2016
11.20

全日本ジュニア選手権リザルト

今年もBSフジが女子の生放送。

アイスダンスリザルト
1 深瀬理香子/立野在 大東文化大学/法政大学 130.84
2 折原裕香/森望 武蔵野学院/明治大学 103.54
3 矢島榛乃/嶋崎大暉 新横浜プリンスFSC/明治大学 90.04
4 吉田唄菜/杉山匠海 岡山SC/就実学園 86.70
5 柏野茉衣/柏野雄飛 倉敷FSC/倉敷FSC 74.74
6 岩崎ゆう/池田喜充 明治神宮外苑FSC/アクアリンクちばクラブ 68.48

6組もいますよ。暫定的にだったり、お試しでやっているカップルもいるかもしれないけれど、とても嬉しく思います。りかあるはSD・FDでツイズルレベル4でしっかりプラスももらっていますし、またこれからが楽しみです。

男子リザルト
1. 友野一希 浪速中・高スケート部 207.85
2. 島田高志郎 就実学園 198.20
3. 須本光希 浪速中・高スケート部 191.81
4. 木科雄登 金光学園 181.25
5. 壷井達也 邦和スポーツランド 177.62
6. 三宅星南 岡山FSC 174.86
7. 長谷川一輝 ROYCE'F・S・C 170.89
8. 山隈太一朗 ひょうご西宮FSC 167.15
9. 小林諒真 新横浜プリンスFSC 166.59
10. 小林建斗 秀明英光高校 164.27
11. 鍵山優真 神奈川FSC 164.14
12. 唐川常人 新横浜プリンスFSC 163.84
13. 山藤一悟 石見スケートクラブ 163.19
14. 竹内孝太朗 中京大学 157.53
15. 佐藤駿 仙台FSC 157.03
16. 西山真瑚 明治神宮外苑FSC 154.63
17. 本田ルーカス剛史 大阪スケート倶楽部 150.83
18. 石塚玲雄 駒場学園高校 149.39
19. 國方勇樹 駒場学園高校 146.14
20. 佐々木晴也 邦和スポーツランド 145.80
21. 片伊勢武 神戸FSC 22 141.66
22. 門脇慧丞 湖遊館スケートクラブ 137.94
23. 古家龍磨 北九州FSC 135.52
24. 山田晋一 神戸PFSC 125.46

友野
4S df 3A-2T 3F-3T 3A-2T so 3Lo 3S shaky 3Lz 3F
4Sは回転不足で両足。今シーズン3Aの着氷が大幅に向上しましたが、なかなか質のいいものを降りられませんでした。ジュニアグランプリほどの元気は感じられなかったかなと思います。

男子は友野をフルで島田と須本はダイジェスト!わーーーでも、選手層を考えるとこれはしょうがない。プロトコルを見ると三宅が3Aを入れていて、回転は足りていたから全日本が楽しみになりました。降りてくれー。

女子リザルト
1. 坂本花織 神戸FSC 191.97
2. 白岩優奈 関西大学KFSC 185.13
3. 本田真凜 関西大学中・高スケート部 176.23
4. 笠掛梨乃 ポラリス中部FSC 173.97
5. 鈴木沙弥 邦和SC 166.38
6. 滝野莉子 大阪スケート倶楽部 165.41
7. 松原星 武蔵野学院 162.96
8. 横井ゆは菜 中京大中京高校 162.84
9. 青木祐奈 神奈川FSC 161.35
10. 岩元こころ 大阪スケート倶楽部 157.56
11. 紀平梨花 関西大学KFSC 153.73
12. 松岡あかり 日出中学・高等学校 148.80
13. 住吉りをん 明治神宮外苑FSC 147.64
14. 藤由妃乃 パピオフィギュアクラブ 142.21
15. 岩野桃亜 芦屋学園 139.98
16. 山下真瑚 グランプリ東海クラブ 139.81
17. 三野真穂 なみはやクラブ 138.29
18. 吉田莉菜 名東FSC 132.49
19. 加藤日向子 邦和SC 131.58
20. 横山翠 神戸PFSC 124.58
21. 河辺愛菜 邦和SC 123.94
22. 浦松千聖 名古屋FSC 122.79
23. 竹内すい オリオンFSC 122.36
24. 大橋璃子 神戸FSC 113.65

住吉
3F fall 3Lz 2A-3T ot 3Lo 3F-2T 3S-2T-2Lo 2A
奈也ちゃん振付とな。ジャンプには緊張が見られましたが、レイバックスピンすごかった。ディフィカルトでの回転速度の増加もそうですけど、支持なしの状態で、体を曲げてあんなにきれいなポジションを保持できるとは。

松原
3Lo 3F-3T 3Lz-2T 3Lz-3T-2T 3S 2A 2A
驚異の膝はどのような構造をしているので?前世は猫なんでしょうね。柔らかなジャンプの着氷から、中盤はキレよく滑るので緩急も感じられました。ええでええで。手の上げ下ろしきれい。

ゆは菜
3A fall 3F-2T tano 3Lo 3Lz 2A-3T-2T tano 2F 2A-3T
どういう経験を積めばこんな高1になるのか。3Aは回転不足で転倒、後半で3Fが抜けましたが、抜けた直後でもすぐに表情を作ってステップワッショイ。

鈴木
2A-3T-2T 3Lz-2T tano 3Lo 3Lz 2A-3T shaky 3F 3S
なんとなくシャオユーっぽい。表情は硬かったですけど、ステップに入るところ、そのステップが終わってフライングシットに入るところ、愛する男性へ思いを高ぶらせていく様をしっかりと体の表情で出せていたのでいたのではないかと。連続あっこちゃん振付。

岩元
3Lz-3T 3Lo 3S 3F 2A-3T 3Lz 2A-2T-2Lo
この容姿でスペルバウンド、女優でしょうか。メイクの色使いがもっと大人っぽかったら、さらに曲の雰囲気を出せそう。ピンクは可愛くなりすぎかなと。ジャンプの回転不足が痛かったです。スケーティングに課題があって、日本の女子選手みんな上手なので、比較されるとどうしてもね。

青木
3Lz-3Lo shaky 2A-2T 3S 3Lz 3F 3Lo fall 2A-2T-2Lo
ジャンプに苦労しております。3Tをつけるのが苦手だというのは、女子で戦っていくには大きな壁ですね。ステップでループとウィンドミルの組み合わせを入れています。これは世界中の選手がよくやっていることなんですけど、青木はシュシュンとクイックな動きで入れるので、すごく効果的に見えます。やけっぱちな表現を乗せた3Lz、泣き笑いをするような終盤。表現面では今シーズン1、2を争うほど伸びたのではないでしょうか。

紀平
3A<< df 3Lz-3T 3Lo 2A fall 3F-2T-2Lo 3S-2T 3Lz fall
3Aの転倒はさておき、3Lz-3Tの3Lzが軸がおかしかったので、めちゃくちゃ硬くなっているなという印象でした。スピードは出ているけど、表現をする余裕はない感じ。メディアが「次は3A-3T成功だ!」とか煽りすぎな。あと何億回同じ過ちを繰り返すのか。

笠掛
3Lz shaky 3S 2A 3Lo-2T-2Lo 3Lo-3T 3F 2A-3T
めちゃくちゃスピードに乗った演技でした。スローパートでもスローじゃないスピード感でした。3Loのデュルルルン感が素晴らしい。アホーニューワールドになったときのスパイラルの忙しさにちょっと笑ってしまいました。猛スピードのまま魔法のじゅうたんで世界中飛んでますからね、地上からそれを見た人にはあれぐらいのスピードに見えるんですよ。

滝野
3F-3T shaky 3Lz 3Lo 2A-3T 2F-2T-2Lo 3S 2A
悲しい音楽のときには悲しい表情を、元気な曲のときには野心と希望に溢れた表情を。身体は細くて小さいですけど、表現がきちんと伝わってきました。ステップでのランランルー行進かわいすぎ。3-3のセカンドの回転不足と3Fの抜けはありましたけど、とても印象がよかったです。

坂本
3F-3T 3Lz 3S 2A ot-3T to 3F-2T-2Lo 3Lo 2A
簡単に大量加点出すの反対!なアンチ積極加点の僕ですが、彼女のジャンプには+2いっぱいつくべきだと思います。それぐらい圧倒的な高さと幅。軽さでシュタッと降りる感じじゃないので回転不足の心配がないですし、今1番安心して見られる日本女子です。テレビっちよ、明日のニュースでは真凜と紀平のことばかり伝えるんだろう?さかもっちゃんはノープレッシャーでファイナル、全日本、世界ジュニアと大活躍だぜ。

白岩
3Lz-3T 3S 3F 3Lz-3T-2T 2A 3Lo 2A-2T
ノートルダムドパリも悪くなかったんですけど、大人っぽくお色直ししたこのプログラムもいいですね。得意のセカンドトリプルがスイスイと成功しまして、ジャンプの流れも素晴らしかったです。3Fのエッジはかなり怪しかったですが、プロトコルではアテンションということになっています。いや、ほんとここまで復調しくてるとは。

真凜
3Lz df 3F 2A-3T-2T 3S 3Lo 3F-2T 1A
緊張はなかったと言いますが、動きにキレがなくていつもより散漫な印象でした。ステップで足元がかなりカクカクしていたので、ターンをきちんと踏めていないと思われます。横浜のジュニアグランプリでもそうでしたが、失敗がステップにまで影響するんでしょうか。そして今回も最後のジャンプで失敗。メンタルの問題なんでしょうね。

坂本が初優勝、白岩2位、真凜は3位。真凜はSPでつかなかった3Fでのアテンションが2本の3Fにつきました。スピンのVマークもSPからたくさんついていますので、ファイナルまでにスピンは直さないとですね。紀平は全日本出場を逃す結果となりましたが、その分ファイナルでの演技を楽しみにしましょう。ジャンプ以外も魅力がある選手なので、失敗で萎縮しないで。

全日本には上位6名ずつが推薦です。世界ジュニアの代表権争いと共に、初出場の選手たちの演技が楽しみです。

全日本フィギュアスケート選手権2016
12月23日、24日、25日
フジテレビ系列地上波にて 3夜連続ゴールデン放送!

12月30日、31日
BSフジ SPハイライト+フリー全演技放送!
全演技放送!?フジテレビ抱いてっ!選手のみなさんは田舎のおじいちゃんとおばあちゃんに、BS見られるようにしといてって連絡しなきゃダメですよ。
2015
11.23

全日本ジュニア選手権リザルト

男子リザルト
1. 山本草太 愛知みずほ大瑞穂高校 213.40
2. 友野一希 浪速高校スケート部 183.19
3. 宮田大地 法政大学 178.38
4. 島田高志郎 就実学園 177.43
5. 中村優 関西大学172.83
6. 須本光希 上野芝スケートクラブ 169.87
7. 山隈太一朗 ひょうご西宮FSC 167.99
8. 鎌田英嗣 明治大学 163.87
9. 三宅星南 岡山FSC 162.05
10. 本田太一 関西大学中・高スケート部 154.67
11. 木科雄登 金光学園 151.55
12. 竹内孝太朗 愛知みずほ大瑞穂高校 149.51
13. 櫛田一樹 岡山理大附高校 146.38
14. 壷井達也 邦和SC 145.58
15. 佐藤駿 仙台FSC 143.46
16. 唐川常人 新横浜プリンスFSC 141.61
17. 西山真瑚 明治神宮外苑FSC 132.43
18. 小林建斗 秀明英光高校 132.33
19. 山本恭廉 愛知みずほ大学 130.73
20. 佐々木晴也 邦和SC 129.07
21. 山藤一悟 石見スケートクラブ 129.00
22. 石塚玲雄 駒場学園高校 120.19
23. 鎌田詩温 札幌第一高校 119.90
Final Not Reached
- 堀義正 明治神宮外苑FSC 25
- 長谷川一輝 ROYCE'F・S・C 26
- 古家龍磨 北九州FSC 27
- 小林諒真 新横浜プリンスFSC 28
- 早川晃太郎 パピオフィギュアクラブ 29
Withdrawn
- 市橋翔哉 関大北陽スケート部

BSフジで唯一男子で放送があった草太さん。3Aは失敗しましたが、抜けがなくなっているのはいいこと。失敗した4Tはスピードが足りなかったかも。後半はいつもよりスピード足りませんでしたが、それでもジャンプは失敗しませんでした。3Lz以下のジャンプは安心して見られます。JGPFと全日本に照準を合わせてがんばって欲しいです。

放送のなかった方々・・・。友野4S成功してるじゃないですか!!!!!おい流してくれよこれ。ジャンプは高いのでコントロールできるようになれば、GOEでプラスがもらえるようになれそう。

島田は3Fのeを除けばジャンプは全てクリーンだったようです。全日本の地上波放送であのかわいさが見つかってしまう。

鎌田のおしゃれ衣装が地上波で見られないの残念。大好きなのに。

女子リザルト
1. 樋口新葉 開智日本橋学園中学校 189.23
2. 白岩優奈 京都醍醐FSC 184.16
3. 横井ゆは菜 邦和スポーツランド 177.40
4. 新田谷凜 愛知みずほ大瑞穂高校 175.97
5. 坂本花織 神戸FSC 170.72
6. 本田真凜 関西大学中・高スケート部 168.88
7. 青木祐奈 神奈川FSC 162.47
8. 三原舞依 神戸PFSC 160.12
9. 山下真瑚 グランプリ東海クラブ 159.21
10. 岩元こころ 大阪スケート倶楽部 154.98
11. 紀平梨花 大阪スケート倶楽部 142.91
12. 荒木菜那 名東FSC 141.89
13. 渡辺倫果 文華女子中高 140.90
14. 笠掛梨乃 ポラリス中部FSC 139.35
15. 竹内すい オリオンFSC 139.25
16. 角季花 グランプリ東海クラブ 138.39
17. 滝野莉子 大阪スケート倶楽部 137.82
18. 永田絵美莉 中京大中京高校 131.48
19. 岩野桃亜 神戸PFSC 130.06
20. 竹野比奈 沖学園 129.84
21. 横井絢音 大同大大同SC 126.97
22. 小澤みいな 甲府FSC 124.33
23. 小林聖依 伊勢崎クラブ 120.56
24. 森下実咲 アクアピアスケーティングC 120.43
Final Not Reached
- 松原星 武蔵野学院 25
- 鈴木沙弥 邦和SC 26
- 川畑和愛 シチズンクラブ 27
- 馬場はるあ 明治神宮外苑FSC 28
- 大澤陽 三沢GOLD F・S・C 29
- 樋口瑞保 開智日本橋学園中学校 30

新葉2連覇。LPでは3Fで手をついた以外はミスなしでした。3Lz-3Loを今大会は外しましたが、それでも3Lz-3Tですし、LPでは2本入れますし強いです。音楽表現にはまだ課題が見られますが、よく練習を積んできたのだろうなと思います。

白岩はセカンドループの回転が足りないぐらいで、つるーんとジャンプの着氷に流れを出し、いい演技を披露しました。3項目で7点台に乗ったのも納得できます。身長は少し大きくなってきたでしょうか。

横井は本人がキスクラで驚いていましたが、いやいやすごくよかったと思います。歯切れのいい表現でとても魅せられました。頭につけたお花が落ちそうだったけど、あれはそういう仕様なのでしょうか。インタビューでの男前な声がよかった。久しぶりに声の逸材を見つけてしまった。

新田谷は最初の3Lzが抜けただけでした。動きが柔らかないのに物足りなく見えてしまうのはどこにあるんでしょう。狭い範囲で収まっているからとか?丁寧さや、演じようとする気持ちはよく伝わってきます。

坂本はルッツのe以外はとてもよかったです。ジャンプの質がよくて、これはいいスコア出るぞーーーくるくるくるーーーーーと思ったのに、それほど伸びず。国際評価と比べると、あんまり高くなくて。なんか・・・?うん?って感じ。

真凜は最後の最後で3Fを転倒しましたが、花が咲き誇るような華やかさがあります。スパイラルからの3Lzきれいだったし、音楽の強弱やスピードに乗った表現の仕方も見事だし、才能がある選手だなと改めて思いました。

青木は苦手なセカンド3Tを認定されました。後半スピードがなくなっていました。相当身長が伸びたように見えるので、苦労もあったんじゃないかと思います。よくがんばりました。衣装がテレビ画面から飛び出してくるうううううう目が持たない。

三原・・・JGPFにも出られるのにまさかの8位で全日本推薦漏れ。人数を増やすとそれだけ時間もかかるので、仕方ないところではあるのですけど。世界ジュニアにも出られなくなりますね。ここは、ファイナルでメダルとって「私を推薦しなかった連盟・・・愚かだわ」ぐらいに思っちゃえばいいんです!

岩元は超美人じゃないですか。お世辞系美人じゃなくて、一般社会で超チヤホヤされる美人。上位0コンマ%に入るぐらい。背も高い。

紀平や山下はノービスなのに、もうジュニアと遜色ないぐらいの技術力ですね。山下はジャンプを8回も跳ぶ神。男子かな?ジャンプを規定の回数以上跳ぶなんて、ODAさんかな?

ジュニア女子は明るい未来しかない。今年もレベル高かった。

アイスダンスリザルト
1. 深瀬理香子 / 立野在 霞ヶ関高校 / 明治神宮外苑FSC 120.10
2. 前田久美子 / 渡邊純也 明治神宮外苑FSC / 浪速高校スケート部 99.62
3. 平山姫里有 / 東健太 倉敷FSC / 倉敷FSC 79.99
4. 高浪歩未 / 嶋崎大暉 アクアリンクちばクラブ / 新横浜プリンスFSC 68.51

深瀬立野はステップでレベル3をとっています。全日本ジュニア優勝が世界ジュニアの代表というのは、アイスダンスでも一緒でしょうか?だとしたら楽しみです。

ジュニアからは男子上位6名、女子は前年メダリストでシードの新葉を含み上位7名がシニアに推薦となります。草太と新葉以外の代表は、ここで決まります。ユースオリンピックの代表は草太、島田、白岩、坂本の4人だそうです。こちらも同じくがんばってください。ユースオリンピックでは、前回と同じく国まぜまぜの団体戦を再びやるらしい。
2014
11.25

全日本ジュニア選手権リザルト

国内選手権ラッシュの開幕を告げる全日本ジュニア。

男子リザルト
1. 宇野昌磨 中京大中京高校 210.72
2. 山本草太 邦和スポーツランド 202.50
3. 中村優 関大北陽スケート部 184.08
4. 友野一希 浪速高校スケート部 177.23
5. 宮田大地 パピオフィギュアクラブ 169.92
6. 鎌田英嗣 シチズンクラブ 168.61
7. 山隈太一朗 ひょうご西宮FSC 166.01
8. 中野紘輔 飯塚フィギュアクラブ 160.09
9. 唐川常人 新横浜プリンスFSC 153.05
10. 小林建斗 秀明英光高校 151.63
11. 川原星 福岡大学 150.94
12. 佐上凌 武蔵野学院 149.39
13. 梶田健登 明大付属中野高校 146.35
14. 渡邊純也 浪速高校スケート部 144.83
15. 竹内孝太朗 愛知みずほ大瑞穂高校 144.36
16. 島田高志郎 就実学園 143.03
17. 鈴木元気 川越FSC 142.11
18. 時國隼輔 就実学園 140.64
19. 小田尚輝 岡山理大附高校 140.13
20. 中野耀司 神奈川FSC 138.44
21. 鎌田詩温 札幌第一高校 130.87
22. 渡邉直弥 東北高校 129.26
23. 櫛田一樹 倉敷FSC 125.72
24. 木科雄登 金光学園 123.53
Final Not Reached
- 西山真瑚 明治神宮外苑FSC 25
- 山本恭廉 愛知みずほ大瑞穂高校 26
- 齋藤翔 宮城FSC 27
- 石塚玲雄 西武東伏見FSC 28
- 森望 明治大学 29
- 三宅星南 岡山FSC 30

優勝は昌磨でした。SPで3A 3Lz 3F-3Tの構成を成功させ、レベル4をそろえて80点台。LPではLPでは転倒4度でしたがアクセルとクワドが2本ずつのアグレッシブな構成をチャレンジしてきました。今大会あれだけ成功しなかったアクセルが2/3成功したというのは大きいですね。クワドはここまで好調すぎるほど好調だったので、こんなこともありますわな。

山本が2位。こちらは引き続きアクセルには苦労していて、SPでもLPでも転倒のようです。ルッツは全てにアテンションがついているので、厳しいパネルならeつけられる可能性もありますねえ。しかし3位以下に差をつけるPCSでしたし、きちんとGOEも稼げております。ファイナル出場の2人には期待せざるを得ない。

中村はSPで3Aに成功。日本のジュニア選手では珍しくeマークをもらっていないのですね。今シーズンからeマークは大きなマイナス、ましてや大技の少ないジュニアならなおさらのことなので、これはアドバンテージなのです。(ジュニアはあと1年あるけど)高校最終年で結果出せてよかった。

残念だったのは川原。得意な3Loは決まったど、アクセルが決まらず、ルッツも決まらずで挽回できませんでした。ジュニア最終年でしたが全日本進出はなりませんでした。

全日本へは上位6名が進むことになりました。

女子リザルト
1. 樋口新葉 日本橋女学館 187.95
2. 坂本花織 神戸FSC 168.82
3. 永井優香 駒場学園高校 168.74
4. 本田真凜 関西大学中・高スケート部 167.92
5. 青木祐奈 神奈川FSC 163.68
6. 松田悠良 中京大中京高校 155.00
7. 三原舞依 神戸PFSC 154.60
8. 新田谷凛 愛知みずほ大瑞穂高校 154.28
9. 永田絵美莉 名東FSC 151.34
10. 岩元こころ 関西大学中・高スケート部 143.02
11. 鈴木沙弥 邦和SC 140.16
12. 藤由妃乃 パピオフィギュアクラブ 136.47
13. 竹野比奈 沖学園 133.46
14. 紀藤裕香 武蔵野学院 131.66
15. 川畑和愛 シチズンクラブ 127.20
16. 森下実咲 アクアピアスケーティングC 123.05
17. 谷口美菜 中京大中京高校 120.72
18. 大橋璃子 神戸FSC 118.90
19. 竹野仁奈 沖学園 117.55
20. 佐藤伊吹 明治神宮外苑FSC 113.64
21. 大矢里佳 中京大中京高校 111.73
22. 西坂美柚 パピオフィギュアクラブ 111.45
23. 山中陽菜 広島スケートクラブ 111.20
24. 清水楓花 オリオンFSC 102.65
Final Not Reached
- 横井絢音 大同大大同SC 25
- 横井ゆは菜 邦和スポーツランド 26
- 白岩優奈 京都醍醐FSC 27
- 河西萌音 山梨学院大学附属高校 28
- 角季花 グランプリ東海クラブ 29
- 渡辺倫果 西武東伏見FSC 30
- 船迫麗愛 アクアリンクちばクラブ 31
- 壷井麗美 邦和SC 32

毎年見て思うことですけど、すごいですよね。このDQNネームのなさが。スケートをさせるお家の方はやはり、お常識レベルとか、お上品レベルが標準以上あるのね。と思う次第。

ハイパーぶっちぎり優勝樋口。一人だけ7点台に乗せました。ものが違いますものね。ロシア女子と張り合えるジャンプでありスケーティングであり、上回る爆走っぷり。つええ。次のフジテレビのえじきになりますけど、上手くかわせてこそのトップスケーターへの道ですので、スルースキルも磨きましょう。

メーテレ杯で悔しい出来になってしまいジュニアグランプリは2戦目の派遣がなくなってしまった坂本。今回はeがついたルッツイガは全てのジャンプを降りたようです。+2もたくさんもらえています。

永井は無事に表彰台を確保しました。SPの3T-3Tの加点が全ジャッジから+2ってのはすごい。SPのルッツの加点もすごい。ステップからのルッツ1.26もプラスもらえるってのが立派。

そして4位に入ったのがノービスの本田家次女のまりんちゃん。フリップの回転が足りていれば表彰台乗っていたんですよね。しかもSPの出遅れがあってこれ。末恐ろしい。ノービス1位だった青木が5位。こちらはセカンドループ持ちの選手。LPではミスが出ていますが、それでもこの得点。この2人は全日本ノービスで男子よりも点数が高かったんですよね。こわいこわい。

3-3や2A-3Tは当たり前、ルッツフリップもほとんどの選手が入れているような状況。日本のレベル本当に高い。3T-3Tだけじゃなくて3F-3T、3Lz-3T、3Lo-3T、3Lz-3Loなど難しい組み合わせの選手もたくさんです。3年後4年後に日本が今のロシア女子みたいな状況になっている可能性も十分あります。日本女子はeとられることが多いので、2年後をめどにeつきジャンプはそれぞれルッツフリップに統合されるかもしれませんから矯正できていければと。それでも前に比べるとずいぶん減った気もしますけどね。2年ぐらい前ってほとんどの選手がルッツにeがついていた気がするので。

全日本はノービスの2選手を除いた上位6人の樋口、坂本、永井、松田、三原、新田谷の6人が出場。みんな分かるからよかったー。

アイスダンスリザルト
1. 深瀬理香子 川越FSC
立野在 明治神宮外苑FSC 85.94
2. 高浪歩未 アクアリンクちばクラブ
嶋崎大暉 新横浜プリンスFSC 51.30

優勝したカップルの男の子は昨シーズン別の女の子と一緒に出て2位になっていた選手ですね。2位のカップルはまだエレメンツのレベルを取れないのかあ。
Comment:6
2013
11.25

全日本ジュニア選手権リザルト

もう全日本ジュニアの季節であります。現地さんおよび、神サイトとして崇められるfigure skate memoさんのおかげで昼間はオンリザで見ておりました。

男子リザルト
1. 田中刑事 倉敷芸術科学大学 1 1 215.29
2. 宇野昌磨 中京大中京高校 2 3 206.10
3. 日野龍樹 中京大学 4 2 196.67
4. 本田太一 関西大学中・高スケート部 5 4 170.45
5. 山本草太 邦和SC 3 10 166.10
6. 友野一希 上野芝スケートクラブ 7 5 165.75
7. 川原星 沖学園 6 8 164.94
8. 中村優 関大北陽スケート部 10 6 162.87
9. 唐川常人 新横浜プリンスFSC 8 9 158.31
10. 鎌田英嗣 シチズンクラブ 17 7 153.68
11. 佐藤洸彬 盛岡中央高校 11 12 152.88
12. 小林建斗 川越FSC 16 11 149.71
13. 渡邉直弥 東北高校 13 14 143.47
14. 中野耀司 神奈川FSC 12 16 141.65
15. 時國隼輔 就実学園 21 13 138.05
16. 竹内孝太朗 愛知みずほ大瑞穂高校 15 17 137.06
17. 島田高志郎 岡山FSC 19 15 136.88
18. 渡邊純也 浪速高校スケート部 9 19 136.46
19. 湯浅諒一 大阪スケート倶楽部 14 21 131.28
20. 佐上凌 武蔵野学院 24 18 128.75
21. 山隈太一朗 神戸FSC 22 20 126.61
22. 中野紘輔 飯塚フィギュアクラブ 18 23 125.88
23. 鎌田シオン 札幌第一高校 20 22 124.88
24. 市橋翔哉 関大北陽スケート部 23 24 119.69
Final Not Reached
- 笹原景一朗 大阪スケート倶楽部 25 - -
- 櫛田一樹 倉敷FSC 26 - -
- 小田尚輝 岡山理大附高校 27 - -
- 三宅星南 岡山FSC 28 -

デカが全日本ジュニア初優勝です。2位に昌磨、3位にリュージュと順当に3強が入りました。リュージュはSPで大きく出遅れたものの巻き返してきました。デカとリュージュは4T、昌磨は3Aに挑戦しましたが、全員ダウングレードで転倒しました。eマークが多いのと、みんなレベルが取れてないですね。

女子リザルト
1. 本郷理華 愛知みずほ大瑞穂高校 3 1 163.12
2. 三原舞依 神戸PFSC 2 5 153.85
3. 松田悠良 邦和SC 4 7 151.61
4. 木原万莉子 京都醍醐FSC 1 8 150.74
5. 本田真凜 京都醍醐FSC 13 2 150.05
6. 坂本花織 神戸FSC 8 4 148.78
7. 加藤利緒菜 長尾谷高校 14 3 147.33
8. 樋口新葉 日本橋女学館 19 6 142.81
9. 新田谷凛 愛知みずほ大瑞穂高校 7 12 140.76
10. 大矢里佳 ポラリス中部FSC 15 10 139.91
11. 伊藤芽 日本橋女学館 12 11 139.75
12. 横井ゆは菜 邦和SC 23 9 136.73
13. 須崎海羽 オリオンFSC 6 14 136.73
14. 岩元こころ 関西大学中・高スケート部 10 15 134.22
15. 青木祐奈 神奈川FSC 5 18 134.16
16. 竹野比奈 沖学園 21 13 131.75
17. 西坂美柚 パピオフィギュアクラブ 11 19 129.60
18. 佐上黎 武蔵野学院 20 16 127.67
19. 永井優香 西武東伏見FSC 24 17 125.97
20. 永田絵美莉 名東FSC 9 22 124.79
21. 壷井麗美 邦和SC 16 20 124.69
22. 松野真矢子 西武東伏見FSC 18 21 121.17
23. 河西萌音 甲府FSC 22 23 117.46
24. 船迫麗愛 アクアリンクちばクラブ 17 24 115.61
Final Not Reached
- 土橋亜海 ROYCE'F・S・C(札) 25 - -
- 山隈恵里子 神戸FSC 26 - -
- 鈴木春奈 日体荏原高スケート部 27 - -
- 齋藤槙香 新横浜プリンスFSC 28 - -
- 海津あすか 釧路景雲中学校 29

荒れすぎいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!だけど、本郷は順当に差をつけて優勝しました。いやはやここまでSP失敗が多いのは。LP2位がノービスの本田というのもなかなか。24名中20名という驚異的なeマーク率の中、本田はeマークを食らっていません。これは将来有望だなあ。松田は回転不足2つですけど、これは国際大会のような基準で取られているのかが気になるところ。加藤の低いPCSもよく分からない。

アイスダンスリザルト
1. 安形静流
鈴木健太郎 浪速高校スケート部
明治大学 1 1 98.22
2. 前田久美子
立野在 明治神宮外苑FSC
明治神宮外苑FSC 2 2 85.06

さすがにジュニアまではわかんないぜ。

フィギュアスケートはキラキラネームもといDQNネームがいないのがすごい。毎年そう思いますね。

全日本選手権へは上位6名が出場となります。男子は上から6名ですが、女子は5位の本田がジュニアなので7位の加藤が繰り上がりで出場となります。なんとか滑り込みで行けて良かったです。
Comment:0
2012
11.19

全日本ジュニア選手権 2日目 男子リザルト・アイスダンスリザルト・女子リザルト

昨日はちょっと・・・・悲しいことが・・・ね。ありませんでした。
夕方に寝たのに、朝に起きたので書けなかったです。

女子LP
1 宮原知子 関西大学中・高スケート部 111.37
2 加藤利緒菜 関西スケーティングC 107.57
3 本郷理華 愛知みずほ大瑞穂高校 103.87
4 新田谷凛 邦和SC 103.27
5 松田悠良 邦和SC 102.00
6 木原万莉子 京都醍醐FSC 93.08
7 坂本花織 神戸FSC 92.96
8 三原舞依 神戸PFSC 92.61
9 樋口新葉 明治神宮外苑FSC 91.88
10 磯邉ひな乃 立命館宇治中学 88.49
11 伊藤芽 日本橋女学館 88.22
12 大庭雅 中京大中京高校 87.40
13 大矢里佳 ポラリス中部FSC 87.09
14 土橋亜海 ROYCE'F・S・C(札) 85.86
15 紀藤裕香 西武東伏見FSC 84.88
16 酒井祐香 グランプリ東海クラブ 79.68
17 竹野比奈 福岡FSC 79.39 41.87
18 永井優香 西武東伏見FSC 78.35
19 鈴木春奈 新横浜プリンスFSC 78.13
20 安原綾菜 滋賀レイクスターズ 74.03
21 河西歩果 山梨学院大学附属高校 71.63
22 河西萌音 甲府FSC 70.34 35.90 35.44
23 山田さくら アクアピアスケーティングC 62.12
24 阿久澤恵深 日本橋女学館 62.10

女子リザルト
1. 宮原知子 関西大学中・高スケート部 172.68
2. 加藤利緒菜 関西スケーティングC 161.47
3. 本郷理華 愛知みずほ大瑞穂高校 159.34
4. 松田悠良 邦和SC 156.07
5. 新田谷凛 邦和SC 152.24
6. 大庭雅 中京大中京高校 144.01
7. 樋口新葉 明治神宮外苑FSC 143.08
8. 三原舞依 神戸PFSC 140.14
9. 坂本花織 神戸FSC 139.52
10. 木原万莉子 京都醍醐FSC 138.02
11. 伊藤芽 日本橋女学館 135.89
12. 土橋亜海 ROYCE'F・S・C(札) 134.41
13. 大矢里佳 ポラリス中部FSC 131.08
14. 磯邉ひな乃 立命館宇治中学 130.16
15. 紀藤裕香 西武東伏見FSC 129.77
16. 鈴木春奈 新横浜プリンスFSC 127.70
17. 酒井祐香 グランプリ東海クラブ 125.87
18. 永井優香 西武東伏見FSC 125.07
19. 竹野比奈 福岡FSC 123.39
20. 安原綾菜 滋賀レイクスターズ 118.52
21. 河西歩果 山梨学院大学附属高校 115.64
22. 河西萌音 甲府FSC 112.87
23. 阿久澤恵深 日本橋女学館 105.53
24. 山田さくら アクアピアスケーティングC 104.79

近年稀に見るレベルの高い全日本ジュニアとなりました。こんなに見たいと思った年なんて無いですよ。いいなあいいなあいいなあいいなあ。

優勝は宮原、2連覇でした。3Lz以外はミスなく安定していますよね。今回はeマーク付きませんでしたね。日本女子はルッツにeマークが付きまくっているので、彼女は貴重な存在ですよね。今年こそは放送するよねフジテレビちゃん。全日本を。

2位には加藤、聞くところによるとジャンプに高さが出るようになったそうです。だから昨シーズンJGPSに出ていた頃とは結構違うみたいです。

4位に入った松田、このパネルが甘く見積もってないのであれば・・・・って思ったけど、アンダーローテーションは2個もらってるんですね。JGPSの時のグッサグサには驚きましたが、よくなっているといいですよね。

大庭は失敗がいくつか出ていますが、3Fを2本入れるようになっているんですね。3Loが得意な割に失敗が目立つので、ここは確実にして欲しいところ。得意なのに失敗結構あるってキーラ・・・・・。はっ、キーラみたいに年齢重ねたらスピンが上達する可能性が微レ存?

全日本進出は上位6名となります。どえりゃー楽しみですよ。5種トリプル構成の選手が11人でしょうか。すごいですね。でも、どっちもエラーついていないのが宮原だけで、樋口以外はみんなルッツにeがつくという・・・日本女子すごいフルッツ率だなあ。

アイスダンスFD
1 杉木奈々 / 野口博一 青山学院大学 / 明治大学 53.14

アイスダンスリザルト
1 杉木奈々 / 野口博一 青山学院大学 / 明治大学 87.58

このスコアだと世界ジュニアのFD進出はかなり厳しいのですが、なんとか派遣・・・でもミニマムスコアいるのか。

男子LP
1 日野龍樹 中京大中京高校 138.50
2 宇野昌磨 グランプリ東海クラブ 124.37
3 田中刑事 岡山理大附高校 124.25
4 山本草太 邦和SC 112.29
5 川原星 沖学園 107.26
6 本田太一 関西大学中・高スケート部 104.19
7 友野一希 上野芝スケートクラブ 103.99
8 橋爪峻也 中京大学 99.60
9 山隈太一朗 神戸FSC 99.15
10 中村優 関大北陽スケート部 96.69
11 片田龍太 オリオンFSC 92.14
12 小田尚輝 倉敷FSC 91.83
13 鎌田英嗣 シチズンクラブ 88.09
14 梶田健登 明大付属中野高校 86.91
15 中野耀司 神奈川FSC 86.36
16 吉野晃平 大阪スケート倶楽部 85.66
17 笹原景一朗 大阪スケート倶楽部 83.32
18 中野紘輔 飯塚フィギュアクラブ 82.84
19 佐藤洸彬 盛岡中央高校 82.77
20 山本拓海 大阪スケート倶楽部 81.07
21 渡邉直弥 東北高校 77.93
22 青木泰我 なみはやクラブ 74.19
23 森望 シチズンクラブ 71.82
24 小林奎介 地球環境高校 58.45

男子リザルト
1. 日野龍樹 中京大中京高校 209.85
2. 宇野昌磨 グランプリ東海クラブ 190.58
3. 田中刑事 岡山理大附高校 189.46
4. 山本草太 邦和SC 159.61
5. 川原星 沖学園 157.51
6. 本田太一 関西大学中・高スケート部 155.76
7. 山隈太一朗 神戸FSC 150.44
8. 中村優 関大北陽スケート部 149.82
9. 橋爪峻也 中京大学 149.46
10. 友野一希 上野芝スケートクラブ 144.90
11. 梶田健登 明大付属中野高校 137.09
12. 片田龍太 オリオンFSC 136.39
13. 佐藤洸彬 盛岡中央高校 135.86
14. 小田尚輝 倉敷FSC 135.45
15. 鎌田英嗣 シチズンクラブ 129.93
16. 吉野晃平 大阪スケート倶楽部 129.20
17. 中野耀司 神奈川FSC 128.89
18. 中野紘輔 飯塚フィギュアクラブ 127.32
19. 笹原景一朗 大阪スケート倶楽部 124.26
20. 山本拓海 大阪スケート倶楽部 122.28
21. 渡邉直弥 東北高校 117.05
22. 青木泰我 なみはやクラブ 114.39
23. 森望 シチズンクラブ 111.78
24. 小林奎介 地球環境高校 98.10

リュージュがぶっちぎりで2連覇でした。やっぱり3Aと3Lzの加点はすごいなあ。国内選手権サービスあったにしろ、それ以外のジャンプでも加点を要られていたのは嬉しいところです。JGPFもがんばれー。

山本はノービスながら4位に食い込んできました。これからが楽しみですね。

全日本出場はノービスの山本を除くトップ6のうちの5人です。繰上げ出場はありませんでした。
Comment:0
back-to-top