2017
09.24

オンドレイネペラトロフィー 2日目 女子リザルト・アイスダンスリザルト・男子リザルト

リアルタイムに追いつけ追い越せレース。

女子LP
1 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)146.72
2 Rika HONGO(日本)123.49
3 Dabin CHOI(韓国)122.31
4 Elena RADIONOVA(ロシア)117.79
5 Alena LEONOVA(ロシア)115.98
6 Caroline ZHANG(アメリカ)114.47
7 Nicole RAJICOVA(スロバキア)108.26
8 Kailani CRAINE(オーストラリア)103.70
9 Silvia HUGEC(スロバキア)102.17 PB
10 Diana NIKITINA(ラトビア)97.93
11 Larkyn AUSTMAN(カナダ)94.31 PB
12 Eliska BREZINOVA(チェコ)91.29
13 Karly ROBERTSON(イギリス)88.24
14 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)85.64
15 Danielle HARRISON(イギリス)84.00 PB
16 Lara ROTH(オーストリア)76.42
17 Sila SAYGI(トルコ)75.37
18 Ceciliane Mei Ling HARTMANN(シンガポール)70.70 PB
19 Aneta JANICZKOVA(チェコ)69.58 PB
20 Nina LETENAYOVA(スロバキア)67.26
21 Katie POWELL(イギリス)63.54
22 Birce ATABEY(トルコ)63.44
23 Seoyoung YOON(韓国)62.81 PB

女子リザルト
1 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)226.72
2 Rika HONGO(日本)189.98
3 Elena RADIONOVA(ロシア)182.21
4 Dabin CHOI(韓国)178.93
5 Alena LEONOVA(ロシア)170.68
6 Caroline ZHANG(アメリカ)167.95
7 Nicole RAJICOVA(スロバキア)161.13
8 Kailani CRAINE(オーストラリア)157.84
9 Silvia HUGEC(スロバキア)147.14 PB
10 Diana NIKITINA(ラトビア)146.30
11 Eliska BREZINOVA(チェコ)138.10
12 Larkyn AUSTMAN(カナダ)136.82 PB
13 Karly ROBERTSON(イギリス)133.18
14 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)128.37
15 Danielle HARRISON(イギリス)125.62
16 Lara ROTH(オーストリア)119.18
17 Sila SAYGI(トルコ)115.32
18 Aneta JANICZKOVA(チェコ)106.95 PB
19 Ceciliane Mei Ling HARTMANN(シンガポール)103.87
20 Birce ATABEY(トルコ)103.48
21 Katie POWELL(イギリス)100.43
22 Nina LETENAYOVA(スロバキア)97.22
23 Seoyoung YOON(韓国)93.61 PB

キャロライン
3F-2T 3Lz 3T so 3Lo-3Lo 3F-2T-2Lo 2A 2A
今シーズンもミッションです。少し回転は怪しいところがありますが、後半の3Lo-3Loと3連は盛り上がりました。2AはSPよりいい質でした。コレオシークエンスのスパイラルも感動的。全米仕様なプログラムです。

ダビン
3Lz-2T 3F 2A-3T 3Lz-2T-2Lo 3Lo 3S 2A
ドヴォルザークのジプシーソング。ノーミスの演技でした。3Lz-3Tは今日も回避です。2A-3Tは入れられたので、3Lzにはつけられないのかな。元々エネルギッシュなタイプではないけれど、それでももう少し明るさが出せるといいなと思います。

レオノワ
3T-2T 3Lz 2A ot 3F-2T 3F 1S 2A+1Lo+2Lo
5シーズンぶりのボリウッドプログラムですが、過去の焼き直しではありません。前は緑衣装でしたが今回は紫。そうそうそう、レオノワはこういった一風変わった衣装と凝った髪形やらないと。ステップがめちゃくちゃよくて、コレオシークエンスかと思えるほどに動きまくっています。でもステップですよ。しかもレベル4ですよ。2Aからの3連続ですが、2Sではなく足をついて2Loを跳んでしまいました。なのでこれは3つのシークエンス扱いになります。ジャンプシークエンスは基礎点の高い2つのジャンプしか採用されないので、2A+2Loに後半ボーナス1.1とシークエンスの0.8をかけて基礎点が4.49になりました。レオノワらしくていいプロ。PCSが高いのも納得。

クレイン
3Lz-2T 3F 3Lz fall 3Lo-1Lo-3S 3Lo 2A-2T 2A
ムーランルージュです。たしかテサモエもムーランルージュ。Your songもたくさん聞いたし、今週末はムーランルージュ。パワフルなクレインにマッチしておりまして、16℃の冷房に扇風機強にしたぐらい強い。そしてクドい。これでもかというほどジャン!ジャン!ジャン!クドさが突き抜けているからオッケー。

本郷
3F-3T 3S tano 3Lz 2A-3T 3Lo fall 3F 2A-2T-2T
フリーダの衣装地味になってますかね。きれいにまとまって見えるのはこちらの方かも。忠実にやればいいって物でもないし。忠実にやろうとしたら頭のお花の量5倍にしないと。ステップの振付がこれまたかっこいい。今シーズンは2つのプロ、どちらもステップがいい。構えて影のあるように入るフライングキャメルもいいです。コンビネーションスピンの出からコレオシークエンス、スパイラルから3連続は繋ぎ目なく1つのエレメンツのよう。これはトランジションで評価してもらいたい。5項目中コンポジションが最も高くて8.35。トランジションはスケーティングスキルからガクッと下げられがちですけど、差は0.15しかないです。評価されてるー。守りに入っていないし、新鮮だし、僕は好きです。

メドベージェワ
2A 3F tano-3T tano 3F tano-2T tano-2T tano 3Lz ot 3Lo tano 3S tano-3T 2A tano
SP月光じゃねえやノクターン遺作だ。間違えてました。3Lzでオーバーターンがありました。eマークもついたので基礎点が下がり、GOEもマイナスです。この失点分を加算すると151点になります。メドベの唯一付け入る隙が3Lzのeです。回転不足を取られないので、ほんとここしかない。オズモンドがSPノーミス78点、LPノーミス150点なら勝てる!

ラジオノワ
3Lz 3F 3Lz-1Lo-3S 3F-2T 2A Lo fall 2A 3Lo
冒頭の3Lzはクリーンですが、単独だからこそというのはありそうです。コンビネーションには繋げにくそう。入りで転倒したループを最後に跳び直してしまったので、8本目のジャンプとして判定されキックアウトになりました。それにしても3Lo入れてよくフィニッシュに間に合いましたね。スピンは2つともレベル4取れてますし。魔法か。ラジオさんの訴えかけてくるコテコテが足りない。天下一品みたいな演技してつかあさい。僕はそれが好きなんです。

アイスダンスFD
1 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)110.84
2 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV(ロシア)100.94 PB
3 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)95.66
4 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)86.66
5 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)85.38
6 Yura MIN / Alexander GAMELIN(韓国)85.12
7 Cortney MANSOUR / Michal CESKA(チェコ)81.48
8 Shari KOCH / Christian NÜCHTERN(ドイツ)78.94
9 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)74.54
10 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY(ラトビア)71.32
11 Yuliia ZHATA / Yan LUKOUSKI(ウクライナ)70.26
12 Aurelija IPOLITO / Malcolm JONES(ラトビア)54.56
13 Kimberley HEW-LOW / Timothy MCKERNAN(オーストラリア)46.98

アイスダンスリザルト
1 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)181.92
2 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)163.14
3 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV(ロシア)161.92 PB
4 Yura MIN / Alexander GAMELIN(韓国)141.78
5 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)140.86
6 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)138.40
7 Shari KOCH / Christian NÜCHTERN(ドイツ)136.98
8 Cortney MANSOUR / Michal CESKA(チェコ)133.76
9 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)125.02
10 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY(ラトビア)122.70
11 Yuliia ZHATA / Yan LUKOUSKI(ウクライナ)114.22
12 Aurelija IPOLITO / Malcolm JONES(ラトビア)93.14
13 Kimberley HEW-LOW / Timothy MCKERNAN(オーストラリア)82.16

アリソン&アンブルなんとかさん
天国への階段です。カップル結成を発表したのが7月初旬で、もちろんその前から練習はしていたはずですけど、これほどまで仕上がるとは。今までのアリソンは大抵がパートナーを引っ張る立場だったので、それに慣れているのかも。ポスチャーが決まるからかっこいい。選曲が背伸びしていないのも組み立てのカップルにいいなと思います。

アンルイス
Je Suis Maladeです。オリンピックシーズンですしフランスの曲ですよね。うんうん。え?ボーカルのララ・ファビアンはベルギー人?おいシュピル詰めが甘いぞおいシュピル。あまり滑り込めていないように思える演技。プログラムが進むにつれて全てが散漫に。コレオリフト転倒でフィニッシュ。

ミンガメ
オリンピックシーズンなのでFDはアリランです。張り上げるように歌う音源でして、ボーカルの存在感が2人のスケートを凌駕しています。選曲は変わっているけれど、振付がスタンダードだから、あまり必然性がない気が。

コホヌヒ
アイスダンスでIo ci saroを聞くと、リフトさているシニツィナより目立ち、ドヤ顔でスライドするカツラさんがログインしてきます。カーブリフトを失敗して、ただ背中に乗せているだけになりました。プログラムのかなり後ろの方だったので痛いです。コッホが24歳になったらしい。おめでとー。

ポポモズ
ツイズルは引きのカメラで見ても印象的。退行がかっこいい。ストレートラインリフトはじょうろみたいな形。じょうろリフトって呼ぼう。テストスケートでも気に入りましたけど、これやっぱりいいわ。ポポワたんが暴走して、それを自分の方に引き寄せて収めるという行為さえもカルメンの演技の一部に見えますもん。

パーソンズ
インカダンスでした。あの一番有名なやつね。テーテーテーテーテーテーテーテーテッテテテテーテッテテテテーってやつ。ステブキっぽいダンススピンだかコレオスピンは、ステブキと体の大きさが違いすぎて小さく見えます。ローテーショナルリフトは移動距離がながーい。フィギュアスケートでは有名だけど難しい曲でもあるので、これを滑りこなした際に、どれほど素晴らしくなるのか期待が高まります。

ボブソロ
盲目の女性であるボブロワが主人公のプログラムに見えます。盲目の女性はなんて素晴らしい事なんだろうかと思うわけですが、最後が不穏なフィニッシュ。ソロビエフがボブロワを捕まえられないのは、実際は盲目の女性なんて存在しておらず、存在していない女性の気持ちを変えられたあげた気になっていた男性が、ただ1人存在していただけなのです。なんてめんどくさい設定なんだろう。でもおもしろいストーリーなので滑り込みまくってキンキンに仕上げて欲しい。4年前のように迷走して昔のプログラムに戻したりしないで。

男子LP
1 Mikhail KOLYADA(ロシア)181.16
2 Sergei VORONOV(ロシア)153.22
3 Brendan KERRY(オーストラリア)146.50
4 Nicolas NADEAU(カナダ)139.22
5 Alexander SAMARIN(ロシア)137.73
6 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)137.54
7 Chafik BESSEGHIER(フランス)136.65
8 Jinseo KIM(韓国)122.27
9 Keiji TANAKA(日本)121.37
10 Ivan PAVLOV(ウクライナ)120.49
11 Ryuju HINO(日本)117.08
12 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)116.32
13 Burak DEMIRBOGA(トルコ)116.28 PB
14 Chih-I TSAO(中華民国)115.41
15 Lukas BRITSCHGI(スイス)107.87
16 Michael NEUMAN(スロバキア)101.50 PB
17 Engin Ali ARTAN(トルコ)101.12 PB
18 Jan KURNIK(チェコ)96.48
19 Marco ZANDRON(イタリア)92.00
20 Alexander MASZLJANKO(ハンガリー)90.06
21 Marco KLEPOCH(スロバキア)88.90 PB
22 Jakub KRSNAK(スロバキア)78.24
23 Albert MÜCK(オーストリア)64.23

男子リザルト
1 Mikhail KOLYADA(ロシア)247.81
2 Sergei VORONOV(ロシア)234.07
3 Brendan KERRY(オーストラリア)221.21
4 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)217.52
5 Alexander SAMARIN(ロシア)213.67
6 Nicolas NADEAU(カナダ)205.97
7 Chafik BESSEGHIER(フランス)203.69
8 Keiji TANAKA(日本)197.18
9 Ivan PAVLOV(ウクライナ)187.16
10 Jinseo KIM(韓国)184.46
11 Ryuju HINO(日本)184.33
12 Burak DEMIRBOGA(トルコ)181.24 PB
13 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)181.18 PB
14 Chih-I TSAO(中華民国)178.94
15 Lukas BRITSCHGI(スイス)162.06
16 Engin Ali ARTAN(トルコ)155.15 PB
17 Michael NEUMAN(スロバキア)147.58
18 Jan KURNIK(チェコ)146.58
19 Marco ZANDRON(イタリア)133.49
20 Alexander MASZLJANKO(ハンガリー)131.64
21 Marco KLEPOCH(スロバキア)130.96
22 Jakub KRSNAK(スロバキア)121.48
23 Albert MÜCK(オーストリア)102.22

コリヤダ
4Lz 4S fall 3A-2T 4T fall 3A 3Lz-1Lo-3S 3Lo 3Lz so
4Lz初成功!かなりクリーンでした。4Sは回転を始めるタイミングが僅かに遅れました。これは惜しかった。3Aはnotカナダで成功。テストスケートよりも後半がよくなっていて、ちゃんとプレスリーしていました。でも北米プレスリーではなくコリヤダ。

デミルボガ
3A 3Lz-3T 3Lo 3T 3F-1Lo-3S hd 2A 3Lz 2A to
ジャンプをがんばりました。ジャンプ中心というところはあるけれど、降りないとTESが稼げませんもの。パーソナルベスト38点更新しました。バイオを見るに、いつもシーズンの始まりが遅く、チャレンジャーに間に合っていないんですね。だからずっとジュニア時代のベストのままだったと。

ハイラペティアン
3A 3A so 3F 3Lz fall 3F-2T 2S 2T 2A+2A
眉毛のジャンプ成否の歴史を確認したところ、昨シーズンから急激に成功率が上がっている事が判明しました。ほぼ失敗していたルッツフリップが5割程成功するようになっています。やっぱり上手くなっているんだなー。中盤長く充電時間を設け、後半のジャンプに入りましたが抜け&抜け。コレオシークエンスは、会社に遅れそうで不自然な早歩きをする新入社員みたいでおもしろかったですよ。

ナドー
多分4回転多分失敗 3Lo 2T-3T 3A 3A-2T 3F fall 3S 2A+2A
気を抜いてカメラから手を離す、中心に映さない、頻繁にロストする。ひどいいいいいいいいい。もしかしたらカメラ素人が撮っているのかも。だとしたら上手い。コリヤダはコリヤダだったけど、ナドーのプレスリーは北米だなーのプレスリープロ。トゥステップいっぱいで楽しい。

ベセギエ
4T shaky 2S 3A 3T-3T 2A 3Lz 3A fall 2A-2T-1Lo
タキシードを着ているのに腕まくりして手袋をつけています。マフィアと高校生とDAIGOがフュージョンしたのかも。ズンチャカビート入りゴッドファーザーステップは思いのほかかっこいい。コレヲズンチャカシークエンスもいい。ステップ系統のエレメンツの時だけビートインします。2Aになって跳び直した3Aは回転不足で転倒。ベセギエが普通プロでは個性が死ぬので、これでいいのです。

パブロフ
3T 3A-2T 3A fall 2F-2T 3Lz-1Lo-3S shaky 2A 3Lz 2Lo
世界に13人ぐらいいるこのプログラム好きな僕としては、音楽とジャンプの配置が素晴らしいから、抜けずにクリーンに降りてもらいたいわけですよ。でも抜けてしまうんです。パニパニオットがクワドフリッパーになってウクライナ1番手レースで前に出たので、遅れを取らないでくれー。

美青年ケリー
4T fall 3S 3F 4T so 3A 3A-2T 3Lz-2T 3Lo
連戦疲れでボロボロに・・・ならない!トリプルジャンプには問題なしです。3A2本入れられたのは大きい。プログラムがジャンプパートその1、その2、その後に分断されている気はします。ドンブーはまた青年実業家風の格好。でも六本木には住んでなさそう。

デカ
4S fall 3T 3A 4S fall 3A fall 2F 2Lo 3Lz-2T
抜けとコケがああああああああああああああこれではTESが出ません。コンボゼロの危機は最後のジャンプで回避。あきめない、それ、いいこと。

リュージュ
4T df 3Lz fall 3A ot-2T 3Lo fall 3A 3Lz fall 3F fall 3S-3T
コケがああああああああああああああああああああこれではTESが出ません。最後に3Tをつけて少しでも点数を稼ぐ気持ちの強さを見せました。あきらめない、それ、いいこと。昨シーズンと同じシルクドゥソレイユ、コレオシークエンスの見応えが増しました。ピキピキと体が動いていました。

サマリン
4Lz fall 3T td 3A-3T 3Lz-1Lo-3F 3A fall 3Lz 2Lo 3S
コケ2本抜け2本。でもそれなりに見ていられるのはジュニアから成長したなと思います。すごく厨二でした。終盤スタミナ切れでエッジに乗って滑れておらず、スーパーフラットコレオシークエンスに。スタミナ!ついでにアリエフもスタミナ!

ヴォロノフ
4T ot 3A 4T so 3A-2T-2Lo 3Lz-2T 3S 3Lo-1T 2A
左胸に銀色の飾り。2本目の4Tは助走スピードが足りなかったので、踏み切る前からヤバいヤバいと思いました。案の定。プログラムはロシア的にスタンダードです。フィニッシュはガッツポーズ用に音を大きくしてあるのかもしれない。荒れた試合展開に呑まれなかった。OJS!OJS!

ホックスタイン
4T fall 1A-2T 4T td 1A 3Lz-1Lo-3S 3Lo 3F 3T-2T tano
Oh, They are Canadian axel. 4Tにつけられなかったコンボは最後できっちりとリカバリー。ホックスタインの美しいムーブがあれば、ボーカルなんていらないなーと思うんですよね。ボーカルなしの序盤の方が好きです。体が歌うのを見るのもフィギュアスケートの楽しみのひとつだったから。

nippon.png
狙っていない方がおもしろい
hutuu.png

rususarus.png

rusrusaus.png


2017
09.22

オンドレイネペラトロフィー 1日目 女子SP・男子SP・ペアSP

女子SP
1 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)80.00
2 Rika HONGO(日本)66.49
3 Elena RADIONOVA(ロシア)64.42
4 Dabin CHOI(韓国)56.62
5 Alena LEONOVA(ロシア)54.70
6 Kailani CRAINE(オーストラリア)54.14
7 Caroline ZHANG(アメリカ)53.48
8 Nicole RAJICOVA(スロバキア)52.87
9 Diana NIKITINA(ラトビア)48.37
10 Eliska BREZINOVA(チェコ)46.81
11 Silvia HUGEC(スロバキア)44.97
12 Karly ROBERTSON(イギリス)44.94
13 Lara ROTH(オーストリア)42.76
14 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)42.73
15 Larkyn AUSTMAN(カナダ)42.51
16 Danielle HARRISON(イギリス)41.62
17 Birce ATABEY(トルコ)40.04
18 Sila SAYGI(トルコ)39.95
19 Aneta JANICZKOVA(チェコ)37.37
20 Katie POWELL(イギリス)36.89
21 Ceciliane Mei Ling HARTMANN(シンガポール)33.17
22 Seoyoung YOON(韓国)30.80 PB
23 Nina LETENAYOVA(スロバキア)29.96

レオノワ
3T-1T 3F 2A
必殺3T-3Tが抜けました。GOE-3です。今シーズンのSDの振付中に音源分けてもらったようなチャチャのプログラムでした。さっきジュニアのSDで聞いたぜこれ。ミスをしても笑顔を絶やさないのがレオノワのいいところ。せっかくチャチャのプログラムなので、お団子にしないでウェーブかけた元気な髪形にしてもよさそう。

クレイン
3Lo-2T 3F so 2A tano
緩やかなスプレッドイーグルすら強そうな、昨シーズンからの続行ズンチャカスウィング。ズンチャカ音に追われておらず、音楽に乗って楽しそうに演じられるようになったのが分かりました。無声映画の女優のようでしたよ。

キャロライン
3F 3Lo fall 2A
後半に3Lo-3Loの攻めたベテラン。イーグルから入りましたが惜しくも転倒でした。満面の笑みでのスパイラルは全米選手権で盛り上がるはずです。エデンの東ですから、これはもうスタオベしてください!ってことですよ。

本郷
3F-3T 3Lz 2A
今シーズンもカルミナ・ブラーナ。3-3のセカンドは回転が足りません。ステップがとてもかっこよかったです。仰ぎ見る動きを多様して、演技のスケールの大きさを何倍にも何倍にも引き延ばしているのです。急遽の出場が続いた昨シーズン後半とは動きがまるで違います。

ラジオノワ
3Lz-3T shaky 3F 2A hd
衣装が紫ではなく黒に。コンビネーションのファーストが上手く入ってセカンドが決まらない珍しいパターン。絶対に3Tつけるマンでしたのに。苦手な2Aは手をついてバランスを崩しました。演技中常に手首を曲げて演じているので、そのうち手首が1回転してひっくり返りそう。

オーストマンのベリーショート似合うなあ。小顔にしか許されない特権。

ダビン
3Lz-2T 3F 2A
ぱぱきゃんゆーひあみー?です。得意の3Lz-3Tではなくセカンドは2Tにしました。きれいには降りられたので加点のつくジャンプだと思います。棒演技からは完全に卒業したようです。さようなら棒。曲調が落ち着いているにせよ、少し元気がなかったような気がしました。3か月前にお母様が亡くなられた事が影響しているのかもしれませんね。

ライチョヴァー
3Lz shaky-2T 3Lo 2A
着氷が乱れてもきちんとコンボをつけます。彼女は女子選手がこうであって欲しいという姿だと思いますね。基礎のしっかりとした滑りとエレメンツに、上品でスタンダードな選曲、振付の必然性、そして美人。

メドベージェワ
3F tano-3T tano 3Lo tano 2A tano
天の川のようなキラキラ衣装でノクターン。んんんんんんんんんんんんんんんんwwwwwwwwwノーミス以外ありえないですぞwwwwwwwwwwwwwwいやーもう言葉はいらないですね。実際はカメラの寄りすぎで見えにくかっただけですけども。初戦で80億万点ピッタリ出ました。

メドベさんはもちろんオールレベル4で、GOEはフライングキャメルで+1が1つある以外全て+2以上です。パフォーマンスで10.00をつけたジャッジもいます。本郷は3Tがアンダーローテーション。ステップには+3をつけたジャッジが3人いました。絶対に3Lz-3Tマンラジオノワも3tがアンダーローテーションでした。ステップのレベル取りこぼしもありました。回転不足判定は普通レベル、GOE判定はうっすら甘めの印象です。

男子SP
1 Sergei VORONOV(ロシア)80.85
2 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)79.98
3 Alexander SAMARIN(ロシア)75.94
4 Keiji TANAKA(日本)75.81
5 Brendan KERRY(オーストラリア)74.71
6 Ryuju HINO(日本)67.25
7 Chafik BESSEGHIER(フランス)67.04
8 Nicolas NADEAU(カナダ)66.75
9 Ivan PAVLOV(ウクライナ)66.67
10 Mikhail KOLYADA(ロシア)66.65
11 Burak DEMIRBOGA(トルコ)64.96 PB
12 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)64.86 PB
13 Chih-I TSAO(中華民国)63.53 PB
14 Jinseo KIM(韓国)62.19
15 Lukas BRITSCHGI(スイス)54.19 PB
16 Engin Ali ARTAN(トルコ)54.03 PB
17 Jan KURNIK(チェコ)50.10
18 Michael NEUMAN(スロバキア)46.08
19 Jakub KRSNAK(スロバキア)43.24
20 Marco KLEPOCH(スロバキア)42.06
21 Alexander MASZLJANKO(ハンガリー)41.58
22 Marco ZANDRON(イタリア)41.49
23 Albert MÜCK(オーストリア)37.99

デカ
3S 3F-3T 3A
4S入らずでした。初見ではあまり滑りこなせていない感じがしましたけど、次第によくなってきてはいますね。ゲイリー・ムーアのブルースで、ローソンのバイトで深夜の厄介な客にドヤされた・・・その事で理不尽に店長に小言言われた・・・と雨の中傘も差さずに岐路に着く。嗚呼悲しい哉。

リュージュ
4T df 3A 3Lz-3T
プログラムはまたもやアルメニアンラプソディー。コーチが大西先生になりました。リュージュ独特のカクカクした滑りの角が取れてきて、ナチュラルな滑りに近づいています。

美青年ケリー
4T hd 4S so 3A so
連戦の疲れが見える3ミスです。構成が強いとはいえ、3本ともは珍しいです。4クワド降りて3Aまでスタミナが持たないパターンでしたのに。帯同しているのは今週もドンブー。

ヴォロノフ
4T fall 3Lz-3T 3A
ヴォロノフが3Lz-3Tを降りるという歴史的瞬間を目の当たりにしました。3Lzの前にステップは入れられないので、この構成がいいんですね。前髪を作って少し若返りました。うんうん誤魔化そう誤魔化そう。

コリヤダ
4Lz fall 3T 1A
遭難&落胆。

ジンソ
4T fall 3A hd 3Lz so
3Aは耐えられそうで、いつもの膝も発動したのですが手をつきました。テレビドラマのエンディング、しかも最終話ではなく第7話ぐらいを見せられているような気持ちになりました。衣装は脚長効果を狙っています。たか子先生こんばんはー。

ベセギエ
3T-3T 2S 3A
安定して音源がジャカジャカしています。車を運転しているようです。2クワド構成ですがどちらも抜けました。氷に手をついてくるくる回る、ルールへの挑戦振付をまたやっているんですね。体重かけすぎないように気をつけてー。

デミルボガ弟はパーソナルベスト23点更新でガッツポーズ。トルコの選手はジャンプ結構いけるので、次はスピンやステップですね。

ナドー
4T fall 3A df 3Lo-3T shaky
4Tで転倒、3Aで優しく両足着氷、リンクを駆けるステップと足ついていそうでついていないブロークンレッグのシットスピンで挽回。でもコンボでフラついてフライングキャメルでもブレる。いいところ、悪いところが交互にやってきて相殺っ!とうっ!3シーズン目の同プロ続行はなかったです。

サマリン
4Lz fall 3A 3Lz-2T
背中が透けているでしょうか。スケと厨二がアイデンティティーみたいなところありますもんね。4Lzで転倒し、後半の4Tは回避し安全策に。迫力の厨二ステップがかっこよかったです。

ハイラペティアン
3A so 3Lz 3S-3T
Strangers in the nightでした。マツコ会議。こんなぶっといほどけタイつけて、シャツ出した人に夜に出くわしたら不安な気持ちになります。眉毛弟の3Sに掛け声をつけるとすれば「いくよっ!せーの」です。すごくかわいい。最後のシットスピン回転速度速かったのに、逆回転になった途端に止まりそうになってもったいない。まゆげー!

ホックスタイン
4T fall 3A 3Lz-3T
曲はYour song。youとはキャロラインの事ですね。ヒューヒューだよーーーーー。ユアン・マクレガーのちょいうるさいボーカルでも全然表現出来ちゃうホックスタインさん。スピンが得意だから間持ちもしますしね。これが最後のシーズンだったと思いますが、それに相応しい良プロですね。はい、これは全米フライングスタオベっと。

メドベのスコアを超えたのは元同門のヴォロノフだけでした。メドベつえええええええええええええええええええええええええ!

ペアSP
1 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)67.18 PB
2 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT(ロシア)64.52
3 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN(ロシア)61.82 PB
4 Jessica PFUND / Joshua SANTILLAN(アメリカ)57.00 PB
5 Natasha PURICH / Davin PORTZ(カナダ)52.64 PB
6 Erika SMITH / AJ REISS(アメリカ)45.86

ザビエン
珍しくキャッチに余裕がないツイストでした。3Tはなんとか。スローループは安定です。ペアスピンは停止寸前。テストスケート、ロンバルディアと連戦だからか疲労困憊。この日程いかんでしょ。サバイバルなの?

ファンド&サンティラン
ISUチャレンジャーシリーズ2017 オンドレイネペラトロフィー ペアSPの模様を衛星生中継ライブでお送りしてきました。解説は岡部由紀子さんでした。岡部さんどうもありがとうございました。でおなじみYou raise me up。ツイストとスローループはミスですが、3Sはクリーンにランディング。動きは小さいかもですが、ステップは2人がよく揃って滑れていました。

エフィコロ
ザビエンと同じく3連戦。酷使ブーム。リフトのスプリットポジションは女性の脚が氷とほぼ並行まで開いているのが素晴らしい。3Sは女性がステップアウト、なかなか決まらない。今週は会話しているか確認出来ず。クソオオオオオオオオオ!

アスロゴ
ほぼクリーンな演技でした。ツイスト以外が美しく決まりました。特にステップはエネルギッシュでした。レクイエムでエネルギッシュだなんて、一見するとおかしなものですけど、黒衣装でしょ?それでエネルギッシュでしょ?これはきっと遺産相続を巡る血を血で洗う物語なんですよ。ふううううううううサスペンスううううう。

ピュリポー
ピュリッチの新しいパートナーは伝統的なペア男子感があります。すごく安心する風貌。ダンスリフトからのデススパイラルのフラジャイルな雰囲気素敵。まだまだ発展途上のペアです。ピュリッチはまだ22歳だから、これからいくらでも上達しますよ。

スミス&リース
3Sはダブルと転倒。転倒に驚いてカメラの近くにいるスタッフが声を出す。喋らないで!さっきからちょくちょく声出さないでください!でもこのガバガバ感が国際Bとも言える。リアルカップルらしいラブい空気をもっと出すんだ!

長いので途中離脱睡眠して正解でした。どうせ映像は巻き戻し出来るので、適宜睡眠を取りましょう。
2017
02.25

冬季アジア大会 8日目 ペアリザルト・女子リザルト

ペアリザルト
1 YU Xiaoyu / ZHANG Hao(中国)223.88
2 PENG Cheng / JIN Yang(中国)197.06
3 RYOM Tae Ok / KIM Ju Sik(北朝鮮)177.40
4 KIM Su Yeon / KIM Hyungtae(韓国)149.40
5 KIM Kyueun / KAM Alex Kang Chan(韓国)141.88
6 TAKAHASHI Narumi / SHIBATA Ryo(日本)130.53
7 STEPHENS Paris / DODDS Matthew(オーストラリア)91.90

キムカム
ソロジャンプを上手く決め、スローサルコウとダブルではありますがスローループも入りました。いい感じでしたのにリフトの女性の回転が止まってしまい、男性だけが回転して取り残される形で転倒。転倒がなければ100点いけました。全体的にはいい出来でした。

成嶺
3Sは2人とも転倒。3Loは女性が抜け。スローサルコウは6分練習ではきれいに降りられましたが、ステップアウトになりました。失敗はあってもスケートの加速がすぐに行えます。コレオシークエンスのスピードがよかったです。男性がスパイラル、女性がイーグルというあまりない組み合わせでした。でもキャラに合っていてこれの方がいいですね。トゥーランドットですし、女性の強さみたいなものもアピールできます。

キムズ
肌色のシャツに樹木が生い茂る斬新さ。衣装で攻めないことで有名な韓国選手としては考えられないほどアグレッシブ。スロー2本の着氷を堪え、3Sと2A-2T-2Loも成功しました。リフトのポジションやトランジションの滑りなどでは課題が見えますけど、これだけ決めらると今後が楽しみになってきます。100点に乗って喜ぶ妹(佳菜子似)。

リョムキム
3Tで女性が転倒、スローループはステップアウト。ミスはありましたが技術がしっかりしていることが分かる演技でした。くるみ割り人形のロマンティックな音楽なので、表現面にも力を入れて欲しいです。男の子肩パッド入れてるっぽいですね。吉川晃司かな?センクスモニカ。あとは美味しいものお腹に詰め込んで帰ってください。

ペンジン
ペンちゃんのソロジャンプが2本とも・・・。抱き合ったときの表情や、2人が別の方向を見て「お別れじゃのう」を表現するパートが何とも言えません。ペンちゃんは元々上手だったけどヤンジン上手になったと感じます。スローは2本クリーンに入りまして、後半は締まりのある演技でした。ワールドの中国ペア2枠やだやだー。

ユージャン
美しい時間でした。スローサルコウが両足着氷になったことを除けば、中国5000年の歴史のスピンはいつもの通りですし、かなりいい出来です。リフトを持ち上げて、移動距離も出て、リフト中は女性が手の表現を加え、するっと氷に足をつけて次の動きへ移る。何の心配もないし、ストレスも感じません。

今回はぶっちぎりの出来だったこともあり9点台まで伸びました。おそらく出場するであろう世界選手権ではクワドツイストにするでしょうし、合計210点以上は望めるでしょう。そうすると表彰台争いに加わってきます。今回は全エレメンツレベル4の素晴らしい内容でした。

女子リザルト
1 CHOI Dabin(韓国)187.54
2 LI Zijun(中国)175.60
3 TURSYNBAEVA Elizabet(カザフスタン)175.04
4 HONGO Rika(日本)161.37
5 CRAINE Kailani(オーストラリア)154.41
6 YU Shuran(シンガポール)146.70
7 ZHAO Ziquan(中国)138.57
8 MAMBEKOVA Aiza(カザフスタン)132.64
9 LIN Amy(中華民国)131.03
10 MA Maisy Hiu Ching(香港)127.39
11 ING Chloe(シンガポール)127.35
12 SO Joanna(香港)110.37
13 KIM Nahyun(韓国)108.77
14 RATTANADILOK NA PHUKET Promsan(タイ)88.55
15 CABILES Samantha(フィリピン)83.65
16 MOHD AMINUDIN Aina Sorfina(マレーシア)82.35
17 LAMSAM Thita(タイ)80.01
18 LARI Zahra(アラブ首長国連邦)76.68
19 CASAPAO Shayanne(フィリピン)70.99
20 PUTRI Tasya(インドネシア)70.22
21 NESTEROVA Aleksandra(キルギス)70.15
22 LINGAM Aneeta(マレーシア)62.82
23 ISMAGULOVA Laura(キルギス)60.97
24 AYINIE SULAEMAN Nurul(インドネシア)47.69

シュラン・ユーさんがいい演技をしてパッと笑顔が開いたのが印象的でした。フィリピンの2人はとても美人。カビルさんは転倒が続きましたが高さのあるジャンプが素晴らしかったです。ナヒュンは終始調子の悪そうな滑りで、スタミナ切れを起こしていました。体を大事にしてほしい。

トゥルシンバエワ
3Lz shaky 3F 3S-3T 2A-3T 3Lo 2A-2T-2Lo 3S
予定構成が2A3本ですでにザヤっていたのでどうするんだろうと思っていました。最後のジャンプを3Sにしています。最初のジャンプは3Lz-3Tではなく、元々単独予定。SPからカムバックして、コンビネーションをすべて入れてきました。

クレイン
3F-2T 3Lz-2T 3Lo-1Lo-3S 3F 3Lo 2A 2A so
回転不足のジャンプはありますが、スピードに乗って楽しそうなハレルヤを滑りました。こんなに楽しそうに滑るのはないですね。メイクと衣装と曲は合っているのに、本人が合わないという。こういったところも若さでしょうか。

ジジュン
3F-3T 3Lz 2A-3T-2T 3Lo 3F 3S-2T 2A
四大陸より元気なジジュンさん。後半4本のジャンプが続くところで、あーーースピード落ちるうううううううううううと思ったら、2Aのきれいな流れからスピードが落ちることなくコレオシークエンスに入っていきました。SPのリードで僅差でトゥルシンバエワを上回りました。このまま調子上向きで世界選手権を迎えられるといいですね。

ジークァン
3Lz so 3Lz fall 3Lo 2A-1Lo-3S fall 1Lo 3T 2A
3Lzと3Loでコンビネーションをつける予定だったのがつけられず・・・SPがよかっただけに今日の出来は不本意でしょう。後半のパワー不足も厳しい。船岡さんがチョウ・シセン視線を落とした・・・という親父ギャグをかましてしまいました。

本郷
2F 2S tano 3Lz hd 2A-3T-2T 3Lo shaky 3F-2T 1A+1A
あああ・・・クリーンなジャンプがほとんどない状況に。最後は2Aが抜けて、咄嗟にコンボをつけられないと判断したのか、一呼吸おいてシークエンスで2Aをつけようとして抜けに。四大陸よりスピードが出ているように思えたので、いけるかな?と思いましたが難しい。

ダビン
3Lz-3T 3F 2A-3T 3Lo 3Lz-2T-2Lo tano 3S 2A
3Sの着氷がクリーンに着氷できなかったことを除けば、クリーンなジャンプばかりでした。最終滑走に気持ちのいい滑りでした。ジャンプを降りていることに彼女自身も乗ってきて、動きが一層女性らしく柔らかくなったと思います。今日は彼女史上最高だったのではないでしょうか。

ダビンは3Sが回転不足判定。あとは加点がたくさんです。ジジュンはアンダーローテーションが3つありますが、3Lzはアテンションで済んで大きく点数は失っていません。クレインはルッツにもフリップにもアテンションとeマークがつきました。せめてどちらかを修正しないと・・・ですね。

ジジュンが長身で段差が仕事しない女子表彰式。北の組がとにかく嬉しそうなペア表彰式でした。北の組は世界選手権にも出場してくるようなので、すみオデの強敵になります。元パートナー同士での4ショットすげえ。

kitanokumi.png

美味しいものたくさん食べて帰ってね。
2017
02.23

冬季アジア大会 6日目 アイスダンスSD・女子SP

アイスダンスSD
1 WANG Shiyue / LIU Xinyu(中国)66.02  
2 MURAMOTO Kana / REED Chris(日本)64.74  
3 CHEN Hong / ZHAO Yan(中国)59.02  
4 LEE Hojung / KAM Richard Kang In(韓国)51.56  
5 MORI Ibuki / SUZUKI Kentaro(日本)48.84  
6 FRIEND Matilda / BADAOUI William(オーストラリア)42.56  
7 MATHEW Aldrin Elizabeth / YAMA Anup Kumar(インド)10.18

いぶけん
全日本は放送がFDだけなのでSDをフルで見る機会はなかなかありません。男性のリードがとても上手くて、パターン~パーシャルにかけて魅せられました。イナバウアーで余裕でフワッとリードする様子がいいですね。ツイズルの間はオシャレに繋ぎました。セカンドツイズルは男性が少しバランスを崩しましたが。スピードがあったものの、男性のターンが跳ねてしまっていたのが残念。でも若々しさとエネルギーに溢れていて僕は好き。

チェンジャオ
四大陸からの連戦組。前半はねっとりマダムブルース、後半は軽快なスウィング。特にノットタッチの最後のピョンピョンと方向転換していくところがかわいらしかった。美穂子先生に似ているので、完全に重ねて見てしまいます。「あー美穂子先生がカン様にリードされている」と。カメレンゴ先生ちうごくジャージ似合わないからマフィアジャケット着なきゃ。

ワンリウ
アジア大会だと上手さが際立ちます。男性のしなやかな手足の動きがブルースで生きています。長い脚を生かした振付です。エレメンツにミスはありませんでした。そして女性は先週に引き続き満足げ。男性の左胸にホクロがありますが、これはトカチェンコさんに通じるものが。将来は氷が溶けてジュクジュクになった所に突っ込んで行ったり、屋台のシーフードでお腹壊すようになりそう。

かなクリ
ノットタッチのステップは距離を詰めて滑ることに、かなり意識があったと思います。最後だけ少し離れましたけど、こういうところから少しずつ評価が上がっていくのだと思います。ツイズルはきれいに入りました。3本目の順回転のツイズルがとても速くて、これがGOEの評価を上げることに一役を買っていそう。四大陸よりいい演技でした。

ワンリウとかなクリのPCSは5項目すべてワンリウが上でした。かなクリはステップ系統3つともレベル3でした。パターンはレベル4をとっていかないと厳しいですね。インド組は転倒もないのにディダクション3がつきました。振付違反、音楽のテンポ違反、リフトの時間オーバーの3つです。

観客が少ないのは価格設定が強気すぎるためでしょうか。東京の人が行くとしたら台湾世界ジュニアの方が安くつきそうですもんね・・・。

女子SP
1 CHOI Dabin(韓国)61.30  
2 HONGO Rika(日本)60.98  
3 ZHAO Ziquan(中国)58.90  
4 LI Zijun(中国)58.65  
5 CRAINE Kailani(オーストラリア)55.02  
6 TURSYNBAEVA Elizabet(カザフスタン)53.16  
7 YU Shuran(シンガポール)50.99  
8 MAMBEKOVA Aiza(カザフスタン)49.99  
9 MA Maisy Hiu Ching(香港)47.81  
10 LIN Amy(中華民国)47.15  
11 ING Chloe(シンガポール)44.64  
12 SO Joanna(香港)41.65  
13 KIM Nahyun(韓国)40.80  
14 CABILES Samantha(フィリピン)28.54  
15 LAMSAM Thita(タイ)26.89  
16 RATTANADILOK NA PHUKET Promsan(タイ)25.71  
17 MOHD AMINUDIN Aina Sorfina(マレーシア)25.16  
18 CASAPAO Shayanne(フィリピン)24.33  
19 LARI Zahra(アラブ首長国連邦)23.31  
20 PUTRI Tasya(インドネシア)22.21  
21 NESTEROVA Aleksandra(キルギス)21.69  
22 LINGAM Aneeta(マレーシア)18.67  
23 ISMAGULOVA Laura(キルギス)18.53  
24 AYINIE SULAEMAN Nurul(インドネシア)16.81

ジークァン
3T-3T 3Lo 2A
第2グループまでの選手がジャンプがノーバリューとなることが多かったので、いきなりレベルが上がりました。3本きれいに成功。先週よりも伸び伸びと滑っていたように思えます。力が入りすぎないのがよかったのかもしれないですね。

メイシー
3Lo-2T tano 3T 2A
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおかわいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!演技中笑みを湛えながら滑っていたのが素晴らしい。3Tを終えてからステップに入るんですけど、その前の手のしなやかな動きがいいです。2Aはイナバウアーから。その前にギアが1つ落ちたように見えたので、疲れが出てしまったでしょうか。かわいい。

エイミーさんデリケートタイムでジャンプ跳べなくなってるけど、まとめられてよかった。

ダビン
3Lz-3T 3F 2A
スピード的に行けるか心配だった3Lz-3Tはきれいに着氷。3Lzのエッジが分かりやすいです。あ~~~韓国女子。ステップの入りがもっとポポポポンとかわいらしくなればいいと思いますが、ステップ中の表情なんかはよくなっている面もあります。点数出たときの笑顔を演技でお願いします。ラ・ラ・ランド明日ロードショー!

トゥルシンバエワ
2Lz tano 3S-2T 2A
3Lz-3Tタノまみれにできませんでした。先週もタノジャンプでミスることがありましたので、普通に跳んだ方がいいのかもしれません。でもそれだと大量加点のある選手に勝てないし、攻めていく戦い方なのでしょう。優勝候補筆頭だったと思いますが、出遅れました。

本郷
3F 3T-3T fall 2A
3T-3Tはスピードが足りなかったのか、ジャンプが重いのか。3Fはとてもきれいに決まりました。全体的に動きが重いので、さてどうしたものか。1位と点差はないのであまり焦らないで欲しいです。急遽連戦になって大変だったでしょうし。

ナヒュン
3Lo-2T 3S fall 2A fall
四大陸棄権があったので完治はしていないだろうと思いましたが、2A着氷後ターンでの激しい転倒にはヒュンとしました。キスクラでは頭を氷で冷やしていました。ほんと無理はしないで欲しいです。健康第一というのがあってこそですもの。

ジジュン
3T-3T 3F 2A
四大陸から構成は落とし、いつものやつになりました。連戦ですからね。SPではスタミナが持つので、チャキチャキとステップの表現も可能です。表情も使えていますし。NHKで船岡さんからスタミナへの言及が。

クレイン
3F-2T 3Lo shaky 2A tano
2週連続でも元気なクレインさん。これが若さか!スピン中に浮き出た背筋たくましい。クロコダイル倒せそう。

本郷は3T-3Tのセカンドがアンダーローテーション。オールレベル4が効いて60点台まで点数を伸ばしました。今回は回転が足りなさそうなジャンプは、片っ端から刺さっているなという印象です。トゥルシンバエワ逆転もありえますし、結果は見えないです。

明日はペアSP・アイスダンスFD・男子SPです。男子は客入るかなー?
2016
12.25

全日本選手権 4日目 女子リザルト

女子リザルト
1. 宮原知子 関西大学 214.87
2. 樋口新葉 日本橋女学館 199.49
3. 三原舞依 神戸PFSC 198.17
4. 本田真凜 関西大学中・高スケート部 196.11
5. 本郷理華 邦和スポーツランド 194.28
6. 白岩優奈 関西大学KFSC 185.37
7. 坂本花織 神戸FSC 184.06
8. 村上佳菜子 中京大学 182.55
9. 鈴木沙弥 邦和SC 180.41
10. 松田悠良 中京大中京高校 180.27
11. 新田谷凜 中京大学 176.86
12. 浅田真央 中京大学 174.42
13. 大庭雅 中京大学 165.45
14. 滝野莉子 大阪スケート倶楽部 163.27
15. 細田采花 関西大学 159.13
16. 磯邉ひな乃 中京大学 153.34
17. 木原万莉子 同志社大 151.35
18. 廣谷帆香 八工大一高 148.71
19. 今井遥 新潟県連 147.58
20. 松嶋那奈 早稲田大学 147.32
21. 中塩美悠 広島スケートクラブ 145.85
22. 笠掛梨乃 ポラリス中部FSC 135.11
23. 小林聖依 秀明英光高校 131.75
24. 永井優香 駒場学園高校 131.40

白岩
3Lz-3T 3S 3F-3T 3Lz-2T-2Lo 2A 3Lo 2A
昨日は手袋が引っかかっていたのかー。手に引っ掛けて出血防げますけど、そういったアクシデントが起こる場合もあるんですね。3Lzにも3Fにも3Tをつけられるのは強いです。両方につけるなんてキミーを思い出します。3Loの助走で少し躓いたのに着氷まで持っていく力すごい。

大庭
3F 2A-3T 3Lo 3S 3S-2T-2Lo 3Lo-2T 2A
2本目の3Loの回転が少し足りなかったぐらいで、ジャンプにほとんどミスはありませんでした。3Loは得意なので、ここでもう少し点数を稼げればよかったのですが。SPに比べると演技が止まり気味に思えたので、もっと疾走感を出せると印象がもっともっとよくなっただろうなと思います。

佳菜子
3F 2A 3T-2T 3S-2Lo-2Lo 3T 3S-2T 2A
今の彼女ができることを出し切りました。ジャンプ構成を落としたことで表現をする余裕が生まれました。ジャンプに気持ちが行き過ぎるがあまり、表情が固いまま終盤に進むことが多かったですから。エッジをそれほど気にしなくていいコレオシークエンスがステップより先にくるというのも、表現に集中できる要因だったのかも。すべての作戦がハマって、気持ちがこもって、今回の素晴らしい演技が生まれました。佳菜子の笑顔が見られたよかった。

鈴木
2A-3T-2T 3Lz-2T 3Lo 3Lz 2A-3T 3F 3S
スピードに乗った素晴らしいジャンプの数々でした。特に後半の2A-3Tから3Fの加速、後半でも勢いが衰えることなくウェストサイドの楽しさが伝わってきました。PCSはあまり伸びませんでしたが、これからまだまだ上達しそうで楽しみです。

真央
3A fall 3F-3Lo 3Lz 2A-3T 3S fall 1F 3Lo
3Aは回転が足りずに転倒。セカンドトリプルは両方回転が足りないです。序盤どうかな?というところから、コレオシークエンスから滑りがクリアに滑らかになってきました。残念ながら復活とはなりませんでしたが、最後の最後のステップで浅田真央を見せフィニッシュ。

同じように怪我で全日本で力を出し切れなかったダイスケさんの言葉重い。

松田
2A-3T-3Lo 3Lz 3F-2T 2A 3Lo-2T 3F 3S
去年までジュニアで戦っていたのに、ほんとシニアっぽい雰囲気があります。すんなりとシニアに溶け込む力。ステップはGPSよりも表現が冴えていたなと感じました。回転不足は置いておいて、流れのいいジャンプを持っているので、エレガントさだけではなくて、強い感じも見せられると演技に厚みが出そうです。

真凜
3Lz 1F 2A-3T-2Lo 3S-3T 3Lo 3F-2T 2A
3F-3Tが抜けたので後半でリカバリーしました。恐怖のラストジャンプ2Aも成功しました。やはり今日もステップのエッジがかなりフラットでレベルが取れていませんでした。ロシア勢はレベルもきっちり取ってくるので、修正しなければならないところですね。インフルからの復活であまり時間もなかったでしょうし、今はムチ打った体をゆっくり休ませてください。コレオシークエンスが真ん中にあるのですごくナチュラルなプログラム。

三原
3Lz-3T 3F 2A 2A-3T 3Lz-2T-2Lo 3Lo 3S
ふわあああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!全部降りたああああああああ!3S降りた瞬間ゾワゾワゾワってきました。最後の方感極まりながら滑っていたでしょうか、それも分かる素晴らしい出来でした。こうして少女はいつまでも幸せに暮らしましたとさめでたしめでたしな結末。ロシア選手権なら8点台並ぶのにーーーもっとくれー。

坂本
3F-3T shaky 3Lz 3S 2A-3T 3F-2T-2Lo 3Lo fall 2A
NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOGOEドル箱の3Loがあああああああ。+2が並ぶジャンプなので痛いです。シニアの選手に混じって滑るとトランジションでの姿勢であったり、細かいところに隙が見えやすいのかもしれません。いい演技をする選手が多いからこそ、失敗が悪く映りやすいというのもありそう。

宮原
3Lo 3Lz-3T so 3F 3Lz-2T-2Lo tano 2A-3T 3S 2A
3-3のステップアウトと3Fが少し詰まったのがミスです。3Tの回転が足りなかったのがステップアウトに繋がったでしょうか。今回TESカウンターを見て思うのがスピンと比べると、どの選手もステップとジャンプの加点は厳しめにとっているのかなと。今日はビッグバン起こせなかった。オリンピックの会場でお願いします。

新葉
3Lz-3T 3Lo 3S<< fall 2A 3Lz-3T 3F 2A-2T-2Lo
3Sは途中で開いて前向きになったまま転倒です。あと1個抜けでもすればえらいことになる・・・という状況から質のいいジャンプを次々と成功。クリーンなジャンプばかりでした。「あああーーーーと(200点まで)1点もない!」おもろい。3Sの転倒でステップの表現がフランス杯ほどムンムンではなかったので、焦りはあったんでしょうね。

本郷
3F 2Lo 3Lz 2A-3T-2T 2A 3F-2T 3S-3T
予定通りジャンプが跳べず、加点が狙えるところで取り切れないところがいくつもありました。動きがかなり小さくなってしまって、世界選手権で見せたような村の収穫祭で踊る娘ような華やかさと楽しい雰囲気は出せていなかったです。3S-3Tは絶対に跳ばないといけないジャンプだったので、成功には痺れました。

表彰台150cm、152cm、154cm。かわいい。

冬季アジア大会(日本・札幌)
男子:宇野昌磨、無良崇人
女子:宮原知子、本郷理華
ペア:須崎海羽&木原龍一、高橋成美&柴田嶺
アイスダンス:村元哉中&クリス・リード、森衣吹&鈴木健太郎

四大陸選手権(韓国・ピョンチャン)
男子:宇野昌磨、羽生結弦、田中刑事
女子:宮原知子、樋口新葉、三原舞依
ペア:須藤澄玲&フランシス・ブードロー=オデ、須崎海羽&木原龍一
アイスダンス:村元哉中&クリス・リード、平井絵己&マリオン・デ・ラ・アソンション

世界ジュニア選手権(台湾・台北)
男子:友野一希、島田高志郎
女子:坂本花織、本田真凜、白岩優奈
アイスダンス:深瀬理香子&立野在

世界選手権(フィンランド・ヘルシンキ)
男子:宇野昌磨、羽生結弦、田中刑事
女子:宮原知子、樋口新葉、三原舞依
ペア:須藤澄玲&フランシス・ブードロー=オデ
アイスダンス:村元哉中&クリス・リード

ユニバーシアードの派遣誰ぞ。新人賞は三宅星南と鈴木沙弥でした。

10何年前、ジュニア選手だった真央がシニア選手を破ったように、こうして頼もしい若手選手がたくさん出てくる。回る回るよ時代は回る。
back-to-top