2017
10.21

ロステレコム杯 2日目 男子リザルト

男子LP
1 Yuzuru HANYU(日本)195.92
2 Nathan CHEN(アメリカ)193.25
3 Mikhail KOLYADA(ロシア)185.27 PB
4 Misha GE(ウズベキスタン)170.31 PB
5 Moris KVITELASHVILI(ジョージア)169.59 PB
6 Nam NGUYEN(カナダ)157.71
7 Dmitri ALIEV(ロシア)150.84
8 Denis TEN(カザフスタン)145.35
9 Deniss VASILJEVS(ラトビア)145.09
10 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)138.53
11 Andrei LAZUKIN(ロシア)133.60
12 Daniel SAMOHIN(イスラエル)121.77

男子リザルト
1 Nathan CHEN(アメリカ)293.79
2 Yuzuru HANYU(日本)290.77
3 Mikhail KOLYADA(ロシア)271.06
4 Misha GE(ウズベキスタン)255.33 PB
5 Moris KVITELASHVILI(ジョージア)250.26 PB
6 Dmitri ALIEV(ロシア)239.61
7 Nam NGUYEN(カナダ)238.45
8 Deniss VASILJEVS(ラトビア)227.53
9 Denis TEN(カザフスタン)214.35
10 Andrei LAZUKIN(ロシア)212.14 PB
11 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)206.09
12 Daniel SAMOHIN(イスラエル)183.79

テンくん
4S so 4T so 3A 3S 1A-2T 3Lo 3T 2A
最終的な形はもちろん違うのでしょうが、3Lzも3Fも入れない構成にするとは。本人も今が万全ではない事を理解していての演技でしょうから、悲壮感はありません。

サモヒン
4T so 4S fall 3A fall 1A 3Lz-2T 3Lz so 1Lo 2A so
3Lz-2Tが今大会唯一の成功ジャンプでした。ジャンプのコントロールが出来ず、傾いたジャンプが大きなステップアウトや転倒になります。

ホックスタイン
4T fall 3A td 3T 3A fall 3Lz-1Lo-3S 3Lo 3F-2T tano 3T-2T tano
友達になっていた3Aと仲が悪くなってきたような。キャロラインとラブラブだから嫉妬か?失敗したジャンプや着氷が危なかったジャンプは高さ不足に見えます。後半は立て直しました。やっぱりボーカル邪魔だーーースケーティングの邪魔だーーー。

ラズーキン
4T fall 4T-2T 3A ot+2A 3A fall 3F-2T-2Lo 2Lz 3Lo 3S hd
普通3Aは高さと流れでGOEを稼ぐエレメンツなのに、そこに2AのシークエンスをつけてわざわざGOEを得にくくする、メインストリームへの反逆者。失敗して降りての繰り返しだったけど、よくよく考えればいつもたくさん失敗してるから、そこまで悲惨な出来ではなかった。ふう。

クヴィテラシヴィリ
3A 4S 4T-3T 4T so 3F-2T 3Lo 3F shaky 2A-1Lo-3S shaky
エテリ軍コーチ3人揃い踏み。4回転の種類は多分これで合ってます。徐々に見分けられるようになってきたぞ。首寺比で普通の編曲のプログラムでした。このスコアだとヨーロッパ選手権の表彰台を十分狙えます。

ニューエン
4T 4S fall 3A 2S 3A-3T 3Lo 3F-2T-2Lo tano 3Lz-3T
2本目の4Sが抜けてしまったので、最後に3Tをつけてリカバリーしました。よいこのリカバリー。前半は難しいジャンプが続くのでトランジションがありませんが、後半は楽しく仕上げました。PCSは7点台中盤がもらえました。安定した演技を続け、ジャッジの印象をよくしていくのが今の課題ですね。

ミーシャ
3A-1Lo-3S 3A 3F 3Lz-3T 3Lz 3Lo 2A-2T 2A
全てクリーンに入りました。ジャンプの回転も心配なしです。これぐらいコントロールされた演技の方がいいです。正直、静かな曲で曲想に合わない過剰な振付を入れるのは苦手だったので。

コリヤダ
4Lz fall 4S fall 3A 4T-3T 3A-2T 3Lz-1Lo-3S 3Lo 3Lz fall
4Lzの回転が緩やかだったので最初3Lzにしたのかと思いました。軸が曲がっていなくても降りられそうに思えない4Lz。3コケで9点台2つも出るとは。コケても疲れてはいなかったからなー。

ヴァシリエフス
3A so 4T<< 3A fall 3Lo shaky 3Lz-3T 2A 3F 3Lz-1Lo-2S
演技前半は課題のジャンプが続くわけですが、その前半の曲が難しくて、ランビエールが滑れやソングなので、印象が薄い。定番のスウェイに移ってからは、彼もノってきました。コレオシークエンスでもしっかりとディープエッジを見せ、スキルの高さをアピールしました。

アリエフ
4Lz 3F 4T-3T 4T fall 3A fall 3Lo-1Lo-3S 3A fall 3Lz
4Lzは回転不足ながら片足で降りました。後半の4Tを踏み切る頃にはすでにスタミナが切れていたので、案の定崩れていきました。アリエフはスタミナ!と他の選手の時にも念じてきましたが・・・・ああ・・・。鍵盤を叩く音でプログラムを盛り立てていきたいところで、助走に終始していました。表現も振付も犠牲にしただけに降りなければ点数がもらえません。と思ったらPCSが平均8点出ました。首寺やニューエンより下になると思っていました。

羽生
4Lz 3Lo 3F 4S ot 2T 4T-3T 3A-2T tano 3A
4Lz降りてくるとは。フリーレッグをきれいに引けなかったけれど片足着氷は出来ました。4Loは抜けて3Loに。後半に入って急激にスピードがなくなったので、オータムクラシックのように崩れる事もよぎりましたが、2本目の4Tを降りられたのは大きいです。3Aを4Tに変更しなかったのも正解です。3Aの着氷もやっとだったので、4Tだと転倒や抜けは避けられません。

ネイサン
4Lz-3T 4F 4S 4T-2T-2Lo 2T 3A so 3A-2T so 3Lz
4Loは抜いて4Tを2本の構成にしました。4Tでも点数は高いし、あるいは4Fをもう1本入れる方がクリーンに滑れる可能性はありそう。2Tを3本跳ぶミスは彼は結構多いです。今回は3Aの+REPを防ぐためにつけましたけど、そこでステップアウトになったのであーーーー。

首寺の4回転の種類3連単正解したあああああああああああ!おっしゃああああああああああああああああああ。
2017
10.20

ロステレコム杯 1日目 男子SP

ロステレコム杯終わってダラダラ眠りたいから期日前投票に行ったマン。

男子SP
1 Nathan CHEN(アメリカ)100.54
2 Yuzuru HANYU(日本)94.85
3 Dmitri ALIEV(ロシア)88.77 PB
4 Mikhail KOLYADA(ロシア)85.79
5 Misha GE(ウズベキスタン)85.02 PB
6 Deniss VASILJEVS(ラトビア)82.44 PB
7 Nam NGUYEN(カナダ)80.74
8 Moris KVITELASHVILI(ジョージア)80.67 PB
9 Andrei LAZUKIN(ロシア)78.54 PB
10 Denis TEN(カザフスタン)69.00
11 Grant HOCHSTEIN(アメリカ)67.56
12 Daniel SAMOHIN(イスラエル)62.02

OPが例年よりつまらなかった・・・許されない。GPSなので左上カウンターに再会。会いたかったよ左上。

ラズーキン
4T-2T 3A 3F
4T-3Tにはなりませんでしたが、4Tが入りました。ここという試合で決められない選手なので、3本転倒なしに入ってよかったです。力強さも少しは出てきたでしょうか。

クヴィテラシヴィリ
3A 4S-2T 4T fall
3Aが一番難しいので最初に終わらせる方式。クヴィテラシヴィリの4Sは咄嗟に見分けづらいので、後半に4Tを入れてくれると違いが分かりやすいから助かるー。課題曲ー。演技の途中に日本人か中国人軍団を映されたのは一体。

テンくん
4S so 4T fall 3A fall
2クワド構成にしました。4Tは回転が足りず転倒しました。モロプロにしてはドラマティックだけど大雑把じゃないなーと思ったらウィルソン振付でした。通りで。キャロル痩せたなー。テンくんさんは、もっときれいなスケート出来ると思います。今日ので「ジャンプはダメだったけど、滑りは最高」と思われちゃあ困るぜ。

ニューエン
4S-3T 4T fall 3A
ダークオーバーザレインボー。虹の彼方にはディストピアがありそう。マッドマックスみたいだな。ナムナムヌードルさんがスコアを出すにはジャンプの成功は絶対です。一歩が伸びないので、スケーティングスキルが望めないのと、構えもありますしね。首寺より下のPCSでも致し方ない。スケーティングスキルはシニア移行2年目からの継続しての課題であります。伸びがないとプログラムの厚みが出ないんですよね。

ホックスタイン
4T fall 3A to 3Lz-2T
4Tを転倒すると3Aはどうにか堪える事も多かったのですが、今回はどちらもクリーンに入れられずでした。耳タコYour songですが、選曲がベストマッチしているのでクリーンプログラムが見たいなと思います。

ミーシャ
3A 3Lz-3T 3F
手ヒラヒラから演技スタート。ライサのカルメンの手を思い出すヒラヒラ。3Aは回転が怖かったけれど回転不足ではないようで安心しました。ジャンプを落ち着いて降りてから、ステップで爆発の振付がパターンとなっていますが、このプログラムはそこまで露骨ではありません。アヴェマリアの雰囲気から逸脱しないようにコントロールされた振付だと感じました。

ヴァシリエフス
3Lz-3T 3A 3F
今回もまた最後のジャンプで失敗するんじゃないかとドキドキしておりましたが成功しました。3Aはなんとか。ステップのリンキングフットワークが素晴らしいですね。端っこも端っこの方まで撫でるようにリンクを使っていました。

アリエフ
3Lz-3T 4T 3A
4Lzの軸が曲がったので咄嗟に3Lzに変更し、3Tをきれいに繋げました。抜けなかったので何より。今日一番驚いたのは、押して滑るのが緩和された事ですね。そしてスタミナ切れを起こさなかった事にもビックリ。テストスケートよりも断然いいじゃないですか!軍人ってよりもベルボーイ風衣装。タクシーの屋根に手を当てて、ぶつからないようにしてくれそう。帽子かぶせたい。

サモヒン
4S so 3A so 2T
似たような失敗が多いです。ステップの中盤から急激に演技が平面的になってしまったのも残念。

ネイサン
4Lz-3T 4F shaky 3A shaky
アイヤーーー仕上げてきますね。4Lz-3T完璧でした。4Fと3Aは前のめりなりましたけど降りられました。恐ろしいのは4Lzと4Fを降りてもスタミナに何の不安もない点。足元も上体の動きも見事でした。花火が咲くように激しいステップシークエンスは見応え抜群ですし、スピンの最後の瞬間までエネルギッシュでした。衣装はもっと華やかにしよう。たとえ黒でもライサを見習おう。

コリヤダ
3Lz 4T so 3A
4Lzは入らずクリーンな3Lzに。4Tはなかなか確率が上がりません。そこで崩れず3Aは軽くランディングしました。このプログラムではモーツァルトのキャラクターを演じているそうです。魂が高揚する様を演じているの・・・?か?それでタンゴ?ロシア人の考える事は分からない。

羽生
4Lo ot 3A 4T-3T fall
4Loはステップアウトに見えてフリーレッグがかろうじてタッチしていないからオーバーターン。4T-3Tは回転は足りていたものの転倒。スピンの最後にトラベリングしてしまい、彼としては残念な出来でした。プーの雨が降り注ぎました。雨を降らすのは中国人か。そういえばシーズン始まる前に「オリンピックシーズンだから若手振付師起用しない」という脳内スケート関係者から言質を取った眉唾記事がありましたけど、結局ジェフとシェイリーンだったじゃねえか!

羽生は4Loにアンダーローテーションがつきました。コンビネーションスピンはトラベリングがあったので加点はそんなかな?と思っていましたけど、+1.07ももらえていました。羽生に関しては±0からの加減点方式ではなく、+3からの減点方式になっているようだ。テンくんは2クワドともに回転が足りていません。サモヒンは唯一のレベル4のスピンにVマークがつき基礎点がダウン。残りのエレメンツは2、2、3となりジャンプ以外でカバー出来ず。
2017
05.27

2017-2018シーズン グランプリシリーズ 男子アサイン

http://static.isu.org/media/516601/gp_men.pdf

来週末だと思って油断シテタアアアアアアアアアアワチョオオオオオオ

ロステレコム杯
ナム・ニューエン(カナダ)
ダニエル・サモヒン(イスラエル)
羽生結弦(日本)
田中刑事(日本)
デニス・テン(カザフスタン)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
ドミトリー・アリエフ(ロシア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
TBD(ロシア)
ネイサン・チェン(アメリカ)
グラント・ホックスタイン(アメリカ)
ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)

スケートカナダ
ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
ヨリック・ヘンドリックス(ベルギー)
パトリック・チャン(カナダ)
キーガン・メッシング(カナダ)
TBD(カナダ)
シャフィク・ベセギエ(フランス)
無良崇人(日本)
宇野昌磨(日本)
ジュンファン・チャ(韓国)
マキシム・コフトゥン(ロシア)
アレクサンドル・サマリン(ロシア)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)

中国杯
ケビン・レイノルズ(カナダ)
ボーヤン・ジン(中国)
ハン・ヤン(中国)
TBD(中国)
田中刑事(日本)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
アレクサンドル・ペトロフ(ロシア)
ハビエル・フェルナンデス(スペイン)
アレクサンドル・マヨロフ(スウェーデン)
マックス・アーロン(アメリカ)
グラント・ホックスタイン(アメリカ)
ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)

NHK杯
パトリック・チャン(カナダ)
ミハル・ブレジナ(カナダ)
アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
羽生結弦(日本)
村上大介(日本)
TBD(日本)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
ドミトリー・アリエフ(ロシア)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
ジョシュア・ファリス(アメリカ)
アダム・リッポン(アメリカ)

フランス国際
ケヴィン・エイモズ(フランス)
シャフィク・ベセギエ(フランス)
ロマン・ポンサール(フランス)
モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)
アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
宇野昌磨(日本)
デニス・テン(カザフスタン)
アレクサンドル・サマリン(ロシア)
ハビエル・フェルナンデス(スペイン)
マックス・アーロン(アメリカ)
ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)
ミーシャ・ジー(ウズベキスタン)

スケートアメリカ
ヨリック・ヘンドリックス(ベルギー)
ケビン・レイノルズ(カナダ)
ボーヤン・ジン(中国)
ダニエル・サモヒン(イスラエル)
無良崇人(日本)
ジュンファン・チャ(韓国)
マキシム・コフトゥン(ロシア)
アレクサンドル・ペトロフ(ロシア)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
ネイサン・チェン(アメリカ)
アダム・リッポン(アメリカ)
TBD(アメリカ)

初戦から羽生が登場。これはテレ朝的にとても煽りやすく、ありがたい派遣でしょう。今からOPが楽しみです。シニアに上がってきたのはアリエフであります。羽生VSネイサンという優勝争いになりそうです。ミーシャは普通にエントリーされています。TBDには・・・ピトキーエフとかきたらいいなと思うんですけども。復帰できるのかどうか。

羽生もなんですくんもいないスケートカナダ。なんだか新鮮。オーサー門下からはやっとシニア年齢に達したジュンファンが出場します。サマリンもシニアに上がってきました。この大会は昌磨VS Pさんになりそうです。むらむらはカナダ連盟に好かれているのか?というほどのスケートカナダ率。村主さんみたい。カナダはナショナル4位のナドーではなく5位のメッシングがエントリー。ナドーは来シーズン20歳なので、もうジュニアの試合には出られません。

中国杯はボーヤン&ハンヤン、1つのTBDというおなじみのパターン。日本からはデカがエントリー。ボーヤンVSなんですくんという構図になるでしょう。ジュニアデビューのクワドルッツァーヴィンセントが表彰台争いに絡んでくるとおもしろくなりますね。

NHK杯はおなじみの羽生、そしてダイス!TBDはリュージュ?草太?シード選手の組み合わせから考えると順当なのですが、PさんがNHK杯にいるという違和感。樋口先生を召喚しないと。そ!し!て!ファリスううううううううううううううううううううう何でええええええええええええええ過去の世界選手権で6位以内に入ってないのに!意味分からんけどやったぜ。ブラウン&ファリス&りっぽんぽんとかアメリカチーム最高かよ。最高すぎるわ。マジ最高。なんなんこれ最高。アメリカ男子みてえよお・・・。

フランス国際→フランス杯→ラリック杯→エリック杯→フランス杯→フランス国際(NEW) と名前を変えてきたおフランス。今年の開催はグルノーブル。きっと治安の問題があるからでしょう。グルノーブルも青いのか?ポンサールが2年連続4回目の欠場となるのかどうかに注目が集まります。優勝争いは昌磨となんですくん。ジュニア上がりはエイモズです。

最終戦はスケートアメリカ。ペトロフ以外は2戦目の選手ばかりです。1つTBDがあります。ナショナルの順位どおりだとマイナーさん?マイナーさんは来シーズンで引退することを表明しているので、1回でも多く見たいんです。連盟様お願いします。もし復帰するならアボットくんって可能性もなくはないか。うーーーーんどっちも見たい!

NHK杯のアメリカ男子が熱すぎて他が目に入らない。アメリカ男子の太陽フレアに焼かれて死ぬ。
2017
04.01

世界選手権 4日目 男子リザルト

フェンスが映る下アングルからのカメラ踏み潰したい症候群。

男子LP
1 Yuzuru HANYU(日本)223.20 PB
2 Shoma UNO(日本)214.45 PB
3 Boyang JIN(中国)204.94 PB
4 Nathan CHEN(アメリカ)193.39
5 Patrick CHAN(カナダ)193.03
6 Javier FERNANDEZ(スペイン)192.14
7 Jason BROWN(アメリカ)176.47
8 Kevin REYNOLDS(カナダ)169.40
9 Mikhail KOLYADA(ロシア)164.19
10 Misha GE(ウズベキスタン)163.54 PB
11 Moris KVITELASHVILI(ジョージア)162.90 PB
12 Alexei BYCHENKO(イスラエル)160.68
13 Deniss VASILJEVS(ラトビア)157.27 PB
14 Maxim KOVTUN(ロシア)156.46
15 Brendan KERRY(オーストラリア)153.13 PB
16 Chafik BESSEGHIER(フランス)151.31
17 Keiji TANAKA(日本)148.89
18 Michal BREZINA(チェコ)146.24
19 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)144.25 PB
20 Denis TEN(カザフスタン)144.13
21 Paul FENTZ(ドイツ)144.02
22 Jorik HENDRICKX(ベルギー)140.34
23 Alexander MAJOROV(スウェーデン)127.81
24 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)127.47

男子リザルト
1 Yuzuru HANYU(日本)321.59
2 Shoma UNO(日本)319.31 PB
3 Boyang JIN(中国)303.58 PB
4 Javier FERNANDEZ(スペイン)301.19
5 Patrick CHAN(カナダ)295.16
6 Nathan CHEN(アメリカ)290.72
7 Jason BROWN(アメリカ)269.57 PB
8 Mikhail KOLYADA(ロシア)257.47
9 Kevin REYNOLDS(カナダ)253.84 PB
10 Alexei BYCHENKO(イスラエル)245.96
11 Maxim KOVTUN(ロシア)245.84
12 Misha GE(ウズベキスタン)243.45 PB
13 Moris KVITELASHVILI(ジョージア)239.24 PB
14 Deniss VASILJEVS(ラトビア)239.00 PB
15 Brendan KERRY(オーストラリア)236.24 PB
16 Denis TEN(カザフスタン)234.31
17 Chafik BESSEGHIER(フランス)230.13 PB
18 Michal BREZINA(チェコ)226.26
19 Keiji TANAKA(日本)222.34
20 Paul FENTZ(ドイツ)217.91
21 Jorik HENDRICKX(ベルギー)214.02
22 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)213.99 PB
23 Alexander MAJOROV(スウェーデン)205.04
24 Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)196.79

事前に他の大会の構成を書き出しておいたので、リカバリーが分かりやすい。

マルティネス
3Lo 3Lz so 3A-2T 3A 3Lz-1Lo-3S 3F so 3T-2T so 2A ot
四大陸とは3Lzと3Tの場所を入れ替えて、確実性を狙ってきたようです。今日も4Loは見られなかったです。シェイキーランディングはいくつかありますが、1つも抜けなかったのがTESキープに繋がりました。ミニマム64点が「これはよかったーまあまあだなー残念だったなー」という指標になります。マルティネスは65点だから、まずまずだったのでは。

ジョリヘン
3A-2T tano 3A 3S so 3Lz fall 3Lz-3T 3F fall 3Lo-2T tano 2A
ジョリヘンが2度転倒するとは。1本目の3Lzは3-3-2の予定だったので、後ろですぐにリカバリーできたんですけど、音楽に遅れないように3Fは焦ってしまいましたか。これは兄妹対決で負けてしまうやつ。

デカ
4S 4S-2T 2A 3F-3T 3A fall 3Lz 3Lo 3S
極悪犯4Sを収監したら、模範囚と思われていた知能犯3Aに脱獄されました。3A2本のミスで12~13点のロスです。ひょっとしてカナダに3A発券機を奪われたんですか?通りでSPで決まると思いましたよ。ジャンプ以外のところはキレよく動けていました。ミスがあっても崩れなかったです。

フェンツ
3A 4T-2T 4T ot 3Lo 3A fall 3S-3T 2Lz 3Lz
冒頭2本のジャンプはきれいに。2本目の4Tは少し構えが長くてスピードが落ちたのでヒヤリとしましたが、今シーズンのフェンツの前ではオーバーターンで済みます。GOE-1ですね。3Aにつける予定だった3Tを後ろの3Sにつけました。さらに3Lzが抜けたので2Aを3Lzに変更。リカバリーの計算ちゃんとできる大臣に任命します。リアルガチ確変しました。24歳・・・あと何年続けてくれるでしょう。職業がドイツスケーターおなじみの兵士だからいける?

ジュリアン爺
3A-2T 3F-3T 3S 3A so 3Lz 3F 3Lo 2A+2A
冒頭の3連を除き、抜けなく入りました。この太い軸だと成功しそうにないのに成功させてしまいます。不思議なものですね。これだけイケイケにやれると会場も盛り上がります。そしてガッツポーズ。立ち止まってのバレエジャンプは、ジェイソン・ブラウンさんがポートレイトで絶対とらされるポーズ。

クヴィテラシヴィリ
3A 4S ot 4T-3T 4ST 3F-2T 3Lo 3F 2A-1Lo-2S
クヴィテラシヴィリのトゥループの跳び方は見分けられないやつ。ペアスケーターがこういうトゥループ跳ぶんです。いつトゥつきましたん?ってやつ。多分これだけど間違えててもシラナーイ。アーアーアキコエナーイ。数年前なら世界選手権のメダル獲ってるスコアやんけ!

ベセギエ
4T 4S shaky 2A 3T-3T df 3A-2T 3Lz 3A 3S-2T-2Lo
このジャンプの種類の偏り方・・・コフトゥン?いやコフトゥンは3Loを入れるようになったからちょっと違うな。ジャンプの順番を変えました。3Fが入っていたんですけど、みなさんご存知のようにフランス男子のフリップは清清しいほどのアウトサイド踏み切りですので、クビになりました。だから3Tを入れた方がいいんですね。抜けた3Aを後ろから2番目でリカバリーし、そこで入れる予定だった3連続を最後に。計算できすぎマン。ジャンプ跳びにいっている感じはあったので、インタープリテーションが7点に乗らなかったです。

ミーシャ
3A-1Lo-3S 3A 3F 3Lz-3T 3Lz 3Lo 2A 2A-2T
すべてのジャンプがきれいに入ったノーミスのクリーンプログラムです。超えられそうでなかなか超えられなかった160点と240点の壁を超えてゆきました。感無量という感じですが、また世界選手権でもミーシャの演技が見たいですね。こればかりは体調によるのでしょうが。2019年は日本ですよ?チラッ

ミハル
4S 3A 3F-2T 2A-2T 3Lo 2F 3Lz so 3F fall
ミハルの4S久しぶり感ありますが、ユニバーシアードでも降りてますからね!国際Aとなると・・・2015年のユーロ以来ですが。いい出だしだったんですけど、3Aの質はやはりミハルの本来のそれではありません。何かおかしい。最後は3Lzの予定を得意な3Fにしたけれど、それでも転倒。難しい。

ヴァシリエフス
3A 3A fall 3Lo 3Lz-3T 3Lz-2T-2Lo 3F 3S 2A
連続ツイズルをしながらフリーレッグを上下する動きかっこいい。氷掘削できそう。3Aの助走が雄大すぎて転倒。そこからは乱れず。ステップで歓声をもらえるというのはすごいですよね。日本人が歓声を送っているかもしれないけれど。最後の謎ポジションも盛り上がりました。あのスピンに名前あるのかな?

美青年ケリー
4T hd 3Lz-1Lo-3S 3A-3T 3Lz 3A 3F 2A 3Lo
いつも決まるはずの冒頭の4回転が決まらず。でも今日はそこから失敗しなかった。4回転は1本だけにしました。後半の3Lzの前から露骨に体力がなくなってきたので、いつ転倒に繋がるかと・・・今日は堪えた!わーい。

マヨロフ
2T 3A-2T 2Lz 3F 3A 2A-3T fall 3T-2T 3S
世界ローソンの店員選手権にエントリーしているマヨロフさん。衣装がローソンですから、マジローソンのデカよりも形から入るタイプなのかも。2Tが3本目になりました。1つはノーバリューです。3Aは2本入りましたが、ここまでの選手で初めてTESが64点を割りました。世界ローソンの店員選手権はデカの優勝ですね。おめでとうございます。バイトのシフトを差し上げましょう。うおお・・・一気に1枠圏外に落ちた。レベルが高い試合になるとこんなことが起こるんですね。

コフトゥン
4S 2T 4S-2T 3A-3T 3A 2Lo 3S-2T 2A
4Tが2Tになったものの、3Lzを4Sにしました。でも3Loの抜けが痛いです。3連が入っていないですし、3Fを入れられないだけで構成のバリエーションが少なくなります。SPの6分練習で脚を痛めてから、ここまでよくがんばった。4年前の世界選手権はユーロ5位になったことで、ジュニアなのに派遣されて悲しい結果に。今回はプレッシャーに勝ちました。

ビチェンコ
4T so 4T 3Lo 3A-3T shaky 3A so 3Lz 3F-1Lo-3S 2A
ビチェンコさんの動きがめちゃくちゃ硬いです。後半連続の3Aに入ったあたりから特に動きが悪くなっていきました。ユーロはもっとワタアアアアアアアアアアア!って体振り乱していましたもの。緊張をしていたのだと思います。おつかれベテラン。おつベテ。三十路チェンコさんも楽しみにしてます。

レイノルズ
4S-2T 4T-3T 4S 4T 3A 3Lz ot 3F-3Lo 3S
ぶおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお回転がちょっと怪しいところあるけど4クワド6トリプルきたああああああああああああ!3つアンダーローテーションがついてもTES100点から91点。4回転は偉大ダナー。LPのパーソナルベストも超えて欲しかった。

コリヤダ
4Lz fall 4T 1A 3Lz-3T 3A 3L-1Lo-2S 3Lo 2A
抜けたカナディアンアクセルのリカバリーで3連続を3Lz-3Tに変えました。ステップの途中で足を引っ掛け、その後の動きにもキレがなくなりました。加点がほとんどありません。3連続を入れてきたけれど、2Aのシークエンスがなくなっています。これはどうなんだ?なんだ of どう。

ブラウン
4T fall 3A-3T 3A 3Lz 3F-2T 2A 2Lo 3Lz-1Lo-3S
3F-3Tのセカンドが2Tになったとき、もうスタミナがダメなのかと思いました。そして3Loが2Loになり怖い怖い・・・ってときに3連続がきれいに入ったからキョトン。クワドコケても185ぐらい出るってことですね。クワッwwwwwすごし。

テンくん
4T df 3S fall 3A 3F 3A-2T fall 3Lz-1Lo-2S so 3F df 3Lo shaky
あああああああ・・・これはアカンやつ。というか、このプログラムステップ以外の見どころ薄いからジャンプを決めるしかないんですよね。10年前のプログラムみたいで、戦略ミスのような気がします。テンくんはローリーのムチャブリのようなプログラムを捌ける力ありましたし。ダイスケさんもコーチがモロゾフで、ローリー振付だったじゃないですか?ねえ、そう子葉類。

羽生
4Lo 4S 3F 4S-3T 4T 3A-2T tano 3A-1Lo-3S 3Lz
だああああああああああああああああああああああああああああ4クワドハイパーミラクルスーパーパーフェクトクオリティーいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいしかも世界一難しいエレメンツの3Lzまでえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ指が震えるうううううううううううううあの伝説のNHK杯以来震える。ファイナルですら震えなかったけどこれは震える。これは絶対満点!パフォーマンスとインタープリテーションで10点出さないと許さない!これは最高もう最高最高最高にして最強ううううううううううう。西野カナより震える。また机上の空論みたいなスコアが出てる。オラもっとPCS出せや!

ネイサン
4Lz fall 4F-2T 4F 4T shaky 3A 4S fall 4T-3T 3Lz-2T-2Lo
6本にするなら4Sを2本にすると当たり前のように思っていたのに、4Fを2本入れました。こんなんチートですやん。サイボーグか何かですかね?さすがに6本入れるとトランジションがほとんどなくなるんですけど、ネームバリューがつきましたし、8点台は並びますね。なんだこの構成。

ボーヤン
4Lz 4S 3A-1Lo-3S 4T-2T 4T 3Lz-3T 3A 3F
単独の4Lzの質がすごかったです。今までで最もよかったと思います。4Loは抜いて4クワドで安全策に。安全策のクラスが高すぎる。ジャンプの正確さと質もさることながら、ボーヤンが8点台後半に乗せてますよ!こちらの方が嬉しい。本当によかった。1人代表でよくがんばった!

Pさん
4T-3T 4S 3A hd-1Lo-2S 4T so 3A 3Lo 3Lz-2T 3F
最高のスタートから3連続と4Tで立て続けにミス。この2つで10点ぐらいの失点でしょうか。最後の最後にはさすがのPさんにも疲れが。ベテランで3本の4回転と2本の3Aを入れることのリスクの高さが分かりますね。コケてなくてもしんどそうですもん。トランジションがスケーティングスキルと変わらないぐらいもらえるのが強みですね。

昌磨
4Lo 4F 3Lz so 3A-3T 4T ot 4T-2T 3A-1Lo-3F 3S
おや・・・しょうまのようすが?おめでとう!しょうまは3Aとなかなおりしたぞ!はい加点ドドドドドドドドドーン!めっちゃわろとってや。今シーズンの昌磨を見ると、笑顔やポジティブさは武器になるなと思いました。ほんとすげえよ。

なんですくん
4T 4S-3T df 3A-2T 4S fall 3A 3Lz 2F-1Lo-3S 3Lo so
あーーーーーこれは優勝ですわ!という完璧なスタートでした。4Sの転倒1本ぐらいではSPの点差は揺るぎませんが、抜けてしまったのが痛いです。300点で表彰台に乗れないとは。

ピョンチャンオリンピックおよび世界選手権出場枠
3枠 日本・アメリカ
2枠 中国・スペイン・カナダ・ロシア・イスラエル
1枠 ウズベキスタン・ジョージア・ラトビア・オーストラリア・カザフスタン・フランス・チェコ・ドイツ

アメリカが3枠復帰!カナダは5位と9位で惜しくも2枠。西岡さんがダイスケさんにオリンピックの枠獲りのことを・・・2005年のことかー!

羽生はオールレベル4でマイナスなし!ジャンプの加点は平均GOE+2以上です。10.00は12個で、8点台は1つもありません。昌磨は3Lzと4Tのマイナスだけです。10.00は3個。ネイサンは6本の4回転を入れましたが回転不足はありません!基礎点112点wwwww

レベル高かったです。ハラハラし通しでした。もう当分4回転見なくていいです。
2017
03.31

世界選手権 2日目 男子SP

神とか仏とか宇宙人の戦い。

男子SP
1 Q Javier FERNANDEZ(スペイン)109.05 PB
2 Q Shoma UNO(日本)104.86 PB
3 Q Patrick CHAN(カナダ)102.13 PB
4 Q Boyang JIN(中国)98.64
5 Q Yuzuru HANYU(日本)98.39
6 Q Nathan CHEN(アメリカ)97.33
7 Q Mikhail KOLYADA(ロシア)93.28 PB
8 Q Jason BROWN(アメリカ)93.10 PB
9 Q Denis TEN(カザフスタン)90.18
10 Q Maxim KOVTUN(ロシア)89.38
11 Q Alexei BYCHENKO(イスラエル)85.28
12 Q Kevin REYNOLDS(カナダ)84.44
13 Q Brendan KERRY(オーストラリア)83.11 PB
14 Q Deniss VASILJEVS(ラトビア)81.73 PB
15 Q Michal BREZINA(チェコ)80.02
16 Q Misha GE(ウズベキスタン)79.91
17 Q Chafik BESSEGHIER(フランス)78.82
18 Q Alexander MAJOROV(スウェーデン)77.23
19 Q Moris KVITELASHVILI(ジョージア)76.34
20 Q Paul FENTZ(ドイツ)73.89 PB
21 Q Jorik HENDRICKX(ベルギー)73.68
22 Q Keiji TANAKA(日本)73.45
23 Q Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)69.74
24 Q Michael Christian MARTINEZ(フィリピン)69.32
25 Ivan PAVLOV(ウクライナ)69.26 PB
26 Jinseo KIM(韓国)68.66
27 Javier RAYA(スペイン)66.88
28 Stephane WALKER(スイス)64.04
29 Igor REZNICHENKO(ポーランド)63.88
30 Matteo RIZZO(イタリア)63.14
31 Graham NEWBERRY(イギリス)62.04
32 Chih-I TSAO(中華民国)61.52
33 Valtter VIRTANEN(フィンランド)59.45
34 Nicholas VRDOLJAK(クロアチア)57.28
35 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)57.14
36 Larry LOUPOLOVER(アゼルバイジャン)38.97

ルーポラヴァー
2Lz 3Lz fall 3A fall
ルッツが2本あるからと言って飛びなおしたわけではありません。最初は4Lzの予定ですので、これが彼の普通です。観客が手拍子で盛り上がろうとしたら編曲でぶった切られました。

ヴルドリャク
3Lz-3T 2A 3F
着氷を堪えコンビネーションに繋げました。借金取りから逃げろ逃げろーーーとアテレコしながら演技を観ておりました。アメリカ人ですしアメリカ拠点なのにユーロ臭を出せるのがすごい。

チーイー
3A so 3F-3T 3Lz so
世界選手権で3S-3Tの構成だとSP落ちが見えてしまうのか、構成を上げてきました。しかし、3Lzの前のステップがなく助走がとても長いので、-3を受けてしまうことも考えられます。

ジンソ
3A 3Lz-3T 3Lo hd
3Aと3Tで膝着氷。演技が終わってキスクラで泣き始めました。地元開催のオリンピックの枠を複数獲らないと・・・と緊張をしていたのでしょうか。アジア勢でマイケル・ブーブレを連発し、コンサートにきている気持ちにさせられます。

ジュリアン爺
3A 3F-3T 3Lz df
今大会はアイプッタいないと思って気を抜いていたら・・・!油断アイプッタですわ。大きなジャンプの数々でした。3Lzもデカさは見事でしたが両足着氷。雰囲気が四大陸選手権のようですね。

レイノルズ
4S-3T 4T 3A
コンボと3Aはきれいに。やはりジャンプが成功すると気持ちが乗ってくるのか、今日の動きはシーズン1キッレキレのシュッパシュパですよ。これは村祭りで人気になりますわ。フィンランド人は手拍子スキルがヨーロッパの中では高い方なので、すごく盛り上がりました。4Tは回転が足りていないように見えましたが、TESは下がらずです。

マヨロフ
4T so 3A 3T-3T
ダグラス・ラザーノさんのジャンプ構成でした。ステップの途中で膝ついたのはバランス崩したかと思いました。リプレイで見直すと振付で一安心。コンビネーションスピンのキャメルポジションでバランスを崩して点数を取りきれなかったですが、こちらもフィンランドの音楽で盛り上げました。

クヴィテラシヴィリ
3A 4S-2T 3F
3Aさんとお友達になったのか、とてもいい質でした。昔は4回転とばかり仲良くしていたのに。選曲の奇抜さにスポットが当たる選手ですが、昨シーズンと同じプログラムでも今シーズンは柔らかさと大人らしさがミックスされて、すごく自然に入ってきます。

ラヤ
3A df 3F-3T fall 3Lz
崩しまくった歌い方で気を抜いたら曲が分からなくなるピュアイマジネーション。鉄筋コンクリートの建物の地下1階にあるバーで流れていそうです。振付師が先生なので、表現にもこだわれるのか、前のように世界一不機嫌そうな演技にはなっていません。ラッセル攻めがよかったのか。

パブロフ
3A 3Lz-3T 3F
女子におけるエミ・ペルトネンさん。表彰台や枠撮りを除けば僕が一番楽しみにしていた選手です。僕は彼のLPのブラッドダイヤモンドが好きなんですけど、SPもいいんです。ジャンプは幅がなくて真上にあがる男らしさ溢れるクオリティー。んでもって、振付の度にシャツがファッサファッサなびくんです。これもかっこいい。オシャレではないけど、プログラムにぴったり。ブキンの衣装と同じ。なびくシャツはかっこいい。髪型はおもしろい。

ウォーカー
3A ot 3Lz-3T fall 3F
元バリさんが欠場したので、ビアンコニチームの彼にはSP通過して欲しかったのですが・・・。しかも今シーズンは体を絞り、3Aもよくなり、スピンも速くなり、かなり洗練されてきましたのに。ううううううううううううううううううううううう僕が今大会楽しみにしてた選手がSP落ちしまくるううううううううううううう。男子なのにソトニコワスピンできるのすごい。腰の構造どうなってるんです?

ニューベリー
3A 3Lz hd 3T ot-3T
3Aはトビウオのように滑空。鼻血が出ていたので最後のジャンプに集中ができなかったのかもしれません。スピンは音楽からはみ出してしまいました。出血していても、鼻にティッシュを詰めません。かっこ悪いからな!男は黙って血みどろってことですね。

レズニチェンコ
4T so 3A 3F-3T shaky
ジャンプの着氷が危なかったですが、抜けることなく最後まで。でも見どころという点で言うと、もっともっと個性をつけていって欲しいですね。後ろの項目の評価が伸びませんでした。

美青年ケリー
4T 3Lz-3T 3A
前半の2本のジャンプを降りたところで、3Aを失敗すると考えていました。んでもってクリーンに成功して、わあああああああああああああああああああああああ!となりました。ついにブレンダン・美青年・ケリーさんが覚醒してしまった。

マルティネス
3A 3Lz-3T shaky 3Lo
3Aとくるくる3Loはクリーン。不得手としている3-3は-1~-2で済みそうです。もったいなかったのがフライングシットのデスドロップが高くなりすぎて、着氷が乱れたこと。回転速度が落ち、スピンを堪能できませんでした。祈るように点数を待っていましたが、なんとも微妙なラインのスコアが・・・。

ヴァルタネン
4T fall 2A 3T-3T
29歳で世界選手権初出場。医師資格を取得しているだけではなく、実際に勤務もしている滑るドクターです。3Aがないのでスコアは伸びませんでしたが、地元の大会に出場が叶って本当によかった。

ハイラペティアン
3A 3Lz 3S fall
とにかくジャンプに高さがある選手です。僕は彼のジャンプが好きです。特に3Sの踏み切りのダイナミックさが好きです。でもその3Sで転倒したからコンボなしに・・・すべて降りていれば確実にパーソナルベストでした。さらに眉毛がすごいことに。そろそろ左右が合体して意志を持ち動き出すでしょう。

フェンツ
4T hd-2T 3A 3Lz
SP通過かどうかのライン上にいる選手でも4Tを入れてきます。すごい時代です。だって数年前までは通過ライン上の選手は3A入れるか入れないかってところでした。4Tはしっかりと回転しています。3A以下のジャンプは安心して見ていられるマンですね。長身で姿勢がよく、ジャンプの軸もピーンとしているからかっこいい。ワールドで73点も出すとは!やはり4Tの基礎点は大きい。PCSもかなりの高評価でして、僕このジャッジ陣と気が合うかも。

ヴァシリエフス
3A 3Lz-3T 3F
ランビエリスティックではあるけれど、決してランビエールのコピーではないのがいいところです。自分の中で上手く消化しているのか、ランビエールがそう教えているのかは分からないですが、とにかくいいからいい。最後音楽がほとんど変わらないのに、2つのスピンで間を持たせられるのも素晴らしい。リアルなイグアナ人形もらってる。なぜイグアナ?どちらかと言うと似てるのはカエルだぞ。

ジョリヘン
3A 3Lz fall 3Lo-2T
ジョリヘンが3Lz転倒するなんて珍しい。メズヘン。今年はジャンプ1つ転倒すると、それだけでSP落ちの危険が生まれます。でもコンボが入ったのでなんとか・・・なんとか・・・というところ。それ以外はシックに素敵に。昨シーズンからPCSの評価がグングン上がってきておりまして、それに助けられました。

リッツォ
3A so 3F-3T 3Lz
元バリさんの欠場で出番が回ってきました。世界ジュニアからの連戦は難しかったでしょうが、ステップに関しては2週間前よりよかったのではないかと思います。ジャンプの着氷が乱れ、なかなかTESは伸びませんでした。よくがんばった!!!お疲れ様。

デカ
4S fall 3A 3F-3T hd
髪の毛くるくるじゃないじゃん!!!何で!と思ったら前から直毛でした。くるくる毛の方が退廃的な雰囲気出せるのに。4Sの転倒はさておき、3-3のミスは痛いいいいいいい。女子と同じく男子も回転不足の認定甘めっぽかったので、4S認定いけそうかな?と思いましたが甘くなかったです。普通に足りてなかったですしね・・・。

ベセギエ
4T-2T 3A 3Lz
2クワド回避です。4-3も入れませんでしたが3本ともクリーンに。余裕のある着氷でした。一番高い項目がパフォーマンス。なんか分かります。演技でもあるけど、ライブっぽくもありました。

ミーシャ
3A shaky 3Lz-3T 3F
これが最後の世界選手権かもしれないとのことですが、オリンピックで引退するとしたらそうなりますよね。言っていないだけで、これが最後の世界選手権になる選手は大勢いると思います。3Aの着氷の乱れはあれど、あとはきっちり。ステップは指先まで神経張って、手を下ろす瞬間まで美しかった。

フジテレビが同じような煽りを延々と繰り返しておる・・・。

コリヤダ
4T-3T 3A 3Lz
嬉しそうに軍団員をしばくビートたけしプログラムこれで見納め?国別があるか。なかなかジャンプが3本揃わなかったですが、今日は全てクリーンに決めました。3Lzは余裕がありすぎて空中で時間が停止していました。これが蟹江敬三界のスターの実力ッ ゴクリ。

ボーヤン
4Lz-3T 3A 4T
今シーズンはなかなか安定しなかったですが、この一番大事な場面で全部入れてくるとは・・・しかもハンヤンが手術でワールド欠場&ミニマム関係で補欠もいない状況で。メンタル強すぎマン。ステップの最後の最後はちょっとお疲れモードに見えました。それでもTESすげえ・・・。

テンくん
4T 3Lz-3T 3A
調子がいいのかな?と思えば悪くなったり、悪くなったと思えばよくなったり、波がありますが、3月男の力を見せてくれました。思えば4年前、同じオリンピックのプレシーズンの世界選手権がその始まりでしたね。謎プロをよくものにしましたよ・・・いやほんと。

ネイサン
4Lz-3T 4F 3A fall
4回転には問題ありません。ロシア女子1番手のジャンプぐらい安定しています。でも3Aがあああああああああああああ。ネイサンがカナダ人である可能性。ダイスケ・タカハシの言うように動きの小ささは気になりました。勢いも全米・四大陸よりなかったと思います。ネイサンのPCS高くなりましたね。ちっとやそっとのことでは90点台から落ちないです。

ビチェンコ
3A 4T 3F-3T
名前が安定しないビチェンコさん。フジテレビはビシェンコ派。YouTubeの公式練習配信で、ビチェンコさんだけフルで観たのでビチェンコさん応援してたんです。公式練習と同じ美しいジャンプでした。イスラエルも2枠欲しいでしょう(自分の枠を確実にするために)から、LPも力を発揮してもらいたいです。

ミハル
3F-3T 3A 3Lz hd
黒いジャケットを脱ぎ捨て白いシャツで爽やかなミハルさん。ジャケットとほどけタイはミスマッチだったから、こちらの方がいいと思います。3Aはいい質なんですけど、回転に入るタイミングが少し遅かったのか、スーパーな出来ではないと思います。ミハルの3A is もっといい。3Lzはあまり得意ではないので・・・うーむ。ミハルは今日が誕生日ですか。27歳だなんて・・・まだ世界ジュニアに出ていた垢抜けていないときのミハルのイメージ残ってますよ。

羽生
4Lo 4S df 3A
4Loは過去最高だったのに4Sがああああああああああああああああああ抜けなかったからそれはいいんだけども・・・・・。客席に向かって謎のポーズ。あそこっていつも何か謎のことやってますね。カメラに映らないからすごい変顔してたりして。四大陸はステップがおとなしかった印象でしたけど、今日はキンキンに研ぎ澄ました動き。

昌磨
4F 4T-3T 3A
4T-3Tさんと仲直りできたんですね。3Aさんとも仲良しのままで、4Fさんと3人手を繋いでルンタッターと平和な演技に。試合に出まくって調子を上げていくという戦略大成功じゃないですか。今大会はずっと笑顔ですし、去年とは別人のようです。

コフトゥン
4S-3T 4T fall 3A
演技が始まる直前にも脚を押さえていたのに4S-3Tを着氷するとは。4Tの転倒はありますけど、抜けずによくがんばりました。脚が痛くて思ったように動けないのか、ステップが重いですし、最後もおどける余裕がなかったですね。

なんですくん
4T-3T 4S 3A
2本のクワドは2点強の加点、3Aは満点というどえらいGOEを稼いでいきます。ジャンプの加点だけで3A1本ぐらい稼いでますよ・・・すごし。インタープリテーションは9.93ですから、ほとんどのジャッジが10.00ということです。永久保存版。

Pさん
4T-3T 3A 3Lz
クワドは1本しかありませんが、すべてのものが最高レベルまで磨き上げられています。苦手だった3Aも軌道を変えて、成功率向上に成功しています。そしてみなさん、本日カナディアンが3Aを失敗しておりません!!!!!うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!

ブラウン
3A 3F-3T 3Lz
全米では最後までスタミナがもっていなかったし、動きがフラフラとしておりブラウンらしからぬ滑りでした。だから今日の復活の滑りは本当に嬉しく思います。もしこれで悪い出来だったら、アメリカ人から「ヴィンセントにミニマム獲らせて派遣すればよかった」といわれてしまいますしね。

パブロフさんは僕が応援したからSP落ちしちゃったのか・・・応援してごめんなさい。

なんですくんはフライングアップライトの加点が伸びきらず。でもオールレベル4です。10.00は11個つきました。Pさんは10.00が5個です。羽生は2Tがカウントされなかったので、4Sの基礎点からGOE-3(4点引かれる)されました。3Tの基礎点GOEの減点分を考えるとこれだけで10点失点です。ノーミスならPCSがもっと出ていたでしょう。10.00は2個でした。デカはやはり4Sがアンダーローテーションでした。でもスピンはオールレベル4。デカがスピンのレベルを取りこぼさなくなるなんてなあ・・・変わった変わった。

ということで約70点ないとSP通過ができない時代になりました。90点あっても最終グループに入れず、80点あっても第3グループに入れません。今の採点システムが限界なんでしょうね。そんな限界を迎えつつある大会ですが、上位6名は6強と目されていた顔ぶれが順当に入っています。第1グループのレイノルズが第3グループに入ったのはすごいですね。

暫定枠を考えてみますと
3枠 日本
2枠 スペイン・カナダ・中国・アメリカ・ロシア・カザフスタン
1枠 イスラエル・オーストラリア・ラトビア・チェコ・ウズベキスタン・フランス・スウェーデン・ジョージア・ドイツ・ベルギー
こんな感じ。カナダ・アメリカ・ロシアは枠を増やすことができるでしょうか?

明後日へ続く。ハンヤン早く元気になってね。
back-to-top