2011
12.31

ロシアのヨーロッパ選手権代表

結果そのまんまですけどね。

男子
エフゲニー・プルシェンコ
アルトゥール・ガチンスキー
セルゲイ・ヴォロノフ

補欠
ジャン・ブッシュ
アルトゥール・ドミトリエフ


女子
アリョーナ・レオノワ
クセニア・マカロワ
ポリーナ・コロベイニコワ
ソフィア・ビリュコワ

補欠
ポリーナ・シェレペン


ペア
タチアナ・ヴォロソジャルマキシム・トランコフ
川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ
ベラ・バザロワ&ユーリ・ラリオノフ

補欠
クセニア・ストルボワ&フェドール・クリモフ
アナスタシア・マルティウシェワ&アレクセイ・ロゴノフ


アイスダンス
エカテリーナ・ボブロワドミトリー・ソロビエフ
エレーナ・イリニフ&ニキータ・カツァラポフ
エカテリーナ・リャザノワ&イリヤ・トカチェンコ

補欠
エカテリーナ・プシュカシュ&ジョナサン・ゲレイロ
クセニア・モンコ&キリル・ハリヤヴィン

はーい。とっても普通です。

コロベイニコワがビザの問題で出場できなくなり、代わりに補欠のビリュコワが繰り上がりました。
同じ先生のところだったと思いますが、その分まで頑張ってきてほしい!
Comment:4
2011
12.28

ロシア選手権 3日目 ペアリザルト・女子リザルト

ロシアもおしまいなり。

ペアリザルト
1 Vera Bazarova - Yuri Larionov MPAs 194.86
2 Ksenia Stolbova - Fedor Klimov SPB 182.13
3 Anastasia Martiusheva - Alexei Rogonov MOS 179.94
4 Katarina Gerboldt - Alexander Enbert SPB 174.39
5 Vasilisa Davankova - Andrei Deputat MOS 168.79
6 Lubov Iliushechkina - Nodari Maisuradze MOS 167.74
7 Ekaterina Petaikina - Maxim Kurdyukov MOS 157.46
8 Tatiana Novik - Andrei Novoselov MOS 155.96
9 Tatiana Tudvaseva - Sergei Lisiev PfP 142.78
10 Maria Vygalova - Egor Zakroev PfP 135.98
11 Oksana Nagalaty - Konstantin Bezmaternikh SPB 122.98
12 Jana Volkova - Alexei Petryanin PfP 114.34

この結果予想した人、世界中に誰1人としていないのではないでしょうか。いたら預言者レベル。
バザラリがLPも1位、完全優勝を果たしました。ヨーロピアン、ワールドでは昨シーズン以上の活躍を期待しています。あとは衣装を変えてくれればもっと嬉しい。ロシアのアカンところ凝縮したような古臭い衣装なので。

2位はストクリ。GPSでは2人がとても仲が悪そうで解散コースに突入するかなと思いきやの今回の素晴らしい結果でした。解散しないでください。

3位にはマルティウシェワ&ロゴノフ。この組が表彰台に上るとは全く予想もつきませんでした。
表彰台確実と思われていたゲルエンとイリマイ。特にイリマイは6位ということで・・・。
テクニカルが全組で一番なのが5位に入ったデワンコワ組。全く知らない組なので、僕の中ではどちらさんですか状態です。きちんとチェックしないとですね。

代表はヴォロトラ、川スミ、バザラリということになると思いますが、出場したのですから2位のストクリはヨーロピアンに出して欲しいなと。出る意味無いやないですかってことになりますし。


女子リザルト
1 Adelina Sotnikova МОС 193.71
2 Julia Lipnitskaya МОС 191.65
3 Alena Leonova СПБ 178.15
4 Ksenia Makarova СПБ 175.49
5 Elena Radionova МОС 174.81
6 Elizaveta Tuktamisheva СПБ 174.40
7 Polina Korobeynikova МОС 165.57
8 Evgenia Medvedeva МОС 161.74
9 Sofia Biryukova МОС 156.11
10 Polina Shelepen МОС 154.78
11 Anna Shershak МОС 152.11
12 Evgenia Gerasimova СПБ 152.02
13 Maria Artemyeva СПБ 148.44
14 Polina Agafonova СПБ 148.14
15 Alexandra Deeva МОС 144.50
16 Sofia Mishina МОС 143.74
17 Anna Ovcharova МОС 134.67
18 Maria Stavitskaya СПБ 130.72

このような結果になりました。演技は見ていないのでどうとも言えませんが。

ソトニコワがSPのリードを生かして優勝。3度目の優勝ですね。テクニカルでは4番目だったので何かしらミスがあったでしょうが、コンポーネンツの高さで逃げ切りました。優勝できて本当に良かった。おめでとう!

リプニツカヤがテクニカル68点というすさまじい得点を出しました。もう加点にまみれているんでしょうね。ロシアはプロトコルが紙を写真にとってアップという方法がとられるのが基本なので、なかなか見つからないですが、ぜひプロトコルを見てみたいと思います。もし年齢があと1つ、2つ上だったら優勝していたでしょうね。

レオノワは表彰台3位。3年連続の表彰台です。ミスがあったようですが彼女は安定していますね。もちろんコンポーネンツの高さがあってなんですけど、それでもすごいです。

マカロワはテクニカルが47点という低さですが、コンポーネンツが全体で2番目の高い評価でこの順位に留まりましたが普通ならばタクタミシェワの下ぐらいには行っていたかもしれませんね。

リプニツカヤ13歳、ラジオノワ12歳、メドベージェワ12歳という低年齢の3人がいずれも60点台のテクニカルをマーク。やはり年齢が低いとジャンプに強いですね。ここからどれだけ維持できるかです。リプニツカヤだって来シーズンこれを保てるとは限りませんから。

そして注目のシニアの年齢の順位ですが
3位レオノワ、4位レオノワ、7位コロベイニコワ、9位ビリュコワ、10位シェレペンという結果になりました。ビリュコワのすさまじい急ブレーキがありましたが、シェレペンも本来の力を出しきれた点数ではありませんでした。このまま上から3人が代表となるのではないでしょうか。

ユース五輪とジュニアワールドの代表はどうなるんでしょうか。ロシアどうするのー?

ちなみに僕が大会前に予想していたのは1位タクタミシェワ、2位リプニツカヤ、3位レオノワでした。タクタミシェワは国内選手権デビュー次年以降は全て表彰台に乗っていたので意外でした。
Comment:2
2011
12.27

ロシア選手権 女子SP・男子リザルト・アイスダンスリザルト

女子SP
1 Adelina Sotnikova МОС 68.65
2 Ksenia Makarova СПБ 64.30
3 Julia Lipnitskaya МОС 63.11
4 Sofia Biryukova МОС 60.95
5 Alena Leonova СПБ 59.95
6 Elena Radionova МОС 59.10
7 Elizaveta Tuktamisheva СПБ 58.32
8 Polina Korobeynikova МОС 57.64
9 Anna Shershak МОС 55.29
10 Maria Artemyeva СПБ 55.25
11 Evgenia Medvedeva МОС 53.21
12 Alexandra Deeva МОС 53.21
13 Evgenia Gerasimova СПБ 52.58
14 Anna Ovcharova МОС 52.51
15 Polina Agafonova СПБ 50.30
16 Sofia Mishina МОС 46.55
17 Polina Shelepen МОС 45.44
18 Maria Stavitskaya СПБ 43.10

1位は素晴らしい演技をしたソトニコワ。3T-3Tに落としていたコンビネーション、今日は3Lz-3Loに戻して成功させました。他のジャンプ、そしてスピンの質も素晴らしかったです。今日は勢いのあるストロングエッジのスケーティングでガシッと氷を掴んで男らしかったです。タイツの色は青→黒、そして今回は全身まっかっか。強烈です。
彼女のシーズンはここから始まりだ!!!

マカロワはノーミスのクリーンプログラムだったそうです。演技は見られていないんですけども。コンポーネンツはソトニコワより高く付けられています。素敵なプログラムなので、早く映像が見たいです。

リプニツカヤは実は国際大会で出たスコアの方が高いという。2Aが完璧という質では無かったのもありますが、これぐらいの点数に収まったのは意外ではありました。

レオノワが最初の方に滑ってこのスコアだったので、最終グループに残れるか心配でしたが、タクタミシェワが3Lz転倒して・・・だったので。
そして、シェレペンが17位。ルッツもサルコウも転倒してしまいました。実績でレオノワは選ばれるでしょうし、実質ビリュコワの点数まで追いつかなければいけないってことは、15.5点もあるんですよね。いくらなんでも、この点差はコンポーネンツのこともありますし、無理ですよね(´;ω;`)
LPでは何か爪あと残して欲しいです。はぁ・・・。

マカロワのSP見ましたが素晴らしかったです。リャザトカのスノーストームと同じ路線の好きさ。好き好き!

オフチャロワ、アガフォノワ、シェレペンはロシアの頑張れ3姉妹。

男子リザルト
1 Evgeni Plushenko СПБ 259.67
2 Artur Gachinski СПБ249.58
3 Sergei Voronov МОС240.79
4 Zhan Bush С/Ч 223.30
5 Artur Dmitriev М/С 220.29
6 Ivan Bariev МОС 219.87
7 Konstantin Menshov СПБ 219.28
8 Gordei Gorshkov СПБ 210.28
9 Stanislav Kovalev МОС 203.33
10 Artem Grigoriev МОС 201.06
11 Artem Borodulin МОС 194.81
12 Maxim Kovtun М\Е 193.93
13 Mark Shakhmatov МОС 178.35
14 Stanislav Samohin МОС 169.73
15 Theodosius Efremenko МОС 166.07
16 Stanislav Samohin СПБ 165.34
17 Vladislav Sezganov СПБ 164.19

プルシェンコの優勝でした。LPでも4Tを入れてきました。ルッツは両方失敗だったので、これで8点ぐらい失いました。ノーミスだったら180点に乗っていたのでしょう。3Fはeマークがつくのでプログラムに入れていないですが、2Aを単独で入れるぐらいなら入れて欲しいです。前半にアクセル2本ですし、基礎点的にも勝てない。勝つためならばせめて2本は欲しいです。
プログラムはマートンのヴァイオリンのロクサーヌ。プログラムは五輪シーズンのタンゴよりもスカスカ。というかまたタンゴですか。もう良いですって。コレオステップの流し感もすごいです。国際大会であればいっても7点台後半ぐらいでまとまるのではないかと思います。トランジションだけガッツリ6点台で下げられそうな予感がビンビンします。というかなるんでしょうね。

がっちゃんはSPでなんとか成功にもってきた4Tを転倒。今シーズンほぼ転倒ですね。昨シーズンの安定感はいずこに。しかし、3AはSPよりも良い質で良かったです。転倒以外はクリーンだったので、ナショナルなのでこれぐらいは出ますね。国際大会でも150点台は出る演技だと思います。ステップの細かさは昨シーズンから良かったですけど、今シーズンと言いますか、この大会はすごく滑りに勢いが出ていたので、実力が評価に伴ってきた感じがします。

ヴォロノフはシニアに上がって一番クリーンにジャンプをまとめられた演技なのではないでしょうか。4Tが入りましたし、コンビネーションも全部入りましたし。サーキュラーステップの滑らなさが気になるところと、アダム・リッポンさんの道化師との違いがよく分からないところはありますが、怪我から戻ってきて、これだけの演技は素晴らしいと思います。ヨーロピアンで良い演技見せて欲しいです。

バリエフは10位から順位を上げてきました。彼も戻ってきた選手ですよね。髪の長い選手だったのに、えらいすっきりさせて男らしくなっちゃって、むしろ男臭くなっちゃって。
最初のアクセルが危なかった以外ジャンプはほぼクリーンに。3Lzは2回ともに綺麗なタノルッツ。最近トリプルジャンプでもタノ多すぎでしょ。第2次タノブーム。
コレオステップはものすごいほどに荒ぶっておられました。サーベルのように腕をぶん回して。まるでモロゾフの振り付け。衣装も顔に仮面があるとか、T橋D輔さんじゃんとか思ったら、モロゾフだった\(^o^)/分かりやすい\(^o^)/良いスコアが出て大喜びでよかった!

他の選手はまたゆっくりと見ることにします。表彰台のみんなおめでとう。

アイスダンスリザルト
1 Ekaterina Bobrov - Dmitri Soloviev МОС 171.47
2 Elena Ilinykh - Nikita Katsalapov МОС 161.94
3 Ekaterina Riazanova - Ilia Tkachenko МОБ 154.71
4 Ekaterina Pushkash - Jonathan Guerreiro МОС 150.57
5 Ksenia Monko - Kirill Khaliavin МОС 146.28
6 Valeria Starygina - Ivan Volobuev МОС 128.43
7 Kristina Gorshkova - Vitali Butikov МОС 120.88
8 Anna Polikarpova - Maxim Kirillov ТОЛ 119.57
9 Anastasia Kabanova - Nikolai Babin МОБ 114.85
10 Evgenia Shakhtarina - Denis Kozlov КИР 92.53

予想通りの順位&SDから8位と9位が入れ替わった以外で順位の変動はありませんでした。
映像が上がっていないので、結果だけ見て書きます。

ボブソロの優勝はそりゃそうだろうね。ってことで。衣装が赤くなっているので赤ーチャが早く見たいです。

イリカツはテクニカルが今回も伸びないですね。シーズン中盤になってもなおこのテクニカル、トップカップルに追いつけ追い越せの立場にある若手である彼らは、コンポーネンツよりもまずテクニカルで稼がなくてはいけないのに。怪我明けのモンコたちとさほど変わらないじゃないですか。

リャザトカはリャザノワの怪我があったようですが、頑張りました。ヨーロピアンまで時間があるので、ロシアのクリスマスは年明けぐらいみたいなので、そこはゆっくりして、良い演技を見せて欲しいと思います。

プシゲレとモンハリはこの順位ですが、滑り込みの差が出てしまったんでしょうね。

5位と6位からの差がはっきりでているのがすごい。
そして、ゴルブチ(´・ω・`)
Comment:11
2011
12.26

ロシア選手権 1日目 アイスダンスSD・ペアSP・男子SP

はいはいはい。
全日本終わって油断してるでしょう?
駄目ですよー。

キリル文字から直したので、多少のスペル違いは無視してください。

アイスダンスSD
1 Ekaterina Bobrov - Dmitri Soloviev MOS 70.23
2 Elena Ilinykh - Nikita Katsalapov MOS 66.94
3 Ekaterina Riazanova - Ilia Tkachenko MOB 65.22
4 Ekaterina Pushkash - Jonathan Guerreiro MOS 60.25
5 Ksenia Monko - Kirill Khaliavin MOS 58.27
6 Valeria Starygina - Ivan Volobuev MOS 54.67
7 Kristina Gorshkova - Vitali Butikov MOS 48.68
8 Anastasia Kabanova - Nikolai Babin MOB 46.24
9 Anna Polikarpova - Maxim Kirillov TOL 45.64
10 Evgenia Shakhtarina - Denis Kozlov KIR 35.69

ボブソロ、イリカツ、リャザトカと国際大会の格付けの順番になりました。
ちょっと離れてプシゲレ、モンハリ。ゴルブチは7位でした。

さすがロシアナショナル清清しいぐらいに盛りますね。ロシアは他の国と比べてもずば抜けて格付けがカッチリしていて、まるで旧採点時代のようです。

ボブソロはミスの無い演技でしたが、テクニカルがやはり伸びませんね。またレベルの取りこぼしをしているのでしょうか。

イリカツは止まって振り付けをするところで、エレーナがつまづいたのか、引っかかったのか転倒してしまいました。すぐに振り付けに戻りましたし、エレメンツのところではなかったので良かったです。いつも以上にニックがかっ飛ばしていて、サーキュラーはすごかったです。やや後半は雑に見えましたけども。
女性の衣装が青一色から、黒い部分が増えて、減点食らわないようになっていました。この布増やせルールつまらないです。
彼らのこのプログラムのマシュケナダの編曲が、とにかく嫌いで嫌いで。ぶつ切り過ぎて嫌なんですよ。


ペアSP
1 Vera Bazarova - Yuri Larionov MPAs 68.83
2 Anastasia Martiusheva - Alexei Rogonov MOS 60.25
3 Ksenia Stolbova - Fedor Klimov SPB 58.46
4 Lubov Iliushechkina - Nodari Maisuradze MOS 57.00
5 Katarina Gerboldt - Alexander Enbert SPB 56.67
6 Tatiana Novik - Andrei Novoselov MOS 54.09
7 Vasilisa Davankova - Andrei Deputat MOS 53.32
8 Ekaterina Petaikina - Maxim Kurdyukov MOS 51.25
9 Tatiana Tudvaseva - Sergei Lisiev PfP 49.00
10 Oksana Nagalaty - Konstantin Bezmaternikh SPB 45.34
11 Maria Vygalova - Egor Zakroev PfP 42.90
12 Jana Volkova - Alexei Petryanin PfP 33.08

ヴォロトラはすでに欠場を発表していましたが、川スミもスミルノフの怪我で欠場となりました。なので、新しいチャンピオンが誕生する大会となりましたが、ちょっと寂しいことになりました。
川スミとヴォロトラは出ようが出まいがISUチャンピオンシップスは出られることになるでしょうから、優勝したペアが最後の1枠ですね。

バザラリがテクニカルもコンポーネンツも頭1つ抜けた点数を獲得しています。優勝は固いかもしれませんね。イリマイ、ゲルエンと続くかと予想されましたが、マルティウシェワ&ロゴノフやストクリが2位3位に着ました。2位~は点数が固まっているので、順位の変動はかなりありそうですね。


男子SP
1 Evgeni Plushenko SPB 88.24
2 Artur Gachinski SPB 83.52
3 Zhan Bush C / W 81.81
4 Artur Dmitriev M / C 79.69
5 Sergei Voronov MOS 76.35
6 Konstantin Menshov SPB 74.19
7 Artem Grigoriev MOS 72.90
8 Gordei Gorshkov SPB 69.84
9 Artem Borodulin MOS 69.76
10 Ivan Bariev MOS 69.56
11 Stanislav Kovalev MOS 68.10
12 Maxim Kovtun ESA 66.11
13 Ivan Tretiakov MOS 64.51
14 Stanislav Samohin MOS 63.45
15 Vladislav Sezganov SPB 61.10
16 Theodosius Efremenko MOS 59.57
17 Mark Shakhmatov MOS 58.20
18 Alexander Stepanov SPB 54.73

1位はエフゲニーさん。さすがに仕上げてきました。4Tの着氷がやや詰まって単独に、3Aは綺麗、3Lz-2Tといったジャンプ構成でした。彼はトゥループやアクセル以外にコンボつけるの苦手ですよね?勢いが付けにくいからなんでしょうか。エレメンツをしっかりやる!というプログラム、いつものステップ、いつもの適当なフィニッシュ。いつもの彼でした。

がっちゃんは4Tをここで成功しました。セカンドは2Tになりました。3Aはいつものような質ではありませんでした。彼のステップだんだんと好きになってきました。気持ちよく、とぅるとぅるとぅる~と滑って行くので、見ていて楽しいです。足元で滑りまくっているときにも上半身の動きもきちんとあるのがいいですね。そりゃレベルとるためにはあって当然なんでしょうけど、やっぱり素敵。

ブッシュは3Aでオーバーターンが入ったものの、4T-3Tを綺麗にランディングしました。最後から2つ目のキャメルスピンはちょっといただけない。コンボスピンのポジションももう少ししっかりと。スピンはまだまだ。
昨シーズンのジュニアワールドでほとんど印象に残りませんでしたが、今シーズン上げてきました。ただ、今シーズンの試合全てSPから順位を落としているんですよね。LPをまとめられないと・・・。

ドミトリエフはクワドレス構成では最上位に来ました。得意の-3Loのコンボは入れませんでしたけども。
彼って1シーズンに一度ぐらいすごく良いときがあるんですけど、今回はそうだったかもしれません。すごくスピードに乗っていて、ジャンプの高さも幅も素晴らしかったです。よく体も動いていましたし。スピンは回転速度は悪くないのですが、軸がちょっと・・・。キャメルポジションももう少しきれいだと良いですね。キャメルのシンプルなポジションって、旧採点を経験している世代としていない世代では、格段に質に差があるような気がするロシア。

ヴォロノフは4T-2T 3A 3Loの構成。大きなミスはありませんでしたが、それほどテクニカルで伸びていないです。スピン1個丸々無いよりも大きな点差がついています。決してGOEで+がつかないエレメンツばかりだったプログラムとは思えないので、すさまじくレベルがとれていないのか、ノーカンになっているとか?よく分からないです。
キックをプログラムの中にたくさん入れているのが、ますますサッカーっぽさを助長させていて、野球成分など微塵も感じられない。そもそもロシア人が野球分からないですよね。最初からサッカー?

メンショフは3T-3T 2Lzというジャンプになってしまいました。10点以上もこれで失ってしまいました。それでもなおこの位置にいるというのが素晴らしいです。最初のアクセルは質が良かったですし、滑りも一番安定しているのでは無いかと思います。

男子おもしろいよ男子。
Comment:2
2011
12.25

日本の派遣選手

フジテレビより、YAHOOの方が早かった。

世界選手権
男子:橋大輔小塚崇彦羽生結弦
女子:浅田真央鈴木明子村上佳菜子
ペア:高橋成美&マーヴィン・トラン
アイスダンス:キャシー・リード&クリス・リード

四大陸選手権
男子:橋大輔町田樹、無良崇人
女子:浅田真央村上佳菜子今井遥
ペア:高橋成美&マーヴィン・トラン
アイスダンス:キャシー・リード&クリス・リード

世界ジュニア選手権
男子:田中刑事、宇野昌磨、日野龍樹
女子:佐藤未生、宮原知子、庄司理紗

結局、世界ジュニアは上から3人。四大陸はよく分かりません。

ブリナ&水谷兄組は最低スコアが無いので、優勝してもチャンピオンシップスに出場できないんですね。でも彼らも、もう平井組の方も、国際Bに派遣してもらって、来シーズンは四大陸に出られるようにしてほしいです。日本から3組なんて胸熱じゃないですか。

世界ジュニアの方はダンスなし(´・ω・`)スコアの規定はジュニアに無いのに(´・ω・`)
Comment:7
2011
12.25

全日本選手権 アイスダンスリザルト・女子リザルト

まさかのフジが地上波で、全日本のカップル競技を放送するとは・・・。
珍しくGJ

高トラはソロジャンプの失敗は仕方無いとして、スロー2つは成功率8割ぐらいにもっていってほしいです。ペアにおいて、スロージャンプは失敗なんて珍しいぐらいのレベルにもっていかないといけないですから。
四大陸では北米勢と中国勢との争いの中で、どうにか1つでも上の順位に行って欲しいと思います。中国はパントンも出てくれば、表彰台独占も有り得るんですよね。こyこy。

アイスダンスリザルト
1位 ブリナ・オイ/水谷太洋 十条FSC/長野県スケート協会 114.21
2位 平井絵己/マリオン・デラ・アソンション 関西大学/BFSC 106.99
3位 竹井杏奈/玉田裕也 愛媛イヨテツSC/愛媛イヨテツ 75.16

1位 小松原美里/辻馨 倉敷FSC/京都アクアアリーナ 73.92

ブリナ・オイと水谷兄の演技は初めて見ました。兄は経験がありますが、腰が引けていて、まだまだ滑りが上達する余地はありそうです。ブリナはもうちょっと絞った方がいいかもしれませんね。


女子リザルト
1位 浅田真央(中京大学)184.07
2位 鈴木明子(邦和スポーツランド)179.27
3位 村上佳菜子(中京大中京高校)172.69
4位 今井遥(日本橋女学館)166.67
5位 佐藤未生(グランプリ東海クラブ)163.86
6位 宮原知子(関西大学中・高スケート部)163.85
7位 庄司理紗(西武東伏見FSC)156.47
8位 西野友毬(武蔵野学院)156.45
9位 鈴木春奈(新横浜プリンスFSC)156.23
10位 村元哉中(神戸PFSC)154.11
11位 友滝佳子(岡山理大附高校)148.99
12位 村元小月(関西大学)146.90
13位 大庭雅(中京大中京高校)146.83
14位 河野有香(中京大学)135.68
15位 石川翔子(明治大学)133.66
16位 鈴木真梨(東北福祉大学)132.56
17位 國分紫苑(関西大学)131.90
18位 高山睦美(明治大学)130.38
19位 近藤里奈(中京大中京高校)129.53
20位 今村紗羅(中京大中京高校)126.22
21位 長谷川奏(東洋大学)124.07
22位 中村未夏(小松原女子高等学校)123.81
23位 木内千彩子(明治神宮外苑FSC)115.95
24位 中村愛音(中京大中京高校)113.89

庄司
3S-3T-2T 3Lz 2A-3T 3F 3Lo 3S 2A
予定しているジャンプはほぼミスなく入ったように見えました。最後に予定していた2A-2Tの2Tはなぜ付けなかったのでしょうか、スタミナの問題でしょうか。3Lzや3Fはいつものようなギリギリの回転ではなく、今日は大丈夫だったと思いますが、どうなんでしょう。つなぎのスケーティングはとても伸びがありましたが、ステップのところはそんなに伸びない感じがします。緩急というか、緩緩ばかりのような。
思ったよりスコアが伸びなかったのはやっぱり回転不足なんでしょうか。あのレベルで認定されないって、ちょっと厳しいような気がします。

佐藤未生
3Lz 2A-3T 3F 3Lz-1T 3T 3S df 2A-2T-2T
コンボと3Sでミスがありましたが、今までの試合よりもジャンプがよく決まっていましたね。イタリアのスポーツカーコストナーさんにちなんで、日本のスポーツカーの称号を。ホンダS2000にしましょう。
かっ飛ばしは前半すごかったですけど、後半までスピードを維持できて、演技に緩急や情感を入れられるようになると良いですね。
S2000はホンダの物と教えていただきました。どこで勘違いしたんでしょう。最近勘違いばかりです。

鈴春
3F-2T 3Lz so 3S-2T 3T 1Lo 3T-2T-1T 2A
春奈の秋が超絶気持ち悪い塩原さん。
ジャンプに少しミスがありましたが気持ちの良い滑りでした。この質の3Fであれば、これからは2本入れていけるのではないでしょうか。滑りが伸びやかで、つなぎのスケーティングがフラットではなくて、きちんとエッジが倒れていて、スピードがスッと出るのが本当に素敵。サーキュラーステップのときのターンの美しさ、腕の使い方、表情素敵ですね。
昨シーズンからの確変っぷりには、もう本当に驚かされるばかりです。
庄司の上に来てもいいんじゃないか?と思わせてくれるような演技でした。

村元姉
3Lo 2A-2T-2T 3T so 3S 3T-2T 3S-2T 2A
怪我明けで戻ってきて、この出来は素晴らしいですね。後半は少しスタミナ切れが目立っていましたが、最後まで頑張りました。
蝶々婦人の表現にはまだ至っていないかなあと。
夏川りみに似ているというコメントをいただきましたが、確かにほっそりさせたような感じにすれば似ていますね。

友滝
3Lo+2A 3F-2T-2Lo 3Lz fall 3T 3Lo 3S
ジャンプ一つ見逃してしまいました。ジャンプのミスが少し出てきてしまいました。ジャンプは高くて素敵なんですけどね。もっともっとサムソンを誘惑できるような表現力見に付けていってくれればいいなと思います。2年連続全日本ジュニアで表彰台に乗っていても、全日本でも連続して良い結果を残すというのは難しいですね。

高山
3Lz-2T 3F-2T ot 2S so 1Lz 2A+2A 2T 1F
SPの滑走順抽選の時に真央の隣で喋っていましたね。同学年なので仲良しなんでしょうね。
最初の3Lzと3Fとても高さがあって良かったですね。ただことごとくジャンプが抜けてしまったのは残念です。音楽がBGM化してしまっていたのも少し残念ではありました。

塩原さんがSPでレベル4を獲得したスピンと言っていましたが、SPに足換えの単一スピンは指定にないざますよ。フジテレビがジャパンオープンの放映権を持っていた頃から数えれば、12年ぐらいフィギュアスケートに関わっていると思いますが、それでもこの程度なんですね。

あっこちゃん
3Lz 1A-3T 3Lo 3Lo-2T-2Lo 1Lz 3F ot 3S-2T
今日もスピードがあって良い滑りでしたが、アクセルやルッツが抜けてしまいました。この2つのジャンプの抜けは結構あるんですよね。勢いをつけていくところなので、力んでしまうところもあるんでしょう。ルッツは特に得点源なのに、2本揃うことがないので、せめて3回転はして欲しいですね。抜けはあまりにも痛いです。
調子は良さそうなので、また次の試合で結果を残してくれることを期待します。

村元妹
1Lz 3T 3S-2T 2A 3T-2T-2T 3S 2A-2T
予定構成では3Fを予定したと思いますが、3Lzに挑んできました。ルッツは失敗しましたが、その他のジャンプは全て入りました。表現力があって、氷の上に上がると急に色気が出てきますね。あとルッツがフリップかどちらか1本を確実にできれば、もう1つ上に来られますね。がんばれー!

西野
3Lz-2T 3Lo 3T 2A-2T 1Lz 3T-2T 3S hd
ルッツの抜け、3Sはステップアウトして手をつきました。しかし、すごく上手くなりましたし、ジャンプ高くて良かったです。スパイラルのフリーレッグがピッと伸びていて綺麗でした。あれは全ジャッジが+をしないといけないところですね。西野の反応が見たいのに、真央ばかり映すのはやめていただきたい。
来シーズン、NHK杯の地元枠いけないかなあ。

真央
2A 3F-2Lo 3Lz 2A-3T 3F-2Lo-2Lo 2S 2Lo df
今日はエッジジャンプの調子が悪かったですね。前半は滑りの緩急が良かったですけど、後半に入ると本来の彼女の滑りでは無かったかな?と思います。最後のスピンもいつもの回転のスピードではありませんでしたしね。
これからは練習をする時間も確保できると思いますし、また次の大会に向けて、調子を整えて行って欲しいと思います。

今井
3T-3T 3Lz 3F df 3Lo 3S-2T-2T 3S-2T 2A
3Fが両足になって、ステップアウトとなりましたがそれ以外はほぼミスの無い演技内容でした。前はLPに3Fは入れていませんでしたが、今回は入れてこられました。3T-3Tも入りましたし、あとは3Sではなくて3Loを2回入れられるようになると、またスコアが伸びてくるでしょうね。骨折があって、シーズン遅れましたが素敵な演技を見せてくれました。

佳菜子
3Lz 1Lo 3F 3Lo+2A 3F df 3T 3S-2Lo-2Lo
なかなかにループとフリップ2本どちらも揃わないですね。ステップでの転倒も残念でした。グランプリシリーズの時のような重さは感じられないので、体は大きくなっているものの、調子は悪く無さそうです。またシーズン後半に向けて、頑張って欲しいと思います。

宮原LP3位じゃん。SP15位からLP3位で6位じゃん。おいおいおいおいおいおいおい。
真央の演技2回するなら、宮原流せや。
Comment:11
2011
12.24

全日本選手権 男子リザルト・ペアリザルト・アイスダンスSD

リンクサイドのサンタの存在感。

男子リザルト
1位 高橋大輔(関西大学大学院)254.60
2位 小塚崇彦(トヨタ自動車)250.97
3位 羽生結弦(東北高校)241.91
4位 町田樹(関西大学)213.48
5位 無良崇人(中京大学)204.21
6位 村上大介(陽進堂)203.41
7位 田中刑事(岡山理大附高校)201.45
8位 中村健人(立教大学)195.94
9位 宇野昌磨(グランプリ東海クラブ)190.42
10位 日野龍樹(中京大中京高校)188.30
11位 坪井遥司(岡山大学)178.72
12位 木原龍一(中京大学)178.64
13位 吉田行宏(関西学院大学)165.82
14位 佐々木彰生(明治大学)164.84
15位 堀之内雄基(日本大学)155.33
16位 川原星(沖学園)149.01
17位 近藤琢哉(慶應義塾大学)148.42
18位 小沼祐太(日本大学)147.59
19位 郡山智之(福岡大学)145.49
20位 中村智(山梨学院大学)134.82
21位 松村成(明治大学)133.68
22位 宮崎勇人(関西大学)124.63
23位 江口涼一(中京大学)124.08
24位 玉田裕也(愛媛イヨテツSC)115.97

むらむら
4T 3Lz-2T 3A 3Lz 3A-2T 3S 1Lo 3F
コンビネーションが1つ入らなくて、3Loが抜けてシングルになりましたが、全体的に良かったです。彼はもう少しランディング姿勢をアレしてくれれば、もう少しGOEで+がもらえると思うんですけども。
SPに比べると、ステップはもう一つかな?とも思いました。表現も少しシンプル過ぎたように感じました。
ブエノスアイレスの四季にヴィバルディの四季が紛れ込んだの巻。

ルッツとフリップはエッジ系ではないでござるよ西岡さん。

昌磨
3Lz e 2A-3T 3F 3Lo 2A 3Lo-2T 3F-2T-2T 3S fall
転倒は1つありましたが、他は良かったですねー。3点ちょっと失うぐらいですから、大きな痛手では無いと思います。ジュニア男子のハイパー課題であるスピンで加点が稼げますし、音楽表現も良かったです。アクセルも練習しているそうなので、どんどん上手くなっていって欲しいです。

まっちー
2A 3A-2T 3Lo 3A 3Lz-2T-2Lo 3F 1Lz 3S-2T
たいへんよくらんびえーるでした。
どう見てもちっちゃいランビエール度がアップしていました。ご馳走様でした。
エッジはそんなに深くは無いのかもしれませんが、得意な方向のターンの時だけ妙に生き生きする感じとか、ホップとか、ニヤニヤするところまでランビエールでしたよ。ランビのプログラムって誰もをランビにしてしまうからすごい。めっちゃ演技のタイプ違う選手とか振り付けして欲しいです。ムロズさんとか。あとはムロズさん、それにムロズさんとか、さらにムロズさん。
思ったよりも点数が伸びませんでした。クワド回避と1つ抜けならこんなものか・・・なあ?

デカ
3A-2T 3A ot 3F 3Lo 3F-3T< fall 3Lz 3S-2T-2Lo 2A
デカがマモノと言う名のマフィアを倒し・・・・かけたけど負けた。3-3のセカンドの転倒は、マモノに蹴りを食らわせてかわされてしまったんですよ。JGPSと全日本ジュニア安定しなくて、3Aもなかなか成功しなかったですが、今回はSPでもLPでは1つオーバーターンが入りましたがきちんと入ってきました。世界ジュニアには問題なく派遣されるでしょうから、そこではまた昨シーズンのようなクリーンなプログラム連発&表現とスピンもね!
倉敷の先輩、ダイスケさんの昨日の良い流れきてますよー。
そういえば倉敷ってチボリ公園の跡地にアウトレットできましたよね?行きたいけど人多いから行きたくない。

こづ
4T 3A 3Lz-3T 3A fall 3F 3Lo 3S 3Lz-2T
すみません・・・・・4回転失敗すると思っていてすみませんでした・・・・・。綺麗でしたねえ。3Aは軸が曲がってしまっていましたね。3Aを生贄に4Tを召喚するの流行ってるのかな。
全体的にエレメンツの質は良かったですね。ワールドも期待しておりますぞ。
あ、でも演技は良くなっても弦の演奏の残念具合は変わりませんからね!

この時点で村デーが200点超えていい位置にいるじゃないか。なんで放送しないんだ。バカじゃないの?

ダイスケさん
4T fall 3A 3S 3A fall 3F-2T 3Lo 3Lz-3T 3F fall
(ノ∀`) アチャー(ノ∀`) アチャーひたすら(ノ∀`) アチャー
でも一番(ノ∀`) アチャーなのは西岡さん。もう仕事を放り出して駆け出したいっ・・・!!!
もはや彼の演技より西岡さんのコメントがメイン。
点数は、ちょっとお高いような気もしますけど、転倒分逆算すれば、こんなもんですかね。
転倒でGOE-3でも、3Lz以下では2.1しか引かれなくなったことが、転倒でもそんなに痛くなって、一般の観客からはちょっと印象と点数との乖離が大きく感じられますよね。

羽生
4T 3A 3F 3Lz-2T tano 3A-3T-2T 3Lz-2T 3Lo 1S
なんだよこのサルコウのラスボス感はwwwwwサルコウさんの壁SUGEEEEEEEEE
スタミナがルッツ辺りから切れ始めていて、まだまだスタミナは必要ですね。ステップの前の表情、披露と表現とですごいことになってました。羽生こyこy。
そんでもって、GPFの時の4回転の後の腕の動きはガッツポーズだということが分かりました。
プーさんティッシュボックスもクリスマスまでお疲れさんでした。

ケント
3T 3A fall 3F 3Lz 3A-2T 3S-2T 2Lz 2Lo
男前の無駄遣いにも、有効活用にもなっていなかったような。ジャンプのミスが3つありましたね。とっても残念でした。プログラム全体的にボヤーっとしていて、どこが良いとかそんなに感じられませんでした。もう少し印象的な振り付け等あったら良いと思います。


ペアリザルト
1.高橋成美&マーヴィン・トラン 164.97

スローで転倒、ソロジャンプでもミスがあったそうです。

アイスダンスSD
1位 ブリナ・オイ/水谷太洋 十条FSC/長野県スケート協会 47.02
2位 平井絵己/マリオン・デラ・アソンション 関西大学/BFSC 43.08
3位 竹井杏奈/玉田裕也 愛媛イヨテツSC/愛媛イヨテツ 28.18

アイスダンスSDジュニア
1位 小松原美里/辻馨 倉敷FSC/京都アクアアリーナ 33.04

ジュニアも一緒にやりますです。新結成のカップルまみれで何がなんだか分かりません!
マリオン!デラ!アソンション!強そう。
イヨテツの男の子は男子にも出ていましたね。

いよいよ明日は女子です。
みなさんゆっくりおやすみください。
サンタさんに期待する前に、僕はクリスマスの残骸の片付けしないといけないです。
Comment:9
2011
12.24

全日本選手権 女子SP

女子SP
1位 村上佳菜子(中京大中京高校)65.56
2位 浅田真央(中京大学)65.40
3位 鈴木明子(邦和スポーツランド)59.60
4位 西野友毬(武蔵野学院)58.52
5位 今井遥(日本橋女学館)57.82
6位 村元哉中(神戸PFSC)54.20
7位 佐藤未生(グランプリ東海クラブ)54.14
8位 村元小月(関西大学)53.16
9位 鈴木春奈(新横浜プリンスFSC)53.04
10位 友滝佳子(岡山理大附高校)52.02
11位 庄司理紗(西武東伏見FSC)51.50
12位 高山睦美(明治大学)48.48
13位 大庭雅(中京大中京高校)48.26
14位 石川翔子(明治大学)47.62
15位 宮原知子(関西大学中・高スケート部)47.06
16位 國分紫苑(関西大学)46.92
17位 鈴木真梨(東北福祉大学)45.90
18位 河野有香(中京大学)45.74
19位 長谷川奏(東洋大学)44.98
20位 近藤里奈(中京大中京高校)44.52
21位 今村紗羅(中京大中京高校)44.40
22位 中村未夏(小松原女子高等学校)43.52
23位 中村愛音(中京大中京高校)42.80
24位 木内千彩子(明治神宮外苑FSC)41.82
25位 那須野光(山梨学院大学)41.30
26位 瀬藤愛里(関西大学)40.08
27位 廣野真衣(中京大中京高校)38.62
28位 石井綾香(日本大学)33.02
29位 谷川奈穂美(青森GOLD F・S・C)29.24

佐藤未生
3T-3T< 3Lz 2A
3-3は回転が少し足りなかったです。3Lzの前はもうちょっとステップを入れないとですね。今日もビュンビュン飛ばしていましたが、ステップの後半はちょっと物足りない。逆回転にターンを入れるところが曖昧で、こなしてるなーという感じなのが惜しいです。

佳子様
3Lz 3F-2T 2A
3つのジャンプどれも質が良かったです。これぐらいの高さのあるジャンプが気持ちが良いです。
ただ表現がちょっとあっさりしすぎているように思います。塩ラーメンのようにあっさりとしています。
そもそもジュニア選手がなんでTime so say goodbyeを使うの?これはヨーロッパのベテラン選手しか使っちゃ駄目なの!

庄司
3S-3T 3Lz< ot 2A
fluffが気持ち悪い。うんたらはディナーの後でっぽいfluffが気持ち悪い。男子の時みたいな普通さはどこ行った。
3-3はクリーンでしたが、3Lzは回転不足。3Lzが足りる日早くこい。スピンは質自体は良いですけど、レベルはさてどうでしょうか。ステップは音楽に乗って、とても素敵でした。

鈴春
3F-2T 3Lz df 2A
宮原だと思って見ていた僕。やけにスケートが伸びるな・・・と思っていたら鈴木でした。綺麗な3F-2T。3Lzは昨シーズンまで成功しなかったのに、両足ではありますが入れてこられました。スケートがとにかく伸びて気持ちよかったです。表現もすごく良かった。表情も使えていましたし。スピンも良かった。

宮原
3F fall 3Lz-2T 2A
3Fの転倒があって、3Lzでリカバリーをかけたのは賢かったですね。ただステップでスタンブルから、その後には転倒という残念な失敗がありました。今日は上半身をとても大きく使えていて良いな~と思いましたが、最初の転倒があって取り替えそうと思って気負ってしまっていたのかもしれませんね。彼女の実力からすれば、LPで取り返すことは可能だとは思いますが、さてどうなるのでしょうか。

大庭
3S ot 3Lo-2T 2A
鉄板の3Sでオーバーターンになってしまいました。今までの出遅れは課題がルッツということでの出遅れだったと思うので、今回の失敗は惜しいです。衣装の雰囲気とか腕の使い方が、だんだん美姫ってきました。憧れの選手、コーチが一緒なだけあって。良いところ真似して上手くなって欲しいです。
レイバックスピンはちょっといただけなかったです。

村元姉
3T 3S-2T 2A
久しぶりに見ました。ジャンプは3つともクリーンで加点がもらえそうです。スケーティングがよく伸びていたのが良かったですが、トランジションは少なめでしたね。
このプログラムとても素敵ですけど、前も滑っていたような気がするんですけど、どうでしたかね?
にしても、年齢重ねて、ますます高嶋ちさ子に似てきた。

村元妹
3S-2T 3T 2A
ジャンプはミスなく成功。スピンの回転速度はそこそこでしたが、特にドーナツポジションはきれいでした。
にゃー(ナイア)って、ミッションインポッシブルの曲だったことを始めて知りました。にゃー。
この衣装素敵ですね。スカートに段がついていて立体感あって、胸の紐?みたいなところはグラデになっていて、単色でどーんとしてしまう感じがないので。

佳菜子
3T-3T 3F 2A
じゅんじゅんの「オリタアトモナガレガアリマス」って呪文みたい。
課題のジャンプは省いて、今日は安全策できました。昨シーズンはアクセルでミスがありましたが、今シーズンは3つともにクリーン。上半身の動かし方、表情の使い方とても良かったですね。中国杯のときのこなれて無い感と比べたら、全然いいですよ。
個人的にはSPよりも、LPの表現の方が課題だとは思うんですけどもね。
良いスコアが出てよかったー。

しょこたん
3T-3T 3F 2A
3T-3Tのセカンドが少し怪しいところはありましたが、ジャンプは良かったです。右足と左足がぶつかってしまって、ステップの途中で転倒したのは惜しいですが、SPで厄落としということで、LPで頑張ってくれればと思います。

西野
3Lz-2T 3Lo 2A
素晴らしい。その一言に尽きますね。全日本との相性が良いのかもしれませんね。3Lzは怪しかったかもしれませんが、あのレベルなら認定欲しいです。ジャンプ、スピン、滑りどれもが良かったです。納得のスコア。
このレベルのジャンプが国際大会で降りられればっ!

今井
3F-2T 3Lo 2A
ジャンプがんばりました。スピンの軸が昨シーズンより制御できるようになったのは、シズニーと練習していることってやっぱり大きかったんでしょうね。スケーティングの向上も有香さんについているのと、またシズニーとアボットくんというスケーティングおばけ達と一緒にしていると刺激も受けるのでしょう。本当に素敵な滑り、プログラム。トータルのパッケージが素晴らしい。また3Lo-3Tが入れられるようになったイイナー。

高山
3Lz-2T 2F 2A
彼女はジュニア時代とっても期待されていた選手ですよね。ワールドフィギュアスケートで何度か名前を目にしたことがあります。ただ、演技を見るのは今日が始めてでした。
フリップがダブルになって、eマークもつきそうな感じですね。ミスは残念ですが、大人な感じの雰囲気でよかったです。

真央
2A 3F-2Lo 3Lo
2つのジャンプはクリーンに。3Loはステップから入るとどうしても流れが悪くなりますね。LPの3Loは綺麗なんですけど、どうしてもこの3Loでは加点がもらえない。
ステップは彼女の本来の勢いでは無かったと思いますが、プログラムの構成は別格だなあと感じます。
加点と基礎点の差で2位なんでしょうね。

國分
3Lz-2T 3F 2A
ジャンプは3つとも堪えた!という感じでした。全体的にエレメンツの質がパリッとしていないように感じましたが、ステップはとても良かったと思います。腕の動かし方で音を拾って、首や上半身を動かして、ステップの出のところで、ツイズルして、膝を曲げて表情と腕との表現。このステップには全ジャッジに+のGOEをつけていもらいたいところです。プログラムは素敵なので、エレメンツの質が上がればいいですね。
衣装はグラデでスカートの下の方が明るめの紫になっていますが、もう少しグラデの出し方抑えて、暗めの紫で抑えた方が素敵になるのでは無いかと思ったりして。

あっこちゃん
3T-1T 3Lz 2A
3T-3Tのセカンドがシングルになってしまいました。スケカナと同じような感じの勢い出しすぎてのミスでしたね。この年齢になっての3-3の取得なので、スピードを出しまくって、勢いをつけてではないといけないですよね。力技と軸の細さだけでいけるジュニア選手ではありませんから。
ただ、スピン、ステップは今シーズンに入ってさらに上手になりましたし、ルッツですよね。ルッツの質の向上が本当にすごい。高くて迫力のあるルッツ大好き。
今日の滑りでは彼女のコンポーネンツが1番出ても、不満はないなーという。

佳菜子と真央が僅差、あっこちゃんは6点差。まだまだLPで順位がどうなるかは分かりません。
西野はもし上位に入ったらどうなるのか。全日本ジュニア出ていないから、世界ジュニアはないですよね。
宮原はジュニアのうちで、なななななななーんと1番下の15位になりました。彼女のポテンシャルからすれば110点台は出せますが、この場合は選考どうなるのでしょう。良い選手が多いから大変ですねえ。

真央の演技の振り返りするなら、1人でも多くの男子の放送して欲しかった。
男子の放送時間押し込まれてる(´;ω;`)
いっぱい放送しろバカモンヽ(`Д´)ノ
Comment:6
2011
12.23

全日本選手権 男子SP・ペアSP

フジの放送見ますです。

男子SP
1.高橋 大輔 関西大学 96.05
2.小塚 崇彦 トヨタ自動車 85.60
3.町田 樹 関西大学 74.64
4.羽生 結弦 東北高校 74.32
5.中村 健人 立教大学 68.58
6.田中 刑事 岡山理大附高校 67.48
7.宇野 昌磨 グランプリ東海クラブ 63.49
8.坪井 遥司 岡山大学 63.21
9.村上 大介 陽進堂 62.65
10.佐々木 彰生 明治大学 60.45
11.日野 龍樹 中京大中京高校 60.19
12.無良 崇人 中京大学 60.05
13.木原 龍一 中京大学 57.45
14.川原 星 沖学園 53.96
15.郡山 智之 福岡大学 50.93
16.小沼 祐太 日本大学 50.82
17.堀之内 雄基 日本大学 49.96
18.吉田 行宏 関西学院大学 49.40
19.近藤 琢哉 慶應義塾大学 48.71
20.中村 智 山梨学院大学 46.75
21.宮崎 勇人 関西大学 41.96
22.松村 成 明治大学 41.90
23.江口 涼一 中京大学 41.51
24.玉田 裕也 愛媛イヨテツSC 38.99
25.近藤 眞樹 関西学院大学 38.59
26.山田 耕新 関西大学 37.60
27.野添 紘介 飯塚フィギュアクラブ 36.34
28.松坂 悠飛 関西大学 34.66
29.竹田津 彰太 米子クラブ 32.80

フジテレビの点数表記のテロップみたいなやつが改悪されていて残念。改悪の上ダサい。

デカ
3A 3F-3T 3Lz
ジャンプはミスなく入りました。今シーズンなかなか成功しなかったアクセルがクリーンに入ったのが何よりでした。コンボスピンはまずまずだったんですけども、キャメルスピンの足換えでポジションが崩れてしていましたし、出方もあまりよくありませんでした。中野さんみたいにスピンは練習しまくるしか無いと思うので、回って回って回って回ってください。円広志も真っ青なぐらいに。

MURAKAMI MACHIDA MURAの3Mっていう設定ワロタ。ケントも入れてあげてください。
指摘されて気がついたんですけど、ケントって中村でした。村がつくせいで勝手にM扱い。Nごめん。

昌磨
3Lo 3F-2T 2A
ジャンプはほぼクリーンに。ジュニアの課題ではルッツが指定ですが、ルッツはeがつくので、今日は3Loをクリーンに。日本男子なのにスピンが上手という、みんな見習ってー!キャメルスピンで回転が終わって、パパッと終わるのではなくて、綺麗なアップライトで、回転もそれなりにあってスピンを終えるっていうのが良いですね。
スピードがあって滑りが良いので、見ていて気持ちが良いです。
今は中2なんですね。中2の頃なんて、毎日ヘラヘラしていましたよ。今でもですけど。

リュージュ
3A 3Lo-3T hd 3Lz
好きなスケーターはミハル・ブレジナのリュージュさん。
ジャンプの出来がどれもいまひとつ。スピンは上手でした。3Aの後に振り付けでホップをいくつか入れていますが、すごく不自然。振り付けなのであれば、もう少し楽しそうにして欲しかったです。この音楽はボブソロが水兵さんのコスプレで滑った音楽と同じで、音源は違えどとても同じには思えないんですよね。昌磨やデカよりもコンポーネンツの評価がガクッと低くつけられていますが、それも仕方無いかも。

フジがアグノエルとミュリエルせんせーの名前を出したっ!!!これは奇跡。

こづ
3F-3T 3A 3Lz
何かから逃げているようなプログラム。それを表現するために表情まで気を遣っていたのでしょう。終始ドヤ顔で滑っているように見えました。ジャンプもスピンもクリーン。今シーズン一番良い演技でした。
3Lzのちょっと前に右手で、フレミングの法則みたいなことしていました。あれはどういう意図なんでしょう。

60点台なのに放送されない坪井・・・(´・ω・`)

まっちー
3A 3F-3T 3Lz
3Aと3Lzは着氷堪えられました。3-3は素敵でした。キャメルスピンだけはいただけないです。ポジションは悪くないですけど、完全なこなしエレメンツ。もう微妙なスピン見るの嫌だから、ルール戻して欲しい。
クリーンではありませんが、エネルギッシュで良い演技でした。

あきお
3A fall 3Lz-3T 3F tano
忍者・・・だと?ハンガリー舞曲忍者風味・・・だと?
ジャンプのミスはありましたが、3Fのタノ綺麗でした。
彼の演技を見ないと年は越せないざんす。あきお人気杉ワロタ。

村デー
4S fall 3A so 3F
4S転倒、3Aステップアウト、リカバリーもしませんでした。ジャンプのミスが残念です。ステップは細かいのですが、もう少し滑ってくれればもっと良いんですけどね。
こういうラインが腰の所にある衣装って、脚が短く見えてしまうんですよね。ただでさえ、そんなに長くないのに、なぜにこういう衣装に。アメリカのみんなは着てるから、僕も大丈夫!ってやつか。日本人のDNAを舐めちゃいかん!
日本人は昔に比べて脚長くなったというのは気のせいです。確かに身長は伸びましたが、身長に占める脚の比率は全然増えていないのです。

ケント
3Lz-3T 3A 3F fall
フリップの転倒が残念でした。入りが難しかった&高さもそんなに無かったので仕方ないのかなあと。キャメルは昨シーズンよりも良くなったと思います。無理矢理回ろうとしなくなったのが良かったのかもしれません。やや慎重になりすぎて、動きが固かったかな?と思います。
イケメンの無駄遣いにならなくて良かった。イケメンって言葉、ちんけで嫌いなんですけどね。男前の無駄遣いにならなくて良かったといいましょう。LPもがんばれー。

大輔さん
4T-3T 3A 3Lz
喜びをwwwwwwww隠し切れないwwwwwwテケと西岡さんwwwwwwwwww
3F-3Tばっかりやっていて、3-3なんだろうと思って文章打ってたら、西岡さんが騒ぐから。ちゃんと見てなかった。4T-3Tっていつぶりですかね?2005年のワールド?
良かったねー。良かったねー。いやー良かったねー。
96点ギガントワロッシュwwwww

むらむら
2T 3A 3Lz fall
クワド抜け、3Lz転倒、コンボ抜け残念です。ジャンプミスだけで16点ぐらいサヨナラしてしまうんですよね。
エッジが深くなって、ステップがとても素敵でした。それだけでも昨シーズンより良くなっているというのは良いことなのでは無いかと思います。男臭くて114114。

羽生
3T 3A 3Lz-2T tano
4Tが抜けて3Tに、足もついてしまいました。リカバリーでは3Lzに2Tをつけたのが賢かったですね。もし3Tをつけていたら、あー恐ろしい。
4Tを入れられなかったことで、気持ちとして勢いがつかなかったのか、いつものような気迫はちょっと感じられなかったです。でもエレメンツの質はとても良かったですね。もう少しSPはトランジションを入れられれば良いですよね。勢いだけで押し切るのもしんどいと思うので。
キスクラで、96点で笑っていらっしゃる。

11点差、11点差、11点差すごい点差。
今日はミュージックステーションのスーパーライブだから、彼はいないんですね。明日も明後日もスーパーライブならいいのに。

JSFはもうちょっとファンに対して良心的であるべき。
リザルトページをあれするの遅すぎなんですよ。フランスでさえ。あのフランスでさえすぐやるんですよ?

おだくーんの怪我が早く治ることを祈りつつ、リザルトページ待ってたら来た。


ちなみにペアは
1.高橋成美&マーヴィン・トラン 57.42

このスコアだとジャンプでミスがあった感じですよね。
Comment:13
2011
12.21

ロシアの女子のジャンプがどれだけえげつないか

もうすぐロシアナショナルですね。
公式ページにアクセスしようと思っても、なぜか進めないので前に紹介したIce Dreamsというサイトで出場者を確認しました。女子には18人の選手が出場します。

相当な選手が3-3や2A-3Tを入れ、ルッツやフリップ持ちもかなり多いです。
僕自身も把握しきれていないですし、誰が誰だか分からない方もいらっしゃるかもしれないので、ナショナル前におさらいいたしましょう。

ちなみにJ SPORTSではロシアナショナル放送決定しました。
12月29日(木)18:00 - 20:00 男子
12月29日(木)20:00 - 22:00 アイスダンス
12月30日(金)18:00 - 20:00 ペア
12月30日(金)20:00 - 22:00 女子
12月31日(土)18:00 - 20:30 エキシビション

大晦日までフィギュアスケートづくしであります。
この機会にJ SPORTSへの加入をオススメします。J SPORTSの回し者ではありません。


出場者
1.Агафонова Полина
2.Артемьева Мария
3.Афанасьева Дарья
4.Бирюкова Софья
5.Герасимова Евгения
6.Деева Александра
7.Коробейникова Полина
8.Леонова Алена
9.Липницкая Юлия
10.Макарова Ксения
11.Мишина Софья
12.Овчарова Анна
13.Радионова Елена
14.Сотникова Аделина
15.Ставицкая Мария
16.Туктамышева Елизавета
17.Шелепень Полина
18.Шершак Анна

ISUにバイオがある選手はリンクを貼っておきます。

キリル文字だとなんのこっちゃか分からないので、1人ずつ順番に紹介。

1.ポリーナ・アガフォノワ
2010年の世界ジュニア銅メダリストです。昨シーズンは沈んでいましたが、今シーズンはやや持ち直しました。JGPSでも両方メダルを獲得、ニース杯でも優勝。シニアにも出場できる年齢なので、成績によってはシニアの大会に出場できるかもしれません。
5種持ちの選手ではありますが、フリップにはeがつきます。ルッツとサルコウが得意で2回入れるときもありますが、ルッツは体型変化でやや不安定。昔は3Lz-3Tを入れていましたが、現在は3S-3Tです。

2.マリア・アルテミエワ
名前は見たことあった選手ですけど、演技を見たことは無かったので今回初めて見ました。彼女は3Loが苦手なようでジュニア時代から演技に3Loは入っていません。3Lzは得意な方で高いジャンプを跳びます。跳ぶだけで降りるのはそんなにですけども・・・。
3T-3Tを今年のゴールデンスピンでトライしていますが失敗。ぜひ成功させて欲しいと思います。
ちなみに18歳なので、ロシアの中では年長の部類に入ります。

3.ダリア・アファナシェワ
バイオも無いですし、初めて名前を目にする選手です。
Youtubeにあった映像を見ましたが5種トリプル持ちの選手でした。国際舞台に出ていないような選手でも5種持ちなのがロシアすごい。
googleで画像検索したら、別人のマッチョなお姉さんがいっぱいでビビりました。

4.ソフィア・ビリュコワ
国際大会でもおなじみの選手です。ロステレコム杯ではとても良い演技でした。言ってはあれですが、今年シニアのチャンピオンシップに出場できなければ、チャンスを掴むことはかなり難しいので、ぜひ頑張って欲しいところです。今のヨーロッパの状況であれば、場合によったらヨーロピアンの銅メダルとか獲得できますからね。
彼女はフリップ以外の4種をプログラムに入れていて、3T-3TをSPから組み込んでいます。

5.エフゲーニャ・ゲラシモワ
彼女も初めて名前を知りました。そして5種持ちの選手。ロシアは5種持ちいっぱい。
ちなみにSPでは3F-3Tを組み込んでいました。ルッツ2回にしたり、フリップ2回にしたり、ループ2回にしたりとバラバラですが、高難度のジャンプは得意な方なのかもしれません。ただ、ロシア女子全体に言える課題ですがジャンプの流れがいまひとつなんですよねえ・・・。

6.アレクサンドラ・ディーワ
今シーズンJGPSに出場した選手です。通称ディーバ。一応5種持ちですが、ジャンプの成功率はすごく低いです。ジャンプの軸が安定しないんですよね。勢いで跳ぼうとしすぎているのかもしれません。
3-3は持っていないんですけど、ニース杯では3S-1Lo-3Sの3連続を入れていたので、実質3-3みたいなものかもしれません。成功するといいですね。

7.ポリーナ・コロベイニコワ
今シーズンと言いますか、JGPFで確変したコロベイニコワ。3F-3Tをいきなり入れてきて、昨シーズンは構成に入ってすらいなかった3Lzを成功させてという確変っぷり。滑りがいいですし、スタイルがいいですし、ジャンプがとても高いので、あとは構成だけと思っていたので、本当にびっくりです。3F-3T 2A-3Tが入った構成なので、トップ勢と見比べても遜色はありません。GOEもガッツリ稼げるタイプなので、上位行く可能性は十分考えられます。
また、彼女は4月生まれの15歳なので、シニアのチャンピオンシップスにも出場可能なんですよね。ジュニアの方はカツカツなので、成績を残せばありえますぜ。

8.アリョーナ・レオノワ
実績とコンポーネンツではロシア1番手、国内では何番手扱いか不明なレオノワさん。ぶっちゃけロシアとしても、次の世代までのつなぎだったつもりが予想以上に成績を残してしまって、扱いに困っているのではないかと。このままソチも出場しそうな気もします。
彼女も一応5種持ち。3T-3Tとテストスケートでは2A-3Tを2発の構成の時もありました。ルッツに大きな問題がありましたがファイナルでは入りを変えたので、ナショナルでは良いものを入れられるといいですね。
ナショナルでの優勝がまだ無いので、今年あたり欲しいところですよね~。
18人の中で21歳の彼女が最年長だと思われます。

9.ユリア・リプニツカヤ
新時代の柔軟性お化け。すさまじいスコアを連発して、今シーズン突っ走っております。ソトニコワやタクタミシェワがジュニアワールドに出戻ったとしても勝てないかもしれないような強さです。
彼女も5種持ちで、SPでは3T-3T。LPでは2A-3Tの点数美味しい構成を組んでいます。音楽表現というより、雰囲気と柔軟性のドヤ感で滑っている感じなので、そこが改善されればもっとすごいことになりますね。
今シーズンの彼女からいって、彼女は表彰台は確実に上るのではないかと思います。すでに7点台をもらっているので、ナショナルだと7点台半ばまではもらえそう。

10.クセニア・マカロワ
今シーズン絶不調のマカロワ。みなさん、彼女が2009年のナショナル優勝者だということ覚えていらっしゃいますか?
今シーズンはアベルブフ振り付けの素敵なSPとマリリン・モンローLPでプログラムとしては、過去の中でも当たり年だと思いますが、3Lz無し、3Fが年々不安定になり、得意な3Loや3T-3Tもなかなか成功できていない状況です。シニア年齢の選手の中でトップ3に入ることも、かなり難しいかもしれません。

11.ソフィア・ミーシナ
彼女も初めて名前を目にしました。初めて目にする選手全員が5種持ちという。ああ恐ろしい。彼女はジャンプの軸が細くて、ジャンプの質が良いですね。ただルッツは少し苦手みたいです。3つぐらい動画を見たんですけど、どれもループはイマイチで、それほど得意ではないのかもしれません。

12.アンナ・オフチャロワ
昨シーズン試合に出ていませんでしたが、今シーズン戻ってきました。彼女はルッツとフリップが得意で2回ずつ入れているので、3Sを入れていません。入れられるのかも知りませんが・・・。久しぶりに演技を見たのですが、少し大きくなって、ジャンプの回転が足りていなかったです。見た目ノーミスでも点数が伸び悩むことがあるかもしれません。

13.エレーナ・ラジオノワ
前から話題になっている選手です。1999年1月6日生まれの12歳(可愛い)。5種トリプル持ちで、ルッツ2回、ループ2回、2A-3Tも構成に入れています。まだ箸みたいに細い子供なので、来シーズンのJGPSデビューを楽しみにしています。デカくならないで欲しいですが、細すぎて怖いので、良い感じに育って欲しいです。言わなくてもなりそうですけどね。

14.アデリナ・ソトニコワ
怪我のために調整不足のままシーズンが始まってしまい、シニアデビューからコンポーネンツに助けられてしまいました。アンチでもないのに、盛られすぎと思ってしまうような付けられ方だったので。
ゴールデンスピンでは3Lz-3Loを3T-3Tにしたり、昨シーズン2回入れていた3Lzをeマークのために3Fを2回の構成にしたりと、試行錯誤していますが、なかなか決まらず。追い討ちをかけるようにプログラムが悪い。
表彰台に乗って欲しい選手なんですけど、乗れなさそうで・・・。心配で心配で、ご飯も喉を通らないってことはないですけど、心配です。

15.マリア・スタビツカヤ
3F以外のトリプルを持っている選手です。3T-3Tも持っています。スタビスキーの隠し子ではありません。

16.エリザヴェータ・タクタミシェワ
優勝候補筆頭です。3Lz-3T 2A-3T 3S-3Tを跳ぶ能力がありますし、ファイナルではミスがありましたが、安定感がありますから。

17.ポリーナ・シェレペン
SPで3-3が入れば、LPでは3-3が2本入っているのでノっていけると思います。今シーズンはシニアのチャンピオンシップスに出られるチャンスなので、チャンスを物にして欲しいです。当ブログはポリーナ・シェレペンを応援しております。

18.アンナ・シェルシャク
他の選手が4種、5種トリプルを持っている中、彼女は2種トリプルしかないんですね。3T-3Tはあるのですが。
多くの選手がミスを連発したイタリアのJGPで2位に入りましたが、ナショナルでは厳しいかもしれません。

14人が2A-3T or 3-3を入れてくると予想されます。
ロシアナショナル、Don't miss it!
Comment:4
back-to-top