2008
09.28

JGP マドリッド杯 男子最終結果

LP
1 Artur GACHINSKI(ロシア)121.31 PB
2 Armin MAHBANOOZADEH(アメリカ)116.41
3 Javier FERNANDEZ(スペイン)111.98 PB
4 William BREWSTER(アメリカ)106.63 PB
5 Mark VAILLANT(フランス)104.38 PB
6 Tatsuki MACHIDA(日本) 99.49

最終順位
1 Armin MAHBANOOZADEH(アメリカ)179.40
2 Artur GACHINSKI(ロシア)172.88 PB
3 Tatsuki MACHIDA(日本)158.97
4 Javier FERNANDEZ(スペイン)157.18
5 Mark VAILLANT(フランス)156.50 PB

マーバヌーザデーの優勝。
これでファイナル決定ですね。

ガチくんが2位。
アクセル2本と3T-3Tで点数を稼いだ。
プレゼンテーションでも評価がいいです。

町田は表彰台。
アクセルは決まらなかったけれど、昨シーズンよりも他のトリプルジャンプは上手になったみたい。それだけでも収穫かもしれません。
ステップの評価がわりと普通なのが悲しい。

日本人選手が台乗りしてくるようになって嬉しいです。
来週はベラルーシです。

Comment:0  Trackback:0
2008
09.28

ネーベルホルン杯 女子最終結果

LP
1 Alissa CZISNY(アメリカ)111.73
2 Laura LEPISTO(フィンランド)99.17
3 Akiko SUZUKI(日本)91.91
4 Jenna McCORKELL(イギリス)82.55
5 Na-Young KIM(韓国)81.87
6 Myriane SAMSON(カナダ)81.78

最終順位
1 Alissa CZISNY(アメリカ)168.28
2 Laura LEPISTO(フィンランド)154.21
3 Akiko SUZUKI (日本)146.93
4 Elena GLEBOVA(エストニア)131.63
5 Jenna McCORKELL(イギリス)128.67
6 Myriane SAMSON(カナダ)127.35
7 Na-Young KIM(韓国)123.65
8 Annette DYTRT(ドイツ)117.67
9 Sarah HECKEN(ドイツ)113.77
10 Kristin WIECZOREK(ドイツ)112.70

シズニー優勝おめでとう!
昨シーズンは残念な結果続きだったけど、今シーズンの滑り出しは上々。
ステキな選手なのでとても嬉しい。

あっこちゃん3位。強豪揃いの中でなかなかの健闘でした。
ステップではさすがの加点でした。

グレボワのエレメンツって、そんなに悪くないんだけど、よくもないんだな・・・・
加点がついているのが見当たらない。

ナヨンのフリップに!マークがついた。
ということは同じ跳び方のヨナにもつく可能性があるということでしょうか?

カラデミル・・・・残念です。
Comment:0  Trackback:0
2008
09.27

JGP マドリッド杯 女子最終結果

LP
1 Kristine MUSADEMBA(アメリカ)82.16
2 Becky BERESWILL(アメリカ)82.11
3 Kanako MURAKAMI(日本)80.29 PB
4 Rebecka EMANUELSSON(スウェーデン)80.24 PB
5 Rylie MCCULLOCH-CASARSA(カナダ)78.26 PB

13 Mari SUZUKI(日本)62.73 PB

最終順位
1 Kristine MUSADEMBA(アメリカ)127.64
2 Becky BERESWILL(アメリカ)127.27
3 Kanako MURAKAMI(日本)126.87 PB
4 Ksenia MAKAROVA(ロシア)122.89 PB
5 Rebecka EMANUELSSON(スウェーデン)119.89 PB

12 Mari SUZUKI(日本)104.95 PB

村上が3位ですね。
でも、せっかくの優勝のチャンスを逃してしまったのは残念です。

今回の判定も相当厳しかったみたいです。
前回の判定は甘かったので、さらに際立ちました。

村上はSPで、ジャンプが2つも回転不足になったのに。あれだけの点数を出すことができたんですね。そこは賞賛すべき点なのか、改善すべき点なのか・・・・・

なんにせよ厳しい戦いが続くことは明確で、マイナスや<、!、eのたくさんついたジャッジスコアとにらめっこする日は続くんでしょうね。
Comment:0  Trackback:0
2008
09.27

ネーベルホルン杯 男子最終結果

LP
1 Nobunari ODA(日本)146.76
2 Michal BREZINA(チェコ)144.45
3 Yannick PONSERO(フランス)135.92
4 Tomas VERNER(チェコ)126.73
5 Anton KOVALEVSKI(ウクライナ)117.89

最終順位
1 Nobunari ODA(日本)224.67
2 Michal BREZINA(チェコ)220.29
3 Yannick PONSERO(フランス)197.71
4 Tomas VERNER(チェコ)197.38
5 Anton KOVALEVSKI(ウクライナ)179.92
6 Jeremy TEN(カナダ)170.58
7 Scott SMITH(アメリカ)168.77
8 Dennis PHAN(アメリカ)168.40
9 Peter LIEBERS(ドイツ)166.06
10 Viktor PFEIFER(オーストリア)165.98

ノブナリ優勝。
だけど、高いんだか低いんだか、よくわからない点数。
テクニカルはブレジナに負け、プレゼンテーションはトラに負け。
んー微妙。

ブレジナが2位。
どうしてこんなに点数が出るんだろう?
これで一躍、ワールドジュニアの優勝候補。

なななななんとポンちゃんが3位というサプライズ。
LPで135点も出すポンちゃんなんか初めて。
一番気になります。クワド成功したのか気になります。

予想を裏切らずディダクションがついたトラです。
考えはしたけど、表彰台落ちとは・・・・・
タンゴメドレー楽しみ。

もう頭の中はポンちゃん一色です。

Comment:0  Trackback:0
2008
09.26

ネーベルホルン杯 女子SP

1 Alissa CZISNY(アメリカ)56.55
2 Laura LEPISTO(フィンランド)55.04
3 Akiko SUZUKI(日本)55.02
4 Elena GLEBOVA(エストニア)50.24
5 Annette DYTRT(ドイツ)46.98
6 Jenna McCORKELL(イギリス)46.12
7 Myriane SAMSON(カナダ)45.57
8 Tugba KARADEMIR(トルコ)44.83
9 Na-Young KIM(韓国)41.78
10 Katharina HAECKER(ドイツ)41.16

あっこちゃんのプレゼンテーションはもっと評価されるべき!
今シーズンのプログラムはラ・カンパネラらしいですね。
ステップが楽しみです。

シズニーがコケてないみたいで嬉しいです。
せっかくのスパイラルやスピンも台無しになりますもんね。

あとはレピスト、グレボワ、ディトルト、カラデミル、マッコーケル。

美女祭りか?

神がyoutubeに動画をアップしてくれることを願います。
Comment:0  Trackback:0
2008
09.26

JGP マドリッド杯 男子SP

1 Armin MAHBANOOZADEH(アメリカ)62.99 PB
2 Tatsuki MACHIDA(日本)59.48
3 Chafik BESSEGHIER(フランス)54.23 PB
4 Mark VAILLANT(フランス)52.12 PB
5 Artur GACHINSKI(ロシア)51.57

町田が2位のまずまずスタート。
彼はトリプルアクセル跳べる子だから、SPのアクセルもやってるのでしょうか?

ガチくんが出ていますね。
ビザの不備でこないだは出れなかったのですが、ロシアの連盟がどれだけ期待しているかが伺えます。

ロシア連盟は、ナショナルの順番とか無視で、あからさまに実績とかひいきで代表選びますから、あまり当てにならないんですよね。そういうところが共産的な匂いして嫌なんだなぁ・・・・・。

それは何より、ガチくんはあともう1つの大会も派遣決まってよかった。
村上も書類不備でメキシコには出られなかったけど、南アフリカに派遣決まってよかった。能力は間違いなく男子のジュニアでは1番と思われる。アクセルもいけるし、クワドもできるからね。

楽しみ。

Comment:0  Trackback:0
2008
09.26

ネーベルホルン杯 男子SP

ノブナリ復帰戦。
そして、シニアシーズンの開幕を告げる試合。

1 Nobunari ODA(日本)77.91
2 Michal BREZINA(チェコ)75.84
3 Tomas VERNER(チェコ)70.65
4 Jeremy TEN(カナダ)64.06
5 Dennis PHAN(アメリカ)62.11
6 Anton KOVALEVSKI(ウクライナ)62.03
7 Konstantin MENSHOV(ロシア)61.81
8 Yannick PONSERO(フランス)61.79
9 Igor MACYPURA(スロバキア)59.34
10 Scott SMITH(アメリカ)58.39

ノブナリの得点よりも、チェコの方が気になる。

ブレジナあいかわらず、ムダにネーベルホルンで力を発揮するな。
去年もベルネルより上で、しかも優勝したし。
テクニカル43点とか・・・・裏技?

ベルネルはミスしたんだなぁ・・・・って。
あいかわらず自爆癖は治ってないんだね。プレゼンテーションに助けられてる。
これじゃあ、先シーズンのシマウマさんと筋肉マンさんと同じじゃないのよ(失礼)。

そして、我らがノブナリ。
あいかわらずのプレゼンテーションの過小評価。
スケートはキレイなんだけど、曲を表現しきれてないな、という感じは否めない。
もっと表現してほしい。もっともっと曲を深く知ってほしい。

もう1人自爆っ子がいました。
ポンちゃん。みんな大好きポンちゃんです。
なぜか体が微妙に柔らかいポンちゃん。
髪型が最高に適当なポンちゃん。
その不思議なところこそフランス人の魅力。
これからもステキなポンちゃんでいてください。
でも、ジャンプはきめてください。


ノブナリが競技に本格復帰ということで、今の日本の勢力図おさらい。
橋くんはもう別格。
去年は、こづくんが2位で、南里、ニワン、無良などなど。
ノブナリの復帰後も2位以下は横一線って、言う人多いんだけど、なんで?
PBは歴代トップ5に入る選手なのに、それでも他の選手と一直線か?

なんだか、ノブナリ過小評価がすごく悲しい。
スケート知ってる人も、ジャッジからも評価が低すぎる。

他の日本選手ファンには失礼だけど、橋くん、ノブナリ、こづくんの3人はもう鉄板だと思う。
橋くんが引退するまではこれが続くだろうし。

今の日本の男子も女子も間違いなく上3人は史上最強。
今こそ、日本人を応援しようではないか。
ただ、試合中のムダな手拍子はやめましょう。
Comment:2  Trackback:0
2008
09.26

JGP マドリッド杯 女子SP

1 Ksenia MAKAROVA(ロシア)49.72 PB
2 Kanako MURAKAMI(日本)46.58 PB
3 Kristine MUSADEMBA(アメリカ)45.48
4 Becky BERESWILL(アメリカ)45.16
5 Roberta RODEGHIERO(イタリア)43.92 PB

7 Mari SUZUKI(日本)42.22 PB

順位的には上々の滑り出しですね。
ただ、ミスしたアメリカ勢は怖いです。LPで挽回してくることも十分考えられる。
でも、アメリカ勢が上にいないってだけで、ちょっと落ち着く。

村上はジュニアグランプリに連盟の推薦で特別の出場。
名古屋ということで、力も入ってるんでしょうね。
ただ、連盟が押してずっこけたら、攻められるのは連盟。
中村も連盟からの推薦で、特例出場しましたからね。

国際大会の選考基準が発表されて、ワールドには上位2名、そして、もう1名は推薦っちゅうことになった。これは、美姫さんの復調が見えないときのための救いの手なのか、中野さんと村主さんのどちらかに、出場させたいという動きがあるのか。っていろいろ考えてしまいます。
トリノ前みたいなごちゃごちゃしたややこしい決め方はやめてほしい。

村上、鈴木がんばれ。
Comment:0  Trackback:0
2008
09.25

GPシリーズ追加選手

スケートアメリカ
セルゲイ・ダビドフ(ベラルーシ)→イゴール・マチプラ(スロバキア)

スケートカナダ
ジェフリー・バトル(カナダ)→ショーン・ソーヤー(カナダ)

中国杯
ジェフリー・バトル(カナダ)→ジェレミー・テン(カナダ)

エリック・ボンパール杯
ジンリン・グァン(中国)→ジャーリン・ウー(中国)

NHK杯
ジンリン・グァン(中国)→セルゲイ・ドブリン(ロシア)

メンツ的には落ちた(失礼)けれども、ショーンが派遣2つゲットできてよかった。これはジェフの思し召しだよ。ただ連続派遣大丈夫かな?

テンが派遣になった。
大方の予想では、スケカナTBAがテンになるらしかったんだけどな・・・・
エマさん戻ってこないなら、さっさとTBA発表しておくれよ・・・

ウーくんも2つ目の派遣。よかったよかった。

マチプラは松村の名前で有名だけど、なぜ松村なの?

ドブリン派遣きたー!
NHK杯は、最近影の薄いロシアンコンビ、ドブリン&ルタイも注目ですね。
最近は、ガチくんやボロデュリンに話題とられ、ボロノフに差つけられちゃったから。


スケカナのTBAはさっさと発表すべき!誰なんだー!派遣する選手いないなら、ノブナリにあげてー!

チェンジャンは結局引退しないのね?
イマイチ不明なままだったけど、ここまで来て名前消えないのは引退しないってこと?
それを信じていいのですかーーー?

チームカナダは、マリーさん&パトリス、ホーカーさん、ジェフの引退とエマさんのダンスで一気に世代交代しましたね。若い子ばっかりで心配だわ・・・


そういえば、グランプリシリーズの司会に草剛がなるってことは本当なんでしょうか?
それとも根も葉もない、うわさなのでしょうか?
Comment:2  Trackback:0
2008
09.21

出場抹消

グランプリシリーズのエントリー一覧を見たら、欠場選手が発表されていました。

ジェフリー・バトル スケートカナダ&中国杯
セルゲイ・ダビドフ スケートアメリカ
ジンリン・グァン エリック・ボンパール杯&NHK杯

改めて、ジェフの引退が身にしみるよ。
これで、スケカナオンリー出場というのもなくなりました。
せめてセレモニーだけでも・・・・・

消し方にもやり方あると思うんですよ。
普通に名前を消すならまだしも、

Jeffrey BUTTLE

こういうのはやめてほしいです。

なぜグァンが両方欠場なのか意味わからん。
そして、ダビダビはなぜ欠場なのだろう?プログラム作ってないのかな?

Comment:3  Trackback:0
back-to-top