2010
10.31

スケートカナダ 女子リザルト

女子LP
1 Alissa CZISNY(アメリカ)116.42 PB
2 Ksenia MAKAROVA(ロシア)107.10
3 Haruka IMAI(日本)102.02 PB
4 Amelie LACOSTE(カナダ)101.96 PB
5 Myriane SAMSON(カナダ)100.43 PB
6 Agnes ZAWADZKI(アメリカ)98.06
7 Cynthia PHANEUF(カナダ)98.00
8 Valentina MARCHEI(イタリア)92.21
9 Sonia LAFUENTE(スペイン)88.44 PB
10 Fumie SUGURI(日本)84.67
11 Alexe GILLES(アメリカ)84.62

女子リザルト
1 Alissa CZISNY(アメリカ)172.37 PB
2 Ksenia MAKAROVA(ロシア)165.00
3 Amelie LACOSTE(カナダ)157.26 PB
4 Cynthia PHANEUF(カナダ)156.24
5 Haruka IMAI(日本)154.54
6 Agnes ZAWADZKI(アメリカ)154.35
7 Myriane SAMSON(カナダ)152.05 PB
8 Valentina MARCHEI(イタリア)137.78
9 Fumie SUGURI(日本)132.84
10 Sonia LAFUENTE(スペイン)131.20
11 Alexe GILLES(アメリカ)125.64

ギルス
3Lz-2T A 3F 3Lo fall 3T-2T-2Lo 3Lz<< fall 3S
ジャンプが決まらないです。失敗したジャンプは回転が怪しいものが多かったです。この曲はクロポーが使っていたので、ママ~って頭の中でつないでしまいました。

ラフエンテ
3F 3Lo 3S fall 3T 2A 2A-2T 3T-2T
サルコウの転倒を除けばがんばりました。レ・ミゼラブルは盛り上がりますね。そんなにストーリー知らないんですけど。ノリで。

マルケイ
3Lz-2T 1F 3S-2T 3Lz 3T 1A 2S
今シーズンからフリップとトゥループ(も多分)を入れてきました。今まではダブルルッツで代用していましたが、きちんとした構成になりました。ジャンプミスは多かったですが、得意のルッツ2本はステキでした。このプログラムはマルケイの華やかな雰囲気にピッタリですよね。テロップでなぜ死の舞踏って出たのやら・・・・・。ISUのバイオにもこうもりしか書いてないですし。ユナ・キムさんから?

村主さん
3Lz-2T 3F fall 3T 1Lz 2S 3F<< 2A+2A
ジャンプがトゥループとアクセルのシークエンスぐらいしかクリーンに決まっていません。雰囲気作りは上手だったのですが、やはりジャンプですね。衣装のパンツが単色のブルーなので、足が太く見えますね。

サムソン
3Lo 3F fall 3Lo-2Lo-2Lo 3Lz 3F-2T 2A 3Sステップアウト
フリップの転倒はありましたが、がんばってこらえるところが多かったです。昨シーズンからこれぐらいの構成でしたが、あまり記憶に残っていないです。曲はギルスをかぶりましたが、こちらはママ~~~~のところも入ってます。こちらの方が女性らしい表現でステキだったと思います。

今井
2A-3T 3Lz 3F 3Lo fall 3S-2T-2Lo 3Lo-2T 3S
5種7トリプルの構成でした。質のいいものも多かったです。スピンが素晴らしいです。特にキャメルからのドーナツへの移行、軸がブレずにぬめーっと回転してキレイでした。溌剌とした若さを感じる演技に、この曲調がマッチしていますね。良かった良かった。

ワニちゃん
2A+2A 3Lo 3Lz 3F fall 3T-2T 3T 2S
3-3ははいらなくて残念です。ジャンプミスは3つですが、かなり点数が出ています。プログラムの振り付けや構成はいいと思います。でも6.75とかいっちゃう?

シズニー
3Lz-2T 3F-2T 3T 3Lo 3F 2A 3T fall
すごい衣装wwwww動いていると、青い炎がメラメラ燃えているように見えます。たぶん意図は全然違うんでしょうけどね。ジャンプは最後のトゥループ以外にミスはありませんでした。だいぶ軸が安定するようになりました。スピン、スパイラルは見事としか言いようがないです。ちょっと音楽が分かりにくいので、また見てみることにします。スケートカナダと相性いいですね。ホント。前半で点数出しちゃうから、7.7とか出るんですよ。

ザワツキー
2A fall 3F-2T 2Lz-2T 2Lz 3Lo 3S 3Tステップアウト
きまったジャンプはトリプルが3つでした。この年齢で表現する力ある選手ですね。表情の使い方もいいです。胸は無いけど色気はあるっていう。ジャンプのミスは多かったですけど、まだ1試合目ですからね。まだまだですよね。

マカロワ
3T-3T 3F 3Lzステップアウト 3Lo 3S-2T-2Lo 3S-2T 2A
今シーズンはルッツを入れてきました。フリップは先シーズンよく決まっていましたが、あまり確率がよくないんでしょうかね?SPでも入れていませんでしたし。スピンは素晴らしい回転速度でした。キーラ・コルピのエビータに比べると、スケーティングがまだまだなので及ばないとは思いますが、ヨーロピアンでのエビータ対決が楽しみです。ジャンプの構成としてもほとんど同じですし。ラコステよりコンポーネンツ下かよ。
ジョニー!いただきました。

ファヌフ
今シーズンはルッツとループを2回ずつの構成なんですね。ジャンプ書いたやつ消えたんで、プロトコル見てくださーい。これだけジャンプミスがあるとさすがに表彰台には乗れませんでした。


なんだろう、このもやっとした気持ち。かなり汚らしい感じで。続きを読む
Comment:9
2010
10.31

スケートカナダ 男子リザルト

男子LP
1 Patrick CHAN(カナダ)166.32 PB
2 Adam RIPPON(アメリカ)155.51
3 Nobunari ODA(日本)155.15
4 Javier FERNANDEZ(スペイン)144.11 PB
5 Alban PREAUBERT(フランス)139.34
6 Kevin REYNOLDS(カナダ)138.56
7 Artur GACHINSKI(ロシア)137.51 PB
8 Jeremy TEN(カナダ)131.16
9 Yasuharu NANRI(日本)127.96
10 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)124.67
11 Kristoffer BERNTSSON(スウェーデン)118.35
12 Paolo BACCHINI(イタリア)107.82

男子リザルト
1 Patrick CHAN(カナダ)239.52
2 Nobunari ODA(日本)236.52
3 Adam RIPPON(アメリカ)233.04 PB
4 Kevin REYNOLDS(カナダ)218.65 PB
5 Javier FERNANDEZ(スペイン)210.85
6 Alban PREAUBERT(フランス)209.05
7 Artur GACHINSKI(ロシア)204.08 PB
8 Jeremy TEN(カナダ)191.86
9 Yasuharu NANRI(日本)188.96 PB
10 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)181.65
11 Kristoffer BERNTSSON(スウェーデン)175.84
12 Paolo BACCHINI(イタリア)167.60

ホクスティン
3F 3A fall 2A 3Lo-2T 3Lz-2T 3Lz 3S 3F-2T
スパルタカスのやつだ~。選曲がとことん女子ってますね。SPのときは音を拾いまくっていて良かったですが、LPではイマイチです。
この曲で思い出すのはドムシャバのステキなストレートラインリフトです。
ドムシャバ
じゃーんじゃじゃじゃじゃーじゃじゃじゃじゃーーーじゃじゃじゃじゃじゃーーーーーー

べるるん
3T-3T 3A 3Lz 3F 2A-2T 3Lo 3S 2A
SPに引き続き、シャツがテラテラしてます。靴もなんかしてます。べるるんもマイコーですね。
映像が途中で途切れるという。
ジャンプの着氷がほとんどドンッとなってしまったので、最初の3-3以外は+がつくのは厳しいですね。スピンの回転速度が足りなかったのと、最後の方ではスタミナが切れてしまって音楽を表現しきれていませんでした。

バッキーニ
2A 3Lzおてつき なんか 3S-3Tおばたん 3F fall 2A 2S 3T
また軸がヘンテコなことになっていました。続行のプログラムで路線としてはSPと同じだったので、あまり・・・。

テンちゃん
3A 3Lz-3T 3F 3A fall 3Lo-1T-1Lo 3Lz 2A 3S
紐さんがほどけました。最初の3つのジャンプの質はとても良かったです。特に3-3のセカンドの高さが良かったです。アクセル残念でしたが、再開の後はがんばりましたし、スピンも良かった。
ふーうぉーんつとぅりーぶふぉえばー。

ミローヌに忘れられたエマ

naNri
3A-3T 3F 3Lo 3A 3Lz-2T 3Lz 3S 2A-2T
3年目のカルメンです。6種8トリプルをミスなく跳びました。ジャンプをこれだけまとめる彼を見たことは無いです。最初からスピードは無かったですが、よくがんばったと思います。素晴らしい。パーソナルベストですね。

ガチンスキー
4T 3A-2T-2Lo 3A 3Lo 3F 3Lz 3T 2A+2A
2回目のアクセルすごかったです。助走はそんなに無いのにダブルアクセルみたいにトリプルを回っていました。サルコウが苦手なんですよね。トゥループとサルコウの基礎点の差がほとんど無くなったので、他が跳べるならサルコウっていらないんですよね。トリプルサルコウってなんなんだろう。SPのときよりもスケーティング、トランジションが悪いですね。もうちょっと表情をつけてほしいです。

フェルナンデス
4T 3A 3Lz 1A-3T 3F 3Lo 3S-2T-2T 3T+2A
クワドいいですね。素晴らしい。腰の飾りがガンホルダーからもじゃもじゃした変なものにかわっていますね。酔いどれステップ、ニース杯のときよりよくなっています。あのときの影響はもう無いみたいです。後半のアクセルは残念です。トゥループ2本というのは少しもったいないですが、あまりルッツやフリップは得意ではなさそうです。2週連続でモロゾフご機嫌。

プレ男
3T 3A-2T 3Lo 3A 3F-2T-2T 3Lz 3S-2T 3F
しっとりアルバン様です。彼は頭のいい人なので、こういう曲でも合うんですよきっと。一番良かったのはサーキュラーステップでした。空気を抱くような音楽表現に、きゅんきゅんしてしまいました。コミカル路線ではないのですが、これはこれでいいんですよね。振り付けはミュリエル先生でしょうか?ヨーロッパの王道路線のプログラムなので、北米の客にはあまりうけは良くなさそうでしたが、僕は好きです。

Pちゃん
4T!!!!! 3A fall 3Lz 3A-2T 3Lz+2S 3F 3Lo-3T 2A
クワドを国際大会で初成功、しかもかなり質のいいものでした。アクセルは転倒しました。後半の頭でルッツからのシークエンスを入れていますが、これは3Sを跳ぶ予定なんですね。1つ目のステップは柔らかさ、2つ目のステップでは強さを表現していて、それぞれに見応えがありました。前半と後半の間の手をぐぐぐっとして仮面をどうたらする振り付けが今まではあったと思いますが、それが無くなってよかったです。とてもわざとらしくて嫌いでした。この新しいオペラ座の怪人、本当に素晴らしいプログラムだと思います。これでノーミスだったら180点近くいっても文句ないです。
点数wwwww

りっぽんぽん
3A-2T 2A 3Lz 3A両足? 3F-3T 3Lz-2T-2Lo 3Lo 3S
後半のアクセルと、3-2-2で少し高さが無かったのが残念ですが、ジャンプはかなりまとめてきました。前半にあまりハイライトが無いので、どうしても後半の勢いにごまかされがちです。もう少し前半も振り付けを凝ると見応えがありそうです。

チャッキー
4S 4T-3T 1A 3Lo 1A 3Lz 3S 3F-3T fall
クワドの安定感すごいですね。アクセルを1本にして、サルコウを2本にすればいいのではないかと思うのは僕だけでしょうか。アクセルは華麗なものを2つ。3-3での転倒は残念でした。ヨハン・シュトラウスとヨハン・シュトラウスじゃない曲が少し混ざっていましたが、なかなかステキなプログラムだったと思います。楽しいプログラムです。

ノブナリ
4T 3A-3T 3F 3A fall 3Lz 3Lo 3S-3T 2A
クワドキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
フリップの着氷からのサーキュラーステップの入りがステキです。クワドが単独になったとき、この後ザヤるんじゃないかとヒヤヒヤしていました。クワドを跳んだので、ダブルアクセルを行かないんじゃないか?そして、ルッツを跳んでザヤるのではないか?と最後までザヤザヤひやひや。
少しトランジションが少ないのが残念です。アクセルがどうしても2本揃わないのはどうしたもんでしょうか。
これでリッポンよりコンポーネンツ低いか?うーん。インタープリテーションとパフォーマンス・・・・・。

Pちゃんのクワドの加点が2点、コレオステップは3点wwwww
ノブナリは6点台もつけられてしまっています。残念。インタープリテーションがんばれ。

今回クワドを跳んだのは5人で、全員成功させています。もはやクワドが無いとお話にならないというぐらいなんでしょうか。
Comment:0
2010
10.31

スケートカナダ ペアリザルト

ペアLP
1 Kirsten MOORE-TOWERS / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)117.24 PB
2 Lubov ILIUSHECHKINA / Nodari MAISURADZE(ロシア)110.68 PB
3 Paige LAWRENCE / Rudi SWIEGERS(カナダ)105.01 PB
4 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)103.73 PB
5 Marissa CASTELLI / Simon SHNAPIR(アメリカ)103.51 PB
6 Britney SIMPSON / Nathan MILLER(アメリカ)87.66
7 Huibo DONG / Yiming WU(中国)85.73
8 Stacey KEMP / David KING(イギリス)82.02

ペアリザルト
1 Lubov ILIUSHECHKINA / Nodari MAISURADZE(ロシア)171.40 PB
2 Kirsten MOORE-TOWERS / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)170.92 PB
3 Paige LAWRENCE / Rudi SWIEGERS(カナダ)161.15 PB
4 Marissa CASTELLI / Simon SHNAPIR(アメリカ)159.85 PB
5 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)158.53 PB
6 Britney SIMPSON / Nathan MILLER(アメリカ)134.05
7 Huibo DONG / Yiming WU(中国)129.26
8 Stacey KEMP / David KING(イギリス)125.52

ケンプキング
トリプルツイストは回転不足気味でキャッチしきれずに、グダグダになりました。スピンは今日も離れすぎでした。スローは2本ともキレイにランディングをしました。女性にミスが多く、動きが悪いのと、男性の表現が理解しにくかったです。リフトまでもスピードと安定感がなかったです。

ドンウー
ソロジャンプはキレイでした。この組はツイストがダブルなんですよね・・・。スローはループを失敗。スピン、リフト、それほど質がいいとは思えませんでした。SPと同じく、曲がBGM状態でした。

アメリカ
ソロもスローも1回ずつミスがありました。男性のスピンのときの掛け声「チェンジ、チェンジ、チェンジ、アウト」がよく聞こえました。スパイラルが良かったです。足がガクッと落ちるのではなくて、月光に合った余韻を残すような下ろし方が良かったです。

兄組
後半のソロのサルコウで女性が転倒した以外は素晴らしい演技でした。スロージャンプ、ツイストで女性がすごく流れるので見応えがあってものすごきキレイです。スピンも合っていましたし、ペアスピンのポジションがものすごく低くて工夫があったり、最後のリフトは男性が一度しゃがんで、ドラッグしていってから女性を持って一気に立つっていう、すごいことしていました。
点数たかすぐるwwwwwwwwww地元でも7点台は無いわwww

デュハラド
デュハメル小さいな~。152センチしかないんですね。最初はフリップからの3連続を予定でしたが、女性が3F-1Tに。でもペアでトリプルフリップってすごいですよね。スローは女性のスプリットのダンスリフトからしました。女性のジャンプが不調だったのと、ユニゾンはまだまだというところでしょうか。
男性の髪型が微妙すぎるので、もっと短くしたほうがいいと思います。
ブンタン(´・ω・`)

カナダその3
どちらも時計回りのペアです。昨シーズンとたぶん同じプログラムですね。
がんばった。点たか。

アメリカその2
アバターです。なので衣装が青いです。安易です。
男性が大きすぎるのか、ソロジャンプは両方失敗しています。そして、腕が長すぎて持て余している感もあります。スロートリプルアクセルは転倒でした。後半のスローは高さも幅も素晴らしかったです。

イルマイ
ソロジャンプは見事でした。スロールッツで転倒はありましたが、リフトの入りや女性のポジションは良かったですし、ツイストもすごかった。何より、他のペアには無い風格を感じます。やはりロシアペアはステキですね。
優勝してよかった~。

カナダ組のコンポーネンツマーク高いですよね。さすがスケカナはすごいな。盛りますね。
Comment:0
2010
10.30

スケートカナダ アイスダンスSD

アイスダンスSD
1 Sinead KERR / John KERR(イギリス)62.96
2 Vanessa CRONE / Paul POIRIER(カナダ)62.95
3 Pernelle CARRON / Lloyd JONES(フランス)54.43
4 Madison CHOCK / Greg ZUERLEIN(アメリカ)54.19
5 Kristina GORSHKOVA / Vitali BUTIKOV(ロシア)51.56
6 Alexandra PAUL / Mitchell ISLAM(カナダ)50.55
7 Stefanie FROHBERG / Tim GIESEN(ドイツ)43.00
8 Sarah ARNOLD / Justin TROJEK(カナダ)40.07
9 Rachel TIBBETTS / Collin BRUBAKER(アメリカ)36.88

薄れゆく意識の中で見た映像と、つべにアップされていた映像をもとに。

カーズ
ステップパート、音楽とちょっとずれていたのは気のせいでしょうか、それとも仕様だったのでしょうか。この雰囲気、イギリス人の2人に合っていますし、後半のクイックステップもいいですよね。このカップルはホールドを組んだステップがステキなんですが、スピード感のあるノットタッチのミッドラインもかっこいいです。
0.01差で1位w

クロポー
薄れいく意識の中で、最初にキレイなリフトをしていました。上品とは思いませんでしたが、ポジションはきれいだったと思います。最後のリフトもステキだったなぁと。テクニカルが34点で、NHK杯のメリチャリよりもとっていますから、レベル4がたくさんとれているんでしょうね。

キャロジョン
ジョーンズの衣装がすごすぎて笑えました。これでバリバリのワルツ踊るかと思えば、アメリかよっていう。ジョーンズはがんばってリードしようというのが見えてよかったです。昨シーズンは完全に引っ張られていましたからね。

ポール&イスラム
個人的にはイラッとしました。なんでワルツのステップをラ・クンパルシータで滑ってんの?と。6点台ついちゃってさっ・・・けっ。とひねくれ者なので思っちゃいます。ワルツのステップなのに・・・・・。

フリーダンスはちゃんと書きます。眠いので許してください。
Comment:0
2010
10.30

スケートカナダ 男子SP

男子SP
1 Nobunari ODA(日本)81.37
2 Kevin REYNOLDS(カナダ)80.09
3 Adam RIPPON(アメリカ)77.53
4 Patrick CHAN(カナダ)73.20
5 Alban PREAUBERT(フランス)69.71
6 Javier FERNANDEZ(スペイン)66.74
7 Artur GACHINSKI(ロシア)66.57 PB
8 Yasuharu NANRI(日本)61.00
9 Jeremy TEN(カナダ)60.70
10 Paolo BACCHINI(イタリア)59.78
11 Kristoffer BERNTSSON(スウェーデン)57.49
12 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)56.98

テンちゃん
3A 3Lz-3T 1F
アクセルはステップアウトでした。残念。スピンは上手でした。2週連続の試合で日本→カナダはしんどいですね。

バッキーニ
2A 3Lz-3T 3F
ジャンプはすべてクリーンではありませんでした。アクセルは跳ぶ瞬間に軸が崩壊しかけていたので、トリプルは跳ばなかったようです。彼のアクセルは本当に怖いです。スピンがとても上手でした。最後のコンビネーションスピンはポジションも回転速度も素晴らしかったです。+2は余裕でつきそうです。ステップの氷上がおもしろくて、昨シーズンのアメリと同じような路線でした。衣装は同じ衣装でしょうか。

ホクスティン
3Lz-2T 3A fall 3F
会場のおっさんのアナウンスはホクスタイン、おばはんのアナウンスはホクスティン。なんて呼べばいいのか、やっぱり定まらない。
ジャンプは残念でしたが、スピンはものすごく良かったと思います。ここまでみんなスピンが上手です。ショーン・ソーヤーみたいに、音を拾いまくる選手で、動きがキビキビしていてステキです。ジャンプさえ安定すれば、もっともっと上にいけそうな選手です。

naNri
3A 3F-2T 3Lz
3-3が3-2になりましたがジャンプはまとめました。キャメルスピンとコンビネーションスピンのスピードが遅くて、とまってしまいそうでした。ステップももうちょっとキビキビしていると良かったのですが、ひまひとつという感じ。

べるるん
3A 3F fall 3Lo
アクセルはお手つきでした。フライングシットのポジションチェンジで軸がグラグラ、コンビネーションスピンの最後のスクラッチで軸がブレブレになってしまいました。やや前傾姿勢で滑っているようにも見えました。ジャンプに入るまでのスピードも足りなかったように思います。ジャンプもスピンも最後まで軸を締めきれていないような。マイムはおもしろいのですが、エレメンツが決まらないと浮いてしまいますね・・・。

フェルナンデス
3A 3Lz-2T 3F
グリーンのシャツ、ピンクのタイ、紫のジャケット。ひどい取り合わせですね。前半のジャンプ3つ、スピン2つのところまでは淡々とエレメンツをこなしているだけに思いました。ステップはおもしろいです。モロゾフ味(コミカル風味)になっています。

チャッキー
4S-3T 3Aおばたん 4T
昨シーズンと同じプログラムです。
2クワドキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!
キタ━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)゚∀゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)-_)゚∋゚)´Д`)゚ー゚)━━━!!!!
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!
キタ━━━( ゚∀゚ )━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━( ゚∀゚ )━━━!!!!
きたああああああああああああああああああああああああああああああ
あとは知らん!
80点キタ━━━( ゚∀゚ )━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━( ゚∀゚ )━━━!!!!
認定もキタ━━━( ゚∀゚ )━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━( ゚∀゚ )━━━!!!!っぽい。
興奮しすぎて、眠気死んだw

ガチンスキー
4Tステップアウト 3A 3Lo
アルツール???クワドは残念ですが、ジャンプの着氷の仕方がプルってます。ドヤ降りです。
あーああああーあああーああーああああーああーああーあーああああーです。ステップ本当に上手になりました。昨シーズンまでは全く目に留まらなかったので進化に驚きです。
最後の「チャリーン」は何度見てもいらないです。

りっぽんぽん
3A 3F-3T 3Lz
ロミオらしいロミオの衣装です。ジャンプは良かったです。両手タノルッツもきちんときまっていましたし、スピンも良かったです。ジャパンオープンのときのLPのステップは微妙でしたが、今回のステップは物語を表現しつつなかなか良かったと思います。最後はジュリエットの思いを胸に、ぐはっと果てました。クロスを男前にしまくるんですけど、それもロミオらしかったかなと思います。

プレ男
3F-3T 3A 3Lo
ジャンプはいつものように力業でもっていきました。スピンは上手なんですよね。今回みんな、ホントスピンが上手なんですよね。彼の得意のコミカル路線で楽しかったですし、足元だけではなくて、上半身のダイナミックな動きがあったのも良かったです。今日はアニックとミュリエルせんせがキスクラに来てます。

Pちゃん
4T fall 3A fall 3F-3T
LAショーのときの衣装結構良かったのに、なんで変えちゃったんだろう。クワドで転倒、アクセルで転倒、そしてステップで転倒がありました。転倒があっても素晴らしいプログラムということがよく分かります。チェンジフットのキャメルスピン、とてもシンプルなキャメルポジションしか取らないんですけど、フリーレッグが氷と水平でピッと伸びていて、とてもかっこいいです。男子のキャメルはいいですよね。ステップはワンフットで、どこまで滑っていってしまうの~というぐらいするする滑っていて、鳥肌物。コミカルな表現もステキでした。転倒はありましたが、ステキ。スケーティングが別格すぐる。
転倒3回でもひくほど点数高いwアンチに爆撃受けるぞwww

ノブナリ
3A 3F-3T 3Lz
なんだよこのプログラム・・・・・めちゃくちゃかっこええやないですか。ステップからアクセルを跳んで、3-3の後のバッククロスぬめぬめ~もかっこよかったです。ルッツはちょっと危なかったですけど、さすがの膝の柔らかさでした。スピンも速くてよかった。そしてステップいいです。忍者みたいな衣装で細かいステップを踏んでいても違和感無いです。いいところを最大限に見せた良プロですね。さすがのスコアです。

男子おもしれええええええ!!!
Pちゃんはノーミスだったら85点ぐらい出そうですね。Pちゃんはこれだけミスしても、圧倒的なコンポーネンツの評価があるので、LPで巻き返すことは十分考えられます。LPでは成功してほしい。ノブナリもクワド成功してほしいですね。もはやクワド回避なんて頭に入れて欲しくないです。チャッキーはLPでは3クワドを準備しているそうですね。4-3-3、クワドサルコウ、ループも準備しているのでしょうか。これにアクセル2本やらなんやらの構成を組めば恐ろしいことになりそうです。

Comment:4
2010
10.30

スケートカナダ ペアSP

ペアSP
1 Lubov ILIUSHECHKINA / Nodari MAISURADZE(ロシア)60.72
2 Marissa CASTELLI / Simon SHNAPIR(アメリカ)56.34 PB
3 Paige LAWRENCE / Rudi SWIEGERS(カナダ)56.14 PB
4 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)54.80 PB
5 Kirsten MOORE-TOWERS / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)53.68 PB
6 Britney SIMPSON / Nathan MILLER(アメリカ)46.39
7 Huibo DONG / Yiming WU(中国)43.53
8 Stacey KEMP / David KING(イギリス)43.50

グループ2から

アメリカ
3S トリプルツイスト スローサルコウ
スピンでややずれはありましたが、ジャンプは良かったです。ジュニアで見ても男性がデカいということしか記憶に残らなかったペアですが、がんばりました。特にスローサルコウは幅と高さがあってすごかったです。さすがに身長差が40センチもあれば、投げられますよね。
曲はMONEYで、衣装は明らかにテサモエのピンクフロイドに影響されていました。

イルマイ
3T スローループ トリプルツイスト
テストスケートでステキやなと思ったプログラムです。男性主体のプログラムで、アクロバティックでおもしろいです。スピンはややズレ、ステップももう一息ですが、おもしろい表現がたくさんで楽しめました。

ケンプ組
トリプルツイスト 2F スローループ
ツイストは回転が足りずに、もたれかかるようにおりてきました。スピンはズレた上に距離が離れすぎでした。エントランスから離れすぎでした。スピード感にも欠けていたと思います。選曲も毎年こういうものばかり選んでいるので、面白みにかけます。

ドンウー
3T ダブルツイスト スローサルコウ
うーん。アランフェスが全然合っていないです。音すごい小さいです。このぐらいのペアだと表現するのは難しいんじゃないかなと。スピンはズレましたし、デススパイラルで足を持って回るのはあまりキレイだとは思えないですね。

すごいですね。国際Bみたいです。LPで100点を出せる組が何組出るか?というところでしょうか。すごい寂しい・・・・・。
Comment:0
2010
10.30

スケートカナダ 女子SP

女子SP
1 Cynthia PHANEUF(カナダ)58.24
2 Ksenia MAKAROVA(ロシア)57.90
3 Agnes ZAWADZKI(アメリカ)56.29 PB
4 Alissa CZISNY(アメリカ)55.95
5 Amelie LACOSTE(カナダ)55.30 PB
6 Haruka IMAI(日本)52.52
7 Myriane SAMSON(カナダ)51.62 PB
8 Fumie SUGURI(日本)48.17
9 Valentina MARCHEI(イタリア)45.57
10 Sonia LAFUENTE(スペイン)42.76
11 Alexe GILLES(アメリカ)41.02


ザワツキー
3T-3T 3Lz 2A
サンバっぽいプログラムでした。ジャンプはキレイでした。特に3-3はふんわりと跳んでキレイでした。ワンフットのステップが曲調に合わなさ過ぎて嫌です。みんなワンフットやるので、バリエーションがなくなって、ステップがおもしろくなくなったような。

サムソン
3Lz-2Lo 2A 3F
ジャンプをノーミスでまとめたのはかなり珍しいですね。カナディアンだけあってスケーティングはしっかりしていたと思います。

ラフエンテ
3Lo-2T 3T 2A
あああああああああああああああああああああああああああ痛そううううううううううううううううううう。
つうか、レ・ミゼラブルじゃないよおおおおおおおおおおおおおおお。
昨シーズンよりも少しほっそりしたような気がします。やり直しではきちんとエレメンツをこなしていました。サルコジに似ていますけど、少しサルコジ度が薄まったような気がします。やっぱ痩せたからかな?

ギルス
3T-3T fall 3Lz fall 2A
なんか雰囲気のマダム感がさらに増しました。んでもって美人になりました。ジャンプの失敗は残念ですが、プログラムを演じることはできていたと思います。転倒が2回ということで疲れてしまっていたのかもしれませんね。

ワニちゃん
2A 3Lo-3Lo 3Lz
ワニちゃん髪の毛切りましたね。ワニちゃんワニちゃん言ってると、本当にワニに見えてきました。
回転不足やけどセカンドループキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!わっしょい!わっしょい!黒い瞳のようですが、音楽を識別できないです。スケートが流れますなぁ。ワンフットステップの見応えが出ます。

サラさんは棄権だそうです。担架で運ばれていったそうで・・・・・・。ヨーロピアンで引退なので、間に合うといいのですが、ヨーロッパのトップ勢は3人が怪我してるんですね。

マルケイ
3Lz 3S 2A
ルッツは高かったですが、失敗してしまいました。サルコウもアクセルもイマイチ。スピン、特にレイバックスピンがキレイでした。ヘアカッターのポジションが安定していてとてもきれいでした。LPに使っていたのをSPに持ってきたので、慣れているのでしょうね。ステップは体の使い方が大きくてかっこよかったのですが転倒がありました。

村主さん
3Lz-2T 3F 2A
逆境のパープルドレス風衣装です。ジャンプの着氷が3つとも完璧ではなかったです。コンビネーションは完璧にマイナスですね。スピンはうーん。ステップは良かったと思います。構成がステキで見応え十分だったと思います

今井
3Lo-2T 3F 2A
3-3は回避しましたが。ダブルアクセルがシェイキーだった以外はがんばりました。フリップの前のステップがやや少なかったかな?と。そして高さもちょっと足りなかったように感じます。スピンは回転は良かったのですが、ビールマンとチェンジフットするときにグラッとしてしまいました。スピード感があって、表情の使い方もよくて、とても見応えのあるジプシーでした。ステキステキ。

マカロワ
3T-3T 3Lo 2A
ジャンプは良かったのですが、フリップは調子が悪いのでしょうか?今回はループでした。ターンの仕方がキビキビしててフラメンコとしての見応えが十分にありますね。上半身もスカートもスケスケ風衣装だったので、どちらかに色をつけた方がいいのではないかと思います。

シズニー
3Lz 3F-2T 2A
ルッツでステップアウトでした。残念です。しかしその後リカバリーがありました。美しいスパイラルシークエンスが見られないのは残念ですが、1ポジションきれいなアラベスクを見せてくれました。バッククロスの柔らかさにうっとりするのと、ステップの軽さがいいんですよね。コンビネーションスピンでA字スピンがありますが、女子のA字ってスカートだとお下品なので、あまりやってほしくないです。レイバックはとても美しかったです。さすがですね。衣装のスカートがスケスケすぎなので、もう少し濃い色でも良かったかな?と。

ファヌフ
2A 3Lz-2T 3T
ジャンプは美しかったです。ジャンプさえ決まればあとは全く問題が無い選手です。昨シーズンまでのノクターンとは違い、スパニッシュの強い音楽でかっこよかったです。表情もセクシーです。カナディアンの発狂に押されて、きちんと演技を見ることができなかったです。男前フィニッシュ。

メンツがうむむ・・・・・と言われていたスケートカナダですが蓋を開ければ、NHK杯よりもおもしろい展開になりましたし、正直レベルも高かったです。11人のうち、ルッツを入れた選手が8人、3-3は4人でした。こちらの大会はルール改正がいい方向に進んだというのがよく分かりました。LPが楽しみすぎます。wktkの最上級!
Comment:2
2010
10.28

五輪でチーム対抗戦

ソチ五輪から、チーム戦を採用するとIOCが決定の方向に向かっているそうですね。
男子1名、女子1名、ペア1組、アイスダンス1組で1チームだそうです。
これをマラソンのようにおまけみたいにやるのか、別に競技をするのか、それとも五輪枠を獲得した選手の中からチームを編成するのかということさえ、よく分からないです。

もし、五輪枠を獲得した選手の中からチームを作るのであれば、今回の五輪を例にすると作れるのはアメリカ、カナダ、ロシア、イタリアだけです。10チームを目指すのであれば、出場選手の中から持ってくるのは不可能なので、チーム戦だけで競技する選手も代表ということになりますよね。また、どの国が出場できるのかも分かりませんし、順位点でするのか、合計ポイントでやるのかLPだけなのか、どちらも滑らせるのか、分からないことだらけです。プレッシャーの中、個人競技が終わってから、また滑るというのも・・・。

開催するにしたって、競技をする時点で、アメリカとカナダとロシアのメダルが決定しているのに、果たしてする意味があるのか。

日本は当然出られませんし、どの道関係ないですね。
でも、あと20年ぐらいしたら出られるかもしれないですね。
でもでも、少子化でスケートする子どもいなくなるか。
やっぱ無理だ。
だーめだこりゃ。
Comment:0
2010
10.24

NHK杯 男子リザルト

男子LP
1 Daisuke TAKAHASHI(日本)156.75
2 Florent AMODIO(フランス)143.76 PB
3 Jeremy ABBOTT(アメリカ)143.57
4 Yuzuru HANYU(日本)138.41
5 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)134.10
6 Takahito MURA(日本)128.65 PB
7 Jialiang WU(中国)125.52
8 Shawn SAWYER(カナダ)123.65
9 Jeremy TEN(カナダ)122.00
10 Ross MINER(アメリカ)121.77
11 Adrian SCHULTHEISS(スウェーデン)119.23
12 Denis TEN(カザフスタン)102.94

男子リザルト
1 Daisuke TAKAHASHI(日本)234.79
2 Jeremy ABBOTT(アメリカ)218.19
3 Florent AMODIO(フランス)213.77 PB
4 Yuzuru HANYU(日本)207.72
5 Shawn SAWYER(カナダ)193.80
6 Takahito MURA(日本)191.85
7 Jialiang WU(中国)189.58
8 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)189.41
9 Ross MINER(アメリカ)186.62
10 Adrian SCHULTHEISS(スウェーデン)181.47
11 Jeremy TEN(カナダ)176.48
12 Denis TEN(カザフスタン)171.68


テンちゃん
3A 3Lz-3T 3F 3A-2T 1Lo-2T 3Lz 2A 3S
アクセル2本入りました。珍しいですね。というか見たこと無い気がします。ふーうぉーんつとぅりーぶふぉえばー。なかなかステキな構成でしたね。たぶんこれって前も滑っていたプログラムだと思いますが、振り付けはかなり変えてきていますね。最後のスピンはGOE+2がついてもいいようなステキなスピンでした。サーキュラーステップはステキでしたが、ストレートラインはそうでもなかったと思います。2009年の四大陸以来のいい演技でした。

ケビンさん
4T 3A 3F-3T-3T!!!!!!! 3S 3Lo 3Lz 3F 2A+2A
ジャンプ素晴らしい!!!!!ストレートラインお茶汲みステップでした。ここまで来ると、もはやすがすがしいです。フライングシットこコンビネーションスピンのスピード、もはや踏んでいるかも怪しかったコレオステップは気にならないです。もうジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!
会場からも「キエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ!!!!!」という奇声が沸いていました。

シュル太
3F-2T 3A-2T 2A 3Lo 3S 2A 3F 3Lz fall
オンドレイ・ネペラでも滑っていたのを見たのですが、このビートを刻んだ音楽の意味が全く解せない。スピンのポジションがヘンテコだ~。ロミオがマキューシオと戦っているところと、最後死んだというところだけはわかりました。ニーノ・ロータ→プロコティエフ→ニーノ・ロータ→プロコティエフって編曲する意味・・・解せぬ。2回目のロミジュリで止めておけばよかったのに。
誰がヘビ入れたし。

むらむら
4T 3A 3F 3Lz-2T 3A-2T 3Lo 3S 3Lz
クワドきめた!サーキュラーステキです。男らしいしなやかさがあります。ストレートラインのお芝居、ストーリーが分からないとなんのこっちゃか理解できません。2年前はトリプルアクセルだけの選手だったのがずいぶん変わりました。ジャンプは着氷が危ないものはありましたが、全てトリプルは入りました。でもそれよりも、サーキュラーが良かった。
低くね?

うーくん
3A-3T 3S 3A 3Lz 3Lz-2T 1Lo 3Lo-2T<< 3F
なぜ、このジャンプ構成にしたんでしょうか。アクセル2回、ルッツ2回、ループ2回ですよ。クリーンに滑っていたらザヤってたところです。危ない危ない。2本目のアクセルはすごく高くてよかったです。ムーディーな音楽で前半はステキでした。衣装もよくなったと思います。アボットくん、大輔さん超えの胸の開き具合でした。雰囲気は良かったですが、ちょっとスピードがなさ過ぎました。

マイナー
3A 3Lz-2T 3F-2T 3Lo 3Lz 3S fall? 3F 2A
19歳の雰囲気は無いので、カサブランカが似合っています。サーキュラーステップからとは珍しい。
時は1940年代のモロッコ。本国で待つ家族のためにがんばる父親、働けど働けどお金は一向にたまる気配はなく、酒場でウイスキーを暴飲。しかし、戦争は終わった、俺は家族の元に帰るんだと喜びにうちひしがれる31歳であった。っていうストーリーを思いついた。映画と妄想がごちゃまぜ。

テンくん
3A 3Lz 3F fall 2A-2T 3Lo 3Lz fall 3S 2A
クリーンにきまったジャンプはループしかありませんでした。なかなか厳しい。曲はリストの死の舞踏でした。マキシムアレンジのではなくて、ホンマもんの方。こちらの方が100倍重々しくて迫力がありますが、表現が難しいですね。コレオステップでやっといいステップ踏むな~という選手が出てきたのに、スタンブルはもったいなかったです。
演技時間オーバーじゃなくね?

きのこ
4T 3A 3F 3Lz-2T 3A-3T 3Lz 1Lo 3S
ジョニーデザインの衣装びみょう・・・。
クワドキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!フリップはインサイドっぽく見えたのですがどうでしょうか。後半になるにつれて、スタミナ不足が顕著に見えてきましたね。音楽自体がアップテンポなのと、振りがたくさん入っているので体力をたくさん使うんでしょうね。まだジャンプが安定しているとはいえないので、がんばってほしいですね。
こづより先に完璧なクワド跳んでしまった。本格的にこづがヤバイ。期待値とかじゃなくて、普通に。

アモディオ
3A 3A-2T 3Lo 3S-3T 3Lz 3F 3Lz-2T 1A
衣装テカりすぎワロス。そしてサスペンダーとハイウエスト。楽しくていいんですけど、音楽の転調がちょっと急すぎないか?そして、今シーズンの禁止曲のマイコーきました。
まだまだ もうひとつ 最後に とかこういうのやめてほしい。緊張感がそがれる。
アモディオのステップはコレオステップの正しい使い方。スピンも全て美しいです。気になるのは音楽のつなぎ目とエレメンツに入る前に棒立ちになるところです。全然動きが無いので、トランジション下げられちゃうよおおおおお。
わああああああああああああああああああああああ
今回のジャッジのコンポーネンツの点け方、ちゃんとしてるな~。ジャンプや格付けに流されてない。

ショーン
3A 3F fall 3Lz 3S 3Lo 3F+3Lo 2A 2A-2T
マリパト振り付けのプログラム。アクセルはいつもどおり両足でした。安定してますねぇ。得意のフリップで転倒したのは残念でした。ループはいきなり跳んでビックリしました。そしてフリップとループはもともとシークエンスですね。ホラ吹きは失敗だのなんだと言ってましたが、最後のアクセルが得連続だったのと、最初がいつもどおり3-3する予定だったのなら、やっぱりそうですね。結構お得になります。スピンやトランジションは素晴らしかったです。もっともっと磨いてほしい。

アボットくん
3Lz 3F 3A-3T 2A 1A 3Lo-2T-2Lo 3Lz-2T 3S
サーキュラーかわいすぎます。主人公が行進してるときみたい。スケーティングがいいから、動きがすごく映えています。あそこがひとつのハイライトですね。プログラムの構成がとても優れています。大変すぐれています。卓越しています。音楽表現が卓越しています。映画のストーリーが頭を流れていきます。メインのテーマで滑った最後のステップが素晴らしい。もう素晴らしいという言葉しか出ないです。
アモより全然高いと思ったのに。アクセルミスが大きかったかな?

大輔さん
4T 3A 3Lo 3F-2T 3A-2T 3Lz 1S 3Lz-2Lo fall
ここでクワドミスするのが大輔クオリティーなのに、クワド3兄弟完成!
アクセルは両方がんばりました。サルコウとコンビネーションは残念。最後のほうにはジャンプに入る前のスピードがイマイチだったかな?と思います。昨シーズンのシーズン前半のほうはプログラム後半のジャンプはグチャグチャだったので、シーズン後半には滑り込んで、大丈夫になってくれると信じています。サーキュラーはジャパンオープンよりずいぶんよくなっていたと思います。哀愁と情感のこもっていたと感じました。
点数は高すぎのような。ま、地元ですしね。

鳥海たんのインタが的確。森中氏は名前とかエレメンツとか間違えすぎ。何年やっとんねん。

あーおもしろかった。ジャッジングはプロトコルを見たらおおむね納得できました。コンポーネンツの評価も演技に則してつけられていたと思います。
豊の部屋を楽しみにしつつ、おーしマイケル。
Comment:10
2010
10.23

NHK杯 女子リザルト

女子LP
1 Rachael FLATT(アメリカ)107.35
2 Carolina KOSTNER(イタリア)107.34
3 Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)97.01
4 Kiira KORPI(フィンランド)95.84
5 Kanako MURAKAMI(日本)94.06
6 Ashley WAGNER(アメリカ)90.80
7 Viktoria HELGESSON(スウェーデン)86.45
8 Mao ASADA(日本)85.45
9 Caroline ZHANG(アメリカ)83.15
10 Lena MARROCCO(フランス)80.36
11 Jenna MCCORKELL(イギリス)72.45
12 Diane SZMIETT(カナダ)56.43

女子リザルト
1 Carolina KOSTNER(イタリア)164.61
2 Rachael FLATT(アメリカ)161.04
3 Kanako MURAKAMI(日本)150.16
4 Kiira KORPI(フィンランド)148.44
5 Ashley WAGNER(アメリカ)143.73
6 Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)141.52
7 Caroline ZHANG(アメリカ)133.86
8 Mao ASADA(日本)133.40
9 Viktoria HELGESSON(スウェーデン)130.11
10 Lena MARROCCO(フランス)122.03
11 Jenna MCCORKELL(イギリス)121.52
12 Diane SZMIETT(カナダ)88.33

真央
1A<< 3F fall 1Lz 1A 3F fall 3S 3Lo
サルコウもおそらく回転が足りていないですね。
ジャンプで全部あわせて10点取れているか・・・・。
スピン、ステップはジャパンオープンより良かったと思います。プログラムの印象としても、かなりよくなったと思いますし。あと、衣装がよくなりました。


2A 3Lz 3F fall 2Lo 2F 3T-2T 2A
英語の発音って、マコーケルでよいのか?マッコーコーみたいなんじゃないの?
SPと同じく、昨シーズンと同じプログラムです。ジャンプはあまり調子がよく無かったですね。

安藤様が見てる

キャロライン
3F-2T 3Lz<< e 1S 3Lo 1F 3Lo 2A
じゅんじゅんが刈屋に普通に突っ込んだ!偉い!じゅんじゅんはやればできる人妻。
曲がBGM状態になっていました。スケーティングスピードが無くて、うーん。でもスピンはSPよりもポジションもスピードもかなり良かったと思います。

キーラ
3T-2T 3Lz-2T 2Lo 1F 2S<< 3Lo<-2T-2Lo 2A
ルッツは超根性下りしました。ジャンプの失敗で疲れてしまったのか、ステキなステップがフィンランディアのときのようにステキではありませんでした。もっともっと大きく滑られるのに。
今回ループの回転不足、アホみたいに厳しい。

アシュリー
3F-2T 2A-3T 3Lz 3Lo fall 3S 3Lo<-2T 3F
サーシャ仕様マラゲーニャではないか。衣装可愛すぎる。メイクもステキ。レイバックスピンでビールマンに移行できなかったのが残念です。でも最後にビールマン入れているのはなぜ?レイバックスピンのときは入れない予定だったのでしょうか。ジャンプだけではなく、スピンとステップもぐだっとしてしまったのが残念です。
プログラム自体は彼女に合っているので、これからが楽しみです。初戦なんてこんなもんですよね。

レイチェル
2A-3T 3Lz-2T 3F 3Lz 3F-2T-2Lo 3Lo 3S
ロマンチックラプソディーの衣装ですね。まるっとしてます。
タイトルが物騒なので、どういうストーリー?とりあえず楽しいプログラムでした。ジャンプは怪しげなんですけど、回ってるっぽいですね。スピンのレベル上げの要件が変わったので、また逆回転を入れてきました。スパイラルの1つ目の保持が少し短いような気がしました。
いいえ5種類ですよじゅんじゅん。自分に自信を持って。

佳菜子
3T-3T 3Lz< e 3F fall 3F fall 3Lo fall 2A 2S-2T-2Lo
得意なフリップを両方失敗してしまったのが・・・・うーん。
プログラム自体はいいんですけど、ここまでミスをすると全体の印象も悪いですよね。

カロリーナ
3T 2A 2A 3S 3Lo-2T 3Lo-2T 3S-2T
フリップとルッツが無いとはいえ、まとめてきました。原因不明の痛みはあれど、調子自体はそんなに悪くないんでしょうか。演技自体は少し密度が薄いかな?と思います。ステップももっともっと濃いものが滑ることができる選手だと思います。
カロ!カロ!カロ!カロ!カロ!カロ!

全体的にミスが相当出た試合ですが、初戦ですからしょうがないですね。まだまだシーズンは始まったばかりですから、がんばって。

え?表彰式無し?え?え?え?え?え?え?え?え?え?カロリーナのインタ無し?メリチャリとパントンあったのに?え?え?え?え?え?え?え?あの可愛い声聞かせないの??????
豊の部屋にカロリーナよんでくれー。ゲデ子もよんでくれ。

下にたたんでいるのは愚痴です。刈屋さんファンの方は決して見ないでください。続きを読む
Comment:4
back-to-top