2016
12.24

全日本選手権 3日目 女子SP

女子SP
1 宮原知子 関西大学 76.49
2 本郷理華 邦和スポーツランド 69.20
3 樋口新葉 日本橋女学館 68.74
4 本田真凜 関西大学中・高スケート部 67.52
5 三原舞依 神戸PFSC 65.91
6 坂本花織 神戸FSC 63.36
7 松田悠良 中京大中京高校 61.63
8 浅田真央 中京大学 60.32
9 鈴木沙弥 邦和SC 60.06
10 大庭雅 中京大学 59.19
11 滝野莉子 大阪スケート倶楽部 59.13
12 村上佳菜子 中京大学 58.52
13 細田采花 関西大学 56.88
14 磯邉ひな乃 中京大学 55.10
15 中塩美悠 広島スケートクラブ 54.99
16 新田谷凜 中京大学 54.31
17 白岩優奈 関西大学KFSC 54.30
18 廣谷帆香 八工大一高 53.50
19 永井優香 駒場学園高校 53.23
20 松嶋那奈 早稲田大学 51.97
21 今井遥 新潟県連 51.29
22 笠掛梨乃 ポラリス中部FSC 51.22
23 木原万莉子 同志社大学 50.44
24 小林聖依 秀明英光高校 49.14
25 竹野比奈 福岡大学 47.39
26 上野沙耶 関西大学 47.38
27 森下実咲 アクアピアスケーティングC 47.13
28 大澤陽 三沢GOLD F・S・C 46.41
29 森千夏 愛知みずほ大瑞穂高校 45.10
30 船迫麗愛 千葉経済大学附属高校 41.12

これは・・・関西ローカルで最初30分の放送ないやつか!白岩のエッジに衣装引っかかったとこから始まった!

大庭
3S-3T 3Lo 2A
ジャンプを降りてからの姿勢が美しいです。スピンがあまり得意な選手ではありませんが、レイバックスピンはジャンプと同じように美しい腕の位置から入ります。2Aの準備動作少ないですよーーーポーン!素敵。笑顔もいい。ミキ・アンドウテイストがありつつも、新しい彼女の一面を見せてくれて、とてもいい出来でした。

滝野
3F-3T 3Lz 2A
音に合わせてのポージング、笑顔、ジャッジへのアピール。ジュニア選手ながらキメキメで、まったく恥ずかしがってないのがいいです。これから大人のスタイルになるのが楽しみ。

鈴木
3Lz-3T 3Lo 2A
お花いっぱい衣装。3Loの準備動作少なくて素晴らしい。ドーナツスピンの回転速度はあまり出ていないけれど、手をパッ!と開いてアピールするととても印象に残ります。これでGOE+1増やそうって思うジャッジもきっといると思います。60点が出てうれしそー!先生が。

本郷
3F 3T-3T 2A
ジャンプはしっかりと着氷。質がよかったです。GPSと1番変わったところはステップです。しなやかなのに芯があって力強い、女性らしいのにおどろおどろしさがあって、ナハハハハハハハと氷のような笑みを浮かべながらステップを終えスピンで締める。間違いなくシーズン1の滑りです。

宮原
2A 3Lz-3T 3Lo
ハマコー先生の十朱幸代ばりの「いってらっしゃい」で送り出されました。女子になってカメラワークよくなったと思ったのに天井カメラあああああああおーーーーーい!初速がビュイーンと出ますね。華やかなワルツでうんしょうんしょとクロスしても雰囲気壊れるのでいいぞー。GPFではジャンプの回転不足が怖かったですけど、今日は「あー余裕余裕」というランディングでした。レイバックスピンは速報で満点加点になっていました。曲想の表現がバツグン。

松田
2A 3Lo-3Lo 3F
あれ?デジャヴというのは去年もこのプログラムを全日本で見たからでしょう。3Lo-3Loで回転を充足させるのが難しそうですね。ファーストジャンプで足りなくなってしまうんですね。

木原
3T<< 3Lo-2T 2A
3Tは前向き着氷になりました。リカバリーがきちんとできたのはよかったです。感情表現はとてもよかったと思います。もう少し滑りが乗ってくると幻想的に桜吹雪がブオオオオオオ巻き起こっているような情景が浮かんでくるのかなと思ったりします。

新葉
2A 3Lz-3T 3F
一瞬止まって座るような振付のところで「はい止まってます」感が出ずに、「静」の表現として出せるようになったのが素晴らしい。昨シーズンまでの彼女とは様変わりしました。3Lz-3Tと3Fが続くところは、惜別の感情の波が押し寄せてくるようなそんな凄味がありました。エッジの点数引かれてこれだけ出るとはやりおる。70点目指せるってことですね。

佳菜子
3T-3T 1F 2A
3Fが抜けてしまいましたけど、調子はかなりよさそうに見えます。特に後半は音楽に送れることなく、歌うようにリンクを駆け抜けていきました。きっちりきっちり練習をしてきたのでしょうね。眉毛は不思議なままだ。「フリーできるー」ってSPで落ちるかもと思っていたんですね。

三原
3Lz-3T 2A 3F
ビュンビュンにスピードの出た素晴らしい滑りでした。3Fのエッジはきちんとインに倒れてから踏み切って完成度が高かったです。三原の演技はテレビよりも客席から見た方が、その風を感じられて爽快感が倍増だと思います。だからこそ会場の反応もよかったんでしょうね。

新田谷
2F fall 3T-3T 2A
2Fで転倒ディダクションがつくので-1.00からのスタートです。3F-3Tにする予定なので力みすぎてしまったでしょうか。後半のジャンプを得意の3T-3Tに変更して、きちんと点数を取ってきました。彼女は他の大会でもそうだけど、瞬時に変更とか計算とか得意ですね。

真凜
3F-3T 3Lo 2A
わあああああああああああああああああああああああああああがんばたああああああああああああああああああああああああああああ逆境からのやつ!!!逆境からアレするやつ!涙のやつ!緊張がステップのエッジの深さに出やすくて、3Loに向かう後半部分はちょっと怖かったですけど、がんばりました。まずは一安心。

永井
3S ot-2T 3Lo 2A
今シーズンは不調が続いていますが、3Loと2Aがきれいに入りました。昨シーズンまでより3Loに関しては安定していますよね?抜け祭りとは何だったのか。スピンでも回転速度が落ちるところがあって万全ではないと思うんですけど、ここで折れてしまうのと全日本に出て自分の今を出し切るのとでは先が違います。スケートファンはみんな応援してると思います。先生カナダに行くのかー。

廣谷
3T-3T 3Lz ot 2A
きれいな3T-3Tが入りました。3Lzのお嬢さんというイメージがあるので、きれいな3Lzを降りて地上波で映って欲しかった。2Aを降りたときにジャッジをジーーーーーーーっと見つめていたので、±0じゃなくてプラスにしてーーーという念が伝わったはず。

真央
1A 3F-2Lo 3Lo
フランス杯のときは生気がないようで今にも倒れてしまいそうな動きだったので、始まりの中腰の鳥さんのようなポーズからも、そこから立て直せていることが分かりました。公式練習では3Aを降りたようなので試合にも入れシングルに。ステップはレベル4・・・じゃなくて3しか取れなかったようです。ステップは見た目の派手さではなくて、いくつ踏めているかという話なので、ちょっとしたことで変わってしまいます。2Aでまとめてもそれなりのスコアは狙えますけど、これが彼女の生き方なんですよね。
2016
11.26

NHK杯 2日目 女子リザルト

女子LP
1 Anna POGORILAYA(ロシア)139.30
2 Satoko MIYAHARA(日本)133.80
3 Maria SOTSKOVA(ロシア)125.92
4 Wakaba HIGUCHI(日本)122.81
5 Karen CHEN(アメリカ)119.69
6 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)119.45
7 Yura MATSUDA(日本)117.28 PB
8 Mirai NAGASU(アメリカ)116.84
9 Dabin CHOI(韓国)114.57
10 Nicole RAJICOVA(スロバキア)106.27
11 Alaine CHARTRAND(カナダ)101.50

女子リザルト
1 Anna POGORILAYA(ロシア)210.86
2 Satoko MIYAHARA(日本)198.00
3 Maria SOTSKOVA(ロシア)195.88
4 Wakaba HIGUCHI(日本)185.39
5 Mirai NAGASU(アメリカ)180.33
6 Karen CHEN(アメリカ)178.45
7 Yura MATSUDA(日本)178.26
8 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)175.11
9 Dabin CHOI(韓国)165.63
10 Alaine CHARTRAND(カナダ)160.22
11 Nicole RAJICOVA(スロバキア)159.70

ダビン
3Lz-3T 3F 3Lo 2A-3T 3Lz-2T-2Lo tano 3S 2A
予定していたジャンプを全て降りました。ジャンプを降りることによって気持ちが明るくなって、意識はしていなかったのかもしれませんが演技にいい影響が出ました。でもインタープリテーションの評価そんなに高くないんですね。

ライチョヴァー
3Lz-2Lo 3F 3Lo-2T-2Lo 3Lo-2T 2Lz 3T 1A
前半のジャンプは上手く降りました。コンビネーションを3Tにつける予定だったのを前倒しにしたのは、体力面での不安があったからでしょうか。3Lo-2Tの後に急にスピードがなくなって、ジャンプを回りきれる感じがありませんでした。3Lzと2Aをそのまま降りていても、回転が足らずに転倒・・・という形になっていたかもしれません。ロステレコム杯でも体力が切れていたように思います。表情の作り方などはとてもよかったです。

カレン
3Lz-3T 3F 2A-1Lo-3S 3Lo 3S-2T tano 3Lz 2A
漢字つきカレン・チェンバナー軍団がいる!!!何者だ!3-3のセカンドの回転不足ですが、彼女は4シーズンの中でセカンドトリプルの回転が足りたことが4度しかないんですよね。直近が2015年世界ジュニアということで、なかなか厳しい。でも決まったジャンプは質のいいものが多くて、加点はモリモリでしょう。アメリカ女子伝統のドヤりアラベスクスパイラルを継承し、ジェラった結果屈服させる勢いでした。

シャルトラン
3Lz-3T shaky 3S 3F shaky 2A-1Lo-3S hd 3Lz df 3Lo shaky 2A-2Lo
ジャンプの着氷が荒れに荒れました。ジュニア時代の彼女の演技を見ているかのような荒れっぷりです。コレオシークエンスは女王の威厳たっぷりに力強く、ステップは女性らしさを加え柔らかさもアピールしています。表現面ではとてもよかったです。ジャンプが後半に5つもあって、しかもそれが続く構成になっているので、成功しないと淡々とした印象になってしまうので大変。

トゥルシンバエワ
3Lz-3T 3Lz 3F fall 3S-2T 3Lo df 2A-2T-2Lo 2A to
前半に得意の3Lzをしっかりと降りました。後半はちょこちょこっとミスは出たものの、シーズン序盤から順調に調子を上げてきています。ステップの終盤はちょっと忙しそう。きっとシシ神から逃げてるんですね。

6分練習中にピョンピョコと助走レス3Lo(ステップアウト)を跳ぶポゴリラヤ。そりゃ助走つけたらいい質のジャンプ跳べるよなと納得しました。

ミライ
3F-3T 3Lz 3S 2A-3T-2T 3Lo 3Lo-2T 2A
3Fを3Loに変更して確実性を狙ってきました。ジャンプの回転が怪しいところはありますが、まずは降りて演技をきちんと見せることが大切です。ただ真っ直ぐに滑るところと、エッジがフラットなところも多いので、エッジがフラットだとなかなかスピードも出にくいですし、そういった点でトップ勢と差がついてしまうのかなと思います。力強い曲なので、スピードギュンギュンの中で滑られたらもっとかっこよくなるはずです。

新葉
3Lz-3T 2Lo 3S 2A 3Lz-3T 3F 2A-2T-2Lo
得点源の3Lz-3Tを2本とも降りました。3Fヒヤヒヤ。織田信成さん鈴木明子さん的に言うと「こうじゃなくてこう(しなやかな手の動き)」が存分に生かされた素敵演技でした。昨シーズンまでならここでインタープリテーションが伸びなくて・・・ってところなのに、今シーズンは評価高いです。なんてったって「こうじゃなくてこう」なんですから。3Lz-3Tにはもちろんたくさんの助走が必要なわけですが、その助走ですら意志の強いシェヘラザードの様子を表しているようでした。

松田
2A-3T-3Lo 3Lz 3F ot 2A 3Lo-2T 3F-2T 3S
スパニッシュはあまり得意なジャンプではないそうですが、これはこれでいいと思います。キレキレスパニッシュではなくて、しっとりパートもあるものなので、そこは彼女が得意なところですよね。3Fにコンボをつけられなかったのを2本目にやり直して、大きな影響はありませんでした。2-3-3の回転が足りているものがいつか見たい。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 3F 2A 3Lz-1Lo-3S 3Lo-2T 3Lo 2A so
さすがとしか言いようのない安定感でした。きっちりきっちりと滑って、ジャンプは質よくこなして、2Aが1つバランス崩したくらいでは高得点は揺るぎません。行方知れずの男への思いを募らせるプログラムでありまして、その設定したテーマ通りのことが伝わってきます。スペイン語なのでスペイン人、内戦とか?お辞儀のときのスパシーバは演歌歌手さながら。

宮原
3Lo 3Lz-3T 3F 3Lz-2T-2Lo tano 2A-3T 3S 2A
銀河的大せんせえええええええええええええええい!プレッシャーもある中で、転倒や抜けなくきっちりと降りてきました。3Lzの軸が2本とも曲がっていたので、そこに緊張は見られました。セカンド3Tは回転が足りませんが、まずまずといったところで。ミスサイゴンやため息と比較すると、止まる暇があったら動いて動いてとにかく動きまくって大宇宙!強さ!愛!と壮大さをアピールしまくっておりました。ジャンプが完璧ではありませんし、TESが伸び悩むのは仕方ない面があります。

ソツコワ
3Lz-3T 3F 3Lo 3F-1Lo-3S 3Lz 2A-2T tano 2A
ステップ中のウィンドミルの直後にもつれるような動きがありました。GOEに影響を及ぼすレベルではないけれど、緊張感の中で滑っていたのかなと思います。子守唄レベルに温かい曲なので、笑みを湛えながら演じられると、もっともっと素敵になりそう。大きな曲の変化がないので、事細かな演じ分けをしていかないと単調な印象になりかねません。You ジャッジ席に優しく微笑みかけちゃいなよ。2Tの両手タノはふわふわわんとしてよかったです。わたがし!みたいな。

背の大きな年下のお嬢さんたちと表彰台に乗る大先生。おもしろい競技ダナー。ポゴリラヤは3Fにeマークがつきまして、最後のレイバックスピンは今日もレベルの取りこぼしがありました。宮原は3Tと3Fと3Lzがアンダーローテーションでした。今日はジャンプが万全ではなかったので、ファイナル~全日本と日程が大変ですがこれから楽しみにします。新葉は後半のセカンド3Tがアンダーローテーション。松田は3つ、ミライは4つアンダーローテーションがつきました。

グランプリファイナルへはメドベージェワ、ポゴリラヤ、ラジオノワ、オズモンド、ソツコワ、宮原が出場となります。うわーーーフレッシュ。宮原のファイナル進出でテレ朝は死亡を免れます。テレ朝は西に足向けて寝られんな!ファイナル用のダサいOPにも気合を入れ、壊滅的にダサいOPを作るように。分かったな?

NHKの司会のお姉さんは選手よりがんばれ。
2016
11.06

ロステレコム杯 2日目 女子リザルト

表彰式が明日だからパパッと終わり。

女子LP
1 Anna POGORILAYA(ロシア)141.28
2 Elena RADIONOVA(ロシア)123.67
3 Courtney HICKS(アメリカ)119.30 PB
4 Zijun LI(中国)117.94
5 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)117.01
6 Yura MATSUDA(日本)116.08 PB
7 Nicole RAJICOVA(スロバキア)109.65
8 Roberta RODEGHIERO(イタリア)107.23
9 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)103.33
10 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)96.80
11 Kanako MURAKAMI(日本)95.78
12 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)79.21

女子リザルト
1 Anna POGORILAYA(ロシア)215.21 PB
2 Elena RADIONOVA(ロシア)195.60
3 Courtney HICKS(アメリカ)182.98
4 Zijun LI(中国)181.83
5 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)181.32
6 Yura MATSUDA(日本)177.65
7 Nicole RAJICOVA(スロバキア)167.56
8 Roberta RODEGHIERO(イタリア)159.80
9 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)159.26
10 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)151.09
11 Kanako MURAKAMI(日本)151.03
12 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)148.46

クチヴァルスカ
3Lz 2A-3T 3T 3S-2T-2Lo 2A 2F 2Lz
最後の2つのジャンプはダブルにしました。ステップを踏んでいるときには、すでに体力が尽きていましたので、トリプルは跳べなかったでしょう。トリプルジャンプの回転も怪しいところがいくつか。先生らしき声で演技中にダバイダバイダバーイという声が飛んでいました。

ロデギエーロ
3Lz-2T 3F 3Lo shaky 3F-2T 3T+2A 2S 2A
この間は得点源の2本の3Fが決まらずでしたが、今日は大丈夫でした。このプログラムにおける表現で求めることはとにかくキュートさ。それはもうあざといぐらいのキュートさ。あざとすぎて同性に嫌われるぐらいに、唇突き出すようにかわいくやって欲しいんです。演技にまだまだ固さが見られます。ジャンプミスは減ったので、次はキュートにオナシャス。

佳菜子
3Lo df 3S 3F 1A 3F-2T 3S-2Lo-2Lo 1A
ジャンプの回転がというところはあるのですが、今日は曲想の表現が素晴らしかったです。佳菜子は7本すべてのジャンプが終わるまで、なかなか乗り切れないというところがありましたけど、中盤辺りからジャンプが表現の一部のようになって、次第に深刻な状況に陥っていく、トスカのストーリーをなぞっているようでした。女子選手のジャンプ力と演技力のピークが合わないことが、実にもどかしく思います。

ライチョヴァー
3Lz-2Lo 3F 3Lo-2T-2Lo 3Lo 3Lz df 3T hd 2A-2T
美しい振付からスタート。月光かと思ったら違いました。前半はとてもよかったです。ステップの終わりは少し粗さが見えたでしょうか。そして3Lzに向かうまでがかなりナーバスになってしまい、曲の雰囲気から離れかけましたけども、最後に引き戻しました。120点も見える演技でした。

松田
2A-3T-3Lo 3F 3Lz 2A 3F-2T 3Lo-2T 3S
2A-3T-3Loつええ。ちょっと回転足りなかったけどつええ。必殺技感があります。転倒しないのは強みです。正確にきっちりきっちりとエレメンツを実施していきました。その分スケーティングスキルに比べて、後ろの項目が下がってしまいましたが、これから評価を伸ばしていくよろし。TESが下がらなければ125点狙えていたんですね。

ガルスチャン
3Lz-3T 3S 3Lo shaky 2A 3F+2A 3S-2T-2T 3T
男らしい握手で送り出され演技が始まりました。回転の足りなさそうなジャンプがいくつかありました。歌謡曲風のプログラムはロシア人にも受けがいいのか会場が沸いていました。僕は最近ちあきなおみの喝采ばかり聴いているので、重ねながら演技を見ていました。速報55.98から45ぐらいまでTESが下がるんじゃないかと思っていましたが、49で下げ止まってくれてよかった。

トゥルシンバエワ
3Lz-3T 3Lz 3F 3S-2T 3Lo so 2A-2T shaky 2A
3S-3Tが入らなかったので予定通りとはなりませんでした。でも、この曲によく合っていました。米良さんの曲になったときに、もっと柔らかく上体を使うと、後半の若さやスピード感がさらに際立つと思います。トランジションが評価されています。

ジジュン
2A-1Lo-3S 2A-3T 2Lz 3Lo 3F-2T 3F 3S
スタミナの問題は解消されていません。最初に得点源の2つのコンビネーションを跳んで、eのつくルッツを入れています。ジジュンもアンダーローテーションがたくさんつくと思いましたが大丈夫だったようです。梅らしきものがついた衣装とフィニッシュのポーズが素敵。曲のBGM化が・・・。

ヒックス
3F-2T ot 3S 2A 3Lz 3Lo-1T 3Lo+2A 3F
ノートルダムはノートルダムでも、サッドエンドの「ドパリ」じゃなく、ハッピーエンドの「の鐘」です。ディズニーです。毎週のようにドパリに攻め立てられていたので、明るく終えてくれると清清しいです。この明るさがアメリカ女子らしくていいです。着氷荒れ気味のヒックスさんでしたけど、今日はジャンプ堪えました。回転不足ならコケてしまうし、エッジ矯正師匠なので、速報値からTESがガタ落ちする心配はありません。

リプニツカヤ
3Lz-2T 3Lo 2A 3F A 1Lz 2A fall
あああ・・・足をつってしまった。演技中断を申し入れて再開しましたが、こればかりはどうしようもない。お疲れさま。

ラジオノワ
3Lz td 3F-3T shaky 3Lz-1Lo-3S 3Lo to 2A 3Lo fall 2A
ラジオノワとしてはかなり荒れた演技でした。軽さで跳ぶジャンプの限界を迎えてしまったのかな・・・。後半はスタミナが切れると共にジャンプの回転も厳しくなってきましたし。ロシアらしからぬ普通編曲でいくと思いきや、主張強めの女性ボーカルを入れてきました。ここから持ち直せるでしょうか。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 3F 2A 3Lz-1Lo-3S shaky 3Lo-2T tano 3Lo 2A
うっほほーいつおいつおい。演技中は分からなかったけれど、スロー再生だとフライングキャメルの空中姿勢かっこいい。メドベさんとの差は、ジャンプ前後のトランジションとシームレスに繋げるかどうかですね。やはりこの点ではメドベさんに軍配が上がります。刺すような雰囲気身につけて、さらに素敵なプログラムに仕上げてください。LPのスコアはベストじゃないですが、総合得点ではモルドヴィアンを超えました!ハッハッハッハッハッ!モルドヴィアン、さっさとパーソナルベストの欄から消えたまえ。LPはNHK杯で消すといいですよ。

ファイナル進出に向けて、ポゴリラヤは宮原の強力なライバルになります。ラジオさんのスコアだと、中国杯が安全圏とは言えないし、フランス杯が終わったところでファイナルの顔ぶれは予想もつかないと思います。

ポゴリラヤは3Fにeがつきました。ラジオノワは3Loでアンダーローテーション。ヒックスはマーク何もなし!ジジュンの2Lzにはアテンションすらつかずでした。矯正中?松田の3連続は3Loではなく3Tがアンダーローテーションでした。予想外。佳菜子の1Aにはほとんどのジャッジがプラスをつけました。2Aぐらいの質のよさだったので当然だと言えましょう。リプはレベル4の要素なし、コレオシークエンスノーバリュー。おうふ。

来週は帰ってくるぜベルシー体育館。クワドモンスターとニーベンディングモンスターが登場しますですよ。
2016
11.05

ロステレコム杯 2日目 女子SP

女子SP
1 Anna POGORILAYA(ロシア)73.93
2 Elena RADIONOVA(ロシア)71.93 PB
3 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)69.25
4 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)64.31 PB
5 Zijun LI(中国)63.89
6 Courtney HICKS(アメリカ)63.68
7 Yura MATSUDA(日本)61.57
8 Nicole RAJICOVA(スロバキア)57.91 PB
9 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)55.93
10 Kanako MURAKAMI(日本)55.25
11 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)54.29
12 Roberta RODEGHIERO(イタリア)52.57

佳菜子
3F 3T-3T so 2A
ジャンプの回転がまたもや・・・という感じですが2Aは好調。表現面ではスケアメよりも伸び伸びと演じられていて、表情もよかったです。それとレイバックスピンもとてもよかった。笑顔の佳菜子は和む。

松田
2A 3Lo-3Lo td 3F df
3シーズン目となるピアノレッスン。シニアビューのシーズンに評判のいいこのプログラムを持ってくる気持ちは分かります。完璧ではなかったにせよ、いいグランプリデビューだったのではないかと。

ライチョヴァー
3T-3T 3Lo 2A
素晴らしい演技でした。3T-3Tのセカンドの回転が足りませんが、演技の印象を壊すほどのものではありませんでした。男子も女子もフライングキャメルをきれいに決められる選手がなかなかいない中で、彼女はとてもきれいで、フライングしてからすぐにビュンビュンとスピードを出して安定したポジションで回るのが気持ちよかったです。演技から出るすさまじい清潔感。彼女はエレメンツの配置が実に明確で、ジュニア掛け持ちの頃から優れているところでした。

ナム・ニューエンさんの父親ことセルゲイ・ヴォロノフさん観戦中。
ShifukuB 2.00 0 0 0 0 0 0 -1 0 +3

リプニツカヤ
3T-3T 2A 3F
うおおおお・・・・・ガリガリ。めちゃくちゃ頑張って絞ったんでしょうね。この年齢でこれほど絞れるものなのか。3Lz-3Tではなく安全策で3T-3Tにしました。絞った分、演技のパワーは少し失われてしまったのかな?というのが正直なところ。エレメンツの質には影響していませんけど、感覚的な部分でそう感じます。これでLPの後半までスタミナが持つのかどうか。おいまとめブログ!リプニツカヤ痩せたっていうのまとめろよ。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 3Lo 2A
レフトショルダーブラックファー。出場の組み合わせが全選手の中で1番よかったポゴリラヤ。コケては元も子もねえぞという展開から実力通りの力を見せました。相変わらずステップの音楽は意味分からないけど、よかった!高得点だったので顔の怖いコーチも笑顔。

クチヴァルスカ
3F shaky 3T-3T 2A
ジャンプの回転は足りなかったものの、必死に食らい付いています。デリケートな時期だけど、頑張る選手は応援したくなります。ステップが本当に大変そう。短髪コーチ優しい。選手のモチベーションを上げるの上手そう。

ジジュン
3T-3T 3F 2A
ジジュンも細い。でもよくよく考えたらいつでも細い。けどいくらなんでも細すぎる。野球部員の腕みたいな太もも。衣装キランキラン。ジャンプには問題はありませんでしたが、もう少し重い雰囲気を出しながら滑ってくれると曲の雰囲気を感じられそうだと感じました。

客席に世界一スケートの上手い腐女子がおる。サインに励む。今日は祝日らしいからみんな練習お休み?

ロデギエーロ
3T-2T df 3F 2A
3-3が決まらずでした。ロデギエーロさんは強い女性の雰囲気を出すのは上手な選手ですけど、もっと崩れた感じも見てみたいです。まとまりがよすぎるので、もっとアヒャヒャヒャした感じがね。先生魔術使えそうですね。

ヒックス
3F-3T 3Lo 2A
映像がぶっ飛んだから分からなかったけど、リプレイによると一応3F-3Tは降りられたようで。ヒックスの3-3はターンが入ったり、勢い余って足をつくことが多いので、今日は完璧ではないにせよ頑張りました。分かりやすい振付とかあればいいんえですけど、演じるのが難しそうな選曲ですよね。今シーズンの衣装は縫製が雑じゃない。

メドベさんマスクするなんて日本人化してますよ。

ラジオノワ
3Lz-3T 3Lo 2A shaky
衣装にたくさんひじきをつけたラジオノワさん。今シーズンも3Lz-3Tなんやかんや失敗しないスキルを発動させています。前半は普通かなーーーと思ったんですけど、ステップが強烈でした。コラに使えそうなぐらいおもしろい表情でした。このステップは、ぜひすし詰めを持って滑って欲しい。コミカルを通り越して酔いどれっぽかった。さすがラジオノワは曲に入り込みますなー。コンビネーションスピンのトラベリングもったいなかった。

ガルスチャン
3Lz-3T 3F shaky 2A
0戦から一気に2戦派遣となったガルスチャンでしたが、派遣されるに相応しい安定感を見せました。この気が滅入りそうな曲は、第二次大戦時にドイツに潜入していたソ連の諜報部員の物語らしいです。最後のアップライトスピンの腕の角度まで気持ちの入ったいい演技でした。キスクラで笑顔から点数発表でショボーンとなるいつものパターン。素敵だったから落ち込まなくて大丈夫。

トゥルシンバエワ
3Lz-3T 3Lo 2A fall
小さいことは弱点じゃない。小さいことを最大限に生かした小回りを効かせた演技でした。例えばポゴリラヤやゴールドがこれと同じステップ踏めるかと言うと、このテンポで同じことはできません。これはこれでいい。もちろん長身もかっこいい。2Aの転倒はもったいなかったです。フライングキャメルを回る時間がなくなって、次のレイバックに移る必要にかられたので、転倒だけの失点だけではないです。でもこれで64点ってことは、67点は出るってことだ。わーい。

ポゴリラヤフライングキャメルがレベル3、ラジオノワはコンビネーションスピンがレベル3でした。ラジオノワのスピンにマイナスをつけたジャッジは1人もいません。リプニツカヤの3Fにアテンションがつきました。リプレイをスローで確認しましたところ・・・うん、これは仕方ない。

今年もロシア女子での表彰台独占の様相を呈しております。さて、どのような結末になるのでしょうか。明日へ続く。アイスダンスFDは夜8時から。
2015
10.03

JGPログローニョ 2日目 アイスダンスSD・女子リザルト

Google検索で"フィギュアスケート"と調べると、このブログが1ページに表示されるようになりました。これを期にもっとまともなことを書きませーーーーーんwwwww何も変えませーーーーーんwwwww マスメディアもっとがんばれ。書籍・テレビ方面ばかり強くて、ネットコンテンツが弱すぎる。

アイスダンスSD
1 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)61.83 PB
2 Betina POPOVA / Yuri VLASENKO(ロシア)60.40 PB
3 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT(アメリカ)59.13 PB
4 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV(ロシア)57.15 PB
5 Chloe LEWIS / Logan BYE(アメリカ)57.03 PB
6 Mackenzie BENT / Dmitre RAZGULAJEVS(カナダ)55.76 PB
7 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)52.50 PB
8 Ria SCHWENDINGER / Valentin WUNDERLICH(ドイツ)48.29 PB
9 Maria OLEYNIK / Yuri HULITSKI(ベラルーシ)44.93 PB
10 Ekaterina FEDYUSHCHENKO / Lucas KITTERIDGE(イギリス)43.82 PB
11 Francesca RIGHI / Pietro PAPETTI(イタリア)39.24
12 Hanna JAKUCS / Daniel ILLES(ハンガリー)38.27 PB
13 Angelina SINKEVYCH / Yegor YEGOROV(ウクライナ)38.20
14 Marina ELIAS / Denis KORELINE(エストニア)37.76
15 Valentina SCHÄR / Carlo RÖTHLISBERGER(スイス)37.48
16 Salome ABDEDOU / Dylan ANTUNES(フランス)33.65 PB
17 Daria POPOVA / Mark SELEZNEV(ウクライナ)31.93 PB

ポポブラ
前回ポポワさんのお体にかなりのボリュームがありました。今回は絞ってきてシャープなポポワさんでした。パターンのときにスカートを持つ手も、単にお上品ではなく曲に合わせたおどろおどろしさを演出していました。ブラセンコは前髪上げた方が似合うと思う。

ルイス&バイ
そうだ悲しきワルツだ。全然思い出せなかった。少しエッジがシャローになっていた部分はあるけれど、嫌味のない雰囲気でよかったです。男性の生え際が怪しいところは、次代のジャン=リュック・ベイカーさんを思わせました。

ポグブノ
あれ?ブノワさんがツイズルでスタンブルしなかった。多少は詰まったけど。ノットタッチは2人の距離が近かったです。パターンは全員同じテンポで滑っているはずなのに、2人は動きが大きいから他のカップルよりもゆったり、雄大に滑っているように見えました。長身カップルいいねー。

フランスの男がステップでスタンブルして、リフトコケたのにめっちゃ笑顔で、女の子が超イラついてるのおもしろかった。

シュピスミ
昨シーズン見たはずだけど、名前以外を覚えていないシュピスミ。ノットタッチでフリーレッグをチョンチョンってする感じとか、ホップするのとか可愛かった。トランジションとリフトで男性が失敗しかけましたけど、多分堪えられていました。最後の最後で危なかったー。

ラジョイー&ラガ
マリパトの生徒。次々と出てくるのう。移動距離のあるツイズルがとてもよかったです。せかせかした感じ&男の子のスタミナが課題かもしれないし、顔色悪いけど。ローテーショナルも上手でした。

マリロマ
男性の技術力で女性を引っ張りまくるカップルです。男性の膝が上手に使えているので、少々女性がフラットでも気にならない。それぐらいにこのカップルは男性主体の演技をしています。デススパイラルはアイスダンスでやったらどうなるんだろうと、彼らのムーブメントを見て思いました。スピン扱いかな?ポポブラをかわして1位になりました。いい演技でしたもの。

ベント組
優雅に笑みを浮かべながら滑るベントさんの、おつきの者には未だに見えてしまうのですけど、2人が手を繋いで滑るところは前回よりもよかったです。引っ張られている感が緩和されていたから。

女子LP
1 Yuna SHIRAIWA(日本)124.29 PB
2 Alisa FEDICHKINA(ロシア)120.22 PB
3 Yura MATSUDA(日本)113.27 PB
4 Brynne MCISAAC(アメリカ)108.82 PB
5 Tessa HONG(アメリカ)102.24 PB
6 So Hyun AN(韓国)97.74 PB
7 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)97.58
8 Kailani CRAINE(オーストラリア)96.45 PB
9 Serafima SAKHANOVICH(ロシア)92.36
10 Loena HENDRICKX(ベルギー)91.81 PB
11 Anni JÄRVENPÄÄ(フィンランド)86.07
12 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)79.85 PB
13 Shuran YU(シンガポール)77.36
14 Maria-Katharina HERCEG(ドイツ)76.50
15 Michaela DU TOIT(南アフリカ)75.10 PB
16 Sara CASELLA(イタリア)73.30
17 Darija SHATIBELKO(ラトビア)70.37 PB
18 Danielle HARRISON(イギリス)68.73
19 Kristina SHKULETA-GROMOVA(エストニア)68.54 PB
20 Julie FROETSCHER(フランス)67.09
21 Maeva GALLARDA ROSSELL(スペイン)65.86 PB
22 Andrea ANLIKER(スイス)57.05 PB
23 Fruzsina MEDGYESI(ハンガリー)55.73
24 Aleksandra RUDOLF(ポーランド)54.74
25 Deimante KIZALAITE(リトアニア)54.69
26 Gabriella VINOKUR(イスラエル)54.32
27 Mara WAGNER(ルクセンブルク)51.09 PB
28 Regina Andrea RODRIGUEZ LEAL(メキシコ)50.35
29 Karen GHEBBARI(マレーシア)47.60 PB
30 Tania MARGARIDO(アンドラ)42.59 PB
31 Priscilla June CHAU(香港)40.32
32 Elisa TSUJI(インドネシア)39.44 PB
33 Alexandra DE HANOVRE(モナコ)29.78

女子リザルト
1 Yuna SHIRAIWA(日本)186.80 PB
2 Alisa FEDICHKINA(ロシア)186.38 PB
3 Yura MATSUDA(日本)178.98 PB
4 Brynne MCISAAC(アメリカ)162.25 PB
5 So Hyun AN(韓国)153.46 PB
6 Tessa HONG(アメリカ)152.62 PB
7 Serafima SAKHANOVICH(ロシア)152.46
8 Kailani CRAINE(オーストラリア)147.25 PB
9 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)144.53
10 Anni JÄRVENPÄÄ(フィンランド)144.37 PB
11 Loena HENDRICKX(ベルギー)138.39 PB
12 Maria-Katharina HERCEG(ドイツ)122.52
13 Michaela DU TOIT(南アフリカ)121.94 PB
14 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)119.05 PB
15 Shuran YU(シンガポール)118.95
16 Sara CASELLA(イタリア)117.21
17 Danielle HARRISON(イギリス)112.49
18 Kristina SHKULETA-GROMOVA(エストニア)106.74 PB
19 Julie FROETSCHER(フランス)102.64
20 Darija SHATIBELKO(ラトビア)100.19 PB
21 Maeva GALLARDA ROSSELL(スペイン)99.82 PB
22 Fruzsina MEDGYESI(ハンガリー)96.13
23 Andrea ANLIKER(スイス)91.73 PB
24 Aleksandra RUDOLF(ポーランド)91.20
25 Deimante KIZALAITE(リトアニア)87.87
26 Regina Andrea RODRIGUEZ LEAL(メキシコ)86.24 PB
27 Gabriella VINOKUR(イスラエル)83.77
28 Karen GHEBBARI(マレーシア)74.34 PB
29 Mara WAGNER(ルクセンブルク)74.04 PB
30 Tania MARGARIDO(アンドラ)69.97 PB
31 Priscilla June CHAU(香港)66.20
32 Elisa TSUJI(インドネシア)58.38 PB
33 Alexandra DE HANOVRE(モナコ)42.64
WD Maria MARTINEZ GARCIA(スペイン)

ブリンさん
3F-2T 2A 3Lo-2Lo 3F 3Lz-2T-2Lo tano 2A 3Lo
おばばの生徒さん。回転不足っぽい着氷の仕方なのに、スローで見ると実は足りている不思議なジャンプ。回転不足祭りだと思ったのに。ウォーレイが、バレエジャンプが、イナバウアーが、ジャンプのひとつひとつが劇画チック。何をそんなにドラマティックにしてるの?ってぐらいにドラマティック。おもしろすぎる。ドラマティックなのに顔は無表情だったりする。

ガルスチャン
3Lz-3T 3F-2T 3Lo 1A 3Lz 2F 3S-2T-2Lo
ディレイのかかったジャンプは、エスニックな音楽を表現するのにピッタリです。テッドがコメントでユリア・セベスチェンみたいなジャンプだねーと言っておりました。前回より演技は悪くない気がしました。衣装は緑色のスライムに東欧の歓楽街のお姉さんのボレロ巻きつけたみたいだから、もっと素敵なのをお願いします。

ロエヘン
3Lz shaky 3F shaky 3S-2T tano 2A fall 2F-2Lo 3S 2F-2T-2Lo
トリプルの種類が少ないのは問題ですが、コンボは質がよく高さも出たので加点がもらえると思います。ジョリヘンと同じ先生なのでスタイルは同じです。フリーレッグはところどころきれい。スピンはンタリングが上手でした。

南アフリカリパブリックのミカエラさんが、カロリーナのボレロ衣装の型紙をおパクリになっている。

クレイン
3F so 3Lz-2T 3Lo-2Lo 3Lz 2A-2Lo fall 3Lo 2A ot
ジャンプの固め打ちが激しいです。ネーベルホルンで先週見ていたからコレオシークエンスの分が少なくて余計に固め打ちが目立ちました。ティファニー・チンのスカートとブーツの間の絶対領域・・・。

アメリカンテッサ
2A-2T df 3Lz-3T shaky 3F fall 3Lz 2A-1Lo-3S df 3Lo 3S
2A-3Tにできなかったのを、咄嗟に次のジャンプにつけてきました。ザクライチェクはジャンプに伸び悩む生徒を途中から引き受けるか、ある程度まで生徒を育てる方が向いているのだろうなー。この子も昔はキャロルの生徒だったようだし。クラシカルな雰囲気で、ポーズが決まってきれいでした。アメリカ女子は総じてそういった傾向がありますけど、近年そこから外れる選手も増えていたから、アメリカ女子らしいアメリカ女子だなって。

白岩
3Lz-3T 3S-3Lo 3F 2A 3Lo 3Lz-2T-2Lo 2A
わああああああああああああああああああああああああああああああい2Aがあんまり得意じゃなさそうだねえええええええええええええええええええええええでも大丈夫だったあああああああああああああスピンもうちょっと丁寧にーーーだけどいいスコア出ました。ヤマトと一緒に静かに盛り上がる。

静かな盛り上がり


サハノヴィッチ
3F tano 3Lz fall 3F tano-1Lo-3S tano 2A fall 2Lo-2T tano 2A fall 2Lo tano
クリーンに入ったのが最初の3Fだけという遭難。プログラムがどうこうとかいう次元の話ではない。去年のリプと同じ髪型だ。この髪型にするといかんのですか?

松田
3F-3T shaky 3Lz fall 3Lo 3F 2A-1Lo-3S 3Lo-2T 2A
ジャンプの回転が怪しいところがいくつか見られましたが、思ったよりハイスコアが出ました。SPの順位がよかったので、前半は緊張して硬さが見られました。それが表現にも出てしまったのかなあと。LPはSPのようには、表現面で難しいものがあります。

ソヒュン
3Lz-2T 3F 3Lo 2A fall 3Lz 3S 2A-2T
ジャンプをと!び!ま!し!た!という演技でした。何を演じていたのかよく分からなかった。

フェディチキナ
2A 3F-3T 3Lz 2A-3T-2T 3Lz-2T 2Lo df 3S
猫おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおこれは猫おおおおおおおおおおおおおおおジャンプが決まったから猫も映えるねええええええええ猫おおおおおおおおおおお振付が可愛すぎるうううううううキャッツのプログラム界に語り継がれるであろう猫。超僅差で2位でした。上行くと思ったけど3Loが勝負を分けました。

ヤンヴェルパー
3Lz 2A-2T 3S fall 2F 3S fall 3T 2A shaky
転倒でみるみる力がなくなっていきました。3Sを2本ということは得意なジャンプなんでしょうけどね。コンボ未消化で演技が終わる感じもキーラっぽい。

せんたくもの

洗濯物を干すような国旗掲揚。今週末の国旗掲揚個性出しすぎ。

表彰台から降りるときにフェディチキナに手を貸す松田優しい。

メダルは
関西 7
ロシア 6
ヴィヴィアン 2
ダビン 2
松田(愛知) 1
となりました。ついに関西以外からのメダリストが誕生。

今回サハノヴィッチが7位だったのでファイナルの可能性が消えました。今週は白岩が確定してこれで4枠埋まりました。次週日本は真凛と新葉(樋口呼びやめた)なので、1戦目5位だった新葉にも優勝すればファイナル進出ができるようになりました。真凛は3位以内ならファイナルで、4位ならフェディチキナとの争いですが、フェディチキナの2戦合計のスコアを超えるのはおそらく無理なので3位以内が絶対です。日本が4なのか、ロシアと日本で3と3で分け合うのか。次週クロアチアで運命がキマール。
Comment:2
back-to-top