FC2ブログ
2018
11.13

2018-2019シーズン グランプリシリーズ 女子シングルアサイン

https://www.isu.org/docman-documents-links/isu-files/event-documents/figure-skating-4/2018-19/gp-8/series-files-19/entries-2/17412-ladies-2018-19-all-6-events/file

11月12日付エントリー更新
ニコル・ライチョバー→休養
エレーナ・ラジオノワ→腰の怪我
ラーキン・オーストマン→左足捻挫
ガブリエル・デールマン→心の健康のために休養
ダビン・チョイ→辞退理由不明
カレン・チェン→足の怪我
シャンニン・リー→辞退理由不明(怪我?)
カロリーナ・コストナー→左脚筋肉炎症
ニコル・ショット→自体理由不明
樋口新葉→右足甲の怪我

スケートアメリカ
ルーナ・ヘンドリックス(ベルギー)
アレーヌ・シャルトラン(カナダ)
ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス)
本田真凜(日本)
宮原知子(日本)
坂本花織(日本)
ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)
ポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)
スター・アンドリューズ(アメリカ)
ブレイディー・テネル(アメリカ)
メーガン・ウェッセンバーグ(アメリカ)

スケートカナダ
アレーヌ・シャルトラン(カナダ)
ヴェロニク・マレ(カナダ)
アリシア・ピノー(カナダ)
樋口新葉(日本)
松田悠良(日本)
山下真瑚(日本)
エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア)
ダリア・パネンコワ(ロシア)
エリザヴェータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
スター・アンドリューズ(アメリカ)
マライア・ベル(アメリカ)

グランプリシリーズ・フィンランド
ルーナ・ヘンドリックス(ベルギー)
ヴィヴェカ・リンドフォース(フィンランド)
エンミ・ペルトネン(フィンランド)
本郷理華(日本)
坂本花織(日本)
白岩優奈(日本)
ハヌル・キム(韓国)
スタニスラワ・コンスタンティノワ(ロシア)
ダリア・パネンコワ(ロシア)
アリーナ・ザギトワ(ロシア)
アンジェラ・ワン(アメリカ)

NHK杯
カイラニ・クレイン(オーストラリア)NEW
マエ・ベレニス・メイテ(フランス)
紀平梨花(日本)
三原舞依(日本)
宮原知子(日本)
ユンスー・リム(韓国)
アリョーナ・レオノワ(ロシア)
マリア・ソツコワ(ロシア)
エリザヴェータ・トゥクタミシェワ(ロシア)
マライア・ベル(アメリカ)
コートニー・ヒックス(アメリカ)
アンジェラ・ワン(アメリカ)

ロステレコム杯
ニコル・ショット(ドイツ)
松田悠良(日本)
白岩優奈(日本)
山下真瑚(日本)
エリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)
ユンスー・リム(韓国)
ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)
ポリーナ・ツルスカヤ(ロシア)
アリーナ・ザギトワ(ロシア)
アレクシア・パガニーニ(スイス)
グレイシー・ゴールド(アメリカ)

フランス国際
ロリーヌ・ルカヴァリエ(フランス)
マエ・ベレニス・メイテ(フランス)
レア・セルナ(フランス)
本田真凜(日本)
紀平梨花(日本)
三原舞依(日本)
スタニスラワ・コンスタンティノワ(ロシア)
エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア)
マリア・ソツコワ(ロシア)
マチルダ・アルゴットソン(スウェーデン)
アレクシア・パガニーニ(スイス)
ブレイディー・テネル(アメリカ)

怪我人がおらず、初期のエントリーからほぼ無傷だった女子シングルですが、怪我人が大量に出てきました。

日本は宮原、新葉、坂本、三原、真凜、紀平、山下、松田が2枠派遣。本郷と白岩が1枠派遣で合計18枠の最大枠を使い切りました。

久しぶりに試合の場に戻ってくるグレイシー・ゴールドが元気を取り戻してくれていることを願います。

カロリーナはジャパンオープンと同じ怪我で欠場となりました。

新葉はロステレコム杯欠場となり、白岩が2戦目派遣となりました。
2018
11.11

NHK杯 3日目 アイスダンスリザルト

珍しい女性アナウンサーでの実況。もう少しトーンを抑えればいいと思います。

アイスダンスFD
1 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)113.92
2 Lilah FEAR / Lewis GIBSON(イギリス)113.29
3 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)109.57
4 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO(ロシア)107.56
5 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS(カナダ)103.83
6 Shiyue WANG / Xinyu LIU(中国)101.69
7 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)95.43
8 Misato KOMATSUBARA / Tim KOLETO(日本)94.87
9 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN(ウクライナ)93.02

アイスダンスリザルト
1. Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)184.63
2. Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO(ロシア)183.05
3. Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)178.64
4. Lilah FEAR / Lewis GIBSON(イギリス)177.20
5. Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS(カナダ)169.84
6. Shiyue WANG / Xinyu LIU(中国)167.96
7. Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)159.96
8. Misato KOMATSUBARA / Tim KOLETO(日本)154.27
9. Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN(ウクライナ)153.22

ココ
ある愛の詩。僕がハードディスクに録画しっ放しで放置しているある愛の詩。観なきゃ・・・。ローテーショナルリフト変な感じがしましたが、右回転だからですね。普通左回転ですものね。左回転ばかりだとワンパターンになるのでいいですね。ストレートラインリフトを下ろしてからの女性の滑りやポジション移動がよかったと思います。細かい部分もきちんと演じようという意識が行き届くようになっていますね。

ナザニキ
ナザニキのリフトはアクロバティックで独創的なものが多いのですが、ではそれが美しいかというとまた別問題なのです。出方に無理があったり、女性の脚のポジションが美しくなかったり、停滞してしまったり。もっと点数取れるのにな~と思うことがあります。ニキーチンは胸毛剃らないから応援しなきゃいけない。ディアスも見習って胸毛残して?

スコアレ
男性がファーストツイズルでブレードから手を離してしまいました。スケカナで転倒したリフトでは、男性のフリーレッグがプラプラしていて怖かったです。加点控えめでした。後半の振付を変更したそうですが、なるほど・・・分からなかった・・・コレオリフトが変わったのは分かりました。前のはステーショナリーっぽいコレオでしたね。2週前よりまとまってきて何よりです。

フィアギブ
日本の客層にスーパーマッチする選曲。ワンフットステップ素晴らしかったですね。猛スピードでエッジを倒しながら、お客さんサイドを舐めるように滑っていきました。たまらんですね。よくない部分がないです。後半項目がドスコーイと伸びていますね。昨シーズン7点台に2、3項目乗るぐらいだったカップルが8.5に届こうとしています。まさに大躍進。昨晩わざわざツイッターで宣伝したからノーミスで滑ってくれてよかったーーーーー。観客の手拍子とスタオベGJですよ。

寿司酢組
昨日はジムのバイト大学生みたいだったし、今日は2年目の国語教師みたいだし。とてもじゃないけど、あんなエロ映画(しょぼくれたレベルだけど)の音楽を滑るようには見えないです。コレオスライディングによる女性のタイツへの影響を心配するミヤケン。目の付けどころがおもしろい。このコレオスライディングは好きです。タイツ破けても、流血を防ぎつつぜひ続けてください。

ワンリウ
頭のストレートラインリフトのインパクトが非常に強いので、これ以外にもう1つハイライトがないと、プログラムが尻すぼみになってしまうと思いますね。男女の移動距離の差があるので、どうしても女性の滑りの小ささが目立ってしまいます。女性の表情の変化は素晴らしいですね。お隣の国の人でこれぐらいできるのだから、日本人もシーユエさんぐらいできるはずだぞ!

パーソンズ
兄妹で過ごした幼い頃を演じるのですね。年老いて兄妹2人とも独身。親も亡くなったから遺産で家建てて暮らしていくってストーリーじゃないのか。背中合わせのワンフットの構成は素敵なのですが、妹がバランス崩していました。ダイアゴナルステップの2人のコネクションが最高でしたね。

赤ゲレ
最初のコレオスピンとその周辺のトランジションでの飛脚アピールが素晴らしいです。見せるべきものが分かっていますね。しかし細いなあ。ツイズルは上手くまとめ・・・られてない!男性がバランスを崩しました。本来であればツイズルで+2点ほど稼げますからね。ステップシークエンスがあまり滑り込めていないのか、足元と上半身の連携がいまひとつで、表現も込められていないように見えますね。ワンリウと同じで冒頭が目立ちますね。

ホワベイ
The Irrespressiblesスケート界で流行ってんのかな。モントリオール製のプログラムだなあ。でしたねえ。ツイズルは足の角度まで揃っていました。コレオエレメンツが特別独創的ではないとは感じますが、それでも魅せてくるのが実力者。今日も素敵な滑りだったのですけど、ホワベイは極限まで滑らかに滑れると信じています。まだまだ上に行けるぜ。次4位でもGPFに進出でるので、次第に上げてシーズン後半にいい演技を見せてほしいです。ジャンリュックがNHK杯チャンピオンになったよ!

上位2組はシーズンの始動が遅かったので、それを考慮に入れなければなりません。逆にパーソンズはGPSレベルのカップルでは世界一早かったので、ガンガン仕上がっています。これはまだGPS。本番は12月1月からよ。

記念撮影でゲレイロの頭1つ抜けていて、ジャンリュックと兄はティファニーにも身長負けてました。
2018
11.10

NHK杯 2日目 男子リザルト

男子LP
1 Shoma UNO(日本)183.96
2 Sergei VORONOV(ロシア)162.91
3 Matteo RIZZO(イタリア)147.71
4 Vincent ZHOU(アメリカ)147.52
5 Sota YAMAMOTO(日本)138.42
6 Dmitri ALIEV(ロシア)138.36
7 Alexander JOHNSON(アメリカ)127.72
8 Deniss VASILJEVS(ラトビア)125.21
9 June Hyoung LEE(韓国)122.10
10 Kevin REYNOLDS(カナダ)121.53
11 Hiroaki SATO(日本)117.80
12 Yaroslav PANIOT(ウクライナ)105.05

男子リザルト
1 Shoma UNO(日本)276.45
2 Sergei VORONOV(ロシア)254.28
3 Matteo RIZZO(イタリア)224.71
4 Vincent ZHOU(アメリカ)223.42
5 Dmitri ALIEV(ロシア)219.52
6 Sota YAMAMOTO(日本)213.40
7 Alexander JOHNSON(アメリカ)199.75
8 Deniss VASILJEVS(ラトビア)197.60
9 June Hyoung LEE(韓国)188.26
10 Hiroaki SATO(日本)185.18
11 Kevin REYNOLDS(カナダ)182.67
12 Yaroslav PANIOT(ウクライナ)173.64

ジュンヒョン
3A-2T 3A fall 3F 3F-3T 3S hd 3Lz 2Lo fall
背中の一部分が透けた衣装。なぜ透けさせる必要があるのか。いや、理由なんて簡単だ。透けさせられる肌があるならとりあえず透けさせる。それが男ってもんだろ。ウィルソンにしてはこのプログラム微妙だな・・・ジュンヒョンはもっとおもしろいプログラム滑ればいいのよ。

レイノルズ
4S 4T-3T 2A 2T 3F fall 3Lz so 3S
お久しぶりのクロノトリガーのプログラム。3Aを回避してまとめる戦略を取りましたが、基礎点の低いジャンプでもミスが出て得意のセカンドトリプルまで繋げませんでした。

佐藤
4T 3A-2T 3Lz-2T 3A fall 3Lz fall 2F 3S fall
4Tはきれいに着氷しました。コンボ2つも降りられましたが、後ろ4本のジャンプを全て失敗。天国から地獄へ。リズムに乗ったステップシークエンスはよかったと思います。ドンと構えた男らしさを感じました。SPで直接的にセクシーさをアピールするよりも、このプログラムの堂々とした様の方がよっぽどセクシーだぞ。

パニオット
4F hd 4T-2T 2A shaky 2T 3Lz fall 2Lz 2Lo
抜けがたくさんあります。抜けだけで20点ほどの基礎点がなくなりますし、付けられなかったコンボの点数も含めると30点ほど低くなります。髪の毛トゲトゲですね。加藤登紀子みたいですね。

ジョンソン
3A df 2A 3Lz df-1Eu-3F 2Lo 2A-3T 3F 3S
左脇腹を透けさせた衣装です。普通の透けとの格の違いを見せ付けています。ジャンプの両足着氷や回転不足が目立ちました。それでもトレードマークの3Lz-1Eu-3Fは着氷できました。ジャンプの面では振るわなかったけれど、ステップシークエンスやスピンでは彼だけのカラーをアピールできたと思います。ジョンソンは全米の男なので、プログラムの完成型は1月に見せてくれるはずです。

ヴァシリエフス
4T df 3A-2T 3Lo fall 3A df 3Lz-1Eu-2S 1F 2Lz
4Tは回転に入るタイミングが遅いですね。転倒しなくてよかった。コレオシークエンスでの躍動感は卓越しています。これにはGOE+4以上が並んでもおかしくないと思います。最後の3Lzは諦めて、ステップシークエンスに力を残したのでしょうね。いいプログラムになりそうです。ジャンプ決まれー。

ヴィンセント
2Lz 4S-3T 3A-2T 3A 4Lz 3F 3Lz-1Eu-3S
冒頭の4Lzが抜けたので、後半に4Lzを跳び直しました。回転不足ですがないストライです。完成度の高い中盤の3Aから、すぐに流れるような振付に入ります。この映画って剣を使った激しい戦闘もあるけれど、空飛んだりした超人スーパーバトルを繰り広げているので、ジャンプの間に振付が挟まるのは、実は映画そのままなのですよ。この曲では「はいはい中華中華」なプロがありがちですが、あえてそこから外しているのも評価できます。

リッツォ
4T fall 3A-2T 3Lz ot-3T 3Lo 3A 3F-1Eu-2S 3Lz
プログラムが微妙という評価はまだ変わらないですが、今日は体がよく動いていたので、それだけですごくよく見えました。3Lzの前はただのトランジションですが、コレオシークエンスかというぐらいスピードを出して、リンクを縦断していました。GPSデビューシーズンに2戦とも4位以内はすげえ。今日もミコール・クリスティーニさんに挨拶。ずっとラブラブ。

草太
1A 3A 3Lz-3T 3Lz 3F 3Lo-2T 2A-1Eu-1S
頭からの予定構成は3A 3Lz-3T 3Lz 3Fでしたが、構成を変更しました。昨日の3Aよりもきれいに決まりました。ジャンプの質は順調に上がっていますし、心配しすぎるような状態ではなくなりました。ブレードで手を切って血がドバドバ。刀を鞘に収めた選手本日2人目。

アリエフ
2T 2T 3A 3F 3Lz-1Eu-3S 3Lo 1Lz
抜け&抜け&抜けで25点ほど失うことになります。まさかまさかの4T両抜けでした。3Lzにはコンビネーションを付けたかったことでしょう。ちょっと奥さん、ステップシークエンスご覧になりました?アリエフが背中が語れるようになっていますわよ。PCSは高いのでジャンプだけなんですよね。

昌磨
4S 4F 4T 4T so 3A 3A-1Eu-3F 3S so
後半の3Aからはチキチキ体力レース~コンビネーションできるかな~が始まるのですが、今日もレースを制しきることはできなかったです。かといって前半にコンビネーションを入れると曲想を害するすので、個人的には好ましくないです。だから肺を4つに増やすなどして、酸素の供給量を増やしてがんばってください。これは夜に、お客さんもコーチもいないリンクで、ライトがリンクだけを照らすところ、柱の陰からノーミスで滑るところをこっそり見ていたい。

ヴォロノフ
4T 3Lo 3T-1Eu-3S so 2A 3A shaky 3A-2T 3Lz-2T
このローガンという映画では、年老いたウルヴァリンが、ポジティブに生きることを諦めてしまって、人目を忍んでひっそりと暮らしているわけです。でも事件に巻き込まれてしまって、命と引き換えに、次の世代の子供たちを守るというアメコミとは思えない重苦しい話なのです。テンくんの最初で最後のプログラムを、大ベテランのヴォロノフが滑る姿が、それに重なります。ヴォロノフが何度オリンピック代表を逃しても、諦めずに現役を続ける姿は、世界中の若いスケーターの規範となるでしょう。そうやってテンくんやヴォロノフの想いが若い世代へと連綿と受け継がれていくはずです。いい質のジャンプも多かったですし、GPSの成績はロシア勢で最上位になる確率が高いです。すげえよ。

リッツォが表彰台に乗ったから絶対とーちゃんの方が喜んでるな。バックヤードではしゃいでいたに違いない。

1位1位で昌磨がGPF確定しました。26ポイント以上の組み合わせが5人以上出ることはないので、ミハル・ブレジナもGPF確定しました。

残り2試合
ロステレコム杯 羽生(1位)、メッシング(2位)、コリヤダ(4位)
フランス国際 ネイサン(1位)、サマリン(4位)

コリヤダとサマリンは優勝でヴォロノフのポイントを上回れるので、GPF進出の可能性があります。よっぽどのことがなければ、残り4枠は羽生、メッシング、ネイサン、ロシア勢になるはずです。よっぽどのことが起きるのがフィギュアスケートですけどね。カナダ連盟がメッシングにGPF進出へのプレッシャーかけませんように。
2018
11.10

NHK杯 2日目 女子リザルト

女子LP
1 Rika KIHIRA(日本)154.72
2 Satoko MIYAHARA(日本)143.39
3 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)142.85
4 Mariah BELL(アメリカ)135.99
5 Mai MIHARA(日本)133.82
6 Eunsoo LIM(韓国)126.53
7 Alena LEONOVA(ロシア)125.93
8 Courtney HICKS(アメリカ)118.97
9 Maria SOTSKOVA(ロシア)116.24
10 Mae Berenice MEITE(フランス)112.09
11 Angela WANG(アメリカ)98.54
12 Kailani CRAINE(オーストラリア)96.01

女子リザルト
1 Rika KIHIRA(日本)224.31
2 Satoko MIYAHARA(日本)219.47
3 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)219.02
4 Mai MIHARA(日本)204.20
5 Mariah BELL(アメリカ)198.96
6 Eunsoo LIM(韓国)196.31
7 Alena LEONOVA(ロシア)194.15
8 Courtney HICKS(アメリカ)178.07
9 Maria SOTSKOVA(ロシア)176.99
10 Mae Berenice MEITE(フランス)162.58
11 Angela WANG(アメリカ)159.36
12 Kailani CRAINE(オーストラリア)154.22

クレイン
3F 3Lz-2T 3Lo 2A 3Lz so 3Lo-2T 2A
基礎点の高い3Lzや3Fで回転不足が見られました。ジャンプをミスしても後半きちんと曲想にマッチした表現をできるのが彼女の強みです。キスクラにはカンガルーもコアラもいない。二大政党から距離を置いているのか。

メイテ
3Lo-3T 3F 3Lz-2T-2Lo fall 2A 2A-3T 3Lz 3S
3Lo-3Tの後のモモをクイクイッと上下させる振付を見るだけでも、彼女が振付を自然にこなし、女性らしい表現力が身に付いていることが分かります。3連続の最後は回転が足りず、上手くグリッとできなかったので転倒に繋がりました。高さ系のジャンパーはグリるの苦手です。残りはきっちりまとめています。好調です。

ヒックス
3F-3Lo 3T 2S+2A 3Lz-2T 2Lz 3F 2A
3F-3Loすげえ。3Loの幅が垂直飛び状態なのに降りられています。今回の成功をこれからも続けられたらいいですね。バネがあり、柔軟性のあるスケーターでおもちゃ箱から飛び出したような存在なので、くるみ割り人形の選曲は合っていると思います。

ベルたそ
2A-3T 3Lo 3F-2T 2A 3Lz-2T-2Lo 3F 3Lz
ベルたそ~~~~~~~~~~~~~!!!手首や肘から動かせない選手が多いですが、彼女は肩からしっかりグリンと捻じって表現しているので見応えがあります。コレオシークエンスが消化エレメンツにならず、しっかりとエッジを倒して、ゴージャスなスパイラルも見せてくれました。ガッツポーズの出る素晴らしい演技でした。後半にルッツフリップを固めるのは博打ですが、今日はそれが上手くいきました。採点に時間がかかったので、回転不足ザックザクかと思いましたよ。

ソツコワ
3Lz-3T 3Lo-2Lo 2A 2A 2F-1Eu-3S 3F fall 3Lo
熱い風が地面を撫でるよステップシークエンス素敵。手足の長い彼女ならではのダイナミックさを感じるエレメンツです。後半の3連続の前あたりから徐々にスピードが落ちてきました。それが3Fの失敗に繋がっています。スピードビュンビュンな状態でのコレオシークエンスが見たいです。ソツコワの新たな一面を見られるプログラムです。いつまでも淡白じゃないよ。

アンジェラ
3F so 2Lz 3T hd 2A-2T 3F fall 3T 3S
今シーズンはクワン姉妹が振付に入っているからか衣装までクワンっぽい。ソルトレイクシティ観てスケート始めたってぐらいですから当然影響は受けますよね。3番目~6番目のジャンプ構成を大幅に変更し、自信のあるものを持ってきたのでしょうが、それも失敗してしまいました。悲しい表情でフィニッシュ。

ユンスー
3Lz 3Lo 3S fall 3Lz-3T shaky 2A 3F-2T-2Lo 2A-2T
6分練習で三原と接触して転倒しました。嫌韓のアホが騒いだらバカにしよーっと。黒&スケという素材的にはよくある感じですが、ギランギランした華やかな衣装です。おい、世界の人々!黒衣装ならこれぐらいのやつを着てくれ!彼女の持ち味のスピード感や表情の豊かさはアピールしきれなかったですね。同門のベルたそがコケティッシュなロキシーになりきっていたので、コツを聞くよろしよ。ユンスーは本国ではゼニガメに似ていると言われているらしいです。だからゼニガメのぬいぐるみもらいました。

紀平
3A-3T 3A 3Lo 3Lz-2T 3F 3Lz-2T-2Lo 3S
3A1本で4回点ジャンプに相当する点数を稼いでいます。恐ろしい。予定構成では3A-2Tでしたが、3A-3Tに変更しました。3Lz-3Tを練習したのは3A転倒した時のリカバリー用なんですね。いやあああああああああああああああああああああ全部降りたぞおおおおおおおおおおおおおおおおおおすげええええええええええジャンプもスピンもコレオも素晴らしい。2Aの場所がそのまま3Aになって、加点幅も高いわけですから、3Lzまでの選手とは出せるTESが10点違いますね。151は出るかな?と思いましたがPCSもここまで伸びるとは。これはメディアが煽るぞおおおおおおおおおお!潰されないように周囲の大人がガッチリサポートしなければ。そして我々もジャンプの成否のみに注目せず応援し続けなくては。

レオノワ
3T-3T 2A 3Lz 2A 3F-2T 3F-2T-2Lo 3S hd
27歳にして全盛期が再びきましたか。3Sで手をついて、終盤は足にきていましたけど、強い気持ちと表情で魅了してくれました。レオノワはレオノワだなあ。NHK杯の恋人であることを証明する演技です。次はGOEのプラスの高い部分を目指すのが目標になるでしょう。

三原
3Lz-3T 2A 3Lo 3F 2A-2T 3Lz-2T-2Lo 3S
この紫がかった青は日本人が世界のどの民族よりも着こなせる色です。だからこれは日本人の天使。この衣装で大正解。今までの三原の衣装で一番好き。後半の最初のジャンプ2A-2Tのところは、いつもよりスピードがなかったので、うわっ!3Tでコケるうわああああああああああああああ2Tにした・・・セーフ。と安心しました。後半の3Lzの回転が充足する呪いをかけていたので、呪いがきちんと働いてくれました。速報から3点ほどTESが下がりました。三原の不運はGPSのくじ運がトップ勢で最悪だったこと。

リーザの演技前にフラワーガールが氷上の虫撤去。お姉さん虫を素手で持って偉いよ。

リーザ
3A ot 3Lz-3T 3Lz 2A-3T 3Lo 3S 2A-2T-2Lo
リーザこんなにきれいな両方タノ入り3Lz-3T降りられるならSPで導入してもよさそう。導入すると3Lzまでの選手ではザギトワでかろうじて超えられるかどうかのスコアになると思いますよ。トランジションは相変わらずですが、より自信を持って滑るようになったので、あまり気にならなくなってきましたね。世界選手権で優勝したシーズンの無敵オーラを帯びてきました。GPFも楽しみです。

宮原
3S 3Lz-3T 3Lo 3Lz 2A-3T 3F-2T-2Lo 2A
衣装を変更しました。黒と緑?苦手だと判明した天敵3Sはこの2シーズンで一番きれいに入ったのではないでしょうか。SPで完璧ではなかった3Loもよかったです。最後の2Aの前の足クイッとかマジかっこいい。後半のあんな場面でもトランジションガンガン入れてくるんですよ。そりゃPCS出ますよ。絶対にノーミスでないと優勝できない場面で、よくこの演技を見せてくれました。ジャンプの回転不足があってTESが77点台から下がりました。これはGPFまでの宿題ですね。

紀平のっプロトコルはほとんど+3以上です。全ジャンプに1点以上の加点をもらっています。宮原は2つの3Lzでアテンション、2Aと2Loでアンダーローテーションでした。まさかのアテンション。3Fは無傷。三原は3Tがアンダーローテーションでした。

これで宮原とリーザがGPF確定です。坂本は2位3位で24ポイントで暫定3位。

ロステレコム杯 ザギトワ(1位)、山下(2位)、サモドゥロワ(3位)、白岩(4位)
フランス国際 紀平(1位)、コンスタンティノワ(2位)、メドベージェワ(3位)、三原・テネル(4位)

残り4枠がこの中から決まります。このままロシアと日本で表彰台が占められるのでしょうか。
2018
11.10

NHK杯 2日目 ペアリザルト

悠子ちゃんのおもしろ解説を実況する大会になった。

ペアLP
1 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT(ロシア)140.66
2 Cheng PENG / Yang JIN(中国)136.58
3 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM(アメリカ)125.74
4 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)121.96
5 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)105.16
6 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU(スペイン)104.22
7 Audrey LU / Misha MITROFANOV(アメリカ)96.90
8 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA(日本)93.76

ペアリザルト
1 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT(ロシア)214.14
2 Cheng PENG / Yang JIN(中国)207.24
3 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM(アメリカ)190.49
4 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)189.66
5 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)164.16
6 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU(スペイン)159.59
7 Audrey LU / Misha MITROFANOV(アメリカ)149.25
8 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA(日本)143.69

ルー&ミトロファノフ
3Tw 3LoTh 3S-1Eu-3S so 3STh 3T fall
アナウンサー「基礎点固定でGOEで評価されるコレオシークエンス」
悠子ちゃん「唯一休憩できる場所です」
wwwwwwwwwwwwwww本音wwwwwwwwこれからコレオシークエンスを見る時は、休憩してるなーと思いながら見ればいいんですね!ツイストや3連続などミスがありましたし、ステップインラッソーを下ろしてしまう大きなミスもありました。ただ、スローは入りましたし、スピンはY字のまま出て音楽を表現したり、エレメンツもしっかり音楽の盛り上がりに配置していて、エレメンツに終始する演技ではなかったです。将来性あると思います。願いは解散せずに続けること。

海龍
3Tw 3Lz df 3T-2T-2T 3FTh fall 3STh fall
ソロジャンプは3Lzにしてきました。女性が回転不足で着氷しました。3連続はがんばりました。アクセルラッソーはきれいに上がって移動距離もありました。今大会はリフトがきれいに入るようになったそうで、その言葉の通りの演技となっていました。あとはスローですね。「パートナーは信頼しても頼ってはいけない」との川口悠子名言頂戴しました。

バルマエ
3S-2T 3Tw 3FTh 2A shaky 3LoTh
男性が2Aで手をついた以外、ほぼミスのない演技でした。スローフリップはきれいに入りましたね。こんなにきれいに入れられたのか!女性がとても嬉しそうな表情をしていました。満足な演技のようです。

タラダニ
3Tw 3S ot-1Eu-2S 3STh 2A fall 3LoTh fall
怪我が重なる前と比べると、女性の動きが一回り小さくなっているのが気になりますね。足元もセカセカしています。タラダニは「テンプレバレエプロがなんぼのもんじゃい!感動せいやっ!」ぐらいの剛腕っぷりが気持ちよかったので、その思いきりのよさが戻ってきてほしいです。デニフレもシメクニもそうですけど、アメリカの女性の怪我が演技に影響しまくっています。

シメクニ
3Tw 3S so 3T so 3FTh 3LoTh
ソロジャンプはそれぞれがミスしました。せめて1本入ればいいのですがね・・・。スロージャンプはいい質のものを揃えましたし、ツイストも安定。リフトはサフマソ成分が入ってとてもよくなりました。成分というか完全にサフマソか。ペアスピンはめちゃくちゃ回転が速かったです。大人なんだからサフ子もシメクニもごめんなさいして仲直りしよ?ちゅーちゅーしてる。数千人の前でちゅーちゅーしてる。

モーマリ
3Tw 3S hd-1T 3LoTh shaky 3T shaky 3STh
今日は男性のジャンプに乱れがありました。スロージャンプもあまりよくなかったです。今シーズンは昨シーズンまでのようなスカッとした質のものが投げられていないですね。調子が悪いのかな。アクセルラッソーは下ろす時の回転までスムーズでとてもよかったです。終盤は持ち直しました。悠子ちゃんが「男性がスローを上手に投げると女性は楽」とふんわり皮肉。

ザビエン
3Tw 3T-2T-2Lo 3S 3FTh 3LoTh
ついに!ついについについに3S成功しました!ぎょおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!悠子ちゃんからハラショーいただきました。スローループの着氷でマラジェッツ、演技が終わってオーチンハラショー。文句なしの素晴らしい演技でした。このまま続けていけば世界選手権のメダルあるぞ。

ペンジン
2S 3T-2T 3Tw 3LoTh 3STh
冒頭のジャンプは2Sに変更しました。揃っていたので加点のエレメンツです。3T-2Tのタイミングもバッチリです。スロージャンプの質には悠子ちゃんのテンションが上がっていました。ペンちゃんの表現力がブチ上がりましたね。これほどまで人をうっとりさせられる演技をする大人のスケーターになるなんて。

ザビエンが1位1位でペアでGPF1番乗りとなりました。ペンジンは2位2位で中国勢22年連続GPF進出を確定させました。

ロステレコム杯に1位タラモロ、2位デラモデル・エフィコロ、3位パブホディ・髭の組が出場。フランス国際にヴァネシプ・ボイコズが出場します。ボイコズはヴァネシプに勝てばGPFへの道が残されています。

悠子ちゃん最高だぜ。
back-to-top