FC2ブログ
2018
11.25

フランス国際 2日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスFD
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)132.65
2 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)122.47
3 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)114.49
4 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)111.62
5 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)105.70
6 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)103.03
7 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV(ロシア)99.54
8 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)97.53
9 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)93.50
10 Adelina GALYAVIEVA / Louis THAURON(フランス)90.84

アイスダンスリザルト
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)216.78
2 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)200.38
3 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)188.74
4 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)181.47
5 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)171.17
6 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)170.64
7 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)165.69
8 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV(ロシア)163.18
9 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)153.27
10 Adelina GALYAVIEVA / Louis THAURON(フランス)146.05

アデルイ
さあさルイルイダンス~ララステップ踏んで~。後半小さくなってしまったので、カップルとしての成長を見守る段階だと思います。

アリソン組
はい素敵でした。あとは男性のよっこらしょ感が消えて、演技がシームレスになればさらに素敵になるはず。現状は初めての給料日で調子に乗ってウィスキーバーにやってきた若造が、常連の女性に上手く言いくるめられている様なので。

ポポモズ
体反らせたローテーショナルリフトはあまり評価が高くありませんが僕はずっと好きで居続けます。このプログラムリフトに命懸けてますね。レベルのつくステップシークエンスは男女の技術差が目立ちます。女性にはもっと暴走してもらいたいです。昨シーズンのカルメンでは暴走してくれましたのに。コレオステップの2人が手を繋いで滑り続け、最後に離れたガオー!とジャンプするところ最高。コレオスライディングは最悪。氷に寝転がってくれなきゃやだやだやだやだ!

マリロマ
ゴキゲンなプログラムなんだから、女性はビビッドな色のドレス着ればいいんですよ。何で黒なの?何でこのチームはやたらと意味ありげな暗い色の衣装ばかり着させるの?明るくてかわいいのでもいいじゃない!!!ステップシークエンスでのスライディングさせてから引き揚げる振付大好き。これが入っていれば僕はいつでも喜びます。ダンススピン中の女性のレイバックスピンのアーチが美しかったです。シーズンが進むにつれて、エレメンツの完成度がどんどん上がっているのに、曲の繋ぎ方だけには慣れません。いつものように謎のオリジナル曲挟もうぜ。

パーソンズ
おい!!!!!もっとGOEでプラス付けてくれよ!結構好きですよ?これ結構好きだしエレメンツの質も高いのに。リフト効果的なのにいいいいいい(止まりそうなコレオリフト除く)!最も観客が沸いたのが、兄が妹を乗せながらイナバウアーするトランジションのムーブメントでした。あれは上がりますよね。分かる~。

ホワベイ
初のGPF進出が懸かりますがミスなく終えられました。ワンフットステップとかミッドラインステップとか、こういったゆったり滑る姿を2人には求めているのです。男性がまだ本調子ではないので、さらに完成された滑りは別の大会で。それでも、男性がサッと手を差し伸べるところは、妙に安心感があります。ジャンリュックに教えてもらえれば、僕もスケート上手く滑れそう・・・そう思えるぐらい。コレオスライディングが開脚でも下品に見えないのは、股を見せていないからか。よし、みんな前後開脚しよう!

スマディア
衣装を変えてしまった時点で僕は失望してしまったのだ。それでも2人が楽しく滑ってくれれば、いい演技をしてくれれば、そう思っていたのだ。しかしながら今日はミッドラインステップで男性が転倒してしまった。なんてことだ。OMGだ。これにメゲず、国内選手権とユーロでウルハリとやりあってほしい。

パイポー
ゴッホのプログラムなので、ファンからひまわりをもらいました。ファンのセンスが半端ない。後半3項目に対する前半項目の伸びが鈍いですね。全項目バランスよく出てこそのトップカップルですしね。静かな曲なだけに、一層男女のスケーティングを美しさを見せ付けなくてはならないです。難しいなあ。

パパシゼ
もうね・・・最初のステーショナリーリフトでレベルが違いますよ。何ですかね、もう反則じゃないですか?存在が反則。なんでこんなに美しいの?おかしくない?体に磁石付けて滑ってんの?え?何これ?何で氷とパートナーに吸い付くの?おかしくない?シゼロン怪我明けなんじゃないの?え?何これ?132点なんて誰も出せんわい!

シニカツ
今日もとてもよかったと思います。今シーズンは前代未聞の安定感。ツイズルがよく揃っていました。ステップシークエンスの女性の滑りはこれからの課題です。女性が滑らないカップルはたくさんありまして、それをカバーするのが男性の仕事のひとつです。このカップルは男性のスキルが高いので、単に滑るだけでなく、女性の欠点を隠すプログラム構成を目指してほしいです。そうすれば、世界選手権のメダルもグッと近づきます。安定していると、安心してルックスにうっとりできます。

パパシゼは初戦で10.00を19個もらいました。ルール変更してもルールの限界値出してくるじゃないですか。もう一度ルール変更します?

グランプリファイナル進出者
1 マディソン・ハベル&ザカリー・ダナヒュー(アメリカ)1位+1位 30ポイント 401.58
2 アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン(ロシア)1位+1位 30ポイント 399.52
3 ヴィクトリア・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ(ロシア)2位+2位 26ポイント 395.55
4 シャルレーヌ・ギニャール&マルコ・ファブリ(イタリア)2位+2位 26ポイント 388.59
5 ケイトリン・ホワイエク&ジャン=リュック・ベイカー(アメリカ)1位+4位 24ポイント 366.10
6 ティファニー・ザゴルスキー&ジョナサン・ゲレイロ(ロシア)3位+2位 24ポイント 364.43
---補欠---
7 サラ・ウルタド&キリル・ハリャーヴィン(スペイン)4位+2位 22ポイント 346.51
8 パイパー・ギルス&ポール・ポワリエ(カナダ)3位+3位 22ポイント 375.71
9 ロレイン・マクナマラ&クイン・カーペンター(アメリカ)4位+3位 20ポイント 357.23

ロシアは3組の出場となります。パイポーは派遣運がなかった、その一言に尽きます。チョクベイ欠場とパパシゼNHK杯に当たらなかったんです。シニカツもどちらも当たらなかったのですがGPF初出場。これは見事です。GPF初出場は5組。ベテランが多いからフレッシュというわけでもない。

今シーズンの表彰式では、星ではなくダサい六角形の盾をもらいました。メダル作って!表彰式はデジタル国旗!!!!!!!!やったー。
2018
10.28

スケートカナダ 2日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスFD
1 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)120.51
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)120.27
3 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)120.02
4 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)111.42
5 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)104.22
6 Robynne TWEEDALE / Joseph BUCKLAND(イギリス)99.85
7 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS(カナダ)99.64
8 Shiyue WANG / Xinyu LIU(中国)98.92
9 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER(カナダ)93.14
10 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)85.31

アイスダンスリザルト
1 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)200.76
2 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)195.17
3 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)186.97
4 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)180.32
5 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)176.57
6 Shiyue WANG / Xinyu LIU(中国)165.88
7 Robynne TWEEDALE / Joseph BUCKLAND(イギリス)162.50
8 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS(カナダ)156.74
9 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER(カナダ)150.23
10 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN(ロシア)147.99

寿司酢組
好意的な見方をすると、昨シーズンの王道ダンス路線からの脱却を図った大人のプログラム。すごく意地悪な見方をすると、同じような振付を何度も繰り返している退屈なテンプレプログラム。どうしてこんなことになってしまったのだろう。

セールス&ワムスティーカー
男性の髪の毛をもう少し伸ばせば1920年代のお金持ちのお嬢様みたいになれますよ。がんばって伸ばしましょう。後半スピードが落ちてしまいましたね。2組連続ボーカル入りメドレーは脳みそにくるものがありました。

スコアレ
カーブリフトでポジションをキープできずに落下しました。男女の身長差が限界を迎えています。どのリフトもただ上げて回しているだけで、そこに表現は乗っていません。表現できるだけの余裕がないのです。マイコープロなのにキレなく終えてしまったし、ハイライトもありません。身長を短くすることはできないしなあ。どうすればよくなるのか。

パイポー
このツイズルのこねくり回し感は2度目でもインパクトあります。もはやツイズルじゃなくて軌道がおかしいコレオステップなんじゃねえか?っていうね。ローテーショナルリフトやコレオスライディング、ステーショナリーリフトなど本当に曲に合うものをチョイスしていると思います。ただ、あまり観客をギョワアアアアアアアと沸かせるようなものではないのがね。これから変えるのか、このまま突き進むのか。120点で女性が叫びました。

トゥイバク
ゴーストの始祖であらせられるニキータ・カツァラポフ氏がいらっしゃる大会での演技でした。頭の中でカツラ氏が通り過ぎてゆく。このカップルのいいと思うところは技術的に背伸びしていなくて、自分たちのレベルに合う選曲をしているところです。振付の難易度を落としてもきっちりやろうという意識を感じます。少々ステップで離れてしまっても、リフトで停滞しても大きく雰囲気は損なわせていません。

マリロマ
talking to the moonの歌詞のところで、ローテーショナルリフトとリバースローテーショナルリフトするのがいいですね。ここがプログラムの中で好きなところ。1曲目と2曲目の繋ぎはいいのですが、2曲目から3曲目の繋ぎは脈絡がなくて強引だなと思います。でも有名な曲だから観客もなんとなく盛り上がってしまうという、力技構成です。モントリオールの剛腕が振るわれているのです。

ワンリウ
スケーティングスキルでは太刀打ちできませんが、リズムの取り方とか工夫していていいなと思いました。ステップシークエンス中に男性がトゥを氷にトントンと打ちつけたり、とにかくリズムですね。次第に次第にスピードが落ちていくので、それが改善されればいいですね。身長差を活かしたリフトが得意なカップルですが、プログラム一連の流れとしておこなわれているとは言えないので、きれいに溶け込めばいいなと思います。そうすると+3が増えてくるのではと思います。

ハベドノ
シンプルに恋愛ストーリーとして考えるのであれば、このプログラムはありだと思います。やはり色香は感じないのですが、大人になって青春時代を思い返すようなプラトニックな恋愛だと捉えれば、ものすごくしっくりときます。コレオステップの躍動感素晴らしかったです。ショートバリアを使ったエレメンツなので、どのカップルも同じような軌道になるので、違いが分かりやすいです。ステーショナリーリフトだけは何か違う気がします。力を使っていて、グチャッとして見えるのですよね。

スマディア
寒いから彼氏にシャツを着せてもらう衣装じゃなくなりました。彼の夜勤が終わって、海まで改造車飛ばすストーリーを勝手に構築していたのに台無しにされてしまった。しょうがないから彼のバーでの仕事が終わったから、始発がくるまで海に行っていたってことにしますね。ストレートラインリフトはディアスが固まって堪えていたのですが、失敗ですよね?モヤッとしたまま終わった。

シニカツ
なんと!ツイズル素晴らしい質で成功しました!ハベドノもシニカツも、ツイズル苦手なカップルは先に不安を解消させておきます。今日も彼は抜群に動き回ってパートナーのカバーをしておりました。女性は膝をグルグルにテーピングしているのですね。そんな状態なのによくがんばりました。昨シーズンより膝を使えて滑れるようになっていると思います。カップルバランスもよくなりました。フィニッシュは女性が座ってフィニッシュするので氷と同化します。男性だけが目立つ神フィニッシュ。

ハベドノがエクステンディッドリフトを取られたので、シニカツがFD1位でした。ちなみにTES1位はパイポーでした。GOEは上位3組はほとんど同じぐらいの点数が出ています。ハベドノのステーショナリーはやはり失敗でしたか。そしてシニカツが後半3項目でハベドノを上回りました。これはロシア革命ですわ。

パイポーが逆転で表彰台に乗れて一安心。
2018
10.08

フィンランディア杯 2日目 女子リザルト・アイスダンスリザルト

女子リザルト
1 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)202.85
2 Elizabet TURSYNBAEVA(カザフスタン)200.74
3 Viveca LINDFORS(フィンランド)187.19
4 Stanislava KONSTANTINOVA(ロシア)187.13
5 Emmi PELTONEN(フィンランド)172.02
6 Veronik MALLET(カナダ)170.68
7 Yujin CHOI(韓国)162.80
8 Angela WANG(アメリカ)160.99
9 Pooja KALYAN(アメリカ)156.05
10 Hanul KIM(韓国)153.22
11 Karly ROBERTSON(イギリス)152.38
12 Anita ÖSTLUND(スウェーデン)151.69
13 Ivett TOTH(ハンガリー)151.19
14 Eva Lotta KIIBUS(エストニア)151.02
15 Valentina MATOS(スペイン)135.16
16 Rika HONGO(日本)133.66
17 Yoonmi LEHMANN(スイス)133.08
18 Sophia SCHALLER(オーストリア)127.01
19 Lutricia BOCK(ドイツ)123.87
20 Natasha MCKAY(イギリス)122.01
21 Camilla GJERSEM(ノルウェー)120.34
22 Antonina DUBININA(セルビア)118.40
23 Michaela Lucie HANZLIKOVA(チェコ)107.20
24 Katsiarina PAKHAMOVICH(ベラルーシ)88.34

本郷
3F fall 3F fall 3Lz 2A-2T-2Lo 3S-2Lo 3S-2T 2T
まずはジャンプを確実に降りようという構成ですが、うまくいかなかったです。本人にしか分からないことがあるのかな。表情が冴えません。

アンジェラ
3F-3T 3Lz so 3T 2A-2T-2Lo 1F 3Lo shaky 3S shaky
3F-3Tを降りるのに、後半で崩れてしまう。うんうん、いつものアンジェラだな。今回は大丈夫かな?と思っても、失敗が連鎖します。ずっとボーカルが入った"Send in the clowns"ですけど、成熟した表現が乗っているから全然気にならないです。振付はタニス・ホワイトたんなんですね。彼女の振付は僕の脳みそ刺激しまくりです。

ハヌル
3Lz-3T 3Lo so 3F 3Lo-2T 3Lz fall 2A 2A-2T so
成長期に入って、ジャンプが難しくなってきました。回転が足りないもの、ギリギリのものが多いです。こういう時は「しょうがない!」と開き直って自分のできることをやるしかありません。雰囲気が垢抜けました。ダークブラウンの髪色似合ってますよ。

イヴェット
3F shaky 3Lo fall 3Lz hd 2A 1Lz 3T-1Eu-2S 3S+1A
ジャンプミスは多いですが、演じる上での要所は押さえていたので、崩壊というわけでもないです。手を体の後ろで組んでのファンスパイラルが美しいコレオシークエンスから高さのある2A。そして演技後半へ。曲が変わってエネルギッシュなステップシークエンスと美しいコンビネーションスピン。いいよー。

マレ
2A 3S 3Lo-2T 3T-2T-2Lo 2Lo 3T 2A
国際大会は2015年スケートカナダ以来です。おひさ~。3Fや3Lz(eあり)を持つ選手ですが、3Loまでのジャンプでまとめています。アデルの力強いボーカルとマッチしていました。スピンの出まできっちり音楽と合わせて、歌詞によってもスケーティングの雰囲気を変化させています。これがベテランのテクニックです。

ヴィヴェカ
3Lz-3T 3Lo 3F 3Lz-2T 2A 3S 2A-2T-2Lo shaky
ギャアアアアアアアアアアアアアヴィヴェカがこんなにジャンプ決めるの初めて見た!!!3Lo抜けるんでしょ?3F抜けるんでしょ?2本目の3Lz抜けるんでしょ?と疑いの眼差しで観ていてすみません。SPもLPも今シーズンのノーミス券使ってしまったけど大丈夫なのか。129点も出ました!うううううううううううううううよかったねええええええ。

ペルトネン
3T so 3Lz 3Lo-1T 2A-1Eu-3S shaky 2F 2Lo 2A
ジャンプに高さはあるのですが、上手く入ったものが少ないです。曲は"SAYURI"で世界選手権を意識した選曲です。ただ、衣装も振付も和を意識したものではないということ。ほのかに香る程度なのがポイントです。繊細な所作で、ノーミスなら高いPCSは当然のように出ると思うんです。とにかくジャンプジャンプジャンプ!フィン勢はジャンプさえ決まればワールドトップ10入れます。

コンスタンティノワ
3Lz tano-3T 3Lo 2A-1Eu-3S 2A 1F 3Lz df 3F tano-2T
テストスケート、オンドレイネペラ、フィンランディアと隔週でコンスタンティノワ。スケーティングスキルはご承知の通り。表現面ですと、アンナの苦悩する気持ちを表現するには、ややストレートすぎるのかなと思います。愛する人と一生に生きたいけど、子供もいるし、夫は過ちを許してくれると言うし、もう分かんないわ・・・ああああ・・・という葛藤が見えにくい。葛藤しましょう。

トゥルシンバエワ
3Lz tano 3F tano 2A-2T tano-2T tano 3Lo so 3S-3T tano 2A 3S-3T
よくタノりました。少し危ないジャンプもありましたが、コントロールしました。セカセカタンゴですけど、このセカセカが生きるのも、カナダで練習していた頃に他のジャンルの曲を滑ったからだと思います。エテリ国にい続けていたら「またこういうセカセカかよ」となっていたでしょうよ。

リーザ
3A ot 3Lz tano-3T tano 3Lz 2A-3T fall 3Lo 3S 2A-2T-2Lo
2013-2014シーズン以来の3Lz-3Tです。成功したのは2012-2013シーズン以来ですね。2A-3Tは転倒です。リーザは回転足りないと転倒するから分かりやすい。3Fはありませんが、3Aの基礎点の高さがメリットになるジャンプ構成になりました。トランジションとコンポジションが伸びませんでした。今回のジャッジはジャンプの出来に惑わされず、淡々とPCSを評価します。ジャッジ本来のあるべき姿です。リーザ調子いいから、このままGPSも価値抜いて、GPF出て、ユーロ出て、日本にも来てください。ミーシンがはしゃいで、紙の王冠をかぶせてあげる。運動会に来たおじいちゃんみたい。

アイスダンスリザルト
1 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)200.78
2 Olivia SMART / Adrian DIAZ(スペイン)180.07
3 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)175.46
4 Carolane SOUCISSE / Shane FIRUS(カナダ)172.27
5 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV(ロシア)167.94
6 Juulia TURKKILA / Matthias VERSLUIS(フィンランド)163.49
7 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)159.67
8 Anna YANOVSKAYA / Adam LUKACS(ハンガリー)140.25
9 Shira ICHILOV / Vadim DAVIDOVICH(イスラエル)130.60
10 Emily MONAGHAN / Ilias FOURATI(ハンガリー)126.44
11 Mina ZDRAVKOVA / Christopher M. DAVIS(ブルガリア)103.85

トゥルヴェル
パパシゼの"ピアノ協奏曲"の路線ではあるのですが、決してパクりというわけではないです。美しい油絵から飛び出した美女が舞い踊った。そんな時間でした。スケーティングスキルは低いけど、後ろの項目高いです。

シュピスミ
2人の片腕、男性の胸元、個性の腰の布がない衣装。きっと布が足りなかったんですね。かわいそうに。すごく変なプログラムでした。コレオステップは機械的な動きでとてもおもしろかったです。テストスケートで観て唯一覚えているのが、地獄のカラスみたいなフィニッシュポーズ。かっこいいから僕もやりたい。脱臼しそうだからやらないけど。

マリロマ
古のメドレーから、現代のメドレーへ。しかしながらメドレーであることは変わらない。2人は永遠にメドレーを滑り続けるのだ。ブルーノ・マーズの楽曲は使い古されて久しいですけど、唯一の救いは、夏にカナダの大会で滑った時より遥かにキレがあることです。妻がずっとグルグル振り回されていました。回しすぎだぞ。

寿司酢組
オータムクラシックは裏被りがひどいのと、視聴者数をカウントするのに忙しくて集中できなかったから、今日は思いっきり楽しむぞと息巻いていました。The Weekedの曲を使ったのは覚えていたので、いいところを探しました。ハートの形になるコレオスライディングよかったです。昨シーズンの健全なイメージが足を引っ張って、ダークなイメージが沸かないです。

スマディア
男性のシャツを女性にかけてあげている風衣装なので、これはイジりがいと妄想しがいのあるプログラムです。リフト落としかけましたけど、引っ張り上げて減点回避です。女性の調子が非常によくて、男性とのバランスが取れていなかったのかも。このビートルズづくしは、深夜にやっている想い出のメロディー的な10枚組CDのCMっぽい。

ステブキ
メドレーが終わり"ブルース"の時間に。テストスケートの演技はイマイチパッとしなかったのですが、1か月経って随分変わりましたね。これすごくかっこいいやつじゃないですか。エレメンツの質はステップ以外言うことないです。国内の1番手争いはシニカツの追い上げありそうですけど、それを突き放す内容でした。まだパパシゼとチョクベイが試合に出ていない状態ですが、エレメンツの完成度は現時点で世界中のあらゆるカップルで一番だと思います。

週2試合消化という高地トレーニングのような4週間が終わりました。次週はジュニアグランプリ最終戦。その次の週にグランプリシリーズ開幕です。1試合ごときで私を倒せるとお思い?トレーニングの成果を見せる時だ!!!
2018
06.04

新プロ情報1

夏、それは新プロ情報公開の季節。オリンピックが終わる、それは攻めに転じる好機。保守的なプログラムよ、お前らとはおさらばだ!

マリー=ジャード・ローリオロマン・ルギャック
RD:シカゴ

タンゴのシーズンにシカゴとうことは、セルブロックタンゴ?ボーカル入りでお願いします。マリロマのタンゴはやや不安。

ダリア・パブリュチェンコデニス・ホディキン
LP:華麗なるギャツビー

いくつかの音楽を組み合わせて構成するそうです。表現力のあるペアなので、シーズン序盤からカッチリハマりそうな予感。

キャロラーヌ・スシースシェーン・フィルス
FD:Earned it

ヴァネシプがSPで使っていた曲です。すごくマリーさんっぽい選曲です。

ニコル・デラ・モニカマッテオ・グアリーゼ
SP:ジョー・コッカーのブルース
LP:トリスタンとイゾルデ

ゴクゴクゴクッ・・・プハー!ですね。

ブレイディー・テネル
LP:ロミオとジュリエット

振付はブノワ・リショーです。今シーズンもブノワでした。ブノワのロミジュリ・・・変なことするんでしょうかね。武装したジュリエットが街を征服するとか。ちなみにブノワは来シーズンの振付かなり多くて、すでに坂本花織、ダニエル・グラゼル、ナターシャ・マッケイ、樋口新葉(SPはシェイリーン、FSは佐藤有香さんだからエキシ?)に振付をしています。そして、シメクニ夫妻もブノワ。ブノワプロとサフ子衣装なんて次元歪みそう。

ロシア勢はテストスケートまで詳細を明かす選手は少ないですが、振付師の情報を出している選手はいます。ダンス勢ですと、赤ゲレがクリストファー・ディーン、ステブキのFD(ブルース)がピーター・チェルニシェフ、シニカツがアレクサンドル・ズーリンです。

ステラート&バーソロメイのLPはマリパト、フー・ジャンの振付はウィルソン、アンジェラ・ワンはSPがカレン&ミシェル・クワン姉妹でLPがタニス・ベルビン、コリヤダのSPはランビエール(連盟にケチつけられませんように)。
2017
11.12

NHK杯 3日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスFD
1 Tessa VIRTUE/Scott MOIR(カナダ)117.72 PB
2 Madison HUBBELL/Zachary DONOHUE(アメリカ)112.04
3 Anna CAPPELLINI/Luca LANOTTE(イタリア)110.69
4 Victoria SINITSINA/Nikita KATSALAPOV(ロシア)104.66 PB
5 Laurence FOURNIER BEAUDRY/Nikolaj SORENSEN(デンマーク)99.06 PB
6 Alexandra NAZAROVA/Maxim NIKITIN(ウクライナ)97.55 PB
7 Marie-Jade LAURIAULT/Romain LE GAC(フランス)94.83 PB
8 Kana MURAMOTO/Chris REED(日本)94.59
9 Penny COOMES/Nicholas BUCKLAND(イギリス)92.51
10 Misato KOMATSUBARA/Timothy KOLETO(日本)78.58 PB

アイスダンスリザルト
1 Tessa VIRTUE/Scott MOIR(カナダ)198.64
2 Madison HUBBELL/Zachary DONOHUE(アメリカ)188.35
3 Anna CAPPELLINI/Luca LANOTTE(イタリア)186.56
4 Victoria SINITSINA/Nikita KATSALAPOV(ロシア)177.15 PB
5 Laurence FOURNIER BEAUDRY/Nikolaj SORENSEN(デンマーク)164.40 PB
6 Alexandra NAZAROVA/Maxim NIKITIN(ウクライナ)160.88 PB
7 Penny COOMES/Nicholas BUCKLAND(イギリス)158.15
8 Marie-Jade LAURIAULT/Romain LE GAC(フランス)157.62 PB
9 Kana MURAMOTO/Chris REED(日本)156.41
10 Misato KOMATSUBARA/Timothy KOLETO(日本)132.41 PB

ココ
KENJIの部屋のテーマソングが流れる中でココの演技の振り返りをするKENJI。まさにKENJIの部屋である。細かい動きよりも壮大に体いっぱいに使って表現するのが得意そうですね。パフォーマンスが高く評価されました。ディダクション2はもったいない。

かなクリ
哉中ちゃんは桜、クリスは雨や風。クリスが無機物になってしまった。戦場のメリークリスマスに曲が変わってから、音が細かくなるところでトゥステップを踏んで表現するのが絶妙に上手かったです。ホールドを組んでステップに入りますが、女性の動きの癖が強く、美しさが見えにくいかなと。ラテンSDだと癖の強さが生きてくるのですが。

フルソレ
ソレンセンの腕とフルニエさんのスカートばかり見てしまい4分間が終わってしまうプログラム。でも確実に腕とスカートをアピールするために計算して作っているでしょうから、まんまと策略にはめられてるわけですよ。未だにそこばかり見てしまって集中出来ない。もっと足元やリフトもちゃんと見なくては。これがオリンピックで見られないなんて。

マリロマ
クイーンのよく分からない曲メドレー。きっとマリーさんの好みなんだろうな!今日は夫の滑りがかなりよくて、ジュニア時代にそのニーベンディングでブイブイ言わしていたわけですが、それが今日まさに出ていたなと思います。サーキュラーステップきれいでした。おまた下通しリフトはもう少しお上品にならないものかと。

ナザニキ
ステップの入り辺りでいきなり男女の間が離れすぎてナザロワを掴み損ねそうになっていました。ストレートラインリフトはおまたエントリーはいまひとつですが、肩に乗るポジションはいいですね。カーブリフトや最後のコレオリフトはポジションが凝っているのですが、ポジション移行に必死で音楽から乖離しておりました。技術は見事ですが美しくはないです。演技後半はステップでも音楽とのマッチがいまひとつだった印象。滑り込めばもっと印象が変わるはずです。ニキーチン肉食え。

シニカツ
カツラのツイズルはSDよりもイキっていたわけですが、決して暴走して女性を放置してはいません。それが今シーズンの彼なのです!ダイアゴナルの途中でバランス崩したのは後で説教されそう。ローテーショナルリフトがゆっくりだったのが気になりました。リフトフィニッシュで演技が終わってから女性を下ろす際に後ろに転倒。ディダクションはありません。

ペニコラ
昨日は指先が刃物に変化するサイボーグみたいな強い雰囲気だったクームスが、髪形変化させるだけでまた素敵にエキゾチックに。リフトはゆったり系が多く、クリエイティブだけど品位を損なわない素敵な物ばかり。前半バックランドが少しツイズルで乱れるところはありますがクリーンに滑れておりました。後半滑りが小さくなってシェイキーになったので、ここは体力や滑り込みの問題でしょうか。点数伸びずで、PCSがフルソレやナザニキより下になりました。

テサモエ
本日も圧巻でした。ツイズルさんはネームバリュー加点がなくとも+3を得られる文句なしの質です。でも後半がなーーーーGPFまでにいい感じに濃くしてくれないかなー?ほらまたオリンピックで「他のカップルとの差がゴニョゴニョ」ってなったら嫌じゃないですか。テッサのリフトされる力と飛び乗り力高い。チョックさんと双璧を成すリフトされる上手さ。

カペラノ
カペラノはいつものカペラノでした。ライフイズビューティフルと想像した通りのプログラムがはいドーン!これは家族のうち、妻と息子が生き残って、夫はナチスに殺されてしまうストーリーがあるはずなんですけど、常にハッピーでした。汽車に乗せられる展開があったので死んでいるはずなんですけどね。演技後半は心情表現重視なのでしょうね。この想像の域を出ないあたり、安心する。

ハベドノ
ツイズルで回転数がバラけたものの、全体的な質は悪くなかったです。ダイアゴナルステップでお互いを長髪し合うようにそれぞれがディープエッジでギュイギュイ滑って行くさまがタマランチ会長です。ステップが前半に固められていて、スピンやリフトが後半に集まっているのに、あまり偏っている感がありません。逆に必須要素のステップを集める事によって、自由にトランジションでディープエッジを見せつけられる利点があるのかもしれませんね。カペラノが古きよきというか新採点初期から変わらないダンスを見せているのに対して、ハベドノは新しい時代のダンスだなと思いますね。それぞれがいい。

今日はちゃんと「お疲れ様でした」と言えたスコット・モイアさん。よくできました!

トップ3はそれぞれ1つずつステップでレベル4を獲得しました。シニカツはステップとリフト2つでマイナスや加点の伸び悩みがありました。きちんとレベルと加点を獲るとステブキのベストと同程度になりますね。横一線ですわ。どちらかが圧倒的に格上ならオリンピックで見られないのを諦められるけど、同格だと見られない悲しさが倍増します。やだあ。

テサモエが連勝でファイナル確定。ハベドノは2位3位でボブソロと並んだものの、合計スコアでハベドノが上にきました。2位3位でいっぱい並ぶのかなー?
back-to-top