2009
10.31

中国杯 男子最終結果

LP
1 Nobunari ODA(日本)156.23
2 Evan LYSACEK(アメリカ)151.37
3 Sergei VORONOV(ロシア)138.99
4 Samuel CONTESTI(イタリア)135.77
5 Stephen CARRIERE(アメリカ)129.84
6 Yannick PONSERO(フランス)128.47
7 Kevin REYNOLDS(カナダ)128.35
8 Chao YANG(中国)124.89 PB
9 Jinlin GUAN(中国)121.25
10 Denis TEN(カザフスタン)118.58
11 Armin MAHBANOOZADEH(アメリカ)116.99
12 Ming XU(中国)102.55

最終順位
1 Nobunari ODA(日本)239.58
2 Evan LYSACEK(アメリカ)232.17
3 Sergei VORONOV(ロシア)220.39 PB
4 Samuel CONTESTI(イタリア)207.85
5 Yannick PONSERO(フランス)195.12
6 Stephen CARRIERE(アメリカ)195.08
7 Chao YANG(中国)189.99 PB
8 Kevin REYNOLDS(カナダ)188.47
9 Jinlin GUAN(中国)187.95
10 Denis TEN(カザフスタン)182.63
11 Armin MAHBANOOZADEH(アメリカ)176.53
12 Ming XU(中国)163.57

映像を見ていないのでリザルトのみで。

ノブナリがグランプリ2連勝でファイナル1番乗りです。クワドを回避したのはすごく残念でしたが、ミスはアクセルのミスだけでした。これでファイナルも全日本も回避ということになるとさすがにげんなりなので一度は挑んでほしいと思います。なんにせよおめでとう。

ライサはeマークや回転不足であまり点数がもらえませんでした。ジャンプの加点自体もとても少なかったです。やはりあのジャンプの低さだと厳しいですねぇ。衣装はどんなものだったのか気になります。

感想は書く気が出たらまた書きます。

追記
上位陣の感想を

地味
ジャンプはほとんどきまりました。アクセルも大丈夫でしたね。衣装は去年の腕の変なやつから、普通のものに変えてきました。こっちの方が派手すぎず地味すぎず似合っていると思います。スピンの軸のブレがなくてきれいだったと思います。

ポンちゃん
ポンちゃんも先シーズンと同じプログラムです。衣装も同じですね。髪型がチェッカーズって感じです。80年代のにほひ。クワドは決まりましたが、ルッツとループで転倒などジャンプミスが結構出ていましたね。ジャンプの軸がブレブレですね。サーキューラーで微妙にひっかかったように見えました。ストレートラインの前の動きって、「キィィィィィィーーーーーン」ですよね。まぁ可愛いからなんでもいいですけど。

コンテ改めコンティ(by進藤)
アクセルコンボとフリップでミスが出ましたが、後半は盛りかしてきました。ジャンプ中心のプログラムという感じで、サーキュラーまでのつなぎなど少し気になるところはありました。ステップ自体は工夫されていてよい感じですね。フリップは何のマークもついていなかったです。演技終了後に中国の幼女にキスしてました。さすがフランス人。

ライサ
今回もブラックです。スケスケです。
今回もジャンプが果てしない低さで加点がつかないどころか、3-2-2コンボは低すぎて、2つがダウングレードを受けていました。やはり加点をもらえないことには基礎点を上げないことには点数も頭打ちなのでクワドは必須ですね。ステップは体を大きく使えるので、足元をごまかせますね。プラス2ぐらいがポンポン出ます。表現はいいので、あとはホントジャンプ。

ボロノフ
この衣装好きです。なんか文字みたいなの書いてありますけど。フリップはアテンションで済んでいますがeマークレベルのように感じます。最初から2Lzを跳ぶと申告していたのは、やはりルッツの調子は本調子じゃないのでしょうね。ジャンプの助走が長いのはエリック杯から気になっているところ。あとはあらかーさんのおっしゃるとおり、エッジが甘いですね。特にサーキュラーではエッジ使うというより、もうくるくる回ってた!みたいな感じでした。これでスケーティングスキル7.50は甘いですね。

ノブナリ
クワド回避で無難構成でした。進藤が4回転くるかっていうのに被せるようにアクセルですね。と言うあらかーさんが男前すぎて笑えました。アクセルのミスがあったので、2回跳ぶトリプルをトゥにしてスコアを上手に稼ぎました。なぜフリップに2Tをつけなかったのか分かりませんが、わけの分からんことしてザヤるよりはいいですね。ボロノフの後なのでスケーティングがいつもよりいいように見えました。錯覚なんでしょうけどね。ちうごくのお客さん反日感情出さなくてよかった。
社会の窓はご愛嬌です。

今回は進藤になって本当によかったです。これからもぜひ進藤のみでお送りしていただきたい。
ライサの読み方がライザチェックからライサチェックになってました。どうでもいいこどですけどね。ライサチェクは嫌なんですね。
Comment:2  Trackback:0
2009
10.31

中国杯 女子最終結果

LP
1 Akiko SUZUKI(日本)117.14 PB
2 Joannie ROCHETTE(カナダ)111.06
3 Kiira KORPI(フィンランド)102.07
4 Diane SZMIETT(カナダ)100.04 PB
5 Rachael FLATT(アメリカ)98.91
6 Mirai NAGASU(アメリカ)93.18
7 Carolina KOSTNER(イタリア)93.06
8 Fumie SUGURI(日本)90.53
9 Yan LIU(中国)81.52
10 Beatrisa LIANG(アメリカ)80.63
11 Bingwa GENG(中国)73.56 PB

最終順位
1 Akiko SUZUKI(日本)176.66 PB
2 Kiira KORPI(フィンランド)163.27 PB
3 Joannie ROCHETTE(カナダ)163.18
4 Rachael FLATT(アメリカ)157.71
5 Mirai NAGASU(アメリカ)155.38
6 Carolina KOSTNER(イタリア)154.18
7 Fumie SUGURI(日本)145.99
8 Diane SZMIETT(カナダ)144.28 PB
9 Yan LIU(中国)132.80
10 Beatrisa LIANG(アメリカ)131.39
11 Bingwa GENG(中国)121.20
WD Binshu XU(中国)

あっこちゃん優勝おめ!
今大会はエッジ判定が甘かったもののエッジには!マークまででそれほど大きな減点はありませんでした。LPはダウングレードもなく全てのジャンプをクリーンにきめられたし、表現も素晴らしかったです。今大会で評価がぐんと上がったと思うので、スケートカナダでもぜひぜひ優勝を狙ってください。そしてファイナルで台乗りして、テレ朝の鼻をあかしたれ!

キーラはミスがあったんですがレベルと加点をきっちり稼ぎました。LPもそんなによくは無かったのですがミスを2つに抑えて、初のグランプリシリーズ表彰台です。ファイナルは無理ですけど、ヨーロピアンにはつながる結果だと思います。

ジョアニーはルッツでミス、シークエンスもミス、アクセルは回転不足で転倒というらしくないミスが多かったです。映像は音なしで見ていたので音楽表現等は分かりませんでしたが、あまり良くない評価ですね。スケカナでは復活してほしいです。

レイチェルはジャンプミスが多かったです。フリップにアテンションがついてしまいましたね。ジャンプの高さがなくなって苦しそうでした。

ミライはダウングレードがなんと5つも出てしまいました。演技自体は悪くありませんでしたが、さすがにここまで出てしまうと点数は伸びませんね。キスクラの表情残念そうだった・・・・・。

カロリーナはSPでスパイラルがノーカンになってしまうという痛いミスでした。LPではエリック杯よりはジャンプがきまっていたと思うのですが、それほど伸びなくてやや不満でした。僕は。

村主さんもダウングレード多かった・・・・・。
Comment:2  Trackback:0
2009
10.30

中国杯 アイスダンスODまで

OD
1 Tanith BELBIN / Benjamin AGOSTO(アメリカ)60.33
2 Jana KHOKHLOVA / Sergei NOVITSKI(ロシア)56.48
3 Federica FAIELLA / Massimo SCALI(イタリア)54.59
4 Anna ZADOROZHNIUK / Sergei VERBILLO(ウクライナ)50.22
5 Xintong HUANG / Xun ZHENG(中国)48.33 PB
6 Madison CHOCK / Greg ZUERLEIN(アメリカ)47.27
7 Alexandra ZARETSKI / Roman ZARETSKI(イスラエル)46.95
8 Xiaoyang YU / Chen WANG(中国)42.36
9 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)41.11

ODまで
1 Tanith BELBIN / Benjamin AGOSTO(アメリカ)98.66
2 Jana KHOKHLOVA / Sergei NOVITSKI(ロシア)92.78
3 Federica FAIELLA / Massimo SCALI(イタリア)89.96
4 Anna ZADOROZHNIUK / Sergei VERBILLO(ウクライナ)79.65
5 Alexandra ZARETSKI / Roman ZARETSKI(イスラエル)77.83
6 Xintong HUANG / Xun ZHENG(中国)76.20
7 Madison CHOCK / Greg ZUERLEIN(アメリカ)76.03
8 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)71.51
9 Xiaoyang YU / Chen WANG(中国)67.09

途中から見られなくなりました・・・・・・
ベルアゴが首位です。このまま優勝しそうですね。
ホフノビの衣装ピンクがすごいです。
ベルビロが髭つけてました。あの髭を見ると、マラカス持たせて、とんがり帽子をかぶってほしくなります。
ケイトリンたちが転倒ということで、OD最下位・・・・・

Comment:0  Trackback:0
2009
10.30

中国杯 ペアSP

ペアSP
1 Xue SHEN / Hongbo ZHAO(中国)72.28 PB
2 Tatiana VOLOSOZHAR / Stanislav MOROZOV(ウクライナ)62.98
3 Lubov ILIUSHECHKINA / Nodari MAISURADZE(ロシア)62.54 PB
4 Dan ZHANG / Hao ZHANG(中国)61.92
5 Meagan DUHAMEL / Craig BUNTIN(カナダ)55.08
6 Huibo DONG / Yiming WU(中国)50.32
7 Amanda EVORA / Mark LADWIG(アメリカ)48.02
8 Vanessa JAMES / Yannick BONHEUR(フランス)47.28

シェンツァオが復帰戦でいきなりPBを出しました。
ソロジャンプやツイストが心配でしたが、きちんとトリプルをきめてきました。スローで若干つまり気味、スピンは合っていませんでしたが、それでもこのスコアでした。仕上げていけば五輪金も夢ではなさそうです。

ボロモロはモロゾフがサルコウでステップアウトでしたが、それ以外は大丈夫でした。ツイストは本当に高いです。シュトイヤーはこういう抽象的なプログラムが好きなんでしょうか。

イリュマイはいい演技だったと思います。女の子のほうの衣装を最初に見たときは「キャッツアイ?」って思ったんですが、Yesterdayでした。技はシンプルなんですが、すごく流れがあって素敵な演技でした。

ジャンジャンはダンちゃんがサルコウをシングルにしていしまいました。ダンちゃんのジャンプミスがここ最近止まりません。なんとかして安定できないものでしょうか。スローからのデススパイラルの流れが素敵でした。軽快な音楽でしたが、エレメンツひとつひとつに気を遣いすぎて、あまり表現ができていなかったように感じました。LPではシェンツァオを負かすぐらいの勢いで!
Comment:0  Trackback:0
2009
10.30

中国杯 男子SP

男子SP
1 Nobunari ODA(日本)83.35
2 Sergei VORONOV(ロシア)81.40 PB
3 Evan LYSACEK(アメリカ)80.80
4 Samuel CONTESTI(イタリア)72.08
5 Jinlin GUAN(中国)66.70 PB
6 Yannick PONSERO(フランス)66.65
7 Stephen CARRIERE(アメリカ)65.24
8 Chao YANG(中国)65.10 PB
9 Denis TEN(カザフスタン)64.05
10 Ming XU(中国)61.02 PB
11 Kevin REYNOLDS(カナダ)60.12
12 Armin MAHBANOOZADEH(アメリカ)59.54

ノブナリが首位です。
3-3のコンボで軸がやや傾きましたが、着氷は美しかったです。他のエレメンツもよかったです。今回はレベルが取れているからこそここまで点数が伸びたのでしょうね。それでも、そんなに満足はしていない表情でした。

ボロノフは4-3を含め、ジャンプはノーミスでした。プレゼンテーションでは7点台もならべています。81点が出るということはフリップのエッジは大丈夫だったのでしょうかね。

ライサが意外や意外なこの得点。ジャンプにミスがあるようには見えなかったのですが。回転不足か何かをとられているのでしょうか?プレゼンテーションは7点台後半を並べてくるかと思いきやトランジションは8点台でスケーティングスキルはノブナリよりも下でした。ライサはスケーティングがいい選手ではないので妥当と言えば妥当ですけどね。火の鳥の要素が感じられない真っ黒衣装がザ・ライサでした。実は肩と裾はヒラヒラがついてるんだぜ。

コンテはアメリカンなプログラムで明らかにバンクーバー見据えています。今日は嫁もキスクラに来ていました。息子ンテは来ないんでしょうか。息子か知りませんが。アクセルのミスはあったものの他はまとめられて意外と点数が出ました。

グァンくんが久しぶりに戻ってきました。昨シーズンいきなりグランプリから登録がなくなっててビックリしました。ジャンプをしっかりきめ、PBで5位という好位置につけました。チュリポーアクセルやってくれればいいんですけどね。ちうごく、みんなトリプルやらないな・・・・・。

ポンちゃんはクワドの軸が傾きすぎて変な降り方で転倒してしまいました。アクセルもステッピングアウト。サーキュラーとか見るとスケーティングキレイだし、フットワークもいいし、ジャンプがきまらないのがつくづく残念です。

地味はルッツとフリップでミスしました。もっともっと音楽を盛り上げればいいのに、ちょっと使い方も地味ですかね。地味×地味=派手になればいいんですけどね~。

テンくんはジャンプを全てミスしました。残念。

チャッキーはクワドで転倒し、ステップからのルッツに無理矢理3Tをつけました。こういうのがチャッキークオリティですね。
Comment:2  Trackback:0
2009
10.30

中国杯 女子SP

女子SP
1 Mirai NAGASU(アメリカ)62.20
2 Kiira KORPI(フィンランド)61.20 PB
3 Carolina KOSTNER(イタリア)61.12
4 Akiko SUZUKI(日本)59.52 PB
5 Rachael FLATT(アメリカ)58.80
6 Fumie SUGURI(日本)55.46
7 Joannie ROCHETTE(カナダ)52.12
8 Yan LIU(中国)51.28
9 Beatrisa LIANG(アメリカ)50.76
10 Bingwa GENG(中国)47.64
11 Diane SZMIETT(カナダ)44.24
12 Binshu XU(中国)37.08

ミライがぶっとんだテクニカルで首位です。
コンボはややつまり気味に見えましたがマイナスはつかない問題ないジャンプだったと思います。イナバウアーからのアクセルのときにイナバウアーでちょっと引っかかったような感じがして怖かったですがきれいにきまりました。シーズンの最初の方の地方の大会の映像を見たときは、なんでこの音楽使うんだろうとか、なんでこの音源なんだろうって思っていましたが、ミライのポテンシャルの高さとステップでのメリハリのつけ方の上手さで何倍も何倍もよく見えました。これはプログラムを選手がよくしていくパターンのやつや!ほとんどの要素にプラスがつきまくっているのでこの点数が出たんでしょうね。

キーラはルッツでお手つきになりましたが、それ以外はエリック杯よりよくなっていたように感じました。この演技はパーソナルベストの点数ですね。ルッツコンボがおそらくマイナス1ぐらいの評価を受けていて、あとはプラスだったんでしょう。最後のスピンはエリック杯では軸がブレブレになって微妙なフィニッシュになってしまいましたが、今回はレベルもきっちり取れているのではないでしょうか。

3F-2T 3T 2Aと難易度をかなり落としてきたカロリーナですが大きなミスもなく終えることができました。フリップも問題ないレベルですね。ルッツをミスすることが多いので不安だったのでしょう。この曲想がカロリーナの今の状況と合っているので、余計にいい演技に思えてきました。ステップは足元がすごい細かい動きをしているのに、上半身をすごく大きく使えていて素敵だったと思います。演技終了後は久しぶりの笑顔でした。今日は衣装からのこんにちははありませんでした。

あっこちゃんがPBで4位。ジャンプミスもなくてすごくいい演技に見えたのですが、イマイチ点数が取れていません。ジャンプでどちらかに!かeがついたのでしょうか。個人的には60点にはいくだろうと踏んでいたので残念。こういう情熱的なプログラムは上手に滑りこなしますね。プレゼンテーションのパフォーマンスとかスケート上手いのにスケーティングスキルが上がりきらないのが疑問。

レイチェルはミライと反対に、地方大会のときより印象がよくないです。フリップで少し詰まるような形になりましたし、アクセルもあまりよくなかったです。大きなエッジでダイナミックに滑るというのが持ち味ですが、少し足を小刻みに動かすという動きばかりで良さを生かしきれてなかったかな?とつなぎのステップとか表情はよかったです。スピンも力を出し切れていないですかね?

村主さんは夕食を作っていたのであまり見られなかったのですが。ジャンプはあまりよくなかったですね。スピードは戻ってきたし、雰囲気がソルトレイクの頃の村主さんチックになってきたので、まだまだ行けそうな気も。

ジョアニーは大遭難。ルッツがダブル、アクセルがシングルになりました。フリップもいつものようなステップ踏みまくり→めちゃくちゃ流れるっていう風なものではなく、普通でした。ただまだまだ1試合目ですし、去年もファイナルでこういうミスはやらかしてしまっていたので悲観視することはないですね。プログラム自体はいいですし。ジョアニーの衣装見たら、美姫さんの04-05の衣装思い出しました。「右の肩には黒いバラ、ライトショルダーブラックローズ」。ジョアニーは左に赤ですけどね。

ヤン・リュウはジャンプが良かったのに、今回もレベル取りきれてないですよね。こういうミスというか取る気がないのか、コーチがジャンプにしか興味ないのか知りませんがもうちょっとちゃんとしないと五輪であっちゅう間に予選落ちとか喫してしまいます。

べべたんはルッツもフリップもきまったのに、アクセルでステッピングアウトして、ステップで点等という後味の悪い演技になってしまいました。音の取り方とかスピンやスパイラルがすごくよかっただけに残念。ストレートラインもフットワークがすごくよかったのに。最後は音楽に合わずに終わってしまいました。明日の巻き返しに期待です。

キャロル組がすごくいい調子みたいです。明日も楽しみです。
ちうごくのカメラ、上からばっかり映すんですよね。どこぞの国のマネしちゃだめ。どこぞの国のドーナツスピンを上から映したがるみたいなやつの真似しちゃダメ。
Comment:2  Trackback:0
2009
10.30

中国杯 アイスダンスCD

アイスダンスCD
1 Tanith BELBIN / Benjamin AGOSTO(アメリカ)38.33
2 Jana KHOKHLOVA / Sergei NOVITSKI(ロシア)36.30
3 Federica FAIELLA / Massimo SCALI(イタリア)35.37
4 Alexandra ZARETSKI / Roman ZARETSKI(イスラエル)30.88
5 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)30.40
6 Anna ZADOROZHNIUK / Sergei VERBILLO(ウクライナ)29.43
7 Madison CHOCK / Greg ZUERLEIN(アメリカ)28.76
8 Xintong HUANG / Xun ZHENG(中国)27.87
9 Xiaoyang YU / Chen WANG(中国)24.73

ベルアゴが首位です。滑りの格が他のカップルと違いました。
タニスの人気がすごくて、画面に写ったら、ちうごくの観客が「うわ~」って言っていました。ベルアゴは中国杯に参加しまくっているからですね。ベンの髭がなくなって、すごい違和感を感じました。

ホフノビはいつぞやの衣装で。ノビツキーはひょろ長いのに白着たら余計にひょろ長く見えました。つららみたい。

ファイエラが美人になっていたことにビックリしました。スカリはちょい髭を伸ばして、髪を短くしていました。スカリは体がちょっと細すぎるので、男らしさを強調するにはいいかもしれません。

ザレツキーズ妹は今日もごつかった。小中の同級生の垣谷さんに似てる。

ヨナがいないので、サムスンが主催とはいえ今回のお客さんはほとんどが中国人。今回はお客さんも多くて盛り上がっています。もちろんシェンツァオパワーはデカいと思いますけど。盛り上がるのはとってもいいこと。
Comment:0  Trackback:0
2009
10.30

テレ朝への文句とか

Category: 日常のこと
こんばんは、こんにちは、おはようございます。
6番です。

今日、飲み会というものに行って参りました。
お酒は好きでも嫌いでもないのですが、飲み放題ということで元を取るためにがんばりました。1500円で2700円分飲めたので満足です。
ほんでもって、人生で初めて酔っ払いました。そういう感覚を味わえたのは1つの経験ですが、お酒って進んで飲もうと思うものではないですね。何で飲もうと思うんだろう。

さて、グランプリも開幕しまして今週末には中国杯も始まりますね。テロ朝が相変わらずのヒドさを発揮しているので、文句を書こうと思います。
まず、エリック杯のエキシビションについてですが、地上波すごかったですよね。順番操作がヒドすぎて、これはwwwwwと笑ってしまいました。TVUで見られたので良かったは良かったですが。CSのやつではれなちゃんずと中野さんから、真央の間までがカットという斬新な構成でした。ブラブケもキャロジョもディディエも映してるのに。意味わかんね。

ロステレコムのエキシの放送予定を見たのですが、4:55-6:55が4:55-5:35に変更になってますね。なんなんでしょうね。もちろん40分で全選手の放送してくれるんだよな。すごいなテレ朝は。

ムカツクのが、全国のスケオタが「全競技、全選手の演技放送するって書いてあるよな?」って抗議文送ったら、テレ朝チャンネルの紹介文から消し去ってやんの。姑息なやつら。あくまで改善する気はさらさらねぇんだな。中部選手権放送せんでええから、ちゃんとやれや。

森下は若干の改善ありましたがヒドいし、角澤がタンゲーラを始めヒドいし、テレ朝チャンネルなのに地デジのお知らせを放送に入れてまうし。ホンマやめてくれんかな?はよ進藤出し~な。これからカットがある度に抗議メール送ります。視聴率下がりまくって、はよ放映権離してまえ。
Comment:2  Trackback:0
2009
10.25

ロステレコム杯 女子最終結果

LP
1 Miki ANDO(日本)114.75
2 Ashley WAGNER(アメリカ)108.81 PB
3 Alena LEONOVA(ロシア)103.28
4 Alissa CZISNY(アメリカ)100.66
5 Mao ASADA(日本)98.34
6 Jenna MCCORKELL(イギリス)93.76 PB
7 Julia SEBESTYEN(ハンガリー)90.56
8 Amelie LACOSTE(カナダ)87.57
9 Oksana GOZEVA(ロシア)77.44
10 Katarina GERBOLDT(ロシア)75.13
11 Annette DYTRT(ドイツ)72.98
12 Anastasia GIMAZETDINOVA(ウズベキスタン)66.16

最終順位
1 Miki ANDO(日本)171.93
2 Ashley WAGNER(アメリカ)163.97 PB
3 Alena LEONOVA(ロシア)160.06
4 Alissa CZISNY(アメリカ)158.30
5 Mao ASADA(日本)150.28
6 Julia SEBESTYEN(ハンガリー)148.50
7 Amelie LACOSTE(カナダ)139.39
8 Jenna MCCORKELL(イギリス)134.70
9 Oksana GOZEVA(ロシア)128.52
10 Katarina GERBOLDT(ロシア)117.77
11 Annette DYTRT(ドイツ)109.74
12 Anastasia GIMAZETDINOVA(ウズベキスタン)108.46

美姫さんが優勝です。
2A-3Tのセカンドで転倒はあったものの逃げ切りました。音楽が常に同じようなリズムなので、ジャンプの間のつなぎがないとジャンプを跳んでいるという印象しか残りません。お休みが多すぎて、ちょっといただけなかったです。NHK杯にはもうちょっと密度を濃くしてほしいです。

ワグナーは素晴らしい演技でした。頭の髪飾りかわええ。スケート界のベストドレッサー娘ですね。多少着氷でのミスはありましたがなかなかのものでした。SPよりもスピンの回転速度も速くてよかったです。ステップは立ち止まるというか、流れがとまりがちだったので、もう少しなめらかに滑られるといいですね。韃靼人がそういう曲調なのは分かりますが。

レオノワはシカゴの曲で。曲がすごく合っていました。自分に合ったものを選べるということは素晴らしいことだと思います。五輪シーズンですしね。挑戦はそのあとでも十分です。本人は点数に不満そうでしたが、ジャンプミスとスケーティングの質を見ればしょうがないと思います。シニアの年齢に入ってきているのでスケーティングは大切です。

シズニーはループが両方回転不足、フリップも回転不足で転倒でした。やはり点数が伸びませんでしたが、プレゼンテーションは7点台も出ているので評価はされています。彼女のジャンプは超絶にためて跳び、高さもそんななので取られやすいですね。3連続とかシークエンスを入れてきたのには驚きました。

真央は100点に届きませんでした。きまったジャンプが3Lo、3T、2Aの3つだけでした。スパイラルはまたレベル3でした。ホント振り付けをどうにかしようてタラソワ。SPのレイバックレベル4でした。これは4年ぶりぐらいな気がします。よかった。インタビューによるとアクセルのコンビネーションを変える気はないそうです。これでファイナル進出は無くなりました。全日本まで2カ月、自分の体と相談して計画的に練習をしてほしいと思います、プログラムも滑りこみができそうですし、戦略もしっかり練ってもらいたい。日本のマスコミは完全に締め出してしまったかまわないと思います。一番大切なのは彼女の気持ちで、それを侵すくらいなら情報なんていりません。僕はがんばれという言葉が大嫌いなので言いません。がんばれっていうのは本当にいらない日本語ですね。

セベスチェンはステッピングアウトなどミスが多くて残念でした。プログラム自体はいいと思うので、次の試合に期待です。
マッコーケルはシークエンスでサルコウがシングルになった以外はジャンプはノーミス!かっこよかった。キスクラでも旦那とイチャイチャ。満足そうでよかった。
ラコステはループ狂なんですね。3Lo-3Loもできるとか。
あとの選手は口にするのも憚られる。みなさんお疲れ様でした。ありがとう。

テレ朝の思惑は崩れ去りました。コストナーさんも真央もサーシャもファイナルはありません。視聴率も全然取れないでしょう。真央に期待してチケットを取った非スケートファンは会場に来なくなり、スケートファンは安心して観戦することができると思います。明日になったら、またチケットが流れ出しますね。月曜にはヅラの人の番組でいろいろしたり、テレ朝の番組でいろいろすると思いますが、真央はそんなことスルーして、自分の思うようにやればいいです。悪意のある大人、汚い大人はすべて無視無視無視。元気な姿を全日本で見せてくれればおk。
美姫さんはNHK杯ではもっともっとスケートを楽しんでほしいです。

それではおやすみなさい。




Comment:4  Trackback:0
2009
10.25

ロステレコム杯 アイスダンス最終結果

FD
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)101.02 PB
2 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)83.26
3 Ekaterina RUBLEVA / Ivan SHEFER(ロシア)82.07 PB
4 Vanessa CRONE / Paul POIRIER(カナダ)78.61
5 Anastasia PLATONOVA / Alexander GRACHEV(ロシア)77.41 PB
6 Ekaterina RIAZANOVA / Ilia TKACHENKO(ロシア)72.58 PB
7 Lucie MYSLIVECKOVA / Matej NOVAK(チェコ)71.86
8 Katherine COPELY / Deividas STAGNIUNAS(リトアニア)71.11
9 Carolina HERMANN / Daniel HERMANN(ドイツ)66.51

最終順位
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)201.10 PB
2 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)168.57
3 Ekaterina RUBLEVA / Ivan SHEFER(ロシア)163.32 PB
4 Vanessa CRONE / Paul POIRIER(カナダ)157.00
5 Anastasia PLATONOVA / Alexander GRACHEV(ロシア)153.22 PB
6 Ekaterina RIAZANOVA / Ilia TKACHENKO(ロシア)147.92 PB
7 Lucie MYSLIVECKOVA / Matej NOVAK(チェコ)146.95
8 Katherine COPELY / Deividas STAGNIUNAS(リトアニア)146.76
9 Carolina HERMANN / Daniel HERMANN(ドイツ)134.69

メリチャリが優勝です。ドムシャバが出ていないので、とんでもないプレゼンテーションが出ましたね。インタープリテーション8.80て。演技は忙しい演技でした。構成がわああああああってなってます。ストレートラインリフトはアクロバティックすぎて、曲想にあっていませんでした。ズエワはテサモエにもメリチャリにもムチャさすなぁ。

カペラノはレクエイム・フォー・ア・ドリーム。ジュベのあの曲です。この曲が映画の曲ということを初めて知ったし、薬物中毒の映画ということも知りました。カペラノは主人公とその彼女になりきっていたようですね。重々しい曲だけど、振り付けがステキだったので印象に残りました。カッペちゃんのフィニッシュがめちゃくちゃ怖いです。

ルブシェフ、1週間前ってこんなに良かっただろうか?って思いました。どこがいいってわけじゃないけど、流れがキレイでステキだと思いました。ロシアの3枠目に向けて、いい感じですね。

クロポワは「ママー」で滑りました。フレディ・マーキュリーのやつです。ママーママーしか覚えてないです。ママー。
Comment:2  Trackback:0
back-to-top