FC2ブログ
2017
09.23

川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ 引退

http://tass.ru/sport/4585108

川口悠子アレクサンドル・スミルノフの引退が発表されました。驚きはありませんでした。ついにこの時がやってきてしまったか。そんな気持ちです。

長年に渡りロシアのフィギュアスケート界を引っ張ってきてくれました。ペア大国だったロシアが人材不足に悩んでいた時にロシアの1番手になったのが2人でした。2007年、2008年とロシア勢は世界選手権でのメダルを逃し不振にあえいでいました。そこで2009年の世界選手権でメダルを獲得。2010年のヨーロッパ選手権では当時無敵のサフゾルを破って優勝し、バンクーバーオリンピックの優勝候補として名乗りを上げました。惜しくも4位に終わりましたが、その名前は日本にも知れ渡りました。日本国籍を放棄してまでオリンピックに出場する事に対し「理解出来ない」との声も上がりました。でもそれは、悠子ちゃんがそれだけペア競技に情熱を持っていたという表れです。真似出来ない事だからこそ、畏敬の念を抱くのです。東京開催の2011年世界選手権が東日本大震災の影響で中止になった際は、モスクワで代替開催となった同大会で感動的な「いつも何度でも」を披露。その美しさは心に深く刻まれました。両者ともに怪我が続出するようになり、思いもよらないミスをする事もありました。引退を決めたソチオリンピックのシーズンには、スミルノフの怪我でシーズン全欠という苦渋の決断をせざるを得ない状況に陥りました。現役続行を決めてからは、そのシーズンに滑る予定だった「マンフレッド交響曲」で輝かしい復活を遂げました。なかなかクリーンな成功が出来なかったスロークワドサルコウをコンスタントに成功させ、高いアーティストリーで我々を魅了させてくれました。意味不明扱いされていた「I Finally Found Someone」でさえ、2人の手にかかればロマンティックな作品に仕上がりました。そしてスロークワドループにも積極に挑んでいた2015-2016シーズンに悠子ちゃんがアキレス腱を断裂してからは、復帰はしたもののなかなか思うような結果を残せなくなりました。そして9月22に引退。華やかな去り方ではありませんが、大ベテランの2人が残してきた数々の功績と作品はこれからも語り継がれていくことでしょう。

日本からアメリカ・ロシアに渡り練習を積み、大学も卒業した悠子ちゃん。ペア結成当初は悠子ちゃんに引っ張ってばかりだったのに、頼もしくなり、変な髪形になり、奇妙な青いスーツを着て立派なコーチにもなったスミルノフ。2人とも人間としても本当に素晴らしいです。タイスの瞑想曲、月の光、マンフレッド、Februaryをはじめとする素敵な作品。幼女を追いかける不審者、雄っぱいを露出する不審者マッチョなど数々のネタプロも提供してくれました。

本当に、本当にお疲れ様でした。
2016
12.22

ロシア選手権 1日目 ペアSP

ペアSP
1 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV MOS 80.04
2 Ksenia STOLBOVA / Fedor KLIMOV MOS 77.47
3 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT KRR 72.85
4 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV MOS 70.73
5 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV S/T 67.52
6 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN MOS 63.69
7 Anastasia MISHINA / Vladislav MIRZOEV SPB 62.80
8 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII SPB 60.77
9 Elizaveta ZHUK / Egor BRITKOV EKA 57.64
10 Alina USTIMKINA / Nikita VOLODIN SPB 55.35
11 Bogdana LUKASHEVICH / Alexander STEPANOV SPB 52.88
12 Anastasia POLUIANOVA / Maksim SELKIN P/C 52.25

ジュク&ブリトコフ
全然知らないペアだ!女性13歳、男性19歳のジュニアでも行けるけど女性の身長めっちゃ伸びそうな気がするペア。リフトで女性が男性の手に座るように回転するポジションはよくありますけど、このペアはバーカウンターの椅子のような立ち座りのような形。だからリフトが縦長。ソロスピンのフライングエントリーを向かい合うように入るのが斬新。コーチが厚切りジェイソンっぽい。

ボイコズ
3Sの着氷で手を上げて。音楽には合いませんでしたがきっちりと。スローフリップはステップアウト。2人の技術力は同じぐらいかな?と思うんですけど、目線の配り方だったりは女性の方が上手いです。男性のシャツの第3ボタン開いているのはサービスですか?

ストクリ
トリプルツイストはかなり抱えました。スローフリップは幅が戻っていませんが美しい着氷です。3Tは問題なし。ソロスピンはポジションチェンジをパパパッとしていました。ズレるとマイナスまみれになりそうな危険なエレメンツ。ステップは滑る位置がめちゃくちゃ近いです。接触のリスクが高いです。トップペアが滑るにふさわしい難易度の高いプログラム。素敵な月の光でした。メーガンのLPの衣装と張り合えるピンク。

ウスボロ
ソロジャンプのステップアウトに始まり、ツイストのキャッチミスやステップのタイミングのズレなどミスが目立つ演技でした。でもスローループは失敗しません。リバースラッソーはバイーーーンときれいに上がりました。

タラモロ
⊂二二二( ^ω^)二⊃ スピードがビュンビュン出ているのにも関わらず、動きが揃いまくっています。めちゃくちゃ上達しているじゃないですか。最初から最後までかんぺ・・・ソロスピンズレた。でもすごかった。タラモロ覚醒中。

アスロゴ
ロゴノフの表現が暴走したり、アスタホワがちょっと足りなかったりっていうことがあった今シーズン。今日は2人の表現と滑りが上手く噛み合っていました。感情爆発ステップのバランスが絶妙でした。ツイストは時々ギリギリでマイナスを食らいそうになりますけど、今日は安心安全の質。とてもよかった。

ザビエン
ザビエン問題は選曲とエレメンツの配置の必然性だなということは、昨シーズンから誰もが思っていることでしょう。このプログラムは詩なのかもしれません。窓から雪原が見える部屋から、美女がボーーーっと詩をそらんじるみたいな。その詩の中の世界。妄想のストーリーほど派手ではないけど、感情の起伏はあるよみたいな。みたいな。

エフィコロ
アイヤイヤイーって楽しそうなチャチャなのにしかめっ面で滑るのがポイント。意味不明である。サンバになると体の使い方が一気に華やかになるけど、それでもしかめっ面で滑るのがおもしろい。3Sの跳ぶタイミングのズレやスローループのお手つきはあったもののいい演技だったと思います。それでも笑わない。いいわー。無音で曲予想したら絶対に間違える自信があります。

川スミ
冒頭のダンスリフトの時点でブイブイ言わせていました。そして3Tを成功。トリプルツイストはいつもの質じゃない!いける!と思ったら転倒しました。スローループ、今シーズン調子の悪かったソロスピンはしっかりと決めて、調子は上がってきていると感じました。ツイストの失敗が悔やまれます。正直間に合わないんじゃないかと思っていましたけど、さすがベテランですよ。

ミシミル
濃い2人でもシニアの中に混ざって演技をすると幼く見えます。特にミルゾエフが僕ちゃんって感じに見えます。珍しくスロールッツで転倒し、その直後の3Sにも影響がありました。男性がダブルに、女性が力技でトリプルにしました。こんなことあるんだなあ。

タラモロとアスロゴ絶好調、ストクリは戻している途中、川スミはかなり戻りかけ(スロークワドは入れないらしい)、ザビエン安定。こんな印象でした。ロシアは下位まで上手いです。世界一の層の厚さうらやましい。

trankovsanyade.png

解説者様だぞー


2016
10.29

スケートカナダ 1日目 ペアSP

ペアSP
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD(カナダ)78.39 PB
2 Xiaoyu YU / Hao ZHANG(中国)69.43 PB
3 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH(カナダ)67.53
4 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)66.50
5 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV(ロシア)64.40
6 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)59.25
7 Brittany JONES / Joshua REAGAN(カナダ)54.23

デラモデル
3Sは2人ともシェイキーランディング。ツイストは普通。スローループは着氷!からの尻餅でした。成功したと思ったのにいいいいい。ステップとソロスピンはよく揃っていました。似た衣装なので、揃っている動きが一層際立ちます。ズレても目立ちます。モデルさんの背中に文字が書いてありました。何と書いてあるのでしょう。宇宙人へのメッセージとか?

デュハラド
ツイストをキャッチしてすぐにラドフォードさんがバックで滑る。エレメンツやってる感を出さずに、すぐに3Lzの助走に移ります。3Lzはどうしても助走が必要なので、だからっていうのもあるんでしょうね。スローアクセルは氷スレスレのところでしたが、片足で着氷しました。いや擦った?いや片足?擦った?分からない。ちょっとハードでメーガンらしいプログラム。演技終わっても相変わらずよう喋る。

duharado.png

ユージャン
3Tもスローループも入りました。着実にエレメンツを成功させていくのに拭いきれない違和感。男性のパワーのある表現と女性のクールな表現が、攪拌されておらず、どういう方向性のプログラムなのかが分かりにくかったです。結成半年でこれだけできるのは素晴らしいことなのですけどね。ユージャンの表現が確立されることを祈ろう。

イリモー
イリの3Tがダブルになりました。今シーズンは抜けるミスが多発しております。他のエレメンツは質が高かったです。手を離して繋いでを繰り返して、男女の関係を表しているステップが素敵でした。アクセルラッソーの仰向けポジションは、あーーーーーああああーーーーあーーーーっていう感じ。移動距離もあるから、あーーーーーああああーーーーあーーーーっていう感じなんです。後ろから抱きつきたいけど、ためらっているようなあーーーーーって感情。だからステップで抱きついちゃうんです。

川スミ
プログラムだけではなく、髪型も昔に戻ったスミルノフさん。この数シーズンの髪型の迷走が嘘のようです。3Tで転倒、ツイストのキャッチを抱えてしまいました。得意のソロスピンが珍しくズレ、フィニッシュが曲余りという内容。ソロスピンまで影響が出るのは、不調が続いているのかなというのを思わせます。滑りの質、ステップではシャープな動きを見せていました。でもまだまだ川スミの力はこんなものではないです。

yukosama.png

デニフレ
幅跳びスローループでカメラを困らせるデニフレ。ほら、もっと引きで撮っておくんだよ!全米が涙に包まれそうな選曲となっておりますが、やはりこれは全米選手権のための・・・!さすがアメリカの観客を知り尽くしたズエワ。男性が3Sでステップアウトをしたので、演技後すぐに悔しそうな表情を浮かべました。上を目指す気持ちええぞー。

denihureyade.png

ジョンレー
6分練習のときに俺たちはやるぜやるぜっぽかったので、すごく期待を持っておりました。でもジャンプやツイストにはミスが出ました。やるぜやるぜ感があったのは滑りで、ビュンビュンスピードに乗って、かっ飛ばしていました。失敗しても元気に滑るのはいいことです。

デュハラドのスローアクセルは-0.43でマイナス評価でした。れなちゃんず以来のプラス評価ならずでした。82点ぐらい出したことあると思っていて、このスコアがパーソナルベストだと知って驚きました。ユージャンはデビュー戦でオールレベル4ですって。すげえ。

前週のフレッシュな表彰台から、今週はベテラン奮起。

ペア界を牽引するオーバー30の皆さん。落ち着く顔ぶれ。
2016
10.19

2016-2017シーズングランプリシリーズ ペアアサイン

GPS直前更新3。

http://static.isu.org/media/1138/gp_pairs_16-10-17.pdf

スケートアメリカ
ジュリアン・セガン&シャルリ・ビロドー(カナダ)
ヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ(フランス)
ヴァレンティーナ・マルケイ&オンドレイ・ホタレック(イタリア)
クリスティーナ・アスタホワ&アレクセイ・ロゴノフ(ロシア)
エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ(ロシア)
マリッサ・キャステリ&マーヴィン・トラン(アメリカ)
ヘイヴン・デニー&ブランドン・フレイジャー(アメリカ)
タラ・ケイン&ダニエル・オシェイ(アメリカ)

スケートカナダ
メーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード(カナダ)
リュボーフィ・イリュシェチキナ&ディラン・モスコビッチ(カナダ)
ブリトニー・ジョーンズ&ジョシュア・レーガン(カナダ)
シャオユー・ユー&ハオ・ジャン(中国)
ニコル・デラ・モニカ&マッテオ・グアリーゼ(イタリア)
ベラ・バザロワ&アンドレイ・デプタト(ロシア)
川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ(ロシア)
ヘイヴン・デニー&ブランドン・フレイジャー(アメリカ)

ロステレコム杯
カミーユ・ルーエ&アンドリュー・ウルフ(カナダ)
ジュリアン・セガン&シャルリ・ビロドー(カナダ)
アリオナ・サフチェンコ&ブルーノ・マッソー(ドイツ)
ヴァレンティーナ・マルケイ&オンドレイ・ホタレック(イタリア)
ゴーダ・ブトクテ&ニキータ・エルモラーエフ(リトアニア)
クリスティーナ・アスタホワ&アレクセイ・ロゴノフ(ロシア)
ナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・エンベルト(ロシア)

フランス杯
ミリアム・ツィーグラー&セヴェリン・キーファー(オーストリア)
ヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ(フランス)
ローラ・エスブラ&アンドレイ・ノボセロフ(フランス)
カミーユ・メンドザ&パヴェル・コバレフ(フランス)
アリオナ・サフチェンコ&ブルーノ・マッソー(ドイツ)
エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ(ロシア)
ナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・エンベルト(ロシア)
マリッサ・キャステリ&マーヴィン・トラン(アメリカ)

中国杯
リュボーフィ・イリュシェチキナ&ディラン・モスコビッチ(カナダ)
チェン・ペン&ヤン・ジン(中国)
シュエハン・ワン&レイ・ワン(中国)
シャオユー・ユー&ハオ・ジャン(中国)
マリ・ヴァルトマン&ルーベン・ブロマールト(ドイツ)
ニコル・デラ・モニカ&マッテオ・グアリーゼ(イタリア)
川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ(ロシア)
ジェシカ・ファンド&ジョシュア・サンティラン(アメリカ)

NHK杯
ミリアム・ツィーグラー&セヴェリン・キーファー(オーストリア)
メーガン・デュハメル&エリック・ラドフォード(カナダ)
カーステン・ムーア=タワーズ&マイケル・マリナロ(カナダ)
チェン・ペン&ヤン・ジン(中国)
シュエハン・ワン&レイ・ワン(中国)
須藤澄玲&フランシス・ブードロー=オデ(日本)
タラ・ケイン&ダニエル・オシェイ(アメリカ)

辞退
マデリーン・アーロン&マックス・セットレージ(アメリカ) スケートアメリカ 解散
ウェンジン・スイ&ツォン・ハン(中国) スケートアメリカ・中国杯
カーステン・ムーア=タワーズ&マイケル・マリナロ(カナダ) ロステレコム杯
クセニア・ストルボワ&ヒョードル・クリモフ(ロシア) ロステレコム杯・NHK杯
アレクサ・シメカ・クニエリム&クリス・クニエリム(アメリカ) ロステレコム杯・中国杯

ヴォロトラの休養理由は妊娠で、ストクリはストルボワの怪我、スイちゃんは手術明け、クニエリム夫人はよく分からない病気、モー子さんは(おそらく)脳震盪の様子見、マックス・アーロンは解散。このような感じで上位勢のお休みが多いです。オリンピックの金を争うペアの半分がいないという、4カテゴリーで最も寂しい状況になりました。

スケアメのTBDとマックス・アーロンの解散した枠にはカストラとデニフレの2大会目が入りました。どのペアもGPS優勝経験がありません。タラモロVSセガビロが本命ですが、どこが入ってもおもしろいです

スケカナは辞退組がいませんでした。デュハラドは優勝がガチガチだと思うので、スロー3Aもスロー4Sもバンバンやってもらいたいです。

サフマソVSストクリの構図になる予定だったのが、サフマソ一強になってしまったロステレコム杯。セガビロは2位2位や1位2位でファイナルを決められるでしょうか。

フランス杯は追加もなければ辞退もない無傷です。ここもサフマソ一強の様相を呈しています。ヴァネシプとタラモロはスケアメとフランス杯で被っています。ヴァネシプは去年ファイナル進出のチャンスを逃していますし、ここで力を見せて欲しいです。逆にタラモロは今シーズンファイナルに出ずにいつ出るんだという状況。

中国杯はペンジンとユージャンの試合でどれだけ仕上げられるか分からない2組と、エレメンツがどれだけ戻っているか分からない川スミ。今のところ分からないペアがいっぱい。イリモーは優勝のチャンスです。

NHK杯はデュハラド以外が優勝したらアゴ外れるぐらい驚きます。中国杯の結果次第でワンワンやペンジンにもファイナル進出の可能性が生まれるわけですね。

デュハラド、サフマソがほぼ確実。セガビロ、タラモロが有力。イリモー、川スミ、ヴァネシプ、ワンワン、ペンジンが可能性あり。今の仕上がりや組み合わせから考えるとこうなるでしょう。うーんカオス。
2016
01.21

川口悠子&アレクサンドル・スミルノフ ユーロを欠場

http://www.fsrussia.ru/intervyu/1730-aleksandr-smirnov-ya-napisal-yuko-derzhis-i-ne-rasstraivajsya-v-takoj-situatsii-nelzya-vinit-sebya.html

1月20日のウォームアップ中に怪我をした川口悠子さんは、病院での検査の結果アキレス腱の断裂と診断されました。手術を行うため、ヨーロッパ選手権への出場はできません。しかし世界選手権の出場に関しては"医師の手の中にある"と、まだ欠場は決定していないようです。アキレス腱断裂をして2ヶ月で復帰できるものなのだろうか。

悠子ちゃんはスケート界最年長ということもあり、軽々しく「来シーズン待ってるよ!」とも言えないです。1試合1試合が大事だったはずですし、スローにこだわって今シーズンを戦ってきたのですから。今は手術の成功と、早く健康な状態になってくれることをただただ祈るばかりです。

タラソワ&モロゾフが代表に繰り上がります。めちゃがんばれー。

寝起きで心に釘が刺さるような気持ちだ・・・。
back-to-top