2008
02.29

世界ジュニア選手権 男子最終結果

世界ジュニアの男子LPが終了し、最終結果がでました。

LP
1 Adam RIPPON(アメリカ)130.55
2 Artem BORODULIN(ロシア)128.61 PB
3 Jinlin GUAN(中国)127.13
4 Kevin REYNOLDS(カナダ)125.01
5 Brandon MROZ(アメリカ)122.84
6 Michal BREZINA(チェコ)122.29 PB
7 Ivan BARIEV(ロシア)116.67
8 Jeremy TEN(カナダ)115.05 PB
9 Chao YANG(中国)112.66
10 Moris PFEIFHOFER(スイス)111.65 PB
11 Javier FERNANDEZ(スペイン)108.76 PB
12 Florent AMODIO(フランス)106.29 PB

最終結果
1 Adam RIPPON(アメリカ)199.90
2 Artem BORODULIN(ロシア)194.77 PB
3 Jinlin GUAN(中国)189.60 PB
4 Brandon MROZ(アメリカ)186.20
5 Michal BREZINA(チェコ)184.40 PB
6 Kevin REYNOLDS(カナダ)180.78
7 Ivan BARIEV(ロシア)175.06 PB
8 Jeremy TEN(カナダ)173.34 PB
9 Tommy STEENBERG(アメリカ)166.64
10 Florent AMODIO(フランス)164.79 PB
11 Kim LUCINE(フランス)164.61 PB
12 Moris PFEIFHOFER(スイス)162.88

順当といえば順当ですが、ブランドン・ムロズが4位というのはちょっと寂しいな。去年も4位だったし、表彰台にのってほしかった。

日本勢とはいうと、言っては悪いですが、散々な結果ですね。ここまで悪いとは思いませんでした。せめて2枠の保持はギリギリいくと期待していましたが、ギリギリもなく1枠になってしまいました。後が育ってきてないですよね。それに、2006年に小塚くんが世界ジュニアで優勝したときのスコアが歴代トップ10にははいっていません。実績はあるけれど、内容はここ数年の中の王者でも、ちょっと・・・・・・。伸びてもきませんしね。
佐々木くんがまともに跳べたトリプルはトゥとルッツだけでした。さすがにそのレベルだとキツイ。無良くんは3Aを入れたのはいいのですが、全て決まりませんでした。さらに加点もほぼなしでした。あのよっこらしょ跳びは改善の余地ありです。ステップやスピンも全くレベルを取れていませんでした。だから、点数のカバーにもなっていない。もっと丁寧にいってほしい。長久保さんにビシバシしごいてもらってください。

プロトコルで目立ったのが、レイノルズくん。ミスの多さから結果は振るわなかったものの、他の選手の追随を許さない基礎点でした。74点台ですね。ただジャンプ得意なのに、ミスしますし、高さが低いだけに、回転不足にもなりやすいです。苦手な3Aもがんばってほしい。

この中の選手が、今度はシニアに上がってくるんですね。楽しみやなぁ。


Comment:2  Trackback:0
2008
02.28

世界ジュニア選手権 男子SP

世界ジュニアの男子SPが終了しました。
世界ジュニアということで、LPに進められる24人(たぶん)の結果を。

1 Adam RIPPON(アメリカ)69.35 PB
2 Artem BORODULIN(ロシア)66.16 PB
3 Brandon MROZ(アメリカ)63.36 PB
4 Jinlin GUAN(中国)62.47
5 Michal BREZINA(チェコ)62.11 PB
6 Tommy STEENBERG(アメリカ)61.33 PB
7 Kim LUCINE(フランス)60.01 PB
8 Denis TEN(カザフスタン)60.00 PB
9 Florent AMODIO(フランス)58.50 PB
10 Ivan BARIEV(ロシア)58.39 PB
11 Jeremy TEN(カナダ)58.29
12 Nikolai BONDAR(ウクライナ)56.68 PB
13 Kevin REYNOLDS(カナダ)55.77
14 Javier FERNANDE(スペイン)52.25
15 Moris PFEIFHOFER(スイス)51.23
16 Maciej CIEPLUCHA(ポーランド)50.70 PB
17 Denis WIECZOREK(ドイツ)50.37 PB
18 Akio SASAKI(日本)50.05
19 Adrian SCHULTHEISS(スウェーデン)49.15
20 Jakub STROBL(スロバキア)48.59 PB
21 Takahito MURA(日本)47.66
22 Elladj BALDE(カナダ)46.98
23 Nikita MIKHAILOV(ロシア)46.40
24 Chao YANG(中国)45.82

やっぱりアメリカは強いねー。リッポンくんがSP1位です。これで世界ジュニアチャンピオンになったら、彼のコーチもモロゾフですし、ますますお金が入ってきますね。振付師としてもコーチとしても、今現在最も成功してますね。

日本の2人は・・・・・・・・・18位と21位です。このままだと2枠維持も無理でしょうね。2人ともジャンプが決まらなければね~。無良くんは3Aを武器にしているとされていますが、成功もしないので武器にもなってない。佐々木くんはスケートの質がよいということで、PCSを見る限り評価はされているようです。ただ、ループとフリップが苦手ということで、せめてあとどちらかが跳べられるようになればいいのですが。

女子選手って、あんましかわいくない選手でも応援したくなりますが、男子選手ってやっぱ顔が大事ですね。僕も顔で応援する選手を決めてる気がします。現に世界のトップにいる選手って、ランビにしろ、ライサ、ジェフ、ジョニー、高橋君、ジュべ。男前(乙女が1名)ばかりですもんね。

LPでの日本勢のもりかえしに期待しましょう。
Comment:0  Trackback:0
2008
02.22

男子のお気に入りプログラム

 四大陸おわって、まだあんまり時間たってないんですけど、ジュニアグランプリからグランプリシリーズやら日米対抗、ファイナルにナショナル、欧州、カナダに全米だったので、試合がなくて寂しいです。

みなさんはもちろん見たとは思いますが、オススメ演技(お気に入り)を紹介します。



ジェフリー・バトル SP「アディオス・ノニーノ」

先シーズンのSPでしたが、道化師からこっちにナショナルから戻しましたね。3Aのミスよりも最近はルッツのミスの方が怖いです。ジェフの衣装は毎回似合っていないんですがwこの衣装はホンマにステキです。サーキュラーからストレートラインへいくときに、手を広げとるのがたまらなくかわいい。



ジョニー・ウィアー SP「ユノーナとアボーシ」

この悲しげなピアノの旋律にジョニーの柔らかいスケートのあうことあうこと。正直、そこまで好きな選手ではなかったんですが、先シーズンの「キング・オブ・チェス」とか、2004年の「Otonal」とかいろいろ見てくうちに大好きになりました。ジャンプ跳んで、はいおしましじゃなくて、手の振りとかホントに細かい。シットスピンの形もキレイで好きです。



高橋大輔 LP「ロミオとジュリエット」

最初にこのプロを日米対抗で見たときの第一印象は、衣装がガンダムのパイロットのスーツみたいだ。ということだけでした。でも、もうこれが6回目だったのに、さすがに慣れましたね。違和感がなくなりました。
いまや加点の大王、高橋くんになりました。でもこんだけの難プロだから点数出て当然ですよね。言っては悪いですが、年齢的にも技術的にもここがピークかと。これをどこまで持続させられるかですよね。
ワールドではこれ以上のやつみたいなぁ。



クリストファー・ベルントソン SP「La Valse D'AmelieとBelleville Rendez-Vous」

謎の振り付けでいつも楽しませてくれるベルルンです。今シーズンはお人形さんなんですね。少し時代を感じさせるようなアコーディオン?や神秘的なグロッケンの音で、夢の世界に入った気分にさせてくれます。ロシア杯でサスペンダー外れちゃったのに、またつけてくるところがすごいですね。でもかわいらしいね。ジャンプは安定感がイマイチだけど、東京ワールドみたいないい演技に期待です。

あとはランビのSPも好きですね。ケビンさんのSPも好き(衣装が)。なんかSPばっかですね。僕はSPが好きなんだなぁってつくづく思います。SPはいろんな技が凝縮されてるから見てても飽きないですし。LPであんまりコケてるとこ見てたら、寝ちゃいます。ランビとジュべの調子がいまひとつだったので、順位が予想しがたいワールドですね。とりあえず、来週はジュニアワールド。僕が応援するのは、リッポンくんとフラットちゃんです。

みなさんは誰のプロがオススメですか?

Comment:0  Trackback:0
2008
02.16

四大陸選手権 女子最終結果

四大陸選手権の女子LPが終了しました。

LP
1 Mao ASADA JPN 132.31
2 Joannie ROCHETTE CAN 119.50 PB
3 Miki ANDO JPN 117.59
4 Na-Young KIM KOR 105.41 PB
5 Ashley WAGNER USA 105.17
6 Mira LEUNG CAN 104.35 PB
7 Katrina HACKER USA 104.00 PB
8 Cynthia PHANEUF CAN 102.04 PB
9 Fumie SUGURI JPN 94.82
10 Anastasia GIMAZETDINOVA UZB 94.58 PB
11 Beatrisa LIANG USA 90.20
12 Yan LIU CHN 86.76

そして最終結果

1 Mao ASADA JPN 193.25
2 Joannie ROCHETTE CAN 179.54 PB
3 Miki ANDO JPN 177.66
4 Na-Young KIM KOR 158.49 PB
5 Mira LEUNG CAN 157.36 PB
6 Katrina HACKER USA 153.86 PB
7 Cynthia PHANEUF CAN 152.67
8 Ashley WAGNER USA 152.46
9 Anastasia GIMAZETDINOVA UZB 150.07 PB
10 Fumie SUGURI JPN 145.06
11 Beatrisa LIANG USA 144.25
12 Yueren WANG CHN 129.88 PB

真央ちゃんが優勝ですね。
SPではループ、LPではトゥループが回転不足にとられました。SPのルッツは今までの試合の中でも一番の減点でしたね。今回は取りこぼしも少なかったのがよかったですね。3Aもクリーンに決まって加点をもらっていますし。

ジョアニーはSPでもLPでもPBを更新したのですが、回転不足がありました。やはりLPの最後の2つのシークエンスが上手くいきませんね。あそこまでいくと、体力的にも相当厳しいと思いますし。ただあの終盤で立て続けにあの2つ決めたらかっこいいだろうなー。

安藤さんはSPでループの回転不足でした、LPではダブルに意図的にしたんでしょうか?減点をくらってます。クワッドに挑戦するといっていましたが、ダブルになりました。力みすぎてなったのだと思います。昔にもこんなことありましたし。あとは無難にまとめたという印象です。

ワグナーはLPで3-3に挑戦しましたが回転不足でした。残念です。
キム・ナヨンという選手がいましたが、なかなかいい点数じゃなかったでしょうか?大きくPBも更新しましたしね。

全体的に回転不足が多すぎますね。女子には厳しいのかなぁ?やっぱり女子のほうがそれだけ、男子よりも筋力がないということか?
そんなにうわーっていう驚きとか興奮とかはありませんでした。ワールドはもっと進化したみなさんの演技に期待です。
Comment:0  Trackback:0
2008
02.15

四大陸選手権 男子LP

四大陸選手権の男子LPが終了しました。
最後まで書いたのに、エラーで消えました。
何回もエラーでいい加減ブチぎれそうです。

LP
1 Daisuke TAKAHASHI(日本)175.84 PB
2 Jeffrey BUTTLE(カナダ)150.17
3 Evan LYSACEK(アメリカ)149.05
4 Jeremy ABBOTT(アメリカ)145.53 PB
5 Stephen CARRIERE(アメリカ)144.22 PB
6 Takahiko KOZUKA(日本)128.90
7 Shawn SAWYER(カナダ)126.39
8 Vaughn CHIPEUR(カナダ)125.74 PB
9 Chengjiang LI(中国)125.73
10 Ming XU(中国)120.09 PB

最終結果

1 Daisuke TAKAHASHI(日本)264.41 PB
2 Jeffrey BUTTLE(カナダ)234.02 PB
3 Evan LYSACEK(アメリカ)233.11 PB
4 Stephen CARRIERE(アメリカ)218.30 PB
5 Jeremy ABBOTT(アメリカ)206.40 PB
6 Chengjiang LI(中国)197.98
7 Vaughn CHIPEUR(カナダ)196.57 PB
8 Takahiko KOZUKA(日本)196.38
9 Shawn SAWYER(カナダ)187.18
10 Jialiang WU(中国)182.94

高橋君はLPとトータルスコアが世界歴代最高です。すごすぎます。SPでもLPでも加点は約10点ずつもらってました。LPではクワッドを2本クリーンに決め、ループのミス以外は素晴らしい演技でした。本当にすごい。ステップもレベル4をとったものもあるし、彼は満足だったんじゃないでしょうか?日本の星ですね。

ジェフはルッツとループにミスがありましたが、SPでもLPでも3Aをクリーンに決められたのがよかった。150点台にのったのも久しぶりだなぁ。ワールドでは、もっと調子をあげて、LPでは3Aを2本入れて、パーフェクトなアララトを見たい。

ライサくんはLPでクワッドの転倒や、コンボが入れられずに点数が落ちてしまいました。でもステップやスピンのとりこぼしのなさはさすがですね。ステップでたくさんの加点がもらえるのも強みですね。あの回りまくるツイズルのおかげか?

アメリカ勢が2人ともPBを更新で調子がいいです。アボットくんは4Tを成功ですね。キャリエールはまた3-3抜いたのか・・・・と正直萎えな気分です。小塚くんはちょっとジャンプミスが多すぎましたね。得点が出ないのも無理はないです。こうなってくると高橋くんがワールドで優勝したとしても、この子が12位以内に入ってくれないと・・・・・・・2枠。お願いだから3枠保たせて。こんなときに頭の中に織田くんの顔が浮かぶ。

上の3人はワールドもホントに楽しみ。どんな演技を見せてくれるのか、どんな銀河点が出るのか?3月まで待ちきれない。次は女子ですね。

Comment:0  Trackback:0
2008
02.14

四大陸選手権 女子SP

四大陸選手権の女子SPが終了しました。

1 Mao ASADA(日本)60.94
2 Miki ANDO(日本)60.07
3 Joannie ROCHETTE(カナダ)60.04 PB
4 Anastasia GIMAZETDINOVA(ウズベキスタン)55.49 PB
5 Beatrisa LIANG(アメリカ)54.05
6 Na-Young KIM(韓国)53.08 PB
7 Mira LEUNG(カナダ)53.01 PB
8 Cynthia PHANEUF(カナダ)50.63
9 Fumie SUGURI(日本)50.24
10 Katrina HACKER(アメリカ)49.86 PB
11 Binshu XU(中国)49.62
12 Ashley WAGNER(アメリカ)47.29

上位陣がつまってますね。
真央ちゃんはミスでしょうね。安藤さんは3-2にしたのかな?ジョアニーはPB更新おめでとうです。期待していたワグナーが12位です。回転不足になったり、何かのミスしたんでしょうかね。がんばったのはギマゼトディノワさんです。ゲデヴァニシヴィリぐらい覚えにくい名前ですね。東京のワールドで彼女を演技を見たことがあるのですが、忘れてしまいました。

ここまで真央ちゃんのSPが決まってこないと不安になってきます。せっかくのいいプロなのにもったいないです。あのプロの完璧なすべりが見たい!!!
安藤さん、ジョアニー、ワグナーの3人もとっても楽しみです。
村主さんもファイト!

Comment:4  Trackback:0
2008
02.14

四大陸選手権 男子SP

四大陸選手権の男子SPが終了しました。
この記事書くのは3回目です。ブログの不具合で反映されませんでした。

1 Daisuke TAKAHASHI(日本)88.57 PB
2 Evan LYSACEK(アメリカ)84.06 PB
3 Jeffrey BUTTLE(カナダ)83.85 PB
4 Stephen CARRIERE(アメリカ)74.08 PB
5 Chengjiang LI(中国)72.25
6 Vaughn CHIPEUR(カナダ)70.83 PB
7 Takahiko KOZUKA(日本)67.48
8 Jialiang WU(中国)64.35
9 Jeremy ABBOTT(アメリカ)60.87
10 Shawn SAWYER(カナダ)60.79
11 Kensuke NAKANIWA(日本)55.82

上位3人のスコアがすごいですね。
四大陸は欧州よりもレベルが低いというイメージがありましたが、今年はこっちの方がおもしろいですね。来シーズンからもこんな感じでやってほしい。

高橋くんは4-3をいれずにこのスコアだそうです。どんな加点もらったんでしょうか?ステップやスピンでレベル4連発なんでしょうかね。こうなってくると優勝どころか、世界チャンピオンまで見えてきますね。ロミジュリが楽しみです。

ライサくんは4-3をきめたのかなぁ?苦手なSPだったのですが、克服したんでしょうか。今シーズンの試合は、4-3はともかく他のジャンプでころっとミスしてしまうことが多いです。確実にとんでってほしい。彼の強みはきちんとスピンのレベルがとれるところと今シーズンはレベル4がとれているストレートラインですかね。

ジェフのスコアをみたとき、1人でガッツポーズしてしまいました。PBです。本当に嬉しい。正直、フィギュア選手の中では高齢ゾーン(失礼)に入っていってしまっているので、心配だったのですが、この結果でまだまだいけるな!と思いました。僕はバンクーバーまでジェフを応援し続けることを誓います。

4~6の選手、特にチェンジャンが70点超えられたのは嬉しいな。チェンジャンすごく好感が持てるから好き。小塚くんは転倒でしょうか。イマイチジャンプの安定感がないですね。きまったらすごくキレイなんですが。彼も大好きななので期待してます。ニワンさんもファイトです。

LPで完璧なロミジュリとトスカとアララトを滑ったら、いったいどんな得点になるのやら?と楽しみで仕方ありません。僕にできるのは画面を通じて、選手さん(特にジェフ)の応援をすることぐらいです。みなさんガンバレ!!!

Comment:2  Trackback:0
2008
02.09

四大陸選手権までもう少し

全米も終わって、一気に寂しくなりました。
11日から四大陸選手権なので待ち遠しいばかりですね。
ヨナの欠場で、真央VSヨナとか、3強!真央・美姫・ヨナとかやろうとしてたのに、さぞかし残念でしょうね。
フジテレビでは、15日に男子のSPとLP、女子のSPをテキトーに流して、16日に女子LPをやるんですかね?明らかに視聴率をとろうとしてて、嫌だなぁ。それに深夜にはEXですね。
また塩の実況なんでしょうが、国分もいるんでしょうか?あと荒川さんと特別ゲストとか。八木沼さんとまともなアナウンサーの方だけでいいですよ。なんだったら、解説だけでいい。
男子では、ジョニーの欠場ですね。全米の直後ですから、出ろ!というのも無理な話ですが。もっと全米早くやればいいのにね。

男子の方は、高橋くんとライサくんの優勝争いになるでしょうね。ジェフにはぜひがんばってほしい。アボットくんやショーンも出てきますね。
女子は真央ちゃん、安藤さんが強力ですが、ワグナーちゃんが怖いですね。ジョアニーも今季
は持ち直していますし、リャンちゃん、村主さん、ミラちゃんなどなど見所はたくさんです。
アイスダンスやペアも若い世代がどんどんきているので楽しみ。

駄文で申し訳ないですが、また結果が出たら書きますね。
Comment:2  Trackback:0
back-to-top