FC2ブログ
2019
01.18

四大陸選手権エントリー

http://www.isuresults.com/events/fsevent03111649.htm

北米の国内選手権が終わっていません。それ以外のエントリーです。開催地はアナハイム。西海岸開催最高。

男子シングル
1 Andrew DODDS AUS 1
2 Brendan KERRY AUS 1
3 Mark WEBSTER AUS 1
4 CAN TBA 1 CAN 2
5 CAN TBA 2 CAN 2
6 CAN TBA 3 CAN 2
7 Boyang JIN CHN 3
8 He ZHANG CHN 3
9 Micah TANG TPE 4
10 Chih-I TSAO TPE 4
11 Leslie Man Cheuk IP HKG 5
12 Harrison Jon-Yen WONG HKG 5
13 Keiji TANAKA JPN 6
14 Kazuki TOMONO JPN 6
15 Shoma UNO JPN 6
16 Nikita MANKO KAZ 7
17 Kai Xiang CHEW MAS 8
18 Julian Zhi Jie YEE MAS 8
19 Donovan CARRILLO MEX 9
20 Junhwan CHA KOR 10
21 June Hyoung LEE KOR 10
22 Sihyeong LEE KOR 10
23 Micah Kai LYNETTE THA 11
24 USA TBA 1 USA 12
25 USA TBA 2 USA 12
26 USA TBA 3 USA 12

宇野昌磨さんに優勝フラグビンビン物語。2015年から出場し続けて5位→4位→3位→2位と推移しています。アメリカ開催なので、アメリカのトップ勢もスキップせずに出場するでしょうし、アメリカ勢との戦いとなります。ボーヤンやジュンファンも当然表彰台争いに絡んでくるでしょう。ジュンファンは国際大会で栄光の銅メダルロード継続なるでしょうか。

女子シングル
1 Kailani CRAINE AUS 1
2 Brooklee HAN AUS 1
3 Isadora WILLIAMS BRA 2
4 CAN TBA 1 CAN 3
5 CAN TBA 2 CAN 3
6 CAN TBA 3 CAN 3
7 Hongyi CHEN CHN 4
8 Amy LIN TPE 5
9 Yi Christy LEUNG HKG 6
10 Joanna SO HKG 6
11 Rika KIHIRA JPN 7
12 Mai MIHARA JPN 7
13 Kaori SAKAMOTO JPN 7
14 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 8
15 Andrea MONTESINOS CANTU MEX 9
16 Alisson Krystle PERTICHETO PHI 10
17 Hanul KIM KOR 11
18 Yelim KIM KOR 11
19 Eunsoo LIM KOR 11
20 USA TBA 1 USA 12
21 USA TBA 2 USA 12
22 USA TBA 3 USA 12

ミニマムスコア導入の影響で、四大陸選手権の出場選手数は男子>女子となることが多いです。他国の選手が、圧倒的な強さを誇る日本女子の牙城を崩せるのかというのに注目ですね。アメリカはカレン・チェンが国内選手権を欠場し、母国開催の大会に向けては不穏な雲行き。協会としてはテネルに表彰台に上ってほしいでしょう。GPS時のカナダ連盟並みのプレッシャーだな。韓国は国内選手権2位のユンスー、5位のイェリム、9位のハヌルが派遣です。1位のヨンユーと3位のヘインは年齢制限に引っ掛かり、4位のソヨンはユニバーシアードの派遣となりました。韓国勢は一斉に成長期にぶつかっている感じがします。身長が伸びる伸びる。

ペア
1 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS 1
2 CAN TBA 1 / CAN TBA 1 CAN 2
3 CAN TBA 2 / CAN TBA 2 CAN 2
4 CAN TBA 3 / CAN TBA 3 CAN 2
5 Cheng PENG / Yang JIN CHN 3
6 Wenjing SUI / Cong HAN CHN 3
7 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM PRK 4
8 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA JPN 5
9 USA TBA 1 / USA TBA 1 USA 6
10 USA TBA 2 / USA TBA 2 USA 6
11 USA TBA 3 / USA TBA 3 USA 6

北米勢のエントリーがないと何とも言えません。アメリカ勢の力が拮抗しているので、どのペアが派遣されるのかが楽しみです。中国勢はペンジンとスイハンの派遣です。スイハンは今シーズンもプログラムがいいと思います。僕としては過去4シーズンはSPの方が好きでしたが、今シーズンはLPの方がいいと思いました。昨シーズンは王道すぎたし、兄さんがプレッシャー背負わせすぎでしたよ。ユージャンいないのさみしい。

アイスダンス
1 Matilda FRIEND / William BADAOUI AUS 1
2 Chantelle KERRY / Andrew DODDS AUS 1
3 CAN TBA 1 / CAN TBA 1 CAN 2
4 CAN TBA 2 / CAN TBA 2 CAN 2
5 CAN TBA 3 / CAN TBA 3 CAN 2
6 Hong CHEN / Zhuoming SUN CHN 3
7 Wanqi NING / Chao WANG CHN 3
8 Shiyue WANG / Xinyu LIU CHN 3
9 Misato KOMATSUBARA / Tim KOLETO JPN 4
10 USA TBA 1 / USA TBA 1 USA 5
11 USA TBA 2 / USA TBA 2 USA 5
12 USA TBA 3 / USA TBA 3 USA 5

こちらも北米の国内選手権の結果待ちです。よほどのことがなければ今シーズンも北米で表彰台独占となるはずです。カナダの3枠目とアメリカの3枠目に注目です。ココには中国2番手に勝ってもらいたいです。今大会のドッズ家の派遣は、男子シングルとアイスダンスに次男のみです。ドッツァー的には物足りないです。

シーズン後半に向けてギア入れましょう。
2019
01.04

ヨーロッパ選手権エントリー

http://www.isuresults.com/events/fsevent03111645.htm

年明けて、ISUのサイトが少しだけ使いやすくなった。

僕は来週末カナダ選手権だと思って身構えていたのですが、カナダ選手権は再来週で、全米ユーロデスロードはその次の週でした。KATASUKASHI。ちなみに全米選手権のエントリーはこっち→ http://2019uschampionships.com/content/uploads/sites/7/2018/12/Athletes.pdf ペアが充実。なおユーロと被る模様。

男子シングル
1 Slavik HAYRAPETYAN ARM 1
2 Luc MAIERHOFER AUT 2
3 Vladimir LITVINTSEV AZE 3
4 Yakau ZENKO BLR 4
5 Nicky OBREYKOV BUL 5
6 Matyas BELOHRADSKY CZE 6
7 Michal BREZINA CZE 6
8 Aleksandr SELEVKO EST 7
9 Roman GALAY FIN 8
10 Kevin AYMOZ FRA 9
11 Adam SIAO HIM FA FRA 9
12 Morisi KVITELASHVILI GEO 10
13 Irakli MAYSURADZE GEO 10
14 Paul FENTZ GER 11
15 Graham NEWBERRY GBR 12
16 Alexander BOROVOJ HUN 13
17 Alexei BYCHENKO ISR 14
18 Daniel SAMOHIN ISR 14
19 Daniel GRASSL ITA 15
20 Matteo RIZZO ITA 15
21 Deniss VASILJEVS LAT 16
22 Davide LEWTON BRAIN MON 17
23 Thomas KENNES NED 18
24 Sondre ODDVOLL BOE NOR 19
25 Igor REZNICHENKO POL 20
26 Mikhail KOLYADA RUS 21
27 Maxim KOVTUN RUS 21
28 Alexander SAMARIN RUS 21
29 Michael NEUMAN SVK 22
30 Hector ALONSO SERRANO ESP 23
31 Javier FERNANDEZ ESP 23
32 Alexander MAJOROV SWE 24
33 Nikolaj MAJOROV SWE 24
34 Lukas BRITSCHGI SUI 25
35 Burak DEMIRBOGA TUR 26
36 Ivan SHMURATKO UKR 27

この大会のメインイベントとも言える男子。ハビエル・フェルナンデスの引退試合です。優勝してもしなくても思い出深い大会になるでしょう。エキシビションでは盛大に見送ってほしいです。花火も打ち上げましょう。メダル争いとなりますとロシア勢。今シーズン絶好調のコフトゥン、不調ながらロシア選手権を戦い抜いたコリヤダ、安定感あるよのサマリン。三者三様でおもしろそうです。クヴィテラシヴィリも他の選手の内容次第では表彰台あります。全盛期なうのミハルは6年ぶりの表彰台は十分ありえます。普通の大会ならなんですくんの優勝がほぼ確ですが、ジャパンオープンのような状況だと結果は読めないです。

ベテラン勢が抜けたところが多いです。フィンランドは国内選手権で優勝したガライ、ジョリヘンは休養中(戻ってくるかどうかも決まってない)、イギリスのハリス総領事は「今シーズンはこれで満足」と国内選手権に不出場でした。スイスのウォーカーはアイスダンスに転向し、今回の代表はそれでも上手なブリチギーに。スイスって意外と選手途切れない。ウクライナは国内選手権優勝のシュムラトコがエントリー。スペインはラヤが敗北し、新チャンピオンのアロンソが。フランスは国内選手権棄権した全盛期ポンサールの派遣はなく、ジュベール先生の愛弟子アダムが初出場。偽ブラウンことルーポラヴァーもおらず、ジュニアで活躍したリトヴィンツェフが派遣。おっさんスケーター好きとしては寂しいですが、これもオリンピック後シーズンらしいですね。

男子は時代が変わるよーーーーー。ユーロ男子はデスロードの中でも最優先事項に位置付けています。絶対観ます。

女子シングル
1 Anastasiya GALUSTYAN ARM 1
2 Sophia SCHALLER AUT 2
3 Ekaterina RYABOVA AZE 3
4 Loena HENDRICKX BEL 4
5 Alexandra FEIGIN BUL 5
6 Hana CVIJANOVIC CRO 6
7 Eliska BREZINOVA CZE 7
8 Pernille SORENSEN DEN 8
9 Gerli LIINAMÄE EST 9
10 Viveca LINDFORS FIN 10
11 Emmi PELTONEN FIN 10
12 Laurine LECAVELIER FRA 11
13 Mae Berenice MEITE FRA 11
14 Nicole SCHOTT GER 12
15 Nathalie WEINZIERL GER 12
16 Natasha MCKAY GBR 13
17 Ivett TOTH HUN 14
18 Lucrezia GENNARO ITA 15
19 Lara Naki GUTMANN ITA 15
20 Elizabete JUBKANE LAT 16
21 Paulina RAMANAUSKAITE LTU 17
22 Kyarha VAN TIEL NED 18
23 Camilla GJERSEM NOR 19
24 Elzbieta GABRYSZAK POL 20
25 Julia SAUTER ROU 21
26 Stanislava KONSTANTINOVA RUS 22
27 Sofia SAMODUROVA RUS 22
28 Alina ZAGITOVA RUS 22
29 Antonina DUBININA SRB 23
30 Silvia HUGEC SVK 24
31 Nicole RAJICOVA SVK 24
32 Dasa GRM SLO 25
33 Valentina MATOS ESP 26
34 Anita ÖSTLUND SWE 27
35 Alexia PAGANINI SUI 28
36 Yasmine Kimiko YAMADA SUI 28
37 Anastasia GOZHVA UKR 29

カロリーナ・コストナーさんが怪我でエントリーを見送ったので、優勝はロシア勢のいずれかでしょう。サモドゥロワとコンスタンティノワは初出場です。ロシアの対抗馬はルナヘンです。200点を出せる力がありますから、非常に楽しみにしています。ベルギー女子史上初のISUチャンピオンシップスでの表彰台が現実味を帯びてきました。フランスのベテラン勢、そしてフィンランド勢にも期待したいです。特にペルトネンは、そろそろ実力爆発させましょう?

昨シーズンのロステレコム杯後に休養に入ったガルスチャンは、チャレンジャーシリーズよりさらに調子が上がっているといいなと思います。回転不足がねえ。イタリアは国内選手権でぶっちぎり優勝したトルナーギが年齢制限に3日足りませんでした。2位のベッカーリも年齢制限に引っ掛かって、派遣されたのは3位と5位の選手でした。4位飛ばし。スウェーデンは国内選手権優勝のアルゴットソンではなく、不出場のオストランドが派遣。ユーロは顔ぶれが大きく変わったわけではありません。ヤシェムさんが引退したぐらいかな。

ペア
1 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER AUT 1
2 Lana PETRANOVIC / Antonio SOUZA-KORDEIRU CRO 2
3 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA 3
4 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT GER 4
5 Annika HOCKE / Ruben BLOMMAERT GER 4
6 Zoe JONES / Christopher BOYADJI GBR 5
7 Hailey KOPS / Artem TSOGLIN ISR 6
8 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA 7
9 Rebecca GHILARDI / Filippo AMBROSINI ITA 7
10 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII RUS 8
11 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS 8
12 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT RUS 8
13 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU ESP 9

昨シーズンの14組から微減。ヴァネシプVSロシア勢VSデラモデルという戦いです。スイハンがつい先日競技に戻ってきました。まだソロジャンプの3回転が戻っていないので、スイハンとて絶対的な存在ではありません。この結果は格付けを左右するでしょうし、世界選手権に向けて絶対に負けられない戦いになります。前哨戦と言って差し支えないです。

アイスダンス
1 Anna KUBLIKOVA / Yuri HULITSKI BLR 1
2 Teodora MARKOVA / Simon DAZE BUL 2
3 Katerina BUNINA / German FROLOV EST 3
4 Juulia TURKKILA / Matthias VERSLUIS FIN 4
5 Adelina GALYAVIEVA / Louis THAURON FRA 5
6 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC FRA 5
7 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA 5
8 Shari KOCH / Christian NÜCHTERN GER 6
9 Lilah FEAR / Lewis GIBSON GBR 7
10 Robynne TWEEDALE / Joseph BUCKLAND GBR 7
11 Anna YANOVSKAYA / Adam LUKACS HUN 8
12 Shira ICHILOV / Vadim DAVIDOVICH ISR 9
13 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 10
14 Carolina MOSCHENI / Andrea FABBRI ITA 10
15 Jasmine TESSARI / Francesco FIORETTI ITA 10
16 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS LTU 11
17 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV POL 12
18 Justyna PLUTOWSKA / Jeremie FLEMIN POL 12
19 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN RUS 13
20 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV RUS 13
21 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 13
22 Sara HURTADO / Kirill KHALIAVIN ESP 14
23 Olivia SMART / Adrian DIAZ ESP 14
24 Victoria MANNI / Carlo ROETHLISBERGER SUI 15
25 Darya POPOVA / Volodymyr BYELIKOV UKR 16

昨シーズンは31組エントリーだったのでかなり減りました。 31組は7グループですが、25組だと5グループに減ります。アルメニア、チェコ、デンマーク、ラトビア、スロバキア、スウェーデン、トルコ、ウクライナが減って、イギリスとスペインのエントリーが増えました。国内選手権のRDで転倒した棄権したナザニキの名前がありません。ウチャルさんとかチェーレイさんとフルソレとかいないの寂しい。フルソレはカナダ選手権で観るけれども。

パパシゼ様は今年優勝すると5連覇です。5回の優勝はベステミアノワ様とブキンのとーちゃん以来31年ぶり、5連覇となるとコートニー・ジョーンズさん以来58年ぶりの大記録です。ユーロのアイスダンスというのはロシア人とイギリス人が記録作るためにある大会だったのに、パパシゼが切り込み隊長がごとく突き破ろうとしています。6連覇は未だになしです。7回優勝も未だにありません。よし、記録作って50年破られないようにしよう。

ロシアの1番手争い第3ラウンド。シニカツVSステブキです。ミスがない方が1番手になれます。ギニャファブは初表彰台のチャンスです。GPFみたいな展開になったら感動して僕壊れちゃう。このトップ4は揺るがないでしょう。さあ問題はユーロ5番手ですよ。エフバジ、スペイン勢、マリロマ、そしてフィアギブあたりの戦いですね。ペニコラのようにユーロで異様な相性のよさを発揮する可能性が無きにしも非ず。ペニコラ婚約おめでとう。アイスダンスはプログラムの良しあしで順位変わりますからね。楽しみにしておきます。今シーズンRDもFDもいいトゥルヴェル、スッとトップ10にこいっ!

RDに関してはテーマだけでこうもおもしろさが違うかって思いますね。タンゴロマンチカやラベンスバーガーワルツはまたやってほしい。ルンバというかラテンはテンプレ構成が多くて30組観るのが厳しい。
2018
03.25

世界選手権 4日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスFD
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)123.47 PB
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)116.22 PB
3 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)114.62 PB
4 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)114.04 PB
5 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)111.62
6 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)111.59 PB
7 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)109.51 PB
8 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO(ロシア)107.97 PB
9 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)107.29
10 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)101.80
11 Kana MURAMOTO / Chris REED(日本)98.73 PB
12 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)98.32 PB
13 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)96.14 PB
14 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS(カナダ)95.44
15 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN(ウクライナ)95.05
16 Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS(ドイツ)94.94
17 Shiyue WANG / Xinyu LIU(中国)89.57
18 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)88.67
19 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV(ポーランド)87.76
20 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)86.97 PB

アイスダンスリザルト
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)207.20 PB
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)196.64 PB
3 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)192.35 PB
4 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)192.08 PB
5 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)187.28
6 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)186.10 PB
7 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)184.01
8 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO(ロシア)180.42 PB
9 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)178.44
10 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)165.28
11 Kana MURAMOTO / Chris REED(日本)164.38 PB
12 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)162.05
13 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)159.64 PB
14 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS(カナダ)159.46
15 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN(ウクライナ)158.40
16 Kavita LORENZ / Joti POLIZOAKIS(ドイツ)157.02 PB
17 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV(ポーランド)151.46
18 Shiyue WANG / Xinyu LIU(中国)150.75
19 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)149.05
20 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)148.30 PB

アリアル
これが現役最後の演技でしょう。最後の演技はミスなく滑りきれました。ちょっと疲れていましたけどね。キスクラでは涙を流していました。ロシアとトルコの政治的な対立で練習拠点を移さなければなくなるなど、トラブルもあった競技生活でした。お疲れ様でした。

ナザニキ
着座ステーショナリーリフト素敵!加点が1点ぐらい付きました。そりゃ付くでしょうよ。ファビアン・ブルザ先生が普通のセットアップ着氷。と思わせておいてTシャツは絶対変なやつ。

ロレポリ
素敵なリフトばかりでした。優しく上げて優しく回します。ダイアゴナルステップはレベル2。男性の力強さがまだまだ不足しているので、それを身に付ければ演じられる幅が広がりそう。SDよりも曲想表現は合っています。ロマンティックな時間でした。

寿司酢組
今日も素敵なダンスパーティーでした。女性をぶん回すリフトだけが、ペアのエキシビションのようでテーマに合っていないように思えます。

ホワベイ
私服のひと時。温かい紅茶を入れながら見るべき演技。ジャンリュックの無駄のない動きにほれぼれ。そして緊張感のあるストレートラインリフトは無事にクリア。トレードマークの胸の前で支えるコレオリフトは、降りる時に女性がトゥをツンと突いてから終えるんですよ。それがまたいいです。居眠りをしていたら、天使に頬をツンと小突かれるみたいな。いい夢でした。この夢の世界に住みたい。PCSはもっと高く出ると思いました。

カリスポ
今日も大学進学で都会に出た女の子と、女の子に呼ばれて一張羅着てパーティーにやって来た男の子感が最高でした。会場が沸き、点数を促す手拍子も出ましたが採点に時間がかかりました。そしてTESが大きく下がり、ディダクション2がついてかなり低いスコアに。ブーイングが飛び交いました。

スマディア
マンズマンズワールドから幸せになっちゃったプログラム。俺様な男にほだされちゃったんですね。俺様男は自称パチプロとかかもしれないから気を付けてくださいね。スマートさんの衣装の真珠をアップのカメラで見るとブツブツっぽくて怖い。蓮コラだ。

かなクリ
ツイズル危なかったけどセーフ。ステーショナリーリフト何度見ても美しい。桜の蕾が春の風とともに一気に開花していく。それがわざとらしくなくナチュラルに、でも存在感は確かというのがいい。

ギニャファブ
サーキュラーステップのギニャールのエッジの深さが素晴らしい。そこからワンフットでスイスイと滑っていくのが心地いい。ツイズルのシンクロ度高かった。ローテーショナルリフトでは男性が相当振り回していますが、女性の手足が一直線に伸びているので、まったく嫌味がありません。スピードとエレメンツの質の高さが融合したカタルシスな4分間でした。キャリア最高の出来です。これが最後の演技となってしまうのでしょうか。

ステブキ
今日も最高におもしろい演技でした。このボーカル癖になります。女性の膝がなかなか使えないので、膝ではなく体勢ごと落として、それを隠してしまおうという力技は嫌いではないです。実際それで点数出ていますので。勝負ってのはそいうもんだ。オリンピックに出られず悔しい思いをしたでしょうけど、2人の力は出しきれました。

パイポー
本当にかっこいい。サーキュラーステップでパイパーがシェイキーな箇所ありましたが、落ち着いた大人のプログラムで魅せてくれました。普段の2人とのギャップがまたいいんです。カーブリフトは前のプログラムでも同じような入りしていていたのに、こちらの方がいい・・・。なぜ氷に体が付かないか理解不能なコレオリフトは満点評価!会場を盛り上げました。

赤ゲレ
赤毛ちゃんのネイルがロシア国旗。今日は赤毛ちゃんが絶好調でよく滑っていました。ツイズルは回転速度はさほどないですが、2人が接触しそうなほど近いので高い評価をもらいました。FDもシーズンで一番の演技でした。

カペラノ
演技冒頭にセリフが入りました。ファイスカの移民プロみたい。でもイタリア語だから分かりません。エレメンツはクリーンだったし、歓声と一体となって盛り上がりました。最高の最終回!って感じです。ラノッテが珍しく涙を流し、キスクラではパオラ先生も涙を流しました。

チョクベイ
SDではチョックさんの調子が上がらずトップ10で唯一もやっとした出来でした。今日は後半になるにつれてベイツさんがチョックさんをグイグイリードして、ダイアゴナルステップではグングンとスピードも出ました。これは世界平和イマジン。点数の面では伸ばしきれなかったけれど、評価は9点台です!

パパシゼ
今日も滑りを見ると、オリンピックのFDは緊張していたのだということが分かりますね。あれでさえ2人のベストの滑りではなかったですから。今日はユーロに匹敵するか、それを超える出来でした。よくない場所がない。どんな小姑根性を見せても無理です。3項目満点・・・ヒエッ・・・・・。スケーティングスキルとトランジションも9.75を超えているから全項目で10.00が出ています。

ウィバポジェ
すさまじい情念での演技でした。オリンピックでも感動したけれど、今日はそれ以上でした。ツイズルでポジェがうわああああああとなりかけましたが、どうにか収めて加点に。演技中に見て「オワタ」となったけれど、リプレイ映像で見ると以外にズレてもなかったという。FDのフィニッシュを飛びつきにしたのは正解でした。病的な感じが増します。シンプル衣装に戻ったのも、演技の迫力を際立たせました。

ハベドノ
大事なところで・・・というのを見てきただけに、ツイズルは緊張しました。無事にトラベリングしてプラス。これで一安心。ステーショナリーリフトはユニークなくっつき&すがりつき型。かっこいい。オリンピックで転倒したコレオツイズルも無事クリア。きちんと膝くるできました。アリエフも膝くるまたやって。ついに銀メダル獲得わーい。

オリンピックは緊張したカップルが多かったので、世界選手権の方が全体的な完成度としては上で、テサモエ・シブタニズ・ボブソロ不在だけど見応え抜群でした。

パパシゼは5つのエレメンツで満点。10.00が30個あります。ウクライナのジャッジは完全無欠の満点評価でした。2人はルールが変わっても強いでしょう。このまま休まずにいくのでしょうか。ちなみにこのまま次のオリンピックまで優勝し続けると、金メダルの最多記録に並びます。モチベーションとしてはこれぐらいしかないでしょうね。

来年の出場枠
3枠 アメリカ・カナダ・イタリア
2枠 フランス・ロシア

アメリカカナダは使い切れますが、イタリアはカペラノとギニャファブと引退してしまったら余らせてしまうかも。

カリスポの謎の低スコアはコレオスピンで女性の足が宙に浮いてしまい、ローテーショナルリフトと判定されたのが原因です。ローテーショナルリフトをすでにやっていたので重複エレメンツでノーバリュー&ディダクション、コレオリフトがリフトの回数制限オーバーでノーバリュー&ディダクション。そしてこのスコアになりました。もったいないミスでした。

かなクリはアジア勢の最高順位11位を記録しました。四大陸に続き、アジアのアイスダンス史に名前を刻みます。来年は日本開催ですし、トップ10が見えてきました。

ウィバポジェ、カペラノ、チョクベイ、ギニャファブこの内何組が引退するでしょうか。誰も辞めないに越したことはない・・・。
2018
03.24

世界選手権 4日目 男子リザルト

男子LP
1 Nathan CHEN(アメリカ)219.46 PB
2 Shoma UNO(日本)179.51
3 Kazuki TOMONO(日本)173.50 PB
4 Mikhail KOLYADA(ロシア)172.24
5 Deniss VASILJEVS(ラトビア)170.61 PB
6 Dmitri ALIEV(ロシア)170.15
7 Alexei BYCHENKO(イスラエル)167.29
8 Michal BREZINA(チェコ)165.98 PB
9 Misha GE(ウズベキスタン)163.56
10 Max AARON(アメリカ)161.71
11 Keegan MESSING(カナダ)159.30
12 Keiji TANAKA(日本)156.49
13 Alexander MAJOROV(スウェーデン)155.08 PB
14 Romain PONSART(フランス)149.65 PB
15 Brendan KERRY(オーストラリア)148.86
16 Paul FENTZ(ドイツ)148.43
17 Matteo RIZZO(イタリア)148.01
18 Daniel SAMOHIN(イスラエル)141.23
19 Vincent ZHOU(アメリカ)138.46
20 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)136.60
21 Donovan CARRILLO(メキシコ)132.63 PB
22 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)131.54
23 Boyang JIN(中国)127.56
24 Phillip HARRIS(イギリス)119.10

男子リザルト
1 Nathan CHEN(アメリカ)321.40 PB
2 Shoma UNO(日本)273.77
3 Mikhail KOLYADA(ロシア)272.32
4 Alexei BYCHENKO(イスラエル)258.28
5 Kazuki TOMONO(日本)256.11 PB
6 Deniss VASILJEVS(ラトビア)254.86 PB
7 Dmitri ALIEV(ロシア)252.30
8 Keegan MESSING(カナダ)252.30
9 Misha GE(ウズベキスタン)249.57
10 Michal BREZINA(チェコ)243.99
11 Max AARON(アメリカ)241.49
12 Alexander MAJOROV(スウェーデン)237.79 PB
13 Keiji TANAKA(日本)236.66
14 Vincent ZHOU(アメリカ)235.24
15 Paul FENTZ(ドイツ)230.92 PB
16 Romain PONSART(フランス)229.20 PB
17 Matteo RIZZO(イタリア)225.44
18 Brendan KERRY(オーストラリア)223.85
19 Boyang JIN(中国)223.41
20 Daniel SAMOHIN(イスラエル)214.01
21 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)209.03
22 Donovan CARRILLO(メキシコ)200.76 PB
23 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)199.72 PB
24 Phillip HARRIS(イギリス)187.69

ジュリアン爺
3A-2T 3A 3F-3T 3S so 3Lz 3F 3Lo 2A+2A
長めの助走ではありますが、軸の美しいジャンプを成功させました。特にトゥ系のジャンプは安心して見られました。曲ごとの演じ分けが見事です。

サモヒン
4T-3T 4S fall 3A so 3A fall 4T-1Lo-2S 3Lz hd 3Lo hd 2A
4Sは左に軸が傾いてしまうサモヒンによくある失敗の仕方。後半の4Tにコンボを付け、踏み止まりました。ジャンプ全滅のような悲劇的な内容をしていた頃に比べるとよくなりました。左手の表現がお留守になっているような。

ハイラペティアン
3A shaky 2A 3F 3Lz 3F-3T 3S 3T-2T 2A
スタートの映像でカメラが正面から顔をアップ。そうかカメラマンも眉毛好きか!僕と一緒ですね。3Aが2Aになったので、後半に3Tを持ってきて繰り返しの種類のジャンプを変えました。さらに最後は2Aのシークエンス予定だったので、2Aが3本目になるのを計算して単独に。優秀な計算機内蔵ペティアン。男子のスピンの良し悪しを分けるキャメルスピンはポジションがきれいだし、スピンの逆回転もできる。ポテンシャルペティアンなわけですよ。もうちょっとで200点ペティアン。

美青年ケリー
4T 4S hd 3F 2Lz-2T 3A so 3A-3T shaky 3Lz-1Lo-3S so 2A ot
前半の4回転を降りると後半失敗し、前半の4回転転倒すると後半の3A成功させる。両立はしないケリー氏。今日は前者のパターン。どうしてもスピードが落ちてしまうのですよ。それでもスピンとステップは普通にこなせるので、それが4年前との違いです。体力ください。モロゾフの座り方がかわいい。美青年の横だと乙女になるの?

ハリス
3F-3T hd 3A shaky 2A shaky 3F shaky-2T 2Lz-1Lo-3S 3Lo shaky 2A so 2A
ハリスらしい軸のジャンプを見せてもらいました。これだけシェイキーと書くこともあまりないもので・・・。Blues for Klookはユーロの第1~第2グループの選手が滑るとしっくりくるぜ。この曲を聞くと脳が「深夜だよー」と信号を発信します。僕は彼のことを総領事と呼んでいる。

カリーヨ
2A 3Lz tano-2T-2Lo 3F-3T 3Lz tano-2T tano 3F so 3Lo shaky 3S 2A
胸が絶妙に隠れるキャミソールみたいな衣装。男女兼用でございますーーー。シゼロンがこういうの着てる。この歓声と手拍子はアイドルへのそれである。ミラノのアイドル。一時のクリストファー・カルーザぐらいの愛され方。

アーロン
4S hd 3T-2T 3Lo 3Lz 3A-2T 3A 3Lz-1Lo-3S 2A
ミスしたのは冒頭の4回転だけです。後半はGOE含めきっちり取りました。第3補欠の出場ですからね。シーズン終わって気抜いててもおかしくないのに合計240点取れるなんて。このプログラムの難点を挙げるとすれば、ブラックスワンやライオンキングほどの破壊力とネタ性がないところ。ミルズじゃないと・・・ミルズじゃないと・・・禁断症状が出始めた。

ポンサール
4T hd 4T+1T 3A-2T 3A 3Lz-3T so 3Lo 3S 2A
フレンチフリップになる3Fは回避して2Aを入れました。表情が自信に満ち溢れていて、抜け・転倒の予感はまったくなかったです。スピードに乗ってドーン!と踏み切りました。Your(ベルたそ)Songで公開イチャイチャ。ヒューヒューだよ!これだけの結果残せば連盟からも干されないでしょ!な!

アリエフ
4Lz 4T-3T 4T 3Lz 1A 3Lo-1Lo-3S 3A shaky 3F
着実に体力が増しています。シーズン序盤の方は3Lo-1Lo-3Sの着氷がボトンボトンボトンと今にも止まりそうでしたもの。体力が切れる地点が後ろになりました。3Aが入ればTESが100点に乗ります。来シーズンはGPF進出者の有力候補に挙げられるようになるでしょう。

ミハル
4S-3T 3A-2T 3F 3A 3Lo 3F-2T-2Lo 3Lz 2S
うわああああああああああミハルが4S-3T降りてるうううううううううううこんなの見たことない。そしてジャンプが抜けない抜けない!3Loと3Lzもコケない。これはひょっとしたらひょっとしてノーミ・・・・・あ3Sが抜けた。けれど、今日はミハルのスケートができていました。このクリーンさこそがミハルの持ち味です。スケーティングスキルなんてもっと高く出てもいいと思うのですけどね。あーーーミハルだなあ。イタリアの世界選手権と相性いい。

デカ
4S hd 4S-2T 3A 3T 3A hd-2T 3F so 3Lo 3S
イタリア人振付のイタリアプロ。4Sと3Aで繰り返しを使ったので、3Fの後ろには3Tつけられないぞ・・・どうするんだ・・・と思っていたらステップアウトでコンボなしに。3Aや3F-3Tは確実にGOEでプラスを稼ぐところなので、それができなかったのは残念。3Sを入れたのは、3Lzのエッジ判定を免れ確実に点数を取るためでしょうか。いいよー。来シーズンはジャンプが7本になるので、3Lzがクビでしょうかね?

リッツォ
4T df 3A-2T 3Lz 3A 2Lz-1Lo-3S fall 3Lo 3T 3F
4T両足だけど入れてきました。シーズン11戦目(オリンピック団体戦も出たので演技は12回)の酷使無双の果てに一歩前進。本当にお疲れ様でしたという他ないです。このプログラムも何度も何度も見て、その度になんでも鑑定団がよぎりました。

マヨロフ
4T 3A-2T 3Lz 2F 3A 2A-3T 3T-2T-2Lo so 3S
これがキャリアで最後の世界選手権だなんて信じられますか?その試合で一番の演技をかましてくるわけですよ。パーソナルベスト&キャリアベストの順位。オリンピックに出場できなかった経緯も含めて感動の演技でした。

友野
4S ot-2T 4S 3A-3T 3A-2T-2Lo 3Lo 3S 3Lz 3F
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお加点加点加点加点加点加点んんんんんんんんんん何このキレ!力発揮しまくってるじゃないですか。2項目で8点台に乗せました。友野第2補欠だぜ?世界最強の第2補欠ですね。手放しで称賛します。手がちぎれるぐらい称賛します。

フェンツ
3A-3T 4T 3Lo 1A 3Lz 3S-3T so 3Lz-2T 2A
ラストオブ柔らか鎧。冒頭のジャンプ降りられましたが3Aがカナディアンに。繰り返しのジャンプで3Tを使ってリカバリーしたので、失点を最小限に抑えました。ただ後半はスピードが落ちて、プログラムの密度という点でも辛かった。最後までよく戦った。生きてお家に帰るんですよ。

ヴァシリエフス
3A 3A-2T 3T 3Lo 3Lz-1Lo-3S 2A-2T 3F 3Lz
ドンドンドン!パフパフパフ!ドンドンドン!パフパフパフ!「ああああああなんでそこでえええええ」のミスが起こらなかった!起こらなかったからバーで声かけた女の子とハッピーエンドできます。コレオシークエンスでは大歓声が飛んで盛り上がりましたし、スピンはSPよりよかったですね。そりゃランビもフェンスバンバン叩いて喜びますよ。フェンスへのDVで接近禁止命令出されないようにね。

ミーシャ
3A-1Lo-3S 3A 3F 3Lz-3T 3Lz 3Lo 2A-2T 2A shaky
コンボの1Loを3Aの軌道から少し外れ位置に着氷させたので、ふん詰まり感を解消させ、加点を導きました。上手い。コントロールされたいい演技でした。リンクやコーチにお父様にも丁寧にお辞儀をしました。ミーシャさんご存じ?来年の世界選手権は日本でございますのよ。出場いかが?

ビチェンコ
4T-3T 4T 3Lo 3A hd 3A so 3Lz 3F-1Lo-3S 2A
4T2本決めました。3Aには苦労しましたけども堪えました。3Aでステップアウトして2Tを付けたのでシークエンス扱いとなりますが、体力的・時間的にリカバリーする場所がないですから、+REP扱いにならなかったからOK。そしてビチェンコさん・・・・スピンがレベル4になってレビューがつかなかった!初の一桁順位です。また進化しましたね。

メッシング
3Lz shaky 3T 3A-2T-2Lo 4T fall 3S-3T 3A 2Lo 3F
昔のメッシングならおどけてバランス崩す振付でリアルにバランスを崩していました。本当に成長したなあ。フライングシットスピンのフライングの高さが今っぽくなくて激高で好き。ジャンプは4ミスで力は発揮できませんでした。4回転2本でもTES100点に乗せられる力を持っている選手です。勝負は来シーズン!

昌磨
4Lo fall 4F fall 3Lo 3A so 4T fall 4T-2T 3A-1Lo-3F 3S-3T
4Loで転倒、4F回転不足で転倒、得点源の3Aでステップアウト、4Tでさらに回転不足で転倒。そこからコンビネーション3本を決める驚異の巻き返し。男ですよ。男!!!!!この演技はスケートファンの心に深く刻み込まれるでしょう。またファンが増えるぜ!

ボーヤン
4Lz fall 2S 3A-1Lo-3S 4T fall 4T fall 3A 3Lz-2T fall 3F fall
ボーヤンも万全とは言えない状態でよく戦いました。まずは休みましょう。中国連盟は無理させるな。絶対に!!!

コリヤダ
4Lz fall 4T 3A-2T 4T fall 3A 3Lz-1Lo-3S 2Lo 2A
2本の4回転で転倒、3Loが抜け。西岡さんは「本来の力を出せなかった」と言いますが、コリヤダの演技の最も基本形の演技だと思います。このスピード感のある余裕綽々プレスリーを北米の大会でも見たかったなあ。コリヤダのPCS高いし暫定1位いくだろーって思ってたけど1.45差・・・おうふ。

ヴィンセント
4Lz fall 4F 4S so 4Lz shaky 4T 4S fall 3A fall 3Lz tano-1Lo-3F
スロー映像になるとジャンプの回転が足りていないのが・・・ああ・・・・・TESでぶん殴る選手なので、これだと戦うのは厳しいです。来年はこの悔しさを晴らしに世界選手権に来てほしいです。これから筋力もついてくるでしょう。男子は変わりますよ。

ネイサン
4Lz 4F-2T 4F 4T 4T-3T 4S so 3A 3F-1Lo-3S
どっひゃああああああああああああSPより調子が上がってるうううううううう4回転の質キレッキレで、4Sステップアウトしただけ!3Aもクリーンに入りました。この悪い流れを断ち切って最高の形で男子を締めくくりました。文句なしの新王者。

来年の出場枠
3枠 アメリカ・日本・ロシア
2枠 イスラエル・ラトビア・カナダ・ウズベキスタン・チェコ

アメリカはアーロンの11位が生きて3枠キープです。ロシアが14年ぶりに3枠!タレント揃いなのでこれは嬉しい。(ヴォロノフさん聞こえますか・・・3枠あるから来シーズンがんばって)

ネイサン初優勝。昌磨銀メダル。コリヤダ銅メダル。友野がLP3位でスモールメダル獲得!2夜連続「勝負の世界では何が起こるか分からない」「世の中に絶対なんてない」
2018
03.24

世界選手権 3日目 女子リザルト

女子LP
1 Kaetlyn OSMOND(カナダ)150.50
2 Wakaba HIGUCHI(日本)145.01
3 Satoko MIYAHARA(日本)135.72
4 Bradie TENNELL(アメリカ)131.13
5 Carolina KOSTNER(イタリア)128.61
6 Loena HENDRICKX(ベルギー)128.24 PB
7 Alina ZAGITOVA(ロシア)128.21
8 Gabrielle DALEMAN(カナダ)125.11
9 Maria SOTSKOVA(ロシア)124.81
10 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)124.47
11 Mirai NAGASU(アメリカ)122.31
12 Mariah BELL(アメリカ)115.25
13 Laurine LECAVELIER(フランス)113.44
14 Nicole SCHOTT(ドイツ)112.29
15 Hanul KIM(韓国)110.54
16 Viveca LINDFORS(フィンランド)106.05
17 Elisabetta LECCARDI(イタリア)98.04 PB
18 Kailani CRAINE(オーストラリア)97.51
19 Eliska BREZINOVA(チェコ)94.77
20 Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)93.84
21 Dasa GRM(スロベニア)92.08
22 Alexia PAGANINI(スイス)91.80
23 Ivett TOTH(ハンガリー)86.24

女子リザルト
1 Kaetlyn OSMOND(カナダ)223.23
2 Wakaba HIGUCHI(日本)210.90
3 Satoko MIYAHARA(日本)210.08
4 Carolina KOSTNER(イタリア)208.88
5 Alina ZAGITOVA(ロシア)207.72
6 Bradie TENNELL(アメリカ)199.89
7 Gabrielle DALEMAN(カナダ)196.72
8 Maria SOTSKOVA(ロシア)196.61
9 Loena HENDRICKX(ベルギー)192.31 PB
10 Mirai NAGASU(アメリカ)187.52
11 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)186.85
12 Mariah BELL(アメリカ)174.40
13 Nicole SCHOTT(ドイツ)174.13 PB
14 Laurine LECAVELIER(フランス)173.23
15 Hanul KIM(韓国)170.68
16 Viveca LINDFORS(フィンランド)166.23 PB
17 Kailani CRAINE(オーストラリア)154.41
18 Eliska BREZINOVA(チェコ)153.14 PB
19 Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)153.03
20 Alexia PAGANINI(スイス)149.66
21 Elisabetta LECCARDI(イタリア)149.17 PB
22 Dasa GRM(スロベニア)144.51
23 Ivett TOTH(ハンガリー)136.87

ダビンは靴の問題で棄権となりました。怪我をする前に棄権するのも勇気です。結果的に自分にプラスになるでしょう。

パガニーニ
3Lz fall 3F fall 3Lo-2T 3Lo 3S 3T-2T-2Lo 1A
SPロミジュリLPオペラ座。清く正しいアメリカ女子の選曲。転倒から始まってよく立て直しました。非常にモロゾフなプログラムでございました。上手くできずにしょんぼり。

レッカルディ
3Lo so 3F 2A-3T 3S-2T 3S 3T-2T 2A
ジャンプの回転不足が目立つ演技に思えたのに速報からあまり点数が下がっていないことに驚きました。優しいの?2晩経って優しいパネルになったの?エッジワークはフラットですが、アピール力はありました。最後はお腹にナイフを刺して自害。

クレイン
3Lz 3F 3Lz-2T 3Lo-1Lo-3S 3Lo 2A 2A so
押してもいつものスピードが出ていないように見えます。もっとワチャワチャ滑り、賑やかなプログラムと調和していますのに疲れが見えました。速報からTESが13点下がる。

イヴェット
3Lz-2T 3F 2Lo 3Lz fall 2T-1Lo-1S 3S+2A 2A
得点源のはずの3Lzの回転が足りないです。抜けのミスも痛かった。コレオシークエンスのスパイラルポジションをキープしきれず足を下ろしてしまったのももったいない。コーラス入りステップは今日も最高におもしろかった。

グルム
3Lz 3F 3T hd-1Lo-2S 2A-2T 3T ot-2T 1A 2F
ややミス。中盤の音楽がBGMになっていて、3曲目のボーカル入りになると元気を取り戻す。流行りのタイプのプログラムだけど演じるのは難しそう。

ベルたそ
3Lz so 3Lo df 3S 2A-3T 3F-2T 3Lz-1Lo-2S 2A
後半立て直しました。3Lzと3Tと3Sを2本ずつ跳ぶと思ったけど、最後の3S予定を2Aに変更しました。途中で構成を変更したりして、表現に気を配る余裕は見られませんでした。コレオシークエンスが淡白に。

ルカヴァリエ
3Lz so 3F ot 3S 2A-3T 3Lo-2T 3Lz-1Lo-2S 2A
後半にリカバリーを入れて点数取ってきました。その代わりにスピンが荒れました。衣装の早替えはどの会場でも盛り上がります。2Aフィニッシュは音楽の終わりになんとか間に合いました。ご近所の国だからか歓声大きめ。

ブレジノワ
3Lz 3F 1Lz 2A-3T 3T fall 2A-1Lo-2F 2S
せっかく3Lzが安定してきたのに抜けるとは。ステップではかなり足にきて音楽から取り残されました。スピンがフィニッシュに間に合わずでした。それでも時間内に収まったのでディダクションは転倒の分だけ。

ハヌル
3Lz 2A 3F-2T-2Lo 3Lo 3Lz-2T 2S 2A-2T
3Lz-3Tと2A-3Tがそれぞれ単独に。後半の3連続を前半に持ってきたので、後半に3Tのコンボを持ってくるかと思いきやそんなことはなく、2Tが3本になり最後の2Tがキックアウトに。点数発表を祈るように待っていました。枠の不安もあったのだと思います。

コンスタンティノワ
3Lz tano-3T so 3Lo fall 2F tano 3Lz df 3F fall 2A-2T 2A df
ほとんどのジャンプで失敗。ほろ苦い世界選手権デビューになりました。

ヴィヴェカ
3Lz-3T hd 3F 3S-2T 2A 3Lz fall 3S hd 2A-1Lo-2F
後半にジャンプを詰め込むのが流行りなので、ヴィヴェカのように終盤にコレオシークエンスとステップを連続させるのが新鮮です。みんな同じだとつまらない。何か今までと違った印象を受けました。彼女背が伸びたんですね。だから見栄えが一気によくなりました。

ルナヘン
3Lz tano 3F tano-2T tano 2A 3F tano 3S-2T tano-2Lo tano 2A-2Lo 3S
左上カウンターさんオールグリーンの素晴らしい内容です。片手タノは手を伸ばさないパターンですが、格納が上手なのでシェーっぽくはありません。兄と同じ。スピンもステップもコレオシークエンスも質が高いです。スパイラルのポジションの取り方、これも兄と同じ。成長期なうでこれだけ跳べるのでまだまだ伸びていくでしょう。パフォーマンスとインタープリテーションで8点台!!!

トゥルシンバエワ
3Lo 3Lz shaky 3F 3S-3T tano 1A 2A-3T tano-2T tano 3S-2T tano
シェイキーランディングになった3Lzは回転が足りていません。後半の2A-3Tが1Aになったのでリカバリーを入れて失点を最小限に。ジャンプを成功すると気持ちが乗って、動きが大きくなります。いつものトゥルシンバエワの滑りが戻ってきました。

ショット
3F 3T-3T 3F fall 3S-2T-1Lo tano 3Lo 2A 2A-2T tano
3Fの2本目で転倒したので+REPに。冒頭の3Fをコンビネーションにした方がTES面では得策ですが、曲想表現の面では絶対ソロジャンプの方がいい。だからこの構成を支持します。3Fでザッ!と音楽の世界に引き込むんです。

テネル
3Lz-3T 2A 3F 2A-3T 3Lz-2T-2Lo 3Lo 3S
すべてのジャンプを降りました。ジャンプの高さが少し落ちてきました。3Fと後半の3Tがアンダーローテーション判定となっています。これが一時的なものなのか、それともこのまま徐々に跳べなくなってしまうのか。若さと勢いを生かせるシンデレラはシニアデビューにはいいプロ。来世金持ちの家の美少女に生まれ変わったらシンデレラ滑ろっと。

ミライ
2A 3F-3T 3S 2A-3T-2T 3Lz-2T 3F 3Lo
3Aは回避。アンダーローテーション3本と3Lzのeマークで技術点は下がってしまいましたけど、やりきったことを涙が物語っています。

新葉
3S 3Lz-3T 2A 3Lz-3T 3Lo 2A-2T-2Lo 3F
冒頭は3Sに変更して正解ですね。高い質でランディングしました。3Lz-3Tの回転は疑いようがないです。完璧です。ジャンプをすべて降りられると、かっこいいステップとコレオシークエンスも映えるってもんです。転倒するボンドはボンドじゃないですもの。世界選手権の代表に選ばれて心ない声をかける者もいました。その批判をふっ飛ばしましたよ。おーーーい!アンチ息してる?

オズモンド
3F-3T 2A-3T so 3Lz 3Lo 3F 3S-2T-2Lo 2A
つええええええええええええええ。2A-3Tの着氷から心を乱さなかったです。勝負を決めたのは後半の3Lo。スリーターンから見事に決めました。+3の取れるジャンプです。ジャンプ1本で普通の選手の2本分のGOEを稼ぐので、そりゃTES伸びるわ!という話。悪が堂に入っています。体を突き破って得体のしれない生物が出てきそう。

ソツコワ
3Lz tano-3T tano 3F tano 3Lo 3F tano-1Lo-3S tano 3Lz fall 2A tano-2T tano 2A tano
柔らかさ、包容力、母性を感じられる素敵な演技でした。転倒が1本あり、そこだけが残念。タノを付けていない3Loが最もGOEが高いという。ソツコワは普通にジャンプ降りた方が絶対点数出やすいと思うんですけどね。この衣装緻密なデザインでお値段張りそう。アンダーローテーションが4本あり悲しい表情に。回転不足がなければもう1つ上の順位でした。

デールマン
3T-3T 2Lz 3F shaky 3Lz-2T-2T 3Lo 2A ot 3S shaky+2A
3T-3Tパーフェクト。ジャンプの着氷でミスが続きました。スローパートの穏やかな滑りや、音楽に合わせた激しい振付など、演技後半の表現面では昨シーズンよりパワーアップしています。

宮原
3Lo 3Lz-3T 3F 3Lz shaky-2T-2Lo tano 2A-3T 2S fall 2A
3Loと3Lz-3Tの助走でさえ、フリーレッグをサイドに伸ばして少しでもリンクを広く使おうという意思が見えました。ステップシークエンスの終わりとともに、ポワポワポワーーーっと青い海が浮かんできます。3Lzの着氷が2本とも詰まり気味でした。なんとか着氷。3Sが2回転になり転倒、単独の2Aはいつもより流れが出なかったです。3Sや回転不足はまた来シーズンまでの宿題です。

ザギトワ
3Lz fall 2A-3T fall 3F tano-2T tano-2Lo tano 3Lz-3Lo fall 3S 3F tano 2A
気持ちを立て直せないまま次のジャンプがやってきます。そしてまた失敗してしまうという、このプログラムの最大の欠点が丸見えになる演技でした。

カロリーナ
2Lz 3F-2T 3F 3Lo 3T 1A df 3S fall
ザギトワのミスもあり、パーフェクトに滑れば優勝という場面でした。本人もそれは心の片隅にあったでしょう。ミスの連鎖でコレオシークエンスやステップでも硬さが見られ、スピンもいつものような回転速度ではなかったです。

来年の出場枠
3枠 カナダ・日本・ロシア
2枠 イタリア・アメリカ・ベルギー

日本3枠復帰!今年の年末は心臓を木端微塵にせず全日本を見られそうです。乱切りぐらいで済みます。ロシア女子は5位と8位で3枠キープギリギリでした。ロシア女子の存在も絶対的ではないという証拠です。自分の力を出しきれば勝てないなんてことはないのです。

新葉にはGOEで±0が2つあるだけであとは+のみです。宮原は1本目の3Lzと3連続の2Loがアンダーローテーションでした。テネルは回転不足に加え、両3Lzにアテンションがついたのも点数に響きました。カロリーナにはコレオシークエンスで+1をつけたジャッジがいます。ステップで+2だったジャッジも3人います。カロリーナのステップで+2なんて、実質+1か±0です。調子が悪いと判断されています。ザギトワは3Tでダウングレード、3Loと3Sがアンダーローテーション。2人のジャッジが9点台に乗せていません。

オリンピック後の世界選手権らしいと言えばらしい結末になりました。ミスの少ない選手が勝つ!という驚きのない順位。オズモンドは45年ぶりのカナダ女子の優勝です。カナダのスケート界ちょっとは盛り上がれ!新葉と宮原でダブル表彰台も素晴らしい。日本女子の未来は明るい。注目度が男子に呑まれていたけれど、これで巻き返せるはず。
back-to-top