FC2ブログ
2018
10.22

スケートアメリカ 3日目 女子リザルト

女子LP
1 Satoko MIYAHARA(日本)145.85
2 Kaori SAKAMOTO(日本)142.61
3 Sofia SAMODUROVA(ロシア)134.29
4 Bradie TENNELL(アメリカ)131.17
5 Laurine LECAVELIER(フランス)112.84
6 Megan WESSENBERG(アメリカ)110.13
7 Alaine CHARTRAND(カナダ)108.50
8 Polina TSURSKAYA(ロシア)101.03
9 Marin HONDA(日本)95.30
10 Starr ANDREWS(アメリカ)94.53

女子リザルト
1 Satoko MIYAHARA(日本)219.71
2 Kaori SAKAMOTO(日本)213.90
3 Sofia SAMODUROVA(ロシア)198.70
4 Bradie TENNELL(アメリカ)192.89
5 Laurine LECAVELIER(フランス)172.41
6 Megan WESSENBERG(アメリカ)170.33
7 Polina TSURSKAYA(ロシア)159.45
8 Marin HONDA(日本)158.04
9 Alaine CHARTRAND(カナダ)155.49
10 Starr ANDREWS(アメリカ)150.56

ルーナ・ヘンドリックスは病気を理由に棄権しました。次の大会までに体調を整えて戻ってきてください。お大事に。

試合を始めるまでにチンタラチンタラしていたのは、ルナヘンの分の時間を遅らせてアメリカの選手を予定通りに放送するためですね。さすがアメリカ。よっ、エンターテイメントの国!

シャルトラン
3Lz-3T 3F 2A 3Lo 2A-1Eu-3S 3Lz shaky 3S-2T
久しぶりに彼女のいい演技を観ました。3Tや後半の3Lzなど、回転不足のジャンプがあり、速報からTESが10点下がりましたが、それでもこれだけ降りられると自信に繋がるでしょう。彼女の悪いジャンプは助走が死んで、高さも幅も出ない出ずに転倒してしまうんです。それが今日は助走を活きていましたね。転倒がないというだけで、サンセット大通りの旋律が何倍にも美しく聞こえます。コレオシークエンス素敵。

ツルスカヤ
3Lz-2T 2F 2A 2A-3T 2Lz 3Lo so 3S
トライポフォビア(集合体恐怖症)の人がゾクゾクする衣装です。腋がヤバい。右手上げた時が一番怖い。今まで簡単にできていたことができなくなてしまうのは辛いでしょうね。

ザボジン40歳近くなのに10年ぐらい顔変わらんなあと思って調べたらまだ33歳でした。若いのに、モスクワワールドの頃にスーーーっといなくなったんでした。

アンドリューズ
1Lz 2A 3S shaky 2A-3T 3F shaky 3Lo-2T-2T 3Lo ot
加点の得られるジャンプだけでなく、ミスが続いてしまったので、スピンステップに気を配る余裕がなくなってように見えました。3Fの前に足を引っ掛けて転倒してしまった辺りからは、特に焦りが見えました。涙が出ちゃう、だって17歳だもの。

ルカヴァリエ
2A 3F 3T-3T shaky 2A-1Eu-3S shaky 3Lz 3Lz-2T shaky 3Lo
予定構成は冒頭に2A-3Tで、2本目の3Tが単独ジャンプを予定していました。あとは予定通りに入ったのですが、体力面を考慮すると冒頭を3連にした方がいいですし、3Lzもコンビネーションが先の方がいい。でもこの構成。よほど降りられる自信があるのでしょうね。酸いも甘いも噛み分けた大人の女性を表現するには、単独ジャンプで「あら、坊や」という風に余裕を見せるのも大事なのでしょう。昨日と同じく3Tが回転不足で、TESは少し下がりましたが、スコアに対しては笑顔でした。

テネル
2A 3Lz-3Lo 3F 2A 3Lz-3T-2T tano 3F-2T tano 3S shaky
雰囲気は全米選手権。この演技だと連覇できそうですね。荘厳な序章、恋悩む第2章、そして悲劇的な幕章と、演じ分け方・緩急が一層明確になりました。別々の曲をツギハギにする意味はないけれど、テネルが見事にねじ伏せてくれました。セカンドトリプルの回転不足があるので、速報からTESが8点下がりました。アメリカの大会との相性がいいのかも。四大陸はアメリカ開催だから日本勢とバチバチですね!

ウェッセンバーグ
2Lz tano 3F 3S-2T 2A-3T 3T-2T 3S shaky 2A so
緩急は少し無視して、助走からダイナミックにジャンプを降りました。基礎点は高くありませんが、自分の降りられるもので構成してGOEで稼ぐというのも戦い方です。今回はさすがにトランジションがガッツリ下げられています。

真凜
3Lz-3T fall 3F so 3S so 1A 1A-3T 2Lo 3F-2T-2T
成功したジャンプが1本もありません。厳しい内容でした。彼女の3Lzはエッジがクリーンなのですが、あまり得意とも言えないので、SPと同じように3Loに付ければいいと思うのですがが。ジャンプの回転不足はとても多かったです。ジャンプを失敗しても表現や滑りを投げないところはよかったです。ボーカル曲だけで通す難しいプログラムなのに、もっさりしていないですしね。

坂本
3F-3T 2A 3Lz 3S 2A-3T-2T tano 3F-2T 3Lo
試合出場しまくりんぐの効果がLPでも発揮されました。3Lzが少し詰まったぐらいで、残りはいつもの彼女のジャンプでした。特に僕の大好物の3Loは、SPよりもさらに軽くてナチュラルに跳んでいました。現役女子で一番上手いです。クリーンな3Lz降りれば旧パーソナルベストも余裕で超えられるスコアです。手の動きもかなりよくなってきました。彼女の手の動きは肩から後ろ側が弱く、ブラブラとしてしまうので、そこを改善するとさらに演技が垢抜けると思います。まだまだ点数伸びますから!

宮原
3S 3Lz-3T 3Lo 3Lz 2A-3T 3F-2T-2Lo 2A
最近苦手だと気付いた3Sなんとか着氷しました。3Lz-3Tはジャンプ見直し本舗の効果が抜群に出ていますね。セカンドジャンプの方が高いので、見栄えがグッとよくなりました。2本目の3Lzはボーナス対象でもないのに後ろの方に入れています。曲の位置的に、単独の3Lzをバシュッ!と決めると演技が引き締まるんです。だからこれは大正解。彼女は小柄ですし、体も細いので、タンゴとは対極にある存在ですが、強い大人の女性像を見せてくれました。このまま坂本がもっていくかと思いましたが強かった。

サモドゥロワ
3F tano-3T tano 3Lz tano 3Lo tano 3S tano 2A-3T tano 3F tano 2A-2T-2Lo
坂本と宮原の後というものごーーーーーく滑り辛い滑走順でしたが、ノーミスのクリーンプログラムです。この滑走順は比較されてしまうというデメリットがある半面、テンポよくハイスコアが出たので、そのリズムでヒョイヒョイッ!とハイスコアになることもあります。彼女はそれに上手く乗れました。ミーシンチームはチョンマゲ好きなんですかね?リーザもチョンマゲしますよね。カール作っていい感じのチョンマゲですし、いつもよりメイクかわいいぞ。表情が明るくなって、バーレスクの世界観を効果的に表現できています。リンクサイドに戻ってきたときに、迎えるミーシンが嬉しそうなこと。孫の運動会にきたおじいちゃん状態。ハイスコアで場内が沸くも、テネルがメダルを逃して、若干空気が冷えていました。KY上等。

優勝者インタビューに英語で答えた知子さん「SPよりめっちゃナーバスやったわ。これはええグランプリのスタートや。練習しなあかへんこともあるけどな。ここで滑るのほんまにエキサイトしたで。」

宮原と坂本は、メドザギがいない大会をきっちりと結果を残しGPF進出に繋げました。宮原は3F、坂本は3Lzにアテンションが付きました。これは宿題です。宮原は男子でも容赦なく回転不足を取るテクニカルパネルにジャンプを認定されました(男女シングルは3人中2人のテクニカルパネルが同じ)。これは今シーズンを戦うのにプラスになるのでは。真凜は冒頭の3Lz以外3回転ジャンプが全て回転不足でした。ううううう・・・。

kimigayodayonn.png

次週はスケートカナダ。がんばって早起きしましょう。
2018
10.21

スケートアメリカ 2日目 女子SP

串必須になったり不要になったり情緒不安定かよ。

女子SP
1 Satoko MIYAHARA(日本)73.86
2 Kaori SAKAMOTO(日本)71.29
3 Sofia SAMODUROVA(ロシア)64.41
4 Marin HONDA(日本)62.74
5 Bradie TENNELL(アメリカ)61.72
6 Megan WESSENBERG(アメリカ)60.20
7 Laurine LECAVELIER(フランス)59.57
8 Polina TSURSKAYA(ロシア)58.42
9 Starr ANDREWS(アメリカ)56.03
10 Loena HENDRICKX(ベルギー)54.13
11 Alaine CHARTRAND(カナダ)46.99

サモドゥロワ
3F tano-3T tano 3Lo tano 2A
点数を引くようなところはありません。クリーンプログラムでした。プラスのエレメンツばかりですが、+3以上となると難しいのかもしれないです。いい出来ではあったのですけどね。

ウェッセンバーグ
3Lz hd 3T-3T 2A
オラオラ漕ぎ漕ぎ漕ぎからのタノルッツドーンお手付き!オラオラ漕ぎ漕ぎ漕ぎからの3T-3T軸曲がっても知るかーいドーン!オラオラ漕ぎ漕ぎ漕ぎからのウォーレイ2Aドーン!漕ぎ漕ぎ漕ぎイーーグル!非常に分かりやすい演技でした。とにかくスピードを出しまくっていましたね。ここはアウトバーンかな?少々曲想に合わなかろうが、重視すべきはスピード!女は黙ってスピード!

シャルトラン
2A 2Lz 3Lo-2T shaky
2Aは着氷の際に手を前に伸ばしてオシャレな振付。3Lz-3Tの予定が2Lzでノーバリューに。後半に2Tを付けました。ステップシークエンスとレイバックスピンの間で、ステップを踏みながら一直線に滑ってくるオシャレなトランジションがありました。こういった小技が効かせられるようになったのに、ジャンプが上手く入らない。女子シングルは難しいものですね。

アンドリューズ
3T-3T 2A fall 3Lo
肌の色に合ったヌードピンク衣装。襦袢がナチュラルです。これは加点ですね。ボーナス2点プレゼントします。カウンターからの2Aはとても勢いがありましたが転倒となりました。レイバックスピンの出に振付を加えたり、アンニュイなステップシークエンスもよかったですし、あらゆるところにトランジションでの工夫や曲想表現を加えていました。見応えがありました。

ツルスカヤ
3Lz-3T 2A 3F df
ガリガリになるまで絞り上げています。絞るとジャンプは降りられるようになりますが、それは10代のうちだけです。諸刃の剣ですね。3Lz-3Tと2Aは素晴らしい飛距離と高さでした。ジュニア初期のようなジャンプですね。3Fはディレイがかかって両足着氷に。ジュニア初期のようだったのはステップシークエンスも同じです。あの頃のフラットエッジも戻ってきました。

ルカヴァリエ
3T-3T 3Lz tano 2A
3Lz-3Tと3Fではなく、3T-3Tと3Lzの構成にしました。セカンドジャンプが回転不足でした。単独ジャンプの前にステップを入れなくてもよくなったので、より確実な構成を組みやすくなりました。衣装の胸元で攻めていました。エジプトでそんな胸元の開け方していると、変な日焼け痕になりますよ。

真凜
3Lo-3T 2A 3F
2018年10月20日本田真凜がシニアのスケーターになりましたよ!少しスピンの回転速度が落ちてしまったところはあります。演技面では、よくスピードに乗り、でもそれが勢い任せではなくきちんとコントロールされていました。ジャンプの回転不足があり、速報からTESが5点下がりましたが、PCSは8点台に乗せられました。世界と戦うための基礎が固められつつあります。アメリカに行ったのは間違いではなかった。

ルナヘン
3Lz so 2A 3F so
大国の選手を食う力を持ちながらも、力を発揮しきれませんでした。ジャンプが2本ともステップアウトになりました。ステップアウトも兄貴と似ている気がします。ステップシークエンス、レイバックスピンなどGOEではかなりの高評価を得ています。ジャッジからの評価や期待はかなりのものだと思いますね。

テネル
3Lz-1Lo 2A 3F
禍々しい黒と青の衣装。ブノワ振付にしてはあまり奇をてらっていない感じです。LPに力を入れすぎたのかな。3Lz-3Loの抜けは痛いです。これだけで10点近く失います。テネルはジャンプの出来でパフォーマンスをググッと押し上げるタイプだと思うので、影響してしまいましたかね。PCSが真凜より少し低いです。全然地元点とか出さないのね。この公明正大さこそがオールドなアメリカの大会。

坂本
3F-3T 2A 3Lo
試合に出て、場数を踏んで、メンタル鍛えた結果・・・ノーミス!!!!!やっと本来のさかもっちゃんが出ましたね。特に3Loね。やっと世界最高の3Loが見られました。スパイラルからほとんど助走なく入るので、初見だと驚かされると思います。3Lo降りてからすぐに元の流れに戻り、ジャンプを1つのステップのように扱っています。さかもっちゃんはスケアメの女なのかも。ずっとスケアメに招待してもらいましょう。

宮原
3Lz-3T 2A 3F
今シーズンのルール改正で、僕が世界で最も影響を懸念していたのが彼女でした。それは杞憂でしたね。溜息が洩れるほど美しかった。3Fに向かうまでのトランジションの足を3回ほどチョンとする振付いいですね。そしてステップシークエンスですよ。まったく無駄な動きがありません。ループターンの処理美しい。エレメンツを連続ツイズルで幻想的にまとめ、アイコニックなレイバックスピンへ。このグレーとブルーの中間のようなドレスが揺らめく様子が、曇天の下、女性の心が揺れ動く様を表現しているようで、これもまたいいんですよ。衣装でも曲想を効果的に表現しています。今回の演技に関しては言うことないですね。圧倒的でした。このルールでも世界選手権の表彰台狙えます。強い選手はどんなルールでも強いんだな。

宮原の3Fにはアテンションが付きました。回転不足は取られておらず、オールレベル4でした。坂本の3Fにはeやアテンションマークなしです。真凜は3Tと3Fでアンダーローテーション評価でした。特に厳しいわけではなく、今回のジャンプでは仕方ないと思います。それよりもPCSで評価されたことを喜ぶべきです。ツルスカヤは3Tと3Fがアンダーローテーションでした。

宮原の演技は一見の価値ありです。やっとジャンプの回転不足と体力ばかりを気にせずに演技観られるようになりました。
2018
01.19

ヨーロッパ選手権 2日目 女子SP

女子SP
1 Q Alina ZAGITOVA(ロシア)80.27 PB
2 Q Evgenia MEDVEDEVA(ロシア)78.57
3 Q Carolina KOSTNER(イタリア)78.30 PB
4 Q Maria SOTSKOVA(ロシア)68.70
5 Q Nicole RAJICOVA(スロバキア)61.01 PB
6 Q Anita ÖSTLUND(スウェーデン)56.04 PB
7 Q Laurine LECAVELIER(フランス)55.36
8 Q Loena HENDRICKX(ベルギー)55.13
9 Q Alexia PAGANINI(スイス)54.95 PB
10 Q Mae Berenice MEITE(フランス)54.14
11 Q Emmi PELTONEN(フィンランド)52.68
12 Q Eliska BREZINOVA(チェコ)52.06 PB
13 Q Anna KHNYCHENKOVA(ウクライナ)51.84
14 Q Viveca LINDFORS(フィンランド)51.62
15 Q Ivett TOTH(ハンガリー)50.70
16 Q Lea Johanna DASTICH(ドイツ)49.89
17 Q Anne Line GJERSEM(ノルウェー)48.70
18 Q Nicole SCHOTT(ドイツ)48.37
19 Q Micol CRISTINI(イタリア)48.22
20 Q Dasa GRM(スロベニア)47.40
21 Q Elzbieta KROPA(リトアニア)46.06
22 Q Silvia HUGEC(スロバキア)45.98
23 Q Giada RUSSO(イタリア)45.81
24 Q Pernille SORENSEN(デンマーク)45.76 PB
25 Kristina SHKULETA-GROMOVA(エストニア)45.74
26 Kyarha VAN TIEL(オランダ)45.28
27 Natasha MCKAY(イギリス)45.12
28 Fruzsina MEDGYESI(ハンガリー)44.71
29 Julia SAUTER(ルーマニア)44.57
30 Natalie KLOTZ(オーストリア)43.53 PB
31 Matilda ALGOTSSON(スウェーデン)43.28
32 Sila SAYGI(トルコ)43.05
33 Valentina MATOS(スペイン)39.66
34 Elzbieta GABRYSZAK(ポーランド)38.00
35 Kim CHEREMSKY(アゼルバイジャン)37.61
36 Diana NIKITINA(ラトビア)36.71
37 Antonina DUBININA(セルビア)36.69
38 Aimee BUCHANAN(イスラエル)33.87
39 Presiyana DIMITROVA(ブルガリア)24.76
WD Charlotte VANDERSARREN(ベルギー)

ブレジノワ
3T-3T 3Lz df 2A td
兄妹だけに顔はそっくりな事はもちろん、喜び方もミハルっぽい。体を絞ってきまして、3T-3T入れられました。3Lzは両足着氷ですが回転はしています。美しさがほとばしっている。現役の女子選手でトップ5に入る美女。

セルビアのドゥビニナのコーチにカタリナ・ゲルボルト。ソコロフスカヤのチームだからですかね。

スペインのマトスの衣装の背中の翼がステンドグラスのようで素敵。

カッレ・ストリードの久方ぶりのリンクサイドの呪文が見られました。全然変わっていないです。

パガニーニ
3T-3T 3Lo 2A
ロミオとジュリエット~禁じられた愛~~~~~~すごく忙しない。一息つく間もなく怒涛のスピード感で駆け抜けていきました。ロミオを焚きつけて一族郎党をハメようと画策するかのように。まあまあジュリエットさん、落ち着いてください。

ロエヘン
3Lz tano-2T tano 2A 1F
妹ヘンドリックスがコドヘンからオトヘンに!3Fが抜けたものの、レベルの違う演技を見せてくれました。ジャンプ前のトランジションが入っていますし、スピンの回転速度も申し分ないです。60点が見えてきました。

ルッソ
3F fall 3S-2T tano 1A
ジャンプが苦手とはいえ、2Aまで抜けてしまうのは痛いです。3Fは回転が足りていません。失敗で硬くなったのか、ピアノの音色と振付が微妙にズレていたのも気になりました。それでもPCSの高さでSP通過を決めました。セーーーーフ。

フニチェンコワ
2A 3T-3T td 3Lz
幅のある2Aで華々しくスタート。コンビネーションのセカンドは少しだけタッチしています。フラメンコのプロで、次第にテンポが速くなっていきます。それに合わせて踊るのがとても難しそうです。だから、テンポが速くなるとステップを切り上げてスピンを回るという構成にしているのでしょう。これもまた戦略であります。

ヴィヴェカ
3T-2T 3Lz so 2A
「オペラ座流行のシーズンではないから、オペラ座を見ると新鮮な気持ちになるね」との考えを撤回するに至る、ナショナルウィークからユーロにかけて満遍なく見られるオペラ座プロ。3F-3Tは回避し、3Tからのコンビネーションに。美しいコンビネーションスピンはプログラムのハイライトになりました。さらにレイバックスピンも・・・!と思ったところ少しバランスを崩しました。もったいない。

ペルトネン
3T-2T shaky 3Lo so 2A
2本のジャンプううううううう。それ以外は素晴らしかったんですよ。レイバックスピンはキャッチフットなしで、ディフィカルトエントリーや回転速度の増加だけでレベルを獲りました。柔軟性を見せるスピンは、一番女性らしさを出す部分でもあるわけで、それを入れない事で、男性に屈しない強い女性の表現を醸し出す事が出来ていたと思います。黒のシースルーに金色の素敵な衣装、髪のまとめ方も大人っぽいです。トータルで素晴らしいプログラム。ジャンプが入った演技が見たいです。インタープリテーション7.00から評価の高さが窺えます。

オストランド
3Lz hd 3T-3T 2A
スウェーデンの1番手を決める大事な大会です。出だしこそ手を付きましたが、演技後半の3T-3Tを決める気持ちの強さを見せました。細っこくて、あどけない表情のお嬢さんなので、カルメンという感じはしないです。ジョゼフ・ゴードン=レヴィットみたい。

イヴェット
3T fall 3Lz-2T so 2A tano
コーチがセベスチェンではなくなりまして、フランスで練習をしています。3T-3Tが決まらなかったので、後半に2Tを付けました。がに股イーグルのままスライドする振付はブノワ・リショーの好みなのか、前も見た気がします。後半はロックに演じて、曲にも調和していたように感じましたが、あまりスコアが伸びず。

アルゴットソン
3Lz fall 3F fall 2A ot
これは・・・・・見ている方も辛くなってしまう演技。オリンピックの出場枠を獲った選手がこうなってしまうのは切ない。ちょっと田中真紀子に似てる・・・。

メイテ
3F-3T 3Lz fall 2A
3Lzは回転不足で転倒でした。ステップ中の客を煽る振付は笑顔で。観客はとても沸いておりました。今シーズンはジャンプの安定感が増していましたのに、ここでミスが出るとは。

ショット
3T-3T fall 3Lo fall 2A
今シーズン好調のショットが2本も転倒するとは。所作の美しさは光る素敵なプログラムだというのに。LPのシンドラーのリストも素敵プロなので、ぜひこちらでリベンジを。

ダスティヒ
3F so 3Lo-2T tano 2A tano
3Lzの予定を3Loに変更です。時々失敗しますが、彼女は大きく崩れないのが持ち味です。衣装が黄色から青に変わっていました。背が伸びてしまったのでしょうか。

カロリーナ
3F-3T 3Lo 2A
ナショナルで取り戻した3F-3Tをここでも成功させました。3Loと2Aは文句なしの質。ステップは「当然」レベル4で満点です。満点以外考えられないです。4年前の世界選手権のベストを超えてきました。進化する女神カロリーナ・コストナー

ライチョヴァー
3Lo-3T 3Lz 2A
彼女は3-3を構成に入れる事は多かったのですが、セカンド3Loや3Tを跳ぶ前に力んでしまい、繋げられないケースが多々ありました。一応3Tが降りられので一歩前進。本日初の60点台。パーソナルベスト更新で本人の表情も明るいです。

ソツコワ
3Lz td 3F tano-3T tano 2A tano
コンビネーション予定の3Lzでフリーレッグがタッチしたのでソロジャンプに留めました。3Fの後ろにタノで3Tを付けられるのは、ルッツフリップの跳び分けが出来る強みです。回転は完全に回っていました。オリンピック代表の座を確かな物にするには、LPをノーミスで滑る事ですね。ナショナル上位でも油断出来ません。

メドベージェワ
3F tano-3T 3Lo 2A so
スケーティングはメドベージェワ!3F-3Tはメドベージェワじゃない。スピンもメドベージェワじゃない。総合的にまだメドベージェワが戻ってきていないです。2Aは鬼門なので、タノ入れなくてもいいんじゃないかと思います。スピンがいつもよりほんの少し遅いので、この細かな加点が後々響いてこないかな?と思います。PCSはカロリーナの下でした。ステップアウトあってTES40点超え。つよすぎりゅううううううう。

ザギトワ
3Lz-3Lo 3F tano 2A
満を持してSPノーミスきたあああああああああああああああああああああああああああああああ。ノーミスはメドベとの直接対決にとっておいたわけですね。いやはや・・・これはもう技術の暴力ですよ。王子を誘惑せずに、首絞めて「あたしがええよな?」と脅迫するレベル。強烈。歴代最高には少し届きませんが、80点台に乗せてきました。大会ごとに体つきが変わっていますが、オリンピックはどうなるか。

ルカヴァリエ
3Lz shaky 3F hd 2A
3Lz-3T入らずでした。3Fまで手を付いてしまったのは、3Tを付けるために力んだせいでしょうか。ルカヴァリエは何が何でも付ける人なので。悔しかったのかキスクラで泣き出してしまいました。対処に困るファビアン・ブルザ先生。メイテより上の順位なのになして。

ザギトワには10.00を出したジャッジがいました。+1がいくつかあるので、まだまだTES伸びますよ。PCSもまだまだ伸びますよ。メドベージェワは2AのGOEでマイナス評価。ノーミスなら歴代最高ペースの点数の出方でした。オストランドまさかの最終グループ入り。

3強圧倒的。
2017
11.18

フランス国際 1日目 女子SP

リザルトページ戻った!ばんざーい。

女子SP
1 Kaetlyn OSMOND(カナダ)69.05
2 Maria SOTSKOVA(ロシア)67.79
3 Yuna SHIRAIWA(日本)66.05 PB
4 Mai MIHARA(日本)64.57
5 Alina ZAGITOVA(ロシア)62.46
6 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)62.29
7 Laurine LECAVELIER(フランス)60.68
8 Mae Berenice MEITE(フランス)58.96
9 Polina EDMUNDS(アメリカ)56.31
10 Nicole SCHOTT(ドイツ)55.54
11 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)53.03

エドモンズ
3Lo-3T so 3S 2A
怪我前から大幅に構成を落としてきました。雰囲気が変わりました。スピンには影響は出ていないように思えます。ビールマンは昔から少し崩れた形でしたしね。昔のような繊細さは無くなってしまったのかなあ。歯の矯正終了の巻?

ショット
3T-3T 3Lo fall 2A
3Loで転倒。他2本は決まりました。フースチームは滑りがいいので、ネッラファンタジアの選曲が当たっています。ベテランに見えますが21歳なので、所作の美しさをベテラン仕様に仕上げられると、さらにスケートの美しさが映えてきそうです。

メイテ
3F-3T 3Lo 2A
高さのある3F-3Tでした。3Loはギリギリでしたが降りられています。画面に迫りくるドヤ顔ビヨンセ味プンプンなプログラムで、観客が盛り上がればコンサート会場のようになるので、これはキャーーーーーフォオオオオオオギエピーーーーーと歓声を飛ばすのが正しい見方なのかも。

白岩
3Lz-3T 2A 3F
3Lz-3Tは完璧。2Aはいつものあぶあぶ着氷でしたが大丈夫です。フランスでドビュッシーの曲を美しく演じられました。まず第一にですよ。かわいい子がかわいくノーミスで滑ると、それはもうかわいいんです。ふわふわ爆走スケーティングでした。カメラにソロで抜かれたヤマト「俺映ってる」。

ザギトワ
3Lz fall 3F-3Lo so 2A
2戦目も人間である事の証明をしてしまった。3Lzに付け損ねた分を3Fに持ってきましたが、回転が足りずにステップアウトに。鬼トランジションからの2Aも完璧な質とは言えませんでした。前半に持ってくればいいじゃん論が巻き起こるわけですが、後半ボーナスを外すとオリンピックのメダルはちょっと・・・という位置になりそうですしね。GPSは修行ぐらいの気持ちで。これだけ失敗して8点近いPCSが出ているのですから十分ハイスコアです。

ルカヴァリエ
3Lz-3T so 3F 2A
3Lzで体勢を崩すも3Tを付けました。3Tを付けても回転不足になるのが濃厚なのにいつも安全策はとりません。シャルトランと並ぶ漢ですね。コンビネーションスピンで大きくトラベリングしたのはもったいないミスです。レイバックスピンは速い回転で、胸を締め付ける切ない感情を表現しているようでした。

リーザ
3A fall 1Lz 3T-2T
攻めたジャンプ構成でしたが上手く行かなかったです。それだけに留まらず、コンビネーションスピンまでゆったりとした回転となりテンポの速い音楽を表現しきれないままのフィニッシュに。キスクラでの様子はマダム。会場のBGMでゆりやんレトリィバァの「落ち着いていきやー」のネタで使われる曲が流れていました。落ち着いていきやー。

三原
3Lz-3T<< so 2A 3F
ああああああああああああああああ・・・・・フェンスに近づきすぎて3Tの回転が開いてしまいました。近づいた所がちょうど先生のいる場所。腰をぐるんと回す振付のセンシュアル度数が中国杯から5割カット。スポーティーな仕上がりとなってしまいました。キレはあったけど、前回の方がタンゴらしさが出せていました。

トゥルシンバエワ
1Lz 3S-3T tano 2A
ルッツのミスから立て直しましてクリーンな3S-3Tを見せてくれました。タノがシェーになる代表格だった彼女ですが、両手を上げたタノに変更して見栄えが格段によくなりました。ジョリヘンぐらい見栄えのいいシェーが出来ればいいんですけどね。コンビネーションスピンは入りのキャメルスピンから抜群にきれいでした。ステップの音楽の調和も見事でした。ザギトワよりも高いPCSが出ました。ルッツを除くと本当に素晴らしかった。オーサー元気そうで何より。

ソツコワ
3Lz tano-3T tano 3F df 2A tano
衣装が変じゃない!10代らしいピンク衣装に衣替え。オリンピックシーズンだからこれぐらい華やかでいいんです。今日はミスをする選手が多いですけど、ソツコワもその波に呑まれて。小柄を生かして音を片っ端から拾うトゥルシンバエワの後に、雄大なスケーティングでじっくり見せつけるソツコワ。高低差ありすぎてうんぬんかんぬん。先生が加藤登紀子っぽい。

オズモンド
3F-2T 3Lz hd 2A
フランスが大好きで、GPFに出られてとても嬉しそうにしていたオズモンドさん。1年経ってフランスへ帰還。おのぼりさんなところが、普通の20代の女の子なんだなーと思わせました。3-3は回避して美しい3F-2Tに。決して悪い3Fではなかったですけど、トゥループを踏み切るタイミングが狂ったのかも。SPは落ち着いています。スケカナのようにバタバタとしたLPになりませんように。

オズモンドに厳しいジャッジがおりまして、それを見てみると・・・・・ロシア!うんうん、ジャッジはこうじゃないとおもしろくないな!プロトコルを見る楽しみが生まれるってもんですよ。ザギトワは3Lzと3Loがアンダーローテーションでした。しかし安定のオールレベル4。揺るがない。
2017
10.29

スケートカナダ 2日目 女子リザルト

女子LP
1 Kaetlyn OSMOND(カナダ)136.85
2 Maria SOTSKOVA(ロシア)126.42
3 Marin HONDA(日本)125.64
4 Ashley WAGNER(アメリカ)122.37
5 Courtney HICKS(アメリカ)118.51
6 Rika HONGO(日本)114.74
7 Karen CHEN(アメリカ)108.63
8 Laurine LECAVELIER(フランス)107.35
9 Kailani CRAINE(オーストラリア)88.07
10 Anna POGORILAYA(ロシア)87.84
11 Alaine CHARTRAND(カナダ)87.66
12 Larkyn AUSTMAN(カナダ)81.77

女子リザルト
1 Kaetlyn OSMOND(カナダ)212.91
2 Maria SOTSKOVA(ロシア)192.52
3 Ashley WAGNER(アメリカ)183.94
4 Courtney HICKS(アメリカ)182.57
5 Marin HONDA(日本)178.24
6 Rika HONGO(日本)176.34
7 Karen CHEN(アメリカ)170.40
8 Laurine LECAVELIER(フランス)166.43
9 Anna POGORILAYA(ロシア)156.89
10 Kailani CRAINE(オーストラリア)143.03
11 Alaine CHARTRAND(カナダ)134.17
12 Larkyn AUSTMAN(カナダ)123.56

真凜
3Lz 3F-3T 2A-3T 3F 3S-2T-2Lo 3Lo 2A
1番滑走wwwwwwwwwwwwwwwwwくわっwwwww速報よりもTESが6点下がりました。トランジションとコンポジションの評価が伸びていません。トランジションが少なく、ハイライトになるはずのコレオシークエンスのスパイラルとイナバウアーの間の助走も長いと思います。コレオが連続していない。でも1番滑走でこれだけの滑りが出来るメンタルに感服です。「本田はメディアに取り上げられるけど実力不足だから、ピョンチャンではなく北京目指せばいい」との言葉をよく聞きますが、それは選手とコーチが決める事。フィギュアスケーターの4年がどれだけ大きいか。

シャルトラン
3Lz fall 3F 2A-1Lo-3S 3Lz 3Lo fall 3S-2T so 2A-2Lo
転倒やe判定の3F、回転不足などのジャンプのミスが続きました。後半の転倒のせいで、コレオシークエンスが忙しなく終えられてしまったのは表現の面においてもマイナスに。速報より10点ほどTESが下がってこのスコアに。リカバリー能力まる。

オーストマン
1F 2A-3T 2Lz 2T 3S-2T-1Lo 2A fall 3S
左肩の紐がペロンと垂れ下がってなかったら、スカートの短さも相まって30年前の衣装に見えるデザイン。このショートカットはレミゼのファンティーヌを演じるためなのか!

クレイン
3Lz-2T 3F 3Lz 3Lo 3Lo-1T df 2A-2T 2A
エッジの危なげなルッツとフリップがポンポンポン。3Fはアテンションを取られるので、3Lz2本にしたんですね。速報から13点もTESが下がりました。決して悪い演技ではなかったですが、シェイキーな滑りだったのが印象よくは映らなかったのかな?またオーストラリアの代表争いが分からなくなりました。

ルカヴァリエ
3Lz-3T 3F 3S 2A-2T 2A 3Lz so 3Lo
クレインの演技終了後からリンクサイドから発せられるロヒーンのパワー。ロヒーンにかかればポケモンキャップもオシャレアイテムに。ステップでのセリフに合わせた演技がハマっていました。スカートの翻りもきれい。スパイラルはもう少し足が上がればと。音楽がプツンと消えるので、会場から戸惑いが見えました。「え?お、終わったのか パチパチパチ」

アシュリー
2A 3F-3T 2A-2T tano 3Lo shaky 3F 3Lo-2T df 3Lz
本日2人目のムーランルージュ。3年目のムーランルージュぐらい多めに見ろよ。アシュリーはまだまだシーズン序盤モード。3Lo-1Lo-3Sは回避しました。サティーンが板についてる。美しさがほとばしっている。スコアが伸びずに無表情になる様も美しい。

カレン
3Lz-2T 3F 2A-1Lo-3S 3Lz 2Lo 2A 3S df
パッションからのパッションでパッションパッションづくしなカレンでしたから、カルメンをやめてダイナミックなスローダンスを2人でに変えて正解だと思います。JOから3週間ですがセルフコレオなので対応出来ます。似たような構成にはなりますけどね。これは全米が涙するプログラム。TESが・・・おうふ。

本郷
3F-3T 3S tano 3Lz so 2A-3T-2T tano 3Lo 3F-2T tano 2A tano
頭のお花が少ない・・・リンクサイドに上がって衣装にぴったりの花束プレゼントしたお客さんセンスあるわー。ジャンプは見られたのにステップに入るとカクカクするストリーミングちゃん。コレオシークエンスはかっこよかった!SPからPCSが伸びました。

ヒックス
3F-3Lo so 2A 2A-2T 2Lz-1Lo-3S 3Lz 3T 3F
まとめられたのでは。3-3の間にオーバーターンは入らなかったけれどステップアウトに。一息入れるためにオーバーターンマスト説。やけに情緒溢れていたのはロヒーン振付プロだったからかー。必殺トゥジャンプ攻めの終盤がきれいに決まると盛り上がりそうです。コケなしでパフォーマンスが伸びないという珍しい点の出方。

ソツコワ
3Lz tano-3T tano 3F tano 3Lo 3F tano-1Lo-3S tano 3Lz tano 2A tano-2T tano 2A tano
タノ3Fから着氷で前手で両手を重ねる振付素敵。ステップは振付からターンに入って、きちんと動きに連続性が見られました。後半のジャンプに回転不足がありそうです。ジャンプを降りるよー感もあったので、演技後半をどう演じるかがこれからの鍵になりそうです。

オズモンド
3F-3T so 2A-3T 3Lz 3Lo 2F 3S-2T-2Lo tano 2A fall
安定した不安定さ。どの種類のジャンプも安心して見られません。敵こと3Loはきれいに降りられました。今更だけどオズモンドは黒鳥よりも白鳥を王道に演じた方が素敵になりそう。陽が強い。陽キャ!でもそれだとSPと被っちゃうのかーーーダメか。150点ベースの点数の出方。なぜなら後ろの滑走に黒鳥を演じるためにいるスケーターがいるから。

ポゴリラヤ
3Lz-3T 2A 3Lo-1Lo-3S df 2Lz 1F 2Lo-2T tano 2A fall
やはり腰の怪我が。2Aでいつもの痛々しい転倒をして、スピンの入りでは腰を打つ転倒。リンクから上がって痛そうにはしていないのは幸いです。生気を感じない冷たい妖しさが黒鳥を演じるに相応しい。リップの色が素の唇に近いのも妖しさを増幅させています。万全な体調でこのプログラムの完成形を滑って欲しいと心から思います。お大事に。

アシュリーがSP7位から台乗り。スケートカナダでSP7位から優勝したシマウマが昔いたな。

ソツコワはアンダーローテーションが3つ、真凜は2つ、アシュリーは3つとe、本郷は5つと!、カレンは3つとダウングレードとeが1つずつ、クレインはトリプルにすべて刺さりました。アタタタタタタアターと刺されたジャンプたち。全員に厳しいからフェア。
back-to-top