FC2ブログ
2019
12.19

全日本選手権 1日目 ペアSP・女子SP

フジテレビのOPが洒落過ぎて違和感。私はテレ朝に洗脳されているようだ。

ペアSP
1 三浦璃来/木原龍一 木下グループ / 木下グループ 53.95

スロールッツで転倒。3Tでは女性の転倒があったようです。1組での出場なので明後日も思いきり演技してください。ロシア以外の新結成ペアで最も成功しているペアだから、皆で愛でましょう。

女子SP
1 Q 紀平梨花 関西大学KFSC 73.98
2 Q 宮原知子 関西大学・木下グループ 70.11
3 Q 坂本花織 シスメックス 69.95
4 Q 樋口新葉 明治大学/ノエビア 68.10
5 Q 山下真瑚 中京大中京高校 66.64
6 Q 本田真凜 JAL 65.92
7 Q 川畑和愛 N高東京 65.53
8 Q 永井優香 早稲田大学 64.78
9 Q 横井ゆは菜 中京大学 62.90
10 Q 新田谷凜 中京大学 62.27
11 Q 吉岡詩果 植草学園大学附属高校 60.89
12 Q 竹野比奈 福岡大学 59.52
13 Q 浦松千聖 中京大中京高校 59.16
14 Q 河辺愛菜 関西大学KFSC 56.52
15 Q 廣谷帆香 岩手大学 54.68
16 Q 三宅咲綺 岡山理大附高校 54.26
17 Q 千葉百音 仙台FSC 52.76 28.91
18 Q 松田悠良 中京大学 52.34
19 Q 磯邉ひな乃 中京大学 51.45
20 Q 山田さくら 立命館大学 50.99
21 Q 吉田陽菜 名東FSC 50.96
22 Q 津内胡菜 近畿大学FSC 50.83
23 Q 松原星 明治大学 50.43
24 Q 佐藤伊吹 明治大学 50.35
25 井上千尋 明治大学 47.54
26 笠掛梨乃 愛知みずほ大瑞穂高校 47.52
27 竹野仁奈 筑紫女学園大学スケート部 46.06
28 大庭雅 東海東京FH 45.33
29 大矢里佳 明治大学 35.98

フジテレビがリンクカバーを測定する新システム導入してる。ロシア選手権で見たいのだが。

松田
3S 3F-2T 2A
3S-3Loの予定は単独ジャンプに。回転が足りなかったから無理はしなかったのかもしれません。3Fも回転は足りませんが、3Sより流れがあったのでコンボを付けてリカバリーしました。少しスピードは足りませんが、落ち着いて演技できました。

竹野
2T-3T 3Lz 2A
3T-3T予定でしたが、ファーストが2Tになりました。よく3Tまで持っていけました。エレメンツが丸々0点になってしまうとSP落ちの危機ですものね。ジャンプの着氷やスピンの出まで音楽に合うように振付が効果的に施されています。竹野の髪飾りは今シーズンもクオリティーが高い。

津内
3Lz 3S-2T 2A
ステップシークエンスで見せる魅惑的な表情と力強い動きが印象に残りました。大きな口でニカッと笑うのが、健康的なセクシーさがあって良いですね。3Sの回転不足でTESが下がりました。スピンのトラベリングが複数あったので、そこは改善の必要性ありです。

松原
2Lo df 2A 3S-3T shaky
3Loの予定が途中で開いてノーバリューに。3S-3Tは膝が仕事をして、3Tの着氷が回り込む形になった程度に留めました。下を向いて、表情にほとんど変化がなかったのは惜しかったです。

川畑
2A 3Lz-3T 3Lo
ビッグなジャンプさんたちが揃い踏み。終盤のまったりフライングキャメルスピンはこれから直すとして、最後まで気品のある素敵な演技でした。樋口先生と由希奈とあわせて気品トリオや!レベル取りがんばれ!LPまとめて!!!!!

浦松
3Lz-3T 2A 3F
日本では珍しいめちゃ笑顔系スケーター。レイバックスピンはアーチがとても美しいです。ステップシークエンスはパッと見は悪くありませんが、メリハリがなくてなんとなく中だるみに感じます。ピシッ!と決めるとこを作って、見栄えがするようになればいいなと思いました。

紀平
3A so 3F-3T 3Lo
3Aはステップアウトでした。回転は足りているので、2AでGOE満点取るよりは点数が高いです。スピンの取りこぼしが目立ちました。踊りのキレや滑りからすると、調子は良いようには見えなかったです。でもインタビューによると調子は良かったらしいです。私の目はFU☆SHI☆A☆NA。ミスありでもこのスコアが出せるのはさすが。

山田
3T-3T fall 3Lo 2A
コンビネーションのセカンドで転倒。攻めの失敗だからドンマイ。2Aは余裕のある着氷でした。自身が好きな曲というだけあって、気持ちが込められていました。SP通過を決めてキスクラで安心していたのがかわいい。テレビCM中にオンリザで点数出るから感動が薄かったぜ。

永井
3T-3T 3Lz 2A
大きなジャンプを決めました。フライングキャメルスピンを降りて肩を抱く振付のところ、些細なことですが本当に美しくなったなあとしみじみ思いました。レビューもなくオールグルーンでしたよ!!!キスクラで「フリー練習してない」とか言っててワロタ。なんかもう……良かった!!!!!僕も嬉しい。

佐藤
3S-3T df 3F 2A
コンビネーションのミスから、単独の3Fは切れ味鋭く着氷して立て直しました。音の捉え方はオシャレでした。インタープリテーションはしっかり評価されています。

坂本
3F-3T 2A 3Lo
3Fコケえええええええええええええない!からの3T。セカンドジャンプは惜しくも回転不足でした。坂本もあまり調子は良くないように思いました。踊りに弱点がある分、スピードとプラスのエネルギーで補わなくてはならないのに、今日はそれが足りなかったです。笑いは確保しました。花織またメイク上達しました?

新葉
2A 3Lz-3T so 3F
ジャンプの高さが出ていました。結果的にステップアウトしましたが、コンビネーションのファーストは良かったですしね。公式練習から調子は良かったそうで、その通りの滑りでした。順位や点数から悲観するような内容ではありません。いいぞいいぞー。

廣谷
3T-3T 3Lz 2A
お団子がマツタケっぽい。3Lzはビッグで迫力がありました。GOE全員+2はくれよ。回転不足はありますが、他はきっちり決めたので危なげなくSP通過を決めました。

宮原
3Lz-3T 2A 3Lo
スケーティングは過去最高のシーズンだけど、ジャンプが近年では一番低くなっているので、今シーズンはほとんどの回転が足りないです。レベルも珍しく取りこぼしが多かったです。でも今回レベル認定鬼だからしゃーない。PCS1位は大納得です。音楽の変化への対応力がずば抜けていました。難しいプログラムだから滑りこなせるか心配でしたけど大丈夫そうです。チョクベイFDのコレオステップで、チョックさんの前に並んで踊っても違和感ないな。

新田谷
3F-3T 2A 3Lz
昨シーズンの不調が嘘みたいです。今シーズンはキャリアハイと言えるほど調子が良いですね。揺るぎないジャンプが戻ってきました。「引退するなんてもったいない!」との言葉がたくさん聞こえてきそうです。

真凜
3Lo-3T 3F 2A
3Lo-3Tはセカンドがアンダーローテーションとなりました。彼女の回転が足りているときの3-3は、もっとセカンドがギュルルルンと勢いよく回っています。3Fも回転が足りませんでした。。ジュニアとシニアの狭間で揺れていたスケーティングもすっかりシニアの貫禄です。そして天性の華やかさで観客をノックアウト。魅力的なスケーターなのだから、もっともっと自分に自信を持ってほしい。

笠掛
3Lo fall 2A 3F-2T
3Lo-3T予定が転倒になったため、3つ目のジャンプにコンビネーションを付けました。ステップシークエンスは前傾姿勢を多用してパワフルに入っていきました。ずっと無表情なまま淡々と進んでいったので、見せ方を工夫すれば何倍にも良い作品に仕上がるだなろうなと感じました。

ゆは菜
2A 3F 3Lz-3T df
フジテレビの一言紹介のところに書いてあった言葉「スケートは私のいきがいです」。26歳のベテラン選手かな?最後のジャンプをコンボにして難度を上げてきました。疲れていないと難しいジャンプ降りられない疑惑がありまして、3F降りたときはついにノーミスかと思いました。しかしながら3-3がああああああああああWhy????? フィニッシュの表情超イカつい。インタビューは女子ゴルファーみたいで良かった。

疑わしきは片っ端から罰する採点により、回転不足&取りこぼし祭りとなりました。オールレベル4は3人だけでした。それを差し引いても、調子の良い選手が少なく感じました。LPは彼女たちのベストの演技ができますように。ラストシーズンの選手たちが素晴らしい思い出を作れますように。

本日のMVPは永井優香さんに贈呈いたします。おめでとうございます。
2019
11.09

中国杯 2日目 女子リザルト

女子LP
1 Anna SHCHERBAKOVA(ロシア)152.53
2 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)143.53
3 Satoko MIYAHARA(日本)142.27
4 Young YOU(韓国)130.32
5 Sofia SAMODUROVA(ロシア)121.30
6 Amber GLENN(アメリカ)110.66
7 Marin HONDA(日本)106.36
8 Hongyi CHEN(中国)105.68
9 Yi Christy LEUNG(香港)103.57
10 Kailani CRAINE(オーストラリア)96.82
11 Yi ZHU(中国)86.44 PB
12 Yujin CHOI(韓国)82.73

女子リザルト
1 Anna SHCHERBAKOVA(ロシア)226.04
2 Satoko MIYAHARA(日本)211.18
3 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)209.10
4 Young YOU(韓国)191.81
5 Sofia SAMODUROVA(ロシア)185.29
6 Amber GLENN(アメリカ)178.35
7 Marin HONDA(日本)168.09
8 Yi Christy LEUNG(香港)157.47
9 Hongyi CHEN(中国)155.12
10 Kailani CRAINE(オーストラリア)149.83
11 Yi ZHU(中国)139.63 PB
12 Yujin CHOI(韓国)131.48

クレイン
3F 3Lz-1T 2A-1Eu-3S 3Lo 3Lz 3Lo-1T 2A
セカンドジャンプが1回転になりましたが、予定した3回転は着氷しました。回転不足やエッジエラーで、TESが速報から12点下がりました。特別厳しいとは思わないです。ジャンプで力を使っても表情は最後まで気を抜きませんでした。おーーーいサマリン、アリエフ、ラズーキンこういうことするんだぞ!OK?

ホンイー
3T-3T 2A-1Eu-3S 3Lo 3Lz so 3Lz-2T 3F 2A
大きなミスはダウングレード3Lzのステップアウトだけです。儚げな表現で彼女の雰囲気に合っています。コンビネーションスピンのスピンのほどき方なんかもなかなか素敵でした。彼女のタノは腕をまっすぐ伸ばすので、わざとらしさがなくて表現の妨げになりにくいです。3つタノが続くルッツとフリップのゾーンはちょっとしつこいかもですね。

ユジン
3F fall 3Lz fall 3Lo 2A 3F fall 3S 2Lo
ユナがシェヘラザードを滑ったのは11シーズン前なので、もう使っても大丈夫でしょう。コンビネーションが入らず、転倒も3度ありましたがよくがんばりました。大きな舞台で滑ることは彼女にとって刺激になったと思います。

クリスティー
3Lz 3F 3Lo 1A df 2A-1Eu-3S 3Lz 3F ot-2T
3Lzが2本とも単独ジャンプになりました。2本目は+REPとなり基礎点が下がります。2本ともコンボ付けられそうに見えたのですが、回転不足だと感覚が違うのかもですね。

ヨンユー
3A fall 3Lz-3T 3Lo 3Lz-1Eu-3S 2A-3T 3F 2A
ガッチガチのSPからカムバックしました。転倒からも立て直せました。ステップシークエンスで足にきてしまったけど、そこからもういっちょ復活して最後まで気高く演じ切りました。デビューシーズンよくがんばりました。金メダルチョコを贈呈します。

イージュー
3Lo 3Lo-2T 1S 3T fall 2F A 2A to
予定構成からジャンプを大きく変更しました。最初の3Lo2本で力を使ってしまいましたね。これも経験です。

サモドゥロワ
3F-3T 3Lz 3Lo 3F 2A-3T 3S-2T-2Lo 2A
呪いをかけてきそうなロクサーヌ。でも相手から呪いをかけ返されて呪われそう。織田さんもコレオシークエンスに言及していましたが、僕はこれがコレオシークエンスだと気付きませんでした。マイナス評価を受けても仕方ないと思います。

リーザ
3A-2T 3A 3Lz so 3F 2A-3T-2T 3Lz+2A 3Lo
昨シーズンのプログラムに戻しました。今シーズンと昨シーズンのプログラムにそれほど差はないので、なぜ戻したんだろうというのが正直な感想です。ジャンプはさすがの一言です。

真凜
3F so 3F df 3S 1A 3Lo 2A-2T-2Lo 3T fall
スケカナほどは上手くいかなかったです。きれいに入ったジャンプは3Sと2Aからの3連続ぐらいです。すべて決まれば125点は狙えますし、SPと合計190点は狙えます。全日本選手権での上位入賞も現実的です。ここで折れてはいけないのだ。

グレン
3F-3T 2A-1Eu 1Lz 3Lo 3Lo-2T 3F 2A
割とまとめた方に思えたのですが回転不足のジャンプがいくつかありました。切ない曲で切ない表現だけどやっぱり1人で生きていけそう。女友達に話したらスッキリしてパンケーキ食べそう。

宮原
2A 3Lz-3T 3Lo 3S 3F-2T-2Lo 3Lz 2A-3T
3Loで足首が固まらなくなる呪いをかけたので今日はいいジャンプが降りられました。回転不足のジャンプもあったので、暫定首位に立てるか心配でしたけどよかったーーーーー。スケーティングや表現に伸び代のある選手が多い大会なので、世界のトップで活躍する宮原の表現は二枚も三枚も上手でした。右手に付いたヒラヒラの飾りは、普通の人間なのに、ただ生きたいだけなのに、それを言葉に表現できない人たちの形にならない声を表現しているようにも思えます。衣装単体として見ると物足りないけれど、プログラムとの調和の面ではシンプルさがいい味を出しています。

シェルバコワ
4Lz-3T 4Lz 2A 2A 3Lz-3Lo 3F-1Eu-3S 3Lz
はい軽々ーーーーー。派手好きな中国人は衣装チェンジが大好きらしい。こんなにいい反応してくれる観客なかなかいませんよ。速報から12点下がりましたが、それでも圧倒的でした。LINEのクマの巨大なぬいぐるみもらいました。巨大ぬいぐるみはもらったときは嬉しいけど、ずっと置いてるとダニは沸くし、お洗濯も業者に頼まないといけないんだなこれが。

シェルバコワは冒頭の4Lzがアンダーローテーションで、4本のルッツすべてにアテンションマークが付けられました。スローで見てみるとたしかにこれはダメなやつですね。エテリ勢のルッツ狙い撃ちされてるのかな。宮原は後半の3回転3本にアンダーローテーションでした。特に厳しくはなく妥当な判定でした。アンダーやロングエッジが3、4本付くのが普通な中で、リーザは無傷でした。教科書ジャンパーすげええええ。

シェルバコワが連勝でGPFを確定させました。宮原は連戦となります。ここでも2位か3位は狙えるのでGPFが現実的になりました。中国杯で2位になったのは大きかった。
2019
11.08

中国杯 1日目 女子SP

女子SP
1 Anna SHCHERBAKOVA(ロシア)73.51 PB
2 Satoko MIYAHARA(日本)68.91
3 Amber GLENN(アメリカ)67.69 PB
4 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)65.57
5 Sofia SAMODUROVA(ロシア)63.99
6 Marin HONDA(日本)61.73
7 Young YOU(韓国)61.49
8 Yi Christy LEUNG(香港)53.90
9 Yi ZHU(中国)53.19 PB
10 Kailani CRAINE(オーストラリア)53.01
11 Hongyi CHEN(中国)49.44
12 Yujin CHOI(韓国)48.75

イージュー
3Lo 3S-2T 2A
Yi ZHU。めっちゃ名前短い。3Loのコンボが単独になり、2本目のジャンプは3Lzを回避して3Sからリカバリーしてまとめました。

ホンイー
3Lz fall 3F-2T 2A
ミーシャの前半ゆったり&選手の踊り心に依存した振付は、ジャンプを失敗してしまうと辛いものがありますね。ミーシャは中堅選手以上でないと難易度高すぎなのだよ。成長とともにジャンプの回転不足が目立つようになってきました。G線上のアリアだから、この会場にいるアレクサンドル・ズーリンさんに振付し直してもらおう!

ユジン
2A 3F-2T 2Lo
3Lzを入れない韓国女子。3Lzは韓国女子のソウル!韓国の首都はソウル!動く城はハウル!なのにGPSに出場してくるなんてがんばりましたね。3Loはもったいなかった。

クレイン
3Lo 2A 3Lz-1T
3Lo-3Loにできなかったので、3LzでリカバリーしようとしたもののセカンドがシングルになりGOE-5に。あまり滑ってはいないけれど、顔芸はチョックさんよりも強かったです。

クリスティー
3Lz-3T shaky 2A 3F
ジャンプの回転不足で速報からかなり点数が下がりました。ジャンプはしょうがない!と開き直るとして、ステップシークエンスでテクテク歩いてしまっているところには問題アリです。滑るんだ!!!

グレン
3F-3T 2A 3Lo
普通の選手なら儚く見えるスパイラルのスライドも彼女にかかればワイルドムーブメントに仕上がります。とても男らしかったです。恋愛ソングのはずなのに、年上の彼氏に逃げられて、お腹に宿した命を一人で育てていこうと決意する女性のようでした。アメリカ女子ですからね。

ヨンユー
3A fall 3Lz-3T 3F fall
3Aと3Fで転倒でした。3Aで失敗しても他をまとめられる力を持つ選手なので、GPF進出がチラついて硬くなってしまいましたかね。滑りもスケカナほどはよくなかったです。カメラワークがひどいので分かりにくいのもありますけどね。

シェルバコワ
2A 3F 3Lz-3Lo
スパイラルから2A着氷してキャイーンの決めポーズ。キャイーンでは+4はもらえないようです。シェルバコワがジャンプで+4をもらうには実績を残してネームバリュー加点をしてもらうようにならなければ。

真凜
3Lo-3T 3F fall 2A
3Lo-3Tはセカンドが回転不足でした。6分練習で成功したものは、セカンドジャンプにもっと高さが出て流れがありました。3Fは進藤さんがフラグを立てたので転倒しました。ジャンプを転倒してもステップシークエンスのレベルを取りこぼさなくなったのは成長です。でもスケカナの方が明るく滑っていたように感じました。アドレナリンで逆にキレキレだったのか?

宮原
3Lz-3T 2A 3Lo shaky
3Tと3Loの回転が足りません。3Loは6分練習でも上手く入っていませんでした。ジャンプがさらに低くなったように感じました。演技終盤はもっとオラついた滑りを見せてもらいたかったですが、彼女にしてはリンクの使い方も大人しめでした。世界選手権のSPのようにスピンでガチガチになり、彼女の持ち味は発揮できていませんでした。知子氏への期待値はもっと高いわけですよ。これでは満足できません。絶対にこのプログラム滑りこなしてくれ!

リーザ
3A fall 3F-2T 3Lz
珍しく3Aで転倒しました。3Fはこれでもか!と見せつけるインサイド踏み切りでした。これで違反取るテクニカルがいたらイカれています。ジャンプを完璧に降りられなくなってきたので、じわじわとPCSが落ちてきました。

サモドゥロワ
3F-3T 3Lo 2A
濃い霧の中にいるサモさん。今日はその霞みの向こうから灯台の光が見えました。回転不足はありますが、予定していた3本のジャンプは降りられましたから。

シェルバコワは3Lzにアテンションです。クリーンプログラムならず。宮原は3Tと3Lzでアンダーローテーションでした。リーザの3Fにロングエッジの判定はございません!クリスティーはジャンプ全部回転不足……。今週はジャンプに課題を持つ選手が多く出場しました。

宮原は日露米のトップ勢で最も派遣運に恵まれました。今大会2位以内に入りGPF進出へ望みを繋ぎたいはずです。3Loで足が固まらなくなる呪いかけるとするか。
2019
10.27

スケートカナダ 2日目 女子リザルト

女子LP
1 Alexandra TRUSOVA(ロシア)166.62 PB
2 Rika KIHIRA(日本)148.98
3 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)146.73
4 Young YOU(韓国)139.27
5 Bradie TENNELL(アメリカ)138.39
6 Marin HONDA(日本)120.06
7 Yelim KIM(韓国)115.70
8 Serafima SAKHANOVICH(ロシア)113.34
9 Alexia PAGANINI(スイス)105.52
10 Alicia PINEAULT(カナダ)103.78
11 Gabrielle DALEMAN(カナダ)100.40
12 Veronik MALLET(カナダ)95.89

女子リザルト
1 Alexandra TRUSOVA(ロシア)241.02 PB
2 Rika KIHIRA(日本)230.33
3 Young YOU(韓国)217.49 PB
4 Bradie TENNELL(アメリカ)211.31
5 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)209.62
6 Marin HONDA(日本)179.26
7 Yelim KIM(韓国)176.93
8 Serafima SAKHANOVICH(ロシア)175.97
9 Alexia PAGANINI(スイス)166.20
10 Gabrielle DALEMAN(カナダ)164.34
11 Alicia PINEAULT(カナダ)161.37 PB
12 Veronik MALLET(カナダ)147.79

マレ
3F fall 3T-2T 3Lo fall 2S 3T 2A-2T 2A
3Tと2Aしか決まらなかったです。連戦は難しかったですね。ベテランですし、ここからはカナダ選手権に向けてマイペースに調整してくれればと思います。

真凜
3F 3F-2T 3S 2A 3Lo 2A-1Eu-2S 3T shaky-2T
サポーターを巻いての演技です。3Lzやセカンドトリプルを回避したので基礎点はかなり落ちますが、少し着氷の乱れた3T-2T以外はきっちり着氷しました。最後のコンビネーションスピンはノーバリューになっています。彼女の予定は足換えコンボ、フライングシット、レイバックだったので、最後のレイバックを回転しないと単一姿勢のスピンがないと判定されるためです。フライングシットは別の必須要素なので、単一姿勢とは判定してもらえません。ジャンプ構成を落とすことで彼女本来の華やかな演技を堪能できました。真凜の良さってこういうところだったよなーーー最近楽しんで演技できてなかったよなーーーって。

ピノー
3Lz 2A-3T 3Lo-2T 2T 3Lo so 3S 2A-1Eu-2S
Womanがちょくちょく使われるようになったのはフルソレが使ってからですかね?ジャンプの出来によってはどんよりした雰囲気になってしまうかもしれないのにチャレンジャーだなあ。

パガニーニ
3Lz fall 3Lz-3T 3S so 2A 3Lo shaky 3T-2T 2A
タンゴジェラシーなのにジェラってないですね。"33歳独身司書、毎日職場との往復。これといって不満はないけど、何か変えたいと思ってダンス教室に通い始めました"みたいなんですよ。動きが生真面目過ぎるんです。いっそ笑顔で楽しく滑ってくれれば、男にジェラシー抱かせる奔放な女性に見えるのに。

サハノヴィッチ
3F 2A 3Lz 1A 3S hd 3F-2T-2T 3Lo shaky
3Fと3Sに3Tのコンビネーションが付けられずじまいでした。どうにかリカバリーしようと気持ちが急いて、それが演技にも出ていました。ロシア女子は結果を残さないと次の派遣に結び付かないので、一戦一戦がサバイバルです。こんなんじゃ試合楽しめないですね。

イェリム
3Lz shaky 2A-3T 3F fall 3Lo 2A 3Lz-2T-2Lo 3S
背が伸びているのがジャンプに影響しているのでしょうね。美しい旋律の曲だと、韓国女子特有の滑らないスケーティングが露わになってしまう。でもスケーティングスキルの評価高い。

デールマン
3T-3T so 3Lz 3Lo shaky 3F fall 3Lz df-2T 3S fall 2A
衣装と肌が一体化した衣装じゃなくなった!ジャンプが決まらなかったのとステップシークエンスでも転倒がありました。でも悲壮感はありません。彼女自身が今の状況を理解して試合に出ているように思えるので。だから応援し続けるのみです。

メドベージェワ
3Lz 3S-3Lo 3F 2A 2A-3T-2T 3F-2T 3Lo
意地を見せました。細かいミスはあったし、復活を待っているジャッジの期待値込みの加点なんだろうなーと思いますが、予定構成通り降りられてよかったです。アイスダンスでの冷たさが嘘だったかのように観客がメドベージェワには優しい。カナダで練習しているからなの?そうなの?

テネル
3Lz-3T 2A 3S 2A 3Lz-3T 3F so 3Lo-2T
今週は無事に3Lz-3Tの表示になりました。回転は足りなかったですけどね。3連続予定の3Fがステップアウトになり、3Loを急ぎ足で踏み切って2Tを付けました。直後にコレオシークエンスなので、3連続にする余裕はなかったです。怪我明けで4週間の間に3戦もお疲れさんです。

ヨンユー
3A fall 3Lz-3T 3Lo 3Lz-1Eu-3S 2A-3T 3F 2A
3Aは転倒ですが迫力はありました。残るジャンプは加点を得て着氷できたのでカバーできています。3A成功できれば147点ぐらいはいけそうです。終盤は結構ワイルドに漕いでいますが、野心に満ちたエビータっぽくはあるのでキャラクターを演じることには成功しています。表彰台が決まりました。韓国のメディアちゃんと取り上げてやれよ。

トゥルソワ
4S fall 4Lz 4T-3T 2A 4T-1Eu-3S 3Lz-3Lo 3Lz
転倒1回でTES100億万点wwwwwwwwwwwwwうはっwwwwwwww人類の女子では勝てませぬぞwwwwwwwもちろんLPも総合スコアも歴代最高です。PCSの出方はさておき、彼女はルールの範囲内で許されているジャンプを跳んでいるわけですからまったく問題ありません。勝者こそが正義なのですよ。

紀平
3A so 3A-2T 3F 3S 3F-3T 2A-2T-2Lo 3Lo
2本目の3Aよく降りた!これを決めたのが銀メダル確保に繋がりました。動きはだいぶ板についてきましたが、滑りながら表現できるという領域までには、まだ到達していないように思いました。本当に難しいプログラムです。

トゥルソワは転倒とレベルの取りこぼしがありました。ノーミスなら175出せます。来週はコストルナヤさんとザギトワさんが暴れてくれるでしょう。
2018
11.25

フランス国際 2日目 女子リザルト

女子LP
1 Rika KIHIRA(日本)138.28
2 Bradie TENNELL(アメリカ)136.44
3 Mai MIHARA(日本)134.86
4 Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)134.76
5 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)125.26
6 Marin HONDA(日本)123.24
7 Maria SOTSKOVA(ロシア)115.83
8 Mae Berenice MEITE(フランス)107.16
9 Laurine LECAVELIER(フランス)105.58
10 Alexia PAGANINI(スイス)99.63
11 Matilda ALGOTSSON(スウェーデン)97.77
12 Lea SERNA(フランス)94.18

女子リザルト
1 Rika KIHIRA(日本)205.92
2 Mai MIHARA(日本)202.81
3 Bradie TENNELL(アメリカ)197.78
4 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)192.81
5 Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)189.67
6 Marin HONDA(日本)188.61
7 Maria SOTSKOVA(ロシア)177.59
8 Mae Berenice MEITE(フランス)168.02
9 Laurine LECAVELIER(フランス)157.24
10 Alexia PAGANINI(スイス)156.51
11 Lea SERNA(フランス)149.49
12 Matilda ALGOTSSON(スウェーデン)146.35

コンスタンティノワ
3Lz-3T 2A-1Eu-3S 3Lo 2A 3F-2T 3Lz 3F
すげえええ・・・・・最強の第一滑走かよ。ジャンプは危なげがなかったですね。7本全てのジャンプをリプレイしてくれましたが、きっちり回りきって降りました。最後は儚げに、夢が壊れていくように・・・フィニッシュ。出来のよさに感情を爆発させました。少し固くなってしまったのと、滑走順も影響してPCSを伸ばすことはできなかったですが、シーズンベストに近い得点です。本当にがんばった。

ルカヴァリエ
2A-3T 2F 3T 2A-1Eu-2S 3Lz 3Lz-2T 3Lo fall
衣装の紐がSPもLPも気になります。もうちょっときれいにならないものか。3Lz2本を後半に組み込む攻めのプログラムです。しかも着氷しましたしね。3Loは両手に体重の過半が乗ってしまったので転倒扱いです。両手付いて開脚したから、オシャレな振付に見えなくもない。なんてことはなく転倒でした。

アルゴットソン
1Lz 3Lo-2T 3F shaky 3Lo 3S-1Eu-2S 3S 2A-2T
ちょっと田中眞紀子に似てるんだよなあ。冒頭の3Lzこそ抜けてしまったものの、コンビネーション3本含めて決めていきました。スピンがきれいなのとリズムを取って滑っているのに好感が持てます。昨シーズンはネーベルホルン杯だけよくて、残りの試合でミスを連発してオリンピックに出場できませんでした。雪辱を果たすためのシーズンです。

パガニーニ
3Lz fall 3T-1Eu shaky-2S 3Lo-2T 2A 3Lo 3T-2T 2A
大技2本に失敗しました。後ろのジャンプは決めています。このステップシークエンスは振付が多すぎるように感じます。ロシアの某帝国民だと滑りこなせそう。楽しそう!よりもセカセカしてるなあという感想になります。

メイテ
3Lo-3T 3F shaky 3Lz fall 2A 2A-3T 3Lz-2T 3S hd
LPも新衣装です。新衣装の方がいいです。黒地にギンギラギンにさりげないゴージャスな装飾。やっぱり衣装はキラキラじゃないと。いつも地味衣装だと飽きるんですよね~(パパシゼの方向をチラッ)。3Lzで転倒したので、後半の3Lzでコンボをリカバリーです。最後の決めポーズで「てやんでいこんちくしょう」と叫んでいいぐらい気合い入っていました。ぜひ言ってみてください。今大会はフランス勢の点数上げ気味ですが、彼女のスコアは他の大会でもそんなに変わらないと思います。

セルナ
3Lz-2T 3F fall 3S 3Lz fall 3T fall 2A 3T-2T-2Lo
グーグルマップさんに聞いたら、彼女の地元からグルノーブルまで高速で3時間ぐらいでした。もしかしたら家族や知り合いも来ていたかも。練習しているアヌシーからもそんなに遠くないようです。最初の3Lz-2Tがクリーンだったので、ついに覚醒か!と思ったものの、あああ・・・いつもの感じに・・・。抜けるよりは全然いいです。コンボリカバリーしていいよー。やけくそコレオシークエンスはなかなかの迫力でした。

テネル
2A 3Lz-3Lo 3F 2A 3Lz-3T 3F-2T-2Lo 3S
すげえええええええええええええええええええええええええええええええ全部入ったあああああああああああわーーーーーい!2Aからの脚がきれいに伸びたレイバックスピンは、ジュリエットではなく女王様の風格。下僕を足蹴にする様です。ジュンファンロミオが「ジュリエエエエエット!」と叫んだら「うっせえ!こちとらオールして疲れてんだよ黙ってろ!」と恫喝しそうな迫力のあるジュリエット。かっこいい演技でした。TESが5点下がったので、下がらなければLP140点総合200点でした。四大陸選手権で日本勢の表彰台独占を防げるのは彼女とノーミスユンスーぐらいだ。

ソツコワ
3Lz-3T 3Lo-2Lo 2A 2A 3F-1Eu-3S so 2F 3Lo
やっぱりいい。やっぱりこのプログラム好き。特に好きなのは、ボーカルが入ってきた辺りで2本目の2Aを跳ぶところ。夏の朝、家族にバレないように家を抜け出して、誰もいない桟橋の上に立って、朝の陽ざしに照らされた川に向かって、その日の第一声で歌を歌い出す。そのような情景が浮かびます。あああ、絶好調のソツコワでこのプログラムが観たいーーーーー。

真凜
3Lz 3F-2T 2S 2A 2A-3T 3Lo 2F-2T-2Lo
抜けと回転不足はありますが、前回足首捻って満足に滑れなかったので、これが彼女本来の滑りです。切な甘ったるい歌詞のボーカル曲を4分間滑りきるのは難しいです。間延びしてもおかしくないです。彼女は大健闘していると言えます。真凜お姉さまから「望結と紗来がんばれ」の応援メッセージ。よし、これで明日もがんばれるな!

三原
3Lz-3T 2A 3Lo 3F 2A-3T 3Lz-2T-2Lo 2S
後半の3Lzの回転が充足する呪いにはかかりっぱなしです。今日も回転不足はありましたね。ううううううううううううううううううう辛いいいいいいいい。リンクから上がる際に先生と長めのハグをしていたので、不安に思う部分があったのかもしれません。それにGPSの成績はデビュー戦で3位になった後、4位4位4位4位でしたからね。暫定1位と発表されて顔を押さえていました。本当におめでとう。

紀平
3A shaky 2A-3T 3Lo 3Lz-3T 3F 3Lz-2T-2Lo 3S
地球46億年の歴史の中で最も軽く3Aを跳ぶ女性。地球の誕生がテーマですが、バーーーン!ドーーーン!って感じですね。地球に海ができて、そこに隕石がズンドコ落ちてくるみたいな?今の彼女の有り余るパワーを表現するに相応しいプログラムです。足がガクガク震えていたらしいです。NHK杯ほどの爆発力とエレメンツの質ではなかったです。それでもGPF進出を決めるには十分でした。次はバンクーバー!

メドベージェワ
2A so 3Lz 3F-2T-2T 2A 3F-3T so 3S 3Lo shaky
今日日こんなに短いスカート穿くのはニコル・デラ・モニカさんぐらいだぞ。2A-3Loに挑んだのですが、2Aで力んでしまったのかステップアウトとなりました。成功すれば貴重な得点源となります。しかしながら、これだけミスが出るとTESが伸びません。表情は暗いです。

紀平は冒頭の3Aと3Lz-3Tの3T、テネルは3Loと2本目の3F、三原は2A-3Tの3T、真凜は3Loと3連の後ろ2つがアンダーローテーションでした。メドベージェワの3Lzにマークは・・・なし!12人全員エッジエラーか回転不足判定のどちらかを受けています。

グランプリファイナル進出者
1 アリーナ・ザギトワ(ロシア)1位+1位 30ポイント 438.24
2 紀平梨花(日本)1位+1位 30ポイント 430.23
3 宮原知子(日本)1位+2位 28ポイント 439.18
4 エリザヴェータ・トゥクタミシェワ(ロシア)1位+3位 26ポイント 422.34
5 坂本花織(日本)2位+3位 24ポイント 411.32
6 ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)3位+2位 24ポイント 396.71
---補欠---
7 三原舞依(日本)4位+2位 ポイント 407.01
8 スタニスラワ・コンスタンティノワ(ロシア)2位+5位 ポイント 387.24
9 エフゲーニャ・メドベージェワ(ロシア)3位+4位 20ポイント 390.72

9位まで全員関西勢かロシア勢。テネルが4位+3位でメドベと同じポイントですが、2大会の合計得点で0.05メドベが上でした。そしてお分かりだろうか、宮原がザギトワより、2大会の合計得点が高いことを。ザギトワといえど安全圏にはいないのである。

メダルリスト
米1 日日露
加2 露日露
芬3 露露日
日4 日日露
露5 露露韓
仏6 日日米

日本が8個、ロシアが8個、韓国が1個、アメリカが1個。日本の方が銀メダル多いから日本の勝利。日本人とロシア人以外の一般人絶対観ねえだろ。
back-to-top