FC2ブログ
2012
11.19

メラーノ杯 2日目 女子リザルト・男子リザルト

女子LP
1 Nicole RAJICOVA(スロバキア)86.10
2 Sarah HECKEN(ドイツ)85.81
3 Han BROOKLEE(オーストラリア)85.13
4 Sabrina SCHULZ(オーストリア)84.78
5 Carol BRESSANUTTI(イタリア)84.33
6 Kerstin FRANK(オーストリア)83.86
7 Kana MURAMOTO(日本)83.54
8 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)83.34
9 Anine RABE(ノルウェー)77.22
10 Lenaelle GILLERON GORRY(フランス)76.72
11 Katharina ZIENTEK(ドイツ)74.48
12 Eliska BREZINOVA(チェコ)72.84
13 Alina FJODOROVA(ラトビア)70.73
14 Silvia LOVISON(イタリア)69.47
15 Deborah SACCHI(イタリア)59.58
16 Elena VANZ(イタリア)53.30

女子リザルト
1 Sarah HECKEN(ドイツ)137.75
2 Nicole RAJICOVA(スロバキア)130.91
3 Han BROOKLEE(オーストラリア)128.67
4 Sabrina SCHULZ(オーストリア)127.55
5 Kerstin FRANK(オーストリア)125.42
6 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)125.04
7 Kana MURAMOTO(日本)124.40
8 Anine RABE(ノルウェー)123.24
9 Lenaelle GILLERON GORRY(フランス)122.79
10 Carol BRESSANUTTI(イタリア)120.75
11 Eliska BREZINOVA(チェコ)114.94
12 Katharina ZIENTEK(ドイツ)113.67
13 Alina FJODOROVA(ラトビア)106.44
14 Silvia LOVISON(イタリア)102.07
15 Deborah SACCHI(イタリア)94.08
16 Elena VANZ(イタリア)79.04

ヘッケンは3Fも3Lzも両方入れているのを初めて見ました。多分・・・多分。いや、今までもきっとありますね。

男子LP
1 Paolo BACCHINI(イタリア)137.27
2 Pavel KASKA(チェコ)121.68
3 Christopher BERNECK(ドイツ)115.69
4 Yoji TSUBOI(日本)109.17
5 Phil HARRIS(イギリス)106.66
6 Ting Ronald LAM CHIU(香港)104.81
7 Denis WIECZOREK(ドイツ)99.87
8 Saverio GIACOMELLI(イタリア)99.73
9 Manol ATANASOV(ブルガリア)98.85
10 Nicolas DUBOIS(スイス)92.83
11 Cesare BELLOMO(イタリア)83.24
12 Manuel KOLL(オーストリア)73.25

男子リザルト
1 Paolo BACCHINI(イタリア)203.43
2 Pavel KASKA(チェコ)178.95
3 Christopher BERNECK(ドイツ)172.34
4 Yoji TSUBOI(日本)164.57
5 Ting Ronald LAM CHIU(香港)161.30
6 Phil HARRIS(イギリス)159.02
7 Denis WIECZOREK(ドイツ)152.90
8 Saverio GIACOMELLI(イタリア)150.00
9 Manol ATANASOV(ブルガリア)147.91
10 Nicolas DUBOIS(スイス)142.07
11 Cesare BELLOMO(イタリア)123.45
12 Manuel KOLL(オーストリア)114.13

バッキーニがぶっちぎりでした。

メラーノ杯はちょっと盛り上がりに欠けて、コメントのしようがないお・・・。

来週はというか、今週末はNHK杯だけ!体に優しいですね。日本ですしぐっすり寝られます。
Comment:0
2011
12.23

全日本選手権 男子SP・ペアSP

フジの放送見ますです。

男子SP
1.高橋 大輔 関西大学 96.05
2.小塚 崇彦 トヨタ自動車 85.60
3.町田 樹 関西大学 74.64
4.羽生 結弦 東北高校 74.32
5.中村 健人 立教大学 68.58
6.田中 刑事 岡山理大附高校 67.48
7.宇野 昌磨 グランプリ東海クラブ 63.49
8.坪井 遥司 岡山大学 63.21
9.村上 大介 陽進堂 62.65
10.佐々木 彰生 明治大学 60.45
11.日野 龍樹 中京大中京高校 60.19
12.無良 崇人 中京大学 60.05
13.木原 龍一 中京大学 57.45
14.川原 星 沖学園 53.96
15.郡山 智之 福岡大学 50.93
16.小沼 祐太 日本大学 50.82
17.堀之内 雄基 日本大学 49.96
18.吉田 行宏 関西学院大学 49.40
19.近藤 琢哉 慶應義塾大学 48.71
20.中村 智 山梨学院大学 46.75
21.宮崎 勇人 関西大学 41.96
22.松村 成 明治大学 41.90
23.江口 涼一 中京大学 41.51
24.玉田 裕也 愛媛イヨテツSC 38.99
25.近藤 眞樹 関西学院大学 38.59
26.山田 耕新 関西大学 37.60
27.野添 紘介 飯塚フィギュアクラブ 36.34
28.松坂 悠飛 関西大学 34.66
29.竹田津 彰太 米子クラブ 32.80

フジテレビの点数表記のテロップみたいなやつが改悪されていて残念。改悪の上ダサい。

デカ
3A 3F-3T 3Lz
ジャンプはミスなく入りました。今シーズンなかなか成功しなかったアクセルがクリーンに入ったのが何よりでした。コンボスピンはまずまずだったんですけども、キャメルスピンの足換えでポジションが崩れてしていましたし、出方もあまりよくありませんでした。中野さんみたいにスピンは練習しまくるしか無いと思うので、回って回って回って回ってください。円広志も真っ青なぐらいに。

MURAKAMI MACHIDA MURAの3Mっていう設定ワロタ。ケントも入れてあげてください。
指摘されて気がついたんですけど、ケントって中村でした。村がつくせいで勝手にM扱い。Nごめん。

昌磨
3Lo 3F-2T 2A
ジャンプはほぼクリーンに。ジュニアの課題ではルッツが指定ですが、ルッツはeがつくので、今日は3Loをクリーンに。日本男子なのにスピンが上手という、みんな見習ってー!キャメルスピンで回転が終わって、パパッと終わるのではなくて、綺麗なアップライトで、回転もそれなりにあってスピンを終えるっていうのが良いですね。
スピードがあって滑りが良いので、見ていて気持ちが良いです。
今は中2なんですね。中2の頃なんて、毎日ヘラヘラしていましたよ。今でもですけど。

リュージュ
3A 3Lo-3T hd 3Lz
好きなスケーターはミハル・ブレジナのリュージュさん。
ジャンプの出来がどれもいまひとつ。スピンは上手でした。3Aの後に振り付けでホップをいくつか入れていますが、すごく不自然。振り付けなのであれば、もう少し楽しそうにして欲しかったです。この音楽はボブソロが水兵さんのコスプレで滑った音楽と同じで、音源は違えどとても同じには思えないんですよね。昌磨やデカよりもコンポーネンツの評価がガクッと低くつけられていますが、それも仕方無いかも。

フジがアグノエルとミュリエルせんせーの名前を出したっ!!!これは奇跡。

こづ
3F-3T 3A 3Lz
何かから逃げているようなプログラム。それを表現するために表情まで気を遣っていたのでしょう。終始ドヤ顔で滑っているように見えました。ジャンプもスピンもクリーン。今シーズン一番良い演技でした。
3Lzのちょっと前に右手で、フレミングの法則みたいなことしていました。あれはどういう意図なんでしょう。

60点台なのに放送されない坪井・・・(´・ω・`)

まっちー
3A 3F-3T 3Lz
3Aと3Lzは着氷堪えられました。3-3は素敵でした。キャメルスピンだけはいただけないです。ポジションは悪くないですけど、完全なこなしエレメンツ。もう微妙なスピン見るの嫌だから、ルール戻して欲しい。
クリーンではありませんが、エネルギッシュで良い演技でした。

あきお
3A fall 3Lz-3T 3F tano
忍者・・・だと?ハンガリー舞曲忍者風味・・・だと?
ジャンプのミスはありましたが、3Fのタノ綺麗でした。
彼の演技を見ないと年は越せないざんす。あきお人気杉ワロタ。

村デー
4S fall 3A so 3F
4S転倒、3Aステップアウト、リカバリーもしませんでした。ジャンプのミスが残念です。ステップは細かいのですが、もう少し滑ってくれればもっと良いんですけどね。
こういうラインが腰の所にある衣装って、脚が短く見えてしまうんですよね。ただでさえ、そんなに長くないのに、なぜにこういう衣装に。アメリカのみんなは着てるから、僕も大丈夫!ってやつか。日本人のDNAを舐めちゃいかん!
日本人は昔に比べて脚長くなったというのは気のせいです。確かに身長は伸びましたが、身長に占める脚の比率は全然増えていないのです。

ケント
3Lz-3T 3A 3F fall
フリップの転倒が残念でした。入りが難しかった&高さもそんなに無かったので仕方ないのかなあと。キャメルは昨シーズンよりも良くなったと思います。無理矢理回ろうとしなくなったのが良かったのかもしれません。やや慎重になりすぎて、動きが固かったかな?と思います。
イケメンの無駄遣いにならなくて良かった。イケメンって言葉、ちんけで嫌いなんですけどね。男前の無駄遣いにならなくて良かったといいましょう。LPもがんばれー。

大輔さん
4T-3T 3A 3Lz
喜びをwwwwwwww隠し切れないwwwwwwテケと西岡さんwwwwwwwwww
3F-3Tばっかりやっていて、3-3なんだろうと思って文章打ってたら、西岡さんが騒ぐから。ちゃんと見てなかった。4T-3Tっていつぶりですかね?2005年のワールド?
良かったねー。良かったねー。いやー良かったねー。
96点ギガントワロッシュwwwww

むらむら
2T 3A 3Lz fall
クワド抜け、3Lz転倒、コンボ抜け残念です。ジャンプミスだけで16点ぐらいサヨナラしてしまうんですよね。
エッジが深くなって、ステップがとても素敵でした。それだけでも昨シーズンより良くなっているというのは良いことなのでは無いかと思います。男臭くて114114。

羽生
3T 3A 3Lz-2T tano
4Tが抜けて3Tに、足もついてしまいました。リカバリーでは3Lzに2Tをつけたのが賢かったですね。もし3Tをつけていたら、あー恐ろしい。
4Tを入れられなかったことで、気持ちとして勢いがつかなかったのか、いつものような気迫はちょっと感じられなかったです。でもエレメンツの質はとても良かったですね。もう少しSPはトランジションを入れられれば良いですよね。勢いだけで押し切るのもしんどいと思うので。
キスクラで、96点で笑っていらっしゃる。

11点差、11点差、11点差すごい点差。
今日はミュージックステーションのスーパーライブだから、彼はいないんですね。明日も明後日もスーパーライブならいいのに。

JSFはもうちょっとファンに対して良心的であるべき。
リザルトページをあれするの遅すぎなんですよ。フランスでさえ。あのフランスでさえすぐやるんですよ?

おだくーんの怪我が早く治ることを祈りつつ、リザルトページ待ってたら来た。


ちなみにペアは
1.高橋成美&マーヴィン・トラン 57.42

このスコアだとジャンプでミスがあった感じですよね。
Comment:13
2011
10.08

JGPウォルター・ロンバルディ杯 2日目 アイスダンスSD・男子リザルト

アイスダンスSD
1 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)62.86 PB
2 Valeria ZENKOVA / Valerie SINITSIN(ロシア)53.84 PB
3 Lauri BONACORSI / Travis MAGER(アメリカ)53.67 PB
4 Shari KOCH / Christian NUECHTERN(ドイツ)51.89 PB
5 Victoria HASEGAWA / Connor HASEGAWA(カナダ)51.53 PB
6 Lolita YERMAK / Alexander LIUBCHENKO(ウクライナ)51.41 PB
7 Sofia SFORZA / Francesco FIORETTI(イタリア)47.31
8 Caelen DALMER / Shane FIRUS(カナダ)43.14 PB
9 Alessia BUSI / Andrea FABBRI(イタリア)41.92 PB
10 Sarah COWARD / Avidan BROWN(ドイツ)41.37 PB
11 Yiyi ZHANG / Nan WU(中国)40.22
12 Estelle ELIZABETH / Romain LE GAC(フランス)40.06
13 Lindsay POUSSET / Louis THAURON(フランス)39.82
14 Cortney MANSOUR / Daryn ZHUNUSSOV(カザフスタン)33.07 PB
15 Laura ABTS / Maarten BUCKENS(ベルギー)28.50 PB
16 Jasmine TESSARI / Stefano COLAFATO(イタリア)27.24

1位はぶっちぎりのステパノワ&ブキンでした。たしかに素晴らしい演技ではありましたが、いささか点数を出しすぎなのでは無いかと思います。

ゼンコワたちとボナコルシーたちがこのままの順位だと両方が2位と3位となり、点数勝負になってきそうです。ボナコルシーたちは2位に入った時点でファイナルは確定ですね。

移動疲れでねむとうございます。

男子LP
1 Han YAN(中国)147.30 PB
2 Jason BROWN(アメリカ)125.91
3 Artur DMITRIEV(ロシア)121.20
4 June-Hyoung LEE(韓国)118.50 PB
5 Jay YOSTANTO(アメリカ)105.47 PB
6 Martin RAPPE(ドイツ)101.81
7 Maurizio ZANDRON(イタリア)98.50
8 Luiz MANELLA(ブラジル)96.89 PB
9 Noah SCHERER(スイス)94.02 PB
10 Christophe BELLEY-LEMELIN(カナダ)92.55 PB
11 Saverio GIACOMELLI(イタリア)88.23
12 Victor BUSTAMANTE(スペイン)84.10
13 Igor REZNICHENKO(ウクライナ)81.65
14 Ondrej SPIEGL(スウェーデン)79.66
15 Filippo AMBROSINI(イタリア)79.51
16 Marco ZAKOURIL(チェコ)75.67
17 Yoji TSUBOI(日本)74.08
18 Vlad IONESCU(ルーマニア)72.37
19 Shu NAKAMURA(日本)70.48 PB
20 Krysztof GALA(ポーランド)66.93 PB
21 Oliver PORTER(オーストラリア)64.44
22 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)62.04 PB
23 Leonardo MAEKAWA MORENO(メキシコ)59.50 PB
24 Lap Kan YUEN(香港)51.61
25 Adil ZHARBOLOV(カザフスタン)49.31 PB
26 Suchet KONGCHIM(タイ)48.97

男子リザルト
1 Han YAN(中国)219.37 PB
2 Jason BROWN(アメリカ)194.28
3 June-Hyoung LEE(韓国)176.48 PB
4 Artur DMITRIEV(ロシア)174.19
5 Jay YOSTANTO(アメリカ)164.27 PB
6 Martin RAPPE(ドイツ)152.51
7 Luiz MANELLA(ブラジル)149.03 PB
8 Maurizio ZANDRON(イタリア)143.19
9 Noah SCHERER(スイス)137.79
10 Christophe BELLEY-LEMELIN(カナダ)137.54 PB
11 Saverio GIACOMELLI(イタリア)131.99
12 Igor REZNICHENKO(ウクライナ)125.87
13 Filippo AMBROSINI(イタリア)125.64
14 Victor BUSTAMANTE(スペイン)125.31
15 Ondrej SPIEGL(スウェーデン)125.08
16 Marco ZAKOURIL(チェコ)116.32 PB
17 Yoji TSUBOI(日本)114.79
18 Shu NAKAMURA(日本)113.71 PB
19 Vlad IONESCU(ルーマニア)107.80
20 Oliver PORTER(オーストラリア)96.67
21 Krysztof GALA(ポーランド)96.24 PB
22 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)92.95 PB
23 Leonardo MAEKAWA MORENO(メキシコ)92.84 PB
24 Lap Kan YUEN(香港)81.46
25 Suchet KONGCHIM(タイ)80.30
26 Adil ZHARBOLOV(カザフスタン)71.34 PB

眠気を吹き飛ばしてくれたハンヤン氏に感謝せねばなりません。

優勝はぶっちぎりもぶっちぎりのハンヤンでした。今回のこのスコアは2009年のジュニアワールドのりっぽん、2010年のJGPFのドーンブッシュに続くハイスコアでした。今回の彼の演技ではクワドでステップアウト3-3のセカンドも入らなかったですし、SPでもミスがありました。スピンも取りこぼしていますし、あと10点は伸びる余地はありそうです。
幅も高さもあるジャンプを跳ぶ選手ですが、スピードを制御しきれてないのが気になりますね。最初のアクセルとか、フリーレッグを付き気味だったのにほとんどのジャッジが+1で誰もマイナスしていなかったのには笑ってしまいました。
つるつるスケーティングでスピード狂なんて、ポンちゃんみたいですね。Pちゃん2世じゃなくて、ポンちゃん2世。
このスピード狂なあたりツィゴイネルワイゼンは合っていますが、もっともっとジプシーの奔放で楽しい感じも出してほしいです。SPとさほど印象が変わりません。
彼は15歳ですが3月生まれなので、シニアのチャンピオンシップスは出場できるんですよねー。彼がノーミスで滑り切ればトップ10に入って、2007年以来の2枠復活ということもありそうですが、前のデニス・テンみたいに試合に出させ過ぎてボロボロになるってことが無いようにしてほしいです。
四大陸には出てほしいと思いましたが移動も大変ですよね。期間も短いですし。
せめて国別・・・・・には中国は出られるのかは知りません。

ブラウンは一人だけ点数の出方が違いますね。スケーティングスキルとトランジションで同じ点数が出せるのは彼ぐらいです。なんだったらトランジションの方が点数出てもいいぐらいで。トランジションが出にくいのはありますが、どうもこれだけ1番低い点数をつけるジャッジが多いなか、この点数の出方はすごい。とにかく入れて入れて入れまくる。点数出さないと許さないレベルで入れてます。
アクセルは今回も無かったですが、ぜひファイナルでは挑戦してほしいです。ファイナルなので失うものもないですから。ノブナリやりっぽんぽんみたいに、結構年齢いってからアクセル習得している選手もいるので、男子はまだまだ分かりません。

ドミは今回もクワドは無し、せっかく入れた3A-2Loも成功とはいきませんでした。全体的にボロボロとミスが出てしまっています。ループのコンボといえばアブトですよねー。彼は3Loでしたけど。どうでもいいですか。
上半身の使い方、もう少しバリエーションがあると面白いんですけども、ちょっとワンパターンで。うーむがんばれ。
3位ならばファイナル進出だっただけにSPのミスが悔やまれますね。

今回3位に入った韓国のジュンヒョン・リーはドンウォンやミンソクに比べて滑りがいいですね。アクセルが跳べればいいんですけど。滑りがいいとプログラムがぶつ切れにならないので見ていて気持ちいいです。

坪井は最後の2つ、中村は最初の1つしか成功しているジャンプがありませんでした。またスピンにマイナスがちらほらとつけられてしまっています。ランビは日本にショーで来たときは若い選手にスピンを教えてあげてください。マジで。

6戦目にしてハンヤン、ブラウン、リュージュ、デカまで4人のファイナル進出が確定しました。
最終戦にはファリス、コフトゥン、木原、昌磨が出場します。補欠にゴルシコフが入っていたので、てっきり出るもんかと思っていたら、ロシアって最終戦の枠が1つしかないのでゴルシコフは出られないんですね。
ファリスもコフトゥンも4位以内でファイナル確定。5位でもたぶん出られると思います。木原や昌磨が優勝しなかったらってことですけども。今回の宮原やヒックスみたいなこともあるので、分からないっちゃ分からないんですけどね。
Comment:0
2011
09.09

JGPブリスベン 1日目 女子SP・男子SP

わほほ

女子SP
1 Hae-Jin KIM(韓国)52.26 PB
2 Courtney HICKS(アメリカ)50.19 PB
3 Vanessa LAM(アメリカ)49.28
4 Risa SHOJI(日本)47.28
5 Haruna SUZUKI(日本)45.85 PB
6 Polina KOROBEYNIKOVA(ロシア)43.34 PB
7 Alexandra DEEVA(ロシア)41.43 PB
8 Beata PAPP(フィンランド)41.29
9 Alexandra NAJARRO(カナダ)40.71
10 Anita MADSEN(デンマーク)40.64 PB
11 Brooklee HAN(オーストラリア)37.53
12 Chantelle KERRY(オーストラリア)36.50 PB
13 Victoria HUEBLER(オーストリア)34.39
14 Bahia TALEB(フランス)33.18
15 Sindra KRIISA(エストニア)32.71 PB
16 Chaochih LIU(中華民国)31.52
17 Sandra KOPHON(タイ)31.31
18 Reyna HAMUI(メキシコ)28.18
19 Jaimee NOBBS(オーストラリア)27.78
20 Madelaine PARKER(ニュージーランド)26.64 PB
21 Sumika YAMADA(香港)26.44
22 Yi Ching NG(シンガポール)25.49 PB

ラムちゃん
3Lz 3F-2Lo 2A
ルッツは見事、フリップとループはどちらも回転が足りてない感じでした。回転が足りていないのでランディングがグラついてしまいました。スピンは見事。特にレイバックポジションは絶品です。彼女のレイバックはフリーレッグの伸びが本当に美しいです。姿勢自体もいいですし、滑りもいい。アメリカの若手の中だと、個人的には彼女が一番です。

庄司
3F-3T 3Lz 2A
ジャンプの回転がうむ・・・という感じです。特にフリップは明らかに足りていないです。ジャンプの回転が足りていないだけで、ほぼクリーンにプログラムは滑り終えました。衣装は上品なのに、セクシーという素敵な感じですけど、イマイチ乗り切れていない感は感じなくもないです。昨シーズンのケイトリン・ウィーバーみたいな弾けが欲しいです。

ヒックス
3F-3Lo 2A 2Lz
ルッツがダブルになるミスがありました。今シーズンからセカンドをループにしてきました。ジャンプがとにかく高いですね。すごく見応えがあります。スピンもあいかわらず変態ポジションと変態速度での回転がすごいです。
勢いがあるので、コンポーネンツも高く出やすいですね。

コロベニコワ
3F-1T 3Lz fall 2A
2つのジャンプミスで大きく点数を失ってしまいました。小さい子が多いロシアの中では長身の方で、なおかつ美人です。何気に所作も美しい。そして、衣装のセンスも悪くないという。これはがんばっていただかないと。名前に打ち勝つんだ!

バイア・タレブちゃん
2T<< 2A 2Lz
演技どうこうじゃない。まさかの編曲、ユナの007の丸パクという。

鈴木ちゃん
3F-2T 3Lz so 2A
予想を遥かに上回るほどの演技でした。全日本で見ただけでしたけど、それよりもいいですね。ルッツを持っていない選手だったと思いますが、回転は大丈夫そうですし、習得できそう。コーチがコーチなだけあって、滑りはしっかりしていますね。最終グループに入れたのはいいことです。がんばれー。

ヘジン
3F-3Lo 3Lz 2A
ジャンプ強いですね。ここまで安定してセカンドループを入れられるのはすごいです。ステップの荒ぶりも良かったです。スピンの回転速度がもう少し速ければいいのとスローパートの表現なんかは、もう一つ足りないかなと思います。

終わってみれば、eマークと回転不足のオンパレードでした。3-3認定されたのはパップ妹(転倒)だけで、みんな回転が足りていません。
そして、ジュニアでレベル4を出した選手が2人もいました。ラムとディーバですね。ジュニアでこれだけ出るということは、コストナーさんなんて毎試合出るんじゃ・・・と思ってしまいます。

みんな臆することなく、LPでも3-3を入れて欲しいです。シェレペンみたいに3-3を2発入れて、成功した例もありますし。庄司は3-3を2本かは分かりませんが入れることだろうと思うので、ぜひ逆転を。

予想の域を出ない順当なメンツが上位に来ました。


男子SP
1 Jason BROWN(アメリカ)68.20 PB
2 Keiji TANAKA(日本)64.65 PB
3 Liam FIRUS(カナダ)57.09
4 Yoji TSUBOI(日本)56.65 PB
5 Philip WARREN(アメリカ)54.55 PB
6 Mikhail KOLYADA(ロシア)53.95 PB
7 Dong-Won LEE(韓国)53.31 PB
8 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)52.69 PB
9 Chih-I TSAO(中華民国)45.60 PB
10 Christopher BERNECK(ドイツ)45.37
11 Simon HOCQUAUX(フランス)42.40 PB
12 Brendan KERRY(オーストラリア)42.35
13 David KRANJEC(オーストラリア)42.04 PB
14 Bela PAPP(フィンランド)39.82
15 Marco ZAKOURIL(チェコ)36.59
16 Wayne Wing Yin CHUNG(香港)35.70
17 Oliver PORTER(オーストラリア)35.28 PB
18 Ryan Zhi Jwen YEE(マレーシア)33.61
19 Suchet KONGCHIM(タイ)22.52 PB

デカ
3A 3F-3T 3Lz
ジャンプの質が増したと思います。
昨シーズンと同じプログラムですが、体の動かし方が昨シーズンよりいいですね。
曲が曲なので、もっともっと激しくてもいいと思います。
デカさんマジいいよ。

ブラウン
2A 3F-3T 3Lz
点数だけ見て、いよいよ3Aか?と思いきやのダブルでした。
しかし、ジャンプ構成を除けは他の選手とは格の違うエレメンツの質、滑り、トランジション、音楽表現。
体の使い方も洗練されていました。今シーズンはデカとハンヤンと3つ巴という感じになるでしょうね。
最後のレイバックポジション、速くて美しくて大好きです。
この1位は納得せざるを得ないです。

タイの子のビールマンが男子とは思えない完成度の高さでした。
さらにフィリピンの子も男子とは思えない(ry

坪井
3A 3T-2T 3Lz
ジャンプはまぁまぁですが、スピンが遅いですね。
このアクセルの安定感が異常すぎてすごい。

プロトコルが上がってこないのでどうとも言えません。上がってきたら、また何か追記する・・・かも。

というわけで追記です。
もっと前にやろうと思ったら、メンテしていたので・・・・・。

ブラウンは全てのエレメンツでレベル4でした。男子でスピン・ステップレベル4を揃えるのはすごいですよね。男子でもやはりレベル4出ましたね。レベル4のGOEの強みが無くなってしまったのは残念ですが、今シーズン増えるであろうことを見越していたんでしょうか。

デカは安定のスピンレベル1がありました。あのキャメルスピンでは仕方ないです。マイナスがつくのも仕方ないですよね。それでも他は4で、ステップも3となかなかの演技だったようで。せめてeマークは矯正できないものなのか。

坪井はいずれのスピンでも+をつけているジャッジがいなかったです。見るからに質は悪かったので仕方ないですね。いくらなんでも、ちょっとスピンには問題がありすぎるように思うので、どうにかしてほしい。

全体的にレベルは出た感じはします。レベル認定が甘いコーラーなので、これぐらいは予想の範囲内ではありますが。

2日目の種目の時には、うちの近辺では雨が降るようなので、迅速に結果はお伝えできないと思います。
雨になるとネットつながらなくなるんですよね。でも、これ苦情出しても、NTTクソ野郎はかけ合ってくれないみたいで、だから諦めてます。
Comment:0
back-to-top