FC2ブログ
2016
12.24

ロシア選手権 2日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスFD
1 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV MOS 115.86
2 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN MOS 113.07
3 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN MOS 105.06
4 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV MOS 104.67
5 Tiffany ZAHORSKI / Jonathan GUERREIRO MOS 100.45
6 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN SAM 91.30
7 Vasilisa DAVANKOVA / Anton SHIBNEV MOS 86.41
8 Maria STAVITSKAYA / Andrey BAGIN MOS 82.95
9 L. SOSNITSKAIA / P. GOLOVISHNIKOV MOS 75.47
10 Anastasia SAFRONOVA / Ilia ZIMIN SPB 67.04

アイスダンスリザルト
1 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV MOS 197.26
2 Alexandra STEPANOVA / Ivan BUKIN MOS 189.54
3 Victoria SINITSINA / Nikita KATSALAPOV MOS 178.45
4 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN MOS 178.28
5 Tiffany ZAHORSKI / Jonathan GUERREIRO MOS 169.46
6 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN SAM 152.15
7 Vasilisa DAVANKOVA / Anton SHIBNEV MOS 139.44
8 Maria STAVITSKAYA / Andrey BAGIN MOS 139.23
9 L. SOSNITSKAIA / P. GOLOVISHNIKOV MOS 128.05
10 Anastasia SAFRONOVA / Ilia ZIMIN SPB 112.22

エフバジ
パク・・・リスペクトプログラムきたああああああああああああああああああ!!!スコットが尻からジャンプする振付も入れてあるんですね。曲がテンプテーションになって、ステップに入るタイミングも同じだ!同じところの探すの楽しい。ツイズルの場所は違います。3曲目に入った辺りから男性に急激な疲労が見えましたが、力を要するエレメンツは終えているから大丈夫。

スタバギ
ツイズルは女性がややズレを起こしました。臓器どこいった美脚から繰り出されるリフトや、ダンススピンの後の向かい合ってのソロスピンなど工夫も見られます。スタヴィツカヤはズーリンチームのしょっぱい感じ合います。

ダワシブ
さっきエロホフでロミジュリを見て、今度は別のロミジュリです。明日は島田のロミジュリ見て、明後日は真凜のロミジュリを見ます。わーーーーー!落下しかねない危なそうな位置から引き上げるストレートラインリフトがすごい。出では男性が深いイーグルをやるのがまたいい。ステップでもう少し脚の上げるタイミングなど合ってくれば最後までカチッとハマりそうです。

赤ゲレ
悲しきワルツのままでもよかったけど、このプログラムに戻してよかったのは2人の技術力と息の合わせ方の上達っぷりが分かりやすいということ。今シーズンは国際Bで高得点が出ていますけど、上手くなりましたもん。特にゲレイロですよね。プシュカシュと組んでいたときはコーチ変えてもあまり変わらず、このカップルになったときもイギリスかオーストラリア所属目指した方がいいんじゃない?って言われていましたよね。僕もそう思っていました。でも、今は上位勢に転倒でも出れば2人が代表になれるというところまできました。それぐらい滑りが伸びやかになったんです。最後のコレオスピンかコレオリフトみたいな回転したやつ、ゲレイロが放り投げちゃった?マイナスはつかなそう。

イリジガ
イリニフたんすごい表情カーブリフトの表情に本日も注目したところ、GPSのような凄みはなく、にこやかというぐらいでした。多分今日ぐらいのが正しいやつですね。SDと同じだけど音楽によってきちんと使い分けています。チャンチャカチャンチャカチャンチャカチャンチャカという音に合わせた表現もよかった。いつもイリニフたんがついていけるかな?ということに注目してしまうので、今日は表現に重点を置いて見てみました。上手いし華がすごい。選挙のときに胡蝶蘭並べまくったみたいな華やかさ。

シニカツ
大変!!!!!ストレートラインリフトでカツラ氏がニースライドするところ、「リフトをしている俺を見ろ!」じゃなくなっていますよ。カツラ氏が上に乗っかっている人を立てている・・・これは事件です。シニツィナはちょっとキョドり気味ではありますけど、ちゃんとリードをしていました。よかった!がんばったからアメちゃんあげる!

ボブソロ
逆さまのローテーショナルリフトの名前は何がいいでしょうね。スカイダイビングリフトかなあ?てか何であんな変な体制できれいなラインを作れるんでしょうね。ボブロワすごい。四季に入るとズーリンの顔が脳裏をよぎるからちょっと笑っちゃう。ボブロワみたいな顔のお姉さんが客席で泣いていました。リアル姉妹?

ステブキ
ステブキの今シーズンの1番の違いは+2で収まるエレメンツから+3がもらえるところまで到達したことでしょう。タンゴとは思えないけど、これはステブキタンゴっていうダンスだから、ステブキタンゴのインタープリテーションでOKってことで。ピストルツイズル入りのツイズルは回転速度やや遅め?2人とも衣装はシンプルですけど、このドレスとシャツのヒラヒラがいいんですよ。まず2人が組んで男女の関係性を描き、そこで描ききれないことをヒラヒラを使って補助的に描く。ヒラヒラで空気を作る。素晴らしい滑りでした。2番手の位置はガチガチに固いです。

ソロビエフにサインもらう女子小学生シブい。デキる女になりそう。ボブロワの姉か妹か親戚関係と思われる人もボブロワと同じくらい声低い。本物っぽい。

ボブソロうめーステブキすげーシニカツがんばったーイリジガわーい。そんなロシア選手権のアイスダンスでした。
2016
11.13

フランス杯 2日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスFD
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)115.24
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)107.81
3 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)106.04
4 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)98.68
5 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO(イスラエル)95.16
6 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)92.70 PB
7 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN(ウクライナ)88.78
8 Cortney MANSOUR / Michal CESKA(チェコ)85.23
9 Lorenza ALESSANDRINI / Pierre SOUQUET(フランス)81.94 PB
10 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)68.23

アイスダンスリザルト
1 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)193.50
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)174.58
3 Piper GILLES / Paul POIRIER(カナダ)170.78
4 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)167.40
5 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO(イスラエル)158.86
6 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)150.07
7 Alexandra NAZAROVA / Maxim NIKITIN(ウクライナ)145.39
8 Cortney MANSOUR / Michal CESKA(チェコ)140.92
9 Lorenza ALESSANDRINI / Pierre SOUQUET(フランス)130.12
10 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)115.04

キャプ翼組
男性のスタンブルやリフトのミスはもちろんですが、スピードも勢いもありません。滑るのが精一杯という感じでした。4点台出るかと思ったんですけど、かなりの評価を受けました。

アレスケ
謎の選曲とタイプライターの効果音つきのプログラム。フランス人はそんなにタイプライターが好きなんですか?ラブアクチュアリーの曲が使われているのは、コリン・ファースがフランスにバカンスに行ってそこで恋を・・・というシーンを、ルイ・アラゴンの恋物語にひっかけて考えているのかもしれない。男性がリードしきれていないのか、女性の停滞が目立つ演技でした。

マリロマ
今日もツイストやデススパイラルをやりそうだった2人。エルトン・ジョンで、選曲としてはマリーさん量産型の香りはしましたけど、後半になるにつれて勢いが増してきてとてもよかったです。SDはシニアの壁に阻まれていたけれど、ヌーーーンと伸びる持ち味の滑りを出せて、シニアのカップルらしい演技を見せてくれました。地元でできてよかった。

マンスール&チェシカ
股通しからの女性が飛び乗るローテーショナルリフトがすさまじい迫力でした。これがこのプログラムのハイライト。あまりにも迫力がある飛び乗りだったので、そのまま女性のこと放り投げるかと思いましたよ。ダイアゴナルは支持ありバレエジャンプからワルツでゴージャスに。エッジがシェイキーですが雰囲気は素敵です。女性の片足支持をして、片足を伸ばしたコレオスピンはよく見るけどあまり好きではないのですが、この組のは女性の足が上の方まできれいに畳まれているからきれい。ファビアン・ブルザさんムーミンTシャツ。

ナザニキ
黒にカラフルなものがくっついている不思議衣装。ユロスポ解説ではちょっとフラットだねえと言われていましたが、ワールドのときと比べたらよくなりましたよ。あのときは本当にフラットだったから。シュピルバンドチームに移ったのに、あまりそういう香りのしないプログラムでした。ナザニキっぽく仕上げたんですかね。2人ともご飯を食べよう。

パイポー
今日もかっこよすぎる2人。ツイズルは美しく決められました。前は何かに憑かれたような鬼気迫る演技でしたけど、今日は抑え目でした。ふと動きを止めるところでの表現、間をどのように表現していくかも重要になってきそうです。でもパイポーってその域にまで到達したんだなと思って嬉しくなります。

トビトカ
やや強引なシュピルバンドらしいプログラムです。でもトビアスさんの「あたしアメリカ人!リトアニアだろうがイスラエルだろうがあたしはやっぱりアメリカ人!」的な明るい雰囲気には、これぐらい強引な方が合うのです。でもアラベスクポジションでやるハイライトのカーブリフトのタイミングが早くなって音楽に合わなかった。長く持ち上げるとエクステンディッドリフト取られるからダンスは難しい。トカチェンコさんの肌着衣装変えませんか?

イリジガ
笑顔でパワフルに滑っていきましたがトランジションで転倒。そこからは動きが一気に悪くなって残念な出来になりました。でも前半はすごくよかったんですよ。コンポジションの評価が高いことから、非常にジャッジの好みであることが分かります。転倒しても満面の笑みキープできるイリニフすげえ。

ハベドノ
カーブリフト前のただのバッククロスですら美しい。滑りのタッチが実に美しい。SDではマディソンがやや不調なのかな?と思いましたけど、今日は大丈夫そうでした。ツイズルの回転がやけにシャープで、おいどうした?っていうぐらいでした。

パパシゼ
最初のヌルヌル跳ねるリフト美しい。サーキュラーステップは滑り出しからシゼロンがワンフットでヌンヌンと滑っていくのが気持ちいい。絡みつくような演技で会場をミステリアスな空気に包みました。ピアノ協奏曲はアンニュイね、昨シーズンのやつは信頼みたいな感じ。これは静かに確かめるように抱きしめて絡みつく感じ。そしてシゼロンの衣装が変態。優しい変態。素晴らしいもの見ると眠気って飛びますよね。

パパシゼはステップ以外はレベル4で、+2以上しかありません。10.00もすでに出ました。ハベドノもレベルはパパシゼと同じです。彼らは+1が6個あります。でもかなり少ないですね。

前回でほぼ確定だったチョクベイですが、パイポーもハベドノもチョクベイを上回れなかったのでファイナルが確定しました。シニカツがまだ出てきていなくて、ひょっとしたら大活躍で中国杯で優勝するかもしれませんが、現状を考えるとシブタニズの優勝が固そうです。ウィバポジェはファイナル進出には優勝しか道がありません。シブタニズは3位でも大丈夫です。

カオス2種目目も終わり、カオス3種目目へと移ります。
2016
10.24

スケートアメリカ 3日目 アイスダンスリザルト

こんな感じで1戦目終わりです。あっという間に12月になりますよ。

アイスダンスFD
1 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)112.71
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)106.99
3 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)105.85
4 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)100.65
5 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO(イスラエル)98.66
6 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)98.56
7 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT(アメリカ)93.58 PB
8 Kana MURAMOTO / Chris REED(日本)91.18 PB
9 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)87.12
10 Yura MIN / Alexander GAMELIN(韓国)85.25 PB

アイスダンスリザルト
1 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)185.75
2 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)175.77
3 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)174.77
4 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)165.44
5 Elena ILINYKH / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)165.16
6 Isabella TOBIAS / Ilia TKACHENKO(イスラエル)161.99 PB
7 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT(アメリカ)151.76
8 Kana MURAMOTO / Chris REED(日本)147.37
9 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)146.10
10 Yura MIN / Alexander GAMELIN(韓国)141.50 PB

ミンガメ
このニューシネマパラダイスは、チョクベイみたいな振付がたくさん入っているプログラムだったんでした。最初のリフトを見たときにそのことを思い出しました。女性がスパイラルで、男性がそれを支える姿勢で滑るムーブメントはまさにチョクベイ。コレオツイズルで女性がスピンをして、男性が女性の手を持ちながらスピンを解いていくところは素敵でした。ほわわわわん・・・・・ほわっ・・・ってしてる。

gamelin.png

かなクリ
素晴らしい演技でした。ツイズルはまとめました。リフトのポジション移行が見事でした。ショートリフト2つとコレオリフトを3つ続けてやるというかなり攻めた構成でした。昔のクリスなら、持ち上げられるかヒヤヒヤするところですが、今は安心して見られます。見える・・・・・全日本でのスタオベが。国際Aで90点超せてよかった。

muramoT.png

トビトカ
音楽の違反を取られないために、スネアドラムでボレロみたいなジャジャジャジャンを加えています。かなり強引。サーキュラーステップは2人のグリンとしたカーブから入っていくのが素敵です。そこからグイーーーンと伸びていけばさらに素敵なんですけど、そこまではいかないです。終盤は有無を言わさず盛り上がるリフトを連発させます。膝の上でアラベスクスパイラルをするリフトはすごい。トビアスさんの笑顔も相まって破壊力があります。

ポグブノ
クリーンな演技でした。もちろんツイズルも成功しています。前半とてもよくて、曲がフィーリングビギンズになってからも前半のエレガントな雰囲気を引きずりすぎているのかなと思います。もう少しミステリアスな空気も出しつつ終えられると、見ごたえも増したのかなと。ブノワはもっと胡散臭くするために、10cm髪を伸ばしてみよう。中途半端だから髪がなびかない。もったいない。

lift.png

アリアル
すごくカメレンゴなプログラムでした。ズーリンとは全然違います。長身のカップルだからウィバポジェを重ねてしまって、余計にカメレンゴを感じられるのかも。ウチャルさんリフトだったり、女性のリードに一呼吸おかないといけないので、振付を完璧にこなせていないと思います。シーズン頭であるから余計にそうです。いかに男女が近い距離で演技することができるか、エレメンツを準備動作なくできるようになるか、これは2人の課題をクリアするためにも必要な矯正ギプスなのです。左の人、右に座ってるマフィアに撃たれそう。

heart.png

ギニャファブ
ファーストツイズルの後にカーブを描いて少し間を作ってからセカンドツイズルに移る振付がとても素敵です。でもセカンドツイズルが乱れてしまいました。振付や選曲はとてもよかったんですけど、いつもの彼らよりは滑っていないと思います。昨シーズンはきちんとステップが見所になっていたけど、今日は違いました。これから滑り込むことによって変わっていって欲しい。演技中にバーバラの頭越しに2人映すのおもしろかった。100点が出たので、バーバラが低音ボイスでSi。

donguri.png

barbara.png

イリジガ
昨日と同じリフトでイリニフたんの表情を拝めました。アップになっていなくても分かるその迫力。シャーロットポジションのストレートラインリフトつええ。ダンススピンは入りで勢いをつけられなかったのか低速になりました。ステップが女性がスリップしてしまうのと、エッジが浅くなってしまっているので、このままでいいとは言えません。

india.png

ボブソロ
カーブリフトでミスが出ました。ポジションチェンジが多いので、滑りこなせるまでには時間がかかりそうです。もたつきとか停滞があって、表現しているものがすんなり入ってきませんでした。四季の存在が頭に入ってくるのをさらに阻害してもいます。一体四季くんは何の役割を果たしているのか。

bob.png

ハベドノ
好きな曲集めたメドレー。寄せ集めた感じはするんですけど、僕は案外嫌いじゃなかったりします。2人のきれいな滑りを見せてスタートし、ツイズルからギアを上げて、笑顔を浮かべてステップに入っていくという。何かのきっかけで愛しさが加速していくような様が見えます。

シブタニズ
ローリング飛び乗りからのリフトはローテーショナルがお決まりなのに、お決まりを破るステーショナリーでした。うめえ。昨シーズンよりもしっとりとしたプログラムで、暗いです。Fix youは美辞麗句を具現化したようなもの。このプログラムは正攻法・理屈が通用しない中からどう抜け出すか・・・みたいな深い大人の表現や解釈が滑る方に要求されているのかも。ハイライトがないので、魅せるのが難しいと思います。あえての挑戦だと思うので、ファイナル・全米を楽しみにしたいです。

sibs.png

gesu.png

シブタニズはステップがレベル3でした。GOEは+2と3しかありません。PCSでもトランジションで8.75を出したジャッジが1人いるだけで、9点台ばかりです。ボブソロはカーブリフトで時間超過を取られました。これで時間超過を取られていなかったら、同点で3位でした。そのカーブリフトは明らかに停滞しているのに+2をつけているジャッジがほとんどです。いいのかそれで。

USA2.png

USA3.png

JPN1.png

JPN2.png


2016
09.21

新プロ情報10

羽生結弦
SP:Let's Go Crazy
LP:Hope & Legacy

LPはView of Silence、Asian Dream Songの2曲を使って、今シーズンもプログラムにタイトルをつけました。で、4Loのランディングめっちゃきれいになっとるやんけ!3Loみたい。4クワドになるということは、4Lo 4S 4T 4T-3T 3A-2T 3A-1Lo-3S 3F 3Lzこんな感じですか?4クワドも当たり前になるんですか?こわいいいいい時代こわいいいいい。

クセニア・ストルボワヒョードル・クリモフ
SP:月の光

LPは昨シーズンと同じ路線のプログラムになるそうです。わーーーい暗いぞー!

マイア・シブタニアレックス・シブタニ
FD:Evolution

エレーナ・イリニフルスラン・ジガンシン
FD:ボリウッド

アンナ・カッペリーニ&ルカ・ラノッテ
SD:Cry For Me、Choo Choo Boogie
FD:チャップリンメドレー

アイスダンスのトップ勢もバババババンと発表。カッペちゃんの街の灯の花売りの女の子役とか絶対かわいいやつじゃないですか。はい、インタープリテーション9.25差し上げます。いや待てよ、トップ勢でワールドのメダルを狙ってチャップリンのFD・・・・・うっ頭痛が。

ナタリー1

マリ・ヴァルトマンルーベン・ブロマールト
SP:They Don't Care About Us
LP:Second Law

カロリーナはまだ曲を選ぶ段階。振付はローリーになるそうです。シーズン後半から出るとして、次のシーズンに新しいプログラムをすぐに作るとも思えませんし、オリンピックシーズンを戦うプログラムになる可能性は高そうです。

今からインタビューを新規に取ることは少ないでしょうし、これ以上の新プロ情報はシーズンインを待った方が早そうです。ロシア勢の発表があったので、喉の奥に刺さっていた魚の骨が取れたような爽快感。来シーズンはもったいぶらずに教えてください。
Comment:8
2015
12.26

ロシア選手権 2日目 アイスダンスリザルト

アイスダンスFD
1 エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ МОС 106.77
2 エレーナ・イリニフ&ルスラン・ジガンシン МОС 102.97
3 ヴィクトリア・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ МОС 101.87
4 アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン МОС 101.70
5 ティファニー・ザホルスキー&ジョナサン・ゲレイロ МОС 98.30
6 アンナ・ヤノフスカヤ&セルゲイ・モズゴフГОВ МОС 81.94
7 リュドミラ・ソスニツカヤ&パヴェル・ゴロヴィシュニコフ МОС 76.86
8 アナスタシア・サフロノワ&イリヤ・ジミン СПБ 64.56
9 アンゲリカ・カニヴェツ&アレクセイ・チジョフ ЕКА 58.29
10 マルゲリータ・シェスタコワ&サヴェリー・ウグリュモフ КИР 55.10

アイスダンスリザルト
1 エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ МОС 176.98
2 ヴィクトリア・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ МОС 175.83
3 アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン МОС 170.26
4 エレーナ・イリニフ&ルスラン・ジガンシン МОС 169.72
5 ティファニー・ザホルスキー&ジョナサン・ゲレイロ МОС 159.60
6 アンナ・ヤノフスカヤ&セルゲイ・モズゴフГОВ МОС 139.86
7 リュドミラ・ソスニツカヤ&パヴェル・ゴロヴィシュニコフ МОС 130.41
8 アナスタシア・サフロノワ&イリヤ・ジミン СПБ 108.24
9 アンゲリカ・カニヴェツ&アレクセイ・チジョフ ЕКА 93.75
10 マルゲリータ・シェスタコワ&サヴェリー・ウグリュモフ КИР 91.67

アンナ・ヤノフスカヤ&セルゲイ・モズゴフ
ヤノフスカヤさんの衣装と髪型・・・コレジャナイ感たっぷり。サーキュラーステップは男性ボーカルのときはモズゴフが、女性ボーカルのときはヤノフスカヤさんが先んじて滑る形になっているのか。ファーギーの曲になるとき、蝶ネクタイをつけてもないのに、蝶ネクタイを結ぶ振付をする、意味分かんない状態。ロシア人は大きな勘違いをしている。真っ黒にすりゃコンテンポラリーになるってわけじゃないって。

エカテリーナ・ボブロワ&ドミトリー・ソロビエフ
ちゃんとした画質で見ると表情激スゴ。最後軍人さんの目を覆って、私捨てないでーやだやだーってなるところで、無理やり手を引き剥がされた表情いいわー。昨日は2人のツイズルが離れていってたけど、今日はOKでした。もう少しコンビネーションリフトのポジション移行がスムースだと、より一層物語りに入り込めそう。

ティファニー・ザホルスキー&ジョナサン・ゲレイロ
1曲しか使わないのに変にループさせてしまうズーリン。さすがズーリン。昨日失敗したツイズルは大丈夫でした。このプログラムはあれだな、とりあえず2人が美しいってところをアピールするためにあるのでしょう?

赤ゲレ2

エレーナ・イリニフ&ルスラン・ジガンシン
「僕は添え物」ことルスラン・ジガンシンさんの添え物発言後初めて見る演技。添え物おつかれさんです。このプログラム好きなんだけど、やっぱり後半にもう一盛り上がり(技術的に)を持ってこないと、国内で8点台で止まっているということは、評価が伸び悩むと思います。

ヴィクトリア・シニツィナ&ニキータ・カツァラポフ
ファーストツイズルでシニツィナツイズルあーーーーーセカンドツイズルでカツラツイズルわーーーーー。この失敗のせいでまさかの2位に転落。PCSでは全項目上回っていました。でもロステレコム杯より2人の技術の不均衡が広がっていましたよ。昨シーズンみたいにまた放置してる。優勝したいから気持ちが先に走りすぎてる。ちゃんとやれば力はあるんだから。順位出たときにOMGと言いました。カツラアメリカ人になる。

シニカツ

アレクサンドラ・ステパノワ&イワン・ブキン
スケーティング問題は横に置いといて、音楽表現がとてもよくなっていたと思います。フレディのボーカルに負けなくなった!川スミのときにも言ったけど、ボーカルに負けないのって難しいけど大切なこと。勝てないなら入れない方がいい。有名な曲だと分かりやすくはなりますけどね。

ステブキ

セントバーナード


ディフェンディングチャンピオンのイリジガが表彰台にも乗れないという。ボブソロが戻ってくると、採点で重視するポイントがパフォーマンス能力から、スケーティング能力に変わるのかもしれないですね。ここでシーズンが終わりになると、せっかくのフリーダが未完成のまま封印されてしまうからもったいない。
back-to-top