FC2ブログ
2019
01.20

カナダ選手権 女子リザルト・ペアリザルト・アイスダンスリザルト・男子リザルト

女子リザルト
1 Alaine Chartrand - ON 185.91
2 Aurora Cotop - ON 169.35
3 Véronik Mallet - QC 169.35
4 Larkyn Austman - BC/YK 168.13
5 Gabrielle Daleman - ON 166.92
6 Michelle Long - ON 161.40
7 Alison Schumacher - ON 157.73
8 Emy Decelles - QC 155.13
9 Olivia Gran - BC/YK 147.65
10 Emily Bausback - BC/YK 146.43
11 Aislinn Ganci - AB/NT/NU 139.45
12 Jane Gray - AB/NT/NU 137.38
13 Sarah-Maude Blanchard - QC 135.80
14 Sarah Tamura - BC/YK 129.24
15 Madison Moore - AB/NT/NU 124.76
16 Helene Carle - ON 123.57
17 Béatrice Lavoie-Léonard - QC 118.31

今日のオズモンドの観戦スタイルはキャリアウーマン風。隣にジュリアン・セガン。

コトップ
3F 3T-2T 3Lo-2T 2A-1Eu-2S 3S 3T 2A
オズモンドと同じラビ・ワリアの生徒です。基礎点は低いですが、ジャンプはきれいに決めました。こういった優雅&パワフルこそがカナダ女子だなあ。

シャルトラン
3Lz-3T 3F 2A 3Lo 2A-1Eu-3S 3Lz shaky 3S-2T
3つの回転不足はありますが、転倒やパンクなどの大きなミスはなく、ストーリーを紡ぎました。女性らしい曲線的なステップシークエンス。強い意志を込めたコレオシークエンスからフィニッシュ。素晴らしかった。1年前のカナダ選手権は悲劇的な結末でしたから、今回リベンジできたと思います。オイラーで回転不足ついてないな。

シューマッカー
2Lz 3S-2T 2A-3T 3Lo-2T ot 3F hd 3S so 2A
コンビネーションジャンプは演技前半にしっかり決めました。後半になるとスピードが落ちてきて、ジャンプの回転が足りなくなりました。蝶々夫人は終盤にボーカルで盛り上げる構成が多いと思いますが、彼女は中盤にボーカルを入れて、終盤はボーカルなしでした。これはこれでいいですね。アジア系だから滑っとけ!なプログラムではないです。ジョーリ・ラッセルGJ。SPよりいいですね。

マレ
2A 3S 3Lo fall 3T-2T-2Lo 3Lo-2T 3T 1A
きれいに決まったジャンプもありましたが、2本目の3Loで失敗できないからか慎重になりすぎて回転不足での着氷となりました。2Aを降りられれば・・・回転不足になっていなければ・・・という点差で暫定3位に。もっとPCSの評価が高くなると思っていました。こういうのカナダ好きじゃん!!!

オーストマン
3Lo-2T 2F 2A+2A 3Lo 3S-1T-2Lo df 3T shaky 3S fall
3Loは決められたものの、他のトリプルが不安定。後半の立て続けのミスは印象悪いです。そして・・・オペラ座の怪人ボーカル下手クソ音源で止めを刺されました。彼女も「あと1本ジャンプを成功させていれば」という点差です。キスクラでは涙が止まりませんでした。

デールマン
3Lz-2T 3F shaky 3Lo so 2A 2A-3T hd 2T fall 3S fall
前半なんとか堪えていたのですが、後半かなり崩れてしまいました。スピンで大幅にトラベリングしてしまい、音楽を表現する余裕もなかったです。それでもコレオシークエンスの前に気合いを入れ直したところには彼女のプライドが見えました。4分間滑るだけの体力は戻っていないです。SP1位からLP8位で総合5位・・・。欠場してもおかしくないのに本当にがんばった。

2位から5位が団子でした。デールマンはパフォーマンス7.14、インタープリテーション7.21と評価を伸ばせなかったです。クリーンなジャンプは3Lz-2Tと2Aだけでした。

女子のキスクラが壮絶で全然楽しめなかった・・・・・。シャルトランは涙の逆転優勝です。バックステージで彼氏のケビン・レイノルズさんと喜びのイチャイチャしていました。

世界選手権のミニマムスコアを満たしているのは優勝したシャルトラン、3位のマレ、5位のデールマンです。派遣はどうなるでしょうか。四大陸まで待つのか、それともミニマムスコアをクリアしている5位のデールマンに内定を出すのか。

ペアリザルト
1 Kirsten Moore-Towers / Michael Marinaro - ON 202.75
2 Evelyn Walsh / Trennt Michaud - ON 189.87
3 Camille Ruest / Drew Wolfe - QC 166.84
4 Lori-Ann Matte / Thierry Ferland - QC 163.28
5 Justine Brasseur / Mark Bardei - QC 162.26
6 Mariah Mccaw / Steven Adcock - ON 150.18

ブラスール&バルデイ
3Tw 3T-2T 1S 3LzTh fall 3STh df
SPにも増してツイストが高いです。スロージャンプで構えてしまうので、スピードに乗ればポーンと成功できそうな気もします。リフトのラインはいいので、スピードと移動距離が出れば加点が増えそうです。特に後半のスピード感必須ですね。伸びろーもっと伸びろーーー身長伸びるなー。

マッテ&ファーラン
3Tw 3S-2T 3T fall 3LzTh 3LoTh fall
リフト止まりそうで怖かったあああ。堪えて堪えて演技を終えました。ダンスリフトからのスロールッツはクリーンです。リフト中に女性の脚がピンと伸びていて美しかったです。

ルエウル
3Tw 3T fall 3S fall 3LoTh so 3STh
SPよりもいいツイストが入りました。ソロジャンプは男女それぞれで1本ずつ転倒。ジャンプう・・・。キャリーリフトで落下させてしまう大きなミスもありました。打ちつけるような落下でなかったのが不幸中の幸いです。方向転換であったり、カーブの深さ、ペアスピンやリフトの出まで工夫されていて、加点を積み上げられるペアです。女子みたいな悲劇のキスクラになるかと・・・怖い怖い。表彰台は確保しました。

ウォルミショ
3T-2T-2T 3Tw 3S 3LoTh 3TTh
ただジャンプを決めるだけでなく、2人の踏み切る位置が近いのもいいですね。アイスダンスにジャンプはありませんが、そういった距離の近さがアイスダンスっぽい。力を使って、つんのめった姿勢で上げていた印象のあるリフトもかなり軽くなりました。ジュニア時代より軽いですね。女性が折れてしまいそうなぐらい絞っています。ミショー氏の彼女オズモンドさんも嬉しそう。

モーマリ
3Tw 3S-2T-1T 3LoTh 3T 3STh
今日の前半戦きっちり締めてくれました。ラフなところがなくなって、いい意味でスピードに乗った演技でした。トランジションにも工夫がたくさん見られました。モー子さんは8年ぶりの優勝です。別々のパートナーと優勝するのは、25年ぶりのことだそうです。

アイスダンスリザルト
1 Kaitlyn Weaver / Andrew Poje - ON 213.78 (2)
2 Piper Gilles / Paul Poirier - ON 212.31 (1)
3 Laurence Fournier Beaudry / Nikolaj Sorensen - QC 198.41
4 Haley Sales / Nikolas Wamsteeker - BC/YK 167.60
5 Carolane Soucisse / Shane Firus - QC 163.48
6 Molly Lanaghan / Dmitre Razgulajevs - ON 150.16
7 Gina Cipriano / Jake Richardson - QC 129.69
8 Elysia-Marie Campbell / Philippe Granger - QC 123.83

寿司酢組
The Weekendのめっちゃ合ってないメドレーを止めて、昨シーズンのFDに戻しました。女性がセカンドツイズルでスタンブルし、ローテーショナルリフトで男性がバランスを崩し、2人とも転倒しました。結果にこだわって戻したのでしょうが、上手くいかなかったです。この内容なので順位を落とすのは仕方がありません。トップ5には入れるのでナショナルチーム入りはキープです。

フルソレ
アイスダンスのプログラムは2シーズン続けると、ぶっちゃけ飽きちゃってよく見えないことが多いのですが、これは昨シーズンよりいいですね。コレオスライディングの使い方や、ワンフットステップからコレオステップのコンビネーションなど、ルールに上手く対応しています。スピンのチェンジフットの仕方やリフトのポジションで倒れこむような女性の姿勢が、男性の魔力に支配されていく様を表現しているようで、たまらんですね。これが大人のダンスですよ。ええもん観ました。世界選手権トップ10の壁を破る時がきました。

パイポー
加速が自然です。休んでいる場所がありません。常に体を動かしていますね。星空と一緒です。止まっているように見えて常に動き続けていますからね。ワンフットとダイアゴナルはレベル3ですが、あとはきっちりレベル4を揃えてきました。パイポーは、「今シーズンはヤバいかな」と毎年思わせておいて、カナダ選手権にはきっちり仕上げますよね。

ウィバポジェ
絶望の淵にいる男の前に舞い降りた天女でしょうか。天女を私をお救いください。少々ツイズルに乱れがありましたが、大きな失点には繋がらなかったです。シンプルなポーズですが、それが絵になります。演技の完成度はこれからさらに高められそうです。FDは2位ですが、RDのリードで1位です。

パイパーがFDの順位を見てぬか喜びしてしもうた。RDはウィバポジェが圧倒的な存在感だったけれど、FDはパイポーの完成度が光っていました。フルソレは絶好調。カナダチーム強いっす。

カナダ選手権のカメラ観やすい。1割増しで上手く見えます。天井からカメラぶら下げてステップシークエンス映して自己満足に浸るカメラとは違いますね!

男子リザルト
1 Nam Nguyen ON 258.01
2 Stephen Gogolev ON 253.56
3 Keegan Messing AB/NT/NU 247.44
4 Joseph Phan QC 230.07
5 Conrad Orzel ON 224.15
6 Nicolas Nadeau QC 223.90
7 Roman Sadovsky ON 218.71
8 Bennet Toman ON 203.97
9 Iliya Kovler ON 198.88
10 Alexander Lawrence BC/YK 188.41
11 Eric Liu AB/NT/NU 187.29
12 Matthew Markell ON 183.27
13 Laurent Guay QC 171.52
14 Zoé Duval-Yergeau QC 168.85
15 Max Denk ON 167.44
16 Samuel Turcotte QC 164.03
17 Dustin Sherriff-Clayton AB/NT/NU 158.65
18 Brian Le BC/YK 140.22

トマン
4T fall 3F 3A-3T 3Lz-1Eu-3S 3A-2T 3Lo 3Lz fall
4Tは高さが足りずに転倒。3Aはきれいに決めましたし、ルッツフリップの踏み分けは完璧でした。彼は国際大会で一度もアテンションすら取られたことがありません。SPがセカセカ忙しくて曲に合っていなかったですが、今日はニムロッドの雄大な曲調に合った滑りを見せました。3Lzの前に勢いが落ちてきて、転倒してからスピンで表現する余力は残っていなかったように見えました。

ナドー
3A-3T 4T df 3Lo 3A 3Lo shaky 3F 3S
3A2本がきれいに入りました。+4はもらえそうです。2本目の3Loにコンビネーションを付けらなかったので、+REP扱いに。3Loにコンボを付けようとすると失敗する大会。4Tの構えが長かったり、中盤露骨に休憩しているので、足りない部分もありますが、ジャンプをまとめられたのはよかったです。今シーズンは怪我もありましたし、これだけできれば満足ということでしょうか。

ジョセフ
4T-3T 3A 4T 3F 3Lz-1Eu-3S 2A-3T shaky 3Lo df
お皿洗ってて最初のコンボ見逃したけど、トレイシーが騒いでたから成功したんですね!2本目の4Tも成功しました。最後2つのジャンプが乱れましたが、コンボ使い切って、抜けはないので大きな失点にはなりません。SPよりもエッジに乗ってクリーンな滑りでした。ジュニアグランプリでは、ジャンプのミスが滑りにも大きな影響を及ぼしていました。今回が彼本来の滑りです。TESが伸びきらなかったのは、アンダーローテーション4つのせいかあ。

サドフスキー
4S 4T ot 1A 4S-1Eu-3S 3A fall 3Lz-2T 3Lo fall
カナダ人んんんんんんんんんんんん。3Aなーーーーーなーーー。ジャンプの回転不足もなーーーーー。アンダーローテーションが6つもありまして、クリーンなジャンプが1本もないという結果に。試練の時。

オーゼル
2S 4T 3A-3T 3A fall 3Lz-1Eu-3S 3Lo 3F-2T
基礎点でタコ殴りタイプなので、ジャンプが成功しないことにはどうにもこうにも。表現面が改善されてきたとはいえ、ジュニアレベルでの話なので、シニア基準で判断すると物足りなさは否めないです。ジュリエットの元に辿りつくまでに力尽きそうでな・・・。

カメラにレイノルズ&シャルトランのラブラブ風景をキャッチされる。カナダのテレビ局はラブい映像が好きなようだ。

ニューエン
4S shaky 4S-2T 3A-3T 3A 3Lz 3F-1Eu-3S 3Lo
25歳ぐらいの風格を帯びていますが、まだ20歳だよ!1本目の4Sに付けられなかったコンビネーションをきちんと消費して、完成度の高い出来でした。どうしてもスケーティングそのものの滑らかさでは勝てません。だから、いかに曲と一体になって演じるかということを重視して戦っているのではないかと思います。アシュリー・ワグナー的な感じ。この戦い方を極め、ジャンプをきっちり決めればPCSも上がってくるはずです。

メッシング
3Lz shaky 4T hd 3A fall 3Lo 4T-2T 3S-3T 3A hd-2T
自分の演技前でもニューエンの好演技を讃えるナイスガイ。友達にしたいアラスカ人部門第1位。奥さんを大事にしそうなアラスカ人部門第1位。義両親とうまくやれそうなアラスカ人部門第1位。4Lzの飛距離で3Lzを跳びました。抜けてしまいましたかね。2Lzになるよりは全然いいです。後半は立て直してコンビネーションも付けられました。3Aの+REP回避は見事です。メッシングのとーちゃんがアラスカでインタビューされている時に、同じような帽子を被っていました。帽子は遺伝。

ゴゴレフ
2Lz 4T 4S-3T 3A-3T td 3A 3Lz-1Eu-3S 3Lo
ナムナムさんがノーミスの時点で、3クワド構成を完璧に滑らないといけませんでした。優勝はまた今度にお預けです。芸達者なスケーターの次に滑走だと、演技のジュニアっぽさは否めません。当たり前です。先月まで14歳のジュニア1年目スケーターです。2位に入るだけでも異次元。我々は伝説のほんの序章を目にしているに過ぎないのです。

ナムナムさんの優勝は、戦前には予想していませんでした。他のみなさんも、メッシングかゴゴレフの優勝予想が大半だったと思います。美しい裏切りでした。こういった裏切りは大歓迎です。ゴゴレフはジュニア年齢で、ジョセフとオーゼルはシニアの国際大会出場経験がないため、シニアのミニマムスコアを持っていません。そうなりますと、ナドーが四大陸派遣かな?

水曜日からはヨーロッパ選手権、そして全米選手権も続きます。それではイカれた日程どうぞ。水曜日の夕方5時に始まって、月曜日のお昼過ぎに終わります。

1月23日(水)
欧州選手権女子SP 17:45~22:55
欧州選手権ペアSP 1:00~2:55

1月24日(木)
欧州選手権男子SP 18:00~23:40
欧州選手権ペアLP 1:40~3:55
全米選手権ペアSP 6:30~8:51
全米選手権女子SP 10:04~12:52

1月25日(金)
欧州選手権アイスダンスRD 17:40~22:30
欧州選手権女子LP 0:00~3:55
全米選手権アイスダンスRD 5:52~7:53
全米選手権女子LP 9:35~12:53

1月26日(土)
欧州選手権男子LP 17:15~21:10
欧州選手権アイスダンスFD 22:25~1:45
全米選手権ペアLP第1~第3グループ 23:30~0:39
全米選手権男子SP 1:09~4:52
全米選手権ペアLP第4~第5グループ 5:07~6:22
全米選手権アイスダンスFD 8:16~10:52

1月27日(日)
欧州選手権エキシビション 21:00~23:30
全米選手権男子LP 4:10~7:52
全米選手権エキシビション 10:00~12:32
2019
01.19

カナダ選手権 女子SP・アイスダンスRD・ペアSP・男子SP

カナダ選手権あるある:共通一次改めセンター試験(残り2年)と被る。共通一次がんばれー。

女子SP
1 Gabrielle Daleman - ON 70.18
2 Larkyn Austman - BC/YK 64.53
3 Véronik Mallet - QC 60.55
4 Alison Schumacher - ON 60.10
5 Alaine Chartrand - ON 59.22
6 Aurora Cotop - ON 58.98
7 Aislinn Ganci - AB/NT/NU 54.92
8 Michelle Long - ON 54.76
9 Emy Decelles - QC 54.62
10 Emily Bausback - BC/YK 54.61
11 Olivia Gran - BC/YK 52.39
12 Sarah-Maude Blanchard - QC 50.27
13 Helene Carle - ON 49.86
14 Jane Gray - AB/NT/NU 46.92
15 Sarah Tamura - BC/YK 45.50
16 Madison Moore - AB/NT/NU 44.17
17 Béatrice Lavoie-Léonard - QC 43.98
WD Alicia Pineault - QC

観戦中のケイトリン・オズモンドさんが、アメリカドラマに出てくるガリ勉理屈キャラっぽい。

アリシア・ピノーは練習中の足首の負傷で棄権となりました。カナダ女子は世界選手権出場枠を3枠持っていますが、現在ミニマムスコアをクリアしているのはデールマン、シャルトラン、マレの3名だけです。

シューマッカー
3S-3T 3F shaky 2A
3Fが前のめった着氷になったのでマイナス評価ですが、全体的にはいい演技でした。身のこなしはかなりきれいになってきたと思います。無音のリプレイ再生の時によくなったなと感じました。ということは、I want to hold your handの音楽とマッチしていないということかな。

マレ
3T-2T 3Lo 2A
True colorsがカナディアンのための曲に聞こえてしまうのは、ジョアニーが昔滑っていたからかな。ジャンプの基礎点は高くないですが、洗練された美しいステップシークエンスにうっとりしました。これが女性の滑りですよ。いいわ~。

シャルトラン
2A 3Lz fall 3Lo-2T
滑り始めの時点で「よさげ~」と感じたので、3Lzで手をついてステップアウトしてしまうとは思ってもみませんでした。転倒と判断されたようです。よさげ~なのに。3Loは流れほぼ皆無でしたが、力技で2Tに繋げました。マレやシューマッカーに僅差なのでLP次第です。

オーストマン
3Lo-2T 3S 2A
マヨロフと同じバイーンとしてるBang Bang。選曲はユーロですが、振付はユーロユーロしていません。いたって普通の北米人です。ジャンプは3本ともクリーンに成功させられました。国際大会でもこれぐらいきれいに決められれば。90年代の子役っぽい髪形でも問題ない、それが美の暴力なのだ。顔が美しいって素晴らしいことですね。

デールマン
3T-3T 2A 3Lz shaky
うつ病や不安障害に悩まされていたことを告白し、ADHDや学習障害、過去には摂食障害もあったと聞きます。今シーズン中に試合に戻ってこられるとは。カルメンを続けて使っているので、本来の彼女のスピード感やキレが足りないことは際立ってしまうのですが、これだけの演技で戻ってこられるとは。本当にがんばりました。

アイスダンスRD
1 Kaitlyn Weaver / Andrew Poje - ON 85.19
2 Piper Gilles / Paul Poirier - ON 83.08
3 Laurence Fournier Beaudry / Nikolaj Sorensen - QC 79.41
4 Carolane Soucisse / Shane Firus - QC 73.36
5 Haley Sales / Nikolas Wamsteeker - BC/YK 65.56
6 Molly Lanaghan / Dmitre Razgulajevs - ON 59.48
7 Gina Cipriano / Jake Richardson - QC 51.73
8 Elysia-Marie Campbell / Philippe Granger - QC 44.16

ラザグリアエフ息子の水筒、高二病こじらせてる。

フルソレ
イカついカナダの新人。こちらのカップルは男性の方が魅力的だといつも感じていたのですが、今シーズンは女性の表現力の向上が著しいです。胸を張って堂々として立ち姿が美しい。そしてカーブリフト!たった数秒のエレメンツで緩急を表現していました。いい演技だったなあ。

セールス&ワムスティーカー
男性の頭身おかしい組。ゆったりとした部分での表現は得意そうです。シャープに滑らなければいけないところで、女性がヌワンッと停滞して、曲想を効果的に表現できていないと思いました。フィニッシュ前のポーズかっこよかった。

寿司酢組
ツイズルはパワーの込め方が絶妙でした。力んでいるわけではないのだけれど、洗練されてパワフルな実施でした。パターンダンス2の後半部分はバタついていたような気がします。バラバラに見えました。プログラムの完成度はシーズンで一番高かったけれど、よくない部分もありましたね。

ウィバポジェ
タンゴっぽくないヌードピンクの素敵なドレスです。見たかロシア人!!!!!これが衣装だ!!!!!ズンドコビート入りでもド下手音源でもない超正統派のリベルタンゴです。正統派の許される見た目してますもの。ひとつひとつのポーズの美しさがもう・・・・・ね。もう・・・すごかった。どの瞬間を切り取っても女性が美しいです。男性が引き立て役に徹していました。キスクラではケイトリンとモロゾフの間にポジェが座ったので、ベタベタタッチならずです。シュピルバンドもいます。

パイポー
ツイズル後のトランジションで、男女がそれぞれ別の方向に足を振り上げる振付かっけえ。パイポーは分かりやすい緩急を見せるよりも、しっとりとした中で衝動を高まらせる。その2人の脳内を氷上に表現している感じがします。カナダ選手権のガバガバ採点でもパターンダンスのレベルが取れていないので、ここは改善が必要ですね。

ウィバポジェとパイポーの点差はパターンダンスの基礎点の差程度で、PCSはパイポーがトランジションで上回っていて、それほど大きな差はありません。1つのミスで順位は入れ替わりますね。3位と4位の差は随分開きました。上位3組はそれぞれがいい出来でした。スケジュールはアイスダンス最後の方がいいんじゃ。

ペアSP
1 Kirsten Moore-Towers / Michael Marinaro - ON 71.47
2 Evelyn Walsh / Trennt Michaud - ON 65.20
3 Camille Ruest / Drew Wolfe - QC 62.46
4 Lori-Ann Matte / Thierry Ferland - QC 62.25
5 Justine Brasseur / Mark Bardei - QC 56.98
6 Mariah Mccaw / Steven Adcock - ON 47.05

カナダのテレビでもトリバコのCMやってる。トリバゴじゃなくてトゥリヴァーゴー。

マッテ&ファーラン
3Tw 3S 3LoTh
とてもいい出来でした。少々粗くても、若いペアなので、スピードに乗ってガンガン滑ってくれる方がいいです。曲もアップテンポですしね。世界ジュニアに出場してほしかったですが、女性の誕生日が6月30日で、超ギリギリシニアの年齢なので出場できません。

マルク・バルデイさんはウクライナ人だからツイスト上手だなあ。カナダ人はバルデイさんにツイストを教えてもらいましょう。

ルエウル
3Tw 3T so 3LoTh
解説のトレイシー・ウィルソンが「彼らは全てを兼ね揃えています、ただし1つだけ足りないものが確実性です」と言って演技が始まりました。そしてツイストのキャッチが乱れました。これは確実性の問題ではなくずっと苦手だよな・・・?と内心思いつつ、演技が続いていきました。3Tで女性がステップアウトした後からはよかったです。スケーティングの美しさが活きる選曲です。エレメンツさえ決まればPCS評価がバンバン上がるペアだと思うので、ツイストの向上を。

ウォルミショ
3Tw 3T 3LoTh
ツイストはいつものです。国内選手権でもマイナス評価付くのか!ジャンプ得意なペアなので、ここは問題なくクリアしました。デススパイラルの出方など、ロックにクールに決めてくれました。身長差の少ないペアなので、クール系似合いますね。

モーマリ
3Tw 3T 3LoTh
デススパイラルの途中で男性がバランスを崩したので、マイナス評価となりました。転倒したり、回転が止まったわけではないので、それほど演技の印象を悪くなりませんでした。幅跳びスローループから、流れるように高速のソロスピン。ペアスピンのようなムーブメントの入ったステップシークエンスは虫歯になりそうなほど甘いです。手を繋いだり、ホールドを組む振付がいい塩梅でした。ホールド組み続けるとスピードが死ぬので、エレメンツの最後に入れるのが効いていました。女性の水筒めっちゃキラキラしてるやん。

4番ジャッジがツイストに厳しい。

男子SP
1 Stephen Gogolev ON 88.77
2 Keegan Messing AB/NT/NU 87.18
3 Nam Nguyen ON 85.73
4 Conrad Orzel ON 82.87
5 Roman Sadovsky ON 82.10
6 Joseph Phan QC 76.35
7 Nicolas Nadeau QC 70.16
8 Bennet Toman ON 69.31
9 Iliya Kovler ON 68.24
10 Alexander Lawrence BC/YK 65.83
11 Laurent Guay QC 62.60
12 Zoé Duval-Yergeau QC 60.99
13 Eric Liu AB/NT/NU 60.33
14 Dustin Sherriff-Clayton AB/NT/NU 58.63
15 Max Denk ON 57.29
16 Samuel Turcotte QC 57.16
17 Matthew Markell ON 52.23
18 Brian Le BC/YK 51.18

ジョセフ
4T fall 3A 3Lz-3T
これは"振付けたお前が滑れ"系のプログラムでして、なかなかジャンプが失敗して取り戻すのが難しいです。3A降りられたのは大きいです。彼は回転不足になったり転倒することが多いですから。3Lz-3Tは壁ギリギリでの着氷でした。北米人でなければ衝突していたでしょう。目線や頭も使って演じないと、表現するのは難しいでしょう。シニアの選曲だしなあ。

アリー・ハン=マッカーディーとマイケル・コレノ久しぶりに見たアアアア。なつい。レスリー・ホーカーさんと同じぐらいなつい。

オーゼル
4T 3Lz-3T 3A
着氷は少し停滞しましたが、しっかりと着氷しています。カナダ選手権は前半グループと最終グループのスケジュールが分割されているので、上位進出にはSP6位以内に入るのが絶対条件です。ジャンプ偏重ですが、こまけぇこたぁいいんだよ!

トマン
4T fall 3Lz-3T 3A
ジャンプに高さが出る方ではありませんが、それにしても4Tを回りきるには高さが足りていなかったです。ほのぼのした曲なのに、常にバタバタ動いていて余裕が感じられなかったです。

ゴゴレフ
4S-3T 3Lz 3A
はーい軽々。夕食後の腹ごなしーという感じで成功させました。男子を最後にしたのは、オリンピックサイクル3回分現役続けられる年齢のゴゴレフ伝説への投資なのか、そうなんだな。

ナドー
1A fall 4T hd 3Lo-2T
カナダ人の3Aがバンバン決まっていましたのに、カナディアンからの転倒になるとは。3Loはコンビネーションを付けようとして力んでしまいましたかね。3Tを付けられなかったです。演技はディズニー映画でした。ディズニー映画の登場人物のような体の動き。ジャンプが決まれば8点台まで伸びていたでしょうね。

サドフスキー
4S-3T 1T 3A ot
!!!!!これは!!!!!まだ彼が成長期に突入する前、トランジションでエッジ倒しまくって滑っていたあの時の滑りが超絶パワーアップして復活しているではありませんか。これこれ~サドフスキーの魅力はクワド狂なところではなくて滑りですよ。ついに今の体でのコントロールができるようになったのですね。ジャンプはこんな日もあるさということで。スピンには加点モリモリです。

ニューエン
4S-2T 3A 3F
4S-3Tの予定が4S-2Tに。着氷はクリーンです。3Aもしっかり決めています。ナドーはミュージカル俳優っぽかったですけど、ニューエンはディナーショーやってるみたいでした。観客を巻き込んで盛り上がっていく感じ。もちろん計算し尽くされた振付けなのでしょうが、どこか、彼が即興でアレンジして演じているような感じもしました。それだけプログラムを自分のものにしているのだと思います。

メッシング
4T fall 3A 3Lz-3T
かーちゃんとフィアンセが並んで応援。日本人的には気まずくて震える光景。4Tでチャーミングに尻もちをつきました。来週27歳ですが、スピンがさらに上達しています。フライングキャメルの見せ方上手になりました。音楽に少し遅れてフィニッシュしましたが、タイムバイオレーションは回避しました。

スティーブン・ゴゴレフさん14歳が首位発進となりました。PCS爆発したわけでもないですし、他の選手にもミスがありました。妥当~。2030年まで12連覇するかな?カナダ男子は、ベテランがせーの!で辞めてしまったけれど、次の世代の人材が豊富です。ロシア、日本、カナダの男子シングルはこのオリンピックサイクル絶対おもしろいですよね。
2018
01.14

カナダ選手権 6日目 アイスダンスリザルト・女子リザルト・ペアリザルト・男子リザルト

アイスダンスリザルト
1 Tessa Virtue / Scott Moir QC 209.82
2 Piper Gilles / Paul Poirier ON 192.08
3 Kaitlyn Weaver / Andrew Poje ON 191.09
4 Carolane Soucisse / Shane Firus QC 180.73
5 Sarah Arnold / Thomas Williams BC/YK 158.53
6 Haley Sales / Nikolas Wamsteeker BC/YK 154.74
7 Molly Lanaghan / Dmitre Razgulajevs ON 146.22
8 Gina Cipriano / Jake Richardson QC 126.89
9 Ravie Cunningham / Cedar Bridgewood BC/YK 122.78
10 Vanessa Chartrand / Alexander Seidel QC 111.31

ウィバポジェ
ツイズルで足をつく事なく回転出来てホッとしました。オリンピック代表の座は固いですけど、連続で失敗すると2人の自信を削いでしまう事になりますもの。ストレートラインリフト以外はオールレベル4でした。ローテーショナルリフトと音楽の調和が素晴らしかった。エレメンツの入りのよっこらせ感も2012年をリバイバルしているので、それを自然に見せられればと思います。

寿司酢組
いやあ、燕尾とは素晴らしい物ですね。美しくシンクロしたツイズルでドレスと燕尾がヒラヒラするのは素晴らしい物です。小柄な2人がキュートにクイックステップ踏むから余計にかわいい。後半の動きがさらに揃えば一層かわいい。

パイポー
急にプログラムの変更を発表して驚かされました。007のお披露目演技です。ツイズルでパイパーの回転が乱れましたが、どうにか足は付かずに回りました。レベル2で堪えています。前のプログラムの振付を流用しているのと、路線も同様です。いわゆるアクロバティックだったり、ハードな一般的な007とは全く異なる物です。何が何でもエッジを効かせる2人。SDの点差が生きてウィバポジェに勝利しました。これは大きな一歩です。

テサモエ
1人のジャッジがGOEで+2、別のジャッジがトランジションで9.75を出しました。それは上下カットでカウントされないので、結局満点という形になりました。タンゴなのに接触がなさ過ぎだった突っ込みどころ満載のサーキュラーでコンタクトが増えました。エレメンツ後のトランジションも増えましたし、ミッドラインからはカーブリフト以外の構成をほとんど変えています。曲も変えて盛り上げてのフィニッシュにしています。ネームバリューに甘んじない構成になって安心しました。GPFまでの振付だとパパシゼに差をつけられる一方だったでしょうが、今の振付だと勝負出来そうです。

女子リザルト
1 Gabrielle Daleman ON 229.78
2 Kaetlyn Osmond AB/NT/NU 218.73
3 Larkyn Austman BC/YK 169.62
4 Alaine Chartrand ON 164.21
5 Aurora Cotop ON 156.89
6 Kim DeGuise Léveillée QC 154.41
7 Michelle Long ON 153.46
8 Alicia Pineault QC 152.21
9 Sarah Tamura BC/YK 150.39
10 Sophie Larouche QC 144.09
11 Kelsey Wong BC/YK 142.90
12 Emy Decelles QC 139.55
13 Amanda Tobin ON 139.54
14 Jane Gray AB/NT/NU 137.11
15 Triena Robinson AB/NT/NU 136.91
16 Aislinn Ganci AB/NT/NU 136.52
17 Hélène Carle ON 123.17
18 Maysie Poliziani ON 118.77

オーストマン
3F-2T 3Lo 3Lz so 2A-3T fall 3S-2T-2Lo 3T so 3S
決まらなかったトリプルはありますが、加点を得られるジャンプを跳べる選手なので、安定すれば大きくスコアを伸ばせるはずです。感極まった表情でした。感極まった美人は非常にいいですよ。

オズモンド
3F-3T 2A-3T 3Lz 3Lo so 3F fall 3S-2T-1Lo 2A
前半は完璧。3本のジャンプは満点の評価です。そこから3Loでステップアウト、得意なはずの3Fで転倒、コンビネーション抜けという、これまで幾度となく見てきた失敗のパターンに。ぷよぷよのように連鎖していく・・・。点数を出し過ぎてオズモンドに笑われるという。コケて10.00はナショナルでもダメよ。ノーミスなら158ぐらい出てましたね。

デールマン
3T-3T 3Lz 3F 3Lz-2T-2T tano 3Lo 2A 3S+2A
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおプログラム戻してよかったあああああ!このプログラムの方がジャンプの度に曲に乗っていけますね。オズモンドと同じく前半完璧、後半崩れるパターンが多い選手ですけど、今日は後半のジャンプも軸が暴れず、よくコントロールされていました。

シャルトラン・・・。

ペアリザルト
1 Meagan Duhamel / Eric Radford QC 234.55
2 Julianne Seguin / Charlie Bilodeau QC 213.00
3 Kirsten Moore-Towers / Michael Marinaro ON 209.85
4 Lubov Ilyushechkina / Dylan Moscovitch ON 190.53
5 Evelyn Walsh / Trennt Michaud ON 182.87
6 Camille Ruest / Drew Wolfe QC 177.54
7 Sydney Kolodziej / Maxime Deschamps QC 171.20

コロデシ
3Tw 3S hd 3LoTh 2A+2A 3STh
スタート位置に着いても音楽が鳴らないアクシデント。改めて演技を開始してこれですよ!スロージャンプはグレデシ時代から変わらない安定感です。少数精鋭が過ぎるカナダ。1番滑走から上手い。

ルエウルの演技中に意識飛ぶ。

ウォルミショ
3Tw 3T-2T-2T 3LoTh 2A 3TTh
ソロジャンプもスロージャンプも堪える女性。この高さでスロージャンプを降りられる女性の調整力素晴らしい。カナダ女子は男任せにしていたらスロー降りられないから。途中ピアノ曲だけになった時が非常に心地よく、よく眠れそうでした。この時間帯には厳しい。ロシアと戦える力あります。

イリモー
3Tw 3T hd 2S 3LoTh 3LzTh fall
ケイトリンといいパイパーといい、そしてイリといい、どうして国籍を取得するとオリンピックから遠のいてしまうのか。モスコビッチさんは持ち上げるのがやっとという形でした。自分たちで獲ってきた枠を逃す気持ち。理解しようにも出来ない。

モーマリ
3Tw 2A-1Lo-3S so 3LoTh 3T 3STh
すごく辛そうだけど回転速度の素晴らしいデススパイラルを今日も見せてくれました。リフトと同じく辛そう。だけどちゃんとやれる。おもしろい。スローループはステップアウトしそうだったのをモー子さんが修正しました。オリンピックへの思いが重い。フィニッシュポーズを取ってすぐにフライングガッツポーズ。かわいい。モー子さんはベテラン並みのキャリアがありますが、実はまだ25歳ですのでね。そりゃはしゃぎますよ。

セガビロ
3Tw 3T-2T 3S 3FTh 3LoTh
今日は安心して見られました。リフトとスローフリップが少し怖かったですけど、2人のシンクロが出来ていました。セガビロの魅力はどのエレメンツのどの部分がといよりも、全体的に見渡して「あーーー何かよかったな」って思えるところだと思います。言語化出来ないけれど、何か心にきたなって。

デュハラド
3Tw 3Lz 4STh fall 3S-2T-2T 3LzTh
普通なら「スロークワド転倒して残念だったね」となるところなのですが、クワド以外が素晴らしくてそういった気持が起らないですね。だってクワド以外が、国際大会で連勝を飾っていた時のデュハラドの演技なのですから。元々Hometown Gloryは田舎出身のラドフォードさん主体のプログラムでしたが、そこに柔らかさを得たメーガンが上手く調和し、2年前以上に素敵になっているわけです。これはね、戦えますよ。

男子リザルト
1 Patrick Chan ON 272.24
2 Keegan Messing AB/NT/NU 259.25
3 Nam Nguyen ON 258.16
4 Elladj Baldé QC 250.28
5 Kevin Reynolds BC/YK 249.30
6 Joseph Phan QC 241.71
7 Roman Sadovsky ON 233.67
8 Liam Firus BC/YK 232.49
9 Nicolas Nadeau QC 227.51
10 Stephen Gogolev ON 220.81
11 Conrad Orzel ON 207.66
12 Bennet Toman ON 198.91
13 Samuel Angers QC 191.64
14 Eric Liu AB/NT/NU 185.01
15 Olivier Bergeron QC 180.92
16 Jérémie Crevaux QC 177.75
17 Dustin Sherriff-Clayton AB/NT/NU 166.00
18 Edrian Paul Celestino QC 153.71

ゴゴレフ
2Lz 4S so 3A-3T 1A 3F-1Lo-2S 3Lz-1T 3Lo 3A
冒頭は4Lz予定でしょうか。やってくる事がそもそもおかしい。膝ぶっ壊れないのかよ。ちょいちょい抜けがあったので「まだまだノービス年齢だし仕方ないな」と思ったら、最後の最後に助走の短い3Aでリカバリー。うーーーんwwwwwすごすぎ意味不明ワロリンヌワールド。同じように天才と言われていたネイサンやヴィンセントも大活躍中に怪我に見舞われたので、ほんと怪我だけは気を付けてほしい。先は長いのだから。

オーゼル
4S shaky 2T-2T 3A hd 3Lo 4T 1A-1Lo-3S 2Lz-3T 3F
相変わらずすごい構成。全部入ったところが見てみたいです。インタープリテーションの評価が伸びなかったです。ジャンプジャンプといった形ですしね・・・。

フィルス
4T so 3A fall 3F 3A ot-2T 2A-1Lo-2S 3Lz 3Lo shaky 3Lz ot-2T
売れないピアニスト。いや、就職して3年経って、仕事の楽しさを覚えてきて、後輩にも慕われるようになり、生き生きしているサラリーマンのようです。爽やかで営業先でも人気そうですよ。2本目の3Aが片足着氷出来たので、3Aの調子は上がっています。今シーズンは3Aの成否がキャリアハイ。Pさんに似ていると言われながらも押して滑る事が多かったけれど、2年ほど前からかそれが解消されて、気持ちのいい滑りに磨きがかかりました。これだけミスがあっても滑りの気持ちよさはキープしていました。

ジョセフ
4T-2T 3A 4T fall 3Lz-3T 2A-1Lo-3S 3F 3Lz 3Lo
見事なスタートでした。失敗したジャンプは2本目の4Tだけで、あとは加点いっぱいパラダイス。ジャンプだけでなく、スピンは出まで振付に気を配って、丁寧で好感が持てます。

サドフスキー
4S 4T fall 3Lz-2T tano 3Lo 3A 2S 3Lz-1Lo-3S 3F
4Tで転倒、4Sが2Sになったので20点近く失っています。それはそうなんですけど、SPよりも彼の持ち味が発揮されていたと思います。ジャンプとジャンプの間の助走でしっかりエッジを倒して滑っていました。そしてダイナミックなコレオシークエンス。その流れからの3Fは着氷の誤魔化し方も見事。よかったよかった。

ナドー
4T df 3Lo 4T-2T 3A fall 3A hd 3F shaky 3S 2A+2A shaky
大技が決まらずでした。これだけ失敗してしまうとTESがもらえません。プレスリープロは彼にピッタリで、上背があるからかっこよく決まるのですけどね。

ニューエン
4S 3A-3T 3A 4T fall 3F-2T-2Lo 3F-2T 3Lo 3Lz
プログラムを道に戻しました。4Tの転倒から急激にスピードが落ちてしまったのですが、それでもしっかりとジャンプを降り、SPで失敗した3Lzもやっつけました。力の限りやった結果がこのスコアに結びつきました。なかなか思うようにジャンプが跳べず辛かったでしょう。

バルデ
3A-2T-2T 3A 3Lo 2A-3T 3Lz-1Lo-2S 3Lz so 3F 2A
今日のバルデさんも超かっこいい。4Tは回避して、出来るジャンプをしっかりと降りる戦略でした。思いっきり踊って、ジャッジにアピール。でも観客を楽しませる事は決して忘れない。エキシビションでも使ったUptown Funkを競技プロに使って、演技を終えてからバックフリップして。バルデ成分を今日全て見せました。これがバルデのスケート人生じゃい!ナイスガイメッシングは、自分の演技直前にも拘わらず健闘を称えました。

メッシング
3Lz 4T fall 3A-2T-2Lo so 4T-2T 3S-3T 3A 3Lo 3F so
カナダに移籍した時は「正直どうなの?」と思いましたが、その選択が正解だったと証明しました。転倒とステップアウトはあるものの、抜けがないのが大きいです。そしてスピンで+2以上を並べられます。映画プロの帝王メッシングの集大成とも言えるチャップリンプロ。エンターテイメント性は抜群です。バルデに続いて演技終了後にバックフリップ。

レイノルズ
4Lo df 4T fall df-3T 3A df 4T-3T-2Lo 3F ot-3Lo 3Lz shaky 3S
緊張が表情に出ていていました。スピードが足りず、4Loや4Sが回転不足になりましたが、冷静さを取り戻した後半の4T-3T-2Loではケビン・レイノルズここにあり!というのを見せてもらいました。心に刻みつけておきます。

Pさん
4T hd 4T-2T 2A-1Lo-3S 3Lz-3T 2A 3Lo 3F 2A so
4Sは解雇して、3Aは1本の予定だったのでしょう。それは決まらずに、2Aの回数制限でキックアウトされました。4Sに関しては助走をしっかり取る必要があり、Pさんのプログラムの流れを阻害する要素でもありました。もちろんTESは高くなりますが、それよりも確実なスコアで団体のメダルを狙いに行くのも1つの選択肢なのかもしれません。2008年初めて優勝した時は少年から大人になるその中間地点でした。10年後おでこツヤツヤの大ベテランになり、79年ぶりの優勝記録を樹立しました。1人の男の人生を見ました。これでカナダ選手権のPさんはおしまい。次はオリンピックです。

選考はどのようにされるでしょうか。
2018
01.13

カナダ選手権 5日目 女子SP・アイスダンスSD・ペアSP・男子SP

テレビ放映の関係で今年もトンデモ日程。

女子SP
1 Gabrielle Daleman ON 77.88
2 Kaetlyn Osmond AB/NT/NU 71.41
3 Sarah Tamura BC/YK 54.34
4 Michelle Long ON 54.11
5 Triena Robinson AB/NT/NU 53.96
6 Larkyn Austman BC/YK 53.96
7 Sophie Larouche QC 52.87
8 Aislinn Ganci AB/NT/NU 52.77
9 Alaine Chartrand ON 52.19
10 Amanda Tobin ON 51.95
11 Kim DeGuise Léveillée QC 49.70
12 Alicia Pineault QC 49.43
13 Kelsey Wong BC/YK 48.95
14 Aurora Cotop ON 48.83
15 Emy Decelles QC 48.55
16 Jane Gray AB/NT/NU 46.51
17 Hélène Carle ON 39.90
18 Maysie Poliziani ON 39.85

シャルトラン
3Lz fall 3Lo fall 2A shaky
3Lzを転倒し、不安な表情のまま3Loに向かい転倒。フットワークはいつものようにきれいに滑れているのに、ジャンプは絶不調であります。レイバックスピンのチェンジエッジ回れていないです。国内選手権で7点台4つ、パフォーマンス6点台はヤバい・・・。

デールマン
3T-3T 3Lz 2A
コレジャナイ感がすさまじかった朱色のドレス廃止!!!!!黒ギラギラで赤のグラデーションがかったスカート衣装に変わりました。メイクは目の周囲が特殊メイクばりに縁取りされています。見るからに強い。やっとカルメンになりました。ジャンプはベストではありませんが、問題はない質です。ガッツポーズも出ましたし、仕上がりは上々の模様。いやー気持いいスコア!これぞカナダ選手権。あたしゃこれが見たかったのさ。

オズモンド
3F fall 3Lz-2T 2A
オズモンドなら歪みを修正出来そうであった3Fでしたが転倒。3Lzの後ろでリカバリーしました。ミスが連鎖するのが彼女のパターンですが、全く硬くならずにその後の演技が美しく流れていったのは大きな成長と言えるでしょう。

シャルトランが9位で最終グループ漏れです。カナダ選手権は第1~2グループが先に滑り、アイスダンスを挟み最終グループとなる変則日程。3位まで2点差ですが、最終に入れないのは印象の面でも大きいでしょう。また1つ波乱が起きるかもしれません。

アイスダンスSD
1 Tessa Virtue / Scott Moir QC 85.12
2 Piper Gilles / Paul Poirier ON 78.37
3 Carolane Soucisse / Shane Firus QC 70.97
4 Kaitlyn Weaver / Andrew Poje ON 70.31
5 Haley Sales / Nikolas Wamsteeker BC/YK 63.84
6 Sarah Arnold / Thomas Williams BC/YK 60.18
7 Molly Lanaghan / Dmitre Razgulajevs ON 57.38
8 Gina Cipriano / Jake Richardson QC 51.19
9 Ravie Cunningham / Cedar Bridgewood BC/YK 47.36
10 Vanessa Chartrand / Alexander Seidel QC 42.38

セールス組も寿司酢組もよかったけれど、映像がブツブツで断片的にしか見られませんでした。

パイポー
ガンガン滑っていきました。GPSは壮大な前振りだったかのように、ポーさんのディープエッジが冴えわたっておりました。衣装は腕のモップが派手になりまして、遠くからでも分かりやすくなりました。前のは地味だったので、マジでモップでしたからね。

ウィバポジェ
パーシャルステップは素晴らしい抜け感で、他カップルにはない個性的なダンスが出来ていて素晴らしい。探り探りの状態から内面をさらけ出して踊るよ!とノってくる感じが最高だったのに、その状況でポジェが転倒・・・・・ツイズルノーバリューで8点が吹っ飛びました。

テサモエ
圧倒的というしか他ないですね。全てがズバ抜けているので、パターンダンス1つにしても同じ事をしているように思えないです。足首がゴムで出来てんのか?ってぐらいグイングイン動いて、スケートがグイングイン滑る。そして体をいくら傾けてもブレない。その上でツイズル決めーのローテーショナルぶん回しーの。そりゃ盛り上がりますよ。3人のジャッジが85.30点満点の評価。国内選手権だからこれぐらい出さないと。SDはいいんですよ。FD!!!

ペアSP
1 Meagan Duhamel / Eric Radford QC 81.78
2 Julianne Seguin / Charlie Bilodeau QC 68.51
3 Kirsten Moore-Towers / Michael Marinaro ON 68.28
4 Lubov Ilyushechkina / Dylan Moscovitch ON 65.45
5 Evelyn Walsh / Trennt Michaud ON 62.61
6 Camille Ruest / Drew Wolfe QC 60.18
7 Sydney Kolodziej / Maxime Deschamps QC 56.42
WD Shalena Rau / Johann Wilskinson ON

セガビロ
3Tw 3S fall 3FTh
3Sで女性が転倒。2枠目3枠目を争う場面で痛い出遅れです。リフト中の女性の脚はは伸ばさない方を伸ばした方に添えて、上手く見せています。背が低いのは持ち上げやすい分、見栄えが悪くなるので、こういった工夫は大切です。緊張が解けてきたからか、ステップは2人の動きが美しく揃っていました。

モーマリ
3Tw 3LoTh hd 3T
ツイストはいつもよりも高さが出ていたと思います。でもキャッチが・・・。体を絞った効果でしょうか。スローは珍しく手を付きました。緊張からかもしれません。3Tのタイミングが少しズレるという、ソロジャンプが得意な彼らにはこちらも珍しいミス。デススパイラルは回転速度が安定して、きっちりと回っていました。レベル4しか付けられんだろ!クワッ!といった具合。

イリモー
3Tw 3T hd 3LzTh
3Tはイリが両足&お手付き&ステップアウトでアンダーローテーション。スロールッツは決まりました。このプログラムでは大人の男女の関係性を表すステップで、官能的に演じていきたいところですが、それが今日は見られなかったです。押しても漕いでも滑りが伸びず、2人の持ち味が出せていませんでした。今シーズンは特に男性の滑りの調子が上がらないです。これぞという瞬間が一度も訪れないです。

デュハラド
3Tw 3Lz td 3LzTh
ラドフォードさんの3Lzがタッチしました。国内選手権なので±0ぐらいで済みます。恋愛のプログラムにも捉えられるし、縁あってペアを結成し、キャリアを積んできた2人の軌跡とも解釈出来ます。いろいろな解釈の余地を与えてくれるのがトップスケーターの証拠。最後のナショナルでも魅せてくれました。

男子SP
1 Patrick Chan ON 90.98
2 Kevin Reynolds BC/YK 86.20
3 Keegan Messing AB/NT/NU 85.65
4 Elladj Baldé QC 84.91
5 Nam Nguyen ON 83.39
6 Nicolas Nadeau QC 79.56
7 Roman Sadovsky ON 78.72
8 Joseph Phan QC 78.01
9 Liam Firus BC/YK 77.44
10 Conrad Orzel ON 73.69
11 Stephen Gogolev ON 72.61
12 Samuel Angers QC 69.96
13 Bennet Toman ON 68.83
14 Eric Liu AB/NT/NU 64.82
15 Olivier Bergeron QC 63.61
16 Jérémie Crevaux QC 60.32
17 Dustin Sherriff-Clayton AB/NT/NU 57.95
18 Edrian Paul Celestino QC 56.14

オーゼル
3A 4T fall 3Lz-3T
彼のような美少年スケーターは、往々にして滑りが得意でジャンプが苦手。そんな通常パターンをドンガラガッシャンとひっくり返すめちゃくちゃジャンプ厨な選手です。前よりはよくなったにせよ、トランジションで音楽とズレたクロスを連続させているところを見るとそれが分かります。でもそれも愛おしく思えてきます。早く育てー。3Aはカナディアンの常識を超える良質でした。

同じ曲2連チャンでワロリンヌ。

バルデ
3F 3A 3Lz-3T
スタートのバルデの表情がいつもの3割増しでかっこいい。横顔が彫像のようでした。ジャンプを降りた事はもちろんですが、今日はステップシークエンスの質に尽きますね。ジャッジへのアピールのみならず。全方位のお客さんへアピール。Sound of Silenceの力強いメッセージを余すところなく届けました。フィギュアスケートでよく使われるDisturbedの音源でして、男性らしいルックスのバルデだからこそ、一層演技にハマっていると思いました。数年前ネーベルホルン杯で優勝した時よりも今日の方がいいと思います。

ゴゴレフ
4S-3T 3A so 1Lz
4S-3Tをあっさり成功。3Lzが0点になりました。天才少年の称号に恥じない活躍。ノービス年齢ですでに7点台の乗せていますよ・・・恐ろしい。ド早熟だなあ。そんなに熟してどこへ行く。

ジョセフ
4T-3T 3A 2Lz
4回転を成功させるのは続いてOKだけど、3Lzが抜けるのは続いてはいけませんよ・・・。ジェフ振付でその遺伝子を受け継いだかのようなオシャレ演技でした。衣装まで受け継ぐ必要はないのに。

サドフスキー
4S ot-3T 4T td 3A fall
美しいヴァンパイアさんは2クワド。さすがにここまで背が伸び、筋肉がついてくるとスピンの回転速度は少し落ちます。それでもポジションの美しさはキープしています。3Aはカナダ人が出てしまいました。3Aの不安定なのは分かっていて、2クワド構成で攻めたのでしょう。元々はジュニアとは思えないディープなエッジ使いで名を上げた部分があるので、そこでも魅せてほしい。シニアに上がってジャンプ偏重になっている気が。トランジションでも過剰にディープエッジ見せて!!!おねがい!

フィルス
4T fall 3A 3Lz ot-3T hd
3Aは着氷を堪えました。せっかくそれが出来たのに靴とパンツを固定しておくホックが外れてしまい、それを取り除くのに手間取り、コンビネーションジャンプが崩壊。思わぬハプニングでの出遅れで、非常に悔しそうです。

メッシング
3T-3T 3A 3Lz
4T-3Tが予定通りになりませんでしたが、質そのものはよかったのでGOEはもちろんプラスです。コンビネーションになってよかった。3Lzで堪えられたのも大きかったです。

ナドー
4T-3T 3A fall 3Lo
4T-3Tは縦に上がるジャンプ。カナディアン的には3Aが得意な部類ですが、転倒。転倒でフェンスに掴まるような形で衝突しました。振付的にはルンルンステップに入る直前だったので、少しおどけた形になって、曲想表現の面では大きなダメージではなかったかと。もっと弾けられればなおよかったですが、そうもいきませんよね。

ニューエン
4S-3T 3A 3Lz fall
4S-3Tと3Aはクリーンに着氷しました。3Lzは高さが出ていませんでした。どうしてそこで・・・というミスです。今日はハイスコアが出そうになると、3Lzで失敗するという宇宙の法則でも働いているというのでしょうか。

レイノルズ
3S-3T 3A 4T
4Sが3Sになりましたが、落ち着いて3Aと4Tを着氷。回転不足もありません。ここで焦らないのがベテランですね。見た目は若いですが27歳ですからね。このスウィングは素敵なプログラムですが、ハタチ前後の勢いある時期とアラサーになって滑るのでは、リアルなノリの差が出てしまうなと感じます。ベテランの深みは不要であったりしますし。難しいね。

Pさん
4T fall 3Lz-3T 3A so
2ミスでも演技の印象を損なわないのはさすがと言えますが、やはりどうしてもTESは出なくなってしまいます。PCSがダントツなので、ポジションとしては揺るぎないです。ピョンチャンに向けてはどうなのか不安が残ります。明日を見守りましょう。

2位争いの点差が生々しい。誰が代表になってもおかしくないです。Pさんは史上最多優勝記録をすでにもっています。それじゃ最多タイで、10回目優勝すると単独記録になるのです。歴史に名を刻む事になります。

明日はデュハラドがHometown glory、デールマンがラプソディーインブルーにプログラムを戻して挑みます。両プロとも2組にピッタリでしたし、出世作なのでオリンピックに最適ですね。ぜひ力を見せてもらいたいです。

ナショナル月間もいよいよフィナーレを迎えます。
2016
01.27

カナダ選手権 6日目 女子リザルト・アイスダンスリザルト・男子リザルト・ペアリザルト

やっと見終えた。トレイシーの物事を大げさに言う技術学びたい。

女子リザルト
1 Alaine Chartrand EO 201.99
2 Gabrielle Daleman CO 197.99
3 Kaetlyn Osmond AB/NT/NU 197.87
4 Véronik Mallet QC 171.86
5 Michelle Long CO 154.28
6 Larkyn Austman BC/YK 152.87
7 Roxanne Rheault QC 148.51
8 Eri Nishimura CO 137.76
9 Kim DeGuise Léveillée QC 133.86
10 Kelsey Wong BC/YK 131.99
11 Jane Gray AB/NT/NU 124.55
12 Valérie Bergeron QC 123.76
13 Emma Cullen EO 121.82
14 Véronique Cloutier NO 120.80
15 Stephie Walmsley NS 120.62
16 Selena Zhao QC 118.43
17 Justine Belzile QC 116.51
18 Valérie Giroux QC 107.62

ロー
3T-2T-2Lo 1Lz 3F! 2A 2Lz 3T<-2T 2A
フレンチカナディアンの心にこの曲はなぜ響いているのか。マリーさんがフルソレに使っていますし。これはセバスチャン・ブリテンの振付。3Sも3Loも入れない構成は弱いですかね。スピンが上手な選手でした。

オーストマン
3S-2T 3Lo< fall 3T-2T 1A+2A 3T to 3S 2F tano
ヴィッキーのサンセット大通りに慣れているせいで、衣装にもふもふがないと物足りないな。フライングコンビネーションスピンのところのシットポジション、音楽とのマッチがよかった気がしなくもない。よくないと言えばそうかもしれない。でもいいかもしれない。よく分からない。すごい美人。

astmn.jpg

マレ
3F-2T 2A-3T 2Lo 1F 3S 2A 3Lo-2T-2Lo shaky
eのつく3Lzは抜きまして確実に降りられるジャンプ構成にしました。抜けは2つありましたけど、全体的には悪くなかったです。もうちょっと爪先まで伸ばすとさらに素敵になりそうです。足がほとんど上がらないから、狭い範囲で演技が完結しています。フライングシットの頭を抱えたようなパンケーキ姿勢から、わああああああって感じのコレオシークエンスよろしいですな。これは女子大を出たお嬢様が一般企業に勤め始めたんですけど、そのストレスに耐えかねて会社辞めて、世界放浪の旅に出るみたいなコレオシークエンスですね。

デールマン
3Lz-2T-2Lo 3T-3T< shaky 3F 3Lz 3Lo 3S-2T tano 2A
3-3のセカンドが乱れた以外はミスはありませんでした。そこを除けば1人のジャッジがルッツに±0をつけているだけで、あとは全てプラスです。デールマンさんは斜めの動きがとてもきれいなんですけど、縦と横の動きは芋っぽいというかモサいというか。動きが軽すぎるのかなあ。タンゴだからビシイッ!っとキメるところはキメないとなので、そこんところを強化していって欲しい。演技はすごくよかった。ネイルピンクだけどSPともLPとも何か違う気が。かーちゃん顔似すぎ。

gabby.jpg

シャルトラン
3Lz-3T< 3Fe 3Lo 2A-1Lo-3S 3Lz 3S 2A-2T
3-3のセカンドとフリップのeがついたぐらいでした。国内なのでそんなにマイナスは受けません。最後のスピン2つのレベルを取りこぼしてしまったのは、いい演技で舞い上がってしまったせいでしょうか。冷静にならねば。GPSは転倒転倒転倒に次ぐ転倒だったので、プログラムの全容が全く理解できておりませんでした。こんなプログラムだったんですね。ステップのところは火事の中を馬車でバーーーーーっと駆け抜けるシーンを思い出させました。存在しない音を体から発して表現しているようでした。強かったぜ。

alaine.jpg

alaine2.jpg
涙の数だけ強くなったやん。

オズモンド
3F to 2A-3T 3Lze 3S 2F-2T 3S 2A-2T-1Lo
ジャンプのミスが5つではさすがに厳しかったですか。本当に上手になっているのは分かるので四大陸での奮闘を期待します。四大陸優勝しよう。そうしよう。笑顔を絶やさない姿勢本当に素晴らしい。

CG.jpg

CG2.jpg

トップ3の能力の高さとその進歩に驚かされました。19歳18歳20歳の3人ですから、これからもっと上達していくわけですよ。ジョアニー出ていたら優勝してたかな?5位のミシェル・ロングさん22歳で初めてこんな上位に来たらしいです。5位というのはナショナルチーム。国際大会の派遣もあります。継続は力なりを全米とカナダで噛み締めてます。

アイスダンスリザルト
1 Kaitlyn Weaver / Andrew Poje NO 191.73
2 Piper Gilles / Paul Poirier CO 179.82
3 Elisabeth Paradis / François-Xavier Ouellette QC 165.83
4 Alexandra Paul / Mitchell Islam CO 165.61
5 Nicole Orford / Asher Hill BC/YK 156.37
6 Andréanne Poulin / Marc-André Servant QC 146.33
7 Brianna Delmaestro / Timothy Lum BC/YK 145.67
8 Carolane Soucisse / Simon Tanguay QC 141.12
9 Catherine Daigle-Roy / Dominic Barthe QC 137.71
10 Lauren Collins / Shane Firus CO 135.52
11 Roxette Howe / Jean Luc Jackson BC/YK 118.65
12 Alexa Linden / Addison Voldeng SK 108.33
13 Jocelyn LeBlanc / Danny Seymour CO 103.55
14 Elysia-Marie Campbell / Philippe Granger QC 94.81

history.jpg

ニコヒル
ホワベイの同じ曲のプログラムは作りと表現が生々しいというかダーティーな部分まで出そうとしている感じ。ニコヒルはピカピカに磨いて美しくロマンティックに仕上げた感じ。どちらが好きかは割れそう。スピンの後の2人がミラーの動きで滑るところがいい。あそこが1番このプログラムで好き。

petit_20160126004903031.jpg

パラウェレ
この演技は素晴らしかったです。ウェレットさんってこんなに滑れたんだなって。ダイアゴナルですっげえエッジ倒してましたもん。んで2人の距離もよかったですし。そりゃ点数も出ますわ。独創的なプログラムというわけではないけれど、丁寧にきれいに仕上げた結果が出たなという出来でした。リフトは2点減点もったいない。

paradis.jpg

ポルイス
スピンがレベル3になったのはまあまあ・・・しょうがないとして、カーブリフトがレベル1になってしまったのは・・・。レベル4との基礎点の差が2.5点ですから、これでメダルに手が届かなくなってしまったわけです。ここまで勝負弱いとなあ・・・。あとイスラムがリードできなさすぎて、ポールが自主的に動いてんじゃないかと思わされるようなホールドチェンジがいくつか。体調が優れなかったのか何なのか。

para.jpg

パイポー
サウダージ・・・・・ポルノグラフィティでしょうか。郷愁、憧憬、思慕、切なさって日本人が最も好むような意味合いのものですよね。だから日本のスケートファンに人気なんですね。知らず知らずの間にみんな感じ取っているんですよ。衣装が意味分からなすぎて、これでいいと思う。スケーティングスキルが1番低いのは、うんそうだよなー。がんばっているけどフラットなところが目立ちもしますから。2人の息が合ってきたので、国際大会でのPCS評価気になります。どの位置に立てるのか。ハベドノと同じぐらいに行けるのか?

warota.jpg
男性陣と女性陣の差

ウィバポジェ
ウィバポジェのツイズルが満点・・・・・ゴクリ。その他3つのリフトとレベル3になったダイアゴナルが加点が満点でした。ファイナルでは音楽に遅れなくなり、滑り込みが着実に出来ているであろうことを確認できました。今回は動きが大きくなって見ごたえのあるステップになっていました。お風呂に入っているときにベイツさん、シゼロン、カツラ、ソロビエフ、ラノッテ、ポジェで誰が1番上手いんだろうというのを考えていたんですけど、お風呂では「ポジェはちょっと違うなーこれはプログラムのよさや2人の距離の近さを生かした構成だからPCSもらえてるんだー」となったけど、単純に1人の滑りとしても並びかけているのかもしれないと思うようになりました。

poje.jpg

パラウェレはワールドのSDのミニマムないから四大陸でがんばってね。ポルイスとの差が少ないから、ワールドのミニマムがあったら分散派遣になっていたのかな?ないか。

ペアリザルト
1 Meagan Duhamel / Eric Radford QC 221.75
2 Julianne Séguin / Charlie Bilodeau QC 211.40
3 Lubov Ilyushechkina / Dylan Moscovitch CO 204.22
4 Kirsten Moore-Towers / Michael Marinaro WO 183.58
5 Vanessa Grenier / Maxime Deschamps QC 171.51
6 Brittany Jones / Josh Reagan WO 163.23
7 Shalena Rau / Sebastian Arcieri WO 159.75
8 Hayleigh Bell / Rudi Swiegers SK 140.23

だからなんでペアだけ全組やるんだ。
A.TSNのおじさんがペア好き
B.TSNのおばさんがペア好き
C.TSNのおじさんの奥さんがペア好き
D.TSNのおじさんの愛人がペア好き
E.カナダスケ連の押し
F.カナダのペアは男子より人気
G.特に意味はない

ベルスウィ
2人の距離が離れてのエレメンツが多いです。でもリフトがかなりよくなっていて安心しました。リフトの点数の比重が最も重いので、ここで失敗するとTESが全然とれませんから。スウィガースさんはずいぶんと体を絞ってきて、それが最初の3-2-2の成功に繋がったのでしょう。ナショナルチームには入れなかったけど、来シーズンも続けてほしいです。

ラウ&アルシエリ
カナディアンペアなのにツイストが低くない(高いとは言っていない)定期。ジュニアのときに組んでいるときは全く印象に残らなかったんですけども。2人の名前は知っていたし、「あーこの組み合わせになったのか」とは思ったんですけど。んでこの演技はすごくよかったです。リバースラッソーが少し身長でしたがリフトは上手いです。エレメンツの準備動作が目立つので、それが解消できればスコアを伸ばしていけそう。鎧衣装にはダニエル・ウェンデさんもドイツからニッコリですわ。

ジョーンズ&レーガン
レーガンはこういうロマンティックなプログラムが苦手なのかなと。ずっと腕がプラプラしていて、女の買い物に付き合わされてる男みたいな感じ。いっそそんなプログラムならいいんですけど。キャリーリフトの入り方はとてもよかったです。後半のちょっと元気なマーチみたいな音楽の方が甘ったるい音楽よりも得意そうです。もうちょっと表情もがんばれ。スローはきれいでした。

グレデシ
スロー3Tの前のスパイラルのエッジが深すぎて、そのままズコーっと倒れかけてスロー投げられないかと思いました。キャリーリフトはへっぴりイーグルだけど持ち上げている状態でチェンジエッジするクレイジーボンバー。後半のメキシコのマフィアによる住民殺戮とかが起こらなさそうなリゾート地で流れてそうな音楽で終わるのは、ええの?ええのか?カナディアン魂なの?ブライアン・アダムスだから。

guredeshi.jpg

モーマリ
サルコウで2人とも転倒はありましたけど、全体的にはとてもいい演技でした。モー子さんはパーディーに比べると軽いだろうに、なしてそんなによっこらしょとリフトを上げるのか?と思ったら、スターリフトはダンスリフトからシュルーンと上げるし、よくわかんねえ。難易度の問題?コレオシークエンスのデススパイラルもどきムーブメントよかったです。スピードのあるいい演技でした。

イリモー
3Tが2Tになったところと、ソロスピンのズレ以外は全てプラスでした。初見ですごくいいと思ったプログラムなんですけど、GPSではうーーーーーんという感じが続いていて、これは僕のベストプログラム候補から陥落したかなとなっていました。でもここにきて完成度が一気に高まりました。アクセルラッソー降ろした後の腕のしなやかさと、そこからのペアスピンすごくよい。コレオシークエンスでのダンスリフトのときのイリの振付の美しさよ。ベストプログラム候補に華麗に復活。

irimo.jpg

irimo2.jpg

セガビロ
カナディアン大発狂タイム。GPSからGPFへの上達は「おー上手くなったなー」ってなもんだったんですけど、GPSからナショナルへの上達っぷりは「ええええええええええええええええええええおえおえおえおえおええええええええ」な感じ。それぐらい動きに余裕が出て上手になっていました。コレオシークエンスの最初の手を繋ぎながら女性がブラケットして、その後男性がブラケットするところの青春感ハンパない。まぶし過ぎて焼かれそう。今日初めてスピンらしいスピンが登場しました。

デュハラド
ラドフォードが3Lzで、メーガンが3Tで手をつきました。メーガンは手をついた状態から1T-2Tを跳びました。バケモノでしょうか。スロークワドはまずまず。後半は安定したもんよ。下位から見ていくとリフトの安定っぷりが素晴らしい。まー落ち着いたもんよ。来シーズンナショナルで優勝したら単独で歴代1位らしい。演技後のインタでラドフォードさんはヘロヘロなのに、メーガンってどうしてあんなに元気なの?おもしろすぎる。

duhamel_201601271557464bc.jpg

男子リザルト
1 Patrick Chan CO 295.67
2 Liam Firus BC/YK 237.20
3 Kevin Reynolds BC/YK 236.18
4 Nam Nguyen CO 227.69
5 Nicolas Nadeau QC 226.56
6 Keegan Messing AB/NT/NU 221.50
7 Elladj Balde QC 210.01
8 Bennet Toman CO 207.89
9 Roman Sadovsky CO 204.59
10 Anthony Kan CO 177.48
11 Christophe Belley QC 175.77
12 Shaquille Davis CO 174.33
13 Mitchell Gordon BC/YK 173.64
14 Dustin Sherriff-Clayton AB/NT/NU 168.76
15 Laurent Guay QC 165.37
16 Jack Kermezian QC 155.06
17 Samuel Angers QC 147.33
18 Daniel-Olivier Boulanger-Trottier QC 143.25

moesto.jpg
アメリカの素人参加型勝ち抜き料理番組でベスト20までは残るけど落ちそうな服装のスコット。そしてストイコ。

ナドー
3A 4T fall 3A-2T 3S 3Lo 3F 3Lz fall 2A+2A
ナドーさんの方が近いらしい!というのを拍手コメで教えてもらったのでナドーさんにしよう。ステップでハシゴが歌詞に出てきたときにハシゴのぼってる。前半のゆったりとした動きのときはいいんですけど、後半の細かい動きのところは、長身が裏目に出て動けていないので、もっといい感じにできないものだろうかと。いきなり動き小さくなるから前半とのギャップでビビる。今回は4Tが抜けてなくてよかった。

ニューエン
4T fall 4T fall 3A 3A-2T 3Lz! 3F-3T-2Lo 3Lo 3S
そのデザインのシャツはパンツの中に入れて!衣装からオシャレ衣装に変わりました。全体で+2が5つしかもらえないという厳しい評価でした。インサイドとアウトサイドそれぞれ倒すときに体重が別の方向に分散してしまっているのか、一蹴りが伸びていかない。昨シーズンのナショナルのPCSが81点もらえていて今回が76点。試練のシーズンでした。羽生となんですはスケートが上手くなっていくのに、ナムナムさんはジュニアワールドとったときとほとんど変わっていないのはどうしてなんだろう。

spicy.jpg

メッシング
4T< fall 3A 3Lz 3Lz-3T 3Lo 3A hd 3S ot 3F
ハッピーバースデーキーガン・メッシング。メッシングさんが転倒1回、シェイキーなの2回で演技を終えるとは。抜けがないのが珍しい。コンビネーション1回しかないけども。メッシングさんクラスになると、ステップが進まないのが味であり、むしろ進んじゃうとコレジャナイになる。進んだのを見たことはないけれど。

americanada.jpg
アメリカナダ

チャッキー
2S 4T< 3A 3F-3T-2Lo 2A-3T 3Lz 3S-3Lo shaky 1Lo
衣装が完成したようだ。グラデが素晴らしいな。2A-3Tの後の腕をバッ!と開く振付かっこいい。抜けはありましたけど、セカンドトリプル3つ入りましたし、まずまずといったところでしょうか。あれだけクワドが得意だった選手が、怪我をしてしまうとこんなにも苦労するんだなあ。怪我怖い。この時点1位と出ても落ち着いたものよ。大人ですわ。

tyakki.jpg

フィルス
4T 2A 4T fall 3F 3Lo 3Lz hd 2A-1Lo-3S 3Lz-2T
演技開始前から腋汗。4T1本目降りました。アクセルはダブルに。確実に加点をとったのと、アクセル以外が抜けなかったというのが点数的に大きかったです。コレオシークエンスの質が素晴らしかったです。後半でも全然バテなくなりました。3Aなしで代表になるのってどうなの?というのはあれよ。3Aない選手に負けた方が・・・ってなりますから。

oshiosan_20160127170152f35.jpg

Pさん
4T-3T 3A to 4T 2A-2T 3Lz-2T-2Lo 3Lo 3S 2F
ステップのところにあるトゥステップはピアノの鍵盤をポロロンと叩いている感じがしてとてもいいと思います。革命のエチュードのパートは僕はとても好きです。この1曲でプログラムを作れればいいんですけど、2分足らずでSPにすら尺足らずなんですよねー。ブオン・・・ブオン・・・・・とエンジンを吹かしてから、コレオシークエンスに。このコレオシークエンスがもっともっとリンクのショートバリアまで使うようなのだったらいいなと思うんですよね。ステップがストレートラインでコレオシークエンスもストレートラインだから単調に思えてしまうし、そもそももうちょっと時間をとってほしい。ほんとここだけ気になる。

四大陸代表は各カテゴリートップ3、ワールド代表は男女シングルはトップ2、カップル競技はトップ3です。パラウェレは四大陸がんばれー。はいカナダやっとおわりー。はいユーロー。はいしぬー。
back-to-top