2009
03.29

世界選手権 女子最終結果

LP
1 Yu-Na KIM(韓国)131.59
2 Miki ANDO(日本)126.26
3 Joannie ROCHETTE(カナダ)123.39
4 Mao ASADA(日本)122.03
5 Rachael FLATT(アメリカ)113.11 PB
6 Alena LEONOVA(ロシア)110.73 PB

最終順位
1 Yu-Na KIM(韓国)207.71 PB
2 Joannie ROCHETTE(カナダ)191.29 PB
3 Miki ANDO(日本)190.38
4 Mao ASADA(日本)188.09
5 Rachael FLATT(アメリカ)172.41 PB
6 Laura LEPISTヨ(フィンランド)170.07 PB
7 Alena LEONOVA(ロシア)168.91 PB
8 Fumie SUGURI(日本)164.58
9 Sarah MEIER(スイス)163.37
10 Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)162.48 PB
11 Alissa CZISNY(アメリカ)159.78
12 Carolina KOSTNER(イタリア)153.56
13 Susanna PヨYKIヨ(フィンランド)153.31
14 Ivana REITMAYEROVA(スロバキア)147.41 PB
15 Cynthia PHANEUF(カナダ)146.09
16 Elena GLEBOVA(エストニア)140.02
17 Na-Young KIM(韓国)131.50
18 Annette DYTRT(ドイツ)131.15
19 Anna JURKIEWICZ(ポーランド)130.29 PB
20 Jenna MCCORKELL(イギリス)128.67
21 Tugba KARADEMIR(トルコ)124.31
22 Candice DIDIER(フランス)122.08
23 Kerstin FRANK(オーストリア)105.73 PB
24 Ana Cecilia CANTU(メキシコ)101.82

なんかPBマークをこんなに打ったのも久しぶりな気がする。
とりあえず、感想を。

ヨナ
初優勝おめでとう。
文句なしですね。
でも、どうせ優勝するって分かってたんだから、ループにぐらい挑戦してほしかった。
あとエッジはシーズンオフに直してほしいです。
スピンがノーカンになったみたいですね。2つ目のコンボスピンをフライングにしなかったのがダメだったみたいです。サルコウも微妙。
プレゼンテーションがとんでもないことになっていますが、SPよりは点数低くされてもしょうがないような構成だとは思うんだけども。9.0なんてダンスでも1個か2個しか出てないよ。
プレゼンテーション68点なんて初めて見ました。2003年のスケートカナダかっ!

ジョアニー
最初の印象、たかっ。
スケカナから逆算して、117点ぐらいかな?と見積もっていたら、まさかの123点でした。
テクニカルはこんなもんですね。プレゼンテーションは出しすぎ。いい加減にしとこう。
フリップはもっと加点ついていいと思ったけどこんなもんなのかな?
音のとり方はすごい上手だと思いました。
SPとLPのプログラム構成がストレートライン→スパイラルっていう同じパターンなのがちょっとな。
盛り上がりはするけど、工夫して欲しかった気もします。振付師が違うからしょうがないんでしょうけどね。

美姫さん
銅メダルおめでとう。
すごくかっこよかったです。
2A-3Tキレイでしたね。
LPのジャンプはSPに比べて高さが無かった印象を受けました。着氷も微妙でそんなに流れがいいわけでもなかったですね。おねいもおっしゃっていましたが、後半はジャンプ跳ぶ!っていう構成でしたね。つなぎは酷評されるかと思ったのですが、それなりの評価でした。それでもジャッジによってはドスッと下げてますね。いい加減にモロゾフもあの構成の仕方は変えてもいいんじゃないかな?

真央
アクセルは1つ転倒になってしまいました。
全体的にスピードがなくて、ジャンプの流れや軸も微妙でした。
氷が悪かったのも1つの原因かな?
アクセルの2本目に行くときに着氷する瞬間に「GO!!!!!!!」とか聞こえましたけど、そういうウザイことは選手の気を紛らわせるし、ましてや大技の前なんだから静かにしてほしい。空気読んで。
敗因はアクセルのミスよりも加点の少なさでしたね。
ステップも元気なかったな・・・・・
これでもスコアは出しすぎだと思いますね。
衣装はなかなかゴージャスでしたね。
よく頑張ったと思うので、しょうもない国別対抗までにしっかり体を休めてもらいたいです。
SPはステップレベル4じゃなかったんですね。実況スレでガセネタ流すなよorz

レイチェル
加点がなかなかつきませんね。
この激甘な採点でも加点は3点しかもらえてませんでした。
フリップコンボ以外はノーミスでした。フリップは何気に苦手なのかな?
スピンが2つ続いた後のスローパートの表情がステキ。レイチェル的なロマンスっていうものを表現しているのかな?嫉妬とか失恋とか純愛とかそういうの。
お祈りルッツは無かったけど、スパイラルから最後までの流れは最高。
僕が会場にいてもスタオベしたと思います。
最後のスピンがノーカンになって残念ですね。
キャメルをチェンジフットにして、コンボをフライングにすればよかったのかな?

レピスト
前半はジャンプミスが続きましたが後半は立て直しました。
やっぱりステップが巧すぎる。
SPと同じ意見だけど、エッジさばきが速いのに正確でキレイ。
スケーティングに釘付けで、ジャンプミスはあまり気になりませんでした。
最後のスピンからのフィニッシュはめちゃくちゃかっこよくて大好きです。

レオノワ
実はちゃんと見れてないです。
プロトコルによるとルッツ以外は堅実に決めたみたいですね。
今日は喜びまくって、スピンの取りこぼしするっていうのはあんまり見られませんでした。
やっぱり彼女の笑顔には癒されますね。

村主さん
ルッツは!マークで済みました。
苦手なサルコウが入れられませんでしたね。
何気に2本目のフリップは鬼門と化してますよね。
村主さんは割とフリップは苦手らしいし。
実はちゃんと見れてなかった。来客中だったもので。

サラさん
衣装は前のものと変えてきましたね。かわいい。
エレメンツシートにはループとトゥを入れる構成できていましたが、どちらも無しでした。
フリップはeでしたが、0のジャッジがいました。ちゃんとしてください。
ジャンプはそんなに上手くきまらなかったけど、転倒はなかったので安心しました。
スピンが減ったため、構成をちょっと変えたんですね。
前の方が好きでしたが今回もステキでした。ただ上半身が使いきれてないかな?とは思いました。
取りこぼしがボロボロと出てしまったのは残念ですが、彼女は満足そうなので嬉しかった。
あぁかわいい。

ゲデ子
ゲデ子史上最高の成績です。
ジャンプはサルコウが両方回転不足になってしまいました。
フライングシットで足ついて、フライングチェンジフットシットになってました。
エレメンツシートにはルッツを3回跳ぶというザヤックルール無視の構成できてました。
コーチがそのザヤックさんなのにおかしな話。
全体的には素晴らしかった。こんなゲデ子見たの初めてです。
これからもいいゲデ子でいてほしいですね。

シズニー
ループでの回転不足とトゥがダブルになりはしたものの、なかなかの演技でした。
最後の2つのスピンとスパイラルの加点がすごい。
転倒が無かっただけでもよしとしましょう。
プレゼンテーションが思ったよりもらえなかったのが意外でした。

カロリーナ
去年のトラはカロリーナに憑依してました。
シングルジャンプが5つ、アクセルをのぞきダブル扱いになったのが3つ。
トリプルはフリップだけでした。ジャンプ全てでミスを犯しました。
さすがに点数が伸びてきませんね。
それでも動揺せず取りこぼしをあまりしなかった彼女はすごい。
ステップはすごかったし。
12位で踏みとどまれてよかった。

ポイポイ
来客中だったため見ておりません。

岩魚ちゃん
今回でしっかり覚えました。
イワナ・レイトマイエロワですね。
ジャンプ構成は3Sまでですが、全てをミスなくきっちりこなせました。
キスクラでめちゃくちゃ喜んでたのがかわいいかった。
SPの編曲って、ジョニーの丸々じゃない?とか思ったりもした。

ファヌフ
3度の転倒はさすがに痛すぎる・・・・・
それでも92点出るんだと関心もする。
めちゃくちゃよさそうな軸のジャンプでも転倒するのが残念、NHK杯でもそうでしたし。
救われたのはスピンは全部レベル4だったことですね。
エレメンツの質がいいので、減点をカバーできました。
四大陸のときみたいな演技がまた見たいです。

グレボワ
メイク、めちゃくちゃ気合入ってましたね。
アクセルが低いのはいつものことなのですが、軸が外れすぎて入りませんでした。
激甘採点でも、グレボワのプロトコルを見ると0の山・・・・・・・かわいそう。

ナヨン
忘れた。
スケートに全く興味の無いうちの兄が、ひくっ!って言ってました(ジャンプを)。

ディトルト
足が痛いらしく、ジャンプにミスが続きました。
演技終了後はションボリでしたね。
伊良部コーチはカロリーナとディトルト、小林くんの出来でまたはげそう。

なんとかビッチ
忘れた。

マッコーケル
そんなにミスはなかったですね。
3Tでめっちゃ痛そうな顔してましたね。
ケガしてないといいけど・・・ケビンに痛いの痛いの飛んでけ~してもらってください。
加点がつかないのね・・・・・

カラデミル
トルコ応援団?がいましたね。
あの人たちはカナディアンなのかな?カラデミルの練習場所はカナダだし。
演技内容の割に点数が全然でないと思ったら、回転不足なんですね。
エレメンツの質はよかったし、特にステップはキュートで工夫されていたと思うし、残念。
もう24歳ということに驚きました。
かわいかった。

ディディエ
おう・・・・・・・痛かっただろうに。
腹打ちして、肩からアタックしたもの。
復活してすごい!!!!とは思ったけど、アクセル跳びすぎた・・・・・・・
あと最後の3Tがノーカンになってるんだけどなんで?
ザヤってなくね?

オーストリアの子
とりあえず痩せてみよう。

カントゥ
LPに進んだことが何よりの収穫。
がんばれ!

と後半になるにつれて雑になりました。
これで今シーズンも終わりですね。
最後に枠だけ

3枠
日本(だけかい)

2枠
韓国、カナダ、アメリカ、フィンランド、ロシア、スイス、グルジア

1枠
イタリア、スロバキア、エストニア、ドイツ、ポーランド、イギリス、トルコ

あぁ眠い。
明日はアパートに行きます。
また地獄の日々が始まります。
もう大学行きたくないわー。
大学潰れんかな?








Comment:11  Trackback:0
2009
03.28

世界選手権 アイスダンス最終結果

FD
1 Oksana DOMNINA / Maxim SHABALIN(ロシア)100.85
2 Tanith BELBIN / Benjamin AGOSTO(アメリカ)100.27
3 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)100.03
4 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)99.98
5 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)95.99 PB
6 Jana KHOKHLOVA / Sergei NOVITSKI(ロシア)94.39

最終順位
1 Oksana DOMNINA / Maxim SHABALIN(ロシア)206.30
2 Tanith BELBIN / Benjamin AGOSTO(アメリカ)205.08
3 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)200.40
4 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)200.36 PB
5 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)194.36 PB
6 Jana KHOKHLOVA / Sergei NOVITSKI(ロシア)193.41
7 Sinead KERR / John KERR(イギリス)186.07
8 Federica FAIELLA / Massimo SCALI(イタリア)182.76
9 Pernelle CARRON / Matthieu JOST(フランス)178.72 PB
10 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)175.70
11 Emily SAMUELSON / Evan BATES(アメリカ)174.76
12 Vanessa CRONE / Paul POIRIER(カナダ)173.16
13 Alexandra ZARETSKI / Roman ZARETSKI(イスラエル)167.53
14 Katherine COPELY / Deividas STAGNIUNAS(リトアニア)160.00
15 Anna ZADOROZHNIUK / Sergei VERBILLO(ウクライナ)154.49
16 Cathy REED / Chris REED(日本)151.04

ドムシャバ初優勝おめでとう。

ベルアゴは不憫でしょうがない。
ODで1位、FDでも基礎点は勝っていたのにGOEで負けたり。
パフォーマンスで負けても、スケーティングスキルはベルアゴの方が上だと思うんだけどな。
ほとんど同じ点数なんだけど、ジャッジの中でドムシャバ>ベルアゴができあがっちゃってる。
なんでだろう。

テサモエは超ギリギリで銅メダル獲得しました。
FDの要素は全てレベル4でしたが、加点ではメリチャリに負けてます。
なんかメリチャリファンから叩かれそうだな。
メリチャリも大健闘!すごい。

ぺシャブルがまさかの5位!!!!!!!!!!!!!!!
要素は全てレベル4でした。
きっとリフトを変更したのですね。
見るのが楽しみ。

リード姉弟は強豪ひしめく中16位と大健闘。
お疲れ様でした。

これにより五輪枠決定です。

3枠
アメリカ、ロシア

2枠
カナダ、フランス、イタリア、イギリス

1枠
リトアニア、イスラエル、ウクライナ、日本、ドイツ

日本は見事に枠を取りました。

フランスとカナダは2枠で残念です。
イザオリ、ぺシャブル、キャロジョスのみんな揃ってるのが見たかった。

追記にて感想を
続きを読む
Comment:2  Trackback:0
2009
03.28

世界選手権 女子SP

最初に一言
認定甘すぎ。

1 Yu-Na KIM(韓国)76.12 PB
2 Joannie ROCHETTE(カナダ)67.90 PB
3 Mao ASADA(日本)66.06
4 Miki ANDO(日本)64.12
5 Carolina KOSTNER(イタリア)63.18
6 Laura LEPISTヨ(フィンランド)59.66 PB
7 Rachael FLATT(アメリカ)59.30
8 Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)58.82
9 Fumie SUGURI(日本)58.40
10 Sarah MEIER(スイス)58.36
11 Alena LEONOVA(ロシア)58.18 PB
12 Susanna PヨYKIヨ(フィンランド)57.12
13 Elena GLEBOVA(エストニア)55.90 PB
14 Alissa CZISNY(アメリカ)53.28
15 Cynthia PHANEUF(カナダ)53.14
16 Ivana REITMAYEROVA(スロバキア)52.98 PB
17 Na-Young KIM(韓国)51.50
18 Annette DYTRT(ドイツ)51.04
19 Candice DIDIER(フランス)50.16 PB
20 Anna JURKIEWICZ(ポーランド)45.60 PB
21 Jenna MCCORKELL(イギリス)45.52
22 Tugba KARADEMIR(トルコ)44.24
23 Kerstin FRANK(オーストリア)43.20 PB
24 Ana Cecilia CANTU(メキシコ)41.58

上の順位の選手(見た選手)の感想を

ヨナ
3F-3T 3Lz 2A
素晴らしい演技だったと思います。
フリップのエッジは定かではありませんが点数から見て判定は受けていないのでしょう。
シットスピンが高いとの声がありましたが、今回は低くなっていました。
プレゼンテーションはインフレ気味ですね。
8点台がついても十分だとは思うのですがスケーティングスキル8.45はないですね。

ジョアニー
2A 3Lz-2T 3F
高すぎ。
アクセルとフリップは申し分のない教科書のようなジャンプでした。
しかし、ルッツはグラっと軸が曲がっていたのにもかかわらずこの得点はさすがに引きました。
プレゼンテーションも出すぎですが、これぐらいなら納得できるような点数ですね。スケーティングスキルよりもパフォーマンスやコレオグラフィーの評価が高いですし。
もうちょっと女性らしいしなやかさというのを出せたらいいですね。

真央
3F-3Lo 2Lz 2A
3-3は認定をされたのでしょうが、見るからに回転不足でした。
連盟さんの大好きなプレロテを差し引いても、グリってたのですけどね。
なんでこれが認定で他のがダメなんでしょう?
ルッツミスも出てしまいました。安定しませんね。
いつもよりスピードがないように思いました。ルッツに入るのも勢いが無かったし。
ステップはレベル4との噂があるのですが、真相は不明ですね。
プレゼンテーションは真央ならこれぐらい出ますね。
それから、衣装はこっちの方が絶対かわいいのでOKだったと思います。
フジの放送で、東京ワールドのをもってきて逆転可能っていうんだろうなと思うとちょっとウンザリです。

美姫さん
3Lz-3Lo 3F 2A
素晴らしい演技でした。
3-3は回転不足をとられてしまったのでしょうが、今まで見た中で一番大きなフリップとキレイなアクセルを入れてました。
ステップはややマッタリとしていましたが、コンボスピンの速さとポジションの美しさ、レイバックはシンプルですが曲想にあっていて良かった。
緩急のつけ方がものすごく上手になっていましたね。
LPも楽しみで仕方ない。

カロリーナ
3F-2T 3Lz 2A
フリップでお手つきしました。
ルッツは着氷が乱れました。回転も足りてなかったように見えましたが認定されているのでしょう。
今シーズンもなかなか安定しませんね。
この演技で63点って、安藤さんが不憫に思えてしょうがない。
ステップはやはり上手だなって思います。

レピスト
3T-2T 3Lo 2A
構成が寂しすぎる。奈々じゃん。
3Tが曲がってしまったのでセカンドがダブルにしました。
あとの2つはキレイ。
シットスピンは軸がぶれなくてきれいですね。
ステップをじっくり見ると、やはり巧いなって思いました。
よくもあんなに速く踏めるなぁ・・・・と。
他の選手に比べて他のコンポーネンツとトランジションの差が小さいことから、いかに凝ったことをしているのか量れますね。

レイチェル
3F 3Lz-2T 2A
フリップでオーバーターンになったので、ルッツにつけました。
今シーズン、このパターン多いですね。
痩せたし、矯正とったし、メイク合ってるし、衣装もかわいかった。
選曲のセンスがいいのと構成の仕方がとってもいいところは評価されていますね。
スケーティングが12番目の評価でしたが、プログラムに助けられているという感じは否めませんね。
LPはロマンチック・ラプソディーに戻してきたみたいです。楽しみ。

ゲデ子
3Lz 3T-2T 2A
エレメンツシートには3Lz-3Tとされていたのですが、ジュニアワールドと同じ構成できました。
3Tの軸が曲がったので2Tをつけたのは正しい判断ですね。
2Aはいつもなら転倒していたレベルですが、踏みとどまりました。
演技終了後は笑顔で点数にも満足そうでした。かわいい。

村主さん
3Lz-2T 3F 2A
ルッツはアウトエッジに見えたのですが、eをとられたんでしょうか?
フリップはややシェイキーになりました。
ステップで時間を使いすぎたのか分かりませんが、スピンを回りすぎてタイムバイオレーションとられてます。
I字で8回転するっていうのが狙いだったんでしょうか?
個人的には、スクラッチスピンでばしっと〆てほしいです。

サラさん
3Lz-2T 3F 2A
お久しぶりです。
ルッツコンボは完璧、フリップは着氷が乱れました。eマークは余裕でついちゃう重度のジャンプでした。アクセルも大丈夫でした。
一度シットが高くて認定されなかったことがありましたが、大丈夫だったみたいですね。
このプログラム、まだ2回しか見たことなかったんで見られて嬉しかったです。
改めてサラさんの上半身の使い方の上手さっていうのを思い知らされました。
演技終了後は思ったより点数が高かったようで、喜んでましたね。
LPは大好きな「黒のラフォリア、秋の紅」です。
神演技が見たい!

レオノワ
3Lz-2T 3F 2A
ジャンプはミスのない演技でした。
スケーティングはそんなによくないと思うのですが、割と課題評価されてますね。
SPで泣いちゃうことが多かったですが、今日はニコニコ笑顔でパーソナルベストでした。
スピンの回転数とか甘いときがあるのには注意してほしいです。
髪の毛を黒くしてましたね。

ポイポイ
3Lz-2T 3F 2A
あんまり覚えてないけど、フリップが回転不足気味でしたね。
スケーティングがキレイなのはOKですが、スピードが無いのが残念ですね。レピストぐらいのスピードが出せられればいいんですけどね。

グレボワ
3T-3T 3S 2A
ミスのない演技でした。
アクセルが超低空なのがちょっと残念でした。
スピンはいいスピンだと思います。
ステップで上半身を使いこなせてないのと足元もステップを踏むというか、動かしてるだけのように見えなくもないです。
今まで低い評価しかされてなかったのに、5点台の後半が出たのは意外でした。

シズニー
3Lz-2T 3F 2A
フリップとアクセルで転倒しました。
フリップはダウングレードされて然るべきでしょうが、されてないんでしょうね。
これだけジャンプミスが続いたのにもかかわらず、スピンやスパイラルの加点で見事にカバーし、テクニカルを30点台に載せました。
人気はこの日一番でしたが、ミスが続いたせいで、観客が凍り付いてました。

ファヌフ
2A 3Lz 3T
ルッツで転倒したため、コンボは入りませんでした。なぜトゥにつけなかったんでしょう。
点数はこれぐらいは出るでしょうね。

あとはぼちぼちな感じになるので書きません。
今年はとりあえずマッコーケルとカラデミルがLPに進出できたので嬉しいです。
ただ、リュウちゃんやギマ子さん、ヘルゲション姉が予選落ちになってしまったのは残念です。
LPはどんな風になるか見物ですね。

真央、美姫さん、村主さんがんばれ!
ゲデ子もがんばれ!サラさんがんばれ!


Comment:4  Trackback:0
2009
03.27

世界選手権 男子最終結果

LP
1 Evan LYSACEK USA 159.53 PB
2 Patrick CHAN CAN 155.03
3 Brian JOUBERT FRA 151.57
4 Tomas VERNER CZE 151.35
5 Samuel CONTESTI ITA 148.47 PB
6 Denis TEN KAZ 142.89 PB

最終順位
1 Evan LYSACEK(アメリカ)242.23 PB
2 Patrick CHAN(カナダ)237.58
3 Brian JOUBERT(フランス)235.97
4 Tomas VERNER(チェコ)231.71
5 Samuel CONTESTI(イタリア)226.97 PB
6 Takahiko KOZUKA(日本)222.18
7 Nobunari ODA(日本)218.16
8 Denis TEN(カザフスタン)211.43 PB
9 Brandon MROZ(アメリカ)207.19 PB
10 Andrei LUTAI(ロシア)204.99 PB
11 Jeremy ABBOTT(アメリカ)204.67
12 Vaughn CHIPEUR(カナダ)202.08
13 Sergei VORONOV(ロシア)202.04
14 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)198.35
15 Takahito MURA(日本)194.97
16 Yannick PONSERO(フランス)193.84
17 Jeremy TEN(カナダ)193.16
18 Adrian SCHULTHEISS(スウェーデン)186.43
19 Javier FERNANDEZ(スペイン)183.55 PB
20 Kristoffer BERNTSSON(スウェーデン)182.31
21 Gregor URBAS(スロベニア)167.71
22 Anton KOVALEVSKI(ウクライナ)165.73
23 Przemyslaw DOMANSKI(ポーランド)161.66
24 Igor MACYPURA(スロバキア)158.86

ライサが初優勝です!
24人の選手を1位から順に。

ライサ
SP、LPを通してノーミスの演技でした。
LPではネガティブGOEはどのジャッジからも一切出てないです。
ジャンプの低さにはちょっと気になったり、2本目のアクセルのプレロテもちょっと気になりましたが、寛容なスペシャリストだったみたいですね。
最後のステップとスピンの発狂ぶりは本当にすごかった。
やっぱり地元の選手がやるっていうのは会場も盛り上がるし、テレビの前にいても楽しい。
おめでとう。
あとは彼女の応援ですね。

Pちゃん
あいかわらずの美しいスケーティングでした。
華麗なる1Aは発動されなかったのでよかったです。
途中までは優勝するな~とは思っていましたが、後半になって、悪いPちゃんが出現しましたね。
ただあそこまで点数が出たのはSPから全てのスピンがレベル4なのと、ステップはLPでサーキュラーがレベル4でした。とるとこはとっているんですね。
LPはぼちぼち妥当なコンポーネンツが出されたのでよかったです。
表彰台でジュベと握手するとき、ドキドキした。

ジュベ
全色のメダルおめでとう。
ジャンプはさすがという感じ。
最後のアクセルで転倒して、スピンのレベルもGOEもとりにくくなって、そのまま落ちちゃったという感じですね。
やっぱり、つなぎに触れることになるのですが、腕の動きばかりで見ごたえに欠けますね。
もう少し手直しをするかと思っていたのですが・・・・・・
衣装もあれでいいのだろうか?
フリップのエッジは明らかにアウトだったので、もうちょっとマイナスにするジャッジは多いと思いました。
ループで転倒しなくてよかった。
表彰式の後におばちゃんとお話してたけど、たぶんおばちゃんは「あんたはクワド跳んだから、あたしは優勝やと思うで~。だから気にせんときーや」的なことを言ったんだと思います。

トラ
2回目の4位です。
LPの序盤は、ついに神トラ降臨?かと思いました。
後半のダブったジャンプは残念でしたが唯一の両プロでのクリーンクワドでしたね。
アクセルも2本入ったし、良かったです。
シーズン序盤はスカスカ言うてたプロですが、今回見るとそれほど気にはなりませんでした。
ハートのクッションの生産元の方来てましたね。
きっとトランクの中はクッションしか入ってなかったに違いない。帰りは空っぽだ。

コンテ
今日も男前でしたね。なんで嫁来なかったの?
ジャンプはアクセルコンボ以外はきまってましたね。
アクセルコンボは、あまりにもターンからの3Tのつなげ方が華麗すぎたのかプラスをつけてるジャッジがいますね。
パフォーマンスとかインタープリテーションとか、後ろの芸術項目3つのスコアが高いですね。
表情の使い方とか選曲(効果音)も非常に良かった。さすが嫁。
でも、寸劇するときにわざわざ立ち止まったり、ステップ踏むときにちょっとマターリしすぎではないかと感じました。スケーティングスキルやトランジションは6点台でも問題と思います。

こづ
6位とは立派。
いつもなら、プレゼンテーションの低さにぶーぶー言うところですが今回はしょうがないです。
演技開始からがちがちで、音楽表現なんかできたもんじゃないです。
きっと彼には連盟からの「圧」がすごかったんでしょうね。
クワドを抜いたのは大正解ですね。
アクセルコンボを後半に持ってこられてえらい。
スピードがなかったし、表現もできてないし、ジャンプはGOEとれるものじゃなかったけど、彼は自分ですると誓ったことを果たしたし、全国のスケートファンと連盟の夢を叶えた。
こづすごい!
とりあえず、来シーズンは表現力つけよう。
国別対抗もめんどくさいけどがんばれ。

ノブナリ
ヤマトの思っていたことと全国のスケートファンの考えていたことは全く同じだったようですね。
ザヤった。
序盤はクワドコンボを初成功!
アクセルでアチャーしてから雲行きが怪しくなってきた。
フリップに突入するときに、これは行くなと思ったら、本当に突撃してしまいました。
たらればの話をするのはお下品ですが、ちゃんと2つ目のアクセルにコンボをつければGOE含めおよそ13点プラスになります。
アップライトスピン、止まりそうで怖かった。シットスピンの方がいいじゃん。
まぁ言っても仕方ないですけどね。
ワールドでやるのはもうやめよ。

テンくん
まさかの。
テクニカルだけだとLP3位、LPは6位で総合8位。
序盤からジャンプをバシバシきめてましたね。
最後の方のシークエンスとエッジエラー以外にはミスはありませんでした。
15歳(実質14歳のとき)にはアクセルは完璧だったし、ステップもスピンも平均以上を軽くこなせるなんて本当に素晴らしい。
場内からはもちろんスタオベ。
たぶん、一昨年のべるるんと昨年のケビンさん的な感じですね。
演技終了後にわーってなって、リンクにキスしたけど外してなかった?
こういうときにいないおばちゃんって・・・・・
将来が楽しみですね。

ムロズさん
やっぱりムロズさんだな。
ジャンプでボロボロとミスが出てしまいましたが、全米のときよりは軸がとれているように見えました。
解説陣は表現力悪くないと言っていましたが、まだまだだと思います。
演技終了後に美女にちゅーしてもらってましたね。

ルタイ
ミスは最小限にまとめられました。
ミツンの趣味なのかしらないけど、またわけの分からん衣装ですね。
なんか選曲がイマイチな感じがせんでもない。
ロシア2枠維持は立派!
でも、どうせナショナルにさえ出ないプルに枠を取られそう。

アボットくん
クワドは回避で序盤はいい感じでしたが、アクセルでのミスが大きかったですね。
ジャンプミスは多いものの、音楽表現は素晴らしかった。

お父さん
ヤマトの言うとおり、入りはいいけど着氷が微妙。
せっかく高いルッツやアクセルを跳んでも、フリーレッグの処理は雑だし、膝が曲がったままだし。僕がジャッジならあまりGOEを出したくない。
LPの話じゃないけど、SPの曲「Come on baby」っていうんですよね。
お父さんにピッタリのタイトルですよね、古き良き時代の香りがして。

ボロノフ
アクセルにトリプルをつけるのも初めて見た。
前半の高得点ジャンプがグダグダで、後半のサルコウやトゥしかきまらなかったのは痛い。
スピンも勢いがなくて残念。
ステップはもう「ぶぁーーー」って感じでした。
何回見ても不良にしか見えないよ。

ケビンさん
クワドを入れ、3-3-3も入れました。
コンボの3つ目のループは回転不足でした。
アップライトの回り方、適当すぎるのでもうちょっとがんばってください。
ヤマトがあの衣装の謎を解いてくれましたね。
あれヒーローだったんですね。お化け屋敷がテーマかと思ってました。
あのステップでレベル3をとれているということに関心します。
とりあえずつなぎの評価の低さには納得です。

むらむら
サルコウで転倒はありましたが、よく2本入れられました。
そのほかにもジャンプにはミスが出ましたが、悪くない演技でした。
衣装を変えていましたが、前の蛇みたいな衣装の方が好きです。

ポンちゃん
クワドとダブルアクセル以外、全部ジャンプにマイナスついてます。
こんなところで昨シーズンまでのポンちゃんが出現するとは思いませんでした。
あと、とにかく可愛かった。

カナダのテンくん
アクセルのミス以降は、ノーミスでした。
ほぼノーミスなのはいいですが、個性があまりなくて印象に残っていません。
スピンは四大陸の方がもっともっと速かったし。
言うなれば普通。

シュル太
なんかふんばれそうなジャンプでもふんばれないシュル太。
なぜかあごひげを蓄えだしたシュル太。
ジャンプはそんなに悪くなかったですけど、ステップとつなぎのスピードがなくてヘロヘロしてました。
彼は個性的すぎるほど個性的なのですが、ちょっと過ぎてる。

フェルナンデス
ジャンプはノーミスに見えましたが、プラスが全然もらえてないんですね。
選曲が微妙でジャンプがきまっても会場が盛り上がらなかった。
モロゾフ痩せた?

べるるん
あははは~2フット祭りだ。
さすがにジャンプのミスが多すぎて、おもしろい振り付けも台無し。
最年長がんばれ。

ウルバス
影薄、地球代表みたいな選手ですね。
ジャンプはそこそこきめていますが、低いですね。
豊の激しい突っ込みが入るスケーティングはね・・・・・・・うん。
上半身もとりあえず動かしとこう感が拭えませんでした。
横から見たら男前だ。

小林くん
小林くん、だいぶ23ってきてない?
ステップがよくなったというのはGPシリーズから話題でしたね。
大雑把に言うとジャンプをだいたいミスしてますね。
あのコーチの胃がまた痛くなるのだろう。

ドマンスキー
ファーストネームが覚えられません。
セカンドループを無理とに持ってきたり、なかなかやりますね。
手の振りとかがんばって入れていますが、あまりにも不自然すぎる。
もうちょっと音楽にあわせられるといいですね。

松村くん
小林くんとセットで覚えたのですが、彼ウクライナ人なんですね。
大雑把に言うと彼もジャンプミス多い。
カレン・クワンがコーチなの?

書くのしんど。
というわけで男子の五輪&ワールドの枠が決定しました。

3枠
日本、アメリカ

2枠
カナダ、フランスorz、カザフスタン(いらんくね?)、イタリア、ロシア、チェコ

1枠
ベルギー、スウェーデンorz、スペイン、スロベニア、ウクライナ、ポーランド

みなさんがんばってください。
(ρ_・).。o○ ネムイ・・・・・

Comment:2  Trackback:0
2009
03.27

世界選手権 アイスダンスODまで

OD
1 Tanith BELBIN / Benjamin AGOSTO(アメリカ)65.16
2 Oksana DOMNINA / Maxim SHABALIN(ロシア)64.68 PB
3 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)62.60 PB
4 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)61.83 PB
5 Jana KHOKHLOVA / Sergei NOVITSKI(ロシア)61.68
6 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)61.05

テサモエ、何やらかしたの?
つうか、ぺシャブルすごい。

ODまで
1 Oksana DOMNINA / Maxim SHABALIN(ロシア)105.45
2 Tanith BELBIN / Benjamin AGOSTO(アメリカ)104.81
3 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)100.42
4 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)100.33
5 Jana KHOKHLOVA / Sergei NOVITSKI(ロシア)99.02
6 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)98.37
7 Sinead KERR / John KERR(イギリス)95.43
8 Federica FAIELLA / Massimo SCALI(イタリア)92.22
9 Pernelle CARRON / Matthieu JOST(フランス)92.07
10 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)89.63
11 Vanessa CRONE / Paul POIRIER(カナダ)88.08
12 Emily SAMUELSON / Evan BATES(アメリカ)87.48
13 Alexandra ZARETSKI / Roman ZARETSKI(イスラエル)87.04
14 Kristin FRASER / Igor LUKANIN(アゼルバイジャン)78.41
15 Katherine COPELY / Deividas STAGNIUNAS(リトアニア)78.25
16 Anna ZADOROZHNIUK / Sergei VERBILLO(ウクライナ)77.28
17 Cathy REED / Chris REED(日本)76.82

テサモエがホントにギリギリで3位に踏みとどまってます。
優勝争いはリニチュク門下に絞られました。3位争いはテクニカルが1番高くとれる組が有利でしょうね。みんなどっこいどっこいのプレゼンテーションだし。
ライサ優勝したんだから、リアルアベック優勝しちゃいなよ。

めちゃくちゃがんばってるのがぺシャブルです。
イマイチなCDとODでこの順位で、評判がめちゃくちゃいいサーカスプロ滑ったらトップ5いってしまうんじゃない?とか思ったりしてます。
楽しみでしょうがない。
はっきり言って女子より楽しみ。

リード姉弟がODで盛り返してきました。
点数こそあまり差はないものの、プレゼンテーションはリトやザドベルより、わずかですが上にいるので14位になら、実力で入ることは十分可能です!
目指せ五輪枠、目指せ日本人最高位!




Comment:0  Trackback:0
2009
03.26

世界選手権 ペア最終結果

LP
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)131.18
2 Dan ZHANG / Hao ZHANG(中国)119.10
3 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)117.45
4 Qing PANG / Jian TONG(中国)115.90
5 Tatiana VOLOSOZHAR / Stanislav MOROZOV(ウクライナ)111.51
6 Jessica DUBE / Bryce DAVISON(カナダ)111.02

最終順位
1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)203.48 PB
2 Dan ZHANG / Hao ZHANG(中国)186.52
3 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)186.39
4 Qing PANG / Jian TONG(中国)181.08
5 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV(ロシア)177.89
6 Tatiana VOLOSOZHAR / Stanislav MOROZOV(ウクライナ)175.61
7 Jessica DUBE / Bryce DAVISON(カナダ)172.82
8 Meagan DUHAMEL / Craig BUNTIN(カナダ)165.41
9 Caydee DENNEY / Jeremy BARRETT(アメリカ)156.84
10 Mylene BRODEUR / John MATTATALL(カナダ)150.05 PB
11 Keauna MCLAUGHLIN / Rockne BRUBAKER(アメリカ)143.74
12 Vanessa JAMES / Yannick BONHEUR(フランス)139.34 PB

やはりサフゾルの壁は厚かったのですね。
終わってみればぶっちぎり優勝。
なぜかサーキュラーで転倒ということになっていますが・・・・・

今回のジャッジは1人2人が特定の選手に対して低い評価をするのではなくて、みんな同じ傾向があるみたいですね。ロシアと中国の選手に対しての評価の仕方が違いすぎます。
演技内容で評価するのは当然のことだけど、本当に正しい目を持っているんでしょうか?

何はともあれ、悠子ちゃんおめでとう。

今回の結果で来年の五輪、そしてワールドの枠が決まりました。

3枠
ロシア、中国

2枠
ドイツ、ウクライナ、カナダ、アメリカ

1枠
フランス、イギリス

残りの4枠を争ってKSMかネーベルホルンで順位上からの国に割り当てられますね。
Comment:0  Trackback:0
2009
03.26

世界選手権 男子SP

1 Brian JOUBERT(フランス)84.40
2 Evan LYSACEK(アメリカ)82.70
3 Patrick CHAN(カナダ)82.55
4 Tomas VERNER(チェコ)80.36
5 Takahiko KOZUKA(日本)79.35
6 Samuel CONTESTI(イタリア)78.50 PB
7 Nobunari ODA(日本)76.49
8 Brandon MROZ(アメリカ)76.10 PB
9 Sergei VORONOV(ロシア)72.15
10 Jeremy ABBOTT(アメリカ)72.15
11 Yannick PONSERO(フランス)71.83
12 Vaughn CHIPEUR(カナダ)70.45
13 Takahito MURA(日本)70.35 PB
14 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)70.15
15 Andrei LUTAI(ロシア)68.95 PB
16 Kristoffer BERNTSSON(スウェーデン)68.61
17 Denis TEN(カザフスタン)68.54 PB
18 Adrian SCHULTHEISS(スウェーデン)65.20
19 Anton KOVALEVSKI(ウクライナ)64.28
20 Javier FERNANDEZ(スペイン)63.75
21 Jeremy TEN(カナダ)60.90
22 Gregor URBAS(スロベニア)58.70
23 Igor MACYPURA(スロバキア)58.30
24 Przemyslaw DOMANSKI(ポーランド)57.00

今回はLPに進めるボーダーラインが非常に高かったです。
弟、ぬるめん、オスマン、ファイファーが予選落ちとなりました。
ミスが出たら予選落ちって感じですね。

見た選手について

ジュベ
4T-3T 3A 3Lz
4Tでオーバーターンで、3Tも着氷がぐちゃぐちゃ。
3Tは明らかに回転が足りてないように見えたけど、認定されたのでしょう。
つなぎやコレオグラフィーは明らかな課題評価、そして実績評価。
やっぱりワールドはこんなもんか。
スピンはよくなっているような感じました。

ライサ
3Lz-3T 3A 3F
ノーミスの演技でした。
ジュベとプレゼンテーションはほぼ同じだったのですが、テクニカルで差がでました。
やはり、ジャンプで+1はもらえても2や3はもらえないのが痛いですね。
演技終了後はガッツポーズして、会場からスタオベでした。

Pちゃん
3A 3F-3T 3Lz
アクセルは+2がたくさんつきそうなジャンプ、3-3はそれほど。
つなぎやスケーティングスキルがなんでこんな点数なのか全然理解できません。特につなぎ。
あれだけ凝っているものを滑りこなしているのに評価されないのはおかしい。
ブーイングでした。カナディアンからの猛烈な。

トラ
4T-3T 3A 3Lz
4-3は完璧でした。
アクセルはステッピングアウトでした。残念。
つなぎが6点台とされていますね。彼のつなぎが6点台ならジュベールは5点台だよ。
スピンもステップもよかった。
点数にはあんまり納得できてないみたい。
ブーイングもおきてました。ぶーぶー

こづ
3Lz-3T 3A 3F
ジャンプの質は悪くなかったです。
ただプラスがついているかは分からないです。ジャッジによってはシェイキーな着氷だったと判断しているかもしれません。
高すぎるわけでもないけど、低いわけでもないし微妙。
観客からはまぁまぁブーイングでしたね。

コンテ
見てない。

ノブナリ
3A 3Lz-3T 3F
アクセルはキレイでした。
コンボはスピードをつけすぎて、フェンスの幅が足りませんでした。四大陸と同じよな感じですね。勢いがありすぎて、フェンスに激突して転倒しました。お前はみどりかっ。
ステップはかっこよかったです。よく滑り込んでいて、今までの試合で一番よかった。
プレゼンテーションの評価は微妙すぎて困る。
観客からハッピバースデーコールされていました。
アメリカは時差があるのでSPの時間中は彼のバースデーでした。おめでとう。

ムロズさん
ノーミスの演技でした。
ムロズさんのジャンプの軸は曲がっているイメージがあったのですが、今日はキレイでした。
お得意のイーグルからのアクセルもキレイにきまったし、顔芸も冴えてました。
演技終了後はガッツポーズでした。かわいい。

ボロノフ
4-3で3Tがおそらく回転不足なのでしょう。
ただ、フリップもがんばっていれてきたし、調子は上がっていると考えていいのかな?
2年連続のナショナルチャンピオンでも、プルが帰ってきたら、ロシアスケ連は1枠だろうが容赦なくプルを派遣するでしょうから、自分の枠は自分でとりにいかないといけませんね。ルタイもいい位置につけてるし、がんばれ!

アボットくん
単独のルッツ?かフリップ以外はあうあうあう・・・・・・
さすがにステップはステキだったのでそれなりの評価はしてもらっているみたいです。

ポンちゃん
4-3を入れてきました。ポンちゃんのセカンドトリプル初めて見ました。
惜しくもオーバーターンしていしまいましたが、回転は足りていたみたいです。
アクセルでステッピングアウトしたり、ステップでスタンブルしていましたが、まぁまぁの得点でした。

むらむら
ジャンプはノーミスでしたが、ジャンプジャンプで他のことが印象に残らなかったかな?
なかなかいい位置につけたので、もうちょっと喜べよ。って思いました。
Comment:0  Trackback:0
2009
03.25

世界選手権 ペアSP

1 Aliona SAVCHENKO / Robin SZOLKOWY(ドイツ)72.30 PB
2 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)68.94
3 Dan ZHANG / Hao ZHANG(中国)67.42
4 Maria MUKHORTOVA / Maxim TRANKOV(ロシア)66.88
5 Qing PANG / Jian TONG(中国)65.18
6 Tatiana VOLOSOZHAR / Stanislav MOROZOV(ウクライナ)64.10 PB
7 Jessica DUBE / Bryce DAVISON(カナダ)61.80
8 Meagan DUHAMEL / Craig BUNTIN(カナダ)61.28
9 Keauna MCLAUGHLIN / Rockne BRUBAKER(アメリカ)53.62
10 Caydee DENNEY / Jeremy BARRETT(アメリカ)52.74
11 Mylene BRODEUR / John MATTATALL(カナダ)50.44
12 Anais MORAND / Antoine DORSAZ(スイス)48.50 PB

サフゾルの1位はやはりというところ。
2位と3点差は、優勝をかっさらっていくパターンですね。

川スミが2位とは意外です。
そして、プレゼンテーションが中国の2組よりも上というのにも驚きました。
メダルの可能性は高いです。

中国の2組のプレゼンテーションが必要以上に下げられていますね。
中国嫌いなの?ジャッジ。

北米勢は沈黙。
3枠は難しいですね。
9位と10位の点差がすごい。
Comment:2  Trackback:0
2009
03.25

世界選手権 アイスダンスCD テサモエ3位

1 Oksana DOMNINA / Maxim SHABALIN(ロシア)40.77 PB
2 Tanith BELBIN / Benjamin AGOSTO(アメリカ)39.65
3 Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)39.37 PB
4 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)37.73 PB
5 Jana KHOKHLOVA / Sergei NOVITSKI(ロシア)37.34
6 Nathalie PECHALAT / Fabian BOURZAT(フランス)36.54 PB
7 Federica FAIELLA / Massimo SCALI(イタリア)36.30
8 Sinead KERR / John KERR(イギリス)35.30 PB
9 Pernelle CARRON / Matthieu JOST(フランス)34.39 PB
10 Vanessa CRONE / Paul POIRIER(カナダ)33.33
11 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)33.30
12 Alexandra ZARETSKI / Roman ZARETSKI(イスラエル)32.85
13 Emily SAMUELSON / Evan BATES(アメリカ)32.51
14 Kristin FRASER / Igor LUKANIN(アゼルバイジャン)30.35
15 Anna ZADOROZHNIUK / Sergei VERBILLO(ウクライナ)30.34
16 Katherine COPELY / Deividas STAGNIUNAS(リトアニア)28.46
17 Lucie MYSLIVECKOVA / Matej NOVA(チェコ)28.29
18 Cathy REED / Chris REED(日本)27.24
19 Zoe BLANC / Pierre-Loup BOUQUET(フランス)27.16
20 Carolina HERMANN / Daniel HERMANN(ドイツ)26.65

リザルトのみです。
youtubeに上げてくださる神が現れてから見ます。

ドムシャバはやはりといったところ。シャバリン白い。

ベルアゴが2位と復活しました。
CDは苦手だと思っていたのですが、リニチュクのところにいって正解でしたね。
ベンの衣装はicenetworkで見たのですが、相当派手ですね。髪も少し伸びたかな?

テサモエ3位!評価ものすごいですね。
首位と点差が1点ということは優勝は射程範囲内です。
素敵なODなので楽しみ。

メリチャリがなんと4位。
ホフノビの上にいくとは。
ホフノビは滑走順が早かったので不利だったかな?

まさかのぺシャブル6位!!!!
ファイスカやぺシャブルでCDで上に立てたのは、ジャッジのお好みということなのでしょう。
楽しみ。
同僚のキャロジョスも調子いいですね。3枠は無理だけどイザオリの分もがんばってほしい。

クロポワすげ!
8強とは差がちょっと開きますが立派。
カナダ3枠いけそう。

サミュベイはエッジの甘さが出たかな?
(私的)今季最高のOD楽しみ。

リード組もがんばれ。

感想は追記にて

続きを読む
Comment:4  Trackback:0
2009
03.22

ジャンクきた

やっとジャンクスポーツにタニスが登場しましたね。
ちなみに登場を予告したのは7月11日の記事

やっぱり登場のくくりは美女アスリートなんですね。
浜田も若い兄ちゃんもやっぱりタニスにいったな~
美人やもん。

ワールドではマジで金メダルとってほしい。
テサモエファンやけど、彼らはこれから10年ぐらい現役続けられるんやから、ちょっと自重して、これと五輪はベルアゴに譲っておこうぜ。

ベルアゴの衣装をとにかく変えてほしい、特にベンのやつ。
タニスは何着ても似合うからOK

Comment:0  Trackback:0
back-to-top