2016
01.25

全米選手権 9日目 男子リザルト

まだカナダ選手権見てすらいないのに。まだロシアジュニア選手権触ってもいないのに。

男子リザルト
1 Adam Rippon, SC of New York 270.75
2 Max Aaron, Broadmoor SC269.55
3 Nathan Chen, Salt Lake Figure Skating 266.93
4 Grant Hochstein, SC of New York 252.84
5 Ross Miner, SC of Boston 248.01
6 Alexander Johnson, Broadmoor SC 241.94
7 Timothy Dolensky, Atlanta FSC 236.13
8 Vincent Zhou, Broadmoor SC 217.23
9 Sean Rabbitt, Glacier Falls FSC 192.63
10 Daniel Kulenkamp, Coyotes SC of Arizona 187.34
11 Scott Dyer, All Year FSC 182.10
12 Shotaro Omori, Los Angeles FSC 181.49
13 Emmanuel Savary, University of Delaware FSC 179.32
14 Sebastien Payannet, Rocky Mountain FSC 172.68
15 Ben Jalovick, University of Delaware FSC 167.33
16 Jimmy Ma, Ice House Of New Jersey FSC 161.63
17 Robert Przepioski, Rochester FSC 160.54
18 Curran Oi, Yale FSC 150.06
19 Eric Stinehart, Skokie Valley SC 141.50

赤平さんますます体調不良。

ジャロヴィックさんイーグルわーーーーーい。カサーがいないからイーグル担当になってくれよ。

ダイアー
3T 3A-2T 3Lz-2T 1A 3Lz df 3F-1Lo-3S hd 3S 2A
アクセルの回転が足りぬのなー。ハンナ・ミラーさんと同じぐらい心配になるジャンプ。スピンはポジションも出方も回転速度も申し分ないです。姿勢を固めてしまっている by 杉田さん。たしかにずっと同じ動きだもんなー。キスクラではゴールドと同じ感じ。

ganmenlevel4.jpg

クーレンカンプ
3A so 3Lz-3T 3F 3Lo 3F-2T 3Lz-2T-2Lo 3S 2A
3Aこそ回転が足りていませんでしたが、他は全て降りました。トゥジャンプが得意なんですね。きっと友達がいるであろう前でいい演技ができてよかった。仕事帰りのサラリーマンがバーに立ち寄ったらシナトラの音楽が流れてて、ジャケット脱いで踊っちゃう系プログラムでした。

オオモリ
3A-1T 3F 3S 2A 3Lz-2T tano 3F-3T so 2A 3Lo fall
ジャンプを跳んで走って・・・という感じでした。ところどころでアボってはいるんですけどね・・・。TESでプラスをもらえるところがほぼないのが痛いです。

ラビット
2Lz 3A fall 2F 3F-2T 3Lo 3S-3T 2A 2A-2T-2Lo
前半3つのジャンプから後半はよくカムバックしてきました。スピンもステップもコレオシークエンスもよかったし、スタミナも大丈夫でした。D1SKタオルワロタ。

ヴィンセント
3A-3T 4S to 4S 3Lz tano 3Lo 3F 2A 3Lz tano-1Lo-3S
1つ目の4Sは回転が足りていませんでしたし着氷もよくありませんでしたが、2Tをつけてシークエンスにしました。ここでつける意味はあるのかという話ですが、4Sを確実に降りられるというところではないと思いますし、後半で転倒し+REPになってしまうよりは+SEQになった方がいいということなんでしょう。まあ、+REPになったら他のところに2Tつけられるんですけどね。クリムキンイーグルからのタノルッツ3連とか頭おかすぃー。ステップのときの表情はシーズン序盤よりかなりよくなっていました。

ojou.jpg

ホックスタイン
4T td 3A-2T 3Lz 3A 3Lz-1Lo-3S 3Lo 2F 3T-2T tano
4Tのタッチとフリップの抜けだけで、あとは加点のつくジャンプでした。クロスが多くて走っているという印象はシーズンの初めから変わらないんですけど、魂のこもった演技だったと思います。フライングシットとチェンジキャメルのポジションのブレなさパネエ。マムとダッドとキャロラインは同格。

ジョンソン
3A-2T 3A 3Lz-1Lo-3F 3Lo 2A-3T 3F 3S so 2A
ルッツループフリップ大復活きたあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ祭りだああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!ジョンソンが2本目のアクセルでもセカンドトリプルでもコケないなんて・・・・・チビりそうになるほどビックリ。エロくていい演技でした。ホックスタインさんの後だと細長さが際立ちました。

ドレンスキー
3A-3T df 3S 3Lz 3A 3Lz-2T 3Lo+2A 3F 2A
フライングコンビネーションスピンの宇多田ヒカル、つまりトラベリングがもったいない。せっかくスピンが得意な選手なのに。前半かなり緊張が見えて、あわあわしていたんですけどコレオシークエンスあたりから落ち着きを取り戻して、後半は素敵に演技してくれました。

dolensky.jpg

ネイサン
4S-2T-2Lo 4S 4T-2T 4T 3A fall 3F-3T 3Lo 3Lz
wwwwwwwwwwwwwwwwwww4つ本当にやったwwwwwwwwww3A1本しかないの?って思いますがそりゃそうですよね、3A2本だとザヤりますもん。「コース料理の序盤にステーキ3枚」という名言を発する赤平さん。いやーそんな感じでしたわ。コレオシークエンスがほぼ表現なしで終わってしまったところを見るあたり、完全にジャンプに集中しておりました。それがPCSに反映はされています。それでもTES100点はつおい。

アーロン
4S-3T 3A-2T 3Lo 4S 3A shaky 3Lz-1Lo-2S 2A 2A
後半の4Sと3Aきちんとこらえました。3Aのシェイキーランディングがあまりにもダイナミックすぎて加点したい。3Sが1つダブルになったのが残念でしたけど、ものすごーーーーーくスピードがあるいい演技でした。しかも昔みたいな漕ぎ漕ぎ漕ぎ漕ぎわーいじゃなくて、いつの間にかスピードが出ている感じ。前後半を分けるところのストップした振付は気になる。オチコレオシークエンスないのが悲しいけどもう諦めるか・・・・・。

りっぽんぽん
4Lz fall 3A-2T 3Lz tano 3A 3Lz-3T 3Lo 3F-2T-2Lo 3S
SPのときかなり緊張して見えたので、LPの転倒があったとき、このままズルズルと失敗が続いてしまうのかな・・・というのがよぎりましたが、いやいやそんなことはなく。素晴らしい演技でした。ジャンプを跳ぶ度にリラックスをしてすごくよくなっていきました。プログラムの密度が段違いなのでPCSも出ますね。

ripponpon.jpg

ripponpon2.jpg

マイナー
4S hd 1A-2T 3Lz-3T 3A 3Lz df 2A 3Lo 3F
3Aと3連の3Sが入れられず。力で持っていっているという形のジャンプでした。いつもそうなんですけど今日はそれが顕著でした。演技見てるとき泣きそうになっちゃいました。演技のエンディング感。メダルもとれなかった・・・・・。ああマイナーさんマイナーさん・・・滑走順も悪かったよな。ネイサンアーロンりっぽんぽんといい演技が続いた後で、1ミスしか許されない状況でしたからね。そもそもマイナーさんが3番になったとして、ブラウンを押しのけて代表に選んでもらえるかという疑問もあります。でも代表よりもメダルか・・・。

りっぽんぽん26歳初優勝。安定感アーロン。Rising new star ネイサン。ホックスタイン初メダル25歳。ベテランと若手の両方ががんばりました。アーロン、マイナーさん、ジョンソン、ドレンスキーもそうだけど軒並み23歳を超えていて、日本で言う大卒1年目の年齢よりは上。その年代が活躍しているってのは、ピークがこれぐらいの年齢なんだろうなということ。資金難にあえいでいたり、進学・就職を選ぶ選手はたくさんいるけれど、続けられるなら経験が生きてくる年齢まで続けて、厚みのあるものを提示していって欲しいです。マイナーさんの最終回感すごかったけど、今シーズンで引退ではなかったはず。

りっぽんぽん、アーロン、ネイサン、ホックスタイン、ジョンソンこのあたりの演技は素晴らしかった。JとJとJとRがいなくてもこれだけ見られるんですねえ。寂しいけど。派遣がどうなるかですけど上位3人がワールドでいいんじゃないでしょうか。ネイサンはジュニアワールドにも出たいらしいのでジュニアワールドとワールドにして、ホックスタインが四大陸って感じで。この演技でトップ3をワールド代表から外すのは酷ですわ。

ばいばーい。

medalist.jpg


2016
01.24

全米選手権 8日目 女子リザルト

女子リザルト
1 Gracie Gold, Wagon Wheel FSC 210.46
2 Polina Edmunds, Peninsula SC 207.51
3 Ashley Wagner, SC of Wilmington 197.88
4 Mirai Nagasu, Pasadena FSC 188.84
5 Tyler Pierce, All Year FSC 188.50
6 Bradie Tennell, Wagon Wheel FSC 181.33
7 Hannah Miller, Lansing SC 174.42
8 Karen Chen, Peninsula SC 168.75
9 Courtney Hicks, All Year FSC 168.04
10 Angela Wang, Salt Lake Figure Skating 163.17
11 Mariah Bell, Rocky Mountain FSC 160.03
12 Franchesca Chiera, Panthers FSC 140.38
13 Katie McBeath, Westminster FSC of Erie 133.52
14 Ashley Cain, SC of New York 131.89
15 Heidi Munger, SC of Boston 131.46
16 Christina Cleveland, Strongsville SC 121.81
17 Alexie Mieskoski, Columbus FSC 121.27
18 Maria Yang, Peninsula SC 120.20
19 Carly Gold, All Year FSC 107.96
20 Avery Kurtz, Broadmoor SC 107.29
21 Alexis Gagnon, Coyotes SC of Arizona 105.56
22 Elena Pulkinen, Coyotes SC of Arizona 101.65

ヒックス
3F-2T 3Lz-1Lo-3S fall 3Lz-1T 3Lo 2A 3F 2A
あれ?新衣装縫製が雑じゃない。いつもすごいのに。コンビネーションに乱れは出ましたが、ソロジャンプさんたちはどれも質がよかったです。3Loの空中ポジションはなんだろう。手を上げているわけでもなく、腰に当てているわけでもなく。何と言えばいいのかおしえて。ハイジばりにおしえて。ステップはエッジをすごく倒していたのですげーーー!と思った矢先にコケて(ディダクションはないけど)ビビりました。ミスにもめげずきちんとまとめて偉いです。ここでナショナルの順位落とすと来シーズンの派遣に関わりますから。

カレン
3Lz 3F fall 2A-3T 3Lz-2T tano 3Lo 1A-1Lo 3S-2T tano-2T tano
ああ・・・・・コンボ4つ&2T3つというダブル違反。違反神かよ・・・。3Lz-3Tを回避する構成で元々いたんだと思います。それはよかったんですけどね・・・ああ・・・・・。ステップ上手だったよ・・・すごく。衣装変じゃなくて安心したよ。

アンジェラ
3Lo tano 3Lz fall 3F to 3T+2A 3Lo-2T 3S 2A-2T
3-3-2入らなかった。アンジェラのルッツを今大会は見られなかった。寂しい。この演技は滑り出しからすごくノっていたように見えたので、「これはいい演技くるぜ」と思ったら最初2つ失敗&変なところで転倒がありました。でもそこからの復帰が完璧でした。最後の音楽のフワプハパパパパポワワワサーーーーッ・・・・・とほどけていくような表現がいいなと思いました。スピンの最後の音楽は蛇足に思えてナラナーイ。

タネル
3Lz-3T 2A-3T 3Lo 3F 3Lz ot-2T 2A 3S
3-3のセカンドは全日本ならアンダーローテーションをつけられそう。ギリギリでした。タンゴというよりも昼ドラ?昼ドラっていうかキッズウォーみたいな。いじめ問題みたいな感じ。高校の女子の派閥争いを描いた・・・・・という雰囲気。アメリカ女子伝統の低空ジャンプ。最近伝統の低空の選手少なくなってきたから新鮮。お母さんが日本人ってことはブロンドに染めてるのかなー。

ミラー
3T-1Lo-3S 2A-3T 3Lz 3F-2T tano 3Lo 3F df 2A
ここのところいい演技が見られなかったミラーさん。転倒も抜けもなく演技を終えました。回転不足はしょうがない。笑顔で終えることができたから僕は嬉しい。スケーティングはこの全米で戻ってきましたし。プログラムがもっとよかったら・・・・・とは思うけれど。

キエラ
3F ot 3Lz fall 1Lo 3Lz 3F fall 3T<< df 2A+2A
せっかくチョベリグ3Lz降りたのに+REPになってもうた。超もったいないです。でもこの3Lzだけで国際大会に派遣して欲しい!って思うぐらいにいいジャンプ。いい選手のはずなのにいいいいいいきいいいいいいいいいいいいいい!もどかしい。変なところで転倒しちゃったのは、この氷アカン説の信憑性が高くなる。

ベルたそ
3F-2T 2A fall 3Lo 3Lz-2T-2T 3Lz 3F shaky 2A-2T
うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ2T4つうううううううううううううううううううううううううううううううううわあああああああああああああああああああああああああああああああこんなクソルール廃止しろやボケエエエエエエエエエエエエエエエエエエ。気がついてから泣いちゃったじゃないか。3Lz-2T 2Aにしていればこの時点で3位に入っていました。体の使い方すごくきれいでした。コレオシークエンスの途中の片足上げたポーズとか、普通の選手なら「はよ動いてくださいー」ってなるのに、そう思わないほど決まってきれいなんですもん。来シーズンこの悔しさを晴らしてくれ。

アシュリー
2A 3F-3T 2A-2T 3Lo-1Lo-3S 3F 3Lo 1Lz
これはすごいね。うん、これはすごい。こーーーれーーーはーーーすごい。たしかにルッツは抜けたけど、うん。ジャンプが完璧にプログラムの一部になっていて、スケーティングの中にあるターンの1つぐらいのもんです。昨シーズンと同じプログラムだけど、今シーズンの方が何倍もいいプログラムになっています。メンタルの強さを見せてもらいました。

ashley.jpg

mou.jpg

ミライ
3F-3T 3Lz 3S 2A-2T 3Lo 3Lo-2T 2A
2A-3Tのセカンドがダブルになった瞬間にザヤ警報発令。きちんと回避できました。SPで靴の一部が裂けてしまって、演技が心配されましたけど、それを感じさせない演技でした。ミライのプログラムは曲やプログラムの助けを借りられるということはほとんどなく、ミライのスピードやポテンシャルの高さありきだと思うんですけど、今日はノっていました。トランジションはこれから増やして欲しいです。世界で戦っていくにはちと足りない気がします。< << < < こういうのが刺さりまくらなくてよかった・・・・・。

mirai.jpg

ピアース
3Lz-3T 3F fall 2A 3Lz 2A-3T 3Lo 3S-2T-2Lo
フリップの転倒以外は全て降りました。僕は今シーズンのレッドヴァイオリンが好きだったので、戻してしまったのは残念。ステップのところの前傾姿勢で腕を後ろにやるポーズは、闘鶏みたいな・・・。わたしはアメリカ人!っていう選手だから、それでも大丈夫なプログラムである方がよかった。でも今日はいい演技。コレオシークエンスのスパイラルの脚ピーン迫力がありました。

エドモンズ
3Lz-3T 3F-1Lo-3S 3Lo 3F 2A 3Lo-2T 2A
後ろに手を組んでルンタッターからのフライングシットスピン。ここで空気変えます。ほんとにこういう風に雰囲気を変えるのが今シーズンの上達したところ。逆に昨シーズンまでは超苦手に見えました。変なところであっさり転倒するというのも時々あるんですけど、それもなく最後2つのジャンプを堪えました。髪型くるんくるんに巻いて気合いが入っていました。

polina.jpg

ゴールド
3Lz-3T 3Lo 2A 2A-3T-2T 3F-2T 3Lz 3S
「え?魔王?(笑)かかってこいよオラオラ」って感じの火の鳥。もーーーーーーーーすごいわ。オラオラバレエすごいわ。オラオラすぎて表現とかそういう域では表現できないですね。もう魂ですよ。この点差で最終滑走で2、3個ミスが出たらワールド代表から落ちるところでーーーーーあーーーーーーーすごすぎるううううう。優勝したああああああああああああああぐえええええええええええええええええええええええええええ!!!こういうこともあるんだなー。SP上位の方が勝つ可能性が圧倒的に高いんですけど。こういうことがあるからおもしろい。優勝にびっくりしてニワン声出したwww

gold.jpg

メダリスト4名の演技はほんっとうに素晴らしかった。上位3名がワールド代表になるでしょうが、ロシアや日本と十分戦えます。本当に強かった。ちょっと怖かった。オンナコワイ。

表彰式、みんなサバサバしてるのがおもしろくて何もキャプれなかった。あー終わった終わった。
2016
01.24

全米選手権 8日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスリザルト
1 Maia Shibutani, SC of New York
Alex Shibutani, SC of New York 190.14
2 Madison Chock, All Year FSC
Evan Bates, Ann Arbor FSC 186.93
3 Madison Hubbell, Lansing SC
Zachary Donohue, Lansing SC 178.81
4 Anastasia Cannuscio, University of Delaware FSC
Colin McManus, SC of Boston 160.46
5 Kaitlin Hawayek, Detroit SC
Jean-Luc Baker, Seattle SC 158.86
6 Danielle Thomas, Detroit SC
Daniel Eaton, Ann Arbor FSC 145.01
7 Karina Manta, Coyotes SC of Arizona
Joseph Johnson, Broadmoor SC 142.70
8 Charlotte Maxwell, Arctic FSC
Ryan Devereaux, Pittsburgh FSC 128.98
9 Alexandra Aldridge, Detroit SC
Matthew Blackmer, Detroit SC 121.16
10 Alissandra Aronow, Arctic FSC
Collin Brubaker, All Year FSC 116.41
11 Kseniya Ponomaryova, Skokie Valley SC
Oleg Altukhov, North County FSC 99.86
12 Tory Patsis, Skokie Valley SC
Nathaniel Fast, University ISC of San Jose 91.88
13 Elicia Reynolds, IceWorks SC
Stephen Reynolds, IceWorks SC 85.95
14 Gabriela Morrell Zucker, All Year FSC
Andrejs Sitiks, University of Delaware FSC 72.60

ダニエルズ
さわやかチャルダッシュ。イートンが湯引きされたようにさわやか。まるで大学の卒業旅行でヨーロッパに来て、地元の祭りに民族衣装着させてもらって参加する若者のようだ。

マクスウェル&デブロー
すごく変わったことをやってはいないんですけど、脚をピーンと伸ばしたローテーショナルリフトやレイバックポジションがきれいなスピンが見られました。もったいなかったのはダイアゴナルで男性がスタンブル、最後の最後で女性が転倒したところ。フィニッシュポーズでは男性フラつく。でも振りが大きくてファニーガールのストーリーを知らなくても楽しめる感じ。こういうのが表現だよなあ。

アロノウ&ブルーベイカー
ブルーベイカーのシャツの一部が黄色なんですけど、色移りしたみたいですよ。アロノウさんのスカートの翻りはカッペちゃんレベルでした。素晴らしい。カーブリフトは男性の足の上に女性が足を乗せてスプリットをやる予定でしたが、飛び越えて足を氷についてしまいました。よってノーバリュー。ローテーショナルリフトでちょっとミスって、コレオリフトも質がそんなに。最後の最後でやらかすブルーベイカー。プログラムにはピッタリの表現を見せていました。リフト以外よかったよー。

マンタ&ジョンソン
SDに続きおもしろいやつ。男性の身長が低いけれど、リフトには安定感があります。これはマルコ・ファブリさんに通ずるものがあります。ちょっとステップでバランスを崩しかけたところはあったけれど、点数には影響しないレベルです。実に魅せられる演技でした。来シーズンは国際大会2大会は派遣してくださいUSFSA。しないと怒ります。

アルブラ
素敵なタンゴでした。ツイズルを成功したことを何か食いながら喜ぶブラックマー。まずタンゴをこんな雰囲気でブラックマーができるとは思わなかったし、アルイーのままだとアルドリッジもこういうのはできなかった。イートンはこんなリフト持ち上げられないから、プログラム構成も全然違うものになるでしょうし。ストレートラインリフトで女性を降ろしてから男性がドラッグで前方にうぃーーーんって移動するのかっこよかった。振付のところで転倒はあったけど、全体的にはすごくよかったし、何より2人が楽しそうに滑っているのが分かりました。ダニエルズとアルブラになってよかったんだ。

ホワベイ
うわああああああああああああああああああああいすごくよかった。エレメンツとトランジションの境目がなくて、完全にプログラムに溶け込ませていました。振付多少いじってると思うんですけど、見やすくなりました。前のはぶつ切れ気味でしたからね。ここに合わせてきたのすげえわ。ホワイエクさん涙。でもその気持ちも分かります。

jeanluc.jpg

カヌマク
TESカウンターに刻まれるステップレベル2&ステップレベル2であああ・・・・・となる。スピード重視しすぎて飛んでしまうんだろうな。となりつつもなんやかんやでFDも上でメダル確定させました。これはびっくりだわ。この序列を覆すのはすごい。インパクトや華やかさも全米では必要ですからね。そういう観点からだとカヌマクの方がありました。技術はホワベイの方が上だとは思うけど。何にせよおめでとう。

チョクベイ
昨日はパターンでレベルを取りこぼしたけど、スピンで・・・・・ああ。このプログラムはあれだな、展開が早すぎてついていけない間に終わってしまう。選曲の理由は単純に、アメリカ人がこの曲ロシア人より盛り上がってくれるだろう。っていうものだと思うんですけどね。やるなら、まとまりのある振付にして欲しい。ワールドまでにもうひといじりしようか。

シブタニズ
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああステップでレベル4とったあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああおめでとうううううううううううううううううううううううううううううううううう正月と盆と誕生日とクリスマスがいっぺんに来た感じだよおおおおおおおおおセンキューピーター。

hideo.jpg

ハベドノ
カーブリフトの振付変えたんですね。SDと同じだったのに、ポーズが変わりました。あたしマディソン!からあたしっ・・・マディソンってな感じに。いい演技だと思ったけど、堂上的に何かお気に召さない箇所があったのかな?演技終わったときに、ほげーーーってなっていましたが。

madison_201601240752437a0.jpg


pairsmedalist.jpg
男子のいいやつそう感

hideo2.jpg
かみしめ中

dancemedal.jpg
マディソンだけ170あるから

シブタニズは素晴らしい演技でした。チョクベイはブラッシュアップしてくれ。ハベドノはこのままでいこう。カヌマクは本当によかった。長い間続けることの大切さを教えてくれた。今シーズンは長いこと続けてきた選手たちが、一気に花開いている。だから嬉しい。
2016
01.24

全米選手権 8日目 ペアリザルト

ペアとダンスの配信予定がJスポのページに表示されていなくて、早朝からキレる。

ペアリザルト
1 Tarah Kayne, Southwest Florida FSC
Danny OShea, Southwest Florida FSC 211.65
2 Alexa Scimeca, DuPage FSC
Christopher Knierim, Broadmoor SC 196.80
3 Marissa Castelli, SC of Boston
Mervin Tran, SC of Boston 179.04
4 Madeline Aaron, Coyotes SC of Arizona
Max Settlage, Broadmoor SC 157.81
5 Jessica Calalang, DuPage FSC
Zack Sidhu, Las Vegas FSC 156.77
6 Erika Smith, SC of New York
AJ Reiss, Los Angeles FSC 152.18
7 Jessica Pfund, Southwest Florida FSC
Joshua Santillan, All Year FSC 133.79
8 Brianna de la Mora, Texas Gulf Coast FSC
Maxim Kurdukov, Texas Gulf Coast FSC 130.09
9 Alexandria Shaughnessy, SC of Boston
James Morgan, SC of Boston 129.50
10 Cali Fujimoto, Peninsula SC
Nicholas Barsi-Rhyne, Southwest Florida FSC 128.39
11 Caitlin Fields, Indiana World Sk Acad FSC
Ernie Utah Stevens, Indiana World Sk Acad FSC 117.39
12 Elizaveta Usmantseva, Los Angeles FSC
Matej Silecky, SC of New York 105.30
13 Alyssa McDougal, Birmingham FSC
Paul Schatz, Southwest Florida FSC 95.04

スミス&ライス
背中にヘビ、演技前に口にチッスした。ラブいのかな?スミスさんは体のラインがとても美しくて、ポージングがすごく映えます。リフトの着氷姿勢であったり、コレオシークエンスであったり。リバースラッソーすげえ。空中で横向きになって足掴んでキャリー。トップ選手でもなかなかできないかも。ライスさんはさすらいのパートナー巡りやってた方だけど、やっと合う子が見つかったんだなあ。ダヴィドヴィッチさんともやっていて、彼女は上手い方だったけど、上手けりゃいいってもんではなく、相性の良さが必要なのだとつくづく。キスクラでもめっちゃチッスするじゃん。

snake.jpg

カラシ組
ソロジャンプの失敗とスピン離れすぎ以外はエレメンツの質がよかったです。スターリフトのキャリーから回転に戻ったときのポジションを、もうちょっと長く見せて欲しかった。ポジションキープが辛そうだけどきれいだから。スローはこのペアめちゃ上手いから後半でも全然問題ありません。

ファンド&サンティラン
ソロジャンプを両方成功させました。SPで3Sも降りましたし、この2人はソロジャンプ得意なんですね。バックワードラッソーは上げただけで回転ができずノーレベルになってしまいました。アクセルラッソーはポジションが確定できなかったかなあ・・・レベル1になりました。スターリフトは途中で降ろしてしまった。スピンは途中で足をつきました。うおおお・・・・めちゃ尺余り。パフォーマンスとインタープリテーションで3点台の評価をしているジャッジもいました。でもしょうがない。ここまで演技が崩壊すると。どのエレメンツも力で上げているから失敗するし、スタミナが切れて力が使えないと、さらに失敗するという悪いループにハマりました。

マックス・アーロン
ツイストレベルBじゃない!けどジャンプエレメンツ4本全滅でした。スローループは着氷して、次のうごk・・・・・ああという転倒。もったいない。リフトでは1つもレベル4がないという結構ヤバい感じ。コレオシークエンスは本来なら表情でも魅せて欲しいところなんですけど、アーロンの表情が強張ってる。うーーーん。残念だった。けど悲壮感はそんなにない。

カストラ
3S降りたのに!!!3Tで2人とも失敗でスローサルコウで珍しく転倒。3Tはさておきスローサルコウは降りておきたかったなあ、後半の印象としても。その転倒のせいで演技が走ってしまって、キャステリよりもトランの方がガチャガチャしていたと思います。リフトもスケーティングも素晴らしいのになあ。今言えることは「キャステリ、解散すんなよ」ってことですね。ほんとやめてよー。まだまだこれから上手くなるんですよ。

シメクニ
クワドツイストちょっと抱えたけど落とさずでした。3Sは成功しましたが、3Tで男性が転倒。スロールッツでは手をつきました。でもそんなに悪くなかったし、シメカさん表情強くて、自分で戦場行ってスペイン兵串刺しにしそうな勢いがありました。演技後は珍しく笑顔。

ケイオシ
うわああああああああああああああああああああああああああノーミスじゃないけど、スピンがズレまくっていたけど、ジャンプは全部大丈夫だあああああああああああああああああああああああああああ最終滑走できたああああああああああああああああ!!!しかし失敗しなくて見てみると、やはりすさまじいダンスリフトのクドさが。でもいい演技だったからいいや。OMGなキスクラでした。1シーズンに1組だけだといい曲だなあオペラ座の怪人。

goddess.jpg

表彰式あると思ったらなかった。
2016
01.23

全米選手権 7日目 男子SP

よろしくどうぞ。赤平さんの体調が相当悪そうなんですけど、代役は・・・・・。

男子SP
1 Max Aaron, Broadmoor SC 91.83
2 Ross Miner, SC of Boston 90.90
3 Adam Rippon, SC of New York 88.01
4 Nathan Chen, Salt Lake Figure Skating 86.33
5 Timothy Dolensky, Atlanta FSC 80.01
6 Grant Hochstein, SC of New York 79.26
7 Alexander Johnson, Broadmoor SC 73.69
8 Vincent Zhou, Broadmoor SC 68.10
9 Sean Rabbitt, Glacier Falls FSC 66.71
10 Shotaro Omori, Los Angeles FSC 63.82
11 Emmanuel Savary, University of Delaware FSC 62.96
12 Scott Dyer, All Year FSC 59.67
13 Daniel Kulenkamp, Coyotes SC of Arizona 56.97
14 Sebastien Payannet, Rocky Mountain FSC 56.10
15 Jimmy Ma, Ice House Of New Jersey FSC 51.95
16 Robert Przepioski, Rochester FSC 49.38
17 Eric Stinehart, Skokie Valley SC 49.11
18 Curran Oi, Yale FSC 48.66
19 Ben Jalovick, University of Delaware FSC 48.16

ジョンソン
3A shaky 3F-3T 3Lz fall
あああああああああああああああああああジョンソンが3-3降りた。でも3Lzでコケた。ジョンソンは短髪似合わない of the manだから、早く伸びますように。動きはぬるぬるしていて非常によかったです。赤平さん、キスクラにいるのはディーンではありません。ディーンはもっとギラついたおじさんです。

ネイサン
4S ot 4T-3T 3A hd
どうして衣装変えたんです?サイズ合わなくなりました?フライングシットスピンにVマークがついてレベル1の評価でした。4回転2回を入れても他のところできちんと取る大切さを改めて思い知る。全米をとるまたとないチャンスで攻めてきて、まずまずの成功を収めました。アルトゥニアンのヒゲに言及する赤平さん。

ホックスタイン
4T fall 3A 3Lz-2T
イーグル3Aきれいだー。ホックスタインさんがこんなのできるようになるとは。今日は滑りがびゅんびゅんきて、調子がよさそうでした。転倒があってもPCSで稼げるようになったのは強い。去年までだとこんなにもらえなかったですもん。

ヴィンセント
3A 4S 3Lz tano-3T
4Sダウングレード・・・・・クリムキンイーグルからの3-3はおk。めっちゃがんばったのにTESがダダ下がりという。PCS評価もかなりシビア。

マイナー
3F 3A 3Lz-3T
わああああああああああああああああああああああああああああ3Lz-3Tちょっと怖かったけどYATTAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA!!!アクセルからステップに移るところすげえ自然ですげえよかった。全部よかったぜ。今日は演技の中盤あたりにはすでに顔が真っ赤っかになっていたので、超いい演技だったってことですね。スーパー真っ赤っか伝説ここに打ち立てる。まっかっか!まっかっか!まっかっか!

ベルアゴ、サーシャ
サーシャ胸入れすぎ。
ライサ
殿堂入りのみなさん。自分が見始めたときに活躍していた選手は特別感あります。

繰り上がりで出場してきたエリック・スタインハートさんは、昔ジェレミー・アボットさんのTreatの衣装を真似て滑っておりまして、ブログでネタにしたことがありました。んでもってご丁寧に「ジェレミーに真似していい?って聞いたんだよ!」とコメントをしてきてくれた、ものすごーーーーーくいい子だから応援しています。

ラビット
3F-3T 3A fall 3Lz
アクセルはアンダーローテーションに。ルッツはアテンション。見やすいところにカメラがありましたが、たしかにフラットでした。昨シーズンと同じプログラムだけれど、ステップめちゃよくなっていると思います。もっと上体だけで力強いだけだったのに、全体でグオオオオオオオオオオっと雰囲気出せるようになっていました。

ドレンスキー
3A shaky 3F-3T 3Lz shaky
変な軸の3A降りた!変な軸の3F降りた!変な軸の3Lz降りた!なんだったらちょっと加点をもらっている。スケカナで見たときよりよく滑っていました。ドレンスキーの滑りには表情が乏しい的なことを書いたことがあるんですけど、今日はなんかよかった気がします。ほら、なんかいいじゃんって時あるじゃないですか。スピン相変わらずすごひ。

kougakureki.jpg
カレン・オイさんとマシュー・サボイさん(にっぽん)

ダイアー
3A 3Lz-2T 3F
全部降りたと思ったら3Aダウングレード、3Fでeマークとアンダーローテーションで点数がほとんどなくなってしもうた。ゴールドと一緒に練習しているだけあって、色気のないタンゴでした。エルセグンドでは色気は無理なのか?いや、でもテンくんは大丈夫ですが。

オオモリ
3A shaky 3F-3T 3Lz shaky
ジャンプの回転は大丈夫だったのにレベルが全然とれていない・・・。日本のDNA出すところは3Aにして、スピン苦手なところまで一緒にならないでおくんなまし・・・。

abbottjanaiyo.jpg

プルゼピオスキーさんへの指摘がキツすぎて怖いです杉田さん。

アーロン
4S-3T 3A 3Lz
ジャンプは全てきれいに入りました。特に4S-3Tは完璧でした。文句のつけようのない演技でした。スケアメの方がビャアアアアアアアアアアって感じはあったけど。すごく安定してきました。この安定感というのがなかったんですよね。飲み会におけるだし巻き卵の安定感かもしれないですね今シーズンは。TESでマイナーさんをまくりました。

りっぽんぽん
3Lz-3T so 3A 3F
3Lzの軸が乱れてもなんとかまとめたんですけど・・・・・うーーーーーーーん。ジャンプが降りられないのは仕方ないとしても、それ以外の箇所がいつものりっぽんじゃない。せかせかと先走って音楽の表現ができていない。でも点数は悪くない。これはアボットくんが全米のSPでそれなりにまとめてLPで落ちるという、2011年や2015年のパターンがありそうで怖い。怖い怖い怖い。緊張を捨て去るのだ。男子の中で1番心配だ。黒髪にすると髪の少なさが目立つから止めた方がいいっぽん。

結局上位4名は超順当に入りました。PCSはマイナー>りっぽんぽん>アーロン>ネイサンでした。マイナーりっぽんのPCSの順位はLPの演技次第で変わりそうですが、りっぽんが今日のような滑りをすると、さらに下がる可能性も。全米男子楽しい!けど寂しい・・・・・うっ・・・・ううう・・・・・JとかJとかJがいないの寂しい。
back-to-top