FC2ブログ
2015
11.28

NHK杯 2日目 男子リザルト

男子LP
1 Yuzuru HANYU(日本)216.07 PB
2 Boyang JIN(中国)170.79
3 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)161.33 PB
4 Keiji TANAKA(日本)161.16 PB
5 Takahito MURA(日本)153.92
6 Konstantin MENSHOV(ロシア)153.79
7 Chafik BESSEGHIER(フランス)143.31
8 Elladj BALDE(カナダ)141.62
9 Michal BREZINA(チェコ)140.85
10 Richard DORNBUSH(アメリカ)139.30
11 Maxim KOVTUN(ロシア)130.36
12 Brendan KERRY(オーストラリア)116.78

男子リザルト
1 Yuzuru HANYU(日本)322.40 PB
2 Boyang JIN(中国)266.43 PB
3 Takahito MURA(日本)242.21
4 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)235.63 PB
5 Keiji TANAKA(日本)234.90 PB
6 Konstantin MENSHOV(ロシア)233.58
7 Michal BREZINA(チェコ)222.49
8 Richard DORNBUSH(アメリカ)217.50
9 Chafik BESSEGHIER(フランス)215.82
10 Maxim KOVTUN(ロシア)212.63
11 Elladj BALDE(カナダ)211.09
12 Brendan KERRY(オーストラリア)177.98

美青年
4T fall 3S 3A 3Lz 3A so 3T 3Lo 2A shaky
コンビネーションつけられそうなところも飛ばしていたケリーさん。コンビネーションゼロだと、なんか寂しい感じ。

バルデ
T 3A-2T 3A 3Lz-1Lo-3S fall 3F-2T 3Lo 3Lz 2A
このあと映像が乱れる場合があります。ご了承ください。がすでに映像を乱しているという事実。4Tかかと?が引っかかってジャンプに入れず。今回は慎重な演技でしたが、後半はしっかりとジャンプを降りて演技をまとめました。

ベセギエ
4T 4T-2T-2Lo 3A-2T 3A 3Lz<< df 3F 3S 2A shaky
4Tからの3連という、最近めっきり見なくなったレアなコンボが見られました。難しいジャンプは決まりましたが後半でパンクやeマークのつくミスがありました。未だにこのプログラムは理解できない。とりあえず新しい衣装作れてよかったねえ・・・と思いながら見ています。いつまで2シーズン前の使ってるんだろうと思っていたので。

デカ
4S 3A 3F-3T 2A 3Lz 3S-2T-2Lo 3Lo-2T 3F
うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああデカ史上最高きたあああああああああああああああああああああ3Aが2Aになった以外全部入りましたし、コンボ3つ入れました。ステップがちゃんとワルツになっていて、そこに女性の存在も感じさせるようになっておりましたよ。USクラシックよりも断然よかったです。ジャンプの加点もモリモリでしょう。観客の手拍子スキルがレベル4 GOE+3になりました。きた・・・ついにデカ覚醒きた。これまでのデカは、いいプログラム・挑戦的なプログラムをもらっても昔のものに変えてしまって、いいところで進化を止めてしまうところがあったので、この2つのプログラムはものにして欲しい。特にSPは絶対に変えずに磨き上げて欲しい。

ホックスタイン
4T 3A-2T 3Lz 3A 3Lz-1Lo-3S shaky 3Lo 3F 3T-1T
ホックスタインさん史上最高の演技きたあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!3-2が3-1になっただけで、予定通りの構成をほとんど成功させました。最後まで勢いが衰えない演技でした。Bring him homeを聞いていたときに、ダイスの笑顔が浮かんできました。ダイスよ、こういう表情であれは滑るんやで・・・笑顔は違うんやで。彼女の前でいい演技見せられてよかったですね。デカよりスケーティングスキルが下で、インタープリテーションが上。なんて妥当なんだ。

ドンブー
4T fall 3A 2Lz tano 3A fall 3Lz-2T tano-2Lo tano 3F-2T waist 3Lo 3S
大河のような悠々とした滑り。ジャンプは成功しなかったけど、中国杯と同じような本当に美しい滑り。両側を針葉樹の森に囲まれた大河の上を飛び回る、1羽のツバメのような。うん美しいなドンブーは。

メンショフ
4T-3T 3S so 3A ot 4T so 3Lz 3A-2T 3Lo-2T-1Lo 2A
なかなか3本揃わない。ジャンプよりも注目していた後半のスタミナ。スピンのジャンプでグチャグチャになってしまうケースがほとんどだったので、それを意識してか、わざとスピンの回転速度を落としてきれいにまとめていたと思います。最後にグチャるのは印象よくないですもの。32歳は数年に1人現れますが、なかなか高い32歳の壁でここを超えると本格的な「ジジイ」になります。ジジイになっても続けてね。黒真珠ウィンク3回いただきました。

ミハル
3A 3T 2S 4S fall 3A hd-2T 3Lz 3Lo hd 2F-1Lo-2S
ステップの後の立ち止まったところの表現や表情が、ものすごくランビエリスティックに。後半の4Sは成功しそうだったのになあ。コレオシークエンスはスケートカナダの方がよかったです。ちょっと疲れちゃいましたね。ミハルのバイオ見て、出場した大会確認したら偶然にも全部の試合見ていました。どおりでお前いつもいるな。

羽生が衣装を着替える、上半身裸シーンがカメラに抜かれてしまった。はい、僕は今2ちゃんねるもツイッターも見ていませんが、今羽生ファンは「キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア」って死にそうなほど興奮していますね?

コフトゥン
4S 3A 1S 2A df 1Lz 3Lo+2A 3S 2A
ああ・・・抜け&抜け&抜け&ザヤ。あまりにジャンプの失敗が多すぎて、変な演技に集中できなかったです。衣装は変わってスッキリとさせてきました。お父さんの服を着て指揮者ごっこする小学生みたいでおもしろかったのに。ファイナルにかすりもしない順位に落ちてしまった。

むらむら
4T 4T-2T 3A 2S 3A-2T 3Lo so 3F<< df 3Lz shaky
おしゃれマタギではなくなりました。こっちの方がいいですね。もう少し右肩に縦方向の飾りがあればいいと思うんですけど、そんなもんあったら動けないか。上から4つ難しいジャンプを降りて、他の4つで失敗。コレオシークエンスはよくなっとりますですね。スケアメから期間が空いて、いい練習ができたのでしょう。

ボーヤン
4Lz 4S so 3A-1Lo-3S so 4T-2T 2T 3Lz-3T 3A 3F shaky
4Lz完璧。1つクワドが抜けましたがそれでも他の構成がすごすぎるから。いずれは4Lz2本にするのでしょうか。スピードは少しは落ちるけれど、バッテバテで死にそうな感じはないし、ほんと恐ろしい。スケーティングスキル8点出ました。

羽生
4S 4T 3F 4T-3T 3A-2T tano 3A-1Lo-3S 3Lo 3Lz
なんじゃこりゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ全ジャンプクリーン!ぼくのかんがえたさいきょうこうせい、ついに完成!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!1大会5クワド史上初成功!!!これはすごい。これはすごすぎる。ジャンプだけじゃなくて全てが一級品なのがすごい。それがすごい。もうすごいしか言葉が出ない。すごすぎる。ありえない。これに10点を出さずして、これから先出すときがあるのだろうか。僕たちは今、フィギュアスケートの歴史的瞬間に立ち会えているのですよ。これはもう素晴らしいことです。手が震えてキーボードが打てない。216点wwwwwwwwwwww322点wwwwwwwwwwwwGOEに0すらなく、1すらほとんどありません。6人のジャッジが10点を出しておりますがこれは当然。これこそが神演技。僕の中の公式神演技リストに加えます。

ファイナルはなんですくん、羽生、昌磨、ボーヤン、Pさん、ダイスの6人になりました。7位の選手はハンヤンなので拾われません。アーロンがあとSPの順位1つ上だったら拾われていました。コフトゥン・・・・・。

放送席の横で織田さんとボーヤンの同じ顔の競演が。夢の競演。点数出た瞬間を20回ぐらいリピートする作業に移ろう。
2015
11.27

NHK杯 1日目 男子SP

男子SP
1 Yuzuru HANYU(日本)106.33 PB
2 Boyang JIN(中国)95.64 PB
3 Takahito MURA(日本)88.29 PB
4 Maxim KOVTUN(ロシア)82.27
5 Michal BREZINA(チェコ)81.64
6 Konstantin MENSHOV(ロシア)79.79
7 Richard DORNBUSH(アメリカ)78.20
8 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)74.30 PB
9 Keiji TANAKA(日本)73.74 PB
10 Chafik BESSEGHIER(フランス)72.51
11 Elladj BALDE(カナダ)69.47
12 Brendan KERRY(オーストラリア)61.20

美青年
3T so 3A td 3Lz hd-2T
4Tを成功させて、後でズコーーーではなく全部いかんじゃないですか。いろはすを飲むケリーさん。

ホックスタイン
4T shaky 3A 3Lz-2T
4T-3Tならずでしたが後半にコンボをつけてきました。今日は心なしかよく滑っていたように感じました。中国杯も調子がよさそうだったので、きっとキャロラインが来ているから気合が入っているのだ。3Aは何の問題もなく降りられるようになったのが感慨深い。

バルデ
4T<< 3A 3Lz-3T
今日は演技にスピードが欠けていたバルデさん。4Tを降りられないのはやむをえずといったところでしょうか。ステップの音の取り方はいいけど、こちらもスピードが足りない感じ。元々このステップはそんなにスピード出して滑ってはいないですけど、そもそももっと勢いが欲しいと思っていたので、なんかがんばれ。ベルトとタイの色合わせていますが、ベルトはカジュアルすぎると思うのです。もっとフォーマル寄りの堅い質感にした方が素敵になりそう。

デカ
4S 3A 2F-3T df
4Sついにいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいと思ったらフリップがああああああああああああああああああ。でも要素抜けにならなかっただけいいと思おう。ステップのときの鞭のようにしなる手足がかっこよかったです。特に最後のとこのフリーレッグかっこよすぎません?衣装は腋と腕スケスケ。体が分厚くてスケスケだとかっこよさ倍増。

ベセギエ
4T-2T 3A 3Lz
3Tのコンボはつけられなかったですけど、ジャンプをまとめられた演技でした。やはりエリック杯とはフランス男子とは相性ダメなんだ。モスクワでこの夏練習していた成果が1番出たと感じるのは、ステップを踏みながら滑られるようになったところでしょうか。もちろん今までもダンスは得意な選手でしたけど、滑りと乖離していたところもありましたので。スケートらしいプログラムになったなと思いました。

ボーヤン
4Lz-3T 3A 4T
練習からそのままやってきたようなセットを全くしていない髪で、練習でやっているようにスッポコポーンと成功。中国杯よりもジャンプの質がよかったです。ボーヤンが踊れていないとか表現力ないって言う人は、2シーズン前の演技を見てこいっつうんですよ。あれがマジで踊れないやつだから。スピンの表現もできていたし、中国杯よりもキレがあってよかったです。1つのジャンプで獲得した最高スコア更新&SPのTESの最高スコアも取りましたかね。いやーおそろしい。トランジション7.57ももらえましたよ。

ドンブー
4T shaky 3A hd 3Lz-3T
ドンブーが4Tを転倒しないとは。それだけで満足してしまう。ステップを堪能しようと思ったらカメラがおかしい。中国杯のLPでの調子がかなりよさげでした。今回もそんなに悪そうには思えない。スケーティングスキルがボーヤンより低い・・・だと?

メンショフ
3T-3T 4S 3A
4-3が3-3になったもののジャンプは入りました。ただこのプログラムがジャンプを跳ぶために組まれているので、トランジションもジャンプに行くまでの、一呼吸というぐらいの感じで、プログラムの表現を感じる暇がないかな。早くメンショフさんの髪が伸びますように。黒真珠のような瞳からのウィンクと投げキス。

喘息の吸引らしきものをする羽生。スケーターは喘息多いなあ。

むらむら
4T 3A 3Lz-3T
キャメルスピンの前のジャッジの方向にポーズ決めるのかっこいい。「俺、無良です」みたいな感じ。んでもってジャンプより心配が大きかった、速すぎてヤバいステップ。撃破!!!!!!!!!!!!!!イエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエイ!!!これで壁をひとつ越えましたよ。このステップをクリアしたのを見られただけでも、この演技を見る価値がありました。Mura is madamada tatakaeru.

ミハル
3A 4S so 3F-2T
Brezina started skating after the 1998 Olympic Games, because he wanted to play ice hockey. 長野オリンピックでホッケーが行われたこの会場にやってきました。前のNHK杯も長野でしたけどね。長野だと毎回ミハル来るんじゃないですか?4Sの後にfを押す準備をしていましたがステップアウトでした。今シーズン10回転倒しているので、ステップアウトだと戸惑います。でもキャメルで失敗して、ステップアウトで収めたところ消しちゃったじゃないですか。試合に出まくっているので、滑り込みはできています。

コフトゥン
4S-3T 4T so 3A fall
ステップアウトと転倒はあるけど、抜けじゃないから大丈夫大丈夫。変なプログラムだし、踊り心もないのだけれど、駄プロと言い切れないこの妙にクセになる感じがね。踊り心がないだけに、ジャンプで気持ちが乗って振り切って楽しそうに、ふざけきって欲しかったけど、がっくりしちゃってそれが見られなかったから残念。ジャンプ失敗しても、振り切ってPCSやGOEを取れるスケーターになってくれ。コリヤダやピトキーエフはそういうスケーターになりつつありますぞ。

羽生
4S 4T-3T 3A
なんぞこれwwwwwwwwwwwwwwwww4Sイーグルからターンやって着氷してイーグルって何?やろうとするのが頭おかしい。4Sは着氷がよくなかったけれど、イーグルに上手く繋げて、減点を受けないようにしました。ごまかすのうめえ。ごまかすのも技術のうちですからね。4-3と3Aはハイハイホーイって感じ。フィニッシュ時の顔がこれまたすごい。YUZURU HANNYAか。あーーーーーおもしろかった。すごすぎておもしろい。鼻の中切れてません?って106点wwwwwwwwwwwwwヤババババンバンバンバババババンwwwwwwwオールレベル4で、4S以外は加点が2と3しかないです。どっひゃー。

この順位のままですと羽生とボーヤンとコフトゥンがファイナル。Pさんも自力で行けますし、ダイスは補欠1位で拾われます。コフトゥンは5位になるとどうかと言いますと、それでもファイナルに行けます。ダイスが自力でファイナルとなり、補欠で拾われるのがコフトゥンになります。
2015
11.07

中国杯 2日目 男子リザルト

トランコフうるさ。

男子LP
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)177.36
2 Boyang JIN(中国)171.18 PB
3 Han YAN(中国)156.36
4 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)148.47
5 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)148.12 PB
6 Misha GE(ウズベキスタン)148.04
7 Richard DORNBUSH(アメリカ)147.05
8 Sergei VORONOV(ロシア)141.18
9 Nan SONG(中国)135.64
10 Elladj BALDE(カナダ)134.73
11 Ivan RIGHINI(イタリア)132.00
12 Moris KVITELASHVILI(ロシア)125.18

男子リザルト
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)270.55
2 Boyang JIN(中国)261.23 PB
3 Han YAN(中国)230.33
4 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)222.74 PB
5 Sergei VORONOV(ロシア)222.17
6 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)220.36 PB
7 Richard DORNBUSH (アメリカ)217.26
8 Misha GE(ウズベキスタン)217.17
9 Nan SONG(中国)212.10
10 Ivan RIGHINI(イタリア)200.98
11 Elladj BALDE(カナダ)199.41
12 Moris KVITELASHVILI(ロシア)192.10

バルデ
4T shaky 3A-3T 3F 2A 3Lz-1Lo-3S fall 1Lo 3Lz 2A
こういう踊る系プログラムは中国開催には不向きだ。ワーーーとはならないから。前半はよかったんですけども。なんだか今日は動きが緩く見えたので、フラメンコという感じがしなかった。

クヴィテラシヴィリ
2A 1A 4T fall 4T so 3F-2T 3S 3F 3Lo-1Lo-2S
SPがルパンみたいなジャケット(ただし水色)で、LPがルパンみたいなネクタイ(ただしベスト)です。変なプログラムなのにタッチが柔らかいのが笑えるポイント。抜けまくってこんなTESになったと思ったけど、3つしか抜けていないじゃないですか。この出来では僕の想像力は刺激されない。

リギーニ
3A fall 3T 3Lo 3F tano-2T 3Lz tano-3T fall 2A-1Lo-2S 2F tano 3Lz tano
3Loの後にすぐターンを入れてスピンまで繋げる工夫よかった。コレオシークエンスもいい感じ。元バリさんは昔からタノを入れていたけど、なかなか安定しないなあ。ランジからのタノルッツはせっかく降りられたのに、構えすぎて音楽から浮いていたのがもったいない。このプログラムの振付がいいので、これからが楽しみ。蚊取り線香柄のシャツ似合ってますよ。

ミーシャ
4T df 3A 2A-1Lo-3S 3Lo 3Lz-3T 3Lz 3F 2A
やはり仕上がっていないような滑り。ジャンプ・・・ジャンプ・・・ジャンプ・・・のままプログラムが終わってしまった。体調不良なのか何なのか。おつやで。次戦で挽回して欲しいところだけど、エリック杯出られない。

ドンブー
4T fall 3A 3Lz tano 3A fall 3Lz-2T tano-2Lo tano 3F-2T waist 3Lo 3S
一緒にセミ採りをしたくなるほど、爽やかな夏の日のようなスケーティングだーーーーーきもてぃいいいいいいいいいいいいいいいい。2回転倒したけど、いい縁起だったと思います。この調子で全米にまで上げてくれれば。わては久しぶりにドンブーのノーミスLPが見たいんや。

マルティネス
3Lz-3T 3A-2T 3F 3A fall 3Lz to 2A-1Lo-3S 2A 3Lo
3Aを生贄にセカンドトゥループを召喚(2日連続)。失敗した方の3Aはクリムキンイーグル→イーグルからという、むちゃくちゃなやつなのでしゃーないか。なんだかすっかり少年らいさが消えてしまった。ステップのところは特に。ステップの途中で音楽が変わっていきますが、そのステップの後半のところ、もっと勢いがあった方がプログラムの後半に向けて盛り上がっていきそう。必!須!要!素!みたいな感じなので。衣装は背中までキラキラしていて素敵。近くで見たい。速達で送ってください。

ハンヤン
3A-3T 4T so 3Lz hd 1A 3Lo 3Lz-2T-2Lo shaky 3S 3F-2T
立ち止まるところのハンヤンのもの悲しげな表情。さすが傍観者様。コレオシークエンスのへーぐるぐるはSPだけでいいと思うのです。トランジションや振付が格別悪いわけではないのだけれど、本当に意味が分からないから。ジャッジもインタープリテーションちょっと下げているではないですか。今からでもいいから人物にしよう。ジュリエットでもいいから。剛毛ジュリエットね。

ホックスタイン
2T 3A-2T 3Lz 3A 3Lz-1Lo-S 3Lo 3F 3T hd
見たかハンヤン!!!!!これが明確な表現だ!!!!!!!このプログラムのいいところは全てのエレメンツがシームレスなところ。つなぎがたくさんというわけではなくて、丁寧に繋いでいるという感じ。キャメルスピンの入りとかとってもよかった。Hi Caroline, I love youですって。ですってですって。

ナンソン
4T hd 3A fall 3A-2T 3Lz 2A-1Lo-2S 3Lo 3T so 2A
ひ弱そうな戦士。順位がSPより落ちてしまうことは予想はしていたけれど、いざ本当に落ちると悲しい。復活を期待してしまうではありませんか。後半バテましたけど、新装なほどではなかったです。次はジャンプが決まりますように、昭和のスタア。

ヴォロノフ
4T<< 3A-2T 4T df 2Lz 3A 3S 3Lo-2T-2Lo so 2A
フィンランディアよりはいいから・・・。ジェフリー・バトルさんがウィルソンのプログラムばかり滑っていたから、バトルさんもウィルソン型振付師になると思ったのですが、思い違いでした。バトルさんはカメレンゴ型振付師ですね。滑るスケーターの能力によります。とうが立って、これからどうしようみたいなスケーターが行くタイプじゃない。トップオブトップが、もっと自分に重荷を課させるためのゴリゴリ最難関振付師だった。がんばれ滑る人たち。

ボーヤン
4Lz 4S fall 3A-1Lo-3S 4T-2T shaky 4T so 3Lz-3T 3A 3F
基礎点102.70。基礎点ひゃくにてん???これはキチガイですわ。コフトゥンさん、3Loを回避するならこれぐらいの構成にしよう。スカスカプログラムだけど、PCSが6.50以下をつけるジャッジがいない。これはジャンプの大勝利。死にそうだった国内戦に比べると、最後まで持っていたし、これNHK杯で一体どうなるんでしょう。ファイナル行ってくれよ。ちょっとみなさん、KKZ予想以上の大活躍で草太とネイサンがファイナル確定。そして羽生、ボーヤン、ひでお初戦2位。KKZ全員ファイナルも見えた。簡単な顔って素晴らしい。

なんですくん
4T 4S ot-2T 3A 4S fall 3F-1Lo-3S 3T 2Lz so 3Lo-2T
1つ目の4Sでよく足つかなかった。足ついて2Tだったら0.8掛けになっちゃう。3Tの入り方かっこいい。振りからすぐに入って全く構えがないから、らだのステップみたい。トランジションに9.75をつけたジャッジがいます。4回転を3つ入れた選手のプログラムではないぐらい入っていますからね。なんですくんの後姿見てたら、蒸気機関車の煙突に見えてきた。蒸気機関車プログラムってありますか?なんですくんの隣のナイスミドルは41歳らしい。

今週の主役ボーヤンのデビュー戦は2位という素晴らしい結果でした。ボーヤンには史上初の4クワド&史上初の2クワド後半(多分初)を達成してもらいたい。今回は史上初の4Lzのコンビネーション、史上初の4LzでGOEプラス評価、史上初のLPで4Lz成功というところでしょうか。たくさん初めて作ってね。他の種類の4回転もバッコバコ跳んでね。
Comment:5
2015
11.06

中国杯 1日目 男子SP

荒川さんはお家で寝ていないと・・・・・これ以上体調を崩すと赤ん坊は誰がみるんだ。

男子SP
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)93.19
2 Boyang JIN(中国)90.05 PB
3 Sergei VORONOV(ロシア)80.99
4 Nan SONG(中国)76.46
5 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)74.27 PB
6 Han YAN(中国)73.97
7 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)72.24
8 Richard DORNBUSH(アメリカ)70.21
9 Misha GE(ウズベキスタン)69.13
10 Ivan RIGHINI(イタリア)68.98
11 Moris KVITELASHVILI(ロシア)66.92
12 Elladj BALDE(カナダ)64.68

ホックスタイン
4T df 3A 3Lz-3T so
ジャンプはちょっとあれでしたけど、抜けなかったからいいや。すごく優しい演技でした。日が沈み・・・みたいなそういうプログラムだったと思うので、そんな感じなんです。国際大会のSPはメタメタなイメージがあるので、まとめられてよかった。キスクラで「ハーイ、キャロライン」いただきました。ま、言うと思って身構えていましたが!!!!!

ナンソン
4T 3A 3Lz-2T shaky
うわあああああああああああああああああああああああナンソンがジャンプ2つ成功したあああああああああああああ生きてるううううううううううううううううううううううう健康そううううううううううううううう3A高いいいいいいいいいいいいいいいい隔年で調子が良かったのに、昨シーズンパッとしなかったので心配していたけど、これからは2年不調1年好調に変わるの?ナンソンは健康なだけでそれでいいわ。スピンが崩壊しなくて安心しましたよ。

クヴィテラシヴィリ
3A fall 4T so 3F-3T so
今シーズンはジャンプの軸がよくなり、抜けも少なくなりました。抜けなくなったけど成功はしなかった。曲と曲の繋ぎのところのおかしな踊り。振り返ってきた彼の動きを見て、ジャッジは平成を保てるのだろうか。今回もエテリじゃない。楽しみが。生きがいが。

バルデ
3T 3A fall 3Lz-2T
4Tが3Tになった時点でザヤの恐怖が蘇りました。3-2にしてくれてよかった。でもトゥループをクワドっていうのはつくづくリスクが高いですよね。そういう意味で4Sでクワドってすごく価値あるものなのだなと思います。バルデさんはバーテンダーにしては体格良すぎだなーって思ったんです。これはあれだ、プロレスのレフェリーだ。

リギーニ
3A shaky 4T fall 3Lz tano-3T fall
4Tに挑んできましたが残念。タノでバランス崩れて3Tでああ・・・というやつ。これ今までも何度となく見たやつ。ポール・ポッツのボーカルはやめてーーーイタリア人ならイタリア人のにしてーーー。フースさんがついに丸刈りに進化。エッジにヒビが入ったニース杯から、中国杯まで期間があってよかった。

マルティネス
3Lz-3T 3A fall 3Lo
苦手のセカンドトゥループが入ったと思ったら、鉄板の3Aを失敗するという。なんだこれは。シャツというかブラウスの裾のビラビラなんやそりゃあああああああああああああああああ入れろ入れろおおおおおおおおおおおおおおおおおお。眉毛だけでなく雰囲気も洗練されてきて、軟体を生かした動きだけでの選手だけではなくなってきたように思えます。もちろんスピン大好き中国人は、ビールマンにギョオオオオオオオオオオオオオオオと沸くのですけど。

ボーヤン
4Lz-3T 3A shaky 4T
ぐああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああうおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお歴史的瞬間んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんすげええええええええええええええええええええええええはい。もうジャンプ降りたからオッケー。演じられるようになってきた。7点台4つももらった!

ドンブー
4T fall A fall 3Lz-3T
4T転倒、スライディングアクセルというか空中にキックしてコケた。キックフォール。ユロスポストリーミングがあまりの悲劇を察してか固まる。ドンブー比で興奮バタバタして、あまり表現もよくなかったと思います。勉強が忙しくて練習の時間取れていないのか?ドンブーの69点という点数予想、ほぼ当たる。

ハンヤン
4T fall 3A so 3Lz-3T
転倒はあったけれどスケアメよりも動けていました。これはリンクが狭くないというのが大きいのでしょうか。やっぱホッケーサイズはNo。そしてみなさん、世界選手権のリンクは61m×26 mですよ。ハンヤン、コンビネーション跳べない警報発令。2月3月はコーン置いてリンク小さくして練習か。

ミーシャ
3A fall 3Lz-3T 3F
デンスタ杯は見られなかったのでこれが初見。ジャンプがいつもより低いです。3-3の回転は足りません。覇気のない演技だし、道化師のパワーのある音楽が表現できていません。ステップが弾けるかと思いきやそうでもなく。前半も動きの柔らかさと曲がめちゃくちゃミスマッチ。今回はいいところがなかったと思います。調整不足なのか何なのか。GPSはこれ1戦になってしまうので、ここで力を発揮して欲しいところでしたが。

ヴォロノフ
4T df-3T 3A 3Lo
ロシアのチンピラ(だけど和彫り風)タトゥー襦袢チンピラ衣装プログラムを滑るヴォロノフさん。これはどのような思いが込められているのでしょうか。ヴォロノフとバトルさんの組み合わせは合っているのだろうか。今のところピンと来ていないのです。

なんですくん
4S shaky 3Lz-3T 3A
今までのなんですくんとは全く違うプログラムです。エキシビションのカルメンとも全く違うプログラムです。そりゃそうか。初めてこんなお堅いプログラムを見ました。でも滑り込みがまだまだ不足していように見えます。特にステップで。後半のあたりはついていけずに、動きが最後の最後でふにゃふにゃとしていたからもったいない。男子全体的に出来がよくなかったので、きれいな演技をしたなんですくんには、相対的に高く点数が出たのかなー?というところ。

ハンヤンは優勝じゃないとファイナルが難しいので、現時点で相当厳しい。ここはボーヤンのファイナル行きへの期待がかかる。4Lz-3Tだけで19.19ももらいました。これはwwwww

世界初のクワドルッツはボーヤンじゃないから!忘れちゃダメですよ!

ムロズさん49


Comment:7
2015
08.06

グレイシャーフォールズの感想

毎シーズン新プロがたくさん見られるグレイシャーフォールズ。

グレイシー・ゴールド
SP:エル・チョクロ
LP:火の鳥

すでにインスタグラムでプログラムは発表していたゴールド。

ネットで見た衣装はSPの方でした。またお高そうなやつをお召しに。胸に花束をそのまま持ってきました?スカートがシングルとしては長めなんですけど左右で長さを変えているから動きにくさはないのかもしれない。ステップからのジャンプは3Fに変えました。ステップからじゃない3Loは看過できないレベルだったから嬉しい。腕をバサッと開くのはかっこいいけれど、今は体が振り回されているように見えます。素敵になる余地は十分にあります。

LPの火の鳥は今までの彼女よりも洗練されて流れが生まれたように見えました。スタートのところの単にスリーターンをするところでも雰囲気が出せています。3Loの後の緩急の出し方もいい。ステップでガニマタをする箇所があるんですけどローリーはガニマタ好きなの?カロリーナの素敵なピアノ協奏曲のガニマタ思い出します。ステップはスパイラルで出る工夫をしていました、んでもって2A。2つ目のコンビネーションの方の2Aの前の体を傾ける鳥さん風振付はもう少し綺麗にこなせそう。ジャンプに意識があってやっつけ感が。3Fのエッジはアウトサイドになっています。昨シーズンの後半の方がいいエッジだったけどまだ8月だからオッケー。コレオシークエンスでの肩から腕の動き上達してます。こんなに上手にできるとは。今まで見てきた彼女の5つのLPの中で一番いいと思います。シーズンのこの時点ですでにその印象。火の鳥>(オペラ座全米)>>ミッション>>>オペラ座>ライフイズビューティフル>>>眠れる森の美女。こんな感じ。フリーレッグを常にピンピン伸ばすんじゃなくて動きが小洒落てきました。ゴールドがアメリカの田舎の高校のクイーンビー感消してきた。わーいわーい。

ということで今シーズンの彼女のプログラムはすでに昨シーズンを超えましたので。はい。ローリーがいい仕事をした。

コートニー・ヒックス
SP:The feeling begins
LP:エリザベス・ゴールデンエイジ

アルビノーニのアダージョじゃなくてフィーリングビギンズでした。間違えていましたごめんなさい。衣装はまだ出来上がっていないようです。3Fの後にターンが入ったのに問題なく3Tをつけられるジャンプ力。男子かよ。3Lz~アウトサイドイーグル~インサイドイーグル~キック!~2A~キャッチフットツイズル~即座にステップシークエンス。ここはすごい。まだ前半のトランジションやステップなんかが消化できていないので滑り込みはこれから。インサイドイーグルはカサーっぽいなと思いました。はい、これはカサーの振付です。

LPで新たに3Aに挑戦してきました。ダウングレードレベルではありますが抜けじゃないってのはテンションが上がります。挑まないと成功しない!元々4Sを試合で挑戦していたジャンプ力のある選手ですからね。昨シーズンのアンナ・カレーニナからのエレガントな路線は続きます。でもこちらの方がドラマティック強めです。完璧さ聡明さだけではなく、映画の中で描かれていた侍女への嫉妬・横暴さを見せる人間臭さ、スペインとの戦争への苦悩、決意、弱さを見せながらも自己に打ち勝つ強さ、いろんなものを含めた表現をしようとしているんじゃないかと思います。割と見やすい映画なので歴史物苦手でも大丈夫です。でもこんな暗い色の衣装でいいんかな。オレンジはーーー肌の色に合わないか。

ダニエル・サモーヒン
SP:Still Loving You(続行)

すでにフィラデルフィアの試合に出てこれで2試合目。昨シーズンのユーロから急激に上手になりました。SPは2クワドで行くんでしょうか。ジャンプに高さがあって安定感があります。衣装は変えないか?SPのやつ。衣装センスは北米で練習してもユーロなんだなー。

リチャード・ドーンブッシュ
SP:Come what may

SPだけに出場したドンブー。この曲はこの曲はムーランルージュじゃないですか!もおおおおおおおおおおおおおおおおムーランルージュの呪縛ううううううううううううううううう!でもYour songとロクサーヌじゃないのが救い。もうこれ以上受付できませーん。ポテンシャル厨的観点で見るとドンブーの滑りはたまらないし、曲の押し付けがましいぐらいの壮大で普通の歌詞にもよく合います。ジャンプさえ決まってくれれば。ああ全米。

グラント・ホックスタイン
SP:Due Tramonti
LP:レ・ミゼラブル

SPの3Aからイナバウアー、レンジからキャメルスピンの流れ美しいなあ。ジュニア時代からスピンが上手でキャメルがやっつけ要素にならないのは男子ではデカい。

LPでは昨シーズン、スウィートハートキャロライン・ジャンさんが滑っていたレミゼを滑るホルスタインさん。ブリンヒームホームとワンデイモーの2つです。物語としては順番逆なんですけど、そんなこと言ってたらフィギュアスケート見ていられない。3Fがシングルになった以外はミスがありませんでした。3連続の最後は3Sにするのかもしれませんが大きなミスではありませんね。ほぼ完璧な状態で体力も浪費していない演技だったのですが、ホルスタインさんジュニア時代からスケーティングの進歩が見られないところはうーん。キャロラインもそうだけどオペガードはそこは教えられないコーチなのか能力の限界なのか。エッジを倒してもすぐにフラットに戻ってしまう。

ブレンダン・ケリー
LP:ベートーヴェンの5つの秘密

インスタグラムで練習映像をアップしているのを見たとき、「これはスケーティング上手になってる系美青年?」と思っていましたが本当にタッチがきれいになっているとは。しっかりと滑っているのをジャッジにアピールする戦法で行くのかいいぞいいぞ・・・と思ったら安定のスピンと後半バテバテ。ああやっぱり彼だなあ。トゥループ3回、アクセル4回というとても偏った構成でした。

ジェイソン・ブラウン
SP:Love is blindness
LP:ピアノレッスン

フェイスブックで見た映像で密度の濃さがえげつなかったSP。ジャンプを3つとも転倒してしまったので本来の動きが見られませんでしたが、ステップどんだけ動かせるんだ、どんだけひねらせるんだ、どんだけ方向転換させるんだ。というぐらいにいろいろなことをさせていました。鬼。

LPは今シーズン2回目。シャツにパンツに・・・みたいな衣装を用意すると思っていましたが、ミスコンのたすきみたいなもののついた寒色のひらひら衣装。ストーリーではなくてもっと精神的なものを演じているのか?リズムが取り辛くて演じるのが難しそうな曲だけど彼の美しいスパイラルやスピンがそれをカバーします。ジャンプがおまけみたいな。ほんと別の競技を見ているような気持ちにさせられます。表現の格が一つ上がったような。点数がたくさんもらえそう。

ポリーナ・エドモンズ
SP:月光

SPの衣装は露出度がいつもより高めの黒。8月だけど体は締まっております。昨シーズンのGPSのときの下半身よりも締まってます。どんだけ食事制限してるんだろう。3Fのエッジは今回よかったんじゃないかと思います。多分とられないやつ。ステップになると動きが緩慢になるので振付として止まりかけるけど止まらないみたいな構成にしたのは正解だと思います。彼女のステップでずっと滑り続けていると終盤で間延びした印象になると思うので。

ネイサン・チェン
SP:マイケルメドレー
LP:交響曲第3番

KKZ(kantanna kao zoku)アメリカ支局局長補佐ネイサン。

ネイサンに3Aが戻ってきたのは嬉しい。んでもってクワドも入れられています。全米のときは理解のできないクソプロだと思っていたマイコーメドレーでしたが前半のスマイルのときの体の動かし方なんか、やっぱりすごく素敵で力が抜けて見ていて気持ちがいいです。スムースクリミナルは一転踊りまくっています。こちらもきちんとできています。この2曲を組み合わせる必然性が理解できないのは以前そうなんですけど、まあ、いいか。昨シーズンより断然いいから。

4T-3T 4T 1A-2T 3A 3Lz-2Lo-2Lo 3Lo 3F 3S
すでにバキバキにジャンプが仕上がっていたLPでした。アクセルが一つ抜けた以外全て成功しました。全米選手権でこれぐらいやったら世界選手権の代表なっちゃうんじゃないかと思います。公判の3Lz以下のトリプルはステップのようにポンポコポンと降りてゆきました。刺身のつまとタンポポみたいなものですね。

ティモシー・ドレンスキー
SP:ニューシネマパラダイス

Pさんのネームバリューが圧倒的だからあれなんですけど、ドレンスキーさんはPさんを凌駕する巨乳の持ち主で左右の胸板の間にくっきりと谷間が存在します。右乳と左乳が板チョコみたいになってるんです。自分で作曲する、いいとこの男ばかり4人兄弟のドレンスキーさん。自作自演お坊ちゃん巨乳キャラ定着させよう。

ドレンスキーさんのSP見るのすでに3回目なんですが。8月で3回目て。ドレンスキーさん癖がなくてノーブルな滑りをする選手なんですけど、何か指摘をするとすればどこだろうなあ。指先まで伸ばしきる前に腕が次の動きに移行しているから"決まった"感がないのかなあ。それとも僕がジョシュ・グローバンに飽きてしまったからそう見えるのか?

カレン・チェン
SP:誰も寝てはならぬ

今シーズン三大禁止曲登場。膝にいつぞやクリスがつけていたようなサポーターをつけていますが大丈夫でしょうか。5ヶ月の間に一気に体系変化が訪れて体が丸くなりました。ただでさえセカンドトリプルの回転が足りていない状態だったので今シーズンは厳しい戦いが予想されます。2Aで転倒してレイバックスピンが回りきれませんでした。プログラムが普通すぎる気も。

あと2週間でJGPS始まります。バイオも今シーズン用への更新が始まっています。クイーン、プッチーニ、ロミジュリの監視しないといけないです。
Comment:2
back-to-top