FC2ブログ
2014
01.16

ヨーロッパ選手権 1日目 アイスダンスSD

ポケバンクまだか。

アイスダンスSD
1 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)69.58
2 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV(ロシア)69.54 PB
3 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)61.76
4 Victoria SINITSINA / Ruslan ZHIGANSHIN(ロシア)60.63
5 Ekaterina RIAZANOVA / Ilia TKACHENKO(ロシア)60.35
6 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV(アゼルバイジャン)59.82
7 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI(ドイツ)59.79
8 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)58.17 PB
9 Isabella TOBIAS / Deividas STAGNIUNAS(リトアニア)56.76
10 Pernelle CARRON / Lloyd JONES(フランス)56.35
11 Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)55.21 PB
12 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY(スロバキア)54.84 PB
13 Tanja KOLBE / Stefano CARUSO(ドイツ)53.98
14 Irina SHTORK / Taavi RAND(エストニア)53.88 PB
15 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)53.33
16 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)52.90 PB
17 Justyna PLUTOWSKA / Peter GERBER(ポーランド)52.14 PB
18 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN(デンマーク)51.92 PB
19 Lorenza ALESSANDRINI / Simone VATURI(イタリア)50.24
20 Henna LINDHOLM / Ossi KANERVO(フィンランド)48.75 PB
21 Dora TUROCZI / Balazs MAJOR(ハンガリー)46.80 PB
22 Ramona ELSENER / Florian ROOST(スイス)46.36
23 Siobhan HEEKIN-CANEDY / Dmitri DUN(ウクライナ)45.84
24 Allison REED / Vasili ROGOV(イスラエル)44.14
25 Barbora SILNA / Juri KURAKIN(オーストリア)43.22 PB
26 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN(チェコ)42.95
27 Angelina TELEGINA / Otar JAPARIDZE(グルジア)42.07
28 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV(ベラルーシ)39.03
29 Carter Marie JONES / Richard SHARPE(イギリス)34.63 PB

フィンランドさん
今シーズンはSDもFDも素敵なプログラム。SDは王道のボールルームダンスを綺麗に。コーチがマルガリオなのにツイズルがこんなに速いなんてどうかしてる。女の子ゲルマンっぽくてとっても綺麗。男の子はいかにも北欧の男の子って感じのギュッてしか顔してる。軽快でとっても良かったですよ。女の子がフィンランドカラーに仕上がっていて綺麗衣装。

テスタ&ショレイ
いつまで経っても顔が覚えられない(1ヶ月ぶり)。女の子が踊り子で男の子が操り人形?ツイズルがレベル3でしたが、ステップのレベルをきちんと取れました。カーブリフトをただの振付だと思っていてリフトだと気づきませんでした、すごく低い位置で持ち上げていたもので。

アガフォノワ&ウチャル
男の子のエッジがかなりディープになっています。大会の度に上手になっているように見えます。ただ彼はエッジが深いですけど、それを犠牲にしたのかかなりバタついた演技をしているようにも見えます。上体がグワングワン動いていて余裕が無いように見えます。女の子は戦闘力高そう。

ウルディア
パターン1つ目の途中で男性が小さなスタンブルをしてマイナス評価を受けましたが2つ目は綺麗に滑りました。彼らはスケーティングがすごく良いわけでは無いので、スピードをとにかく出して滑っている感じですね、それが功を制しました。ディアスさんは変声期の中学生みたいな声してるな。顔が子供なのに髭生えてるからピッタリかもしれん。

ルチエちゃんたち
ルチエちゃんがトービルさん的なオバサンパーマになっている。パターンはスピードを出しまくって、どこがクイックステップやねんっていうぐらいにリズム感なく突っ切っていました。女性がツイズルでバランスを崩して大きなマイナス。ノットタッチのステップから滑りがフラットになり、その後のトランジションでホールド組んでいる時は、組んでいるのにバラバラという自体。つまり組めてない。合ってない。

デンマークさんたち
ソレンセンさんさすらいのパートナーチェンジ、たぶん6人目?でやっと合うパートナーに巡りあえました。フランク・シナトラのシンプルな選曲ながらよく滑っていました。もうちょっとPCS出ると思ったけどなあ。チェコと同じぐらいか。

シニジガ
最初のトランジションの動きだけでお腹いっぱいになりそうなほどに派手派手しい。ツイズルはジガンシンが荒ぶりかけましたが、回転は合っていましたしレベルもGOEも問題なかったです。中盤のストップしたところ2人ともを映さないなんて、カメラマンだめーーー。

アレバト
SDは今シーズン初めて見た気がする。間にLOVEを挟んでいるだけでモンハリの酷いSDが頭を過ぎり印象が悪い。ノットタッチのステップは良かったと思うんですけどね。ギリギリSD通過です。

ヒキドゥニ
前半は今シーズン初めてパリッとした滑りを披露していたのに繋ぎで男性転倒。すぐに戻ってツイズルはレベル4を取ったのに、ミッドラインの途中でステップ踏めずに飛ばしてしまい、ちょっとgdgdとしたフィニッシュに。今シーズン絶不調ですね。

コルカル
変な裏地の燕尾とドレス、普段なら燕尾とドレスには万歳するのにこれは落ち着かない。この組はもっと男の子が上手じゃないイメージがあったのに今日は良かったと思います。特にノットタッチの後半あたりでいつもエッジが起き上がってしまうんですよね。まあ今日もレベル取れてなかったですよ、案の定。でもNHK杯よりは随分良かったと思います。

シュトラン
ランドの口元にヒゲ!!!こんなアイテムを使ってくるとは思わなかった。ランドももう21歳、そりゃヒゲも生えますわな。彼らは上手くなったり下手になったりムラがすごいですけど、今日はすごく上手だった。ネーベルホルンとか全然ダメだったのにするする滑って行って、これも全てヒゲを生やしたおかげ。ランド弟に頼りがいが出現した。

トビスタ
国籍を取得できたからか、弾けるように滑っているように見えるトビアスさん。パターンはダイナミックで良かったと思います。ミッドラインは男性も女性も少しずつズレるところが見られました。スタンダードな選曲ながら上手に演じていたので、つまらないプログラムになっているということもありません。

ペニコラ
パターンダンスの音楽はなんであんなヒップホップみたいな物にするんだろう。音楽性をどう感じればいいのか。その後のサーキュラーステップがとっても良かったです。後ろ向きで2人がクロスするところとか、一周してジャッジの前まで戻って来て振付するところとか、動きがピッタリで気持ち良い。ユーロとの相性よすぎいいいいいいいい。

リャザトカ
レベルを結構取りこぼしています。ナショナルの時はシニジガより滑っていなかったですけど、今日はあちらがバタバタしていた印象があるのに対して、非常に落ち着いていたのでそこは良かったと思います。

パパシゼ
昨シーズンあれだけ安定していたツイズル、今シーズンは失敗に次ぐ失敗です。パターンダンスは今日ミスしたとかではなく、シーズン通して見劣りするし、上達はしていないと思います。チェックポイントを踏めているかどうか以前に動きがバラバラとしています。まずダンスとして美しくない。スケーティングスキル7.00、インタープリテーション6.64。ダンスでこういう出方って珍しいです、好まれてないんですねプログラムが。

イリカツ
今日もビュンビュンスピードを付けて滑りました。パターンがとっても良かったです。特に一つ目は良かったです。ツイズルは転倒しなかったです。でも問題はFDの方ですから。衣装はピンクから赤に変えました。ピンクの方が圧倒的にかわいかったのに。客席にモロゾフバナーを持った人が(お金の無駄だと思う)。ボブソロとペシャブルがいないからって、無理矢理9点出す必要は無い。

ジガガジ
ツイズルを綺麗にして、ミッドラインとても良く合っていました。今日はレベル取りの鬼が戻ってきたと思いましたが残念ながらパターンダンスのレベル取れずでした。でも勢いはシーズンで一番感じましたし、きちんとお金持ちの女の人と、冴えない男とのストーリーだって事を理解する+いい加減に見慣れてくると、ちゃんとしたプログラムに思えてきます。

キャロジョン
いつもに比べて滑らかな滑りを見せていたので、今日は行けると確信した僕の予想を下回り、パターンダンスではいつもの彼の滑りを・・・。

カペラノ
すごく余裕のある落ち着いた滑りでした。カペラノがツイズルを失敗しなくなって久しい。あれらのミスは忘却の彼方なのじゃ。ステップレベル4と一度は判定されたのですが惜しかったですねえ。全項目イリカツより下か。超僅差で首位。

ギニャファブ
レベル獲得はそこそこですが、彼らの得意な流れを途切れさせない演技でした。最近は素敵なリフト(GOEで+が取れるとは別)が減少傾向にある中、彼らのスムースなストレートラインリフトは無理が無くてプログラムの中に溶け込んでいて良かったです。バーバラはこの大会ずっとしかめっ面で手を叩いている。

ズロシト
ダンスだから当たり前なんですけど、要素以外でもきちんとホールドを組んで滑っているところが多かったのが良かったです。そんな当たり前の事ができていないプログラムのカップルって多いですからね。

上位2組のPCSが跳びぬけて高く、続きペニコラ、そしてロシア、ジガガジと続きます。今日の滑りからすればこの順番は順当かと思います。ペニコラって本当にユーロのみ滑りが良いですね。体調不良が係る部分が多いのですが、こうもユーロばかりだと過大評価とか贔屓だとか、そういう評価も受けかねないと思うので他の大会でも頑張って欲しい。よほどの事が無ければメダル取りそうですよね。でもまあペニコラはから叩かれるターゲットにはならんでしょう。
ロシアのオリンピック3枠目ですがPCS評価はリャザトカの方が上でした。FDのプログラムは片やしっかり作りこまれていて、片や音楽の寄せ集めのような出来。果たしてどうなるのか。リャザトカのPCSがここに来て適正値に戻りました。何で?
フランスの2枠目の戦いはキャロジョンが3点のリード。こちらはひっくり返る可能性は低そう。なぜ今シーズンのパパシゼはSDもFDもあんなに分かりにくいのにしたのか。

楽しいけどペシャブルもボブソロもいなくて物足りなさは否定できません。フィンランドさんたちがギリギリ通過できたのは嬉しかった。明日は男子SP、アイスダンスFDです。
Comment:0
2013
12.08

ゴールデンスピンリザルト

男子リザルト
1 Sergei VORONOV(ロシア)245.07
2 Artur GACHINSKI(ロシア)229.55
3 Ivan RIGHINI(イタリア)188.33
4 Alexei BYCHENKO(イスラエル)187.98
5 Stanislav SAMOHIN(イスラエル)174.02
6 Javier RAYA(スペイン)161.71
7 Dmitri IGNATENKO(ウクライナ)159.25
8 David RICHARDSON(イギリス)135.19
9 Marton MARKO(ハンガリー)117.04

優勝はヴォロノフでした。SPとLPで3つの4Tを降りました。3Aで1回ずつ失敗がありますがスピンはオールレベル4、ステップは2つともレベル3、3Lzも降りましたしかなり仕上がっています。
そしてがっちゃん。LPで少しのマイナスがありますが4Tを2本降りています。3Aも2本降りました。3Fは抜いて単独の3Tにしています。ようやくここに来て仕上がってきたか?
元バリエフさんはほとんどのジャンプを失敗した上にザヤりました。ロシア選手権で5位になった時のあの安定感はどこに行ってしまったのだろう。
イスラエルのビチェンコさんはまさかのLPで4T成功、GOEで全ジャッジがプラスの文句なしです。後半2つのジャンプがダブルになり、シットスピンがノーカンですが、ここに来て覚醒か。オリンピックの枠獲得できていて本当に良かったですね。

ペアリザルト
1 Andrea DAVIDOVICH / Evgeni KRASNOPOLSKI(イスラエル)151.92
2 Natalja ZABIJAKO / Alexandr ZABOEV(エストニア)147.76
3 Julia LAVRENTIEVA / Yuri RUDYK(ウクライナ)126.49
4 Maria PALIAKOVA / Nikita BOCHKOV(ベラルーシ)126.34
5 Veronica GRIGORIEVA / Aritz MAESTU(スペイン)109.40

ダヴィドヴィッチさんはアメリカ出身ですけど、女子シングルでも試合に出ていたので国籍の心配は無いと考えて良いのでしょうか。イスラエルなら問題なくサッと発行してくれそうな気はするけれど。
オリンピック出場が多分無理なザビアコさんとザボエフさんはSPもLPも割と良い出来みたいです。リフトが1つノーカンになってはいますが。エストニア語というハードル高いですよね。ユーロやワールドに出場できるスコアはありますし、組み立てでこのレベルなので、まだまだ続けて欲しいです。

アイスダンスリザルト
1 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV(アゼルバイジャン)150.83
2 Pernelle CARRON / Lloyd JONES(フランス)138.74
3 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)135.87
4 Gabriella PAPADAKIS / Guillaume CIZERON(フランス)134.60
5 Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)132.59
6 Valeria ZENKOVA / Valerie SINITSIN(ロシア)120.93
7 Allison REED / Vasili ROGOV(イスラエル)114.15
8 Lolita YERMAK / Alexei SHUMSKI(ウクライナ)113.14
9 Emi HIRAI / Marien DE LA ASUNCION(日本)112.70
10 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN(チェコ)109.41
11 Barbora SILNA / Juri KURAKIN(オーストリア)104.52
12 Cecile POSTIAUX / Richard POSTIAUX(ベルギー)95.11
13 Emanuela PORTER / Bruce PORTER(アゼルバイジャン)80.99

注目のフランス2番手争いはキャロジョンにひとまず軍配が上がりました。しかしSDはパパシゼの方がPCSが高く、合計スコアもそれほど離れてはいないので、五輪やユーロの代表はまだまだ分かりません。
ルチエちゃんたちは相性が良く無いのかな・・・。シュムスキーさんは新しいカップルと組んで初めての試合でした。シュムスキーさん昨年は別のパートナーと組んでナショナル出ていたのに即解散だったんですねえ。このロリータ・イェルマクさんはエリック杯で裸でアクロバットしていたアレクサンドル・リュブチェンコさんの前のパートナーですね。
去年のゴールデンスピン、レベル判定もPCSも大盤振る舞いでドッカンドッカンハイスコアが出ていたので、今回もプチ注目でしたがメダリストに高いPCSが出ただけで、やんや言うほどのものでもありませんでした。少なからず、去年みたいなスコア期待したカップルはいたんじゃないかと思ったり。

女子リザルト
1 Yuna KIM(韓国)204.49
2 Miki ANDO(日本)176.82
3 Elizaveta TUKTAMYSHEVA(ロシア)169.24
4 Micol CRISTINI(イタリア)130.89
5 Dasa GRM(スロベニア)128.69
6 Isadora WILLIAMS(ブラジル)128.63
7 Melanie Yuung-Hui CHANG(中華民国)127.32
8 Isabelle PIEMAN(ベルギー)124.89
9 Eliska BREZINOVA(チェコ)120.82
10 Anine RABE(ノルウェー)114.04
11 Agata KRYGER(ポーランド)113.10
12 Marta GARCIA(スペイン)108.18
13 Nika CERIC(スロベニア)101.64
14 Alexandra KUNOVA(スロバキア)100.99
15 Alina BILETSKA(ウクライナ)99.51
16 Bernadett SZAKACS(ハンガリー)97.08
17 Pina UMEK(スロベニア)96.23
18 Petra JURIC(クロアチア)90.55
19 Danielle MONTALBANO(イスラエル)88.96
20 Olga BELINSKA(ウクライナ)77.78
21 Mateja BURSIC(クロアチア)77.41
22 Valentina MIKAC(クロアチア)74.60
23 Kim FALCONER(南アフリカ)67.22
24 Ema LIPOVSCAK(クロアチア)61.34

なぜアンチの人はわざわざ大嫌いな韓国のストリーミング探してまで見てるんだろう。ストーカー怖い。ストーカーはストーカーの自覚が全く無いとは良く言ったものだ。僕もアンチストーカーかな?気をつけよう。

SPはなぜか辛子色の衣装。衣装は好きだけどなぜこの色なんだろう。初見ではそんなに調子は上がっていないように思えましたが2回目見るとそれほど悪く無いとも思えました。プログラムの感じとしては、ごくごく普通の印象でした。ステップがあんまり面白く無かったです。
LPはタンゴで黒衣装背中パッカーンで素敵です。色気系統は得意なはずなんですけど、あまりそれが見られず物足りない。ステップはSPより良いと思います。コレオシークエンスはスタミナが切れていたのか、滑りが悪くてガタガタとしていました。ワールドでもコレオシークエンスあたりになると相当厳しそうだったので、スタミナは課題ですね。転倒はありましたがジャンプに関して言うと、SPから通じて劣化も不調とも思いませんでした。きちんと回転もしていますし、エッジも大丈夫です。ジャンプ以外のエレメンツはもう少し曲に合わせたものだと良いなって思います。これも昨シーズンから変わらないです。今大会ジャンプ以外のエレメンツの加点は5割増しぐらいだったと考えて良いかと。個人的には全部+1に思えました。PCSは相当高く出ていますが、国際Bなので全く当てになりません。プルシェンコのボルボオープンの時は何も言わなかったのにここで騒ぐ意味が分からない。真央やカロリーナと一緒の試合に出れば然るべき所に落ち着くでしょうよ。
全体的には物足りない。去年のNRW杯や韓国選手権の時と同じです。五輪にどうピーキングできるのかに注目です。

安藤さんSPの衣装はアイスチャレンジと同じでした。前の淡い色のやつのピッタリだったのに。ジャンプ構成を3T-3Tと3Lzに上げてきました。3-3のセカンドは回転不足でしたがジャンプそのものに迫力はありました。3Lzはステップから直後にというところを満たしているとは言えないので、全日本や他の国際大会ならマイナスをつけるジャッジがいるかと。よく動けていましたし、本人も満足そうでした。
青と赤の火の鳥から深い紫基調の衣装に変わりました。これは好き。ジャンプは最終的に全日本で滑るだろう3Lzと3Tが2本ずつの6トリプルにしてきました。単独の3Tを一つ3Loにできれば基礎点は上がりますが体力的に無理でしょうか。2A-3Tを終えた辺りで、すでに体力がかなり落ちているように見えました。トランジションがほぼ無いですし、音楽のテンポや強弱を演じ分けられないぐらいにステップやコレオシークエンスでは滑っていないので、依然として厳しい状況は変わりません。徐々には良くなっていますけどね。

安藤さんもユナも0.5~0.75程、本来のPCSから高めにもらっていたように思えます。

リーザはいつものリーザでした。いやGPSよりはよくないか。SPのステップ淡々としていつもよりエッジも浅くて、いつもより長く見えました。スタンブルもありましたし。なぜかビールマンスピンはいつもより良かった。LPはSPよりは動きは良かったですけど、ステップでバランスを崩しかけたところはありました。ジャンプは体の重さがモロに影響していますね。痩せようとしても痩せない時はありますから、今の体で跳べるように工夫をするしか無いですね。ファイナルに出ていた4人がみんなeマークある中、リーザは無いのかー。貴重なe無しなのにつくづく惜しい。
Comment:4
2013
11.09

ボルボオープン アイスダンスリザルト・男子リザルト

なぜ僕がわざわざ国名を日本語表記にするのか。それは・・・そのままコピペが手抜き感出るからだ!

アイスダンスリザルト
1 Yuliya ZLOBINA / Aleksey SITNIKOV(アゼルバイジャン)152.42
2 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI(ドイツ)149.24
3 Alessandrini LORENZA / Simone VATURI(イタリア)143.96
4 Federica TESTA / Lucas CSOLLEY(スロバキア)139.06
5 Irina SHTORK / Taavi RAND(エストニア)132.32
6 Dora TUROCZI / Balazs MAJOR(ハンガリー)131.05
7 Ramona ELSENER / Florian ROOST(スイス)129.99
8 Nadezhda FROLENKOVA / Vitaly NIKIFOROV(ウクライナ)125.98
9 Justyna PLUTOWSKA / Peter GERBER(ポーランド)125.58
10 Cecilia TORN / Jussiville PARTANEN(フィンランド)119.87
11 Federica BERNARDI / Christopher MIOR(イタリア)119.82
12 Danielle O'BRIEN / Gregory MERRIMAN(オーストラリア)119.41
13 Kira GEIL / Tobias EISENBAUER(オーストリア)115.16
14 Jelizaveta TRETYAKOVA / Viktor KOVALENKO(ウズベキスタン)115.01
15 Olesia KARMI / Max LINDHOLM(フィンランド)111.09
16 Sophie JONES / Jordan BROWN(イギリス)99.18
17 Rebecca KEMPT / Luke RUSSELL(イギリス)88.90
18 Svetlana KHOMIAKOVA / Nikita SHUDO-JABLONSKII(ロシア)87.28
19 Emanuela PORTER / Bruce PORTER(アゼルバイジャン)80.14
WD Valentina RUBCHENKO / Benjamin ALLAIN FRA

ズロシトは先週のNRW杯のSDで転倒で出遅れてしまい、そのまま棄権という形になりましたが今週は優勝でした。おおむねレベルもとれていました。ジガガジは昨シーズンまでレベル獲得の鬼だったのに今シーズンは随分レベルを取りこぼすことが多くなっています。特にパターンダンスのレベルが全然とれていません。いつも出遅れてしまうんですよね。アレバトは仕上がっております。ギニャファブの今シーズンのプログラムがそこそこなので、もしかしたらということもありえます。でもアレバトのプログラムも特別「うおおおおお!」というわけでも無いのでね。

エルゼナーさんとローストさん今シーズンすでに5試合目。毎週のように彼らを目にします。おうち帰ってます?彼らの略称はエルロー?ラモフロ?エルローってエルボーみたい。とりあえずエルローにします。

当ブログで押していくことになったオージーチームのオブライエン&メリーマン。こちらも略称無いのでオブメリにします。オブメリはパターンもステップも全て取りこぼしておりました。PCSもそれほどもらえず、上位勢に比べると勢いで押して行っている印象は否めないプログラムでもありますしね。

ウズベクのトレチャコワさんとコヴァレンコさんは14位でした。エントリー当初、まさかのナゴルニュク&コヴァレンコになっていて、それ前のパートナーじゃん・・・って。適当ダナー。

男子リザルト
1 Evgeny PLYUSCHENKO(ロシア)263.25
2 Alexander PETROV(ロシア)218.75
3 Sergey BORODULIN(ロシア)202.40
4 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)197.18
5 Zhan BUSH(ロシア)184.84
6 Artem LEZHEEV(ロシア)184.05
7 Dmitriy IGNATENKO(ウクライナ)164.87
8 Matthew PARR(イギリス)163.56
9 Viktor ROMANENKOV(エストニア)160.99
10 Samuel KOPPEL(エストニア)159.47
11 Viktor ZUBIK(フィンランド)159.19
12 David RICHARDSON(イギリス)158.93
13 Matthias VERSLIUS(フィンランド)158.27
14 Yakov GODOROZHA(ウクライナ)154.31
15 Vasilij VELIKOV(ロシア)153.44
16 Mihail KOROLIUK(ベラルーシ)151.83
17 Mikael REDIN(スイス)148.63
18 Vitaly LUCHANOK(ベラルーシ)140.10
19 Aliaksei MIALIOKHIN(ベラルーシ)139.29
20 Jack NEWBERRY(イギリス)139.26
21 Bela PAPP(フィンランド)119.88

やwwwwwりwwwwwすwwwwwぎwwwww

ヴァイオリンの曲がほとんどなので想像していたよりも遥かに自然に繋がっている編曲だけれど、よくよく聞かずとも曲の方向性がバラバラすぎておもしろい。これはもう表現どうこうの問題ではなくてプルシェンコの「ドヤ」を見せ付けるその一点のプログラム。トランジションなんていらんのや!!!ですね。ジャンプはいつものプルシェンコのようでした。特に3Lzは素晴らしかった。そして後半のサルコウの抜けまで、ここも含めていつものプルシェンコでした。もういい加減サルコウ苦手だって認めよう、試合で決まらない=苦手だよ。模試で100点取っても、本試験で60点だと意味無いのと同じで。いやしかし、思った以上にプルシェンコでした。SPはもっと小ふざけたプログラムになると思っていたら妙にしっとりしていて、あれ?ってなりました。この大会で10.00出るなら、ナショナル10.00いっぱい出ますね。コフトゥンが勝つためにはSP2クワド、LP3クワドいりますわ。

ペトロフがシニアの試合に出て今回は2位でした。ファイナルが楽しみになって参りました。プルシェンコがプルシェンコメドレー滑ったのに、またプルシェンコメドレー・・・。今まで注視していなかったですけど、彼のステップでの音楽表現ってなかなかの物があります。ロシアの男子の若手もちゃんと表現できる選手揃ってきました。よきかなよきかな。

マルティネスはミスが結構出たのに、点数がこの130点あたりからは落ちないという妙な安定感が生まれています。これはなんなんだろう。彼も今シーズン5試合目?あとは五輪にワールド・・・結構見ますね。この選手見たら眉毛剃りたくなるのって誰だったか、昨日ずっと考えていたんですけどマルティネスでした。カレン・チェンでもアーロンでもなくて彼。よし眉毛剃ろう。ロシア選手権 in ラトビアお疲れ様でした。

来週国際Bが3試合もありますが、恐らく最終日にドバーーーっと出すと思います。今大会プルシェンコの影響でめちゃくちゃ客入ってました。どの大会もこれぐらいなら良いのになあ。
Comment:4
2013
10.19

スケートアメリカ 1日目 アイスダンスSD

ズロシト→シュピルの生徒
キャロジョン→シュピルの生徒
カペラノ→シュピルの生徒
リード組→シュピルの生徒
トビスタ→シュピルの生徒
メリチャリ→シュピルの元生徒
シブタニズ→シュピルの元生徒

SKATE SHPILBAND

今のダンス界がイゴール・シュピルバンドにより造られていることを示しておる。今シーズンのGPSに出る31組中、17組は関わったことがあります。

アイスダンスSD
1 Meryl DAVIS / Charlie WHITE(アメリカ)75.70
2 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)69.88 PB
3 Maia SHIBUTANI / Alex SHIBUTANI(アメリカ)61.26
4 Madison HUBBELL / Zachary DONOHUE(アメリカ)60.71 PB
5 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV(アゼルバイジャン)54.53
6 Cathy REED / Chris REED(日本)54.28
7 Pernelle CARRON / Lloyd JONES(フランス)54.10
8 Isabella TOBIAS / Deividas STAGNIUNAS(リトアニア)53.17

リード組
映像が死んでいてやっと見られたらミッドラインをやっていて、再び死んだのでリプレイが見られず。でもクリスがガッツポーズをしていて、なかなかの点数が出たので良かったということなんでしょう。ネーベルホルンの後は100%GPSは出ないと思っていましたが出場してきました。団体戦のためというコメントもありますが、シングルのポイントだけでも十分に出られるから、そこは心配いらないんだよ。って連盟の人は言わなかったのだろうか。五輪までに脚が壊れたらどうしようもない。

トビスタ
スタグなんとかさんはSD燕尾でFDでスーツ。そのままパーティーに出られそうですね。トビアスさん、ピンクのドレス似合ってたのになんでこんなつまらない色にしてしまったんですか。彼らのI字ローテーショナル大好きです。何回見ても素敵。ダイヤーモンズアーガールズベースフレン!もたくさん聞いたのに、このプログラムはよく思えます。フィンステップの時の音楽選択はストップパートの違和感をいかに無くすかだと思うんですけど、これすごく合ってるんですよ。フィンランディアに続きTESが全然とれてない。今シーズンはスタグなんとかさんのかっこよさが留まるところを知らない。トビアスさんのこの髪型好き。シュピルヒゲ!

ハベドノ
マディソンのガタイが余計に強調されてしまうのはお乳が無いからなのだろうか。ガリガリでもなくて、こんなにお乳無い白人というのもなかなか。いや希少価値だ。相変わらず垢抜けない田舎のカップルみたいな雰囲気でしたが、エレメンツの質がとても良かったです。ツイズルはピッタリで、普通のストレートラインリフトですがスムースで綺麗でした。ネーベルホルンより良かった。初めての60点台で何よりです。

キャロジョン
前半が全然分からなかったです。リフトから見られました。ツイズルはダメですけど、コケなかったから良いんです。パターンはツバメさんの目が死んでましたよ。滑るだけでいっぱいいっぱいで。キャロンはお顔立ちが現代的は無いので、それを生かしてもっともっと古い曲滑って欲しい。断じて白鳥の湖リミックスなんてものは滑ってはいけない。

ズロシト
シトニコフさんの口元が怪しかったのは口ひげ生やしていたからですか。ピンクパンサーですからね。でも後半がなぜシングシングシングなんだろう。パターンではマイムを入れていてとても可愛らしかったです。変なプログラムを滑る彼らですけど、可愛いプログラムも得意なので、いつかチャップリン滑って欲しい。ズロビナさんは今日も春香クリスティーンにそっくりだ。

シブタニズ
素晴らしいツイズルからスタート。パターンは何をやったのかさっぱり。彼らの得意なボールルームダンス系のプログラムでした。新鮮味は無いですが、雰囲気から何からピッタリ。

カペラノ
ラノッテさんが工藤新一、カッペちゃんが蘭姉ちゃん。衣装見れば分かる。プログラムの一部すらも見られず、トップカップルで一番謎に包まれていました。ツイズルで成功、もうツイズルで失敗しないカップルになりました。パターンの足の動きがイチイチオーバーで面白かったです。リフトは綺麗にスプリットされていて良かった。安定感と余裕のある滑りでした。とうが立っていた頃のカペラノが懐かしい。蘭姉ちゃんの衣装可愛い。果てしなく可愛い。この勝負シーズンにカッペちゃん赤衣装じゃないという。もうすぐ70点!!!!!これは上位食いあるぞ。

x900.jpg


メリチャリ
メリル26歳、五輪では27歳。ベ テ ラ ン !なのにこの可憐さ。USクラシックでは藤色のドレスでしたがピンクにしてきました。チャーリーは同じです。こっちの方が色が好きです、デザインはあっちの方が好き。ミッドラインの前半部分2人がとても近い距離で滑っていて良かったです。段違いの余裕の滑り。複数曲を組合せても全く違和感の無い演じ分け、何よりもちゃんとクイックステップであること。よほどの事が無い限りは今シーズンも無双しますね。

リード組は1組だけPCS低いのに頑張りました。明日は最後まで脚が持ちますように。「今シーズンのダンス全然興味持てない、アカンわ」を訂正します。ダンスめっちゃ楽しい!!!!!!!!!!

明日の女子と男子の間の長さ腹立つわー。ポケモンやろっと。
Comment:2
2013
01.24

ヨーロッパ選手権 1日目 アイスダンスSD

おい!廃人ども!準備できてるかああああああああああああ!!!
いくぞおらああああああああああああああああああああああああ!!!

アイスダンスSD
1 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV(ロシア)69.42 PB
2 Elena ILINYKH / Nikita KATSALAPOV(ロシア)68.98 PB
3 Anna CAPPELLINI / Luca LANOTTE(イタリア)66.53 PB
4 Ekaterina RIAZANOVA / Ilia TKACHENKO(ロシア)64.52 PB
5 Julia ZLOBINA / Alexei SITNIKOV(アゼルバイジャン)60.93 PB
6 Penny COOMES / Nicholas BUCKLAND(イギリス)60.59 PB
7 Nelli ZHIGANSHINA / Alexander GAZSI(ドイツ)60.08 PB
8 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI(イタリア)57.63 PB
9 Tanja KOLBE / Stefano CARUSO(ドイツ)56.54 PB
10 Pernelle CARRON / Lloyd JONES(フランス)55.85
11 Siobhan HEEKIN-CANEDY / Dmitri DUN(ウクライナ)53.58 PB
12 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR(トルコ)50.79 PB
13 Lucie MYSLIVECKOVA / Neil BROWN(チェコ)50.52 PB
14 Irina SHTORK / Taavi RAND(エストニア)50.51
15 Sara HURTADO / Adria DIAZ(スペイン)49.32
16 Zsuzsanna NAGY / Mate FEJES(ハンガリー)48.48 PB
17 Ramona ELSENER / Florian ROOST(スイス)45.09
18 Angelina TELEGINA / Otar JAPARIDZE(グルジア)44.94 PB
19 Federica TESTA / Lukas CSOLLEY(スロバキア)44.83 PB
20 Olesia KARMI / Max LINDHOLM(フィンランド)44.29 PB
21 Alexandra ZVORIGINA / Maciej BERNADOWSKI(ポーランド)44.25 PB
22 Charlotte AIKEN / Josh WHIDBORNE(イギリス)41.83 PB
23 Kira GEIL / Tobias EISENBAUER(オーストリア)40.88 PB
24 Lesia VOLODENKOVA / Vitali VAKUNOV(ベラルーシ)36.60 PB
25 Sarah COWARD / Georgi KENCHADZE(ブルガリア)34.16 PB
WD Allison REED / Vasili ROGOV(イスラエル)

アリソンたちはロゴフの病気で棄権ということになりました。残念です。

カルミ&リンドホルム
爽やかで初々しい雰囲気もある2人、すごいスピードでパターンに入りました。多分レベルはとれてないと思いますけど、勢いがあったのは何よりでした。女の子が途中でスカートをめくってレース白おぱんつを見せてくれたのはご褒美。リフトは男性がワンフットで保持できなかったです、もうちょっと男の子がんばれ。ハンサムだけど細くて頼りない。「モイモイ」言ってました。マルガリオもモイモイ。

テレジナちゃん&オタル
ヨロレイヒーでした。ヤンポルのお手本のような可愛い衣装。さすがオタルさん見た目は最高にかっこいいから似合うな。なおヤンポルはgdgdであった・・・。テレジナちゃんも可愛いけど年齢的にギリアウトだよ!

るち江ちゃん&ブラウン
1歳差どころか、日本だったら同級生なのに、るち江ちゃんの方が8歳ぐらい上に見えます。体育大学の学生を囲む、スナックの雇われママみたい。衣装もメイクもそんな感じ。男の子からアイスダンサーの匂いが全然しないというか、アスリート!アスリート!アスリート!って感じ。とにかくアスリートでした。もうちょっと丁寧に行こう。

ズヴォリギナ&ベルナドウスキー
雰囲気だけはすごかった男の子。貴重なロン毛要員でもあるので、これからも続けていただきたい。少しツイズルで失敗しましたし、そもそももうちょっと滑って欲しいけど、とにかく見た目だけはすごいので続けて欲しい。女の子のプラチナブロンドの髪きれい。

エイケン&ウィッドボーン
衝撃の選曲、ほぼ台詞という。なんだこれはポルカなのか?これは?謎のまま終わって、減点・・・。

ズーリン、チャイト、バーバラ、パリパト。早々たるコーチ陣の第4グループ。

アガフォノワ&ウチャル
名前はめちゃくちゃ目にしてたけど見るのは多分初めてです。男性がいかにもトルコ人というような風貌で。男性はずっとシングルをしていての転向組なので、なかなか難しいと思うのですが、がんばっていましたよ。ちょっと音楽に置いて行かれそうでしたけど。ツイズルは良かった。めっちゃ良い点もらえて良かった。

ヒーキン=ケネディ&ドゥニ
女の子の衣装素敵、髪飾りも素敵。全然ヤンキーポルカに適した衣装では無いけど素敵。顔覚えられないけど素敵。品がちょっとあり過ぎて、もうちょっとインパクト欲しかったかもしれません。とりあえずこのドレスはベスト衣装候補に入れておきましょう。

コルベ&カルーゾ
エディット・ピアフからの、ペシャブル不在の中のオッフェンバック。やっぱりこのテンポあかん!しかも普通のじゃなくて、わけの分からない笑い声のSEを入れているという。何が面白いの?ねえ何が面白いの?カルーゾのマフラー短くて苦しそうだよ!サスペンダー的な雰囲気の飾りもちょっとチープだよ!

ウルディア
ハウルの動く城→チャップリン。すごいわ。なんでもないところで転倒がありました。2人ともよく滑るようになっているのですが、今日はところどころがシェイキーな感じ。特に女性は今日不調でした。体も上手く出来上がっていないような感じです。2人とも幼さが抜けて素敵な雰囲気になってきました。FDは文句無く素敵なプログラムなので、がんばって欲しいです。

ペニコラ
可愛い演技でした。なぜか多いイギリス応援団ですけど、ペニコラを見に来たのでしょうか。ツイズルは少しズレてしまいますけど、スピードに乗っていい演技でした。GPSの時よりは遥かに良い演技でした。そして遥かに良いスコアも出ました。この組はあれか、ユーロだけでとてつもないパワーを発揮するのか。

キャロジョン
体力は相変わらず切れていたのですが、5%ぐらいは残っていた状態で終われたので良かったです。コケやスタンブルが無かっただけでも良しとしなければなりますまい。ミッドラインやばかった。途中から足が死にかけていましたから。根本的にスタミナに問題がねえ。

リャザトカ
いつも通りの安定した演技でした。なかなかミスしないですよね。レベルの取りこぼしは時々あるんですけど。今日も安定のトカチェンコさんのかっこよさ。ベスト3点ぐらい更新しても微動だにしない2人かっこいい。さすがコーチがマフィアだけあって落ち着きありますね。

イリカツ
ニック氏今日も張り切っておりました。ガッツポーズも出ましたしね。このTESだとほとんど取りこぼしも無いぐらいでしょうか。がんばりました。

ボブソロ
パターンが今回出場のカップルの中では圧倒的に上手です。全ジャッジからプラスを受けても納得できるのは彼らぐらいかもしれません。もうちょっとミッドラインは滑って欲しかったですが、それでも高い得点が出ました。

シュトルク&ランド
ギャングに瞬殺されそうな保安官さん。パターンよりも危なかったのがミッドライン、エッジがやや浅め・・・ではないけど、深く乗ろうとすると、チェンジエッジする時にガシャって上手くできない。女の子の存在感が強すぎて弟くんがかき消されるのなんの。

ズロシト
前半パートを今日初めてまともに見たような気がします。それぐらい後半の曲のインパクトがすごい。ミッドラインちゃんと滑っているんですよ。2人の距離もタイミングもピッタリで。さすがズーリンという指導力。やっぱりミッドラインは2人の距離が近く無いと、何の意味もない!ミラーよりもサイドバイサイドがいい。

ジガガジ
今日もおもしろかった妄想プログラム。ミッドラインの時のスケートの伸びも盛り上がる感情(妄想)を引き立てていて素敵。アベさんにはぜひ守りのプログラムを滑るロシアのカップルにもこういうプログラムを振付けていただきたい。

カペラノ
今日もとても可愛い2人でしたが、やや慎重な滑りでした。ロシアの2組に比べると滑りに差があるので、レベルをしっかりとっていくしか無かったのですがTESでも差をつけられてしまいました。まだ3点差ですから、しっかりレベルをとればまだまだ何があるか分かりません。今シーズンは100点近いスコアを出していますしね。ユーロですから、もうちょっとPCSももらえるでしょう。ステップレベル4!

ギニャファブ
この組も運動会でしたね。ダメだなあこのテンポはやっぱり。男性が小さいのにがんばって持ち上げているので、すごく怖いです。最後のリフトみたいなムーブメントも降ろし方がドンとしていて、そのままコケないか怖かったです。FD楽しみ。

ロシアが最終グループに3組と見せかけて、ズロシトは両方ロシア人ですから実質4組。ロシアまみれの最終グループになります。ロシア選手権のゲストであるカペラノ、ここで勝ったらかっこいい。非常に厳しい状況にあるキャロジョンは後半グループに入れたものの、下に今シーズンレベルをとりまくるウクライナが控えているので、レベルがとれなければサッと抜かされます。でも枠のことなんて気にしなくて良いんですけどね、本当は。ぶっちゃけ2枠あっても彼らが来シーズン行けるかと言われれば・・・すごく微妙ですし。だから楽しくやれば良いです。

25組のうち21組がパーソナルベスト(SDを初めてISU主催で滑った組が多いのもあるけど)という結果でした。すごいですねえ。レベルもほとんどのカップルがパターンで4とか3です。
Comment:0
back-to-top