2016
11.17

ゴールデンスピンエントリー

http://www.isuresults.com/events/fsevent00051791.htm

~グランプリファイナルの裏大会~あれ、ファイナルよりおもしろいんじゃね?の巻。

男子
1 Slavik HAYRAPETYAN ARM 1
2 Brendan KERRY AUS 2
3 Alexei MIALIONKHIN BLR 3
4 Yakau ZENKO BLR 3
5 Keegan MESSING CAN 4
6 Nicolas NADEAU CAN 4
7 Roman SADOVSKY CAN 4
8 Nicholas VRDOLJAK CRO 5
9 Michal BREZINA CZE 6
10 Petr KOTLARIK CZE 6
11 Anton KEMPF GER 7
12 Wayne Wing Yin CHUNG HKG 8
13 Alexei BYCHENKO ISR 9
14 Daniel SAMOHIN ISR 9
15 Maurizio ZANDRON ITA 10
16 Denis TEN KAZ 11
17 Kai Xiang CHEW MAS 12
18 Patrick MYZYK POL 13
19 Artur DMITRIEV RUS 14
20 Alexander PETROV RUS 14
21 Anton SHULEPOV RUS 14
22 Javier RAYA ESP 15
23 Marcus BJÖRK SWE 16
24 Yaroslav PANIOT UKR 17
25 Timothy DOLENSKY USA 18
26 Adam RIPPON USA 18
27 Vincent ZHOU USA 18

ファイナル進出を逃した選手たちもやってくる豪華な大会。今シーズンは初戦から衝撃的に好調なテンくんが登場。ファイナルの可能性がないことはないが厳しい状況のりっぽんぽんもエントリー。ついに当たりプロを引いたミハルも参上。イスラエルの人々、やっと出てくるのかナドーを含めたカナダチーム、ヴィンセントにサモヒンに、ぷにぷにミュジックさんに、ジュニア上がりとは思えない貫禄にヴルドリャクさんに。いやーいいね。出来ればファイナルの前の週にやってくれません?

女子
1 Anastasia GALUSTYAN ARM 1
2 Kailani CRAINE AUS 2
3 Brooklee HAN AUS 2
4 Janina MAKEENKA BLR 3
5 Alina SUPONENKO BLR 3
6 Tena COPOR CRO 4
7 Katarina KITAROVIC CRO 4
8 Julie FROETSCHER FRA 5
9 Laurine LECAVELIER FRA 5
10 Maisy Hiu Ching MA HKG 6
11 Aimee BUCHANAN ISR 7
12 Netta SCHREIBER ISR 7
13 Elizaveta YUSHCHENKO ISR 7
14 Carolina KOSTNER ITA 8
15 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 9
16 Diana NIKITINA LAT 10
17 Fleur MAXWELL LUX 11
18 Dabin CHOI KOR 12
19 Alexandra AVSRIYSKAYA RUS 13
20 Alena LEONOVA RUS 13
21 Elizaveta TUKTAMYSHEVA RUS 13
22 Antonina DUBININA SRB 14
23 Dasa GRM SLO 15
24 Monika PETERKA SLO 15
25 Sonia LAFUENTE ESP 16
26 Matilda ALGOTSSON SWE 17
27 Isabelle OLSSON SWE 17
28 Polina EDMUNDS USA 18
29 Amber GLENN USA 18
30 Gracie GOLD USA 18

帰ってきたぞ帰ってきたぞカロリーナ。ファイナルを逃したゴールド(出て大丈夫なのか?)、GPS2戦アウトになったエドモンズ(出て大丈夫なのか?)、週刊リーザ(ここまでに体調戻せるのか?)などが出場します。グレンはネーベルホルンでエッジの怪しいジャンプをバンバン降りていたので、構成を変えてくるかどうか。レオノワには復調して欲しいですし、見守る気持ちが強くなりそうな顔ぶれであります。

ペア
1 Tatiana DANILOVA / Mikalai KAMIANCHUK BLR 1
2 Lana PETRANOVIC / Antonino SOUZA-KORDYERU CRO 2
3 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT GER 3
4 Arina CHERNIAVSKAIA / Evgeni KRASNOPOLSKI ISR 4
5 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE ITA 5
6 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA JPN 6
7 Minji JI / Themistocles LEFTHERIS KOR 7
8 Kyu Eun KIM / Alex Kang Chan KAM KOR 7
9 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV RUS 8
10 Bogdana LUKASHEVICH / Alexander STEPANOV RUS 8
11 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT RUS 8
12 Cagla DEMIRSAL / Berk AKALIN TUR 9
13 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI UKR 10
14 Ashley CAIN / Timothy LEDUC USA 11
15 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER USA 11
16 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA USA 11

ペアが16組もいるなんて、四大陸を除くチャンピオンシップスに次ぐ大会規模ですね。日本からエントリーがありまして海龍が出場します。すみオデと競って、全日本・四大陸と繋げてもらいたい。ねえスケ連、派遣しますよね?アメリカが本気の派遣をしている模様。てかシメクニはここにもいないってことは、全米ぶつけ本番ですか。てかてかシメクニはシメクニでいいのか?クニエリムズなのか?

アイスダンス
1 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX-SENECAL ARM 1
2 Kimberley HEW-LOW / Timothy MCKERNAN AUS 2
3 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV BLR 3
4 Nicole KUZMICH / Alexandr SINICYN CZE 4
5 Cortney MANSOUR / Michal CESKA CZE 4
6 Kavita LORENZ / Panagiotis POLIZOAKIS GER 5
7 Katharina MÜLLER / Tim DIECK GER 5
8 Jennifer URBAN / Benjamin STEFFAN GER 5
9 Ekaterina FEDYUSHCHENKO / Lucas KITTERIDGE GBR 6
10 Robynne TWEEDALE / Joseph BUCKLAND GBR 6
11 Adel TANKOVA / Ronald ZILBERBERG ISR 7
12 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 8
13 Aurelia IPPOLITO / Malcolm JONES LAT 9
14 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN RUS 10
15 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV RUS 10
16 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN RUS 10
17 Lucie MYSLIVECKOVA / Lukas CSOLLEY SVK 11
18 Victoria MANNI / Carlo RÖTHLISBERGER SUI 12
19 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR 13
20 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN UKR 14
21 Yuliia ZHATA / Yan LUKOUSKI UKR 14
22 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER USA 15

お、クズミチさんがいる。オリンピックに向けて、いきなりシニアに出るのではなく、今シーズンのうちから準備しておこうぜってことでしょうか。ジョニーの元旦那の今彼か元彼が定かではない組は、これで5試合目?アメリカ拠点なのにご苦労さんです。ロシアからはエフバジとポポモズとステブキがエントリー。よかったねポポワたん、友達のバジンがいて。ホワベイは一発170点超えぐらいのスコア出して、俺たちゃ4番手に甘んじてねえぞな感じを出して欲しい。
2016
11.08

ワルシャワ杯・タリントロフィーエントリー

すごく前に出ていたのにスルーしてしまったもの。まだ開催されてないからセーフ。

ワルシャワ杯
http://www.isuresults.com/events/fsevent00051789.htm

男子
1 Mark WEBSTER AUS 1
2 Petr KOTLARIK CZE 2
3 Jan KURNIK CZE 2
4 Daniil ZURAV EST 3
5 Kevin AYMOZ FRA 4
6 Paul FENTZ GER 5
7 Phillip HARRIS GBR 6
8 Wayne Wing Yin CHUNG HKG 7
9 Matteo RIZZO ITA 8
10 Abzal RAKIMGALIEV KAZ 9
11 Deniss VASILJEVS LAT 10
12 Julian Zhi Jie YEE MAS 11
13 Thomas KENNES NED 12
14 Sondre ODDVOLL BOE NOR 13
15 Krzysztof GALA POL 14
16 Lukasz KEDZIERSKI POL 14
17 Patrick MYZYK POL 14
18 Igor REZNICHENKO POL 14
19 Dmitri ALIEV RUS 15
20 Jakub KRSNAK SVK 16
21 Michael NEUMAN SVK 16
22 Alexander MAJOROV SWE 17
23 Ondrej SPIEGL SWE 17
24 Stephane WALKER SUI 18
25 Tomoki HIWATASHI USA 19

わー多い。そしてAbzal RAKIMGALIEV Abzal RAKIMGALIEV 予想外のエントリーだったぜ。てっきり引退したとばかり。昨シーズンは3試合に出場して、僕はそのうち1試合しか演技を見ていないので、すごく久しぶりな感じがします。おなじみのユーロの顔ぶれの中に混ざるヒワタシ。そうか、もうシニアの年齢にとっくになっているんですね。JGPSの派遣が1戦しかなかったので、ジュニアワールド代表勝ち取るためにも、ここで力見せて欲しいです。アメリカジュニア男子は華やいでるわー。オーストラリアはドッズじゃないよ。ドッズは前半にいっぱい出すぎたから。

女子
1 Kailani CRAINE AUS 1
2 Hristina VASSILEVA BUL 2
3 Eliska BREZINOVA CZE 3
4 Michaela-Lucie HANZLIKOVA CZE 3
5 Aneta JANICZKOVA CZE 3
6 Johanna ALLIK EST 4
7 Gerli LIINAMÄE EST 4
8 Liubov EFIMENKO FIN 5
9 Emmi PELTONEN FIN 5
10 Lea SERNA FRA 6
11 Nicole SCHOTT GER 7
12 Nathalie WEINZIERL GER 7
13 Anna LITVINENKO GBR 8
14 Roberta RODEGHIERO ITA 9
15 Guia Maria TAGLIAPIETRA ITA 9
16 Riona KATO JPN 10
17 Miyu NAKASHIO JPN 10
18 Angelina KUCHVALSKA LAT 11
19 Aleksandra GOLOVKINA LTU 12
20 Elzbieta KROPA LTU 12
21 Elzbieta GABRYSZAK POL 13
22 Colette Coco KAMINSKI POL 13
23 Agnieszka REJMENT POL 13
24 Yena KWON KOR 14
25 Alexandra AVSRIYSKAYA RUS 15
26 Alisa FEDICHKINA RUS 15
27 Antonina DUBININA SRB 16
28 Chloe ING SGP 17
29 Bronislava DOBIASOVA SVK 18
30 Alexandra HAGAROVA SVK 18
31 Miroslava MAGULOVA SVK 18
32 Dasa GRM SLO 19
33 Isabelle OLSSON SWE 20
34 Anita ÖSTLUND SWE 20
35 Jeromie REPOND SUI 21
36 Yasmine Kimiko YAMADA SUI 21

クレインいる。よかった。国際Aでバリバリ活躍する選手以外は、名前なかったらビビるからーーー。ブレジノワもいる。美人ーーーーー。ねこチキナも出場いたしますが、男子のRUS代表はアリエフ・・・・・。アリサとディーマ。はいはいはいはいごっそさん。日本からは加藤と中塩が出場します。頑張ってきてやー。

ペア
1 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS 1
2 Tatiana DANILOVA / Mikalai KAMIANCHUK BLR 2
3 Lana PETRANOVIC / Antonino SOUZA-KORDYERU CRO 3
4 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT GER 4
5 Rebecca GHILARDI / Filippo AMBROSINI ITA 5
6 Valentina MARCHEI / Ondrej HOTAREK ITA 5
7 Chelsea LIU / Brian JOHNSON USA 6

僕の大好きなエカテリーナ・アレクサンドロフスカヤさんじゃないですか。いやーエカテリーナ・アレクサンドロフスカヤさん積極的にシニアの試合に出てきますねエカテリーナ・アレクサンドロフスカヤさん。ロシアから所属を変えたアントニノ・スーザ=コルディールさんもいるじゃないですか。

アイスダンス
1 Tina GARABEDIAN / Simon PROULX-SENECAL ARM 1
2 Lorenza ALESSANDRINI / Pierre SOUQUET FRA 2
3 Kate Louise BAGNALL / Benjamin ALLAIN FRA 2
4 Sophie JONES / Ian Michael STEPHAN GER 3
5 Justyna PLUTOWSKA / Jeremie FLEMIN POL 4
6 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS 5
7 Maria STAVITSKAIA / Andrei BAGIN RUS 5
8 Tiffany ZAHORSKI / Jonathan GUERREIRO RUS 5
9 Lucie MYSLIVECKOVA / Lukas CSOLLEY SVK 6
10 Charlotte MAXWELL / Ryan DEVEREAUX USA 7

やあスタヴィツカヤじゃないですか。元相方がダワンコワと組んで、この間国内大会では負けてしまったんですよね。まだまだここからですよ。ロシア3組はズーリンチルドレンです。1位2位は確定として3位にどこが入るかが楽しみです。

タリントロフィー
http://www.isuresults.com/events/fsevent00051790.htm

男子
1 Slavik HAYRAPETYAN ARM 1
2 Larry LOUPOLOVER AZE 2
3 Yakau ZENKO BLR 3
4 Jiri BELOHRADSKY CZE 4
5 Samuel KOPPEL EST 5
6 Daniel Albert NAURITS EST 5
7 Aleksandr SELEVKO EST 5
8 Valtter VIRTANEN FIN 6
9 Simon HOCQUAUX FRA 7
10 Adrien TESSON FRA 7
11 Franz STREUBEL GER 8
12 Wayne Wing Yin CHUNG HKG 9
13 Kwun Hung LEUNG HKG 9
14 Alexander MASZLJANKO HUN 10
15 Maurizio ZANDRON ITA 11
16 Abzal RAKIMGALIEV KAZ 12
17 Glebs BASINS LAT 13
18 Gordei GORSHKOV RUS 14
19 Roman SAVOSIN RUS 14
20 Anton SHULEPOV RUS 14
21 Lukas BRITSCHGI SUI 15
22 Andrew TORGASHEV USA 16

ルーポラヴァー、ゼンコ、イジー、セレフコ、マスリアンコ、バシンス、サヴォシン、トルガシェフ。やたらとジュニア掛け持ちが多い大会。これはジュニアグランプリかな?またいるぜアブザル・ドルジ・ラキムガリエフ先輩。いきなり連戦なんて大丈夫ですか?新婚ヴィルタネンさんの名前もありました。シーズン後半から出てくるスンポーだったのか。

女子
1 Kerstin FRANK AUT 1
2 Hristina VASSILEVA BUL 2
3 Elizaveta UKOLOVA CZE 3
4 Johanna ALLIK EST 4
5 Helery HÄLVIN EST 4
6 Jelizaveta LEONOVA EST 4
7 Gerli LIINAMÄE EST 4
8 Diana REINSALU EST 4
9 Kristina SHKULETA-GROMOVA EST 4
10 Viveca LINDFORS FIN 5
11 Karoliina LUHTONEN FIN 5
12 Lutricia BOCK GER 6
13 Maria-Katharina HERCEG GER 6
14 Maisy Hiu Ching MA HKG 7
15 Julia BATORI HUN 8
16 Fruzsina MEDGYESI HUN 8
17 Ivett TOTH HUN 8
18 Netta SCHREIBER ISR 9
19 Angelina KUCHVALSKA LAT 10
20 Inga JANULEVICIUTE LTU 11
21 Vilte RADZILAVICIUTE LTU 11
22 Fleur MAXWELL LUX 12
23 Juni Marie BENJAMINSEN NOR 13
24 Anne Line GJERSEM NOR 13
25 Elzbieta GABRYSZAK POL 14
26 Ji Hyun BYUN KOR 15
27 Yu Jin CHOI KOR 15
28 Stanislava KONSTANTINOVA RUS 16
29 Natalia OGORELTSEVA RUS 16
30 Serafima SAKHANOVICH RUS 16
31 Isabelle OLSSON SWE 17
32 Mariah BELL USA 18
33 Bradie TENNELL USA 18

出場枠をパンパンに使ってくるので2週連続で出場者数が多い。エストニア6人て。オゴレルツェワががいる。よしがんばれ。この顔ぶれの中で1番のサプライズはマクスウェルさんでしょう。ドルジより引退したと思ってた度数高いですよ。セレブ妻にでもなったのかと。ベルたそはエドモンズの欠場でNHK杯1枠空いたところに入れてくれないかなーーーチラッチラッ。

ペア
1 Camille MENDOZA / Pavel KOVALEV FRA 1
2 Arina CHERNIAVSKAIA / Evgeni KRASNOPOLSKI ISR 2
3 Goda BUTKUTE / Nikita ERMOLAEV LTU 3
4 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN RUS 4
5 Cagla DEMIRSAL / Berk AKALIN TUR 5

開催されるかが怪しいペア。5組いないとチャレンジャーシリーズの要件を満たすことができません。メンドザさんたちはフランス杯アウトになりましたし、ここに出てきてくれるのかどうか。ワルシャワ杯はスーザ=コルディールさんが出ておりましたが、こちらには元相方のチェルニャフスカヤさんがクラスノさんと組みます。クラスノさんのパートナーチェンジの頻度北米人みたいだ。

アイスダンス
1 Anastasia GALYETA / Avidan BROWN AZE 1
2 Vavara OGLOBLINA / Mikhail ZHIRNOV AZE 1
3 Kristsina KAUNATSKAIA / Yuri HULITSKI BLR 2
4 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV BLR 2
5 Katerina BUNINA / German FROLOV EST 3
6 Marina ELIAS / Geido KAPP EST 3
7 Olesia KARMI / Max LINDHOLM FIN 4
8 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN FIN 4
9 Juulia TURKKILA / Matthias VERSLUIS FIN 4
10 Adelina GALAYAVIEVA / Laurent ABECASSIS FRA 5
11 Mathilde HAROLD / Mael DEMOUGEOT FRA 5
12 Ekaterina FEDYUSHCHENKO / Lucas KITTERIDGE GBR 6
13 Robynne TWEEDALE / Joseph BUCKLAND GBR 6
14 Adel TANKOVA / Ronald ZILBERBERG ISR 7
15 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO ISR 7
16 Aurelia IPPOLITO / Malcolm JONES LAT 8
17 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY LAT 8
18 Taylor TRAN / Saulius AMBRULEVICIUS LTU 9
19 Yura MIN / Alexander GAMELIN KOR 10
20 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN RUS 11
21 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV RUS 11
22 Ludmila SOSNITSKAIA / Pavel GOLOVISHNOKOV RUS 11
23 Victoria MANNI / Carlo RÖTHLISBERGER SUI 12
24 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR 13
25 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT USA 14

エリアスさんの相方変わってるし、バックランド弟の相方変わってるし、マンニさんの相方変わってる。バックランド弟のは特にびっくり。ナショナルでお披露目してたやんけ!ソスニツカヤさんたちは解散せずにちゃんといた。僕の頭のスケート界では捜索願が出されていたんです。髪型おかしいモズゴフもがんばれー。
2016
10.10

フィンランディア杯 4日目 男子リザルト・アイスダンスリザルト

男子リザルト
1 Nathan CHEN(アメリカ)256.44 PB
2 Patrick CHAN(カナダ)248.73
3 Maxim KOVTUN(ロシア)229.57
4 Mikhail KOLYADA(ロシア)219.55
5 Jorik HENDRICKX(ベルギー)218.32
6 Alexander PETROV(ロシア)211.80
7 Alexei BYCHENKO(イスラエル)203.75
8 Paul FENTZ(ドイツ)196.12
9 Alexander MAJOROV(スウェーデン)193.78
10 Ivan RIGHINI(イタリア)191.81
11 Ryuju HINO(日本)181.25
12 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)175.63
13 Daniel SAMOHIN(イスラエル)160.97
14 Daniel Albert NAURITS(エストニア)152.41
15 Bela PAPP(フィンランド)148.84
16 Samuel KOPPEL(エストニア)143.32 PB

サモヒン
4T fall 4S ot 3A 1A 2T 3Lz-1Lo-3S fall 3Lo fall 2A
おおう・・・2戦連続遭難。おおおおお・・・・・オフコース状態。言葉にできない。

リュージュ
4T fall 3Lz-1Lo-3S fall 3A-3T 3Lo td 3Lz 2A shaky 3F-2T 3A fall
おおう・・・いやでも2本目の3Aが抜けてしまったのを最後にカバーしてきたのはかっこよかったですよ。

マヨロフ
3A-2T 3A ot 3Lz 3F so 3T-3T 2A-2T-2Lo 2A 3S
床屋さんみたいな衣装で登場。意味不明曲メドレーでした。バンバン銃を撃つ系のプログラムかと思えばそうではないですし、さすがマヨロフのかーちゃん。常人の思考が及ばない崇高な領域の住人ですわ。

イジー
3Lz-2T tano 2A 3F 3T 3Lz-1Lo-3S fall 2Lo-2T tano 3Lo to 2A
シニアのプログラムになって30秒伸びると編曲のインパクトも増大。後半うるさいことなんの。でもPCSの評価は6点前後で安定でした。今日のトマシュ・ベルネル先生は赤いセーター。すっかり先生の風格。

リギーニ
3T 3Lo 2A-1Lo-3S 2A-3T 3Lz tano-2T 3F so 3F 3Lz tano
競技用プログラムではジャンプの邪魔になってしまうからか、衣装に白いストーンでフリンジがつけられています。今シーズン大流行のプレスリーメドレーでした。前半は振付とのマッチングがあまりよくないですが、後半はいかにもリギーニさんな楽しい振付。もっと元気に滑ることができるはずなので、これはまだまだ。壊れきっていない。

フェンツ
3A-2T 3A ot 3Lz-1Lo-2S 3Lo so 2A 3S-3T 3Lz shaky 2A
2戦連続でいいフェンツさんでした。3Aを2本入れてきました。ええぞー。ネーベルホルンでのハーフループコンボの姿勢がめちゃくちゃきれいだったので今回も期待していたのに、普通の-1Lo-2Sでした。背筋ピーンが見たいのに!ひろみちお兄さんぐらい背筋ピーンなのに!衣装のレンガでマッチを擦って、マッチ売りの少女ごっこができそう。

ペトロフ
3T 3A 3A-2T tano 3Lz-2T tano 3F-1Lo-3S 2Lz<< so 3Lo 2A
4Tを回避して3Tにしました。ペトロフはきちんと計算している人なので、コンボの跳びすぎもありません。2A跳ばなすぎのことはもう忘れよう。コレオシークエンスを見て分かるのが早い動きは得意だしかっこいいんですよね。昨シーズンのタンゴもそうでしたけども。ゆったりする動きをもっともっとオシャレに力の抜けた感じに、軟派にかっこよくお願いします。はにかんでアメリカ人の女の子引っ掛けちゃえよ。

ビチェンコ
4T-2T shaky 3T 3Lo ot 3A 3A fall 3Lz-1Lo-3S 3F-2T 2A
3Aを後半に2本。ベテランビチェンコさんも攻めるんですね。若者たちに食らい付いていくにはこれぐらいしなければいけないんですね。ビチェンコさんは髪を切る度にパワーアップしていくのかもしれない。切る髪がなくなった時に引退か。前半に力を使ったので、後半は少しお疲れでした。道化師なのに、四季でも滑りそうな衣装をお召しになっていました。

ジョリヘン
3A so 3A-2T tano 3S 3Lz-3T 3Lz 3F 3Lo fall 2A
ちょいミスでした。コレオシークエンスのスパイラルはめちゃくちゃ迫力がありますね。あれを女子選手がやってもそんなに目立たないと思います。男子の体の大きさや身長があるから成り立つのでしょう。ライフとデスがバトルするとはどういうことでしょう。ジョリヘンさんは死神とかなのかな?

コリヤダ
4T so 4T fall 3A-2T 3Lz 3A ot 3Lz-2T 1Lo 3S
コミカルプログラムは楽しいのですが、昨シーズンもコミカルですし、SPもコミカルですし、執拗にコミカルにこだわる必要はあるのかとコーチ陣もしくは偉い人たちに言いたいです。4Tを1つ増やしただけで、後半の構成が昨シーズンと同じ感じなんですよね。スピード出して上半身の振付メインで滑っていってコレオシークエンスやって終わりみたいなのが。ジャンプや得意ジャンルだけ滑って勝てる時代ではないので、選手の素材のよさを無駄にしないで欲しい。4T 3A 3Lzをそれぞれ繰り返す、戦略上のミスでザヤっとるやんけ!

Pさん
4T 3A 3S 4T fall 3A-2T 3Lo 3Lz hd 2F-2T-1Lo
ラドフォードさん作曲のやつお目見え。ふむ、こういう曲なのか、なるほどよく分からない。自分で滑ったソチシーズンのSPの曲の方が分かりやすいです。これはちょっと重い感じですね。ピアノ曲というよりチェロ曲っぽいです。まだ何を演じているかは理解できないです。40回ぐらい噛んでから飲み込まないと消化できない。

ネイサン
4Lz ot-3T 4F ot 3A hd 4T fall 4T-2T-2Lo 4S fall 3F-3T 3Lz
5クワド構成wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwこれだけクワドを入れると、プログラムはスカスカです。ジャンプを成功させなければ点数が死ぬのです。衣装はできていないんでしょうね。これじゃ爆笑問題の宣材写真ですよ。

コフトゥン
3S df 4T 3Lo 3A-1Lo-3S 3A 3S-2T df 1Lz
スタート時に胸元から何か取り出したから授乳でもするのかと。衣装は普通でいい衣装です。普通でよかった。コフトゥンは普通が似合うぞ。3Sが3本になってしまってザヤザヤさんになってしまいました。このプログラムは3Aのコンボの助走に語り?台詞?が入っています。演技中は「うるさいなー合ってないなー」と思ったのですが、演技が終わって考えてみると、若者の大人への反抗心だったり、心の中でモヤモヤしている様子を表すためのものなのかとポジティブに捉えられました。難しいプログラムですが、ザヤらず終えてください。繰り返しのジャンプで3Sを使うのは止めてください・・・クワドの貯金が消えますんで。

ネイサン・チェンさん5つ全てのクワドで回転が充足しておりました。4Fはオーバーターンだったので、ISUの公式大会で初めての4Fとして認定されるでしょうか。ジャンプを片足で支えるということが重要なのでしょう。だからオーバーターンはよくて、ステップアウト・お手つき・両足はダメという。ジャンプの代償が大きかったからかスピンステップのレベルはメタメタでした。

クワドを脳みそが処理できないよ。

アイスダンスリザルト
1 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)172.83 PB
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)165.76
3 Tiffany ZAHORSKI / Jonathan GUERREIRO(ロシア)153.00
4 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)149.69
5 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV(ポーランド)147.46
6 Olivia SMART / Adria DIAZ(スペイン)142.12 PB
7 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN(フィンランド)126.93
8 Taylor TRAN / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)117.63
9 Emi HIRAI / Marien DE LA ASUNCION(日本)102.03
10 Olesia KARMI / Max LINDHOLM(フィンランド)101.02

えみマリ
今シーズンの禁止曲プリンスメドレーでした。出るのはSDだけだと思って油断していました。セカンドツイズルで男性がバランスを崩しました。まだまだ滑り込みができていないように思います。もっとキレキレのかっこいい感じになって欲しい。

スマディア
最初のリフトと最後のリフトのポジションと配置が同じようになっているんですね。最初のリフトは2人の向きが違っていて、リフトの最後に向き合う。最後のリフトは2人が向き合った状態でポジションを確定。1組の男女が心を通わせる過程を表現しているのでしょう。

フルソレ
古びたレコードを取り出して、それをプレーヤーに乗せると冷めた愛が蘇ってきたのか。お互いに興味がなかったところから、愛を見つけたというところなのか。暗いラヴィアンローズから、愛おしそうに頬に手をやる愛の讃歌へ。このカップルはリアルカップルだからアツアツだろうけどな!

カリスポ
ベタベタなTime of my lifeだけど、こんなにベタなのを素敵に滑ってくれると心が弾みます。組んでその場でルンタッタするところとか、きれいにタイミングがあってクリーンに滑っていくステップ。いい!黒いシャツで胸元開けて襟立たせてるのが似合ってなくて、それでもって楽しそうに滑ってるのがたまらないです。最初から最後まで楽しい。これは普段ダンスを見ない人たちも技術うんぬんは置いておいて、ダンスは楽しい!ってことが伝わると思います。中堅の選手でもヒット作をポンと出してくるのがダンスのおもしろいところ。

赤ゲレ
サーキュラーでジャッジ席の真ん前に来たあたりのゲレイロが赤毛ちゃんを愛おしそうに見つめながら滑る。そこから2人が離れて滑ってパーーーン!ってなるのがすごく好きです。パーン!コレオスピンフィニッシュで少し引っかかりましたけど、減点には繋がらないでしょう。パパシゼの影響である程度トランジションを省いても、しっかりスピードを出してクリーンに滑るという潮流になりつつあるので、それに乗っかったのかもしれません。

ハベドノ
夜眠いときにこのプログラムを見てしまうと「なんじゃこの編曲はロシア人か?」と思わされます。でも自分たちの好きな曲を集めたらこうなってしまったのだから仕方がない。自分たちが好きだということで感情は乗せやすいでしょうね。でも好きすぎると感情移入&自己陶酔してアウトプットしきれないこともあるから、ブワーっと出せるようにがんばって。

ステブキ
そうか、そういえばステブキはエロくなかったんだ。ダンスとしては重要なエロという要素が足りなかったんだ。リベルタンゴということなんですが、やはりエロさはそれほどなかったです。ステパノワの美脚をアピールしまくるおなじみの構成でした。ステブキの美脚アピールの特性上直線的な動きが増えるので、色香の感じる女性的な動きは苦手なのかなあと。でも殻を破ろうとがんばっています。長身&美脚を生かしたダンススピンは、めちゃくちゃデカいです。こんなにデカくてスピン回れるのかというほどデカいです。これを序盤にやるのでインパクトあります。SDでは抜いたピストルツイズルはこちらで導入。ポジションの入れ替わりがめまぐるしいので、ホールドはもう少しきちんと決めて欲しいです。直線的なものでまとめるのなら、一層キレが必要とされるでしょうしね。タンゴでもブキンのこの衣装のようにカジュアルなものはありますが、かっちりとスーツを着たブキンも見てみたいです。

ロシアの2番手争い読めないわー。

danshi.png

dansudessyaro.png
ダンス界のゆるキャラ


来週は国際大会がありません!再来週からGPSが開幕いたします。ジュニアグランプリの長い待ち時間で鍛えられたから、1日42演技なんぞ屁の河童ぞ。ほらほらかかってこいよ。
2016
10.09

フィンランディア杯 3日目 男子SP・アイスダンスSD

男子SP
1 Maxim KOVTUN(ロシア)88.26
2 Nathan CHEN(アメリカ)87.50 PB
3 Patrick CHAN(カナダ)84.59
4 Mikhail KOLYADA(ロシア)80.20
5 Jorik HENDRICKX(ベルギー)79.22 PB
6 Alexei BYCHENKO(イスラエル)74.17
7 Alexander PETROV(ロシア)69.71
8 Paul FENTZ(ドイツ)62.36
9 Ivan RIGHINI(イタリア)61.73
10 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)61.59
11 Daniel Albert NAURITS(エストニア)56.84 PB
12 Alexander MAJOROV(スウェーデン)56.06
13 Ryuju HINO(日本)55.91
14 Daniel SAMOHIN(イスラエル)52.03
15 Bela PAPP(フィンランド)47.18
16 Samuel KOPPEL(エストニア)46.38

ネイサン
4Lz-3T 4F fall 3A
4Lz-3Tきたああああああああああああああああああああ4Fこねええええええええええええええええええすげええええええええええええええええええ本当にやってくるとは思わなかったです。ステップはもっと伸びやかにやりたいんだろうという意図は伝わってくるのですが、手足を美しく使う前に次の振付に移りざるを得ないように見えました。大きくなった体に動きが対応できるようになるには、もう少し時間がかかりそうです。黒装束ですが、衣装が完成していないのか忘れたのか。それとも海賊のドス黒い欲望を具現化した衣装なのか。

nathanniisan.png

マヨロフ
2A 3Lz<< 3F shaky
マヨロフが体積的に大きくなりました。そして生え際が順調に後退しております。初音ミクがネギ振ってる動画の曲でした。フィンランド開催のワールドを意識しての選曲ですね。変な振付だったので絶対かーちゃん振付だろうと思ってバイオを見たらビンゴでした。かーちゃんええぞー。

サモヒン
4T fall 1A 4S fall
うおおおお・・・ジャンプ2つとフィニッシュで転倒。前も調子よくなかったのに試合が続いてしまったから余計に悪かったのかも。

ビチェンコ
3A 4T ot 3F-3T
ホテルのフロントのような衣装で腕まくり、そしてチャンバーメイドスウィング。分かりましたよ、このプログラムの意図がね。これはホテルの支配人になったけど、チェックイン時の忙しさで宿泊客を裁ききれていないんですよ。でも終盤の自信に満ち溢れた表情から察するに、色々な経験を経て一流のホテルマンへの成長を遂げたということが分かります。そういうプログラムですねーさすがビチェンコさん。

ジョリヘン
3A 3Lz-3T 3Lo
ネーベルホルンで見たときとプログラムが変わりました。ジョシュ・グローバンのやつですね。You raise me upと同じアルバムに入っているやつです。美しい曲を美しく滑って普通に美しい演技でした。

jorihen.png

ペトロフ
3A 2Lz-3T 3F
2Lzになっても落ち着いて3Tをつけ被害を最小限に留めました。やはりもう少しパキパキ感が欲しいです。前も言いましたけど前半部分がねえ。ステップはいいと思うのですけど、トランジションがなあ。いつものペトロフみたいなゆったり感が出てしまって。

Pさん
4T so 3A so 3Lz-3T
エキシビションをSPにしました。ブラックバードさんです。ジャンプは2つ同じようにステップアウトしました。3Lz-3Tに向かうところの助走ですら美しいという他の選手との格を見せ付けられました。PCSが年々インフレ傾向にあって、下の選手が点数を上げるのに、Pさんは年々も9点前後をウロウロしているだけ。個人個人の選手の過去の演技を相対的に評価していて、選手同士の点数がそうはなっていないんじゃないのかなーとか。

リギーニ
4T fall 2A 3Lz tano-3T fall
昨シーズンのYou raise me upを続けてきました。またジョシュ・グローバンだーーーーーうわーーーーーーーーーーー。You raise~なのに荒ぶるプログラムだったはずなのに、今日は荒ぶりきらず丁寧に滑っていました。荒ぶるほどまだ整っていないということでしょうか。早く荒ぶってくださいね。

コフトゥン
4S-3T 4T so 3A
ステップアウトがありました。でも小さくガッツポーズをしていのたで、コフトゥンとしてはいい出来だったのでしょう。テストスケートで2クワド決めてしまったからここで失敗したのかも。試合でヒッチハイクの振付見ると想像していた以上におもしろい。ネタプロとして・・・羽ばたかせなさい・・・。

hitchhiker.png

コリヤダ
4T 3A fall 3Lz-2T
昨シーズンと同じ、軍団の皆さんにバカヤローと笑顔で殴りかかるビートたけしプログラムです。衣装はメロンからボスニア・ヘルツェゴビナ国旗風に替わりました。大事なシニア参戦2シーズン目の滑り出しは、転倒があってもコフトゥンとほぼ同じPCSをもらえました。これは上々と言えますね。1シーズンは活躍できても、次のシーズンは・・・ってことよくありますもん。

リュージュ
4T fall 3A 2Lz fall
昨シーズンと同じプログラムでした。4Tはともかく謎軸3Lz-3Tは降りたかったところですね。まさか2Lzで転倒とは。でもPCSは3項目が6点台に乗ったので悪い評価ではありません。まだ順位上げられますよ。それにしてもすげえ男前だ。隣に女の子が並んでも男前+小顔で公開処刑されるレベル。

ryuju.png


アイスダンスSD
1 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)69.63 PB
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)65.31
3 Tiffany ZAHORSKI / Jonathan GUERREIRO(ロシア)62.27
4 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV(ポーランド)60.62 PB
5 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)58.76
6 Olivia SMART / Adria DIAZ(スペイン)55.89
7 Cecilia TÖRN / Jussiville PARTANEN(フィンランド)46.66
8 Taylor TRAN / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)45.27
9 Emi HIRAI / Marien DE LA ASUNCION(日本)44.07
10 Olesia KARMI / Max LINDHOLM(フィンランド)42.80

赤ゲレ
エクスタティックツイズルがセクシーに決まりました。キーポイント1のスリーターンのところで男女がホールド組まずに滑るのかっけえ。お互いに挑発し合うようで。と思ったら後半の音楽がすごいアホなので、お酒に酔ったか薬で飛んでしまったみたいな解釈をするのも楽しいかも。ゲレイロが上手くなったような。このカップルは応援はしていたけど、正直ここまで伸びるとは思っていませんでした。これからも予想を裏切り続けてください。

ハベドノ
中途半端に混ぜたら「クソ編曲!」と言います。でもここまで混ぜまくると一周回って楽しいので、これを貫いて欲しいです。いつもより元気はなかったかなと思います。ヒップホップのパートはもっとダンスを踊ってくれい。男性のくたびれた木こりみたいな衣装もどうにかしてくれい。

カリスポ
2人とも少し若返りました。昨シーズンは、ジュニア上がりなのに子持ちのような雰囲気を帯びていましたから。特にスポディレフは髪を伸ばしたのが功を奏したようです。30年前のディスコにタイムスリップしたようなミッドラインがよかったです。

えみマリ
ツイズルをクリアしました。パターンダンスはキーポイント以外のところに粗が見えました。ブルース部分はまだ改善の余地がありそうです。スウィング部分は元気に、スピードも出ていましたし、何よりえみちゃんが楽しそうなのがいいです。楽しくないスウィングなんて。サンジェルヴェでは薄着だったオリ爺がかなり厚着に。秋ですね。

スマディア
キーポイント3の女性のスケートがもっと伸びていけば音楽に合って一層かっこよくなるだろうなと思います。でもまだ組み立てなので。このプログラム大好きなので、早く完成したところが見たいんです。見るのは3回目、4回目とかなんですけど飽きる気がしません。スマートさんの古めのお顔立ちもこのプログラムに合ってるんです。衣装も髪型もメイクも好き。

フルソレ
これも好きなプログラム。今シーズンはマリーさんの力が炸裂しています。どの生徒もいいんですよ。全然ワルツじゃないワルツよりブルースの方がいいわ。パターンの導入とパーシャルへの移行が自然でかっこいいんです。今シーズンのフルニエボードリーさんはリンクに上がるとシャキッといい女になります。ただの美人じゃないですよ。

ステブキ
ブキンの体調が心配されましたが元気でした。シーズンオフはおかしなツーブロックでしたが・・・・刈り上げてるのか。でもこれなら大丈夫。代名詞のピストルツイズルをクビにして、クロスフットのような形でツイズル。ツイズルは4つ連続にしました。さすがロシアで唯一ツイズルに心配がないシニアのカップル。パーシャルの軌道が鋭くてすごく魅了されましたし、ステパノワのスピンっぽい動きの入ったステップは2人が接触しそうな距離で滑っていました。すごく上手になっていて、ブキンのガッツポーズにもうなずけました。ついに、ついに、ついに、ついにステブキ覚醒でしょうか。ジュニア時代からずっと待ってたんですからね。リーダーっぽく「待たせたな」って言ってくれよ。
2016
10.08

フィンランディア杯 2日目 ペアリザルト・女子リザルト

ペアリザルト
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)197.78
2 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)169.10
3 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT(ドイツ)164.91
4 Ashley CAIN / Timothy LEDUC(アメリカ)158.63 PB
5 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)158.11
6 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)147.02
7 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT(ドイツ)127.55
8 Alexandra HERBRIKOVA / Nicolas ROULET(スイス)117.36 PB
9 Ioulia CHTCHETININA / Noah SCHERER(スイス)104.32

ケイン&ルデュク
3Lo-2Tは女性が両足着氷になって成功しませんでした。シングルをやっていたアドバンテージが生きるといいですね。スローはステップアウトやお手つきで、こちらもクリーンな成功とはいきませんでしたが、2人がとても嬉しそうなのでいいです。

アレウィン
2Aとスローループで転倒しました。シニアの試合はリフトが1つ増えますが、3つ目のリフト降ろす時にグラついたり、その直後のペアスピンがブレブレになってしまったり、エレメンツ1つが増えるだけでも負担は大きくなるものだと分かりました。

タラダニ
スケヘソ衣装のタラ・ケインさん。素晴らしいですね。3Sとシークエンスの後ろの2Aで女性が抜けました。スローは4Sを狙っているのでしょうがどうでしょうね。いまひとつ盛り上がりにかけるプログラムでした。

マリブロ
ツイストを上手くキャッチできずに女性が転倒しました。3T+3Tと3Sは着氷しました。ほとんど成功しない3Sを降りられたのはよかったです。スローは得意な3Sがダブルになりました。見せたいものが分かりにくいプログラムだ。

アスロゴ
人形その2でありました。ファンにはストーリーが理解できても一般人には何のことかさっぱり分からない編曲であります。やりすぎなこだわりだと思いますが、これで勝負をするならそれもまた見守ることにしましょう。3Loは転倒とステップアウト。体が傾く方向がシンクロしていました。エレメンツの質がそれぞれ上がっていくとなー。マルロゴ時代と比較するとリフトはまだまだという感じがしますし。

デュハラド
SPでは抜けた3Lzで再びメーガンが失敗。ステップアウトなので抜けよりはダメージが小さいですが。スロークワドサルコウは転倒、スロールッツはお手つき、3連続も決まらず、ジャンプはなかなか。昨シーズンのアデルよりさらにおとなしい音楽なので、後半のリフトパートに移った時が寂しくて、助走が目立ちます。メーガンのピンク衣装を楽しみにしていたのですが、普通に着こなせてしまう素敵なベージュピンクでがっかりでした。そういうのちゃう・・・もっと似合わないやつを期待してたんですよ。ラドフォードさんのパンツは黒じゃなくてネイビーとかブラウン系にしてはいかがでしょう。シャツだけ浮いちゃって違和感がありますぞ。

女子リザルト
1 Kaetlyn OSMOND(カナダ)187.27 PB
2 Mao ASADA(日本)186.16
3 Anna POGORILAYA(ロシア)182.80
4 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)165.59
5 Nicole SCHOTT(ドイツ)150.00
6 Courtney HICKS(アメリカ)149.80
7 Loena HENDRICKX(ベルギー)148.16 PB
8 Serafima SAKHANOVICH(ロシア)143.37
9 Joshi HELGESSON(スウェーデン)142.30
10 Viveca LINDFORS(フィンランド)137.10
11 Danielle HARRISON(イギリス)125.89 PB
12 Emmi PELTONEN(フィンランド)124.17
13 Karly ROBERTSON(イギリス)120.54
14 Liubov EFIMENKO(フィンランド)119.42
15 Helery HÄLVIN(エストニア)116.39
16 Aimee BUCHANAN(イスラエル)110.41
17 Dasa GRM(スロベニア)105.00
18 Yasmine Kimiko YAMADA(スイス)98.09
19 Ilaria NOGARO(イタリア)90.87

ジャンプ中にカメラを切り替えるの止めて欲しい。

リーザ
2A 3Lz-2T-2Lo 3F 3T ot-3T fall 3Lz fall 3S-2T 2A
このプログラムで結果を残さないと、ペールギュントに戻されてしまいそうで気が気ではありません。昔のクレオパトラの映画の曲で、今の選手が使うような分かりやすい曲ではありません。でもすごく挑戦しているから、これを続けて欲しいんです。

オズモンド
3F ot-3T 2A-2T 3Lz 3Lo shaky 3F 3S hd-1T-2Lo 2A so
SPでまとめてLPで大崩れというパターンを何度も見てきたので、これだけまとめられてよかったです。まとめた分、中盤のプログラムとしての面白味は足りなかったですけど、オズモンドはジャンプを戻していく途中だと思うので、eの修正や苦手な3Loの成功率の向上が着実になされているのは嬉しいことです。印象と違ってものすごいPCSが出ました。実はめちゃくちゃよかったのかな。

真央
2A 3F-2Lo 3Lz 2A-2T 3S 2F 3Lo
3Aとセカンドトリプルのない構成でした。後半の3Fの前のトランジションがなくて、ただ滑ってくるだけなので、みんながトランジションを詰めてきている今のトップ勢の演技では浮いて見えます。ステップはとてもよくて、SPよりこちらの方が好みです。SPとの差を出すためにストレートラインで突っ切るものを予想していたのですが、サーキュラーでグルングルンに左右のターンを入れて鮮やかの一言でした。ステップ以外の箇所は「シーズン初戦だねえ」という滑りなのに、ステップだけマジ。SPもそうでした。衣装は「これ動きにくい」と剥ぎ取られた後のような布の薄さでした。SPの仮面舞踏会を思い出します。

ポゴリラヤ
3Lz-3T shaky 3F hd 2A shaky 3Lz hd 3Lo-2T tano 3Lo-1Lo-3S 1A ot
ジャンプの着氷が乱れまくりました。加点のもらえるジャンプがありません。ジャンプの失敗が演技全体にも影響して、散漫な演技になってしまいました。悔しさで涙が出ていましたが、キスクラでは笑顔も見られました。顔怖いコーチに笑わせてもらったのか!

シーズン序盤の大会らしくグダグダな展開でありました。数年前のGPSの開幕戦のようでした。ロエヘンは大崩をせず7位に入りました。兄妹揃ってユーロトップ6もありそうです。

オズモンドはSPに続き3Lzには何のマークもありません。マークさえつかなければ大量加点を得られるビッグジャンプです。真央の3Lzにはアテンション。この3Lzの回転怖かったんですけど、回転不足は今回の演技は1つもつきませんでした。レベルの取りこぼしがもったいなかったです。トップ3は僕がスケーティングが好きな人たちばかり。ここから調子が加速度的に上がる呪いをかけよう。

mitton.png

今年もミトン

何か物足りないと思ったら、ピンクの鳥がいない!だから貼っておきますね。

鳥鳥


back-to-top