2018
07.01

謹賀新年

謹賀2018-2019シーズンあけましておめでとうございます。

オリンピックサイクルが終わり、また新たな4年間のスタートです。あるスケーターはリンクを去り、あるスケーターはプロとして活躍、あるスケーターは指導者の道へ進み、またあるスケーターは次の目標に向かって滑り出します。そんなスケーターの皆さんが、健康で、満たされた1年を送れますように。

そして、スケートファンの皆さんが激しいチケット争奪戦を勝ち抜き、お目当ての席で観戦できることを祈願しております。年々試合数もストリーミングも増加の一途を辿っておりますが、お体大切になさってください。中島誠之助風に言うと、大切になすってください。

僕は今シーズンもヘラヘラと適当に楽しくブログをやっていきます。適当に見ていってください。フランス国際で発熱ダウンしないように、冬は室内をめっちゃ加湿しておこうと思います。

ベテランたちが納得のいく決断をできますように。
スケーターの体・心の傷が一刻も早く癒えますように。
パートナーを探しているスケーターに、いいパートナーが見つかりますように。
グレイシー・ゴールドやアンナ・ポゴリラヤが元気に戻ってこられますように。
ネイサンの衣装がヴェラ・ウォン製じゃなくなりますように。
コリヤダのプログラムがテストスケートでダメ出しされませんように。
アリエフのスタミナが持ちますように。
不格好なタノが減りますように。
全日本選手権の後のMr.サンデーで、ミヤネ屋がおとなしくしますように。
タラモロのプログラムがキャンディマンよりは盛り上がりますように。
ヴォロトラの娘がヴォロソジャルみたいな性格に育ちますように。
パパダキスがBeing happyでありますように。
ディアスが胸毛を剃るという過ちを止めますように。
エテリが新たなおもしろもふもふコートを仕入れますように。
フランス国際の表彰式で変な星じゃなくて、メダルを授与しますように。
6年ぶりのユーロ&全米同時開催、チキチキ17時間ぐらい不眠耐久フィギュアスケート観賞レースに勝利できますように。

おい神!ただちに取りかかれ!
2018
06.20

ピョンチャンオリンピックの中国ジャッジが処分へ

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018062000783&g=spo

ピョンチャンオリンピックの男子シングル、ペアにおいて、中国人ジャッジが不正採点をしたことにより、ISUより処分が下されました。

男子シングルを担当したウェイグァン・チェン氏に対しては、2年間のジャッジ資格停止と北京オリンピックのジャッジ除外。ペアを担当したファン・フェン氏に対しては1年間のジャッジ資格停止が言い渡されています。

ボーヤン・ジンのスコアは明らかに高かったので、納得できます。ウェンジン・スイ&ツォン・ハンのスコアは言うほどだったかな?と思いましたが、ISUの出した選手ごとの比較を見ると、ミスありのスイハンがサフマソよりも意図的に高いスコアを付けられていたことが分かりました。

未だにスポーツを国威発揚のために利用している中国のお粗末な面が明らかになり、大変残念な気持ちです。何が残念かって、これらの中国のジャッジがいなくてもボーヤンは5位以内に入っていたし、スイハンは間違いなく2位だった。それなのに、ボーヤンとスイハンは、事あるごとに不正だ不正だと言われてしまうんです。ボーヤンもスイちゃんもシーズン中に怪我しながら、必死にオリンピック出場まで漕ぎ着けたのに、こんな仕打ちありますか?迷惑被るのは、日々血の滲むような努力をしてきた選手たちなのです。そして正確な採点をしてきた他のジャッジにも失礼です。この2人の行為によって「だから採点競技は・・・」と言われてしまうのですよ。僕は怒っています!!!!!エクスペクトパトロオオオナアアアアアアム!!!

比較の詳細はISUの出したファイルでご確認ください。
男子シングル→リンク
ペア→リンク
2018
06.13

2018-2019シーズンの中国開催の国際大会中止へ

https://www.ifsmagazine.com/2018-grand-prix-schedule/

中国フィギュアスケート連盟より、2018-2019シーズンの国際大会の中止が通達されました。これにより、ジュニアグランプリハルビン大会、グランプリシリーズ中国杯、シャンハイトロフィーが中止となります。中国だからいろいろあるんですねーいろいろ。

これに伴って、ジュニアグランプリシリーズの開催地は、カナダ・バンクーバーに変更となります。グランプリファイナルと同じです。急遽のことなので仕方ないですね。シーズンは先のように見えて、この大会まで3カ月しかありませんから。

そして中国杯は、韓国での開催が好ましいとされています。これは6月25日に確認されるようです。中国杯(ソウル)とかカオス。いっそこれを機に韓国もGPS開催国になって、イタリアも入って8大会制度にすればいい。理由は僕が嬉しいから。日本人ファンにとっては、中国より韓国の方が近いし観戦しやすそう。モクトンアイスリンクかな?カンヌンは遠いよなあ。
2018
06.09

近頃のペアニュースまとめ

ツイに書こうと思ったけれど、1ツイートに収まらないからこっち。複数ツイートに分けるのは美学に反するのである。

*ヴァネシプの新プロ!

ヴァネッサ・ジェームスモルガン・シプレのLPの振付はチャーリー・ホワイトです。3年ぐらい前のヴァネシプなら絶対にこなせなかったでしょうけど、今の2人なら乗り越えてくれるはずです。お願い。鬼トランジションください。チャーリー鬼プロください。9点台出せるやつください。

*デニフレ舞い戻る
http://www.usfigureskating.org/story?id=91545&type=media

ヘイヴン・デニーブランドン・フレイジャーは、ロックニー・ブルーベイカー&ステファニア・ベルトン夫妻から、ジョン・ジマーマン&シルビア・フォンタナ夫妻へコーチを変更(というか戻った)しました。ヴァネシプと同じように新プロの振付はチャーリー・ホワイトです。デニフレはコーチが変わる度に上達してきたので、今回も期待しておきましょう。有力ペアと一緒に練習するので、刺激を受けることが多いでしょう。

*デラモデル現役続行
http://www.artonice.it/?q=it/node/27002

ニコル・デラ・モニカマッテオ・グアリーゼの新プロはすでに発表されていましたが、SPの詳細が上がりました。曲は"Never Tear Us Apart"です。LPは発表にあった通り"トリスタンとイゾルデ"です。振付師はジョン・カーとラファエラ・カザニガです。そして、今シーズンはGPF進出を目標に、最終的にはオリンピックのメダルを目指しているそう。つまり、2022年までは現役を続けるということです。4年後は32歳と33歳。いいよ~。

*アレウィン新天地へ

Well! See you soon Australia. Harley and I are moving our main training base to montreal from this weekend to work with Richard Gauthier and his coaching team. But firstly, we want to thank Nina Mozer for everything she has done. Nina started our pair team and has taught us good discipline. A big, big thank you for letting us skate in Moscow. We are extremely grateful to Andrei and Galina Pachin. Their vision and commitment is why we were able to start at all. Andrei and Galina believed we could be a good pair and helped build our careers. We are very thankful to both of them for all they have done. We are excited and motivated to start new opportunities and to keep pushing ourselves. Our short program choreography starts next week with Julie Marcotte in Montreal and the following week with Massimo Scali in Detroit for our free program. Really looking forward to it all. @owi_aus @nswinstituteofsport @iceskatingaustralia

Ekaterina Alexandrovskayaさん(@alexandrovskaya.k)がシェアした投稿 -

エカテリーナ・アレクサンドロフスカヤ&ハーレー・ウィンザーは、リチャード・ゴーチエにコーチを変更します。これは一時的なものではなく、拠点を移すとのことです。アレウィンはロシアとオーストラリアで練習していましたが、これは、国籍を取得するためにも必要なことでした。国籍が取れたため、さらなるスキルアップを目指して新天地でがんばるのですね。ツイストには問題がないから教えてもらう必要はありません。ペアスピンとリフトを強化してくれればいいなと思います。SPの振付はジュリー・マルコット、LPの振付はマッシモ・スカリです。

*トランコフさん
https://rsport.ria.ru/figure_skating/20180516/1136987252.html

何でもかんでも喋ってくれるでおなじみマキシム・トランコフさんは、エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフのメインコーチに就任。ニーナ・モーゼル先生はコーチングしないようです。新プロの振付はピーター・チェルニシェフです。一抹の不安があるものの、昔トランコフさんがタラモロに振り付けた抑揚のないプログラムよりはきっといいでしょう。GPSはロステレコム杯とスケートアメリカに出場する意向だそうです。サフマソが休養するので、世界選手権2位の彼らの希望は通りそうです。

*タラ・ケインの手術
http://figureskatersonline.com/kayne-oshea/alongupdate/

2017年2月にタラ・ケインがおこなった手術は、右膝蓋腱の再建手術。人間の死体から取り出したハムストリングの筋肉で新たな膝蓋腱を作って、それを移植するというもの。膝蓋腱は膝の出っ張ったところの骨と、膝下の脛骨を結ぶ腱らしく、ジャンプなどの過度な衝撃でダメージを受けてしまうと書いてありました。ジャンプは右足で降りるので、ピッタリ当てはまります。ケインは放置すると75%の確率で断裂するらしかったのです。

シーズンに入ってオリンピック出場を逃し、四大陸で優勝。その後は来日して第一補欠のオリンピックのために練習。オリンピックが開催される現地でも練習を積みました。オリンピックに出場しない上に、恋人が出場しているわけでもないのに、韓国に来ていた意味がようやく分かりました。世界選手権を目指して練習を続けましたが、右膝の痛みが再発し、疲労骨折が発覚したのでここでシーズン終了。

手術からオリンピックまでの1年間は試練の連続でした。このペアはいいものを持っていながらも、いつも怪我に苦しめられています。来シーズンこそはこの苦労が報われてほしいです。新しいSPの振付はシェイ=リーン・ボーンとシェイ・ズキウスキーだそうです。

このオフはニュースがいっぱいでござるな。
2018
06.04

シニアの年齢制限は現状維持

https://olympics.nbcsports.com/2018/06/04/figure-skating-age-minimum/

シニアの年齢制限変更は、緊急動議として上げられましたが、議論に必要となる4/5以上の賛成を得られなかったため、今回は見送りとなりました。ロシアメディアが決定後音速で記事上げていて笑いました。相当嫌だったのね。でもロシアは年齢制限変わったところで最強の地位は不動ですよ。

同じく、緊急動議の「各国スケート連盟の会長は、ISUの大きな大会(オリンピック・ISUチャンピオンシップス・GPF・国別対抗戦)ではジャッジ、レフェリー、テクニカルパネル等のジャッジングに関わることはできない」というものも議論には上がらずでした。これはサトウカエデがたくさん生えている某国等のジャッジングが問題視されたためでしょう。テサモエもデュハラドもPさんもいないから大丈夫大丈夫。テサモエとパパシゼの点数特盛り&disり合いが見られないのは寂しい。
back-to-top