2016
09.25

JGPリュブリャナ杯 3日目 女子リザルト・アイスダンスリザルト

その時歴史は動いた。

女子LP
1 Rika KIHIRA(日本)128.31 PB
2 Marin HONDA(日本)120.96
3 Eunsoo LIM(韓国)111.03 PB
4 Alina ZAGITOVA(ロシア)109.29
5 Alisa LOZKO(ロシア)99.81
6 Ashley LIN(アメリカ)97.37 PB
7 Alexandra FEIGIN(ブルガリア)92.87 PB
8 Michaela-Lucie HANZLIKOVA(チェコ)92.36 PB
9 Sarah TAMURA(カナダ)89.99
10 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)83.93
11 Polina USTINKOVA(スイス)81.60 PB
12 Lucrezia GENNARO(イタリア)76.42
13 Matilda ALGOTSSON(スウェーデン)75.22
14 Alisa STOMAKHINA(オーストリア)74.51 PB
15 Liubov EFIMENKO(フィンランド)74.32
16 Bronislava DOBIASOVA(スロバキア)70.98
17 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)69.36
18 Anna LITVINENKO(イギリス)68.65 PB
19 Daria JAKAB(ハンガリー)67.99 PB
20 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)64.93
21 Hana CVIJANOVIC(クロアチア)59.90 PB
22 Josephine KAERSGAARD(デンマーク)58.85
23 Nina POLSAK(スロベニア)58.37 PB
24 Lara GUCEK(スロベニア)57.01 PB
25 Leona ROGIC(セルビア)55.40 PB
26 Haley YAO(中華民国)53.22 PB
27 Elizabete JUBKANE(ラトビア)53.12
28 Natalie SANGKAGALO(タイ)51.64 PB
29 Marusa UDRIH(スロベニア)50.35 PB
30 Gulzhan ZHUMADILOVA(カザフスタン)47.92 PB
31 Zhansaya ADYKHANOVA(カザフスタン)47.16
32 Joyce Selina CHAN(香港)44.88 PB
33 Xin Yi LOKE(シンガポール)44.53 PB
34 Florencia LIN(アルゼンチン)32.26

女子リザルト
1 Rika KIHIRA(日本)194.24 PB
2 Marin HONDA(日本)178.75
3 Alina ZAGITOVA(ロシア)177.38
4 Eunsoo LIM(韓国)166.91 PB
5 Alisa LOZKO(ロシア)159.59
6 Ashley LIN(アメリカ)154.45 PB
7 Michaela-Lucie HANZLIKOVA(チェコ)142.13 PB
8 Sarah TAMURA(カナダ)141.41 PB
9 Alexandra FEIGIN(ブルガリア)141.30 PB
10 Matilda ALGOTSSON(スウェーデン)127.65
11 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)125.87
12 Liubov EFIMENKO(フィンランド)123.94
13 Polina USTINKOVA(スイス)119.02 PB
14 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)116.69
15 Alisa STOMAKHINA(オーストリア)115.93 PB
16 Lucrezia GENNARO(イタリア)110.37
17 Bronislava DOBIASOVA(スロバキア)110.27
18 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)109.53
19 Daria JAKAB(ハンガリー)106.58 PB
20 Anna LITVINENKO(イギリス)105.18 PB
21 Josephine KAERSGAARD(デンマーク)93.87
22 Hana CVIJANOVIC(クロアチア)92.60 PB
23 Nina POLSAK(スロベニア)90.78 PB
24 Haley YAO(中華民国)87.82 PB
25 Elizabete JUBKANE(ラトビア)86.17
26 Lara GUCEK(スロベニア)86.00 PB
27 Natalie SANGKAGALO(タイ)81.94 PB
28 Leona ROGIC(セルビア)81.43 PB
29 Marusa UDRIH(スロベニア)77.02
30 Zhansaya ADYKHANOVA(カザフスタン)75.01
31 Gulzhan ZHUMADILOVA(カザフスタン)74.17 PB
32 Joyce Selina CHAN(香港)72.95 PB
33 Xin Yi LOKE(シンガポール)72.92 PB
34 Florencia LIN(アルゼンチン)52.91
WD Daniella Vanessa IPSARIDOU(キプロス)

ユンスー
3Lz-3T fall 3F 3Lo 2A-3T 3Lz 3S 2A-2T
SPで壁への激突を避けて転倒した3Lz-3Tは、今度は堂々と激突していきました。フェンスが避けろや。3Lzが得意な正統韓国女子であります。手足が細くて流れるような動きが得意です。ミス・サイゴンのボーカルにも似合っていました。テッドからも「ユナっぽい」と言われました。ですよねーでも偉大な選手に似るって素晴らしいことですから。スパイラルのフリーレッグもっと上げてー!

リン
3F fall 2A 3Lo 3Lz 2A-3T 3F-1Lo-3S 3S-2Lo
マダムリーザの占いの館のテーマソングで滑りました。しかも超笑顔。占いの館に足踏み入れても悩みの1つもなさそう。出だしは悪かったのに転倒しても満面の笑み。ジャンプが高く上がって気持ちいいです。チャカポコとビート打つ音楽ももちろん入っていましたが、あれはマダムみたいではありませんでした。少し勢いを欠いたフィニッシュになりました。笑顔はすごくよかった。

真凜
3Lz 3F-3T so 2A-3T 3S 3Lo 3F 1A-2T-2Lo
緊張の面持ちのジュリエットさんでした。3F-3Tはステップアウトでした。ステップアウトの仕方かっこいいな。脚ピーンだから。後半の3Fは緊張して見る癖がついております。こちらは成功したのですが、また最後のジャンプが・・・ああ・・・あああ・・・。2週前に比べると少し元気がなかったです。うーん残念。

juliet.png

ohendan.png

紀平
3A 3Lz-3T 3Lo 2A-3T 3F-2T-2Lo tano 3S 3Lz
ぴぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああついに決めたああああああああああああああああああああああああすげえええええええええええええええええええ!!!前半のほかの2つのジャンプは着氷が詰まるような形でした。3Aの成功で逆に緊張したでしょうか。後半はすべてきれいにランディング。ビールマンのポジションや、スピンの出など工夫すればまだまだ点数を伸ばせますね。他の選手とは2Aと3Aの基礎点分の差があるし、GOEの加点幅も違うので6点ぐらいのTESアドバンテージがあります。すげーなー。

rika3Akihira.png

yes!.png

ザギトワ
3Lz ot-3Lo df 2A-3T 3F tano-2T tano-2Lo tano 3Lz fall 3S 3F tano 2A
前半は丁寧なんですよね、キャメルスピンなんかもとてもきれいですし。後半はジャンプでパンパンに詰まっているので、トランジションが粗くなってしまいます。ましてや今回のように1本目のジャンプで失敗してしまうと焦りも出るでしょう。でもそれを立て直す暇もなく、次のジャンプがきてしまう。よほどジャンプに安定感がないと、この構成はできません。見る方は「ジャンプ後半に7本て、ハハハー」と気楽に見ていますが、すごく大変ですね。PCSにも影響しますもん。ほげげげげげげげ・・・・・この時点で3位。回転不足かー。

chonyu.png

zagizagi.png

ロスコ
3Lz 3F tano 2A-3T-2Lo 3Lo-2Lo 3S 3F+2A 3Lo df
やはりのこのプログラムは、引退後スナックで雇われママをやるロスコ本人のプログラムだな。「あたし若い頃はスケーターやってたんだけど、外国の男とも燃えるような恋をしたもんさ」と、ほっそいタバコ吸いながら語る姿が容易に浮かびます。場末感は貴重。ジャンプの回転はまあ・・・なんですけども、どうにか改善できないものか。点数が出て悲しそうな表情も美しい。

紀平は3A認定です。心配したレイバックスピンにはマイナスが1つもつきませんでした。ザギトワは3Loと3Lzがダウングレード、3Fのコンボの3つ全てにアンダーローテーションがつきました。ハンズリコワは3Loで失敗しましたけど、ほとんどのジャンプをクリーンに降りてSPに続いていい演技。点数が出ての笑顔もかわいかった。さすがジュニアグランプリで結果を残す女。

すでに確定している坂本に加えて、紀平もファイナルが確定しました。これであとは4枠です。

来週がツルスカヤ(1位)、山下(3位)、新田谷(3位)、ヌグマノワ(3位)。再来週がグバノワ(1位)、コンスタンティノワ(2位)、白岩(4位)、青木(4位)です。

ツルスカヤとグバノワは3位以内でファイナルが確定します。1戦目が3位の選手は優勝のみです。1戦目が4位の選手は優勝すれば可能性がわずかに残っています。コンスタンティノワは優勝か187.67以上をとって2位になれば真凜を上回ってファイナルが確定します。真凜がファイナルに行くには、ツルスカヤとグバノワのどちらもが優勝するというのが現実的な道です。

日日露露露露か、日日日露露露が濃厚で、来週山下か新田谷が優勝し、ツルスカヤが4位以下になれば日日日日露露もありえます。ツルスカヤの今の状態なら4位以下も可能性あります。ツルスカヤもグバノワも5位以下で、コンスタンティノワが3位以下なら日日日日日露もありますが、さすがにそれは。

さあさあ、紀平の報道が激化しますよースルースキルを身につけないといけませんよ。

アイスダンスFD
1 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)89.16 PB
2 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)86.98
3 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)86.02
4 Natacha LAGOUGE / Corentin RAHIER(フランス)76.64 PB
5 Ashlynne STAIRS / Lee ROYER(カナダ)73.62 PB
6 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)70.60 PB
7 Sarah Marine ROUFFANCHE / Geoffrey BRISSAUD(フランス)68.78
8 Leticia MARSH / Anton SPIRIDONOV(イギリス)60.52 PB
9 Elizaveta ORLOVA / Stephano Valentino SCHUSTER(オーストリア)56.26 PB
10 Sarah Michelle KNISPEL / Maximilian VOIGTLAENDER(ドイツ)51.12 PB
11 Elvira NIKOLOVA / Ricards EVELINS(ブルガリア)48.22 PB
12 Marie Louise LEUPOLD / Christof Michael STEGER(スイス)46.64 PB
13 Ashley KLOTZ / Ilias FOURATI(ハンガリー)45.66 PB

アイスダンスリザルト
1 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)148.62
2 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)144.76 PB
3 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)143.78
4 Natacha LAGOUGE / Corentin RAHIER(フランス)127.70 PB
5 Ashlynne STAIRS / Lee ROYER(カナダ)124.14 PB
6 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)117.02 PB
7 Sarah Marine ROUFFANCHE / Geoffrey BRISSAUD(フランス)116.48
8 Leticia MARSH / Anton SPIRIDONOV(イギリス)102.92 PB
9 Sarah Michelle KNISPEL / Maximilian VOIGTLAENDER(ドイツ)90.68 PB
10 Elizaveta ORLOVA / Stephano Valentino SCHUSTER(オーストリア)86.56 PB
11 Elvira NIKOLOVA / Ricards EVELINS(ブルガリア)85.28 PB
12 Ashley KLOTZ / Ilias FOURATI(ハンガリー)81.00 PB
13 Marie Louise LEUPOLD / Christof Michael STEGER(スイス)78.72 PB

イギリスのサボジンの異父兄弟くんは、ザボジンより髪あるな!

ゴルブツォワ&ベロブロフ
水中を華麗に泳ぐ金魚の尾っぽのようなスカート素晴らしい。でもこれは金魚じゃなくてフラミンゴ。フラミンゴ・・・フラミンゴ?フラミンゴプロ?ちょっと意味分からないです。マリオの映画プロといい、選曲にエッジ効かせすぎですよ先生。

サラマリーヌ&ジョフリー
はいはいまたロックオペラねはいはい・・・え?デヴィッド・ギャレットメドレー?という裏切りを食らいました。うーーーーーんビート効いてる。ベートーヴェンの最後の夜プロのお決まり、音楽が最初に変わったところでツイズル。この振付は今までにも死ぬほど見ました。振付は裏切らない。リフト降ろすところがちょい荒い。コレオスピンで勢いつけすぎて、フィニッシュポーズ取れずにわなわなフィニッシュ。なんかワロタ。今日も男性の笑顔が形状記憶されていました。

ナターシャ&コレンタン
ちゃんとツイズルできるフランスン。上手にできたからか男さんが感激していました。コメディ映画のはずなのに、全然コメディ要素がないグッバイレーニンでした。音楽だけ借りてシリアス路線にしているとか?いや、それだけなら別の曲も混ぜればいいしなー分からないなーでも嬉しそうだからいいや。

ステアーズ&ロイヤー
かわいいヒッピーカップル。コレオスピンでピョコピョコ跳ねるのがかわいい。すごく変わったエレメンツをするわけではないですけど、自分たちに合った選曲なのがよかったです。超メジャー級の曲じゃないから、ビートルズに引っ張られすぎることもなかったですし。

hippi.png

ポリヴァク
ロミジュリの音楽からは想像できないほどワイルドな回転のツイズルでした。ポリシュチュクさんのフリーレッグの角度は男性よりも10%増しぐらいです。前にも後ろにもあげまくります。あたしを見て!ねえロミオあたしを見て!!!という執念深いジュリエット。あたしやったわ!というようなポリシュチュクさん。ポポワさんを継ぐ者が現れてしまった。演技中は男性ダンサーを見ることが多いのですが、ここは女性しか目に入らなかったです。男性の衣装がゲレイロに似てたのは、コーチがゲレイロのかーちゃんだから?

juriettosanndesuwa.png

kageki.png

スコアレ
昨シーズンのパパシゼのFDの衣装を引き裂いたようなお召し物。ロシアカップルが一度は通らなければならないパッションプログラムでした。今日はアリョーシンが高校生に見えました。成長シタナー。何を演じているかはよく分からなかったのだけれど。

skop.png

マクカー
セカンドツイズルでマクナマラさんがバランスを崩しました。ダイアゴナルの爆走感は嫌いではないんですけど、もう少し音楽に乗って欲しいです。いや音楽から外れているわけではないけど、調和が足りないと言うべきでしょうか。マクカーに要求されているものって、単に音楽に合ってきれいだねーって域のことではないので。TESがおクソ低い・・・レベル4少なすぎるうううううううううう。

bita-n.png

マクカーがファイナルを確定させました。来週がロボドロ(1位)、スコアレ(3位)。そして再来週がパーソンズ(1位)、シュピスミ(2位)、ウシャコワ&ネクラソフ(3位)、マリジョリ&ザカリー(4位)です。シュピスミは日本で2位になれていなかったら、ちょっと危なかったってこともないか。2位と3位でも出せる点数が他と違いますので。ダンスは素直にマクカー、カレポノ、アンルイス、ロボドロ、シュピスミ、パーソンズで決まりそうです。

dancepodium.png

serfiesan.png
自分の携帯電話とスコップさんの携帯電話で自撮り
ladies_20160925034524e51.png

joshimoserfie.png

あと2戦ですって。ジュニアグランプリ始まってもう1ヶ月ですって。
Comment:12
2016
09.23

JGPリュブリャナ杯 1日目 女子SP・男子SP

女子SP
1 Alina ZAGITOVA(ロシア)68.09 PB
2 Rika KIHIRA(日本)65.93
3 Alisa LOZKO(ロシア)59.78
4 Marin HONDA(日本)57.79
5 Ashley LIN(アメリカ)57.08 PB
6 Eunsoo LIM(韓国)55.88 PB
7 Matilda ALGOTSSON(スウェーデン)52.43 PB
8 Sarah TAMURA(カナダ)51.42 PB
9 Michaela-Lucie HANZLIKOVA(チェコ)49.77 PB
10 Liubov EFIMENKO(フィンランド)49.62
11 Alexandra FEIGIN(ブルガリア)48.43 PB
12 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)47.33
13 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)44.60
14 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)41.94
15 Alisa STOMAKHINA(オーストリア)41.42 PB
16 Bronislava DOBIASOVA(スロバキア)39.29
17 Daria JAKAB(ハンガリー)38.59 PB
18 Polina USTINKOVA(スイス)37.42 PB
19 Anna LITVINENKO(イギリス)36.53 PB
20 Josephine KAERSGAARD(デンマーク)35.02 PB
21 Haley YAO(中華民国)34.60 PB
22 Lucrezia GENNARO(イタリア)33.95
23 Elizabete JUBKANE(ラトビア)33.05 PB
24 Hana CVIJANOVIC(クロアチア)32.70 PB
25 Nina POLSAK(スロベニア)32.41 PB
26 Natalie SANGKAGALO(タイ)30.30 PB
27 Lara GUCEK(スロベニア)28.99 PB
28 Xin Yi LOKE(シンガポール)28.39 PB
29 Joyce Selina CHAN(香港)28.07 PB
30 Zhansaya ADYKHANOVA(カザフスタン)27.85
31 Marusa UDRIH(スロベニア)26.67
32 Gulzhan ZHUMADILOVA(カザフスタン)26.25 PB
33 Leona ROGIC(セルビア)26.03 PB
34 Florencia LIN(アルゼンチン)20.65
35 Daniella Vanessa IPSARIDOU(キプロス)18.75 PB

ロスコ
3F-3T 3Lo tano 2A
3Tは分かりやすく回転が足りていませんでした。この暗黒白鳥の湖風バレリーナプログラムは、まるで暗闇の中で練習を積むような雰囲気がたまらんですね。誰もいないホールの中で「あたしにスポットライトを当てなさい!」と言わん勢いの変態ビールマンでのフィニッシュ。これは何回見ても引き付けられます。

真凜
3F-1T 3Lo 2A
3F-1Tだから、1TがノーバリューになってGOE-3です。あああああ・・・。3Loは2週前よりよかったですが完璧な質とは言えませんでした。風を起こすように入っていくレイバックスピン、そして落ち着いて滑れていたのはよかったです。まだなんとか堪えられそうな点数で収まりました。

ユンスー
3Lz-3T fall 3Lo 2A
安定のコリアン3Lzでした。スピードがありましたが、3Tがフェンスに寄りすぎたのが原因か、転倒しました。降りられていてもフェンスにフリーレッグが激突していたでしょうが。13歳なのにベサメムーチョ連呼。キスしてキスしてって。ユナっぽい美しい腕の使い方でした。スケーティングはもっとインアウトにきれいに倒して滑られるようにがんばれー。おはたか子コーチ。

紀平
2A 3Lz-3T 3Lo
ジャンプの質すばら!村主さんっぽいという話を聞いて意識したら、本当に村主さんっぽく見えてきました。顔が似ているだけではなく、股の開きとか笑い方なんかも。ジャッジ席の前で分かりやすくスタンブルをしてしまったので、GOEにマイナスの作用を与えやすいでしょうね。

エフィメンコ
3Lo 3F tano-2T tano 2A tano
ダバダーダバダーダー違いの分かる女ネスカフェゴールドブレンド。エフィメンコさんがついにロシア人力を発揮しました。タノるタノる。最近ジャンプを上手く降りられない試合が続いていたので、今日は悲しくない顔で演技が終えられてよかったです。

アルゴットソン
3Lo 3S-2T 2A
ジャンプの難度は高くないもののクリーンに入れました。レイバックスピンはキャッチフットの後に回転速度の増加。スウェーデン女子伝統の体の硬さはありますが、その分シャープで明瞭な回転でした。軸もよかったです。ハンガーゲームの曲なので、エッジ効かせた方が女性らしすぎるよりいいです。とてもいい演技。

リン
2A 3F-3T 3Lo
ジャンプがビヨーンと上がる選手です。最近のアメリカ女子はジャンプが高い選手が増えましたね。だからといって回転が充足するとは限らないという。2つ回転不足がありました。笑顔で過去の栄光を懐かしむメモリーでした。それはもう笑顔笑顔笑顔。この子は上手いこといけば日露と戦えそうな気がします。ジャンプの流れや滑りもいいですし。日露ばかりはつまらないので育ってくれよー。

フェギン
3T-3T 3Lo 2A
ジャンプをしっかりと降りる演技でした。昨シーズンのリプニツカヤのSPと出だしの曲が同じだったので、いつLook like an angel...となるか楽しみにしていたのに、ならなかった!!!ルタイの嫁に裏切られた。ジャンプ以外は発展途上。連続アラビアンで勢いをアピール終盤はかっこよかったです。

タムラ
3Lz-2T 3Lo 2A
カナダ女子で3Lzを跳べるのは期待できます。とてもきれいなエッジの3Lzです。彼女のポーズの決まらなさだったり、姿勢の問題は一昨シーズン~昨シーズンのJGPSの坂本に似たものを感じました。

ダスティシュさんとても大きくなって。

ザギトワ
3Lz tano-3T 3Lo tano 2A
右手についているヒラヒラは、演技の最初と最後に口を覆って、イスラムの女性の目だけ出してるベールを表現するためのものだったのか!なるほどね。ヒレじゃないのね。ジャンプ3つ連続で入れるとせわしなく見えるのもありますが、サムデリをSPにまとめてしまうのも無理がありますよね。1曲だけ使うにしても最初にハイライトを持ってこないと苦しいから、3つのジャンプとの兼ね合いが難しいし。バイオがシェヘラザードになってるけど違うからな!!!書き換えとって!

ハンズリコワ
3T-2T 3Lo 2A
ジュニアグランプリで結果を残す女ハンズリコワさん。ジャンプ3つがきれいに入りましたし、ポジションがきれいなレイバックスピン、傘のような独創的なポジションも入ったコンビネーションスピン、楽しそうに踊るステップ。トランジションも小刻みに動いて、全体的に印象がとてもよかったです。ミントアイスみたいなメッシュ入りの髪すげえ。

なんだ35人て。ザギトワがさすがの安定感を見せました。ザギトワと真凜の差が大きすぎるので、2抜けはしないと逆転はなさそうです。真凜のSPの失敗ループは、一時の真央のSPスランプみたい。

男子SP
1 Dmitri ALIEV(ロシア)78.03
2 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)71.98
3 Joseph PHAN(カナダ)70.33 PB
4 Ilia SKIRDA(ロシア)69.32 PB
5 Kazuki TOMONO(日本)68.96 PB
6 Ivan PAVLOV(ウクライナ)61.71
7 Kevin AYMOZ(フランス)61.49
8 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)60.07 PB
9 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)58.25
10 Matteo RIZZO(イタリア)55.91
11 Nurullah SAHAKA(スイス)54.64 PB
12 William HUBBART(アメリカ)54.22 PB
13 Nika EGADZE(ジョージア)52.82 PB
14 Thomas STOLL(ドイツ)49.95 PB
15 Se Jong BYUN(韓国)48.87
16 Harrison Jon-Yen WONG(香港)47.46 PB
17 Mate BOROCZ(ハンガリー)43.45 PB
18 Josh BROWN(イギリス)42.08
19 Micah TANG(中華民国)41.99
20 Jakub KRSNAK(スロバキア)41.57
21 Luc MAIERHOFER(オーストリア)41.20
22 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)35.94 PB
WD Roman GALAY(フィンランド)

エイモズ
3A 3Lz df 3Lo<< so
3Aもクリーンとは言えなかったし、このジャンプで61点出せたことを称えたい。世界が終わったように落ち込んでいる。

イジー
3Lz-3T 2A hd 3Lo
髪切ったマンだけど、梳かないの?毛量を見せ付けたいの?いい演技に思えたのですが、点数は伸びませんでした。サフリデュオのテンポの速い音楽なのに、ずっと同じように滑っていた感じはありましたしね。きれいなだけでは点数はもらえないと。

jiri.png

オドボルボエ
2A tano 3F-3T 3Lo shaky
今回こそノーミスで滑れそうという時に失敗が出てしまう。今回は3Loの着氷とフライングキャメルがマイナスの箇所でした。シニアで戦っている年齢ということもありますが、体の使い方がシニアっぽくて魅せられました。スピンからスピンに移るトランジションのトゥの動きなんかもとてもよかったです。すべてが上手くいけばワールドのミニマム34点もいけそうなんですけど。今年はギリ隣国のフィンランドなので出て欲しい。

odoboruboe.png

ガライさんの棄権残念。

リッツォ
3A fall 3Lz-2T 2Lo
予定していたジャンプが入りませんでした。本人もやっちまったという表情。ハイウェストですっきりとした衣装かっこいいです。マラゲーニャとしては特段個性的なプログラムではないですけど、若さがほとばしっていましたよ。スピンもよかったです。お肌が青春&急激にとーちゃんの顔に似てきた。

アリエフ
3A 3Lz-3T 3Lo
点数を見たぼく→1人だけPCSたけえなおい。演技を見たぼく→そりゃ1人だけ高いわ。リンクを広く使ってじっくりと見せるステップは雰囲気がありました。激しさに任せてGOEを稼ぐものではなくて、滑りの美しさできちんと点数を取りました。出るところが時計回りのツイズルだったんですけど、時計回りの動きとなると弱点が見えるので、音楽に溶け込ませられるようになると、3Lz-3Tまでステップのいい流れがキープできそうです。3Loは回転不足でだと思ったんですけど足りていました。早くシニアにいきなはれ。

aliev.png

スキルダ
3Lz-3T 3Lo 2A
真顔で力強く軽快な音楽を滑っていくスキルダさん。演技始まって1秒から違う気がする。真顔だからMr. Bojanglesという名前のおじさんの愉快なお葬式ソングかもと思ったのですが、おじさんは生きていました。キスクラでは真顔ではなかったので、若さゆえのやつですね。ビュンビュンスピードを出して踊る選手なので、そこまで気が回らないのか。

クラスノジョン
3F-3T 3A 3Lo
とても上手になったクラスノさん、今回もお上手でした。+2が狙える3Aはいつもの質ではなかったですが、きちんとまとめました。点数への反応が陽気なアメリカ人。よう喋るわ。

sonohigurashi.png

友野
3F-2T 3Lo 3A
3Fが完璧ではなかったので無理せず2Tにしました。後半の3Aはお茶の子さいさい。3A簡単に跳べるマンという日本男子正進化を遂げられたのはデカいです。キャメルスピンでどうしてもGOEも引かれてしまうので、その分他で稼がないといけませんからね。騒音おばさんも真っ青なぐらいバンバンバンバンと布団叩けそうなリズム感。

888888.png

ジョセフ
3Lz-3T 2A 3Lo
カナダにはPさんがたくさんいるなあ。スケーティングがいいだけではなく、彼はスピンもとても上手ですし、トランジションの工夫もあるからジャンプのGOEもしっかり稼げます。3Aが入っていないのは、カナダだからこれからで大丈夫です。クラスノさんよりPCSが上になるとは思わなかった。みんなPさんっぽいから覚えられないのが難点。韓国女子と同じ問題。ロシア女子は結構違うから覚えられる。4戦終わってメダル0、空前の人材不足にあえぐカナダの救世主となれるか?

パブロフ
2A 3Lz-3T 3Lo
曲名のところにBad Boysって書いてあるから悪い男なんでしょう。でも全然悪い子に見えないし、子供の頃から通ってる床屋のおっちゃんに切ってもらってそうな髪型。悪い子に憧れて悪ぶってみる高校生と考えたらしっくりくるかな。PCSの評価があまり伸びず驚きました。

アリエフはレベル4が1つ。3Lz-3Tと3Loは微加点でした。スキルダはスピン3つがレベル4の優秀な内容。と者は3Loにほとんど加点がありません。ステップからは難しいですね。キャメルスピンは-0.13で済みました。もっとがっつり引かれるものかと。エイモズは3Aに1.43も加点がつきました。映像の角度でシェイキー気味に見えただけなのかな・・・スピン3つがレベル4というのも大きかったです。3Lzも3Loもダウングレードで61点はほんとすごい。男子カオス。

カメラの映像が首からってのが複数ありました。推測なんですけど、カメラマンがドラキュラだと思うんですよね。血吸おうとしてるから気をつけた方がいいですよ。
Comment:4
2016
09.11

JGP横浜 3日目 女子リザルト・アイスダンスリザルト

ロンバルディアは2日目と3日目まとめて出しますわ。

女子LP
1 Marin HONDA(日本)128.64 PB
2 Kaori SAKAMOTO(日本)122.15 PB
3 Sofia SAMODUROVA(ロシア)119.93 PB
4 Mako YAMASHITA(日本)117.57 PB
5 Ye Lim KIM(韓国)113.55 PB
6 Alisa FEDICHKINA(ロシア)104.12
7 Elisabetta LECCARDI(イタリア)85.52 PB
8 Emily BAUSBACK(カナダ)81.52 PB
9 Andrea MONTESINOS CANTU(メキシコ)80.25 PB
10 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)78.99
11 Alana TOKTAROVA(カザフスタン)78.13 PB
12 Gabrielle NOULLET(アメリカ)77.32 PB
13 Chloe ING(シンガポール)77.05 PB
14 Oksana ARTYOMENKO(スイス)68.59 PB
15 Aleksandra SLAHOVA(ラトビア)57.42 PB
16 Madeleine LIDHOLM TORGERSEN(ノルウェー)55.94 PB
17 Promsan RATTANADILOK NA PHUKET(タイ)55.52 PB
18 Brooke TAMEPO(ニュージーランド)50.54 PB
19 Anastassiya KHVAN(カザフスタン)47.54 PB
20 Amirah Azfariena AZHARI(マレーシア)43.14 PB
21 Bianca Arianne VINARAO(フィリピン)38.83 PB
22 Ananya Murthy THIRUVALLAM(インド)10.18 PB

女子リザルト
1 Kaori SAKAMOTO(日本)187.81 PB
2 Marin HONDA(日本)184.11
3 Mako YAMASHITA(日本)182.43 PB
4 Sofia SAMODUROVA(ロシア)180.69 PB
5 Ye Lim KIM(韓国)165.89 PB
6 Alisa FEDICHKINA(ロシア)165.25
7 Gabrielle NOULLET(アメリカ)128.76 PB
8 Elisabetta LECCARDI(イタリア)128.08 PB
9 Andrea MONTESINOS CANTU(メキシコ)125.61 PB
10 Emily BAUSBACK(カナダ)122.16 PB
11 Alana TOKTAROVA(カザフスタン)120.31 PB
12 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)119.13
13 Oksana ARTYOMENKO(スイス)112.09 PB
14 Chloe ING(シンガポール)111.92
15 Promsan RATTANADILOK NA PHUKET(タイ)88.75 PB
16 Aleksandra SLAHOVA(ラトビア)87.57 PB
17 Madeleine LIDHOLM TORGERSEN(ノルウェー)80.75 PB
18 Brooke TAMEPO(ニュージーランド)79.89 PB
19 Anastassiya KHVAN(カザフスタン)77.37 PB
20 Amirah Azfariena AZHARI(マレーシア)63.75 PB
21 Bianca Arianne VINARAO(フィリピン)60.94 PB
22 Ananya Murthy THIRUVALLAM(インド)15.54 PB
WD Katie PASFIELD(オーストラリア)
WD Amy LIN(中華民国)

アルティオメンコ
2A 3T-2T 3Lo fall 2S so 2A fall 3S 3T
強そうなメンコ。どのメンコもひっくり返しそう。ジャンプを失敗しても笑顔で演技しているところにすごく好感が持てました。最近のスイス選手はロシアだイタリアだウクライナだと外国からの選手が多いですね。一時のイタリアのよう。

レカルディ
3Lz-3T 3T+2A 3S-1Lo ot-3S 3Lo 2A 2F 2F
最初にコンビネーションとシークエンスをまとめました。3Sのコンボはオーバーターンから無理やり3Sに繋げました。力ありますね。3Fが苦手なようで、2Fを2本の構成にしていました。でもこれが本人としては1番点数を取れる構成なのでしょうね。私は病気、私は(ジャンプに対して)病気な演技でした。じょそーーーーーーうという感じは否めませんでしたし。曲の編集ワロロッティー。

トクタロワ
3T fall 2Lz 3S ot-2T 2A-1Lo-2S so 3T-2T 2A so 3S
グノーのロミオとジュリエット。なんて珍しい。跳べるトリプルは2種類ですが、オーサーのところにいるので、これから種類を増やしていけることを期待。

ニューレ
3Lz 1F 1Lo 3Lz hd-2T tano 1F-2T 2A fall 2A fall
すごくいい出だしだったのですが、抜け抜け抜けコケコケで20点消滅。これだけミスをしてしまうとTESは出ません。抜けがダイナミックだったので、シングルジャンプでも加点をしているジャッジはいるかもしれません。滑りはここまでの選手とはレベルが違いました。

モンテシノスカントゥ
2A-1Lo-3S so 3Lo fall 3Lo-1T 3S 2A 2Lz-2T 2F
3Tも入っていないということから、かなりエッジジャンプに偏った構成だということが分かります。素敵な赤の衣装で雰囲気もよかったと思います。まだ13歳なのに女性らしいスタイルだというのも、アディオスノニーノを滑るのに合っていたと思います。

真凜
3Lz 3F-3T 2A-3T 3S 3Lo 3F 1A-2T-2Lo
落ち着いたスタートで質のいいジャンプを降りていきました。昨シーズン鬼門となっていた3Fを前にズラしたのが影響したのか2Aが生贄となってしまいました。後半のジャンプの幅や流れが前半と比較するとなくなっていたので、スタミナが足りないのだと思います。スピンの回転速度も落ちていましたし、やはり引き続き強化しなければいけないところですね。僕は真凜の手を上から下に下ろしていく様が好きなんですよね。木の葉がハラリと落ちていくようで。もっと素敵になっていくのでしょう。注目が多い分プレッシャーが大きくて、いい点数が出て安心したのでしょう。若いのに大変。パフォーマンス7.89はすごい。大盤振る舞い。抜け1つでジュニアのLPの歴代最高を出しました。

hamaco.jpg

marin_20160911155338880.jpg

marincry.jpg

イェリム
3Lz 3Lz-3T-2Lo 3Lo tano 3S tano 3F-3T shaky 2A 2A
1戦目はYouTubeの映像でもすぐに分かるぐらいの回転不足が多かったですが、今回はかなりよかったと思います。クリーンなジャンプも多かったですし。ジャンプが素晴らしい分、ジャンプジャンプ・・・という形になっているので、もう少しスケーティングを強化していって欲しいです。韓国のジュニア世代は、まずはジャンプという風になっているのかな?

サモデュロワ
3Lz tano-3T 3Lo 2A-1Lo-3S tano 3F tano-2T 3F 3Lz df 2A
SPはいい演技で1位くるー?からのeマークでまさかの4位でした。LPでもSPと同じように、へっぴり腰になってしまうイーグルから2本入っていました。エッジはまあ1戦目2戦目でもこれぐらいの選手が食らっていなかったので、大丈夫だと思うんですけどね。1番痛かったのは3Lzの両足着氷でした。髪の毛はかわいく編み込んだ方が曲に合うと思います。

samosamo.jpg

フェディチキナ
3Lo 1Lz so 3F-2T 2A 3Lz-1Lo-3S 3S 2A
アイドルがやってる甘っちょろいものではなく、結構本域のキス顔を披露してくれたフェディチキナさん。振付師が相当の変態である。体が大きくなった分動かなくなってきたのかもしれません。クイックな動きに体が追いつかず、終盤はかなり苦しそうでした。試練の時。

nekokiss.jpg

山下
3Lz-3T 3F 2A 3Lz 2A-3T-2T 3Lo-2T 3S
3Lz-3Tのセカンドでアンダーローテーションがありますが、ジャンプはきれいに降りました。少々粗くても、しっかりスピードを出して、しっかりジャンプを降りるということも大切なことですよね。この曲を滑る必然性が足りなかったのも、PCSが伸び悩んだ要因でしょうか。まーだ若いからダイジョブダイジョブ。

mako.jpg

坂本
3F-3T 3Lz 3S 2A-3T 3F-2T-2T 3Lo so 2A
ジャンプがよく上がるので回転不足を心配する必要がありません。1戦目失敗した3Loがここで暴走。SPできれいに決まりますのに。おい3Lo仕事しろ。ビュン飛ばしスケーティングが評価されるようになりましたし、次はもっともっと所作を美しくすることですね。そうすれば後半項目に引っ張られて前半も上がりやすくなります。薄紫から赤紫に衣装が変わりましたが、僕は薄紫の方が好みです。「がんばった甲斐があるでしょ」by 先生

kaori.jpg

同一国選手での表彰台独占がいつ以来かと言いますと、2007年レイクプラシッドでのアメリカ女子の独占(ミライ、ギルス、マクスウェル)以来です。超久しぶりです。

真凜はマイナスのGOEは1つもありませんでした。+3もかなり出ていました。質の面でいくとロシア女子のそれを圧倒していますからね。1戦目2戦目組の選手と一緒に出ても上のGOEが出るでしょう。坂本は3Lzにアテンション、3Loはアンダーローテーションでした。サモデュロワは3Lzにマークはなし。後半の3Lzは回転不足に見えましたが大丈夫でした。山下は3Lz-3Tのセカンドがダウングレード。残りはすべてプラス。フェディチキナは回転不足はありませんが、プラスがとても少ないです。SPと同じく厳しいジャッジ2人の影響でPCSが・・・。

ミスった2Aを名前の表彰式のコールのときに跳び直す真凜さん。これでコケたらトランコフさんになるところでしたよ。日本のマキシム・トランコフ(仮)こと本田真凜さん。真凜さんもおふざけ写真とかよく上げるから、トランコフさんの素質はあるんだよなあ。表彰式でもらえるお花がピンク軍団を狙ったかのようなピンク。

kaori2.jpg

pinkgundan.jpg

watcher.png

nesan.jpg
美姫姐さん、奈也姐さん、小月姐さん

坂本のファイナル進出ですが、1位2位の組み合わせの選手が7人出て、なおかつ坂本以外の6人全員が坂本の2戦の合計スコアを上回った場合のみ適いません。だからジュニアグランプリで連勝する選手が出たり、1位3位になる選手が1人でも出た時点でファイナル確定となります。さらに1戦目2位の選手が2人以上2戦目に集まった場合も確定します。今は紀平と真凜がそうなんですけど、ここは重ならないように動かすでしょうし、まだ坂本の確定は出ないかな?ほぼ確実ですけどね。

メダルレースは日本が5、ロシアが4となりました。ロシアの連勝はここでストップです。次週はロシア。日本からは岩元と白岩。ロシアはコンスタンティノワ、ヌグマノワ、ツルスカヤ(4週連続でエントリーされてますが)です。ロシア表彰台独占の可能性もあります。この顔ぶれとなりますと、来週も女子の確定者は出ないんですね。

あれ・・・ダンスになったら観客が減っているぞ。

アイスダンスFD
1 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)93.66
2 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV(ロシア)90.62 PB
3 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)88.08
4 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)80.12 PB
5 Polina IVANENKO / Daniil KARPOV(ロシア)73.40 PB
6 Rikako FUKASE / Aru TATENO(日本)67.68 PB
7 Emma GUNTER / Caleb WEIN(アメリカ)66.34 PB
8 Seungyun HAN / Grayson LOCHHEAD(カナダ)57.88 PB
9 Karolina E. CALHOUN / Logan T. LEONESIO(ブラジル)52.74 PB
10 Kristsina KAUNATSKAIA / Yuri HULITSKI(ベラルーシ)50.66 PB
11 Matilda FRIEND / William BADAOUI(オーストラリア)46.82

アイスダンスリザルト
1 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(ロシア)160.42
2 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV(ロシア)151.50 PB
3 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)148.76
4 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)137.14 PB
5 Polina IVANENKO / Daniil KARPOV(ロシア)124.52 PB
6 Rikako FUKASE / Aru TATENO(日本)114.36 PB
7 Emma GUNTER / Caleb WEIN(アメリカ)112.82 PB
8 Seungyun HAN / Grayson LOCHHEAD(カナダ)99.02 PB
9 Kristsina KAUNATSKAIA / Yuri HULITSKI(ベラルーシ)82.18 PB
10 Matilda FRIEND / William BADAOUI(オーストラリア)80.32
11 Karolina E. CALHOUN / Logan T. LEONESIO(ブラジル)78.28

イワネンコ&カルポフ
サーキュラーステップでの始まりは・・・うーん。2人ともスケーティングスキルにはまだまだ課題がありそうです。後半ではかなり疲れて女性のエッジが甘くなってもいましたし。女性が男性に投げかける視線はとてもよかったと思います。岩さん声低い。カルポフって何かで聞いたことあったと思ったんですけど、おやつカルパスの勘違いでした。

りかある
セカンドツイズルでの男性のスタンブルがもったいなかったです。これはすげーきれいに決まるーーーと思いましたのに。ストレートラインリフトの前で女性が小さくスタンブルをしたので、持ち上げられるか怖かったですが大丈夫でした。王様と家庭教師がわーーーいってするところなので、そのわーーーいをローテーショナルリフトで表現できていました。女性が常に笑顔なので、頑なだった王様の心を溶かして行く・・・というストーリーを図らずも合致しています。いや、そうだからこその選曲だったのかな?70点も見えてきました。

rikaaru.png

teamjapon.png

アンルイス
第2グループから一気に上がるレベル。エネルギッシュアバチキナさんと、地味にエネルギッシュなトーロンさん。スカートがはためいて、いい具合にセクシーです。お下品にならない程度に計算をされています。

anlouis.png

ラジュラ&ラガ
SDよりもFDの方がいい滑りでした。男性が羽田圭介のごとく表情を崩さないので、テーマや歌詞があるプログラムよりも、このような抽象的な音楽の方が似合います。男女が背中合わせになる振付があって、そこから引き寄せられるようにダンススピンへと入るのが印象に残りました。最後まで息が揃っていて引き込まれるスケートでした。

シュピスミ
ステップの中にホップなどを入れても、バランスやタイミングを崩さず、次の動きを足の角度を揃えて美しくできる優れた能力があります。しかも距離がすごく近い。タランテラから、トーンを少し落としてオーソレミオそしてまた楽しいタランテラ。ビートも打ちますよ。しょっぱいものだけじゃなくて、こういった明るい音楽もいけるのだということが分かりました。ジュク先生大喜び。シュピレワヤさんはコリヤダの生き別れの妹

パーソンズ
兄が珍しくツイズルでバランスを崩しました。ストレートラインリフトは妹のポニーテールの動きまで計算しつくされた上げ方でした。バッサーって上げるんです。淡々とした音楽を突き破るような迫力でした。ローテーショナルリフトは背中に乗せる回転なのにすごくスムースで美しかったです。あっという間に演技が終わってしまいました。すごくよかった。兄乳首透けてる。

hito.png


ダンスもファイナル確定組はありません。

podiummm.png

imoutto.png


Comment:10
2016
05.25

新プロ情報2

にです。

本田真凜
SP:Smile
LP:ロミオとジュリエット

書き忘れていたやつ。Smileとか絶対合うやつですやん。絶対に合うやつですやん。ロミジュリはメンチ切らないやつですやん。メンチ切らないやつですやん。

ヨリック・ヘンドリックス
SP:Silence

こんな曲どうやって競技で使うんでしょう。モダンダンスの振付師作なので選曲が独特。

マディソン・チョックエヴァン・ベイツ
FD:Under Pressure

全世界待望の外注プログラムです。おっしゃああああああああああああああついにきたああああああああああ!!!このままシブタニズに引き離されてもナショナルがつまらないし、これは楽しみになります。なんてったって振付がクリストファー・ディーンですからね。今までにないような動きをたくさん見せてくれるでしょう。

本郷理華
SP:カルミナ・ブラーナ
LP:アラビアのロレンス

SPはシェイリーン振付で、LPはあっこちゃん振付。ミヤケン振付でないのが残念だけど、SPは絶対に合うでしょう。悪の幹部っぽいかっこいい衣装をお願いしたい。女子でアラビアのロレンスは珍しい。

これぐらいしか思い出せない女子のアラビアのロレンス。

宇野昌磨
SP:ヴァイオリンと管弦楽のためのファンタジア
LP:Buenos Aires Hora Cero、Balada para un loco

SPは日本のスケートファンにはすっかりおなじみになった曲。これ発表されたときに、まっちーファンが幻影を追いかけてフラフラとさまよい始めたことが想像できます。LPはピアソラのメドレーのようです。曲を聴いてみましたが、とても難しそうな選曲でした。がんばれー。

ソツコワはSPがニキータ・ミハイロフ、LPがピーター・チェルニシェフの振付。両方でシュニトケの音楽を使い、ストーリーにも繋がりを持たせるそうです。イリジガは今シーズンもナハロさんのところで振付。むらむら、川原、ジンソのチーム岡山はホワイト夫妻のところで振付。鬼プロになっているといいなあ。

シーズンが完全に終わって早くも1ヶ月。新しいプログラムの振付、水着、イチャイチャ最近はこういうのばかり。
Comment:9
2016
03.20

世界ジュニア選手権 4日目 女子リザルト

女子LP
1 Marin HONDA(日本)126.87 PB
2 Wakaba HIGUCHI(日本)125.65 PB
3 Maria SOTSKOVA(ロシア)123.94 PB
4 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)120.72 PB
5 Yuna SHIRAIWA(日本)115.36
6 Tyler PIERCE(アメリカ)110.63 PB
7 Ivett TOTH(ハンガリー)103.72 PB
8 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)103.37
9 Ha Nul KIM(韓国)97.99 PB
10 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)95.96 PB
11 Amy LIN(中華民国)94.62
12 Diana NIKITINA(ラトビア)94.43
13 Sarah TAMURA(カナダ)93.21
14 Bradie TENNELL(アメリカ)88.96
15 Maisy Hiu Ching MA(香港)85.42 PB
16 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)81.55
17 Lucrezia GENNARO(イタリア)81.51
18 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)81.28
19 Xiangning LI(中国)80.56
20 Kyarha VAN TIEL(オランダ)79.24 PB
21 Alizee CROZET(フランス)75.25 PB
22 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)70.93
23 Suh Hyun SON(韓国)69.23

女子リザルト
1 Marin HONDA(日本)192.98 PB
2 Maria SOTSKOVA(ロシア)188.72 PB
3 Wakaba HIGUCHI(日本)183.73
4 Yuna SHIRAIWA(日本)171.59
5 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)170.83
6 Tyler PIERCE(アメリカ)167.19
7 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)161.29
8 Ivett TOTH(ハンガリー)153.70 PB
9 Ha Nul KIM(韓国)150.36 PB
10 Diana NIKITINA(ラトビア)149.02
11 Bradie TENNELL(アメリカ)147.52 PB
12 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)143.63 PB
13 Sarah TAMURA(カナダ)141.32 PB
14 Amy LIN(中華民国)139.14
15 Maisy Hiu Ching MA(香港)138.11 PB
16 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)137.35
17 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)132.27
18 Kyarha VAN TIEL(オランダ)127.18 PB
19 Lucrezia GENNARO (イタリア)125.25
20 Xiangning LI(中国)123.94
21 Alizee CROZET(フランス)120.59 PB
22 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)116.63
23 Suh Hyun SON(韓国)115.41
WD Alisa FEDICHKINA(ロシア)

韓国のスヒュンのアリランの衣装いい。宮廷の庭で、お菓子を食べながら梅を見ている感じの衣装。守りに入っていないカラフル衣装。韓国女子とは思えない攻め方。

シャンニンのキスクラにいるミンシューにすっかり貫禄が。現役時代はあんなに細かったのに。

イヴェット
3T-1Lo-3S 3F 3Lz-2T 3Lz so 3S+2A 1Lo 2A
イヴェットさんが1ステップアウト、1抜けでまとめるのはかなりのレア演技です。しかもこんなに3回転の質が普通なんていうのもかなりレア。失敗した2つのジャンプは力んでいたので、足をつく前から失敗が分かる感じでした。地元でいい演技ができて何よりです。初めての100点超え!!!

トゥルシンバエワ
3Lz-2T-2Lo tano 3Lz shaky 3F 3S-3T 3Lo 2A-3T 2A
タノの位置が低すぎて、台所にゴキブリが出てきて「キャッ」と驚いたぐらいになっているような。昨日の鼻血から見事にカムバックしてきました。3Lzは質が少しよくないですが、それも含め回転不足は取られませんでした。よくがんばりました。素晴らしい。

1tur.jpg

ダスティシュ
3Lz-2T tano 3F-1Lo-3S 3Lz 3F 3Lo shaky 2A-3T shaky 2A
ジャンプの着氷が多少乱れましたが、ガッツポーズの出るいい演技でした。少年が主人公の映画を演じるという、このよく分かんない選曲。赤い大人っぽい衣装が相まって、イケないストーリーみたいに思えてしまう。

2bronipple.jpg

ハヌル
3Lz-1T 3Lo 2A 3S-3Lo 3F 2A-2T-2Lo 3Lz
カンフーパンダというジュニアらしい選曲で、非常にかわいらしかったです。ジャンプの質はいいです。それ以外はほんと子供という感じでした。これからの選手です。

ガルスチャン
3Lz-3T 3F fall 2Lo 2A 3Lz 3F-2T-2Lo 3S
後半はがんばりました。でもビッグニュースは衣装の方。緑色のスライムみたいな色の衣装じゃなくなっていました。普通に素敵な感じになっているじゃないですか。やだーネタ的には見たかったのにー。回転不足のせいで49点から36点までTESが下がりました。ヒエエエエエエエエエ。

3nicemiddle.jpg
ナイスミドル

白岩
3Lz-3T 3S-3Lo 3F 2A 3Lo 3Lz-2T-2Lo 2A
ぴゃあああああああああああああああああああああああああああああ!!!全弾命中!!!!!最初の3Lzが昨日と同じような軸の曲がり方だったので、同じようになってしまうかと心配でしたが、繋げました。僕は彼女の3Loが好きで、特に単独が好きなんです。後半の曲をブワーと盛り上げるのがいいです。後半の3Lzは軸がきれいで、降りる前に「はい成功!」という感じ。いやーよかった。ステップの淡白さが解消されてもいますし、かなりいい出来でした。

4yuna.jpg

メイシー
3Lz-2T 3Lo-2T tano 2T+2A 1Lo 1S 3T 2A
最初はすごく調子がよくて、100点コースだと思ったのに、中盤の抜け抜け抜けで10点以上失いました。クセのないきれいな演技なだけにもったいない。後半は疲れが出たのか右回りのターンがかなり浅かったです。スタミナの強化も必要そうだけど、練習コロラドだからこれ以上ない環境です。ナンソンとひでおの唇を紫にする場所ですから。

ピアース
3Lz-3T 3F 2A 3Lz 2A-2T 3Lo 3S-2T-2Lo
3Lz-3Tに挑戦してきました。ルッツフリップが特に高くて加点をたくさんもらえそうでしたが、回転不足がとられてしまったようです。死の舞踏の怪しい雰囲気を出さず、肉付きのいいお姉さんが楽しく踊っている様子を見せてもらいました。これはこれでいい。だって、アメリカ人ですもの。

ニキティナ
3Lz-3T shaky 3S-1Lo-3S 3Lo 3F 3Lz fall 2A-2T 2A
ちょいちょいとミスが出ております。ジャンプ以外の場所の振付が少ないなーという印象です。何を表現したいのか、分かりにくかったです。歩いているという箇所も結構ありますし。

テネル
3Lz-3T fall 2A-3T 3Lo 3F 3Lz fall 2A 3S fall
3つも転倒があったせいで、音楽に送れてしまったのか、ステップが音楽と合っていませんでした。ポーズはかっこよく決まるんですけど、うーーーん。物足りない。

真凜
3Lz 3S-3T 2A 3F-2T-2Lo tano 3Lo 2A-3T 3F
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおフリップうううううううううううううううううううううう降りたああああああああああああああああああああああああああああああいぇいぇいぇいぇいえぇいぇいぇいいいいいいいいいいいい!!!ジュニア1年目。ジュニアナショナルでも3人中最下位、ナショナルではジュニア上位3人に入れなかった美少女が、この演技するって、これ完璧に主人公補正が効いてるじゃないですか。世界の理を動かしている。テラドラマティックシーズン。SPよりも伸びやかでリラックスできていたと思います。点数が見えず、真凜に教えてもらって喜ぶ先生。

6marin.jpg

5marin.jpg

新葉
3Lz 3S 3Lz-3T 2A 3Lo 3F-2T-2Lo 2A-3T
3Lz-3Tにならず、1本目の2Aには時間の関係上つけられなかったので、「え、1本無駄にしますの?」と思っていたら最後の最後に質のいいのぶち込んできました。シーズンが変わる前から滑っていましたけど、どうも合わないなーと思っていたんです。でも今回は素晴らしかった。演じようとしない無表情ではない、意志の強いキリリとした表情があって、かっこよかった。とてもよかった。

7wakaba.jpg

8wakaba.jpg

ソツコワ
3Lz-3T 3F 3F-1Lo-3S 3Lz 2A-2T tano 3Lo 2A
ミスをしているわけではないのですが、加点がつきにくいジャンプが多かったです。手足の長さが徐々にコントロールできなくなっているのかなと。特にステップでそれを感じまして、完全に振りをする前に次の動作に移行していて、なんとも中途半端な出来に。今シーズンのソツコワは挑戦的で、好きなだけに、余計に気になってしまいます。他のロシアの2人が棄権になってしまってプレッシャーもあったでしょうが、がんばりました。彼女の役割をしっかりと果たしました。できていないと思った今日PCSが高くて、できていると思った昨日PCSが低い。my eyes 節穴タイムです。

9masha.jpg

クチヴァルスカ
3Lo 3S-3T shaky 3Lz-2T-2Lo 2A-3T 3F fall 3S 2A
ロミジュリとロクサーヌが混ざる変プロ。これは文句なしの変プロ。おそらく墓の中で目を覚ますと、傍らにはロミオの亡骸が。でも、死のうにも死にきれず、馬に乗って町を出た。世間知らずのお嬢様の自分にはどうすることもできず、娼婦として、日々の糧を得るという。悲しみに打ちひしがれている場合じゃない、私はロミオの分まで強く生きて行くの。そんな女性の姿を描いた、人間ドラマ。2016年春公開。

マジャール語と英語と日本語が飛び交う長い優勝インタビューでした。

10marin.jpg

11podium.jpg

12marinwakaba.jpg

3枠 日本
2枠 カザフスタン、アメリカ、ラトビア、ハンガリー、韓国

ロシア・・・3枠か2枠かもう知らん!

ああ・・・ねこファイナルが見たかった。
Comment:16
back-to-top