FC2ブログ
2019
08.05

新ペア結成 三浦璃来&木原龍一

https://www.kinoshita-group.co.jp/news/2019/08/05_113412.html

木下グループから、木原龍一三浦璃来のペア結成が発表されました。

わあああああああああああああああああああああああああああい!日本のペアだあああああ!海龍解散時に、肩の怪我の治療を最優先に考えることを語っていたので、それはよくなってきたということでしょうか。まだ明らかになっていない部分も多いですが、とにかく応援するっきゃないですね。略称はりくりゅうか……海から陸へ。

パートナーがまだ見つかっていない選手たちに、いいパートナーが見つかる呪いかけないと。
2019
07.28

三浦璃来&市橋翔哉 解散

三浦璃来市橋翔哉のペア解散が発表されました。すでにネットニュースで解散による強化指定の解除が報じられていましたが、本人からのコメントも出ました。

Dreams on iceに出演していたため、いきなりの解散には驚きましたが、カップル競技の突然の解散はよくあることです。最初のパートナーと引退まで組み続けるなんて超レアケースですしね。今までの経験を活かして、さらに素敵なペアスケーターに成長してもらいたいです。

うーーー日本のペアがいないいいいいいいいいいい。でもしょうがない!「○○くんは3A跳べないし、背が高いからペアに転向すればいい」等のしんどいことを言うのは止めましょう。本人がやる気にならなければ意味がないのですから。

こうなったら全国のスケート場にあるテレビでカップル競技の映像を流し続けて幼少期から洗脳するしかないな。2030年札幌でやるかもしれないオリンピックに向けて10カ年計画の始動である。
2019
07.08

エカテリーナ・ボブロワ 引退

この投稿をInstagramで見る

Друзья, болельщики и просто любители фигурного катания! Из-за многочисленных вопросов хочется сделать официальное заявление. Я завершаю свой путь в спорте! И делаю это ни о чём не жалея и с радостью в сердце! Это были потрясающие годы труда, побед и поражений. Дружбы, новых знакомств и приключений! Фигурное катание закалило меня как спортсмена и многому научило! Эта большая часть меня и моей жизни подошла к завершению. Но я перелистываю страницу и начинается не менее интересная и полная приключений жизнь! В первую очередь я теперь счастлива мама🤱🏻 Ну и куда же без фигурного катания?! 🙈 Мы с @dmitry_solovyev продолжим радовать вас своим катанием в шоу! Будем раскрываться в новых амплуа и удивлять невероятными образами 🙌 Хочется поклониться до земли и сказать спасибо всем тем, кто всегда был с нами и в нас верил. До последнего. Ваша Екатерина Боброва ❤ . #ВсегдаВаша #ЕкатеринаБоброва #ДоСкорыхВстреч #БоброваСоловьев #BobrovaSoloviev #фигурноекатание #figureskating #ЖизньПродложается #ТолькоВперед #DontWorryBeHappy

Ekaterina Bobrovaさん(@ekaterinabobrova)がシェアした投稿 -

友人やファン、そしてフィギュアスケートを愛するすべての皆さん!質問が多く寄せられるために公式に声明を出します。私はこの競技におけるキャリアを終えます。そこには悔いはなく、心からの喜びをもって発表しています。長年にわたる驚くべき努力と勝利と敗北がありました。そして友情、新しい出会いと冒険をもたらしてもくれました。フィギュアスケートはアスリートとしての私を強くし、たくさんのことを教えてくれました。私と私の人生の大きな部分を占めるフィギュアスケート人生は終わりを迎えます。でもページをめくると、ますますおもしろくて冒険に溢れた人生が始まるのです。まず第一に私は今、とても幸せなお母さんです!

でもフィギュアスケートなしでどういられましょうか。私とドミトリー・ソロビエフはこれからもアイスショーでみなさんを楽しませ続けます。私たちは新しい役でみなさんの前に登場し、信じられないようなイメージで驚かせるでしょう。いつも私たちと共にいて、私たちを信じてくれた皆さんに感謝したいと思います。

エカテリーナ・ボブロワ

拙訳
-------
エカテリーナ・ボブロワが引退を発表しました。ボブロワはアンドレイ・デプタトと結婚し、男の子を出産しました。競技復帰は難しいと思っていたので驚きませんが、ずっと見てきたカップルだから寂しいです。

シニアに上がりたての頃はルブシェフ、ゴルブチとロシア3番手争いを繰り広げておりまして、2009-2010シーズンの後半あたりにようやく3番手という位置を確かなものにしました。バンクーバーシーズンのODはフォークダンスが課題で、男装して水兵さんになりきった姿がかわいらしかったです。でもこんな美脚の男性は存在しません。

これからは3番手としてがんばってくれると思いましたが、ドムシャバの引退とホフノビの解散で図らずとも1番手になってしまいました。2009-2010シーズンはアイスダンス界全体ですさまじい数のカップルが引退・解散した上にベテラン勢が怪我をしてしまったので、翌2010-2011シーズンはすんなりとトップカップルのうちの1組になれました。このシーズンのSD"デライラ"は絶妙にダサくて好きでした。曲を変更してかっこいい"チェス"の演目になってしまったのが残念なぐらい。2人がすんなりトップカップルになじめたのはプログラムのよさもありました。このシーズンのFD"ホワイトナイト"は日本の映画でもありますし、ロシア人と日本人の歌謡曲的世界観には通じるものがあり、この胸を刺す切ないストーリーがダイレクトに伝わってきました。ボブロワのボディラインの美しさはアイスダンス界随一であり、リフトではそれがいかんなく発揮されました。この10年の女性アイスダンサーで最も美しい曲線を描けていました。

2012-2013シーズンでは彼らの代表作となるFD"トスカ"を熱演しました。精神を病んでしまった男性を励まそうとする女性が、逆に精神を病んでしまうという独創的なストーリーを演じました。選曲からは想像もできないストーリーでした。美ラインローテーショナルリフト後のボブロワの気だるく歩く様子が、徐々に精神を蝕まれている様を表現していてゾクゾクさせられました。冷え切ったカナダの世界選手権で表彰台に立てたのは彼らの努力があってこそです。ロシア人はテサモエとウィバポジェ大好きなのに、カナダ人は大人げなかった。世界選手権で表彰台に立てたので、母国開催のプーチン閣下天覧試合で転倒したことは忘れてあげましょう。

2度目のオリンピックシーズンとなった2013-2014シーズンは一言で表すと迷走でした。せっかくいいFDだったのに、ズーリン伝家の宝刀"四季"に変更してしまいました。これはこれで素敵だったんです。僕はボブロワのことを世界一美しいカラスと評していました。それぐらいこのプログラムを滑るボブロワは退廃的な魅力を放っていたんです。ところがどっこいこれも変更してしまって、前のシーズンのFDに戻してしまいました。オリンピックシーズンに血迷うとロクな結果にならないというのは、サフゾルがバンクーバーで教えてくれたのに。このシーズンよかったのはSDのドレスがめちゃんこキュートだったことです。団体戦ではしっかりバトンを繋いで金メダルに貢献したのもよかった。母国開催でしたしね。

2014-2015シーズンはソロビエフの手術でシーズンを全欠。2015-2016シーズンには、満を持してFD"アンナ・カレーニナ"を披露しました。水兵さん、2012-2013シーズンSDに続き、ソロビエフは3着目の軍人関連の衣装でした。軍服大好きマンですね。若い選手がアンナになりきることが増えましたが、ボブロワには敵わないなーといつも思います。このシーズンはドーピング検査で異常が見つかったので世界選手権には出場できませんでした。3月頭の追い込みの時期に出場停止を言い渡された気持ちを思うと……。結局違反にはならず次のシーズンは普通に戦えたのが不幸中の幸いです。

2017-2018シーズンのFDでは、盲目の女性と彼女を支える男性を演じました。目の見えない女性は男性と視線を合わせることができないけれど、やがて視力を取り戻し2人は愛に満ちた踊りを繰り広げるのです。ところが、その女性は男性の妄想だったというオチ。メンヘラ系の名作をまたひとつ世に送り出しました。

ユーロでは2013年に僅差の戦いを制して優勝。世界選手権とは相性が悪く、怪我で直前に欠場してしまったり、先述のドーピング検査で引っ掛かってしまったこともありましたがメダルを1つ獲ることができました。ここぞという時に毎回レベルを取りこぼすし、転倒するし、勝負弱い部分はありました。しかし、ジュニア時代から解散せず、年々カップルとして進化し、素敵な大人のカップルへと成長してくれました。まさかの1番手バトンタッチから、よくロシアを引っ張ってくれました。

低音ボイスが心地いいボブロワ、オリンピック褒賞の車を売って寄付に回す聖母ボブロワ、選手のいい部分を見つけて応援する心優しい解説者ボブロワ、年下キラーで結婚したのもやっぱり年下のボブロワ、ちょっと腰が引けちゃってたボブロワ、アイスダンサーとして理想的なスタイルのボブロワ。どのボブロワも好きです。これからはお母さんとして育児にさらに邁進していくことでしょう。デプタトとの息子ですから、超絶イケメンで超絶スタイルで低音ボイスに育つこと間違いなしですね。ぜひ息子さんにもアイスダンスを。

ボブソロのキャリアを総括すると、外れプロの少なさが際立ちます。大体何かヤバいやつとかあるんですけどね。多くのカップルが新しい奇抜なスタイルを求めていきますが、ボブソロはあくまでもロシアらしさとクラシカルを意識していました。そういった部分もファンを虜にしたのではないのかと思います。

あえて今回ソロビエフのことにあまり触れなかったのは、まだ彼に現役続行の可能性が残っているからです。ぜひ3年後に引退記事を書かせてください。

カーチャ・ボブロワ本当にお疲れさまでした。そしてお幸せに!
2019
07.04

ブルックリー・ハン 引退

"最も練られた計画は上手くいかない" (ロバート・バーンズ)
私の2018-2019シーズンに関して、これ以上的確に表した言葉はありません。世界選手権出場のために練習し、準備を積みシーズンを終える代わりに、四大陸選手権の練習セッションでアキレス腱を断裂してシーズンが終わりました。

私は氷上に戻るためにハードな練習をしてきましたが、熟考の末競技から引退することを決めました。この決定に至るにはたくさんの要因がありましたが、怪我はそのほんの一部分にすぎませんでした。

私はこのような形でキャリアを去ることを残念に思っています。しかしながら、大学の勉強を終えジャーナリズムへの道へ進むなど、新しい機会を得られることはとても楽しみにしています。スケートは私の一部であり、コーチやテクニカルスペシャリストにもなりたいと思っています。

私はこの9年間、自分の大好きなことをしながら世界中を旅し、オリンピック選手になるという幼少期からの夢を叶えることができました。非常に恵まれていると言えます。そうは言っても、私ひとりの力で成し遂げたわけではありません。

この20年近く、私の素晴らしい支援システムの大部分は見えないままになっているので、少しお時間を頂いて、この最高の旅の間、私を支援してくれた数人(めっちゃたくさん)の方にお礼を言いたいと思います。

整形外科の先生、スポーツトレーナー、理学療法士の先生、スポーツ心理学の先生、ジョン・ウィルソン・ブレード、スケート靴のライデル、2017年まで使ったジャクソン・ウルティマ、忙しいスケジュールや欠席を我慢してくださった学校や先生方、支援してくれた家族やたくさんの友人、スケート仲間、インターネットで応援してくれた方々、直接応援してくれた方々、生徒でもないのに支援してくれた方々、衣装デザイナー、オーストラリアオリンピック委員会、アイススケーティングオーストラリア、アイススケーティングヴィクトリア、アイススケーティングクイーンズランド、ブーンダルスケーティングクラブ、ダラススケーティングクラブ、歴代のコーチたち、そして両親へお礼を言いたいです。

拙訳
-------
少し遅れましたがブログ更新。ブルックリー・ハンが7月1日に引退を発表しました。引退の理由は彼女のツイッターの文章を訳した通りです。ジュニアデビューした当初の彼女は跳べる3回転の種類が少なく、3回転*3回転のコンビネーションを跳べたわけでもなく、決して目立つ選手とは言えませんでした。しかし、1年1年前進と後退を繰り返しながらも3Lo、3Lz、3Fという風に少しずつ跳べる種類を増やすことができ、3Lzを2本構成することもありました。安定性は高くなく、好成績を残すまでには至らなかったですが、ゴタゴタに巻き込まれながらも、子供の頃からの夢であるオリンピックに出場することができました。2度目のオリンピック出場を狙った2017-2018シーズンは疲労骨折に見舞われました。国内選手権にも出場できず、四大陸選手権への準備も満足にできなかったそうですが、後のインタビューで「このシーズンはパーソナルベストをたくさん更新できてよかった!」と明るく語っています。調子のよかったシーズンに怪我で苦しんでもそう考えられる姿勢が素敵ですよね。特筆すべきは彼女のスピンです。特にドーナツスピンとレイバックスピンの美しさは際立っていました。順位は上でなくても、こういった一芸がある選手はファンにも忘れられないと思います。

競技生活お疲れさまでした。ジャーナリストとして、コーチとして、テクニカルスペシャリストとしての活躍をお祈りしています。
2019
07.04

アレーヌ・シャルトラン 競技生活から休養へ

https://ottawacitizen.com/sports/other-sports/former-nepean-skater-alaine-chartrand-taking-break-from-competitive-circuit/wcm/adee7ff8-a901-436b-84f5-f9d75b0577d3

アレーヌ・シャルトランが競技生活の休養を発表しました。これは"絶対に"引退ではないとのことです。

1か月前にバンクーバーに引っ越し、ブリティッシュコロンビア大学で運動生理学を学ぶことが認められたそうです。これまでは、トロントのヨーク大学で同じ運動生理学の勉強をしていました。

シャルトランのお父さんは「彼女は学校でのいい足場を固めようとしている。もしそれが上手くいけばハードなトレーニングを積み、国内選手権に戻ってくる」と語っています。

カナダのナショナルチームに名前がなかったので(※通常は国内選手権のトップ5がナショナルチーム入り)、引退が確定したものと考えていました。大学でまた勉強していくのに加え、2つのスケートクラブでコーチもしているそうです。バンクーバーにはケビン・レイノルズさんもいますから、これまで以上に安心してスケートを続けられるのではないでしょうか。記事には"期間を特定しない"と書いてあったので、国内選手権で戻ってくるかシーズン全休するかは分かりません。引退はしないそうなので気長に待ちたいと思います。今まで休養を取ったことがないそうなので、大学生らしい普通の生活も楽しんでほしいです。
back-to-top