2018
02.17

ピョンチャンオリンピック 9日目 男子リザルト

男子LP
1 CHEN Nathan(アメリカ)215.08 PB
2 HANYU Yuzuru(日本)206.17
3 UNO Shoma(日本)202.73
4 FERNANDEZ Javier(スペイン)197.66
5 JIN Boyang(中国)194.45
6 ZHOU Vincent(アメリカ)192.16 PB
7 KOLYADA Mikhail(ロシア)177.56
8 CHAN Patrick(カナダ)173.42
9 BYCHENKO Alexei(イスラエル)172.88 PB
10 RIPPON Adam(アメリカ)171.41
11 SAMOHIN Daniel(イスラエル)170.75 PB
12 MESSING Keegan(カナダ)170.32 PB
13 ALIEV Dmitri(ロシア)168.53
14 CHA Junhwan(韓国)165.16 PB
15 TANAKA Keiji(日本)164.78
16 HENDRICKX Jorik(ベルギー)164.21
17 GE Misha(ウズベキスタン)161.04
18 BREZINA Michal(チェコ)160.92
19 RIZZO Matteo(イタリア)156.78
20 VASILJEVS Deniss(ラトビア)155.06
21 KERRY Brendan(オーストラリア)150.75
22 FENTZ Paul(ドイツ)139.82
23 YAN Han(中国)132.38
24 KVITELASHVILI Morisi(ジョージア)128.01

男子リザルト
1 HANYU Yuzuru(日本)317.85
2 UNO Shoma(日本)306.90
3 FERNANDEZ Javier(スペイン)305.24
4 JIN Boyang(中国)297.77
5 CHEN Nathan(アメリカ)297.35
6 ZHOU Vincent(アメリカ)276.69 PB
7 ALIEV Dmitri(ロシア)267.51
8 KOLYADA Mikhail(ロシア)264.25
9 CHAN Patrick(カナダ)263.43
10 RIPPON Adam(アメリカ)259.36
11 BYCHENKO Alexei(イスラエル)257.01 PB
12 MESSING Keegan(カナダ)255.43 PB
13 SAMOHIN Daniel(イスラエル)251.44 PB
14 HENDRICKX Jorik(ベルギー)248.95
15 CHA Junhwan(韓国)248.59 PB
16 BREZINA Michal(チェコ)246.07 PB
17 GE Misha(ウズベキスタン)244.94
18 TANAKA Keiji(日本)244.83
19 VASILJEVS Deniss(ラトビア)234.58
20 KERRY Brendan(オーストラリア)233.81
21 RIZZO Matteo(イタリア)232.41
22 FENTZ Paul(ドイツ)214.55
23 YAN Han(中国)213.01
24 KVITELASHVILI Morisi(ジョージア)204.57

ヴァシリエフス
3A-3T 3A fall 3S 3Lo 3Lz-2T-2Lo 2A fall 3F-2T 3Lz
3Aは軸が曲がって転倒。2Aは回転のしすぎで転倒。2Aで転倒・・・カナダっぽい失敗の仕方になりました。4Tは回避しました。ミスをするにしろ、回転不足を取られないレベルに出来るまでは外すのも戦略でしょう。1番滑走で234点。10年前なら世界選手権で表彰台に乗ってるぜ?

リッツォ
3F 3A-2T 3Lz-3T 3A 3Lz-1Lo-3S 3Lo 2A 2A
鳥海さんが逐一曲を紹介。冒頭は3F-3T予定が単独になりました。SPと同じく、コンボを付けられそうでしたのに。3Fにコンボを付けると人質の命が保証されない状況とかなのか。後半の3Aがアンダーローテーションになるのが唯一心配でしたが、今日は大丈夫でした。前半はかなり緊張が見られましたけど、徐々にリラックスしていきました。安心安全の演技。

フェンツ
3A-3T 3T 3Lo 3A so 3Lz shaky 3S-1Lo-2F 2Lz-2T 1A
ドイツの伝統を受け継ぐ鎧。もうちょっとクオリティーが低い方が楽しめるけど、ドイツは本格派の鎧でないと認められませんからね。4Tが3Tになったので、予定構成を変えて3Lzを2Lzにしました。これは意図的な物でしょう。でも本当に変えるなら、コンボで使いきれなかった3Fにする選択肢もありました。後半はスタミナが切れて死にそうな戦士でした。

ハンヤン
3A-2T 3T so 3F fall 3Lz 3Lo shaky 1Lz 3S 3F so
3Lzと3Fはスピードを出して踏み切るので、踏み込みが深くなって軸を上手く作れず失敗という光景がよくあります。

デカ
4S 4S fall 3A 4T ot 3A fall 3F-3T 3Lo 3Lz-2T-2Lo
4S1本入りました。このまま成功せずにオリンピックが終わらなくてよかった。後半の3A-2T-2Loが成功していても、終盤のジャンプをコンボにすると演技がカツカツになるので、冒頭のミスは成功したジャンプですぐにリカバリーした方がよさそう。3連続入れた時に「音楽に遅れる!ヤバい!間に合え!」となりました。

クヴィテラシヴィリ
3A 4S fall 4T fall 4T fall 3F-3T shaky 3Lo 3F fall 2A-1Lo-3S
新衣装。ふとももがテカテカ。そんなにふともも見てほしいのか?4Tは2本ともダウングレードでの転倒。4回の転倒なのでディダクション6が付きました。第1グループに入ってしまう選手は、実力者でも理由があるなと思います。

サモヒンとミーシャの衣装がめちゃ被り。

ビチェンコ
4T-3T 4T 3Lo 3A 2A-2T 3Lz 3F-1Lo-3S 2A
2本の4回転の間にガンガン助走してるのを見ると「トランジションなんて死ね!」って感じがして気持ちがいい。これで転倒しようものなら元も子もないけれど成功させるからOK。コンビネーションスピンにもフライングキャメルにもレビューが付いたので、チェンジシットもくるー?と思ったらまさかのレビューなし。オールイエローじゃない!3Aが1本2Aになったぐらいで、ビチェンコさんが嬉しそうだったからよかった。スピンとステップのレベル、3!3!2!3!うんうん、ビチェンコさんだな。

サモヒン
4T-3T 4S shaky 3A 3A-1Lo-3S 2T 3Lz-2T 3Lo hd 2A
サモヒンは3Fにeが付くし、3Loも苦手なので、4回転を跳び続けていくしかありません。4Tは体力的にも無理がありましたが、それでも跳ばなくてはならない。4回転2本と3A2本が入ってよかったです。最後はヘトヘトで曲の表現がなくなってしまったけど、まず無事に終えられてよかったです。演技が終わって天と交信。

ネイサン
4Lz 4F-2T 4F hd 4T-3T 4T 4S 3A 3F-1Lo-3S
4Lz入れてきました。そんでもって楽々と4回転ジャンプでTESカウンターを暴走させていきました。SPの出遅れで腐る事なく、よくぞここまでの演技を見せてくれたなと思います。前回の真央やアボットくんを思い出しましたよ。SPのトップ4以外のパーソナルベストよりも高いスコアをすでに第2グループで出してしまうという。羽生の怪我で、オリンピック優勝候補筆頭になり、メディアからの注目が一気に集まってしまった事も少なからず影響があったでしょう。本当にがんばった。

ミーシャ
3A 3A-1Lo-2S 3F 3Lz-3T 3Lz 3Lo 2A-2T 2A
2本目の3Aがアンダーローテーションになってしまったり、ジャンプの着氷が詰まる部分があり、彼の完璧な出来とまではいきませんでした。演技終了後のガッツポーズは、オリンピックの舞台で自分の力を見せられた事、ここまでアマチュアのキャリアを送ってこられた事への満足感から出た物かもしれませんね。

ジュンファン
3Lz-3T 4S fall 3A 3A-2T 3F-1Lo-3S 2A 3F 3Lo
ネイサンの演技を見て魂が飛び立ちかけて、ギリギリミーシャで堪えて、ジュンファンの演技中に空に上がりました。4Sで転倒がありましたが、その他のジャンプは回転不足なく降りてきました。「あ、回転怖い」という瞬間がなくて、すごく安心して見られました。

美青年ケリー
2T 3S 3F 3Lz-3T 3A 3A ot-2T 3Lz 3Lo df
4Tと4Sにならなかったので「これは後半のジャンプ完璧に降りるパターンのやつだ!いつもの逆のやつだ!」というのがよぎった冒頭1分。しかし後半ノーミスとはならず。かといって崩壊とまでもいかない。まとめられるようになったという事ですね。彼の目標はオリンピックに3回出る事らしいので、27歳でのオリンピックも楽しみにしておきます。もっと毛むくじゃらになっていそう。気象情報とニュースでサブチャンネルに切り替わる前に演技終えてくれてありがとう。コンビニでおでんおごったろ。

ジョリヘン
3A-2T tano 3A 3S 3Lz-2T-2Lo 3Lz 3F 3Lo-2Lo 2A
ジョリヘンのいい3AがSPから引き続き入りました。ミスといえば3Lz-3Tが入らなかったぐらいで、コンビネーションに付けるジャンプもきちんと対応しましたし、失点は最小限です。前半のジャンプこそ硬かったですが、ステップでは滑らかさが出ていました。2Aを降りてガッツポーズ、コレオシークエンスでは力強さも加わりました。コンビネーションスピンのほどけ方がかっこいい。こんなスピン出来たら気持ちよさそう。

メッシング
3Lz 4T 1A-2T-2Lo 4T-2T 3S-3T 3A 2Lo 3F
クリーンな3Lz、4Tから始まりいいいいいカナディアアアアアアン。中盤の基礎点爆裂ゾーンは無事に成功させました。フライングシットの高さは旧採点っぽいです。これを見ただけで、はい+2!と思えます。かわいい生き物の演技でした。

ヴィンセント
4Lz-3T tano 4F so 4S 4Lz 4T 3A-2T 3A 3Lz tano-1Lo-3F
ヴィンセントは強いジャンプ構成を持ちながらも回転不足がネックでした。4Lz-3Tと4S、4Tあたりは問題のない回転でした。4Fはギリギリかな?というライン。後半の4Lzはアンダーローテーション判定でした。回り切ると強いですね。はいTESバイオレンス。ムーランルージュではアシュリー、ホックスタイン、シメクニが「大人!」な演技をしていたので、まだまだあどけなさが見えます。これからおっさんの表現力を身に付けてゆくのだ。

コリヤダ
4Lz fall 4T-3T 3A-2T 4T 1A 3Lz-1Lo-3S so 2Lo df 3A fall
4Lzはとてつもない高さが出ており、膝からの転倒だったので、-3を付けたくなくなる気持ちは分からないでもないです。納得というわけではないけれど。3Aの跳び直しはかっこよかったけど、ジャンプミス4連続は印象に影響しますね。

ミハル
4S so 3A-2T 2S 3A 3Lo 3F-2T-2Lo 3Lz 3S so
サルコウ全部ミスがああああああああ。だけどジャンプまとめましたね。3Loが2回転になったり、3Lzで転倒したり崩れていく事が多かったです。プログラムが合っていないのかな?と感じるのは、今シーズンのブノワ・リショー振付全般への感想です。総合スコアが5年ぶりのパーソナルベストとな。今までSP・LP揃えられなかったからですね。引退を前にして塗り替えられてよかった。

りっぽんぽん
2A 3F-3Lo 2A 3A-2T-2Lo shaky 3A 3F-3T 3S 3Lz
3連続の最後はダウングレード。その他は回転不足はありません。決して加点をモリモリ得られる質のジャンプではなく、流れのある着氷ではありません。ネームバリューのない選手なら+1が付けば御の字のジャンプです。でもリッポンの演技では、+1の質なのに+2でもいいんじゃないかと思えてきます。それこそが一流選手の力なのです。これは言葉だけでは説明出来ない。いつもの鳥さんよりも明るい表情で、曲想からは少し離れてしまったかもですが、楽しそうでよかった。喜びに溢れていました。

アリエフ
4T-3T 4T fall 3A fall 3Lz 3A-2T 2Lo-1Lo-3S 3F 3Lo
フェンス近づきすぎからの4T-3Tすげえ。4Tで痛そうな転倒をし、追い打ちをかけられるように3Aでも痛そうな転倒。ももを押さえるような素振りを見せました。後半のジャンプは頑張りました。抜けた3Loの分は、2Aを咄嗟に変更してリカバリー。最後まで気持ちを強く持っていました。痛みに耐えてよく頑張った感動した。いわゆる小泉純一郎状態。

ボーヤン
4Lz 4S 3A-1Lo-3S 4T fall 4T-2T 3A 3Lz-3T 3F
この人一度シーズン中に4Lz跳べなくなったんですよ?信じられます?今日は絶対に失敗しないと思っていたらまさかの4Tでの転倒がありました。キスクラで涙したのは、転倒が悔しかったのか、僅差で1位に立てた事が嬉しかったのか。色々な感情が交錯していたのかもしれません。

Pさん
4T-2T 3T so 3A-1Lo-2S 3Lz-3T 3A hd 2Lo 3F 2A
点数の面では伸びなかったかもしれませんが、4Tを降り、3Aから3連続を繋げ、最後に課題をしっかりとクリアしていきました。ステップでの珍しいスタンブルがあり、ビクッとしました。そこからフーーーーっと深呼吸をするように静かに演技を終えました。生き様だよ生き様。

羽生
4S 4T 3F 4S-3T 4T so 3A-1Lo-3S 3Lo 3Lz shaky
いやーーーーーーーーーーーここまでやってくるとは。いくら練習で4回転ジャンプを入れられても、それを演技の中で降りられるかは別の話です。3本もクリーンに着氷してくるとは。スタミナが切れて、スピードが落ち4Tと3Lzに乱れ。でも強いよ。そりゃガッツポーズするわ、吼えるわ。4回転少なくしても4分半滑り切るのもやっとなのが普通ですもん。

なんですくん
4T 4S-2T 3A-3T 2S 3Lo 3A 3F-1Lo-3S 3Lz
1本でもジャンプに抜けや転倒があれば1位に立てない、究極の心理状態。嫌でも羽生への歓声が聞こえてしまいます。それで4T、4S-2T、付けられなかった3Tを即座にリカバリーして3A-3T。なんですもまた強い。4Sが抜けて加点を含め10点以上を失い、勝負という点ではここで決しましたが、最後まで乱れる事なく終えたのが高いコンポジションとインタープリテーションの要因でしょう。念願の表彰台です。

昌磨
4Lo fall 4F 3Lo 3A 4T-2T df 4T 3A-1Lo-3F 3S-3T
詰まる着氷が多かったです。それでもこれだけのスコアを出して2位に入ったのは回り切って降りる!という事が出来たからです。「あぶねー」は笑える。軽っ。ジャンプを堪え切ってそれが銀メダルに繋がりました。これから各局のインタビュー受けて眠れなくなりますよ。

本命が怪我を乗り越えて連覇。ディック・バトン以来の連覇です。今大会の日本勢金メダル第1号です。そして昌磨が2位。ダブル表彰台素晴らしいです。デカはSPから順位を上げました。決して低いスコアではないですが、上の人たちがすごすぎてね。なんですくんの銅メダルがスペインでのフィギュアスケートの知名度を上げてくれればと思います。ボーヤンは悔しい4位、ネイサンが大逆転の5位。

ドラマティックな男子のイベントでした。ソチは総崩れでしたから、今回の戦いが余計に劇的に映りました。鳥海さんの実況は好みが別れますね。ドラマティックなのが好きな人はいいけど、余韻を楽しみたい人には向かない。

次はアイスダンス。オリンピックも折り返し地点。
2018
02.16

ピョンチャンオリンピック 8日目 男子SP

男子SP
1 Q HANYU Yuzuru(日本)111.68
2 Q FERNANDEZ Javier(スペイン)107.58
3 Q UNO Shoma(日本)104.17
4 Q JIN Boyang(中国)103.32 PB
5 Q ALIEV Dmitri(ロシア)98.98 PB
6 Q CHAN Patrick(カナダ)90.01
7 Q RIPPON Adam(アメリカ)87.95
8 Q KOLYADA Mikhail(ロシア)86.69
9 Q BREZINA Michal(チェコ)85.15
10 Q MESSING Keegan(カナダ)85.11
11 Q HENDRICKX Jorik(ベルギー)84.74
12 Q ZHOU Vincent(アメリカ)84.53 PB
13 Q BYCHENKO Alexei(イスラエル)84.13
14 Q GE Misha(ウズベキスタン)83.90
15 Q CHA Junhwan(韓国)83.43 PB
16 Q KERRY Brendan(オーストラリア)83.06
17 Q CHEN Nathan(アメリカ)82.27
18 Q SAMOHIN Daniel(イスラエル)80.69
19 Q YAN Han(中国)80.63
20 Q TANAKA Keiji(日本)80.05
21 Q VASILJEVS Deniss(ラトビア)79.52
22 Q KVITELASHVILI Morisi(ジョージア)76.56
23 Q RIZZO Matteo(イタリア)75.63
24 Q FENTZ Paul(ドイツ)74.73
25 YEE Julian Zhi Jie(マレーシア)73.58 PB
26 BESSEGHIER Chafik(フランス)72.10
27 TEN Denis(カザフスタン)70.12
28 MARTINEZ Michael Christian(フィリピン)55.56
29 MONTOYA Felipe(スペイン)52.41
30 PANIOT Yaroslav(ウクライナ)46.58

モントーヤ
3Lz hd-2T shaky 2A 3F fall
地上波に映るモントーヤが眩しい。ジャンプのミスが重なってしまったのでTESは伸びません。ステップはあやしくてよかったと思います。1番滑走転倒ありで全項目6点台。結構出ました。デュハラドの演技後に客席に座っている姿が画面の端に見えていました。眼鏡をかけるとオーラが消えます。地味に見えて眼鏡を外すと美少女!?というパターンなのかもしれない。少女マンガの登場人物。

ベセギエ
3T-3T 3A 3Lz
4T-3Tにならなかったから本人は後悔もあるだろうに、「団体からは見違える出来、相当努力をしたのでしょう」と言ってしまう鳥海さん。鳥海さんの表現はいつも大げさである。まとめブログのタイトルか。ステップは動きがよかったです。レベルは2でしたけども。

ヴィンセント
4Lz-3T tano 4F so 3A shaky
4番目のエレメンツの3A降りた時点でベセギエのTESを超える。これがTESバイオレンスである。セカンド3Tは回転不足で降りてきました。4Fの回転も足りていないように見えましたが、こちらは大丈夫だったようです。現状、相当な部分をジャンプに集中しているので、それ以外の見応えが世界ジュニア優勝した頃よりも薄いかなというのが正直な感想。ネイサンですら最初はそうだったので、そうなるものなのですよ。

テンくん
2S 3A 3Lz-2T
4Sが抜けて0点に、コンビネーションスピン回り切れずに0点に。3Tも付けられずに、この3つの基礎点だけで17点ほど失いました。身のこなしの美しさはさすがです。

リッツォ
3A 3F 3Lz-2T
予定構成では、従来の3F-3Tを予定していました。3Fがクリーンだったので、後半に3Tを付けるつもりだったのでしょう。3T全然付けられそうでしたけどまとめてきました。

マルティネス
3Lz-2T 2A 3Lo
シングルスケーターとは思えないムキムキ。練習不足と肉体改造のしすぎが、エレメンツにも滑りにも出ています。それでもビールマンスピンを回れたのはおったまげ。筋肉がゴムで出来てます?

パニオット
4T<< df 2A df 3Lz<< fall
4Tが3.5Tに。3Aも3Lzも締め切れずひれぞれ1つずつ下の回転数に。悪夢か。せっかくきれいに散髪してきたのに。

ハンヤン
3A 4T fall 3Lz-2T so
イェン・ハンことエン・カンことハン・ヤンさん。観客が騒がしかったのでシーをして黙らせる。3Aは完璧な質でした。GOEは満点。4Tは余裕を持って降りてこられないです。でも四大陸よりは成功に近づいているかも?ステップスピンは素晴らしい。ジュニア時代スピンが上手で有名になって、シニアに上がってまずまずの質に落ち着いたけれど、ここにきてまた上手くなりました。

ジュリアン爺
3A 3Lz 3F-3T hd
3Aは雄大な助走から。パパシゼ以降みんな大好きになってしまった、おうち建てるよ!の曲。スピードのある滑りは35年ローンの計画的な支払い、お手付きは給与カットで支払いがピンチになった事を表しているのだろう。3Fの踏み切りはアウト気味に見えましたが、エラーは付きませんでした。

美青年ケリー
4T 3Lz-3T 3A td
いつも無精ヒゲブワーなのに、今日は形をきれいに整えています。さすがオリンピック。4Tも3Lz-3Tもクリーンでした。前半に2本のジャンプをきれいに決めると、なぜか3本目がクリーンに入りません。よくある事です。

クヴィテラシヴィリ
3A 4S fall 4T-2T
地味にMorisからMorisiへの登録名変更。モリシさん?モリッシーさん?苦手だった3Aが安定してきて、4Sを回転不足で転倒。1つ転倒でコンビネーションが2Tになったのに、TESが40点台に乗る。4回転のTESバイオレンスですね。

メッシング
4T-3T 3A fall 3Lz
メッシングのスケートを「切れ味鋭い」と評する鳥海さん。そう・・・?ヌタッとしたイメージだわ。4T-3Tはクリーン。3Aは軸が曲がって転倒。アメリカ人なのにカナダ仕様に。何代も前のご先祖様の日本の血では、カナダの血に勝つ事は出来なかった。傘を振り回しながらのイーグル。回転の安定したスピンなどは楽しいし、安心して見られました。お子様に見せても大丈夫な演技。

ミハル
4S-2T 3A 3F
4S降りたわーい!3Aは久しぶりにミハルらしい+2のもらえるクリーンんな着氷でした。いつものミハルに戻った。ここで3F転倒してしまうのがミハルだったりしますが、それも大丈夫でした。うううううううううううううよかったあああああああああ妻もカンヌンまで来られたしよかったああああああああ。髪形が普通になりました。

ジュンファン
3F-3T 3A 3Lz
ただただ激しい表現に終始せず、3Lzの前の助走からは哀愁をも湛えて素敵です。前髪が目にかかる様も表現の一部のように思えます。3Lzを降り、フライングキャメルに入ってのバトンキャメルでの表現が、これまた深みを感じます。ジャンプの回転が危ないかな?とも思いましたが、スローで見ると大丈夫です。成長期や怪我でジャンプに苦しんでいると思いますが、着実に前進しています。

フェンツ
3T-3T 3A 3Lz shaky
4Tは回避。3A以下のジャンプは失敗しないマンさは出ていました。ミスらしいミスは3Lzの着氷とコンビネーションスピンの回転速度が落ちてしまったところ。入場行進で一瞬映ったフェンツさんみたいな男はフェンツさんだったのか、未だに自信が持てない。偽フェンツさんがたくさんいる。

ミーシャ
3A 3Lz-3T 3F
髭多めの日。もじゃもじゃー。昔テレビでベテラン歌手について語られていた時に「自分の歌だからって、曲の意味をないがしろにして、自己陶酔して歌っているのは二流」というのを目にしました。セルフコレオは自己陶酔に陥りやすいですが、ミーシャはそうならずにコントロールされている。そこが心地いいのです。ミーシャ社の株価がまた最高値を更新しました。

ジョリヘン
3A 3Lz-3T 3Lo
ユーロでは3A跳び始めた時と全く同じステップアウトの仕方を繰り返して崩れていきました。そこから立て直しましたね。いい3Aでした。スピンの回転速度と軸は申し分ないです。溢れ出る感情の波に乗ったステップも心地よい。

サモヒン
4T-3T 4S 3A fall
4T-3Tと4Sを降りた時に、驚きのあまり喉から変な音が鳴りました。3Aはアンダーローテーションで転倒し、その後はレベルをボロボロと取りこぼしています。それもまたサモヒンらしいと言えるでしょう。でもようやく4回転の抜けと転倒のループから抜け出しました。サモヒンが目頭を押さえた時、こちらも嬉しくなりました。本当によかった。

りっぽんぽん
3F-3T 3A 3Lz
3Aの軸が曲がりました。それでも転倒しないのが今のりっぽんぽん。3Lzは今シーズン降りた3Lzの中で最もクリーンだったと思いますし、弾けるステップの前に一旦落ち着かせてくれました。アーチの美しいレイバックスピンを天井カメラで映したのは絶許。何の意味もないわ!

アリエフ
4Lz-3T 4T 3A
4Lz回り切った!4Tも3Aも大丈夫。ユーロからのアリエフどうした。スタミナ・・・・・ねえ、アリエフ?「アリエフはスタミナ!」って突っ込ませてくれよ。どうしたっていうんだアリエフ。そうか、旅立って行くんだな。もう二度とスタミナ地獄に帰ってくるんじゃなぞ。帰ってくるなら10年後にしろ。はやく100点クラブに入っちまえ。

Pさん
4T 3Lz-3T 3A fall
口髭がセクシーなPさん。実年齢と見た目年齢の曲線がようやく重なりました。3Aは回転不足で転倒。LPでこそ・・・今度こそ降りてくれ。カナダにも3Aください。3Aさえあれば演技がグッと締まるんです。

デカ
4S fall 3F-3T 3A
4Sがアンダーローテーションで転倒。3F-3Tで立て直しました。後半の3Aは彼の本域ではありませんが、加点の得られる質です。てええい!と斬りかかるような感じは刑事じゃなくて武士だな。ずっと気になっていたけど、オリンピック公式のプロフィール写真いつのだ。大学入学ぐらい?

ビチェンコ
3A 4T 3Lz-3T td
4Tの前のめりや3Tのタッチなど細かな減点はあります。スピン3つが全てレビューかけられるのがビチェンコさんらしい。安定のレベル4ひとつもなし。逆にレベル4多いと戸惑う。最後バランスを崩して微笑む大ベテラン。楽しんで滑っているのが分かるので、こちらも嬉しくなります。

ヴァシリエフス
3Lz-3T 3A fall 3F
3Aをアンダーローテーションで転倒し、普通ならTESがSPの危険水域に達するところです。でもそれをスピンとステップでカバーしました。今シーズンは、レベル獲得が少し厳しくなって、ステップレベル4を取れない選手が増えています。その状況できちんとレベル4を取れるのが大きいです。

羽生
4S 3A 4T-3T tano
いやもう・・・なにこれ・・・・・ええ・・・・・復帰したからジャンプにマイナス付かないぐらいで収められたらいいかな?最後まで滑る体力あるかな?と思っていたら、いやあ、もう言葉に出来ないですね。フィギュアスケート競技というものは、休養レベルの怪我をしていて復帰戦で怪我前に戻す事は通常ありえないです。それが世界チャンピオンクラスでもです。その常識を超えてきました。手プルプルするわ。西野カナぐらい震える。

ネイサン
4Lz fall 4T so 3A so
予定構成の4Fから難度を上げてきたもののまさかの転倒です。ネイサンが4回転で転倒だなんて。コンビネーションを付けられずコンボ抜け、3Aも失敗です。まさかという言葉しか浮かばない。ついでに衣装もどうした。エネルギーがなくなって、ステップの最後は力ない感じに。キレキレの羽生の直後だったのがマイナス部分を際立たせてしまったかも。

コリヤダ
3Lz 4T fall 3A
4Lzが3Lzになりました。4Lzを跳ぶ予定で急遽3Lzに変更したので、3Lzとしてはありえない高さが出ました。GOEで+2が出ています。今回も4Tで転倒しコンボを付けられず。また本国でコリヤダが叩かれてしまう・・・。

昌磨
4F 4T-3T 3A
4Fは大丈夫。4Tで堪えてしっかり3Tにも繋げました。危くズッ友に裏切られるところでしたが、3Aとはなんとか友好関係をキープしています。本来ならここでGOEでさらに2点は稼げますし、ステップのレベル3があったので、107は出せるはずです。

なんですくん
4T-3T 4S 3A
+3がズババババーン!なジャンプでした。こんなに気持ちのいい彼の演技を久々に見ました。もちろんオールレベル4を揃えています。エレメンツをやっている感じがしないのに、いつの間にかステップに入っていて、観客を幸せな気持ちにさせてくれる。これまでコミカルプロで鍛え上げられてきた表現力が、発散されています。

ボーヤン
4Lz-3T 4T 3A
すごい演技2連チャンで、演技は見ていないだろうけれど、点数は耳に入っているはずですから絶対にミス出来ない状況。しかも最終滑走。それでこれですよ!うわーーーーーおおおおおおおおうわーーーと思っている間に演技が終わってしまいました。

羽生となんですくん、昌磨とボーヤン。しのぎを削ってきた彼らが僅差で並びました。これマンガの最終巻のやつですよ。SP通過ラインが2017年世界選手権から5点も上昇しました。前回銅メダルのテンくんがSP落ちという展開。

お腹いっぱいで下痢になりそうです。明日まで100時間ぐらいインターバル置きたい。
2017
12.18

羽生結弦 全日本選手権を欠場

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171218/k10011262721000.html

羽生結弦が右足首の怪我の回復が十分でないため、全日本選手権を欠場します。数日前に、氷上練習に戻れていないとの報道がありましたので、驚くような発表ではありません。オリンピック代表には、これまでの実績で確実に選出されますから、全日本選手権に出られない事を申し訳ないと思わず、2月の大舞台に向けて調整してほしいです。今回の選択はベストだったと思います。

オリンピック金メダルの最右翼が怪我をした事で、2ヶ月後の結果が想像出来ません。羽生は最悪4Loを外して、4Tと4Sを2本ずつの構成をミスなく滑れば、それでも優勝候補だと思います。果たして、そこまで戻す事が出来るのか、こればかりは待つしかありません。サービス精神旺盛で、最高の演技への矜持が人一倍の選手ですが、自分を大事にして氷の上に戻ってきてもらいたいです。素晴らしい選手を最高の舞台で見られないのは、フィギュアスケート界全体の損失です。

とりあえず東の方向へ念送っておきました。
2017
10.21

ロステレコム杯 2日目 男子リザルト

男子LP
1 Yuzuru HANYU(日本)195.92
2 Nathan CHEN(アメリカ)193.25
3 Mikhail KOLYADA(ロシア)185.27 PB
4 Misha GE(ウズベキスタン)170.31 PB
5 Moris KVITELASHVILI(ジョージア)169.59 PB
6 Nam NGUYEN(カナダ)157.71
7 Dmitri ALIEV(ロシア)150.84
8 Denis TEN(カザフスタン)145.35
9 Deniss VASILJEVS(ラトビア)145.09
10 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)138.53
11 Andrei LAZUKIN(ロシア)133.60
12 Daniel SAMOHIN(イスラエル)121.77

男子リザルト
1 Nathan CHEN(アメリカ)293.79
2 Yuzuru HANYU(日本)290.77
3 Mikhail KOLYADA(ロシア)271.06
4 Misha GE(ウズベキスタン)255.33 PB
5 Moris KVITELASHVILI(ジョージア)250.26 PB
6 Dmitri ALIEV(ロシア)239.61
7 Nam NGUYEN(カナダ)238.45
8 Deniss VASILJEVS(ラトビア)227.53
9 Denis TEN(カザフスタン)214.35
10 Andrei LAZUKIN(ロシア)212.14 PB
11 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)206.09
12 Daniel SAMOHIN(イスラエル)183.79

テンくん
4S so 4T so 3A 3S 1A-2T 3Lo 3T 2A
最終的な形はもちろん違うのでしょうが、3Lzも3Fも入れない構成にするとは。本人も今が万全ではない事を理解していての演技でしょうから、悲壮感はありません。

サモヒン
4T so 4S fall 3A fall 1A 3Lz-2T 3Lz so 1Lo 2A so
3Lz-2Tが今大会唯一の成功ジャンプでした。ジャンプのコントロールが出来ず、傾いたジャンプが大きなステップアウトや転倒になります。

ホックスタイン
4T fall 3A td 3T 3A fall 3Lz-1Lo-3S 3Lo 3F-2T tano 3T-2T tano
友達になっていた3Aと仲が悪くなってきたような。キャロラインとラブラブだから嫉妬か?失敗したジャンプや着氷が危なかったジャンプは高さ不足に見えます。後半は立て直しました。やっぱりボーカル邪魔だーーースケーティングの邪魔だーーー。

ラズーキン
4T fall 4T-2T 3A ot+2A 3A fall 3F-2T-2Lo 2Lz 3Lo 3S hd
普通3Aは高さと流れでGOEを稼ぐエレメンツなのに、そこに2AのシークエンスをつけてわざわざGOEを得にくくする、メインストリームへの反逆者。失敗して降りての繰り返しだったけど、よくよく考えればいつもたくさん失敗してるから、そこまで悲惨な出来ではなかった。ふう。

クヴィテラシヴィリ
3A 4S 4T-3T 4T so 3F-2T 3Lo 3F shaky 2A-1Lo-3S shaky
エテリ軍コーチ3人揃い踏み。4回転の種類は多分これで合ってます。徐々に見分けられるようになってきたぞ。首寺比で普通の編曲のプログラムでした。このスコアだとヨーロッパ選手権の表彰台を十分狙えます。

ニューエン
4T 4S fall 3A 2S 3A-3T 3Lo 3F-2T-2Lo tano 3Lz-3T
2本目の4Sが抜けてしまったので、最後に3Tをつけてリカバリーしました。よいこのリカバリー。前半は難しいジャンプが続くのでトランジションがありませんが、後半は楽しく仕上げました。PCSは7点台中盤がもらえました。安定した演技を続け、ジャッジの印象をよくしていくのが今の課題ですね。

ミーシャ
3A-1Lo-3S 3A 3F 3Lz-3T 3Lz 3Lo 2A-2T 2A
全てクリーンに入りました。ジャンプの回転も心配なしです。これぐらいコントロールされた演技の方がいいです。正直、静かな曲で曲想に合わない過剰な振付を入れるのは苦手だったので。

コリヤダ
4Lz fall 4S fall 3A 4T-3T 3A-2T 3Lz-1Lo-3S 3Lo 3Lz fall
4Lzの回転が緩やかだったので最初3Lzにしたのかと思いました。軸が曲がっていなくても降りられそうに思えない4Lz。3コケで9点台2つも出るとは。コケても疲れてはいなかったからなー。

ヴァシリエフス
3A so 4T<< 3A fall 3Lo shaky 3Lz-3T 2A 3F 3Lz-1Lo-2S
演技前半は課題のジャンプが続くわけですが、その前半の曲が難しくて、ランビエールが滑れやソングなので、印象が薄い。定番のスウェイに移ってからは、彼もノってきました。コレオシークエンスでもしっかりとディープエッジを見せ、スキルの高さをアピールしました。

アリエフ
4Lz 3F 4T-3T 4T fall 3A fall 3Lo-1Lo-3S 3A fall 3Lz
4Lzは回転不足ながら片足で降りました。後半の4Tを踏み切る頃にはすでにスタミナが切れていたので、案の定崩れていきました。アリエフはスタミナ!と他の選手の時にも念じてきましたが・・・・ああ・・・。鍵盤を叩く音でプログラムを盛り立てていきたいところで、助走に終始していました。表現も振付も犠牲にしただけに降りなければ点数がもらえません。と思ったらPCSが平均8点出ました。首寺やニューエンより下になると思っていました。

羽生
4Lz 3Lo 3F 4S ot 2T 4T-3T 3A-2T tano 3A
4Lz降りてくるとは。フリーレッグをきれいに引けなかったけれど片足着氷は出来ました。4Loは抜けて3Loに。後半に入って急激にスピードがなくなったので、オータムクラシックのように崩れる事もよぎりましたが、2本目の4Tを降りられたのは大きいです。3Aを4Tに変更しなかったのも正解です。3Aの着氷もやっとだったので、4Tだと転倒や抜けは避けられません。

ネイサン
4Lz-3T 4F 4S 4T-2T-2Lo 2T 3A so 3A-2T so 3Lz
4Loは抜いて4Tを2本の構成にしました。4Tでも点数は高いし、あるいは4Fをもう1本入れる方がクリーンに滑れる可能性はありそう。2Tを3本跳ぶミスは彼は結構多いです。今回は3Aの+REPを防ぐためにつけましたけど、そこでステップアウトになったのであーーーー。

首寺の4回転の種類3連単正解したあああああああああああ!おっしゃああああああああああああああああああ。
2017
10.20

ロステレコム杯 1日目 男子SP

ロステレコム杯終わってダラダラ眠りたいから期日前投票に行ったマン。

男子SP
1 Nathan CHEN(アメリカ)100.54
2 Yuzuru HANYU(日本)94.85
3 Dmitri ALIEV(ロシア)88.77 PB
4 Mikhail KOLYADA(ロシア)85.79
5 Misha GE(ウズベキスタン)85.02 PB
6 Deniss VASILJEVS(ラトビア)82.44 PB
7 Nam NGUYEN(カナダ)80.74
8 Moris KVITELASHVILI(ジョージア)80.67 PB
9 Andrei LAZUKIN(ロシア)78.54 PB
10 Denis TEN(カザフスタン)69.00
11 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)67.56
12 Daniel SAMOHIN(イスラエル)62.02

OPが例年よりつまらなかった・・・許されない。GPSなので左上カウンターに再会。会いたかったよ左上。

ラズーキン
4T-2T 3A 3F
4T-3Tにはなりませんでしたが、4Tが入りました。ここという試合で決められない選手なので、3本転倒なしに入ってよかったです。力強さも少しは出てきたでしょうか。

クヴィテラシヴィリ
3A 4S-2T 4T fall
3Aが一番難しいので最初に終わらせる方式。クヴィテラシヴィリの4Sは咄嗟に見分けづらいので、後半に4Tを入れてくれると違いが分かりやすいから助かるー。課題曲ー。演技の途中に日本人か中国人軍団を映されたのは一体。

テンくん
4S so 4T fall 3A fall
2クワド構成にしました。4Tは回転が足りず転倒しました。モロプロにしてはドラマティックだけど大雑把じゃないなーと思ったらウィルソン振付でした。通りで。キャロル痩せたなー。テンくんさんは、もっときれいなスケート出来ると思います。今日ので「ジャンプはダメだったけど、滑りは最高」と思われちゃあ困るぜ。

ニューエン
4S-3T 4T fall 3A
ダークオーバーザレインボー。虹の彼方にはディストピアがありそう。マッドマックスみたいだな。ナムナムヌードルさんがスコアを出すにはジャンプの成功は絶対です。一歩が伸びないので、スケーティングスキルが望めないのと、構えもありますしね。首寺より下のPCSでも致し方ない。スケーティングスキルはシニア移行2年目からの継続しての課題であります。伸びがないとプログラムの厚みが出ないんですよね。

ホックスタイン
4T fall 3A to 3Lz-2T
4Tを転倒すると3Aはどうにか堪える事も多かったのですが、今回はどちらもクリーンに入れられずでした。耳タコYour songですが、選曲がベストマッチしているのでクリーンプログラムが見たいなと思います。

ミーシャ
3A 3Lz-3T 3F
手ヒラヒラから演技スタート。ライサのカルメンの手を思い出すヒラヒラ。3Aは回転が怖かったけれど回転不足ではないようで安心しました。ジャンプを落ち着いて降りてから、ステップで爆発の振付がパターンとなっていますが、このプログラムはそこまで露骨ではありません。アヴェマリアの雰囲気から逸脱しないようにコントロールされた振付だと感じました。

ヴァシリエフス
3Lz-3T 3A 3F
今回もまた最後のジャンプで失敗するんじゃないかとドキドキしておりましたが成功しました。3Aはなんとか。ステップのリンキングフットワークが素晴らしいですね。端っこも端っこの方まで撫でるようにリンクを使っていました。

アリエフ
3Lz-3T 4T 3A
4Lzの軸が曲がったので咄嗟に3Lzに変更し、3Tをきれいに繋げました。抜けなかったので何より。今日一番驚いたのは、押して滑るのが緩和された事ですね。そしてスタミナ切れを起こさなかった事にもビックリ。テストスケートよりも断然いいじゃないですか!軍人ってよりもベルボーイ風衣装。タクシーの屋根に手を当てて、ぶつからないようにしてくれそう。帽子かぶせたい。

サモヒン
4S so 3A so 2T
似たような失敗が多いです。ステップの中盤から急激に演技が平面的になってしまったのも残念。

ネイサン
4Lz-3T 4F shaky 3A shaky
アイヤーーー仕上げてきますね。4Lz-3T完璧でした。4Fと3Aは前のめりなりましたけど降りられました。恐ろしいのは4Lzと4Fを降りてもスタミナに何の不安もない点。足元も上体の動きも見事でした。花火が咲くように激しいステップシークエンスは見応え抜群ですし、スピンの最後の瞬間までエネルギッシュでした。衣装はもっと華やかにしよう。たとえ黒でもライサを見習おう。

コリヤダ
3Lz 4T so 3A
4Lzは入らずクリーンな3Lzに。4Tはなかなか確率が上がりません。そこで崩れず3Aは軽くランディングしました。このプログラムではモーツァルトのキャラクターを演じているそうです。魂が高揚する様を演じているの・・・?か?それでタンゴ?ロシア人の考える事は分からない。

羽生
4Lo ot 3A 4T-3T fall
4Loはステップアウトに見えてフリーレッグがかろうじてタッチしていないからオーバーターン。4T-3Tは回転は足りていたものの転倒。スピンの最後にトラベリングしてしまい、彼としては残念な出来でした。プーの雨が降り注ぎました。雨を降らすのは中国人か。そういえばシーズン始まる前に「オリンピックシーズンだから若手振付師起用しない」という脳内スケート関係者から言質を取った眉唾記事がありましたけど、結局ジェフとシェイリーンだったじゃねえか!

羽生は4Loにアンダーローテーションがつきました。コンビネーションスピンはトラベリングがあったので加点はそんなかな?と思っていましたけど、+1.07ももらえていました。羽生に関しては±0からの加減点方式ではなく、+3からの減点方式になっているようだ。テンくんは2クワドともに回転が足りていません。サモヒンは唯一のレベル4のスピンにVマークがつき基礎点がダウン。残りのエレメンツは2、2、3となりジャンプ以外でカバー出来ず。
back-to-top