2016
12.25

ロシア選手権 3日目 女子リザルト

女子LP
1 Evgenia MEDVEDEVA MOS 153.49
2 Alina ZAGITOVA MOS 146.95
3 Maria SOTSKOVA MOS 145.51
4 Anna POGORILAYA MOS 142.17
5 Elena RADIONOVA MOS 139.05
6 Anastasiia GUBANOVA SPB 133.92
7 Stanislava KONSTANTINOVA SPB 131.85
8 Sofia SAMODUROVA SPB 126.87
9 Alisa FEDICHKINA SPB 125.61
10 Elizaveta TUKTAMYSHEVA SPB 125.35
11 Valeriia MIKHAILOVA MOS 120.83
12 Serafima SAKHANOVICH SPB 116.16
13 Alena LEONOVA SPB 114.07
14 Alisa LOZKO SPB 112.53
15 Anastasia YATSENKO PER 108.87
16 Ekaterina GUSEVA SPB 107.62
17 Natalia OGORELTSEVA SPB 102.21
18 Anastasia KOLOMIETS LEN 93.69

女子リザルト
1 Evgenia MEDVEDEVA MOS 233.57
2 Alina ZAGITOVA MOS 221.21
3 Maria SOTSKOVA MOS 219.90
4 Anna POGORILAYA MOS 215.62
5 Elena RADIONOVA MOS 209.24
6 Stanislava KONSTANTINOVA SPB 200.19
7 Anastasiia GUBANOVA SPB 197.26
8 Elizaveta TUKTAMYSHEVA SPB 194.52
9 Sofia SAMODUROVA SPB 192.16
10 Alisa FEDICHKINA SPB 189.57
11 Valeriia MIKHAILOVA MOS 180.73
12 Serafima SAKHANOVICH SPB 175.53
13 Alena LEONOVA SPB 174.67
14 Alisa LOZKO SPB 170.93
15 Anastasia YATSENKO PER 164.61
16 Ekaterina GUSEVA SPB 160.66
17 Natalia OGORELTSEVA SPB 159.69
18 Anastasia KOLOMIETS LEN 137.93

オゴレルツェワ
3Lo-3Lo 2A-1Lo-3S 3Lz tano 3Lz tano-2T 2F 1T<< 2A
衣装に梅の花がついています。おや、もう春かな。セカンドループの回転不足があれど、前半とても調子がよかったですが最後の方でジャンプの抜けが2つありました。3Tが1Tに抜けて回転不足というのはなかなか見ない失敗です。ハーフトゥループ?

サハノヴィッチ
3F-1Lo-3F 3Lz 2A so 3S-3T fall 2A fall 3Lo tano 3S-2T tano
男子で3F2つの3連続を入れるメリットがないのでやる人がいない。女子でしかやらない。サハノヴィッチだけが黙々とやっているエレメンツなのです。始まりはよかったのに苦手な2Aから少しずつ乱れが。転倒した3Tは回転が足りないです。カメラに抜かれた人は母ノヴィッチ?

ロスコ
3Lz 3F 2A-3T-2T 3Lo 3S df 3F+2A 3Lo-2Lo
ジャンプの回転が足りないところはありますが、それでも予定したものがほとんど入りました。ジャンプに集中しているように見えたので、それが解消されていくと彼女の素晴らしい表現力が爆発しそう。ステップの清清しさたるや、カバンを放り投げて街中行進したい感じ。

ミハイロワ
2A-3T 3Lz 3Lo-2T 2A-1Lo-3F 3F 3Lo 3S
ABBAの曲いい曲ばかりだけど、深夜の懐かしのCD全集っぽさがめっちゃ出てました。背中の星も絶妙に古臭くて曲にピッタリ。

グバノワ
3Lo 3Lz-3T 3Lz-1T 2A 3F-3T-2T tano 2A 3S
そうだここにもジュリエットさんが。エッジグイグイ倒しジュリエット。シニアで30秒伸ばさなければいけないので、最後の音楽の間延びがすごかった。あああ・・・これで私たちの愛は永遠よ後追って死ぬ・・・・えーーーでもどうしよっかなー死ぬ・・・いや待てよ・・・やっぱ死ぬわグサッ。みたいな。

レオノワ
3T ot-3T 3Lz fall 1A 3F-2T 3F shaky 3S 2A-2T-2Lo
赤ちゃんが死んでしまって、我を失う母親を演じているのでしょうか。3Loをぬくようになったので、さらにTESが出にくいことに。そんなに不得意なイメージもなかったのですが。

サモドゥロワ
3Lz tano 3Lo 3F-1Lo-3S 2A-3T 3F 3Lz-2T 2A
ジャンプが絶好調です。セビリアの理髪師かどうかはさておき、こういったジュニアから出てくる選手はまずスピードを出してジャンプを降り、存在感をジャッジや観客に印象付けるといったことが重要ですね。

フェディチキナ
3Lo 3Lz-3T 3F-2T 2A 3Lz-1Lo-3S 3S 1A
2Aの質と最後の抜けがあんまりかな?というところはありました。3Lzのエッジは大丈夫だったでしょうか。滑りがよくなっているのは、今の身長でどうやって滑ればいいか分かったということでしょうし、ロシアジュニアまでもっとよくなるはず。

コンスタンティノワ
3Lz-3T 3F tano-1Lo-3S 1Lo 2A-2T tano 3Lz tano 3F tano 2A
3Lz-3T 3Lzで後半に入る予定だったのをスルーして、後半のまあまあいった位置に3Lzを加えました。ジャンプ8本と判断されなかったのですね。3Lo1本抜けてこのスコアは立派です。グバノワよりPCS高いとは。世界ジュニア代表はすんなりとツルザギグバでいかんかもなあ。

ラジオノワ
3Lz 3F-3T shaky 3Lz-1Lo-3S 3Lo hd 2A 3Lo-2T 2A
3Lzをクリーンに降りたのになぜか3F-3Tというコンボにする謎・・・いやこれは謎ではないかも。3Fでeマークがつく可能性があるし、3Tのコンボをつけてもあまり加点が得られない。それならば一箇所に集めて、加点を取れるところで取ってしまおうという作戦。これは賢い。泣くほどだったというのは、今シーズンの状態から見て、これだけできたのが嬉しかったんでしょうね。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 3F 2A 3Lz-1Lo-3S 3Lo-2T tano 3Lo 2A
ポゴリラヤのフライングのときの手の動きってアチョー!って感じじゃないです?さっき見たリュージュもアチョー!ってしてたから、この2人はアチョー族。他のアチョー族も募集しています。3-3のセカンドがあまり流れなかったけれどマイナスはつかないぐらい。完璧ではないけれどまとめますね。顔の怖いコーチ嬉しそうだったのに、点数発表で全然喜んでない。TES70割りましたし、完璧ではなかったですもんね。

リーザ
2A 3T-3T tano 3F fall 3Lz-2T 3Lo 3Lz fall 3S+2A tano
めっちゃいいスタートでしたのに転倒2回は厳しい。ナショナルなので加点もめちゃもらえるでしょうし、この2つで9点ぐらいは取りこぼしているでしょう。なかなか思ったようにはいかないですね。

メドベージェワ
3F tano-3T 3Lz tano 3Lo 3F tano 2A tano-2T tano-2T tano 3S-3T-3T 2A tano
3S-3T-3Twwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww跳ぶなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwコケたらどないすんどいやwwwwwいやコケても多分勝てますけどね。すごすぎ in the heaven.余剰ジャンプは切られるというルールを生かしての表現・・・リスキーだけどこれからやる選手いますかね?

ソツコワ
3Lz-3T 3F 3Lo 3F-1Lo-3S 3Lz 1A-2T tano 2A
メドベの衝撃から抜け切らないままソツコワの演技が始まってしまいました。髪の毛横にピロピロ出て寝坊したみたいになってますよ。もうちょいきれいに。回転不足怖い師匠ですが3-3や3-1-3は大丈夫そう。どこの妖精さんかな?っていう清らかさ。汚いものが生きていてすみません。

ザギトワ
3Lz-3Lo 2A-3T 3F tano-2T tano-2Lo tano 3Lz tano 3S 3F tano 2A
はいノーミスううううううううううwwwwwwwwwwwwwwwwwwはいエテリ大勝利いいいいいいいいいいいいいいいいTES77点って何ですか?やヴぁい。さすがに緊張でグデグデになるんじゃないかと思いましたけど、ジュニア選手はここで緊張しても派遣に関係ないからしないですよね。やるだけだ。

ということで銀河点に突入したメドベさんが優勝です。アテンションのついたルッツにもマイナスがつきませんでした。3S-3T-3Tの最後はアンダーローテーションの判定です。一応判定はしてくれるらしい。優しい。10点は9個つきました。ザギトワとソツコワは回転不足なし。ポゴリラヤはeがついたのと3連の最後がアンダーローテーション。209点で5位ってどういうこと・・・?裏世界選手権作ってそこに派遣するしかないですね。
2016
12.24

ロシア選手権 3日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV MOS 142.65
2 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV MOS 139.15
3 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT KRR 129.06
4 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV MOS 128.06
5 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV S/T 123.90
6 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII SPB 118.24
7 Anastasia MISHINA / Vladislav MIRZOEV SPB 115.46
8 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN MOS 112.91
9 Elizaveta ZHUK / Egor BRITKOV SVE 103.60
10 Anastasia POLUIANOVA / Maksim SELKIN P/C 102.73
11 Bogdana LUKASHEVICH / Alexander STEPANOV SPB 94.00

ペアリザルト
1 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV MOS 220.12
2 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV MOS 219.19
3 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT KRR 201.91
4 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV MOS 198.79
5 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV S/T 191.42
6 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII SPB 179.01
7 Anastasia MISHINA / Vladislav MIRZOEV SPB 178.26
8 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN MOS 176.60
9 Elizaveta ZHUK / Egor BRITKOV SVE 161.24
10 Anastasia POLUIANOVA / Maksim SELKIN P/C 154.98
11 Bogdana LUKASHEVICH / Alexander STEPANOV SPB 146.88
WD Alina USTIMKINA / Nikita VOLODIN SPB

ジュク&ブリトコフ
2A-2Tの間にオーバーターンが入りましたけど、ジャンプはよく決まりました。スローもきっちり。リフトの前にしっかりと間を取りました。ポジションチェンジに少し戸惑っていたので、これがよくなるとプログラムにさらに浸れそう。泣きのエレキそしてレクイエムフォードリーム!!!!!久しぶり!

ミシミル
新衣装になりました。昨シーズンからずっと同じ衣装だったので女性がキツくなってしまったのかもしれないですね。3Sの転倒はありましたけど、まずまずまとめられたのではないかと。脚を持ち上げてのスパイラルから入るリバースラッソー、股通しからのグループ3リフトもきれい。シニアに混ざると子供。

ボイコズ
JGPSやファイナルよりもジャンプがよくなっています。そんなに決まる方でもなかったと思うのですけども。3Sは着氷した後の動きまできれいに揃えていました。前半のリフトをグループ4からバックワードラッソーに変えて、アクセルラッソーの後ろにグループ4を移動させましたかね。

エフィコロ
女性のジャンプが両方とも入りませんでした。女性のジャンプ問題は多くのペアが抱えています。優雅な音楽なのにコレオシークエンスでもリフトでも2人ともまったく笑わないのは物足りないので表情ください。

川スミ
悠子ちゃんのソロジャンプは2本ともミスです。2Aは回転が足りていないです。スローループではバランスを崩しました。ソロスピンが合い始めていることや、滑りから復調は手に取るように分かるのですが、あと少し時間が足りなかったのかもしれません。あと1ヶ月2ヶ月あれば・・・。スミルノフの髪型が変じゃなくなって、体操のお兄さんのようになりましたよ。

アスロゴ
3Loは今大会も入れてきましたが残念ながら失敗。3連続は女性のファーストがダブルに。スローがきれいに決まったのと、今大会はリフトがかなりスムースに入っていました。空中で女性の脚が氷と平行になるぐらいまで開くので見ごたえがあります。マルロゴ時代とはまた違ういいリフト。

ザビエン
ザビアコが3Tで転倒です。そろそろスロートリプルアクセルにしてくるかな?と思ったんですけどダブルのままでした。この曲を聴きながら、バーカウンターで男女が駆け引きをしているストーリーがあると思えば、必然性を納得できなくもなくもない。でももっと必然性ください。ソロスピン怖かった。

ストクリ
昔よりスピードがある分、高さのないツイストが恐ろしい。今日も変な落とし方するんじゃないかとハラハラしました。なんとかキャッチ。

タラモロ
モロゾフのジャンプがまた抜けてしまいました。でもタラソワは優しそうだから、バックステージで腹パンとかしなさそう。クワドツイストはかなり抱えてしまって-2~厳しいと-3がつきそう。でもすごく勢いがあって意味不明なプログラムをねじ伏せられていたとは思います。多分国際大会ならタラモロが優勝していたと思います。ナショナルだから格付けを覆すのは難しい。

ストクリはユーロまでにスローを戻せれば世界と戦えます。タラモロは今のエレメンツを磨き上げて、ユーロでは雪辱を晴らして欲しいです。だって今のタラモロめっちゃいいですもん。1位と2位が僅差、3位と4位も僅差。すごい戦いでした。

僕の今の気持ち。

trankovsanoooo.png


2016
12.24

ロシア選手権 2日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスFD
1 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV MOS 115.86
2 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN MOS 113.07
3 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN MOS 105.06
4 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV MOS 104.67
5 Tiffany ZAHORSKI / Jonathan GUERREIRO MOS 100.45
6 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN SAM 91.30
7 Vasilisa DAVANKOVA / Anton SHIBNEV MOS 86.41
8 Maria STAVITSKAYA / Andrey BAGIN MOS 82.95
9 L. SOSNITSKAIA / P. GOLOVISHNIKOV MOS 75.47
10 Anastasia SAFRONOVA / Ilia ZIMIN SPB 67.04

アイスダンスリザルト
1 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV MOS 197.26
2 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN MOS 189.54
3 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV MOS 178.45
4 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN MOS 178.28
5 Tiffany ZAHORSKI / Jonathan GUERREIRO MOS 169.46
6 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN SAM 152.15
7 Vasilisa DAVANKOVA / Anton SHIBNEV MOS 139.44
8 Maria STAVITSKAYA / Andrey BAGIN MOS 139.23
9 L. SOSNITSKAIA / P. GOLOVISHNIKOV MOS 128.05
10 Anastasia SAFRONOVA / Ilia ZIMIN SPB 112.22

エフバジ
パク・・・リスペクトプログラムきたああああああああああああああああああ!!!スコットが尻からジャンプする振付も入れてあるんですね。曲がテンプテーションになって、ステップに入るタイミングも同じだ!同じところの探すの楽しい。ツイズルの場所は違います。3曲目に入った辺りから男性に急激な疲労が見えましたが、力を要するエレメンツは終えているから大丈夫。

スタバギ
ツイズルは女性がややズレを起こしました。臓器どこいった美脚から繰り出されるリフトや、ダンススピンの後の向かい合ってのソロスピンなど工夫も見られます。スタヴィツカヤはズーリンチームのしょっぱい感じ合います。

ダワシブ
さっきエロホフでロミジュリを見て、今度は別のロミジュリです。明日は島田のロミジュリ見て、明後日は真凜のロミジュリを見ます。わーーーーー!落下しかねない危なそうな位置から引き上げるストレートラインリフトがすごい。出では男性が深いイーグルをやるのがまたいい。ステップでもう少し脚の上げるタイミングなど合ってくれば最後までカチッとハマりそうです。

赤ゲレ
悲しきワルツのままでもよかったけど、このプログラムに戻してよかったのは2人の技術力と息の合わせ方の上達っぷりが分かりやすいということ。今シーズンは国際Bで高得点が出ていますけど、上手くなりましたもん。特にゲレイロですよね。プシュカシュと組んでいたときはコーチ変えてもあまり変わらず、このカップルになったときもイギリスかオーストラリア所属目指した方がいいんじゃない?って言われていましたよね。僕もそう思っていました。でも、今は上位勢に転倒でも出れば2人が代表になれるというところまできました。それぐらい滑りが伸びやかになったんです。最後のコレオスピンかコレオリフトみたいな回転したやつ、ゲレイロが放り投げちゃった?マイナスはつかなそう。

イリジガ
イリニフたんすごい表情カーブリフトの表情に本日も注目したところ、GPSのような凄みはなく、にこやかというぐらいでした。多分今日ぐらいのが正しいやつですね。SDと同じだけど音楽によってきちんと使い分けています。チャンチャカチャンチャカチャンチャカチャンチャカという音に合わせた表現もよかった。いつもイリニフたんがついていけるかな?ということに注目してしまうので、今日は表現に重点を置いて見てみました。上手いし華がすごい。選挙のときに胡蝶蘭並べまくったみたいな華やかさ。

シニカツ
大変!!!!!ストレートラインリフトでカツラ氏がニースライドするところ、「リフトをしている俺を見ろ!」じゃなくなっていますよ。カツラ氏が上に乗っかっている人を立てている・・・これは事件です。シニツィナはちょっとキョドり気味ではありますけど、ちゃんとリードをしていました。よかった!がんばったからアメちゃんあげる!

ボブソロ
逆さまのローテーショナルリフトの名前は何がいいでしょうね。スカイダイビングリフトかなあ?てか何であんな変な体制できれいなラインを作れるんでしょうね。ボブロワすごい。四季に入るとズーリンの顔が脳裏をよぎるからちょっと笑っちゃう。ボブロワみたいな顔のお姉さんが客席で泣いていました。リアル姉妹?

ステブキ
ステブキの今シーズンの1番の違いは+2で収まるエレメンツから+3がもらえるところまで到達したことでしょう。タンゴとは思えないけど、これはステブキタンゴっていうダンスだから、ステブキタンゴのインタープリテーションでOKってことで。ピストルツイズル入りのツイズルは回転速度やや遅め?2人とも衣装はシンプルですけど、このドレスとシャツのヒラヒラがいいんですよ。まず2人が組んで男女の関係性を描き、そこで描ききれないことをヒラヒラを使って補助的に描く。ヒラヒラで空気を作る。素晴らしい滑りでした。2番手の位置はガチガチに固いです。

ソロビエフにサインもらう女子小学生シブい。デキる女になりそう。ボブロワの姉か妹か親戚関係と思われる人もボブロワと同じくらい声低い。本物っぽい。

ボブソロうめーステブキすげーシニカツがんばったーイリジガわーい。そんなロシア選手権のアイスダンスでした。
2016
12.24

ロシア選手権 2日目 男子リザルト

男子LP
1 Mikhail KOLYADA SPB 188.15
2 Maxim KOVTUN M/S 172.72
3 Alexander SAMARIN MOS 172.66
4 Dmitri ALIEV SPB 164.43
5 Alexander PETROV SPB 160.96
6 Andrei LAZUKIN S/S 157.81
7 Alexey EROKHOV MOS 152.60
8 Sergei VORONOV MOS 147.73
9 Anton SHULEPOV SPB 145.92
10 Artur DMITRIEV SPB 145.80
11 Pavel VYUGOV S/P 135.31
12 Ilia SKIRDA MOS 131.76
13 Ilia KNYAZHUK MOS 129.35
14 Artem LEZHEEV S/K 126.07
15 Murad KURBANOV MOS 125.55
16 Andrei ZUBER LEN 118.30
17 Vladimir SAMOILOV MOS 113.45

男子リザルト
1 Mikhail KOLYADA SPB 283.48
2 Alexander SAMARIN MOS 260.07
3 Maxim KOVTUN M/S 249.37
4 Andrei LAZUKIN S/S 241.00
5 Dmitri ALIEV SPB 240.69
6 Alexander PETROV SPB 236.93
7 Sergei VORONOV MOS 233.62
8 Artur DMITRIEV SPB 226.77
9 Anton SHULEPOV SPB 224.03
10 Alexey EROKHOV MOS 216.80
11 Pavel VYUGOV S/P 206.82
12 Ilia SKIRDA MOS 200.39
13 Artem LEZHEEV S/K 195.25
14 Ilia KNYAZHUK MOS 189.47
15 Murad KURBANOV MOS 188.38
16 Andrei ZUBER LEN 177.93
17 Vladimir SAMOILOV MOS 160.42

エロホフ
4T 3A-3T 3A 3F-1Lo-3S 3Lz-2T 3Lo 3Lz 1A
ロミジュリで最後のジャンプが抜けるって真凜と同じなのか?アカン・・・その連鎖は断ち切ってくれい。でも4Tはクリーンでしたし、ポンポンとジャンプを降りていきましたよ。ロシア男子なのに何らかのトリプルを抜いていないのもよかったです。

クルバノフの衣装リボンついとる。坊主とリボン。パンツじゃなくてスカートにしたらCAになれそう。これボルチコワの趣味なのかな。

スキルダ
3Lz-3T 3F fall 3Lz 3F-2T tano 3S-2T fall 3Lo 2A 2A
後半のジャンプがいきなり転倒から始まったのでどうなることかと思いきや立て直しました。かと思いきやまた転倒して、でも立て直しました。つまり転倒したのに全然ダメージがなく演技が進んでいったのです。転倒してもすぐにスピードに乗れます。表情作るところでカメラがアップになっているので、どこを撮影するか事前に決めてるっぽい。

レゼーエフ
3A fall 3S 3Lz-3T 2A 3A fall 3F 3Lz fall 3Lo-2T-2Lo
今日もニコラス・ホルトっぽい。3Aが両方転倒なので大きく点数を取りこぼすことになります。後半の3Aの助走がかなり長いので、ここは絶対に成功させておきたかったところでしょう。ロシア男子が愛の夢で正統派!?と思ったら、抜け目なくイタリア語ボーカルインしてくれました。よかった・・・ロシア人だ。

aaaan.png

ヴィウゴフ
3A shaky 3Lz-3T 3A ot-2T 3S 3Lo 3Lz 3F 2A+2A
ステップは必須要素だなあ・・・というのが分かりやすく出た印象です。コンポジションやインタープリテーションの評価がちょびっと低いのは、そういったところの評価なのかもしれません。

アリエフ
4T 3A shaky-2T 3A 3Lz-3T 3Lo fall 3F 3Lz 2A-1Lo-3S
クワドは1本で安全策の構成です。3Loの転倒をお腹からしたのでかなり痛そうに見えたし、かばうようなところも見えましたけど、次にあった膝くるフリップ降りられてよかった。膝くるフリップ見ないと僕は生きていけない。スタミナは今日も切れていました。でも2クワドに比べると全然持ちがいいです。クワドは大変なんだなー。

ペトロフ
3A 3A-2T 3Lz-2T so 3Lz 3F-1Lo-2S shaky 3T 3Lo 2A
ステップとコレオシークエンスをもうちょっとがんばって欲しいなと思っていたこのプログラム。今回大幅にその部分の滑り込みがなされていて、とてもよかったです。勢いがシーズン序盤とは大きく違います。

コフトゥン
4S 4T 3Lz-1Lo-3S 3A-3T 3A so 2Lo df 3S-2T 2A
腋クンカクンカプログラムだと演技が始まってから思い出します。2クワドを降りて、これはシャイニングコフトゥンくるぞと思いました。でも3Aと3Loで失敗です。この2つで8点か9点ぐらいの取りこぼしですね。3つコンボが入ったのはよかったです。体制や大人への批判のようにも捉えられる表現は、コフトゥンに合っています。60年代みたいな。ロシア選手権の風物詩コフトゥンのメガネ彼女。

ラズーキン
4T hd 4T-2T 3A-2T-2Lo 1A 3Lz+2A 3Lo 3F ot 3S
手はつきましたが2クワド入りました。抜けが1本だけで収まったのもよかった。昨シーズンまではメタメタに失敗が続くことがよくあったので、まとめられるようになったのは大いなる進歩であります。

シュレポフ
4Lz df 3A 3Lo 3A-1Lo-3F fall 3Lz 3Lz-2T 3S so 2A-2T shaky
3Lzにしてはやけに仰々しい助走をとるなと思ったら4Lzでした。そりゃ助走長いわ。4Lzの回転は足りていません。4Lzのせいで後半の3Lzに余裕がありすぎて、逆にタイミング掴み損ねそうでした。スタミナが切れていたでしょうか。

ドミトリエフ
4T so 4T fall 3A-2T-2Lo 3A 3Lo 3F 2Lz 3S+2A
4Tは両方失敗。3Aの3連続は幅がなくその場でピョンピョンと跳びました。加点はもらえないけれど、この方が逆にすごい。矢尻的なものをウニウニする演技後半の最初の部分はカメラで思いっきりズームに。すごい表情。

ヴォロノフ
4T 3A 4T fall 1A 2Lz 3S ot 3Lo-2T-2Lo 2A-2T
4Tの2本目が3Tじゃなくなったのにコケてしまった・・・これはボロボロ・・・でもかっこいい。

vorovoro.png

サマリン
4T-3T 4T 3A-2T tano 3Lz 3A 3Lo shaky 3S 2A shaky
後半の3Aから着氷が荒れまくりましたけど、コケてなるものかと堪えまくって最後まで滑りきりました。ジュニアから30秒伸びたので、コレオシークエンスの取ってつけた感はすごい。偉大なる変態衣装が白から黒に戻りました。白の方が変態だけど今日に合うのは黒ですもんね。

コリヤダ
4Lz fall 4T so 3A-3T 3Lz-2T 3A 3S+2A 3Lo 2A shaky
2クワドは成功せずとも、今日は3Aと3Lzがクリーンに決まったので、ここで加点がドカドカ得られるでしょう。表現力豊かなのは、さすがロシアの蟹江敬三といったところでしょう。いい俳優になってね(錯乱)。9点台を並べて、ロシアの1番手として連盟から送り出されています。

コリヤダ優勝、サマリン初メダル2位、コフトゥン滑り込みの3位となりました。やるなコフトゥン。名字がVで終わる族とNで終わる族の戦いはNで終わる族が強かったです。ラズーキン、コフトゥン、サマリン、コリヤダン。Vで終わる族は5位から11位に集まりました。
2016
12.23

ロシア選手権 2日目 女子SP

主な欠場組はリプニツカヤ、ツルスカヤ、ソトニコワ。それでも豪華なロシア女子です。

女子SP
1 Evgenia MEDVEDEVA MOS 80.08
2 Maria SOTSKOVA MOS 74.39
3 Alina ZAGITOVA MOS 74.26
4 Anna POGORILAYA MOS 73.45
5 Elena RADIONOVA MOS 70.19
6 Elizaveta TUKTAMYSHEVA SPB 69.17
7 Stanislava KONSTANTINOVA SPB 68.34
8 Sofia SAMODUROVA SPB 65.29
9 Alisa FEDICHKINA SPB 63.96
10 Anastasiia GUBANOVA SPB 63.34
11 Alena LEONOVA SPB 60.60
12 Valeriia MIKHAILOVA MOS 59.90
13 Serafima SAKHANOVICH SPB 59.37
14 Alisa LOZKO SPB 58.40
15 Natalia OGORELTSEVA SPB 57.48
16 Anastasia YATSENKO PER 55.74
17 Ekaterina GUSEVA SPB 53.04
18 Anastasia KOLOMIETS LEN 44.24

ラジオノワ
3Lz-3T 3Lo 2A
3Lz-3Tと2Aの質はプラスがつかないぐらいでした。コンビネーションスピンのポジションは素敵なのですが、回転速度が落ちているので昔のような加点が得づらくなっているかと。軽さだけの演技が年々厳しくなっているなと感じる2分50秒。

メドベージェワ
3F tano-3T 3Lo 2A tano
これが伸び盛りというのでしょうか。3Aも3Lzもなしで歴代最高を出したことへの批判がないわけではありませんが、やはりこの緻密な演技では出て当然とも思えます。タノはもちろんのことトランジションの工夫、スピンの出の柔らかさやターンを踏むときの緩急、スピンのポジションごとの表現の変化。どこをとっても加点しない理由がないです。残念ながらエテリの上着は本日手抜き気味。

サハノヴィッチ
3F shaky 3Lz-2T tano 2A
6分練習ではタノなしで3F-3Tを入れられていたので、よさげかな?と思ったのですが試合では練習ほど上手くはいかないものですね。前半はスピードがあって爽快な感じ。後半もう少し勢いが欲しかったです。オタクとオタクで滑走順が並びました。口角にクリーム塗らないと。

ミハイロワ
3F-3T 3Lo 2A
ジャンプが好調でした。ナナーナナーナナーナナーナナー木の実ナナみたいな音楽。いい演技で本人も満足そうです。ポーズをパシッ!と決めるところは長身ですしかっこいいです。決めるまでの上体の動きが小さいので、表現したいことが伝わりにくいかな?と。もっともっとパワフルならさらにかっこよくなりそう。ダビダビ元気そうでよかった。

レオノワ
3T-3T 3F fall 2A so
いいスタートだったのに転倒でリズムが崩れ、直後に2Aがあるので立て直せませんでした。ジャンプ連続は決まればかっこいいけどリスク高いですね。髪の毛とアイメイクすげえ。

グバノワ
2A 3Lz-3T 1Lo
グバノワはスケーティングや表現が見て分かる通りめちゃくちゃ上手なのに、未完成だなと分かるところもよかったりします。だって「これからどんなスケーターに成長するんだろう」って楽しみが持てるじゃないですか。3Lo抜けちゃいましたけど、3Lzじゃなくてよかった・・・ってシニアはリカバリーできるんだった。

フェディチキナ
2A 3Lz-3T 3Lo
2Aの助走中に転倒して、すぐに起き上がり2Aを降りました。2Aの姿勢には入っていたのでどう判定されるか。ステップが少しフラットっぽかったのか、3Lz-3Tにいくまでの見ごたえは薄かったです。横浜でのジュニアグランプリでもエッジのフラットさに言及していた人はいましたね。可憐。

コンスタンティノワ
3Lz-3T 3F shaky 2A
戦闘民族かっていうぐらいの強そうな感じ。3Fは着氷後に少しバランスを崩したのですが、「バランス崩してねえわ!点数出せやあああああああああああああ!」ぐらいのオーラを感じます。でもリンクから上がると普通の少女なんだよなー。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 3Lo 2A
3Lz-3TがTESカウンターでは11.10だったので、全ジャッジがほぼ+1で収めているという。PCSが爆裂なだけでGOEは普通の大会なのかもしれません。すっかり貫禄ついちゃって。3Loや2Aも質が上がりましたよね。

ロスコ
3Lo-1Lo 3F 2A
セカンドループでミスが出ました。お化けが出てきそうな黒鳥。点数もったいないお化けが出るかも。レイバックスピン素晴らしかったです。僕がジャッジなら絶対に+3つけますよ。今日はやけに鳥が多い日。

ソツコワ
3Lz-3T 3F 2A
3-3のセカンドを堪えました。GPSでもそうでしたが、少しずつ回転不足を取られる頻度が増えてきているので、3-3やLPでは3-1-3を見ていてヒヤヒヤします。表現的にはGPSよりよくて、モヤモヤとした心理状況を上手く表現していたと思います。

サモドゥロワ
3Lz tano-3T 3F 2A
ジャンプはクリーンに降りました。Send in the clownsが途中から3拍子に変化しました。カナダあたりのカップルがSDで無理やり使ってきそうな音源。ジャンプもスピンも質が安定していました。3Lzの入りのイーグル男らしい。

リーザ
3T-3T tano 3Lz shaky 2A shaky
ゴールデンスピンからSPまで戻しました。SPもLPもいいプログラムですけど、路線が似通っているので戻すなら片方でよかった気がします。ジャンプで加点を取りきれない演技でした。ステップの表現は強かったです。

ザギトワ
3Lz-3Lo 3F 2A
シニアで単独ジャンプの指定がないので、3Loをセカンドに入れてさらに点数を上げてきました。後半に3Lz-3Loはジュニアといえど変態ですわ。PCSではさすがにシニア勢に勝てませんが、TESで逃げ切って3位に。

メドベージェワが男子のようなスコアを出しました。男子でも最終グループに入れます。コフトゥンとアリエフとペトロフ負けとる・・・。ザギトワは年齢制限でシニアの試合には出られませんので、このままの順位だとポゴリラヤがISUチャンピオンシップスの代表になります。言うてまだポゴリラヤはジュニア年齢なので今シーズンまで世界ジュニア出られるんですよね。ジュニア感なさすぎ。点差が詰まっているので、抜け1個で順位変わりますね。
back-to-top