2017
02.26

冬季アジア大会 9日目 男子リザルト

今日でアジア大会も閉幕です。

男子リザルト
1 UNO Shoma(日本)281.27
2 JIN Boyang(中国)280.08
3 YAN Han(中国)271.86
4 MURA Takahito(日本)263.31
5 KERRY Brendan(オーストラリア)237.37
6 GE Misha(ウズベキスタン)233.93
7 KIM Jinseo(韓国)228.67
8 YEE Julian Zhi Jie(マレーシア)222.69
9 MARTINEZ Michael Christian(フィリピン)211.96
10 TEN Denis(カザフスタン)198.88
11 TSAO Chih-I(中華民国)190.19
12 RAKIMGALIEV Abzal(カザフスタン)189.59
13 LEE June Hyoung(韓国)184.43
14 CHEW Kai Xiang(マレーシア)168.42
15 LEE Harry Hau Yin(香港)149.73
16 LEE Meng Ju(中華民国)138.41
17 ALPE Jules Vince(フィリピン)128.41
18 LEUNG Kwun Hung(香港)119.77
19 SUTRISNA William(インドネシア)95.65
20 RAMADHAN Dwiki Eka(インドネシア)88.72
21 PINGLE Nikhil(インド)59.04

フィリピンのアルペさんのドーナツスピンが女子ばりに上手い。香港のハリーさんが腋毛丸出しで演技をしている。スケーターの腋毛新鮮。

ドルジ
3F ot-3T ot 3A 3Lz so 3A-2T 3T-1Lo-3S 3Lo 2A 2A
後半のジャンプに安定感がありました。3連続のループがテンポよかったです。ループ挟みの選手は停滞せずいって欲しいです。SPではモロモロしさが抜けたことに言及しましたが、LPではモロモロしさがやや復活。3A2本入れられるのはTESの面で大きいですね。

ジュンヒョン
2A<< 2A-3T 3F 3F-3T 3S so 2A-2T-2Lo 3Lo 3Lz
3Aさんが自分探しの旅にウユニ塩湖に行ってしまったのか、なかなか帰ってきません。なぜか今シーズンのジュンヒョンの動きが僕の中でめちゃくちゃしっくりきていて、すごく表現に魅せられます。ファンか!ってぐらい褒めてます。

カイシャン
2A 3Lz-3Lo 3Lo 3Lz 3F 3S 2Lz-2T 2A-2T-2Lo
3-3の回転不足はあるものの予定していたジャンプがすべて入りました。あとは着氷や入りなどに工夫をしていくことでGOEのプラスを得られるようにすることですね。四大陸からアジア大会と好調をキープしました。日本みのある演技でした。

チーイー
3A fall 3S-3T 2F-2T-2Lo 3Lz 3Lo 3F 3S hd 2A
予定構成では最後のジャンプが2A-2Tでした。単独ジャンプにした後にフライングシットスピンを入れ、音楽と重なって終わったのでその前のエレメンツから少しずつ音楽に遅れていたことも考えられます。2Tを入れていたとしたら、音楽から大きく遅れ、スピンが中度半端になっていたでしょうし、結果的にはよかったのでしょうね。

ジュリアン
3A-2T 3F-3T 3S 3A 3Lz 3F 3Lo shaky 2A+2A
3Aの助走は短い方ではありませんが、後半の3Aはいい感じ。3Lzは膝をすさまじく沈み込ませて、片足での着氷に収めました。最終日ということもあり、マレーシアの応援団が来ているのか演技終了とともにシャウトが。150点近くまで伸びてきましたよ!!!すげえ。

テンくん
4T fall S 1A 3F 3A so 2Lz 3Lz 3Lo
コンボゼロで加点を得られそうなジャンプが3Lzだけ・・・これは雪山に迷い込んだような演技に。2月男・・・。テンくんの毛量いかつい。

ミーシャ
3A 3A df-1Lo-2S 3F 3Lz 3Lz-3T 3Lo 2A 2A-2T
予定構成では3A-3Sという不可能なコンボを組み込んでいました。1Loさん仲間外れにしちゃダメですよ!ポーズがカチッカチッと決まるプログラムです。ただ、セルフコレオグラフィーだけあって彼の得意な動き中心なので、バリエーションが物足りなく感じる部分もあります。速いコンビネーションスピンでのフィニッシュは盛り上がりました。子持ちばりに落ち着きはなっている。

マルティネス
3Lo 3T 3A-2T 3A 3Lz-1Lo-2S 3F hd 3Lz fall 2A
前半のジャンプは質がよかったです。3Aの質も元に戻っています。スピードは四大陸よりもありました。後半ルッツフリップが続くあたりからスピードが落ちてきて、それが質の悪化に繋がりました。

ジンソ
4T so 3A-2T 3Lz-3T 3Lo 3A 2Lz 3S-2T-2Lo 2A
衣装を忘れて衣装を借りかけており、直前に衣装を届けてもらった愉快なジンソさん。衣装を忘れる・・・○塚さんでしょうか。単独の3Aの膝の堪えっぷりすごい。膝ちぎれそうなほど堪えましたよ。にゃあああああああああああああああ。ステップでのルンルン走り回る感じがとても楽しそうです。「わーーーーー雨だーーーーー!雨の中でシャンプーしよーーーーーっと!あははーーー」ぐらいのはしゃぎっぷり。雨の中でシャンプーしたことありますけど、雨の密度はしょぼくて泡が落ちないので、止めておいた方がいいですよ。

美青年ケリー
4S 4T 2A 3T 3A-1Lo-3S hd 3A so 3Lz-2T tano 3Lo hd
構成を大幅に変更してきました。3本目の4回転を予定していたのでしょうが、4回転を2本成功させた後にすでにスタミナが削られていたので、3クワドと3A×2を両立させるのは難しそうです。攻められる大会だったので、この挑戦は大正解。これを元に世界選手権での戦略を考えられますね。

むらむら
4T-2T 4T 3A 3S 3A-3T so 3Lo 3F-1Lo-2S 3Lz
4Sを回避しましたが、4Tがクリーンに入りました。ステップアウトが1つありましたけど、他はほとんどクリーンに。でも今日はジャンプよりも表現ですよ!!!!!ステップのときの方向転換の度に、パッと色気をふりまくんですよ。香水のCMを見ているような感じ。ふわっむんっ!という感じ。表現面では全日本から大幅によくなりました。後半までそれがキープできればよかったですね。少し疲れが見えました。氷に落ちていたのは衣装の一部ではなくて、他選手のスケート靴のテープだったのか!船岡さん有能である。

ハンヤン
3A-3T 4T-2T 4T 1A 3Lo 3Lz-2T-2Lo 3S 3F
冒頭の3A-3Tは満点に近い加点をもらいました。決まれば得点源になりますからね。1本目の4Tは申し分ないです。2本目はまずまず。後半の音楽とのマッチングは本当によくなりました。もちろん後半でインパクトのある高難度ジャンプを降りるのもすごいですけど、表現で魅せるのもまたいいものです。青衣装のことは記憶から消そう。

昌磨
4Lo fall 4F 3Lz so 3A-3T 4T-2T 4T so 3A 3S-1Lo-3F fall
3A-1Lo-3Fではなく、最後の3Sにコンボをつけました。3Aは2本とも降り、どうやら仲直りには成功した模様。ハッハハハハとボーカルの存在が大きいので、そこで転倒してしまうとボーカルが浮いてしまうのがこのプログラムの危ないところです。降りればめちゃプラスになるし、降りられないとイマイチになるし、TESだけではなくPCSの面でもリスクを背負っておりますよ。

ボーヤン
4Lz 2S 3A-1Lo-3S 4T-2T 4T 3Lz-3T 3A 3F
4Lz完璧に決まりました。気持ちいい。ボーヤンの後半の4Tは全然ドキドキしないです。それぐらい信頼性がありますし、実際成功させています。PCSが伸び悩んだのは、やはりSPと比べるとジャンプの準備動作が長いことが上げられるでしょう。過去のシーズンの点数の出方を見ても、どうしてもLPではPCSが伸びないんです。昌磨とボーヤンどちらが勝ってもおかしくない試合ですし、ジャッジの顔ぶれが違えばボーヤンが勝っていたかもしれません。ボーヤンいい演技だった!

昌磨の4Loはアンダーローテーションでした。何としてもコンビネーションやるということを語っていますが、それが勝利を呼びました。抜けない・やり切るということは大切です。

閉会式も兼ねたエキシビションには各カテゴリーの優勝者が出てくるようです。四大陸選手権から移動が大変だったと思いますが、選手の皆さんお疲れ様でした。

boyang_20170226160440836.png


2017
02.24

冬季アジア大会 7日目 ペアSP・アイスダンスリザルト・男子SP

ペアSP
1 YU Xiaoyu / ZHANG Hao(中国)77.90  
2 PENG Cheng / JIN Yang(中国)67.24  
3 RYOM Tae Ok / KIM Ju Sik(北朝鮮)65.22  
4 KIM Su Yeon / KIM Hyungtae(韓国)49.28  
5 TAKAHASHI Narumi / SHIBATA Ryo(日本)48.78  
6 KIM Kyueun / KAM Alex Kang Chan(韓国)46.64  
7 STEPHENS Paris / DODDS Matthew(オーストラリア)29.52  
WD SUZAKI Miu / KIHARA Ryuichi(日本)

成嶺
成美メイク濃いめ。ノーズシャドーがスイちゃんばりにバッチリ入っております。ソロジャンプは3Loが回転不足でステップアウト、スローサルコウはバランスを崩すも立ちました。漕ぎ漕ぎしないのに滑り出した時点で「歩調合ってるなー」というスケーティングでした。ピッタリのソロスピンが素晴らしい。最後のエレメンツがステップなのもよかったです。ダンスリフトから男性のイーグルのところきれいすぎません?日本チームのユニフォームのベルトンかわいい。CAみたい。

今週はドッズ長男。どのエレメンツもマイナスがつきそう・・・。

キムカム
スローサルコウと3Sで転倒。ですが2人が滑る距離がかなり近めですし、ソロジャンプの助走やソロスピン、ステップなどかなり2人の動きが揃っているんですよ。モントリオール組ですし、何かのきっかけで上手くなりそうな気はするんですよね。まだ男性が転向して日が浅いですし、コツを掴めばね。

ユージャン
3T、ツイスト、スローループとさすがの質の高さでした。でもそれ以外、特に後半では疲れが見えました。特に男性ですね。32歳の大ベテランに連戦のご無理をさせては・・・。前々から気になっていたんですけど、ソロスピンのキャメルポジションで男女の顔の向きが違うところは、あれで正解なのでしょうか。その箇所だけズレているように感じます。

キムズ
ソロジャンプはぴったり。スロールッツがきれいに入りました。デススパイラルやアクセルラッソーはまだ改善の余地がありそうです。口元と笑ったときの目が佳菜子に似ているキム妹。妹の笑顔癒される。

リョムキム
ちょっとぶりに見る北の組。将軍様ソングではなくA day in the lifeでした。憎き鬼畜米国の曲ではなく、イギリスの曲です。3Tもスローサルコウもハイクオリティーです。スピンは中国リスペクト気味で、ステップに垢抜けないところも見られますけど、場数を踏めば上にいける組だと思います。ワールドはヘルシンキだから派遣されるでしょうか。

ペンジン
毛根をいじめるプログラムもこれで見納めとなります。3Tはもう少し2人の間隔が近くなれば、さらによく見えそう。スローループで珍しく転倒。でもその後はいつもの楽しい演技。スロー再生のカメラが毛根いじめ時のヤンジンの表情映してくれました。ありがたやー。

ユージャンはステップがレベル3で残りはレベル4。ツイストはレベル4で全ジャッジから+3という完全無欠の評価です。ペンジンはレベル3が3つあり、レベルの取りこぼしがちょいちょい。成嶺は3Loがダウングレードの評価。ステップはレベル4で加点つきです。

世界選手権のようにレベルの高い争いが見られるのもいいけど、いろんな国の選手が頑張るのを見られるのもいいですね。最初の方の滑走の選手を見るから、トップ選手のすごさが分かることもありますから。そんでもって、いろんな選手応援したくもなります。

アイスダンスリザルト
1 WANG Shiyue / LIU Xinyu(中国)164.28
2 MURAMOTO Kana / REED Chris(日本)159.14
3 CHEN Hong / ZHAO Yan(中国)142.42
4 LEE Hojung / KAM Richard Kang In(韓国)131.22
5 MORI Ibuki / SUZUKI Kentaro(日本)124.12
6 FRIEND Matilda / BADAOUI William(オーストラリア)105.98
7 MATHEW Aldrin Elizabeth / YAMA Anup Kumar(インド)31.28

インド組がボリウッド。リアルボリウッド。衣装の布チョイス好き。スケートのボリウッド衣装は華やかさ一辺倒になりがちだけど、これは素朴ながらも美しい。

いぶけん
ファーストツイズルで女性が乱れました。そこからは建て直し。カーブリフトを下ろしてから女性がグラついたのがもったいなかったです。SDでは男性のスタミナが切れていたのが気になりましたけど、今日は最後まで弾けていました。女性はレイバックやキャッチヒットのポジションがきれいで強みにできそう。カメレンゴには、ちうごくジャンパーよりジャパンジャンパーの方が似合うけど、やっぱりマフィアジャケットの方がいい。

リーカム
ダンススピンでスタート。女性のアップライト姿勢と、ふわっと妖精のように優しくエレメンツを終える様が何とも言えない美しさ。終盤のローテーショナルでもダンススピンでのアップライト姿勢と同じようなポジションで美しく。コレオツイズルはバランスを崩したのか成功なのかは分かりかねました。成功?ねえ、成功?

チェンジャオ
長身カップルなので、ツイズルのレベル獲りのために入れた脚を上げる動作すらもかっこいいです。紫衣装って時点ですでにうさんくさく、セボーン&ウォリスとエドワーズという選曲でさらにうさんくさい。むせ返るような昼ドラ臭。保険屋のお兄さんと人妻でしょうな。

かなクリ
ダンススピンの工夫からして今シーズンは違います。中堅で・・・というカップルならあれほどスピンの前後に工夫入れませんもん。音楽から変わるところで哉中ちゃんの動きがすごくキレていました。止まっていてもキレキレの表現を見られると、「もっと滑ってよ」という気持ちにはなりません。前半少し女性の滑りが浅く思えました。そこが改善されると・・・ですね。すさまじい気迫でベストの滑りを見せたと思います。僕が現地にいてもスタオベします。

ワンリウ
男性の伸びやかな滑り。一歩の伸びという点で見るとかなクリの上に行くので、PCSが評価されているのだと思います。ちょっと間の抜けたふわっとしたコレオツイズルがかわいらしい。女性の表情は前からインパクトありましたけど、男性の表情の使い方もインパクト出てきました。フィニッシュで女性涙。

中国日本中国の表彰台となりました。かなクリはやはり浅かったように見えたサーキュラーステップでレベルが2でした。2と3の差は基礎点1.5ですけど、シングルの1.5とダンスの1.5は違います。リーカムはステップレベル3残りは4の素晴らしい内容。

shiyue.png

asiadance.png


男子SP
1 JIN Boyang(中国)92.86  
2 UNO Shoma(日本)92.43  
3 YAN Han(中国)91.56  
4 MURA Takahito(日本)90.32  
5 KERRY Brendan(オーストラリア)82.74  
6 KIM Jinseo(韓国)76.99  
7 MARTINEZ Michael Christian(フィリピン)76.53  
8 GE Misha(ウズベキスタン)76.18  
9 TEN Denis(カザフスタン)72.98  
10 YEE Julian Zhi Jie(マレーシア)72.75  
11 TSAO Chih-I(中華民国)63.68  
12 CHEW Kai Xiang(マレーシア)58.86  
13 LEE June Hyoung(韓国)57.67  
14 RAKIMGALIEV Abzal(カザフスタン)54.80  
15 LEE Harry Hau Yin(香港)48.65  
16 LEE Meng Ju(中華民国)44.49  
17 ALPE Jules Vince(フィリピン)42.38  
18 LEUNG Kwun Hung(香港)37.16  
19 SUTRISNA William(インドネシア)34.85  
20 RAMADHAN Dwiki Eka(インドネシア)24.07  
21 PINGLE Nikhil(インド)17.30

ドルジ
3F-3T 3A fall 2Lo
アブザル・ラキムガリエム降臨。ドーーーーーン!第1グループからレベルが急激に上がりました。体の使い方からモロモロしさが削られました。Who wants to live foreverの歌詞にしっかりと合わさった動きです。

メンジュー・リーさんのふしぎなおどりをユーロに召喚したい。近年ユーロの北米化が顕著ですので。取り戻せ!ユーロ魂。

ジンソ
3A 3Lz-3T 3Lo
にゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!にゃあああああ!そんなジャンプでした。素晴らしい膝でした。四大陸で抜けた3Loも無事に成功。ステップでバランスを崩しかける箇所が(演技ではなく)あると思うので、ボディコントロールができて、さらに動きが洗練されていくといいなと思います。

マルティネス
3A 3Lz-3T 3Lo
4Loは回避し3Lo。後半に4Loを予定しているなんてクレイジーだぜ。3Aはスパイラルからです。少し待ちはありますけど、スパイラルの存在感が大きいので助走の印象を消せていいですね。スピンは四大陸より安定しておりました。

ジュンヒョン
1A 3Lo fall 3F-3T
やっぱりジュンヒョンのボディムーブメントは美しい。ステップ前の手の動きや、その中盤での天を仰ぎ見る動き、最後の手を伸ばす動き。こういったものを、やらされてる感なく感情を込めて動けています。だからこそ最近ジャンプが決まらないのが惜しい。

美青年ケリー
4T 3Lz-3T 3A so
クリーンな4回転を決めておいて最後のジャンプで・・・おや、これは先週見た光景だ。3Aさんのステップアウトはさておいて、まとまったいい演技でした。TVだと青ヒゲまでしっかり映ります。ほんと大人になった。

ジュリアン
3A 3F-3T shaky 3Lz
3Aは助走は長いですが、ビタッ!とした男らしい着氷がいいです。スペルをアイプッタされそうです。ここまで強いと呪術かもしれない。

Mステに替えたら舞さんと織田さんが踊っていたよ。

ミーシャ
3A 3Lz-3T df 3F
3-3のセカンドの回転が少し足りません。彼も連戦なので先週より疲れが見えました。彼は怪我も抱えていますし心配になります。

ハンヤン
4T 3A so 3Lz-3T
4Tは完璧にパシコーン!四大陸ではノーバリューとなったキャメルスピンもしっかりとした回転でした。3Aはダイナミックステップアウト。ハンヤンは3A得意扱いされていますが、質はいいけど確率は高くないですよね。Pさんと同じような感じ。最近厨二を乗り越え、演技にやさぐれ感が出てまいりました。男友達に「あーーー女ってめんどくせえな!」って語る風味のやさぐれ。ステップアウトなければ95出たかも。

むらむら
4T 3A 3Lz-3T
4Tにコンボがつかなかったので後半でリカバリーしてきました。チャンピオンシップスの代表落選があり、モチベーションをキープすることは大変だったと思います。でもさすがベテラン。試合間隔が空いてしまったのは大きかった模様。

ボーヤン
4Lz hd-3T shaky 3A 4T
着氷が乱れても4T-3Tの基礎点よりも高い点数がもらえる4Lz-3Tさん。暴力的な存在。スピードはとてもありました。4Tの前は前向きで滑る箇所が多いので、そこで上体のムーブメント以外でも魅せられるようになると、さらに評価が高くなりそう。5クワドやるぜやるぜマンなだけあって、SPぐらいでは体がビクともしないです。

テンくん
4T fall 3Lz-3T 2A
僕は気づかなかったけど、4Tの前に躓いてしまったようなので、それが失敗に繋がったのかもしれませんね。成功する4Tはもっと高さが出るはずです。ジャンプは残念でしたが、おもしろリミックス入りステップは今日もよく踊りこなしていました。ミスがありPCSも伸びず。奇をてらったプログラムだから、ノーミスではないと理解しにくいという面があるかも。

昌磨
4F df 4T so 3A
青い衣装の昌磨さん。NOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOO四大陸で成敗した4T-3Tが反旗を翻してきた。今日やけに動きがキビキビして見えるんですけど、体のラインに沿って針金埋め込みました?美穂子先生の服装がチームジャパンのやつ・・・先生!ピンクのファーが見たいです・・・ううう・・・。

饒舌にSPを解析する宇野昌磨さん。2014-2015シーズンまでのたどたどしい昌磨はどこに?思春期特有のアレだったのか!

PCSは昌磨>ハンヤン>むら>テンくん>ボーヤンという評価。ジャンプをいかにクリーンに決められるかの勝負。明日はペアと女子。男子は明後日です。
2017
02.19

四大陸選手権 4日目 男子リザルト

男子LP
1 Yuzuru HANYU(日本)206.67
2 Nathan CHEN(アメリカ)204.34 PB
3 Shoma UNO(日本)187.77
4 Patrick CHAN(カナダ)179.52
5 Boyang JIN(中国)176.18
6 Jason BROWN(アメリカ)165.08
7 Nam NGUYEN(カナダ)164.09
8 Misha GE(ウズベキスタン)157.56
9 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)153.78
10 Han YAN(中国)151.37
11 Brendan KERRY(オーストラリア)149.28 PB
12 Kevin REYNOLDS(カナダ)145.95
13 Keiji TANAKA(日本)142.63
14 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)141.68
15 Jinseo KIM(韓国)130.79
16 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)130.46
17 Sihyeong LEE(韓国)130.32 PB
18 June Hyoung LEE(韓国)120.03
19 Chih-I TSAO(中華民国)118.61
20 Mark WEBSTER(オーストラリア)105.11 PB
21 Andrew DODDS(オーストラリア)101.88 PB
22 Leslie Man Cheuk IP(香港)93.88
23 Kai Xiang CHEW(マレーシア)91.08 PB
24 Micah TANG(中華民国)89.38

男子リザルト
1 Nathan CHEN(アメリカ)307.46 PB
2 Yuzuru HANYU(日本)303.71
3 Shoma UNO(日本)288.05 PB
4 Patrick CHAN(カナダ)267.98
5 Boyang JIN(中国)267.51
6 Jason BROWN(アメリカ)245.85
7 Misha GE(ウズベキスタン)239.41 PB
8 Nam NGUYEN(カナダ)237.08
9 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)235.72
10 Han YAN(中国)235.45
11 Brendan KERRY(オーストラリア)227.39 PB
12 Kevin REYNOLDS(カナダ)222.31
13 Keiji TANAKA(日本)220.18
14 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)214.15
15 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)202.67
16 Sihyeong LEE(韓国)195.72 PB
17 Jinseo KIM(韓国)195.05
18 June Hyoung LEE(韓国)187.58
19 Chih-I TSAO(中華民国)169.63
20 Andrew DODDS(オーストラリア)162.05 PB
21 Mark WEBSTER(オーストラリア)160.03 PB
22 Leslie Man Cheuk IP(香港)146.74
23 Kai Xiang CHEW(マレーシア)138.46 PB
24 Micah TANG(中華民国)135.79 PB

カイシャンがSlow Dancing in the Big Cityを滑っている。むらのプログラムで僕が1番か2番に好きなやつ。荒屋さん振付だからそこはかとない日本風味。

チーイー
3A fall 3S-3T 3F-2T-2Lo 3Lz 3Lo fall 3F 3S hd 2A ot-2T
ピアソラメドレーでしたので、最後は体力的にも厳しいかと思いますがもっと感情をドーンといきましょうぜ。リュージュとは顔だけではなく、そういった課題も似ているかも。ミニマム超えた!!!!!けどSPがないんだよなあ。

ニューエン
4T 4S fall 3A 4S-2T-2Lo 3A-3T 3Lo 3F-2T tano 3Lz
髪型どういうことになっているのか分からない。刈ったサイド部分が伸びてきて、中央部分を立たせている?寝癖っぽくも見えますが。転倒が1つあってもTES速報が94点。クワド3本と3A2本の威力ですよ。パリのアメリカ人のプログラムで3Lzがちょうど、妄想のダンスシーンのフィニッシュになっていると思うんですよね。そこからスピンでの締めが愛する女性と抱き合ってハッピーエンド。展開が分かりやすい。表現面は強いですね。

シヒョン
3Lz-3T 3F 3S 3Lo-3Lo so 2A 3Lz 2Lz-2Lo-2Lo 2A
脚が長すぎてスピン中のジャンプがやりにくそうです。短足最強説。2Lzからコンボをやるなんて、どんだけルッツ好きなんだ!と思いましたが、トリプルを使い切っているから2Lz以下のジャンプではないといけないんですね。自分の限界構成ってことですか。Take Me to Churchだから自分の愛についてのプログラムにも思えるけど、ジーンズ風衣装だから親戚のお兄ちゃんのカジュアルなガーデンウェディングに出席しているみたい。高得点が出て住田弁護士風先生も嬉しそう。

マルティネス
3Lo 3T 3A-2T 3A ot 3Lz-1Lo-3S 3F shaky 3Lz fall 2A shaky
スリーターンからの3Loが忙しそう。障害物競走を見守る気持ちに。SPでは手の上げ方がモロモロしく、LPでは手の引き寄せ方がモロモロしい。押して滑るのが目に留まりました。もしかしたら今の体型に対応ができていないのかもしれません。ボーカル入れすぎでないのがよかった。

ジュリアン
3A-2T-2Lo 3S 3F-3T df 3A fall 3Lz 3F 3Lo 2A+2A
冒頭の3連の着氷後、派手に体を使った振付が入っていたから驚きました。いきなり暴れだしたかと錯覚。3Fの着氷後も暴れだしたかと錯覚。ステップでしたゲラッパ。時々手足に体が放置されていることはあるけど、心の底から曲を感じて楽しく踊っているように見えるのは好感が持てます。そういった選手は応援したくなりますよね。

ジンソ
4T fall 1A 3Lz-3T 3Lo 3A so 3Lz 3S-2T-2Lo 3A so
ここから韓国フィギュアスケート選手権に戻ります。3Aが抜けたので最後にもう一度入れてきました。2本の3Aはステップアウトになったものの、かなり低いポジションで堪えました。マンチカン膝がなければ転倒になっていたでしょう。この膝どこで買えるんですか?

ジュンヒョン
3A fall 3Lo-2T 3F 3F-3T shaky 2A-2T-2Lo so 3S 3Lo so 3Lz
3Aの助走勢いがよかったから絶対に成功すると思ったのにいいいいい!髪型は普通になって物足りないけど、この方が男前に見えるからしょうがない。おもしろカット&金髪が恋しいです。ミスはあったんですけど、そんなに悪くも思えないんですよね。所作がきれいだからでしょうか。

韓国選手権のグループ2終了。優勝はシヒョンでした。

デカ
3S 2S 3A 2F-2T 3A-2T-2Lo 3Lz 3Lo 3F
予定通りの回転にならなかったジャンプが4本。コンボが1つなくなりました。これらのミスでTESが20点ほど下がります。3Aが入ったのはよかったんですけどね。表情は作っていたけれど、コレオシークエンスが抑え目になってしまったし、本人にとっては悔いの残る演技になったでしょう。

レイノルズ
3S 4T fall 4S 4T 3A 3Lz-3T 3F-3T 3Lo
このまま4回転全ミスになったらどうしようかと思いました。立て直して、繰り返しジャンプが余ったので3-3を2本に増やしてリカバリー。スピンでフィニッシュ詐欺をしてから、3Loともう1つのスピンがあります。フィニッシュ詐欺の地点よりも盛り上げられているので、彼は詐欺成功。盛り上げられなかったら詐欺失敗で現行犯逮捕です。最後スピードを保つことができていれば、さらに盛り上げられそう。

美青年ケリー
4S 3T so 3A-2T tano 3T-2T 3A-1Lo-3S hd 3F so 3Lz 3Lo hd
胸毛海賊ケリー。これは意図的胸毛。1番難しいエレメンツを成功しても調子のよさを計ることができないのが彼なのです。後半の3連あたりから急激にスピードが落ち、今にもやられてしまいそうな海賊。脚気で弱ってそうな海賊。スタミナあああああああああああああああ!でも結構もらえたわ。10番代後半~20番の旅から帰還。

ブラウン
3A-2T 3A 2A 3Lz 3F-3T 1A 3Lo hd 3Lz-1Lo-2S
終盤スピードが落ち、ジャンプのミスに繋がりました。そうなると力がこもってしまって、音楽の雰囲気や緻密なプログラムが崩れてきます。それだけこれは計算しつくされて演じられているのだと再確認できました。ワールドでは万全な状態に回復していますように。

ミーシャ
3A 3A-1Lo-3S 3F 3Lz-3T 3Lz 3Lo 2A 2A-2T
SPが愛の夢、LPがくるみ割り人形のアダージョ。このままミーシャが天国で聖人になってしまいそう。どうしてこんな淡い甘い選曲に。もみ上げの形が往年のスターっぽい。落ち着きっぷりは嫁入り前の娘っぽい。

ホックスタイン
4T hd-2T 3A fall 4T shaky 1A 3Lz-1Lo-3S 3F 3Lo 3T-2T
全米で4Tと3Aと3Lzを2本ずつ跳ぶ謎の失敗をしたホックスタインさん。最後を3Lzにしてしまっていたんですよね。あれがなくて、何かどうなっていたら3位の可能性もありました。たらればですけど。今日は3Aが抜けたから、最後3Lz-2Tでもよかったんですよ!

ボーヤン
4Lz-3T 4S so 4Lo fall 4T fall 4T-2T 3A-1Lo-3S 3A 3Lz
1番簡単なジャンプが3Lzwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww6本目のジャンプまで基礎点全部10点以上wwwwwこれはワロタンゴデロスエクシラドス。さすがのボーヤンでも5クワド3A×2はバテます。ジュニア時代ぐらいバテてます。4回転を跳ぶのは大変なんだと分かる瞬間。3本ジャンプ跳んで少し気持ちをリセットできるコレオシークエンスがあって、いいなと思いました。

Pさん
4T-3T 3A 4S fall 4T fall 3A hd 3Lo 3Lz to 3F-2T-2Lo
Pさんの4回転は「失敗しましたけど、何か気になることでも?」と言われるような迫力。転倒してもその後に影響ないからPCS下がらないです。ジャンプをすべて終えてからのステップの伸びがもう・・・すごすぎて。何でこんなに一蹴りで滑って、最終盤なのにプログラムに一山作れるんだろうって。

ハンヤン
3A hd 4T so 4T-2T 1A 3Lo so 3Lz-3T 3S 3F
1本目の4Tは2本目に比べると回転に入るタイミングが明らかに遅いです。ぜひ見比べてみてください。後半の3Aはターンから音楽に乗って入ったので成功すると間違いなく+3が並んでいたやつ。演技前半はジャンプ中心ですが、後半は調和を相当重視して作られています。編曲はパンチありますけども。昨シーズンの「このプログラムどうするんだよ」という状態から、よくぞここまで仕上げてきた!というぐらいに変わりました。ポーズ解くの早い!余韻!

昌磨
4Lo 4F 3Lz 3A fall 4T 4T-2T 3A fall 3S
現在ブエノスアイレスは午前2時台です。惜しい。4Lo初成功うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお4F過去最高にきれいうおおおおおおおおおおおおおおおおおお3A2本転倒。ええええええええええええええええええええええええええええええええええ。昌磨さん最近3Aの成功率が芳しくないですね。+2を並べるエレメンツなので、転倒してしまうと1本あたり6点なくなっちゃうんですよ。んでコンボ2つもないから20点近くがブーンと。

羽生
4Lo 4S 3F 2S-1Lo 4T 3A-3T 4T-2T 3A
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお4S抜けたから3Aを4Tにして、3Lzを3Aにしたああああああああああああああああああああリカバリーの方法すごすぎるうううううううううううううううううううう。こんなリカバリーできるってことはキンキンに切れてるってことですね。3Lzいないから安心する。リカバリーに集中して音楽表現がいつものフルパワーではなかったので、ワールドではもっと出るってことだな!

ネイサン
4Lz-3T 4F 4T ot 4T-2T 3A ot-2T-2T 4S 3Lz 3A so
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおさらに構成上げてきとるやんけえええええええええええええええ3A2本になった!!!昨シーズンまでのルールなら3A-2T-2Tが0点になるところだった・・・あぶねえ。

ネイサン初出場初優勝。羽生の残りのタイトル奪取を阻止。テサモエにおけるファイナルのメリチャリ?ネイサンとボーヤンはともに5クワドですが、3連で3-1-3を入れ後半に5つのボーヤンの方が基礎点が上です。ワールドで最強構成を成功するのはどっち?どっちも?

羽生の構成謎なんですけど、2Sからコンボつけようとしたのは3Sつけようとしたんでしょうか。回数的にはいけますもんね。5クワドにしようとするなら、3Fクビにして3Lz置いておきますよね。やっぱ変態リカバリーだったってことか。

テンくんも見たかったけど、それでも十分レベルの高い試合でした。結局最終グループでは23本の4回転が飛び交いました。
2017
02.17

四大陸選手権 2日目 男子SP

男子SP
1 Q Nathan CHEN(アメリカ)103.12 PB
2 Q Shoma UNO(日本)100.28 PB
3 Q Yuzuru HANYU(日本)97.04
4 Q Boyang JIN(中国)91.33
5 Q Patrick CHAN(カナダ)88.46
6 Q Han YAN(中国)84.08
7 Q Grant HOCHSTEIN(アメリカ)81.94 PB
8 Q Misha GE(ウズベキスタン)81.85
9 Q Jason BROWN(アメリカ)80.77
10 Q Brendan KERRY(オーストラリア)78.11 PB
11 Q Keiji TANAKA(日本)77.55
12 Q Kevin REYNOLDS(カナダ)76.36
13 Q Nam NGUYEN(カナダ)72.99
14 Q Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)72.47
15 Q Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)72.21
16 Q June Hyoung LEE(韓国)67.55
17 Q Sihyeong LEE(韓国)65.40 PB
18 Q Jinseo KIM(韓国)64.26
19 Q Andrew DODDS(オーストラリア)60.17
20 Q Mark WEBSTER(オーストラリア)54.92 PB
21 Q Leslie Man Cheuk IP(香港)52.86
22 Q Chih-I TSAO(中華民国)51.02
23 Q Kai Xiang CHEW(マレーシア)47.38 PB
24 Q Micah TANG(中華民国)46.41 PB
25 Harry Hau Yin LEE(香港)45.27
26 Harrison Jon-Yen WONG(香港)45.12

美青年ケリー
4S 3Lz-3T 3A fall
彼に関しては基礎点の高い2本を成功させて、1番基礎点の低いジャンプを失敗するというのはお決まりみたいなところがありまして・・・。でもそれを除くととてもよくて、滑りが滑らかですしスピンが止まりそうな箇所も今ではなくなりました。LPでスタミナ持ちますように。

ジンソ
3A so 3Lz-3T 1Lo
3Aはどうにか堪え、3Lz-3Tは膝でふわんと。ステップが少しラフになっていたように感じました。練習しているところがオカヤマ、ジャパンと紹介されていました。世界の岡山。

ジュリアン
3A 3F-3T 3Lz
ジュリアン爺の体厚くなってます。んでもって大人の体型になっているから、このちょっとガナった感じの歌い方の曲が合います。キャメルスピンの入りと楽々入る3Lzがきれいです。首が前にグッと出ているところが改善されると、さらに女を支配するような傲慢な態度を出せるんじゃないかと思います。いい演技でした。

ドッズ
3Lz 2A 3F hd-2T
3Lzをとても美しく着氷しました。これはスーパードッズくる!ドッズ家期待の星だ!と思っていたところに3Fで手をつきました。でもそれよりも気になったシットスピン。スピンとして成立していたのか分からない、ゆっくりの回転でした。ドッズのPCS結構評価されてます。

レイノルズ
4S-3T 4T 3A fall
最初の2本のジャンプはするするっと。3Aは回転不足のまま転倒です。6分練習でも3A失敗していたので、やはりここが壁ですね。4回転は他が出来た上で武器になるものですもん。とはいえその他の部分、特にステップの楽しそうな感じ。小さな村で祭りが始まって、普段は大人しい青年が輪の中に入って踊りだすみたいな楽しさがあります。

ハンヤン
4T 3A 3Lz-3T
流れは完璧ではないものの、高さと幅のあるジャンプなのでマイナスはつかないかな?と思います。体が細くなったでしょうか、何か前のハンヤンと違う気がします。ステップの表現がよくなっていると思うのですが、立ち止まってポツンといるところ。これは・・・立ちすくんでいる風に見え、表情などでの工夫が欲しいと感じました。

デカ
3S 3A 3F-3T
3A着氷後のグイーンって加速好きです。あれが有閑マダム堕落の始まりなんです。4Sが3Sになったので6点ぐらい下がります。ステップでは後半少し体が振られかけたかな?と思う箇所はあったものの、全体的には素晴らしかったです。大きな演技でした。

ニューエン
4T-3T 4S 3A
フジテレビの左上カウンターによるとレビューが入りまくりで、あまり加点が得られていないようですが、2クワド&エネミーオブメープルの3Aの3本が入った構成を降りられました。ナムナムの笑顔だったり表現は、70年代の海外の広告みたいな作りこまれたような雰囲気があります。すごく分かりやすくてありがたい。

マルティネス
3A shaky 3Lz-3T 3Lo
ジュニアの頃の面影が顔以外に残っていないです。それぐらい体型が変わりました。手を上に突き上げる振付がまさにモロゾフという感じです。少々軸はブレましたが、この体型で歪ではないビールマン回れるのはすごいです。どういった構造になっているのでしょう。

ネイサン
4Lz-3T 4F 3A
ややシェイキーになった3Aのごまかし方までエレガントに決めるネイサン。3Aが苦手手あまりGOEでプラスがもらえないから、まだこれぐらいのTESで収まっているのに、ここまでクリーンに決められるようになったら他の選手どうすればいいんでしょう。元々表現力ありますし、プログラム滑りこなしてきましたしね。アメリカ=四大陸は落ちてるという図式が成り立たないマン。フジのネイサン低音ボイスインタ聞いてから、声変わりする前のインタビュー映像探しに行きました。変わるねえ。

ホックスタイン
4T hd-2T 3A 3Lz
4Tを堪えた後は美しい滑りでした。彼は今シーズンはここで終わりだと思うので、調子が下り坂という感じもなく、いつもの好調をキープしていました。体に音楽が吸い込まれていくようです。

高橋大輔さん「バンクーバーオリンピックと同じ練習場所」というコメントを残す。僕も時々ピョンチャンのこと、ソチとかバンクーバーって書き間違えてますよ。

ブラウン
3F-3T 3A fall 3Lz
4Tを回避しました。今は無理をせず試合勘を養って世界選手権でいい演技をすることが大切だと思うので、こういった戦法も大切です。トリプルジャンプは絶好調のギンギンのときよりも、上がっていないように思います。だからもっとよくなるはず。

羽生
4Lo 2S-3T 3A
今までで1番きれいに4Loが入りました。これやで!これがわしが見たかったやつやで!2S-3TになってGOEの加点幅も狭まるので、本来より10点は低くなってしまいます。いつもよりおとなしかったように思います。乗り切れなかったでしょうか。「俺の前に立つやつはぶっ飛ばしていくぞ」な表情から、今日はやけに柔らかい表情だったのもいつもと違います。路線変更?夢の111.11は世界選手権にお預けですか。あああああああああ見たいいいいいいい。

昌磨
4F shaky 4T-3T 3A
4F絶対にコケないマン。なぜコケそうなのに耐えられるのでしょう。そして!今シーズン失敗続きだった4T-3Tの討伐に成功いたしました。やーいやーい逆らい続けるから討伐されるんやぞー。体の使い方が空間的になったのではないでしょうか。少しでも遠くに届けようという意識が、上体の使い方から見えました。ええぞええぞ。

Pさん
4T fall 3A 3Lz-3T so
CHAN☆TASTICが韓国にも進出。今シーズンは本当に3A安定してきましたね。ジャンプ2つ失敗しても他に全然影響が及んでいないという。普通体力が削られて、スケート押して押して・・・ってなりますよね?コケてもなお、「ひょっとして体の上滑られても傷つかないんじゃね?」滑らかスケーティングでした。

ミーシャ
3A 3Lz-3T 3F
4Tは回避。予定していたエレメンツをすべてクリーンに入れました。優しそうというだけではなく、父性も醸し出すようになってきました。

ボーヤン
4Lz hd-3T so 3A 4T
今日マイケル・ブーブレ・・・3度目?うわああああああああああああああああああああああ満腹です。練習ではほとんど失敗していなかったらしいので、きっと今回だけなんですね。明後日は5本降りてください!2本4回転をやって、あれだけのステップを振付けるローリーの鬼畜さ。フェルマータ眉じゃないのは、少し寂しさもありますね。

ネイサンの4Fはステップが足りないためか-1をつけたジャッジが3人。ネイサンと昌磨はオールレベル4でした。羽生はフライングキャメルとステップがレベル3。ハンヤンはフライングキャメルがノーバリューとなりました。4回転ぐらいしかしてないですね。ニューエンは2クワドも3Aもアンダーローテーション。難しいですね。

男子は見どころいっぱいでござるなあ。テンション上がった。
2016
12.25

全日本選手権 3日目 男子リザルト

中村アナ、左上カウンターのGOEに支配されるの巻。

男子リザルト
1. 宇野昌磨 中京大学 280.41
2. 田中刑事 倉敷芸術科学大学 249.38
3. 無良崇人 洋菓子のヒロタ 242.11
4. 日野龍樹 中京大学 230.31
5. 友野一希 浪速中・高スケート部 216.55
6. 中村優 関西大学 202.16
7. 島田高志郎 就実学園 200.18
8. 佐藤洸彬 岩手大学 192.70
9. 三宅星南 岡山FSC 188.46
10. 壷井達也 邦和スポーツランド 187.03
11. 川原星 福岡大学 180.69
12. 本田太一 関西大学中・高スケート部 179.84
13. 須本光希 浪速中・高スケート部 178.60
14. 鈴木潤 北海道大学 177.54
15. 小田尚輝 倉敷芸術科学大学 177.02
16. 木科雄登 金光学園 175.94
17. 中野耀司 明治大学 175.29
18. 佐上凌 明治大学 173.69
19. 鎌田英嗣 明治大学 159.07
20. 吉野晃平 関西大学 157.32
21. 中村智 長野市スケート協会 157.24
22. 時國隼輔 同志社大学 151.99
23. 笹原景一朗 同志社大学 151.29
24. 中野紘輔 福岡大学 140.77

島田
3S 3Lz-3T 2A 3Lz 3F 2A-2T-2Lo 3Lo 3S-2T
4Sや3Aは回避です。ステップの表現がいかにも思春期な感じの迷いのあるロミオの心情を表現するのにピッタリでした。レベルは取れていませんでした。そこからジュリエットの思いを貫くと決意したように3Lzで後半部分が始まります。終盤は力強いけど討ち入りはせずにきちんと死にそう。ロミオくんがすごくいい仕上がりだったので、明日はジュリエットさんもよろしくどうぞ。見たか地上波!!!!!かわいいだろ!声は低いぞ。

中村
3A so 3Lz-3T 3F 2A 3Lz fall 2A-1Lo-3S 3Lo-2T 3Lo
3Aが2Aになったので、最後の2Aを3Loに変えてザヤ回避です。よく変えられましたよねこれ。2A-1Lo-3Sがきちっとしていて僕好みのやつでした。忙しくないやつです。朝6時台の電車で余裕を持って出社するみたいなジャンプ。

鈴木
3A fall 3Lz 3Lo fall 3Lo hd 3T shaky 3T-2T 2A-1Lo-3S 2A
スケート人生を表したプログラムですか。ニューシネマパラダイスもガキンチョから始まり大人になって愛を知って現実を知ってみたいなやつですもんね。終盤のキリリとした表情から、大人の表現というものを感じ取ることができます。

佐藤
3A-2T so 3A df 3Lz df 3Lo<< 3F-2T tano 2Lz 1S 2A shaky
街の人気者。スケートオタウンっていう街では大人気ですよ!スケーターの太もも筋とおケツ筋大きいからパンツの茶色と相まって馬の下半身みたいに見えてきました。ステップとコレオシークエンスはフレーズにピッタリ、フィーガロフィガロフィガロの連呼でシットスピン最高。3Aは高さがあったのに2Tステップアウト&お手つきになったのもったいない。

リュージュ
3Lz-1Lo-3S 3Lz-3T 3A-2T 3Lo 3A fall 2A shaky 3F 2A
4Tは回避して安全策できました。3Aで転倒はあるものの先にコンビネーションを済ませたので、大きく点数は取りこぼしていません。きちっきちっとした演技でした。順位という形で自分の今の位置を示すことができないと、これからスケートを続けていくのに支援してもらえにくいでしょうしね。そういう意味でもまとめることは大事でした。ムーミンのぬいぐるみを抱く・・・ロシアからフィンランドへの侵攻かな?

友野
4S 3A 3F-2T 3A-2T 3Lo 2S 3Lz 3F
4Sがきれいに入りました。コンビネーションジャンプが予定通りにはいかなかったですが、ノーミスなら155以上出るという計算ですし、コレオシークエンスのないジュニアでも150点ぐらいは出そうです。コレオシークエンスで足された部分も、パリのアメリカ人のここの音楽のところは、フィナーレのながーーーいダンスパートなのでむしろこれが自然とも言えます。ロシアと北米をあっと言わせてきてくれー。

デカ
4S 3S 3A<< 3F-3T 3A-2T-2Lo 3Lz 3Lo 3S-2T
ミスを後ろに引っ張らないマン。4Sが3Sにもザヤる失敗はない構成です。4Tだと怖いことがありますけど、サルコウを跳べるのはこういったメリットあるんですよね。デカの3Lzはエッジめちゃ倒してますけど、この選手が過去e連発だったとは思えないです。2013-2014シーズンまで国際大会でeか!つかなかったこと1回しかなかったという。

むらむら
4T shaky 4T-2T 3A 3S 2A df 3A so 3F df 2Lz
予定していたジャンプがほとんど入らずでした。2つのミスぐらいまでは立て直せますが、これだけミスが重なると難しくなります。前半はトランジションでもしっかりと表現する余裕がありましたが、リカバリーしようリカバリーしようという焦りからかミステリアスな雰囲気がなくなってしまって、表現も堪能できず・・・という形に。派遣どうなるべや?

昌磨
4F so 4T ot 3Lo 3A shaky 4T shaky 3Lz-2T 3A-1Lo-3F 3S-3T
シーズン序盤はジャンプ以外の見所が薄かったなというのが正直な感想ですが、ステップすごくよくなりましたね。ウネウネしてます。土から掘り出したてのカブトムシの幼虫ぐらいウネウネしてます。人間っぽくない動き。昔コンテスティがLPの最後の方でリカバリーで3S-3Tを入れて驚いたもんですが、最後の3つのジャンプでコンボ入れ倒すとは。練習では2回に1回ノーミス、ファイナルをノーミスとしてカウントしてと・・・四大陸とワールドと国別ノーミスいこうぜ!今日の涙はいい涙。

タカハシダイスケアナ今日はあんまり噛まなかったから物足りない。去年と同じようにミヤネ屋の番組に代表が出るようですね。今年もオデのこと無視したら滅びのバーストストリーム撃つぞ。
back-to-top