2017
03.15

世界ジュニア選手権 1日目 ペアSP

ペアSP
1 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)61.27 PB
2 Yumeng GAO / Zhong XIE(中国)59.97 PB
3 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)59.82 PB
4 Alina USTIMKINA / Nikita VOLODIN(ロシア)54.63
5 Chelsea LIU / Brian JOHNSON(アメリカ)53.32
6 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD(カナダ)51.93 PB
7 Lori-Ann MATTE / Thierry FERLAND(カナダ)50.78 PB
8 Amina ATAKHANOVA / Ilia SPIRIDONOV(ロシア)50.20
9 Su Yeon KIM / Hyungtae KIM(韓国)49.20
10 Talisa THOMALLA / Robert KUNKEL(ドイツ)47.30 PB
11 Riku MIURA / Shoya ICHIHASHI(日本)46.90 PB
12 Hailey Esther KOPS / Artem TSOGLIN(イスラエル)45.80 PB
13 Nica DIGERNESS / Danny NEUDECKER(アメリカ)44.06
14 Cleo HAMON / Denys STREKALIN(フランス)43.28 PB
15 Irma CALDARA / Edoardo CAPUTO(イタリア)42.29 PB
16 Alexanne BOUILLON / Ton CONSUL(スペイン)40.07 PB

りくしょー
がんばれがんばれと見守りながら。2人ともシングル出身なので2Aはきれいに。スローはダブルですが、きれいに入っています。全日本で多くのエレメンツでマイナス評価だったのですが、それよりはかなりよかったと思います。息も合っています。

カナダのウォルシュ&ミショーはパーディー&マリナロの生き写し感があり、今日も堪能できました。男性のリフトの姿勢は早く矯正しないと・・・。

ボイコズ
2A安定してきました。タノできれいに入れました。他のペアとのレベルの違いを見せつけるツイストも飛び出しました。ロシアだなあ。スローはお手つき。スピンはかなりズレがありました。

ガオシエ
ここまで2Aを跳ぶペアが多かったですが、彼らは2Lo。ツイストは中国伝統の高さ、スローは3Tですが安定感があります。ヴァイオリンの切ない音色に重なるセンシティブな心情を表現しているようでした。男の子はジュンヒョンっぽい。パーソナルベスト9点更新です。

チェルブラ
男性は4年連続出場で、これが最後の世界ジュニアです。女性が2A転倒し、スロートゥループでお手つき、ソロスピンがバラバラになるなどミスが続き、マイコーの音楽に乗り切れなかった印象。ステップとアクセルラッソー(下ろし方もスムース)が上手くきまったので、最後は盛り返せたと思います。

アレウィン
大きなミスはありませんでした。2人の歩調がかなり合ってきて、ただエレメンツと着々とやっていくペアではなくなっています。それでも音楽表現にはまだ課題がありまして、インタープリテーションやコンポジションで中国ペアに遅れをとっています。てか音楽表現そんなに・・・だった中国ペアを改革した兄さんすげえわ。

アタスピ
スローフリップで転倒、アクセルラッソーが持ち上がりません。今シーズンはこのような大過失が多発しています。女性の身長が伸びましたし、難しい時期に入っているのだと思います。優勝候補でしたが、そこからは後退しました。

ウスボロ
マッドマックスでハードに演じているのですが、あまり印象に残らなかったかも。お手つきやオーバーターンがあったのが、この淡々とハードな感じに合わないのか?

ミシミルが早々に解散し、乳首弟組がシニアに専念したため、JGPSの予想とは違う結果になりました。ガオシエがここまで伸びたのは予想外でした。難しいジャンプはないですが、すべてをまとめると当然メダル争いできますよね。ペアは明後日です。りくしょーは第2グループの滑走!やったー。
2017
03.15

世界ジュニア選手権 1日目 男子SP

日本人でも水曜日の台湾は埋められない。

男子SP
1 Q Dmitri ALIEV(ロシア)83.48 PB
2 Q Jun Hwan CHA(韓国)82.34 PB
3 Q Alexander SAMARIN(ロシア)82.23 PB
4 Q Alexander PETROV(ロシア)81.29 PB
5 Q Vincent ZHOU(アメリカ)78.87
6 Q Kevin AYMOZ(フランス)77.24 PB
7 Q Nicolas NADEAU(カナダ)77.20
8 Q Alexei KRASNOZHON(アメリカ)76.50 PB
9 Q Roman SADOVSKY(カナダ)76.27 PB
10 Q Yaroslav PANIOT(ウクライナ)72.03 PB
11 Q Graham NEWBERRY(イギリス)70.80 PB
12 Q Koshiro SHIMADA(日本)68.77
13 Q Matteo RIZZO(イタリア)68.53
14 Q Kazuki TOMONO(日本)68.12
15 Q Sihyeong LEE(韓国)67.51 PB
16 Q Daniel SAMOHIN(イスラエル)67.00
17 Q Daniel Albert NAURITS(エストニア)66.44 PB
18 Q Conrad ORZEL(カナダ)66.21 PB
19 Q Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)66.16 PB
20 Q Chih-I TSAO(中華民国)63.17
21 Q Tangxu LI(中国)62.08
22 Q Mark GORODNITSKY(イスラエル)59.27 PB
23 Q Thomas STOLL(ドイツ)57.10
24 Q Petr KOTLARIK(チェコ)56.66 PB
25 Andrew TORGASHEV(アメリカ)55.42
26 Basar OKTAR(トルコ)54.17 PB
27 Donovan CARRILLO(メキシコ)53.92
28 Yuheng LI(中国)53.76
29 James MIN(オーストラリア)53.72 PB
30 Luc ECONOMIDES(フランス)53.52
31 Nikolaj MAJOROV(スウェーデン)52.42
32 Artur PANIKHIN(カザフスタン)51.72
33 Yakau ZENKO(ベラルーシ)50.92
34 Nurullah SAHAKA(スイス)50.58
35 Irakli MAYSURADZE(ジョージア)48.66
36 Jakub KRSNAK(スロバキア)48.60
37 Ivo GATOVSKI(ブルガリア)48.05
38 Aleix GABARA(スペイン)47.82
39 Glebs BASINS(ラトビア)45.70
40 Ryszard GURTLER(ポーランド)45.41
41 Alexander BOROVOJ(ハンガリー)45.41
42 Kai Xiang CHEW(マレーシア)44.23
43 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)44.14 PB
44 Benjam PAPP(フィンランド)43.51 PB
45 Matthew SAMUELS(南アフリカ)41.68 PB

トルコのオクタルは、ブノワ・リショーの振付だけあって個性的なダンスが見られました。スイスのサハカはスイス人だけあってスピンが上手です。第2グループで、彼ほどのきれいなキャメルスピンが見られるとは。ターザンのプログラムなので、雄たけびアップライトスピンもなかなかのものでした。

カリーヨ
3Lo 3Lz-2T 2A so
マンボなのに背骨が描いてある衣装。意味不明レベルが高いので加点です。もっとアクセントがあると、さらに楽しいマンボになりそうです。かわいいのは分かったから、分かったから。という笑顔攻勢をしかけられるマンボでした。

ドイツのストールのスピン上手。衣装は木こりっぽい。こんなに細い木こり・・・肉を食べましょう肉を。

オーゼル
3A 3Lz-3T 3Lo
本日初の3Aでした。はやく後ろのグループに行きましょうという滑りでした。スピンはよくてもスピンの出の表現であったり、エレメンツに入る際に視線が足元に向くので音楽表現が見えなくなる箇所がいくつかありました。16歳なので伸び代は十分です。

友野
3F-3T 3Lo 3A fall
3-3は6分練習よりもクリーンに入り、回転にも問題はなかったです。その前のステップから少し勢いがなかったので、3Aはスピードが足りなかったでしょうか。アチャーという表情でした。でもコケありで68点出れば上出来ですよね。白岩が持っていた友野かずき人形が、いつの間にかキスクラに渡っている。

kansaijinyade!.png

中国男子は、2人ともジュニア時代のハンヤンっぽい動き。腕の角度なんかがそっくり。コーチは松尾スズキことナンソンの先生なのに。

イラクリ
3A fall 2Lz 2Lo
去年はギリギリでSPを通過できましたが、ここまでミスが続くと・・・。2Loか3Loが単独ジャンプの指定なので、いっそのこと2Lzを単独の違反要素にして、2Loを別の種類のジャンプ変えるぐらいのことをしてもよかったのか・・・?キスクラで頭を抱えてしまいました。

チーイー
3A fall 3F-3T 3Lo shaky
地元の期待を背負っているマン。ファンが配ったと思われるバナーがたくさん揺れています。3Aは転倒ですが回転不足が減ってきました。安定するまでもう一息です。今日はブーブレをよく聴く日です。まだ最初の種目ですのに。アンソニー・リュウの髪型が古臭くなくなってる!よかった。

ノウリツ
3A fall 3Lz-3T 3Lo
3Aはコケ、3Lzは軸が曲がったのを堪えてコンボをつけました。小さいように見えて以外と175cmもあります。ユーロでも滑っておりまして、そのときは前のグループでの滑走だったのですが、この辺のグループでは際立つエレガントさです。恍惚とした表情と大人っぽさ。表情に立つと風格が出ます。氷から上がるとかわいい僕ちゃんです。6点台のPCS評価にも頷けます。

オドヴォルボー
3Lo 3T-3T 2A
3F-3Tは回避しましたが、致命的なミスが1つ出てしまうことが多い彼としてはかなりまとまった演技だったと思います。エド・シーランの歌声に乗せて、長身を生かしたスケールの大きな動きも見られました。フライングキャメルの着氷のことは記憶から抹消しよう。サーーーーッ。こんなにいい演技初めて。

島田
3Lz-3T 3Lo 2A
日本女子&友野 with glasses feat. アザラシのぬいぐるみの応援の中飛び出しました。ジャンプを上から映すから幅が分かりにくい。きいいいいいいいっ!ジャンプはクリーンに。眉間にしわを寄せて激しい感情表現を出しました。掌の表現はいいと思うんですけど、肩から手の甲にかけてのエレガントラインの表現には課題がありそう。それができると、演じられる幅がさらに広がりそう。

ジュンファン
3Lz-3T 3A 3Lo
唯一不安のあった3Aも楽々と成功です。数ヶ月前は定められているから、振付に従って演技するという雰囲気でしたが、それが大幅に改善されました。楽しいから、体が自然と動いちゃう!みたいな。今の年齢だからこそ演じられる、かわいあざとさも十分にアピールできました。

クラスノジョン
3Lo 3A 3Lz-3T
彼は滑りが粗いときと滑らかなときの差が極端なのですが、今日はいいクラスノさんでした。4Loを跳ぶだけあって3Loはターンからたやすく。3Lzは詰まったものの3Tを美しく流しました。ジャンプ力が高いです。

シヒョン
3Lz-3T 2A 3Lo
四大陸でもその細長さに、口がポカーンとなりました。今回もやっぱりなげーーーという感想が第一に浮かびました。身長が高い選手は高さで跳ぶよりも幅で跳ぶ選手が多いです。彼もそう。3Lz-3Tは迫力がありました。3A習得が高身長であるがゆえ、壁になるかもしれません。おかっぱを揺らしながら、ハイスコアに拍手。かわいい。

パニオット
3F-3T 3A 3Lo
3Aの着氷からフライングキャメルまで、するっと繋がりがありました。それぞれの質はすごくいいわけではないけれど、相乗効果でPCSを押し上げそう。胸を張って、堂々と滑るステップが勇ましいです。一族郎党やれそう!ミルズさんが振付となっているから、胸を張って滑ることが特に目に留まったのだと思います。バレエダンサーの振付は、スケーターのものと違いを感じます。

ヴィンセント
3A 3Lo 3Lz tano-3T
3Aの踏み切りが簡単モードになっていませんか?構えが解消された気がしますし、質も上がりました。クワドルッツァーだけあり、3Lzはタノを入れようと何のストレスもありません。灰色の空を仰ぎ見るような、哀愁漂う演技でありました。すべてにおいてレベルアップしています。ブロッコリーのぬいぐるみ・・・入れた人どういう気持ちで購入をしたのか。

ナドー
3A 3Lz-3T shaky 3Lo
3Lzの軸が傾き3Tをなんとか。4Loを入れている選手なので、後半の3Loは助走がほとんどなくピョーンと。ステップでバランスを崩しそうになっても、立て直してコミカルな動きに繋げるのが、このクラスの選手の力。まだ万全とも思えないですが、悪くはなさそうです。

サドフスキー
3Lo 3A shaky 3Lz-3T
天敵の3Aを片足で着氷。荒れ気味だった3Lzをセカンドに繋げられました。まだこの身長でジャンプを降りることに慣れていなのでしょうか。フライングキャメルがトラベリングするので、本来の加点は得られにくいでしょうし。リーチは伸びたので、大きな滑りがさらに大きく、リンクを広く使った滑りでした。う~んカタルシス。

ニューベリー
3A 3Lz-3T 3Lo
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおガチ覚醒!!!ここ最近の試合本当に軸が安定しています。まぐれじゃなくて、直したんでしょうね。伸び率がとんでもないです。大人になってきて、ますますお父さんと顔が同じに。

トルガシェフ
1A 3Lz-1T 3Lo fall
ノーバリュー、要素抜けGOE-3、転倒あああああああああああああああああああああああああああああああステップは素晴らしかったけどこれでは。ここからSP落ちが出るとは思ってもみなかったです。

ペトロフ
3A 3Lz-3T 3Lo
何かいつもと違うと思ったらソロジャンプが3Loだからだ。パンツがふわっと広がるので、鳶に見えてきました。祭りのために櫓を組むオシャレな鳶。ジュニアに混ざると、緩急をつけた動きが一層美しく見えます。指先までビシッと張って演技しますね。安定感パネエです。ジュニアに戻るのは、負けてしまうと印象が悪くなるから賭けなんですけど、PCSもいい評価ですし成功ですね。

アリエフ
3A 3Lz-3T 3Lo
3Aはクリーン。残りのジャンプはまずまず。3Loは着氷してからフリーレッグと手を残して余韻を作り出したので、ジャンプそのものの質以上によく見えました。なんでしょうね、体を預けて子守唄を聞かされ、忘却の彼方に旅立たされそうな演技。包み込むような暖かさ、でも触れてはいけないような危うさもあります。すごいねえ。

サマリン
3A 3Lo shaky 3Lz-3T
このアヴァンギャルド横断歩道衣装も見納めですか。3Loの着氷が前のめりになりましたけど、他の2本は見事です。若いのでこれぐらい弾けちゃってもいいんですよね。生き急いでいない感じがしていい。

サモヒン
3Lz fall 3Lo so 3A so
おうふ・・・・・全弾外れてしまいました。でもサモヒンの本番は明日だから!明日大逆転だから!!!元々SPあんまり得意じゃないから!!!失敗が続いて曲の尺が足らずに、最後すごい急いでました。

リッツォ
3A shaky 3F-3T 3Lo
ジャンプの質がいまひとつだったでしょうか。3-3のセカンドの回転が怪しいので、予定していたよりはここでインパクトを出せなかったのかも。もっとオラオラしていいと思います。

エイモズ
3A 3Lz-3T 3Lo
フランス選手はどうしてこういった曲が好きなんでしょうね。LPとの差がつけにく・・・くもないか。あれはもっとシリアスな雰囲気ですし。去年はSPがよくて、LPで沈んでしまったので、今回はどちらも揃えられるといいですね。最後の顔すごかった。

アリエフはレベルの取りこぼしがなく、3Lz-3Tをクリーンに降りていればジュニア歴代最高いけましたね。惜しい。ロシア男子が3人最終グループに入り、JGPFからロシアの時代が続いていることを証明しました。果たして優勝は誰になるでしょうか。去年もアリエフ確実か?という中でサモヒンが逆転かましましたからね。ほんとレベル高いですけど、SPの足切りは去年と同じぐらいでした。日本勢もがんばれー。
2017
02.25

世界ジュニア選手権エントリー

http://www.isuresults.com/events/fsevent00051794.htm

最初に終わる種目が男子という珍しい大会。平日に観客を呼ぶ作戦か!!!かしこい。

男子
1 James MIN AUS 1
2 Yakau ZENKO BLR 2
3 Ivo GATOVSKI BUL 3
4 Nicolas NADEAU CAN 4
5 Conrad ORZEL CAN 4
6 Roman SADOVSKY CAN 4
7 Tangxu LI CHN 5
8 Yuheng LI CHN 5
9 Chih-I TSAO TPE 6
10 Petr KOTLARIK CZE 7
11 Daniel Albert NAURITS EST 8
12 Benjam PAPP FIN 9
13 Kevin AYMOZ FRA 10
14 Luc ECONOMIDES FRA 10
15 Irakli MAYSURADZE GEO 11
16 Thomas STOLL GER 12
17 Graham NEWBERRY GBR 13
18 Harrison Jon-Yen WONG HKG 14
19 Alexander BOROVOJ HUN 15
20 Mark GORODNITSKY ISR 16
21 Daniel SAMOHIN ISR 16
22 Matteo RIZZO ITA 17
23 Koshiro SHIMADA JPN 18
24 Kazuki TOMONO JPN 18
25 Artur PANIKHIN KAZ 19
26 Glebs BASINS LAT 20
27 Kai Xiang CHEW MAS 21
28 Donovan CARRILLO MEX 22
29 Davide LEWTON BRAIN MON 23
30 Michel TSIBA NED 24
31 Sondre ODDVOLL BOE NOR 25
32 Ryszard GURTLER POL 26
33 Jun Hwan CHA KOR 27
34 Sihyeong LEE KOR 27
35 Dmitri ALIEV RUS 28
36 Alexander PETROV RUS 28
37 Alexander SAMARIN RUS 28
38 Jakub KRSNAK SVK 29
39 Matthew SAMUELS RSA 30
40 Aleix GABARA ESP 31
41 Gabriel FOLKESSON SWE 32
42 Nurullah SAHAKA SUI 33
43 Basar OKTAR TUR 34
44 Yaroslav PANIOT UKR 35
45 Alexei KRASNOZHON USA 36
46 Andrew TORGASHEV USA 36
47 Vincent ZHOU USA 36

なんだこの出場者数。ミニマムスコアがまだなかったときと同じ人数出ていますよ!!!フィギュアスケート競技の裾野が広がるというのは大変素晴らしいことです。ぜひミニマムスコアを上げず、来シーズンもこのままいきましょう。男子はレベルが超高い試合になります。ルール上、SPでは4回転が入れられません。SPをミスなくまとめ、LPで何本4回転が入れられるかの争いです。ついにクワドルッツァーへと成長したヴィンセントが優勝候補でしょうか。アメリカ勢強そう。ロシアからはペトロフ、アリエフ、サマリン。PCSの評価が気になります。加点という面から見るとジュンファンやナドーが評価を得られやすいでしょう。カナダ勢も強い。イスラエルはサモヒンがジュニアに戻ってきます。ユーロが悔いの残る出来だったと思うので、いい形でシーズンを終えてもらいたいです。日本からは友野と島田。友野はノーミスだとメダルのチャンスが十分あります。有力選手がJスポ放送圏内に収まりそうにないです。24人ぐらい見たいのですが。メヒコのカリーヨさんもJスポで見たいのですが。

女子
1 Holly HARRIS AUS 1
2 Alisa STOMAKHINA AUT 2
3 Morgan FLOOD AZE 3
4 Hanna PAROSHINA BLR 4
5 Alexandra FEIGIN BUL 5
6 Sarah TAMURA CAN 6
7 Xiangning LI CHN 7
8 Amy LIN TPE 8
9 Hana CVIJANOVIC CRO 9
10 Michaela-Lucie HANZLIKOVA CZE 10
11 Kristina SHKULETA-GROMOVA EST 11
12 Emmi PELTONEN FIN 12
13 Julie FROETSCHER FRA 13
14 Lea Johanna DASTICH GER 14
15 Kristen SPOURS GBR 15
16 Yi Christy LEUNG HKG 16
17 Daria JAKAB HUN 17
18 Fruzsina MEDGYESI HUN 17
19 Paige CONNERS ISR 18
20 Elisabetta LECCARDI ITA 19
21 Marin HONDA JPN 20
22 Kaori SAKAMOTO JPN 20
23 Yuna SHIRAIWA JPN 20
24 Aiza MAMBEKOVA KAZ 21
25 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 21
26 Diana NIKITINA LAT 22
27 Elzbieta KROPA LTU 23
28 Andrea MONTESINOS CANTU MEX 24
29 Caya SCHEEPENS NED 25
30 Juni Marie BENJAMINSEN NOR 26
31 Ye Lim KIM KOR 27
32 Eunsoo LIM KOR 27
33 Amanda STAN ROU 28
34 Stanislava KONSTANTINOVA RUS 29
35 Polina TSURSKAYA RUS 29
36 Alina ZAGITOVA RUS 29
37 Leona ROGIC SRB 30
38 Chloe ING SGP 31
39 Alexandra HAGAROVA SVK 32
40 Nina POLSAK SLO 33
41 Valentina MATOS ESP 34
42 Anita ÖSTLUND SWE 35
43 Yoonmi LEHMANN SUI 36
44 Guzide Irmak BAYIR TUR 37
45 Anastasia GOZHVA UKR 38
46 Amber GLENN USA 39
47 Bradie TENNELL USA 39

大正義ロシア。誰がジュニアの歴代最高得点を更新するのか?という注目の仕方になります。ザギトワがジュニアグランプリのときのようにリズムを崩さなければ、更新の可能性は高くなりそうです。ロシアに対抗できるのは日本。真凜、坂本、白岩が出場します。今年も日露戦争。韓国はイェリムとユンスー、アメリカはグレンとテネルが出場。そしてトゥルシンバエワも出てきます。カザフスタンの伝統芸「トップ選手酷使」であります。死んじゃううううううううう。個人的に楽しみなのはフィンランドのペルトネン。動きがすごくきれいな選手なんです。ジャンプが決まるといいなー。

ペア
1 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR AUS 1
2 Lori-Ann MATTE / Thierry FERLAND CAN 2
3 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD CAN 2
4 Yumeng GAO / Zhong XIE CHN 3
5 Cleo HAMON / Denys STREKALIN FRA 4
6 Talisa THOMALLA / Robert KUNKEL GER 5
7 Hailey Esther KOPS / Artem TSOGLIN ISR 6
8 Irma CALDARA / Edoardo CAPUTO ITA 7
9 Riku MIURA / Shoya ICHIHASHI JPN 8
10 Su Yeon KIM / Hyungtae KIM KOR 9
11 Amina ATAKHANOVA / Ilia SPIRIDONOV RUS 10
12 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII RUS 10
13 Alina USTIMKINA / Nikita VOLODIN RUS 10
14 Alexanne BOUILLON / Ton CONSUL ESP 11
15 Nica DIGERNESS / Danny NEUDECKER USA 12
16 Chelsea LIU / Brian JOHNSON USA 12

チェコの2人はシニア専念なので出場はありません。ミシミルは世界ジュニアに出場後解散予定でしたが、補欠にも名前がありません。怪我が治らなかったのでしょうか。というわけで大正義ロシアが表彰台を独占するのか、オーストラリアのアレウィンがそれを阻止するのかという戦いであります。アレクサンドロフスカヤさんは、今年の5月から6月にオーストラリアの居住許可を得たいと思っているそうです。オリンピックに向けて歩き出していますね。日本からはりくしょーが出場します。わーい。

アイスダンス
1 Matilda FRIEND / William BADAOUI AUS 1
2 Elizaveta ORLOVA / Stephano Valentino SCHUSTER AUT 2
3 Emilia KALEHANAVA / Uladzislau PALKHOUSKI BLR 3
4 Yana BOZHILOVA / Kaloyan GEORGIEV BUL 4
5 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA CAN 5
6 Ashlynne STAIRS / Lee ROYER CAN 5
7 Yuzhu GUO / Pengkun ZHAO CHN 6
8 Nicole KUZMICHOVA / Alexandr SINICYN CZE 7
9 Viktoria SEMENJUK / Artur GRUZDEV EST 8
10 Monica LINDFORS / Juho PIRINEN FIN 9
11 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON FRA 10
12 Natacha LAGOUGE / Corentin RAHIER FRA 10
13 Eva KHACHATURIAN / Georgy REVIYA GEO 11
14 Ria SCHWENDINGER / Valentin WUNDERLICH GER 12
15 Sasha FEAR / Elliot VERBURG GBR 13
16 Wing Yi Valerie SO / Marcus YAU HKG 14
17 Hanna JAKUCS / Daniel ILLES HUN 15
18 Shira ICHILOV / Vadim DAVIDOVICH ISR 16
19 Flora MUEHLMEYER / Pietro PAPETTI ITA 17
20 Rikako FUKASE / Aru TATENO JPN 18
21 Hannah Grace COOK / Temirlan YERZHANOV KAZ 19
22 Guoste DAMULEVICIUTE / Deividas KIZALA LTU 20
23 Olexandra BORYSOVA / Cezary ZAWADZKI POL 21
24 Alla LOBODA / Pavel DROZD RUS 22
25 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV RUS 22
26 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN RUS 22
27 Malene NIQUITA-BASQUIN / Jamie GARCIA ESP 23
28 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV UKR 24
29 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO USA 25
30 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER USA 25
31 Rachel PARSONS / Michael PARSONS USA 25

ロボドロ、マクカー、パーソンズ、アンルイスはジュニアラストイヤー。世代の変わり目を迎えます。このカップルが数年後のアイスダンス界を担う存在になるかもしれませんから、今のうちにチェックして唾をつけておきましょう。ロボドロ・・・ロシアジュニアでやらかしたので・・・・・もうほんと、これ以上は心臓に悪いから。フランスのもう1組は男性の脚がめっちゃ細くて折れないか心配になる組ですね。アメリカ、ロシア、フランス、カナダを中心としたトップ10争いになりそうです。りかあるは去年19位でした。彼らもジュニアラストイヤーでしたので、これを上回る順位に入ってほしいです。

ルーローハン食べたい。
2016
03.20

世界ジュニア選手権 4日目 アイスダンスリザルト

終わりだよ。

アイスダンスFD
1 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)97.40 PB
2 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)94.86 PB
3 Alla LOBODA / Pavel DROZD(ロシア)92.26 PB
4 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT(アメリカ)87.78 PB
5 Betina POPOVA / Yuri VLASENKO(ロシア)87.65
6 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV(ロシア)87.40 PB
7 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)86.91 PB
8 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)84.61
9 Mackenzie BENT / Dmitre RAZGULAJEVS(カナダ)81.85 PB
10 Nicole KUZMICH / Alexandr SINICYN(チェコ)79.83 PB
11 Sara GHISLANDI / Giona Terzo ORTENZI(イタリア)78.99
12 Melinda MENG / Andrew MENG(カナダ)76.23
13 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)75.49
14 Ho Jung LEE / Richard Kang In KAM(韓国)69.03
15 Ria SCHWENDINGER / Valentin WUNDERLICH(ドイツ)65.13
16 Anzhelika YURCHENKO / Volodymyr BYELIKOV(ウクライナ)64.99
17 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)63.41
18 Maria OLEYNIK / Yuri HULITSKI(ベラルーシ)61.29
19 Rikako FUKASE / Aru TATENO(日本)59.47
20 Alexandra BORISOVA / Cezary ZAWADZKI(ポーランド)57.51 PB

アイスダンスリザルト
1 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)163.65 PB
2 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)162.74 PB
3 Alla LOBODA / Pavel DROZD(ロシア)151.19
4 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT(アメリカ)146.83 PB
5 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV(ロシア)146.55 PB
6 Betina POPOVA / Yuri VLASENKO(ロシア)146.21
7 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)145.25 PB
8 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)144.26
9 Mackenzie BENT / Dmitre RAZGULAJEVS(カナダ)138.61 PB
10 Sara GHISLANDI / Giona Terzo ORTENZI(イタリア)131.18
11 Nicole KUZMICH / Alexandr SINICYN(チェコ)128.91 PB
12 Melinda MENG / Andrew MENG(カナダ)128.83
13 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA(カナダ)128.06
14 Ho Jung LEE / Richard Kang In KAM(韓国)119.13
15 Anzhelika YURCHENKO / Volodymyr BYELIKOV(ウクライナ)112.65
16 Ria SCHWENDINGER / Valentin WUNDERLICH(ドイツ)109.00
17 Maria OLEYNIK / Yuri HULITSKI(ベラルーシ)106.31
18 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)105.90
19 Rikako FUKASE / Aru TATENO(日本)102.10
20 Alexandra BORISOVA / Cezary ZAWADZKI(ポーランド)100.31 PB

りかある
常に笑顔をキープしているのがいいです。ツイズルでミスったあともですよ。てか、まだ組んで浅いのに、なんでこんな後ろの方にツイズルを入れているのだろう。チャレンジャーすぎません?

ドイツ組
マリリン・モンローのメドレーなのに、衣装のリボンがマイフェアレディなのはどうして?マリリンでありオードリーなの?欲張りなの?リフトなんかいいと思うんですけど、女の子は強すぎてチャーミングさが足りないし、男の子は振付を必死にこなしている。まだまだやらなければいけないことはたくさんありそう。

ホジュン&リチャード
ニュージー生まれのリチャードより、普通の韓国人のホジュンの方が表現することに躊躇がないです。ステップのときに女性が前傾姿勢になったり、男性がターンを踏むうちに離れてしまうなど、ステップではまだまだ課題があります。でも表現はすごい。最後のくるくるかっこよかった。

クズミチさん組
スケ感のある衣装に、フードまでつけたカジュアルなお葬式スタイル。いや、これだと7回忌ぐらいかな。ここでちょっとレベルが変わりました。身のこなしや振付が違います。演技終わった瞬間に、クズミチさんがポンポンポンポンシニツィンを叩く。

ギスオル
素敵なプログラムがさらに素敵になっていました。よく滑るようになりました。レベルはとれていないのだけれど。

マージョリーさん組
客席から野犬の遠吠えが。アウアウアウーーン。マリパトのチームの生徒なのにSDもFDも普通であることへの違和感。懐メロじゃない。男の子が後半疲れてきていましたけど、どうにか最後まで持ちました。

ユルチェンコ&ベリコフ
ロボドロと同じパガニーニのやつでした。上手な人たちが滑っているのと頭の中で比べると、速いテンポの曲を滑る難しさが分かります。でもしっとりばかりでもおもしろくないので、ナイスな挑戦だったと思います。

ベントさん組
客席から野犬の遠吠えが。アウアウアウーーン。ダンススピン、ツイズルときれいな流れでのスタートでした。SDでは男性が女性に追いついたと思っていたんですけど、FDではやはりベントさんの方が上手くて、リードされていない感じ。それと、カーブリフトの下ろし方がもう少し丁寧だといいなあ。でもミスはなかったので、よかったです。この大会に向けて映画見たんです。長かったけど見たんです。そして見終わって気づいたんです。僕が見たの、ベン・ハーじゃなくてスパルタクスだって。ふふっ。

メンズ
客席から野犬の遠吠えが。アウアウアウーーン。この身長差なのに、どうして首の周りにまきついて、体を伸ばすという1番遠心力のかかるリフトをやるのか。兄が死んじゃう。心なしかローテーショナルの後、ギア落ちちゃいましたよ。

ロボドロ
1つも失敗しなければメダルも十分狙えるという位置からのFDでした。そんな状態で、ロボダさんがサーキュラーでスタンブル。これはもったいない。エレメンツの直前までトランジションがあって、プログラムの複雑さはさすがでした。葉加瀬太郎も見納めです。

ポポブラ
今日はポポワさんの調子がよかったのですが、あまりに調子がよすぎるのか、ツイズルで荒ぶって取りこぼしました。後半は荒ぶり過ぎてしっちゃかめっちゃかになって、音楽にあっていなかったかも。そんなカツラみたいなこと・・・。

1popovla.jpg

ここからカナダじゃなくても奇声が発生。子供は元気ダナー。

アンルイス
今大会ものすごく調子がよさそうなこの2人。氷が合っているのかな。SDと同じくスピードに乗ったいい演技でした。僕がフィギュアスケートの全エレメンツの中で1番好きな、ドムシャバのスパルタクスのストレートラインリフトには負けるけど、2人のストレートラインリフトもなかなかでした。ファビアンのストールは服に全然合ってない気が。

2anlouis.jpg

マリロマ
新婚夫婦世界ジュニアのメダルのチャンスでしたのに、夫のツイズルが崩壊しました。時代は移り変わっても、フランスはフランス、かもめはかもめ。ツイズルの弱さは変わらない。Come togetherは、プロパガンダのために入れなきゃいけないのか。どうしてやたらと入っているんだ。来シーズンは年齢的に強制シニアです。

3shpil.jpg

ポグブノ
ブノワがツイズルでコケなかった。それに尽きます。昨シーズンは、伝説の2コケを達成しましたからね。ポグレビンスキーさんの突き刺さりそうなビールマンのリフト素晴らしい。長身カップルはいいわー。

4pogubuno.jpg

パーソンズ
素晴らしかったです。兄のポジションのブレなさよ。足を前に上げても斜めに上げても上体がブレなくて、実に美しい。それが一層、余裕を持って演技しているように見せます。そんなに音楽に盛り上がりがあるわけではないのに、魅せられました。

5imouto.jpg

シュピスミ
一切性の匂いをさせないカップル。ロシアにあってこの存在は異様です。ロシアの男なんて、雄感出しまくりですからね。この性の感じのなさがこれからどう転ぶか。エロくないダンスは、ダンスじゃないみたいなところがありますからね。男女のエロだけではなく、人間そのもののエロみたいなものも含めて。傘みたいなリフトがありますけど、シェルブールの雨傘はあんまり傘関係ないんですよねー。

6syupisumi.jpg

マクカー
掴みのエレメンツなしに、いきなりステップで演技に入っても惹きつけられます。優勝を意識したのか、後半はやや慎重に見えました。でも、さすがでした。顔芸も冴え渡っておりましたよ。

7makunamarasan.jpg

8makuka-.jpg

9podium.jpg

来シーズンの枠は
3枠 アメリカ、ロシア
2枠 フランス、カナダ、イタリア
となります。

ロシアは2番手と3番手が入れ替わり、フランスは1番手と2番手がひっくり返りましたが、大荒れはなく、表彰台の順位もまったく荒れずでした。パーソンズはステップがレベル2になっていなければ優勝でした。本当に惜しかった。シニアはカップルの数もカツカツですし、ジュニアに残るのかな。ロボドロはまだジュニアに残れますけど、問題はポポブラ。もうシニアの年齢になります。国際Bには出してもらえるでしょうが、そこからが問題です。上が強すぎてどうしようもない。来シーズンどうなっているのか。
Comment:2
2016
03.20

世界ジュニア選手権 4日目 女子リザルト

女子LP
1 Marin HONDA(日本)126.87 PB
2 Wakaba HIGUCHI(日本)125.65 PB
3 Maria SOTSKOVA(ロシア)123.94 PB
4 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)120.72 PB
5 Yuna SHIRAIWA(日本)115.36
6 Tyler PIERCE(アメリカ)110.63 PB
7 Ivett TOTH(ハンガリー)103.72 PB
8 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)103.37
9 Ha Nul KIM(韓国)97.99 PB
10 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)95.96 PB
11 Amy LIN(中華民国)94.62
12 Diana NIKITINA(ラトビア)94.43
13 Sarah TAMURA(カナダ)93.21
14 Bradie TENNELL(アメリカ)88.96
15 Maisy Hiu Ching MA(香港)85.42 PB
16 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)81.55
17 Lucrezia GENNARO(イタリア)81.51
18 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)81.28
19 Xiangning LI(中国)80.56
20 Kyarha VAN TIEL(オランダ)79.24 PB
21 Alizee CROZET(フランス)75.25 PB
22 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)70.93
23 Suh Hyun SON(韓国)69.23

女子リザルト
1 Marin HONDA(日本)192.98 PB
2 Maria SOTSKOVA(ロシア)188.72 PB
3 Wakaba HIGUCHI(日本)183.73
4 Yuna SHIRAIWA(日本)171.59
5 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)170.83
6 Tyler PIERCE(アメリカ)167.19
7 Angelina KUCHVALSKA(ラトビア)161.29
8 Ivett TOTH(ハンガリー)153.70 PB
9 Ha Nul KIM(韓国)150.36 PB
10 Diana NIKITINA(ラトビア)149.02
11 Bradie TENNELL(アメリカ)147.52 PB
12 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)143.63 PB
13 Sarah TAMURA(カナダ)141.32 PB
14 Amy LIN(中華民国)139.14
15 Maisy Hiu Ching MA(香港)138.11 PB
16 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)137.35
17 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)132.27
18 Kyarha VAN TIEL(オランダ)127.18 PB
19 Lucrezia GENNARO (イタリア)125.25
20 Xiangning LI(中国)123.94
21 Alizee CROZET(フランス)120.59 PB
22 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)116.63
23 Suh Hyun SON(韓国)115.41
WD Alisa FEDICHKINA(ロシア)

韓国のスヒュンのアリランの衣装いい。宮廷の庭で、お菓子を食べながら梅を見ている感じの衣装。守りに入っていないカラフル衣装。韓国女子とは思えない攻め方。

シャンニンのキスクラにいるミンシューにすっかり貫禄が。現役時代はあんなに細かったのに。

イヴェット
3T-1Lo-3S 3F 3Lz-2T 3Lz so 3S+2A 1Lo 2A
イヴェットさんが1ステップアウト、1抜けでまとめるのはかなりのレア演技です。しかもこんなに3回転の質が普通なんていうのもかなりレア。失敗した2つのジャンプは力んでいたので、足をつく前から失敗が分かる感じでした。地元でいい演技ができて何よりです。初めての100点超え!!!

トゥルシンバエワ
3Lz-2T-2Lo tano 3Lz shaky 3F 3S-3T 3Lo 2A-3T 2A
タノの位置が低すぎて、台所にゴキブリが出てきて「キャッ」と驚いたぐらいになっているような。昨日の鼻血から見事にカムバックしてきました。3Lzは質が少しよくないですが、それも含め回転不足は取られませんでした。よくがんばりました。素晴らしい。

1tur.jpg

ダスティシュ
3Lz-2T tano 3F-1Lo-3S 3Lz 3F 3Lo shaky 2A-3T shaky 2A
ジャンプの着氷が多少乱れましたが、ガッツポーズの出るいい演技でした。少年が主人公の映画を演じるという、このよく分かんない選曲。赤い大人っぽい衣装が相まって、イケないストーリーみたいに思えてしまう。

2bronipple.jpg

ハヌル
3Lz-1T 3Lo 2A 3S-3Lo 3F 2A-2T-2Lo 3Lz
カンフーパンダというジュニアらしい選曲で、非常にかわいらしかったです。ジャンプの質はいいです。それ以外はほんと子供という感じでした。これからの選手です。

ガルスチャン
3Lz-3T 3F fall 2Lo 2A 3Lz 3F-2T-2Lo 3S
後半はがんばりました。でもビッグニュースは衣装の方。緑色のスライムみたいな色の衣装じゃなくなっていました。普通に素敵な感じになっているじゃないですか。やだーネタ的には見たかったのにー。回転不足のせいで49点から36点までTESが下がりました。ヒエエエエエエエエエ。

3nicemiddle.jpg
ナイスミドル

白岩
3Lz-3T 3S-3Lo 3F 2A 3Lo 3Lz-2T-2Lo 2A
ぴゃあああああああああああああああああああああああああああああ!!!全弾命中!!!!!最初の3Lzが昨日と同じような軸の曲がり方だったので、同じようになってしまうかと心配でしたが、繋げました。僕は彼女の3Loが好きで、特に単独が好きなんです。後半の曲をブワーと盛り上げるのがいいです。後半の3Lzは軸がきれいで、降りる前に「はい成功!」という感じ。いやーよかった。ステップの淡白さが解消されてもいますし、かなりいい出来でした。

4yuna.jpg

メイシー
3Lz-2T 3Lo-2T tano 2T+2A 1Lo 1S 3T 2A
最初はすごく調子がよくて、100点コースだと思ったのに、中盤の抜け抜け抜けで10点以上失いました。クセのないきれいな演技なだけにもったいない。後半は疲れが出たのか右回りのターンがかなり浅かったです。スタミナの強化も必要そうだけど、練習コロラドだからこれ以上ない環境です。ナンソンとひでおの唇を紫にする場所ですから。

ピアース
3Lz-3T 3F 2A 3Lz 2A-2T 3Lo 3S-2T-2Lo
3Lz-3Tに挑戦してきました。ルッツフリップが特に高くて加点をたくさんもらえそうでしたが、回転不足がとられてしまったようです。死の舞踏の怪しい雰囲気を出さず、肉付きのいいお姉さんが楽しく踊っている様子を見せてもらいました。これはこれでいい。だって、アメリカ人ですもの。

ニキティナ
3Lz-3T shaky 3S-1Lo-3S 3Lo 3F 3Lz fall 2A-2T 2A
ちょいちょいとミスが出ております。ジャンプ以外の場所の振付が少ないなーという印象です。何を表現したいのか、分かりにくかったです。歩いているという箇所も結構ありますし。

テネル
3Lz-3T fall 2A-3T 3Lo 3F 3Lz fall 2A 3S fall
3つも転倒があったせいで、音楽に送れてしまったのか、ステップが音楽と合っていませんでした。ポーズはかっこよく決まるんですけど、うーーーん。物足りない。

真凜
3Lz 3S-3T 2A 3F-2T-2Lo tano 3Lo 2A-3T 3F
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおフリップうううううううううううううううううううううう降りたああああああああああああああああああああああああああああああいぇいぇいぇいぇいえぇいぇいぇいいいいいいいいいいいい!!!ジュニア1年目。ジュニアナショナルでも3人中最下位、ナショナルではジュニア上位3人に入れなかった美少女が、この演技するって、これ完璧に主人公補正が効いてるじゃないですか。世界の理を動かしている。テラドラマティックシーズン。SPよりも伸びやかでリラックスできていたと思います。点数が見えず、真凜に教えてもらって喜ぶ先生。

6marin.jpg

5marin.jpg

新葉
3Lz 3S 3Lz-3T 2A 3Lo 3F-2T-2Lo 2A-3T
3Lz-3Tにならず、1本目の2Aには時間の関係上つけられなかったので、「え、1本無駄にしますの?」と思っていたら最後の最後に質のいいのぶち込んできました。シーズンが変わる前から滑っていましたけど、どうも合わないなーと思っていたんです。でも今回は素晴らしかった。演じようとしない無表情ではない、意志の強いキリリとした表情があって、かっこよかった。とてもよかった。

7wakaba.jpg

8wakaba.jpg

ソツコワ
3Lz-3T 3F 3F-1Lo-3S 3Lz 2A-2T tano 3Lo 2A
ミスをしているわけではないのですが、加点がつきにくいジャンプが多かったです。手足の長さが徐々にコントロールできなくなっているのかなと。特にステップでそれを感じまして、完全に振りをする前に次の動作に移行していて、なんとも中途半端な出来に。今シーズンのソツコワは挑戦的で、好きなだけに、余計に気になってしまいます。他のロシアの2人が棄権になってしまってプレッシャーもあったでしょうが、がんばりました。彼女の役割をしっかりと果たしました。できていないと思った今日PCSが高くて、できていると思った昨日PCSが低い。my eyes 節穴タイムです。

9masha.jpg

クチヴァルスカ
3Lo 3S-3T shaky 3Lz-2T-2Lo 2A-3T 3F fall 3S 2A
ロミジュリとロクサーヌが混ざる変プロ。これは文句なしの変プロ。おそらく墓の中で目を覚ますと、傍らにはロミオの亡骸が。でも、死のうにも死にきれず、馬に乗って町を出た。世間知らずのお嬢様の自分にはどうすることもできず、娼婦として、日々の糧を得るという。悲しみに打ちひしがれている場合じゃない、私はロミオの分まで強く生きて行くの。そんな女性の姿を描いた、人間ドラマ。2016年春公開。

マジャール語と英語と日本語が飛び交う長い優勝インタビューでした。

10marin.jpg

11podium.jpg

12marinwakaba.jpg

3枠 日本
2枠 カザフスタン、アメリカ、ラトビア、ハンガリー、韓国

ロシア・・・3枠か2枠かもう知らん!

ああ・・・ねこファイナルが見たかった。
Comment:16
back-to-top