FC2ブログ
2019
06.25

2026年冬季オリンピック開催地決定

https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000157915.html

2026年冬季オリンピックの開催地が決定しました。イタリアのミラノとコルティナ・ダンペッツォで共同開催することになります。イタリアでの開催は2006年トリノオリンピック以来20年ぶり、コルティナ・ダンペッツォでの開催は1956年以来60年ぶりとなります。イタリアは夏季もあわせると4度目のオリンピックです。

投票はスウェーデンのストックホルムとオーレ共同開催との一騎打ちとなり、イタリアが47票VS34票で勝利しました。イタリアは歴史があり文化も優れた国ですから開会式の演出には期待しています。7年後のことですから今では想像できないような技術も使われるんだろうなあ。

そしてフィギュアスケートの競技時間に関してですが、これはNBCにとっての頭痛の種です。NBCは超高額で放映権を獲得しているため、視聴率が取れる種目をアメリカ東海岸のゴールデンタイムにスタートさせます。ところが、イタリアと東海岸の時差は6時間なので、夜6時にテレビ放映しようとすると現地で深夜12時に競技を始めなくてはなりません。そんな横暴はNBCにも許されません。ピョンチャンオリンピックのように朝10時に始めたところで、アメリカは朝4時になるだけで無意味です。アメリカ人は朝が早いので一番盛り上がる時間帯にはとっくに出勤してしまっているでしょう。

結局、トリノオリンピックと同じ現地夜7時競技開始という選択肢しか残されていないのです。イタリアと日本との時差は8時間ですから、日本時間の深夜3時に始まって7時過ぎに終わります。日本のテレビ局としては視聴率の望めない昼間にされるよりもよっぽどいいと思います。

2030年が札幌開催になってもどうせ朝10時に始まるんだろうなーーーHAHAHAHA。

何オリンピックなんだろう。ミラノコルティナダンペッツォオリンピック?ミラノコルティナオリンピック?ミラコルオリンピック?
2019
06.16

2022年世界選手権はモンペリエ開催

https://www.isu.org/isu-news/news/145-news/12644-provisional-allotments-of-isu-championships-2021-and-2022?templateParam=15

4月にISUチャンピオンシップスの候補地が発表されましたが、その中から開催地が決定しました。

2021年四大陸選手権 オーストラリア・シドニー 2月8日~14日
2022年ヨーロッパ選手権 エストニア・タリン 1月10日~16日
2022年世界選手権 フランス・モンペリエ 3月21日~27日


オセアニアでの四大陸選手権は初開催です。タリン開催のヨーロッパ選手権は12年ぶり、フランス開催の世界選手権は10年ぶりとなります。

ヨーロッパ選手権
2020年1月20日~26日 オーストリア・グラーツ ※全米選手権は裏被り
2021年1月25日~31日 クロアチア・ザグレブ ※全米選手権は2週違い
2022年1月10日~16日 エストニア・タリン ※全米選手権は1週違い

四大陸選手権
2020年2月3日~9日 韓国・ソウル
2021年2月8日~14日 オーストラリア・シドニー
2022年1月17日~22日 台湾・台北 ※唯一の候補地

世界ジュニア選手権
2020年3月2日~8日 エストニア・タリン
2021年3月1日~7日 中国・ハルビン
2022年3月7日~13日 ウズベキスタン・タシュケント ※唯一の候補地

世界選手権
2020年3月16日~22日 カナダ・モントリオール
2021年3月22日~28日 スウェーデン・ストックホルム
2022年3月21日~27日 フランス・モンペリエ

2021年四大陸選手権の開催候補地のひとつに北京がありましたが、オリンピックのプレイベントはグランプリファイナルになるようです。2022年世界選手権はフランス開催なのでパパシゼにとっては続けるモチベーションになるのではないかと思います。すでに世界選手権4度優勝していますので、連勝し続けると歴代最多7度の優勝になります。また、メダル獲得数アイスダンス歴代最多タイ記録、連覇数アイスダンス歴代最多タイ記録に並ぶことにもなります。

日本なら選手層が薄くても埋まるだろうって思われているから、世界選手権の開催がオリンピックシーズンがポストシーズンばかりに集中しています。次は盛り上がりそうな中間年かプレシーズンがいいです。さいたまへの移動は選手が大変だから代々木ね。2024年に代々木ね。はい偉い人よろしく!
2019
06.15

髙橋大輔 国際大会出場への意欲あり

https://www.nikkansports.com/sports/news/201906150000583.html

髙橋大輔が、2019-2020シーズンには制限を設けず、国際大会へ出場する可能性もあることを示しました。グランプリシリーズについても語っているのですが、彼ってグランプリシリーズ出ようと思えば出られますよね?

グランプリシリーズにはカムバック規定というものがあり、過去10年間の世界選手権でトップ6に入ったスケーターは、ミニマムスコアに関係なく2枠エントリーする権利を一度だけ行使することができます。僕は2009-2010シーズンにカムバック規定を使ったと勘違いしていたのですが、彼はワールドスタンディングで1枠確保でしたし、開催国枠でNHK杯に出場しました。ですから、2013年世界選手権で6位の彼のカムバック権利はまだ生きています。

国際Bは時期未定で挑戦する意志はあるそうです。全日本選手権で表彰台ともなれば、ISUチャンピオンシップス出場のためにミニマムスコア獲得は必須になりますからね。

とりあえず、このニュースを見て湧いてきそうなアンチ蹴散らしときますね。

アンチ:とっくに終わったスケーターなのに見苦しい!自己満足で競技会に出しゃばんな!
ぼく:現役スケーターは全員アマチュアだぞ。プロじゃないぞ。正当な権利行使して出場してるぞ。

アンチ:もう世界で戦えないおっさんは若手に枠譲れ!
ぼく:そんなおっさんに負けてるようじゃ国際大会に出ても勝てないぞ。

アンチ:国内だし連盟のお気に入りだから点数爆盛りされてる!表彰台に乗せるためだ!
ぼく:国内大会なんて世界共通で盛られてるぞ。この間の全日本での髙橋にならノーミスの演技で勝てるぞ。

ふぅ……やれやれだぜ。来シーズンはもっと長く彼の演技を観られるのか、それとも若手がISUチャンピオンシップスの出場権を勝ち取るのか。どちらにしてもおもしろくなりそうです。みんな健康で全日本選手権に出場してください。お願いします。
2019
06.03

宇野昌磨 練習拠点変更へ

https://shoma-uno.com/

宇野昌磨が、グランプリ東海クラブを卒業することを発表しました。今後のことは具体的に決まってはいないそうですが、まずは海外合宿に参加するとのことです。

これはアゲニュース。満知子先生と美穂子先生が悪いというわけではなく、もうワンランク上の選手になるには、新しいエッセンスを加えることは必要不可欠でしたから。新プログラムとともに、新コーチの発表も楽しみにしています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190603/k10011939331000.html
こちらの記事では「今月から始まる海外合宿などさまざまな場所で練習をして雰囲気などをつかんだうえで、新たなコーチと練習拠点を決める」とされているので、今まで指導を受けたことがある or 新規で短期でみてもらう先生の中からということでしょうか。

誰になるのでしょうね。ランビとか?ジャンプをみてらもったことのあるオーリアシェフとか?

海外拠点になるということは苦手な英語の習得は必須。そして英語を克服した昌磨は、スケートアメリカで司会者の男(名前はラスティ)のジョークにも対応できるようになるのであった。これが楽しみだな。来シーズンはまだ難しいから再来シーズン以降でスケートアメリカに割り振ってもらわないと。おいJSF、USFSA、ISU!!!頼んだぞ!

※追記
当初は2018-2019シーズンのプログラムを続けて使う予定だったそうですが、SPはシェイ=リーン・ボーン、LPはデヴィッド・ウィルソンに振付を頼むと発表されました。
https://shoma-uno.com/info#1023
2019
05.31

ヴァネッサ・ジェームスが今秋のBattle of the Bladesに出演

https://www.ifsmagazine.com/vanessa-james-ready-for-battle/

ヴァネッサ・ジェームスがCBCのスケートリアリティー番組"Battle of the Blades"に出演することが発表されました。セレブリティーとスケーターがペアを組んで、一緒に演技を披露し、サバイバルを勝ち抜いていくという番組内容です。ヴァネッサは現役のスケーターとしては初めて参加が決まりました。今秋の放送予定で、まだ詳細なスケジュールは上がっていませんが、スケートアメリカとはぶつかってしまうようです。2時間番組を1本、1時間番組を6本の計7週放送予定なので、おそらく9月の頭に放送が始まると思います。

ヴァネッサはコーチやシプレ、連盟とも話し合ったそうなので、出演許可が下りたのでしょう。ISUから選手資格停止とされることもないと思います。そうじゃないと発表しないでしょうしね。また、GPSの派遣は遅い大会を希望を出すそうで、フランス国際(3週目)とNHK杯(6週目)がいいとのことです。2019-2020シーズンのメインはヨーロッパ選手権と世界選手権とも語っていました。

ですから番組を楽しみに待ちたいと思います。カート・ブラウニングがヘッドジャッジを務め、テッサ・ヴァーチュ&スコット・モイアもアイスショーツアーの合間を縫って2エピソードにゲストジャッジとして出演予定です。

そしてテサモエのアイスショーにコストナーさんの出演が決まっていることで、GPSをスキップすることを理解しました。ツアーの日程見たけど一か所だけ謎のオハイオ州がありました。オハイオ州はカナダだったのか。
back-to-top