FC2ブログ
2020
12.28

全日本選手権 3日目 アイスダンスリザルト・女子リザルト

アイスダンスFD
1 小松原美里 / 小松原尊 倉敷FSC / 倉敷FSC 103.49
2 平山姫里有 / 立野在 倉敷FSC / 倉敷FSC 86.79
3 村元哉中 / 髙橋大輔 関西大学KFSC / 関西大学KFSC 84.03
4 深瀬理香子 / 張睿中オリバー 大東文化大学 / カナダ 83.16
5 矢島榛乃 / 池田喜充 ムサシノFSクラブ / 日本大学 70.98

アイスダンスリザルト
1 小松原美里 / 小松原尊 倉敷FSC / 倉敷FSC 175.23
2 村元哉中 / 髙橋大輔 関西大学KFSC / 関西大学KFSC 151.86
3 深瀬理香子 / 張睿中オリバー 大東文化大学 / カナダ 145.18
4 平山姫里有 / 立野在 倉敷FSC / 倉敷FSC 143.40
5 矢島榛乃 / 池田喜充 ムサシノFSクラブ / 日本大学 118.87

ココは男性が陽の表現、女性が陰の表現を担当しているのか、パートによって男女それぞれに見どころが入れ替わるのがいいなと思います。ミッドラインステップでの男性の思い切りのよさが、一層増していましたし、痛みにもだえながらも夫の行く末を案ずる妻の感情表現も最後は感じ取れました。あとは滑りだな!

かなだいは表現面ではNHK杯よかったですが、ステーショナリーリフトとダイアゴナルステップとツイズルで男性がバランスを崩して、ミスの目立つ演技となりました。りかえいはワンフットステップで女性が転倒してから、2人の動きがバラバラになってしまい、最後まで立て直せなかったのが残念。

オリンピックの出場枠は19枠が世界選手権で、5枠がネーベルホルン杯で決められます。ダンスファン以外だと、日本は現実的にオリンピックの出場枠は獲れるのかが分からないと思います。

マジに考えると当落線上です。日本が有利になるのは、世界選手権で強豪国が上位を独占した場合です。仏露露米米伊加加露米(仏伊2番手は13位以下として)のように、トップ10までが強豪カップルで占められると3枠が露米・2枠が仏伊加だけになるので12枠しか決まりません。実力順に7枠まで当てはめていくと、イギリス・中国・スペイン・ポーランド・ウクライナ・リトアニア・フィンランドあたりまでが決まると思います。残りの5枠をネーベルホルン杯で決めるため、ジョージア・ドイツが確定で、日本・韓国・オーストラリア・チェコ・アルメニア・ハンガリーぐらいで残る3枠を争う展開。実力を出し切れば6割いけるんじゃないかなーと思います。

日本が不利になるのは、今伸び盛りのイギリスのフィアギブや中国のワンリウが2枠を獲るパターンです。仮にどちらもトップ10に入ると、勝たないといけない国が2つ増えます。おそらくアリソン・リードの国籍取得ができないので、リトアニアの出場枠返上の可能性もありますが、それがあってもかなり厳しいです。

これまで日本はギリギリのところでオリンピックの出場権を手にしてきました。でもそれは当たり前のことではないのです。出場枠を獲得できるように応援しましょう。もちろん外国の選手も同じように応援していきます。

女子LP
1 紀平梨花 トヨタ自動車 154.90
2 坂本花織 シスメックス 150.31
3 宮原知子 関西大学・木下グルーフ゜ 143.27
4 松生理乃 中京大中京高校 139.17
5 河辺愛菜 木下アカデミー 136.88
6 横井ゆは菜 中京大学 134.39
7 三原舞依 シスメックス 134.10
8 樋口新葉 明治大学/ノエビア 133.51
9 白岩優奈 関西大学 126.43
10 住吉りをん 駒場学園高校 123.46
11 新田谷凜 中京大学 122.32
12 川畑和愛 早稲田大学 121.62
13 山下真瑚 中京大中京高校 118.28
14 鈴木なつ Mエイトクラブ 110.20
15 吉岡詩果 植草学園大学附属高校 106.82
16 竹野比奈 福岡大学 106.02
17 吉田陽菜 木下アカデミー 104.99
18 千葉百音 仙台FSC 103.77
19 本郷理華 中京大学 101.80
20 松原星 明治大学 99.21
21 青木祐奈 日本大学 98.27
22 廣谷帆香 岩手大学 94.31
23 浦松千聖 中京大中京高校 93.31
24 永井優香 早稲田大学 87.95

女子リザルト
1. 紀平梨花 トヨタ自動車 234.24
2. 坂本花織 シスメックス 222.17
3. 宮原知子 関西大学・木下グルーフ゜ 209.75
4. 松生理乃 中京大中京高校 204.74
5. 三原舞依 シスメックス 203.65
6. 河辺愛菜 木下アカデミー 201.58
7. 樋口新葉 明治大学/ノエビア 195.04
8. 横井ゆは菜 中京大学 194.22
9. 白岩優奈 関西大学 190.39
10. 新田谷凜 中京大学 189.48
11. 川畑和愛 早稲田大学 186.18
12. 住吉りをん 駒場学園高校 186.08
13. 山下真瑚 中京大中京高校 185.56
14. 鈴木なつ Mエイトクラブ 170.13
15. 吉岡詩果 植草学園大学附属高校 168.82
16. 吉田陽菜 木下アカデミー 163.78
17. 竹野比奈 福岡大学 163.06
18. 本郷理華 中京大学 160.85
19. 青木祐奈 日本大学 158.24
20. 千葉百音 仙台FSC 158.22
21. 松原星 明治大学 155.46
22. 廣谷帆香 岩手大学 149.58
23. 浦松千聖 中京大中京高校 148.36
24. 永井優香 早稲田大学 146.94

千葉
3Lz fall 3S 2A 3Lz so 3F-2T-2Lo 3F-2T 3Lo
3Lzでは両方ミスが出てしまったものの、後半ジャンプを成功させてノっていきました。ハッピーエンドに向けて、笑顔で伸び伸びと滑っていました。悔しさはあるかもしれないけれど、巴里のアメリカ人のストーリーを演じようとしているのは見えてきました。衣装はひよこだけど。

浦松
3F-3T so 3Lz-2T 1A 1Lz 3F 3Lo 1A-2T-2Lo
笑顔からシリアスな表情への転換がよかった。なびく前髪が切なさの表現につながっています。パッツンなのは意識してのことなのだろうか。レイバックスピンは3連続きれいに決まった後だと、もっと映えるんだろうなあ。

廣谷
3Lz-2T 3Lz 3S 3T-2T 2A-1Eu-2S 3T fall 2A
冒頭にトレードマークの3Lz2本決めました。特に単独ジャンプの方は素晴らしかったです。PCSが伸びなかったのは跳んで滑ってという風になってしまったのが理由でしょうね。トランジションやインタープリテーションの評価が伸び悩みました。

松原
3Lz 3F fall 2A-2T-2T 3Lo fall 3S-3T 3S so 2A-3T
3Loでの転倒後のコレオシークエンスの動きが悪くなりました。ステップシークエンスでは立て直せたのか、冷静に音楽と調和して演じられていたと思います。2本連続での3S-3Tが入らなかったので、2Aでの即座のリカバリーはナイス膝でした。

竹野
3Lz-2T 1F 2A-3T 2Lz 3S 2A-1Eu-2S 3T
入らないジャンプもありましたが、スピンのポジションひとつひとつに感情を乗せて、素敵に演じてくれました。近年のロミジュリは別々の作品から混ぜたプログラムばかりなので、シンプルなロミジュリの方が新鮮です。

吉田
1A 3Lz-3T 3S 3Lo shaky 3F-2T-2Lo 2A 3Lz-3T
3Aは1回転になりました。2Aが単独ジャンプになったので、最後の最後にリカバリーして失点は最小限に抑えられました。スローパートはいい感じに思うんですけど、3F-2T-2Loからテンポが速くなっても、上体の振付が速くなるだけで、表現の雰囲気はそんなに変わっておらず、音にも合わせられていません。ツィゴイネルワイゼンは難しいです。選手と振付師、双方の力量がモロに出てしまうのです。

永井
1Lz 2A-2T 3S 3T 3Lz hd 1Lo A-1T
最後の3連続をワルツジャンプにスルーするなど、いい出来だったとは言えないですが、引退の年まで演技を楽しませてもらいました。ありがとう!あなたは美しい。泣かせようとして、何の中身もない日テレみたいな実況しないでください。

本郷
2A-3T fall 3Lz 3F-2T 3S-2T-2Lo 3F 3S 2A
エッジエラーや回転不足はありますが、コレオシークエンスめっちゃかっこよかった!!!魅せる演技でした。自分の満足のいくところまでとことん突き詰めてほしい。

ゆは菜
2A 3Lo 3Lz 3F 3Lz-2T 2A-3T 3S-3T-2Lo
演技前半は緊張が見えましたが、高さのある3Fから急にギアが入りました。演技が進むほどジャンプが高くなって、体重がエッジに乗せられるようになる謎の女。さすが我らがアネキ。ロシア男子にお歳暮で体力を分けてあげてください。

鈴木
2Lz 3S-3T 3Lo-2T 3S 2A 3Lo 2A-2T-2Lo
3Lzが抜けてしまったぐらいで、ジャンプはまとめてきました。スケーティングが際立ってきれいというわけではないですが、音楽に対応した表現はバッチリできているため、滑りの面での弱点をカバーできています。自分での選曲とのことで、客観的に持ち味を理解できているのですね。

青木
3Lz-2Lo shaky 2A-1Eu-1F 3F fall 3S 2Lz 2A-2T 1Lo
ジャンプの抜けが目立ちました。中盤ゆったりで、コレオシークエンスは四肢の先まで伸ばしてエネルギッシュに演じていました。振付がミーシャ・ジーだと知って納得。

新葉
3A so 3Lz-3T 3S so 3Lo 2A-3T 2F<< df 3Lz-2T-2Lo
3Aは回転さえ足りていれば、ステップアウトでも2Aより美味しいです。3Sさんとは仲良くできないなあ……。ノーミスなら150点届くか?というところまで出せる力はあります。うううううううもどかしい。

吉岡
3Lz-2T 3Lo fall 2A-3T 3F 3Lz fall 3Lo-2T 2A
3Lz-3Tの予定がセカンドが2回転に。3Fなど高さが出たいいジャンプもありました。終盤では希望に満ちた明るい表情で演技していました。転倒2回だけど、それほど悪い出来には感じなかったです。

住吉
3F-3T 3Lz fall 2A 3Lo 3F-2T 2A-3T-2T 3S
ギュンギュン回るレイバックスピンから軽快なコレオシークエンス。ああ、リンクが石畳に見える。コロたんがなければ世界ジュニア選手権に出られたかもしれない演技なのにいいいいいい。キーーーーーーーッ!5項目同じような点数が並びました。

白岩
3Lz-3T 3F 3S 2A 3Lz-2T 2A-3T shaky 3Lo fall
終盤のジャンプに乱れが生じたものの、レベルの取りこぼしがほとんどなく、いい出来でした。特に、シリアスな曲調にマッチしたステップシークエンスでのシャープな滑りが印象的です。シニアの演技になったなーとしみじみ思いました。

川畑
3Lz shaky 3Lo 2A-3T df 3F 2A-2T-2Lo 3Lz-2T 3S
2ミスで止めた!前半だけでミスの連鎖を断ち切った!ステップシークエンスは写真に残せるぐらい姿勢をカチッカチッとしっかり決めて、曲想を表現していきます。どこぞの民族が踊っているようです。コレオシークエンスは端の方のカメラから撮影されているから、よさが伝わりにくかった。ロングバリアの中央から映すとリンキングフットワークの素晴らしさが伝わるのに。キーーーーーーーッ!

河辺
3A fall 3Lz-3T 3Lo 3Lz-2T 2A-3T-2T 3F 3S
3Aの転倒にも動じず、残る6本のジャンプは予定通りに着氷です。これ見よがしにイーグル連発して、気持ちのいいドヤっぷりを見せてくれました。いいよいいよー!フィニッシュの方向を間違えて、しっかりと笑いも届けてくれました。これはエンターテイナーですわ。

松生
3F 2A 3Lo 2A 3F-3T 3Lz-2T 3S-3T-2T
白いリンクに蛍光ピンク衣装。テレビ画面から浮いてナチュラル3D演技になりました。なんてストレスのない滑りなのでしょうか。3Sで回転不足になって流れが止まりかけたのに、コンボ繋げて見事な作品として仕上げてくれました。美穂子先生のゴージャスな黒コート&ネイルも見せられる穴あきグローブ!!!!!見たかロシア人!美穂子の方がファッション強いぞ!!!!!!!

宮原
3Lz-3T 2A 3Lo 3S 3F-2T-2Lo shaky 3Lz 2A-3T fall
回転不足や転倒はあるものの、彼女らしい演技ができたと思います。一歩の伸びや移動距離だと坂本、新葉、紀平には敵いません。それでも彼女が高い評価を得ているのは、スケーティングの緩急であったり、見せられるもののバリエーション、隙や無駄な動きのなさだと思うんですよね。転倒がなければ、それがもっと発揮されていたはずです。ステップシークエンスは満点だそうですが、僕は彼女ならもっとできると思います。ここはあえてもっともっとを期待します。初戦おつ!

新田谷
3F fall 3Lo 3S 2A 2Lz 3Lz-3T 2A-3T-2T
転倒からスタートし、3Lzが抜けてしまったときはどうなることかと思いましたが、彼女は昔から終盤リカバリーのカリスマだったんでした。ジャンプを決めないと中だるみしているように見えるので、次は全部予定通りによろ!

山下
2A 3Lz-3T fall 2A 3F so 3Lz-3T-2T 3Lo so 3S
表彰台を狙える点差でしたが、ジャンプのミスが3つあります。調子がよさそうだし、ジャンプの高さも出ていたのに。背伸びしすぎない背伸びした恋のプログラムいいですよね。

三原
3Lz-3T 2A 3F 3S 2A-3T 2Lz-2T-2Lo 3Lo
3Fの踏み切りエッジしかレビューにかけるものがないという。いくらトランジションを減らしたプログラムとはいえ、ここまで安定しているというのは信じられません。表彰台返り咲きおめでとう!!!と思ったけれど、PCSが伸びなかったです。松生や新葉のスケーティングやトランジションと比べられてしまったのか……いやでも、後半3項目はもっと高くていい気も。僕の中でもヒャッハー人格と冷静人格がせめぎ合っています。

坂本
2A 3F-3T 3Lz 3S 2A-3T shaky-2T 3F-2T 3Lo
NHK杯と比べると緊張感のある演技でした。前半のジャンプは見事でした。3連続の真ん中や3Loは完璧な質ではありませんが、プラスを受けられる質でした。2Aの幅3.46mすげえ。男子の3Aかよ。コレオシークエンスでは、今回もジャッジが体をのけぞらせていました。コレオシークエンスは世界最高です。

紀平
4S 3A 3F-1Eu-3S 3Lo 2A-3T 3F-3T 2A
4S降りて思わず立ち上がって、そのままずっと観ちゃった。昨晩散々4回転を観たのに、日本人が成功させるとなると違った感動を覚えます。今シーズン初の試合で最終滑走でこの演技なんて漫画やんけ。3Aと3Lzを増やせるので、これでもフル構成ではありません。ピアノだけで4分間完璧に滑りこなしているとはまだ言えないと思うので、あとは滑り込み!

毎年日曜日の競技が終わったら宮根氏になるのつれえ。がんばれミタパンがんばれミタパン!

世界選手権代表
男子シングル:羽生結弦、宇野昌磨、鍵山優真
補欠:田中刑事、友野一希、佐藤駿
女子シングル:紀平梨花、坂本花織、宮原知子
補欠:松生理乃(ミニマム未獲得)、樋口新葉、三原舞依
ペア:三浦璃来&木原龍一
アイスダンス:小松原美里&小松原尊
補欠:村元哉中&髙橋大輔(ミニマム未獲得)

新人賞
男子シングル:三浦佳生
女子シングル:松生理乃

代表がんばれ!コロナ消えろ!
2020
12.26

全日本選手権 2日目 アイスダンスRD・男子リザルト

アイスダンスRD
1 小松原美里 / 小松原尊 倉敷FSC / 倉敷FSC 71.74
2 村元哉中 / 髙橋大輔 関西大学KFSC / 関西大学KFSC 67.83
3 深瀬理香子 / 張睿中オリバー 大東文化大学 / カナダ 62.02
4 平山姫里有 / 立野在 倉敷FSC / 倉敷FSC 56.61
5 矢島榛乃 / 池田喜充 ムサシノFSクラブ / 日本大学 47.89

帰宅時には3番滑走が始まっていました。どうにかココとかなだいは観られました。ココはほぼほぼレベルが取れていました。パターンダンスレベルは結構なサプライズ。特に男性が生き生きと踊る姿が印象的でした。

かなだいはNHK杯とは別人でした。女性が公式練習で左膝を負傷したとのことですが、それを感じさせない演技でした。動きが格段に大きくなっていて、アイスダンスの演技らしくなっていましたから。NHK杯ではミッドラインステップが終わると、エレメンツをこなすことに終始していたのに、今回は楽しんで滑っているようにも見えました。男性のシャツなかなか似合っていました。僕はイエローパンツよりもイエローシャツ派です。

男子LP
1 羽生結弦 ANA 215.83
2 宇野昌磨 トヨタ自動車 190.59
3 鍵山優真 星槎国際横浜 180.19
4 田中刑事 倉敷FSC 155.22
5 三浦佳生 KOSE新横浜プリンスFSC 153.65
6 佐藤駿 フジ・コーポレーション 153.21 79.85
7 島田高志郎 木下グループ 149.06
8 友野一希 同志社大学 141.44
9 山本草太 中京大学 134.74
10 三宅星南 関西大学 134.44
11 日野龍樹 中京大学 132.34
12 森口澄士 木下アカデミー 129.92
13 本田ルーカス剛史 木下アカデミー 126.51
14 須本光希 関西大学 126.22
15 中野紘輔 飯塚フィギュアクラブ 120.59
16 中村俊介 木下アカデミー 120.04
17 大島光翔 埼玉アイスアリーナFC 116.11
18 櫛田一樹 関西学院大学 113.58
19 木科雄登 関西大学 112.92
20 長谷川一輝 東京理科大学 111.65
21 小林建斗 法政大学 111.53
22 本田太一 関西大学 110.01
23 小林諒真 法政大学 105.03
24 國方勇樹 日本大学 99.21

男子リザルト
1. 羽生結弦 ANA 319.36
2. 宇野昌磨 トヨタ自動車 284.81
3. 鍵山優真 星槎国際横浜 278.79
4. 田中刑事 倉敷FSC 238.83
5. 佐藤駿 フジ・コーポレーション 236.52
6. 友野一希 同志社大学 223.16
7. 三浦佳生 KOSE新横浜プリンスFSC 221.26
8. 島田高志郎 木下グループ 220.94
9. 山本草太 中京大学 217.34
10. 三宅星南 関西大学 213.53
11. 日野龍樹 中京大学 202.13
12. 森口澄士 木下アカデミー 196.10
13. 本田ルーカス剛史 木下アカデミー 194.03
14. 須本光希 関西大学 193.37
15. 中野紘輔 飯塚フィギュアクラブ 187.06
16. 櫛田一樹 関西学院大学 184.81
17. 中村俊介 木下アカデミー 184.01
18. 大島光翔 埼玉アイスアリーナFC 178.45
19. 本田太一 関西大学 177.87
20. 長谷川一輝 東京理科大学 175.24
21. 木科雄登 関西大学 174.30
22. 小林建斗 法政大学 172.41
23. 小林諒真 法政大学 168.94
24. 國方勇樹 日本大学 159.29

國方
3A so 3Lz-2T so 3F 3Lo fall 2A-1Eu-3S 3Lo-2T 1Lz
冒頭の大技が上手く入りませんでした。3Lz-3Tも予定していたのですけどね。つま先をトントンする振付がオサレでした。男らしいけど気品を感じる演技。

小林建斗
3Lz 3Lo fall 3F+2A 3S 2F 3T-2T 3S-1Eu-2S
3Lz高かったー!高くていいジャンプたくさんあったのですけれど、全部は決まらなかった。最後の全日本を噛み締めるように滑っていました。

木科
3A-3T 2F 1A 2Lz 3Lo shaky 3Lo-2T 2A shaky-1Eu-2S
3A-3Tはきれいでした!あとはめっちゃ抜けました……。

大島
3A so 4Lz fall 3A ot-2T 3Lz 3F-1Eu-2S 3Lz-2T 1Lo
2本目のジャンプが4Lzだと気がつかず、3Lzを3本入れたと思っていました。後半バテバテだったけれど、シニアに揉まれるのも経験ですね。

長谷川
2A 2Lo 3Lz 2A-2T-2Lo 3F-3T 2S 2Lz-2T
昨日は松生が最初に転倒していました。長谷川はつまづいていましたが、滑りがきれいな選手が引っかかりやすい氷なの?ステップシークエンスでの余韻の残し方が素敵でした。彼は結構やる男だね。上手いねえ。

小林諒真
4T df 2A 3Lz-2T 3S 3Lz-3T 2F<< 1A<< df
両足着氷&回転不足になったものの4Tに挑んできました。ジャンプは上手くいなかったですが、コレオシークエンスはとてもよかったです。ロングバリアの反対側からジャッジ席の方向を駆けていく振付は、アイスダンスのコレオステップみたいでいいですね。吉野晃平さんの振付らしいです。吉野晃平さんなかなか僕のツボ突いてくるじゃないですか。ラストイヤーに気持ちのいい滑りを見せてくれました。

中村
3A-3T 4T fall 3A hd 3F 2Lo 3S-3T 3Lz
4Tの前に引っかかってしまったので、ジャンプを跳び直しましたが、Tはボックスを占めず、3Lzまでカウントされたみたいですね。4Tのトランジション扱いしてもらえたっぽいです。彼もお疲れモードでしたが、コンボのリカバリー等最後までがんばりました。これから伸びそうなので注視しておくとします。

森口
3A fall 3A-2T 3Lo 2A-1Eu-3S 3Lz-3T 3Lz 3F
シルクドゥソレイユメドレー。めっちゃ緑衣装。焼肉セットの肉の下に敷いてある緑の飾り(バランじゃないやつ)の色してる。3Lzを後半に連続で入れているということは、相当自信があるということですよね。ペアのソロジャンプで3Lzに期待してOK?

中野
4T 3A so 3Lz 3Lz-1T 3Lo-2T 3F-2T 3S fall
4T初成功きたあああああああああああああああああああああああああああああああああガッツポーズううううううううううううううううううううううううううめっちゃバテてたああああああああああああああああけど4Tおめでとう!!!

須本
3A fall 3F 3Lo 2A 2A-1Eu-3S 3Lz-3T 3F fall
ただの助走だけでも美しい。ミッションの曲に合いまくってます。ザーーーーーーーっと落ちる大瀑布が瞼の裏に浮かんできます。スケーティングスキル7.50でいいじゃん。

ルーカス
3A fall 2A 2Lo 3F 3Lz-3T 2A-1Eu-2S 3Lz-2T
股関節の痛みがあり調整不足だったということで、ジャンプだけでなく滑りにまで悪影響が出ていました。ルーカスのスケーティング早く戻っておいで。

三浦
4T 2S 4S 3A 4T-2T 2A-1Eu-3S 3F
1本目の4Sが抜けてしまったので、3F-2Tを4Sに変更しました。これで後半のジャンプが抜けてしまうといつもの彼ですが、質のいいジャンプを次々と降りていきました。加点祭り!ステップシークエンスはちょっとおざなりな感じもしますが、この1年での進歩は目を見張るものがありました。数か月でまた上手くなるのでしょうね。

太一
3A fall 3F-3T 3Lo 2A-1Eu-3S 2Lz 3F 2A
少しミスはありますが、彼なりの演技は見せられたのではないかと思います。とても晴れやかな表情をしていました。有名な妹たちがいて注目を浴びることが多かったですが、そんな状況からおさらばして、新しい世界での人生を楽しんでほしいです。よくグレなかったよ。

リュージュ
4T fall 3A-3T 3F 3Lo 3A fall 3Lz-2T 3Lz-2T
コンボは3本入りましたし、ガッツポーズも出ました。悪くない出来ではなかったと思います。曲がめちゃくちゃ難しいので、僕の頭でプログラムを消化しきれていません。例年よりはキスクラでの表情やバックステージでの話の内容が前向きだったので安心しました。キャリアを「フィギュアスケートここまで続けてよかった」と思える形で終えてほしい。

櫛田
3T shaky 3F 3A 2Lz 3A fall 3Lz fall 3Lo-1Eu-2S
フジテレビから、自宅の風呂に氷を置いて練習という謎の情報が投下されました。気持ちはすごい。なかなかの遭難ぶりですが、これだけ失敗しても最後まで集中を切らさずに雄大な滑りで、ミッションの曲の持つ世界観を壊さないでいたのは大したプロ根性です。全員アマチュアスケーターだけどプロ根性。

島田
4S 4T fall 3Lo 3A shaky 3A-1Eu-2S 3Lz-3T 3F-2T
フライングコンビネーションスピンの出の頭の動かし方がめっちゃランビエール。このディズニープリンス風衣装だとボーカル入りでもいいかなーと思っちゃいます。今日の4Sを毎回決めてください!

三宅
4S fall 3A-2T 1A-1Eu-2S 3Lz 3Lz-2T 3F 3Lo
おおおおおおおおおおお踏みとどまったあああああああ。ミスが連鎖しませんでした。年末の8時台という最高の時間帯に、耽美な衣装での演技を観てもらえたの大きい。三宅星南を検索する人たくさんいるはず。覚えてもらいましょう。

このグループの真ん中でシェイちゃんのお手紙が読まれる。こういった、選手にヘイトが向くような番組構成はやめなさい。

友野
4T so 2S 4S-2T 3Lz 3A-1Eu-3S so 3A fall 3F-2T
最後までコンボ入れて点数取りにきたんですけどね。昨年の演技が素晴らしかっただけに、あれを超える演技を期待しまくっていました。

草太
4S 4T fall 3A hd-2T 3Lz-3T hd 3A so 3Lo so 3F df-1Eu-3S fall
おおおおお……これは……おおおおお……。

駿
3Lz so 4T hd 4T-3T 3A-2T 3A df 3F-1Eu-3S 3Lo
プログラムをロミジュリに戻しました。緊張からか4Lzが3回転に。構成を変更し、ジャンプの繰り返し違反に対応し、無事にTESを確保しました。緊張が演技全体に亘って出ていたので、PCSも伸ばしづらかったですかね。

デカ
4S hd 4S-2T 3A 3F 3Lz 3A so 3Lo shaky
ついに4回転が入りました。今の状態で入れられるものなのですね。でもそのプラスを帳消しにしてしまうコンボ1つ。3Sと3Tがないわけですから、基礎点だけで約10点なくなってしまいます。大技で体力が削られてしまったのも大きいのですかね。

昌磨
4S 4F 3T 3A 4T 4T hd-1T 3A-1Eu-3F
4Tが3Tに抜けたので、いつもなら3S-3Tを跳ぶところを4Tに変更しました。こういうことする選手ですけど、シーズン初戦なんだから守っても何の問題もないのに。すごいという感想を飛び越えて、僕は笑ってしまいました。楽しませてくれるぜ。

鍵山
4S 4T so 3F 4T-3T 3A so-1Eu-2S 3Lz-3Lo 3A
衣装見慣れてきて、渋い趣味した赤ちゃんのロンパースだと思えば気にならなくなりました。4Sと4T-3Tは膝を使ってふんわり着氷。膝がパンケーキでできてるのか?後半のトランジションは、何を演じているのかが見えにくいです。こういったところはまだジュニア上がりです。まだ若いので、いくらでも上達します。フィニッシュの表情が、段ボール抱えて踏ん張って腰痛めたおじさんみたいで好き。

羽生
4Lo 4S 3A-2T 3Lo 4T-3T 4T-1Eu-3S 3A
4Loは、うわっ……いくかっ……あっ……助走ががああああああああ降りたわ。こんな感じ。4Sは空中姿勢の時点で完璧な着氷ができると分かりました。ほんと危なげがなかったです。Hope&Legacyが水の演技だとすると、これは風の演技ですね。秋に河原に茂るススキを撫でる風、冬の雪原を吹き抜ける北風、命を慈しむような春一番。羽生自身のスケーティングが風になって、空間を埋めていく。ひやーーーーーすごかった。プー様に「じゃあお前ソーシャルディスタンスとっとけ」はワロタ。

トップ3すごかった。世界選手権開催されたら暴れてきてください。

はい次はロシア!
2020
12.25

全日本選手権 1日目 女子SP

女子SP
1 Q 紀平梨花 トヨタ自動車 79.34
2 Q 坂本花織 シスメックス 71.86
3 Q 三原舞依 シスメックス 69.55
4 Q 山下真瑚 中京大中京高校 67.28
5 Q 新田谷凜 中京大学 67.16
6 Q 宮原知子 関西大学・木下グループ 66.48
7 Q 松生理乃 中京大中京高校 65.57
8 Q 河辺愛菜 木下アカデミー 64.70
9 Q 川畑和愛 早稲田大学 64.56
10 Q 白岩優奈 関西大学 63.96
11 Q 住吉りをん 駒場学園高校 62.62
12 Q 吉岡詩果 植草学園大学附属高校 62.00
13 Q 樋口新葉 明治大学/ノエビア 61.53
14 Q 青木祐奈 日本大学 59.97
15 Q 鈴木なつ Mエイトクラブ 59.93
16 Q 横井ゆは菜 中京大学 59.83
17 Q 本郷理華 中京大学 59.05
18 Q 永井優香 早稲田大学 58.99
19 Q 吉田陽菜 木下アカデミー 58.79
20 Q 竹野比奈 福岡大学 57.04
21 Q 松原星 明治大学 56.25
22 Q 廣谷帆香 岩手大学 55.27
23 Q 浦松千聖 中京大中京高校 55.05
24 Q 千葉百音 仙台FSC 54.45
25 大矢里佳 明治大学 54.09
26 佐藤伊吹 明治大学 53.71
27 渡辺倫果 青森山田高校 46.18
28 松田悠良 中京大学 44.69
29 滝野莉子 関西大学 43.69
WD 本田真凜 JAL

真凜はめまいの症状が出たらしく、残念ながら棄権となりました。ゆっくり休んで元気になってください。

ゆは菜
3Lz-3T 2A 3F fall
しとやかゆは菜さん。美しい3Lz-3Tと2Aを着氷しました。SPが苦手なのは続いていますね。しかも1番滑走なので点数が伸びにくいです。しかし、1番滑走を引いてしまうあたり、ゆは菜だなーとも思います。

本郷
3T-3T 3F 2A
ブランクがあったのに、よくこの構成まで戻してきましたね。楽しんで滑っているのが演技から伝わってきます。本当に戻ってきてくれてありがとう。胴上げしたいけどソーシャルディスタンスがあるので、念で胴上げしておきますね。

鈴木
3Lo 3S-3T 2A
こんな年末の寒い時期に夏の高原の涼やかさをお届けしてくださったんですか?それぐらい清潔感のある澄んだ演技でした。

住吉
3Lz 3F-3T 2A
曲名の通り、衣装にはバラが施されています。ハーフアップで清楚に決めたのが、このプログラムの持つ温かみを増幅しているように感じます。ジャンプの質はもちろんいいのですが、決して目立ちすぎずに、2分40秒の中に溶け込んでいました。

永井
3T-3T 3Lz 2A
シニアデビューでいきなりGPSの表彰台に立ち、期待をかけられたけれど、なかなかうまくいかなかった。それでも自分のペースでコツコツとキャリアを築き、大学4年生をゴールと位置付けて、最高のゴールを切れるようにトレーニングを積んできた。そんな自分に対しての讃歌のように見えました。本当に美しい。

青木
3Lz-3Lo 2A so 3F
大学生になってもまだ3Lz-3Lo降りられるんですね。すげえ。しかも昨シーズンは左足首の骨折で試合に出られなかったわけですよ。青木もお帰りなさい。都築先生とのキスクラの会話がおじいちゃんと孫みたいで和む。

吉田
3F-3T 3A so 3Lz
ボケーっと見ていたので、アクセルの高さと回転の鋭さに驚きました。トリプルやんけ!演技時間が半分過ぎていたので、入れると思わないじゃないですか。最後のジャンプではないからボーナス対象にもならないし。姿勢ひとつひとつをカチッと決めますね。哉中ちゃん振付ということで、現役アイスダンサーらしい振付だなーと思いました。

松生
3Lz 2A 3F-3T
助走でコケて、慌てて助走し直して3Lzを跳びました。ジャンプの準備動作に入っているわけではないので3Lzは得点に入ります。ジャンプを安心して観られる日本女子ランキング1位。リンクサイドで満知子に笑われながら叩かれてワロタ。

山下
2A 3Lo 3Lz-3T
2A苦手だったのにイーグルから入れるようになっちゃって。3Loも3Lz-3Tもクリーンでした。日本選手は選曲が保守的なので、山下のうるさいボーカル入りのプロは激辛唐辛子になってくれるのでありがたいです。フィニッシュではジャッジに満面の笑みを披露。これは加点ですね。

松原
3Lz shaky 2A 3S-3T
今日も3S-3Tの着氷で膝さんがしっかりお仕事してくれました。社員よりも職場を熟知しているベテランパートのごとく、ドンと構えていてくれる膝さん。

新葉
3A fall 3Lz ot-2T 3F
3Aは半回転足りずに転倒。3Lz-3Tも決まりませんでした。ジャンプの失敗で硬くなってしまったのか、滑りの面でも本領発揮はできていなかったと思います。

吉岡
3Lz-3T 3Lo 2A
回転不足こそありますが、3本ともジャンプを決めてノっていきました。ステップシークエンス中の満面の笑みには加点出したい。

河辺
3A so 3Lz-3T 3F
3Aはステップアウトですが、回転さえ足りていれば結構美味しいです。挑発的な表情や振付を違和感なくこなせるようになり、ジャンプに頼らない演技づくりができるようになりました。氷から上がれば嵐ファンの普通の女子高生。

紀平
3A 3F-3T shaky 3Lz
シーズン初戦でこのクオリティー。3A決めてきました。3Lzはタノが活きていました。その後のターンやなびく髪も含めて炎が燃え上がっているかのように見えました。手足がより細かく動かせるようになって、プログラムの隙間がほんど見当たらないです。この総合力こそが紀平の持ち味です。衣装は……スカートだけでよくないか?インタビューでの語り口がデパートの案内所のお姉さんみたいになっていました。成長期ってすごい。

新田谷
3F-3T 2A 3Lz
3Lzの高さは見事でした。ジュニア時代のジャンプより今の方が迫力があってきれいですね。引退撤回して全盛期迎えるなんてやるやないか。レッドヴァイオリンという音楽に振付を乗せにくい、リズムも一定でない滑りにくい選曲。大人の女子選手がやるべき挑戦です。彼女の競技への精神すべてが素晴らしい。

白岩
3Lz-3T 2A 3Lo
全日本選手権おかえりなさい組。ジャンプは問題なく決めていきました。レベルの取りこぼしは平常運転といえばそうなのですが、勝負の世界ではそうも言っていられないので、レベル獲得がんばれ!

渡辺
3Lz fall 2A 3Lo-2T shaky
バチェロレッテで、他の選手とは異なった路線で演技するのは差別化になってよかったと思います。ジャンプのミスなどで動きが小さくなってしまった印象があります。スピンでもバランスを崩しました。うまく噛み合わなかったかなあ。

坂本
2A 3Lz 3F shaky-2T
2AはNHK杯よりもよかったです。一瞬、無重力になっていました。3Lzも決めましたが、演技冒頭から滑りがもっさりとしていて、いつものような爽快感はなかったです。3Fへの不安を持ったまま演技を始めてしまったのかもしれません。今日のスケーティングで9点台が出ないのは妥当です。グレアム先生、髪の分け方エレガントで素敵ですよ。

三原
3Lz-3T 2A 3F
うぇえええええええええええええい!!!!!超安定しておる。試合に出られることが嬉しかったのだと思いますが、全日本選手権という舞台に戻って、この演技を披露できたのは格別のうれしさがあったのだと思います。

宮原
3Lz-3T 2A 2Lo
3Lz-3Tはファーストが回転不足です。3Loをクリーンに降りていれば2位につけられる点数でした。エキシビションを競技プロにしましたが、競技プロとして魅せるには何かが足りない気がします。本来ならもっとステップシークエンスで滑ってくれると思うのですが、小さな範囲で収まってしまっていたように感じます。ベテランの深みのある表現は感じられましたが、山椒ふりかけてピリッとさせてほしい。

川畑
3Lz-3T 3Lo so 2A
巨大な3Lz-3T決めてくれました。いつもこれください!最終滑走を引いたときは、勝手に彼女のことを心配していたので、まずまずまとめられてよかったです。プレッシャーのない、いい位置ににつけられたと思います。

誰も今の順位が安全なんてことはありません。新葉は13位ではありますが、3位までが8点なので、すべて決まれば逆転表彰台もあります。

はい、ロシアはい!
2020
12.25

全日本選手権 1日目 男子SP

男子SP
1 羽生結弦 ANA 103.53
2 鍵山優真 星槎国際横浜 98.60
3 宇野昌磨 トヨタ自動車 94.22
4 田中刑事 倉敷FSC 83.61
5 佐藤駿 フジ・コーポレーション 83.31
6 山本草太 中京大学 82.60
7 友野一希 同志社大学 81.72
8 三宅星南 関西大学 79.09
9 島田高志郎 木下グループ 71.88
10 櫛田一樹 関西学院大学 71.23
11 日野龍樹 中京大学 69.79
12 本田太一 関西大学 67.86
13 三浦佳生 KOSE新横浜プリンスFSC 67.61
14 本田ルーカス剛史 木下アカデミー 67.52
15 須本光希 関西大学 67.15
16 中野紘輔 飯塚フィギュアクラブ 66.47
17 森口澄士 木下アカデミー 66.18
18 中村俊介 木下アカデミー 63.97
19 小林諒真 法政大学 63.91
20 長谷川一輝 東京理科大学 63.59
21 大島光翔 埼玉アイスアリーナFC 62.34
22 木科雄登 関西大学 61.38
23 小林建斗 法政大学 60.88
24 國方勇樹 日本大学 60.08
25 杉山匠海 就実学園 59.22
26 山隈太一朗 明治大学 57.51
27 山田耕新 SMBC 56.56 27.85
28 唐川常人 日本大学 54.51
29 石塚玲雄 早稲田大学 50.29
30 古家龍磨 九州工業大学 47.09

リュージュ
3F so 3A 3Lz-3T
3Fはステップアウトとなりましたが、ふんわり3Aを決めて後半にコンボ繋げて失点は最小限で抑えられました。オルガン協奏曲という選曲はよかったです。ヒラヒラブラウス着てくれればよかった。絶対に似合う顔をしているのに。

中村
3A 4T fall 3Lz ot-3T
4T導入してきました。今シーズンは世界ジュニア選手権が中止になったので、ここで博打に出てみるのもいいですね。エッジワークはまだ粗いけれど、若いうちは勢いで押し切るのもあり。

三宅
3A 3Lz 3F-3T
あまりにも3Aを軽く跳んだので、2Aにしたんだと思っていました。スローで確認して3Aになってて驚きました。ストレスのまったく感じない素晴らしい実施でした。なめらかな滑りで、清く正しく美しいロミオ様でした。

太一
3A 3T-3T 3F
3Aでガッツポーズ!コンボで突き上げるガッツポーズ!!3Fで強く握りしめるガッツポーズ!!!最後の全日本選手権ということで、絶対に明日も滑ってやる!という強い気持ちが伝わってきました。真凜や望結の兄ということは、みんなのアニキです。アニキがんばれ。

こーしん
3A hd 3Lz 3T-2T
SP通過は難しい点数となりましたが、片手をついてでも3A降りられましたし、3Lzクリーンに降りられました。スピンなどの取りこぼしが響いたのだと思います。10回も全日本選手権に出場して、住友三井バンキングコーポレーションに勤務しながら29歳まで現役を続けられたことは驚異的なことです。彼のキャリアに拍手。

ルーカス
3A fall 3F 3Lz-3T shaky
3Aはズサーと転倒。3Fはきれいでした。後半の3Lz-3Tはシェイキーな着氷ではあるもののまとめました。最後に3Lz-3Tを跳ぶのが定番みたいになっています。全日本ジュニア選手権やNHK杯を経て自信がついたのか、苦悩する表現がこちらに伝わってくるようになりました。結果を残して自信がつくと、たった数週間でも演技が見違えるようによくなるものです。そういう競技です。

櫛田
3A 3Lo 3Lz-3T
ジャンプ3本ともよかった。3Aは気持ちよく決まったし、コンビネーションジャンプは出の流れまで音楽にピッタリ。ステップシークエンスのワンフットで長く滑るところはよくスピードに乗っていました。乗りすぎてスタンブルしてしまったけれど、最終的なGOEは±0で収まりそうな感じ。アメリカ男子が滑ってそうなカントリー調の優しい演技でした。振付素敵だった。吉野晃平さんやるやん!

三浦
4T-2T 4S fall 3A fall
いいコンボが決まったのですが、連続で転倒です。決まっていれば80点は簡単に出せます。SP通過できて安心した様子。普通の中学生だ。

木科
3A fall 1Lz 3Lo-3T
3Aの転倒よりも抜けてしまったのが痛い。3Lo-3Tも失敗していたらえらいことになっていました。ジャンプを決められず乗り切れずに、ステップシークエンスのスケールダウンに繋がりました。失敗しても滑りで魅力アピールしよう!

古家龍磨さんのトランスプロ完全にユーロやんけ!ユーロ中止の分をここで補給や!ありがとう!!!!!!!!!!

長谷川
3Lz-3T 2A 3F
ノーブルな滑りで大変よいでした!横谷花絵さんが古家のトランスプロも長谷川のプロも両方振り付けているという事実に震える。振れ幅すげえ。

中野
3Lz-3T 3A shaky 3Lo
選曲も衣装もロシア人に混ざれそう。今シーズンも現役を続けて、昨年25位でSP落ちを喫したリベンジを果たせましたね。3Lzデカかったなあ。

須本
3A fall 3F-3T 3Lz
3Aは転倒ですが、着実に前進しています。腕を大胆に上げる振付が入っていて、昔の彼なら手旗信号になっていたと思うので、効果的に魅せられるようになったのは彼の努力に他なりません。終盤は足にきていたのか、ややパワーダウン。Feeling beginsの楽曲の持つミステリアスな世界を表現するまでにはあと一歩。

駿
4T 3Lz-3T shaky 3A
3Lz-3Tの着氷ですぐに足をつきました。もったいない失点です。3Aは加点をもらえるジャンプですが着氷が伸びなかったです。悪くないがキレキレというほどでもなく、無難にまとめられたかな?という演技。彼の本調子の演技では、物語の主人公が憑依して、その周囲の登場人物が見えてきますからね。僕は彼がストーリーテラーになれるだけのポテンシャルがある選手だと思っています。

デカ
3S 3A 3F-3T
4Sが3Sになりました。抜けても2回転下にならないのが彼のすごいところ。衣装の袖がパックリ空いているのは換気のためでしょうね。2020年に対応した衣装と言えるでしょう。ステップシークエンスの上体表現と踊りの爆発力は若手選手は見習うべきです。ジャンプ失敗していなかったようにさえ見えてきますから。これで1項目0.25ぐらい平気で変わりますからね。体調のこともあり、できないものはできない。だから魅せられるものを精一杯演じようと考え方を変えられているのかも。

山隈
3F 3Lz fall 3A fall
このプログラムも3年目ですかね。最初は大学生に惹かれていく高校生だったのに、いつの間にか大学生側になりました。転倒2回でコンビネーションがないと点数は伸びません。まさかのSP落ち。

小林諒真
2A 3Lz 3T-3T
ジャンプきっちり決めてきました。中盤のステップシークエンスでは、細かい音に乗せて演じるのが難しそうでした。そこから大きな3T-3Tで爽快に演技をまとめました。華麗な手さばきで悪人をこらしめるゾロそのものですね。エレメンツの順番は大正解だ。

鍵山
4S-2T 4T 3A
ジャンプは3本とも加点です。4Sを回りすぎて危なかったから、セカンドが2回転だったようです。無理に3T跳んでステップアウトしてしまうよりは2Tで加点もらった方がいいですからね。世界選手権の表彰台経験者が使うような曲なので、難易度高いのに滑りこなせているのは大勝利スケーティングがあるから。衣装もうちょっとがんばろう。もっと柄をください。川畑和愛さんみたいな雰囲気でよろ。

小林建斗
3T-3T 2A 3F fall
3T-3Tは兄弟ジャンプでバランスがよく、どちらも高さがありました。+3をもらえると思います。3Fで転倒して、ブレードがフェンスにぶつかり、フェンスの一部が剥がれてしまいました。その後の演技に影響がなくて何より。

羽生
4S shaky 4T-3T 3A
シーズン初戦とは思えない出来でした。もっと試合に出たりコーチと練習をしていれば、さらにシームレスな演技になるはずですけど、出ると決めたからにはきっちり決めてくる男ですわ。ファンがキャーキャー言いたくなるような振付ふんだんに盛り込んでいますね。代わりに僕が文字打っといてあげますね。キヤアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアフォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!歓声浴びてもっとドヤって演技してほしいので、とっととコロナ消滅してください。

草太
4T hd 3A 3Lz-3T
4Tは片手をついて失点は最小限に。3Aは軸が曲がって回転が少し足りなくなりました。2クワドはリスクが高いので、この構成である程度の点数を確保してLPでさらに上位進出を狙う方がいいかもしれません。ステップシークエンスはかっこいいので、あとは助走中心の演技序盤に見どころがあればなーというところ。

昌磨
4F 4T fall 3A
約1年試合に出られなかった結果→4Fの着氷がきれいになった なるほど意味分からん。4Tは転倒でコンボなしに。3Aは変わらず幅跳びで。ミハイル・ナザリチェフさんの雑な投げ方でも昌磨だったら楽々着氷できそう。ステップシークエンス前のお休みとか、ジャンプの助走に時間を使うので、トランジションの評価は低くなりました。こういう構成はジャンプの成否でPCS左右されますね。

島田
4S shaky 3Lz-3T fall 3A
手足長すぎ&顔小さすぎで、とうとう人間離れを始めた島田高志郎さん。4Sは回転しっかり回り切れたのにすぐに足をつきました。もったいない!3Lz-3T降りたと思ったのに転倒!天敵の3Aとは仲良し。ランビエール先生は島田のパフォーマンスをエンジョイしたとキスクラでお話していました。ジャンプミスこそありましたけど、さらに男が上がってかっこよくなった。

友野
4T-3T 4S fall 3A
ほっほっほ、力がみなぎっておるわ。転倒こそありますが、自信に満ち溢れていて清々しかったです。これは転倒がPCSにあまり影響しないやつだと思うんですけど、思ったより低いな。PCS3項目8点台くれや。先生の「こういうときにノーミスしてくれたらかっこええんやけどな」でワロタ。

島田のコンビネーションスピンは、足換え前に6回転できていなかった……?うーん分からん!羽生のチェンジシットは足換え後のディフィカルトポジションで、どちらも2回転以上回れていなかったからだそうです。理由を知ってもポジション確定して2回転してるように見えてしまう僕の目やべえ。https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2020/12/25/kiji/20201225s00079000544000c.html

LPの出来次第でいくらでも順位が動く点差です。楽しみ楽しみ。
2020
11.24

全日本選手権でのペア競技開催中止

https://www.fnn.jp/articles/-/111312

全日本選手権でのペア競技の開催中止が発表されました。三浦璃来木原龍一はカナダで練習しているため、帰国をすると再度カナダに入国することが難しいからだとのことです。りくりゅー1組のエントリーですし、隔離に時間を割かれるよりは、世界選手権へ向けて準備をした方がいいとの判断でしょう。派遣は全日本選手権後に決まるとのことですが、全日本選手権出場が必須なら選手だけで無理に帰国するはずなので、実質内定でしょう。世界選手権がんばれ!

ペアは26日と27日のそれぞれ2種目目に開催予定だったので、競技開始時間が変更になると思います。全日本選手権を現地観戦される方は事前に確認しておきましょう。
back-to-top