FC2ブログ
2019
01.24

ヨーロッパ選手権 1日目 ペアSP

ペアSP
1 Q Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)76.55
2 Q Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)73.90
3 Q Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)73.70
4 Q Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)72.58
5 Q Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)65.89
6 Q Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT(ドイツ)60.08
7 Q Miriam ZIEGLER / Severin KIEFER(オーストリア)57.70
8 Q Rebecca GHILARDI / Filippo AMBROSINI(イタリア)54.48
9 Q Laura BARQUERO / Aritz MAESTU(スペイン)53.89
10 Q Lana PETRANOVIC / Antonio SOUZA-KORDEIRU(クロアチア)50.99
11 Q Zoe JONES / Christopher BOYADJI(イギリス)45.33

アニカ・ホッケ&ルーベン・ブロマールトは男性の体調不良で欠場。ナタリア・ザビアコは&アレクサンドル・エンベルトは男性の怪我の治療やリハビリで早々に欠場を発表しています。

ハセジー
3Tw 3T 3STh
ドイツからただ1組の出場となりました。ドイツ人はサッカーばかりやらずにスケートをやってくれ給へよ。どのエレメンツもクリーンに決めて、下位~中堅ペアの一つの壁であるバックアウトデススパイラルのポジションも高くなりすぎず回せました。そしてステップシークエンス!ムーブメントを入れようとして、つるんっと一緒に転倒。転倒後の2人のフットワークが揃っていたし、ソロスピンも合っていました。転倒さえなければサクッとパーソナルベストが出ていたはずです。

ボイコズ
3S 3Tw 3STh
盤石のソロジャンプ、単に降りるだけでなくタイミングや足の角度まで揃って見応えが増してきました。時々コロッとミスするスロージャンプも完璧です。男性が肩外れるぐらいのガッツポーズすると思ったのに普通だったわん。

ダリデニ
3Tw 3T 3FTh hd
補欠から繰り上がり出場です。ソロジャンプは安定。スロージャンプだけがミスが出ました。リフト下ろす際に女性がしっかり膝を使っているので流れが途切れません。こねくり回した下ろし方だからこそ、基本のキの流れを失ってはならないのです。

ヴァネシプ
3Tw 3T 3FTh
3T入りましたし、着氷が詰まりがちなスローフリップに流れを出せました。いい演技でしたね。2人の動きがよく揃っているのと、滑る距離感が近いところがいいですね。そこはひょっとしたらシゼロンの振付や指導の成果なのかもしれません。

タラモロ
3Tw 3T<< 3LoTh
ツイスト神、3Tは女性が前向き着氷です。スローループはぶっ飛び。プログラムを昨シーズンのラフマニノフに戻しました。衣装は新調してオシャレになりました。昨シーズンの衣装は男子中学生の私服感ありましたから。ジャン!じゃねえよのツッコミも復活しましたが、ノーミスの時でないとツッコミしにくいです。スケーティングスキルさえヴァネシプと横並びの評価になりました。プログラムの差か・・・。

デラモデル
3S 3Tw 3LoTh
3Sパシン!と決めました。女性のソロジャンプは6分練習でも成功していたので調子いいのかもしれない。もう1つの課題であるスロージャンプのタッチ癖。こちらも問題なかったです。ソロスピンが揃っていましたし、レベルの取りこぼしもほとんどありません。女性のスケーティングスキルが近年衰退期に入りました。男性に合わせて移動距離を出すのですが、カーブが浅く、女性の滑りが平面的に見えます。これを改善しない限りPCSがここから動かないです。モーモーと同じ壁にぶち当たろうとしている。

白鳥組
3Tw 3T fall 3FTh
ツイストのキャッチは上手くいかず、ボトンと凭れかかりました。3Tで女性が転倒。スローはなんとか降りられましたが、取りこぼしが多く近年の彼らでは珍しく悪い出来でした。悔しくて女性の涙が止まりません。第2グループには入れるので、順位を1つ上げることが目標になるでしょうか。

ヴァネシプが優勝すると1932年以来87年ぶりの快挙です。デラモデルが表彰台に乗りますとベルホタ以来2組目のイタリアのメダリストとなります。タラモロ優勝なら個人3連覇で、ロシア勢の8連覇となります。1932年の懐古厨はさすがにいまい。

本当のサバイバルは明日からです。解散っ!
2018
12.08

グランプリファイナル 2日目 ペアSP

ペアSP
1 Cheng PENG / Yang JIN(中国)75.69
2 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT(ロシア)75.18
3 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV(ロシア)74.04
4 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)71.51
5 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)69.77
6 Daria PAVLIUCHENKO / Denis KHODYKIN(ロシア)61.24

ダリデニ
3Tw 3T so 3FTh fall
1番目のエレメンツがツイストですが、その前にもステップシークエンスに入るんじゃないの?というレベルで2人でトランジションのステップを入れています。大きく滑ろうという意識も見えます。3Tは女性がステップアウトし、スローフリップは手を付いて堪えようとしましたが転倒です。5項目とも7点台に乗りました。もうすぐ7.50に乗ります。やっと僕の好みにジャッジが追いついてくれたようだな。スパシーバ。

ペンジン
3T 3Tw 3LoTh
超盛り上がっていたので、The Lumineersがおらが村のバンドなのかと思いましたよ。全然違うわ。羽生ファンの中国人はいないだろうし、単純に演技に対して盛り上がったのですね。非常に安定した演技を披露しました。少し距離は遠いですが、ソロスピンが揃っていましたし、男女とも力が絶妙に抜けたオシャレなステップシークエンスを滑りました。すごくいい出来でした。昨シーズンの急激な伸び悩みは一体何だったのだろう。

デラモデル
3S 3Tw 3LoTh df
よく揃った3Sでした。スロージャンプはタッチ癖があるので、足上げろ!過剰に上げろ!上げろ上げろ上げろ!!!と念じておりましたが、タッチではなく両足着氷でした。ステップシークエンスは男性が女性に合わせながら滑っているのが分かりました。軌道がのっぺりして見えるので、女性が描くカーブがもっと深くなったらいいなと思いますが、なかなか難しいでしょうね。2人は満足そうだったので何より。

ヴァネシプ
3Tw 3T 3FTh hd
ツイストきれいでした。3Tは女性の軸が曲がりましたが堪えました。スローフリップはお手付きです。今シーズンこのミスが目立ちます。ステップシークエンスで、女性がウィンドミルから大勢立て直すところのシュピッ!って動きがかっこいいです。

ザビエン
3Tw 3T 3LoTh
頭3つのエレメンツは揺るがないです。ガッチガチに手堅く決めてきます。今日は男性の調子がいいのか、体を大きく使って勇壮な戦士を演じていました。ザビエンの表現力がなんだかなあ・・・と思う原因は男性の問題だとばかり思っていましたが、顔の美しさで掻き消されているけれど女性の課題なのかもしれない。非常にいい出来だっただけに、ソロスピンがズレまくっていたことだけが残念です。

タラモロ
3Tw 3T fall 3LoTh
3Tは女性が転倒。スローループはネームバリューなくても加点がたんまりのやつです。この質でもタラモロ的には完璧ではないというのが恐ろしい。スケーティングスキルは転倒しようが評価ダントツは納得できます。滑らかさ、加速、2人のバランス、どれもが現役ペアトップレベルですから。ジュニア~シニア上がり立ての頃は、ソロジャンプの安定性が武器のひとつでしたが、今は足を引っ張っています。

ペンジン首位とは予想だにしていませんでした。唯一のノーミスなので納得ですね。
2018
11.25

フランス国際 2日目 ペアリザルト

ペアLP
1 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)140.53
2 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)127.98
3 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)121.01
4 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM(北朝鮮)120.77
5 Camille RUEST / Andrew WOLFE(カナダ)105.85
6 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT(ドイツ)102.16
7 Audrey LU / Misha MITROFANOV(アメリカ)100.57

ペアリザルト
1 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)205.77
2 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)191.43
3 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)189.84
4 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM(北朝鮮)187.95
5 Camille RUEST / Andrew WOLFE(カナダ)164.10
6 Audrey LU / Misha MITROFANOV(アメリカ)157.28
7 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT(ドイツ)154.77

ハセジー
3Tw 3T-2T shaky 3S so 3LoTh fall 3STh
ヴァシリエフスの背をビヨーンと伸ばしてゲルマンの血を入れるとジーゲルトになるかもしれない。スローループの転倒から女性が立ちあがって次の振付に移りますが、転倒した女性より男性の方が音楽に乗れていないという。曲・・・合ってますか?スローサルコウきれいでした。

ルエウル
3Tw 3T-2T 3S so 3LoTh so 3STh shaky
タラダニがSPで使用した眠りを誘う曲です。朝5時半なんてもうひと眠りする時間。これは子守唄のプレゼントでしょうか。転倒が1つもないのに、謎のディダクション3を食らいました。

ルーミト
3Tw 3LoTh 3S-2T-2T 3STh 3T fall
スロージャンプ安定しています。3S-1Eu-3Sを持っているペアですが、今日は2Tの3連続にしました。3本目が回転不足になりがちなのです。リフトでスプリットのディフィカルト姿勢に移る時にバランスを崩しました。怪我しなさそうな崩れ方だったのが不幸中の幸いです。3Tは女性が転倒して、男性がブレードを当てないようにクルッと避けました。頼りないように見えて、ちゃんと回りを見ているさすがはペア男子。がんばったからガリガリ君買ってあげよう。

ヴァネシプ
3Tw 3T-2T-2T 2S 3FTh 3STh
ツイストきれいに入りましたし、レベルも取れました。3連続もよかったです。女性の3Sだけ抜けてしまいました。細かな取りこぼしはありますが、大きなミスはこれぐらいです。スロー2本とも、特にサルコウが素晴らしい実施でした。スケカナでやらかしたリフト長すぎでタイムオーバーというのもなかったです。メインイベントというプレッシャーに潰されるか心配していましたけど、座長の仕事をやり遂げました。

タラダニ
3Tw 3S-1Eu-2S 3LoTh 2A hd 3STh
なんとツイストが普通!3連続とスローループはきれいに決まりました。2Aは手を付いてしまったものの、スローサルコウは軸が歪みながらも着氷しました。今日も一番沸いたのはスロー前のダンスリフトです。いやしかし、久しぶりにタラダニのいい演技を観ました。この3シーズンで最も出来がよかったです。それに、女性の動きがキレていました。この調子なら再び全米選手権でも活躍できるはずです。いいよいいよ。フィニッシュでチューした。いいよいいよ。

ボイコズ
3S 3T so 3Tw 3STh 3LoTh
ロシア一の安定感を誇っていた彼らですが、3Tでステップアウト。曲にピッタリの煌びやかなツイスト、高さと幅が十分なスローサルコウと立て直したのですが、スローループで転倒。起き上ろうとしてもう一度転倒。優しいジャッジでディダクションは1点にしてくれましたが、これが命取りとなってGPF進出を逃しました。ヴァネシプとボイコズで9割固いだと思っていましたけど、スポーツというものは分かりませんね。

リョムキム
3Tw 3T-2T-2T 2A<< df 3STh 3LoTh so
予定では3T-2Tでしたが、3連続にしました。女性が苦手な2Aは前向き着氷でした。スローサルコウを堪えられましたが、ループううううううううううううううう・・・。これさえ成功していれば北朝鮮勢初のGPSのメダルでした。これは悔しいでしょうね。ただし、昨シーズン死ぬほど合ってなかったこのシャンソン滑りこなせるようになってきたと思います。フランスの会場だったからそんな気がしただけ?

コズロフスキーとじゅしくが顔を覆って終わるGPS。なんて暗い終わり方なんだ。タラダニは初メダルおめでとう。怪我で苦労した分、いい演技をしての表彰台は嬉しいと思います。この顔ぶれでの2位はローリング称賛に値します。ボイコズはたまたま派遣がアンラッキーでしたが、まだ2人とも10代で、これからいくらでもチャンスがあります。

グランプリファイナル進出者
1 ヴァネッサ・ジェームス&モルガン・シプレ(フランス)1位+1位 30ポイント 427.58
2 エフゲーニャ・タラソワ&ウラジミール・モロゾフ(ロシア)1位+1位 30ポイント 425.10
3 ナタリア・ザビアコ&アレクサンドル・エンベルト(ロシア)1位+1位 30ポイント 412.65
4 チェン・ペン&ヤン・ジン(中国)2位+2位 26ポイント 408.32
5 ニコル・デラ・モニカ&マッテオ・グアリーゼ(イタリア)2位+2位 26ポイント 389.60
6 ダリア・パブリュチェンコ&デニス・ホディキン(ロシア)3位+3位 22ポイント 375.62
---補欠---
7 アリサ・エフィモワ&アレクサンドル・コロヴィン(ロシア)2位+5位 20ポイント 360.60
8 タラ・ケイン&ダニー・オシェイ(アメリカ)5位+2位 20ポイント 355.59
9 カーステン・ムーア=タワーズ&マイケル・マリナロ(カナダ)3位+4位 20ポイント 390.59

パブホディ以外は、欠場組を除いた7強のうちの5組から出ましたので順当と言える結果です。モーマリは派遣運がなかったです。パイポーもそうですけど、ここまでカナダ勢がアンラッキーだと気の毒です。カナダ勢のGPF進出者ゼロは1998-1999シーズン以来20年ぶりになります。

これでGPSも終わりです。1週間空いていよいよGPF。演技開始時刻3日とも日本人が普通に起きる時間です。神日程です。
2018
11.24

フランス国際 1日目 ペアSP

ペアSP
1 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)68.83
2 Tae Ok RYOM / Ju Sik KIM(北朝鮮)67.18
3 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)65.24
4 Tarah KAYNE / Danny O'SHEA(アメリカ)63.45
5 Camille RUEST / Andrew WOLFE(カナダ)58.25
6 Audrey LU / Misha MITROFANOV(アメリカ)56.71
7 Minerva Fabienne HASE / Nolan SEEGERT(ドイツ)52.61

ルエウル
3Tw 3T 3LoTh
ツイストはふんわり上がってめっちゃ抱えました。3Tのタイミングはピッタリです。スローループは堪えています。こちらの男性スケーティングスキルがかなり高いです。ペア男子の中でも上位に入る滑りだと思います。ペア2人としての評価に繋がるといいのですが。

ハセジー
3Tw 3T fall 3STh
ツイスト凭れかかり、3T男性転倒。スローサルコウで持ち直しました。最後のソロスピンでSay something, I'm giving up on youの歌詞に合わせてゆったり、静かにスピンがズレていくのが妙にハマっていました。なおGOEはマイナス評価です。

リョムキム
3Tw 3T 3LoTh
ツイストでは今回も着氷後にドヤっていました。3Tはピッタリ揃っていました。スローループもきれいです。ソロスピンは非常に揃っていたのですが、最後に少しだけズレました。デススパイラルでは男性が女性を回しながて、手の振付を加えてかっこよくフィニッシュ。キスクラで立ち上がって喜んでいましたので、相当嬉しいようです。この顔ぶれだと表彰台のチャンスありますし、気合い入りますよね。

ルーミト
3Tw 3LoTh 3S
スローループと3Sがクリーンに入りました。どのアメリカペアよりもきれいにソロジャンプを降りられます。男性が膝をついて女性に手を伸ばす振付が好きなようです。女性がクールでスルー気味なところがおもしろい。曲と演技がすごく合っていないのもおもしろかったです。まだ若いですから、合うものはこれから見つけていけばいい。解散しないで。

タラダニ
3Tw 3S 3STh
今更ながら、隣にいるのがメガネコーチではなくサッペンフィールド先生なのが違和感。3S女性ががんばりました。スローサルコウはスロージャンプ本体よりも、その前のダンスリフトの方が歓声大きかったです。フランス人は派手なの好きなのな。

ヴァネシプ
3Tw 3T<< df 3FTh shaky
3Tは女性の回転が開いてしまって前向き両足着氷。転倒でなく開いてしまうなんて珍しいですね。スローフリップはバランスを崩して流れが止まりました。ネームバリュー加点をもらえる領域に入ったヴァネシプでも、この質ではマイナス評価です。

ボイコズ
3S 3Tw 3STh
非常にいい3Sを降りました。彼らの今までの3Sでもベストと言える出来栄えだと思いますね。本当にいい調子で滑っていったのですが、デススパイラルを終えた時点でカウンターが・・・・・動かない。男性がガッツポーズをしたのですが、速報時点のTESでは絶対に1位になれずヒエヒエになる恐れがありました。リプレイの間にレベル1と判定されて、SP1位になることができました。デススパイラルをしているときは、きちんとお尻を膝より下に持っていきましょう!

メインイベントペアで、ヴァネシプまさかの3位スタートとなりました。PCSが高いですし、十分逆転範囲内ですが、ボイコズは130点を出す力がありますし、ノーミスなら総合200点は確実に超えてきます。SPを超えるまさかがあるかもしれません。そしてリョムキムは北朝鮮のスケート史に新たな1ページを刻むかも。

ボイコズは2位以内でGPF確定、ヴァネシプは4位以内でGPF確定です。よほどの低スコアでない限り、5位でもいけると思います。ボイコズが3位以下に落ちると、現在ポイント5位のパブホディがGPF濃厚です。

お昼寝チャージで眠気は余裕ですが気温0℃て。お風呂入りながらストリーミング観戦してブログ書きたい。
2018
10.27

スケートカナダ 1日目 ペアSP

めちゃおはよう。

ペアSP
1 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES(フランス)74.51
2 Cheng PENG / Yang JIN(中国)72.00
3 Kirsten MOORE-TOWERS / Michael MARINARO(カナダ)71.26
4 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)64.57
5 Ekaterina ALEXANDROVSKAYA / Harley WINDSOR(オーストラリア)60.77
6 Evelyn WALSH / Trennt MICHAUD(カナダ)59.59
7 Camille RUEST / Andrew WOLFE(カナダ)57.53
8 Haven DENNEY / Brandon FRAZIER(アメリカ)55.31

ウォルミショ
3Tw 3T 3LoTh
今週はソロジャンプの得意な2人がきれいに決めてくれました。スピードに乗ってクリーンに成功させました。リフトがスッと上がったので今日はいいのかな?と思いましたらポジションチェンジと下ろす時に詰まりました。最後は小さなダンスリフトを入れて終えるのですが、このダンスリフトでも少し詰まるので入れない方がいい気もします。

ルエウル
3Tw 3T shaky 3LoTh knee
ツイストはカナダ仕込みの低空。スローループの失敗の表記の仕方が不明なのでkneeにしました。文字通り膝付いて着氷しました。あれ?振付?と一瞬錯覚させられました。スピンは回転のタイミングが合っていました。男性のスケーティングスキルが高く、フットワークが気持ちよかったです。素晴らしいものを持っていながら能力を発揮できていない。もどかしい。

ボイコズ
3S shaky 3Tw 3STh
3Sで男性が堪えました。ボイコズは着氷する時間をしっかり確保しているのでシェイキーになっても全然大丈夫。ツイストではカナダとの格の違いを見せました。カナダはどこかにツイスト合宿に行ってください。スローは余裕です。

デニフレ
3Tw 3S fall 3LoTh fall
ツイストは高さがありました。ソロジャンプはともかく、スローはきっちり決めるペアでしたのに、今シーズンは決まらなくなってきました。女性のエッジがフラット気味なのと、パワーが定まっておらず、常にフニャフニャとした動きになるので、力強いボーカルを表現しきれていません。

モーマリ
3Tw 3T 3LoTh
ツイストはワーオな低さ。3Tでは男性が堪えました。スローループはその投げ方とポジションでよく降りられるなという、女性の着氷力の高さを感じずにはいられない質でした。ズレペア連発のソロスピンは、入りですさまじい回転速度でズレました。足換えで上手く揃えられたのでよかったです。決まれば+3、4と評価を伸ばせるエレメンツだと思います。う~~~んスコアいいねえ、スケカナだなあ。

ペンジン
3T 3Tw 3LoTh
演技前に衣装の一部かストーンか何かが落ちていたので、女性が衣装の中に放り込みました。レフェリーのところに持って行くのが面倒なのね。課題の3T決めました。ツイストは無難に入っています。昨シーズンに比べるとスケールは小さいかな?ソロスピンは中国ペアとは思えないほど揃っていました。距離が少しあったのと、男性がトラベリングしましたけど、もっと高いGOEを望めると思います。女性の衣装の模様が、外国のDQNが両胸にタトゥー入れがちなノーティカルスターみたいでした。

アレウィン
3Tw 2T 3FTh
ソロジャンプは2Tになりました。ミスが多く上手くいったとは言えない演技。この男性の上体の動きのたどたどしさの既視感の正体・・・あっ、ウラジミール・モロゾフだ!同じコーチだったからなあ・・・そうか・・・厳しいなあ。

ヴァネシプ
3Tw 3T shaky 3FTh shaky
3Tはタイミングがズレ、女性の着氷が少し乱れました。それでも最終GOEでマイナスはされません。スロージャンプも同様です。ついにヴァネシプがネームバリュー加点を受けるクラスのペアになりました。初期の頃では考えられなかった状況。プログラムはこれから滑り込むとして、衣装!!!ヴァネッサが珍しく赤い衣装を着ました。キスクラでアップになったのですが、胸元キラキラなんです。七色にきれいに反射しているんです。いいわーーーこれ。天使と悪魔の衣装以来の当たりですわ。シプレの腕に五輪のタトゥーが増えたようだ。

ヴァネシプは取りこぼしがありますし、ジャンプのGOEももっともらえるはずです。さらにPCSも9点ぐらいまで出るでしょうから、まだまだ点数を伸ばす余地があります。
back-to-top