FC2ブログ
2019
11.03

フランス国際 2日目 ペアリザルト

4種目目なのにフランス勢がいないから客もいない。

ペアLP
1 Anastasia MISHINA / Aleksandr GALLIAMOV(ロシア)133.81
2 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)130.75 PB
3 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)129.97 PB
4 Ashley CAIN-GRIBBLE / Timothy LEDUC(アメリカ)129.66 PB
5 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)123.96 PB
6 Camille RUEST / Andrew WOLFE(カナダ)108.25 PB
7 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT(ドイツ)103.96
8 Rebecca GHILARDI / Filippo AMBROSINI(イタリア)98.30

ペアリザルト
1 Anastasia MISHINA / Aleksandr GALLIAMOV(ロシア)207.58
2 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)206.56 PB
3 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)199.40 PB
4 Ashley CAIN-GRIBBLE / Timothy LEDUC(アメリカ)195.78
5 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)181.26
6 Camille RUEST / Andrew WOLFE(カナダ)166.15 PB
7 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT(ドイツ)163.09
8 Rebecca GHILARDI / Filippo AMBROSINI(イタリア)157.92

ルエウル
3Tw 2T fall 2S 3LoTh so 3STh
ツイストの高さが出たかと思えばキャッチが上手くいかない。無理せず2回転にした2Sはタイミングバッチリした。手にキスしたりロマンティックな振付がたくさんで、夢の世界へと誘われそうになりました。まだ寝たくないのですが。

白鳥組
3Tw 3T-2T-2T 3S 3LzTh df 3STh
ツイストは肩でキャッチしました。ソロジャンプはきれいに入って何よりです。スローサルコウはタノを入れて、こちらもクリーンでした。この2シーズンで一番の演技です。早朝にはハードな曲調でした。

ギラルディ&アンブロジーニ
3Tw 2S 3LoTh 3FTh df 1A fall
女性のソロジャンプがうまくいかないです。エレメンツが決まらないと、主人公とヒロインの微妙な関係性を演じられません。グループ3のリフトはダリデニのようにかっこよく股通ししようと試みていました。スムーズには通せなかったことでダリデニの技術の高さを再確認しました。

ハセジー
3Tw 3T ot 3S hd 3LoTh fall 3STh
3Sは2人が同じ角度でバランスを崩しました。ニコイチ!アクセルラッソー持ち上がらずノーバリュー、続くスローループ転倒。演技のハイライトは神タイミングのお手付き3Sでした。

デニフレ
3Tw 3LoTh 3S 2A df 3STh
女性が演技前にテープで靴をグルグル巻きに。そのおかげか3Sは回転不足なく着氷できました。ミスを打ち消すだけのハイクオリティーなリフトを見せてくれました。最初と最後のダンスリフトの使い方も効果的です。ペアですもん!アクロバティックなもの見たいですもん!はい、これですよ!数時間前にエイモズの演技で開いたフォンタナの涙腺はガバガバなのであった。

ケイン髭
3Tw 3Lo 3LzTh 3S fall 3STh
3Lo着氷できました。課題のスロールッツもなんとか。女性はシングル出身ですがソロジャンプが得意と言えるほど確率は高くなく、ペアエレメンツも不安定です。他のアメリカペアに勝っているのはスピンとコレオシークエンスと構成力。ジャンプなーーー決まるといいな。

ダリデニ
3F fall 3T-2T-2T 3Tw 3FTh 3LoTh fall
3Fで転倒したのは女性だけど、男性の踏み切り方はプレロテ連呼の人たちにネチネチ言われそう。回転は知らないけど見栄えはあまりよくなかったです。スローループの転倒から調子が戻らず、2つのリフトは質がイマイチでした。もやっとした演技。

ミシガリ
3Tw 3FTh 2S-1Eu-3S df 3T 3LoTh
3連続で珍しくミスです。この組はファーストで失敗しても何がなんでも3Sを付けるタイプです。3Sはダウングレードですが気持ちは買います。スロージャンプ投げた後の男性の姿勢がかっこいいです。スーパー戦隊の決めポーズみたい。男性はいつも無表情に見えるけど、実は演技力もあるんですねえ。非常にいいですよーーー。

ダリデニは多分GPF確定です。ロステレコム杯にはストノボが出場するので、タラモロのGPF進出を阻むかもしれません。中国杯にはデラモデルが登場しますが、2戦ともスイハンと被ります。イタリア勢はGPFに進出することができるのか!?

kokkihaarimasen.png
国旗を探す方々。デジタル国旗さえ映さないという(女子では映した)。これがフランス国際だ!


来週は中国杯!時差1時間。
2019
11.03

フランス国際 2日目 女子リザルト

女子LP
1 Alena KOSTORNAIA(ロシア)159.45 PB
2 Mariah BELL(アメリカ)142.64 PB
3 Alina ZAGITOVA(ロシア)141.82
4 Kaori SAKAMOTO(日本)135.16
5 Starr ANDREWS(アメリカ)113.95
6 Nicole SCHOTT(ドイツ)112.46
7 Wakaba HIGUCHI(日本)109.34
8 Lea SERNA(フランス)103.59 PB
9 Mae Berenice MEITE(フランス)101.10
10 Yuna SHIRAIWA(日本)98.59
11 Maria SOTSKOVA(ロシア)94.51

女子リザルト
1 Alena KOSTORNAIA(ロシア)236.00 PB
2 Alina ZAGITOVA(ロシア)216.06
3 Mariah BELL(アメリカ)212.89 PB
4 Kaori SAKAMOTO(日本)199.24
5 Starr ANDREWS(アメリカ)180.54
6 Wakaba HIGUCHI(日本)174.12
7 Nicole SCHOTT(ドイツ)166.89
8 Lea SERNA(フランス)166.02 PB
9 Yuna SHIRAIWA(日本)161.71
10 Mae Berenice MEITE(フランス)157.45
11 Maria SOTSKOVA(ロシア)144.89

ショット
3F so 2A 3F-2T 3Lo ot-2Lo 3Lo 3S-2T-1Lo 2A
日中の音楽がまぜこぜだけど、テーマの違いなんて日本人も大して理解できないから大丈夫です。だいたいSAYURIの音楽ってアメリカ人作曲ですしね。ジャンプはまずまず決まりました。スピードを出してグイグイ滑るコレオシークエンスから、高速回転のレイバックスピン。とてもいいエンディングでした。僕はいいプログラムだと思います。

ソツコワ
2A-3T 3Lo 3F fall 3Lo fall 3F-2T-1Lo 3S 2A
回転の足りている3回転がほとんどありません。TESが速報から17点も下がりました。凛としたステップシークエンスはよかったんですけど、ここまで決まらないと厳しい。

セルナ
3Lz-3T 3F-2T-2Lo 2Lz 2A ot 3F-2T 3S so A
最初はよかったのですが本当に最初だけで。ジャンプを失敗してもドラマティックに演技を構成できていましたが、徐々に体力がなくなってグダグダとしてきました。衣装は素敵でした。美人だからさらに美しい。ジュベールが現役続けてたらゲームオブスローンズ絶対に滑りそう。

白岩
3Lz hd-2T 3Lo ot 3F fall 2A 2A fall 3S-1Eu-2S 3Lo-2T
ホロコーストがテーマの映画音楽とはいえ血まみれ衣装とは。グラスルの胸から血を流してる衣装がかわいらしく思えます。振付はそんなグラスルのプログラムも手掛けるブノワなんですけども。演技冒頭の足の置き方のこだわりなんて、さすが元アイスダンサーのブノワだなと思いました。ところ狭しと滑れるように軌道にも工夫があります。ジャンプ戻ってこーい。

メイテ
2A-3T-2T 3Lz-2T 3F fall 2Lo fall 2A 3Lz so 3S-2T so
3回転ジャンプの軸が家出している。離散家族のようだ。3Sにがんばって2T繋げてステップアウトしたけど2T3本目ェ……。

坂本
2A 3F-3T 3Lz 3S 3Lo-2T 2A-3T-2T 3Lo
うぇええええええええええええええええええええええええええええい!!!ジャポーーーントレビアーーーンボジョレーヌーボーーー!!!もっさんらしい演技ができてよかった。コレオシークエンスのスピード狂っぷり最高でした。アクアラインで200km出して一発免停されそうなスピードでした。引かれるのは3Lzのエッジぐらいだと思いましたが、めっちゃ下がった。

アンドリューズ
3F-3T 3F fall 2A 1Lz 3Lo-2T 2A-1Eu-3S 3Lo
回転不足がいくつかあります。せっかく色っぽくて素敵な表現を見せてくれるプログラムなのに、終盤はジャンプ以外が散漫になっていて世界観を堪能できませんでした。ほんとはもっといいプログラムなんですよ?

新葉
2A 3Lz fall 3S 2Lo 2A-3T so 1F 3Lz-2T
コケた抜けた。でも前回よりは動けていました。滑りながら全てをの音を拾うことは絶対に無理なので、思いきり滑る部分を作り、ある程度は放棄しないといけない。そのバランスが難しいですね。新葉のステップシークエンスはバキバキ踊り通さないといけないから本当に大変。

ザギトワ
3Lz fall 2A-3T 3S 2A 3Lz-3Lo 3F-2T-2Lo 3F
ザギさん珍しくお疲れモードに見えました。終盤かなりキツそうでしたね。今日のザギさんは9点台じゃないザギさん。女王じゃなくて第2王女ぐらい。彼女でさえ速報から下がるんですね。

コストルナヤ
3A-2T 3A 2A 3Lo 3F-3T 3F-1Eu-3S 3Lz
SPでは3Aにアンダーローテーションを付けられて気の毒でした。演じている内容はさっぱり理解できないけれど、質の高いエレメンツをボンボコ積み上げられると圧倒されます。技術は磨き上げれば芸術にもなるのだ。1本目の3Aは認定されました。昨日の罪滅ぼしかな?

ベルたそ
3F-3T 3Lo 3S 2A 3F-2T-2Lo 3Lz-2T 3Lz
衣装の石の量に思わず衣装はおいくらまんえんかけたのか気になる庶民。ベルたその衣装には、いつも財力の違いを見せ付けられます。最後の3Lz以外回転は大丈夫でした。足りてなさそうで回りきる女マライア。コレオシークエンスで満面の笑み浮かべながらスパイラルするのは反則ですわ。あんな顔で見つめられたらジャッジもプラス1つ分増やしちゃうでしょ。

コストルナヤには回転不足なしです。2本目の3Fにはアテンションがあります。ザギトワの3Lzは2本ともアテンション。3Lz2本と3Tと3Loにアンダーローテーションです。坂本は3Lzのeマークの方かに3Sと3Lo2本にアンダーローテーションでした。ソツコワは2T1本以外すべて回転不足でした。

女子シングルの判定はパンチありましたね。当分忘れない。
2019
11.03

フランス国際 2日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスFD
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)133.55
2 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)124.15
3 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)123.69 PB
4 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)112.09
5 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO(ロシア)109.39
6 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV(ポーランド)109.23
7 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS(カナダ)107.19
8 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)102.86
9 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)100.74
10 Julia WAGRET / Pierre SOUQUET-BASIEGE(フランス)98.44

アイスダンスリザルト
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)222.24
2 Madison CHOCK / Evan BATES(アメリカ)204.84
3 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)203.34 PB
4 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)188.18
5 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO(ロシア)184.44 PB
6 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV(ポーランド)183.42
7 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS(カナダ)175.80
8 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)166.28
9 Julia WAGRET / Pierre SOUQUET-BASIEGE(フランス)161.99
10 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)161.73

マリロマ
なんかもう、うん、転倒しなかったからいいと思う!それぞれのエレメンツの質はいいのにどうしてこんなに印象に残らないのだろう。不思議だ……。

アリソン組
演技の途中にマルガリオ映されてワロティング。最初のゆらゆらする振付おもしろいです。黒い炎って感じで厨二心を刺激してくれます。男性が上達しているような気がしていましたが、ダイアゴナルステップとワンフットステップの終盤になると勢いが落ちて完全に女性優位になってしまうあたり、まだまだでした。

ワグレ&スーケ
ネメシスおじさんメドレーでした。振付はシンプルですが、3つの曲を分かりやすく演じてくれました。難しくしてもおそらく演じられないのでいいと思います。

カリスポ
ダサプロ界の創造神に愛されたダーティダンシングを3シーズンぶりに復活させました。もう年齢もベテランだし思い出作りかな?と思ったけど、まだ23歳と25歳だったでござる。そういや世界ジュニア選手権出てたとき観てたわ。リサイクルプロですが滑り込みはまったくできていないです。もっとダサさを極められるはずです。ユーロでお願いします。

寿司酢組
爆走ワンフットステップ、爆走サーキュラーステップ。今日も爆走でした。サーキュラーステップはあまりにも爆走していたので、ホールドとかポジション移動とか結構雑で、どんだけスピード重視しとるんじゃい!と思いましたね。シニアも4年目になったので、そろそろテクニックを見せることも必要なのかも。

赤ゲレ
ワンフットステップの最後で男性が力尽きているのが微笑ましいです。演技冒頭なのに(聖母の微笑み)。ストレートラインリフトの上げ下ろしにいっぱいいっぱいになるゲレイロ、ポジションが何度も入れ替わるトランジションで必死になるゲレイロ、コレオステップを情熱的に踊る女性の横であまり踊れていないゲレイロ。愛おしい。コレオスライディングでは女性が珍しく失敗しました。スケアメよりは遥かにいい演技だったので一安心。

スマディア
コレオスピンはすごく変わった振付ではないのですが、のどかな音楽と2人の衣装にすごくマッチしています。大量加点にも頷けます。ダンススピンは回転がとても速いです。スピンが上手なペアぐらい速いです。今大会はほぼ全選手が不調なのですが、スマディアは調子がとてもいいです。パーソナルベストいけそうだったのに速報から5点も下がっちまった。

ギニャファブ
男性の右手がガチガチに固定されているにも拘わらず、本当によくがんばりました。爆走しても自然にポジションが入れ替わります。これが一流の爆走なんですね。女性もバーバラ先生も涙涙でした。GPS初戦でオールレベル4を揃えてくるとは。

パパシゼ
男性の衣装が昨日の男子スケスケ軍団を凌駕しています。一応体の前面は覆ってみた模様。ポエムで滑る、正直意味の分からないプログラムです。これがアイスダンスのプログラムとして正しいのか、現時点では判断がつきません。保留ということで。男女の技術差はこの2日間気になりましたね。女性が下手というより、男性が上手くなりすぎてるんだな。サーキュラーステップ中の加減速とか、スピンのポジションチェンジ時の余韻の付け方とか、他のカップルが気を配らない細部にまでこだわっています。1組だけ点数の出方が異次元なのは仕方ないのです。だって他のカップルはできないから。

チョクベイ
「まるでヘビのようだ」という感想を述べるのは簡単ですし、生き物になりきった演技をするスケーターはたくさんいると思うんですよね。でもチョックさんは違うんですよね。これはヘビなんですよ。ヘビのようではなくてヘビ!!!人間ってここまで生き物になりきることができるのだなと舌を巻きました。ヘビチョックさんは舌を伸ばしました。

ギニャファブは世界選手権のシードに入れなかったため、強豪カップル2組と当たってしまいます。ハベドノが確定で、パパシゼ・チョクベイ・パイポー・シニカツは進出できるでしょうから、NHK杯でステブキに3.24以上の差をつけて勝利しなくてはいけません。イタリアでのGPF進出への道は険しいものですが、応援したいです。もちろんステブキにもがんばってもらって高いレベルの戦いを演じてほしいです。

スケーティングスキルでギニャファブ>チョクベイの評価になったのは、自信になったでしょう。

赤ゲレのコレオスライディングが転倒扱いなのは理解できるのですが、スマディアのスライディングも転倒扱いでした。コレオスライディングの最後が止まってしまったと判断されたのでしょうか。

madal!!!!!!!!!.png
僕のメインイベント、不思議なプラスティックの物体の授与を見届けて……ペラッペラのメダルだったァァァァァァ!!!!!


2019
11.02

フランス国際 2日目 男子リザルト

男子LP
1 Nathan CHEN(アメリカ)194.68
2 Kevin AYMOZ(フランス)172.14 PB
3 Alexander SAMARIN(ロシア)166.62
4 Tomoki HIWATASHI(アメリカ)158.73
5 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)157.59
6 Nicolas NADEAU(カナダ)148.26
7 Sergei VORONOV(ロシア)144.38
8 Romain PONSART(フランス)138.16
9 Shoma UNO(日本)136.79
10 Daniel SAMOHIN(イスラエル)122.82
11 Anton SHULEPOV(ロシア)120.31

男子リザルト
1 Nathan CHEN(アメリカ)297.16
2 Alexander SAMARIN(ロシア)265.10
3 Kevin AYMOZ(フランス)254.64
4 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)236.38
5 Tomoki HIWATASHI(アメリカ)227.43
6 Sergei VORONOV(ロシア)220.98
7 Nicolas NADEAU(カナダ)217.68
8 Shoma UNO(日本)215.84
9 Romain PONSART(フランス)215.64
10 Daniel SAMOHIN(イスラエル)193.66
11 Anton SHULEPOV(ロシア)183.98

シュレポフ
4S df 3Lz-3T 3A hd 2F 2A 3Lz fall 3Lo shaky
今シーズン100組目のシンドラーのリスト。公開26周年……?スーツと囚人服が半々になった衣装を着氷しています。普通の生活から一転、収容所に送り込まれてしまったギャップを表現しているのでしょう。シンドラーのリストは表現の難度が高い方ではないので、ジャンプしながら表現できないと、他に滑る選手との差が分かりやすいです。髪形が普通になりました。

樋渡
4T-3T 4T 3A shaky 3S shaky 3A-2T 3Lz-1Eu-3F 3Lo
危ない着氷が多かったので、TESが速報から相当下がるのではないかと懸念していましたが、スローで確認したところ全然足りてました。ですから速報から動きませんでしたね。ペトリューシカなんて樋渡が滑るためにあるような曲です。スプリットジャンプやビールマンが映えることなんの。お人形さんになりきっていました。

ナドー
3A-3T 4T df 3Lo+2A 3A shaky 3Lo-2T-2T 3F 3S
予定通り回れたので今日はいい出来です。抜けることがとても多い選手ですから。フランスの観客は音楽の急な転調にも柔軟に対応できていました。冷めてしまうカナダ人とは違うな。

サモヒン
3Lz-3T 4S fall 3A fall 3Lo df 3Lz shaky 2A so 1A
軍人が主人公の映画らしいですが、衣装はホテルマンですね。このシリアスな音楽から推測するに、5つ星ホテルで働く新入社員の主人公が、超VIPの担当を任された。しかしVIPの暗殺を目撃した結果、大きな陰謀に巻き込まれて行く……といった裏の筋書きがあるに違いありません。がんばれ新人ホテルマン!冒頭以外全ミスだったため、変な挨拶に覇気がありません。

ヴォロノフ
4T 3A-3T 3T 3Lo shaky 3Lo-2T-2Lo 2Lz 2S
2本目の3Aを回避した構成です。最後2本のジャンプはダブルになりました。体力が尽きたから抜けたというわけでもなく、コレオシークエンスは普通に滑れていたと思います。

クヴィテラシヴィリ
4S-3T 3A 3F-1Eu-3S 3Lo 2T-3T so 4T so 3F
4Tを4Sと判定されて一旦は3Fがノーバリューとなりましたが、結局は元の通り4T判定でした。4Tも4Sも同じに見えるけど、4Tはトゥをほんのりタッチしています。でもほとんど同じ。本田武史さんも織田信成さんも見間違うから素人が分からなくても問題なし!

昌磨
4S so 4F so 4T-2T 3A fall 4T fall 3S-3T 3A fall
4回転が決まらないのは置いといても、得点源の3Aが決まらないのは辛いですね。いつものような高さが出せていませんもの。転倒が大きく影響したのでパフォーマンスやインタープリテーションがかなり下げられました。全日本選手権までにある程度形になればいいのですが。

ポンサール
4T fall 3A 3Lz-2T 3Lo 3A so 3Lz shaky 3S-2T
Never enough男声バージョン。こんな歌を歌う男がいたらサブイボ立つ。女性が歌うのを聴いている立場で演じてほすぃー。勢いがなくて滑り込みができていない印象を受けました。

サマリン
4Lz-3T 4F fall 4T 3Lz fall 3A-2T shaky 3Lz-3T shaky 3Lo
4回転のアドバンテージは、他のジャンプをすべて降りてこそなので、なかなかなあ。ほとんど助走のプログラムなので、最後の1分こそ演技を見せてほしいのですが、そこまで体力が残っていないのですよね。でもレベルを取りこぼさないのは偉いです。がんばれ体力。

エイモズ
4T so 4T-3T df 3A-2T 3Lo 3A 3Lz so 3F-1Eu-3S
崩れそうで崩れなかった。3Lzは呪われているのかもしれない。ふう、ジャンプ合戦じゃないフィギュアスケートの演技観たわ。ウェルバランスやね。フランス男子と相性最悪のフランス国際で、アモディオ以来7年ぶりの表彰台となります。

ネイサン
4Lz shaky 3Lz-2T 4T-1Eu-3F 3A 4S shaky 4T ot 3A-2T
ネイサンがフランスの魔物に翻弄されている。翻弄されても着氷が乱れる程度なのがネイサンのすごいところです。コレオシークエンスしてるときのネイサンの表情は煽り素材に使えそう。

ネイサンがGPF進出を確定させました。昌磨が8位なのでGPF進出はできませんから、ロステレコム杯の順位で進出者が左右されそうです。ヴィンセントが欠場しますし、ニューエンとアリエフとサマリンの3人にとっては大チャンスです。

デカはGPFが現実的な位置にいます。デカは優勝すればGPF確定ですし、2位でも他の選手の順位次第で進出の可能性が残されます。千載一遇の大大大チャンスなので、それを掴んでほしいです。
2019
11.02

フランス国際 1日目 ペアSP

ペアSP
1 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)76.59 PB
2 Anastasia MISHINA / Aleksandr GALLIAMOV(ロシア)73.77 PB
3 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)68.65 PB
4 Ashley CAIN-GRIBBLE / Timothy LEDUC(アメリカ)66.12
5 Rebecca GHILARDI / Filippo AMBROSINI(イタリア)59.62 PB
6 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT(ドイツ)59.13
7 Camille RUEST / Andrew WOLFE(カナダ)57.90
8 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)57.30

ルエウル
3Tw 3T fall 3STh
男性の衣装は首が詰まってるのに半袖という不思議なデザイン。夏の野球部員~おしゃれバージョン~かよ。3Tは女性が転倒。スローや個性的なダンスリフトなどいい部分もありますが、いいねーーーという感想で、印象深くはありません。

ギラルディ&アンブロジーニ
3Tw 3S 3LzTh
ツイストはもたれかかってキャッチしました。3Sはがんばりました。スロールッツは高さを出してクリーンに着氷しました。アクセルラッソーは下ろすときに一旦ダンスリフトに入るところがデラモデルそっくりでした。いいところは真似するよろし。

デニフレ
3Tw 3LoTh 3S shaky
3組目にしてツイストらしいツイストが見られました。3Sの着氷が怪しい場面はありますが、それを掻き消せるだけの質の高いエレメンツがたくさんあります。リンクサイドではモルガン・シプレさんが大喜びでした。君ずっとそこにいるな。リンクサイドの門番なの?

ミシガリ
3Tw 3FTh 3S
フランスにて、私は病気やでプログラム。クリーンな演技だったことは分かります。意識が飛びかけていたので、ステップシークエンス中に男性が行った武富士ダンスのポーズしか覚えていません。

白鳥組
3Tw 3S fall 3LzTh
かなりスピードを出していました。ツイストのキャッチが悪いのと、男性が3Sで転倒してしまったため、リズムが崩れました。プログラムはいいと思うのですけどね。フィンランディア杯SPがどん底の演技だったので、そこからは持ち直せたと思います。

ハセジー
3Tw 3T fall 3STh
デススパイラルの導入が自然で美しい。直前に3Tで転倒したとは思えません。女性がステップシークエンスでスタンブルし、男性のふくらはぎに引っ掛かって転倒しました。双方に怪我がなさそうのは不幸中の幸いです。残念な出来ではあったけれど、しっとりさせながらも凡庸な振付ではないし、表情含めて女性の見せ方には光るものがありました。

ダリデニ
3T 3Tw 3LoTh
3Tはタイミングが完璧でした。これ以上GOEのプラスを取ろうとすると、あとは高さや飛距離を出すしかありません。リフトの股下通しはちょっと手間取りましたかね。もっときれいにできるはずです。シニアに上がってまだ2シーズン目なので、スピードに乗りながら質の高いエレメンツで攻める構成で正解でした。

ケイン髭
3Tw 3S 3LzTh fall
スロールッツ入りません。成功率は5割を切るぐらいです。ペアにおいてスロージャンプをコンスタントに降りられないのは、シングルで単独の3Sや3Loを毎回失敗してしまうようなものなので、致命的な弱点と言えます。個性的なエレメンツを持っているし、PCSも高いのでスローはサルコウとループで勝負できそうな気もするのですが、リフトが弱い分スローで点数稼ぎたいのかもしれません。

今大会も世界ジュニアチャンピオンたちが大活躍です。2日目は夜9時半~朝6時半。GPS6戦中の最難関です。
back-to-top