2007
11.30

グランプリシリーズ NHK杯 女子SP

NHK杯の女子SPが終了しました。

1 Carolina KOSTNER(イタリア)61.24
2 Miki ANDO(日本)60.52
3 Sarah MEIER(スイス)59.16
4 Alissa CZISNY(アメリカ)58.24
5 Nana TAKEDA(日本)55.06 PB
6 Laura LEPISTO(フィンランド)54.48
7 Elene GEDEVANISHVILI(グルジア)53.82
8 Yan LIU(中国)48.42
9 Lesley HAWKER(カナダ)45.94
10 Chae-Hwa KIM(韓国)45.32
11 Mai ASADA(日本)35.98
*PBはパーソナルベスト

コストナーが首位ということですが、あの3Tとか回転足りとるか?と思いました。納得いきませーん。ジャンプ全体的にまとまりがなかったですよね。

安藤さんは、ぼちぼちというところでしょうか。3Lz-3Loも回避しましたし、ステップも去年より腕の振りがどうとか言ってましたが、あまり分からなかった。
肩のケガの影響でビールマンポジションはもう見られないようですね。スパイラルもぐらついて、3秒間の保持ができてたか?と思いました。
でも、世界女王の名に恥じぬように、LPも滑ってほしいです。

サラさんステキすぎた。ジャンプも高くてランディングもキレイ。フルッツもとられてないようでよかったです。明日も是非がんばってほしいですね。

シズちゃんもよかった。スパイラルのぐらつきやスピンの回転不足(たぶん)もありましたが、ジャンプがきちんと回れて、降りられたのが何よりです。もうあの笑顔にメロメロですね。衣装もステキでした。

奈也ちゃんもよかったですね。3Tも高かったし、3Lo-2Tもクリーンだった。ちょっと時間がきつかったけど、減点もなくてよかったですね。LPでは是非、3Sや3Fにも挑戦してってほしいです。

ゲデちゃんが今日は一番かわゆかった。あの衣装はいいよねー。衣装オブザイヤーにノミネート決定。コンボのミスしても、あの得点かせげるってすごいね。イマイチ、スピンにスピードがいつもより感じられませんでした。LPでは弾けるジャンプとステキなスピンを期待してます。

舞ちゃんは体調が悪そうで心配です。ジャンプもミスが続きましたし、レイバックもビールマンをしませんでしたね。スピード感もなかったです。ホントに辛そうでした。靴を変えたばかりらしく、調整不足のようですね。
体調が悪いのなら、無理をせずに大事をとってもいいと思います。

Comment:0  Trackback:0
2007
11.25

グランプリシリーズ ロシア杯 男子最終結果

男子LPが終了しました。

1 Johnny WEIR(アメリカ)149.81
2 Stephane LAMBIEL(スイス)138.35
3 Jeffrey BUTTLE(カナダ)136.61
4 Takahiko KOZUKA(日本)135.33
5 Andrei GRIAZEV(ロシア)135.18 PB
6 Kevin REYNOLDS(カナダ)127.23 PB
7 Alexander USPENSKI(ロシア)125.43 PB
8 Kristoffer BERNTSSON(スウェーデン)122.38
9 Yannick PONSERO(フランス)121.83
10 Andrei LUTAI(ロシア)119.80
11 Ming XU(中国)103.02
12 Gregor URBAS(スロベニア)92.72
*PBはパーソナルベスト

そして最終結果

1 Johnny WEIR(アメリカ)229.96
2 Stephane LAMBIEL(スイス)218.84
3 Andrei GRIAZEV(ロシア)206.13 PB
4 Jeffrey BUTTLE(カナダ)201.77
5 Takahiko KOZUKA(日本)199.98
6 Yannick PONSERO(フランス)189.76
7 Alexander USPENSKI(ロシア)189.17 PB
8 Kevin REYNOLDS(カナダ)186.69 PB
9 Andrei LUTAI(ロシア)185.35
10 Kristoffer BERNTSSON(スウェーデン)182.46
11 Ming XU(中国)159.01
12 Gregor URBAS(スロベニア)155.62
*PBはパーソナルベスト

ジョニーがまたまた優勝しました。
ランビさんが2位でファイナル出場ですね。
ジェフは残念ながら、3位となりましたが、よくがんばりました。


Comment:0  Trackback:0
2007
11.24

グランプリシリーズ ロシア杯 女子最終結果

ロシア杯、マジやばかったです。テレビの前で立ち上がりました。
まずはLPの結果から

1 Yu-Na KIM(韓国)133.70 PB
2 Joannie ROCHETTE(カナダ)119.35 PB
3 Yukari NAKANO(日本)112.27
4 Kiira KORPI(フィンランド)96.04
5 Nina PETUSHKOVA(ロシア)94.09 PB
6 Fumie SUGURI(日本)91.97
7 Julia SEBESTYEN(ハンガリー)90.22
8 Beatrisa LIANG(アメリカ)88.30
9 Yan LIU(中国)87.74
10 Katarina GERBOLDT(ロシア)73.08
11 Kristin WIECZOREK(ドイツ)72.23 PB
12 Arina MARTINOVA(ロシア)66.95
*PBはパーソナルベスト

そして最終順位

1 Yu-Na KIM(韓国)197.20 PB
2 Yukari NAKANO(日本)172.77 PB
3 Joannie ROCHETTE(カナダ)169.91
4 Kiira KORPI(フィンランド)154.26 PB
5 Fumie SUGURI(日本)148.15
6 Nina PETUSHKOVA(ロシア)138.79 PB
7 Julia SEBESTYEN(ハンガリー)134.98
8 Beatrisa LIANG(アメリカ)134.60
9 Yan LIU(中国)126.14
10 Katarina GERBOLDT(ロシア)121.10 PB
11 Kristin WIECZOREK(ドイツ)109.61
12 Arina MARTINOVA(ロシア)101.43

素晴らしいの一言に尽きる上位3人の演技。
キム・ヨナってすげぇって改めて思った。キレイで幅のあるコンビネーション、キレイなポジションのスピン、キレのあるスパイラル。
真央ちゃんの持っていた歴代最高のLPの得点を更新しました。
SPもヨナ、LPもヨナ。スタミナもついてきた。もう勝てないの誰も?
コンビネーションがすごすぎて、加点もいただきまくりですね。
スピンもスパイラルも漏らさずにレベルを取る。
ホント完璧だわ。ワールド優勝しちゃうべ。

中野さんもすごかったね。
ただ、LPではルッツとフリップで回転不足、そしてフルッツにとられてました。
でも、スピンのレベルの高さ、ジャンプで加点はあまりもらえませんが、マイナスの評価はなくなってきてますね。PCSの評価でもついに7点台が出るようになりました。6.9点台も3つありましたしね。
回転不足がなかったら、120点はいってたでしょうにね。
3Aを2大会連続で成功させたのはお見事です。
ファイナルにも期待大です。

ジョアニーもホンマすごかった。
SPでミスあったけど、LPはPBでファイナル出場はならなかったけど素晴らしかった。
最後の2つのシークエンスはホンマに惜しい。あれとんどきゃ、120点超えやったのになぁ。でも、最初のルッツとかキレイやったなぁ。
ワールドもしくは、四大陸では期待できるでしょうね。

村主さんもがんばりました。
この大会ではフルッツとられてないんですよね。ジャッジによって見方が違うのかな?
途中で曲に追いつかなくなるところがありましたが、振り付け省いてどうにか・・・・といったところです。
ジャッジによってもPCSの評価にはバラつきがありますね。
全日本では、もっとかっこいい村主さんを見せて欲しいです。

キーラはよく、半分以上ジャンプミスして踏みとどまったね。スピンなどでも取りこぼしが少なかったのが救いでしょうか。ループも決まらなかったのは残念。
あまりにも可愛いので個人的には10点ぐらいボーナスをあげたいです。
SPは素晴らしいの一言でしたけど。

いよいよあとは、NHK杯を残すのみとなりました。
現在決定メンバーは
キム・ヨナ
浅田真央
中野友加里
キミー・マイズナー

残りを争うのが、
安藤美姫
キャロライン・ジャン
カロリーナ・コストナー
サラ・マイアー

安藤さんは4位以内
コストナーは優勝か2位以内でキャロラインの2大会の合計得点を、自分の2大会の合計得点で上回る。
サラさんは優勝。

安藤さんとキャロラインになったら、アジア系が5人になっちゃいますね。


Comment:0  Trackback:0
2007
11.24

グランプリシリーズ ロシア杯 男子SP

ロシア杯の男子SPが終了しました。

1 Stephane LAMBIEL(スイス)80.49
2 Johnny WEIR(アメリカ)80.15 PB
3 Andrei GRIAZEV(ロシア)70.95
4 Yannick PONSERO(フランス)67.93
5 Andrei LUTAI(ロシア)65.55
6 Jeffrey BUTTLE(カナダ)65.16
7 Takahiko KOZUKA(日本)64.65
8 Alexander USPENSKI(ロシア)63.74
9 Gregor URBAS(スロベニア)62.90 PB
10 Kristoffer BERNTSSON(スウェーデン)60.08
11 Kevin REYNOLDS(カナダ)59.46
12 Ming XU(中国)55.99 PB
*PBはパーソナルベスト

ジェフが・・・・・・・6位
ジャンプが決まらなかったのでしょうね。
ファイナルへの絶対出場条件は最低2位以内なので、がんばってほしいです。

ランビエールさんがほぼPBですね。
3Aが成功したんでしょうかね?おそらく4Tのコンボは成功したでしょう。
LPでは昨期以上の情熱的なフラメンコを期待してます。

ジョニーは、PBを出しました。今期は絶好調のようですね。
もしかしたら、勢いこのままにワールドでも表彰台に上っちゃうんじゃないの?っていうぐらいですよね。4位以内でファイナルは確定(だと思う)なので、4Tにも挑戦してほしいですね。

いやーホントにジェフはどうなることやら。
もし、ジェフかランビさんが3位なら、ケビンさんが出場になるんですよね。
とにかくLPで全てが決まります。

Comment:0  Trackback:0
2007
11.24

グランプリシリーズ ロシア杯 女子SP

ロシア杯の女子SPが終了しました。

1 Yu-Na KIM(韓国)63.50
2 Yukari NAKANO(日本)60.50
3 Kiira KORPI(フィンランド)58.22 PB
4 Fumie SUGURI(日本)56.18
5 Joannie ROCHETTE(カナダ)50.56
6 Katarina GERBOLDT(ロシア)48.02 PB
7 Beatrisa LIANG(アメリカ)46.30
8 Julia SEBESTYEN(ハンガリー)44.76
9 Nina PETUSHKOVA(ロシア)44.70 PB
10 Yan LIU(中国)38.40
11 Kristin WIECZOREK(ドイツ)37.38
12 Arina MARTINOVA(ロシア)34.48
*PBはパーソナルベスト

ヨナちゃんが2Aのミスはあったけど、首位ですね。
今シーズンのSPもLPも曲がステキやなー。ステップも好き。
衣装はLPは似合ってないかなー。
ヨナちゃんのフリップリップと騒がれていましたが、結局のところはとられずじまいですね。やっぱり日本人だけが、わーわー言ってるだけなんでしょうか?実際、ISUの講習会でもヨナちゃんのフリップがお手本になってたらしいですからね。
「韓国人はヨナだけ褒めて、真央ちゃんのジャンプの批判をする。」
「日本人は真央ちゃんのルッツの間違いを認める。でも、ヨナちゃんのフリップリップ。」
なんか、日本人は素直に認めててエラいような感じですが、ジャッジが全てですから、リップにとらせるのは諦めた方がいいように思います。

中野さんのスピンめっちゃ速くてキレイやった。
ジャンプのミスもなくてほぼPBでしたね。
笑顔で終われたのが何よりです。

キーラかわいすぎた!あの衣装も似合いすぎた!PBを5点も更新した!
あーよかった。可愛くて、高得点出しちゃうとか、罪な女やなー。
LPでもがんばってほしいです。

村主さんはジャンプで危なく見えるところがありましたが、転倒はなくて良かったです。
PCSがあんまり伸びてきませんね。ジャッジの評価も最近の不調で、下がってきているのでしょうかね?LPではフルッツなんか気にせんと、いい演技を期待してます。

LPに注目です。
Comment:0  Trackback:0
2007
11.23

2009-2010シーズンのグランプリシリーズ

今さっき、ISUのホームページ見てビックリしました。
グランプリシリーズの順番が今までの
アメリカ→カナダ→中国→フランス→ロシア→日本
から変わっているではありませんか。
さらに、日にちも約2週間早くなっています。(これは嬉しい)
これは本当のことなんでしょうか?知っているからいたら、ぜひ教えてください。

10月15日-18日 エリック・ボンパール杯
10月22日-25日 ロシア杯
10月29日-11月1日 中国杯
11月5日-8日 NHK杯
11月12日-15日 スケートアメリカ
11月19日-22日 スケートカナダ
12月3日-6日 グランプリファイナル

これって、このシーズンからジュニアグランプリファイナルも一緒の会場ですることになったからなのかな?

Comment:0  Trackback:0
2007
11.18

エリック・ボンパール杯を見て2

感想的なものを

浅田真央
3Aの失敗はあったんですけど、フルッツはしょうがないとして、まぁまぁの演技ではなかったんじゃないでしょうか?また、PCSをたくさんもらってましたね。3F-3Loが成功してホンマよかった。ファイナルはもっといい演技みたいです。

アシュリー・ワグナー
元気ハツラツで見てて気持ちいいね。ルッツはフルッツになっちゃってるんだけど、それを忘れさせてくれるぐらい良いね。世界選手権にも出れる年齢(たぶん)なので、国内大会で勝って、また見せてほしいな。

パトリック・チャン
あいかわらずジャンプがキレイだね。佐野さんいわく、世界一つま先がキレイらしい。ノーミスなら150点ぐらいはいきそうな勢いです。男子で16歳でここまでのレベルに行く人ってなかなかいませんよね。ファイナル楽しみやわー!

セルゲイ・ボロノフ
加点が貰えるようなジャンプばかりでした。高い3Tや3A、とっても難しい入りの3Sなど、トリプルジャンプは4種だけなんですが、この得点。3Lzや3Fが入ったらまた変わってくると思うので、がんばってほしいです。

ライアン・ブラッドリー
別にそんなに好きっていう選手でもなかったんやけど、今日のあまりのチャップリンぶりに虜になっちゃいました。ミスはあったものの、キレイな4Tを見せてくれました。演技終了後のスマイルに僕は300のダメージです。ぜひぜひ次は国内選手権でいい成績を残してほしいです。

サラ・マイアー
今日の衣装もとてもステキでした。加点をあげたいぐらいの美しさでしたね。がんばって入れていったジャンプはミスが目立ちました。でもシットスピンがきれいなこと!!!!ステップのときも感情をめっちゃこめてて、曲にあってましたよね。今シーズン一番きれいな女(暫定)に認定です。

キミー・マイズナー
またもやコンビネーションが回転不足になってしまいました。ルッツでもループでもミスがありました。取りこぼしが多かったのですが、曲の壮大さとキミーの可愛さで忘れさしてくれました。ワグナーちゃんとは0.09の差でなんとか2位というところ、結果はよかったんですが、スケアメでもエリックでも中身はよかったとはいえなかったので、ファイナルまでに調整をがんばってほしいです。衣装はステキだった。

トマシュ・ベルネル
なんかチャイナな服で登場しました。近所にいそうなおもろい兄ちゃん的な感じがする人です。ジャンプはイマイチでしたが、最後のコンビネーションスピンの速いこと!それに、「この人こんなにステップ上手だったっけ?」と思わせてくれました。結果は悪かったのですが、NHK杯では、もっといいものがみたいですね。衣装には「勇名トラ」って書いてあったように見えた。あれってどういう意味?

あと2試合となりましたね。
特に男子は混戦で順位がめっちゃくちゃです。ということはですよ、ロシアでジェフが優勝しちゃうってことも、無きにしも非ずってことですよね。ファイナルに出てほしいな~・・・・1回でも多くジェフが見たいな~・・・・。でもランビさんも好きやし、ジョニーも好きやし、あー来週が待ちきれん。
女子もヨナちゃん・ジョアニー・中野さん・村主さん。と、強豪揃いです。ジョアニーにも中野さんにもファイナル出て欲しいけど、キャロラインにも出て欲しいからなー・・・・・。
あー楽しみでヤバすぎる。

次週も応援をがんばろー!続きを読む
Comment:0  Trackback:0
2007
11.18

グランプリシリーズ エリック・ボンパール杯 女子最終結果

エリック・ボンパール杯の女子LPが終了しました。
LPの結果

1 Mao ASADA(日本)122.90
2 Ashley WAGNER(アメリカ)108.15 PB
3 Kimmie MEISSNER(アメリカ)102.76
4 Mira LEUNG(カナダ)100.79 PB
5 Sarah MEIER(スイス)93.17
6 Viktoria PAVUK(ハンガリー)93.17 PB
7 Elena GLEBOVA(エストニア)86.47
8 Gwendoline DIDIER(フランス)83.32
9 Valentina MARCHEI(イタリア)75.81 PB
10 Dan FANG(中国)71.53
11 Aki SAWADA(日本)69.24
12 Anastasia GIMAZETDINOVA(ウズベキスタン)63.48
*PBはパーソナルべスト
そして最終順位

1 Mao ASADA (日本)179.80
2 Kimmie MEISSNER(アメリカ)158.74
3 Ashley WAGNER(アメリカ)158.63 PB
4 Sarah MEIER(スイス)147.15
5 Mira LEUNG(カナダ)144.57
6 Elena GLEBOVA(エストニア)141.71
7 Viktoria PAVUK(ハンガリー)137.73 PB
8 Gwendoline DIDIER(フランス)120.14 PB
9 Valentina MARCHEI(イタリア)118.99
10 Dan FANG(中国)111.65
11 Aki SAWADA(日本)99.18
12 Anastasia GIMAZETDINOVA(ウズベキスタン)98.90
*PBはパーソナルベスト

真央ちゃんとキミーのファイナル出場が確定になりましたね。
ワグナーちゃんも3位と健闘しました。

真央ちゃんはやはり、フルッツは深刻なようですが、カナダより微妙に減点が少ないです。
フリーで3Aが回転不足で転倒、最後のコンボも回転不足、3F-3Loも危なかったでです。
でもパワー全快の真央ちゃんでいけば、今回の減点の分(フルッツ除く)を入れると、だいたい、131点ぐらいになるのではないか?と思います。
一番嬉しかったのは、SPのLSpがレベル3だったことですね。

キミーはリップエラーをもらってますね。またもや3-3が回転不足です。アメリカでもフランスでもSPでもLPでも回転不足です。やはり、体重が少し重くなってきたのかな?2006年のワールドの時のキミーってガリガリだったもんね。

ワグナーちゃんはフルッツがすごいんだけど、もろともせずに2本入れてくるね。フリップの方が苦手?っていうこともあるんかな?フルッツなのにフリップ苦手いうのもおもしろいね。
でも後半の3Lzを3Tとかにするんだったら、やっぱりルッツ跳んだ方が点数貰えるんだよね。

亜紀ちゃんはなんとか順位を1つ上げましたが、んんんんん・・・・
SPでは、ジャンプで合計1点しかとれませんでしたね。
他の要素も軒並みレベル2以下でした。
LPでもやはりジャンプでもスピンでも点数がとれない。
昨シーズンはフリップも跳んでなかったかなぁ?
NHK杯ではいい演技を期待したいです。





Comment:0  Trackback:0
2007
11.18

グランプリシリーズ エリック・ボンパール杯 男子最終結果

エリック・ボンパール杯の男子LPが終了しました。

1 Patrick CHAN(カナダ)144.05
2 Sergei VORONOV(ロシア)140.21 PB
3 Alban PREAUBERT(フランス)134.40
4 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)134.15
5 Ryan BRADLEY(アメリカ)132.19 PB
6 Tomas VERNER(チェコ)132.14
7 Kensuke NAKANIWA(日本)114.91
8 Christopher MABEE(カナダ)113.49
9 Jeremie COLOT(フランス)100.08
10 Song GAO(中国)95.64
11 Scott SMITH(アメリカ)94.89
*PBはパーソナルベスト

そして最終結果がこちら

1 Patrick CHAN(カナダ) 214.94 PB
2 Sergei VORONOV (ロシア)208.91 PB
3 Alban PREAUBERT(フランス)207.10
4 Kevin VAN DER PERREN(ベルギー)204.75
5 Ryan BRADLEY(アメリカ)191.32
6 Tomas VERNER(チェコ)189.37
7 Kensuke NAKANIWA(日本)177.61
8 Christopher MABEE(カナダ)175.17
9 Scott SMITH(アメリカ)151.25
10 Jeremie COLOT(フランス)149.47
11 Song GAO(中国)146.19

いやはや本当にチャンくんがファイナル出場になるとは思わんかったですね。
1回のジャンプミスと最後のスピンは要素として認められなかった以外は加点が素晴らしかったです。LPでは実に8点の加点でした。ジャッジの評価もあがり、5コンポーネンツは全て7点台。8点をつけるジャッジもいましたね。

ボロノフくんは合計28点もPBを更新しました。
驚くことにフリップもルッツも1つもプログラムに入れていません。
けれどこの点数はすごいですよね。やはり彼も加点ですね。SPで5点、LPではなんと10点も加点を貰いました。ルッツやフリップを入れられるようにがんばってほしいです。

プロベールくんとブラッドリーは4Tをクリーンに決められたようですね。
2人ともその他ではボロボロとミスをしてしまいましたが、決められたことが自身につながると思いますので、これからも挑戦し続けてほしいです。

ケビンさんはスピンやステップでレベルがとれています。
今までは本当にジャンプのおまけ的な感じがしてたんですが、努力のたまものでしょうね。ただ、あの衣装はホントにやめてほしい。
4位ということでファイナルはかなり無理があるかもしれませんが、出られるなら、またかっこいいSPの衣装は見たいです。LPの衣装はマジで変えてください。

男子はいよいよ激戦のロシア杯ですね。
3位(場合によれば4位)でファイナルが決まるジョニー
優勝、もしくは高得点をマークしたいランビエールさんとジェフ
3強の戦いになるでしょうね。

ライサチェクくん・チャンくんの次にファイナルへの切符を手にするのは?




Comment:0  Trackback:0
2007
11.17

エリック・ボンパール杯の男女SPを見て

今期は本当に女子の点数が伸びませんね。

浅田真央
スピンも今回は回転数が足りてないってことはあんまし見られなかったと思ったんんだけど、ループが1回転になって27点なんぼのTESでした。ルッツのマイナスで2点、コンボで6点ぐらいのミスですね。まぁ、そんなもんかな?
でも、カナダよりステップも上手でしたし、ちょっと不満でした。

澤田亜紀
ジャンプが全て回転不足でしたね。ジャンプだけで10点以上のミスです。
スピンも回転足りてないかな?ってところがあったように思えました。
ステップも、んんん・・・・・・・・・・・・
フリーではがんってほしいな。

サラ・マイアー
一段と今日はお美しい。美しさで加点をあげたいぐらいです。
スピンも速くてキレイでしたが、リップだけで、あんなに点数くれんもんかいね?
またもやムカってした。

パトリック・チャン
ジャンプがキレイやねー。ホンマにキレイ。
ルッツミスであれだけの点数稼げるってことは、跳んでたらあと5点は最低高かったってことやから、首位だったかもしれんね。
全体的に上手なんですけど、なんか固い。
エレメンツをこなすときに固い。それだけ気になった。

ケビン・ヴァン・デル・ペレン
SPの衣装好きや!あの血管。ただ、LPの衣装はホンマに変えてほしい。
3Aが2Aになった以外は大きなミスもなくPBを更新しました。
評価もあがってきてるから、カナダのような演技をしたら、てっぺんいけるかもね。


Comment:0  Trackback:0
back-to-top