FC2ブログ
2012
06.02

クローン&ソレンセン解散

Vanessa and Nikolaj have confirmed their split recent split. We wish them all the best in whatever their futures hold!!

More information will be given about Vanessa by next week!

はやっ。

新プロ発表したのにはやっ。

結成発表1ヶ月足らずで・・・・はやっ。

残念とかその前にはやっ。
Comment:0
2012
05.08

新カップル結成、クローン&ソレンセン

2011年の世界選手権後、ポール・ポーリエとのパートナーを解消していたヴァネッサ・クローンに新しいパートナーが見つかりました。相手はデンマーク代表として世界選手権やヨーロッパ選手権にも出場していたニコライ・ソレンセン。略称はクロソレで決定でしょうな。

ちなみにヴァネッサのFacebookで発表されていました。

Vanessa new partner is Nikolaj Sorensen. Its official and they have just recently finished their first free dance and onto their short dance!! They will be competing at Lake Placid!! Come out and watch their debut.

すでにプログラムの振付はしていて、レイクプラシッドの大会に出るそうです。北米ゾーンで新結成の組はみーーーんなこのレイクプラシッドの大会に出るみたいですね。実に興味深い大会になりそうです。

拠点はカナダのモントリオール、コーチはソレンセンのコーチのマリー=フランス・デュブレイユ&パトリス・ローゾンです。代表国がどちらか定かではないのですが、カナダは上位勢の力がかなり固いので、僕としては男性がデンマーク出身ですし、そちらの代表を目指して欲しいです。いろんな国から選手が出たほうが楽しいですし。

ちなみにソレンセンはデンマーク人ですので、発音がかなり難しいっぽいですね。Wikiではニゴライ・サアアンスンになっています。でもソレンセンでいきます。

ヴァネッサは21歳、ソレンセンは23歳。160センチと185センチということでかなりの身長差になりそうです。一応デロションが21センチ、これでもかなり差があったので。ちなみにマリパトは20センチでした。コーチ自信が身長差のあるカップルなので大丈夫でしょう・・・ね。そうしましょう。前はヴァネッサが迫力ありすぎで年上だったので、今回のパートナーは男らしい感じなので、バランスは良くなると期待。
Comment:0
2011
06.08

クローン&ポーリエ解散

これぞ寝耳に水。

ヴァネッサ・クローンポール・ポーリエが解散を発表しました。

女性は自分のゴールに到達したために引退をするとのことです。
これだけの若さでの引退なので、残念な気持ちが大きいです。
スケートには関わっていくそうですが、コーチをしたり、大学に行くことも考えているそうですね。
彼女の人生に幸あれ。

ポールはアイスダンサーとしてスケートを続けていくそうです。これだけの逸材ですから、いいパートナーにめぐり合えるといいですね。彼のスケートとても好きなので。

彼らのプログラムで好きだったのは、シニアに上がったシーズンのFDでした。あれだけの若さでディープエッジでグングン進むスケーティングと爽やかな空気感が大好きでした。
今シーズンのFDもステキでしたけど、シーズン最後にいい形で締めくくれなかったのは残念でした。完成形が見たかったです。

実に残念。

*追記*
と、思ったら新しい情報が入ってきました。
ヴァネッサ・クローンも現役続行をして新しいパートナーを探すそうです。
こんなにいいパートナーだったのに、彼以上のパートナーがいるとも思えないのですが。
いい相手が見つかるといいですね。
Comment:0
2011
02.18

四大陸選手権 アイスダンスリザルト・・・

すごく後味の悪い終わり方に・・・

FD
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)103.02 PB
2 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)93.34 PB
3 Vanessa CRONE / Paul POIRIER(カナダ)90.17
4 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)85.69 PB
5 Madison CHOCK / Greg ZUERLEIN(アメリカ)85.30 PB
6 Xintong HUANG / Xun ZHENG(中国)77.36 PB
7 Xiaoyang YU / Chen WANG(中国)75.17 PB
8 Xueting GUAN / Meng WANG(中国)63.49
9 Danielle OBRIEN / Gregory MERRIMAN(オーストラリア)62.02 PB
10 Corenne BRUHNS / Benjamin WESTENBERGER(メキシコ)47.87 PB
11 Maria BOROUNOV / Evgeni BOROUNOV(オーストラリア)43.71 PB

リザルト
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)172.03 PB
2 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)155.38 PB
3 Vanessa CRONE / Paul POIRIER(カナダ)151.83
4 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)151.14 PB
5 Madison CHOCK / Greg ZUERLEIN(アメリカ)142.44 PB
6 Xintong HUANG / Xun ZHENG(中国)130.29 PB
7 Xiaoyang YU / Chen WANG(中国)125.75 PB
8 Xueting GUAN / Meng WANG(中国)106.26
9 Danielle OBRIEN / Gregory MERRIMAN(オーストラリア)104.69 PB
10 Corenne BRUHNS / Benjamin WESTENBERGER(メキシコ)88.55 PB
11 Maria BOROUNOV / Evgeni BOROUNOV(オーストラリア)72.23 PB
WD Tessa VIRTUE / Scott MOIR(カナダ)

メリチャリが優勝、ステップはレベル3であとはレベル4でした。
シブタニズが2位、ダイアゴアルレベル3以外は全てレベル4
クロポーはサーペンタインがレベル2になった以外はレベル4
ウィバポジェはサーキュラーが3でしたが、スピンがノーカウント、リフトでバランスを崩してマイナスがついています。シーズンベストですが僅差でメダルを逃すことになりました。しかし、コンポーネンツが競っているので、ワールドでの演技が楽しみです。

そんなことよりもテサモエです。
リフトのあと、テッサが演技をやめて、スコットがレフェリーに棄権を伝えに行ったそうです。
何が原因なのかさっぱり分からないのが怖い。続報を待つ。

追記
ツイッターなどに書いてあったことと、コメントで教えていただいたことを。
四大陸の日本語のツイッターには
「テッサの足はまだ万全ではないとのこと。今回の大会では世界選手権に向けて、SD,FDを試してみたかった。SDはとてもうまくいったけれど、今回のFDはとても難しいものなのでまだ無理だったよう。」と書いてありました。

とても心配ではありますが、彼らのワールドでの復活を待っています。
Comment:3
2011
01.24

カナダ選手権 3日目wwwww

まずはダンスからー

アイスダンスリザルト
1 Vanessa Crone / Paul Poirier CO 164.21
2 Kaitlyn Weaver / Andrew Poje NO 163.18
3 Alexandra Paul / Mitchell Islam CO 153.90
4 Kharis Ralph / Asher Hill CO 57.27 143.57
5 Tarrah Harvey / Keith Gagnon BC/YT 135.95
6 Sarah Arnold / Justin Trojek WO 125.72
7 Alexa-Marie Arrotta / Martin Nickel MB 108.93
8 Audrey Dupont / Marcus Connolly QC 108.66
9 Helene Letourneau / Kevin Boczar EO 100.91
10 Anne Chloe Bissonnette / Dylan Lockey Chatha QC 83.80

クロポーが前評判どおりの優勝となったのですが、プロトコルを見ると少し意外でした。テクニカルはウィバポジェの方が上なんですよね。しかもウィバポジェはダイアゴナルでレベル4とってます。国内大会とはいえレベル4を獲れる力がついてきたってことは頼もしい限りです。結局はプレゼンテーションの差で負けてしまってはいますが、これはもうしょうがないかなと思います。テサモエが四大陸から戻ってきたい、という発言をしていますか本当にそれができるかわかりません。同世代の2組にもがんばってほしいです。カナディアンは美男美女ぞろいでホントいいですよね。この2組とテサモエがソチまで、またはその後まで続けたら、さらにステキなカップルになっていくんだろうなって思います。特にウィバポジェが。
ポルイスは取りこぼしのない演技で3位、ステップは両方3ですがこれはしょうがないでしょう。ラルヒルも両方3でツイズルも3でした。カナダは有望なカップルが多くてうらやましい限りです。
テサモエがいなくてもカナダはものすごーくがんばったらワールドの3枠がとれそうですよね。

男子リザルト
1 Patrick Chan CO 285.85
2 Shawn Sawyer QC 229.09
3 Joey Russell NL 204.02
4 Kevin Reynolds BC/YT 191.85
5 Elladj Baldé QC 190.16
6 Liam Firus BC/YT 185.40
7 Ronald Lam BC/YT 174.69
8 Ian Martinez QC 169.38
9 Marc-André Craig QC 165.82
10 Maxime-Billy Fortin QC 163.77
11 Dave Ferland QC 162.18
12 Samuel Morais QC 160.58
13 Andrei Rogozine CO 148.93
14 Raphael Yacobi-Harris CO 138.92
15 Patrick Myzyk CO 138.68
16 Charles Dion QC 132.55

順当にPちゃんが優勝、ショーンが2位、ラッセルくんが3位、チャッキー4位・・・・・ハァ
Pちゃんのスコアびっくりしました。LPの得点、197.07て。チャッキーの合計スコアより高いやないの。テクニカルは103点てこりゃまたビックリでした。クワド2本、1本は4-3で3Lz+3Sのシークエンスも入って、コンボも3つきちんと入って、2クワド7トリプルのぶっとび構成。しかもノーミス。そりゃ点数出ますがな。こんなもんね、国際大会でも184点やら5点ぐらいぱぱっと出てしまいますよ。これぐらいの点数になってくると、もはや清清しい。ジャッジの中で8点台は1個だけで、あとは9点台か10点しかないコンポーネンツも清清しい。Pちゃん史上最高の演技だったのでしょう。ぜひ、これを国際大会でやろう!アジア苦手みたいだけどね!
ショーンのトリプルアクセルに・・・・・・マイナスがついてないぜえええええええ。ついにここまで進化しましたか。GOEでマイナスを受けたのは3Fがアンダーローテーションになったところぐらいで、6種8トリプルをほぼミスなく滑りきったようです。スピンは全てレベル4で150点超え!ワールドに派遣は決定的でしょうから、演技を楽しみにしております。おめでとう!
ラッセルくんも6種8トリプルの構成ですが、ミスがボロボロと出ていますね。しかしLPでもチャッキーより上で逃げ切りました。チャッキーはクリーンに入ったトリプルが5つだけで、クワドは抜けと転倒、コレオステップで躓いたのか分かりませんが、こちらでもマイナスを受けています。昨シーズンよりはマシですけど、6点台前半しかもらえないんですね。そりゃ演技はボロボロだったみたいですけど、どうしてこんなに好かれないんだろうねぇ。やっぱカナディアンでスケーティング厨なの?ここでシーズン終わり?

というわけでカナディアンおしまいでーす。また映像が上がったら感想など書きたいと思います。
選手のみなさんお疲れ様でした。

みなさーん気を抜いてはいかんぞ。
今日からヨーロピアン始まるでー!
今日はダンスの予選、深夜に男子の予選あるでー!
気をつけてやー!
Comment:4
back-to-top