FC2ブログ
2020
01.24

ヨーロッパ選手権 2日目 男子リザルト

男子LP
1 Dmitri ALIEV(ロシア)184.44 PB
2 Daniel GRASSL(イタリア)168.27 PB
3 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)163.94 PB
4 Artur DANIELIAN(ロシア)162.11 PB
5 Matteo RIZZO(イタリア)157.94
6 Adam SIAO HIM FA(フランス)154.68 PB
7 Deniss VASILJEVS(ラトビア)152.23
8 Vladimir LITVINTSEV(アゼルバイジャン)151.05
9 Paul FENTZ(ドイツ)149.60 PB
10 Alexander SAMARIN(ロシア)145.66
11 Michal BREZINA(チェコ)141.48
12 Gabriele FRANGIPANI(イタリア)141.09 PB
13 Alexei BYCHENKO(イスラエル)140.76
14 Irakli MAYSURADZE(ジョージア)140.34
15 Nikolaj MAJOROV(スウェーデン)138.18 PB
16 Aleksandr SELEVKO(エストニア)133.23
17 Mark GORODNITSKY(イスラエル)130.63 PB
18 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)127.72
19 Lukas BRITSCHGI(スイス)124.43
20 Matyas BELOHRADSKY(チェコ)122.85
21 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)121.90
22 Alexander LEBEDEV(ベラルーシ)121.57 PB
23 Burak DEMIRBOGA(トルコ)107.19
24 Larry LOUPOLOVER(ブルガリア)106.90 PB

男子リザルト
1 Dmitri ALIEV(ロシア)272.89 PB
2 Artur DANIELIAN(ロシア)246.74 PB
3 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)246.71
4 Daniel GRASSL(イタリア)244.88 PB
5 Matteo RIZZO(イタリア)237.01
6 Deniss VASILJEVS(ラトビア)232.67
7 Michal BREZINA(チェコ)231.25
8 Paul FENTZ(ドイツ)230.01 PB
9 Vladimir LITVINTSEV(アゼルバイジャン)221.09
10 Alexander SAMARIN(ロシア)220.43
11 Adam SIAO HIM FA(フランス)219.89
12 Alexei BYCHENKO(イスラエル)219.03
13 Gabriele FRANGIPANI(イタリア)218.00 PB
14 Irakli MAYSURADZE(ジョージア)214.47
15 Nikolaj MAJOROV(スウェーデン)212.57 PB
16 Aleksandr SELEVKO(エストニア)210.68
17 Mark GORODNITSKY(イスラエル)206.83 PB
18 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)194.61
19 Lukas BRITSCHGI(スイス)190.75
20 Matyas BELOHRADSKY(チェコ)190.54
21 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)189.25
22 Alexander LEBEDEV(ベラルーシ)188.00 PB
23 Larry LOUPOLOVER(ブルガリア)177.26 PB
24 Burak DEMIRBOGA(トルコ)173.31

ハイラペティアン
3A 3A-2T 3Lz 3F 3S-1Eu-2S 2A+2A so 3T shaky
前半はサクサクと着氷。3S-1Eu-3Sの予定がサードが入らずでした。終盤の基礎点の低いジャンプでなぜか失敗してしまいました。なんでやねんねんねん。ハイラペティアンがシャルル・アズナヴールでしっとり演じられる日が来るなんて。

オドボルボエ
3F 3Lz-3T 3F-1T 2A-1Eu-2S 3T 3Lo shaky 2A
ミニマムスコアを超えてもらいたかったですが、3Lzまでの構成だと7トリプル構成をミスなく降りなければ厳しいです。抜けや細かな着氷の減点で積み重なって引かれてしまいました。ジャンプが残っているため、ステップシークエンスも体がガチガチになっていました。ようやく終盤のコレオシークエンスで緊張が解けてきたので、ここから演技を再スタートしてほしいぐらいでした。素敵になっているのですけどね。

アダム
4T-3T 3A 4S shaky 4T 3Lz-1Eu-2S 3F-2T 3Lz
!????????悲劇のSPから一転、3連続の最後が3Sにならなかった以外すべて入りました。SP24位の選手がやる演技じゃないぞ。気持ちが入りすぎて暴走しかねないステップシークエンスなのに、力を込めつつもコントロールできていました。カムバックを果たしました。もっとPCS出せよーーー第1グループだからってケチんなよーーーーー。

イラクリ
4T 3T 3A 3Lo 3A-3T shaky 3Lz-1Eu-3S 3F-2T
For my Help by Hayden Calnin
Cold Little Heart by Michael Kiwanuka
ものすごく助けてほしそうな選曲。衣装がビリビリに破れてるから、暖かい洋服を欲しているに違いありません。4T2本が1本3Tになっただけなので、大きな失点ではありません。現状ジャンプ中心ですけど、本人も喜んでいますし、さらに表現で肉付けして良いプログラムに仕上げてもらいたいです。

リトヴィンツェフ
4T-3T 4T 3A ot-2T 3A hd 3Lz 3F-1Eu-3S 3Lo
4Tさんと仲良し、3Aと仲違いの日でした。ハレルヤはカナダの曲だから仕方ないですね。ステップシークエンスの味付けが薄いのがもったいない。もっと濃い振付できるラインを持っているのに。

マヨロフ
3Lz-3T 2A-1Eu-3S 3Lo 3F 3Lz 2A 3S-2T
マヨロフはSPもLPもミニマムを持っていない状態で今大会挑みましたが、見事に両方クリアしました。LPは3Aを入れていないですが、高さのあるジャンプを見事にノーミスで降りました。3LzまででもGOEで勝負できるものですね。世界選手権行ってこーーーい!

サマリン
4Lz 4T 3Lz-1Eu-3F 3A shaky 3A fall 3Lz+2A 1Lo
SPは衣装替えたのにLPは替わってない。こっち替えろし!SPは戻せし!4Lzで力を使う→4Fで失敗する→体力なくなって4T失敗する これが体系化されていたので、4Fを辞めたのは英断ですね。サマリンは体力切れて露骨にスピード落ちて演技がおざなりにならないところは良いな。ドンマイこんな年もあるさ。

マティアス
3Lz-1Eu-3S shaky 2A 3F 3Lo 2A-2T 3Lz 1S-2T fall
3Aを持っていないため、ノーミスじゃないとミニマムスコアをクリアできませんでした。チェコは世界選手権2枠ありますから、なんとか超えてほしかったです。2シーズン滑っているプログラムだけど、トマシュ・ベルネル先生に似せた普通の編曲で良いと思うんです。

ゴロドニツキー
3A-1Eu-3S 3F 3A 3Lz-3T 3Lo 3F-2T fall 2A
3Aでステップアウトしたので3連続にしてリカバリーしました。淡々とジャンプを降りたので、あまりPCSで評価は受けられませんでした。本来なら出場がなかったのに今大会がんばりました。

フランジパーニ
3A shaky 3Lz fall 3A-2T 3Lo 2A-1Eu-3S 3Lz-3T 3F
謎の3Lz転倒を除けば良いジャンプが多かったです。ステップシークエンスだけ際立って姿勢が崩れるのはなぜなのか。同門のグラスルはプログラム全体で姿勢が前傾気味だけど、フランジパーニはステップ以外は割と普通。キスクラにはファイエラが座っていました。バーバラとカッペちゃんもいるし、イタリアダンスのヨーロピアンメダリスト揃い踏みですね。4ショットください。

グラスル
4Lz 4F 4Lo 3A 3Lz-3T 3Lo-3T 3Lz-1Eu-3S
胸に銃弾撃ちまくり衣装じゃなくなりました。キラキラ夜空衣装。冒頭の4回転3本はすごかったです。ステップシークエンスで露骨にお休みするのは、スピン2つを回り切ってレベルとGOEを取るためでしょう。実際それが功を奏しています。TES11点下がったけど、それでもすごいぞー!

リッツォ
3Lo 4T fall 3A-3T 2Lz 3A 3F-1Eu-3S 3Lz-2T
めちゃくちゃに失敗したわけではないのに、印象に残らない演技でした。ふわふわしているな。もっと重厚感に浸りたいのです。

ビチェンコ
4T 3A-2T 3Lz-3T 3Lo 3A so 2F-1Eu-3S so 2F
前半がとても良かったのに、後半失敗しまくって体力使ってヘロヘロになってしまいました。今日のステップシークエンスのセカセカは質の高いセカセカとは言えなかったです。でも笑顔がかわいいからすべてオッケー。

セレフコ
4T hd 3A-1Eu-2S 3Lo 1A 2Lz-3T 3F so 2A-2T
ジャンプかなり失敗しました。これだけ失敗しても2Aの後ろにコンボ付けてリカバリーするのは偉いです。ストクリの悲劇のノートルダムドパリから5年……。

フェンツ
4T 3A-3T 3Lz shaky 3Lo 1A 3S-1Eu-2F 3Lz-1T
今日も4T決めました。3Lz2本目は1Tを付けて+REP扱いになるのを回避しました。質は良くないけれど、基礎点が下がってしまうよりはいいです。滑りがノーブルだから、このアップテンポの曲に合わない気もしましたが、意外と後半は踊れていました。一桁順位は初めてです。27歳でベストだぜ。

ヴァシリエフス
3A-2T 3A 3Lo-2T 2T 3Lz-1Eu-3S 3F shaky 3Lz
3Aの回転不足や3Tの抜けこそありますが、、かなり良い部類の出来でした。ツイズルからのコレオシークエンスはめちゃくちゃ良かったですし、3Lzやスピンもかっこよく決めてくれました。冒頭~中盤あたりの印象に残らないエレキと助走の時間をどうにかすれば、PCSがもっと出るはずです。

クヴィテラシヴィリ
4S-2T 3A 4T fall 3Lo 4T-2T 3F-1Eu-3S 3F
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおクヴィテラシヴィリが後半失敗しなかった!!!彼は繰り返しのジャンプの片方を失敗しがちなんですよ。これはかなり良いですね。表現がまったく印象に残らないのが玉に瑕ですが、エテリがキスクラにいるから、今日は褒められるに違いない。

ダニエリャン
4S-1Eu-3S 4S 3A so 3Lz fall 3A-2T 3F-3T 3Lo
昨シーズンのプログラムに戻しました。椿姫の方が音楽が明るい分、楽しく滑れるのかもしれません。スピードが出ているのと、成功したジャンプの質が良いので、ジャンプジャンプでも気にならないです。ジュニアとの掛け持ちですしね。思った以上に後半項目が評価されました。クヴィテラシヴィリび表現が物足りなかった反動だろうか。

アリエフ
4Lz 4T 4T-3T 3F 3A 3Lz-3T 3Lo-1Eu-3S
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおアリエフ史上最高ってことで!!!!!スタミナのスの字も浮かばない、マーベラスでアメイジングでブリリアントなスケートをしておりましたよ!この演技できりゃそりゃ泣くぜ?

ミハル
2S 4S fall 4S fall 3Lz 3A-2T 3F 3Lo shaky
優勝できれば、初出場から史上最遅の快挙だったと思うのですけどね。抜けコケコケ+REPで勝負が決まってしまいました。優勝の二文字しか頭になかったのだと思います。リカバリーをして、それを追い続けていました。後半はいつもより良かったんだけどなあ。気軽に「また来年があるよ」なんて言えないです。

ヨーロッパ選手権の男子シングルで久しぶりにロシア国歌を聴きました。良い演技をした選手→台乗りというシンプルなイベントでした。

来年の出場枠
3枠 ロシア・イタリア
2枠 ジョージア・ラトビア・チェコ・ドイツ・アゼルバイジャン・イスラエル

フランスは11ポイント+18ポイントなので29ポイント。ギリギリで2枠を逃しました。こういった状況で、運よく枠をキープ・増やせることはまずありません。そういうものです。
2020
01.23

ヨーロッパ選手権 1日目 男子SP

はーーーい4時間近く書き続けていた感想全部消えたーーー10にアップデートして消えたーーーいきなりエラー吐いてメモ帳閉じられたーーー。

男子SP
1 Q Michal BREZINA(チェコ)89.77
2 Q Dmitri ALIEV(ロシア)88.45
3 Q Artur DANIELIAN(ロシア)84.63 PB
4 Q Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)82.77
5 Q Deniss VASILJEVS(ラトビア)80.44
6 Q Paul FENTZ(ドイツ)80.41 PB
7 Q Matteo RIZZO(イタリア)79.07
8 Q Alexei BYCHENKO(イスラエル)78.27
9 Q Aleksandr SELEVKO(エストニア)77.45 PB
10 Q Gabriele FRANGIPANI(イタリア)76.91 PB
11 Q Daniel GRASSL(イタリア)76.61
12 Q Mark GORODNITSKY(イスラエル)76.20 PB
13 Q Alexander SAMARIN(ロシア)74.77
14 Q Nikolaj MAJOROV(スウェーデン)74.39 PB
15 Q Irakli MAYSURADZE(ジョージア)74.13
16 Q Larry LOUPOLOVER(ブルガリア)70.36 PB
17 Q Vladimir LITVINTSEV(アゼルバイジャン)70.04
18 Q Matyas BELOHRADSKY(チェコ)67.69
19 Q Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)67.35 PB
20 Q Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)66.89
21 Q Alexander LEBEDEV(ベラルーシ)66.43 PB
22 Q Lukas BRITSCHGI(スイス)66.32
23 Q Burak DEMIRBOGA(トルコ)66.12 PB
24 Q Adam SIAO HIM FA(フランス)65.21
25 Illya SOLOMIN(スウェーデン)64.91 PB
26 Kevin AYMOZ(フランス)64.40
27 Peter James HALLAM(イギリス)64.17
28 Maurizio ZANDRON(オーストリア)62.45
29 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)61.35 PB
30 Andrey KOKURA(ウクライナ)58.65
31 Roman GALAY(フィンランド)56.10
32 Michael NEUMAN(スロバキア)53.08
33 Thomas KENNES(オランダ)52.56 PB
34 Conor STAKELUM(アイルランド)48.28
35 Andras CSERNOCH(ハンガリー)47.30

もう書く気力は残っていないのでザッと振り返り。

ミハルは4S-3Tこそ入らなかったですが、ミスのない演技できっちり点数を確保しました。ストレスのない滑りをするので、あっという間に2分40秒過ぎてしまいますね。ジャンプ3本終わって、滑りを見つめていたらいつの間にか演技が終わっていました。キャメルスピンのキャッチミスはドンマイ。文句なしの首位です。

他に調子の良かったと感じたのはビチェンコさんとマヨロフです。ビチェンコさんはレベル4は1つもないけれど、調子の良いときのエネルギーが満ちていて、良いセカセカをしていました。マヨロフはフラメンコの速いリズムをきっちり滑りこなしていました。ステップシークエンスの最後素晴らしかったです。兄からバトンタッチして良いスコアも出せました。

ロシア勢3名。ダニエリャンは普通、アリエフはやや悪い、サマリンはそんなに悪いと思わなかったけどジャンプが決まらない。こんな印象です。アリエフは調子の良いときのSPのスタミナ配分ができていなかったし、最初からスピードが足りなかったので、全体的にふわふわしていました。サマリンは4Lzで失敗したので、4Fを回避して4Tコンボをしたけれど、それを転倒しました。今シーズンは4Tの成功率が芳しくないです。

イタリア勢3名。リッツォは調子が少し上向きになりました。フランジパーニはノーミス。特に3Lzが素晴らしかったです。グラスルは4Loと3Aがアンダーローテーションでした。4Loにコンボを付ける選手が今までいなかったので、非常に珍しいものを見せてもらいました。次は回転が足りますように。

フランス勢にとっては悲劇でした。アダムもエイモズも全ミスでした。特にエイモズは動きのキレもなく、よく8点出たなーというのが正直なところ。ジャッジもなんとかしてSP通過させたかったんだと思います。1枠に減る確率が高いので、来シーズンの出場枠を巡る争いが今から怖いです。アダムがノーミスなら10位以内入れるかな……。

クヴィテラシヴィリは3本目のジャンプ失敗といういつもの流れ。フェンツは調子上向きでした。ヴァシリエフスはシーズン序盤で滑っていたプロの方が好きなのです。世界選手権ではもう一つの方滑りませんか?お願いお願いお願いお願い。

オドボルボーさんは3Aを持っていないながらも、ミスを最小限に止めて美しい情感溢れる演技を披露していました。大技化があまりにも進みすぎた影響で、大失敗をする選手がいるから、逆に3Lzまでの選手がSP通過できるようになりました。

誰が優勝しても初優勝です。フィギュアスケートデスロードはまだ始まったばかり。僕個人としては躓いたスタートでした。Win10エラー吐かないで。
2019
11.15

ロステレコム杯 1日目 男子SP

癒しのVPNなし視聴。

男子SP
1 Alexander SAMARIN(ロシア)92.81
2 Dmitri ALIEV(ロシア)90.64
3 Makar IGNATOV(ロシア)87.54 PB
4 Shoma UNO(日本)87.29
5 Deniss VASILJEVS(ラトビア)87.08 PB
6 Nam NGUYEN(カナダ)87.01
7 Kazuki TOMONO(日本)80.98
8 Michal BREZINA(チェコ)80.27
9 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)75.87
10 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)75.46
11 Daniel SAMOHIN(イスラエル)56.94
12 Vladimir LITVINTSEV(アゼルバイジャン)54.42

イグナトフ
4S-3T 4T 3A shaky
1番滑走から素晴らしいジャンプを見せてくれました。イケメンがIn this shirtを物憂げな氷上を滑っているだけで合格なのです。始まりはいいけど後半表情作れなくなってくるところがいかにシニア上がりたてのロシア男子なのであった。ステップシークエンスでバランスを崩しかけたのはスタミナ問題でしょうか。来週草太と滑走順連なってほしい。

サモヒン
3A fall 4S fall 2Lz-2T
おおおおお……壮絶。

リトヴィンツェフ
4S fall 4T fall 1A
おおおおお……壮絶。だけどフリーレッグきれいに伸ばして演技してる。ジャンプミス3連発のせいで小気味のいいブルースの音楽で魅せきれなくて残念。

クラスノジョン
4F fall 3A 3F-3Lo
関西のおばちゃんが好みそうな花柄衣装。子供の頃は家が貧しくて手が出せなかったけど、50代も半ばになってピアノ教室に通い出し、発表会で着た一張羅なのでしょう。娘夫婦と夫が観に来てくれて、帰りにランチするんだ。ステップシークエンスでのはっちゃけは、発表会を終えてアドレナリンが出たおばちゃんの姿なんだ。きっとそうだ。的確に表現をしていますね。500関西おばちゃんポイント差し上げます。4Fは回転不足でした。せっかく成功した4Loはなぜ遺棄されてしまったのか。

友野
4T fall 4S-3T 3A
4回転連続転倒の流れに乗りましたが、4Sでカムバックしました。呪いから解き放たれたようだな。3A成功は日本男子の矜持 in ロシア。体のキレは今シーズン最も感じました。友野はそれほど滑るタイプではないので、体がキレていないと全体的に停滞した印象を受けてしまいます。いつもキレキレでお願いします。もしくはめっちゃ滑りを練習するかのどちらか。

ニューエン
4S-3T 3A 3F
本日2度目のブルースフォークルックです。ミスの流れを断ち切ってくれました。ありがとうナム神。しかもカナダ人なのに3Aもきっちり降りました。この曲では不健全さと危さが見え隠れするぐらい、ほんの少し見せてもらいたいところですが、ナムさんは非常に健全でお子様でも安心して見られる作品に仕上げていました。力の抜いた部分も増えるといいなあ。GPF進出に向けて好発進です。

クヴィテラシヴィリ
4S-2T 3A 2T
エテリ、ヴィトンのケープを羽織るの巻。もふもふデニムジャケットを着回していた頃のエテリはもういないのね。僕は寂しいです。前半をまとめて3本目に失敗するという彼としてはお決まりのパターンになりました。

ミハル
4S fall 3F-3T 3A so
4Sの全盛期が終わってしまったようです。3F-3Tは苦手ではあるのですが降りられました。3Aは絶対に降りられるエレメンツだったのに、ここも最近降りられなくなってきました。滑りだけは最後まで衰えがなかったです。アメリカの荒野を全速力でぶっ飛ばすトラック野郎みたいで素敵でしたよ。ぶっ飛ばすけどヒッチハイカーは乗せてあげる紳士っぽいし。

ヴァシリエフス
3F-3T 3A 3Lz shaky
今日は2つ作ったうちの、月の光をズンドコアレンジした方です。2本降りて3Lzの着氷が乱れるのはすっかりおなじみの流れに。やはり3Lzは世界一難しいジャンプなのでしょう。高速シットスピンには会場が沸いていました。ロシア人のスケートファンはお目が高い。ファンの熱量と知識は日本人と2トップですからね。ステップシークエンスに入ったところで少しバランスを崩しました。ヴァシリエフスさえもバランスを崩させるロシアの氷恐ろしい。僕は背中スケ衣装のプログラムが大好きなので戻してください!!!

サマリン
4Lz-3T 4F fall 3A df
脅威のブルースフォークルック3回目。音楽が鳴る直前にお子様に「サーシャダバイ」と言われ会場から笑い。ダバイパワーで大変よい4Lz-3Tを降りました。ジャンプ1本で20点以上稼ぎました。地元だしな!ジャンプ2ミスだけど、コントロールされたスピンを回って雑な印象は受けないし、最後までクールに表現できていて、表現面はよかったです。衣装スケてるしな。

昌磨
4F fall 4T-2T 3A
4Fは回転不足で転倒しました。4T-2Tは大丈夫です。3Aさんおかえりなさい。ランビのところに行って3Aが復活するとはね。コンビネーションスピンのクロスフット姿勢を、表面に描かれたROSTELECOMのOの中心で回っていたので、このまま氷を削り続けてOに吸い込まれたらおもしろいのにと思っていました。フランス国際の8000倍元気に滑っていたので、それだけで安心しました。

アリエフ
3Lz-3T 4T 3A
4Lzは回避しました。4回転に体力を奪われなかった分、スタミナ切れを起こすタイミングが後ろにずれ込みました。スタミナ切れポイントは、ステップシークエンスの終盤にリンクの右端で逆回転のツイズルを回ったときですね。だからスピンもちょっと回転が遅いぐらいで済みました。平和にワイルドな演技でしたよ。

ロシア勢がトップ3独占です。男子さえ獲れば残りのカテゴリーはロシア勢が優勝するでしょうし、ロシアにとっては大成功の大会になります。エキシビションでいつもより多めに錦糸卵(金色のテープ)を飛ばしましょう。87点ブラザーズが4人並んだので、まだどうなるかは分かりません。ナムさんにもGPFの可能性は残されていますよ。

4Fに挑んだ3人が揃って転倒しました。決められない氷なのかも。
2019
10.19

スケートアメリカ 1日目 男子SP

男子SP
1 Nathan CHEN(アメリカ)102.71
2 Dmitri ALIEV(ロシア)96.57
3 Keegan MESSING(カナダ)96.34 PB
4 Jason BROWN(アメリカ)83.45
5 Michal BREZINA(チェコ)81.11
6 Alexei BYCHENKO(イスラエル)79.76
7 Junhwan CHA(韓国)78.98
8 Kazuki TOMONO(日本)75.01
9 Boyang JIN(中国)74.56
10 Alexei KRASNOZHON(アメリカ)72.30
11 Koshiro SHIMADA(日本)72.12
12 Roman SAVOSIN(ロシア)57.92

島田
3A 2T 3Lz-3T
3Aさんはクリーンでした。4Tは抜けたので0点です。ステップシークエンス、スピンと終えて、エレメンツではない振付を少し長めにこなしてから演技を終えます。間延びした印象を与える危険性もありますが、美しくこなしているので大丈夫ですね。

サヴォシン
3A fall 3F 3Lz so
3Aより4回転派の選手ですが、4回転は回避しました。彼はGOEでのプラスを得にくい選手なので、すべて成功させるしか道はありません。3Aの回転不足もありますし、かなり厳しい内容でした。

クラスノジョン
4F fall 3A 3F-3Lo
花柄の衣装です。うちのおばあちゃんが昔こういう柄の布地でカバン作ってましたよ。4Loではなく4Fに挑戦しました。フリップ大好きマン。3Aは完全に昔の完成度を取り戻しています。ステップシークエンスは想像の5倍ぐらいエネルギッシュに爆走していました。エッジの正確性は放置して、リンクカバーに全振りした構成ですね。いっそ清々しい。昨シーズンのGPSは元気がなかったので、爆走するぐらいの方が復活が分かりやすいです。

ミハル
4S so 2F-3T 3A
島田のLPの衣装と交換しても違和感なしのウエストサイドストーリー風シャツ衣装。4Sはいつもならもう少し縦に上がっているかなーと思います。それとも4Sフィーバーが終わってしまったのか。3Fは2回転に抜けました。これはいつも通り。ミハルの3回転が抜けたからといって「意外~」と言っているようではミハル検定不合格。全種類のジャンプでコンスタントに抜け&コケますよ!ステップシークエンスはとてもよかったです。これまでで一番好きかも。これまでのプログラムで最もアメリカ寄りの雰囲気でした。全米選手権にゲスト参加しても違和感ありません。

友野
4T so 4S shaky 3A
4Tはステップアウトです。回転は足りていました。4Sの着氷を堪えられたのは大きかったです。キスクラの会話から聞こえてくるに、平池先生的にはコンビネーションスピンは最悪らしい。演技の完成度はロンバルディアとは別人のようでした。このまま全日本選手権に向けて上げていけばよろしよ。

ビチェンコ
3A 4T 2Lz-3T
ビチェンコさんの腕のタトゥー増えた?3Aと4Tはクリーンでした。昨シーズンの不調からジャンプを戻してきましたね。2Lzはまあ……はい。スピンステップは安定して取りこぼしました。ステップシークエンスはエッジの深さを犠牲にして、とりあえず曲に合うようにサクサク踏んでおりました。スピンはいつも以上に回れていなかったです。ビチェンコさんらしい演技でした。

ジュンファン
2S 3Lz-3Lo 3A
4Sは3Aの回転を充足させるために殉職したのだ。敬礼!タンゴだけど、少し表現が柔らかすぎるように見えました。ふわふわしているんだよなあ。

ボーヤン
2Lz 4T-3T 3A fall
4Lzは2回転に。コンボ予定だったので、次の4Tに3Tを繋げました。コンボはとてもきれいに決まり、加点ももらえました。2ミスだとTESが出ませんね。PCSも意外ともらえていないですね。この調子だとLPのPCSもあまり期待できない感じ。

アリエフ
4Lz-3T 4T ot 3A
無謀かと思えた構成ですが、本日も4Lzさらっと成功させました。もちろんゴリゴリと体力が削られて、スケーティングの速度とスピンの回転速度が落ちていきました。落ちていきましたが、やはりこれだけのジャンプを降りると点数は伴ってきます。問題はLPなのよ。SPはネペラでもよかったんです。

ブラウン
3F 1A 3Lz-3T
ルッツフリップはお手本のような飛距離と高さでした。3Aが抜けて1つのエレメンツが丸ごとなくなってしまったわけですが、+3~4の高い完成度で猛烈チャージしました。ここまで滑った選手も上手だったけれど、エッジの深さが桁違いでした。やさぐれディープエッジと命名しよう。

ネイサン
4Lz ot 3A 4T-3T
4Lzはオーバーターンですがプラス評価でした。オーバーターンや片手タッチぐらいではこのクラスの選手はネームバリューでプラス評価になります。ネイサンの4Lzは助走が長いし、ロシア勢ほどの高さはないので、普通にマイナスだと思うのですけどね。4T-3Tはステップシークエンスへの流れに紛れ込ませました。誤魔化し方うめえ。ジャンプにミスがあってもPCSには悪影響を与えません。

メッシング
4T-3T 3A 3Lz
過去最高のSPです。弟さんを事故で亡くして難しい状態での試合になったことでしょうが、こんなにクリーンな彼の演技は見たことがありません。最後感極まって、天にキスを送っていました。気持ちは届いたと思います。

ビチェンコさんのレベル獲得:3、3、2、3V よし、いつも通りだな!
2019
03.23

世界選手権 4日目 男子リザルト

男子LP
1 Nathan CHEN(アメリカ)216.02
2 Yuzuru HANYU(日本)206.10
3 Vincent ZHOU(アメリカ)186.99
4 Shoma UNO(日本)178.92
5 Boyang JIN(中国)178.45
6 Mikhail KOLYADA(ロシア)178.21
7 Alexander SAMARIN(ロシア)167.95
8 Michal BREZINA(チェコ)167.32
9 Andrei LAZUKIN(ロシア)164.69
10 Matteo RIZZO(イタリア)164.29
11 Keiji TANAKA(日本)159.64
12 Kevin AYMOZ(フランス)159.23
13 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)158.07
14 Jason BROWN(アメリカ)157.34
15 Keegan MESSING(カナダ)155.26
16 Nam NGUYEN(カナダ)154.76
17 Alexander MAJOROV(スウェーデン)150.55
18 Junhwan CHA(韓国)150.09
19 Vladimir LITVINTSEV(アゼルバイジャン)149.38
20 Deniss VASILJEVS(ラトビア)143.78
21 Brendan KERRY(オーストラリア)143.76
22 Alexei BYCHENKO(イスラエル)138.93
23 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)132.34
24 Daniel SAMOHIN(イスラエル)123.28

男子リザルト
1. Nathan CHEN(アメリカ)323.42
2. Yuzuru HANYU(日本)300.97
3. Vincent ZHOU(アメリカ)281.16
4. Shoma UNO(日本)270.32
5. Boyang JIN(中国)262.71
6. Mikhail KOLYADA(ロシア)262.44
7. Matteo RIZZO(イタリア)257.66
8. Michal BREZINA(チェコ)254.28
9. Jason BROWN(アメリカ)254.15
10. Andrei LAZUKIN(ロシア)248.74
11. Kevin AYMOZ(フランス)247.47
12. Alexander SAMARIN(ロシア)246.33
13 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)240.74
14 Keiji TANAKA(日本)238.40
15 Keegan MESSING(カナダ)237.64
16 Nam NGUYEN(カナダ)237.27
17 Vladimir LITVINTSEV(アゼルバイジャン)230.84
18 Alexander MAJOROV(スウェーデン)229.72
19 Junhwan CHA(韓国)229.26
20 Brendan KERRY(オーストラリア)222.02
21 Deniss VASILJEVS(ラトビア)218.52
22 Alexei BYCHENKO(イスラエル)216.60
23 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)05.97
24 Daniel SAMOHIN(イスラエル)205.28

ビチェンコ
3T-3T 4T 3A-2T 3Lo shaky 3A fall 3Lz-1Eu-3S 3F
去年の4位が1番滑走というカオス。4Tが3Tに抜けたので、その分基礎点が低くなりました。

デカ
4S-2T 3S 3A-2T 3A hd 3F-1Eu-2S 3Lz 3Lo
2本目の4Sが3Sになったので、3Lzのコンボの後ろを2Sにしました。3Tが1つ余ったので3F-3Tにできれば理想的でした。ベストではありませんがベターな出来でした。第2滑走で159点は十分すごいですよ。ふた昔前なら世界選手権で優勝するスコアですから。

ヴァシリエフス
4T<< df 3A hd 3A shaky 3Lo 3Lz-1Eu-3S 3Lz-2T 3F
4Tは前向き着氷です。他の3回転ジャンプと同じ回転ピッチで回るのでどうしても回転が足りないまま降りてきます。後半の1本目の3Lzは理想的な完成度でした。+3~4が狙えるので、SPでは3Aまでで十分戦えると思います。3Aの回転に余裕がないので、日本からの3Aの輸入を考えた方がいいと思います。関税かかって輸入するの難しいのかな。

美青年ケリー
4T 3S 3A-2T 3T 3A 2Lz-2T 3Lo
クワドさんたちが不発になり、コンボも迷子に。トランジションを省いたプログラムで、高難度ジャンプとコレオシークエンスこの2点に精力を注いでいます。

ジュリアン爺
3A-2T 3A 2F-3T 3S-2T 3F shaky 3Lo (3Lz跳ぶ前に転倒) 3F
3A2本を着氷。最後のジャンプのはずの3Lzは助走の時点で転倒しました。ルッツを踏み切る体勢に入っていなかったので、Lzとしてボックスが埋まらず、跳び直した3Fが点数に入りました。あそこにコンボ付けるのは残り時間を考えると不可能です。

サマリン
4Lz-3T 4T fall 3A so 3Lo 3A-2T 3Lz-3T 3F
加点モリモリ4Lz-3Tからスタート。4Tで転倒・・・なんでそこでコケるんじゃーーーーーい。3連続予定の3Aでステップアウトし、ミス連鎖パターンが過りましたが、そこからは質のいいジャンプをひょいひょい降りてフィニッシュ。グレイテストなショーマンにはなれなかったですが、団員としては雇ってもらえそう。

メッシング
3Lz 3T 3A fall 3Lo 4T ot-2T 3S-3T 3A
メッシングさんの母国はアメリカだし、第ニの母国はカナダだと思うわ。3Aはダウングレードで転倒しました。2本目の3Aはきれいに降りられたのに+REP扱いで基礎点の70%しかもらえず。SPでもコンボのもったいないミスがありました。コンボ消費がんばれ。

リトヴィンツェフ
4T 3A-3T 3A fall 3F-3T 3Lz 3Lo 2A-1Eu-3S
ステップシークエンスあたりまでは彼の持ち味である美しい体の使い方を見せてくれました。3Lzに入るあたりから徐々に体力が落ち始めて、かなり苦しそうでした。まだジュニア選手ですね。鍛えていく時間はいくらでもあります。

マヨロフ
4T 3A-2T-2T 3Lz-3T so 3F so 3A shaky 2A-3T shaky 3S
最後の世界選手権でクリーンな4Tを着氷しました。着氷の荒れるジャンプがほとんどですが、それもまたマヨロフです。現役の最初から最後まで不思議なプログラムでした。マジおつやで。

サモヒン
2T 2S 3Lo so 3Lz-2T 3Kz shaky 3A-1Eu-3S shaky 3A shaky
クリーンなジャンプは3Lz-2Tのみ。いつものサモヒンに・・・ドンマイ。イスラエルは1枠に戻ります。

ニューエン
4S-3T 4S 3A so 3A shaky 2Lz 3F-1Eu-3S 3Lo-2T
4S2本が高い質で入りました。大して3Aは2本とも着氷が乱れ、コンボは付けられなかったです。比較的3Aが安定しているカナダ代表だっただけで、カナダはカナダなんだ。本来カナダと3Aは水と油。ロミオとジュリエット。最後コンビネーション付けたのは偉い!

ジュンファン
4T fall 4S shaky 3Lz-3Lo 3A 3A-2T 3F-1Eu-3S fall 3Lo
大技が決まりません。3連続で転倒してから「ジュリエエエエエエエエエット!」のセリフから3Lo。転倒しても愛するジュリエットの元へ駆けつける一途なロミオなんですね。テネルとハベドノがロミジュリの呪いを解いたので、ジュンファンは単純に調子が悪かったのか。

コリヤダ
4T-3T 4T so 3A-2T 3F 3A 3S-1Eu-2S 3Lz
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおついにいいカルメン!!!!!昨日ザギトワさんがカルメンの呪いを解いてくれたのが効きました。ミスというミスは4Tぐらいです。3Loではなく3Fを入れたんですね。5シーズンぶりに入れたようです。その頃はジュニア時代なので記憶になくて違和感が強いです。残念ながらe判定を受けていますが、3Loが抜けてしまうよりはいいです。

クヴィテラシヴィリ
4S-3T so 3A 3F-1Eu-3S 3Lo 4T-2T 4T fall 3F
本田武史さんクヴィテラシヴィリの4Tを4Sと見間違えるの巻。プロでも間違えるのだから我々が間違えるのは当然のことなのです。みなさん、堂々と間違えようではありませんか!こんなの分かるかー!エテリがキスクラに座ってるぅー!普通に会話してるぅー!手の出血にティッシュ出してあげてるぅー!ザギトゥルが活躍してご機嫌なのか。

ラズーキン
4T-3T 4T 3A shaky 3F 3F-2T-2Lo 3Lz+2A 3Lo
予定構成に3連続を2回書くアグレッシブなラズーキンさん。1本目の3Fに3連続付けなかったときは、体力という文字が脳裏を過りました。案の定後半のジャンプからギアを落としてゆっくり運転に。でもシーズンベスト出たからいいね。

コリヤダTES88点、サマリンTES87点、ラズーキンTES86点。階段になってる。かわいい。暫定トップ3もロシアロシアロシアでかわいい。マトリョーシカじゃん。

エイモズ
4T so 3Lz 3A 3Lo 3A fall 3Lz-3T so 3F-1Eu-3S
前半コンボなしで攻めましたのに。上手くいかなかったです。上位を目指すための前向きな失敗です。演技崩壊というほどではありません。コレオシークエンスでのスライディングは、コレオスライディング好きの僕へのプレゼント?でもシングルは体を氷に預けられないから限界がありますね。

ボーヤン
4Lz 4T-2T 3A-1Eu-3S 4T shaky 3A 3Lz-3T 3F
1年前は大惨事でした。今日はリベンジができました。ジャンプに助走を多く費やしているため、トランジションはガッツリ下げられました。個人的には音楽表現も相当犠牲にしていると感じました。特に後半、ポージング取って

ミハル
4S-2T 3A-2T 3F 3Lz 3A 3F fall 3Lo
予定では3A、3F、3Tを2本ずつ構成していました。かっこいい。もちろんそんなことはせずに跳び過ぎはなしです。足りないですけど。同じ種類のトリプルを両方成功させられなくなっています。ここのところ安定性を欠いていた2本目の3Aがクリーンに決まったのはよかった。3連続が入ったら180出ていたでしょうが、ジャンプを降りる度に熱を帯びてくる滑りがかっこよかったです。はい全盛期真っただ中~。

ヴィンセント
4Lz-3T 4S 3F 4T 3A-2T 3A 3Lz-1Eu-3F
去年はSPがよくてLPで崩れて辛酸なめ子でしたから、この出来は嬉しいでしょうね。4回転は種類を絞って完成度を上げてきました。終盤体力が切れても、ポイントとなる振付は音楽に合っていたので、PCSに対して大きなマイナスにはならないと思います。TESは速報から8点ほど下がりましたが、高いスコアが出ました。

昌磨
4S so 4F so 4T 4T shaky 3A 3A-1Eu-3F 3S-3T
4Sと4Fは回転不足でステップアウト。2本目の4Tはコンビネーションを付けられなかったです。静寂の中でソロジャンプをバシコーンと降りること自体がこのプログラムを彩る重要なピースになるので、ここで何度も止まってしまうと当然ながらPCS全項目に影響するでしょう。4回転失敗すると最後2つのコンボ降りられる法則発動。

リッツォ
4T fall 3A shaky 3Lz-3T 3Lo 3A-2T 3F-1Eu-3S 3Lz
4Tの連続成功が終わりました。またの挑戦お待ちしております。4Tが降りられるようになってから、低さに拍車が掛かっていた3Lzが安定しましたし、確率の低かった3Lz-3Tもよくなりました。クワド神の御加護ですか?来年はイタリア2枠だーーー!わーーーい!

羽生
4Lo 4S shaky 3Lo 4T 4T+3A 3F-3T 3A-1Eu-3S
4Loハイッタアアアアアアアアアアア!4Sは珍しく回転不足での着氷です。でもコケなかった。2本目の4Tの前からスピードが落ちていたので、いくら羽生といえどスピード不足で転倒するんじゃないかと思ったんですけど、いやーーーーーーー降りるわ。3F-3T危ないいいいいーーーーいやーーー降りるわ。3Aコンボこそ危ないいいいーーーーいやーーー降りるねえ。どんな足してんだ。すげープーの雨だった。笑った。プーの大雨洪水暴風波浪高潮警報。

ネイサン
4Lz 4F 4T-3T 3A 4T-3T 3Lz-3T 3F-1Eu-3S
最初のジャンプ4本だけでサモヒンの総TESより高い。練習でも4回転1回も失敗しないマンってどういうことなんだろう。何がどうなってるんだろう。ノーミスチケット何枚発行できるんだろう。FRBで発行してるのかな。FRBを掌握してるのかな。

ブラウン
4S fall 3A shaky 3S 3Lo 1A 3F-3T 3Lz-3T-2Lo
本田武史氏情報によると練習では4Sを成功させているそうですね。前半のエッジ系ジャンプが決まらなかったです。ラスト2本のコンビネーションがんばりました。今大会最終滑走の選手が全員いい演技をしたのでブラウンにも続いてほしかった。うーん残念。

ネイサン圧勝、羽生貫禄、急成長ヴィンセント。表彰台に乗った3人は素晴らしかった。あなたたちは国別には出るのかい?

来年の出場枠
3枠 アメリカ・日本
2枠 中国・ロシア・イタリア・チェコ

ロシア勢はSPの出遅れが響きました。カナダ勢はメッシングとニューエンで枠が取れないなら誰が出ても取れません。来年は1枠を巡った激しい戦いが繰り広げられることになります。それもまた一興。

フジテレビのスケートチームはゴールデンタイムに放送時間確保する引き換えに、変な番組作られる刑罰を科せられているのだろうか。司法取引ってやつね。

僕のメダル予想の答え合わせ
男子 はずれ はずれ はずれ
女子 はずれ はずれ はずれ
ペア はずれ あたり あたり
アイスダンス あたり はずれ はずれ
これはひどい。
back-to-top