2016
11.20

全日本ジュニア選手権リザルト

今年もBSフジが女子の生放送。

アイスダンスリザルト
1 深瀬理香子/立野在 大東文化大学/法政大学 130.84
2 折原裕香/森望 武蔵野学院/明治大学 103.54
3 矢島榛乃/嶋崎大暉 新横浜プリンスFSC/明治大学 90.04
4 吉田唄菜/杉山匠海 岡山SC/就実学園 86.70
5 柏野茉衣/柏野雄飛 倉敷FSC/倉敷FSC 74.74
6 岩崎ゆう/池田喜充 明治神宮外苑FSC/アクアリンクちばクラブ 68.48

6組もいますよ。暫定的にだったり、お試しでやっているカップルもいるかもしれないけれど、とても嬉しく思います。りかあるはSD・FDでツイズルレベル4でしっかりプラスももらっていますし、またこれからが楽しみです。

男子リザルト
1. 友野一希 浪速中・高スケート部 207.85
2. 島田高志郎 就実学園 198.20
3. 須本光希 浪速中・高スケート部 191.81
4. 木科雄登 金光学園 181.25
5. 壷井達也 邦和スポーツランド 177.62
6. 三宅星南 岡山FSC 174.86
7. 長谷川一輝 ROYCE'F・S・C 170.89
8. 山隈太一朗 ひょうご西宮FSC 167.15
9. 小林諒真 新横浜プリンスFSC 166.59
10. 小林建斗 秀明英光高校 164.27
11. 鍵山優真 神奈川FSC 164.14
12. 唐川常人 新横浜プリンスFSC 163.84
13. 山藤一悟 石見スケートクラブ 163.19
14. 竹内孝太朗 中京大学 157.53
15. 佐藤駿 仙台FSC 157.03
16. 西山真瑚 明治神宮外苑FSC 154.63
17. 本田ルーカス剛史 大阪スケート倶楽部 150.83
18. 石塚玲雄 駒場学園高校 149.39
19. 國方勇樹 駒場学園高校 146.14
20. 佐々木晴也 邦和スポーツランド 145.80
21. 片伊勢武 神戸FSC 22 141.66
22. 門脇慧丞 湖遊館スケートクラブ 137.94
23. 古家龍磨 北九州FSC 135.52
24. 山田晋一 神戸PFSC 125.46

友野
4S df 3A-2T 3F-3T 3A-2T so 3Lo 3S shaky 3Lz 3F
4Sは回転不足で両足。今シーズン3Aの着氷が大幅に向上しましたが、なかなか質のいいものを降りられませんでした。ジュニアグランプリほどの元気は感じられなかったかなと思います。

男子は友野をフルで島田と須本はダイジェスト!わーーーでも、選手層を考えるとこれはしょうがない。プロトコルを見ると三宅が3Aを入れていて、回転は足りていたから全日本が楽しみになりました。降りてくれー。

女子リザルト
1. 坂本花織 神戸FSC 191.97
2. 白岩優奈 関西大学KFSC 185.13
3. 本田真凜 関西大学中・高スケート部 176.23
4. 笠掛梨乃 ポラリス中部FSC 173.97
5. 鈴木沙弥 邦和SC 166.38
6. 滝野莉子 大阪スケート倶楽部 165.41
7. 松原星 武蔵野学院 162.96
8. 横井ゆは菜 中京大中京高校 162.84
9. 青木祐奈 神奈川FSC 161.35
10. 岩元こころ 大阪スケート倶楽部 157.56
11. 紀平梨花 関西大学KFSC 153.73
12. 松岡あかり 日出中学・高等学校 148.80
13. 住吉りをん 明治神宮外苑FSC 147.64
14. 藤由妃乃 パピオフィギュアクラブ 142.21
15. 岩野桃亜 芦屋学園 139.98
16. 山下真瑚 グランプリ東海クラブ 139.81
17. 三野真穂 なみはやクラブ 138.29
18. 吉田莉菜 名東FSC 132.49
19. 加藤日向子 邦和SC 131.58
20. 横山翠 神戸PFSC 124.58
21. 河辺愛菜 邦和SC 123.94
22. 浦松千聖 名古屋FSC 122.79
23. 竹内すい オリオンFSC 122.36
24. 大橋璃子 神戸FSC 113.65

住吉
3F fall 3Lz 2A-3T ot 3Lo 3F-2T 3S-2T-2Lo 2A
奈也ちゃん振付とな。ジャンプには緊張が見られましたが、レイバックスピンすごかった。ディフィカルトでの回転速度の増加もそうですけど、支持なしの状態で、体を曲げてあんなにきれいなポジションを保持できるとは。

松原
3Lo 3F-3T 3Lz-2T 3Lz-3T-2T 3S 2A 2A
驚異の膝はどのような構造をしているので?前世は猫なんでしょうね。柔らかなジャンプの着氷から、中盤はキレよく滑るので緩急も感じられました。ええでええで。手の上げ下ろしきれい。

ゆは菜
3A fall 3F-2T tano 3Lo 3Lz 2A-3T-2T tano 2F 2A-3T
どういう経験を積めばこんな高1になるのか。3Aは回転不足で転倒、後半で3Fが抜けましたが、抜けた直後でもすぐに表情を作ってステップワッショイ。

鈴木
2A-3T-2T 3Lz-2T tano 3Lo 3Lz 2A-3T shaky 3F 3S
なんとなくシャオユーっぽい。表情は硬かったですけど、ステップに入るところ、そのステップが終わってフライングシットに入るところ、愛する男性へ思いを高ぶらせていく様をしっかりと体の表情で出せていたのでいたのではないかと。連続あっこちゃん振付。

岩元
3Lz-3T 3Lo 3S 3F 2A-3T 3Lz 2A-2T-2Lo
この容姿でスペルバウンド、女優でしょうか。メイクの色使いがもっと大人っぽかったら、さらに曲の雰囲気を出せそう。ピンクは可愛くなりすぎかなと。ジャンプの回転不足が痛かったです。スケーティングに課題があって、日本の女子選手みんな上手なので、比較されるとどうしてもね。

青木
3Lz-3Lo shaky 2A-2T 3S 3Lz 3F 3Lo fall 2A-2T-2Lo
ジャンプに苦労しております。3Tをつけるのが苦手だというのは、女子で戦っていくには大きな壁ですね。ステップでループとウィンドミルの組み合わせを入れています。これは世界中の選手がよくやっていることなんですけど、青木はシュシュンとクイックな動きで入れるので、すごく効果的に見えます。やけっぱちな表現を乗せた3Lz、泣き笑いをするような終盤。表現面では今シーズン1、2を争うほど伸びたのではないでしょうか。

紀平
3A<< df 3Lz-3T 3Lo 2A fall 3F-2T-2Lo 3S-2T 3Lz fall
3Aの転倒はさておき、3Lz-3Tの3Lzが軸がおかしかったので、めちゃくちゃ硬くなっているなという印象でした。スピードは出ているけど、表現をする余裕はない感じ。メディアが「次は3A-3T成功だ!」とか煽りすぎな。あと何億回同じ過ちを繰り返すのか。

笠掛
3Lz shaky 3S 2A 3Lo-2T-2Lo 3Lo-3T 3F 2A-3T
めちゃくちゃスピードに乗った演技でした。スローパートでもスローじゃないスピード感でした。3Loのデュルルルン感が素晴らしい。アホーニューワールドになったときのスパイラルの忙しさにちょっと笑ってしまいました。猛スピードのまま魔法のじゅうたんで世界中飛んでますからね、地上からそれを見た人にはあれぐらいのスピードに見えるんですよ。

滝野
3F-3T shaky 3Lz 3Lo 2A-3T 2F-2T-2Lo 3S 2A
悲しい音楽のときには悲しい表情を、元気な曲のときには野心と希望に溢れた表情を。身体は細くて小さいですけど、表現がきちんと伝わってきました。ステップでのランランルー行進かわいすぎ。3-3のセカンドの回転不足と3Fの抜けはありましたけど、とても印象がよかったです。

坂本
3F-3T 3Lz 3S 2A ot-3T to 3F-2T-2Lo 3Lo 2A
簡単に大量加点出すの反対!なアンチ積極加点の僕ですが、彼女のジャンプには+2いっぱいつくべきだと思います。それぐらい圧倒的な高さと幅。軽さでシュタッと降りる感じじゃないので回転不足の心配がないですし、今1番安心して見られる日本女子です。テレビっちよ、明日のニュースでは真凜と紀平のことばかり伝えるんだろう?さかもっちゃんはノープレッシャーでファイナル、全日本、世界ジュニアと大活躍だぜ。

白岩
3Lz-3T 3S 3F 3Lz-3T-2T 2A 3Lo 2A-2T
ノートルダムドパリも悪くなかったんですけど、大人っぽくお色直ししたこのプログラムもいいですね。得意のセカンドトリプルがスイスイと成功しまして、ジャンプの流れも素晴らしかったです。3Fのエッジはかなり怪しかったですが、プロトコルではアテンションということになっています。いや、ほんとここまで復調しくてるとは。

真凜
3Lz df 3F 2A-3T-2T 3S 3Lo 3F-2T 1A
緊張はなかったと言いますが、動きにキレがなくていつもより散漫な印象でした。ステップで足元がかなりカクカクしていたので、ターンをきちんと踏めていないと思われます。横浜のジュニアグランプリでもそうでしたが、失敗がステップにまで影響するんでしょうか。そして今回も最後のジャンプで失敗。メンタルの問題なんでしょうね。

坂本が初優勝、白岩2位、真凜は3位。真凜はSPでつかなかった3Fでのアテンションが2本の3Fにつきました。スピンのVマークもSPからたくさんついていますので、ファイナルまでにスピンは直さないとですね。紀平は全日本出場を逃す結果となりましたが、その分ファイナルでの演技を楽しみにしましょう。ジャンプ以外も魅力がある選手なので、失敗で萎縮しないで。

全日本には上位6名ずつが推薦です。世界ジュニアの代表権争いと共に、初出場の選手たちの演技が楽しみです。

全日本フィギュアスケート選手権2016
12月23日、24日、25日
フジテレビ系列地上波にて 3夜連続ゴールデン放送!

12月30日、31日
BSフジ SPハイライト+フリー全演技放送!
全演技放送!?フジテレビ抱いてっ!選手のみなさんは田舎のおじいちゃんとおばあちゃんに、BS見られるようにしといてって連絡しなきゃダメですよ。
2016
09.11

JGP横浜 3日目 女子リザルト・アイスダンスリザルト

ロンバルディアは2日目と3日目まとめて出しますわ。

女子LP
1 Marin HONDA(日本)128.64 PB
2 Kaori SAKAMOTO(日本)122.15 PB
3 Sofia SAMODUROVA(ロシア)119.93 PB
4 Mako YAMASHITA(日本)117.57 PB
5 Ye Lim KIM(韓国)113.55 PB
6 Alisa FEDICHKINA(ロシア)104.12
7 Elisabetta LECCARDI(イタリア)85.52 PB
8 Emily BAUSBACK(カナダ)81.52 PB
9 Andrea MONTESINOS CANTU(メキシコ)80.25 PB
10 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)78.99
11 Alana TOKTAROVA(カザフスタン)78.13 PB
12 Gabrielle NOULLET(アメリカ)77.32 PB
13 Chloe ING(シンガポール)77.05 PB
14 Oksana ARTYOMENKO(スイス)68.59 PB
15 Aleksandra SLAHOVA(ラトビア)57.42 PB
16 Madeleine LIDHOLM TORGERSEN(ノルウェー)55.94 PB
17 Promsan RATTANADILOK NA PHUKET(タイ)55.52 PB
18 Brooke TAMEPO(ニュージーランド)50.54 PB
19 Anastassiya KHVAN(カザフスタン)47.54 PB
20 Amirah Azfariena AZHARI(マレーシア)43.14 PB
21 Bianca Arianne VINARAO(フィリピン)38.83 PB
22 Ananya Murthy THIRUVALLAM(インド)10.18 PB

女子リザルト
1 Kaori SAKAMOTO(日本)187.81 PB
2 Marin HONDA(日本)184.11
3 Mako YAMASHITA(日本)182.43 PB
4 Sofia SAMODUROVA(ロシア)180.69 PB
5 Ye Lim KIM(韓国)165.89 PB
6 Alisa FEDICHKINA(ロシア)165.25
7 Gabrielle NOULLET(アメリカ)128.76 PB
8 Elisabetta LECCARDI(イタリア)128.08 PB
9 Andrea MONTESINOS CANTU(メキシコ)125.61 PB
10 Emily BAUSBACK(カナダ)122.16 PB
11 Alana TOKTAROVA(カザフスタン)120.31 PB
12 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)119.13
13 Oksana ARTYOMENKO(スイス)112.09 PB
14 Chloe ING(シンガポール)111.92
15 Promsan RATTANADILOK NA PHUKET(タイ)88.75 PB
16 Aleksandra SLAHOVA(ラトビア)87.57 PB
17 Madeleine LIDHOLM TORGERSEN(ノルウェー)80.75 PB
18 Brooke TAMEPO(ニュージーランド)79.89 PB
19 Anastassiya KHVAN(カザフスタン)77.37 PB
20 Amirah Azfariena AZHARI(マレーシア)63.75 PB
21 Bianca Arianne VINARAO(フィリピン)60.94 PB
22 Ananya Murthy THIRUVALLAM(インド)15.54 PB
WD Katie PASFIELD(オーストラリア)
WD Amy LIN(中華民国)

アルティオメンコ
2A 3T-2T 3Lo fall 2S so 2A fall 3S 3T
強そうなメンコ。どのメンコもひっくり返しそう。ジャンプを失敗しても笑顔で演技しているところにすごく好感が持てました。最近のスイス選手はロシアだイタリアだウクライナだと外国からの選手が多いですね。一時のイタリアのよう。

レカルディ
3Lz-3T 3T+2A 3S-1Lo ot-3S 3Lo 2A 2F 2F
最初にコンビネーションとシークエンスをまとめました。3Sのコンボはオーバーターンから無理やり3Sに繋げました。力ありますね。3Fが苦手なようで、2Fを2本の構成にしていました。でもこれが本人としては1番点数を取れる構成なのでしょうね。私は病気、私は(ジャンプに対して)病気な演技でした。じょそーーーーーーうという感じは否めませんでしたし。曲の編集ワロロッティー。

トクタロワ
3T fall 2Lz 3S ot-2T 2A-1Lo-2S so 3T-2T 2A so 3S
グノーのロミオとジュリエット。なんて珍しい。跳べるトリプルは2種類ですが、オーサーのところにいるので、これから種類を増やしていけることを期待。

ニューレ
3Lz 1F 1Lo 3Lz hd-2T tano 1F-2T 2A fall 2A fall
すごくいい出だしだったのですが、抜け抜け抜けコケコケで20点消滅。これだけミスをしてしまうとTESは出ません。抜けがダイナミックだったので、シングルジャンプでも加点をしているジャッジはいるかもしれません。滑りはここまでの選手とはレベルが違いました。

モンテシノスカントゥ
2A-1Lo-3S so 3Lo fall 3Lo-1T 3S 2A 2Lz-2T 2F
3Tも入っていないということから、かなりエッジジャンプに偏った構成だということが分かります。素敵な赤の衣装で雰囲気もよかったと思います。まだ13歳なのに女性らしいスタイルだというのも、アディオスノニーノを滑るのに合っていたと思います。

真凜
3Lz 3F-3T 2A-3T 3S 3Lo 3F 1A-2T-2Lo
落ち着いたスタートで質のいいジャンプを降りていきました。昨シーズン鬼門となっていた3Fを前にズラしたのが影響したのか2Aが生贄となってしまいました。後半のジャンプの幅や流れが前半と比較するとなくなっていたので、スタミナが足りないのだと思います。スピンの回転速度も落ちていましたし、やはり引き続き強化しなければいけないところですね。僕は真凜の手を上から下に下ろしていく様が好きなんですよね。木の葉がハラリと落ちていくようで。もっと素敵になっていくのでしょう。注目が多い分プレッシャーが大きくて、いい点数が出て安心したのでしょう。若いのに大変。パフォーマンス7.89はすごい。大盤振る舞い。抜け1つでジュニアのLPの歴代最高を出しました。

hamaco.jpg

marin_20160911155338880.jpg

marincry.jpg

イェリム
3Lz 3Lz-3T-2Lo 3Lo tano 3S tano 3F-3T shaky 2A 2A
1戦目はYouTubeの映像でもすぐに分かるぐらいの回転不足が多かったですが、今回はかなりよかったと思います。クリーンなジャンプも多かったですし。ジャンプが素晴らしい分、ジャンプジャンプ・・・という形になっているので、もう少しスケーティングを強化していって欲しいです。韓国のジュニア世代は、まずはジャンプという風になっているのかな?

サモデュロワ
3Lz tano-3T 3Lo 2A-1Lo-3S tano 3F tano-2T 3F 3Lz df 2A
SPはいい演技で1位くるー?からのeマークでまさかの4位でした。LPでもSPと同じように、へっぴり腰になってしまうイーグルから2本入っていました。エッジはまあ1戦目2戦目でもこれぐらいの選手が食らっていなかったので、大丈夫だと思うんですけどね。1番痛かったのは3Lzの両足着氷でした。髪の毛はかわいく編み込んだ方が曲に合うと思います。

samosamo.jpg

フェディチキナ
3Lo 1Lz so 3F-2T 2A 3Lz-1Lo-3S 3S 2A
アイドルがやってる甘っちょろいものではなく、結構本域のキス顔を披露してくれたフェディチキナさん。振付師が相当の変態である。体が大きくなった分動かなくなってきたのかもしれません。クイックな動きに体が追いつかず、終盤はかなり苦しそうでした。試練の時。

nekokiss.jpg

山下
3Lz-3T 3F 2A 3Lz 2A-3T-2T 3Lo-2T 3S
3Lz-3Tのセカンドでアンダーローテーションがありますが、ジャンプはきれいに降りました。少々粗くても、しっかりスピードを出して、しっかりジャンプを降りるということも大切なことですよね。この曲を滑る必然性が足りなかったのも、PCSが伸び悩んだ要因でしょうか。まーだ若いからダイジョブダイジョブ。

mako.jpg

坂本
3F-3T 3Lz 3S 2A-3T 3F-2T-2T 3Lo so 2A
ジャンプがよく上がるので回転不足を心配する必要がありません。1戦目失敗した3Loがここで暴走。SPできれいに決まりますのに。おい3Lo仕事しろ。ビュン飛ばしスケーティングが評価されるようになりましたし、次はもっともっと所作を美しくすることですね。そうすれば後半項目に引っ張られて前半も上がりやすくなります。薄紫から赤紫に衣装が変わりましたが、僕は薄紫の方が好みです。「がんばった甲斐があるでしょ」by 先生

kaori.jpg

同一国選手での表彰台独占がいつ以来かと言いますと、2007年レイクプラシッドでのアメリカ女子の独占(ミライ、ギルス、マクスウェル)以来です。超久しぶりです。

真凜はマイナスのGOEは1つもありませんでした。+3もかなり出ていました。質の面でいくとロシア女子のそれを圧倒していますからね。1戦目2戦目組の選手と一緒に出ても上のGOEが出るでしょう。坂本は3Lzにアテンション、3Loはアンダーローテーションでした。サモデュロワは3Lzにマークはなし。後半の3Lzは回転不足に見えましたが大丈夫でした。山下は3Lz-3Tのセカンドがダウングレード。残りはすべてプラス。フェディチキナは回転不足はありませんが、プラスがとても少ないです。SPと同じく厳しいジャッジ2人の影響でPCSが・・・。

ミスった2Aを名前の表彰式のコールのときに跳び直す真凜さん。これでコケたらトランコフさんになるところでしたよ。日本のマキシム・トランコフ(仮)こと本田真凜さん。真凜さんもおふざけ写真とかよく上げるから、トランコフさんの素質はあるんだよなあ。表彰式でもらえるお花がピンク軍団を狙ったかのようなピンク。

kaori2.jpg

pinkgundan.jpg

watcher.png

nesan.jpg
美姫姐さん、奈也姐さん、小月姐さん

坂本のファイナル進出ですが、1位2位の組み合わせの選手が7人出て、なおかつ坂本以外の6人全員が坂本の2戦の合計スコアを上回った場合のみ適いません。だからジュニアグランプリで連勝する選手が出たり、1位3位になる選手が1人でも出た時点でファイナル確定となります。さらに1戦目2位の選手が2人以上2戦目に集まった場合も確定します。今は紀平と真凜がそうなんですけど、ここは重ならないように動かすでしょうし、まだ坂本の確定は出ないかな?ほぼ確実ですけどね。

メダルレースは日本が5、ロシアが4となりました。ロシアの連勝はここでストップです。次週はロシア。日本からは岩元と白岩。ロシアはコンスタンティノワ、ヌグマノワ、ツルスカヤ(4週連続でエントリーされてますが)です。ロシア表彰台独占の可能性もあります。この顔ぶれとなりますと、来週も女子の確定者は出ないんですね。

あれ・・・ダンスになったら観客が減っているぞ。

アイスダンスFD
1 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)93.66
2 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV(ロシア)90.62 PB
3 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)88.08
4 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)80.12 PB
5 Polina IVANENKO / Daniil KARPOV(ロシア)73.40 PB
6 Rikako FUKASE / Aru TATENO(日本)67.68 PB
7 Emma GUNTER / Caleb WEIN(アメリカ)66.34 PB
8 Seungyun HAN / Grayson LOCHHEAD(カナダ)57.88 PB
9 Karolina E. CALHOUN / Logan T. LEONESIO(ブラジル)52.74 PB
10 Kristsina KAUNATSKAIA / Yuri HULITSKI(ベラルーシ)50.66 PB
11 Matilda FRIEND / William BADAOUI(オーストラリア)46.82

アイスダンスリザルト
1 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(ロシア)160.42
2 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV(ロシア)151.50 PB
3 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)148.76
4 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)137.14 PB
5 Polina IVANENKO / Daniil KARPOV(ロシア)124.52 PB
6 Rikako FUKASE / Aru TATENO(日本)114.36 PB
7 Emma GUNTER / Caleb WEIN(アメリカ)112.82 PB
8 Seungyun HAN / Grayson LOCHHEAD(カナダ)99.02 PB
9 Kristsina KAUNATSKAIA / Yuri HULITSKI(ベラルーシ)82.18 PB
10 Matilda FRIEND / William BADAOUI(オーストラリア)80.32
11 Karolina E. CALHOUN / Logan T. LEONESIO(ブラジル)78.28

イワネンコ&カルポフ
サーキュラーステップでの始まりは・・・うーん。2人ともスケーティングスキルにはまだまだ課題がありそうです。後半ではかなり疲れて女性のエッジが甘くなってもいましたし。女性が男性に投げかける視線はとてもよかったと思います。岩さん声低い。カルポフって何かで聞いたことあったと思ったんですけど、おやつカルパスの勘違いでした。

りかある
セカンドツイズルでの男性のスタンブルがもったいなかったです。これはすげーきれいに決まるーーーと思いましたのに。ストレートラインリフトの前で女性が小さくスタンブルをしたので、持ち上げられるか怖かったですが大丈夫でした。王様と家庭教師がわーーーいってするところなので、そのわーーーいをローテーショナルリフトで表現できていました。女性が常に笑顔なので、頑なだった王様の心を溶かして行く・・・というストーリーを図らずも合致しています。いや、そうだからこその選曲だったのかな?70点も見えてきました。

rikaaru.png

teamjapon.png

アンルイス
第2グループから一気に上がるレベル。エネルギッシュアバチキナさんと、地味にエネルギッシュなトーロンさん。スカートがはためいて、いい具合にセクシーです。お下品にならない程度に計算をされています。

anlouis.png

ラジュラ&ラガ
SDよりもFDの方がいい滑りでした。男性が羽田圭介のごとく表情を崩さないので、テーマや歌詞があるプログラムよりも、このような抽象的な音楽の方が似合います。男女が背中合わせになる振付があって、そこから引き寄せられるようにダンススピンへと入るのが印象に残りました。最後まで息が揃っていて引き込まれるスケートでした。

シュピスミ
ステップの中にホップなどを入れても、バランスやタイミングを崩さず、次の動きを足の角度を揃えて美しくできる優れた能力があります。しかも距離がすごく近い。タランテラから、トーンを少し落としてオーソレミオそしてまた楽しいタランテラ。ビートも打ちますよ。しょっぱいものだけじゃなくて、こういった明るい音楽もいけるのだということが分かりました。ジュク先生大喜び。シュピレワヤさんはコリヤダの生き別れの妹

パーソンズ
兄が珍しくツイズルでバランスを崩しました。ストレートラインリフトは妹のポニーテールの動きまで計算しつくされた上げ方でした。バッサーって上げるんです。淡々とした音楽を突き破るような迫力でした。ローテーショナルリフトは背中に乗せる回転なのにすごくスムースで美しかったです。あっという間に演技が終わってしまいました。すごくよかった。兄乳首透けてる。

hito.png


ダンスもファイナル確定組はありません。

podiummm.png

imoutto.png


Comment:10
2016
09.09

JGP横浜 1日目 女子SP・男子SP

13歳~21歳の諸君ようこそカオスの国へ。

女子SP
1 Kaori SAKAMOTO(日本)65.66 PB
2 Mako YAMASHITA(日本)64.86 PB
3 Alisa FEDICHKINA(ロシア)61.13
4 Sofia SAMODUROVA(ロシア)60.76 PB
5 Marin HONDA(日本)55.47
6 Ye Lim KIM(韓国)52.34
7 Gabrielle NOULLET(アメリカ)51.44 PB
8 Amy LIN(中華民国)49.65
9 Andrea MONTESINOS CANTU(メキシコ)45.36 PB
10 Oksana ARTYOMENKO(スイス)43.50 PB
11 Elisabetta LECCARDI(イタリア)42.56 PB
12 Alana TOKTAROVA(カザフスタン)42.18 PB
13 Emily BAUSBACK(カナダ)40.64 PB
14 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)40.14
15 Chloe ING(シンガポール)34.87
16 Promsan RATTANADILOK NA PHUKET(タイ)33.23
17 Aleksandra SLAHOVA(ラトビア)30.15 PB
18 Anastassiya KHVAN(カザフスタン)29.83 PB
19 Brooke TAMEPO(ニュージーランド)29.35 PB
20 Madeleine LIDHOLM TORGERSEN(ノルウェー)24.81 PB
21 Katie PASFIELD(オーストラリア)24.35
22 Bianca Arianne VINARAO(フィリピン)22.11 PB
23 Amirah Azfariena AZHARI(マレーシア)20.61
24 Ananya Murthy THIRUVALLAM(インド)5.36 PB
WD Rafaela RAHARDJA(インドネシア)

山下
3Lz-3T 3Lo 2A
ターンを踏むときのフリーレッグの位置がものすごく佳菜子っぽいです。シットスピンが特に佳菜子っぽいし、スピンの出も佳菜子っぽい。3Lz-3Tはやや詰まりましたが、3Loとロッカーからの2Aはきれいでした。3Loはステップからというのがどこまで取ってもらえるかですが、LPで普通に跳ぶ分には確実にプラスが並びそうです。表情使うのもがんばれー。化粧しなれてない感じが初々しくてイイネ。

フェディチキナ
2A 3Lz-3T 3Lo
うわあああああああああああああああああああかわいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいねこ日本に降臨したああああああああああ!!!昨シーズンの時点でジャンプを回転不足なく跳べるか心配になってしまうスケーターランキングで上位にいましたが、回転は大丈夫でした。ステップでのパキパキ感にはやや物足りなさを感じますが・・・あれ?スケートのタッチがきれいだし流れもいいと思ったので、もっとスケーティングスキル出ると思ったんですけど低うございますわ。なして?曲に合ってないからですかね。

真凜
3F so 3Lo shaky 2A
6分練習ではバコバコ成功させていた3-3も3Loも失敗でした。単独になったことでGOE-3で-2.1、3Tが入らなかったことで-4.3、本来得られるであろう1.0ほどのGOE。リカバリーのできないジュニアのSPでは大きな痛手です。3Loもプラスを確実に狙えたでしょうしね。ステップの後半部分のエッジのフラットさとフラつきはGOEからPCSまで広く影響を与えそうでした。始まりが素晴らしかったので、あそこらへんの焦りが演技から浮いていました。とはいえ、すっげえスピードありますし、演技構成は素晴らしかったです。このプログラムは彼女に合わないはずがない。キラキラの粉みたいなものが宙に舞っているようでしたよ。

イェリム
3Lz fall 3Lo 2A
ジャンプ3つ後半師匠も2戦目。ギター音楽の雰囲気のしょっぱさは、日本の歌謡曲に通ずるところがあると思うので、日本人の観客との親和性は高いんじゃないかと思うのですけど、まだ若いのでジャンプの成否次第ということもありますね。韓国メガネコーチ2週間ぶりー。

坂本
3Lo 3F-3T 2A
見たか世界!!!!!!!!!!!!!!!くるくるループを女子選手でこんなに幅と高さ出してターンの直後に入れる選手って、シニアでもなかなかいないと思いますね。+2連打は間違いないです。ジャンプの成功で気持ちよくなったのか、振付をいつもより大きくできていて、スケール感がとてもよかったです。スピード狂スケーティングもよかったです。

mottyan.jpg

タイのプーケットさんのキスクラに美人コーチ、サツキ・ムラモトが座っていました。ますます高嶋ちさ子のようになって。

bijo.jpg

スイスのウクライナ産オクサナさんが演技後にめっちゃ喜んでいました。かわいい。リプのシンドラーのリストっぽい終盤の振付でした。

新カントゥ
3Lo 3S-2T so 2A fall
アナ・セシリア・カントゥさんやミシェル・カントゥさんとは関係あるのかは分からない新しいカントゥさん。アメリカで練習しているの感じはしますが、それにしても滑りもなかなかきれいで上品な雰囲気も出していて、四大陸名物の選手に成長してくれそうな気がします。順調に育ってね。

スウェーデンのオストランドさんの衣装の腰の位置高すぎません?ONE PIECEのキャラクターみたいになってますよ。

サモデュロワ
3Lz tano-3T 3Lo 2A tano
はい上手いーーーーー。ジャンプはすべて質がよかったです。プラスプラスプラス。3Lzの前のがに股へっぴりイーグルは改善して欲しいです。美しいSend in the clownsの旋律に合わないこと。ロシア女子はジャンプの流れない選手も多いですが、彼女はきちんと流れるタイプ。いいね。ジャッジへのアピールをやりすぎというぐらいやっていました。ステップのときずっとジャッジの方向見てるんですもん。笑っちゃいました。コンポジション、インタープリテーション1位なのは納得。3Lzのeが・・・。

samo.jpg

エイミー
3T-3T 3Lo shaky 2A
ルッツァーのエイミーですが、3T-3Tを入れました。セカンドトゥと3Loは回転が足りません。歯をクッと出して微笑みながらの演技はさすがアメリカン。アジア人の笑い方ではないです。ディナーショーを見ているような感覚にさせられました。ステップの最後にショートバリアの方を向いて「ほれほれ~」と笑いかけて終わっていくのが、なんともショーマンシップ溢れていてよかったです。

amy.jpg


nekoandsamo.jpg

坂本はステップがレベル2ですがGOEで+2が増えてきました。ええでー。山下のステップからの3Loは普通に評価されたようです。フェディチキナには4点台と5点台で収めたジャッジが2人いました。上下カットでこのうち1人の点数が採用されてしまったので、PCSが下がってしまったんですね。そのせいで1点近くPCSが下がってしまったのではないかと思います。サモデュロワは3Lzのeのせいで基礎点が1.8点下がりました。ジャンプの質がよかったので、それほどのマイナス評価ではなかったです。レベルの取りこぼしも響きました。1位きたーと演技終わった瞬間には思ったんですけどね。ステップのレベルの取りこぼしが目立つ女子SPでしたが、カナダさんとメキシコさんはレベル4取っているので、特に厳しいというわけでもないのかな?

トップ5の日本勢とロシア勢はみなスケートが上手なのでとても見ごたえがありました。これはですね、非常にですね、当たりの試合だと思います。眠くない時間帯にやっているから上手く見えるわけじゃないですよね?上手いですもん。

男子SP
1 Vincent ZHOU(アメリカ)80.53 PB
2 Jun Hwan CHA(韓国)79.34 PB
3 Alexey EROKHOV(ロシア)74.90 PB
4 Artem KOVALEV(ロシア)70.19 PB
5 Roman SADOVSKY(カナダ)67.94
6 Kazuki TOMONO(日本)66.47 PB
7 Yuto KISHINA(日本)61.67 PB
8 Emmanuel SAVARY(アメリカ)61.44 PB
9 Chih-I TSAO(中華民国)60.71
10 Daniel GRASSL(イタリア)56.10 PB
11 Mark GORODNITSKY(イスラエル)55.19 PB
12 Donovan CARRILLO(メキシコ)53.64 PB
13 James MIN(オーストラリア)53.48 PB
14 Sena MIYAKE(日本)48.90
15 Eric LIU(カナダ)48.49 PB
16 Harrison Jon-Yen WONG(香港)45.82 PB
17 Kai Xiang CHEW(マレーシア)42.42
18 Michael DURHAM(ニュージーランド)33.36
19 Chadwick WANG(シンガポール)31.66 PB
20 Mauro CALCAGNO(アルゼンチン)24.64 PB
21 Calvin PRATAMA(インドネシア)20.72 PB
22 Krishna Sai Rahul ELURI(インド)3.02 PB

サドフスキー
3Lo 1A 3Lz-3T
1年身長がで7cm伸び、ついに180cmに到達したサドフスキーさん。このままのペースで行くと3年後には2メートル。演技前のコールに時間がかかって気の毒なスタートになりました。このプログラムでは自分が美しいことに対して許しを請うのでしょうか。ボーカルがインする箇所のキャメルスピンがとてもいいと思うんですけど、上向きのポジションをもっとキープできると、より一層曲への反映ができそうです。レベル取るためには必要ないんでしょうけど。滑走が最終グループなら7点台に乗っていたでしょうね。よりによって1番滑走とは。3Aがパシコーンと入ればGOEも含めて+10点、滑走順が後ろならPCSも望めるでしょうし、80点前後目指せます。

roman.jpg

木科
2A 3F-2T 3Lo
無良父、テッドに「タカハシ・ムラ」と紹介される。雄々しさと芸術性兼ね揃えてそう。ツンツンヘアのショタのイメージだったのに、おいなんだこれ、めっちゃ美形に成長しとるやんけ!中3で167cmはもっと大きくなるかも。滑らかで美しい滑りを披露しました。3Loの前のステップは慎重になってしまったのか、音楽を上手く反映しきれていない感じはありました。ここを乗れるとオシャレプロに成長させられそうな気がします。いやーーー1年でこんなになるなんて成長期怖い。

ikemen.jpg

サヴァリー
3F-3T tano 1A 3Lo
スケートやってる周りの子はみんな白人ばかりで、僕のことをジロジロ見るんだ・・・的な子供時代のエピソードがあることを思い出しました。女子選手はたまにいますけど、男子は全体数が少ない中でさらに少ないですもんね。ジャンプ力のある選手なので、3-3はタノだろうが軽々と降りました。フラメンコにしては健全すぎるように思えたので、別に健全フラメンコでもいいんですけど、パシッとポーズ決めるところは決めてくれたらいいなと思いました。

香港のハリソンさんいいわー。中学校の同級生にいそうな田舎っぽさ。

三宅
2A 3Lz fall 3Lo fall
コールされる前に飛び出して、先生に「まだ呼ばれてないってー」と言われる。2つの転倒があった他に、キャメルスピンの出を急いでしまったのももったいない。ここから明日まくればいいんですよ。黄色の衣装でゲッツ・・・一世を風靡したあの人みたいだ。

sena.jpg

コバレフ
2A 3Lz-3T 3Lo
2003年6月27日生まれという年齢制限ギリギリくん。13歳なのにジャンプがよく上がって質が非常によかったです。すべてのエレメンツを丁寧に穴なくやりました。んで、まさかの70点!サドフスキーよりパフォーマンスが上の評価です。耳の穴が特徴的だからすぐに覚えられそう。

メキシコくん・・・背骨?衣装に背骨?本人がノリノリなので、観客もテンション上がりまくりま。

ヴィンセント
3A 3Lo 3Lz tano-3T
ジャンプをきれいに着氷。タミーに戻って大正解!急務だったスケーティングスキルの改善に成功しています。ちゃんと滑れてはいるんですけど、味だったり余韻がない滑りをする選手だったんですよね。007のサム・スミスの曲の壮大さだったり男らしさだったり影だったり、芝居がかっていない程度にナチュラルに演じていました。これは非常にいいですよー。

zhou.jpg

チーイー
3A fall 3S-3T 3Lo
やったあああああああああああああ3A初成kあああああああああああああああああ引っかかってコケたああああああああああああ・・・もったいない。フィーリンググッド選曲過多で僕壊れる。彼はエレガントだったり、スタンダードな型にはまり過ぎな気もするんですよね。たまには冒険を。

ジュンファン
3Lz-3T 3A 3Lo
幅跳び美しいジャンプでした。ルンルンと楽しそうに振付をやっているのに顔が全然笑っていないもったいないマン。昨シーズンのジュニアグランプリに出ていた気がしたけど、それはオータムクラシックでした。ヴィンセントより少しずつ下のPCSでした。エレメンツやってる感を消せているヴィンセントが上にきたって感じですかね。勝負はまだ分かりません。

ジェームス
2A 3Lz shaky-2T 3Lo
佳菜子の食べてはいけないキノコのような衣装を思い出す色のジャンピンジャック。舞シーズンジュニアグランプリで見ているので、その成長を知れて嬉しいです。また大きくなりました。顔が縦に伸びました。エネルギッシュなスタートで日本人の手拍子魂に火を点けました。後半までそのエネルギーを残せておらず、トーンダウンした感じはありました。

エロホフ
3A 3Lz-3T 3Lo
3Aはシュピピピピピーンという効果音をつけたいシャープな回転でした。どこのチームの生徒かと思えば、またチームエテリではありませんか。⊂二二二( ^ω^)二⊃ブーンというバイクの盛り上がらないフィニッシュのせいで、観客が反応に困っていました。大丈夫2回目は慣れますから。プログラムが変なことを除けばロシア人ぽくない演技でした。アメリカのあまり見ないコーチの生徒とかでいそうな感じ。

インドくん演技の最後でコケてかわいい。スケート初めて1年という驚異的な短期間での出場。靴紐プラプラして怖かった。この曲小学校の掃除の時間にかかっていたから思い出深いです。

友野
3F ot-3T 3Lo 3A so
6分練習で決まっていた3F-3Tや3Aがクリーンに入りませんでした。昨シーズンまでのジャンプは決まっても着氷が詰まっていましたが、今シーズンは決まらなくても壮絶な失敗ではないと言いますか。コントロールができるようになっていますよね。質もかなり上がりましたし。キャメルスピンがねえ・・・男子は難しいのでしょうけど弱点です。踊りは上手になる一方です。

ヴィンセントはオールレベル4でマイナス1つもなし。ジュンファンはキャメルスピンがレベル2でした。友野はせっかくのいいステップなのにレベル2しか取れていませんでした。男子は1戦目より2戦目、2戦目より3戦目とレベルが上がっています。おもしろそうだから明日はがんばって第3グループの前に家に帰ってこないと。3戦目にしてロシアは表彰台から落ちるのか?
Comment:5
2016
08.27

JGPサン・ジェルヴェ 2日目 アイスダンスSD・女子リザルト

アイスダンスSD
1 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)61.11 PB
2 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO(アメリカ)60.44
3 Sofia SHEVCHENKO / Igor EREMENKO(ロシア)56.20
4 Nicole KUZMICH / Alexandr SINICYN(チェコ)55.25 PB
5 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)54.42
6 Natacha LAGOUGE / Corentin RAHIER(フランス)53.15 PB
7 Loica DEMOUGEOT / Theo LE MERCIER(フランス)48.74
8 Ashlynne STAIRS / Lee ROYER(カナダ)46.89
9 Emilia KALEHANAVA / Uladzislau PALKHOUSKI(ベラルーシ)45.02
10 Eliana GROPMAN / Ian SOMERVILLE(アメリカ)44.31
11 Alexandra BORISOVA / Cezary ZAWADZKI(ポーランド)42.04
12 Villo MARTON / Danyil SEMKO(ハンガリー)39.86 PB
13 Sasha FEAR / Jack OSMAN(イギリス)39.39 PB
14 Chanel DEN OLDEN / Rodolphe SABATINI(オランダ)38.96 PB
15 Sabrina BITTNER / Andrej LEBED(ドイツ)36.29 PB
16 Karolina Elizabeth CALHOUN / Logan Tyler LEONESIO(ブラジル)32.71 PB

ポリヴァク
ジュニアグランプリのアイスダンス初めはポリヴァクでした。この2曲目のスウィングはよく聞く名も知らぬ曲だ。アイスダンスでこういうの結構多い。リフトはカーブリフト。昨シーズンのハベドノのカーブリフトのスプレッドイーグルを、さらにえげつなくしようなものでした。ブルースはテンポがゆっくりなだけに演じるのだったり、フリーレッグの角度をきれいに揃えるのが難しそうです。ゆっくりもまた技術差が見えてしまう。そう、結局速くてもゆっくりでも難しい。

イギリスのジャック・オスマンさんの出身地Reading(レディング)、趣味Reading(読書)て。ギャグかとおもた。

グロップマン&サマーヴィル
マクカーやパーソンズと同じキリアコフ夫妻のチームの子です。ヒップホップでした。バックストリートボーイズはヒップホップ?サマーヴィルさん15歳にしても幼く見えるのですが、足首グネりそうなインエッジでノットタッチを滑っていました。ツイズルはサマーヴィルさんがミス。誕生日が9月1日だから応援しますね。

pinkfloyd.jpg

ピンクフロイド滑りそうな服装のオリビエ(色ちがうけど)

アンルイス
驚愕のアバチキナさん伸長。まだ軽いから持ち上げられるけど心配になる身長差です。お人形っぽさがなくなって、色っぽさが出てきたのはとてもいいことです。技術的にも安定感があり、昨シーズンの停滞から抜け出したように思います。おいトーロン!お前は肉を食え。ファビアンがマイケル・ファスベンダーみたいになりました。ちょっとその・・・生え際があれになってきたから。ズーリンみたいになるん?ズーさんは爽やか。

fassbender.jpg

この髪型は・・・ひょっとしてはg

ステアーズ&ロイヤー
パターンダンス1個目から出るときに背中合わせで出るのですが、その「あんたなんなのさ」というように突き放すようなステアーズさんの氷上が素敵です。なんかオシャレプロだわこれ。ステアーズさんのお顔が現代っぽくないので、タイムスリップしたような気持ちになります。勢いがありましたし、とてもよかったです。これでジュニアナショナル12位ですか。ジュニアも解散しまくったカナダ、この組はどこまで行けるでしょう。

ベラルーシのカレハナワさんとパルホウスキーさんの衣装。ブルースにしては斬新すぎる青いつなぎ。感性が追いつけない。

クズミチ&シニツィン
すっかりジュニアもベテランになったクズミチさん。コレオスピンのような動きも入れて素敵に演じてくれました。子供っぽさがまったくないのを生かせました。シニツィンの水玉衣装は下町のマジシャンみたい。

シェフエレ
パターンの1つ目は少しグラつきもあったように見えますが、音の取り方がよかったです。と思ったけどタイミング違反とられてら。その後のリフトでの女性の脚のラインが美しいです。ジュニアでリフトで魅了できるのはすごいと思います。レベル取りに必死でみんな普通になってしまうから。魔界の森でしか使われないような深緑より深い緑のドレス似合ってますよ。

カレポノ
2人ともでかいというか厚い。顔は子供。ポノマレンコとてもロシア人遺伝子とは思えない屈強で密度の濃い髪。メンショフさん、ブキンにも並べるポテンシャルの毛根。このカップルはアメリカのカップルとしては珍しく、ツイズルの成功率に信頼がおけないのですが、今回はなんとか成功しました。パターンでのカレイラさんの体の倒し方がオーバーというか、えぐるようにクネクネさせすぎな気が。好みの問題でしょうか。

名前読めない13番滑走のフランスさん
名前全然分からないけどかなり上手かったフランスさん。このまま育ってくれるとフランス2番手になるぞ!と思っておりました。シットツイズルも上手にこなしましたしね。でノットタッチ。ワンフットステップで男の子の体が振られに振られまくるという。失敗はしていないのですが、最後の最後でちょっと残念。でも可能性を感じる演技でしたよ。名前分からない人たち、覚えておきます。

カレポノとクズミチさんたちは早くもパターン両方レベル4を獲得しています。同門での優勝争いが楽しみな初戦となりました。

女子LP
1 Alina ZAGITOVA(ロシア)126.30 PB
2 Kaori SAKAMOTO(日本)114.74 PB
3 Rin NITAYA(日本)114.07 PB
4 Ye Lim KIM(韓国)102.68 PB
5 Alexia PAGANINI(アメリカ)96.95 PB
6 Emmi PELTONEN(フィンランド)96.59 PB
7 Julie FROETSCHER(フランス)89.44 PB
8 Olivia GRAN(カナダ)81.55 PB
9 Aiza MAMBEKOVA(カザフスタン)79.96 PB
10 Alizee CROZET(フランス)72.19
11 Kristen SPOURS(イギリス)71.38
12 Cassandra JOHANSSON(スウェーデン)68.19 PB
13 Kristina ISAEV(ドイツ)68.11 PB
14 Federica MAGNIFICO(スイス)64.49 PB
15 Thita LAMSAM(タイ)61.75
16 Pauline WANNER(フランス)59.77 PB
17 Charlotte VANDERSARREN(ベルギー)59.22 PB
18 Ellen YU(ノルウェー)59.00 PB
19 Maisy Hiu Ching MA(香港)56.29
20 Tania MARGARIDO(アンドラ)51.95 PB
21 Alina SUPONENKO(ベラルーシ)51.22 PB
22 Elisa TSUJI(インドネシア)42.16 PB
23 Veronika SHEVELEVA(カザフスタン)39.19 PB

女子リザルト
1 Alina ZAGITOVA(ロシア)194.37 PB
2 Kaori SAKAMOTO(日本)178.86 PB
3 Rin NITAYA(日本)175.01 PB
4 Ye Lim KIM(韓国)157.79 PB
5 Emmi PELTONEN(フィンランド)150.00 PB
6 Alexia PAGANINI(アメリカ)149.87 PB
7 Julie FROETSCHER(フランス)134.35 PB
8 Aiza MAMBEKOVA(カザフスタン)124.15 PB
9 Olivia GRAN(カナダ)121.50 PB
10 Alizee CROZET(フランス)120.18
11 Cassandra JOHANSSON(スウェーデン)114.34 PB
12 Kristina ISAEV(ドイツ)108.69 PB
13 Kristen SPOURS(イギリス)107.39
14 Pauline WANNER(フランス)103.55 PB
15 Federica MAGNIFICO(スイス)98.06 PB
16 Charlotte VANDERSARREN(ベルギー)97.34 PB
17 Thita LAMSAM(タイ)96.89
18 Maisy Hiu Ching MA(香港)93.98
19 Ellen YU(ノルウェー)85.12 PB
20 Tania MARGARIDO(アンドラ)81.34 PB
21 Alina SUPONENKO(ベラルーシ)80.89 PB
22 Elisa TSUJI(インドネシア)65.50 PB
23 Veronika SHEVELEVA(カザフスタン)65.29 PB
WD Zeynep Dilruba SANOGLU(トルコ)

クロゼー
3T-2T tano 2Lz 3Lo 3F fall 3T shaky 3S-1Lo-2S 2A fall
出だしはよかったのですが、後半に入るとジャンプの回転に入るタイミングなのか、回転速度なのか、おかしなことになっていて失敗が続いてしまいました。前半は動きがよかったのですが、後半になると動きのハリがなくなりました。衣装は素敵。フランス女子の衣装は本当に素晴らしい。ペアとダンスもいい。え、男子?男子って何?

ヨハンソン
3Lz 3F fall 3Lo so 1S+2A 2Lo 3S fall 2A-2T
脇腹に襦袢をつけて無理やりくびれを作っていくスタイル。3Lzをきれいに降りた後はミスが続きました。1つまた1つとジャンプのミスが出るにつれてスタミナが削られ、エレメンツをこなすのがやっとでした。バイオにはU2と書いてあるのに、ほぼベートーヴェンの5つの秘密で占められていました。ふふっ。

ジュリー
3Lz-2T-2Lo 3F fall 3Lo 3Lz 2A-2T 3S 2A
3Lz-2T-2Loは女子のロマンなんです。やったぜ。3Fは入りがおかしかったので、そりゃ転倒するわなという結果。でもよくがんばりました。四季のプログラムでしたが、最初があまりにも静か過ぎて、そのまま消えてしまうかと思いました。点数にはかなり喜んでいる様子。

ペルトネン
3T 3Lz-1T 3Lo-2T 1A-1Lo-3S 3Lo 2F 2A fall
SPの赤もよかったけど、この青い衣装も素敵です。石でギランギランです。変な軸になっても3Lzを降りる根性を見せました。3Loがとても得意なようですが、3Fは苦手なようで、2Fを元々組み込んでいます。元々2Fだから、直後に2Aを入れる構成ですが焦ってしまって転倒。これはもったいない。ステップでスタンブルがありましたし、所作にはまだまだ課題があります。でもフィンフィンは人材豊富でいいな。韓国とフィンフィン入れてGPS8戦にしよう。

emityan.jpg

イェリム
3Lz-3Lo-2Lo so 3Lz-3T 3Lo tano 3S tano 3F-2T tano 2A ot 2A
ジャンプの回転が危ないところがありました。でも3Lz-3Lo-2Loはテンションが上がります。3Fはエッジがダメそうです。どうして韓国女子は3Lzに全振りなのか。ジャンプのランディングがクリーンではない箇所が多かったですし、TESは望めないかもしれません。今後きちんとジャンプに高さを出せるようになるのか。

パガニーニ
2A 3T-3T fall 3Lz 3Lo fall 3Lo-2T 3S-1Lo-2S 2A
SPはこのくるみ割り人形のアダージョが似合っていると思います。指先がきれいなことが分かるのですが、その指先の美しさを見せつけることなく、「はいっ!スピン!」「はいイナバウアー!」と次々とこなして、走っていくのがもったいない。見せ方次第でいくらでもよくなりそう。SPで失敗した3Loは普通に得意ジャンプでした。

坂本
3F 3Lz 3S 2A-3T 3F-2T-2T 3Lo so 2A-3T so
冒頭の3Fに3Tをつけられなかったので、最後の2Aに3Tをつけましたが、スタミナが足りなかったのかステップアウトに。コンボをつけた影響で、スピンの時間が足りずに尺足らずになりました。その冒頭の3Fは回避して、普通ならそこそこの質で収まってしまうのに、きれいに流したので+2がついてもおかしくないものになりました。最初3つのジャンプはいずれも素晴らしかったです。スピードとリンキングフットワークは、ここまでの選手の中では絶対的に上でした。スケーティングスキルが際立って高評価です。

新田谷
3Lz-2T 3F 3Lo 3Lz A 2A-3T-2T 2A-3T
出身が大阪になっている。西宮・・・西宮はどこに。2Aがすっぽ抜けてしまったので、3Sを生贄に2A-3Tを召喚し、咄嗟にリカバリーしました。失点を最小限の3S1本分に収めました。これはできる女。3S入ってたら上行ってたのかー悔しいなあ。SPよりこういう雄大な曲の方がいいです。もうちと緩急出せればなあとは思いました。

ザギトワ
3Lz-3Lo 2A=3T 3F tano-2T tano-2T tano 3Lz tano 3S 3F tano 2A
メドベージェワの懐かしいチュチュ衣装で登場です。7本すべてのジャンプを後半に入れる、スケート史上最もバランスの悪いプログラムを滑りました。点数を取るためとはいえ、いくらなんでもバランスが悪すぎます。PCSで下げて欲しいんですけど、ジャンプの成否に引っ張られるからそんなことはないか。スケーティングもなあ・・・新田谷と同じぐらいだと思うんですけど、うーーーん。ジュニア時代のメドベージェワもスケーティングが微妙で、シニアに上がっていきなり伸びたから、ちょっとずつ上手くなるでしょう!優勝には異論はありません。素晴らしい演技でした。ザギトワ近くで顔見たらアッラ・ロボダさん風味。

ザギトワは3Sがアンダーローテーションでしたが、この合計点はジュニアの歴代2位のスコアです。回転が足りていれば歴代最高スコアです。プロトコルを観るとジャンプの加点の多さが分かります。ジャンプの質が普通レベルであれば、演技の流れ的にGOEが出るようになりました。これはリプニツカヤ~メドベージェワで、エテリチームがそういう風潮を作り出しました。勝者こそがルールになるのです。

kokki_20160827050148bec.jpg

dekaihanataba.jpg

表彰式安定のデジタル国旗。フランスはこうじゃないと!

ジュニアグランプリは楽しい。この魅力にハマってしまうと、フィギュアスケートストリーミング観戦からは抜けられない。
Comment:2
2016
08.26

JGPサン・ジェルヴェ 1日目 女子SP・男子SP

会場のBGMが昨シーズンから更新されていないようだ。

女子SP
1 Alina ZAGITOVA(ロシア)68.07 PB
2 Kaori SAKAMOTO(日本)64.12 PB
3 Rin NITAYA(日本)60.94 PB
4 Ye Lim KIM(韓国)55.11 PB
5 Emmi PELTONEN(フィンランド)53.41 PB
6 Alexia PAGANINI(アメリカ)52.92 PB
7 Alizee CROZET(フランス)47.99 PB
8 Cassandra JOHANSSON(スウェーデン)46.15 PB
9 Julie FROETSCHER(フランス)44.91 PB
10 Aiza MAMBEKOVA(カザフスタン)44.19 PB
11 Pauline WANNER(フランス)43.78 PB
12 Kristina ISAEV(ドイツ)40.58 PB
13 Olivia GRAN(カナダ)39.95 PB
14 Charlotte VANDERSARREN(ベルギー)38.12
15 Maisy Hiu Ching MA(香港)37.69
16 Kristen SPOURS(イギリス)36.01
17 Thita LAMSAM(タイ)35.14
18 Federica MAGNIFICO(スイス)33.57 PB
19 Alina SUPONENKO(ベラルーシ)29.67 PB
20 Tania MARGARIDO(アンドラ)29.39 PB
21 Ellen YU(ノルウェー)26.12 PB
22 Veronika SHEVELEVA(カザフスタン)26.10 PB
23 Zeynep Dilruba SANOGLU(トルコ)25.45
24 Elisa TSUJI(インドネシア)23.34 PB
WD Anzelika KLUJEVA(ラトビア)
WD Anna TARUSINA(ロシア)

メイシー
3T hd-1T 1Lo 2A
ただただかわいいメイシーさん。中華風のチャカポコ風音楽でした。ジャンプは残念。2Aはきれいでした。スピンの出などの「エレメンツやったったぜー」な構えが解消されるといいなあと。

ザギトワ
3Lz tano-3T 3Lo tano 2A
タノ族でした。でも2Aはタノらないところは同門のメドベと違いますね。新世代のロシアっ子はアクセルへの苦手意識ある選手がマジで多いのか?シャーロットスパイラルからワンフットで3Loタノはすごかったです。どうしてバランスを保てるのでしょう。おでこの金色の巻物が気になります。もっとかわいいのにできそうなのに。ジャンプを後半にまとめて、デビュー戦でTES40点超え。次から次へと新キャラが。顔覚えられないですよ?なんだかんだで覚えますけど。

グラン
3T shaky 3Lo hd 2A
3T-3Tを予定していたようですが単独になりました。演技序盤から音楽がティロティロしていたんですけど、その時点で演技を中断しないので、ティロティロのまま演技が進んでしまいました。当然一度やったエレメンツのやり直しはできないので、音楽が直って中断した箇所から再スタートして演技を終えました。よくがんばりました。減点はありませんでした。タイムバイオレーションもなしです。

坂本
3Lo 3F-3T 2A
ロシアのタルシナさんがおらず、グループで最初の滑走になりました。3Loにめちゃ高さがあってかっこよかったです。前半に決まるとシャキッとします。3Fは絶対にコンボつけられないと思ったんですけど、3Tをつけました。厳しくてもGOEは-1でしょう。スピードがありすぎ、元気すぎなので、もうちょっと大人な抜け感も出していけるとPCSも出やすそうです。点数を見て「え!出てるやん」と喜んでおりました。

おフランスのポリーヌさんジャンプの成否はなんでしたが高さはありました。丁寧にディープエッジで滑ろうというのはブノワ・リショーの教えなのかもしれません。ダンサーっぽかったですもん。

ペルトネン
3T-3T 1Lo 2A
キーラみたいなジャンプ(抜け癖も)、アメリカ人のドヤり、ゲルボルトの容姿を兼ね揃えた選手。おまけに赤い素敵な衣装が似合うことなんの。序盤のドヤりはなかなかのものでしたが、滑りながら上体を激しく動かすのは苦手な模様。立ち止まってキメるのはよかったんですけどね。動きながらというのができるようになれば、もっともっと評価が上がるような気がします。足の置き方とかかっこよかった。

新田谷
3Lz-3T 2A 3Lo
ジャンプは3本ともきれいに入りました。演技の終盤で入れる3Loはリスクが高いですがよく落ち着いてきめました。キャメルスピンとコンビネーションスピンの回転速度が足りなかったので、加点はあまり受けられなさそうです。もう少しチャキチャキキメた動きが必要とされると思うのですが、いまひとつキメが足りず、印象に残らないまま流れてしまっているように思えました。シャキーン!っていきましょう。衣装好き。

おフランスのジュリーさんの衣装はヒョウ柄。ガオガオ言ってました。

イェリム
3Lz-3T df 3Lo tano 2A
最初にたっぷりとステップの時間を取ってから後半に3本のジャンプでした。体を動かし始めた瞬間から他の国の選手とは違う「ああ、韓国人だな」という芝居のような動きでした。13歳にこんなセピア色の陰気な曲使うとは。男コーチのメガネ。韓国人こういうの好きだなあ。

パガニーニ
3Lz-3T 2Lo 2A
昨シーズンの全米では3Loを入れていたので、跳べないわけはないのですが2Loになりました。タイミングを逃してしまったかな?黄昏の美しい曲での演技でしたが、曲には合っていないです。エレガント風のルックスなのですが、じゃあそうかと言われるとそう思わないし、風味の薄い演技でした。個性を見つけられますように。

バス事故で棄権になってしまったラトビアちゃんとタルシナは気の毒でした。24人になったので5グループから4グループに減ります。ザギトワでいきなり点数を出しすぎた気はしますが、妥当な順位です。

hige.jpgk

個性出しすぎカメラマン



男子SP
1 Yaroslav PANIOT(ウクライナ)68.58
2 Roman SAVOSIN(ロシア)67.44 PB
3 Kevin AYMOZ(フランス)64.74
4 Conrad ORZEL(カナダ)61.65 PB
5 Koshiro SHIMADA(日本)59.32
6 Tomoki HIWATASHI(アメリカ)57.90
7 Luc ECONOMIDES(フランス)56.18 PB
8 Daniel GRASSL(イタリア)56.09 PB
9 Ilia SKIRDA(ロシア)56.07 PB
10 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)56.06
11 Oleksiy MELNYK(アメリカ)54.49
12 Graham NEWBERRY(イギリス)54.11
13 Artur PANIKHIN(カザフスタン)53.06 PB
14 Petr KOTLARIK(チェコ)52.13
15 Adam SIAO HIM FA(フランス)49.36 PB
16 Basar OKTAR(トルコ)48.85 PB
17 Eric LIU(カナダ)45.02 PB
18 Natran TZAGAI(スウェーデン)42.04 PB
19 Si Hyeong LEE(韓国)41.78
20 Michel TSIBA(オランダ)40.00 PB
21 Tim HUBER(スイス)35.86
22 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)31.15
23 Yakau ZENKO(ベラルーシ)30.96
24 Calvin PRATAMA(インドネシア)18.16 PB
25 Ilyass EL-MARHOUME(モロッコ)15.49 PB

珍しいモロッコ男子くんは2Lzを2回跳んでいました。不思議。オドボルボエさんは3Aは入れない演技でした。最後はせわしなく終わってしまいました。エド・シーランむずいよう。キスクラでのミヒャエル・フースさんは短パンでした。夏ですもんね。

パニオット
3F-3T 3A 3Lo
地味な衣装のモロゾフ振付チャイコフスキー版ロミジュリ。編曲が似通ってしまうもので。ステップがモロモロとしていて、ああモロゾフになったんだなと実感しました。キスクラにめちゃくちゃダンス得意そうな若手コーチが座っていました。何て名前の人だろう。何ディオだろう。

wakatecoach.jpg

ニューベリー
3A fall 3Lz ot-3T 3Lo hd
今シーズンも軸の家出は続いているようです。反抗期ですからね。ルックスは随分と大人っぽくなりました。成功しそうな回転速度とスピードで、スルンと失敗するのがなんとも。でも失敗しても楽しそうに勢いよく滑るから、まったく悲壮感がありません。このプログラムコードネームU.N.C.L.E.って映画の曲なんですけど、何も考えずに楽しめる映画だから、考える系の苦手な人におススメです。僕は好き。

サボシン
3A so 3Lz-3T shaky 3Lo tano
テンくんのような動きのギュッとした演技です。ギュッパーーーン!みたいな。きれいな滑りで好印象でした。ジャンプはきれいには入りませんでしたが、悪くない演技だったと思います。3Loはステップシークエンスを生かして、その流れのまま入りました。タノジャンプなのに回転中に手を下ろしてくる中途半端な試行でした。空中姿勢が汚く見えてしまいます。

カナダのエリックさんの山の魔王の宮殿にては、一切の緊張感と迫力のない音源。魔王の宮殿に冒険だー!なコミカル音源。

メルニク
3F ot-2T 2A 3Lo
来月19歳の、大人っぽいではなく大人スケーター。ウクライナ産ということでユーロの香りもどこか漂わせてはいるけれど、全米の第2グループぐらいで見そうな感じもする演技でした。イーーーーーグルが得意なようです。

ヒワタシ
3Lo 3A fall 3Lz-3T shaky
昨シーズンのメタリックブルー折り紙衣装から、メタリックゴールド折り紙衣装への華麗なる進化を遂げました。メタリックは男のロマンですからね。ステップは大量加点を得られそうな躍動感溢れるものでした。スピンもよかったです。あとは表情がついてくればなあ。PCS低めでした。ロヒーンがキスクラにいますが、コーチがコリ・エイドになったんですね。キスクラの濃さが対照的。

スキルダ
3Lz fall 3Lo 2A
後半にジャンプを固めました。文字通り固めてポンポンポーンと跳びました。サスペンダーがブラブラしているという、サスペンダーの役割を著しく欠く仕上がり。どうせ欠くならアブザル・ラキムガリエフさんぐらいやらないと。スピードのあるいい滑りでした。早く大きくなってね。

エイモズ
3A 3Lz-3T 2Lo
3Loが2Loになりました。もったいない。プログラムは昨シーズンと同じハレルヤでした。PCSはぶっちぎりで1位の評価ですが、TESはやはり伸びませんでした。

オーゼル
3A hd 3Lz-3T 3Lo
ジョナサン・ゲレイロさんのような町田樹さんのような衣装のかわいらしい僕。3Aを入れてきました。レベルは取れていませんが、ジャンプで稼いだという感じ。ステップの動きの硬さが初々しいです。

ベラルーシのゼンコさん1年前と様変わりしました。大きくなった体に適応できていません。見比べてみるとその違いが分かります。
https://www.youtube.com/watch?v=k5K0r6S1-mE

島田
3Lz-3T Lo fall 2A
ああああああああああああああびっくりした。3Loの構えでスリップしてびっくりした。激しい動きでステップのGOEも高評価を得られました。気になるのは指先の動きでした。ヒトデが捕食するときみたいにニギーニギーとなっていました。張るところはピンと張る!という風にメリハリをつけると、もっと演技が締まるのではないかと思いました。転倒の後もよく落ち着いていました。フィニッシュしてからは「マジ?」と言っていました。

イタリアのグラッセルさんの禿山の一夜~剣の舞の編曲は一体。カナダのエリックさんといい山の魔王さんで遊ぶの止めて!グラッセルさんの菩薩スピンの亜種の膝いわせてますスピンなんですか。膝どうなってるんです?

wakatecoach2.jpg

若手コーチ再び

男子はシーズン初戦ということもあり、まだまだ仕上がっていない選手が多かったです。まだ8月ですから気にスンナ。ナドーさんがいないのは寂しいですが、いないことによりファイナル進出争いが荒れそうです。これはおもしろくなる。

男女通じてブノワ・リショー振付の生徒がかなり多かったです。これから一大勢力となっていくかもしれません。ユーロ圏でこういった若手の振付師が出てくるのは喜ばしいことです。エテリチームは振付師のグレイヘンガウスが引率担当でした。夏なので毛皮にはシーズンが早いです。今エテリが出てきても毛皮は見られない。
Comment:11
back-to-top