他のペアと比べるとレベルが違いますよねえ。

20.パントン
愛のペア。ソロジャンプはステップアウトでした。でもダブルにならなけりゃいいんです。鉄板のスローは両足着氷。でもコケなければいいんです。やや慎重に滑っていましたが、ステップは2人の同調性が素晴らしくて息を飲みました。それでもってレベルを取れていれば言うことは無いんですけど。
コンポーネンツはサフゾルよりトランジション以外全部上!すげー。
「国宝」バナーがおもしろすぎる。


ということで、高トラはなんとスモールメダル獲得の快挙です。他のペアのミスはあったにしろこれは本当にすごいこと。LPもこの良い感じを保ったまま滑って欲しいです。

多くのペアにミスが出ましたが、その半面恐ろしいほどステップでレベル4が出ています。上位12組は全てレベル4、マリタイもレベル4でレベル4じゃない方が少ないです。要件が上がるかもしれませんね。こんなに出ると。

ヴォロトラが第3、川スミは第2グループの滑走となってしまいました。しかし3位から11位の間はかなり順位が動くことが予想されるのでまだまだ分かりません。去年のワールドのことを考えれば、ヴォロトラが一気に抜くってことも考えられますしね。ただよほどのことが無い限り、サフゾルの優勝は固いのではないかなあ?と。今日はよほど続きでしたけど。

コンポーネンツの付け方が格付けに依らないものになっているのは、個人的にはすごく気持ちが良かったです。ヴォロトラなら本来8点台を並べるのに、このスコア。高トラは全体で4位の高いコンポーネンツ。本来の力と今回の出来とを総合して付けられている。今回のジャッジは本当に素晴らしいと思います。

順位に波乱はありましたが、LP進出者は事前にそうであろうと予想されていた15組は全組進めました。イタリアの組はその最後の1つに入ってきました。がんばりました。

ダンスまで時間あまりまくりです。女子の滑走順出ましたけど、真央は点数出にくそうなところ引いてしまいましたねえ。彼女はくじ運悪いなあ。
佳菜子とマカロワの場所変わってくれれば、第4が可愛いグループで、第5がきれいグループになったのに。

Comment:4
2012
03.28

世界選手権 2日目 男子予選

去年の日程の楽さが身に染みる。
西欧は嫌だ。

男子予選
1 Nan SONG(中国)130.75
2 Sergei VORONOV(ロシア)128.47
3 Maciej CIEPLUCHA(ポーランド)126.50 PB
4 Misha GE(ウズベキスタン)124.41
5 Kim LUCINE(モナコ)122.58 PB
6 Viktor PFEIFER(オーストリア)120.48 PB
7 Alexander MAJOROV(スウェーデン)115.78
8 Christopher CALUZA(フィリピン)112.08
9 Javier RAYA(スペイン)111.66
10 Justus STRID(デンマーク)110.45 PB
11 Min-Seok KIM(韓国)110.24
12 Alexei BYCHENKO(イスラエル)108.51 PB
13 Ari-Pekka NURMENKARI(フィンランド)100.16
14 Zoltan KELEMEN(ルーマニア)97.75
15 Brendan KERRY(オーストリア)95.40
16 Laurent ALVAREZ(スイス)93.24
17 Damjan OSTOJIC(ボスニア・ヘルツェゴビナ)93.11 PB
18 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)92.84 PB
19 Luke CHILCOTT(イギリス)91.92 PB
20 Jordan JU(中華民国)89.56
21 Marton MARKO(ハンガリー)86.08 PB
22 Ali DEMIRBOGA(トルコ)84.34
23 Vitali LUCHANOK(ベラルーシ)83.97
24 Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)82.40 PB
25 Taras RAJEC(スロバキア)81.81
26 Manol ATANASSOV(ブルガリア)79.14
27 Harry Hau Yin LEE(香港)66.56 PB
WD Kevin ALVES(ブラジル)

予選最後のカテゴリーでした。上位12名がSP進出です。

1位はナンソンでしたが4Tは両方転倒、3Aは後半の方がお手付きだったようです。加点がもらえたジャンプが3Aと2Aの3連だけでした。レベルの方も取りこぼしがちらほらあります。本来であればぶっちぎりで1位になっているような選手なので、今回の出来は残念。ぶっちぎり1位予想の選手は男子も女子もあんまりだ・・・。でも、まだ予選ですからね。SPまで時間はたっぷりあるので持ち直してくれると期待しています。トップ10いってー!

2位にはヴォロノフ。4Tは回避で、3Fがダブルになりましたが大きなミスなく演技を終えています。ジャンプ構成が弱いので基礎点もあまり高くはないですね。昔はそれでも加点で稼げていましたが、今も昔ほどはとれていないですし、加点幅も少なくなりましたからね。それ以外でもとっていかないと。トランジションに4.75をつけているジャッジが2人。でも仕方ないかも。コレオグラフィーに4.75もありますけど、分からなくもない。だって・・・・ねえ?

3位にはシェプルハが入りました。プチサプライズでした。3-3の後に転倒をしたそうですが、eがついた以外はミスが無かったです。彼としては一番の出来だったのではないかと思います。

ルシーヌは3Aは回避でした。ミスはありましたが自分のできるものをしっかりと入れたという感じです。モナコ大公もいらっしゃっていて、応援されていたようですよ。ルシーヌはフランス人だけどね!

ファイファーは3Lzがダブルになりましたが大きなミスはなかったです。ベテランの彼ですがこのスコアはパーソナルベストなんですね。たしか昨年もワールドの予選は良かったんですよ。そしてSPで・・・ね。今年は通過できるでしょうか。

ジャンプ跳びすぎの選手が4人もいました。祭りじゃ祭り!

怪我明けのヌルメンカリは残念ながら13位とあと一歩でした。と言っても点差があるので、あとジャンプ1つ成功とかで変わるものではないのですが・・・。ううむ残念。

ブラジルのアルベスは背中の怪我で棄権でした。


さてさてと、明日からはいよいよ本選が始まります。
ペアは第4グループにロシアが固まって、その中にベルホタという、ヨーロピアンの時に似たような滑走です。おーこyこy。最終にはデュハラド、スイハン、サフゾル、最後にパントンと最後までハラハラとした展開が期待できそうな良い滑走順。高トラは真ん中の11番。がんばれー!
ペアは第2グループからは感想がかけそう(放送あれば)。

ダンスは最終に固まりました。イリカツ、メリチャリ、テサモエ、シブタニズ、最後に地元のペシャブルです。ペシャブルって滑走順良いのを引くことが他のカップルに比べて、格段に多いような気がします。これで盛り上げて上位に行ってほしいです。めっちゃ盛り上がって、ヨーロピアンの時みたいなシャローエッジでレベルとれてないとかは悲しすぎる。鼻にテープ貼っていますけど、そんなに目立たないので良かった。

日本からもたくさんの方が行かれていると思います。マナーよく激しく応援してきてください。
チケットの5分の1は日本人が購入者らしい。

山際がやうやう白くなりかえているのでおやすみなさい。

Comment:2
2012
03.27

世界選手権 2日目 女子予選

女子予選
1 Jenna MCCORKELL(イギリス)95.63
2 Elena GLEBOVA(エストニア)92.52
3 Sonia LAFUENTE(スペイン)91.84
4 Valentina MARCHEI(イタリア)88.92
5 Kerstin FRANK(オーストリア)85.09 PB
6 Romy BÜHLER(スイス)81.74
7 Polina KOROBEYNIKOVA(ロシア)81.70
8 Natalia POPOVA(ウクライナ)77.57
9 Victoria MUNIZ(プエルトリコ)75.06
10 Alina FJODOROVA(ラトビア)73.64
11 Clara PETERS(アイルランド)73.36 PB
12 Lejeanne MARAIS(南アフリカ)70.50 PB
13 Melinda WANG(中華民国)70.43 PB
14 Reyna HAMUI(メキシコ)69.84 PB
15 Sila SAYGI(トルコ)68.85
16 Inga JANULEVICIUTE(リトアニア)68.51 PB
17 Karina JOHNSON(デンマーク)68.46
18 Mimi Tanasorn CHINDASOOK(タイ)67.62 PB
19 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)67.44
20 Chae-Yeon SUHR(韓国)67.17 PB
21 Dasa GRM(スロベニア)66.45
22 Chantelle KERRY(オーストリア)65.48
23 Eliska BREZINOVA(チェコ)65.47
24 Anine RABE(ノルウェー)64.92 PB
25 Sabina MARIUTA(ルーマニア)64.52 PB
26 Alexandra KUNOVA(スロバキア)61.09
27 Georgia GLASTRIS(ギリシャ)60.49
28 Ami PAREKH(インド)58.06
29 Zhaira COSTINIANO(フィリピン)56.46
30 Daniela STOEVA(ブルガリア)56.38 PB
31 Marina SEEH(セルビア)52.65
32 Mirna LIBRIC(クロアチア)52.16
33 Viktoria PAVUK(ハンガリー)51.43

最も出場者数の多い女子。これが一番イベントの中で長いんですよね。
上位12名がSP進出です。

1位は嫁でした。彼女は最近ジャンプの精度がめっきり落ちてしまって、予選が通過できるかすら、ちょっと怖かったので首位通過で良かったです。サルコウがダブルになってしまいましたが、大きなミスなく演技を終えられました。この調子でSPも滑って欲しいです。

2位にはグレボワ。グレボワってもうベテランのイメージがあるんですけど22歳なんですね。ジャンプは少しずつミスが出ています。彼女はなかなかコンポーネンツが上がりませんね。もうちょっと良くならないかな?

マルケイはジャンプの半分ほどでミスがありました。100点を超える力があるので、この出来は少し残念ですが、エネルギッシュな演技ではあったようです。

そして予選首位通過は当然だったであろうと思われていたコロベイニコワは3F-3Tと3S-2T以外のジャンプで全て失敗でした。しかも最後のジャンプはコンビネーション4つ目でノーカウント。さらにはコレオスパイラルまでもノーカウントでした。本来もらえていたであろうコンポーネンツでもありませんね。パフォーマンスなんてがっつり引かれてしまっていますし。SPでは力を発揮できるでしょうか?トップ5に入る力はある選手ですからね。
地味に3Fにeがついているのか・・・。

パブクはジャンプで全ミス、かつてはヨーロピアン4位の選手でしたが、ここまでなると厳しいなあ・・・。2点台もつけられていますし。

予選はまだまだ続くのです。
Comment:0
2012
03.27

世界選手権 1日目 アイスダンス予選 ニースの奇跡

奇跡が起こったのでございます。

アイスダンス予選
1 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV(ロシア)92.40
2 Xintong HUANG / Xun ZHENG(中国)79.69 PB
3 Irina SHTORK / Taavi RAND(エストニア)79.17 PB
4 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)79.09
5 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV(アゼルバイジャン)77.80
6 Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)76.26
7 Lorenza ALESSANDRINI / Simone VATURI(イタリア)73.96
8 Danielle OBRIEN / Gregory MERRIMAN(オーストラリア)71.37 PB
9 Anna NAGORNYUK / Viktor KOVALENKO(ウズベキスタン)70.88 PB
10 Zsuzsanna NAGY / Mate FEJES(ハンガリー)70.84 PB
11 Gabriela KUBOVA / Dmitri KISELEV(チェコ)70.39 PB
12 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY(スロバキア)68.42 PB
13 Henna LINDHOLM / Ossi KANERVO(フィンランド)68.42 PB
14 Alexandra ZVORIGINA / Maciej BERNADOWSKI(ポーランド)68.29 PB
15 Ramona ELSENER / Florian ROOST(スイス)66.29
16 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)64.61 PB
17 Ksenia PECHERKINA / Aleksandrs JAKUSHIN(ラトビア)62.15
18 Corenne BRUHNS / Ryan VAN NATTEN(メキシコ)61.11 PB
19 Ekaterina BUGROV / Vasili ROGOV(イスラエル)60.81 PB
20 Cortney MANSOUR / Daryn ZHUNUSSOV(カザフスタン)58.92 PB
21 Barbora SILNA / Juri KURAKIN(オーストリア)57.78
22 Alexandra CHISTIAKOVA / Dimitar LICHEV(ブルガリア)55.22 PB
23 Lesia VALADZENKAVA / Vitali VAKUNOV(ベラルーシ)53.00

首位にはぶっちぎりでイリカツ。実力が頭3つぐらいは抜けているので、これでトップじゃなかったらどうなん?っていう。プロトコルを見るとレベルが全然。ダイアゴナルとストレートラインリフトが2、スピンが3。せめてステップは3、それ以外は4を揃えないといけないのに、シーズン最後の試合のこの場面でも揃えられないのはどうなん?(again)ツイズルは成功しているので、これはぜひSD・FDと続けて欲しいです。コンポーネンツはヨーロピアンより上がっていますが、他の有力選手に混ざればどうでしょうね?8点台キープできるでしょうか。これでいきなり7点台後半に下げると、格付けじゃねーか!って言われそう。

ちんとんしゃんがパーソナルベストで2位に入りました。リベルタンゴのプログラムですが全然記憶にない・・・・・四大陸にも出ていないですし、GPSは基本的に見返さないので。DVDには山ほど残っているのに。でも良い演技だったのであれば何よりです。SDの衣装は今までのままでしょうか?あんな衣装がないとつまりませんよねラテンは。

3位には衝撃のシュトルク&ランド。どうしてこれを世界ジュニアで(。-`ω´-)基礎点は一番もらえているんですよね。もうテクニカルなんてイリカツとほとんど変わらない。テクニカルの勝利。ラテンはそんなに合っているテーマではありませんし、ジュニアと違いルンバなので滑りこみはどうか?という心配があります。予選3位でSDドベとかはさすがに嫌ですよ?

ペニコラはよくエッジに乗って滑っていたそうすが、レベルは2でした。彼らは6点台後半安定してきましたね。ヨーロピアンでの一発屋みたいな扱いはされていないようです。あの時みたいにパターンでレベルを揃えられれば今回は去年よりも上位進出は確実でしょう。がんばれ。

フルタード&ディアスの6番ジャッジの評価すごい。7.75とか出してますよ。これって槍玉に上げられる・・・か?

そして全仏、全ウズベク、いや全世界中のフィギュアスケートファンの胸を打ったであろうウズベキスタンのナゴルニュク&コバレンコ。事の顛末を整理すると
ビザが下りない

今朝下りて、そのまま出場のためにフランスへ

16:30到着予定が2時間遅れる

18:30到着予定がさらに10分遅れる

滑走時間は19:13を予定

でした。誰もが見守っていた中、チームメイトのミーシャ・ジーのツイッターで
OMG !!!!!!!!!!!!!!! They made it !!!!!!!! They already in skates right now !!!! It's a Miracle !!!!! Thank you God.
とのツイートがありました。

そして、滑っただけではなく彼らのパーソナルベストを更新、SD進出となりました。彼らのスコアではSD厳しいと言われていた中での見事な進出です。映画化決定。これをニースの奇跡と呼ぼう。

去年の進出ラインが67点だったので、70点ないとSDに出られないという厳しい戦いになりました。同じぐらいのスコアで多くの組が競っていました。それだけレベルが上がってきたという嬉しい悩み。見たかったカップルはたくさんいましたけど。

というわけで嵐のような1日目が終わりました。映像無しでこんなに興奮したのは久しぶりです。もはや気持ち的には最終日。山口百恵の「さよならの向う側」が流れてくるレベル。というわけでまた明日。
Comment:2
back-to-top