FC2ブログ
2015
09.06

JGPコロラドスプリングス 3日目 アイスダンスリザルト・ペアリザルト・女子リザルト

アイスダンスFD
1 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)93.06 PB
2 Mackenzie BENT / Dmitre RAZGULAJEVS(カナダ)78.39 PB
3 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)76.55 PB
4 Ksenia KONKINA / Georgy REVIYA(ロシア)76.06 PB
5 Chloe LEWIS / Logan BYE(アメリカ)74.68 PB
6 Payten HOWLAND / Simon-Pierre MALETTE-PAQUE(カナダ)74.66 PB
7 Ho Jung LEE / Richard Kang In KAM(韓国)71.37
8 Sarah Marine ROUFFANCHE / Geoffrey BRISSAUD(フランス)68.64
9 Angelina SINKEVYCH / Yegor YEGOROV(ウクライナ)68.52 PB
10 Eliana GROPMAN / Ian SOMERVILLE(アメリカ)64.57 PB
11 Ria SCHWENDINGER / Valentin WUNDERLICH(ドイツ)61.06 PB
12 Gweneth SLETTEN / Elliot VERBURG(イギリス)60.28 PB
13 Kimberly WEI / Illias FOURATI(ハンガリー)53.46 PB
14 Matilda FRIEND / William BADAOUI(オーストラリア)51.34 PB

アイスダンスリザルト
1 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)159.31 PB
2 Mackenzie BENT / Dmitre RAZGULAJEVS(カナダ)133.27 PB
3 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)129.83 PB
4 Ksenia KONKINA / Georgy REVIYA(ロシア)129.01 PB
5 Chloe LEWIS / Logan BYE(アメリカ)128.25 PB
6 Payten HOWLAND / Simon-Pierre MALETTE-PAQUE(カナダ)124.36 PB
7 Ho Jung LEE / Richard Kang In KAM(韓国)121.62
8 Sarah Marine ROUFFANCHE / Geoffrey BRISSAUD(フランス)116.25 PB
9 Angelina SINKEVYCH / Yegor YEGOROV(ウクライナ)114.08 PB
10 Eliana GROPMAN / Ian SOMERVILLE(アメリカ)109.09 PB
11 Ria SCHWENDINGER / Valentin WUNDERLICH(ドイツ)105.32 PB
12 Gweneth SLETTEN / Elliot VERBURG(イギリス)99.90 PB
13 Matilda FRIEND / William BADAOUI(オーストラリア)86.57 PB
14 Kimberly WEI / Illias FOURATI(ハンガリー)83.08

ルイス&バイ
タンゴのプログラムでした。フリーレッグを見ていて女性が足を体の後ろ側に持ってくるときに力を入れていないからかプラプラして見えるんですよね。サーペンタインステップでは目立ちましたし、ダイアゴナルでも見られました。最後はコレオツイズルでした。でも女性がきれいに回れずにマイナスをつけているジャッジもいました。本来なら女性がきれいに回っているのを男性が囲むようにして滑るというような振付なんでしょうね。ちょっと締まりが足りない感じでした。同じ国でパーソンズがタンゴ滑るから比べられてしまうだろうなあ。

ベンラザ
女性が膝をついて止まった状態からのダンススピンなかなかないエレメンツで新鮮でした。ベントさんは立ち止まるときの方向転換でさえ雰囲気があるのですねさすがベントさん。点数にも出ていますが他のカップルよりも相対的にトランジションが低めなんですよね。僕のプログラムの好みは置いておいても緩めのプログラムに見えました。ステップがんばれ。

ポリヴァク
ロシア人はとりつかれたようにヴァネッサ・メイの剣の舞を滑るけど普通のを使ったら死んでしまうのか?この音源NHK教育の夕方にやってそうなんだよなー。丁寧に丁寧にエレメンツを行っていました。まだ若いのでそれでいいのです。

コンキナ&レヴィヤ
迫力のある冒頭のローテーショナルリフトは+3をつけているジャッジもいました。おなじみの原曲蹂躙代表月光様。1シーズンに複数見ないとフィギュアスケート見てる感じがしませんからね。サーペンタインの後のトランジションのアハッウフフッ俺を捕まえて見ろよっ!な振付はよかった。なんせ女の子が本当に子供みたいな細さなので、大人っぽくしすぎても非合法感が際立ってしまいます。

マクカー
マクナマラさんクネクネしてるううううううううううううううクドいクドいクドいいいいいいいいいよおおおおおおおおおおお!!!スタート10秒で分かる他のカップルとは比較にならないぐらいのスピードとリンキングフットワーク。前半のスピードがあるからこそ中盤のスローパートが際立ちます。やっぱスローパートってスピードがある選手だからこそ存在させて意味があるんですね。ローテーショナルリフトの後のトランジション好きだー。マクカーにしては変化球じゃない正統派プログラムなんですけど、やっぱり演技の仕方はマクカーのねちっこさが出てて初見の印象から随分よくなりました。ダンスのカルメンだとスカートはもっと長いことが多いですがマクナマラさんには短いのがぴったり。

今シーズンの4強マクカー、パーソンズ、ポポブラ、ロボドロを見てきてマクカーは一歩リードという感じ。パーソンズも洗練されています。ポポブラはちょっとウェイト的な問題がありそうな。ロボドロはプログラムが変わってるから滑り込みに期待。

ペアLP
1 Anastasia GUBANOVA / Alexei SINTSOV(ロシア)91.92 PB
2 Elena IVANOVA / Tagir KHAKIMOV(ロシア)88.35 PB
3 Joy WEINBERG / Maximiliano FERNANDEZ(アメリカ)87.89 PB
4 Bryn HOFFMAN / Bryce CHUDAK(カナダ)84.10 PB
5 Anastasia MISHINA / Vladislav MIRZOEV(ロシア)83.79 PB
6 Ye Ri KIM / Alex Kang Chan KAM(韓国)78.10 PB
7 Sarah ROSE / Joseph GOODPASTER(アメリカ)77.24 PB
8 Gabriella MARVALDI / Cody DOLKIEWICZ(アメリカ)74.79 PB

ペアリザルト
1 Anastasia GUBANOVA / Alexei SINTSOV(ロシア)140.16 PB
2 Joy WEINBERG / Maximiliano FERNANDEZ(アメリカ)136.62 PB
3 Elena IVANOVA / Tagir KHAKIMOV(ロシア)134.07 PB
4 Bryn HOFFMAN / Bryce CHUDAK(カナダ)129.34 PB
5 Anastasia MISHINA / Vladislav MIRZOEV(ロシア)128.01 PB
6 Ye Ri KIM / Alex Kang Chan KAM(韓国)124.56 PB
7 Sarah ROSE / Joseph GOODPASTER(アメリカ)120.89 PB
8 Gabriella MARVALDI / Cody DOLKIEWICZ(アメリカ)115.84 PB

ホフマン&チュダク
スターリフト上げるのがめちゃくちゃ上手い男の子。でも女性の空中のポジションはいただけない。カナダの女子シングルの選手はポジションきれいなことが多いのに、ことペアの女子に関してはリフトのポジションが世界の中でも目立って悪いという。これは何かあるのか。2Aのコンボはカウンターとロッカーから?ペアでもこういうことしなくちゃいけないのか。デススパイラルの前にわちゃわちゃしてから唐突なフィニッシュ。マイナスついてる。

グバノワ&シンツォフ
スロージャンプの投げ方が衝撃なんですけど、この組のスロー女性が腰落としすぎて座る勢いじゃないですか。ツイストはロシアペアにしてはそんなにかな?リバースラッソーの回転変えるときに落としそうだったから空いている方の手で押し戻したの笑ってしまった。あれは減点として捉えるジャッジはいるのだろうか。最後ポゥ!ポゥ!ポゥ!うるさかったけどマイコーの曲を1曲だけで通してしまう珍しいパターンでした。こんなの日本人でもやらないですよ。

エレーナ滾る組
男の子はタギルさん。滾るという感じをたぎると読むのを初めて知った。デススパイラルはアーチになってから2回転完全にしていないから点数もらえなかったのかなあ。かなり高かったですしね、やっぱりバックアウトは地獄。ダルタニアンでジュスイマラード挟んでる。変な組み合わせだけどいいかなー・・・・・メリハリも効いているし・・・・・と思ったら何だ最終盤のポップな音源。尺が超余ってしまった。グバノワさんたちと同門なのかー。

ジョイさん&マキシミリアーノさん
メガネコーチのバレエ趣味(があるかは知らないけど)プログラム。男の子がめっちゃジャンプした。1番ペアっぽいというか大会で見る感じのペア。全米選手権での情景が浮かぶ。キャリーリフトはこのチームのドヤりには欠かせないからジュニアでも入っているんですね。でもドヤりポイントはそこではなくてスロージャンプのところみたい。ミスは多くはなかったけれど基礎点が届かなかったです。グバノワさんたちとは9点も違いました。女の子が15歳かーーーまだ大きくなるかなーーー。男の子がペア男子としては驚異の169cm(と正直に書いているのが偉い)という小ささなのでどこまで持つのかと考えてしまいます。

女子LP
1 Yuna SHIRAIWA(日本)108.24 PB
2 Valeriya MIKHAILOVA(ロシア)101.59 PB
3 Vivian LE(アメリカ)98.71
4 Marin HONDA(日本)95.39 PB
5 Anni JÄRVENPÄÄ(フィンランド)94.80 PB
6 Ekaterina MITROFANOVA(ロシア)91.68 PB
7 Paige RYDBERG(アメリカ)90.44 PB
8 Na Hyun KIM(韓国)88.07
9 Amy LIN(中華民国)79.86 PB
10 Kailani CRAINE(オーストラリア)76.59
11 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)72.85
12 Ha Nul KIM(韓国)72.00 PB
13 Nina OUELLETTE(アメリカ)69.03 PB
14 Alizee CROZET(フランス)68.44 PB
15 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)67.95
16 Emy DECELLES(カナダ)67.63 PB
17 Chloe ING(シンガポール)66.81
18 Kathryn WINSTANLEY(南アフリカ)63.74 PB
19 Anna LITVINENKO(イギリス)62.55 PB
20 Joanna SO(香港)60.73 PB
21 Sofia DEL RIO(メキシコ)59.96 PB
22 Gabriella VINOKUR(イスラエル)59.30 PB
23 Minglu ZHAO(中国)57.12 PB
24 Promsan RATTANADILOK NA PHUKET(タイ)54.84 PB
25 Preeya LAUD(ニュージーランド)47.99 PB
26 Florencia LIN(アルゼンチン)31.43
27 Rachel Jia En LEONG(マレーシア)31.16 PB
28 Shreya SAHA DALAL(インド)31.07 PB
29 Tasya P. P. SETIABUDIAWAN(インドネシア)30.12 PB

女子リザルト
1 Yuna SHIRAIWA(日本)164.50 PB
2 Marin HONDA(日本)156.44 PB
3 Vivian LE(アメリカ)156.08
4 Valeriya MIKHAILOVA(ロシア)152.22 PB
5 Paige RYDBERG(アメリカ)149.12 PB
6 Ekaterina MITROFANOVA(ロシア)149.02 PB
7 Anni JÄRVENPÄÄ(フィンランド)142.86 PB
8 Na Hyun KIM(韓国)137.69
9 Nina OUELLETTE(アメリカ)120.00 PB
10 Amy LIN(中華民国)119.61 PB
11 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)118.96
12 Kailani CRAINE(オーストラリア)118.60
13 Ha Nul KIM(韓国)118.41 PB
14 Emy DECELLES(カナダ)112.11 PB
15 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)106.83
16 Chloe ING(シンガポール)106.74
17 Alizee CROZET(フランス)100.81 PB
18 Kathryn WINSTANLEY(南アフリカ)98.59 PB
19 Sofia DEL RIO(メキシコ)98.45 PB
20 Anna LITVINENKO(イギリス)97.67 PB
21 Joanna SO(香港)95.61 PB
22 Gabriella VINOKUR(イスラエル)95.30 PB
23 Minglu ZHAO(中国)91.31 PB
24 Promsan RATTANADILOK NA PHUKET(タイ)83.31 PB
25 Preeya LAUD(ニュージーランド)73.55 PB
26 Shreya SAHA DALAL(インド)51.70 PB
27 Rachel Jia En LEONG(マレーシア)51.51 PB
28 Florencia LIN(アルゼンチン)50.89
29 Tasya P. P. SETIABUDIAWAN (インドネシア)47.39 PB
WD Samantha CABILES(フィリピン)

クレイン
3F 3Lz-2T 3Lo-1Lo-3S 3Lz fall 2A-2Lo 3Lo 2A
クレインさんのルッツの跳び方はヘンテコで癖があります。足を突き出してトゥをつかないでスケーティングレッグの近くにガスッと突き刺すような感じ。そんなので跳べるのか。3Fも同じようにトゥをつく位置がスケーティングレッグに近すぎて幅が出ずに回りきれないで降りてきちゃう感じ。これから体系変化がやってくると回転不足が常態化してきそうな。ロミジュリ多いわー。

ハヌル
3Lz so 3S 2A 3F 3Lo fall 2Lz<< 2A-2T<<
3Lz-3Loを予定していましたが入れられずでした。後半の3つのジャンプにコンボを入れようとしていたのですが力んで、力んで、最後も3Tにしようとしてまた力んで結局全て失敗してしまいました。若いからこれも経験でしょう。韓国女子なのに衣装がキメキメじゃなくてジュニアっぽいところがいいね。しっとり系女子じゃないのも韓国スタンダードから外れている。

ヤルヴェンパー
3Lz 2A-3T shaky 3S-2T-2Lo 1F 3S hd 3T 2A-2Lo
3Loが跳べないキーラ・コルピさんのような。背中の水着の跡が目立つ。若い。フラフラしてる感じも若い頃のキーラ・コルピさんのよう。いい演技で喜んででかわいい。

ミハイロワ
3F-3T 3Lo 3Lz 2A-1Lo-3S 3F-2T tano 3S 2A
ジャンプは全て入りました。スケートが進んで行かないのは問題ではあるのですが失敗しないのは大事。ガッツポーズも出ていました。PCSは出ないなーでもスケーティングスキルが1番上なのか。よく分からん。

ナヒュン
3Lo-3Lo 3F 2A-3T 2F 3S-2T 3Lz 2A
テンポが気になる華麗なるギャツビーでした。体が細すぎて心配になる。韓国選手は細い選手たくさんいるけど他とは違う薄幸感が・・・1960年代のドラマに出てきそうなキャラクター。そういうプログラム演じましょうか。

エイミーさん
3Lz fall 3F fall 3S fall 1F 3T 1A<< 3T-2T
プログラムどうこうではなくて最初の3連続転倒が強烈でした。そして突発的に曲が終了。なんだったんだこの3分半は。

ガルスチャン
3Lz fall 3F-2T 3Lo 1A 3Lz 3F 3S fall
謎衣装。なんかいろいろ間違えている気がする。コーチのおっさんたちにアドバイスを求めるのは酷だろう。ステップの表現とか頑張っているのに何か足りない。気持ちはすごく伝わってくるし、点数出て欲しい!って思うのに。

ヴィヴィアン
3Lz fall 3Lo 2A-3T 3Lz-2T 3F 2Lz 2A fall
豪快で高さのある・・・転倒。2Aも豪快な転倒だけど復帰も早かった。高地での転倒は体力を使ってしまうのか前のような動きのよさはなかったです。残念。確実に跳べるトリプルの種類が少ないから失敗すると点数は出ないですね。

ミトロファノワ
3Lz hd 3F 3Lo 3Lz fall 2A-3T so 2A-2T tano 3S
タンゴにエレキギターが入ってくるというさすがロシアな音源。抹茶色のドレスに赤い花。ジプシー音楽ということもなくタンゴなんですよね。こういう変な感じは嫌いじゃないですけど。もうちょっと滑らないとなあ・・・ダビダビの生徒みんな滑らないなあ。

ウェレット
3Lz-3T 2A-3T fall 3F fall 2Lz 3Lz fall 3S 1A df
あああ・・・ミスサイゴン失敗たくさん。彼女もヴィヴィアンと同じでルッツ3回の構成でした。回転足りないところもありましたし厳しいねえ。こういう雰囲気押しのプログラムはとにかくジャンプ決めないと点数が出づらいと思います。

真凛
3Lz 2A-3T 2A 3F df 3S 3Lo to 3F to
演技途中でタイツがめくれあがっていました。これは演技に影響したでしょうか。失敗していないジャンプも堪えたような形が多かったのでGOEでプラスは望めなさそう。コンボをつけようとしていて失敗をしたのかもしれませんね後半のジャンプさんたち。このパターンさっきもあったぞ。なんでビートルジュースなんだろう。0.32点差でヴィヴィアンかわした。あぶい。

白岩
3F-3T 3S-3Lo 3Lz fall 2A 3Lo 3Lz-2T-2Lo 2A
ぴやあああああああああああああああああああああああセカンドトリプルマスタアアアアアアアアアアアアア3Lzの転倒はあれだったけど後半の3Lzコンボはちゃんと入りました。3Loの助走テラ短い。あれだなーディクソンはやっぱり音源選択センスが抜群だわ。アメリカ人選手よりも日本人選手に振付してる方が合ってる気がします。喜んでる。

ライドバーグ
2A 3F-2T-2Lo 2A fall 3Lo 3T-2T 3S 3F so
応援するキャップをかぶった姐さん。まとめれば優勝行けるぞってところでしたが今日のリンクは安定している選手でさえ失敗が出るのでね。3Lzもセカンドトリプルもない構成で失敗してしまうとねえ。抑え気味にしてジャンプに集中した演技でした。それにしても美人だ。美人に生まれると人生楽しいんだろうなあ。

女子大爆発大会。ジュニアは水物ですけどここまでは近年ではなかなか見ないです。その中でチームハマコーがワンツーですよ。2人ともディクソンから振付してもらっているのでコロラドでやることにそんなに苦労はしなかったのかもしれない。ただコロラドはもういいですわ。ずっとトレーニングスペースであり続けてください。

しらいわ

かわいいにんげん


今季初の自撮り

今季初めて見た自撮り(ラザグリアエフのやつ)


さーて来週の顔ぶれは?アリエフ、ネイサン、樋口、三原、ソツコワ、ロボドロだよ!ファイナルに向けての激しい潰し合いがいよいよ本格化するよ!ダンスはどこの組が2番に入るかでこれからの戦いが大きく変わるよ!サハノヴィッチ他の大会に行ったよ!オーストリアは大会規模が一番大きいよ!
Comment:4
2015
09.05

JGPコロラドスプリングス 2日目 アイスダンスSD・女子SP・男子リザルト

アイスダンスSD
1 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER(アメリカ)66.25 PB
2 Mackenzie BENT / Dmitre RAZGULAJEVS(カナダ)54.88 PB
3 Chloe LEWIS / Logan BYE(アメリカ)53.57 PB
4 Sofia POLISHCHUK / Alexander VAKHNOV(ロシア)53.28 PB
5 Ksenia KONKINA / Georgy REVIYA(ロシア)52.95 PB
6 Ho Jung LEE / Richard Kang In KAM(韓国)50.25
7 Payten HOWLAND / Simon-Pierre MALETTE-PAQUE(カナダ)49.70 PB
8 Sarah Marine ROUFFANCHE / Geoffrey BRISSAUD(フランス)47.61 PB
9 Angelina SINKEVYCH / Yegor YEGOROV(ウクライナ)45.56 PB
10 Eliana GROPMAN / Ian SOMERVILLE(アメリカ)44.52 PB
11 Ria SCHWENDINGER / Valentin WUNDERLICH(ドイツ)44.26 PB
12 Gweneth SLETTEN / Elliot VERBURG(イギリス)39.62 PB
13 Matilda FRIEND / William BADAOUI(オーストラリア)35.23 PB
14 Kimberly WEI / Illias FOURATI(ハンガリー)29.62 PB

オーストラリアのカップルのコーチ、美青年母なんですけど髪の色がシンディ・ローパーみたいですが。

ベントさん
マッキーンさんのカップルのときよりも男女の技術差が目立っているような気が。言うてマッキーンさんって見た目が頼りないだけで技術はしっかりしていたので。ノットタッチステップのときに2人が向かい合う振付をするだけで一段上の雰囲気になりますしロマンティックさも倍増。ベントさんやっぱいいわー。ローテーショナルリフトはパイポーがまんまのやつやってそう。

ルイスさん&バイさん
ミッドラインステップはずっと2人の距離が一定で質がよかったです。見ていて気持ちがいい。パターンダンスの女性の脚が少々不格好でだったかな?とは思いました。悲しきワルツは個人的に曲そのものがあまり好きではないんですけど、このプログラムは作りすぎてない良さがありました。ストーリーというよりも2人の美しさをそのまま引き出したものだと感じました。これはいい仕事しましたよシュピルバンド。

コンキナ&レヴィヤ
すぐりんピエロワルツじゃないですか。テンポはやっ。ツイズルで足を掴んでから音楽が変わるのを待ち回転速度を上げるという難しそうなことをしていました。パターンダンスが終わったらテンポが普通になりました。最後男の子は何を見ていたんだろう。お会計?

リーカム
ホジュンはシングル時代よりも今の方が絶対かわいい。そんなにキャリアないのにツイズル上手。ミッドラインはレベルはとれなかったけれど、よく揃っていました。パターンの2の方はタイミング違反取られないかハラハラしました。ズレそうでズレなかったです。

マクカー
マクナマラさんがコール前からクネクネクネクネしていました。もう・・・最高。パターンダンスはフリーレッグを下ろすところまでゆっくりときれいに揃っていて気持ちがいい。パターン終わってトランジションでジャッジ席前横切るところで回転しながら男性が軽く支持して女性がトゥをコココンとつくところ、何気ないのに工夫がたくさん。反対側のフリーレッグ回してから止まるとこの振付とかもすごくいい。シニアでもステップでレベル4なんて取れないのに取っちゃいました。しかも特筆すべきは山の魔王の宮殿でみたいなアップテンポの曲でレベル4取ったことですよ。アップテンポで徐々に早くなっていてターンが飛んでしまいやすいのに。これはもうすごい。圧倒的ですね。やっぱりこのチームの振付大好き。キスクラでは左側に座っている若い男の先生が振付しているみたい。

ポリシュチュク&ヴァクノフ
ロシア人はフランス語。課題曲なんですね。サーキュラーの前半部分とても距離が近かったのに後半で距離が開いてしまいました。14歳と16歳のカップルですか。かわいいですねえ。ローテーショナルリフトをしているときはまるでチューリップが開いたかのようでした。こういう白とピンクのってありますよね。コーチはゲレイロのかーちゃんなんですけど、あんまり似てないかな。とーちゃん似なのか。

女子SP
1 Marin HONDA(日本)61.05 PB
2 Paige RYDBERG(アメリカ)58.68 PB
3 Vivian LE(アメリカ)57.37
4 Ekaterina MITROFANOVA(ロシア)57.34 PB
5 Yuna SHIRAIWA(日本)56.26 PB
6 Nina OUELLETTE(アメリカ)50.97 PB
7 Valeriya MIKHAILOVA(ロシア)50.63
8 Na Hyun KIM(韓国)49.62 PB
9 Anni JÄRVENPÄÄ(フィンランド)48.06 PB
10 Ha Nul KIM(韓国)46.41 PB
11 Anastasia GALUSTYAN(アルメニア)46.11
12 Emy DECELLES(カナダ)44.48 PB
13 Kailani CRAINE(オーストラリア)42.01
14 Chloe ING(シンガポール)39.93
15 Amy LIN(中華民国)39.75 PB
16 Lea Johanna DASTICH(ドイツ)38.88
17 Sofia DEL RIO(メキシコ)38.49 PB
18 Samantha CABILES(フィリピン)37.55 PB
19 Gabriella VINOKUR(イスラエル)36.00 PB
20 Anna LITVINENKO(イギリス)35.12 PB
21 Joanna SO(香港)34.88 PB
22 Kathryn WINSTANLEY(南アフリカ)34.85 PB
23 Minglu ZHAO(中国)34.19 PB
24 Alizee CROZET(フランス)32.37
25 Promsan RATTANADILOK NA PHUKET(タイ)28.47
26 Preeya LAUD(ニュージーランド)25.56 PB
27 Shreya SAHA DALAL(インド)20.63 PB
28 Rachel Jia En LEONG(マレーシア)20.35 PB
29 Florencia LIN(アルゼンチン)19.46
30 Tasya P. P. SETIABUDIAWAN(インドネシア)17.27 PB

エクセプショナルスコア 60-70
アバーブアベレージスコア 50-60
アベレージスコア 40-50
らしい。全米選手権でよくやる点数を見る目安のやつ。

場内BGMがちょっと古い。

ミトロフォノワ
3Lz-3T 3F 2A
パーカッションから始まってまたロシア人のボレロ蹂躙タイムかと思いましたが普通の曲に戻ってよかった。流れがあったのでいい演技だと思ったんですけどそんなにPCSがもらえなかったです。2番滑走というのが悪かったでしょうか。ダビダビ笑顔だった。ワタシハグパグパガミタインデス。

ナヒュン
3Lo ot 3F 2A
腕ええええええええええええええええええええええ腕がすげえええええええええええ長い細い。もう腕しか見えない。腕の演技。腕の使い方上手い。3Loには2Loをつける予定だったんですね。今週はたか子コーチがいないのですね。メガネのコーチはいる。あとチェ・ジウみたいなコーチが男子と同じくいる。

マレーシアさんまんずまんずわーるど使ってる。女ボーカルのまんずまんずわーるどだ。怒れるフェミニストみたいなプログラム。

クレイン
3Lz-3Lo 3F so 2A
3-3は回転が足りていないけれど挑戦してきました。これは四大陸の希望ですわ(顔も可愛いし)。17歳にしてはまだまだ細いですね。体系変化はこれからでしょうか。せかせかしたフラメンコではありました。これからですね。3Lzも3Loも3Fも回転が足りていないか?キスクラにはティファニー・チンがいました。

台湾のエイミーさんのかばんがリラックマ。キーホルダーもリラックマ。

ライドバーグ
3F 3T-3T 2A
スウェーデン系っぽい名前なので髪はリアルブロンドなのかな。振付はマリー・ベス・マーリーがやっているらしい。ポーズは決まるけどそんなに流れがあるプログラムだとは思えないです。でも選曲は長身の彼女にぴったり。ジャンプは幅跳び系で迫力がありました。美人だねえ。アシュリー・ケイン系美人だねえ。

白岩
3F 3Lz-3T 2A
爆走からくるくるして3Fきれいでした。ジュニア1年目とは思えないぐらいにトランジション入れまくっていますね。注目のキャシーの振付作品でしたがこれはかなりいいんじゃないでしょうか?ノービス上がり第3の矢という感じでしたけど、ステップで転倒があってこれだけスコアが出ているので、3-3得意っぽいので一気に点数バコーンと出る可能性もありますね。同じチームで優勝争いくるー?

ウェレット
3Lz-2T 3F 2A
ワイハからのスケーターとな?ワイハ人がパイレーツオブカリビアンか。3Lz超低いランディング姿勢でこらえました。猫着氷を継ぐ者?スピン上手でいかにもアメリカ人という演技でした。この衣装のままマイコーでも滑れそう。

真凛
3Lo-3T 2A 3F
すごいなー期待に押しつぶされないなー。ショーに出ているときとはリンクの大きさが違うからかスピードも全く違います。試合に向けて磨き上げてきたという感じもします。この若さだからこそ滑れるのかもしれませんね。青春!みたいなね。表現力あるわー。

ヤルヴェンパー
3T-3T 3F tano 2A
うわあああああああああああああああ遠目から見るとキーラ・コルピさんじゃあああああああああああん(近づくと似てない)しかも先生も同じ。足首に銅版入ってのか?ってぐらい硬いところも昔のキーラみたい。これは大成くるぞ・・・シェイリーンとウィルソンに振付頼んでみますか。

村元小月ちゃんがコーチしてるタイちゃん遠目だと今井みたい。

コーチの貫禄

コーチの貫禄

ガルスチャン
3Lz-3T 3F 2A
昨シーズンの彼女って数年前のロシアジュニアみたいな雑味があったと思うんですけど、この演技は本当に丁寧に丁寧にやっているなという印象を受けました。ステップは踏めているかはさておきところどころディープエッジにはなっていたので気持ちは伝わってきます。レイバックスピンの前に音楽終了詐欺発生。ガルスちゃん衣装の型がいつも惜しい。

ヴィヴィアン
3Lz tano-3T so 3F 2A
2週間前に見たはずなのに衣装をすっかり忘れてしまっている。曲と演技は覚えているのに。やっぱり曲の割にチャキチャキしすぎだよなーというのは変わらずありますがPCSで1番もらっているのには納得できます。上手だから。

ミハイロワ
3Lz-3T 3F 2A
ドレスなのか豪華なナイトウェアなのか。お金持ちのお嬢さんが、真夜中に屋敷を抜け出して森を抜け湖の畔で自分の屋敷で働く厩係の男と密会する系プログラムに見える。ガッツポーズしたのにあまり点数が出なかった。滑らないからなあ・・・。ダビダビ笑顔だった。ワタシハグパグパガミタインデス。

フランスちゃん(14)がエマニエル夫人使ってる。ヤヴァい。

インドさんアメリカ人だと思っていたらインド生まれでした。しかもスケート始めたの2012年て。14歳で始めて3年で2Lz跳べるなら大したもんです。

女子の振付師欄:ジャスティン・ディロンまみれ。

ペアとダンスのカムさん兄弟のインタビューがありました。君たち兄弟だったのか。韓国名字が少なすぎて親族か分からないよ。生まれた場所も違うし、韓国人欧米名つけがちだから。

男子LP
1 Nathan CHEN(アメリカ)159.63 PB
2 Daniel SAMOHIN(イスラエル)148.64 PB
3 Sota YAMAMOTO(日本)138.57
4 Yaroslav PANIOT(ウクライナ)129.79 PB
5 Tomoki HIWATASHI(アメリカ)125.82 PB
6 Daniil BERNADINER(ロシア)118.58
7 Mitsuki SUMOTO(日本)112.09 PB
8 Si Hyeong LEE(韓国)110.63 PB
9 Nicholas VRDOLJAK(クロアチア)110.57 PB
10 Antony CHENG(カナダ)102.50 PB
11 Anthony BOUCHER(アメリカ)102.01 PB
12 Artem TSOGLIN(イスラエル)99.75 PB
13 Hugh BRABYN-JONES(イギリス)95.71 PB
14 Larry LOUPOLOVER(アゼルバイジャン)92.50 PB
15 Runqi LIU(中国)89.43 PB
16 Jiahao LI(中国)84.22 PB
17 Micah TANG(中華民国)73.19 PB
18 James MIN(オーストラリア)62.53
19 Wayne Wing Yin CHUNG(香港)60.76
20 Brian LEE(ニュージーランド)60.20 PB
21 Zhi Ming TAN(マレーシア)48.20 PB
22 Dwiki Eka RAMADHAN(インドネシア)44.95

男子リザルト
1 Nathan CHEN(アメリカ)236.76 PB
2 Daniel SAMOHIN(イスラエル)207.17
3 Sota YAMAMOTO(日本)203.68
4 Yaroslav PANIOT(ウクライナ)192.04
5 Tomoki HIWATASHI(アメリカ)185.66 PB
6 Daniil BERNADINER(ロシア)179.93 PB
7 Mitsuki SUMOTO(日本)168.44 PB
8 Nicholas VRDOLJAK(クロアチア)168.09 PB
9 Si Hyeong LEE(韓国)165.78 PB
10 Anthony BOUCHER(アメリカ)164.33 PB
11 Artem TSOGLIN(イスラエル)150.69 PB
12 Hugh BRABYN-JONES(イギリス)148.04 PB
13 Antony CHENG(カナダ)144.10 PB
14 Runqi LIU(中国)143.61 PB
15 Larry LOUPOLOVER(アゼルバイジャン)130.24
16 Jiahao LI(中国)120.52 PB
17 Micah TANG(中華民国)117.93 PB
18 James MIN(オーストラリア)110.30
19 Wayne Wing Yin CHUNG(香港)90.89
20 Brian LEE(ニュージーランド)89.19 PB
21 Zhi Ming TAN(マレーシア)75.57 PB
22 Dwiki Eka RAMADHAN(インドネシア)70.02

第3グループからジョン・コフリン氏が解説に入りました。

須本
2A 3Lz-3T 2Lo 3Lo 2A-3T 3Lz-1Lo-2S 3S 3F
ループらへんちゃんと見てなかった。淡々とはしていますがまずは失敗しないことが大事です。JGPSデビュー戦でこれだけできれば上出来でしょう。

ブラビン=ジョーンズ
3Lo 3T-2T-2Lo 3Lo fall 3S so 3F fall 2A 3T 2A
トゥジャンプがお嫌いそうな構成。ループ大好きみたいです。僕あれだ右回りで唯一見分けるの苦手なのがトゥループだ。サルコウと間違えてしまいます。ロースウィの3Tも3Sに見えてしまうし。カナダ出身だからユーロからはほど遠い一曲を滑りきる編曲でした。ユーロじゃ埋もれちゃうぞ!

ヴルドリャク
3F 2A 3Lz-2T 2A-3T 3Lo 3Lz 3F-2T ot 3S
着氷危ないっぽかったけどまとめてマイナスはつかないかな?ぐらいにしました。姿勢が悪くて助走スピードもないのになぜかジャンプを成功する不思議。道なのに道という感じがしなかった。そもそもバイオに道と書いていない。

サモーヒン
4T-2T 4S fall 3A hd 4T 3Lz-2T 3Lz 3S-1Lo-2S 3Lo
4クワド構成。2つの4Tは回転もたくさんつくでしょう。少し失敗はありましたけど基礎点が圧倒的ですからね。4つの高難度ジャンプで力をかなり使ったようで、ステップはさすがにバテ気味でしたけど、いやいやそれでもすごかった。最後は胸元のスカーフを外してのご挨拶。

シヒョン
3Lz-3T 3F 3Lo-2Lo 2A 3Lz-2T-2Lo 3Lo 2A 3S so
細い。村人Aという感じ。朝起きて鶏小屋から卵をとってきて、牛の乳を搾って、にんじん引っこ抜いてきて・・・みたいな情景が浮かぶ。ただの1日。1日働いてバテる。ジャンプも失敗する。疲れて終わる。日常の風景。

ルンジー
3F so 1A 1F 3Lz-2T-1Lo 3Lz 3Lo 3S 2A-2T
ジェレミー・アボッツさんのエクソジェネシスのモロパク。4T回避版の3Fと3Aの軌道までパクってステップと音源もパクってました。おもしろすぎるうううううううううううううううううううううううさすが中国。中国愛してる。

ブーシェ
2A-1Lo-3S 3Lz-2T 3F-2T 3F fall 2Lz 3T so 3Lo hd 2A
前半はコンビネーションをポンポンポンと成功させましたが後半は苦労しました。ピチシャツ衣装だとおっぱいの大きさが目立ちます。えらく品のあるパイレーツオブカリビアンでありました。この選曲は正しいのだろうか、そんなに無理くりアメリカ男子でーーーす!みたいなのにしなくてもいい気がしますが。コーチはミシェル・ファイファーみたいだ。

ヒワタシ
3A fall 3Lz 3Lo 2A-1Lo-3S 3F-3T 3Lz-2T 3F hd 2A td
3Aに挑戦しましたが残念でした。他のジャンプの助走を見るかぎり3A以外は楽勝という感じでした。ネイサンと同じですね。あーアメリカ人だなあという演技。とにかく盛り上げて盛り上げてフィニッシュ詐欺、やっと終わるか・・・と思ったらもう一回フィニッシュ詐欺。2Aを降りてワンハンドビールマンでフィニッシュでした。焦らすよねー。キスクラでのコメント「ピーーース」

山本
3A td 4T 3Lz 3A fall 3Lo 3Lz-3T hd 3F-1Lo-3S shaky 2A
ジャンプが抜けないように気をつけるあまり3Aを転倒してしまったのでしょう。他のジャンプも堪えて堪えてという感じでした。ただ4Tを降りられたのは大きいですね。倒すべき敵は3A!!!倒せ倒せ!ジャンプの失敗が続き体力を消耗したのか後半はスピードがありませんでした。高地だから余計に疲れますよね。衣装はとてもいい。もっとPCS出ないと思ったけど意外と。

パニオット
4T 3A 3F-3Lo 3S 3Lz hd 3Lz tano-2T-2T 3F 3T
4Tが今日はよく出てくること。ジャンプ抜けなかったのはよかった。インタビューウィズヴァンパイアなのにベストが茶色なのはなして?黒でしょ!絶対黒でしょ!さすがに黒でしょ!ジャンプ以外の弱さがどうしても目立ってしまいました。

ベルナディネル
3S 3F 1Lz 2A 3Lz-3T 3Lo-3T-2T 3Lo 2A-2Lo
ちょっとミス。やっぱり全部クリーンに降りられないと厳しいです。流れないジャンプもあったので。ダビダビ見すぎてレア感が薄れた。でもいつ見られなくなるか分からないから幸せを噛みしめておかないと。

ネイサン
4T-3T 4T 3A-2T 3A 3Lz-2Lo-2Lo 3Lo 3F 3S
うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ簡単な顔族すげえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ全部降りたあああああああああああああああああああああああああああああはい優勝ー!全米でも優勝できちゃいそうですよ。GOEやプログラムの密度的に昌磨のスコアは超えられなかったですね。

アメリカ国家で胸に手をあてるネイサン・・・・・とサモーヒン。USA!USA!USA! 山本は次戦での優勝が絶対なので3A成功させてSPから余裕を持った戦いを展開させて欲しいです。決まりますように決まりますようになむなむにゅえんなむにゅえん。
Comment:8
2015
08.22

JGP J&Tバンカ 2日目 男子SP・女子リザルト

USクラシックのエントリー締め切りが14日。どうして出ないエントリー。

男子SP
1 Roman SADOVSKY(カナダ)68.49 PB
2 Vincent ZHOU(アメリカ)68.07 PB
3 Alexander SAMARIN(ロシア)67.87
4 Denis MARGALIK(アルゼンチン)63.83 PB
5 Daichi MIYATA(日本)59.89 PB
6 Kevin SHUM(アメリカ)58.74
7 Daniil BERNADINER(ロシア)57.16 PB
8 Ivan PAVLOV(ウクライナ)56.91
9 Graham NEWBERRY(イギリス)54.14
10 Alessandro FADINI(イタリア)49.40 PB
11 Petr KOTLARIK(チェコ)49.07
12 Koshiro SHIMADA(日本)47.77 PB
13 Nurullah SAHAKA(スイス)46.46 PB
14 Geon Hyeong AN(韓国)45.96 PB
15 Marco KLEPOCH(スロバキア)45.71
16 Jakub KRSNAK(スロバキア)35.95
17 Luc MAIERHOFER(オーストリア)35.53 PB
18 Alexander MASZLJANKO(ハンガリー)33.42 PB

オーストリアくんの衣装がなんですの変なマンボとアニメ曲の紫ジャケットと同じ。曲も後半は多分同じ。

島田
3Lz ot-3T fall 2F 2A
マートントスカ。フィギュアスケーターにとってマートンはイージーリスニングみたいなものなんですね。この音源だと自然にボブソロのメンヘラFDが流れるのでメンヘラ度合いが足りないって思えてきます。ジャンプはよくなかったですけど、勢いがあって決っして悪くはなかったです。4点台は辛いかな?でも2番滑走で実績なしだからカバーする要素がないか。

ベルナディネル
2A 3Lz-3T 3F so
名前の読み方をずっと覚えられないベルナディネルさん。すごく伸びやかに清潔感のあるラプソディーを滑ってくれました。スピンの最後のポジションはシットスピンの失敗?

マルガリク
3A 3Lz-3T df 3F
3A降りたああああああああああああついにいいいいいいいいい!!!からの3Lzきれいに降りられなくて3Tがダウングレードで両足に。プログラムは昨シーズンと同じお嬢さんとならず者でした。ミニマム足りた!!!!!!!!!!!!!これが3Aの威力!!!

ヴィンセント
2A 3F 3Lz tano-3T
タミーさんのチームにいたのにいつの間にかザクライチェクのところに移っていた。すごい子供のイメージだったのにいつの間にか身長が伸びて普通の子供に成長し、演技も年相応でした。なぜ七三分けなんだ。クリスマスプレゼントにマンションもらって喜んでる中国のお金持ちの子供のようだ。

サドフスキー
2A 3F 3Lz-3T shaky
3Tのセカンドが惜しかったですが非常にいい滑りでした。洗練された動きをしていました。脚が長くてフリーレッグもきれいに決まるからジュニアの中でも目立ちます。顔が次第にELTのもっちーからいっくんに変わってきた。一人ELT。

シャム
2A 3Lz-3T 3F
ボストンチームの生徒だからか品が良すぎてブエノスアイレスの冬感はなかったです。映画のサントラの壮大な感じのを当てた方が点数がもらえそう。でもきっと矯正ギプス的なものなのでしょう。

スロバキアのヤクブ・クルシュニャクさんの衣装がジェレミー・アボットさんのスウィングの衣装の丸パク・・・リスペクト?

宮田
3Lz-2T 2A 3F
ピアノ弾いてから指揮したシンドラーのリスト。謎解釈だ。ジャンプはまとめました。スピンがんばれ。癖のない演技で曲の美しさにぴったりでした。

パブロフ
2A 2Lz-3T 3F ot
髪型は植木屋のおっさんみたいだけど、フランス語ボーカルに合わせた若々しい表現は魅力的でした。ホップするときに体が軽くポーンと動くから、ボーカル効きすぎなところを軽減してくれたかも。スピン上手だと思うのでもっともっと丁寧にやって欲しいです。

サマリン
3A 3Lz-2T 3F shaky
足元が急ぎすぎて上半身がついて行っていないです。ステップは全部そうだし、3Fの前のステップも自然な流れを作っているのにせかせかとして軸がおかしなことに。落ち着いて!!!!!!!!!!!髪型は今の方がいいや。

ニューベリー
3A fall 3Lz-3T 3F
ジュベールの衣装パクったSPでした。ジャンプおしかった。3Fはとてもフリップを跳ぶとは思えないタイミングで踏み切りました。表現力は物足りないのに体はキレキレで、めちゃ動くところが昔のジュベールみたいでおもしろかったです。

宮田がヴィンセントよりもPCSが高いです。これはLPを滑るときもいい材料になりそう。ヴィンセントのノービス時代からの成長曲線の上での演技を想像していたので、本当にアメリカによくいそうな普通の選手だなあという印象で収まった自分に対して腑に落ちない。怪我からの復帰だしなってことで。

女子LP
1 Polina TSURSKAYA(ロシア)123.42 PB
2 Mai MIHARA(日本)118.55 PB
3 Vivian LE(アメリカ)114.85 PB
4 Rin NITAYA(日本)103.16 PB
5 Emily CHAN(アメリカ)89.28 PB
6 Valeriya MIKHAILOVA(ロシア)87.88 PB
7 Lucrezia GENNARO(イタリア)86.17 PB
8 So Hyun AN(韓国)85.78 PB
9 Hee Soo CHO(韓国)80.61 PB
10 Kim CHEREMSKY(ウクライナ)78.92 PB
11 Nicole SCHOTT(ドイツ)77.17
12 Marina POPOV(フランス)71.34 PB
13 Shaline RUEGGER(スイス)68.23 PB
14 Alexandra HAGAROVA(スロバキア)67.85 PB
15 Shuran YU(シンガポール)65.29
16 Fruzsina MEDGYESI(ハンガリー)60.99 PB
17 Kristen SPOURS(イギリス)60.93 PB
18 Natalie KLOTZ(オーストリア)60.53 PB
19 Aleksandra BUTKO(ラトビア)58.47 PB
20 Amanda STAN(ルーマニア)55.86 PB
21 Elzbieta KROPA(リトアニア)54.68 PB
22 Emma JANG(中華民国)53.06 PB
23 Anna GORDIENKO(モルドバ)52.57 PB
24 Nina LETENAYOVA(スロバキア)50.40 PB
25 Jana COUFALOVA(チェコ)48.72
26 Malika SHARSHENBAEVA(キルギス)48.08 PB
27 Zhansaya ADYKHANOVA(カザフスタン)45.44 PB
28 Cindy Yu XIA(ノルウェー)41.94 PB
29 Shokhsanam TOKHIROVA(ウズベキスタン)40.27 PB
30 Louwee SHIBATA(フィリピン)36.09 PB

女子リザルト
1 Polina TSURSKAYA(ロシア)189.50 PB
2 Mai MIHARA(日本)179.36 PB
3 Vivian LE(アメリカ)176.30 PB
4 Rin NITAYA(日本)150.35
5 Valeriya MIKHAILOVA(ロシア)141.32 PB
6 Emily CHAN(アメリカ)138.88 PB
7 Lucrezia GENNARO(イタリア)129.47 PB
8 So Hyun AN(韓国)126.07 PB
9 Kim CHEREMSKY(ウクライナ)124.45 PB
10 Hee Soo CHO(韓国)124.24 PB
11 Nicole SCHOTT(ドイツ)115.56
12 Marina POPOV(フランス)109.39 PB
13 Shaline RUEGGER(スイス)108.29 PB
14 Alexandra HAGAROVA(スロバキア)105.65 PB
15 Shuran YU(シンガポール)102.07
16 Fruzsina MEDGYESI(ハンガリー)99.45 PB
17 Aleksandra BUTKO(ラトビア)96.73 PB
18 Elzbieta KROPA(リトアニア)92.11 PB
19 Natalie KLOTZ(オーストリア)90.08 PB
20 Amanda STAN(ルーマニア)89.11 PB
21 Kristen SPOURS(イギリス)89.06 PB
22 Nina LETENAYOVA(スロバキア)85.23 PB
23 Emma JANG(中華民国)84.96 PB
24 Jana COUFALOVA(チェコ)84.37
25 Anna GORDIENKO(モルドバ)83.43 PB
26 Zhansaya ADYKHANOVA(カザフスタン)75.29 PB
27 Malika SHARSHENBAEVA(キルギス)74.81 PB
28 Cindy Yu XIA(ノルウェー)70.76 PB
29 Shokhsanam TOKHIROVA(ウズベキスタン)61.42 PB
30 Louwee SHIBATA(フィリピン)54.49 PB
WD Presiyana DIMITROVA(ブルガリア)
WD Miroslava MAGULOVA(スロバキア)

ミハイロワ
3Lz-3T 3Lo 2A-1Lo-3S 3F-2T 3Lz fall 3S fall 2A
アイスクイーンなのに緑色の衣装なのか。そしてなぜか中東系の振付が施されている。ここまで曲名と衣装と振付がバラバラなのも見たことがない気がするけど、僕には理解できない崇高なテーマが・・・。今回は回転不足が男子もそうだけど結構厳しめに見えます。ちょっと危ないぐらいならアンダーローテーションになって、アンダーローテーションだ!ってやつはダウングレードになる感じ。ガム食っててグパグパしてくれないダビダビ。

新田谷
3Lz-2T-2Lo 3F 3S fall 3Lo 1Lz 2A-3T 2A-3T
スタート位置に立ってから音鳴らすのはやっ。2A-3Tを2本後半に入れて点数の取れる構成にしています。そこはしっかりと点数をもらえました。3Sはタノにしたのにもったいなかった。PCSの評価がSPから微妙でしたがなんでしょうね。腕の使い方きれいでステップのときも目を引いたんですけど、メリハリがないのかなあと。だから中盤あたりからレイバックスピンの前までぬぬぬーと進んで、いきなりレイバックスピンで盛り上がってナイフで刺すという。黄緑衣装いいね。

エミリーちゃん
3F-3T fall 1F 3Lo fall 3S 1S 1A-2T-2Lo 2A-2T
安藤さんのミッションの型にリプニツカヤの愛はまごころのグラデーション足したみたいな衣装。そしてマートンのこの謎ショパン。リズムがはっきりしているから滑りやすいんだなー。彼女にそのまま原曲の遺作あてても、キビキビしすぎで違和感を覚えそう。コンビネーションスピンきれいでした。髪の色は20世紀末の日本の女の子みたいだ。ヴィヴィアンとコーチ同じだからキスクラで一人ぼっち。

ヴィヴィアン
3Lz tano-3T 3Lo fall 2A-3T 3Lz 3F 2Lz 2A-2T-2Lo
山にかかる雲を表現したプログラムっぽい?澄み渡るような青空を見せたかと思えば、吹雪で山肌を白く染める黒い雲が立ち込めるような。たぶんきっとそんな感じ。SPよりこのプログラムの方が数段よかった。こういう情景浮かぶ系プログラム大好きなので。フライングシットのフライングがめちゃきれいでした。高いというよりもきれい。ぶれない。僕なら+2あげちゃう!ルッツはタノなのかタノじゃないのか分からないぐらい一瞬手を上げていました。てかてかてかルッツ3回のプログラムなんですね。3Sが嫌いなんだきっと。衣装に描いてあるのはシソかと思いました。

三原
3Lz-3T 3F 2A-2T-2Lo 3Lo 3Lz 2A-3T 3S
3Fにアテンションがついて少しマイナスをもらった以外は0すらほとんどないプロトコルでした。ジャンプはしっかりと回っています。3Loの後のスローパートの表現はやっぱり好きだなーいいなー上手になってるなー。後半もっと振り切ってくれたらもっとPCSがもらえるようになりそう。SPから喜び方が素直でよろしいな。

ツルスカヤ
3Lz-3T-2T 3Lz-3T 3F-2T 2A 2A 3Lo 3S
ツイズルから入るコンビネーションスピン脚が長くて制御しきれてない。ウィンドミル迫力が半端ない。ステップの最後の脚上げたとこの殺傷力高そう。3Lz-3Tを2本という点数としては全く旨みのない構成いいよいいよー。2A苦手族かというとそういうわけでもなさそう。2Aの後のバレエジャンプでけえ。SPよりこれぐらいゴリゴリに凄みのある音楽の方が彼女の演技スタイルにもルックスにも合います。シニアの選手がチェス滑るよりもハマってるしスケールがあります。あ、それとこれすごい大事なんですけどエテリチームなのに編曲まともですよ。こちらにはエテリは関わってないのか?グレイケンガウスって元バリさんだかの友達の人ですね。最近振付の仕事増えてきたなあ。

無題

お兄さんたちの超普段着にじわじわ。


ヴィヴィアン・リーさんインタビュー「最初に跳んだダブルはサルコウ、トリプルはトゥループ。コーチは私が落ち込んでるときもモチベーションを上げてくれる。将来的にはもっとスピードを出したいし、曲の解釈も深めたい。3Aやクワドも降りたい」とのこと。テッドは「もうスピードあるで!」と。

エミリーちゃんインタビュー「ジャンプより表現の方が好きで強みとも言えるかな。プログラムの中でジャンプを降りられるようにするのが改善したいところ。アメリカチームはサポートが大きくて家族みたい。好きなスケーターは(アメリカ以外だと・・・?カナダだと・・・?)ジョアニー・ロシェット」だそう。

自分で言うのもなんだけど朝起きて感想書いた方が文章まとも。SPの感想中身がない。
Comment:4
2015
08.21

JGP J&Tバンカ 1日目 女子SP・アイスダンスSD

祭りだー踊れ踊れー!

女子SP
1 Polina TSURSKAYA(ロシア)66.08 PB
2 Vivian LE(アメリカ)61.45 PB
3 Mai MIHARA(日本)60.81 PB
4 Valeriya MIKHAILOVA(ロシア)53.44 PB
5 Emily CHAN(アメリカ)49.60 PB
6 Rin NITAYA(日本)47.19
7 Kim CHEREMSKY(ウクライナ)45.53 PB
8 Hee Soo CHO(韓国)43.63 PB
9 Lucrezia GENNARO(イタリア)43.30 PB
10 So Hyun AN(韓国)40.29 PB
11 Shaline RUEGGER(スイス)40.06 PB
12 Fruzsina MEDGYESI(ハンガリー)38.46 PB
13 Nicole SCHOTT(ドイツ)38.39
14 Aleksandra BUTKO(ラトビア)38.26 PB
15 Marina POPOV(フランス)38.05
16 Alexandra HAGAROVA(スロバキア)37.80 PB
17 Elzbieta KROPA(リトアニア)37.43 PB
18 Shuran YU(シンガポール)36.78
19 Jana COUFALOVA(チェコ)35.65
20 Nina LETENAYOVA(スロバキア)34.83 PB
21 Amanda STAN(ルーマニア)33.25 PB
22 Emma JANG(中華民国)31.90 PB
23 Anna GORDIENKO(モルドバ)30.86 PB
24 Zhansaya ADYKHANOVA(カザフスタン)29.85 PB
25 Natalie KLOTZ(オーストリア)29.55 PB
26 Cindy Yu XIA(ノルウェー)28.82 PB
27 Kristen SPOURS(イギリス)28.13 PB
28 Malika SHARSHENBAEVA(キルギスタン)26.73 PB
29 Shokhsanam TOKHIROVA(ウズベキスタン)21.15 PB
30 Louwee SHIBATA(フィリピン)18.40 PB
WD Presiyana DIMITROVA(ブルガリア)
WD Miroslava MAGULOVA(スロバキア)

ヴィヴィアン
3Lz tano-3T 3F 2A
まったりと見ていた中でババボーーーンとスピードが出ていました。曲は渋い。彼女は年齢的にはジュニア2年目なんですね。勢いはあるけど曲ほど渋みと深みを感じる演技には見えなかったのでシーズンこれからですね。

台湾ちゃんのコーチはエレイン・ザヤックさんでした。ザヤの始祖。

ショット
3T-3T hd 3F fall 2A fall
2コケしてしまったショットさん。ボーカル入りのSend in the clownsでした。音源の選択がとてもよくて僕好みの声でした。だから「ああいい曲だなあ」と思っていたら演技が終わっていました。伊良部コーチは怪我した後に髪だいぶ短くしたのを見たけど、今日は帽子だ。

ウズベキスタンちゃんの音源にハイパーノイズが入って耳を殺しにかかる。

三原
3Lz-3T 2A 3F
スタンブルはありましたがジャンプは3つとも入りました。一番最後のエレメンツが3Fなんてドキドキハラハラですわ。ミハラハラですわ。女子ジュニア課題曲ロンド・カプリチオーソを勢いよく滑りました。よかったよかった。

ツルスカヤ
3Lz-3T 3F 2A
エレメンツがとてもシェレペンでした。ジャンプの幅跳び感もそうだし、身長の高い感じもヌターっとしたスピンの感じも。スケーティングは全然違います。脚が長いのでそれを生かせるようにして欲しいです。身長がありすぎて持て余している感があります。ここもエテリチームなんですね。今回はデュダコフ帯同。もう合う曲がある気がする。

ズミエフスカヤのコーチのウクライナちゃんがゲデ子のラテン衣装着てる。お乳のボリュームが全く違います。

ミハイロワ
3Lz-3T 3F 2A
名前を存じ上げない選手でもポンポコポンと3Lz-3Tを入れてくるロシア。2シーズン前にハンナ・ミラーさんがLPで使ったのと同じ曲。なんか素敵衣装っぽいけどよく分からなかった。ダビダビばかり見ていた。

ダビダビ2

ダビダビ笑む

エミリーちゃん
3T fall 3F 2A fall
えんだあああああああああああああああの曲をアメリカ人らしくアメリカンなコテコテドラマティック表現で演じてくれました。スローパートでも体がキビキビと動きまくっていたのが印象的でした。いいものは持っている選手ですね。PCSの高さも納得できます。ここまで滑った選手で一番好きかも。

ソンガオ

ガオガイガー不変


キルギスタンちゃんはヒップホッププロをエアロビクスのウェアみたいな衣装で。斬新すぎてちょっと分からないです。

今年も韓国の松たか子みたいなコーチが。生徒いっぱいですね。

新田谷
1F 3T-3T 1A tano
フリップとアクセルのノーバリューで10点ほど消滅してしまいます。これは痛すぎる。後半ステップの辺りは少し動きが悪くなっていたようにも思うので、それがアクセルに影響しましたかね。PCS面で厳しい評価をされていますがレッドヴァイオリンの強さは表現できていなかったと思うのでしょうがないかなあというところ。

新田谷は表彰台までは点差がかなり厳しいです。でも上位に何があるか分からないです。崩れるのもジュニアですから。

アイスダンスSD
1 Alla LOBODA / Pavel DROZD(ロシア)60.48 PB
2 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)59.02
3 Sofia SHEVCHENKO / Igor EREMENKO(ロシア)58.04 PB
4 Ho Jung LEE / Richard Kang In KAM(韓国)53.12 PB
5 Julia BIECHLER / Damian DODGE(アメリカ)51.52 PB
6 Audrey CROTEAU-VILLENEUVE / Jeff HOUGH(カナダ)49.24 PB
7 Valerie TAILLEFER / Jason CHAN(カナダ)48.26 PB
8 Nicole KUZMICH / Alexandr SINICYN(チェコ)47.26 PB
9 Adelina GALAYAVIEVA / Laurent ABECASSIS(フランス)45.88 PB
10 Maria GOLUBTSOVA / Kirill BELOBROV(ウクライナ)43.90 PB
11 Olga GIGLAVA / Aleksandr SIROSHTAN(ウクライナ)38.84 PB
12 Anastasia TKACHEVA / Vadim DAVIDOVICH(ベラルーシ)38.64 PB
13 Kimberly WEI / Illias FOURATI(ハンガリー)37.28 PB
14 Guoste DAMULEVICIUTE / Deividas KIZALA(リトアニア)31.32
15 Yana BOZHILOVA / Kaloyan GEORGIEV(ブルガリア)23.66 PB

今シーズンのジュニアの課題はスターライトワルツです。

パーソンズ
パーソンズはジュニアラストシーズンかと思っていましたがまだあと1年いける年齢でした。兄はもう21歳になっているのだとばかり。浄水器とか売ってそうな雰囲気があるから。きちんと3拍子をとって滑ろうとしていたのに好感を持てました。兄がグラつくところが少し見られたけれど。舞踏会での王子様とシンデレラを演じているのですね。もう少し後半にかけての盛り上がりが欲しいかなと思いました。

ハンガリーの組のコーチにペチュホフが。ひっさしぶりに見たけどロシアンタイマーは大丈夫みたいだ。

ペチュホフ



オードレーさんとジェフさん
仮面舞踏会にポルカ挟んで悲壮感もへったくれもない楽しいプログラムに。マッシモさんセンス理解不能。この男の子は顔まっかっかマンだ。

韓国組
世界ジュニアに出ていたことは覚えているけれど、どんな演技をしたかは覚えていない。体の縮尺が日本人スケーターと同じだから親しみをもって見られるダンスです。キーポイント以外のところでフリーレッグがお留守になっていたのは気になりはしたんですけども、常に笑顔でいかにも韓国の女の子の表現という感じで曲に合っていてよかったです。まだまだシングルスケーターっぽいので徐々にダンサーの滑りに近づいていければ。

フランスのカップルでオリ爺初め。

ジュリアさんとデイミアンさん
スターライトワルツはヴィニーズワルツのお友達らしいのでヨーロッパの香りをさせていくのが定石だと思うんですけど、彼らはフォックストロットでアメリカのダンスです。ワルツ部分はメーガン・トレイナーのボーカル。でも繋ぎが自然でパターンダンスを入れることへの違和感がなくてとてもよかった。女性の藤色のドレスも上品で素敵です。前半のフリーレッグの動かし方もよかった。リニチュク先生はいないけど、代わりにコーチの存在感が。

シェフチェンコ&エレメンコ
ロシア人もとりあえずフランス語使ってりゃオシャレみたいな思考が根底にあるのかもしれない。世界中でそうだけどロシア人って特にフランス語使いがち。昨シーズンステブキで見たピストルツイズルをやっているではないですか。さすが同じチームでやっているだけあるな。女の子がまだまだ子供だーかわいい。でも結構エッジ倒してる。ジュク&スヴィニンチームはジュニア選手育てることに関しては一番だなあ。

ズーリンの生徒もフランス語だ。やっぱりフランス語志向ある。パダンパダン。

ラスボスロボドロ
ゼッタイ素敵になるやつやんという予想をしていたロボドロショパン。ツイズルの後にキリアンホールドで女性がドレスの裾掴んで滑ってるところかわいい。初戦でパターンダンス両方レベル4とかいうクレイジー。ロシアのポルカに変わった瞬間、ドローストさん気持ち入りすぎて先走ってる。演技とかじゃなくて先走ってる。やっぱりロボドロはカップルバランスがよくて単体じゃなくて2人で滑ってこそですね、いいですね。いい加減顔覚えよう。今回はルミアンツェワ先生引率だ。ボロブエワ先生が僕の中の美しいコーチランキングトップ5に入ってるから見たかった。

実は毎シーズンなんですけど、あまりジュニアのリフトについて言及していないんです。シニアのカップルに対しては「このリフトいい、あのリフトいい」とリフト好き好きなのに。やっぱりシニアのカップルって魅せ方上手で曲想も上手く反映させるし工夫してるし、にじみ出るものが違うんです。ジュニアもリフトを上げるのが上手なカップルはいくらでもいますけど、リフトで魅せられるかというと、そういうケースは少なくて。だからトランジションだったりフリーレッグだったりそういうことへの言及が増えているのです。リフトは誰もがレベル4を狙えるけど、とても難しいものなんですよね。

てことで男子SPでまたお会いしましょう。
Comment:2
back-to-top