2010
03.28

ムホトラ解散、ホフノビ引退?

ムホトラの解散が決まったようです。
両方とも新しいパートナーを探すそうです。
トランコフはボロソジャルと組む可能性が高いとのことですが、2シーズンは国際大会に出ることができないのが残念です。
ステキなペアだっただけに本当に残念です。
これからの2人がの新たなパートナーと成功を祈っています。

ホフノビは引退との話が出ています。
ノビツキーのお父様が亡くなられたことと、ノビツキーの怪我が先天性の病気によるものだということですが・・・。
このままだと、アイスダンスが・・・。
みんないなくなっちゃう。やめないで。
Comment:0
2010
03.28

世界選手権 女子リザルト 真央優勝

LP
1 Yu-Na KIM(韓国)130.49
2 Mao ASADA(日本)129.50
3 Miki ANDO(日本)122.04
4 Cynthia PHANEUF(カナダ)118.04 PB
5 Carolina KOSTNER(イタリア)115.11
6 Laura LEPISTO(フィンランド)114.32
7 Akiko SUZUKI(日本)111.68
8 Ksenia MAKAROVA(ロシア)107.58
9 Rachael FLATT(アメリカ)106.56
10 Viktoria HELGESSON(スウェーデン)105.47 PB
11 Mirai NAGASU(アメリカ)105.08
12 Jenna MCCORKELL(イギリス)98.78 PB
13 Sarah HECKEN(ドイツ)98.74 PB
14 Alena LEONOVA(ロシア)98.50
15 Julia SEBESTYEN(ハンガリー)91.56
16 Yan LIU(中国)91.33
17 Cheltzie LEE(オーストラリア)86.42
18 Sonia LAFUENTE(スペイン)85.59 PB
19 Elena GLEBOVA(エストニア)85.13
20 Kiira KORPI(フィンランド)82.77
21 Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)82.07
22 Min-Jung KWAK(韓国)73.01
23 Anastasia GIMAZETDINOVA(ウズベキスタン)64.79
24 Manouk GIJSMAN(オランダ)64.50

RESULT
1 Mao ASADA(日本)197.58
2 Yu-Na KIM(韓国)190.79
3 Laura LEPISTO(フィンランド)178.62
4 Miki ANDO(日本)177.82
5 Cynthia PHANEUF(カナダ)177.54 PB
6 Carolina KOSTNER(イタリア)177.31 4
7 Mirai NAGASU(アメリカ)175.48
8 Ksenia MAKAROVA(ロシア)169.64
9 Rachael FLATT(アメリカ)167.44
10 Viktoria HELGESSON(スウェーデン)161.79 PB
11 Akiko SUZUKI(日本)160.04
12 Sarah HECKEN(ドイツ)153.94 PB
13 Alena LEONOVA(ロシア)152.86
14 Jenna MCCORKELL(イギリス)150.90 PB
15 Julia SEBESTYEN(ハンガリー)147.66
16 Yan LIU(中国)141.29
17 Cheltzie LEE(オーストラリア)137.78
18 Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)137.33
19 Kiira KORPI(フィンランド)134.49
20 Sonia LAFUENTE(スペイン)133.31
21 Elena GLEBOVA(エストニア)132.85
22 Min-Jung KWAK(韓国)120.47
23 Anastasia GIMAZETDINOVA(ウズベキスタン)113.89
24 Manouk GIJSMAN(オランダ)111.94

時系列ではないですが感想を。

真央
優勝おめでとう(*´∀`*)
1つ目のアクセルは認定でしたが2つ目はダウングレードされてしまったようで残念でした。SPのアクセルもダウングレードでしたが3発すっぽ抜けず、転倒せずに着氷できたことは本当に素晴らしいと思います。
今シーズンは長年の課題であった「取りこぼし」というものがほとんど無くなったのも素晴らしいですね。
セカンドやサードのループもダウングレードをされないようにきちんと高く跳んでいましたし、ステップもかっこよかったです。このプログラムを滑りこなせるようになるのは大変だったとは思いますが、改めてすごいスケーターなんだなということを痛感しました。
条件反射的に浅田のフリップやトリプルアクセルにマイナスつけるジャッジがいるのは非常に残念です。あのきれいな3-2-2にマイナス2とかワロス。ああいうGOEはハネれるようなシステムは作れないんでしょうかね。

ユナ
SPのフリップに+2をつけているジャッジがいることに驚きです。やはりSPはスピンがノーカンになっていたんですね。
LPは後半のサルコウで転倒、アクセルは要素になっていないんですね。それなのにこれだけの点数を出せるというのはすごいですね。なんでフリップに加点2がつくんでしょうね。全体的に元気のない演技でしたが、SPのときよりは体は動いていたと思います。プレゼンテーションも高すぎるとは思いますが、想定の範囲内でした。よくがんばって追い上げたと思います。彼女もまた素晴らしい選手ですね。
これで引退するかという議論が起こりますが、僕は引退しないのではないかと思います。引退するメリットが全くないですからね。

レピスト
きまったトリプルが3-3とルッツだけという演技でした。全体的に点数は出しすぎだと思います。ルッツは加点の要素が見当たらないです。SPとLP通じて跳んだのが3T-3Tを2回とループとルッツだけというのはさすがに・・・。これも新採点が生み出してしまったよくわからない結果なのでしょうね。
彼女はプレゼンテーションが独り歩きしてしまっていて、実力に伴っていない点数がバシバシついているような気がします。まだまだ課題は多い選手ですね。

安藤さん
SP11位から、LP3位でいっきに8位も順位を上げました。
LPの衣装はNHK杯で着ていたものですね。ジャンプの質がとっても良かったのですが、加点が少ないですよね。ループとかサルコウとか。普通に全員のジャッジが+1はつけると思ったのですが。今日の安藤さんはすごく調子がいいことがよく分かりました。ステップのときにめっちゃ口が大きく開いていたからです。ステップのときは「ぐわ!!!」と大きく口を開けて気合が入っていましたよね。オリンピックよりは点数が低いですが、演技内容としてはオリンピックよりもかなり上だと思います。難しいプログラムをよく仕上げてきたと思います。お疲れさまでした。点数惜しかったですね。

ファヌフ
こちらもSPから順位を大きくあげた選手です。今までルッツで(ノ∀`)アチャーが多かった選手ですが、今回はルッツどころかすべてのジャンプでノーミスでした。ミスがなかっただけではなくすべての質が素晴らしいんですよね。スケーティングはいいですし、音楽表現もいいです。エキゾチックな顔立ちがクレオパトラを表現するのにすごく合ってもいますしね。会心の出来でしたね。ジョアニーがいなくても2枠を維持できました。すごい!

カロリーナ
いつもなら転んでしまっているであろうループやトゥループもなんとか踏ん張りました。これは地元の声援の力でしょう。3-3も両足ながらも入りましたし、ステップもステキでした。こんないい演技を見たのは2年前の世界選手権以来です。ミスありましたが、本人も喜んでいましたし、僕も彼女が笑っていると本当にうれしいです。イタリアはこれで2枠、マルケイも来シーズンはワールドに参加できるので、2人でがんばってほしいです。

ミライ
SP1位から、LP11位とガツンと順位を落としてしまいました。
SPは回転不足がとられてあの点数だったんですね。恐ろしい子。
LPの前半は悪くなかったのですが、後半はジャンプがダウングレードの嵐。また悪いところが出てしまいましたね。転倒したアクセルは回転が足りていたと思ったのですが、今回は厳しいですね。さすが彼。
レイバックスピンはすべてのジャッジから+3をもらっています。彼女の課題はやはりジャンプの確実性ですね。プレゼンテーションはレイチェルより上ですが、安定感でいえばレイチェルやワグナーよりはまだまだです。
ルッツのエッジも、修正したレイチェルや、全米後に修正を行ったワグナーに一歩後れをとっているかもしれません。やっと成長が一段落したでしょうから、次は技術の成長を。

マカロワ
ジャンプもスピンもがんばった!という印象ですがエレメンツのみという印象が拭えません。プログラムで何を表現したいのかもよく分かりませんでした。でも彼女も若いですからね。そういうことは大人になるにつれて徐々に身につけていくものですよね。ジョニーというステキなお師匠様もいることですし。

レイチェル
フリップがダウングレード、ルッツはすっぽ抜けになってしまいました。オリンピックや全米に比べて、演技に感情がこもっていないように感じました。体がやや丸くなったように感じますし、1つ1つのターンや動作のキレもよくなかったです。このプログラムはメリハリつけてナンボだと思うので、ちょっと印象がよくなかったです。

ヴィッキー
ジャンプがノーミスという素晴らしい演技でした。国際大会ではなかなか結果を残せないことが続いていましたが、ここにきての素晴らしい演技でした。ただ彼女もジャンプを跳ぶだけという印象でした。6点台の内容かな?と思ってしまいました。彼女のがんばりでスウェーデンは2枠、男子も2枠ありますからスウェーデンがますます盛り上がりそうです。東京には姉妹で来てくれますでしょうか。

あっこちゃん
SP20位から、LP7位のあっこ無双。9個も順位を上げました。
フリップとルッツでミスがありました。ピークをオリンピックにもってきていたのと、派遣されることが分かったのが日本への帰国後だったことから、調整がそれほどうまくいっていなかったのかもしれませんね。スピード感がいつもよりはなくて、ジャンプの加点もあまりつかなかったように思います。第1グループだったこともあって観客が少なくて盛り上がりに欠けたのも残念。やはり第1グループだとプレゼンテーションのつけかたがキツいんですよね。でも素晴らしかったと思います。今シーズンだけで10試合近く試合に出ているのにすごいですよね。
来シーズンも続けるみたいなので、楽しみです。


ミスしたのは3Tが2Tになっただけです。パーソナルベストの演技をしました。旦那がいい演技をしたら、嫁もいい演技をしましたね。いい演技ついでに子どもでも作ればいい。
オリンピックでの悔しい結果に奮起して、コーチと旦那とがんばって練習してきた成果が出ましたね。本当によかったです。

セベスチェン
ミスは少なくありませんでした。でも根性で素晴らしいルッツを見せてくれました。高いルッツでした。
ずっとがんばってきた選手がここで現役生活を終えることになりました。
現役最後のフリーを滑り終わった彼女の表情は満足気な表情とちょっと悔しい表情と、これで終わったんだという表情が入り混じっていました。彼女のここで跳んだルッツは決して忘れないと思います。
そして千鶴さんがおっしゃった「記憶に残る演技」だったと思います。
本当に長い間、お疲れさまでした。

来シーズンの枠は
3枠 日本
2枠 韓国、フィンランド、カナダ、アメリカ、イタリア、スウェーデン、ロシア
になりました。

今回出場した選手のほとんどは満足なコンディションで臨んでいるとは言い難い状態でしたが、その中でも真央はシーズン前からワールドも視野に入れた体調管理を行ってきたため、このような結果で終えることができたのだと思います。これこそ一流のアスリートですよね。

これで今シーズンの大きな大会は終わりました。
ジャパンオープンも国別対抗もありませんから、多くの選手がオフシーズンも迎えることになるでしょう。
みなさんそれぞれに思うことはあると思いますが、現役を続けるみなさんには来シーズンもケガなく演技を披露してくれることを願っています。
今シーズン引退するセベスチェンは本当に素晴らしかった。彼女以外にも引退を決意している選手はいると思います。まだその情報は知らないのですが、その選手の方にも本当にお疲れ様と言いたいです。


Comment:0
2010
03.27

世界選手権 アイスダンスリザルト

FD
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)110.49 PB
2 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)110.03
3 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)98.09 PB
4 Federica FAIELLA / Massimo SCALI(イタリア)97.84
5 Sinead KERR / John KERR(イギリス)93.32
6 Alexandra ZARETSKY / Roman ZARETSKY(イスラエル)91.34 PB
7 Vanessa CRONE / Paul POIRIER(カナダ)91.22 PB
8 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)89.76 PB
9 Nora HOFFMANN / Maxim ZAVOZIN(ハンガリー)83.52
10 Emily SAMUELSON / Evan BATES(アメリカ)83.37
11 Ekaterina RUBLEVA / Ivan SHEFER(ロシア)81.90
12 Pernelle CARRON / Lloyd JONES(フランス)80.79 PB
13 Cathy REED / Chris REED(日本)79.74
14 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)79.07
15 Kimberly NAVARRO / Brent BOMMENTRE(アメリカ)77.99
16 Caitlin MALLORY / Kristjan RAND(エストニア)77.00
17 Lucie MYSLIVECKOVA / Matej NOVAK(チェコ)74.91 PB
18 Kira GEIL / Dmitri MATSJUK(オーストリア)70.92 PB
19 Xiaoyang YU / Chen WANG(中国)69.79

1 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)224.43 PB
2 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)223.03 PB
3 Federica FAIELLA / Massimo SCALI(イタリア)197.85
4 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)194.39 PB
5 Sinead KERR / John KERR(イギリス)189.11
6 Alexandra ZARETSKY / Roman ZARETSKY(イスラエル)181.26 PB
7 Vanessa CRONE / Paul POIRIER(カナダ)180.30 PB
8 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)177.23 PB
9 Emily SAMUELSON / Evan BATES(アメリカ)168.77
10 Nora HOFFMANN / Maxim ZAVOZIN(ハンガリー)166.90
11 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)164.52
12 Pernelle CARRON / Lloyd JONES(フランス)161.86 PB
13 Ekaterina RUBLEVA / Ivan SHEFER(ロシア)161.20
14 Kimberly NAVARRO / Brent BOMMENTRE(アメリカ)159.68
15 Cathy REED / Chris REED(日本)154.93
16 Lucie MYSLIVECKOVA / Matej NOVAK(チェコ)147.93
17 Caitlin MALLORY / Kristjan RAND(エストニア)147.39
18 Xiaoyang YU / Chen WANG(中国)142.80
19 Kira GEIL / Dmitri MATSJUK(オーストリア)142.49 PB
WDR Jana KHOKHLOVA / Sergei NOVITSKI(ロシア)

ホフノビはノビツキーの背中の怪我で棄権だそうです。
来シーズンは元気に戻ってきてほしいものです。

リード組
途中からしか見れんかったあああああああああ
でもシーズンベストキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
漬物石になるんだ!

寝 オ チ orz

テサモエ
見事にここで目覚めました。
ミスはツイズルの1本目がズレたことですね。あとは慎重にいった感じです。
ディダクションあっても優勝っていう。
9.80ってどうやったら出るの?9.75を1人と10.04人出してるってことでしょ?やばくね?ジャッジの頭やばくね?

ファイスカ
スピンのときのファイエラのポジションが、不完全というのか味があるというのか。
ロングリフト美しい。スカリがミスしない!
観客席のマダム跳ねまくる!おっさん係員に制止される!会場からブーイング出まくり。

カーズ
すごくいいスピンから。こんなポジション取ってたかな~?ツイズルでジョンが足をついたような。

終わってみれば、棄権が2組あったもののリード組は23位から順位を8つもあげてきました。自己最高順位ですね。CDもミスがなかったら、今まで圧倒的な差があったナバボメやキャロジョとも渡り合っていけることがわかりました。来シーズンからの彼らに期待大です。

テサモエはこの若さで世界選手権の3色のメダルコンプリートですね。これで引退しそうです。なんか引退してもいいような気さえしてきました。メリチャリは元々そんなにキャリアを長く続ける気はないらしいので、今シーズンかワールドのメダル取ったら辞めるんでしょうね。ファイスカは地元のワールドで見事な銅メダル。ミスもありましたががんばりました。ペシャブルは残念なCDとODのミスがなければというところですが来シーズンに持ち越しですね。

ジャッジについてですが、FDではテサモエに11個、メリチャリに5個。ODにもテサモエに3個、メリチャリに2個と10.0が出ていますね。五輪で自重するかと思いきやこれだよ・・・・・。もう勘弁してくれや。完全無欠の演技など存在するわけがなかろうに。完全に旧採点の6.0と同じ気持ちで出してる。これは6.5ぐらいのもんとおもっときなはれ。

は や く な ん と か し な い と

来シーズンの枠は
3枠 カナダ、アメリカ
2枠 イタリア、フランス、イギリス、イスラエル、ロシア、ハンガリー
ということになりました。

イタリアはカペラノのまさかの大ミスで11位。3枠は逃してしまいました。ファイスカが引退ならばカペラノとアレッサンドリーニちゃんたちの枠はあるんですけどね。

CD、ODが最後になった今回の世界選手権。ミスをしたカップルがとても多い大会でもありました。
来シーズンは上がごっそり抜けることになり、新たな時代に突入することになると思います。
変なルールにならないことを祈りつつ、今シーズンのダンスバイバイ(・ω・)ノ ノシシ~
選手のみなさんは本当にお疲れ様でした。


Comment:2
2010
03.27

世界選手権 女子SP

1 Mirai NAGASU(アメリカ)70.40 PB
2 Mao ASADA(日本)68.08
3 Laura LEPISTO(フィンランド)64.30 PB
4 Carolina KOSTNER(イタリア)62.20
5 Ksenia MAKAROVA(ロシア)62.06 PB
6 Rachael FLATT(アメリカ)60.88
7 Yu-Na KIM(韓国)60.30
8 Cynthia PHANEUF(カナダ)59.50
9 Viktoria HELGESSON(スウェーデン)56.32 PB
10 Julia SEBESTYEN(ハンガリー)56.10
11 Miki ANDO(日本)55.78
12 Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)55.26
13 Sarah HECKEN(ドイツ)55.20 PB
14 Alena LEONOVA(ロシア)54.36
15 Jenna MCCORKELL(イギリス)52.12
16 Kiira KORPI(フィンランド)51.72
17 Cheltzie LEE(オーストラリア)51.36
18 Yan LIU(中国)49.96
19 Akiko SUZUKI(日本)48.36
20 Anastasia GIMAZETDINOVA(ウズベキスタン)49.10
21 Sonia LAFUENTE(スペイン)47.72
22 Elena GLEBOVA(エストニア)47.72
23 Min-Jung KWAK(韓国)47.46
24 Manouk GIJSMAN(オランダ)47.44 PB

25 Ivana REITMAYEROVA(スロバキア)45.96
26 Sarah MEIER(スイス)45.06
27 Tamar KATZ(イスラエル)44.96
28 Tugba KARADEMIR(トルコ)44.52
29 Myriane SAMSON(カナダ)44.20
30 Kerstin FRANK(オーストリア)43.80 PB
31 Victoria MUNIZ(プエルトリコ)41.08
32 Bettina HEIM(スイス)41.00 PB
33 Fleur MAXWELL(ルクセンブルク)40.22
34 Teodora POSTIC(スロベニア)40.20
35 Karina JOHNSON(デンマーク)38.22
36 Zanna PUGACA(ラトビア)38.20 PB
37 Mirna LIBRIC(クロアチア)37.24
38 Lauren KO(フィリピン)33.34
39 Martina BOCEK(チェコ)32.90
40 Irina MOVCHAN(ウクライナ)32.60
41 Sonia RADEVA(ブルガリア)32.12
42 Ana Cecilia CANTU(メキシコ)31.88
43 Crystal KIANG(中華民国)31.72
44 Georgia GLASTRIS(ギリシャ)31.36
45 Gwendoline DIDIER(フランス)29.32
46 Marina SEEH(セルビア)28.32
47 Clara PETERS(アイルランド)28.20
48 Tamami ONO(香港)27.74
49 Abigail PIETERSEN(南アフリカ)25.76
50 Charissa TANSOMBOON(タイ)25.22
51 Sabina PAQUIER(ルーマニア)24.42
52 Yoniko Eva WASHINGTON(インド)24.24
53 Beatrice ROZINSKAITE(リトアニア)23.68
WDR Isabelle PIEMAN(ベルギー)
WDR Sonja MUGOSA(モンテネグロ)

サラさん
ルッツの転倒で背中から・・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
サルコウもすっぽ抜け。フリーに進めなさそうな感じが・・・。

ギマ子さん
このプログラム結構好きなんです。スピンの回転数が全然足りてないところも味に見えます。がんばってるベテランに拍手!ぱちぱちぱちぱち

ファヌフ
アクセルの着氷が乱れて、ルッツもシェイキーなランディング、キレイな3T。
スケーティングが美しいですね。ステップでの転倒もありませんでしたし、よかったよかった。レイバックのキャッチフットポジションでチェンジエッジってすごい大変だと思うんですけど、スムーズにやってレベル4取るんですよね~すごいな~。
点数たけ~。

ミンジュン
絶対アナウンス、ミンニュンって言っただろ。
得意のルッツで転倒でした。今日もすごい軸の細いビールマンを見せてくれました。五輪が終わった後にブライアン・オーサーにコーチが変わっているという。韓国は金かけてるな~。
だって涙が出ちゃう女の子だもん。

グレボワ
今シーズンのステキな女子のプログラムベスト5に入るステキなSPです。
3T-3Tに成功です。回転も足りているでしょう。サルコウも成功。アクセルがシングルになってしまいました。それだけが残念です。肩が硬いのか、上半身の使い方がまだまだだとは思いますが、でもやっぱりステキです。

ヘッケン
すごい強烈なジュリエットですね。ジャンプが決まるたびにガッツポーズしているのが可愛かったです。あんなジュリエットがいると、ロミオの敵をみんな殺しちゃうと思いますよ。


アクセルのランディングがシェイキーになった以外に大きなミスはありませんでした。旦那が見ている中、嫁も素晴らしい演技をしました。五輪ではSP落ちを喫してしまいましたから、雪辱を果たせたでしょう。嫁も引退との噂ありますから、がんばってほしいものです。

ヴィッキー
ジャンプはノーミス、フライングシットのフライングでちょっと詰まってしまったのが残念です。あとはあのレイバックスピンはレイバックなのかという疑問。最後のスピンはトラベリングしてしまったので最後まできちんと回れずに音楽が余ってしまいました。スピンに課題が残りましたね。フリー進出おめ!

マカロワ
3-3、フリップ、アクセル見事にきめました。スピンの回転速度もポジションも軸もいいですね~プラスがいっぱいつきそうです。きっとジョニーも応援してるはず。セカンドの回転は・・・・・なんとか足りているでしょうか。今日はペトレンコだけなんですね。62点キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

カロリーナ!カロリーナ!カロリ―ナ!カロリーナ!

カロリーナ
衣装がドゥムキーのものになりました。3年目のドゥムキー?かと思いましたが、そうじゃないんですね。やっぱりアメリカはカロリーナじゃないんですよね。
3F-2Tはキレイでしたが、ループがダブルに。アクセルはきめました。でも、超ぐでぐでというわけではなかったのでよかったです。この曲にも手拍子してしまうイタリアンやべえwwwまさかの暫定1位。

真央
なぜに真央コールが???
うわ~3A-2Tきめてるし。この子すごすぎて引いた。どうしてできちゃうんだろう。すごすぎ。認定なかったら、天野のキンタマにぎりつぶすってことで。
ステップは五輪より上体の使い方がいいと思います。このプレッシャーと疲れの中でよくこれだけの演技ができたなと思います。本当に素晴らしいスケーター。日本の誇りですね。
「I think it’s おk」って言いましたね。
というわけで握りつぶします。

キーラ
ルッツで転倒したのが残念でした。ここのとこのミスはだいたいルッツなんですよね。ループは素晴らしかったです。スピンの後からすぐにステップに入るという、すごく忙しいプログラムですが最後までスタミナをきらさずにがんばったと思います。51点(´;ω;`)

安藤さん
ルッツで転倒。タメが長すぎたかもしれません。フリップはキレイでした。安藤さんのスパイラルはポジションこそ、そこそこなもののスピードがぎゅいーんとなってかっこいいです。ステップは五輪のときの何倍も質がよかったと思います。もうちょっとイーグルを深いエッジでしてくれたら、さらによかったのに(´・ω・`)ルッツは回転が全然足りてないですね。

レピスト
3T-3T、3Loはきまりました。スピンの軸と回転速度がいいですね。それなのにアクセルがステッピングアウト。スケーティングが素晴らしいし、他の要素はよかったです。62点予想をはるかに上回る64点。ノーミスなら67点出てたのか。

ゲデ子
ルッツは転倒でしたが、この3-3の安定感はなんだろう。アクセルはOK。スパイラルやステップの質はさらに磨かれていますね。満足はいかない演技でしょうが、フリーでステキなカルメンをよろしく!

ミライ
3Lz-3T 3F 2A 3-3のセカンドはグリったように見えましたが・・・。他の要素はクリーンで加点がたくさん出そうです。70点出ましたね。認定されたんですね~よかったよかった。

ユナ
フリップはシェイキーなランディング。レイバックに入るときミスをしましたが、スピンとしてカウントされているとえらいことになるんとちゃいますか?スパイラルも・・・・・うーん。60点か~いろいろノーカンのエレメンツあるんでしょうね。

あっこちゃん
フリップで転倒、ループはオーバーターンで、アクセルはステップアウトとすべてにジャンプミスが出てしまいました。史上かつてないgdgd演技でした・・・。あわわ・・・大遭難((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

レイチェル
フリップのランディングがよくなかったため、セカンドはダブルにしましたね。ルッツはなんとか。ステップといいスパイラルといい音の取り方がすごく上手いですね。そしていいプログラム、振り付け。悪い流れを断ち切ってくれてよかった(*´∀`*)
点数びみょー。

セベスチェン
ルッツたけえええええええええええええ。フリップなんとか。回転が足りてないっぽい。
この編曲はもはや笑えるwwwもう突き抜きすぎてる。昨シーズンまでもっとミスが多かったのにさすがだな~って思います。これがセベスチェンを見る最後の大会になるんですね。ヨーロッパの選手引退多いですね。やっぱりフリップでダウングレードが・・・。

レオノワ
髪切ってる~かわいい。フリップもコンボもぐでぐで(´;ω;`)
悲しそう(´;ω;`)

なんだこの空気感・・・・・
転倒が多いのはみんな疲れているからしょうがないとして、ダウングレードとかプレゼンテーションのつけ方がよくわからない。

ユナ、安藤さん、あっこちゃん、それぞれミスがあって普段はいるところがないようなところへ。
レピストとミライの点数は高すぎると思います。まぁいいんですけど。僕が言ったところでどうにもならないし。

今日のことはみんな、ほんとに忘れてほしいです。
そして明日こそいい演技を!!!!!!!

サラさんはこれで引退なんでしょうか・゜・(つД`)・゜・
Comment:2
2010
03.26

世界選手権 男子リザルト 橋くん優勝

LP
1 Daisuke TAKAHASHI(日本)168.40
2 Patrick CHAN(カナダ)159.42
3 Michal BREZINA(チェコ)154.31 PB
4 Brian JOUBERT(フランス)154.04
5 Adam RIPPON(アメリカ)151.36
6 Jeremy ABBOTT(アメリカ)151.05
7 Adrian SCHULTHEISS(スウェーデン)145.91 PB
8 Kevin REYNOLDS(カナダ)145.38 PB
9 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)144.88
10 Javier FERNANDEZ(スペイン)144.01 PB
11 Samuel CONTESTI(イタリア)140.26
12 Takahiko KOZUKA(日本)132.53
13 Florent AMODIO(フランス)128.94
14 Sergei VORONOV(ロシア)127.18
15 Denis TEN(カザフスタン)125.06
16 Jinlin GUAN(中国)123.23
17 Ryan BRADLEY(アメリカ)123.14
18 Alexandr KAZAKOV(ベラルーシ)121.33 PB
19 Anton KOVALEVSKI(ウクライナ)118.43
20 Abzal RAKIMGALIEV(カザフスタン)111.60 PB
21 Viktor PFEIFER(オーストリア)110.84
22 Jamal OTHMAN(スイス)99.06
23 Ari-Pekka NURMENKARI(フィンランド)93.89
24 Min-Seok KIM(韓国)89.51

RESULT
1 Daisuke TAKAHASHI(日本)257.70
2 Patrick CHAN(カナダ)247.22
3 Brian JOUBERT(フランス)241.74 PB
4 Michal BREZINA(チェコ)236.06 PB
5 Jeremy ABBOTT(アメリカ)232.10
6 Adam RIPPON(アメリカ)231.47 PB
7 Samuel CONTESTI(イタリア)218.66
8 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)218.43
9 Adrian SCHULTHEISS(スウェーデン)218.26 PB
10 Takahiko KOZUKA(日本)216.73
11 Kevin REYNOLDS(カナダ)216.58 PB
12 Javier FERNANDEZ(スペイン)215.66 PB
13 Denis TEN(カザフスタン)202.46
14 Sergei VORONOV(ロシア)200.60
15 Florent AMODIO(フランス)197.25
16 Anton KOVALEVSKI(ウクライナ)186.03
17 Jinlin GUAN(中国)182.68
18 Ryan BRADLEY(アメリカ)179.24
19 Alexandr KAZAKOV(ベラルーシ)175.57 PB
20 Viktor PFEIFER(オーストリア)170.79
21 Abzal RAKIMGALIEV(カザフスタン)166.20
22 Jamal OTHMAN(スイス)156.41
23 Min-Seok KIM(韓国)149.31
24 Ari-Pekka NURMENKARI(フィンランド)148.34

せっかくずっと起きてたのに・・・・オスマン見終わって、目が覚めるとボロノフが終わってました。・゚・(ノД`)・゚・。

コンテ
アクセル2本、コンビネーションはいずれも着氷が乱れました。最後のコンビネーションで転倒してしまったのは、観客の手拍子で跳び急いでしまって、軸がずれてしまったのが原因でしょうか。回転も足りていないかもしれませんね。ただ、シーズン初めよりもプログラムにスピードが出てきて、1つの音楽で4分半を作っているのに飽きさせませんよね。

りっぽんぽん
最初のステッピングアウトしてしまったアクセルにコンビネーションをつけてしまう全く美味しくないことをしていますね。2Tの点数としてもらえないんですよね。サーキュラーのときの音楽とステップが合っていないと思います。ループがすごくキレイでした。ルッツもさすがですね。

シュル太
クワドキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
フライングシットも変、サーキュラーも変、コンボスピンの出方も変、つなぎのときの指、腕の動かし方全部変!首切りイーグルも変!もちろん「あああああああああああああああああああああ」も変。
そうここは変態パラダイス*´∀`)*´∀`)´∀`)*´∀`)*´∀`)
す、スタオベが出てる・・・・・イタリア人すげえ。
スウェーデン2枠確定キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ケビンさん
4-3-3だとおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!
神キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
今までよりもさらに凄みを増したお茶汲みサーキュラーステップ。まるで昔のケビンさんを見ているかのような。そしてストレートラインまでもお茶汲みだなんて、すごすぎる。
今までの彼のフィギュアスケートのアマチュア生活をすべて集約させたような演技だったと思います。最後にすごいもん見せてくれました。本当にさみしい。本当に素晴らしい選手です。

アボットくん
クワドは慎重になりすぎたのか転倒、ダブルアクセルも転倒でした。簡単なサルコウやフリップでのミスが出てしまったのが残念ですが、とりあえずアメリカは3枠を確保できましたね。5番手が出てきても3枠確保できるアメリカ恐ろしい。

こづ
クワドは転倒、アクセルはすっぽ抜けでした。2本目も回転できずに降りてきてしまいましたね。ここぞというときにアクセルが決まらないです。最大の得点源である3つのジャンプのミスで20点以上失ってしまいますね。

ジュベ
クワドが2本入りましたが、ルッツでミス。まったルッツが・・・・・ルッツが・・・・・。ルッツ怖い。フリップは完全にアウトサイドで跳んでいます。あとループがオーバーターンになりましたね。詰めが甘いと言われてしまうかもしれませんが、いい演技だったと思います。かなり久しぶりに2本入りましたから。実は合計スコアはパーソナルベストなんです。

Pさん
アクセルを無理やり着氷しました。後半のループとサルコウでミスが出てしまいました。オペラ座の怪人のプログラムですけど、Pさんはストーリー性があるプログラムに向かないですよね。どっちかというとドクラシックでぐおおおおおおおって滑る方が向いてます。何を表現しているのかイマイチよくわからないので。このスコアは勘弁してほしいな。

ミハル
フリップのコンビネーション以外はミスがなかったです。後半にぐでるかと思いきやでした。フリップとサルコウのふんわり具合がパネェ。彼にはふんわリストの称号を贈呈します。来シーズンこそ、ド・クラシックをお願いします。北米路線はあわなさすぐる。

高橋くん
クワドフリップを両足ながらも挑んできましたね。本物の男だ!回転足りてないですが。
ルッツは1本にしてきましたが、アクセルは2本入れましたし、音楽表現はズバ抜けていましたね。これで1位来なかったもう荒れます。
優勝キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
キタ━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)゚∀゚)・∀・) ̄― ̄)´_ゝ`)-_)゚∋゚)´Д`)゚―゚)━━━!!!!
キタ━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)゚∀゚)・∀・) ̄― ̄)´_ゝ`)-_)゚∋゚)´Д`)゚―゚)━━━!!!!
(*´∀`*)お(*´∀`*)め(*´∀`*)で(*´∀`*)と(*´∀`*)う(*´∀`*)

千鶴さんのコメントがまたよいですな~。

クワドフリップは認定にならなかったもののプロトコルに4Fという文字があること自体すごいですよね。ステップとスピンは5つ全部レベル4でやることやりきって勝ち取った優勝です。本当に素晴らしい演技でした。優勝おめでとうございます!

来シーズンの枠は
3枠 日本、アメリカ、カナダ
2枠 フランス、チェコ、イタリア、ベルギー、スウェーデン
となりました。

フランスが3つないのは残念ですけど、チェコとスウェーデンの2枠はうれしいです。そして、カナダがチャッキーのがんばりで3枠に!やっぱりチャッキー出してよかったんですよ。日本も3枠を確保して、地元ワールドには最大枠で選手を派遣できますね。素晴らしいです。

今回はりっぽんぽん、こづ、ミハル、Pさん、シュル太などの若い世代のがんばりと橋くんとジュベ、ケビンさんやコンテのベテランのがんばりの両方が光った試合ですね。
特に印象に残ったのはケビンさん、現役の最後に素晴らしい演技を披露してくれました。彼に続くベルギーの選手が出てきてくれることを願っています。

長いシーズン、選手のみなさん本当にお疲れさまでした。パスタとピザとティラミスを食べてゆっくりするといいよ!


Comment:0
2010
03.26

世界選手権 アイスダンスOD

OD
1 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)70.27 PB
2 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)69.29 PB
3 Federica FAIELLA / Massimo SCALI(イタリア)59.16
4 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)58.55
5 Sinead KERR / John KERR(イギリス)58.23
6 Alexandra ZARETSKY / Roman ZARETSKY(イスラエル)56.13
7 Vanessa CRONE / Paul POIRIER(カナダ)55.76
8 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)55.04 PB
9 Jana KHOKHLOVA / Sergei NOVITSKI(ロシア)54.28
10 Emily SAMUELSON / Evan BATES(アメリカ)52.79
11 Nora HOFFMANN / Maxim ZAVOZIN(ハンガリー)51.91 PB
12 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)51.40
13 Pernelle CARRON / Lloyd JONES(フランス)50.52 PB
14 Cathy REED / Chris REED(日本)50.41
15 Kimberly NAVARRO / Brent BOMMENTRE(アメリカ)50.33
16 Ekaterina RUBLEVA / Ivan SHEFER(ロシア)48.77
17 Lucie MYSLIVECKOVA / Matej NOVAK(チェコ)46.07
18 Kira GEIL / Dmitri MATSJUK(オーストリア)44.88 PB
19 Xiaoyang YU / Chen WANG(中国)44.59
20 Christina CHITWOOD / Mark HANRETTY(イギリス)44.27
21 Caitlin MALLORY / Kristjan RAND(エストニア)43.77
22 Allison REED / Otar JAPARIDZE(グルジア)43.35
23 Carolina HERMANN / Daniel HERMANN(ドイツ)42.81
24 Katelyn GOOD / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)40.99
25 Danielle OBRIEN / Gregory MERRIMAN(オーストラリア)38.21
26 Jenette MAITZ / Alper UCAR(トルコ)32.14
WDR Anna ZADOROZHNIUK / Sergei VERBILLO(ウクライナ)

ODまで
1 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)114.40
2 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)112.54
3 Federica FAIELLA / Massimo SCALI(イタリア)100.01
4 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)96.30
5 Sinead KERR / John KERR(イギリス)95.79
6 Jana KHOKHLOVA / Sergei NOVITSKI(ロシア)91.98
7 Alexandra ZARETSKY / Roman ZARETSKY(イスラエル)89.92
8 Vanessa CRONE / Paul POIRIER(カナダ)89.08
9 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)87.47
10 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)85.45
11 Emily SAMUELSON / Evan BATES(アメリカ)85.40
12 Nora HOFFMANN / Maxim ZAVOZIN(ハンガリー)83.38
13 Kimberly NAVARRO / Brent BOMMENTRE(アメリカ)81.69
14 Pernelle CARRON / Lloyd JONES(フランス)81.07
15 Ekaterina RUBLEVA / Ivan SHEFER(ロシア)79.30
16 Cathy REED / Chris REED(日本)75.19
17 Lucie MYSLIVECKOVA / Matej NOVAK(チェコ)73.02
18 Xiaoyang YU / Chen WANG(中国)73.01
19 Kira GEIL / Dmitri MATSJUK(オーストリア)71.57
20 Caitlin MALLORY / Kristjan RAND(エストニア)70.39

第3グループから

ザドベルがベルビロの背中の痛みで棄権ということになったそうです。

ルブシェフ
雪ん子かわいいよ雪ん子。
ぼちぼちツイズルからスタート。ミッドラインのときの一蹴りの伸びがちょっとないですね。両方伸びないから合っているようには見えるんですけどね。
でも、可愛いからいいんですよ。かわいいは正義なんです。

ホフザヴォ
ホフマン美しい。
この2人、特にホフマンの過剰な顔芸が大好きです。ツイズルでザヴォジンがバランス崩しかけましたが、ミスったらタコ殴りにされると悟ったのか耐えたんでしょうね。ローテーショナルリフトも雰囲気壊さない程度なのでいい感じです。
ステキなプログラムですね。何回見ても飽きないです。

カーズ
スコティッシュキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
エキシビションでも滑りなれているだけあって、安心して見ていられます。
ツイズルでスピードが微妙でしたけど、いつもよりは良かったんじゃないでしょうか。

クロポー
ポールからフラメンコの雰囲気を感じ取れません。
ローテーショナルリフトのポジションがいいですね~。ヴァネッサの腕の形とかステキです。
コーチのセクシーなタイツ・・・・・いらないです。

メリチャリ
毎度おなじみの素晴らしいプログラム。今さら特に言うこともないです。
今回はツイズルがバラバラになりましたね。でもきっとジャッジはプラスとかしちゃうんだろうな。上位の組は無条件でプラス前提で行くから・・・。
点数出しすぎでしょ。全部9点台とかウケる。

ファイスカ
ああああああツイズルで両方ミスしてしまいましたね~。
まっしも「ねぇ奥さん、おれとあそばないか」
ふぇでりか「ダメよ、あたし夫を亡くしたばかりなのに」
まっしも「いいじゃないか、俺が忘れさせてやるよ」
ふぇでりか「まっしもさん・・・・」
このストーリーも終わりですか。

ペシャブル
スケーティングはうまくなっているというのはわかるのに、どうしてCDはあんなにも残念だったんでしょうか。ファビアンのツイズルのミスはもうデフォになっているんでしょうか。ナタリーの三つ網可愛い。ファビアンがどんどんズーリンに似てくる(´・ω・`)
ファビアンが(´・ω・`)ションボリン

テサモエ
ステップに五輪のときのようなキレが感じられません。大きなミスはありませんでしたが、ベストの演技とも言えないような感じです。テッサもちょっとだけふっくらしたような。
表現はコテコテなんですけど、動きがコテコテかといわれると・・・・・うーん。
わー70点だー。全部9.4以上とは・・・。

ホフノビ
せっかくのチャンスなのに、ツイズルでまたノビツキーが。
2年前を頂点にどんどん評価が下がってきているような。チャイサフ状態。

カペラノ
この組も・・・・・男しっかりしろ。
カッペちゃんのキスクラの表情がかわいすぎる。

CD23位のリード姉弟がOD14位でまさかの無双状態でした。かっけえ!!!!!
見事FD進出となりました。FDの滑走順は1番ですね。ルブシェフとの差が4点ということで、ちょっと厳しいものがありますが、漬物石となって他の組にプレッシャーを与えてほしいと思います。

後半のヨーロッパの組はミス連発でした。ラノッテ、ノビツキー、ファビアン、スカリ、ヨーロッパの男性陣がぐでぐでのツイズルでいずれもシーズンベストには届かないものでした。FDでは素敵な演技を見せてほしいものです。

テサモエ、メリチャリはすべて9点台で揃えました。
ジャッジはちょっと自重していたのか?と思いきや・・・・・まぁええけど。

今回でODも最後となりました。
ODさようなら(・ω・)ノ ノシシ~
Comment:0
2010
03.25

世界選手権 ペアリザルト

LP
1 Qing PANG / Jian TONG(中国)136.11
2 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)135.22
3 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)130.67
4 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV(ロシア)127.91
5 Dan ZHANG / Hao ZHANG(中国)126.58 PB
6 Jessica DUBE / Bryce DAVISON(カナダ)117.71
7 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(ロシア)112.26 PB
8 Caydee DENNEY / Jeremy BARRETT(アメリカ)111.95 PB
9 Amanda EVORA / Mark LADWIG(アメリカ)108.22
10 Anabelle LANGLOIS / Cody HAY(カナダ)100.32
11 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK(イタリア)95.20 PB
12 Maylin HAUSCH / Daniel WENDE(ドイツ)93.24
13 Vanessa JAMES / Yannick BONHEUR(フランス)90.98
14 Anais MORAND / Antoine DORSAZ(スイス)90.76
15 Joanna SULEJ / Mateusz CHRUSCINSKI(ポーランド)90.12 PB
16 Stacey KEMP / David KING(イギリス)87.73

RESULT
1 Qing PANG / Jian TONG(中国)211.39
2 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)204.74
3 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)203.79
4 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV(ロシア)197.39
5 Dan ZHANG / Hao ZHANG(中国)195.78
6 Jessica DUBE / Bryce DAVISON(カナダ)177.07
7 Caydee DENNEY / Jeremy BARRETT(アメリカ)172.47 PB
8 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(ロシア)172.04 PB
9 Amanda EVORA / Mark LADWIG(アメリカ)165.96
10 Anabelle LANGLOIS / Cody HAY(カナダ)154.72
11 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK(イタリア)149.78 PB
12 Vanessa JAMES / Yannick BONHEUR(フランス)146.58
13 Anais MORAND / Antoine DORSAZ(スイス)144.46
14 Maylin HAUSCH / Daniel WENDE(ドイツ)142.98
15 Joanna SULEJ / Mateusz CHRUSCINSKI(ポーランド)138.26 PB
16 Stacey KEMP / David KING(イギリス)132.87

なんたる失態、
昨夜「今2時だから、4時に起きれば第2グループから見れる~」
さっき「うお!6時前だ!」
というわけで、サフゾルとパントンしか見られなかったという。

パントン
ミスはパンちゃんのソロジャンプがダブルになったぐらいでした。
ソロスピンでのミスがありましたが、安定した演技でLPも1位での完全優勝、2度目の優勝を果たしました。
SPではスピンがレベル1になってしまうミスがありましたが、ステップではぬわああああんとレベル4!ペアでのステップレベル4って初めてでしょうか?すごいですよね。
スロージャンプを今シーズンミスしたところを見ていないんですよね。成功率調べてみよっと。
とにかくおめ!おめでとう!!!(*´∀`*)
SP9個 LP17個の9点台でした。今回も9点台カウントします。

サフゾル
サフ子のソロジャンプがシングルになりました。そのあとに大きなミスはなかったと思います。
最後までこのプログラムが微妙なままシーズンを終えることになってしまいました。パントン、シェンツァオには全敗を喫してしまったこのシーズン、来シーズン続けるしかないですよね?東京に(屮゚Д゚)屮カモォォォン
SP4個 LP14個

川スミ
SPではツイストで完璧ミスっていたのに、プラスつけてるジャッジがたくさんいますね。ちゃんと見ようよ。あとは取りこぼしが全然なかったからこれだけの点数が出ていたんですね。LPではスロークワドサルコウに挑んで転倒、スローループも転倒となりました。しかしこれだけのテクニカルが出るという。こちらは国や連盟から「辞めろ!」っていうのが出ているそうですけど、来シーズンも続けていってほしいものです。
SP2個 LP3個

ムホトラはスローのときにトランコフが投げた勢いで転倒してしまうというまさかのミスでした。あとはソロジャンプでのミスですね。今回自己最高順位になったので、今度はメダルを目指して。これがラストスケートなんて嫌でやんす。

ジャンジャンはノーミスだったそうですが、プレゼンテーションが出ないですね。シーズン序盤よりはかなり点数も上がってはきたんですけどね。パントンが引退すれば彼だけということになってしまいますね。ビン・ヤオさんの最後の目標である3組目の世界チャンピオンになってください!そして、ズエワはまともなプログラムを作ってください。

結局表彰台は、五輪の順番になったんですね。
みなさん疲れていらっしゃいましたが、実力者が上にきたという感じですね。

来シーズンの枠は
3枠 中国、ロシア
2枠 カナダ、アメリカ、ドイツ

ということになりました。アメリカは惜しかったですよね~。

今シーズンのペアは名作ぞろい、役者ぞろいの素晴らしいシーズンとなりました。素晴らしい演技もたくさん見ることができました。解散のペア、引退のペアさまざまですが、オフはゆっくり休んで来シーズンも素敵なプログラムを東京で見せてくれると信じています。
Comment:2
2010
03.25

世界選手権 男子SP

1 Q Daisuke TAKAHASHI(日本)89.30
2 Q Patrick CHAN(カナダ)87.80
3 Q Brian JOUBERT(フランス)87.70
4 Q Takahiko KOZUKA(日本)84.20 PB
5 Q Michal BREZINA(チェコ)81.75 PB
6 Q Jeremy ABBOTT(アメリカ)81.05
7 Q Adam RIPPON(アメリカ)80.11 PB
8 Q Samuel CONTESTI(イタリア)78.40
9 Q Denis TEN(カザフスタン)77.40 PB
10 Q Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)73.55
11 Q Sergei VORONOV(ロシア)73.42
12 Q Adrian SCHULTHEISS(スウェーデン)72.35 PB
13 Q Javier FERNANDEZ(スペイン)71.65 PB
14 Q Kevin REYNOLDS(カナダ)71.20
15 Q Florent AMODIO(フランス)68.31
16 Q Anton KOVALEVSKI(ウクライナ)67.60 PB
17 Q Viktor PFEIFER(オーストリア)59.95
18 Q Min-Seok KIM(韓国)59.80 PB
19 Q Jinlin GUAN(中国)59.45
20 Q Jamal OTHMAN(スイス)57.35
21 Q Ryan BRADLEY(アメリカ)56.10
22 Q Abzal RAKIMGALIEV(カザフスタン)54.60
23 Q Ari-Pekka NURMENKARI(フィンランド)54.45
24 Q Alexandr KAZAKOV(ベラルーシ)54.24 PB

25 Peter LIEBERS(ドイツ)54.09
26 Pavel KASKA(チェコ)50.55
27 Kevin ALVES(ブラジル)50.28
28 Nobunari ODA(日本)50.25
29 Boris MARTINEC(クロアチア)50.10
30 Matthew PARR(イギリス)49.31 PB
31 Peter REITMAYER(スロバキア)48.72
32 Zoltan KELEMEN(ルーマニア)46.94
33 Damjan OSTOJIC(ボスニア・ヘルツェゴビナ)45.30
34 Andrew HUERTAS(プエルトリコ)45.09 PB
35 Maciej CIEPLUCHA(ポーランド)44.30
36 Viktor ROMANENKOV(エストニア)44.17
37 Stephen Li-Chung KUO(中華民国)44.15
28 Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)42.37 PB
39 Mark WEBSTER(オーストラリア)42.30
40 Georgi KENCHADZE(ブルガリア)42.09
41 Tigran VARDANJAN(ハンガリー)39.30
42 Sarkis HAYRAPETYAN(アルメニア)39.02
43 Maxim SHIPOV(イスラエル)38.26
44 Humberto CONTRERAS(メキシコ)37.33
45 Ali DEMIRBOGA(トルコ)36.39 PB
46 Girts JEKABSONS(ラトビア)31.79
WDR Joffrey BOURDON(モンテネグロ)
WDR Artem BORODULIN(ロシア)

ボリスなんとかくん
襟足の色変だよ。
わかりやすい曲でわかりやすーく滑っていました。観客のテンション(子供だけど)がめっちゃ高かったです。前半のグループでこんなに盛り上がってるんだから後半が恐ろしいことになりそう。演技終了後、倒れこみました。
めっちゃ盛り上がったのに点数のびねええええええ。

ミンソクくん
ここまでの選手で3Aを初めて決めました。
他のジャンプもなんとか。ガッツポーズをして泣いていました。
ジュニアワールドの雪辱は果たせたでしょうね。
パーソナルベスト更新で泣きまくりです。がんがった!

フェルナンデス
ジャンプは安定しまいますね。3T-3Tというのが残念ですが。
1か月の間にまたうまくなったな~と思いました。ステップもスピンもそうですね。

アモディオ
アクセルはステップアウト、3-3の流れが素晴らしいですね。プラスがたくさんつきそうです。あいかわらず音拾いまくりの素晴らしいサーキュラーステップ。スピンでミスがありましたね。

チャッキー
青いシャツで、髪も切りました。
4-3は入りましたが、アクセルがシングルになりましたね。それにしても、表現力がなくて、スケーティングが残念すぎたチャッキーが、いきなりこんなに力を伸ばしてくるとは思いませんでした。このプログラムも粋でストーリー性があって楽しいですよね。
プレゼンテーションの評価もよくなっていますね。よかったよかった。

ボロデュリン
エッジが割れた・・・だと?なんたる不幸。
しかもこのまま棄権なんか・・・・・。せっかくイタリアまで来たのに。

シュル太
いきなり滑ることになって大変です。
今日はクワドは無しで、3Lz-3Tにしてきました。アクセルはきれいに決まりました。
この曲調を滑り切る表現力と体の使い方はできていないとは思いますが、決しておかしいわけではないですよね。「これもアリ」だと思います。あいかわらずフィニッシュの仕方自重www
金色の帽子をかぶるシュル太に笑いました。めちゃくちゃ似合わないですね。
今日もコーチが素敵でした。パーソナルベストおめ!

ブラッドリー
髪切ったんですね。素敵です。
転倒(´;ω;`)アクセルもダブルになりました。
少し体が細くなったような気がします。いつもの元気を感じられないです。やはり怪我の影響は大きかったんでしょうね。そもそも大会に出てこられるような状態ではありませんからね。
LP滑られずに帰るなんて・・・・・アマデウス見たかった。

アボットくん
美しい3-3、アクセルをこらえて、美しいルッツ。めちゃめちゃ緊張していたのが、ジャンプの終了とともに弾けて、ものすごい勢いでサーキュラーステップに入っていきました。すごいシャープなエッジ使いでかっこよかったです。いい演技でした。大きな国際大会でなかなか力を発揮できないことが続いていましたが、実力を見せつけてくれましたね。
そしてあくまでも冷静で上品なダンジェン&有香さん。
プレゼンテーションがそれほど伸びませんでしたね。スケーティングスキルは7.5以上でしょ~。

ヴォロノフ
4-2なんとか、アクセルなんとか、フリップはeマークつくようなフリップだったと思います。曲が曲なのでしょうがないとは思いますが、足元ががつがつしすぎだと思います。氷のしぶきがたくさん跳んでいます。2つ目のステップはポーズがきまっていてかっこよかったです。
結局毎年枠取りを彼に託さないといけないロシア。でも冷遇。ひどい話だ。
なんとなくクワド跳んだ人は評価されている雰囲気。

こづ
クリーンな3Lz-3T、美しい3A、3Fも確実にきめました。
1つ1つのエッジの使い方がさらにクリーンになって、音の拾い方もシーズン序盤に比べ抜群によくなりました。スピン、ステップ、ジャンプすべてが完璧だったと思います!
ガッツポーズ!点数すげええええええええええええ!!!PBですね。

ノブナリ
アクセルもルッツもフリップもシングルに・・・・・(´;ω;`)
ストレートラインステップでもスタンブル。
フリー進出ならず・・・。
これで叩かれるんでしょうね。何も悪いことしてないのに。

Pさん
ジャンプはノーミスです。
ものすごいストロングエッジで滑っていきますね。今回は五輪のような小さなミスも全然ありませんでした。
ただ、もう少し曲の特徴をとらえて滑ってほしいですね。「たしかにすごいけど・・・」っていう感じなので。
正直言って前の滑走者のことがショックでちゃんと見られませんでした。

橋くん
3-3なんとか、アクセルキレイ、ルッツふんわり。
えっとここは国内ですか?レベルのきゃーきゃー。まぁ日本からもお客さんは来ているんでしょうけど、それでもすごい歓声で盛り上がっていますね。
ここ最近のワールドではSPでミスをしてしまうことが多かったですけれど、ワールドタイトルを掴む1番のチャンスでこれだけの演技ができるのは、本当に素晴らしいと思います。
なんかアクセルより3-3の方がネックになっているような。でもこの時点で1位!

なんかイタリアの観客狂ってるんだけど「イタリア!イタリア!イタリア!」って。
引率教員しっかりしる。

コンテ
去年の衣装の上にサロペットという組み合わせ。チェックのシャツの方が田舎くさくてよかったんですけど、動きにくかったんでしょうか。
ジャンプは根性で耐えた!という感じでした。ガッツポーズ出たよ!観客パネェ!
スカリとカメレンゴさんも応援してました。

ジュベ
4-3 アクセル ルッツ ルッツの直後にガッツポーズ!!!
いつもより余計に上半身動かしまくっております。
これが本来のブライアン・ジュベールなんですよね。ステップレベル4って何それ?美味しいの?と言わんばかりの圧倒的なジャンプ!!!存在感!!!最高だった。
点数ひっく。どっちらけ~。会場もブーイング!僕もブーイング。

ケビンさん
4-3キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
でもアクセルで派手に転倒してしまいました。しかし、現役最後の試合で4-3きめるなんて恐ろしい。演技終了後、彼はガッツポーズをしていました。満足のいく滑りができたのでしょうね。お茶汲みステップももうすぐ見おさめですね。

ミハル
3A、3Lz、恐ろしい勢いと高さの3F-3Tとジャンプはキレイでした。
シーズン序盤は「微妙・・・」と思っていましたが、板についてきたように思います。立派なチェコのエースに成長したのではないでしょうか。2枠よろしく!

りっぽんぽん
ふんわり3F-3T、アクセルはオーバーターンでした。ここの観客はスピンで湧くんでしょうか、きっとランビが出ていたら発狂していたことでしょう。3つ目のジャンプは美しいタノルッツ。ステップの音楽表現がシーズンの初めに比べてさらによくなっていますね。腕の使い方がキレイ。点数が出たときの反応がかわいらしいですね。

テンくん
ジャンプはミスがありませんでした。ただ、フリップはアウトサイドになっていると思います。コンビネーションスピンのビールマンへの移行前に入れるウインドミルが好きです。レベルを上げる特徴にはならないんですけど、そういう工夫がいいですよね。ストレートラインステップやべぇ超盛り上がる!最終滑走の空気の中で若いのにこれだけの演技ができるのはすごいです。4連戦で疲れているだろうにね。


橋くん1位、こづ4位と日本勢はこのままでいくと3枠確保になりますね。メダル圏内ですしがんばってほしいです。今回強さを見せてくれたのはジュベですね。強いジュベールが戻ってきて本当にうれしいです。ミハル、りっぽんぽん、テンくんと若い世代もがんばっています。アメリカは3枠ギリギリのラインですね。がんばれ!

ノブナリは28位とSP落ちとなりました。さすがにあそこまでミスが出てしまうとしょうがないですね。
モロゾフがアメリカを引き上げて、ロシアに戻るそうです。安藤さんはついていくそうですが、ノブナリはどうするんでしょうか。僕はわざわざロシアまでついていっても、生徒をたくさん抱えている彼からはもう学ぶことは多くないと思うので、別のコーチを探した方がいいと思います。せっかくバーケルさんに「いつでも戻ってこい」と言われたのだから、素直に戻ればいいと思いますし、売れっ子ウィルソンは大変だと思うけど、男子にはりっぽんぽんぐらいしか振り付けはしていないので、いいんじゃないかと思います。
こんなところでへこたれちゃダメな選手です。アホなやつらがバッシングしてくると思うけど負けたらアカンで!


さぁ後はフリー。
これで見おさめの選手、メダルを取りたい選手いろいろいます。
みなさんがそれぞれの力を発揮してくれることを切に祈っています!
みんなニコニコ神演技(*´∀`*)
Comment:0
2010
03.24

世界選手権 ペアSP

1 Qing PANG / Jian TONG(中国)75.28 PB
2 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)73.12
3 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)69.52
4 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV(ロシア)69.48
5 Dan ZHANG / Hao ZHANG(中国)69.20
6 Caydee DENNEY / Jeremy BARRETT(アメリカ)60.52 PB
7 Vera BAZAROVA / Yuri LARIONOV(ロシア)59.78 PB
8 Jessica DUBE / Bryce DAVISON(カナダ)59.36
9 Amanda EVORA / Mark LADWIG(アメリカ)57.74
10 Vanessa JAMES / Yannick BONHEUR(フランス)55.60 PB
11 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK(イタリア)54.58 PB
12 Anabelle LANGLOIS / Cody HAY(カナダ)54.40
13 Anais MORAND / Antoine DORSAZ(スイス)53.70
14 Maylin HAUSCH / Daniel WENDE(ドイツ)49.74
15 Joanna SULEJ / Mateusz CHRUSCINSKI(ポーランド)48.14
16 Stacey KEMP / David KING(イギリス)45.14

17 Huibo DONG / Yiming WU(中国)43.08
18 Maria SERGEJEVA / Ilja GLEBOV(エストニア)41.94
19 Lubov BAKIROVA / Mikalai KAMIANCHUK(ベラルーシ)41.44 PB
20 Amanda SUNYOTO-YANG / Darryll SULINDRO-YANG(中華民国)41.28
21 Jessica CRENSHAW / Chad TSAGRIS(ギリシャ)40.36 PB
22 Ekaterina KOSTENKO / Roman TALAN(ウクライナ)39.18
23 Nina IVANOVA / Filip ZALEVSKI(ブルガリア)36.84
24 Gabriela CERMANOVA / Martin HANULAK(スロバキア)35.18
25 Danielle MONTALBANO / Evgeni KRASNOPOLSKI(イスラエル)32.02 PB

5時に起きました。

ランヘイ
ツイストで抱え込むようになったのでマイナス2ぐらいついてしまうと思います。スローは転倒でした。
サーキュラーステップがとてもステキなんですよね。いい振り付けです。さすがディーバ。
前半の2つのミスから、動きがもっさりしてしまったのが残念です。

サフゾル
きれいなスローフリップから。ソロジャンプでロビンがダブルになりました。ツイストも高さがそれほどないですし、ソロスピンもズレていました。
やっぱり音楽表現は素晴らしいですね。それだけにミスの多さがとても残念です。
それでも69点が出るのはすごいですよね。

ジャンジャン
スローの流れはややありませんでしたがなんとか、サルコウはキレイにきまりました。ボロモロがいない今、ツイストの高さは1番ですね。ソロスピンのズレが無いんですよね。中国なのにですよ。ビックリです。
ショートカットのダンちゃんがかわいいです。ああかわいい。かわいいは正義。
2位とか・・・

川スミ
ツイストで思いっきり抱え込むようになってしまいました。スローの着氷もなんとかという感じでした。いい演技とは言えなかったですね。
それでも点数が高いです。

ムホトラ
今日1番のできではなかったでしょうか。
流れるようなスローと高いツイスト、若干トランコフの振りがわやくそ感漂っていましたけど、良かった。でも、リフトの下ろすところミスしてるのが痛かった。
これがラストスケートにならないことを祈っています。
会場からはブーイングの嵐。トランコフのキスクラの態度むっすーって。

パントン
ソロジャンプで2人が離れてしまったのと、パンちゃんのジャンプがかなり低かったんですけど、なんとか大丈夫でした。ツイストの高さ、スローは+3がついてもいいような素晴らしいものでした。やや疲れ気味だったとは思いますが素晴らしいプログラムです。納得の1位です。

デュベデビ
ソロジャンプの転倒がありました。もうダブルアクセルでいいじゃんとも思うんですが。
スローはきまったんですけど、全体的にぐちゃぐちゃっとなってしまいました。デュベの体もちょっとふとましいことに。
ここも解散のうわさが出ているだけに・・・残念。

五輪組はみんな疲れが出ている演技でした。
パーソナルベストに五輪のスコアが含まれていないのはなぜなの?
五輪ってISUの主催だよね?しかもペアだけされてないし。
マジISUありえんな。仕事ぐらいしろや。点数変えるなんて、中学生でもできることができんのか!

LPに進めるのは16組だけになったので、ちうごくとかグレボフくんとか(´;ω;`)
マジでクソな改正ですよね。ダンスも20組しかFDを滑れないので、リード組は3組抜かさないとFDに進めないんですよね。どうしてここまでダメなんだISU。バンケットもないし。選手にマイナスのことばーっかり。
ルールに負けずにみんながんばれ!!!


Comment:0
2010
03.24

世界選手権 最後のアイスダンスCD

1 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)44.13 PB
2 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)43.25 PB
3 Federica FAIELLA / Massimo SCALI(イタリア)40.85 PB
4 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)37.75 PB
5 Jana KHOKHLOVA / Sergei NOVITSKI(ロシア)37.70
6 Sinead KERR / John KERR(イギリス)37.56 PB
7 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)34.05
8 Alexandra ZARETSKY / Roman ZARETSKY(イスラエル)33.79
9 Vanessa CRONE / Paul POIRIER(カナダ)33.32
10 Emily SAMUELSON / Evan BATES(アメリカ)32.61
11 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)32.43
12 Anna ZADOROZHNIUK / Sergei VERBILLO(ウクライナ)31.66 1
13 Nora HOFFMANN / Maxim ZAVOZIN(ハンガリー)31.47
14 Kimberly NAVARRO / Brent BOMMENTRE(アメリカ)31.36
15 Pernelle CARRON / Lloyd JONES(フランス)30.55 PB
16 Ekaterina RUBLEVA / Ivan SHEFER(ロシア)30.53 PB
17 Xiaoyang YU / Chen WANG(中国)28.42
18 Lucie MYSLIVECKOVA / Matej NOVAK(チェコ)26.95
19 Kira GEIL / Dmitri MATSJUK(オーストリア)26.69
20 Caitlin MALLORY / Kristjan RAND(エストニア)26.62
21 Carolina HERMANN / Daniel HERMANN(ドイツ)26.36
22 Allison REED / Otar JAPARIDZE(グルジア)26.07
23 Cathy REED / Chris REED(日本)24.78
24 Christina CHITWOOD / Mark HANRETTY(イギリス)24.70 PB
25 Katelyn GOOD / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)22.56
26 Danielle OBRIEN / Gregory MERRIMAN(オーストラリア)21.07
27 Jenette MAITZ / Alper UCAR(トルコ)17.36 PB

リトアニア出てない・・・・・

キャロジョ
キャロンの衣装がすごいです。色味といいデザインといい、80年代アイドルの香りを感じます。ジョーンズのエッジの使い方ががつがつしてました。ワルツのリズムにも合っていないし、キャロンにも合ってない。リードのできてなさもすごい。

アリソン組
第3セクションで足がばらばらに。キャシーはそれなりに合っていますが、ヤパリーゼの足並みがワルツの1・2・3というリズムに合っていないです。男性の技術力が露骨に現れてしまう恐ろしい課題ですね。

ホフザヴォ
ここまでのカップルと比べるとレベルが違う上手さですね。
この組はタンゴの方が似合うと思っていたんですけど、ワルツもいいですね。
まあそんなことよりも、ホフマンのおっぱいがいいです。

リード組
クリスの衣装はちょっと・・・。
第2セクションでいきなりの転倒、しかも2人とも転倒ですからね。CDでの転倒はディダクションだけではなく、全ての減点につながりますからね。
24点台でした゜・(つД`)・゜・

ボブソロ
ボブロワの衣装似合ってないですね。青いドレスがかなりダメです。ソロビエフもドレスに色を合わせて、青いチーフやタイをつけていますが、それがまたミスマッチです。
1週目よりも2週目の方が音楽に合っていたと思いますが、この組もちょっとがつがつしているような気がします。

クロポー
ヴァネッサのスカートがめちゃくちゃかわいい。
この2人は明るい音楽の方が似合うんですよね~。滑りのパターンが大きくてほれぼれします。ただ、後半になると伸びなくなるんですよね。難しい課題というのがよくわかります。これから順調に育っていってほしいです。

サミュベイ
ベイツさんのワルツのくるくるするところがイマイチ。あとは良くも悪くも普通。

カーズ
いきなり格の違う滑りを見せてくれました。始まりのスピードがすごいのと緩急の付け方が上手なんですよね。やっぱりイギリス人ってワルツがいいんでしょうか。ステキでした。

テサモエ
滑りがなめらかで、後半になってもスピードが落ちなくていいと思うんですけど、ちょこちょこ粗いんですよね。それからワルツの雰囲気が無いと思います。上手に滑っただけという印象でした。これで引退なんて許さない。

ペシャブル
ナタリーの衣装がちょっとババくさい。おばあちゃんがもってる風呂敷みたいな色。
どの課題でも微妙・・・ワルツに見えないです。
この組はCD廃止歓迎でしょうね。続けるか分かりませんが。

カペラノ
カッペちゃんのスカートがすごくかわいいです。かわいいは正義です。
会場の歓声がやばい。社会科見学の子どもたちみたいなのも発狂してます。
昔よりはよくなったと思いますが、片方のエッジで長い間滑るとなると、スピードが落ちて、ちょっと残念なことになりますね。

ホフノビ
ホフロワのスカートの色もそうだけど、何よりノビツキーの衣装がひどいです。CDでこれまでヒドい衣装を見たことがかつてありません。青のスーツって。艦長って感じ。
この組も滑りのパターンが大きくないですね。ステップ21~23のところは大きくエッジを使わなければスピードが落ちてしまうんですが、見事に失速してしまっていました。この組も課題はスケーティングでしょうね。

メリチャリ
ちょっとがつがつしているように見ましたが、スピードは落ちませんし、何よりワルツの雰囲気を感じたのが良かったです。勢いでまだまだごまかしているようにも見えないこともないんですけどね。

ファイスカ
いよいよ最後の組。これが最後のコンパルソリー。
音楽表現はステキだと思うのですが、ちょっと音楽に合っていないように感じました。特に第3セクションのところが音とバラバラだったように思います。
これでおしまいですね。

1891年にヨーロッパ選手権が始まってから、シングル競技のコンパルソリーを含め119年間のコンパルソリーの歴史が幕を閉じることになります。これが技術の進歩、時代の変化となるのか、単なるスケーティング技術の劣化を招くことになるのか、それはこれからの選手のみなさんの腕にかかっているわけですね。

楽しいCDをたくさん見られて良かったです。そしてこの時代に生きられて良かったです。

Comment:0
back-to-top