2009
11.26

ルタイの処分

ルタイの処分がきまったそうです。

・ナショナルチームからさよなら
・1年間出場停止

だそうです。
永久追放されなくてよかったですね。

これで五輪は完全になくなりました。
モチベーション下がって、やめるってことにはならないんでしょうか。


Comment:0  Trackback:0
2009
11.26

ジュベ、ファイナル欠場

えっと、こんな記事三連投したくないんですけど・・・・・。

ジュベはジャンプを練習して、右足をケガしたそうです。
足に刺したっていうぐらいだから、この後のことも心配です。ナショナルも出られないんでしょうね。

あああああああああああああああああもうやだ。

トラが補欠でくることになりました。

これ以上棄権出るのはやめて!
お願いだからケガしないで・・・・・
Comment:4  Trackback:0
2009
11.26

ホフノビ、ファイナル欠場

ええええええ~

ホフノビもこんのかい。

補欠はクロポワになりました。

これぞ五輪シーズンのファイナルですね。
Comment:0  Trackback:0
2009
11.25

ベルアゴ、ファイナル欠場・・・・・

うわ・・・・・・
一気にテンションが下がるわ~

ケガかと思えば、タニスの親知らずて。
親知らずて
親知らずて

ベルアゴ見られる最後のチャンスだったのに。

なんで今治療をしたの???
Comment:4  Trackback:0
2009
11.23

全日本ジュニア選手権 男女最終結果

リザルトだけですが。

男子Result
1 羽生結弦 宮城FSC 194.15
2 中村健人 明治神宮外苑FSC 186.21
3 宇野昌磨 グランプリ東海クラブ 148.04
4 日野龍樹 武蔵野学院 147.36
5 板井郁也 武蔵野学院 143.61
6 田中刑事 倉敷FSC 141.97
7 坪井遥司 岡山FSC 141.22
8 木原龍一 中京大中京高校 139.24
9 野添紘介 飯塚フィギュアクラブ 138.81
10 中村智 長野東高校 135.35

きのこが初優勝じゃないですね2連覇ですね。
LPは2位だったんですが、SPの圧倒的なリードで優勝です。
これで問題なく世界ジュニアにも内定となるでしょう。
健人のおいあげもよかった。
情けないと言ったら失礼ですけど、ノービスの昌磨に負けるとは情けなす・・・・・。
リュージュ復活おめ!

女子Result
1 村上佳菜子 グランプリ東海クラブ 165.85
2 今井遥 日本橋女学館 143.97
3 藤沢亮子 飯塚フィギュアクラブ 135.27
4 宮原知子 京都醍醐FSC 130.99
5 友滝佳子 倉敷FSC 130.58
6 毛間内かれん 日本橋女学館 129.42
7 加藤利緒菜 関西スケーティングC 124.38
8 近藤里奈 グランプリ東海クラブ 123.76
9 大庭雅 名東FSC 122.93
10 庄司理紗 明治神宮外苑FSC 120.89

佳奈子がぶっちぎり優勝です。DGもあったそうですけど、これでこちらも問題なく世界ジュニア内定でしょうね。
今井が2位、藤澤が3位と順当といえば順当な表彰台になりました。
毛間内が6位、押川が11位となんとも煮え切らない結果に。
去年2位の鈴木は22位でした。
この年齢から安定するのは難しいですね。

上位4位がナショナルに出られるんでしょうかね?
ノービスの選手は出られないのでしょうが、楽しみです。
Comment:0  Trackback:0
2009
11.23

スケートカナダ アイスダンス最終結果

最終順位のみで

1 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)204.38
2 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)185.07
3 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)165.64
4 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)161.68
5 Emily SAMUELSON / Evan BATES(アメリカ)160.76
6 Madison HUBBELL / Keiffer HUBBELL(アメリカ)141.63
7 Carolina HERMANN / Daniel HERMANN(ドイツ)141.61
8 Andrea CHONG / Guillaume GFELLER(カナダ)128.70

眠いですね~。

テサモエ
テッサの衣装替わりました!スカートは演技しているときはヒラヒラの方がいいと思うので正しかったと思います。ストレートラインリフトは変えたほうがいいと思います。3つ目のリフトはすごくステキだと思うので、なぜやめろと言われるのかがワカラナイ。演技の最後のカナディアン絶叫で演技の余韻に浸れないのが残念。
プロトコルを見るとですね、10.0出ましたね。9点台も16個出ました。ここまで来るともう笑うしかない。でも、地元だからまぁ100歩譲ってOK。表彰式のO Canadaがメチャクチャゴージャス。

ペシャブル
やっぱりよく分からないプログラム。滑り込むしかない。ファビアンが顔の落書きやめてますね。その調子で衣装も髪型も変えてしまおう。

ウィポジェ
メリチャリよりもこっちのオペラ座の方が好きです。ロマンティックだし、なんてったって美形ですもん。リフトも曲想とらえてた物多かったです。

ブルシェフ
プレゼンテーションたっか。

サミュベイ
ステップでエミリーが躓きました。2回も。それで点数伸びませんでした・・・・・。残念。

表彰式風景微笑ましかったです。スコット、身長が低すぎてちょっと埋もれ気味でした。

ダンスもファイナル組が確定
メリチャリ、テサモエ、ベルアゴ、カペラノ、ペシャブル、カーズということになりました。
点の出方からして、表彰台はきまっているようなものなんですけど、楽しんできます。

以下スケートと関係ないこと続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2009
11.22

スケートカナダ 女子最終結果

LP
1 Joannie ROCHETTE(カナダ)112.90
2 Laura LEPISTヨ(フィンランド)102.78
3 Mirai NAGASU(アメリカ)100.49
4 Alissa CZISNY(アメリカ)100.01
5 Akiko SUZUKI(日本)94.62
6 Amelie LACOSTE(カナダ)86.03
7 Sarah HECKEN(ドイツ)78.90
8 Caroline ZHANG(アメリカ)77.88
9 Cynthia PHANEUF(カナダ)76.90
10 Jenna MCCORKELL(イギリス)76.02
11 Joshi HELGESSON(スウェーデン)67.93

Result
1 Joannie ROCHETTE(カナダ)182.90
2 Alissa CZISNY(アメリカ)163.53
3 Laura LEPISTヨ(フィンランド)158.52
4 Mirai NAGASU(アメリカ)156.83
5 Akiko SUZUKI(日本)147.72
6 Amelie LACOSTE(カナダ)141.13
7 Cynthia PHANEUF(カナダ)132.48
8 Caroline ZHANG(アメリカ)132.46
9 Sarah HECKEN(ドイツ)124.40
10 Jenna MCCORKELL(イギリス)123.50
11 Joshi HELGESSON(スウェーデン)108.41

んーと。
まぁヒドいジャッジたちですね。
あっこちゃんとキャロラインかわいそう。
表彰台のみなさんおめでとうございます。

ファイナルはジョアニー、ユナ、安藤さん、あっこちゃん、ワグナー、レオノワとなりました。
みなさんステキな演技を見せてくださいね。

あとは特にないです。
書こうとも思いません。
Comment:4  Trackback:0
2009
11.22

スケートカナダ 男子最終結果

おめおめ

LP
1 Daisuke TAKAHASHI(日本)155.01
2 Jeremy ABBOTT(アメリカ)153.99
3 Alban PREAUBERT(フランス)139.98
4 Samuel CONTESTI(イタリア)134.95
5 Michal BREZINA(チェコ)130.40
6 Patrick CHAN(カナダ)130.13
7 Stephen CARRIERE(アメリカ)128.91
8 Armin MAHBANOOZADEH(アメリカ)121.18
9 Denis TEN(カザフスタン)117.88
10 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)109.68
11 Joey RUSSELL(カナダ)106.89 PB
12 Jeremy TEN(カナダ)103.82

Result
1 Jeremy ABBOTT(アメリカ)232.99
2 Daisuke TAKAHASHI(日本)231.31
3 Alban PREAUBERT(フランス)212.28
4 Michal BREZINA(チェコ)202.32
5 Samuel CONTESTI(イタリア)202.25
6 Patrick CHAN(カナダ)198.77
7 Denis TEN(カザフスタン)193.33
8 Stephen CARRIERE(アメリカ)188.31
9 Armin MAHBANOOZADEH(アメリカ)186.48
10 Joey RUSSELL(カナダ)168.71 PB
11 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)168.54
12 Jeremy TEN(カナダ)148.96

アボットくん
クワドを見事に成功させました。ステップアウトなどのミスはありましたが、それなりにもとめた演技。中盤にルッツを跳んでいるんですけど、これは回転不足っぽいと感じたジャッジが多かったんでしょうか。衣装を結婚式の新郎みたいなやつにしてきました。めちゃくちゃ似合ってます。いや~もうこのプログラムいいわ~。ジャンプ決めてくれれば。ファイナルも楽しみです。

高橋くん
LP1位で総合2位となりました。クワドは回避と見ていんでしょうか?挑んだような回転をやめたような微妙なジャンプでした。この大会ではアクセルの軸がしっかりしていました。特にLPの2本目のアクセルは見事でした。後半のサルコウとループがダメになりましたが、ザヤらず演技を終えることができていました。ここで課題になったのは取りこぼしですね。スピンはSPとLPあわせて1個しかレベル4がないですし、ステップも2がほとんどです。レベルをあなどることなかれ、レベルが1個違うごとにかなり点数変わってきますから。あと、何回もいいますけど、本当に上向きキャメルはやめたほうがいいと思います。回転が遅すぎてマイナスとられますし。上向けてないし。愛されプレゼンテーションでしたが、ここは誰も叩かないんですね。Pさんのときはすごかったのに。

プレ男
ここのジャッジはプレ男が好きなんですかね?フランスでやるよりも点数がいいです。北米と欧州の価値観ってイマイチ合わないんですけど、プレ男の演技は大うけでした。クワド回避したのが残念でしたけどね。スピンも取りこぼしがすごい。演技終了後にアニックさんがリンクサイドでガッツポーズしてたんですけど、その隣にテンくんがいました。絶対プレッシャーかけてた。

ブレジナ
SPに続いて、プログラムの滑りこみっていう点ではNHK杯よりも遥かによかったと思いますが、ジャンプが乱れましたね。高さがあるもののランディングがダメだったりとか。

Pさん
3コケしてしまいました。やはりケガ上がりはこんなもんでしょうか。アクセルはすごい変なコケ方でしたが足を痛めていませんかね?今回はフリップにeマークがつきました。今までもアウトな感じだったので、今回ようやくといった感じ。地元なのにね。前半のサーキュラーはエッジの使い方も大きくてよかったんですけど、転倒の続いた後半のストレートラインはかなり小さいエッジ使いでした。残念。やはりパフォーマンスでは大きく点数が下げられています。そのほかは結構ありますが。おおむね納得できる点数です。

Pさんの新たな面白発言に対して、Pさんにダブルスコアつけるような大人がガヤガヤ言っていますが、ただの発言として流せないのかな~。ホンマにPさん叩きヒドかった。

今回の結果によりファイナル進出者が確定
ノブナリ、ライサ、ジュベ、アボットくん、高橋くん、ジョニーとなりました。
波乱でしたが、終わってみればかなり順当なメンツになりましたね。
ファイナルが楽しみです。
Comment:2  Trackback:0
2009
11.22

スケートカナダ ペア最終結果

LP
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)132.55
2 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV(ロシア)119.91
3 Jessica DUBE / Bryce DAVISON(カナダ)109.03
4 Anabelle LANGLOIS / Cody HAY(カナダ)104.43
5 Caydee DENNEY / Jeremy BARRETT(アメリカ)101.63
6 Kirsten MOORE-TOWERS / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)95.77 PB
7 Caitlin YANKOWSKAS / John COUGHLIN(アメリカ)91.19
8 Ksenia OZEROVA / Alexander ENBERT(ロシア)73.08

Result
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)206.71 PB
2 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV(ロシア)185.71
3 Jessica DUBE / Bryce DAVISON(カナダ)166.93
4 Anabelle LANGLOIS / Cody HAY(カナダ)159.95
5 Caydee DENNEY / Jeremy BARRETT(アメリカ)157.09
6 Kirsten MOORE-TOWERS / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)146.91 PB
7 Caitlin YANKOWSKAS / John COUGHLIN(アメリカ)143.61 PB
8 Ksenia OZEROVA / Alexander ENBERT(ロシア)113.36

おはようございます。寝過ごしました。
目が覚めると、ペアが始まってました。

サフゾル
新しいプログラムに変えてきました。しっとり系のプログラムでした。今シーズンはしっとりプロ多いので、前のでいいと思うんですけどね~。アクセルがシングルになってしまいましたが、3T+3Tのシークエンス、スロー2本もかつてないほどキレイにきまりました。後半は滑り込みが足りないのか、少し慎重になっていたように感じます。特にデススパイラルとスパイラルはイマイチでした。
プロトコル見たんですけど、えらいことになってますね。パフォーマンスの項目に「10.0」がありますね。他にも9点台がちらほら。ちらほらというか13個も9点台が。しかも9.75とか。SPも10個あります。朝からワロタ。

ムホトラ
スローループの前の時間にトラさんの足のうらで衣装を固定していた紐が切れてしまいました。そのため2点の減点となりました。すごいもったいないですね。でも、ここから決めるのが今シーズンのムホトラ、直後のスローループも後半のスローサルコウもお見事。ソロスピンぐらいから疲れ気味かな?って思いました。ユニゾンもスピードもイマイチになってきて。でも、点数はちょっと厳しいですね。4番ジャッジ、ジュニアみたいな点出してるし。

デュベデビ
ジャンプはスロールッツ以外はミスしました。ジャンプミス多いですね。2008年のワールド以来いい演技を見ていないような。最後のスピンもノーカンになってしまいました。かなりぐちゃぐちゃってなって、スピードもありませんでした。5番ジャッジは絶対カナディアン。

ランヘイおつかれさまです。眠かったです。

デニバレは良かったと思います。エレメンツの質も良かったし、何よりスピードがいいですよね。でも、でもでもでも・・・・・・・プラスがついてない。つけられるべきところにプラスがない。プレゼンテーションもひどい評価。3点台って、ノービスかよ。明らかに見る限りランヘイより上の順位にいるべき。意味分からん。

というわけで、次は男子です。
まともな点数カモーン。
Comment:0  Trackback:0
2009
11.21

スケートカナダ 男子SP

ジェレミー2人、テン2人がいる大会です。
それがどうした。

1 Jeremy ABBOTT(アメリカ)79.00
2 Daisuke TAKAHASHI(日本)76.30
3 Denis TEN(カザフスタン)75.45 PB
4 Alban PREAUBERT(フランス)72.30
5 Michal BREZINA(チェコ)71.92
6 Patrick CHAN(カナダ)68.64
7 Samuel CONTESTI(イタリア)67.30
8 Armin MAHBANOOZADEH(アメリカ)65.30
9 Joey RUSSELL(カナダ)61.82 PB
10 Stephen CARRIERE(アメリカ)59.40
11 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)58.86
12 Jeremy TEN(カナダ)45.14

後半グループの6分練習のときに起きたのでそこから。

アボットくんが首位。
ジャンプに流れがちょっと無かったんですけど、スケーティングやステップはさすが、いいプログラムですしね。トランジション6点台なのが意味分かりません。

高橋くんは3-3のセカンドが半回転ぐらい足りてなかったです。彼は3Fが乱れても3Tを無理矢理跳ぶってことが多いですよね。んでDGされるっていうパターン。結構あったような。あとのジャンプはいつもの彼でした。リンクが狭いのかステップがかなり慎重でした。特にサーキュラーが弾けきれてないというか、滑りも小さかったな~と。ちょっと残念でした。GOEもプラスがあんまりついてないんでしょうね~。

テンくん見て無いんですけど、いい点出てますね。

プレ男は珍しくアクセルの軸がよくて、高さも出ていました。これはプラスがついてそうです。ループが低かったのが残念です。ストレートラインの前の小芝居がカナディアンにバカうけで笑いを誘っていました。んでもって、手拍子手拍子で大盛り上がり。こういう演技は見ていて気持ちいいです。ジャッジも空気読んで7点台出してます。

ブレジナはアクセルがちょっと流れなかったですけど、減点ではないです。他のジャンプはよかった。NHK杯のときよりも音楽にのれていて、いいな~と思っていたんですけど、点数がそんなに伸びませんでした。やっぱり高橋くんとアボットくんの後はいやだな~。

Pさんはgdgd。アクセル転倒、3-3が3-2に。足換えシットでもスタンブルでした。それでも68点になって後半グループに入ることができました。まだまだ本調子ではないんでしょうかね。

この採点見て思ったんですけど、プレゼンテーションのつけ方がどうも雑い。演技を見ているのか選手の格でつけているのか。見え見え。もっと演技見ろ!!!女子で特にそうだったけど、TRの項目ばっかりバカみたいに低い点数をつけるな!
こういうきな臭い採点だと、一般人離れてくよ。
Comment:2  Trackback:0
back-to-top