FC2ブログ
2014
09.06

JGPチェコスケート 3日目 女子リザルト・男子リザルト

女子LP
1 Wakaba HIGUCHI(日本)116.93 PB
2 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)115.20
3 Mariko KIHARA(日本)102.21 PB
4 Karen CHEN(アメリカ)100.27
5 Elizaveta IUSHENKO(ロシア)93.41
6 Kim DEGUISE LEVEILLEE(カナダ)90.66 PB
7 Lutricia BOCK(ドイツ)89.00
8 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)88.57 PB
9 Na Hyun KIM(韓国)87.99
10 Anna DUSKOVA(チェコ)81.69 PB
11 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)80.79
12 Ivett TOTH(ハンガリー)78.55
13 Danielle HARRISON(イギリス)77.61 PB
14 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)76.16 PB
15 Liubov EFIMENKO(フィンランド)73.36
16 Bronislava DOBIASOVA(スロバキア)72.01
17 Thita LAMSAM(タイ)70.31
18 Julie FROETSCHER(フランス)68.13
19 Jana COUFALOVA(チェコ)67.68 PB
20 Yasmine Kimiko YAMADA(スイス)62.68
21 Kristina SHKULETA-GROMOVA(エストニア)56.47 PB
22 Kamile LINAUSKAITE(リトアニア)56.05 PB
23 Sophie ALMASSY(オーストリア)52.92
24 Aiza MAMBEKOVA(カザフスタン)52.79 PB
25 Cecilie Kongsbak DREIER(デンマーク)52.60 PB
26 Vala Run MAGNUSDOTTIR(アイスランド)49.43
27 Arantxa Fernanda SACARO RIVERA(メキシコ)47.10 PB
28 Shokhsanam TOKHIROVA(ウズベキスタン)36.00 PB

女子リザルト
1 Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)171.12
2 Wakaba HIGUCHI(日本)169.68 PB
3 Karen CHEN(アメリカ)160.95
4 Mariko KIHARA(日本)156.05 PB
5 Elizaveta IUSHENKO(ロシア)147.82
6 Na Hyun KIM(韓国)137.38
7 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)137.05 PB
8 Kim DEGUISE LEVEILLEE(カナダ)136.55 PB
9 Lutricia BOCK(ドイツ)131.44
10 Anna DUSKOVA(チェコ)125.65 PB
11 Ivett TOTH(ハンガリー)125.29
12 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)124.74
13 Liubov EFIMENKO(フィンランド)120.76
14 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)117.71 PB
15 Danielle HARRISON(イギリス)110.07 PB
16 Bronislava DOBIASOVA(スロバキア)108.66
17 Thita LAMSAM(タイ)106.87 PB
18 Julie FROETSCHER(フランス)105.60
19 Jana COUFALOVA(チェコ)105.37 PB
20 Yasmine Kimiko YAMADA(スイス)98.55
21 Kamile LINAUSKAITE(リトアニア)86.94 PB
22 Aiza MAMBEKOVA(カザフスタン)86.45 PB
23 Kristina SHKULETA-GROMOVA(エストニア)85.76 PB
24 Sophie ALMASSY(オーストリア)84.32
25 Cecilie Kongsbak DREIER(デンマーク)79.98 PB
26 Vala Run MAGNUSDOTTIR(アイスランド)79.66
27 Arantxa Fernanda SACARO RIVERA(メキシコ)72.37 PB
28 Shokhsanam TOKHIROVA(ウズベキスタン)53.99 PB

ボック
3F-3T 3Lo 3Lz-2T 3F 3Lz 2A-1Lo-3S 1A
3Tと3Lz2本の回転は足りないと思いますが、大きくミスをしたという感じではありませんでした。3F-3Tの後にステップシークエンスを入れていました。ジュニア選手で、しかもこれだけの高い基礎点の構成でステップをあの位置に入れるというのは、相当な自信があるということなのでしょうね。体力があるうちにステップをしてくれると、ヘロヘロしないからいいなあ。ステップ最初の方の構成はもう少し増えて欲しい。

ヤナ・ツォウファロワさん(チェコ)はモルダウを使っておりました。チェコ魂を感じる。小学校の音楽の時間、深夜の名曲クラシック通販以来聴く。後半の選曲にはユーロ魂を感じる。東欧語の名前の読み方難しい。

キムなんとかさん
3F-2T 3Lz 3T-2T 3F 3Lo 3T hd 2A
3Tのスリーターンが強すぎて怖い、フェンスに向かって突撃するんじゃないかってぐらいに。ジャンプは高さがあってカナダ女子っぽさがありましたが。スケーティングがカナダ女子にしてはかなり弱い感じ。バックで踏むターンが特に弱くて、ほとんど進んでいないです。失速具合が・・・でも強そうで良かった。

ラトビアさん
3Lz-2T shaky 3Lz 2A-3T 3T 3S 3S-2Lo-2Lo 2A
ジャンプは綺麗でした。しっかりと回転して回っておりました。そんなことよりもロクサーヌ→ロミジュリ→ロクサーヌ別アレンジの謎音楽構成・・・・・演技がどうでもよくなる編曲だ。そして減点3とは。ザヤヤで綺麗な3連が0点になりました。超もったいない。

ウコロワ
3Lo fall 3Lz-2T-2Lo 2A-2T 2A 3Lz so 3S 2S so
一気に10cm以上身長が伸びたっぽいウコロワさん。少し跳びにくそうでした。

エフィメンコ
2A-3T 3Lz df 2A-1Lo-3S 2F 3Lo fall 3Lo fall 3S
ジャンプをひたすら漕いで跳ぶというプログラム。印象に残るところが少なかったです。衣装は素敵。

メドベージェワ
3F tano-3T 3Lz tano 3F tano 3Lo-2T tano-2T tano 2A tano 3S-3T 2A tano
今週もたくさん書いた。ふう、変なプログラムだった。2回目なので冷静に見られたけどそれでも理解できなかった。お辞儀も意味不明だった。もう少しスケーティングがよければなあ。ジャンプの質はいいのに。

木原
3F 3Lz 3Lo-2T-2Lo tano shaky 2A-3T 3S 3Lo+2A 3T
3連の最後にホップしてしまった以外はジャンプは綺麗に降りました。SPの時はジャンプの低さが気になりましたが、得意そうに見える3Loとかはちゃんと上がっていました。ステップの存在感がプログラムの中で皆無でした。SPでもステップは存在感無かったけれど、LPではトランジションの一部かな・・・と思うぐらいに。全体的にトランジション自体そんなにないです。

樋口
3Lz-3T 3Lo 3S 2A-3T 3Lz 3F 2A-2T-2Lo
もんんんんんんんんんんんんんんんのすごい爆走スケーティング、そこから繰り出されるジャンプの質がいいことなんの。特に後半の3Lzは素晴らしかった。僕ならGOE+2あげちゃう!ℂ佐野稔 爆走過ぎて他のこと覚えてない。気持ちよかった。スケーティングスキルでメドベージェワを上回れないとは。実績が違い過ぎるから仕方ないか。デビュー戦でこれは、ロシアンカルテットに匹敵するインパクトですね。

ナヒュン
3F-2Lo-2Lo 3Lz 2A-2T 3Lo 3S 3Lo fall 3F
細いので薄幸の少女感が強調されまくるという。ジャンプの失敗は一度だけなのに、演技が平坦なのかあまり印象がありません。プログラムにもう少しハイライトが欲しいです。樋口の後は滑走順が悪すぎます。

カレン
3Lz-3T fall 3F 2A-3T df 3Lo 3Lz so 3S 2A-2T-2Lo
3Lzの着氷が完璧では無いのにあとのコンビネーションのことを考えてか無理矢理つけました。でも後半のコンボ3Tと2A-2Loだから関係ないよな。この年齢でしかも女子なのにどうしてゴッドファーザーを選んだのか。

ユーシェンコ
3F-2T tano 3Lz ot 3Lz-1T 3Lo shaky 3F-2T-1Lo fall 3S 2A
ジャンプがグダグダになりました。ジャンプの失敗が演技に悲壮感を漂わせる。3連の最後は2Loの超回転不足だと思うんだけど1Lo判定だった。

今大会はジャンプ能力の高い選手が集まっていました。3Lzがたくさん見られて嬉しい。3Lzはアカレンジャー、3Lzは欠かせない存在なのです。樋口は今大会優勝でもいいぐらいの演技でした。デビュー戦なのでこのようなPCSのつけられ方は仕方ないでしょう。次戦は強敵揃いの6戦目のエントリーです。2位以内に入っていただいて、ファイナルで彼女の演技が見たいです。木原も素晴らしかった。

メドベージェワは全カテゴリー1番乗りでファイナル確定させました。ロシアは全部で14枠あります。このシリーズには8人がエントリーしていて1戦目1つ誰も派遣しなかったので全部で13枠ありますから、3人は2戦出られません。ユーシェンコはファイナルの可能性が途絶えたので、派遣されない可能性もあります。来週サハノヴィッチ出たら、またtanotano書かなくちゃ。カレンがロシアの進撃を食い止める急先鋒だったけれど、今回3位で次戦1位じゃないとファイナルは厳しいので、ロシアを阻むのは2位を堅守している日本の役目か。

男子LP
1 Alexander SAMARIN(ロシア)126.27 PB
2 Andrew TORGASHEV(アメリカ)124.63 PB
3 Roman SADOVSKY(カナダ)124.57 PB
4 Sei KAWAHARA(日本)124.14 PB
5 Simon HOCQUAUX(フランス)118.67 PB
6 Daniil BERNADINER(ロシア)118.55 PB
7 Petr KOTLARIK(チェコ)107.67 PB
8 Graham NEWBERRY(イギリス)104.97 PB
9 Se Jong BYUN(韓国)104.81 PB
10 Niko ULANOVSKY(ドイツ)91.98
11 Matyas BELOHRADSKY(チェコ)89.22 PB
12 Ton CONSUL(スペイン)89.03 PB
13 Taichi HONDA(日本)88.57
14 Jan KURNIK(チェコ)84.91
15 Nicky OBREYKOV(スウェーデン)80.55
16 Kai Xiang CHEW(マレーシア)75.29 PB
17 Aleksandr SELEVKO(エストニア)68.46 PB
18 Mikhail MEDUNITSA(ウクライナ)68.24 PB
19 Glebs BASINS(ラトビア)67.80 PB
20 Artsiom TSELUIKO(ベラルーシ)66.11 PB
21 Donovan CARRILLO(メキシコ)58.62 PB
22 Artur PANIKHIN(カザフスタン)51.04 PB

男子リザルト
1 Roman SADOVSKY(カナダ)192.08 PB
2 Alexander SAMARIN(ロシア)188.69 PB
3 Sei KAWAHARA(日本)184.69 PB
4 Andrew TORGASHEV(アメリカ)182.57 PB
5 Simon HOCQUAUX(フランス)175.04 PB
6 Daniil BERNADINER(ロシア)172.04 PB
7 Graham NEWBERRY(イギリス)157.08 PB
8 Petr KOTLARIK(チェコ)155.76 PB
9 Se Jong BYUN(韓国)151.36 PB
10 Niko ULANOVSKY(ドイツ)144.84
11 Matyas BELOHRADSKY(チェコ)140.52 PB
12 Taichi HONDA(日本)136.82
13 Ton CONSUL(スペイン)133.55
14 Nicky OBREYKOV(スウェーデン)130.21
15 Jan KURNIK(チェコ)127.55
16 Kai Xiang CHEW(マレーシア)116.39 PB
17 Glebs BASINS(ラトビア)106.29
18 Aleksandr SELEVKO(エストニア)106.12 PB
19 Mikhail MEDUNITSA(ウクライナ)103.03 PB
20 Artsiom TSELUIKO(ベラルーシ)100.60 PB
21 Donovan CARRILLO(メキシコ)93.01 PB
22 Artur PANIKHIN(カザフスタン)77.87 PB

トルガシェフ
3Lz shaky 2A-1Lo-3S so 3Lo 3F-2T 3Lz-2T 3F 3T 2A
ジャンプの軸が曲がり気味なので、ジャンプの流れに繋がりません。苦手というわけでは無さそうなので、練習次第でよくなりそうな気がする。ステップ全体に流れがあって気持ちよかったです。アランフェス協奏曲のこの哀愁というものを表現するのに適切なものだったかと。でも何でマートンの音源にしちゃうの。

川原
3A fall 3Lz-3T 3Lo 3Lo-2T 3Lz 3F 3S-2T df 2A
3Loがとっても綺麗。それほどジャンプが高く上がるわけではないけれど、3Loさんは別格に綺麗。後ろ向きにすべる時の足の動かし方がやっぱむらむらっぽい。強い音楽だけれど、一曲をそのまま使っているので、フレーズをきちっと捉えないともたもたとした印象受けてしまうような。最初やりすぎなくらいに音ガチッと掴んで、中盤で緩めて~みたいなテンプレ構成だとしてもそれぐらい大げさにやっても良かったのではないかと。ジュニア最終年でついにメダル獲得。めでたい。

サドフスキー
3S so 2A 3Lz-2T 3Lo fall 3F 2A-3T 3Lz 3S-2T-2Lo tano
昨シーズンと同じレミゼのプログラムです。見た目は子供なのに脚がとても長いからアンバランスに見える。パジャマを超ハイウエストで穿いた子供のようだ。ステップの最後の方に一箇所ミスでは無いけれど少し滑りかけたところあったかなーと。キャメルは俺の長い脚を見ろスピン。GOE+2にも納得でした。後半3つのジャンプの助走がとても美しかったです。単に漕いでいるわけではなくて、緩急を付けて音楽の特性を掴んでおりました。

ベルナディネー
3Lo 2A 3F-2T 3Lz-3T 2A 3F 3Lz-2T-2Lo
そういえばルッツフリップでの基礎点が50%と70%になる減点幅が当初よりも緩和されましたね。前のだと跳ぶ意味が無いぐらいのものだったのでよかったです。お馴染みフランスのミュージカルのロミオとジュリエット。演技よりも顔の赤さが気になる。ロス・マイナーさんをも凌ぐ赤さ。

サマリン
3A shaky 3F so 3Lz-3T 3Lo 3Lz-2T 3F-2Lo 2A 2A
ジャンプのラフさが5年から6年ぐらい前のロシアのジュニア男子っぽい。僕が今まで最もたくさん慣れ親しんできたタイプのロシア選手。もう少し丁寧に滑られるようになれば。

オクー
3F-1Lo-2S 3Lz 3A df 3Lo 3T-3T 3F so 2A so 3S
シモン・オクーじゃぱn・・・フランス。とアナウンスされた。淡々と滑っていくインセプション。良かったところはうーん、顔とか。

波乱が無ければフィアナルは昌磨、山本、ボーヤン、ジュンヒョン、ペトロフ、サドフスキーでしょうか。サドフスキーの構成が弱いとはいえ3位はファイナルですし、4位でもまだサマリンを上回ります。今大会一人も3Aを成功させられなかったのは少し寂しかった。

表彰式で渡されるプレゼントの中身はビールのコスメらしい。男の子もそう。スキンケア製品だから見た目に気を使う競技にはいいね。国旗掲揚がなくて、大会のために吊るしてある全三カ国の中から該当する国旗をカメラで映す斬新な方式。その考えは無かった。神秘の国チェコ。

来週はいよいよ日本でのジュニアグランプリです。チケットキャンセルがあったところは他の方にお電話が行って回されているようなので、満員になるのかもしれない。連休と重なるので観光と合わせて楽しんできてください。愛知県民じゃないから僕がオススメしてもしょうがないけれど。関係者と数十人の客しかいなかったのがいきなり満員。濃度濃すぎる方々がおいでになると思います。画面の前でその濃度を楽しみにしておりますので、よろしくお願いします。
2013
12.23

全日本選手権 3日目 アイスダンスリザルト・ペアリザルト・女子リザルト

戦争は終わった。

アイスダンスリザルト
1位 キャシー・リード/クリス・リード組 木下クラブ 142.87
2位 平井絵己/マリオン・デラアソンシオン組 大阪スケート倶楽部 134.98
3位 安形静流/鈴木健太郎組 浪速高校スケート部/明治大 92.29
4位 中澤千夏/水谷心組 新横浜プリンスFSC 76.47

そうだ、フリーダンスは放送あるんだった。リード組しっかりとツイズルをこなしました。カーブリフトの逆さ吊りポジションはちょっと怖い。コレオリフトもちょっとシェイキーだったかも。全日本なので本域でやる必要は無いので、これぐらいで十分。もっともっとできるカップルですから次はオリンピック!新しい衣装になりました。キャシーの赤いドレス素敵。地獄少女が使われているということでツイッターがざわついたもよう。

ペアリザルト
1位 高橋成美/木原龍一組 木下クラブ 149.48

ツイストの超超超超超構えが解消された!!!やった!ソロジャンプは3T-1Tと3Sステップアウトに。コレオシークエンスに余裕がかなり出ました。スケート綺麗だ。スローは投げきれてないですね。投げる前に減速してしまって高さが出せていないです。トゥラッソーはすごく良かった、安定感も降ろし方も。ジャンプはともかくペアとして一番大事な2人の滑るところ、そしてリフト、今回はツイストも確実に上手くなっているのが分かりました。目指せLP100点超え!

ジュニアペアリザルト
1位 須藤澄玲/コンスタンティン・チジコフ組 新横浜プリンスFSC 111.35
2位 古賀亜美/フランシス・ブードロー・オデ組 オリオンFSC 107.32

大きな大会のデビューがいきなり史上最高の動員人数ってどう思うんだろう。

女子リザルト
1位:鈴木明子(邦和スポーツランド)215.18
2位:村上佳菜子(中京大)202.52
3位:浅田真央(中京大)199.50
4位:宮原知子(関西大学中・高スケート部)191.58
5位:今井遥(ムサシノFSクラブ)186.16
6位:本郷理華(愛知みずほ大瑞穂高)176.31
7位:安藤美姫(新横浜プリンスFSC)171.12
8位:木原万莉子(京都醍醐FSC)160.10
9位:松田悠良(邦和SC)158.29
10位:大庭雅(中京大中京高)157.17
11位:中塩美悠(広島スケートクラブ)156.86
12位:三原舞依(神戸PFSC)152.50
13位:加藤利緒菜(長尾谷高)152.37
14位:上野沙耶(関西大)151.92
15位:坂本花織(神戸FSC)151.85
16位:細田采花(関西大)151.24
17位:村元哉中(関西大)141.79
18位:藤澤亮子(飯塚フィギュアクラブ)138.88
19位:友滝佳子(岡山理大附高)137.50
20位:小槙香穂(就実学園)136.24
21位:西野友毬(明治大)133.42
22位:國分紫苑(関西大)131.51
23位:庄司理紗(駒場学園高)127.50
24位:安原綾菜(滋賀レイクスターズ)114.51

全日本とは無類の相性の良さを誇っていた西野がついに・・・。

中塩
3Lz 3Lo 2A-3T 3F 3F fall 3S-2T-2T 3T
2Aが完璧では無いのに3Tを綺麗に収める。すごい膝だ。ステップの時の表情は惜しいと思うんですよ、ちょっと上向き過ぎていて。中野さんのメンチ切りシンデレラみたいな惜しさ。フィニッシュ前の俯いて振り返るところと最後の表情は良かったなあ。彼女は俯く表情に雰囲気がある。単独の3T完璧では無かったのかもしれませんが、体をよじって曲想表現が良かったです。僕がジャッジだったら、あれだけでインタープリテーションとコレオグラフィー0.25上げたくなるぐらい。スピンいっぱい回って上達してね。塩がじゅんじゅんの「メリハリ」盗った。

本郷
3Lz 3F-2T 2A-1Lo-3S 2A-3T 3Lo 3F 3S
高画質でちゃんと見ると、襦袢が肌の色にちゃんと合っている事が分かりました。今日の演技ではそれほど姿勢の方は気になりませんでした。もちろんそういう演目であるということは大きいのですが。最後までスタミナには何の問題も見せず、スピンも速かった、非常にバランスの取れた演技でした。

木原
3Lz 3F fall 3Lo-2T-2Lo tano 2A-3T ot 3S 3Lo 3F ot-2T
トゥジャンプが良くなかったです回転の方も危ないかな?というところ。エッジジャンプが得意なのか、そこについては全て+1が付く質でした。とても指先が美しい選手ですね。ジュニア選手ということで、コレオシークエンスは後から足したのでしょう、少し音楽とのマッチングが乏しかったです。でも指先は綺麗。お母さんも品が良さそうだったし、きっと良い子。

大庭
3A fall 3F 3S 2A-3T shaky 3S so 3Lo 3Lo-2T ot
3Aをミサイルのように突進してビックリした。大庭女史、3Aですらかなり助走が少ない模様。他のエッジジャンプ、特に2Aは助走皆無。超絶低かった3F良くなりました。ステップすごく良かったです。腕の表情が素敵なので、顔の方も頑張って雰囲気出せるようになって欲しいです。

全日本選手権の女子って盛り上がらない滑走順率が高いのに、今年は上手いこと行ったなあ。

宮原
3Lz-3T 3F 3Lo 2A 2A-3T 3Lz-2T-2T 3S
ジャンプの回転はどやろかというところはありますが、一応全部降りてきました。安定感あります。彼女のコレオシークエンスはここまで滑った選手の中ではダントツもダントツでした。僕なら+2あげちゃう!

あっこちゃん
3F-2T-2Lo 2A-3T 3Lz 3F 3Lo 3S-2T 3S
ああああああああああああああああああっこちゃん史上最高のやつきたああああああああああああああああ完璧、完璧、完璧、完璧!!!!!!!!これぞ鈴木明子。素敵な新衣装、そして母上の御前で。もう言うことなし。
長久保先生「十何年にして初めて泣かせてくれた」
あっこどんはワールドは出るつもりは無いってことかな。だとしたらソチで燃えきって欲しいわ。

安藤さん
3Lz-2Lo 1S 2A-3T 1Lz 3S 3S-2T ot 2A
最初の3Lz-2Loが本当に素晴らしくて、これぞ安藤美姫のジャンプでした。失敗はありましたけど、ゴールデンスピンより良くなっていました。あと1年違えば、半年違えば、3ヶ月違えばという言葉は出てきてしまいます。これが彼女、現役最後の演技となってしまう可能性が高いかもしれませんが、今シーズン「もしかしたら」という可能性を感じさせてくれましたし、SPLPと彼女の持ち味を見ることもできました。彼女は素敵です。

今井
3F 3Lo 3S-2T-2Lo 2A-3T 3Lo-2T 3S 2A hd
見ているだけニヤニヤしてしまう美しさ、リンクに春が来た。もう冬じゃない。今井はクリスマスの到来をその身を持って止めてくれたのですね。2Aを1つ失敗しましたけど、勢いを殺すことなくジャンプをきちんと降りました。後半の3Loの前に躓きかけたのに落ち着いて決めましたし、ジャンプはほとんどがプラスの出来です。SPで失敗したビールマンも綺麗でした。昨日、いつも今井の試合にいるお姉さんカメラに映ってたなあ。ホントいっつもいるからこの全日本の演技嬉しかったでしょう。

佳菜子
3T-3T 3Lz 3Lo 3F-2T 3F 2A 3S-2Lo-2Lo
きゃなこさんって笑った顔がサッカーの岡崎にそっくり。んんんんんんんんきたああああああああああああああああああああああああああああ3Fが2本入ったあああああああああああ!!!ジャンプが全て終わるまでずっと渋い表情だったけれど、そこからは余裕は生まれたのか、柔らかいタッチで表情ともマッチして美しかったです。3連の前に、バックで滑りながら指折数える振付があるのですが、なんかいいなあ好きだなあ。連日でのキスクラ芸ありがとうございます。面白いです。

真央
3A df 1A 3F 2A-3T 3S 3F-1Lo 3Lo
塩コンセントレーション好きだな。やっぱりルッツさんは爪弾きにされてしまったのね。シーズンで一番悪い出来になってしまいました。最終的には本人が決めることですが、1本も成功していない3AをLPに入れて点数を逃してしまうのもなあ。両方とも3A扱いで両足やステップアウト、回転不足等になったらコンボリカバリーもきかないですから。きっと衣装のせいだ。この衣装あんまり僕が好きじゃないから変えよう!

放送延長しろやダボ・・・。

代表選手
*四大陸選手権(台湾・台北)
男子:小塚崇彦、織田信成、田中刑事
女子:村上佳菜子宮原知子今井遥
アイスダンス:平井絵己&マリオン・デ・ラ・アソンション

*オリンピック(ロシア・ソチ)
男子:羽生結弦、町田樹、髙橋大輔
女子:鈴木明子浅田真央村上佳菜子
ペア:高橋成美&木原龍一(団体戦のみ)
アイスダンス:キャシー・リード&クリス・リード

*世界ジュニア選手権(ブルガリア・ソフィア)
男子:宇野昌磨、田中刑事
女子:宮原知子本郷理華

*世界選手権(日本・さいたま)
男子:羽生結弦、町田樹、髙橋大輔
女子:鈴木明子浅田真央村上佳菜子
ペア:高橋成美&木原龍一
アイスダンス:キャシー・リード&クリス・リード

男子3枠目はダイスケさんになりました。こづにとっては残念だし、この選考はなかなか・・・うーん。ぜひバンクーバー三銃士の想いも背負って、ダイスケさんには頑張ってきてもらいたいです。これもまた仕方無いのだ。

は?????
いやいやいやいいやwwwwwwwwwwwww世界選手権の代表
は?????は?????は?????
こづ出さないって。これ何?こづはいらないってこと?何のためにこづ頑張ったの?メダル取ったの?え?何これ?

つうかさ、なんで地味に無良も四大陸の派遣無いんだよ。
Comment:36
2013
12.22

全日本選手権 2日目 女子SP

テレ朝のGPFの放送がゴミ過ぎて録画でもフジが聖者のように思えてくる。

女子SP
1位:浅田真央(中京大)73.01
2位:鈴木明子(邦和スポーツランド)70.19
3位:村上佳菜子(中京大)67.42
4位:宮原知子(関西大学中・高スケート部)66.52
5位:安藤美姫(新横浜プリンスFSC)64.87
6位:今井遥(ムサシノFSクラブ)60.63
7位:本郷理華(愛知みずほ大瑞穂高)59.25
8位:木原万莉子(京都醍醐FSC)56.35
9位:坂本花織(神戸FSC)56.29
10位:大庭雅(中京大中京高)55.07
11位:中塩美悠(広島スケートクラブ)54.65
12位:上野沙耶(関西大)54.27
13位:加藤利緒菜(長尾谷高)53.72
14位:松田悠良(邦和SC)50.94
15位:藤澤亮子(飯塚フィギュアクラブ)50.37
16位:村元哉中(関西大)49.70
17位:小槙香穂(就実学園)48.71
18位:細田采花(関西大)47.86
19位:友滝佳子(岡山理大附高)47.03
20位:庄司理紗(駒場学園高)45.53
21位:三原舞依(神戸PFSC)45.51
22位:西野友毬(明治大)45.49
23位:國分紫苑(関西大)45.16
24位:安原綾菜(滋賀レイクスターズ)44.67
25位:鈴木沙耶(京都醍醐FSC)44.11
26位:山田さくら(アクアピアスケーティングC)43.45
27位:森衣吹(中京大中京高)43.41
28位:谷川詩織(青森GOLD F・S・C)41.83
29位:岡本万柚子(岡山学芸館高)41.10
30位:山本真由(ROYCE’F・S・C(札))39.58

本郷
3T-3T 3F 2A
レイバックスピンの前に塩が「ジュニアからシニアへの移行期」と発言。それがどうした。勢いがある演技でした。ジャンプも3つとも綺麗でしたし。スカートこんな段々になっていたって気づいていなかったです。スカートの先のレースのところにもスパンコール付けてるのね。かーちゃんとじゅんじゅん同い年ってやつで、じゅんじゅんを攻撃する塩。

アリーナ席の最前列に座っている坊主頭の少年は、異空間にいて生きていられるのか気になる。空間の狭間に巻き込まれて死んでしまうぞ。

宮原
3Lz-3T 3F 2A
ジャンプの回転がしっかり足りていて良かったです。逆回転の足換え後だけ完璧では無かったと思いますが、それでもエレメンツの完成度がかなり高かったです。今シーズンの彼女に関しては、ジャンプの回転不足に関して以外あまり言うところが無いっていうぐらいに上手になっていると思います。ハマコー先生はおもしろいなあ。五輪代表に決まったら壊れそう。

大庭
3Lo 3S-3T 2A
んんんんんんんんwwwwwめっちゃ上手くなってるううううううううううう。というかめっちゃ痩せてる。腕とおケツ細くなってる。SPで失敗しまくりだったから永久保存版ですわ。彼女が試合に出る度に問題だったスピンの方も回転速度が少し速くなっています。年齢のうんぬんかんぬんで体系変化が終わったってことかな。それとも10代最後に急激に伸びだすレアケーススケーターなのか。3Aはどうなるか分からないけど、明日もがんばれー。

中塩
3T-3T 3F 2A
ジャンプを綺麗に降りていました。シットスピンの回転速度とレイバックスピンのポジションには難有りでしたが、とっても良い演技だったと思います。途中の静かなシャンシャン音楽のところは「ムシゴヤシが午後の胞子を飛ばしてる」ってアドリブ入れておきました。

今井
2A 3S-3T 3Lo
3Sでいつもコンビネーションを付けられなかったのでコンビネーションを付けられたことが違和感でした。ビールマンスピンはよろしくなかったですが、すさまじいリンキングフットワークとスピードでしたね。このスピード、スピードを出してこ柔らかいタッチ。ソフト爆走。PCSが宮原より上なのは納得です。おい外国人選手、これが正しいピンクだよ!!!今井のインタビューうるってきちゃった。

木原
3T-3T 3Lo 2A
煽りで映ったかーちゃんの顔全く同じでワロタ。ジャンプの質が良かったです。きっちりきっちりしていましたけど、もう少しエッジを深く使えるようになったら良いですね。

スケーターのCMしすぎんぐwwwwwウインドウズのタブレットのCM、難しい言葉使い過ぎて何言ってるかさっぱり分かんない。

安藤さん
3T-3T 3Lz 2A
新衣装は青。スカートの裾が黄色くなってるのは、海からの日の出を表しているのかな?衣装持ちの本領を発揮してくれた素敵衣装。背中のうねうねも素敵だ。3T-3Tはゴールデンスピンの時よりさらに高さがさらに増していました。彼女の3Tで今までで一番良かった。ステップ、レイバックスピン、スタミナ不足は否めないですが、今出来ることをしっかり出せたと思います。素晴らしかった。門奈さんもコーチに付いたのね。

真央
3A 3F 3Lo-2Lo
3Aの回転は足りていませんが、まあまあ。他の2つのジャンプも完璧では無いけれど及第点の出来でした。スピンはとても良かったです。時々キャメルのキャッチフットが崩れている時があるんですよね。明日の花とプレゼント攻勢はすごそうだ。

佳菜子
3T-3T 3F 2A
追い込まれたところでプログラムを元に戻してジャンプを決めました!!!満知子はまた2ちゃんを見たのかは知りませんが、あのプログラムは不評だったし合って無かったので戻したのは大正解だったと思います。泣き顔面白すぎる。後世まで残りそうなネタありがとう。

あっこちゃん
3T-3T 3F 2A
ラスボス様wwwwwwwwwwwwwwこれはすごいですわwwwwwwwwwwwwwww3T-3Tのセカンドは完璧では無かったけれど、十分に良い演技でした。

女子すごかった。こんな大会なかなか見られんでー。はあ・・・気持ちが欝シェル。
Comment:8
2013
11.25

全日本ジュニア選手権リザルト

もう全日本ジュニアの季節であります。現地さんおよび、神サイトとして崇められるfigure skate memoさんのおかげで昼間はオンリザで見ておりました。

男子リザルト
1. 田中刑事 倉敷芸術科学大学 1 1 215.29
2. 宇野昌磨 中京大中京高校 2 3 206.10
3. 日野龍樹 中京大学 4 2 196.67
4. 本田太一 関西大学中・高スケート部 5 4 170.45
5. 山本草太 邦和SC 3 10 166.10
6. 友野一希 上野芝スケートクラブ 7 5 165.75
7. 川原星 沖学園 6 8 164.94
8. 中村優 関大北陽スケート部 10 6 162.87
9. 唐川常人 新横浜プリンスFSC 8 9 158.31
10. 鎌田英嗣 シチズンクラブ 17 7 153.68
11. 佐藤洸彬 盛岡中央高校 11 12 152.88
12. 小林建斗 川越FSC 16 11 149.71
13. 渡邉直弥 東北高校 13 14 143.47
14. 中野耀司 神奈川FSC 12 16 141.65
15. 時國隼輔 就実学園 21 13 138.05
16. 竹内孝太朗 愛知みずほ大瑞穂高校 15 17 137.06
17. 島田高志郎 岡山FSC 19 15 136.88
18. 渡邊純也 浪速高校スケート部 9 19 136.46
19. 湯浅諒一 大阪スケート倶楽部 14 21 131.28
20. 佐上凌 武蔵野学院 24 18 128.75
21. 山隈太一朗 神戸FSC 22 20 126.61
22. 中野紘輔 飯塚フィギュアクラブ 18 23 125.88
23. 鎌田シオン 札幌第一高校 20 22 124.88
24. 市橋翔哉 関大北陽スケート部 23 24 119.69
Final Not Reached
- 笹原景一朗 大阪スケート倶楽部 25 - -
- 櫛田一樹 倉敷FSC 26 - -
- 小田尚輝 岡山理大附高校 27 - -
- 三宅星南 岡山FSC 28 -

デカが全日本ジュニア初優勝です。2位に昌磨、3位にリュージュと順当に3強が入りました。リュージュはSPで大きく出遅れたものの巻き返してきました。デカとリュージュは4T、昌磨は3Aに挑戦しましたが、全員ダウングレードで転倒しました。eマークが多いのと、みんなレベルが取れてないですね。

女子リザルト
1. 本郷理華 愛知みずほ大瑞穂高校 3 1 163.12
2. 三原舞依 神戸PFSC 2 5 153.85
3. 松田悠良 邦和SC 4 7 151.61
4. 木原万莉子 京都醍醐FSC 1 8 150.74
5. 本田真凜 京都醍醐FSC 13 2 150.05
6. 坂本花織 神戸FSC 8 4 148.78
7. 加藤利緒菜 長尾谷高校 14 3 147.33
8. 樋口新葉 日本橋女学館 19 6 142.81
9. 新田谷凛 愛知みずほ大瑞穂高校 7 12 140.76
10. 大矢里佳 ポラリス中部FSC 15 10 139.91
11. 伊藤芽 日本橋女学館 12 11 139.75
12. 横井ゆは菜 邦和SC 23 9 136.73
13. 須崎海羽 オリオンFSC 6 14 136.73
14. 岩元こころ 関西大学中・高スケート部 10 15 134.22
15. 青木祐奈 神奈川FSC 5 18 134.16
16. 竹野比奈 沖学園 21 13 131.75
17. 西坂美柚 パピオフィギュアクラブ 11 19 129.60
18. 佐上黎 武蔵野学院 20 16 127.67
19. 永井優香 西武東伏見FSC 24 17 125.97
20. 永田絵美莉 名東FSC 9 22 124.79
21. 壷井麗美 邦和SC 16 20 124.69
22. 松野真矢子 西武東伏見FSC 18 21 121.17
23. 河西萌音 甲府FSC 22 23 117.46
24. 船迫麗愛 アクアリンクちばクラブ 17 24 115.61
Final Not Reached
- 土橋亜海 ROYCE'F・S・C(札) 25 - -
- 山隈恵里子 神戸FSC 26 - -
- 鈴木春奈 日体荏原高スケート部 27 - -
- 齋藤槙香 新横浜プリンスFSC 28 - -
- 海津あすか 釧路景雲中学校 29

荒れすぎいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!だけど、本郷は順当に差をつけて優勝しました。いやはやここまでSP失敗が多いのは。LP2位がノービスの本田というのもなかなか。24名中20名という驚異的なeマーク率の中、本田はeマークを食らっていません。これは将来有望だなあ。松田は回転不足2つですけど、これは国際大会のような基準で取られているのかが気になるところ。加藤の低いPCSもよく分からない。

アイスダンスリザルト
1. 安形静流
鈴木健太郎 浪速高校スケート部
明治大学 1 1 98.22
2. 前田久美子
立野在 明治神宮外苑FSC
明治神宮外苑FSC 2 2 85.06

さすがにジュニアまではわかんないぜ。

フィギュアスケートはキラキラネームもといDQNネームがいないのがすごい。毎年そう思いますね。

全日本選手権へは上位6名が出場となります。男子は上から6名ですが、女子は5位の本田がジュニアなので7位の加藤が繰り上がりで出場となります。なんとか滑り込みで行けて良かったです。
Comment:0
back-to-top