FC2ブログ
2018
11.13

ゴールデンスピンエントリー

http://www.isuresults.com/events/fsevent03111636.htm

グランプリファイナルの裏で開催されるチャレンジャーシリーズ最終戦。国内選手権ラッシュの前の週で、毎年有力選手が調整に使うことも多いです。

男子
1 Luc MAIERHOFER AUT 1
2 Shuai FANG CHN 2
3 Georgii RESHTENKO CZE 3
4 Aleksandr SELEVKO EST 4
5 Catalin DIMITRESCU GER 5
6 Paul FENTZ GER 5
7 Luke DIGBY GBR 6
8 Lap Kan YUEN HKG 7
9 Alexei BYCHENKO ISR 8
10 Mark GORODNITSKY ISR 8
11 Daniel SAMOHIN ISR 8
12 Alessandro FADINI ITA 9
13 Daniel GRASSL ITA 9
14 Jari KESSLER ITA 9
15 Nikita MANKO KAZ 10
16 Deniss VASILJEVS LAT 11
17 Diego SALDANA MEX 12
18 Davide LEWTON BRAIN MON 13
19 Thomas KENNES NED 14
20 Christopher CALUZA PHI 15
21 Yamato ROWE PHI 15
22 Maxim KOVTUN RUS 16
23 Andrei LAZUKIN RUS 16
24 Alexander SAMARIN RUS 16
25 Chadwick WANG SGP 17
26 Javier RAYA ESP 18
27 Alexander MAJOROV SWE 19
28 Nikolaj MAJOROV SWE 19
29 Jason BROWN USA 20
30 Alexei KRASNOZHON USA 20

まずビビったのはクリストファー・カルーザですよね。お船に乗ってショースケーターをしていたので驚きました。ソチオリンピックのシーズン以来の復帰となります。楽しみだねえ。ベテランから若手まで幅広いエントリーとなっております。有力どころではブラウン、ビチェンコ、サモヒン、コフトゥン、ラズーキン、サマリン、クラスノジョン、ヴァシリエフス、フェンツなどなど。コフトゥンは国際大会でも4回転バンバン決めてくれよな。

女子
1 Alisa STOMAKHINA AUT 1
2 Morgan FLOOD AZE 2
3 Ekaterina RYABOVA AZE 2
4 Charlotte VANDERSARREN BEL 3
5 Simona GOSPODINOVA BUL 4
6 Hongyi CHEN CHN 5
7 Hana CVIJANOVIC CRO 6
8 Patricia SKOPANCIC CRO 6
9 Kristina SHKULETA-GROMOVA EST 7
10 Nelma HEDE FIN 8
11 Oona OUNASVUORI FIN 8
12 Alissa SCHEIDT GER 9
13 Nicole SCHOTT GER 9
14 Nathalie WEINZIERL GER 9
15 Hiu Ching KWONG HKG 10
16 Elena RIVKINA ISR 11
17 Netta SCHREIBER ISR 11
18 Elisabetta LECCARDI ITA 12
19 Aiza MAMBEKOVA KAZ 13
20 Angelina KUCHVALSKA LAT 14
21 Elzbieta KROPA LTU 15
22 Paulina RAMANAUSKAITE LTU 15
23 Sofia DEL RIO MEX 16
24 Andrea MONTESINOS CANTU MEX 16
25 Kyarha VAN TIEL NED 17
26 Niki WORIES NED 17
27 Alisson Krystle PERTICHETO PHI 18
28 Minji JI KOR 19
29 Anastasiia GUBANOVA RUS 20
30 Anastasiia GULIAKOVA RUS 20
31 Anna POGORILAYA RUS 20
32 Antonina DUBININA SRB 21
33 Nina LETENAYOVA SVK 22
34 Dasa GRM SLO 23
35 Nina POLSAK SLO 23
36 Marusa UDRIH SLO 23
37 Marion PAPKA RSA 24
38 Kathryn WINSTANLEY RSA 24
39 Anita ÖSTLUND SWE 25
40 Noemie BODENSTEIN SUI 26
41 Yasmine Kimiko YAMADA SUI 26
42 Mariah BELL USA 27
43 Bradie TENNELL USA 27
44 Megan WESSENBERG USA 27

アンナ・ポゴリラヤの名前があります。ポゴリラヤで出続けるのですね。そう宣言していましたもんね。アンナ・ネフスカヤもちょっと見たかった。その他ロシアからはグバノワとグリアコワがエントリーです。クチヴァルスカも戻ってきます。アメリカからはベルたそとテネル。ロシアVSアメリカという構図になりそうですね。ミニマム導入前の世界選手権のようなエントリー数。女子SPだけで7時間かかります。

ペア
1 Justine BRASSEUR / Mark BARDEI CAN 1
2 Xuehan WANG / Lei WANG CHN 2
3 Lana PETRANOVIC / Antonio SOUZA-KORDEIRU CRO 3
4 Hanna ABRAZHEVICH / Martin BIDAR CZE 4
5 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT GER 5
6 Annika HOCKE / Ruben BLOMMAERT GER 5
7 Hailey Esther KOPS / Artem TSOGLIN ISR 6
8 Giulia FORESTI / Edoardo CAPUTO ITA 7
9 Zhansaya ADYKHANOVA / Abish BAYTKANOV KAZ 8
10 Liubov EFIMENKO / Dmitry EPSTEIN NED 9
11 Amina ATAKHANOVA / Nikita VOLODIN RUS 10
12 Ashley CAIN / Timothy LEDUC USA 11
13 Alexa SCIMECA KNIERIM / Chris KNIERIM USA 11
14 Deanna STELLATO-DUDEK / Nathan BARTHOLOMAY USA 11

ええええおえはへふほひ?となる新結成ペアがたくさん。ブラスールの姪とウクライナ代表だったバルデイが組んでカナダ代表になりました。バルデイは女性の急激な成長でペアバランスが崩れただけで能力のあった選手なので、これが成功してほしいです。またウクライナから有能な人材が流出してしまいました。でも選手のためになるから連盟えらい。ビダージュの新パートナーはベラルーシの女の子のようです。ハンナ・アブラジェビッチさん?エフィメンコはまさかまさかのオランダ代表に。この男子は双子でペア組んでいた選手ですね。いやーーー動いたねえ。ユーロや四大陸に出るには、ここに出ないとミニマム取る機会が少ないので、お披露目になのですね。久しぶりにワンワンも国際大会に出るよ (∪^ω^)わんわんお アメリカはトップ勢を派遣しています。

アイスダンス
1 Anna KUBLIKOVA / Yuri HULITSKI BLR 1
2 Mina ZDRAVKOVA / Christopher M. DAVIS BUL 2
3 Julia WAGRET / Pierre SOUQUET FRA 3
4 Shari KOCH / Christian NÜCHTERN GER 4
5 Katharina MÜLLER / Tim DIECK GER 4
6 Robynne TWEEDALE / Joseph BUCKLAND GBR 5
7 Beatrice TOMCZAK / Daniel ILLES HUN 6
8 Shira ICHILOV / Vadim DAVIDOVICH ISR 7
9 Jasmine TESSARI / Francesco FIORETTI ITA 8
10 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS LTU 9
11 Natalia KALISZEK / Maksym SPODYRIEV POL 10
12 Annabelle MOROZOV / Andrei BAGIN RUS 11
13 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV RUS 11
14 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV RUS 11

ドイツ・イギリス・イタリアの組はすでに何度も何度も演技を観ています。よく出るね~。ドイツカップル同士の直接対決多すぎやろて。シニカツの名前がありますが、彼らはよほどのことがない限りGPFに進出できるので、おそらく出ないと思います。でもカツラさん関連では、よほどのことが片手では収まらないほど起きていたんだった。


2018
10.17

アルペントロフィーエントリー

http://www.isuresults.com/events/fsevent03111625.htm

アルペントロフィーこと、インゲゾラーメモリアルは、オーストリアの女子シングルスケーター、インゲボルグ・ゾラーの名前を冠した大会です。今年初開催となります。今年はアイスチャレンジの開催がありませんが、エントリー数はアイチャレ並みに多いです。開催は11月13日~17日。1ヶ月後ですね。裏ではロステレコム杯が開催されます。

男子
1 Slavik HAYRAPETYAN ARM 1
2 Manuel DRECHSLER AUT 2
3 Luc MAIERHOFER AUT 2
4 Roman SADOVSKY CAN 3
5 Shuai FANG CHN 4
6 Radek JAKUBKA CZE 5
7 Tomas KUPKA CZE 5
8 Georgii RESHTENKO CZE 5
9 Daniel Albert NAURITS EST 6
10 Aleksandr SELEVKO EST 6
11 Valtter VIRTANEN FIN 7
12 Joshua ROLS FRA 8
13 Adam SIAO HIM FA FRA 8
14 Catalin DIMITRESCU GER 9
15 Jonathan HESS GER 9
16 Thomas STOLL GER 9
17 Harry MATTICK GBR 10
18 Adonis Wai Chung WONG HKG 11
19 Mattia DALLA TORRE ITA 12
20 Daniel GRASSL ITA 12
21 Jari KESSLER ITA 12
22 Igor REZNICHENKO POL 13
23 Se Jong BYUN KOR 14
24 Sunghoon PARK KOR 14
25 Maxim KOVTUN RUS 15
26 Konstantin MILIUKOV RUS 15
27 Marco KLEPOCH SVK 16
28 Gabriel FOLKESSON SWE 17
29 Lukas BRITSCHGI SUI 18
30 Micah Kai LYNETTE THA 19
31 Tomoki HIWATASHI USA 20
32 Camden PULKINEN USA 20

ご覧のエントリーの多さです。コフトゥンやサドフスキーなどが出場しますが、メインとなるのはジュニアと掛け持ちの選手ですね。アダム、グラスル、ヒワタシ、プルキネンがエントリーされています。なぜこうも上手く重なったのか。

女子
1 Kailani CRAINE AUS 1
2 Brooklee HAN AUS 1
3 Natalie KLOTZ AUT 2
4 Sophia SCHALLER AUT 2
5 Alisa STOMAKHINA AUT 2
6 Simona GOSPODINOVA BUL 3
7 Aurora COTOP CAN 4
8 Hongyi CHEN CHN 5
9 Michaela Lucie HANZLIKOVA CZE 6
10 Daniela KO CZE 6
11 Gerli LIINAMÄE EST 7
12 Kristina SHKULETA-GROMOVA EST 7
13 Emmi PELTONEN FIN 8
14 Julie FROETSCHER FRA 9
15 Laurine LECAVELIER FRA 9
16 Lutricia BOCK GER 10
17 Lea Johanna DASTICH GER 10
18 Nathalie WEINZIERL GER 10
19 Anna LITVINENKO GBR 11
20 Natasha MCKAY GBR 11
21 Karly ROBERTSON GBR 11
22 Tasya PUTRI INA 12
23 Sara CONTI ITA 13
24 Elisabetta LECCARDI ITA 13
25 Roberta RODEGHIERO ITA 13
26 Romana KAISER LIE 14
27 Elzbieta KROPA LTU 15
28 Greta MORKYTE LTU 15
29 Paulina RAMANAUSKAITE LTU 15
30 Sarah Isabella BARDUA NZL 16
31 Dabin CHOI KOR 17
32 Eunsol JANG KOR 17
33 Soyoun PARK KOR 17
34 Julia SAUTER ROU 18
35 Anastasiia GUBANOVA RUS 19
36 Daria PANENKOVA RUS 19
37 Anna TARUSINA RUS 19
38 Valentina MATOS ESP 20
39 Anita ÖSTLUND SWE 21
40 Yasmine Kimiko YAMADA SUI 22
41 Thita LAMSAM THA 23
42 Ashley LIN USA 24

うおーユーロの大会。ロシア勢はグバノワ、パネンコワ、タルシナがエントリー。韓国勢からはソヨンがリンクに戻ってきます。そして前週のNHK杯を辞退したはずのダビンの名前があります。昨シーズン試合に出場していなかったロデギエーロも戻ってきます。ペルトネンがロシア勢食うぐらいの活躍してくれたらおもしろいだろうなあ。

ペア
1 Zoe JONES / Christopher BOYADJI GBR 1
2 Rebecca GHILARDI / Filippo AMBROSINI ITA 2
3 Anastasia MISHINA / Aleksandr GALLIAMOV RUS 3
4 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU ESP 4
5 Jessica CALALANG / Brian JOHNSON USA 5
6 Sarah FENG / TJ NYMAN USA 5

上位勢が引退解散休養しまくったので、中堅・下位カップルからもGPSに補充されていった結果、チャレンジャーシリーズはどこも開催要件ギリギリです。かろうじて開催要件の5組を満たしました。ミシガリはジュニアとの掛け持ちですけど、シニアといういるべき場所にやってきたという方が正しいでしょう。

アイスダンス
1 Chantelle KERRY / Andrew DODDS AUS 1
2 Teodora MARKOVA / Simon DAZE BUL 2
3 Mina ZDRAVKOVA / Christopher M. DAVIS BUL 2
4 Hong CHEN / Zhuoming SUN CHN 3
5 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC FRA 4
6 Julia WAGRET / Pierre SOUQUET FRA 4
7 Shari KOCH / Christian NÜCHTERN GER 5
8 Jennifer URBAN / Benjamin STEFFAN GER 5
9 Lilah FEAR / Lewis GIBSON GBR 6
10 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 7
11 Carolina MOSCHENI / Andrea FABBRI ITA 7
12 Justyna PLUTOWSKA / Jeremie FLEMIN POL 8
13 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV RUS 9
14 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV RUS 9
15 Victoria MANNI / Carlo ROETHLISBERGER SUI 10
16 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER USA 11

まずはそうですねドッズですね。ドッズ in オーストリア。シニカツはスケートカナダとフランス国際にエントリーしています。この次の週にフランス国際なので、あまり移動の要らないここにエントリーしたのでしょう。インスブルックからグルノーブルは、スイスを飛び越えればすぐです。距離的には東京から広島の福山市に相当。ギニャファブはGPSをすでに終えた状態でのエントリーです。ドイツ勢、フィアギブ、マクカーとかよく見るな。

これを終えると2週間後のタリントロフィー、3週間後のゴールデンスピン(GPFの裏)でチャレンジャーシリーズが締めくくられます。アジアントロフィーがあったので、今シーズンのチャレンジャーシリーズ後半戦は1試合少ないです。
2018
10.08

フィンランディア杯 2日目 女子リザルト・アイスダンスリザルト

女子リザルト
1 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)202.85
2 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)200.74
3 Viveca LINDFORS(フィンランド)187.19
4 Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)187.13
5 Emmi PELTONEN(フィンランド)172.02
6 Veronik MALLET(カナダ)170.68
7 Yujin CHOI(韓国)162.80
8 Angela WANG(アメリカ)160.99
9 Pooja KALYAN(アメリカ)156.05
10 Hanul KIM(韓国)153.22
11 Karly ROBERTSON(イギリス)152.38
12 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)151.69
13 Ivett TOTH(ハンガリー)151.19
14 Eva Lotta KIIBUS(エストニア)151.02
15 Valentina MATOS(スペイン)135.16
16 Rika HONGO(日本)133.66
17 Yoonmi LEHMANN(スイス)133.08
18 Sophia SCHALLER(オーストリア)127.01
19 Lutricia BOCK(ドイツ)123.87
20 Natasha MCKAY(イギリス)122.01
21 Camilla GJERSEM(ノルウェー)120.34
22 Antonina DUBININA(セルビア)118.40
23 Michaela Lucie HANZLIKOVA(チェコ)107.20
24 Katsiarina PAKHAMOVICH(ベラルーシ)88.34

本郷
3F fall 3F fall 3Lz 2A-2T-2Lo 3S-2Lo 3S-2T 2T
まずはジャンプを確実に降りようという構成ですが、うまくいかなかったです。本人にしか分からないことがあるのかな。表情が冴えません。

アンジェラ
3F-3T 3Lz so 3T 2A-2T-2Lo 1F 3Lo shaky 3S shaky
3F-3Tを降りるのに、後半で崩れてしまう。うんうん、いつものアンジェラだな。今回は大丈夫かな?と思っても、失敗が連鎖します。ずっとボーカルが入った"Send in the clowns"ですけど、成熟した表現が乗っているから全然気にならないです。振付はタニス・ホワイトたんなんですね。彼女の振付は僕の脳みそ刺激しまくりです。

ハヌル
3Lz-3T 3Lo so 3F 3Lo-2T 3Lz fall 2A 2A-2T so
成長期に入って、ジャンプが難しくなってきました。回転が足りないもの、ギリギリのものが多いです。こういう時は「しょうがない!」と開き直って自分のできることをやるしかありません。雰囲気が垢抜けました。ダークブラウンの髪色似合ってますよ。

イヴェット
3F shaky 3Lo fall 3Lz hd 2A 1Lz 3T-1Eu-2S 3S+1A
ジャンプミスは多いですが、演じる上での要所は押さえていたので、崩壊というわけでもないです。手を体の後ろで組んでのファンスパイラルが美しいコレオシークエンスから高さのある2A。そして演技後半へ。曲が変わってエネルギッシュなステップシークエンスと美しいコンビネーションスピン。いいよー。

マレ
2A 3S 3Lo-2T 3T-2T-2Lo 2Lo 3T 2A
国際大会は2015年スケートカナダ以来です。おひさ~。3Fや3Lz(eあり)を持つ選手ですが、3Loまでのジャンプでまとめています。アデルの力強いボーカルとマッチしていました。スピンの出まできっちり音楽と合わせて、歌詞によってもスケーティングの雰囲気を変化させています。これがベテランのテクニックです。

ヴィヴェカ
3Lz-3T 3Lo 3F 3Lz-2T 2A 3S 2A-2T-2Lo shaky
ギャアアアアアアアアアアアアアヴィヴェカがこんなにジャンプ決めるの初めて見た!!!3Lo抜けるんでしょ?3F抜けるんでしょ?2本目の3Lz抜けるんでしょ?と疑いの眼差しで観ていてすみません。SPもLPも今シーズンのノーミス券使ってしまったけど大丈夫なのか。129点も出ました!うううううううううううううううよかったねええええええ。

ペルトネン
3T so 3Lz 3Lo-1T 2A-1Eu-3S shaky 2F 2Lo 2A
ジャンプに高さはあるのですが、上手く入ったものが少ないです。曲は"SAYURI"で世界選手権を意識した選曲です。ただ、衣装も振付も和を意識したものではないということ。ほのかに香る程度なのがポイントです。繊細な所作で、ノーミスなら高いPCSは当然のように出ると思うんです。とにかくジャンプジャンプジャンプ!フィン勢はジャンプさえ決まればワールドトップ10入れます。

コンスタンティノワ
3Lz tano-3T 3Lo 2A-1Eu-3S 2A 1F 3Lz df 3F tano-2T
テストスケート、オンドレイネペラ、フィンランディアと隔週でコンスタンティノワ。スケーティングスキルはご承知の通り。表現面ですと、アンナの苦悩する気持ちを表現するには、ややストレートすぎるのかなと思います。愛する人と一生に生きたいけど、子供もいるし、夫は過ちを許してくれると言うし、もう分かんないわ・・・ああああ・・・という葛藤が見えにくい。葛藤しましょう。

トゥルシンバエワ
3Lz tano 3F tano 2A-2T tano-2T tano 3Lo so 3S-3T tano 2A 3S-3T
よくタノりました。少し危ないジャンプもありましたが、コントロールしました。セカセカタンゴですけど、このセカセカが生きるのも、カナダで練習していた頃に他のジャンルの曲を滑ったからだと思います。エテリ国にい続けていたら「またこういうセカセカかよ」となっていたでしょうよ。

リーザ
3A ot 3Lz tano-3T tano 3Lz 2A-3T fall 3Lo 3S 2A-2T-2Lo
2013-2014シーズン以来の3Lz-3Tです。成功したのは2012-2013シーズン以来ですね。2A-3Tは転倒です。リーザは回転足りないと転倒するから分かりやすい。3Fはありませんが、3Aの基礎点の高さがメリットになるジャンプ構成になりました。トランジションとコンポジションが伸びませんでした。今回のジャッジはジャンプの出来に惑わされず、淡々とPCSを評価します。ジャッジ本来のあるべき姿です。リーザ調子いいから、このままGPSも価値抜いて、GPF出て、ユーロ出て、日本にも来てください。ミーシンがはしゃいで、紙の王冠をかぶせてあげる。運動会に来たおじいちゃんみたい。

アイスダンスリザルト
1 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)200.78
2 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)180.07
3 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)175.46
4 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS(カナダ)172.27
5 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV(ロシア)167.94
6 Juulia TURKKILA / Matthias VERSLUIS(フィンランド)163.49
7 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)159.67
8 Anna YANOVSKAYA / Adam LUKACS(ハンガリー)140.25
9 Shira ICHILOV / Vadim DAVIDOVICH(イスラエル)130.60
10 Emily MONAGHAN / Ilias FOURATI(ハンガリー)126.44
11 Mina ZDRAVKOVA / Christopher M. DAVIS(ブルガリア)103.85

トゥルヴェル
パパシゼの"ピアノ協奏曲"の路線ではあるのですが、決してパクりというわけではないです。美しい油絵から飛び出した美女が舞い踊った。そんな時間でした。スケーティングスキルは低いけど、後ろの項目高いです。

シュピスミ
2人の片腕、男性の胸元、個性の腰の布がない衣装。きっと布が足りなかったんですね。かわいそうに。すごく変なプログラムでした。コレオステップは機械的な動きでとてもおもしろかったです。テストスケートで観て唯一覚えているのが、地獄のカラスみたいなフィニッシュポーズ。かっこいいから僕もやりたい。脱臼しそうだからやらないけど。

マリロマ
古のメドレーから、現代のメドレーへ。しかしながらメドレーであることは変わらない。2人は永遠にメドレーを滑り続けるのだ。ブルーノ・マーズの楽曲は使い古されて久しいですけど、唯一の救いは、夏にカナダの大会で滑った時より遥かにキレがあることです。妻がずっとグルグル振り回されていました。回しすぎだぞ。

寿司酢組
オータムクラシックは裏被りがひどいのと、視聴者数をカウントするのに忙しくて集中できなかったから、今日は思いっきり楽しむぞと息巻いていました。The Weekedの曲を使ったのは覚えていたので、いいところを探しました。ハートの形になるコレオスライディングよかったです。昨シーズンの健全なイメージが足を引っ張って、ダークなイメージが沸かないです。

スマディア
男性のシャツを女性にかけてあげている風衣装なので、これはイジりがいと妄想しがいのあるプログラムです。リフト落としかけましたけど、引っ張り上げて減点回避です。女性の調子が非常によくて、男性とのバランスが取れていなかったのかも。このビートルズづくしは、深夜にやっている想い出のメロディー的な10枚組CDのCMっぽい。

ステブキ
メドレーが終わり"ブルース"の時間に。テストスケートの演技はイマイチパッとしなかったのですが、1か月経って随分変わりましたね。これすごくかっこいいやつじゃないですか。エレメンツの質はステップ以外言うことないです。国内の1番手争いはシニカツの追い上げありそうですけど、それを突き放す内容でした。まだパパシゼとチョクベイが試合に出ていない状態ですが、エレメンツの完成度は現時点で世界中のあらゆるカップルで一番だと思います。

週2試合消化という高地トレーニングのような4週間が終わりました。次週はジュニアグランプリ最終戦。その次の週にグランプリシリーズ開幕です。1試合ごときで私を倒せるとお思い?トレーニングの成果を見せる時だ!!!
2018
10.07

フィンランディア杯 2日目 アイスダンスRD・ペアリザルト・男子リザルト

アイスダンスRD
1 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)79.16
2 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)72.61
3 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS(カナダ)70.79
4 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)69.29
5 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV(ロシア)64.33
6 Juulia TURKKILA / Matthias VERSLUIS(フィンランド)62.46
7 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)61.33
8 Anna YANOVSKAYA / Adam LUKACS(ハンガリー)54.95
9 Shira ICHILOV / Vadim DAVIDOVICH(イスラエル)47.45
10 Emily MONAGHAN / Ilias FOURATI(ハンガリー)46.55
11 Mina ZDRAVKOVA / Christopher M. DAVIS(ブルガリア)37.84

エフバジ
女性が気持ちばかりのスケ。男性の衣装だけを見ると"グリース"のように見えます。曲は謎アレンジの"Come together"と、アモディオが2011年世界選手権で、ボーカル禁止されていたのにわざわざボーカル入りに編曲し直した「オッケー」の曲。かなりヒップホップ寄りの構成でした。男性の体力には問題なかったです。むしろ男性の方が生き生きと滑っていました。アリエフに続き、バジンにも「体力!スタミナ!」が言えなくなってしまいます。

ステブキ
パターンダンスでもタンゴ感のない曲をチョイスしたので、ほぼフラメンコのプログラムとなっています。衣装もフラメンコですね。ブキンはいつも通り透けています。ステパノワはグレーで手抜きっぽいのですが、よく見ると衣装の表面に透明な三角形の飾りが無数に散りばめられています。ミッドラインステップの後に、氷上に落ちた花びらを回収するために、レフェリーが笛を鳴らして演技中断。3分ほど中断したので、体力回復した状態でパターンダンスに入りました。まあ元気に滑ることなんの。中断は彼らの責任ではないので、これぐらいいいですよね。ダイナミックでステブキにピッタリのプログラムです。RDはステブキ>シニカツかなあ。ロシア1番手争い楽しいな。素敵なツイズルだったのに2人ともレベル1辛い。

シュピスミ
スミルノフはストライプ黒スケ衣装。中に襦袢を着ていないので見事に透けきっています。テンポを落としたちょいキモ"タンゴアモーレ"でパターンダンス。タイミングバッチリのツイズルで通常テンポに戻しました。シュピスミはクネクネしないので、この曲の3つの構成要件である疾走感・クネクネ・ドヤを満たせないんですよね。かわいいからな。路線が固まりつつあるので、それを打ち破るための矯正ギブスプロなのかもしれません。

ロシアはトリプルスケスケを達成しました。おめでとうございます。

スマディア
オータムクラシック以来のセクシーな喪服。これぐらいおもしろいと黒衣装でも大丈夫。オータムクラシックの何倍もいい出来でした。特に女性の表現が冴えていましたね。冷たい視線がたまらんですよ。反道徳的な美しさと申しましょうか、快楽に溺れていくように絡み合う2人の様子に引き込まれました。大人のタンゴですね。スペインの1番手いけるぞー!

寿司酢組
オータムクラシックでの記憶が抹消されているので、初見みたいなものです。男性のジャケットの赤いラインは体育教師のジャージのようです。シャツの上にジャージ着る教師いますよね。パターンダンスを終えて、レフェリーが笛を鳴らして演技中断。再び氷に落ちた花びら回収タイム。花束はきちんとラッピングしましょう!音楽がゆったりと流れていても、2人の動きにキレがあるので、トランジションがもっさりすることなく、ビートの効いたミッドラインステップに入っていきます。寿司酢さん筋肉素晴らしい。さすがカナダ人。

トゥルヴェル
今シーズンはRDもFDも良プロ鉱脈掘り当てておりまして、飛躍のシーズンになると思います。パターンダンスはまだまだな部分ありますけど、後半のフラメンコパートが素晴らしいです。ストップと退行する部分の振付がめちゃんこかっこいいし、ステップの出のツイズルまで決まっています。ルックスのよさも活きるというものです。トゥルッキラもベテランの年齢に差し掛かってきましたけど、シングル時代から続けてきてよかった。国内で下剋上ありますよ。

マリロマ
妻の衣装は金色と銀色の絵の具をバケツの水に溶かした色をしています。これこれ~~~フランスに求めているのはこれ~。男性の衣装にはネクタイとジャケットがプリントしてあります。これは地肌に絵の具で描いてあって、実は裸でした!ってやつだな。パターン深くていいですね。夫の膝の柔らかさが活かされています。ジュニア時代から膝が武器でしたからね。マリロマの"セルブロックタンゴ"と聞いて心配しかなかったですが、セクシーとまではいかないですけど、キューティーセクシーで独自のカラーが出ていました。女性はロキシーを演じているようなので、キュート成分強めでも問題ないですしね。スピードを出しまくってから入るステーショナリーリフトよかったです。女性の脚のポジションがリフトの出まで決まっていました。とてもよかったですね。いつの間にこんなに上達していたの。マスターズから連戦おつやで。

パターンダンスのキーポイントがNNNNの山です。クーーーーッ!ステブキがかろうじてレベル3を揃えましたが、他のカップルはすべてレベルB~2でした。きびすぃーーーーー。

ペアリザルト
1 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)198.98
2 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)193.93
3 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)188.54
4 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)176.09
5 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)175.05
6 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)162.78
7 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)162.03
8 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU(スペイン)152.94
9 Jessica PFUND / Joshua SANTILLAN(アメリカ)136.91
10 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA(日本)132.59

海龍
3Tw 3F fall 3T fall 2FTh 3STh
ソロジャンプは2本とも女性が転倒。スローフリップは元々2回転のようですね。スローサルコウ降りてから、コレオシークエンスでスピードを出し、グループ4、デススパイラルと急によくなりました。

タラダニ
3Tw shaky 3S-1Eu-2S shaky 3STh hd 2A ot 3LoTh
今シーズンも"白鳥の湖"です。タラダニといえばバレエプロ。ミスは非常に多かったです。全米フライングスタオベが巻き起こる(予定)キャリーリフトは決まったのですが、上手く下ろせずにグダグダっとしたフィニッシュになりました。2人とも笑うしかない。本来の2人のキレには程遠いので、体調が万全ではないのかもしれません。

アレウィン
3Tw 3T-2T tano 3LoTh 2S fall 3FTh fall
ホールドがきれいではないなので、組むとタンゴの雰囲気が壊れます。普通逆なんですけどね。挑戦といえばタンゴなのは世界の共通認識なのか、今シーズンタンゴがたくさんいます。アイスダンサーと比べられてしまうデメリットもあります。インタープリテーションをガクンと下げられています。コレオシークエンスは改良の必要があります。ダイレクトに言ってしまうとタンゴではなかった。

パブホディ
3F 3T-2T-2T 3Tw 3FTh shaky 3LoTh fall
3F降りられましたが2人の距離が通常の2倍ほどあったので、マイナス評価をしたジャッジもいました。全体的に2人の距離が遠くかったので、ペアスケーティングとしてのおもしろみは薄かったです。リフトで止まってしまったり、デススパイラルスリップしたりと細かなミスもありました。コレオシークエンスよかったです。男性が2Sを入れてオシャレな感じでした。ツッコミ所のないプログラムより、これぐらいハチャメチャな編曲の方がありがたい。

モーマリ
3Tw 2A-1Eu-3S df 3LoTh 3T 3STh shaky
男性の3Sが110度ぐらい足りずに両足着氷。3Tも危なかったです。スローサルコウは投げに失敗してすさまじい低さになりましたが、女性ががんばりました。女性のジャンプ技術大切ですね。"ピンクフロイドメドレー"なのですが、滑りが直線的で次の一手が予想できてしまうところが、このプログラムの欠点なのではないかと思います。あっと言わせる工夫があってこそ、選曲の必然性が生まれると思いますし。男性不調に見えました。

ボイコズ
3S so 3T-2T fall 3Tw 3STh so 3LoTh
3Sで女性がステップアウトしました。しかしボイコズはジャンプの着氷にたっぷり時間を使うので、転倒をしても起き上れるぐらいの時間を確保しています。少々のミスでは音楽に遅れません。ジャンプ3ミスあって120点も出たので、計算では130点目指せます。

タラモロ
3Tw 3S ot 3T ot-1T-1T 3FTh 3LoTh df
アイスダンスだと減点食らいそうなリズムのない音楽で始まりました。今シーズンから導入のスロールッツだかフリップだかどちらでもいいのですが、今回はフリップで高さを出して成功しました。淡々と音楽が進行していくので、これはタラモロのスケーティングスキルが試されます。表現に対しては元々そんなに期待をされているわけではないと思うので、技術と動きのシンクロで黙らせるしかない。ペア競技においてシンクロというのは、それだけで表現に変換できますから。うんしょ上げのグループ3はそろそろ外さないか。

男子リザルト
1 Mikhail KOLYADA(ロシア)250.58
2 Junhwan CHA(韓国)239.19
3 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)231.19
4 Nicolas NADEAU(カナダ)227.76
5 Dmitri ALIEV(ロシア)224.95
6 Matteo RIZZO(イタリア)217.68
7 Alexey EROKHOV(ロシア)214.59
8 Lukas BRITSCHGI(スイス)206.76
9 Sota YAMAMOTO(日本)205.79
10 Ryuju HINO(日本)205.15
11 Alexander MAJOROV(スウェーデン)202.55
12 Petr KOTLARIK(チェコ)181.51
13 Luc ECONOMIDES(フランス)180.40
14 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)179.25
15 Alexander JOHNSON(アメリカ)178.03
16 Daniel Albert NAURITS(エストニア)170.93
17 Nikolaj MAJOROV(スウェーデン)160.62
18 Javier RAYA(スペイン)160.40
19 Valtter VIRTANEN(フィンランド)153.17
20 Graham NEWBERRY(イギリス)150.06
21 Roman GALAY(フィンランド)145.83
WD Alexei BYCHENKO(イスラエル)

エローホフ
3A-3T 3S 3A 4T-2T 4T 3Lo-1Eu-2S 3Lz
4Sが3Sになったぐらいで、ジャンプの減点がありません。ジャンプを跳ぶためのプログラムで、その分トランジションが少ないゆったり設計となっています。シニアデビューだからこれぐらいでも大丈夫。フィンランドのジャッジがインタープリテーションで4.75を付けました。そんな?そんなか?リュージュのインタープリテーションにも4.00を付けていたので、このジャッジは音楽表現に相当なこだわりがある模様。

リュージュ
3Lz-3T 3Lz 3A-2T 2Lo 3A 3F 2A-1Eu-2S
リュウユヒノさん。Jがユなのね。イェニーとかユッシヴィレとか読みますもんね。衣装が一瞬ジャケットとタートルネックに見えました。船越英一郎になってサスペンスを演じるわけではないのですね。"ラ・ボエーム"の終盤のドラマティックな音楽の部分は表情も雰囲気もよかったと思います。そこまでの部分と明確に差がありました。僕の脳内で船越英一郎補正がかかっていたわけではあるまい。3Fのエラーなしでしたが、スローで確認するとアテンションが付いてもおかしくないと感じました。安定を考えるとSPの単独ジャンプで使えるのは3Sになるのですね。

草太
3A ot-2T 1A 3Lz-3T 3Lz hd 3F 3Lo 2A-1Eu-3S
まずまずという演技でした。ジャンプは次第に調子を上げていくとして、表現がまだ淡白なので、ハイライトを作って強くジャッジと観客にアピールすることが大切になってきそうです。着物風衣装で、帯の下もペラペラっと布があります。脚が短く見えてしまうのが難点です。SPの時自分で「鈴木大地に似てきた」って言ったら本当に鈴木大地に見えてきました。将来はスポーツ庁長官だな。

リッツォ
4T df 3A ot-2T 3Lz-2T 3Lo 3A 3F-1Eu-3S 3Lz
4Tは半回転足りなかったです。それ以外はまずまずまとめました。セカンドトリプルは入らなかったのですね。"ストーンズメドレー"は単体で考えると、実はそんなに悪くはない気がします。ファンががっかりしているのは「またこういうやつ?」という部分です。1曲1曲を明確に滑り分ければ作品として仕上がると思います。

クヴィテラシヴィリ
4S-3T 3A 3F-1Eu-3S shaky 3Lo 4T fall 2T-3T so 3F
出だしはよかったです。3Aが不安定なクヴィテラシヴィリにとって、理想的な3Aが入れられましたしね。後半2つの4Tは決まらずでした。繰り返しのジャンプは3Fと4Tですが、4Tが抜けたので咄嗟にセカンドジャンプを3Tに変更しました。エテリ帝国は、女子だけでなく男子にも品質の高い計算機が搭載されているのですね。輸出する予定はございますか?

ナドー
3A-3T 4T fall 3Lo 2A<< df 3Lo-2T 3F 3S
衣装にチャックが2つ。リッツォとペアルックかよ。eマークの付く3Lzは解雇しました。2本目の3Aは抜けて前向き着氷に。大技が決まらなかったです。スピンステップコレオシークエンスで加点がどっさり付きました。驚異的な躍動感でした。演技終盤でも演技開始直後と同じぐらいの勢いで滑っていました。前のめりで怖いぐらいに元気でした。コンセプトは理解できませんが楽しい演技でした。今回は8点台までPCSが伸びました。

アリエフ
3S 2T 3T 3F 3Lz-1Eu-3S 2A 3Lz-2T
わーい黒衣装じゃなくなった!ボヤけた水色。安易な黒は危険です。そして2Aを跳びました!!!!!!!!ジャンプのキックアウト回避成功(これが普通)。世界選手権の女子の第2グループのような構成になってしまいましたが、ジャンプが抜けまくっただけあって体力は余裕でした。この余裕と4回転3本が同居できたらいいんですけどね。体力と4回転は嫁と姑みたいなものだから。

ジュンファン
4T 2S so 3Lz-3Lo 3A-2T 3A fall 3F-1Eu-3S 3Lo
両腕のライン、ボディラインが美しくなりましたねえ。編曲・・・・・?これはいいんですよ、なぜなら「ジュリエーーーット!」がおもしろいから。他のロミジュリと混ぜていないですし。混ぜるな危険。スピンの入りで転倒してお尻スピンフィニッシュしました。かわいそうだけどかわいい。絶対に銀メダル獲るマンになったのか。

コリヤダ
4T shaky 3Lz 3A 3S-2T 3T 2Lo so 3Lz-1Eu-2S
前のめりになった4Tに+4をつけたスイスのジャッジどうした。お腹空いていたのかな。ジャンプはやや抜け。男子でド直球な"カルメン"を演じる選手は少ないので、それをやるのがスキルの高いコリヤダでよかった。男子トップ選手がこの演目滑るのって・・・ライサ以来?
2018
10.06

フィンランディア杯 1日目 ペアSP・男子SP・女子SP

我々の戦いが本格的に始まるぅ。

ペアSP
1 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)73.27
2 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)67.81
3 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)66.52
4 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)63.47
5 Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)62.26
6 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)62.22
7 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)52.53
8 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU(スペイン)52.46
9 Jessica PFUND / Joshua SANTILLAN(アメリカ)48.35
10 Miu SUZAKI / Ryuichi KIHARA(日本)46.12

パブホディ
3Tw 3T 3FTh
これはサフゾルがソチオリンピック直前まで使用していたSPの曲ではありませんか。あれよかったのにね。パフォーマンスとインタープリテーションが低かったので、どんな棒立ち演技したんだろうと想像していたのに、普通でした。何がそんなにいけなかったのだろう。2人の移動距離には差がありながらも、きちんと揃っていたし、曲の雰囲気壊すようなこともありませんでしたのに。

ボイコズ
3S 3Tw 3STh
ロンバルディア杯では映像が沈黙して何がおこなわれたのか、誰も知らなかったボイコズのSP。"黒い瞳"のジャズアレンジでした。男性はジャズマンになっています。演じているのはジャズマンとシンガーの恋模様でしょうか。この曲になると大体セクシーかエキゾチックに演じると決まっていたので、新たな解釈で楽しいです。ボイコズものすごく安定していますね。ストルボワ&ノボセロフはリリース待ちで国際大会に出られませんし、ロシア3番手が現実味を帯びてきました。

海龍
3F fall 3Tw 3STh shaky
男性の手から包帯がなくなりました。ソロジャンプは3Lzではなく3Fです。アテンション判定です。3Lzはどこへ。ツイストは抱えてしまい、スローサルコウはシェイキーランディングに。ステップはパッション出せていたと思います。もう少し滑ればいいのですけどね。女性のフラメンコ衣装は背中を開けた方がすっきりして見えると思います。今のままだと朱色でのっぺりして見えます。

モーマリ
3Tw 3T 3LoTh fall
オータムクラシックではあまり調子がよさそうではなかった2人。低いツイストがとてつもなく低かったですからね。今日はいつもの低さに近かったです。デススパイラルでレベル4の上、GOEで+4がたくさん付いています。これは大きいです。上位ペアでもこんな点数もらえないですよ。男性の回転軸や腕の角度が一切動くことなく入りから出までスムーズにおこなわれました。力を使っているようにも見えませんでした。スローで珍しく転倒しましたけど、前回より全然いいです。

タラダニ
3Tw 3S 3STh
ヴォーギングみたいでかっこいい。特にスローサルコウ前のダンスリフトがかっこいい。デススパイラルは女性の腰がまったく落ちていないのでノーバリューとなりました。ソロスピンがズレたり、リフトの着氷で転倒してしまうミスもあって、後半はよくなかったです。男性が腕立て伏せのポーズでフィニッシュしました。ユニーク。

タラモロ
3Tw 3T 3LoTh df
南国に新婚旅行にきたカップルが、お揃いの腹巻き付けているような衣装です。ステップシークエンスでは、頭にミラーの動きを入れるだけで大半がサイドバイサイドで構成されています。しかもサーキュラーのような形です。女性が滑らないのをストレートラインで誤魔化すペアが多いのですが、このペアは女性も男性についていけるだけのスケーティングスキルがあるから成立させられています。スケーティングスキル世界一番手は伊達ではないのです。

タラモロを知るにはこの質問コーナーが(英語字幕あり)おすすめ。これを観ると、スーパーシャイな2人に表現の爆発を求めすぎることを申し訳なくなるのです。
https://www.youtube.com/watch?v=jbGDZ3sRTc0

アレウィン
3Tw 3T 3FTh so
聞き覚えがあるのは、デラモデルと曲被りしているせい。モントリオールに移籍して変わったのは2人のコネクションとトランジションでしょうか。これまでエレメンツに集中して、それ以外の部分で見どころが薄かったですから。2人とも見た目が洗練されました。モサかったのに・・・ちょっと寂しい。

白鳥組
3Tw 3T 3FTh
ツイスト下ろしてから、男女がそれぞれ別の方向を向いて滑るところが素敵。ここでハート鷲掴み。自然に加速してスローフリップ。ソロスピンの準備動作が少なく、スピンを終えてからすぐにステップシークエンスに入ります。エレメンツとエレメンツがシームレスに繋がれていて、ペアとしての成長が垣間見えます。素晴らしかった。YouたちGPSの表彰台乗っちゃいなよ。

男子SP
1 Mikhail KOLYADA(ロシア)85.20
2 Junhwan CHA(韓国)84.67
3 Dmitri ALIEV(ロシア)79.36
4 Nicolas NADEAU(カナダ)79.17
5 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)77.52
6 Matteo RIZZO(イタリア)76.53
7 Alexander MAJOROV(スウェーデン)73.41
8 Sota YAMAMOTO(日本)72.16
9 Ryuju HINO(日本)70.92
10 Lukas BRITSCHGI(スイス)68.40
11 Petr KOTLARIK(チェコ)62.86
12 Alexey EROKHOV(ロシア)62.16
13 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)60.61
14 Luc ECONOMIDES(フランス)59.57
15 Alexander JOHNSON(アメリカ)59.42
16 Valtter VIRTANEN(フィンランド)59.18
17 Daniel Albert NAURITS(エストニア)56.26
18 Javier RAYA(スペイン)55.51
19 Graham NEWBERRY(イギリス)52.99
20 Nikolaj MAJOROV(スウェーデン)50.97
21 Roman GALAY(フィンランド)48.99
22 Alexei BYCHENKO(イスラエル)46.90

ジュンファン
4S 3Lz-3Lo 3A
外国で練習を積むシンデレラことジュンファンの元に、大統領がやってきて、魔法で兵役免除をしてくれる。しかし12時の鐘が鳴るまでに国際大会で上位の成績を収めないと魔法が解けてしまう。最終的にアジア大会で優勝して兵役免除に。というストーリーの可能性。前髪の感じも相まって、一瞬メドベージェワに見えました。4Sはアンダーローテーションでした。ひとつひとつの動きが大きくて、すごく分かりやすいです。スピンのポジションも美しい。踊りもすごくきれいになりました。この夏の間に何が起こった。

コリヤダ
4T fall 3Lz-3T 3A hd
普通に滑っているだけでも怖いぐらいにエッジが倒れていて、ヌメヌメヌメヌメ進んでいきます。このスケーティングがあれば、どんなジャンルの曲でも滑りこなせるでしょうね。今日はジャンプがよくなかったですけど、スピン・ステップと穴はありません。

リュージュ
3Lz-3T 3A 3S
吉本興業所属。漫談をするリュージュ、謎かけをするリュージュ、フリップ芸をするリュージュ、モノマネをするリュージュ。ふふふ。謎軸3A降りられました。ジャンプにミスはありません。「点数結構出てるやんけ!」の表情でした。

ナドー
3A 4T fall 3Lo-3T
ガタイが成長しました。体が四角い。4Tは前向き着氷で転倒です。ジュニア時代に滑った英仏語ミックスのコミカルプロっぽい路線。それの大人バージョンみたいな。背が大きくて、リーチもあるので迫力があります。リンキングフットワークがいいですね。PCSはコリヤダ、アリエフに次ぐ評価です。

ビチェンコ
4T<< df 1A<< 2Lz-2T
2018年に"Requiem for a dream"ですと?使うスケーターがいなくなっていたので逆に新鮮です。"Otonal"に並ぶ逆新鮮状態。いいぞいいぞ発掘しましょう。4Tも1Aも前向き着氷。1Aは1回転なので0点。2Lz-2Tなので2Tがノーバリュー。ジャンプで得たのは合計3.36点でした。2A1本分ほどです。ビチェンコさんは、ジャンプを降りて印象を押し上げていくタイプのスケーターなので、ジャンプの失敗がモロに影響してしまっています。6点台半ばまでしかPCSが伸びませんでした。

クヴィテラシヴィリ
4S fall 3A 4T-3T
お月さまプロ。今シーズンはお月さまから逃れることはできない。極夜ですね。4Sはダウングレードで転倒ですけど、得意ではない3Aが入りました。上手く揃わないなあ。お月さまプロでピアノを奏でる振付があるのにズンドコビートまで入るという、独特な構成であり、彼にとってはテンプレ構成。夜までピアノの練習して、やけになってDJになろうと夢想したけど、やっぱりピアノがいいやってなるのかな。考えても意味不明ですが、あなたはそのままでいいんですよ。

ラヤ
3A fall 3F-2T 3Lz<< df
ジャンプは高さが出ていないです。ひょっとしたらオフが長かったのかもしれないですね。スピンはいつもの彼でした。感情表現の部分はよかったです。イカつい表情でシュパシュパ動くので、悲哀を込めて滑れていたので、今までより演技がよく伝わってきました。

アリエフ
4S fall 3A 3T-3T
4Sは転倒、4T-3Tが3T-3Tになりました。それでも79点も出せるようになったのアリエフ。背中で語るようになった。スタミナの問題が解消されてきた今、僕は彼にどのような言葉をかければいいのだろう。「アクセル跳び忘れないで・・・」なのか、「膝くるフリップカムバック・・・」なのか。

リッツォ
3A shaky 3Lz-3T 3F
軸の曲がった3Lzはセカンドジャンプで修正しました。3Fは直前のステップも含めきれいに決まったのですが、降りて少ししてから転倒しました。2人のジャッジはエレメンツでの転倒と判断したようです。柔らかさがありながら、胸を張ってシャンともしています。シニアのスケーターですね。

草太
3A 3Lz ot-3T hd 3F ot
どんどん顔が濃くなってきている。鈴木大地入ってきた。3Lzはオーバーターンから3Tへ。ステップアウトして両手を付いたので大きな減点です。3Fのオーバーターンから自然にステップシークエンスに入りました。もちろんGOEでの減点はありますけど、プログラムには馴染んでいます。大きなバックアウトツイズルからイーグルでステップを終え、コンビネーションスピンへ。スケールの大きな演技です。この曲を聴くと、ニキータ・カツァラポフさんぐらい張りきらないといけない気分になるけれど、決してそんなことはない。しっとりでいいのです。

ブリチギー
3A shaky 3Lz ot-3T 3F
力がいい具合に抜けていました。ふにゃふにゃというわけではないです。スピナーというわけではないですけど、スイス選手だけあって安定しています。ニースライドの使い方もいいし、音を丁寧に拾って演技していました。とても好感が持てます。

マヨロフ兄
4T ot 3A 3F-1T
兄弟で一緒の試合に出場。プログラムのヘンテコ度は兄の圧勝です。弟よ、変プロの高みを目指せ。兄は今シーズンで引退だから枠が空くぞ。北欧3カ国のジャッジは評価高いです。こういうの好きなんですね。

エローホフ
4S hd 1A 4T fall
ジュニアの中だと大人だけど、シニアに混ざると年相応。コンビネーションスピンはトラベリングをしたのでマイナス評価のジャッジもいます。ジュニアでは未知のSP2クワド構成。失敗した時のリスクは高いです。4Tは一旦着氷できたのですけどね。堪えられずステーンと転倒しました。後半の音を表現するのは骨が折れそうです。難解な表現が要求されるので、こちらとしても噛み応えがありそうで嬉しい。今シーズンは挑戦のシーズンですから。

女子SP
1 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)73.83
2 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)70.95
3 Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)65.39
4 Emmi PELTONEN(フィンランド)60.48
5 Pooja KALYAN(アメリカ)58.42
6 Viveca LINDFORS(フィンランド)57.69
7 Veronik MALLET(カナダ)57.51
8 Ivett TOTH(ハンガリー)55.57
9 Hanul KIM(韓国)53.76
10 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)52.91
11 Yujin CHOI(韓国)50.62
12 Karly ROBERTSON(イギリス)49.20
13 Angela WANG(アメリカ)48.36
14 Valentina MATOS(スペイン)48.14
15 Rika HONGO(日本)46.54
16 Eva Lotta KIIBUS(エストニア)45.65
17 Sophia SCHALLER(オーストリア)45.48
18 Yoonmi LEHMANN(スイス)44.84
19 Camilla GJERSEM(ノルウェー)44.25
20 Antonina DUBININA(セルビア)43.06
21 Lutricia BOCK(ドイツ)42.83
22 Natasha MCKAY(イギリス)41.36
23 Michaela Lucie HANZLIKOVA(チェコ)36.72
24 Katsiarina PAKHAMOVICH(ベラルーシ)32.60

リーザ
3A ot 3T-3T 3Lz
3Aオーバーターンですが入りました。この構成ですと、ザギトワよりも基礎点が3点ほど上になります。3Aの威力とはそれだけ強力なのです。今回のジャッジは点数の付け方が分かりやすいです。課題のあるところは飛び抜けて低く付けられます。リーザの場合はトランジションですね。女子の中で最もスケーティングスキルとトランジションのギャップがあります。クロスフットスピンのもがくような手のポジションいいですね。そこからのニヤッとしたフィニッシュもいい。酔いが醒めて、明け方のコンビニで中国人店員に、笑いながらタバコ取ってもらうマダムやね。週刊リーザ発行していた頃の調子のよさを取り戻しているのかも。第二次全盛期くるか。

コンスタンティノワ
3Lz tano-3T 2A 3F tano
3Tはアンダーローテーションです。この回転不足は慢性化しています。3Fは減点をしたジャッジがほとんどです。これは構えが長すぎることが原因でしょう。アーチの美しいスピンにはうっとり。一歩の大きな滑りでワチャワチャ盛り上げたまま演技を終えました。一番の売りですから、何を見せるべきか分かっていますね。

アンジェラ
3F fall 1Lo 2A
ここのところマークは何もついていなかった3Fにアテンションが付きました。スローで確認したところピターっとフラットな踏み切りでした。力強いスケーティングも美しいレイバックスピンもいつも通りのアンジェラだったので、ジャンプだけが上手くいかなかったのですね。ワンテンポ演技終わるの早かったでしょうか。

トゥルシンバエワ
3Lz 2A 3S-3T
曲は違えど同門でお月さまプロ被り。スケーティングスキルよりもトランジションの評価が僅かながら高いです。単に高密度なだけではなく、小柄な体を活かしてきっちり処理していけますからね。小さいのも悪いことばかりではありません。

ヴィヴェカ
3Lz-3T 3F so 2A
大技を決めたのに3Fステップアウト、2Aアンダーローテーションというところがヴィヴェカっぽい。安定の不安定。"オペラ座の怪人"を1曲だけで、しかも女性らしさを前面に押し出して演じる。それがスケート界ではレアで称賛されるという。ベタに女性らしい演技する選手は必要。

本郷
3T 2A 2F
ダウンタウンDX始まるかと思ったら、"キル・ビル"でした。3Tも2Aもスピードに乗れず、思ったように上がらない感じです。変曲がユーロっていたので、観客は沸いていました。日本人でこんなプログラム滑る選手がいるとは。

ペルトネン
3T-3T 1Lo 2A
今シーズンの衣装も美しい。キーラの後釜だわ。レイバックスピンはアーチの角度としては物足りないという声があるかもしれませんが、アップライトスピンとしてはすごくいいと思います。ステップシークエンスは、ものすごく細かい音まで拾ってステップ踏みました。もちろん地元だから点数が伸びやすいというのはありますけど、国際大会でも7点台は確実に出るだろうという滑りでした。衣装や美貌だけでなく、成長曲線までもキーラっぽくなってきましたよ。ジャンプ1本ノーバリューで60点ですから、国内選手権なら70点近くいくかもしれませんね。

ブロック大会観戦の方は強風に気を付けてください。
back-to-top