FC2ブログ
2016
07.23

新プロ情報6

前の新プロエントリーのときに「今年の発表全体的におっそいなあ・・・」と思っていたら、その日から次々と発表され始めたの巻。

ミライ・ナガス
SP:ノクターン

みんな大好きショパンのノクターン。遺作の方ですね。パントンやファヌフのプログラムのいいイメージがあります。大人のミライが見られるのではないでしょうか。期待値上げまくっとこ。

アダム・リッポン
SP:Let Me Think About It
LP:Bloodstream

SPはすでに披露されたものを見ましたが、いかにもバトル振付というキメキメプログラムでした。昨シーズンのLPもバトル振付で、そのときは振付をずいぶんとりっぽんぽん寄せに変えてしまっていました。バトル風味を残しつつ、彼のよさも出せればと思います。LPの曲はピアノレッスンみたいなやつでした。振付は昨シーズンのエキシビションのOと同じベンジー・シュウィマー。微妙な角度だったり雄大に体を動かしたり、踊るのが難しそうなプログラムです。ゆったりとした音楽なので、ただゆったりしたまま終わってしまうかもしれませんしね。表現も今まで以上に難解になりそう。フィギュアスケート外の振付師だと陸でやるので、ストロークだったり、エレメンツのミスによるタイミングの僅かなズレは考慮に入れられていないかもしれません。だから余計にね。


アンバー・グレン
SP:Send in the clowns
LP:ラプソディーインブルー

SPの振付はスコット・ブラウン。ローリーより前のゴールドや、ケイン夫妻のチームの振付をしています。LPの振付はアシュリー・ケインのお母さんです。今シーズンからはケイン夫妻のところで練習をします。今シーズンはフルで活躍して欲しいです。ネイサンと付き合っているというのも堂々と発表していました。KKZ界のリア充・・・。

グラント・ホックスタイン
SP:ラプソディーインブルー
LP:道化師

いやホックスタインさんよ。なぜラプソディーインブルーをボストンワールドの年に使いませんのや。去年はブログに選曲理由とか書いてくれてたけど、今年はなしでした。キャロラインとのラブチョイスではないのかな?今シーズンはキャロラインも復帰するので、2人で全米に出てきてください。

ヴィンセント・ゾウ
SP:Writing's on the Wall
LP:ジョニー・スタッカート

プログラムよりは置いておいて、タミーのところに戻ったという朗報ですよ!!!スケーティングを伸ばすにはタミーの方がいいと思うので戻ってくれてマジでよかった。うぇええええええええええい。これで懸念事項だったスケーティングスキルも一安心と。

ロレンツァ・アレッサンドリーニ&ピエール・スーケ
SD:Blues sang by Debbie Gravitte、 Swing played by Casey MacGill & the Spirits of Rhythm

曲名はよく分かりませんが、歌手名とリズムは出ました。テーマは「プロムデート」だそうです。アレッサンドリーニはプロムデートをしてみたかったらしいです。イタリアはプロム文化のない国なんですね、多分。25歳のプロムいいわ。高校生スーケ(本当は22だけど)にプロムに誘われた大学院生の年上彼女みたいでいいわ。僕もプロムデートしたいから壁の花として雇って欲しい。

シャフィク・ベセギエ
SP:It's a Man's World

ふわああああああああああああああああああああああああこれは一昨シーズンの流行曲。みんなこれ好きだねえ。

グレイシー・ゴールド
SP:Assasin's Tango
LP:ダフニスとクロエ

SPは心配しなくても確実に合います。でも2シーズン連続でタンゴでええのか?さて、ダフニスとクロエはどうなるでしょうか。バレエ曲好きだなあ。この選曲をしたので由希奈のプログラムを見てみたら、とてつもなく美しかった。よし、超えろ!

クリスティーナ・アスタホワ&アレクセイ・ロゴノフ
LP:The doll 2

タイトルだけ発表。人形の中から悪魔が顔を出すという記述もありました。昨シーズンのプログラムの発展系?

そしてシブタニズが今シーズンのプログラムをバトルに依頼したということで、エキシビションかもしれませんけど攻めていますね。チョクベイはディーンですし、アメリカ二傑がバチバチすると楽しい。

ロシア連盟のサイトにメドベのインタがあって、新プロ発表かと思ったのに、日本でのオタク活動報告でした。ロシアでも公になってしまうのか・・・。

ロシアのドーピング問題に端を発し、フィギュアスケート界ではロステレコム杯の開催への影響が懸念されております。9月に決まるようですが、代替開催をするのであればどこになるでしょうか。GPS昇格をしたいフィンランドが有力。同じ週にNRW杯をするドイツはない。イタリアは次の週にメラーノ杯をやるので手が回らないか。出場人数が世界選手権よりも多いアイスチャレンジを開催するオーストリアもなくはない。ロシアでできるような体勢を作るのが1番ですけどね。国が絡んでいるということは自浄能力皆無ですから、なかなかね。
Comment:2
2014
04.25

ロレンツァ・アレッサンドリーニ&シモーネ・バトゥーリ 解散

https://www.facebook.com/lorenza.alessandrini/posts/10152008366551246

この何年かの間、フェイスブックは私を応援したり助けてくれる素晴らしい人たちと触れ合う機会を与えてくれたから、私はこの事をお知らせしなきゃいけないって思いました。残念ながことにシモーネと私はもう一緒に滑ることはありません。それはとても悲しい事で、たとえそれがアスリートが直面する問題や犠牲の一つだとしてもね。でも私のフィギュアスケートに対する情熱は失われていないです。

私はこれから高いレベルで競技を続けて行けるパートナーを探そうと思っています。私にピッタリの人を探すのは簡単な事じゃないけれど、私は自分ができる最高の事をしたいって思います。
それに加えて言いたいことがあります。それはスケートというのは私の人生の中で最も大事な物の一つで、競技を続けることができない可能性があったとしても、私がどれだけ幸運だったかということは忘れようがないです。私は自分の夢を追いかけるチャンスがあっただけではなく、神様や信念や運も味方してくれたのでしょう。
私には頼りにできる友達や、私をいつも大事にしくれて支えてくれる家族がいます。そして神様にはいつも感謝していて、私や周りの人たちに健康をもたらしてくれます。その大切な贈り物を人は当たり前のことだと思ってしまうものですね。

ある友達が私にこんなことを言いました。"人生は公平じゃないけど良いもんだ" 彼の言ったことは正しいです。私が競技を続けられるにせよ、しないにせよ、私は人生を情熱を持って楽しく過ごす数え切れない程の理由を持っています。今私に出来る事は前にある明るい未来を見据え、真摯になること。私を待っている素敵な冒険の旅を早く見つけたいです。


的な事をおっしゃっているロレンツァ・アレッサンドリーニさんでした。シモーネ・バトゥーリさんとのカップル解散は一月ほど前から噂になっていましたが、もう一緒に滑る事は無いそうです。2人ともパートナーを探すようで、バトゥーリさんのトライアウトの相手はやはりリャザノワだったようですね。これだけのフィギュアスケートへの愛と情熱を持っているアレッサンドリーニちゃんにも素敵なパートナーが見つかりますように。ジュニア最終年に滑ったタンゴのプログラムがとてもジュニアとは思えないほど成熟していて、イタリアの期待のカップルでした。今シーズンはFDで大変シリアスなミュンヘンオリンピックのテロ事件をテーマにした心を揺さぶるプログラムを選択し、見事に滑りきっていました。やっと成熟を見せてきたところで、彼らの演技をもう見られないのは大変残念に思います。イタリアらしい胸焼けするような濃さでありました。
Comment:0
2012
10.21

スケートアメリカ 2日目 アイスダンスSD

このスケートアメリカはタニスの大会。解説としても活躍。

アイスダンスSD
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)71.39
2 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)65.79
3 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)62.91
4 Lynn KRIENGKRAIRUT / Logan GIULIETTI-SCHMITT(アメリカ)53.89 PB
5 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI(ドイツ)52.30
6 Lorenza ALESSANDRINI / Simone VATURI(イタリア)50.36
7 Anastasia CANNUSCIO / Colin MCMANUS(アメリカ)47.98

カヌーシオ&マクマナス
正統派クラシック。ヤンキーじゃないポルカ。これはこれで素敵でしたけど、ヤンキーポルカの早い動きにはあんまりあっていないような気がしました。最後のリフトは軽さがあってよかったです。

名前長い組
ドンブーから借りてきたような衣装。リフトは女性が後ろ蹴りでも食らわすんじゃないかっていうようなフリーレッグでした。でも美しかった。

アレバツ
メリー・ポピンズ今シーズンその1。楽しい曲なのでヤンキーポルカは合っていますね。ヤンキーポルカはステップ数が多いので、最初からちゃんと踏めているかとは見る気はないです!有名な曲ばかりなので、見ていてとても楽しくて乗れました。女性の衣装がえんじ色だったら、もうちょっとコスプレっぽくなったのになあ。

ジガガジ

衝撃


とてもコミカルなプログラムでした。途中でチューしたときにガジのほっぺたに口紅べっちょー。こういうプログラム滑るカップルいないとつまらない。レベルとれてないですねえ。

ボブソロ

バツイチ


パターン上手でした。スピードに乗っていて、ここまでのカップルとは明らかな力の差があります。タニスも「素晴らしいエクセキューション」とおっしゃっていました。昨シーズンのSDがあれだったので、今シーズンの良さが目立ちます。バツイチのソロビエフさん(23)。賞金で養育費稼ごうね!

ウィバポジェ
サウンド・オブ・ミュージックから有名な曲をかたっぱしから。転調が4回ぐらいあったので、さすがにこれはやりすぎ。2曲ぐらいでいいです。少なくとも最初のエーデルワイスはいらないです。そうだ京都へ行こうの曲と、ドレミの歌でいい。パターンはボブソロの方が良いと思いますが、全体的なインパクトとしてはこちらなんでしょうね。

メリチャリ
このプログラムは・・・・・まるで・・・・・日本の観客に手拍子させるために作ったようなプログラムですね。NHK杯と四大陸と国別と3度も手拍子からのスタンディングオベーションを見ることになるんですね。確定事項ですから。しないわけないですからね?メリルも娘衣装、とっても似合っています。ついでにチャーリーも似合っていました。滑っている2人が楽しそうなので、こちらも見ていて楽しい。貫禄ありましたね。
彼氏の解説するタニス。

ルンバよりはヤンキーポルカの方が明らかにプログラムを作りやすくて、雰囲気を壊さないですね。ルンバのことはもう忘れた。ケイ虎ンとメリルの髪ファッサーとペシャブルとトカチェンコさんの胸のほくろとスコットの転倒以外は忘れた。

もう10.00とは、いやはや。
Comment:0
2012
10.07

オンドレイ・ネペラ杯 3日目 アイスダンスリザルト・男子リザルト

おんどりゃあああああああああああああ

アイスダンスFD
1 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)97.61
2 Lorenza ALESSANDRINI / Simone VATURI(イタリア)78.04
3 Charlotte AIKEN / Joshua WHIDBOURNE(イギリス)70.81
4 Danielle O'BRIEN / Gregory MERRIMAN(オーストラリア)67.14
5 Federica TESTA / Lukas CSÖLLEY(スロバキア)65.39
6 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN(チェコ)62.40
7 Zsuzsanna NAGY / Mate FEJES(ハンガリー)62.06
8 Sophie JONES / Jordan BROWN(イギリス)54.67
9 Nadezhda FROLENKOVA / Vitali NIKIFOROV(ウクライナ)52.95
10 Alexandra ZVORIGINA / Maciej BERNADOWSKI(ポーランド)52.80
11 Gabriela KUBOVA / Dmitry KISELEV(チェコ)50.92
12 Angelina TELEGINA / Otar JAPARIDZE(グルジア)50.67

アイスダンスリザルト
1 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)161.38
2 Lorenza ALESSANDRINI / Simone VATURI(イタリア)126.87
3 Charlotte AIKEN / Joshua WHIDBOURNE(イギリス)118.50
4 Danielle O'BRIEN / Gregory MERRIMAN(オーストラリア)111.25
5 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN(チェコ)109.34
6 Federica TESTA / Lukas CSÖLLEY(スロバキア)107.24
7 Zsuzsanna NAGY / Mate FEJES(ハンガリー)106.27
8 Gabriela KUBOVA / Dmitry KISELEV(チェコ)93.85
9 Angelina TELEGINA / Otar JAPARIDZE(グルジア)92.87
10 Alexandra ZVORIGINA / Maciej BERNADOWSKI(ポーランド)92.04
11 Nadezhda FROLENKOVA / Vitali NIKIFOROV(ウクライナ)91.63
12 Sophie JONES / Jordan BROWN(イギリス)85.40
WD Emanuela PORTER / Bruce PORTER(アゼルバイジャン)

ウィバポジェの圧勝。プログラムは不思議なコンテンポラリー。ケイトリンの衣装が非常にけしからん体のラインが浮き上がりまくっているものでした。新路線いいよいいよ。パッと見ただけだったので、また今度じっくり見てみることにします。

アレバツはアーティスト。もうこの音楽が流れてくるだけで「またかあああああああああああああああああい」ってなります。今シーズン、この時点でもう一体何人滑ってんですか。うんざりはしているもののプログラムは良かったんですよねー。これだけ滑られると、映画見ざるを得ません。どんなストーリーなのか把握しておく必要がありますゆえ。

イギリスの組が3位。全然知らない組だったので驚きです。雨を唄えばで、雨の色の衣装を着るという考えつかなかった発想。後半はちんとんしゃんの雨に唄えばに負けず劣らずのビートを響かせていました。

男子LP
1 Tatsuki MACHIDA(日本)149.76
2 Kevin REYNOLDS(カナダ)139.72
3 Daisuke MURAKAMI(日本)137.87
4 Tomas VERNER(チェコ)123.68
5 Artem BORODULIN(ロシア)122.04
6 Pavel KASKA(チェコ)116.04
7 Zoltan KELEMEN(ルーマニア)108.08
8 Stephane WALKER(スイス)102.98
9 Dmitriy IGNATENKO(ウクライナ)100.04
10 Harry MATTICK(イギリス)99.19
11 Justus STRID(デンマーク)97.53
12 Vitaly LUCHANOK(ベラルーシ)92.89
13 Kamil BIALAS(ポーランド)92.60
14 David RICHARDSON(イギリス)92.60
15 Maverick EGUIA(フィリピン)86.91
16 Mark WEBSTER(オーストラリア)86.04
17 Marco KLEPOCH(スロバキア)63.12

男子リザルト
1 Tatsuki MACHIDA(日本)227.58
2 Daisuke MURAKAMI(日本)206.99
3 Tomas VERNER(チェコ)194.91
4 Kevin REYNOLDS(カナダ)192.12
5 Artem BORODULIN(ロシア)180.17
6 Pavel KASKA(チェコ)174.89
7 Zoltan KELEMEN(ルーマニア)158.19
8 Stephane WALKER(スイス)148.94
9 Justus STRID(デンマーク)147.88
10 Harry MATTICK(イギリス)142.94
11 Kamil BIALAS(ポーランド)141.68
12 Dmitriy IGNATENKO(ウクライナ)136.91
13 Maverick EGUIA(フィリピン)135.05
14 Vitaly LUCHANOK(ベラルーシ)134.90
15 David RICHARDSON(イギリス)131.17
16 Mark WEBSTER(オーストラリア)127.32
17 Marco KLEPOCH(スロバキア)93.56

優勝はまっちーでした。序盤は良い調子で3A、4Tと成功していったのですが中盤2つの転倒がありました。それでもそれ以外のエレメンツは良かった。腕の使い方が素晴らしい。ランビ仕込みの体の使い方もこのプログラムで生きていると思います。衣装のセンスも素晴らしい。派手派手しくしすぎてないですし。SPもいいしLPもいいし、さらにエキシビションまでいいときたもんだ。今シーズンは彼史上最高です。

村デーは4Sを成功。彼も前半は良かったのですが後半はジャンプのミスが立て続けに出ました。彼はプログラムの印象が残らない選手でしたが、このプログラムは良いと思います。ミッションは音楽が良いので、その助けも受けられますしね。寝巻きみたいな衣装は気になりました。

トラはほとんどのジャンプをミスしてTESが52点。あきまへん。プログラムは昨シーズンの物を元に曲の構成を変えているのですが、正直微妙すぎます。バラバラすぎて違和感を覚えずにはいられない。ジャンプを失敗しても滑りだけは張り付くように美しいので、なんかもう・・・・・ね。つくづく惜しいなと思います。

チャッキーいつの間にか22歳になっていたでござる。ミヤケン振り付けのプログラム、これどこかで聞いたことあると思ったらレイチェルも使っていましたよね。顔似ているから曲も同じなんですねきっと。3クワドですが、4Tは両方回転不足。なぜ4S2本にしないのか分かりません。

たぶん今日はこれで終わりです。たぶん。ちなみにこんな感じで見てました。

これは戦争なんやで



だから感想がうわーーーーってなっているんです。
Comment:0
2012
10.06

オンドレイ・ネペラ杯 2日目 アイスダンスSD・ペアリザルト・女子リザルト

なぜか文字化けしてリザルト見られないから、プロトコルから移すめんどくさいお仕事を・・・。

アイスダンスSD
1 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE(カナダ)63.77
2 Lorenza ALESSANDRINI / Simone VATURI(イタリア)48.83
3 Charlotte AIKEN / Joshua WHIDBOURNE(イギリス)47.69
4 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN(チェコ)46.94
5 Zsuzsanna NAGY / Mate FEJES(ハンガリー)44.21
6 Danielle O'BRIEN / Gregory MERRIMAN(オーストラリア)44.11
7 Gabriela KUBOVA / Dmitry KISELEV(チェコ)42.93
8 Angelina TELEGINA / Otar JAPARIDZE(グルジア)42.20
9 Federica TESTA / Lukas CSÖLLEY(スロバキア)41.85
10 Alexandra ZVORIGINA / Maciej BERNADOWSKI(ポーランド)39.24
11 Nadezhda FROLENKOVA / Vitali NIKIFOROV(ウクライナ)38.68
12 Sophie JONES / Jordan BROWN(イギリス)30.73

これをちょっとだけ見てから寝たんですよ。今日はもうぶちぶち切れまくりで、明日は見られそうな気がしませんよストリーミング。

1位はぶっちぎりでウィバポジェ。サウンドオブミュージックですね。カナダがジュリー・アンドリュースで揃えてきた。ケイトリンがマリアみたいな水色のドレスで可憐でした。演技は覚えてないよ!

あと見たのはテレジナちゃんとオタルですけど、衣装はスイスな感じで可愛らしかった。そしてオタルは相変わらず男前であった。そこは変わらない。技術的にも・・・・・まあそんなに変わってない。全体動画があがってからじっくり見るとオタル。

北米勢がカップル変更が上手く行っているのに対して、ヨーロッパはしっくりきていないです。るち江ちゃんはノヴァクの方が良かったし、テスタはミオール、ショレイはヴィスノヴァの方が良かった。個人のお話なので言っても仕方ないことではあるんですけど。うーーーーーーん。ヨーロッパのカップルかなり覚えてきたんですけど、くるうううううううううううううううううって感じでは無いのが現状。

ペアLP
1 Anastasia MARTYUSHEVA / Alexey ROGONOV(ロシア)97.30
2 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK(イタリア)87.84
3 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)77.86

ペアリザルト
1 Anastasia MARTYUSHEVA / Alexey ROGONOV(ロシア)142.86
2 Stefania BERTON / Ondrej HOTAREK(イタリア)137.12
3 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)117.14

やばい。予想よりかなり低い争い。

マルロゴが優勝ですがソロジャンプの成功率がネックですよね。彼らの素晴らしいリフトはおおむね高評価ですがレベルはとれていません。

ベルホタはジャンプ、ツイストが全滅で最後のリフトでもマイナスをもらっています。ホタレックが不貞腐れてしまった模様。あんな気のいいチェコ人が不貞腐れるとは相当なショックだったのでしょう。この大会で良かったですよ。うんうん。

女子LP
1 Jenna MCCORKELL(イギリス)91.97
2 Eliska BREZINOVA(チェコ)89.98
3 Monika SIMANCIKOVA(スロバキア)87.67
4 Alexandra KUNOVA(スロバキア)79.58
5 Myriam LEUENBERGER(スイス)77.74
6 Roberta RODEGHIERO(イタリア)73.10
7 Yuki NISHINO(日本)71.93
8 Dasa GRM(スロベニア)71.66
9 Nicole GRAF(スイス)70.76
10 Nika CERIC(スロベニア)70.30
11 Francesca RIO(イタリア)69.98
12 Kerstin FRANK(オーストリア)69.02
13 Laura RASZYKOVA(チェコ)68.90
14 Kaat VAN DAELE(ベルギー)66.82
15 Karly ROBERTSON(イギリス)66.75
16 Marina SEEH(セルビア)65.80
17 Nicole RAJICOVA(スロバキア)62.92
18 Reyna HAMUI(メキシコ)62.82
19 Mirna LIBRIC(クロアチア)62.15
20 Mary RO REYES(メキシコ)61.68
21 Katherine DANO(フィリピン)56.07
22 Aneta MICHALEK(ポーランド)55.91
23 Erika VITEKOVA(スロバキア)51.83
24 Nastasiya LOBACHEVSKAYA(チェコ)50.55
25 Christina GRILL(オーストリア)43.64

女子リザルト
1 Jenna MCCORKELL(イギリス)144.10
2 Monika SIMANCIKOVA(スロバキア)134.62
3 Eliska BREZINOVA(チェコ)129.98
4 Myriam LEUENBERGER(スイス)123.81
5 Alexandra KUNOVA(スロバキア)119.84
6 Roberta RODEGHIERO(イタリア)118.51
7 Yuki NISHINO(日本)117.91
8 Nika CERIC(スロベニア)111.29
9 Dasa GRM(スロベニア)109.10
10 Kerstin FRANK(オーストリア)108.10
11 Francesca RIO(イタリア)107.70
12 Nicole GRAF(スイス)107.14
13 Kaat VAN DAELE(ベルギー)106.80
14 Laura RASZYKOVA(チェコ)106.48
15 Reyna HAMUI(メキシコ)104.11
16 Karly ROBERTSON(イギリス)103.95
17 Marina SEEH(セルビア)101.82
18 Mirna LIBRIC(クロアチア)101.74
19 Nicole RAJICOVA(スロバキア)100.15
20 Mary RO REYES(メキシコ)94.58
21 Aneta MICHALEK(ポーランド)85.33
22 Nastasiya LOBACHEVSKAYA(チェコ)83.07
23 Erika VITEKOVA(スロバキア)81.66
24 Katherine DANO(フィリピン)78.58
25 Christina GRILL(オーストリア)72.29
WD Isabelle PIEMAN(ベルギー)

マッコーケルが優勝。前半はミスが多かったですが後半は立て直しました。昨シーズンと同じ、花はどこへ行った。素敵な衣装ですよねホント。

シマンチコワが2位、ミハル妹エリスカが9位2位で3位まで順位を上げました。

西野は成功したジャンプが2Aしかありませんでした。体のサイズ感もかなり増していたので、ジャンプが入れられないのは仕方無いのかなあと思います。絞れればいいんでしょうけど、この年齢なかなかそれが出来ないですよね。男だったらバッと出来ますけど、女の子は大変です。

試合の後にペアと女子の表彰式があったのですが、ペアではロシア国歌が流れたのですが、まさかの3番まで流れるという。どうしてショートバージョン用意してなかったんだ。国歌斉唱なのに選手しゃべり出してましたよ。

ということで2日目おしまいです。1日で5つも書くとは。いやはや。
Comment:0
back-to-top