FC2ブログ
2020
04.09

ISUコミュニケーション2312

https://www.isu.org/inside-isu/isu-communications/communications/24257-2312-decisions-of-the-council-april-6-2020/file

COVID-19(新型コロナウィルス)の影響により、国際スケート連盟での決定事項がいろいろと変更になりました。

偶数年に開催されるISU総会は、2021年5月31日~6月4日にとりあえず変更されることになりました。正式な招待は後日おこなわれます。

2020年世界ショートトラックスピードスケート選手権、2020年世界フィギュアスケート選手権、2020年世界シンクロナイズドスケーティング選手権の開催について、ISUは2020年10月から12月の間に変更することを検討している。しかしながらその可能性はCOVID-19の大流行の進展に大きく依存する。開催時期変更を検討するには、今後2週間のうちに、流行が世界的に明確な改善が見られ、真剣かつ具体的な計画が再び可能となる見通しが立つ必要がある。

ISU評議会は2020年4月16日のオンライン会議で再び、開催するかどうかの選択肢について議論し、すべての利害関係者に結論を伝える予定である。

COVID-19の流行により、多くのスケーターは次のシーズンに向けた適切な準備ができず、新しいプログラムを作ることが難しくなると思われる。このことを考慮し、3つの技術委員会(シングル&ペア、アイスダンス、シンクロ)が提案し、2019-2020シーズンの基本的な要素を2020-2021シーズンに維持することを決めた。

*アイスダンスにおけるノービスカテゴリーのパターンダンスと、ジュニアクラスとシニアクラスのリズムダンスの課題は2019-2020から変更されない。

*シンクロナイズドスケーティングにおけるショートプログラムとフリープログラムの要素は変更されない。

*シングルおよびペアの必須要素は、元々予定されていた2020-2021シーズンのものをおこなう。
**男女ジュニアのSPのソロジャンプの課題はルッツ、フライングスピンはキャメル、単一姿勢のスピンは男子はシットで女子はレイバックかシット
**シニアペアのSPのリフトの課題はグループ3、デススパイラルはフォアインサイド
**ペアジュニアのSPのリフトの課題はグループ3、スロージャンプはループ、ソロジャンプは2Lzか2A、ソロスピン指定、デススパイラルはフォワインサイド

基礎点についてはそれぞれの技術委員会により提案され、ISUコミュニケーションで発表される。

-------
フィギュアスケートに関係があるのはこんな感じでした。COVID-19の世界的な流行が今後2週間で収束に向かうとは到底思えないので、開催延期となっている3つの世界選手権は中止になると考えています。

アイスダンスのリズムダンスの課題を据え置くはナイスな判断ですね。リンクが次々と閉鎖されているので、プログラムを作ることなんてできませんもの。アイスショーがたくさん中止になっていますし、トップ選手でさえ新プロ振付の費用を捻出できないことが考えられます。来シーズンは持ち越しプロで全然オッケー。

ウィルス消えろ!ていっ!
2020
03.17

クリス・リード 死去

https://www.nikkansports.com/sports/news/202003170000385.html

クリス・リードの訃報が伝えられました。3月15日午前0時20分、心臓突然死により永眠しました。つい先週、キャシーとのブログで「アメリカから日本に行って、アイスダンスをニューエイジにする」と、発表したばかりでした。本当に突然のことだったのでしょう。

昨年の大晦日に引退を発表し、これからはキャシーとともに関空アイスアリーナで日本のアイスダンスの歴史を変えるカップルを育成してくれると思っていました。ご両親、キャシー、アリソン、そして長年交際を続けていたクリスティン・フランクさんに対して、心よりお悔やみ申し上げます。まだ若い彼の死に対するご家族や恋人の悲しみを推し量ることなど到底できません。

彼に対しての思いを言葉で綴ろうとしても空虚なものになってしまいます。クリスの演技を観ながら自分の心の中で消化しようと思います。安らかにお眠りください。 RIP.
2020
03.15

フランス氷上競技連盟新会長はナタリー・ペシャラに決定

https://fr.news.yahoo.com/f%C3%A9d%C3%A9ration-sports-glace-nouvelle-pr%C3%A9sidente-173111548.html

フランス氷上競技連盟の新会長にナタリー・ペシャラが選出されました。他の候補者より、コロナウィルスの件で選挙の延期を提案されていましたが、72%の賛成を以ってナタリーが新会長に決定しました。

ナタリーは知性的な女性なので、連盟改革に毅然とした態度で臨んでくれると期待しています。そして何より現役選手を守ることに全力を注いでほしいです。あばよゲヤゲ、これからはナタリーの時代だ!
2020
02.29

ダニイル・サムソノフ 世界ジュニア選手権欠場

https://rsport.ria.ru/20200228/1565328263.html

ダニイル・サムソノフの世界ジュニア選手権欠場が発表されました。現在成長期にあり、集中的な練習で関節に負担がかかっていたそうです。。今無理をすると、彼の健康を脅かし、これからのキャリアに支障をきたすため、今の健康と将来を優先しました。

優勝候補の一角なので非常に残念な気持ちですが、彼はまだジュニア1年目ですし、これからいくらでも時間があります。成長して背が伸びれば、さらにスケーティングの見栄えがよくなるでしょうし、気長に待ちたいと思います。

イリヤ・ヤブロコフが補欠から繰り上がりで出場することになりました。せっかくのチャンスですから、実力を発揮してほしいです。ゲオルギー・クニツァの方がロシアジュニア選手権の順位は上でしたが、彼はミニマムスコアを持っていないんですね。エテリ帝国の代理はエテリ帝国で補えなかった。層が厚すぎて国際大会派遣もらえないのも考え物だ。
2020
02.26

ISUチャンピオンシップスカナダ代表(やっと決まった)

https://skatecanada.ca/2020/02/skate-canada-updates-isu-championships-teams/
https://skatecanada.ca/2020/02/skate-canada-names-final-teams-for-four-isu-world-championships/

決まったよ!

世界ジュニアフィギュアスケート選手権(エストニア・タリン) 3月2日~8日
男子シングル
スティーブン・ゴゴレフ
ジョセフ・ファン

女子シングル
カイヤ・ライター
アリソン・シューマッカー←NEW

ペア
パトリシア・アンドリュー&ザカリー・デールマン
ケリー・アン・ローレン&ルカス・エーチエ

アイスダンス
ナタリー・ダレッサンドロ&ブルース・ワデル
エミー・ブロンサール&アイサ・ブアラギア
ミク・マキタ&タイラー・グナラ

世界フィギュアスケート選手権(カナダ・モントリオール) 3月16日~22日
男子シングル
ナム・ニューエン

女子シングル
アリシア・ピノー
エミリー・バウスバック←NEW

ペア
カースタン・ムーア=タワーズ&マイケル・マリナロ
イブリン・ウォルシュ&トレント・ミショー

アイスダンス
パイパー・ギルス&ポール・ポワリエ
マージョリー・ラジュワ&ザカリー・ラガ
ロランス・フルニエ・ボードリー&ニコライ・ソレンセン

過去50年間の世界選手権におけるカナダ勢の成績を調べ、メダルを1つも獲れなかった大会の各カテゴリーの最高順位を書いてみました。男子シングル→女子シングル→ペア→アイスダンスの順です。

2019年 15位 11位 7位 5位
2004年 8位 8位 8位 8位
1981年 6位 10位 7位 12位
1980年 9位 14位 11位 5位
1979年 13位 19位 11位 6位
1978年 10位 12位 11位 6位
1977年 6位 8位 10位 6位
1976年 4位 7位 12位 7位
1975年 4位 7位 11位 9位
1970年 11位 4位 14位 14位

1975年~1981年は7年連続で表彰台を逃していたんです。オタワ開催の1978年世界選手権もメダルゼロに終わりました。だから今大会がメダルゼロに終わってしまっても、偉い大人たちは気に病む必要なんてないんです。今回出場した選手が、数年後の世界選手権でメダルを手にする可能性だってあるわけですし、その投資となればいいんです。連盟のすべきことは、選手がシーズンで一番大きな大会にピークを合わせられるように、早めに代表を発表し、サポートをすることです。今のカナダ連盟は大会を成功させることにばかり意識が集中してしまって、正直イタいです。枠が減るときは何があっても減るし、増えるときは増えます。枠は天下の回りもの。

※2月26日追記
チャレンジカップの結果を受け、女子シングルの出場選手が決まりました。世界ジュニア選手権には国内選手権2位のシューマッカーが、世界選手権には国内選手権優勝のバウスバックが出場です。バウスバックはチャレンジカップでSPのミニマムスコアをクリアできたので出場が決定しました。滑り込みセーフ。2人ともがんばれー!
back-to-top