2018
05.15

リアム・フィルス 引退

https://skatecanada.ca/2018/05/olympian-liam-firus-retires-from-competitive-competition/

リアム・フィルスが引退を発表しました。エラッジ・バルデの引退発表があった際に、フィルスの今後について述べている記事を発見し、何となく読めていた引退。毎日スケートカナダのホームページを確認しておりましたが、ついに。

初期は、Pさんのコピーかのようなスケーティングで脚光を浴びました。さぞ力を使わずに滑っているのだろうなと思いきや、転倒をしていないのに後半になるとスピードが劇的に落ちる選手でした。カナダ国内の評価は非常に高く、苦手な3AのミスをPCSでカバーし、常に上位争いに食い込みました。

後半激バテ問題が解消されたのは2015-2016シーズン。ムーランルージュが2シーズン目に入ったあたりでしょうか。このシーズンはカナダ選手権で2位に入り、世界選手権に出場する予定でした。結局、3枠が欲しいスケートカナダの思惑に振り回され、理不尽にも代表を外されました。今までどこの連盟も欲を出して失敗してきたことなのに懲りないな・・・と思いましたね。

今シーズンにはUSクラシックでクリーンな3Aを降り、カナダ選手権でもなんとか3Aを堪えられました。今まで散々苦しめられてきた3Aと、最後の最後で和解の方向に向かったのです。大事なカナダ選手権ではSPでズボンを固定するストラップが外れてしまうトラブルに見舞われ、思うような結果は残せず、2度目のオリンピック出場はなりませんでした。

Pさんコピーじゃんと言われることの多かったフィルス。僕も途中までは同感でしたけど、スタミナ問題が解消されてからは、そうは感じなくなりました。Pさんはじっくりと熟成されているけど、フィルスは爽やかでダイレクトにくる感じ。愚直なまでの誠実さが表れているような、無鉄砲に走り抜ける雰囲気が好きでした。同意されないかもしれないけれど、僕はそう思っていたので、それでいいんです。それぞれの見方がありますから。

引退後は銀行で働くとともに、友人のエラッジ・バルデと一緒に、スケートグローバルというプラットフォームを立ち上げ、コーチや若いスケーターにトレーニングメソッド等を提供していくそうです。フィルス家2度目のオリンピック出場は、弟に託されるのであった。

競技生活お疲れ様でした。これがカナダ引退波状攻撃第5波
2018
05.11

カヴィタ・ローレンツ&ヨティ・ポリゾアキス 解散

Kavita has decided to end her competitive career. I wish her all the best in pursuing her new chapter in life. I first would like to say thank you to everyone who supported me throughout the past 3 years. Transitioning to Ice Dance was one of the best decisions of my life and I have absolutely no regrets. Leaving my family and my life back home in Germany wasn’t easy, but moving to Detroit, thankfully, felt right very quickly. I met new friends and people that are close to my heart, who I now call my American family. I’ve been growing as a person and have learned so much more about myself; that’s one of my proudest personal achievements. In a very short amount of time, we managed through hard training to become the national champions of our country, not only once but three times in the row. We managed to compete successfully for our country internationally at big competitions and we managed to achieve every athlete’s dream - to be an Olympian. I wish I could’ve continued the next Olympic cycle the “easy way” but what is easy in life? I truly believe everything happens for a reason! I’ve been working on some new projects the last couple of weeks which I’m excited to disclose very soon. While I look forward to what the future brings, I would like to put myself out there to see if I can find a match to continue my career as an ice dancer. There’s only a short period of time for us to be athletes and I want to make the most of it. I really love to compete, and I hope to find a partner who is passionate about skating, committed to our partnership and in it with a full heart.

Joti Polizoakisさん(@jotipolizoakis)がシェアした投稿 -

ヨティ・ポリゾアキスより、カヴィタ・ローレンツの引退が発表されました。これによりカップルは解消とり、ポリゾアキスは新たなパートナーを探し、現役続行の道を模索することになります。

今シーズン伸びたカップルの1組でしたので、この発表には衝撃が大きいです。ポリゾアキスのシングルからの転向がフィーチャーされがちですが、時期に差はあれどカヴィタさんの方も転向組でして、シングルから転向してドイツを引っ張ってきた2人でした。転向1年目に普通に上手くて驚かされ、素敵なアメリを見せてくれました。その後シーズンオフに解散して、即再結成をするという謎の時期を過ごしました。

2シーズン目は停滞のシーズンでした。なかなかフラメンコの表現や音の刻み方を物にできないままシーズンが終わりました。そして今シーズン、再び上昇気流に乗りました。苦手に思える情熱的なサンバの表現をがんばっていましたし、強気と神経質さが同居したプライドと偏見は、2人にピッタリなプログラムでした。オリンピックでも世界選手権でもいい演技でしたし、22歳同士の若いカップルでしたので、このまま少しずつ順位を上げるのだろうなと思っていました。またズエワチームから選手いなくなるじゃん・・・じゃん・・・。

ポリゾアキスは競技を続けるそうなので、いいパートナーが見つかることを願います。カヴィタさんは、恋人のデイヴィダス・スタグなんとかさんととても幸せそうにしているので、人生の次のチャプターも楽しんでもらいたいと思います。

もう・・・そろそろ若い有望ペア・カップルの解散止まってえ・・・・・。
2018
05.05

エラッジ・バルデ 引退

https://skatecanada.ca/2018/05/national-team-skater-elladj-balde-retires-from-competitive-competition/

最後のシーズンであることを公言していたエラッジ・バルデも正式に引退を発表しました。連盟ちゃんとしてる。

ロシア人とギニア人のハーフで、ロシア生まれのモントリオール育ちのカナダ人。ポニーテールを解くと爆発するロングヘアー。一発で覚えられるスケーターです。ジュニアから~シニアに上がったぐらいでは、スケーティングがあまりよくならず、突き破れない感がありました。佐藤有香さんのチームに移ってからは改善傾向になり、モントリオールに戻ってからは、スケーティングと彼の得意な選曲が上手く噛み合って素敵なスケーターに成長しました。それを象徴するのが、2015年ネーベルホルン杯の優勝です。現役最後の試合となった2018年カナダ選手権SPは、彼のベストパフォーマンスでした。彼本来が持つ全方位へのプレぜーテンション能力、デトロイトで磨いたスケーティング、モントリオール産コレオ。三位一体となった演技でした。Pさんが「バルデさん出てほしい!」と枠取りをがんばったソチにも、最後のチャンスだったピョンチャンにも、結局オリンピックには出場なりませんでした。しかし、生粋のパフォーマーであることは、キャリアを通じて世界に証明されました。エキシビションの招待選手制度ができてからは、それに引っ張りだこだったことからも、それが分かります。

引退後はプロスケーター、振付師になります。また友人のリアム・フィルスと一緒に"スケートグローバル"という会社を立ち上げ、コーチや若いスケーターにトレーニングメソッド等を提供していくそうです。

そんな話がありましたので、リアム・フィルスに関して調べてみますとこのような記事を発見しました。
https://www.toronto.com/whatson-story/8369902-liam-firus-to-headline-silver-blades-skating-club-s-upcoming-ice-show/

マーチャントバンク(為替や証券を扱う銀行らしい)での仕事が決まっているので、フィルスも引退するっぽい・・・。

バルデはご存じのパフォーマンス力ですし、バックフリップという大技もあります。これから長くプロスケーターとして活躍してくれることでしょう。カナダ連盟からの引退発表波状攻撃第4弾でした。
2018
04.27

アナ・ドゥシュコバー&マルティン・ビダージュ 解散

http://www.ceskatelevize.cz/sport/zimni-sporty/krasobrusleni/373428-necekany-konec-krasobruslari-duskova-s-bidarem-uz-spolu-zavodit-nebudou/

寝耳に大洪水のニュース。アナ・ドゥシュコバー&マルティン・ビダージュが解散です。海外で練習したいビダージュと、勉強をしながらプラハで練習したいアナちゃんの間で意見が別れ、解散することになったのだとか。2人とも現役続行を希望しており、新しいパートナーを探します。

本当に残念です。今シーズンは女性の怪我があり、ネーベルホルン杯の後オリンピックにぶつけ本番で挑みました。そこできっちりSP通過を果たし、世界選手権でも吸いつくような滑りで11位という好成績を残しました。2人ともシングルと掛け持ちしながら競技生活を続け、2016年にはチェコスロバキア時代を含め、チェコ初の世界ジュニアチャンピオンに輝きました。これから明るい未来しかないペアでした。男性は海外に行くとのことなので、外国人とのペア結成もありそうです。いいパートナーが見つかってほしい。

うわあ・・・・・マジか・・・ベテランの引退はスッキリさよならできるけど、これはキツい。
2018
04.27

エフゲニー・クラスノポルスキーがパートナーを探しているようです

http://icepartnersearch.com/showbio.php?i=6277

僕のシーズンオフ中の日課はパートナーサーチを見ること。すると見覚えのある名前がありました。"エフゲニー・クラスノポルスキー" 今シーズンはペイジ・コナーズとペアを結成してピョンチャンオリンピックに出場。ツイストもスロージャンプも手堅く決める普通に上手いペアでした。それなのに解散。1年ぶり5度目の解散。

クラスノさんの経歴
2009年 ダニエル・モンタルバーノ(ミハル妻)とペア結成
2013年 解散
2013年 アンドレア・ダヴィドヴィッチとペア結成
2014年 ソチオリンピックに出場後すぐに解散
2015年 アデル・タンコワとペア結成
2016年 解散
2016年 アリーナ・チェルニャフスカヤとペア結成
2017年 解散
2017年 ペイジ・コナーズとペア結成
2018年 ピョンチャンオリンピックに出場
2018年 解散

しかもコナーズは、「ペア結成1周年だよ!」という投稿を1か月にしたばかりだし、クラスノさんは数日前までコナーズとの写真をアップしていました。何があったのさ。
back-to-top