FC2ブログ
2018
09.15

ロンバルディア杯 2日目 アイスダンスRD・ペアリザルト・女子リザルト

アイスダンスRD
1 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)76.03
2 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)68.20
3 Sara HURTADO / Kirill KHALIAVIN(スペイン)65.03
4 Jasmine TESSARI / Francesco FIORETTI(イタリア)58.08
5 Juulia TURKKILA / Matthias VERSLUIS(フィンランド)57.92
6 Robynne TWEEDALE / Joseph BUCKLAND(イギリス)57.16
7 Julia WAGRET / Pierre SOUQUET(フランス)54.39
8 Carolina MOSCHENI / Andrea FABBRI(イタリア)54.30
9 Victoria MANNI / Carlo ROETHLISBERGER(スイス)49.42
10 Chiara CALDERONE / Pietro PAPETTI(イタリア)49.10
11 Katerina BUNINA / German FROLOV(エストニア)41.97
12 Hanna JAKUCS / Alessio GALLI(ハンガリー)39.93

アスペクト比がおかしいのかみんな縦に伸びている。ギニャファブのスタイルがよく見えるし、栄養失調レベルの細さの方が何人も。

ギニャファブがぶっちぎり首位です。カペラノもカロリーナも不在のため、この大会はギニャファブにテエエエエイ!とハイスコアを出すためにあります。ファブリはヒゲを蓄えてイメージチェンジ。低い位置でのステーショナリーリフトよかったです。タンゴなので、ダイアゴナルステップはコンタクト多めでした。セパレートする時も、男女が求め合う様子を表現していたので、必然性がありました。とてもよかったと思います。ウルハリはハリャーヴィンが空気椅子するんじゃないか?ってほどに膝を使って滑っていました。こちらはまだ滑り込み不足の印象。

パーソンズは始動が早かったので滑り込みがすでにできています。カーブリフトは妹が足を組んで兄の膝に乗ります。これがセクシーでよかった。兄の表現力が大幅にアップしておりまして、まだまだこのカップルは上達していくでしょう。

フィンランドの2人はシングルから転向して3年目。アイスダンサーとして形になってきました。とはいえ、まだまだコンタクトは上位カップルほど上手くありません。ミッドラインステップでは、フラメンコを選択しました。ほぼノットタッチで構成しているので、フラメンコの方がいいですし、挑発し合う男女の関係性がよく分かりました。振付もとてもいいです。フランスの新カップル、ワグレ&スーケは衣装が独特でした。男性の衣装は巨乳の女性タレントがよく着るノースリーブタートルネックのようなデザイン。女性は黒メインで赤いお花がいっぱい。おもしろい。

ペアLP
1 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)126.78
2 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT(ロシア)123.65
3 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)111.25
4 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU(スペイン)99.13
5 Nica DIGERNESS / Danny NEUDECKER(アメリカ)96.93
6 Rebecca GHILARDI / Filippo AMBROSINI(イタリア)94.73
7 Lana PETRANOVIC / Antonio SOUZA-KORDEIRU(クロアチア)64.97

ペアリザルト
1 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT(ロシア)196.15
2 Aleksandra BOIKOVA / Dmitrii KOZLOVSKII(ロシア)191.99
3 Nicole DELLA MONICA / Matteo GUARISE(イタリア)178.18
4 Nica DIGERNESS / Danny NEUDECKER(アメリカ)150.83
5 Laura BARQUERO / Aritz MAESTU(スペイン)145.07
6 Rebecca GHILARDI / Filippo AMBROSINI(イタリア)143.21
7 Lana PETRANOVIC / Antonio SOUZA-KORDEIRU(クロアチア)105.91

ザビエン優勝。今回もザビアコが3Sを降りたのにエンベルトが失敗してしまうという。ザビアコの3Sが安定してきたというだけでもよしとしましょう。次で成功させてください。淡々としているプログラムです。低い男性ボーカルに変わったところでのスローループは迫力あります。これは絶対に失敗しないエレメンツなので、配置したのでしょう。ザビアコの髪形十勝花子みたいだな。ボイコズはLPだけでは1位でした。ソロジャンプの後に時間の余裕を作っているので、転倒しても音楽に遅れる心配はありません。今日はしっかり降りました。シニアで戦っていくとしたら、もっと詰めなければいけないですが、まずは降りるのが大事です。ミスはスローサルコウが両足着氷になったぐらいです。3人のジャッジが±0で評価してくれました。優しい。快調な滑り出しと言えます。

デラモデルはSPのスピード感とスケール感の小ささ気になりましたが、LPもあまり滑り込めていないようです。動きが小さくて面白味に欠けました。アクセルラッソーを持ち上げられなかったので加点含めて9点ほど失いました。ツイスト昨日より下手になっている。シーズン序盤だなという演技。今シーズンは上位勢が軒並み欠場なので、GPFに進出すればメダルのチャンスがあります。ユーロもザビエン、タラモロ、ヴァネシプのうち1組に勝てばメダルはほぼ間違いないです。だから、スロースターターと言わずに、着実に結果を残してほしい。

女子LP
1 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)140.38
2 Kaori SAKAMOTO(日本)130.94
3 Mako YAMASHITA(日本)126.89
4 Sofia SAMODUROVA(ロシア)120.77
5 Amber GLENN(アメリカ)107.68
6 Viveca LINDFORS(フィンランド)104.25
7 Micol CRISTINI(イタリア)99.03
8 Ivett TOTH(ハンガリー)98.14
9 Boyoung KIM(韓国)88.59
10 Klara STEPANOVA(チェコ)88.33
11 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)85.05
12 Sofia SULA(フィンランド)84.31
13 Eva Lotta KIIBUS(エストニア)81.66
14 Elzbieta KROPA(リトアニア)79.42
15 Antonina DUBININA(セルビア)77.37
16 Lea SERNA(フランス)76.79
17 Sara CONTI(イタリア)75.69
18 Chenny PAOLUCCI(イタリア)69.63
19 Greta MORKYTE(リトアニア)65.55
20 Michaela Lucie HANZLIKOVA(チェコ)61.05
21 Veronika SHEVELEVA(カザフスタン)61.04
22 Valentina MATOS(スペイン)59.25

女子リザルト
1 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)206.07
2 Sofia SAMODUROVA(ロシア)184.82
3 Mako YAMASHITA(日本)182.22
4 Kaori SAKAMOTO(日本)180.85
5 Viveca LINDFORS(フィンランド)166.93
6 Amber GLENN(アメリカ)166.25
7 Ivett TOTH(ハンガリー)153.35
8 Micol CRISTINI(イタリア)148.78
9 Nathalie WEINZIERL(ドイツ)138.66
10 Klara STEPANOVA(チェコ)134.97
11 Boyoung KIM(韓国)132.31
12 Lea SERNA(フランス)130.86
13 Sofia SULA(フィンランド)130.57
14 Eva Lotta KIIBUS(エストニア)130.09
15 Elzbieta KROPA(リトアニア)127.04
16 Antonina DUBININA(セルビア)121.77
17 Chenny PAOLUCCI(イタリア)116.24
18 Sara CONTI(イタリア)112.12
19 Greta MORKYTE(リトアニア)105.34
20 Valentina MATOS(スペイン)101.97
21 Michaela Lucie HANZLIKOVA(チェコ)101.28
22 Veronika SHEVELEVA(カザフスタン)96.44
WD Alisson Krystle PERTICHETO(フィリピン)

リーザ優勝。3Aはステップアウトですが回転は足りています。3T-3Tは入れずに2A-3Tを入れました。繰り返しのトリプルは3Lzしか使っていないので謎の構成。3Fも入れていないので、3Aを入れるメリットは相殺されています。決まったジャンプの質は高く、それで加点を積み重ねました。テストスケートでは、リーザを応援しているファンが多いのか大歓声でした。ロンバルディア杯は演技中に会場音を消すので、シンプルに演技と音楽だけを重ねるとプログラムの単調さが浮き彫りに。トランジションはほぼないですが、8.30と高評価。サモドゥロワは3F-3Tのセカンドがアンダーローテーション、3Lzが1Lzになりました。演技中盤から同じところをグルグル滑っている感じは気になりました。

山下は3Fにアンダーローテーション。後半は疲れが見えジャンプの回転不足に繋がりました。苦手な2Aにもミスがあります。坂本はLP130点で巻き返して4位。3Lzにマークは付きませんでしたが、はっきりとインサイド踏み切りに見えました。カメラ位置がいいので、0.25倍速再生してみると分かります。坂本は試合を重ねて調子を上げていくタイプだと思います。今大会は緊張がモロに出てしまって、彼女本来のスピードや勢いは出せなかったです。次、さらに次と調子を上げてもらえればいいですね。

グレンはアテンションの付く3Fではないと3Tに繋げられないのがなんとも。今回も2本ともアテンションでした。グレンとしてはかなりまとめた方なのですが、小さな減点が積み重なり、最終的にスコアは伸び悩みました。今日はソツコワではなく、ジェニファー・ローレンスっぽかった。

シーズン序盤なんて滑り込みができていなくて当たり前です。ドンマイドンマイ。次行きましょう次!
2018
01.06

全米選手権 8日目 アイスダンスSD

アイスダンスSD
1 Maia Shibutani, SC of New York
Alex Shibutani, SC of New York 82.33
2 Madison Hubbell, Lansing SC
Zachary Donohue, Lansing SC 79.10
3 Madison Chock, All Year FSC
Evan Bates, Ann Arbor FSC 77.61
4 Kaitlin Hawayek, Detroit SC
Jean-Luc Baker, Seattle SC 73.18
5 Rachel Parsons, Washington FSC
Michael Parsons, Washington FSC 72.69
6 Lorraine McNamara, Peninsula SC
Quinn Carpenter, Washington FSC 69.16
7 Elliana Pogrebinsky, Peninsula SC
Alex Benoit, Skokie Valley SC 66.41
8 Alexandra Aldridge, Detroit SC
Daniel Eaton, Ann Arbor FSC 61.21
9 Karina Manta, Coyotes SC of Arizona
Joseph Johnson, Broadmoor SC 58.29
10 Julia Biechler, SC of Wilmington
Damian Dodge, IceWorks SC 54.53
11 Elicia Reynolds, Ice Line FSC
Stephen Reynolds, Ice Line FSC 40.92
12 Cassidy Klopstock, Centennial 7k SC
Jacob Schedl, University of Delaware FSC 37.16
13 Ashley Bain, North Jersey FSC
Oleg Altukhov, North County FSC 31.17

大会が始まったの5時50分。配信が始まったの6時10分。マンタさん見られなかったよマンタさん。

アルイー
ちょっとぶりのアルイーでの全米であります。アルドリッジがめちゃめちゃうれしそうにしています。コーチは変わらずカメレンゴとクリロワ。楽しい雰囲気がビンビン伝わってきました。アルドリッジは乗りすぎだったぐらい。ケイティ・ペリー通常形態のような見た目でした。イートンは肩幅狭い。イートン痩せました?

マクカー
GPSでは動きのせかせかした部分が目立っておりましたが、それに関しては随分と緩和されたと思います。ツイズルは移動距離を出して美しく。リフトはポーズ美しく決まりました。下ろし方のボトンとした感じは少し気になるかもです。ミッドラインで男性が女性に近づきすぎて、2人の距離が一定ではないのも気になるところ。離れていても距離が一定ならきれいに見えるのですけどね。おそらく自分たちへの要求レベルを高い位置に設定しているのでしょう。なんやかんやと申しましたが、安心して見られるようになりました。

ホワベイ
これだけの胸毛を出せるジャンリュックを世界中の男子ダンサーたちも見習うべきです!聞こえているかディアス!サンバは特に盛り上がりました。手を繋いでのドヤドヤ振付に、小さなリフト風ムーブメント。2人はアメリカの中でも一際小柄なので、このような大きな動きを最後に入れるとウィークポイントがカバー出来ていいですね。

チョクベイ
昨シーズンはSDでやらかしてしまったので、今シーズンはいい演技で終わらせられてよかったです。レビュー前はオールレベル4でしたが、パーシャルもミッドラインもレベル3になったのは厳しい。全米のパネルがレベル3しかくれないという事は、本当に踏めていない証拠です。がんばれー!

ハベドノ
左上カウンターはステップだと大抵のカップルがレビューつくのですが、ハベドノはすんなりとレベル4の評価が降りました。それだけクリーンなのですね。見るからに絶好調でした。でも油断してはいけません。ハベドノは絶好調の時に失敗しやすいのです。remember 世界選手権。今日は男性のキーポイントがとってもらえなかったのと、ツイズルの最後バランス崩しかけました。危ないいいいいい怖いいいいいい。明後日は転倒するなするな。

去年まで選手として全米に出ていたカヌマクがキスクラに参上。

パーソンズ
ふわっふわっと小気味のよさを見せながらも、大きな滑りでグイングインとリンクをかき分けていく様が気持ちいいですね。スローパートのゆったり縦回しリフトや兄のフリーレッグの見せ方も効果的でした。上手いなあ。間延びする箇所が全然ないですもの。ジュニア上がりでこれだけ魅せるだなんて。

シブタニズ
シブタニズも絶好調です。スタートやステップ中のストップの使い方が上手いですよね。そこでキレキレのラテンアメリカンな動きを見せてくれます。その印象プラスで高速のツイズルとローテーショナルなんて、盛り上がらないはずがない。2人の技術と振付師の勝利ですよ。

ポグブノ
今日は7番滑走でエリシア・レイノルズさんがツイズルで2転倒を喫しまして、ツイズル2転倒といえばブノワなので、もちろん過りましたよね。そして無事通過しました。1回の失敗で引退するまで心配されるのでしょう。フランス系の名字というのも大きい。お尻をプリンと出したキュート&キレのある振付から始まるプログラムでして、最初のエレメンツはパターンダンス。キレのある振付から、パターンの足裁きにシャープさを出して流れを作れるときっとさらに素敵になるのでしょうね。せっかくの美脚アピールプロなので、流れが途切れるともったいない。

シブタニズはパーシャルもミッドラインもレベル4なのにパターンのレベルを取りこぼす珍しいミス。ハベドノはレベル3が3つあってもこのスコア。ツイズル普通にレベル取れてなかった!そして国内のPCS評価でチョクベイを上回りました。ついに入れ替わってしまうのか!?上位3組は+2以上、PCS9.00以上しか出ていません。

圧巻の世界最強の選手層でした。
2017
11.26

スケートアメリカ 2日目 アイスダンスSD

先週までのポイントをおさらい
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON FRA 15 15 30
2 Tessa VIRTUE / Scott MOIR CAN 15 15 30
3 Madison CHOCK / Evan BATES USA 13 13 26
-ファイナル確定-
4 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE USA 11 13 24
5 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS 13 11 24
6 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN 13 9 22
8 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI USA 15 X
10 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE ITA 11 X
11 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV RUS 9 X
12 Piper GILLES / Paul POIRIER CAN 9 X
13 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER USA 9 X
14 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO RUS 9 X

シブタニズは4位以内、それ以外のカップルは優勝で自力でGPF進出が決まります。実現可能性があるラインで考えますとシブタニズはほぼ確定。カペラノはボブソロの2戦合計スコアを超えて2位にならなければならないので、181.03以上で2位以内ならGPF進出が確定します。最後の1枠はボブソロになるのかカペラノになるのか。ウィバポジェのGPF落選はフランス国際SD終了時点でも予想出来なかったです。

アイスダンスSD
1 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)79.18 PB
2 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)72.70
3 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV(ロシア)68.72
4 Tiffani ZAGORSKI / Jonathan GUERREIRO(ロシア)64.20
5 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)64.07
6 Kana MURAMOTO / Chris REED(日本)62.30
7 Kaitlin HAWAYEK / Jean-Luc BAKER(アメリカ)62.15
8 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)58.36
9 Shiyue WANG / Xinyu LIU(中国)55.57

赤ゲレ
ツイズルは素晴らしい移動距離でした。ファーストとセカンドツイズルの間のステップは移動距離重視で進むようになっているようです。女性の存在感に男性が呑み込まれている気がします。

ワンリウ
パーシャルステップで男性が小さなスタンブル。ジャッジ席前の目立つ位置でのスタンブルでした。体格差を生かしたストレートラインリフトは、持ち上げる前に一呼吸「せーの!」の構えがありました。どれだけシームレスに繋げるかの勝負においては、これさえも命取りとなります。そこから怒涛のミッドラインとなりますが、進むにつれてバタバタとしてきた印象。

かなクリ
ツイズルはそれぞれの回転が速いです。元々クリスのツイズルが不安定だったので、乗るエッジを変更する際にじっくり時間を取る必要がありました。でもあまり間を作らなくなったのは、それだけ安定してきた証拠なのでは。膝の痛みの心配がなくなり、スケーティングに膝の沈み込みを使えるようにもなったので、演技に厚みが出てきました。同じアジアのライバルに各項目0.25以上の差をつけ、明確に格上の評価をもらえたのは非常に大きいです。

ホワベイ
ビュンビュンスピード系ミッドライン。ツイズルでは女性のサードツイズルに少しだけ停滞がありました。トランジションの観客の心を煽るド派手な振付が印象的でした。エレメンツ外の方が目立っていました。ジャンリュックのように臆する事なく胸毛を見せましょう。

シニカツ
ファーストツイズルで男性が出遅れたので、これまでならツイズル競争で抜き返すところですが、今シーズンは一味違います。追い抜かずに仲良くゴールです。女性の動きが停滞しそうになると、すかさず男性がその倍動いてカバーするスタイル。でもバランスが悪い感じはないです。髪形がラジオノワっぽい。今日もシニツィナの腹筋がイカつい。

パーソンズ
やけに顔が似て見える日本時間午前10時25分。横顔が同じ事に気がつきました。やっぱり兄妹だなー。セカンドツイズルで回転数が合わなかったのでレベルが下がってしまいました。兄が低音のナイスボイスしてる。上ずった声だと勝手に思っていた。

パイポー
ツイズルの回転と移動距離を過剰に雄大にしたせいで男性が回りすぎるという。金持ちの家に置いてある孔雀の剥製と、それに積もった埃を除去するモップの出会いを描いた新しい視点の作品。なんて事はない。レベルがなかなか揃えられないです。シニカツよりもPCSが下の評価。ジワジワとPCSが下落しています。

シブタニズ
男性のヌーディーな衣装が一見おかしく見えます。でもこれは女性のドレスの上体部分の問題の方が大きいと思います。色合わせずにもっと明るい色にしてしまっていいと思うんですよね。似た系統にするから同化して裸族に見えちゃう。ルンバのパターンはネットリではなく、2人の明るい雰囲気と清潔感を残しつつ行われました。滑るカップルによって、ここまで違う物に見せられるんだなと関心させられました。魅せ方が上手い。素晴らしかったので、6年前のルンバの事は記憶の隅に封印しておきますね。

カペラノ
こんなダンサー実在しそう部門1位のラノッテさん。ふざけた感じを出してからキレキレで踊るダンサーいるいる。ほんとレベル獲得だけなんですよね。オリンピックのメダル争いに絡むためにはSDで最低77点台には乗せておきたい。

シブタニズはミッドラインがレベル3でした。カペラノはパターンがレベル1、パーシャルがレベル2でした。そりゃ点数出ないですよね。シニカツもカペラノと同じレベルの取りこぼしをしています。パイポーはツイズル、パーシャル、パターンがレベル2でした。かなクリはパータンがレベル1。皆さんかなりの取りこぼしが見られます。カペラノはFDで108.33以上を出して2位になればGPF進出が決まります。出せるスコアなだけにミスは許されません。
2017
10.20

ロステレコム杯 1日目 アイスダンスSD

アイスダンスSD
1 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)77.30
2 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)76.33 PB
3 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN(ロシア)71.32
4 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)69.67
5 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)68.99
6 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV(ロシア)64.14 PB
7 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)59.41
8 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)55.64
9 Nicole KUZMICHOVA / Alexandr SINICYN(チェコ)54.39
10 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)53.11

ポポモズ
ポポワたんの三つ編みサソリの尻尾みたいだ。毒持ってるでしょこれ。ターコイズブルーのサソリなんて怖すぎる。ポジションはすごいけど、あまり美しく見えないステーショナリーをクリアして、いいGPSデビューになったのではないでしょうか。ポポワたんが自制した滑りをしていて驚きました。

クズシニ
クズミチさんの衣装は他の課題でも再利用出来そう。背中ザックリ開いているけれど、面白みはないかな。要素をおこなう事に集中していて、ラテンの楽しい雰囲気はあまり感じられませんでした。クズミチさんは健康的な美女なので、ワチャワチャ楽しいのがいいのに。

アリアル
本来男女ともに黒衣装は許されない甘えですが、スカートの角度と丈で攻めているので許されるアガフォノワさん。長身で脚が長いので、ミニだと一層アグレッシブに見えます。セカンドツイズルで足をついたので、4点強失いました。ウチャルさんが上手くなっている気がします。

マリロマ
鼻ツンツンさせてから演技始めるのかーーーーーーーウン千人の前でイチャイチャしてからに。ノットタッチの途中、ホップしてからアウトサイドにエッジを倒す際に妻が転倒。転倒がなければ60点いけたのかもしれません。

パーソンズ
シニアカップルの中に入っても見劣りしないスピード。というかこの5組の中で一番無理なくスピードが出せています。さすがのスキルの高さです。さすがに少し大人しくは見えますが、いずれ溶け込むと思います。最後のエレメンツのツイズルで兄が失敗。途端に兄が頼りなく見えました。明日は頼りがいのある兄でいてください。

ステブキ
難しすぎる入りのツイズル決まりました。中盤までは変曲でも慣れてきましたが、サンバの入れ方とか踊り方がやや強引に思えますね。あと、昨シーズンのスウィングと同じやんけ!という事。結構点数高い。

パイポー
ポールがファーストツイズルの回転でミス。気品のあるラテンのプログラムを目指しているのかもしれませんが、FDもそうですけど、伝えたい事が分からない。

ギニャファブ
セカンドツイズルで女性の回転にミス。スピードとキレは素晴らしかったです。ヤクザの鉄砲玉が奇襲をかける前夜に好きな女の所に行くみたいな展開で僕は好きです。

シブタニズ
ひでおの着ている肌色の衣装は、これをもっとスケピチにした感じのラテンアメリカンダンスの物たくさんありますよね。はるみの方が襦袢が変だ。ラテン課題なのにいつものスリットがない!シブタニズのセクシー担当ははるみだったのに、今回はひでおが奮闘。セクシーさはないけれど、ダンスっぽさはありました。

ボブソロ
化けた。驚きました。テストスケート、オンドレイネペラと滑ってきて「これはオリンピックのメダル争い絡めんわ」と思っていましたけど、ボブソロのキャリアの中でもこんなにディープエッジで、クリーンに滑れた事ないと思いますね。すごく研ぎ澄まされた演技でした。特にボブロワが絶好調でガンガンエッジ倒して滑っていました。

シブタニズは本来のダンスっぽさを崩さずアイスダンスに落とし込む事に重きを置かれています。対してボブソロはスケートという事に重きを置き、滑りながら演じています。どちらを上にするかはジャッジの好みですね。それぐらい方向性が違います。
2017
09.22

オンドレイネペラトロフィー 2日目 アイスダンスSD・ペアリザルト

2日目にダンスとペアだけという珍妙な日程。

アイスダンスSD
1 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)71.08
2 Rachel PARSONS / Michael PARSONS(アメリカ)67.48
3 Betina POPOVA / Sergey MOZGOV(ロシア)60.98 PB
4 Shari KOCH / Christian NÜCHTERN(ドイツ)58.04 PB
5 Yura MIN / Alexander GAMELIN(韓国)56.66
6 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)55.48
7 Cortney MANSOUR / Michal CESKA(チェコ)52.28
8 Allison REED / Saulius AMBRULEVICIUS(リトアニア)51.74 PB
9 Olga JAKUSHINA / Andrey NEVSKIY(ラトビア)51.38
10 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)50.48
11 Yuliia ZHATA / Yan LUKOUSKI(ウクライナ)43.96 PB
12 Aurelija IPOLITO / Malcolm JONES(ラトビア)38.58
13 Kimberley HEW-LOW / Timothy MCKERNAN(オーストラリア)35.18

ポポモズ
大きなパターンが気持いポポモズ。背も大きいからパターンも大きい。でもリフトはゆっくり。くるくる系リフトは目立ってしまうからカーブやストレートラインでもいい気がするんですけどね。モズゴフが道着風衣装だから、これはきっと道場帰りの青年が美女に誘惑されるストーリーなんですね。

アンルイス
シニアに上がってきたー。演技開始時からアバチキナの衣装のフリンジが房に見えてしまって、緑×紫×白なんて見るからにお守りカラーだから、アバチキナお守りじゃん、交通安全のために車内にぶら下げてあるやつじゃんということが頭の中をグルグル。あ、演技。トーロンが意外なことにラテンっぽくて、彼もフランス男子なのだなと思わされました。

ミンガメ
とってもシュピルプロでした。ツイズル途中の振付何か違う気が。セクシーでもなくエネルギッシュでもなく、朝のゴルフ場のおじさんの「ハッスルしちゃうよー」みたいな。パーシャルでのガメリンのイナバウアーはかっこいい。ファビアン・ブルザさんはお気に入りのフードつきジャケットとサングラス。

ボブソロ
パターンダンスの深さ。リンクの真ん中の方まで、ずずずいーっと。あまり凝ったプログラムとは思えませんが、サンバのテンプレフィニッシュするならボブソロぐらい前の流れをぶった切るぐらい激しく腰振ってやって欲しい。中途半端ダメ絶対!

パーソンズ
ほごごごごごごごごごwwwwwシニアデビューシーズンでここまでシニアカップルに溶け込むとは。2010年代の世界ジュニアチャンピオンで一番シニアっぽいです。パターンダンスが見劣りしないどころか、大半のカップルより上手だという。そしてスイスイ滑る気持ちよさよ。最後のくるくるフィニッシュかわいい。ホワベイも安心出来ないですよ。

アリソンとアンブルなんとかさんのカップル形になっていました。さすが我らがリード家の最終兵器。

パーソンズはなんとノットタッチでレベル4でした。国際Bはステップの認定が若干甘めだとはいえ、ジュニア上がりのカップルでこれは驚くべき結果。アンルイスはパターンがNNNでレベル1。あたあ・・・。

ペアLP
1 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT(ロシア)128.06
2 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)123.94
3 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN(ロシア)109.40 PB
4 Jessica PFUND / Joshua SANTILLAN(アメリカ)101.10
5 Natasha PURICH / Davin PORTZ(カナダ)95.20 PB
6 Erika SMITH / AJ REISS(アメリカ)88.39

ペアリザルト
1 Natalia ZABIIAKO / Alexander ENBERT(ロシア)192.58
2 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV(ロシア)191.12 PB
3 Alisa EFIMOVA / Alexander KOROVIN(ロシア)171.22 PB
4 Jessica PFUND / Joshua SANTILLAN(アメリカ)158.10 PB
5 Natasha PURICH / Davin PORTZ(カナダ)147.84 PB
6 Erika SMITH / AJ REISS(アメリカ)134.25

スミス&リース
3Sを着氷。2Aは1Aと転倒でした。トランジションでダンスリフトか何かをやろうとしたのか2人とも転倒。スローループでも転倒。スローサルコウは回転が開いてしまって開脚転倒。ダンちゃんのトリノのやつのもうちょっと痛くなさそうなやつ。美女と野獣のロマンティックな展開を表現し切れずでした。

ファンド&サンティラン
ソロジャンプは3T-1Tと3S。2人とも仲良く3T-1Tになりました。アメリカのペアは特にソロジャンプを不得手としておりますが、この組は比較的得意な方かと。スローは転倒を免れました。スローループはダンスリフトから入りますが、すごくガニマタなので改善してもらいたいです。エレメンツに集中している演技でした。

ピュリポー
抜けや両足着氷が続き、後半のスローサルコウは片足で成功。Who wants to live foreverとイーグルのせいで男性がロス・マイナーに見えてきました。似ていないこともない。

エフィコロ
3Loは転倒に近い形で手をつきましたがディダクションはありませんでした。3Sは転倒。ソロジャンプ問題。スロージャンプで転倒しても、コロヴィンは振付の拍手をするのかという疑問が先週浮かびましたが、今週も2本クリーンなスローを着氷。疑問は疑問のままであります。演技終わってハグ。

アスロゴ
3連はファーストでオーバーターンが入ったけれど意地でコンボをつけました。3Sは女性がステップアウト。前半はコミカルな振付で埋め尽くされていて、これはお子様でも楽しめますね。中盤からは大人の雰囲気。さすがアレクセイ・ロゴノフにじゅうきゅうさい。アクセルラッソーからコレオシークエンスの流れが素敵です。リバースラッソーとグループ3は動きが止まりそうでした。その直前のソロスピンのバラつきもあり、締まらない演技に。でも現在のところララランドプログラムでは1位にしたいです。いいプログラム。

ザビエン
トリプルツイストが普通に戻った!昨日SPの微妙(ザビエン比で、普通のペアなら普通)なツイストは一体。3連は少しのタイミングのズレ。ネームバリュー加点はなくきっちりマイナス評価でした。3Sはオーバーターンが入ったものの片足&回転不足なし!やったね。終盤どう盛り上げるか問題なのに、最後がペアスピンは盛り上がらないかな。サフゾルのようにスローでバーン!と終わらせればいいかも。スローループ堅いですし。とりあえずニーナ先生にテレパシーで伝えておきますね。

ロゴノフが表彰式用のジャケット用意してた!こういうの好き!!!カッペちゃんが昔、衣装用のローブ用意していたことありましたよね。あああああああああ好きいいいいいいいいいい遊び心好きいいいいいいいいい!結果は、カップオブロシアのどこかの大会のような顔ぶれになりました。

そして今年も出ましたデジタル国旗きゃあああああああああ!

orekinpairs.png


back-to-top