2016
12.25

全日本選手権 4日目 女子リザルト

女子リザルト
1. 宮原知子 関西大学 214.87
2. 樋口新葉 日本橋女学館 199.49
3. 三原舞依 神戸PFSC 198.17
4. 本田真凜 関西大学中・高スケート部 196.11
5. 本郷理華 邦和スポーツランド 194.28
6. 白岩優奈 関西大学KFSC 185.37
7. 坂本花織 神戸FSC 184.06
8. 村上佳菜子 中京大学 182.55
9. 鈴木沙弥 邦和SC 180.41
10. 松田悠良 中京大中京高校 180.27
11. 新田谷凜 中京大学 176.86
12. 浅田真央 中京大学 174.42
13. 大庭雅 中京大学 165.45
14. 滝野莉子 大阪スケート倶楽部 163.27
15. 細田采花 関西大学 159.13
16. 磯邉ひな乃 中京大学 153.34
17. 木原万莉子 同志社大 151.35
18. 廣谷帆香 八工大一高 148.71
19. 今井遥 新潟県連 147.58
20. 松嶋那奈 早稲田大学 147.32
21. 中塩美悠 広島スケートクラブ 145.85
22. 笠掛梨乃 ポラリス中部FSC 135.11
23. 小林聖依 秀明英光高校 131.75
24. 永井優香 駒場学園高校 131.40

白岩
3Lz-3T 3S 3F-3T 3Lz-2T-2Lo 2A 3Lo 2A
昨日は手袋が引っかかっていたのかー。手に引っ掛けて出血防げますけど、そういったアクシデントが起こる場合もあるんですね。3Lzにも3Fにも3Tをつけられるのは強いです。両方につけるなんてキミーを思い出します。3Loの助走で少し躓いたのに着氷まで持っていく力すごい。

大庭
3F 2A-3T 3Lo 3S 3S-2T-2Lo 3Lo-2T 2A
2本目の3Loの回転が少し足りなかったぐらいで、ジャンプにほとんどミスはありませんでした。3Loは得意なので、ここでもう少し点数を稼げればよかったのですが。SPに比べると演技が止まり気味に思えたので、もっと疾走感を出せると印象がもっともっとよくなっただろうなと思います。

佳菜子
3F 2A 3T-2T 3S-2Lo-2Lo 3T 3S-2T 2A
今の彼女ができることを出し切りました。ジャンプ構成を落としたことで表現をする余裕が生まれました。ジャンプに気持ちが行き過ぎるがあまり、表情が固いまま終盤に進むことが多かったですから。エッジをそれほど気にしなくていいコレオシークエンスがステップより先にくるというのも、表現に集中できる要因だったのかも。すべての作戦がハマって、気持ちがこもって、今回の素晴らしい演技が生まれました。佳菜子の笑顔が見られたよかった。

鈴木
2A-3T-2T 3Lz-2T 3Lo 3Lz 2A-3T 3F 3S
スピードに乗った素晴らしいジャンプの数々でした。特に後半の2A-3Tから3Fの加速、後半でも勢いが衰えることなくウェストサイドの楽しさが伝わってきました。PCSはあまり伸びませんでしたが、これからまだまだ上達しそうで楽しみです。

真央
3A fall 3F-3Lo 3Lz 2A-3T 3S fall 1F 3Lo
3Aは回転が足りずに転倒。セカンドトリプルは両方回転が足りないです。序盤どうかな?というところから、コレオシークエンスから滑りがクリアに滑らかになってきました。残念ながら復活とはなりませんでしたが、最後の最後のステップで浅田真央を見せフィニッシュ。

同じように怪我で全日本で力を出し切れなかったダイスケさんの言葉重い。

松田
2A-3T-3Lo 3Lz 3F-2T 2A 3Lo-2T 3F 3S
去年までジュニアで戦っていたのに、ほんとシニアっぽい雰囲気があります。すんなりとシニアに溶け込む力。ステップはGPSよりも表現が冴えていたなと感じました。回転不足は置いておいて、流れのいいジャンプを持っているので、エレガントさだけではなくて、強い感じも見せられると演技に厚みが出そうです。

真凜
3Lz 1F 2A-3T-2Lo 3S-3T 3Lo 3F-2T 2A
3F-3Tが抜けたので後半でリカバリーしました。恐怖のラストジャンプ2Aも成功しました。やはり今日もステップのエッジがかなりフラットでレベルが取れていませんでした。ロシア勢はレベルもきっちり取ってくるので、修正しなければならないところですね。インフルからの復活であまり時間もなかったでしょうし、今はムチ打った体をゆっくり休ませてください。コレオシークエンスが真ん中にあるのですごくナチュラルなプログラム。

三原
3Lz-3T 3F 2A 2A-3T 3Lz-2T-2Lo 3Lo 3S
ふわあああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!全部降りたああああああああ!3S降りた瞬間ゾワゾワゾワってきました。最後の方感極まりながら滑っていたでしょうか、それも分かる素晴らしい出来でした。こうして少女はいつまでも幸せに暮らしましたとさめでたしめでたしな結末。ロシア選手権なら8点台並ぶのにーーーもっとくれー。

坂本
3F-3T shaky 3Lz 3S 2A-3T 3F-2T-2Lo 3Lo fall 2A
NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOGOEドル箱の3Loがあああああああ。+2が並ぶジャンプなので痛いです。シニアの選手に混じって滑るとトランジションでの姿勢であったり、細かいところに隙が見えやすいのかもしれません。いい演技をする選手が多いからこそ、失敗が悪く映りやすいというのもありそう。

宮原
3Lo 3Lz-3T so 3F 3Lz-2T-2Lo tano 2A-3T 3S 2A
3-3のステップアウトと3Fが少し詰まったのがミスです。3Tの回転が足りなかったのがステップアウトに繋がったでしょうか。今回TESカウンターを見て思うのがスピンと比べると、どの選手もステップとジャンプの加点は厳しめにとっているのかなと。今日はビッグバン起こせなかった。オリンピックの会場でお願いします。

新葉
3Lz-3T 3Lo 3S<< fall 2A 3Lz-3T 3F 2A-2T-2Lo
3Sは途中で開いて前向きになったまま転倒です。あと1個抜けでもすればえらいことになる・・・という状況から質のいいジャンプを次々と成功。クリーンなジャンプばかりでした。「あああーーーーと(200点まで)1点もない!」おもろい。3Sの転倒でステップの表現がフランス杯ほどムンムンではなかったので、焦りはあったんでしょうね。

本郷
3F 2Lo 3Lz 2A-3T-2T 2A 3F-2T 3S-3T
予定通りジャンプが跳べず、加点が狙えるところで取り切れないところがいくつもありました。動きがかなり小さくなってしまって、世界選手権で見せたような村の収穫祭で踊る娘ような華やかさと楽しい雰囲気は出せていなかったです。3S-3Tは絶対に跳ばないといけないジャンプだったので、成功には痺れました。

表彰台150cm、152cm、154cm。かわいい。

冬季アジア大会(日本・札幌)
男子:宇野昌磨、無良崇人
女子:宮原知子、本郷理華
ペア:須崎海羽&木原龍一、高橋成美&柴田嶺
アイスダンス:村元哉中&クリス・リード、森衣吹&鈴木健太郎

四大陸選手権(韓国・ピョンチャン)
男子:宇野昌磨、羽生結弦、田中刑事
女子:宮原知子、樋口新葉、三原舞依
ペア:須藤澄玲&フランシス・ブードロー=オデ、須崎海羽&木原龍一
アイスダンス:村元哉中&クリス・リード、平井絵己&マリオン・デ・ラ・アソンション

世界ジュニア選手権(台湾・台北)
男子:友野一希、島田高志郎
女子:坂本花織、本田真凜、白岩優奈
アイスダンス:深瀬理香子&立野在

世界選手権(フィンランド・ヘルシンキ)
男子:宇野昌磨、羽生結弦、田中刑事
女子:宮原知子、樋口新葉、三原舞依
ペア:須藤澄玲&フランシス・ブードロー=オデ
アイスダンス:村元哉中&クリス・リード

ユニバーシアードの派遣誰ぞ。新人賞は三宅星南と鈴木沙弥でした。

10何年前、ジュニア選手だった真央がシニア選手を破ったように、こうして頼もしい若手選手がたくさん出てくる。回る回るよ時代は回る。
2016
02.20

四大陸選手権 3日目 女子リザルト

女子LP
1 Satoko MIYAHARA(日本)142.43 PB
2 Mirai NAGASU(アメリカ)127.80
3 Gracie GOLD(アメリカ)121.13
4 Kaetlyn OSMOND(カナダ)119.49
5 Rika HONGO(日本)117.51
6 Da Bin CHOI(韓国)116.92 PB
7 So Youn PARK(韓国)116.43
8 Na Hyun KIM(韓国)112.30 PB
9 Kailani CRAINE(オーストラリア)108.80 PB
10 Karen CHEN(アメリカ)107.97
11 Zijun LI(中国)107.84
12 Amy LIN(中華民国)107.73 PB
13 Kanako MURAKAMI(日本)106.61
14 Alaine CHARTRAND(カナダ)106.02
15 Veronik MALLET(カナダ)104.10 PB
16 Ziquan ZHAO(中国)94.55
17 Brooklee HAN(オーストラリア)82.95
18 Michaela DU TOIT(南アフリカ)75.94 PB
19 Maisy Hiu Ching MA(香港)73.04
20 Lu ZHENG(中国)73.01
21 Katie PASFIELD(オーストラリア)61.15
22 Thita LAMSAM(タイ)50.65

女子リザルト
1 Satoko MIYAHARA(日本)214.91 PB
2 Mirai NAGASU(アメリカ)193.86 PB
3 Rika HONGO(日本)181.78
4 So Youn PARK178.92 PB
5 Gracie GOLD(アメリカ)178.39
6 Kaetlyn OSMOND(カナダ)175.63
7 Kanako MURAKAMI(日本)175.12
8 Da Bin CHOI(韓国)173.71 PB
9 Na Hyun KIM(韓国)170.70 PB
10 Zijun LI(中国)167.88
11 Alaine CHARTRAND(カナダ)165.73
12 Karen CHEN(アメリカ)161.52
13 Kailani CRAINE(オーストラリア)157.82 PB
14 Veronik MALLET(カナダ)155.98
15 Amy LIN(中華民国)155.61 PB
16 Ziquan ZHAO(中国)147.79 PB
17 Brooklee HAN(オーストラリア)135.75
18 Michaela DU TOIT(南アフリカ)121.12
19 Lu ZHENG(中国)118.73
20 Maisy Hiu Ching MA(香港)115.10
21 Katie PASFIELD(オーストラリア)95.78
22 Thita LAMSAM(タイ)89.56

ブルックリー
3F ot 3Lo ot 3F fall 3Lo-2T 3T+2A 2A 3S fall
フリップとループが2回ずつの攻めた構成でしたが、着氷が上手くいかず。揚げひばりはこの衣装でいいのか?いいんです。みんなが一緒だとつまらないですからね。

brooklee.jpg

クレイン
3F 3Lz shaky 3Lo-1Lo-3S 3Lz-2T 2A-2Lo 3Lo 2A
引き裂かれるぐらいなら街から逃げ出しちゃおうと。さあ、荷物はまとめた。馬に乗ってういいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいん!!!追ってを振り切った!というようなスピードでした。心配だった回転不足もそれほど取られていないようでした。初めて100点を超えました。笑顔の美少女、はいかわいい。

マレ
3F-2T 2A-3T df 3Lo-2T-2Lo 2F 3S so 2A 3Lo
コンボ3つ入れ子。計算しやすくていいですね。ナショナルできれいに決まった2A-3Tは両足になりました。急遽出場となって、パーソナルベストは立派です。それに今回はカナディアンが壊滅状態だから、その中での明るいニュースですね。

veronik.jpg

エイミー
3Lz-2T 3Lz 2A-3T 3T shaky 2A-2T-2Lo 3S 2Lz
エイミー・リンタオルバナーが大活躍。非常にいい演技でした。ルッツ戦士エイミーさんは、フリップを入れずルッツ3本の昔のマルケイみたいなジャンプ構成でした。大きなミスなく演技を終えました。アメリカ女子らしい伸びやかな動きでした。ガッツポーズ&観客発狂。文句なしのミニマム突破!!!!!

ジークァン
3Lz 2A-2T so 3Lo 3T 3Lo-2T 3S shaky 3S-1Lo-2S
ジャンプはがんばりました。ルッツがきれいに入りました。ループが得意なのかとても高さがありました。淡々としているので、見果てぬ夢が見果てそうな感じ。で!も!ミニマム超えました!!!!!うっしゃああああああああああああああああ!

ゴールド
3Lz 3Lo 2A 2A-2T-2T 3F 3Lz-1T 3S
無理にコンボを入れませんでした。ルッツに1Tをつけました。計算できる子。2Aに3Tつけてくるかと思ったんですけどね。勢いが足りずでした。3Tが2つないので、9点ぐらいは基礎点が変わってきます。フリップはガッツリeという傾きでした。でも不調の中でこれだけやれたってことは、収穫ありましたね。さすがだなあ。

シャルトラン
3Lz-3T df 3F so 3Lo shaky 2A-1Lo-3S 3Lz 3S fall 2A-2Lo
いつものシャルトランになってしまったけど、ジャンプの抜けはないんですね。回転不足はいくつかありそうですが。彼女のすごいところは、ミスが出まくっても投げやりにならずにコンボをしっかり入れてくるところです。他の選手にも見習って欲しいです。これは四大陸ですけど、もしオリンピックや世界選手権の枠を決める試合だったらどうか?って話ですよ。

ダビン
3Lz-3T 3F 3Lo 2A-3T so 3Lz-2T tano-2Lo tano 3S 2A
ジャンプをがんばりました。でもジャンプジャンプという演技でした。コレオシークエンスが2つのスパイラルを行っていました。でもこれだけだと物足りないかなあと。トランジションのようなコレオシークエンスでした。キスクラが映されたらちょっとだけ笑顔に。もっと笑ってええんやで。

カレン
3Lz 3F 2A-3T fall 3Lz-2T so 3Lo 2A-1Lo-2S 3S fall
ダビンからの連続レミゼですけど、編曲がかなり違います。カレンはノービスの頃からセカンドトリプルの回転不足があったので、ジュニア・シニアに上がって、成長が重なりなかなか克服できないという状況になっています。後半2項目の評価が高く、スケーティングスキルとトランジションの評価がほぼ同じでした。これは、プログラムの中のジャンプの配置だったりも影響しているんでしょうね。跳んで跳んでというプログラムではありませんから。

karen.jpg

ナヒュン
3Lo-3Lo 3Lz-3T 2A 3F-2Lo-2Lo 3S 3F 2A
予定していたジャンプを全て降りました。華麗なるギャツビーで、夫と好きな男との間で揺れる女を演じているんでしょう。メンヘラっぽい前半の表現がまんまそんな感じでした。でも後半の緊迫感のある音楽には、表現やスピードが追いついていませんでした。表現そのものもですけど、スタミナも課題ですね。もっとジャンプのチェック姿勢をきれいにできれば、ピシッと締まりそうです。嬉しそうでよかった。パーソナルベスト97点が112点ですから大躍進ですね。

オズモンド
3F-2T 2A-2T 3Lz 3Lo 3F 3S-1T-2Lo 2A
デキる女オズモンド。2Tのザヤ回避しました。3Fうわああああああコケるうううううコケない。2A-2Tうわああああああああああああコケるうううううコケない。3Lzうわあああああああコケるううううううううコケない。3Fうわああああああああコケるうううううううコケない。過半数のジャンプの軸がふっ飛んでいたのにコケない謎。調子がいいのか悪いのか。オズモンドがカナディアン不調の呪いを解きました。でもジャンプをしている中でももっと女性らしさをムンムン出してくる演技なので、ジャンプに集中はしていたのかも。ザヤ回避も頭にあったでしょうし。苦手なループがクリーンに入ったのはビビりました。

ゴールドの「どうせ最終グループで抜かれるんやから、はよ着替えさせてよ・・・もうめんどくさいわ・・・なんでSPでミスってもたんやろ・・・はあ・・・」みたいな感じがいいですね。

ミライ
3F-3T 3Lz 3S 2A-3T-2T 3Lo 3Lo-2T 2A
これはミライ・ナガスクジラですわ。ジャンプに乱れなく、きちっと成功させていきました。曲それぞれの表現の演じ分けを、もっとキメキメにやりすぎなぐらいにやった方がこのプログラムはいいんじゃないかなと思います。ステップでの滑りの伸びも少し・・・かな。でも、ほんとミスしなくてよかったです。6年前のパーソナルベスト超えられてよかった!やったったった!世界選手権にミライを派遣すればよかったと思われるような演技!5年前と同じ!そういや、3S超苦手だったのに、あっさり成功させましたね。

mirai_20160220231458e3b.jpg

佳菜子
3Lo hd 2A-3T 3F shaky 1Lo 3F-1T-2T 3S 3S-2T
3Lzと3F-3Tを入れてくるという話もあったのですが、ルッツ抜きループ2本のプログラムでした。まあまあまとまった演技でした。傘を持って立ち止まった振付をするところで、1度まぶたを閉じて、開くと同時にジャッジの方向をトロンとした目で見つめる。みたいな表現をしてもおもしろかったかなあと思ったり。コレオシークエンスのグオーーーーーンって進むのはすごくよかった。最後まで体力ありました。

本郷
3F-3T<< fall 3S tano 3Lz 2A-3T-2T tano 3Lo 3F shaky 2A-2T tano
3Tが開いてしまっての転倒というとても珍しい失敗。フリップさんが不調でしたかね?目に見えてバテバテだった全日本に比べると、調子は上がっているのかもしれませんが、でももっとできると思うんですよねコレオシークエンスが。全日本が底で、そこからちょっと上がって、世界選手権がピークですね。よし。コレオグラフィー7.82で1番高いですよ。やったなミヤケン。

ジジュン
2A-1Lo-3S 2A-3T hd 3F 3Lo 3Lz 3F-2T 3S fall
3Loまではとてもよかったんですけど、その後からが跳んで跳んで跳んで・・・という演技でした。3Sの転倒から急激にスタミナが切れました。ステップはスタンブルはないですが、マイナスをつけるジャッジがいてもおかしくないです。166cmもあるのに、体つきが子供のままで、軽さだけで跳ぼうとしているから、筋力が足りずにスタミナがいつまでも向上しないのかな?と思います。根本的に変えなければならないことが多いかも。

宮原
3Lz-2T-2Lo tano 3Lo 3F 3Lz 2A-3T 3S 2A-3T
コンビネーションスピンの最後の下を向いて回る素敵ポジションでの回転が少ない。キスの振付の余韻もちょっと少ないかも?もう子供の演技じゃないですね。甘酸っぱいから別の方向に行ってます。風格みたいなものが乗っかってきました。高校の教室から、大学の図書館に恋する場所が移りました。新時代のミスパーフェクトさん。

satoko.jpg

ソヨン
3Lz shaky 2A-3T 3F fall 3S-2T-2Lo ot 3Lo 2A-3T 3S
レッドバイオリンからロミジュリにプログラムを戻しました。前のプログラムはLPでやるには曲が難しすぎました。あれはワールドのメダリストクラスの選手じゃないとこなせないでしょう。後半はかなりクロスが多くて、懸命にスピードを出していました。転倒1つで収めてがんばりました。

satoko2.jpg
エントリーナンバー1番宮原知子、ハローグッバイを歌います。

平松さんがメダル授与、岡部さんはテクニカルコントローラーとして祝福。日本率が高い表彰式でした。

kimigayo.jpg

podium.jpg

大先生のスピンにマイナスをつけているジャッジがいました。このジャッジは逆回転が嫌いなのかな?オールレベル4で、eも!もない内容でした。全体を見渡すと、アテンションではなくてeマークが容赦なくバコバコついています。言い換えると今回ついていない人は、相当クリーンだったってことですね。だから「あたしはeなしの女よ」と胸を張ってください。
2016
02.18

四大陸選手権 1日目 女子SP

フジ放送がんばったよ。最終日は競技が日中だから生なしもやむなしだよ。

女子SP
1 Satoko MIYAHARA(日本)72.48 PB
2 Kanako MURAKAMI(日本)68.51 PB
3 Mirai NAGASU(アメリカ)66.06
4 Rika HONGO(日本)64.27
5 So Youn PARK(韓国)62.49 PB
6 Zijun LI(中国)60.04
7 Alaine CHARTRAND(カナダ)59.71
8 Na Hyun KIM(韓国)58.40 PB
9 Gracie GOLD(アメリカ)57.26
10 Da Bin CHOI(韓国)56.79
11 Kaetlyn OSMOND(カナダ)56.14
12 Karen CHEN(アメリカ)53.55
13 Ziquan ZHAO(中国)53.24
14 Brooklee HAN(オーストラリア)52.80
15 Veronik MALLET(カナダ)51.88
16 Kailani CRAINE(オーストラリア)49.02
17 Amy LIN(中華民国)47.88
18 Lu ZHENG(中国)45.72
19 Michaela DU TOIT(南アフリカ)45.18
20 Maisy Hiu Ching MA(香港)42.06
21 Thita LAMSAM(タイ)38.91
22 Katie PASFIELD(オーストラリア)34.63
12 Karen CHEN(アメリカ)53.55
13 Ziquan ZHAO(中国)53.24
14 Brooklee HAN(オーストラリア)52.80
15 Veronik MALLET(カナダ)51.88
16 Kailani CRAINE(オーストラリア)49.02
17 Amy LIN(中華民国)47.88
18 Lu ZHENG(中国)45.72
19 Michaela DU TOIT(南アフリカ)45.18
20 Maisy Hiu Ching MA(香港)42.06
21 Thita LAMSAM(タイ)38.91 PB
22 Katie PASFIELD(オーストラリア)34.63

オズモンド
3F ot-3T 3Lz 1A fall
3-3はこらえましたが、アクセルの失敗が痛すぎました。別に苦手なジャンプでもありませんのに。冴え渡っていたカナダ選手権の演技からは、少し落ちるかな?という出来でした。笑顔は素敵でした。PCSは1項目も7点台に乗りませんでした。

ナヒュン
3Lo-3Lo 3F 2A
シニアの国際大会はこれが初めてでしょうか。ナショナル11位からの出場です。11位でもこれだけ跳べるという、今の韓国のジュニア・ノービスの層の厚さよ。点数から見て3-3の回転も足りているようで。表情のバリエーションが増えればもっと素敵になりそうです。

マレ
3T-3T df 3Lo ot 2A
3-3は回転が足りませんでしたがトライしてきました。ちょっとずつ進歩しているので、成功は次ですね。デールマン欠場からの繰り上がりだったので、あまり期間もなかったと思いますが、がんばりました。

ブルックリー
3F-2T 3Lo 2A
ここのところ苦しい演技が続いていたので、ジャンプが入ってよかったです。スピンは安定の美しさ。キャメルスピンいいのう。笑顔で演技が終えられてなによりです。カンガルううううううううううううううううう!!!

カレン
3Lz-2T tano 1Lo 2A
カレンの漢字バナーを持つ台湾のファン。両親が台湾なんですね。3-3を回避したのは、デリケートな時期なので大事なことだと思います。ここで無理して意地になってもいけません。スパイラルはどこの国でも盛り上がりますね。生で見てみたいです。

ダビン
3Lz-3T 3F 2A
極太アイラインの目元が笑うとなかなかの迫力でした。ジュニアグランプリのときは「無」という演技でしたけど、そこから比べるとかなり表情を使って演技をするようになっていました。目線をもう少し上げて欲しい気がします。3Lzの着氷がよくなかったのに、3Tつけられるのはすごい。タイツの色が血色不良っぽい。スクールガールの衣装なので、余計に合わない。

ソヨン
3Lz 3S-3T 2A
ねっとりしているけど、ネチョネチョしすぎず上品。ステップのときの指先の表現がきれい。ジャッジにこれでもかと目線を送ってのアピールもありました。スピンが少し遅かったかな?というのはありました。でもコケなかったし、3-3入れられましたしよかったです。腰からお尻のラインが素晴らしいので、+2点差し上げます。ナショナル5位ですけど、ソヨンの表現はいいもんです。お子様には真似できません。たか子コーチ久しぶり。オズモンドよりは高くないけど、結構出たPCSッ・・・・妥当!

ジジュン
3T-3T 3F 2A
ジジュン166なのかー靴履くと170ぐらいになるからデカい。ジャンプの回転が・・・という演技でした。セカンドトゥはもちろんですけど、厳しいパネルなら3Fも危なかったかもしれません。西岡さんが荒川さんに「ねえ、これどれぐらい足りてない?足りてない?」と、攻め立てるように問うのがワラエール。ジジュンの月の光は、浮かべた笹の舟が、湖面に映る満月を割って進んで行くイメージ。あとかわいい。

本郷
3F-3T 3Lz 2A
3-3のセカンドあぶなし。全日本と同じくめちゃくちゃ細いんですけど、そのときよりは元気そうな動きだったと思います。テレビでこの細さなので、実物はガッリガリでしょうね。姿勢が全然気にならなくなりました。この曲、振付、動き、表現=本郷のものだと、頭の中で変換されるようになったからでしょうか。それとも姿勢自体がよくなりましたか?分からないけど、よくなったならいいや。

ゴールド
3Lz fall 3F fall 2A
ゴールドさんは四大陸に呪われているのでしょうか。西岡さんがコンボにならなかった方のジャンプを0点扱いにしようとしている・・・?ならんぞ。51、2点ぐらいになるかと思ってヒヤヒヤしていたけど57点出れば上出来でしょう。3Tの基礎点4点ちょい、GOE-3の分×2で4点ちょい、転倒×2で2点、とれなかったGOEの分もろもろで70点からの差し引きですね。

宮原
3Lz-3T 3F 2A
さああああああすうううううううがあああああああの大先生。ジャッジの前で立ち止まって腕上げてチャチャチャと踊るところから、ステップに入る瞬間の表情が素晴らしい。「うふふ・・・帰ったらチョコパイ1箱食べてやるわ」ぐらいの顔ですね。しかし、150cmしかないのにこんなに表現で魅せられるって、ほんとすごいですね。単に安定感やネームバリューでスコアが出ているわけではなく、力が着実に上がってきています。いいよーいいよいいよー。72点きたきたきたきた!今年こそ優勝いけるぜ。

佳菜子
3F 3T-3T 2A shaky
うわああああああああああああああああああああああああああああああい!3-3を後半にして攻めました。2Aはまたシングルの恐怖がよぎりヒヤリとしましたが、つんのめった着氷すら表現の一部のようでした。佳菜子の演技には華があります。まだまだ上手になります。マティコせんせーい!目が悪くて点数が分からないというオチをつける佳菜子さん。エンターテイナーですわ。

ミライ
3F-3T 3Lo shaky 2A
ループは危なかったですけど、ジャンプは安定して見えました。エキシから振付を大幅に変更して、競技向けの素敵なプログラムになったと思います。ただ、もう少し長く大きく滑る箇所を作った方が、いいんじゃないかな?と。それこそカレンのスパイラルみたいなやつ。ちょこっとのスパイラル、そしてドラッグだけだと物足りないです。クイックな動きからの~雄大さドーン!的な。

大先生インタで放送事故?

シャルトラン
3Lz-3T hd 3Lo 2A
演技終了とともに、画面の下からツルツル頭の朝日が。旧正月が近かったからかな?3-3でまさかの失敗。3-3よりもループの助走のスピードのなさの方が怖かったです。でも堪えました。ステップのときの小生意気な表情が出ていなくて残念。ジャンプの成功で乗ってこないとダメなんですね。でもステップ自体はとてもよかったです。

日本フェア開催中?日本勢での表彰台独占もありそうです。ゴールドはちょっと厳しいかもしれません。ミスが少なければ高いPCSもありますし、当然メダル争いには絡んでくるでしょうが。最終グループアジア系だけだぜ。明後日は日本勢のがんばりにも注目ですが、ジークァンがワールドのミニマム取れるかにも注目です。SPは今日取れたので!ちうごく2枠だから出られないともったいない。それから、ミニマム取れないギリギリのTESの台湾のエイミーさんもね。地元パワーでミニマム取ってくれー。
2015
12.26

全日本選手権 2日目 女子SP・男子リザルト

全日本もざっと。

女子SP
1 宮原知子 関西大中・高スケート部 73.24
2 本郷理華 邦和スポーツランド 68.39
3 樋口新葉 日本橋女学館 67.48
4 村上佳菜子 中京大 66.02
5 浅田真央 中京大 62.03
6 白岩優奈 京都醍醐FSC 61.92
7 永井優香 駒場学園高 60.42
8 新田谷凜 愛知みずほ大瑞穂高 60.10
9 青木祐奈 神奈川FSC 58.96
10 松田悠良 中京大中京高 58.76
11 本田真凜 関西大中・高スケート部 58.23
12 木原万莉子 京都醍醐FSC 58.10
13 横井ゆは菜 邦和スポーツランド 56.30
14 磯邉ひな乃 立命館宇治高 55.69
15 今井遥 新潟県連 55.20
16 上野沙耶 関西大 55.05
17 坂本花織 神戸FSC 53.90
18 高橋美葉 札幌大 52.41
19 加藤利緒菜 長尾谷高 52.35
20 鈴木春奈 日体荏原高スケート部 51.49
21 西野友毬 明治大 49.81
22 大庭雅 中京大 49.52
23 小槇香穂 就実学園 47.38
24 森千夏 愛知みずほ大瑞穂高 45.84
25 安原綾菜 関西大 42.96
26 大矢里佳 中京大中京高 42.78
27 細田采花 関西大 41.44
28 谷口美菜 中京大中京高 37.08
29 土橋亜海 北海高 35.82
棄権 中塩美悠 広島スケートクラブ

宮原→ラスボス大先生。大先生たる所以。キャメルスピンの誘うような手の振付タマランチ会長。
本郷→体絞りすぎて、健康状態は大丈夫なのか心配になる。3Fと3T-3T後半で安全策だけど、確実にハイスコアをとるスンポー成功。
新葉→明るいマンボボンボコボン。3Fオーバーターンだけど、他でたくさん加点がつくだろうなという爆走。インタビューは結構普通。
佳菜子→スーパーアクセルを撃破。もうシングルアクセルとの交際なんて許しませんからね。この曲歌ってるの男で、佳菜子も歌ってるけどいいんか?佳菜子また男?
真央→アクセルとフリップがああああああああああああ。体の調子は前よりは悪くなさそうだけど、万全という感じでもなさそう。
白岩→2Aは着氷がきれいにいかないことが多いけど、今日は大丈夫。かわいい。
永井→ループで転倒。ステップの前半のキビキビと後半の緩やかさの対比がいい。クロスフットスピンの表現もいい。国内大会でもジャンプに苦労しているみたいだけど、完成度上がってる。
新田谷→腕の使い方の問題は草太と同じかもしれない。そっくり。鉄板の3T-3Tを後半でクリーンに成功。調子よさげ。
青木→セカンドループは回転不足だけど、流れのある演技。都築先生のイェイイェイイェーイが印象的。
松田→後半の2つのジャンプの助走やスパイラルの流れが抜群にきれい。一気に女性らしくなった。65点とったときよりもプログラムの完成度が高かった。今日の演技で1番印象的。好き。
真凜→全日本ジュニア、ファイナルのLPで転倒した3Fが・・・・・。なぜか鬼門に。きっと最後じゃなければコケないんだ。フジの新しいターゲットは真凜か。
木原→コンビネーションがなかなか決まらない。いい衣装&いいプログラムだけにきれいな演技が見たい。
横井→ビッグな2Aがいい。女優。腕の使い方マジかっけえ。インタブの答え方もかっけえ。自分のことを客観視できている。将来いい女になりそう。
今井→2つ回転不足があったらしい。衣装は昨シーズンのやつ。僕はピンクの方が好きなんです。
坂本→姿勢が気になるけど、フットワークはよくなっている。まだ足痛いのにがんばっておるのな。
加藤→うねうねした桜。ステップの最後のところ、コントロールできていないので、最後までがんばるんば。

ふう。明日は西野放送してくれよな。さんざんフジテレビでもおもちゃにしたんだからな。御礼で放送しろよな。分かってるよな。中塩はお尻の筋肉が断裂してしまったということで、現地まで来て悔しいだろうけど、まだ若く先があるから、切り替えて楽しんじゃうぐらいの気持ちでいて欲しい。代表どうなるんだろうなー。

男子リザルト
1. 羽生結弦 ANA 286.36
2. 宇野昌磨 中京大中京高校 267.15
3. 無良崇人 HIROTA 263.46
4. 田中刑事 倉敷芸術科学大学 242.05
5. 小塚崇彦 トヨタ自動車 228.82
6. 山本草太 愛知みずほ大瑞穂高校 215.15
7. 村上大介 陽進堂 214.56
8. 日野龍樹 中京大学 213.17
9. 中村優 関西大学 194.84
10. 宮田大地 法政大学 193.17
11. 島田高志郎 就実学園 188.76
12. 川原星 福岡大学 188.39
13. 鈴木潤 北海道大学 185.18
14. 須本光希 上野芝スケートクラブ 176.32
15. 磯崎大介 同志社大学F 175.02
16. 友野一希 浪速高校スケート部 173.72
17. 服部瑛貴 法政大学 173.26
18. 佐藤洸彬 岩手大学 167.92
19. 吉野晃平 関西大学 163.88
20. 山田耕新 SMBC 161.09
21. 小田尚輝 岡山理大附高校 158.95
22. 野添紘介 明治大学 156.44
23. 木村真人 八戸GOLD F・S・C 150.55
24. 片田龍太 名古屋工業大学 140.34

中村→上体きれい。ステップのときの動きのタメもきれい。もっと大げさにやってしまってもよさそう。
リュージュ→4Tと3Aで転倒。でもジャンプ抜けない。コレオシークエンスがかっこよくて、動きが大きくなってる。ぴょいぴょいとホップするような動きが得意に見える。なんかそういうプログラムで行こうで。
草太→4Tと3Aで転倒。後半はなんとかコンボに。スピードには全く影響なしで、他のトリプルはクリーン。スピンもOK。失敗しても引きずらないの素晴らしい。
友野→衣装の腰の黒いやつって前からあったっけ。ジャンプの軸暴れてた。クイックなステップでの腕のぬるぬるとした動きがいい。

むらむら
4T hd 4T-2T 1A 3A 3A-3T so 3Lo 3F-1Lo-3S 3Lz
アクセルが抜けたから、その次のジャンプを超短い助走で3Aに変更しました。昔ならリカバリーしたのが失敗するのに、GOEでプラスをもらえるやつをしっかりできるようになるあたりが進化。水・砂漠・空がテーマなのか。ウォーター無良、デザート無良、スカイ無良。

昌磨
2T 3A 3A-3T 3Lo 3S 4T 3Lz shaky 2T
最後のジャンプを2Tにしたのは4Tを跳ぶためだったという、ハイパークレイジーな理由でした。頭おかすぃー。インタビューの受け答えしっかりしすぎてて、長文喋れるようになってて、なんかもう・・・・・さようなら昌磨さん・・・。

デカ
4S so 3A 3F-3T 3A-2T 3Lz 3S-2T-2Lo 3Lo 3F
ステップの最初のところのワルツのリズム取り始めるところいいわ。「僕は明確にリズム取ってますよ」とアピールできたのがよかった。こっちにも分かりやすいからありがたい。ステップアウトがあった以外きっちり入って、デカ完全進化。単にジャンプを降りるだけじゃただの進化。そこに表現が乗ってるから完全進化。1個上のランクに行きました。

こづ
4T fall 2T 3A fall 3A-2T-2Lo 3Lz-3T 3F 3Lo 3S
くるくるポン(本当はくるくるポンじゃないらしい)から最速でスタート位置につきました。冒頭3つのジャンプで失敗。でも後ろのジャンプは全て降りました。本来の滑りではありませんでした。コレオシークエンスのクロスロールがもーーーっと進んで行くはずなのに。

ダイス
2S 4S-2T 3A fall 3A so 3F 3Lz-1Lo-2S 3Lo 3S
フリップあたりで動きが止まりそうだったとき、NHK杯の脱臼が過ぎりました。多分みなさんもそうでしょう。会場にいる方なんて特にビクついただろうなあ。振付が不完全になってしまいました。うおおお・・・・・131点・・・・・。

羽生
4S 4T 3F 4T fall 3A fall 3A-1Lo-3S 3Lo shaky 3Lz
3Lzはそんなに難しいジャンプではありません。4Tと3Aと4Sの方が難しいです。4Tで失敗したら、どこをコンボにするんだろうと、関心があったんですけど、その他も崩れてしまうとは。PCS95点か。ま、国内だしオッケーオッケー。

はにうが四大陸に出るのかどうかで派遣が。ワールドは1位2位だろうけど、四大陸は1位2位3位?1位3位4位?2位3位4位?3位4位5位?世界ジュニアの残り2枠は中村と宮田かな?ラストチャンスを勝ち取れてよかった。
2015
11.14

エリック・ボンパール杯 1日目 女子SP

キスクラ is 3階

女子SP
1 Gracie GOLD(アメリカ)73.32 PB
2 Julia LIPNITSKAIA(ロシア)65.63
3 Roberta RODEGHIERO(イタリア)58.81 PB
4 Kanako MURAKAMI(日本)58.30
5 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)56.21
6 Gabrielle DALEMAN(カナダ)55.35
7 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)53.68
8 Angela WANG(アメリカ)53.60
9 Haruka IMAI(日本)47.87
10 Brooklee HAN(オーストラリア)47.65
11 Mae Berenice MEITE(フランス)46.82
12 Laurine LECAVELIER(フランス)46.53

アンジェラ
3T-2T 3Lo tano 2A
3T-3Tが元の構成なので、3-2になってしまうと基礎点的にとても痛い。昨シーズンも滑っていたレイチェル振付の素敵なプログラム。スピードはとてもあって、シャープな動きでよかった。3Loタノとてもきれい。トリプルのタノはこれぐらいきれいにやろう。

ルカヴァリエ
3T-3T fall 2Lz fall 2A
今シーズンのユーロ、三大掻き乱すかも?のうちの1人に入れていたのだけれど、ジャンプが成功しなかった。動きが洗練され、すごく大きく動くようになったので、やっと美貌を生かせるときがきたと思ったのに。レイバックもっときれいにパーーーンと出て欲しかった。転倒2つで時間が無いから走ってしまったのかもしれない。

ブルックリー
3F so 3Lo-2T 2A
3Tの構成から上げてきましたが残念ながらステップアウト。でもきちんとリカバリーできました。フランス映画の曲だったので、フランスで滑ることができてよかった。スピンはいつも通りの素晴らしい安定感。

メイテ
3Lz 3T hd-2T 2A ot
ブラックスワンと書いてあるから、映画の小やかましい曲を使うのかと思っていたのに、ものっそいビートを効いたやつでした。ジガガジのスワン系統。ドレッドヘアーでポニーテールにする攻撃的な見た目。女戦士っぽい。スケートが進んでいなかったなあ。最後のスピンは回転速度を上げられれば、音楽に合ってかっこいいフィニッシュになりそう。とてもフランスでした。

ロデギエーロ
3T-3T 3F 2A
ジャンプが3つとも入りました。ロデギエーロさんのダイナミックなイメージにマッチしないプリティウーマン。でもマッチしないからこの曲はいい。そういうものだから。もうちょっと後半しおらしくなるといいかもしれないけれど。全後半の切り替え唐突すぎてワラエール。

今井
2A 3S-3T fall 3F fall
ジャンプジャンプジャンプ・・・と気持ちが急いてしまったのでしょうか。3Fは回転に入るタイミングが遅れて、回転が足りないまま転倒しました。

クチヴァルスカ
2A 3T-3T 3Lz shaky
ビリュコワのトゥーランドットの衣装をもっと派手にした感じ。首元キラキラでいいなー。フィギュアスケートのトスカっぽい衣装ではないけれど。ステップ丁寧なのか雑なのか分かりかねるところがいい。演技が若い。後半ただただ元気なだけだったけど、それが彼女だからそれでいい。

デールマン
3Lz-3T df 3F 2A so
インサイドイーグル気持ちいい。こういう気持ちいいイーグルがもっと増えますように。長いイーグルもかっこいいけど、短く洒脱にこなすのもまた趣がある。3Fの助走のクロスまでのリズムの取り方がすごくいい。僕の好みは保守的なので、エレガントな方向に進んでくれるのはありがたい。

佳菜子
3F 3T-3T 1A
ああああああああああああああああああくうううううううううううううううせええええええええええええるうううううううううううううううううっ。PCSも7点台前半で収まってしまいましたか。またヘラヘラしてるとか叩かれそう。葬式フェイスでいないといけないのかーーー大変だなあ。

リプニツカヤ
3T-3T 3F shaky 2A
もうリプが笑顔でいるだけでいい。衣装がレインボー&ゴム手袋ではなくなってしまったけど、リプが笑顔だからいい。さようならネタ衣装、あなたのことは忘れません。リンクサイドでファンの人にプレゼントをたくさんもらっていました。ロシア人っぽくない人々だったから、フランスのファンに人気があるのかも。はあ・・・エテリじゃない。ま、秋なんかに来てもコートじゃないだろうし、お留守番でいいですよ。

ゴールド
3Lz-3T 3F 2A
スピン2つの間の振付の腕の動きが心なしかエレガントになった気がする。でもジャンプを3つ成功してテンションが上がったからか、結局いつものゴールドになった気もする。3Fのエッジは難しそうです。昨シーズンのLPみたいにピョンピョコしながら入った方がいいのかもしれないです。eこれは確実につくだろうと思ったら違いました。あれー?まいいや。

リーザ
3A fall 3Lz<< 3T ot-3T
片乳露出風衣装。3Aは見るからに勢いが足りていなかったので、あーコケるコケるコケるーーーあーーーみたいな。3-3ではスケカナと同じようにオーバーターンが入りました。スピンもあんまりだし、滑りそのものもあまりよくなかったかも。

男子が終わってプロトコル出ました。ゴールドの3Fにはeも!なしで、ほぼ全員加点。ほーーーーーー。
back-to-top