FC2ブログ
2014
01.14

レイチェル・フラット 引退


「この17年間の素晴らしいスケーター人生は、たくさんの人の支えがあってこそだった。全ての事に感謝します。」

レイチェル・フラットが最後の全米選手権を終え、競技生活に別れを告げました。引退記念のパーティーも行うとの事です。2010年全米選手権優勝、2度の銀メダルを獲得しましたが、2011年の世界選手権は怪我で大失速。怪我を隠しての出場だったこともアメリカで激しいバッシングを受けたこともありました。スタンフォード大学に入学し、そのままフェードアウトという辞め方もありましたが「今年が最後」と宣言して、きちんと全米選手権に出場した。3Lzや3Fも降りました。一時は彼女1Aしか跳べなかったんです。それなのにここまで戻してきた、意地とプライドを感じる最後の演技でした。イーグルとイナバウアーとエデンの東は誰もが忘れないでしょう。僕はロマンティックラプソディーが大好きでした。


Comment:12
2012
11.02

悲しいこと2つ

http://www.usfsa.org/Story.asp?id=48610&type=media

レイチェル・フラットが足の怪我を理由に、シーズン全ての試合の欠場を発表しました。怪我の治療と大学での学業を中心に過ごして行くそうです。また来シーズン、コンディションを整えて姿を見せて欲しいです。出てくるとすれば全米でしょうかね。

http://www.skatecanada.ca/AboutUs/NewsDetails/tabid/2157/sni[2797]/2117/language/en-US/Default.aspx

そして、カナダのミリアン・サムソンが引退を発表しました。昨シーズンは怪我のために全欠していましたが、また痛みが戻ってきたための決断だったそうです。引退後もフィギュアスケートに関わり続けて行くというのは嬉しいです。彼女も素敵な滑りをする選手なので、そんな滑りのスケーターを育てて欲しいです。

カナダは2010年の表彰台、誰もいなくなってしまいましたね。

Comment:0
2012
01.29

全米選手権 女子リザルト

オハヨープリン
最終2グループに力を温存するために前半は書きません。
クワンは全米フィギュアスケート殿堂入りでした。世界殿堂の方もいずれはするでしょうね。

元気な時は良いですけど、疲れている時に藤吉さんの実況はちょっと・・・ってなります。
19歳をベテランというのはなあ。せめて22、23ぐらいからだと思う。

女子リザルト
1 Ashley Wagner, SC of Wilmington 187.02
2 Alissa Czisny, Detroit SC 180.00
3 Agnes Zawadzki, Broadmoor SC 174.10
4 Caroline Zhang, All Year FSC 173.19
5 Christina Gao, Northern KY SC 166.36
6 Rachael Flatt, Broadmoor SC 164.98
7 Mirai Nagasu, Pasadena FSC 163.99
8 Angela Wang, Salt Lake Figure Skating 158.66
9 Vanessa Lam, All Year FSC 157.62
10 Kiri Baga, FSC of Bloomington 149.38
11 Nina Jiang, TX Gulf Coast FSC 146.42
12 Leah Keiser, All Year FSC 145.55
13 McKinzie Daniels, Broadmoor SC 140.42
14 Joelle Forte, SC of NY 139.82
15 Yasmin Siraj, SC Of Boston 138.83
16 Haley Dunne, WA FSC 136.28
17 Sophia Adams, All Year FSC 125.22
18 Morgan Bell, Rocky Mountain FSC 112.48
19 Aimee Buchanan, Colonial FSC 101.89

リア・カイザー
3Lz-3T 2A fall 3Lo 3F-2T 2A-2T 3S so 3Lz fall
転倒が2つありました。2つ目のジャンプは2A-3Tを入れたかったのでしょうね。
この年齢でドクトルジバゴを滑るのはよく分かりませんが、能面のような無表情にならずに音楽の盛り上がりの時に笑顔で顔を上げて滑っていたのはとても良かったです。

シラジ
3F fall 3Lz-2T 2T+2A 1S 3Lz hd 3T hd 見逃した何か
3Lz-2T以外全てのジャンプで失敗してしまいました。軸もタイミングも全て狂っているような感じでした。
うーむ残念。

ニンジャことニーナ・ジャン
3Lz fall 3T 3S 1Lo 2A 2A-2T 3T-1Lo-1Lo
3つのジャンプで失敗が出ました。最後の3Tは一度タイミングを逃したのに無理矢理入れてきて成功させたのがすごいです。後半の2A-2Tのセカンドは腰に手をあててのジャンプでした。みどりが昔よくやっていましたよね。
由希奈のトゥーランドットといえば、リンクサイドのコーチの跳ね方。

レイチェル
3Lz 2F 3Lo 3F-2T-2Lo 3S 3Lo-2T 2A-2T
ジャンプが少し怪しいところはありましたが、まとめてきました。スタイルからして万全では無いと思いますが、今出来ることをがんばりました。ステップのあのエネルギーはいつもの彼女でしたね。火の鳥はメジャーで割りと使われることが多いですけど、表現するのは難しいですよね。リズムが一定というわけではないですし。
衣装は羽根みたいな模様で、背中のところも素敵だと思います。スカートはもう少し長かった方が素敵だったかも。

ラムだっちゃ
3Lz-2Lo-2Lo 3F-2Lo 3Lo so 3T 2A+2A 3F fall 2Lz
後半のジャンプが乱れてしまいました。美しい音楽なのに最初から最後まで彼女自身の滑りの雰囲気は変わりません。ステップの時のエッジが浅くて、カツカツしているように見えました。基礎点は高くてもコンポーネンツがなかなか。昨シーズンと同じプログラムだったと思いますが、表現面での成長がそんなに感じられないです。スピンも素敵なので、レベルとるだけではなくて、もう少ししっかり回って迫力を出してGOEも稼いで欲しいです。

ガオーさん
3F-3T 2A 3Lz 3F 何か 2S so 3T
1つジャンプを見逃してしまいましたが、ジャンプはかなり良かったです。高さと流れのあるジャンプは見事。SPでもLPでも2Aを降りられて良かったです。コレオスパイラルのグラグラと、その後の何を表現しているのかよく分からないトランジションで目が覚めました。あそこらへんいただけません。

ミライ
3Lo-2Lo 2A-2T 3Lz-2T-2Lo fall 3Lz fall 1F 3Lo 2A
トゥジャンプの失敗が目立った演技でした。ジャンプの失敗もありますが、全体的に印象に残らない演技でした。先ほどグレボワがスパルタカスを滑っていましたが、彼女の編曲と比べると、無理矢理感が目立つと思います。
どういう理由の不調なのか分からないです。

キャロライン
3F so 3Lz-2T 2A 3Lo 3F-2T-2Lo 3Lo-2T 2A
ステップアウトが1つありましたが他は良かったです。SPの時と比べても動きが良かったですし、スピンは速くなっていました。他の選手と比べるとエッジが浅かったり、リンクの使い方が不十分であることは彼女の永遠の課題であると思います。クワンなんてリンクの使い方狭いままフェードアウトしましたからねっ!
彼女のお姉さんがかなりグラマラスな方なので、キャロラインも同じように遺伝でそうなるのでしょうけど、よく絞りに絞っていると思います。がんばりました。
3年ぶりに全米の表彰台確定です。かえってきたウルトラマン並みに帰ってきました。

アシュリー
3F-2T-2T 2A-3T 3Lz 3Lo 1S 3Lo-2T 3F df?
サルコウの抜けと最後のジャンプに怪しいところはありましたが、とにかくエレメンツの配置が絶妙ですよね。勢いのつけたジャンプの成功で盛り上げて、腕の動きの美しいシットスピン、そして強烈な表情のスパイラル。振り付け振り付けまでに指先まで振りが徹底されていて素晴らしかった。滑りでは少し水を開けられるので、コレオグラフィー、インタープリテーションこういうところではしっかりアピールできたと思います。
アメリカのオシャレ番長さん素晴らしかったです。

シズニー
3Lz hd 2A-2T 3F 3Lz<< fall 2A 3Lo 3Lo-2T-2Lo
3Lzを両方ミスしました。今日はジャンプの回転が少し怪しかったです。なんでシズニーさんの衣装はおぱんつスケスケ風味なんでしょう?あんまりお上品に見えない(´・ω・`)
とても悪い出来とまでは行きませんでした。ミスがあったからなのか、後半はもう一つスケーティングが伸びなかったのが残念。

ザワツキー
2A-3T 3F 3Lz fall 3Lz-2T 3S fall 2T df 2A
2A-3T、3Fと課題のジャンプを成功したのでこりゃノーミスくるぞ!とdkdkしていたのですが得意な3Lzで転倒してしまいました。そこからミスが立て続けに出てしまいました。
滑り自体はスピードに乗っていたのでどんどん上手くはなっているんでしょうけどね。
この衣装ってユナの007の形状+ピアノコンチェルトの色味ですね。好きなのかな?


アシュリーが初優勝でした。両足のジャンプが3つぐらいあったみたいですね。
シズニーはインタープリテーションに6.50をつけられていますが、こういうジャッジがいてもしょうがないです。確かによく分からないプログラムではありますし。
本当に全米は演技よりけりな点数のつけ方ですねー。それがあるべき姿ざますよ?

放送時間が1時までだったのでアシュリーのリプレイが始まって20秒で設定して録画できて、表彰式を完璧に補完できてすごくハッピー。

明日は死のロード最終日、男子LPです。朝4時からなので今日はゆーーーーーっくり寝られます。
目覚ましで起こされることもないし、サイレントにして着信きても無視できるようにして男子に備えてフルパワーでいきます。
みなさん、さっさとDVDやブルーレイに落としておかないと2月に入って四大陸、SOIのBS放送、カップル競技でてんやわんやになりますよ。
今日はBSでユース五輪のまとめみたいなものもあるので、スケート選手が出るかもしれないので見られない人は録画をオススメしておきます。

ということで、おやすみなさいませ。
Comment:2
2011
11.25

ロステレコム杯 1日目 女子SP

7時59分パソコンがフリーズ。
コンセントを引き抜くの巻。

ロシアの大会で、ヴァンガード(日本のカードゲーム)の広告とか。ほけんの窓口もたいがいですけど、フィギュアスケートの大会で、こんな酷い広告は無いわ。絵付きなんて笑ってしまいました。NOVAとかタケモトミアノ・・・日本の企業が無かったら、間違いなくISUは運営できませんね。

女子SP
1 Mao ASADA(日本)64.29
2 Alena LEONOVA(ロシア)63.91 PB
3 Adelina SOTNIKOVA(ロシア)57.79 PB
4 Sofia BIRYUKOVA(ロシア)56.30 PB
5 Kiira KORPI(フィンランド)55.81
6 Haruka IMAI(日本)55.20
7 Agnes ZAWADZKI(アメリカ)53.81
8 Rachael FLATT(アメリカ)53.36
9 Amelie LACOSTE(カナダ)50.63
10 Christina GAO(アメリカ)39.64

ビリュコワ
は見られなかったです。動いたときには。ステップだったので。3T-3Tと2Aを決めたのはリプレイで見ましたが。

ソトニコワ
3Lz fall 3F-2T 2A
中国と同じくルッツでの転倒でした。入るまでに見るからにスピードが無く、こりゃ転倒するだろうなーというジャンプだったので、別に驚きはしませんでした。
スピンは3つとも綺麗ですし、2つのジャンプも成功だったのでGOEは+をもらえていると思います。ステップは長すぎです。こんなジュニア上がりの選手に、長すぎる・難しすぎるステップを与えてもしょうがないのに。まずは今シーズンは名前を売るシーズンでしょうに。戦略がわやくそすぎるような。
衣装は前のものよりもこちらの方がいいと思います。安藤さんのボレロっぽい色味。スカート長いのは引っかかるから無理なんでしょうね。
思ったよりも点数が出ました。中国と同じぐらいだと思っていました。
好きな選手なので、どうしても見方が厳しいというか、細かいところまで気になってしまいます。

ザワツキー
3T-3T fall 3Lz 2A
3-3のセカンドで転倒はありましたが、調子はNHK杯の時よりも良さそうに感じました。スピードが無いように思いました。昨シーズンはもっとあったように思います。このプログラムに合わせているだけかもしれませんけども。
意外とお乳が無かった。身長の高さと美人な顔でごまされてました。

ガオーさん
3F so 2A fall 1Lz
演技の序盤からグングンとスピードにのって、こりゃ良い3-3跳ぶぞーと思っていたらまさかのステップアウト。課題のアクセルは転倒、ルッツはシングルと全てのジャンプでミスがありました。ジャンプの点数全て合わせて5点ぐらいしかもらえないですよね。テクニカルで稼ぐタイプの選手なので、このミスは残念でした。

ラコステ
2A 3Lo-2Lo 2Lz
もうルッツ入れない方がいいんじゃないかと思うのですが。これは表彰台に乗るか、8位9位ぐらいかっていう博打のあれなんでしょうか。それなら分かりますが・・・。ここまで成功しないのに入れているのってどうなんでしょう。動きも滑りも良いので、あとはルッツとフリップ入ればってだけなんですよね・・・・・。

チンクワンタがいました。
あなたが来るお金で、1人でも多く参加させてください。

あらかーさん現地にいらっしゃるんですね。カメラに抜かれていました。

今井
3F-2T 3Lo 2A
荷物が届かなくて、アボットくんと2人で(´・ω・`)(´・ω・`)となっていたと思われる彼女ですが、きちんと届いたようでよかったです。
コンボとループはコントロールされていて、いい質でした。コンボは全ジャッジが+出さないと納得できないです。アクセルは無難に。スケアメの時と同じく、流れのあるスケーティングにうっとりでした。良いプログラムですね。有香さんの教え方もいいんでしょうね。

レイチェル
3F-2T 3Lo 2A
てえええええええええええい世界中で天井カメラ使うな!
ついに、ついにSPからルッツが消えました。練習不足なんでしょうか。ジャンプでミスが無かったのに、全然プログラムが締まらない。スピードが無くて、エレメンツ一つ一つもぼやけてしまっていました。素敵なはずのステップも、エッジはそれほど深くなかったですし・・・。
今井より低いコンポーネンツですが、それでも仕方無いと思うような演技でした。

真央
2A 3F-2Lo 3Lo
今日は3Aは無しでした。練習の映像でのアクセルを見ていましたが、助走をつけて、プログラムの中ではない物で見るからに回転が足りていなかったので、外して正解だと思います。最初から成功し得ないものを入れるのは無謀です。
コンボスピンの入りでブレて、キャメルでスピードが出せなかったので、スピン全体のスピードも無かったです。他のスピンもそれほどスピードがあったようには思えませんが、昔に比べたらずいぶんと丁寧になりました。昔なんて、取りこぼしまくりでしたからね。
アクセルがトリプルになれば69点~70点ぐらいってことですね。

キーラ
3T-2T 3Lo ot 1A
久しぶりにここまでSPが崩れました。昔のキーラに戻ったみたい。スピンは昔に戻っていませんけどね。昔はすごいポジションと回転軸でしたから。3つのジャンプが予定通りに入らなかったことで10点近く失ってしまいますね。ナショナルは当然優勝するでしょうから、目標はちょうど2ヶ月後のヨーロピアンですね。彼女の本番はここだと思います。ここまでにまずは3T 3Lo 3Sの3種類は確実にすることですね。できればルッツも入れられるといいですね。フリップはもういいと思います。
10点近く失ったと書きましたが、クリーンに滑っていたら真央の上に来ていたかもですね。

レオノワ
3T-3T 3F 2A
3-3は今日も素晴らしかったです。テンションが上がってしまうのは分かった。けど、頼むからもう少し落ち着いてスピンをコントロールしてください。毎度恒例のステップの間延び・・・・・。でも楽しそうだから良いですよ。スピンの軸を除けば良い演技でしたから。
今回も髪型を変えて、前とは違って、ストレートではなく、少しウェーブがかかた髪になっていました。NHK杯のときのパッツン前髪でストレートの方が可愛かったのに(´・ω・`)
リンクサイドでレオノワコーチに抱きつくモロゾフ。これは五輪シーズンのTEBでの織田母へのハグを彷彿とさせます。
パフォーマンスとインタープリテーションが真央より高いですね。これは妄信的な一部の真央ファン発狂ですね!勝手に発狂してください。

日本ロシアロシアロシア。ロシア怖い怖い。

にしても、もうちょっと点数のつけ方落ち着こう。NHK杯と同じぐらい、もりもりしすぎですぞ。全員に。
この点差、コンポーネンツの差から考えて、真央とレオノワの1位と2位はかなりかなーり固そうです。

真央とレオノワはステップレベル4ですね。
今井の3F-2Tに+が少ない・・・・・ねーわ。この一点だけ白ける。
Comment:13
2011
10.30

スケートカナダ 2日目 女子リザルト

おはようございます。
起きたら、女子のウォームアップが終わる1分前でした。Good timingではなくGod timingでした。目覚ましもかけずに、このタイミングは・・・・何か降りてきている。

女子LP
1 Akiko SUZUKI(日本)119.44
2 Elizaveta TUKTAMISHEVA(ロシア)117.81 PB
3 Ashley WAGNER(アメリカ)110.98
4 Alena LEONOVA(ロシア)102.47
5 Mirai NAGASU(アメリカ)98.99
6 Amelie LACOSTE(カナダ)95.80
7 Cynthia PHANEUF(カナダ)92.00
8 Sarah HECKEN(ドイツ)86.21
9 Adriana DESANCTIS(カナダ)82.34 PB
10 Rachael FLATT(アメリカ)73.99

女子リザルト
1 Elizaveta TUKTAMISHEVA(ロシア)177.38 PB
2 Akiko SUZUKI(日本)172.26
3 Ashley WAGNER(アメリカ)165.48
4 Alena LEONOVA(ロシア)152.22
5 Mirai NAGASU(アメリカ)151.72
6 Amelie LACOSTE(カナダ)146.40
7 Cynthia PHANEUF(カナダ)140.70
8 Sarah HECKEN(ドイツ)130.71
9 Adriana DESANCTIS(カナダ)129.48 PB
10 Rachael FLATT(アメリカ)128.22

ファヌフ
3Lz 3T-2T 2Lo 2S 3T-2T 3Lo fall 2A so
せっかく課題のルッツを成功したのに、またルッツが1本に戻ってしまいました。それはいいとしても、ダブルになったジャンプが2つ、後半の2つも失敗と出来は悪かったです。いつものような氷を撫でるようなタッチの柔らかいスケートとは言えなかったです。本来の彼女の滑りではありません。彼女の滑りは現役の女子選手では5本指に入ると思うので、滑りでは本領発揮して欲しかった。
昨シーズンと同じプログラムでしたが衣装をチェンジ。首の飾りとイヤリングは揃えていて素敵だったのに、メロンみたいな色に淵が黒。しかも切れ込み入れすぎ。白で良かった。いや、昨シーズンの素敵な白い衣装で良かった。カムバック。

レオノワ
3T-3T 3Lo ot 3Lz e(と思われる)3F-2T 3S-2T-2T 3F 1A
ルッツがフリップかやっぱり分かりません。3番目か6番目かどっちかがルッツです。ミスは多くは無かったのでジャンプを見ると、なかなかの出来だったと思います。しかし、音楽のBGM感が拭えません。何を表現しているのかよく分かりませんでした。ステップの表現だって、テンプレ表現過ぎておもしろくない。レクイエム・フォー・ドリームなら腕ぶん回しててりゃいいみたいな振り付けがなぁ・・・。感情なんて、常に強強強っていうわけじゃなくて、起伏があるものなんだから、そういうところまで表現して欲しい。もうジュニアではないんですし。
衣装は安藤さんのブラックスワンみたいな衣装。素敵だと思います。

ラコステ
3Lo 2Lz 3S-2Lo 1F 3Lo-2T 2A so 2S
ワニちゃんワニちゃん。ジャンプの抜けが多かったです。昨日言ったとおり、今回もルッツが抜けました。得意のループを成功させたのはさすがですが、これだけ抜けると厳しいです。
曲はエビータの中のDon't cry for me Argentinaのピアノバージョンでした。この音源は部屋で聴いている分には良いと思いますよ。美しい音色で。しかしフィギュアスケートで、しかも4分間滑るにはあまりにもインパクトがなさ過ぎます。エレメンツを入れているところではいいですが、トランジションの動きのところは、トランジション入れていないことがモロに分かって、曲で誤魔化すって言い方は悪いですが、それも出来ない。後半は音源を変えて、オーケストラのものも入れた方が僕は良いと思うのですが。

ミライ
3Lo-2T 2A-2T 3Lz-2T-2Lo 3Lz df 3T 3Lo 2A
こ・・・れ・・・は・・・。3種5トリプル構成とな。コンビネーションを前半に固めて確実に点数をとっていく作戦なんでしょうね。ループを2回なので、最初から2A-3Tも入れるつもりは無かったんですね。後半のジャンプには回転不足っぽいジャンプがいくつかありましたが、どう判定されているでしょうか。ルッツのエッジ怪しい。
SPもLPも彼女のカラーでは無い新しい分野への挑戦なので、シーズン後半を楽しみにしています。衣装は前の物とは違っていると思いますが、こちらの方がそういう時代の服っぽくて、ふわふわした生地で良いと思います。
スケーティングスキルはまあまあもらっているのに、他はがっつり下げられています。

あっこちゃん
3Lz 1A-3T 3Lo ot 3Lo-2T-2Lo 3Lz-1T 3F 3S
1Aになって3T成功して、ループミスって、コンボ成功して、コンボミスって、フリップ成功。ツンデレジャンプと命名しましょう。少し表彰台を意識しすぎたのかもしれませんね。得点源である高難度のジャンプはきちんとしていたので、ある程度のスコアは期待できそうです。あっこちゃんらしい華やかなワルツでございました。途中のキャメルスピンってシャンデリアみたいに見えません?そんな風に妄想するのが楽しくなるプログラムなんですよねー。それとスパイラルのケリガンポジション、よくなりましたよね。昔よりラインが綺麗。セカンドトリプルだって、この年齢になって安定してきましたし、あっこちゃんどんどん進化しています。これだけミスがあって119点ってすごいですね。全体的に選手層が厚くなっているので、みんな似通った評価になりがちですが、普通に評価されれば、あっこちゃん7点台で納得です。
キスクラにはカメレンゴ。彫りが深すぎて、目が隠れてマフィア感すごい。

レイチェル
3Lo 3Lz hd 2F 3Lo-2T 3S fall 2F 2A fall
グランプリファイナル、2011ワールドに並ぶ出来ですね・・・。さすがに体が重すぎるように思います。スピードがかなり無かったのでジャンプに結び付けられなかったのかもしれません。スピードは2008-2009シーズンぐらい無いです。あのシーズンの海のプログラム、全米の時すごくスピードが無くて、力技で滑っていた記憶があります。あの時ぐらい無いですねぇ・・・。ううむ。
フランプリファイナルを下回った・・・・。20点台のテクニカル。

アシュリー
3F-2T tano 2A-2T 3Lz 3Lz fall 3S 3Lo 3F
転倒したルッツ以外はジャンプにミスはありませんでした。曲の雰囲気で押し切っていた感は否めないですが、腕の動かし方の上手さや目力はさすがでした。この衣装もただ羽があるだけではなく、ストーンを上手に配置して、頭にのせるティアラみたいなもようにしていたのが可愛い。襦袢はまさに神。もっともっと体を大きく動かしたらもっとよくなりそう。いつの間にジョン・ニックスのところに行っていたのですか?サーシャぐらい素敵なスワンになってほしい。
トランジション6.32とかなり厳しい評価(パフォーマンスは7.32)ですが、本当にトランジションは無かったので、仕方無いですね。雰囲気重視っぽいので。

タクタミシェワ
3Lz-3T 3Lz 3F 2A-2T 3Lo 3S-2T-2Lo 2A tano
ぐほっwwwwwこwwwwwれwwwwwはwwwwwデビュー戦でノーミスとか怖い怖い怖い怖い。昨シーズンのどの演技よりも出来いいじゃないですか。怖い怖い怖い怖い。客席のおばちゃんに挨拶してないじゃないですか。怖い怖い怖い怖い。この年齢で色気と哀愁なんで漂わせてるんですか。怖いこ(ry
ジャンプノーミス、スピンもいいですよね。あのアップライトポジションの腕と目を伏せた表現たまりません。明と暗の表現の使い分け方が絶妙。この間ソトニコワのボレロと愛の夢を見ましたが、タクタミシェワの方がプログラムは良いと思います。それにこの安定感。1番手交代あるで。

タクタミシェワはジュニア上がりの大会で優勝。ユナも真央もできなかったことですね。すごい。レベルの取りこぼしがあったので、なくなれば120点は超えます。
あっこちゃんはスピン、ステップ全てレベル4で、eマークがついたのはルッツ1つだけ、回転不足なしの良い出来でした。今回のジャッジは厳しいですが、彼女だけ8点台をつけているジャッジがいます。
アシュリーはルッツに両方eマークがつきましたが、減点はかなり少なくなってきました。スピンは全てレベル4、ステップレベル3と良い内容です。
レイチェルは3Lo-2T以外全てのジャンプにマイナスがついていて、レベル4は一つもなしでした。厳しい内容になりました。

アシュリーもあっこちゃんもタクタミシェワもおめでとうございます。
シーズンの良い幕開けになったのではないでしょうか。表彰台の3人はそれぞれ良かったです。
Comment:2
back-to-top