FC2ブログ
2020
01.27

全米選手権 6日目 男子リザルト

デスロードのフィナーレを飾るお祭り。

男子リザルト
1 Nathan Chen, Salt Lake Figure Skating 330.17
2 Jason Brown, Skokie Valley SC 292.88
3 Tomoki Hiwatashi, DuPage FSC 278.08
4 Vincent Zhou, SC of San Francisco 275.23
5 Andrew Torgashev, Broadmoor SC 260.64
6 Aleksei Krasnozhon, Dallas FSC 241.32
7 Camden Pulkinen, Broadmoor SC 236.08
8 Dinh Tran, SC of San Francisco 220.88
9 Sean Rabbitt, Glacier Falls FSC 213.46
10 Yaroslav Paniot, All Year FSC 209.79
11 Ryan Dunk, Baltimore FSC 199.45
12 William Hubbart, Individual Member 195.87
13 Jimmy Ma, SC of New York 193.85
14 Jordan Moeller, Northern Ice SC 191.25
15 Joonsoo Kim, Los Angeles FSC 177.03
WD Emmanuel Savary, Broadmoor SC

ジミー
2T 2A 3Lo so 3A 3Lz-1Eu-2S 3Lz-2T 3F fall
4Tと3Aの回転数が下になってしまいました。ステップシークエンスでは体の力が抜けていてお洒落ブルースに仕上がっていました。その良い雰囲気のまま後半のジャンプゾーンに突入。3Fの転倒がもったいなかった。

トラン
3A 3Lz-3T 3F 3Lz 3Lo so 3F-2T 3S-1Eu-2S
リチャード・ドーンブッシュが昔滑ったシャーロック・ホームズの衣装を着用しました。3Loのステップアウト以外はすべて成功しました。ドンブーのようにエッジワークも良くなるのだぞ。

モーラー
1A 3F-3T 3S 3Lo hd 3A fall 3Lz so 3Lz-2T
ジャンプのミスが多かったです。SP尺だと悪くないように思えたのですが、LP尺だと滑りで緩急が出せないところが、アルビノーニのアダージョという選曲も相まって、マイナスに大きく作用してしまった気がします。

プルキネン
4T 3A 3Lo 3Lz shaky-1Eu-2S 3A-3T 1Lz 3F-2T
3Lzさんが大暴れした日でした。3Aも加点がそれほど得られるものではありませんでした。しかしながらプルキネンのLPとしてはかなり良い方だったのではないかと思います。もっとできますけどね。もっと滑れますけどね。スピンは……うん!

ラビット
3F-3T 2A 3Lz so 3F fall 3Lo 3S-3T shaky 2A-2T-2T
エスパーニャ・カーニでした。ギランギランの衣装で素敵でした。ジャンプがすべて入っていけば、本人ももっと乗っていけたんでしょうね。キスクラで日本人に向けて営業活動しました。これからwwwwwwTHE ICEとかwwwwww日本のアイスショーにも出たいwwwwwwwwwwwwww偉い人呼んでやれよ。会場めちゃくちゃ温めてくれるぞ。トップバッターとかおすすめよ?

パニオット
4F so 4T-2T 3A shaky 3Lo-2T 3Lz-1Eu-3F hd 3Lz 3S
めまぐるしく入れ替わるゴッドファーザーでした。めまぐるしく入れ替わるけれど、清々しくジャンプを跳ぶだけでした。スピードもなかったので、なかなかこういうタイプではアメリカで評価を受けにくいですよね。右足を痛めたようですが大丈夫でしょうか。

ヴィンセント
4S 3Lz 3F 3A-3T 3Lo-2T 3A 3Lz-1Eu-3S
大学があって練習ほとんどできないマンなのにすげえええええええええええええええええええええええええええええええ!!!1本も抜けないしコケない。4S1本降りるだけでも見事ですよ。

クラスノジョン
4Lo 3A-3T 3A so 3S 3F-3Lo 3Lz-2T-2Lo 3Lz
4Loさん成功させました。3Aがステップアウトになったのを除けばとても良かったです。史上最高の安売りですが、クラスノジョン史上最高の出来だったと思います。コレオシークエンスで躓いていたけど見なかったことにしよう。

樋渡
4T-3T 4T 3A-2T 3S 3A 3Lz-1Eu-3F 3Lo
ふぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!ステップシークエンスからの3Aのところは、少し待ちがあって穴かなと思うんですけど、オイラーのリズム感がバレエっぽい成分があって良かったなあ。

トルガシェフ
4S fall 4T-2T 3A fall 3Lz-1Eu-3S 4T so 3F-3T 3Lo
4Sはダウングレードで転倒。3Aが苦手なので4T2本の構成でした。つい最近までトルガシェフは体の芯が通っていなくて、動きがふにゃふにゃだったので、1本芯が通って力強くなり、安定してPCSを取れるようになったのは大きな進歩であります。

ネイサン
4F-3T 4S 4T-1Eu-3S shaky 3A 3Lo 4T 3F-3T
いつも全米でおかしなぐらい4回転を跳んで、しかもノーミスで演技を終えているので、4本では物足りない体になってしまいました。これが薬物中毒ってやつですか。絶好調という感じではありませんでした。中盤は少し体が動いていなかったので、滑って跳んでの印象です。でもコレオシークエンスはいつも通りの素晴らしい実施でありました。文句なしの優勝です。

ブラウン
3A-2T 4T df 3A 3F 3Lz-1Eu-3S 3F-3T 3Lo
本日激辛な杉田さんでも、ブラウンの表現に対しては手放しで賞賛しています。「演技そのものが+5です」という言葉にもそれが表れています。4Tは回転が足らなかったけれどチャレンジできました。そして他のジャンプは乱れなかった。特にルッツフリップは国際大会でも+4が並ぶようなお手本のジャンプでした。脳震盪があって、なかなか思うような演技ができないながらも笑顔を絶やさなかった。そんな彼が静かに涙を流した。今シーズンの苦労が偲ばれます。本当におめでとう。そしてありがとう。

ネイサンは10.00が14個でした。ブラウンは4Tがダウングレードですが、他のエレメンツはほぼ+4~5を獲得しています。樋渡はGOEマイナスがありませんでした。ヴィンセントはオールレベル4だし、最終GOEにマイナスはありませんが、それでも台に立てませんでした。前年の世界選手権メダリストがノーミスでトップ3に入られないなんて信じられないことが起こっています。クラスノジョンの4Lo足りなかったーーーいけたと思ったのになあ。

デスロード終わりました。来年も再来年も全米とユーロが被らないことは決まっていますので、デスロードがあるとしても2023年以降になります。もうデスロード要りません。ISU公式ちゃん……四大陸もジオブロかけないで!
2019
10.23

ヴィンセント・ジョウ グランプリシリーズを欠場

https://www.usfsa.org/story.aspx?id=92766&type=media

ヴィンセント・ジョウがグランプリシリーズの欠場を発表しました。学校の授業とトレーニングの時間の確保を同時におこなうのは難しいと判断したからだそうです。現在ヴィンセントはブラウン大学の1年生で、中間テストの時期とも重なってしまうため、学業を優先することになりました。欠場は残念ですが、とても前向きな理由だったのが幸いです。脳震盪や摂食障害や怪我が脳裏を過ってビクビクしながらリンク押しましたもん。全米選手権で、グランプリシリーズの分もいい滑りを見せてもらいたいです。

第1シードのヴィンセントが中国杯とロステレコム杯からアウトになるため、GPF進出に大きな影響を与えます。ネイサン、羽生、昌磨はいけそう。あとはブラウン、アリエフ、リッツォ、サマリン、エイモズ、メッシングのうち3人かなー?思わぬ選手が出てほしいな。
2019
10.07

ジャパンオープンの感想

男子LP
1. Nathan CHEN(アメリカ)189.83
2. Shoma UNO(日本)169.09
3. Vincent ZHOU(アメリカ)167.64
4. Koshiro SHIMADA(日本)153.37
5. Javier FERNANDEZ(スペイン)153.14
6. Deniss VASILJEVS(ラトビア)146.65

女子LP
1. Alexandra TRUSOVA(ロシア)160.53
2. Alina ZAGITOVA(ロシア)154.41
3. Rika KIHIRA(日本)144.76
4. Satoko MIYAHARA(日本)134.94
5. Bradie TENNELL(アメリカ)124.91
6. Mirai NAGASU(アメリカ)111.04

チームリザルト
1 Team Europe 614.73
2 Team Japan 602.16
3 Team North America 593.42

試合はとっくの昔に終わっているので、回転不足とロングエッジ判定も書いておきます。

ヴァシリエフス
3A-3T 4T<< so 3Lo-2T 3A 1Lz-1Eu-3S 3F! 3Lz<
3Aが2本とも降りられてよかったです。ぜひこれからの大会でも降りまくってください。僕はネペラメモリアルでの演技に対して、かなりキツい口調で批判しました。やはり分かりにくい。これがSPの尺なら気にならなかったですが、音の数に対して振付が少ないので、助走で間延びして、演技終了までが長く感じました。シーズン中の改良を望みます。SPはめちゃんこ好きなのになあ。その落差もあるんですよね。

ヴィンセント
4Lz< hd 4S-3T< 3F 3A-2T 4T< 3A 3Lz-1Eu-3S
回転不足のジャンプがいくつかあるのはデフォなので、それほど気にすることではありません。ヴィンセントのスケーティングに合うプログラムだと思います。曲の転換が多いので、どれだけキッチリ曲に合わせて雰囲気を変化させられるかがPCSを左右しそうです。近年派手派手志向が強くなってきた僕でも、伸びやかで清らかなステップシークエンスは好きだなあ。コレオシークエンスも結構好みだったんですけど、あと5秒欲しい。もっと観たい!演技時間4分半に戻せ!!!!!

島田
4T hd 3A fall 3Lo 3F 3T-3T 3A-2T 3Lz-1Eu-3S
短足には許されないシャツイン衣装です。ウエストサイドストーリー滑りそうだ。やっぱりアーティストって曲がすごくいいですね。乗れる乗れる。表情の使い方が巧みで魅せられました。チェンジコンビネーションスピンのフライングが音楽と揃っていて、これもまたボルテージを上げてくれます。ジャンプ全部降りて、スタミナさんががんばってくれればハイスコア望めそうです。

なんですくん
3T ot 3Lz 3S 3A so 3A-2T 3Lo-2T 3F-1Eu-2S
セビリアの理髪師さんでした。ご無沙汰しております。昔滑ったプログラムでも、4分尺になってしまったので、体力的にかなり厳しそうでした。ステップシークエンスにはすでに疲労が見えていましたが、彼は現役中から全然疲れてない顔をしながら滑るのが得意だったので、徐々に勢いが落ちながらも堪えました。今年もJO出席おつ。

ネイサン
3Lz-3T 4F 4T-1Eu-1F 3A 4S 4T 1A
最終的な構成は4Lz-3T 4F 4T-Eu-3F 3A-2T 4S 4T 3Aか……ナショナルでマレーバク衣装でノーミスで滑りそう。冒頭は力強い振付だったのに、3連続降りると急にしなやかなムーブを見せてくれました。体から音符出しながら滑ってんな。コレオシークエンスでは踊り狂っていました。はい加点山盛り~。4回転着氷後すぐにトランジションを入れているものの、やはり4本跳ぶと助走は気になります。その助走のイメージを掻き消すほどの完成度に仕上げることはできるでしょうか。おばさんのスパッツ柄の衣装替えないでくださいね。替えるなら羽を生やしたり、全身銀色にしましょうね。

昌磨
3S 4F hd 3A 3Lo 4T fall 2A 3A-1Eu-3F
イントロだけ聴いたらホームタウングローリーかオモタ。ジャンプ4本→フライングキャメル→ジャンプ3本の珍しい構成でした。4Tが1.1倍の対象にカウントされていません。首筋をなぞりながらコレオシークエンスを終える場面に、大人になった昌磨を感じました。振付が遅かったこともあり完成度はまだまだです。大甘採点のJOで全項目9点台に乗せられないのは「足りないぞ!」というジャッジからのメッセージでしょう。メッセージに応えましょう。

ミライ
3F<-3T<< 3Lz<-2T-2Lo< 3Lo 2A-2T 3F 3Lo+REP 3S< df
2Aにコンボを付けたので2本目の3Loが+REPになりました。不思議……。回転不足はいくつかありますが、ジャンプ技術はキープできています。最後のエレメンツが苦手な3Sでした。不思議……。普通2本目の3Loじゃないのか……不思議……。不思議なミライさん。

宮原
3Lz<-2T 3F fall 3Lo 3S< shaky 2A-3T-2T 3Lz 2A-3T
3本のジャンプにミスが出ました。3Fはエッジエラーはなしです。インサイドっちゃインサイドだけど、アテンション判定でもおかしくない踏み切りでした。3Lz-3Tを回避して後半に2A-3T2本の構成にしました。GOEの加点幅を考えると、こちらの方が利口ですけど、ジャッジの中に「3-3跳べなきゃPCS出さないよ」みたいな考えあるのかな?表現面に関しては何の注文もありません。今の状態を磨き上げれば完璧です。ノーミスの演技観たら嗚咽するかも。ジョシュア・ファリス、ザレツキー兄妹、ユリア・リプニツカヤという6番的シンドラーのリスト三巨頭に並ぶことはできるのか。シーズンはまだ続くのだった。

トゥルソワ
4S 4Lz 4T-3T 2A 4T ot-1Eu-3S 3Lz-3Lo< 3Lz
んんんんんwwwwwwwwwwwww人類の女性では勝てぬwwwwwwwwwwwwwww3Lzまでの選手と基礎点だけで20点以上違うwwwwwwww助走犠牲にしても降りれば勝てますからね。PCS上がれば170点コースですし、SPで3A導入しようものなら男子でも負けそう。

テネル
3Lz-3T< 2A 3S 2A 3Lz-3T< fall 3F<-2T-2Lo 1Lo
ラベンダー色の衣装背中以外素敵。演技後半いつもほどの迫力がなかったのは怪我から練習を再開したばかりだったからなのですね。ジャンプの回転不足がありつつも、これまでのイメージを一新させる女性らしい一面を見せてくれました。昨シーズンはクソ編曲を力でねじ伏せましたけど、今シーズンはシンプルにいいプログラムなので楽しみです。日露&トゥルシンバエワに勝てーーーーーい!

紀平
3S 3A 3F 3A-2T 3F-3T 2A-2T-2Lo 3Lo shaky
4Sは回避して質の高い3Sから。怪我により3Lzは回避しましたが、ラストの3Loを除くとミスはなく、さすがの演技を見せてくれました。紛争地に雨を降らせ、諍いを鎮める聖獣なんだ、きっとドラゴンなんだ。舞え……気高くっ……。

ザギトワ
3Lz-3Lo 2A-3T 3S 2A 3Lz 3F-2T-2Lo 3F
盤石。田舎の自民党支持基盤ぐらい盤石。レベル3が2つあったのと、3連続の最後で少しだけ姿勢が傾いたぐらいで、失敗する気がしませんでした。セカセカしなくなりましたし、女王の風格まとってました。覇王色の覇気や!!!

来週はフィンランディア杯です。台風に注意しながら観ましょう。
2019
06.21

2019-2020シーズン グランプリシリーズ 男子シングルアサイン

https://www.isu.org/docman-documents-links/isu-files/event-documents/figure-skating-4/2019-20/grand-prix/series-files-27/entries-4/21486-entries-men-2019-20-all-6-events/file

GPSのピークってアサインが出た瞬間ですよね。

スケートアメリカ
キーガン・メッシング(カナダ)
ボーヤン・ジン(中国)
ミハル・ブレジナ(チェコ)
ロマン・ポンサール(フランス)
島田高志郎(日本)
友野一希(日本)
ジュンファン・チャ(韓国)
ドミトリー・アリエフ(ロシア)
ロマン・サヴォシン(ロシア)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
ネイサン・チェン(アメリカ)
TBD(アメリカ)

スケートカナダ
ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
ニコラ・ナドー(カナダ)
ナム・ニューエン(カナダ)
ロマン・サドフスキー(カナダ)
パウル・フェンツ(ドイツ)
マッテオ・リッツォ(イタリア)
羽生結弦(日本)
田中刑事(日本)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
アンドレイ・ラズーキン(ロシア)
カムデン・プルキネン(アメリカ)

フランス国際
ニコラ・ナドー(カナダ)
ケヴィン・エイモズ(フランス)
ロマン・ポンサール(フランス)
TBD(フランス)
モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)
ダニエル・サモヒン(イスラエル)
宇野昌磨(日本)
アレクサンドル・サマリン(ロシア)
アントン・シュレポフ(ロシア)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
ネイサン・チェン(アメリカ)
樋渡知樹(アメリカ)

中国杯
キーガン・メッシング(カナダ)
ボーヤン・ジン(中国)
ハン・ヤン(中国)
TBD(中国)
チーイー・ツァオ(台湾)
マッテオ・リッツォ(イタリア)
田中刑事(日本)
ジュンファン・チャ(韓国)
アンドレイ・ラズーキン(ロシア)
ロマン・サヴォシン(ロシア)
カムデン・プルキネン(アメリカ)
ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)

ロステレコム杯
ウラジミール・リトヴィンツェフ(アゼルバイジャン)
ナム・ニューエン(カナダ)
ミハル・ブレジナ(チェコ)
モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)
友野一希(日本)
宇野昌磨(日本)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
ドミトリー・アリエフ(ロシア)
アレクサンドル・サマリン(ロシア)
TBD(ロシア)
アレクセイ・クラスノジョン(アメリカ)
ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)

NHK杯
コンラッド・オーゼル(カナダ)
ロマン・サドフスキー(アメリカ)
ケヴィン・エイモズ(フランス)
アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
羽生結弦(日本)
山本草太(日本)
TBD(日本)
アルトゥール・ドミトリエフ(ロシア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
樋渡知樹(アメリカ)

男子の派遣は特に偏った感じもなくバランスがいいです。

スケアメにはもちろんネイサンが。ミハルもポンサールも出場するのでアルトゥニアン先生は大忙しです。ブラウンはついにアメリカ男子の最年長になりました。今年の12月で25歳になるのでベテランですね。ブラウンがベテランなんですよ。信じられます?男子の派遣はバランスいいですが、比較的ここがしんどいかな?と思います。ブラウンはトップ選手で派遣運が一番悪かったです。友野のミルズ振付プロがすごく楽しみです。TBDはクラスノジョンの2枠目か、うさぎさんのどちらかですかね。

スケカナには羽生が出場するので黄色い雨が降り注ぎます。今回はさすがにいけるだろーーーーーと思ってコリヤダが優勝したりするんですよね。フェンツさんがまだ現役を続けてくれるようで安心しました。

フランス国際はネイサンVS昌磨です。直接対決では昌磨が連敗しているのでそろそろ勝ってほしいぞ!普通にいけばロシア勢が3位に入ると思いますが、エイモズやサモヒンにもチャンスはあります。レオノワの夫シュレポフもエントリーがあります。フランスは3枠目を使うでしょうか。フランスだからなーーー返上するかなーーー。

中国杯にはハン・ヤン!!!!!!!!!本当に戻ってきました。コミカルではないプログラムを振付けてもらえますように。チーイーという意外なエントリーがありました。中国の試合だから客席で赤と青の国旗掲げたら怒られたり、しばかれたりするのだろうか。素朴な疑問。

ロステレコム杯には連戦でヴィンセントが出場。シニカツと宮原と4人でチーム中露連戦で記念撮影してください。昌磨はエテリのところに移ることになれば移動が少なくて済みますね。期待の若手リトヴィンツェフのエントリーもあります。ロシア勢よりもロシアスケーターっぽいイメージなんだよなあ。

コリヤダはシード選手なのに地元の大会ではなくNHK杯に。ロシア連盟のやることは毎度よく分からない。そして2大会とも羽生と当たってしまうという。みんな大好きなおじさんたちもいますよ!セルゲイ・ヴォロノフさんはNHK杯の頃には32歳!ビチェンコさん31歳!フォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!! 日本からは草太が出場します。表彰台あるぞ?あるぞあるぞ?TBDは島田なのかダイスケさんなのか。樋渡は、なんとかの部屋があれば絶対にインタビュー受けるでしょうね。そしてあのゴリゴリの関西弁が披露されるのだ。

北米勢は代替わりしました。ユーロ勢はおじさんたちががんばっています。若い子たちも早くおじさんになりましょう。おじさんスケーターは最高なんです。選手たちが4分間の演技に慣れて表現に費やす余裕が生まれてくると嬉しいです。Because I'm not a ジャンプ厨。
2019
06.09

新プロ情報3

マリア・ソツコワ
SP:To Build A Home 振付:ニコライ・モロゾフ
LP:Fifty Shades of Grey 振付:ニキータ・ミハイロフ

スケーターの持ち家志向が露わになる選曲。スケーターお家建てがち。

アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン
RD:Sparkling Diamonds 振付:イリヤ・アベルブフ

2人のピッタリの選曲です。派手な振付で暴れ回るのが容易に想像できます。2019-2020シーズンのパターンダンスの課題はフィンステップ。フィンステップは、弾けるシャンパンの香りがするダンスとされていますから、それにも合っています。

ヴィンセント・ジョウ
LP:クラウド アトラス 振付:ローリー・ニコル

ムーブメントやフットワークの振付にはカート・ブラウニングも協力したそうです。

マッテオ・リッツォ
LP:フラメンコスタイルのもの 振付:マッシモ・スカリ

なんと!!!!!!!!!!!!!!メドレーではありません!!!!!!!!!!!!!!!!!キャアアアアアアアアアアアアアア

ニコル・デラ・モニカ&マッテオ・グアリーゼ
LP:Pilgrims on a Long Journey、Saturn by Sleeping at Last 振付:マッシモ・スカリ

1曲目の方はテサモエが2016-2017シーズンFDの冒頭で使用していました。

ヘイヴン・デニー&ブランドン・フレイジャー
LP:ライオンキング 振付:レネー・ロカ

5シーズンぶりにライオンキングを滑ります。振付は一新するそうです。ライオンキングの実写映画が公開されるので、そのタイミングに合わせたのでしょう。

本郷理華
SP:キル・ビル(続行)
LP:ゴースト・イン・ザ・シェル 振付:シェイ=リーン・ボーン

イェリム・キム
SP:ブラックスワン 振付:ギュヒョン・リー
LP:ある愛の詩 振付:ジェフリー・バトル

アレクセイ・クラスノジョン
SP:Runaway by Ramin Djawadi、Freedom by Pharrell Williams 振付:アレクサンダー・ジョンソン
LP:Prelude from Fahrenheit 451 by Bernard Herrmann、インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア、ドラキュラ、Archangel by Two Steps from Hell 振付:アレクサンダー・ジョンソン

要するにドラキュラな!

セラフィマ・サハノヴィッチ
SP:Megapolis 振付:アンゲリーナ・トゥレンコ
LP:シェルブールの雨傘

ロシア女子は曲目の発表が早いですねえ。グランプリシリーズのアサイン発表まであと2週間足らずですわよ。ヤダーハヤイー。
back-to-top