FC2ブログ
2019
06.21

2019-2020シーズン グランプリシリーズ 男子シングルアサイン

https://www.isu.org/docman-documents-links/isu-files/event-documents/figure-skating-4/2019-20/grand-prix/series-files-27/entries-4/21486-entries-men-2019-20-all-6-events/file

GPSのピークってアサインが出た瞬間ですよね。

スケートアメリカ
キーガン・メッシング(カナダ)
ボーヤン・ジン(中国)
ミハル・ブレジナ(チェコ)
ロマン・ポンサール(フランス)
島田高志郎(日本)
友野一希(日本)
ジュンファン・チャ(韓国)
ドミトリー・アリエフ(ロシア)
ロマン・サヴォシン(ロシア)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
ネイサン・チェン(アメリカ)
TBD(アメリカ)

スケートカナダ
ブレンダン・ケリー(オーストラリア)
ニコラ・ナドー(カナダ)
ナム・ニューエン(カナダ)
ロマン・サドフスキー(カナダ)
パウル・フェンツ(ドイツ)
マッテオ・リッツォ(イタリア)
羽生結弦(日本)
田中刑事(日本)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
アンドレイ・ラズーキン(ロシア)
カムデン・プルキネン(アメリカ)

フランス国際
ニコラ・ナドー(カナダ)
ケヴィン・エイモズ(フランス)
ロマン・ポンサール(フランス)
TBD(フランス)
モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)
ダニエル・サモヒン(イスラエル)
宇野昌磨(日本)
アレクサンドル・サマリン(ロシア)
アントン・シュレポフ(ロシア)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
ネイサン・チェン(アメリカ)
樋渡知樹(アメリカ)

中国杯
キーガン・メッシング(カナダ)
ボーヤン・ジン(中国)
ハン・ヤン(中国)
TBD(中国)
チーイー・ツァオ(台湾)
マッテオ・リッツォ(イタリア)
田中刑事(日本)
ジュンファン・チャ(韓国)
アンドレイ・ラズーキン(ロシア)
ロマン・サヴォシン(ロシア)
カムデン・プルキネン(アメリカ)
ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)

ロステレコム杯
ウラジミール・リトヴィンツェフ(アゼルバイジャン)
ナム・ニューエン(カナダ)
ミハル・ブレジナ(チェコ)
モリス・クヴィテラシヴィリ(ジョージア)
友野一希(日本)
宇野昌磨(日本)
デニス・ヴァシリエフス(ラトビア)
ドミトリー・アリエフ(ロシア)
アレクサンドル・サマリン(ロシア)
TBD(ロシア)
アレクセイ・クラスノジョン(アメリカ)
ヴィンセント・ジョウ(アメリカ)

NHK杯
コンラッド・オーゼル(カナダ)
ロマン・サドフスキー(アメリカ)
ケヴィン・エイモズ(フランス)
アレクセイ・ビチェンコ(イスラエル)
羽生結弦(日本)
山本草太(日本)
TBD(日本)
アルトゥール・ドミトリエフ(ロシア)
ミハイル・コリヤダ(ロシア)
セルゲイ・ヴォロノフ(ロシア)
ジェイソン・ブラウン(アメリカ)
樋渡知樹(アメリカ)

男子の派遣は特に偏った感じもなくバランスがいいです。

スケアメにはもちろんネイサンが。ミハルもポンサールも出場するのでアルトゥニアン先生は大忙しです。ブラウンはついにアメリカ男子の最年長になりました。今年の12月で25歳になるのでベテランですね。ブラウンがベテランなんですよ。信じられます?男子の派遣はバランスいいですが、比較的ここがしんどいかな?と思います。ブラウンはトップ選手で派遣運が一番悪かったです。友野のミルズ振付プロがすごく楽しみです。TBDはクラスノジョンの2枠目か、うさぎさんのどちらかですかね。

スケカナには羽生が出場するので黄色い雨が降り注ぎます。今回はさすがにいけるだろーーーーーと思ってコリヤダが優勝したりするんですよね。フェンツさんがまだ現役を続けてくれるようで安心しました。

フランス国際はネイサンVS昌磨です。直接対決では昌磨が連敗しているのでそろそろ勝ってほしいぞ!普通にいけばロシア勢が3位に入ると思いますが、エイモズやサモヒンにもチャンスはあります。レオノワの夫シュレポフもエントリーがあります。フランスは3枠目を使うでしょうか。フランスだからなーーー返上するかなーーー。

中国杯にはハン・ヤン!!!!!!!!!本当に戻ってきました。コミカルではないプログラムを振付けてもらえますように。チーイーという意外なエントリーがありました。中国の試合だから客席で赤と青の国旗掲げたら怒られたり、しばかれたりするのだろうか。素朴な疑問。

ロステレコム杯には連戦でヴィンセントが出場。シニカツと宮原と4人でチーム中露連戦で記念撮影してください。昌磨はエテリのところに移ることになれば移動が少なくて済みますね。期待の若手リトヴィンツェフのエントリーもあります。ロシア勢よりもロシアスケーターっぽいイメージなんだよなあ。

コリヤダはシード選手なのに地元の大会ではなくNHK杯に。ロシア連盟のやることは毎度よく分からない。そして2大会とも羽生と当たってしまうという。みんな大好きなおじさんたちもいますよ!セルゲイ・ヴォロノフさんはNHK杯の頃には32歳!ビチェンコさん31歳!フォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!! 日本からは草太が出場します。表彰台あるぞ?あるぞあるぞ?TBDは島田なのかダイスケさんなのか。樋渡は、なんとかの部屋があれば絶対にインタビュー受けるでしょうね。そしてあのゴリゴリの関西弁が披露されるのだ。

北米勢は代替わりしました。ユーロ勢はおじさんたちががんばっています。若い子たちも早くおじさんになりましょう。おじさんスケーターは最高なんです。選手たちが4分間の演技に慣れて表現に費やす余裕が生まれてくると嬉しいです。Because I'm not a ジャンプ厨。
2019
04.03

ミハイル・コリヤダ 国別対抗戦を欠場

https://fsrussia.ru/news/4342-andrej-lazukin-zamenit-mikhaila-kolyadu-na-komandnom-turnire-world-team-trophy.html

ブログに書いたつもりが書いてなかった。夢の中で更新して放置していました。ミハイル・コリヤダ国別対抗戦欠場が発表されました。その理由は、ロシア選手権で彼を苦しめた副鼻腔炎の再発です。世界選手権で勇ましいカルメンを演じ、大会が終わると仲間のスケーターたちと観光を楽しんでいたので、欠場なんて予想だにしていませんでした。シーズンオフに入るので、ゆっくり静養して、また元気な姿を見せてくれればと思います。

世界選手権と同じく補欠のアンドレイ・ラズーキンが出場します。そう、今回はリーザと一緒なのです。とうとう日本の地上波にリーザ&ラズーキンのラブラブっぷりが解禁されてしまうわけですね。
2019
03.23

世界選手権 4日目 男子リザルト

男子LP
1 Nathan CHEN(アメリカ)216.02
2 Yuzuru HANYU(日本)206.10
3 Vincent ZHOU(アメリカ)186.99
4 Shoma UNO(日本)178.92
5 Boyang JIN(中国)178.45
6 Mikhail KOLYADA(ロシア)178.21
7 Alexander SAMARIN(ロシア)167.95
8 Michal BREZINA(チェコ)167.32
9 Andrei LAZUKIN(ロシア)164.69
10 Matteo RIZZO(イタリア)164.29
11 Keiji TANAKA(日本)159.64
12 Kevin AYMOZ(フランス)159.23
13 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)158.07
14 Jason BROWN(アメリカ)157.34
15 Keegan MESSING(カナダ)155.26
16 Nam NGUYEN(カナダ)154.76
17 Alexander MAJOROV(スウェーデン)150.55
18 Junhwan CHA(韓国)150.09
19 Vladimir LITVINTSEV(アゼルバイジャン)149.38
20 Deniss VASILJEVS(ラトビア)143.78
21 Brendan KERRY(オーストラリア)143.76
22 Alexei BYCHENKO(イスラエル)138.93
23 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)132.34
24 Daniel SAMOHIN(イスラエル)123.28

男子リザルト
1. Nathan CHEN(アメリカ)323.42
2. Yuzuru HANYU(日本)300.97
3. Vincent ZHOU(アメリカ)281.16
4. Shoma UNO(日本)270.32
5. Boyang JIN(中国)262.71
6. Mikhail KOLYADA(ロシア)262.44
7. Matteo RIZZO(イタリア)257.66
8. Michal BREZINA(チェコ)254.28
9. Jason BROWN(アメリカ)254.15
10. Andrei LAZUKIN(ロシア)248.74
11. Kevin AYMOZ(フランス)247.47
12. Alexander SAMARIN(ロシア)246.33
13 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)240.74
14 Keiji TANAKA(日本)238.40
15 Keegan MESSING(カナダ)237.64
16 Nam NGUYEN(カナダ)237.27
17 Vladimir LITVINTSEV(アゼルバイジャン)230.84
18 Alexander MAJOROV(スウェーデン)229.72
19 Junhwan CHA(韓国)229.26
20 Brendan KERRY(オーストラリア)222.02
21 Deniss VASILJEVS(ラトビア)218.52
22 Alexei BYCHENKO(イスラエル)216.60
23 Julian Zhi Jie YEE(マレーシア)05.97
24 Daniel SAMOHIN(イスラエル)205.28

ビチェンコ
3T-3T 4T 3A-2T 3Lo shaky 3A fall 3Lz-1Eu-3S 3F
去年の4位が1番滑走というカオス。4Tが3Tに抜けたので、その分基礎点が低くなりました。

デカ
4S-2T 3S 3A-2T 3A hd 3F-1Eu-2S 3Lz 3Lo
2本目の4Sが3Sになったので、3Lzのコンボの後ろを2Sにしました。3Tが1つ余ったので3F-3Tにできれば理想的でした。ベストではありませんがベターな出来でした。第2滑走で159点は十分すごいですよ。ふた昔前なら世界選手権で優勝するスコアですから。

ヴァシリエフス
4T<< df 3A hd 3A shaky 3Lo 3Lz-1Eu-3S 3Lz-2T 3F
4Tは前向き着氷です。他の3回転ジャンプと同じ回転ピッチで回るのでどうしても回転が足りないまま降りてきます。後半の1本目の3Lzは理想的な完成度でした。+3~4が狙えるので、SPでは3Aまでで十分戦えると思います。3Aの回転に余裕がないので、日本からの3Aの輸入を考えた方がいいと思います。関税かかって輸入するの難しいのかな。

美青年ケリー
4T 3S 3A-2T 3T 3A 2Lz-2T 3Lo
クワドさんたちが不発になり、コンボも迷子に。トランジションを省いたプログラムで、高難度ジャンプとコレオシークエンスこの2点に精力を注いでいます。

ジュリアン爺
3A-2T 3A 2F-3T 3S-2T 3F shaky 3Lo (3Lz跳ぶ前に転倒) 3F
3A2本を着氷。最後のジャンプのはずの3Lzは助走の時点で転倒しました。ルッツを踏み切る体勢に入っていなかったので、Lzとしてボックスが埋まらず、跳び直した3Fが点数に入りました。あそこにコンボ付けるのは残り時間を考えると不可能です。

サマリン
4Lz-3T 4T fall 3A so 3Lo 3A-2T 3Lz-3T 3F
加点モリモリ4Lz-3Tからスタート。4Tで転倒・・・なんでそこでコケるんじゃーーーーーい。3連続予定の3Aでステップアウトし、ミス連鎖パターンが過りましたが、そこからは質のいいジャンプをひょいひょい降りてフィニッシュ。グレイテストなショーマンにはなれなかったですが、団員としては雇ってもらえそう。

メッシング
3Lz 3T 3A fall 3Lo 4T ot-2T 3S-3T 3A
メッシングさんの母国はアメリカだし、第ニの母国はカナダだと思うわ。3Aはダウングレードで転倒しました。2本目の3Aはきれいに降りられたのに+REP扱いで基礎点の70%しかもらえず。SPでもコンボのもったいないミスがありました。コンボ消費がんばれ。

リトヴィンツェフ
4T 3A-3T 3A fall 3F-3T 3Lz 3Lo 2A-1Eu-3S
ステップシークエンスあたりまでは彼の持ち味である美しい体の使い方を見せてくれました。3Lzに入るあたりから徐々に体力が落ち始めて、かなり苦しそうでした。まだジュニア選手ですね。鍛えていく時間はいくらでもあります。

マヨロフ
4T 3A-2T-2T 3Lz-3T so 3F so 3A shaky 2A-3T shaky 3S
最後の世界選手権でクリーンな4Tを着氷しました。着氷の荒れるジャンプがほとんどですが、それもまたマヨロフです。現役の最初から最後まで不思議なプログラムでした。マジおつやで。

サモヒン
2T 2S 3Lo so 3Lz-2T 3Kz shaky 3A-1Eu-3S shaky 3A shaky
クリーンなジャンプは3Lz-2Tのみ。いつものサモヒンに・・・ドンマイ。イスラエルは1枠に戻ります。

ニューエン
4S-3T 4S 3A so 3A shaky 2Lz 3F-1Eu-3S 3Lo-2T
4S2本が高い質で入りました。大して3Aは2本とも着氷が乱れ、コンボは付けられなかったです。比較的3Aが安定しているカナダ代表だっただけで、カナダはカナダなんだ。本来カナダと3Aは水と油。ロミオとジュリエット。最後コンビネーション付けたのは偉い!

ジュンファン
4T fall 4S shaky 3Lz-3Lo 3A 3A-2T 3F-1Eu-3S fall 3Lo
大技が決まりません。3連続で転倒してから「ジュリエエエエエエエエエット!」のセリフから3Lo。転倒しても愛するジュリエットの元へ駆けつける一途なロミオなんですね。テネルとハベドノがロミジュリの呪いを解いたので、ジュンファンは単純に調子が悪かったのか。

コリヤダ
4T-3T 4T so 3A-2T 3F 3A 3S-1Eu-2S 3Lz
おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおついにいいカルメン!!!!!昨日ザギトワさんがカルメンの呪いを解いてくれたのが効きました。ミスというミスは4Tぐらいです。3Loではなく3Fを入れたんですね。5シーズンぶりに入れたようです。その頃はジュニア時代なので記憶になくて違和感が強いです。残念ながらe判定を受けていますが、3Loが抜けてしまうよりはいいです。

クヴィテラシヴィリ
4S-3T so 3A 3F-1Eu-3S 3Lo 4T-2T 4T fall 3F
本田武史さんクヴィテラシヴィリの4Tを4Sと見間違えるの巻。プロでも間違えるのだから我々が間違えるのは当然のことなのです。みなさん、堂々と間違えようではありませんか!こんなの分かるかー!エテリがキスクラに座ってるぅー!普通に会話してるぅー!手の出血にティッシュ出してあげてるぅー!ザギトゥルが活躍してご機嫌なのか。

ラズーキン
4T-3T 4T 3A shaky 3F 3F-2T-2Lo 3Lz+2A 3Lo
予定構成に3連続を2回書くアグレッシブなラズーキンさん。1本目の3Fに3連続付けなかったときは、体力という文字が脳裏を過りました。案の定後半のジャンプからギアを落としてゆっくり運転に。でもシーズンベスト出たからいいね。

コリヤダTES88点、サマリンTES87点、ラズーキンTES86点。階段になってる。かわいい。暫定トップ3もロシアロシアロシアでかわいい。マトリョーシカじゃん。

エイモズ
4T so 3Lz 3A 3Lo 3A fall 3Lz-3T so 3F-1Eu-3S
前半コンボなしで攻めましたのに。上手くいかなかったです。上位を目指すための前向きな失敗です。演技崩壊というほどではありません。コレオシークエンスでのスライディングは、コレオスライディング好きの僕へのプレゼント?でもシングルは体を氷に預けられないから限界がありますね。

ボーヤン
4Lz 4T-2T 3A-1Eu-3S 4T shaky 3A 3Lz-3T 3F
1年前は大惨事でした。今日はリベンジができました。ジャンプに助走を多く費やしているため、トランジションはガッツリ下げられました。個人的には音楽表現も相当犠牲にしていると感じました。特に後半、ポージング取って

ミハル
4S-2T 3A-2T 3F 3Lz 3A 3F fall 3Lo
予定では3A、3F、3Tを2本ずつ構成していました。かっこいい。もちろんそんなことはせずに跳び過ぎはなしです。足りないですけど。同じ種類のトリプルを両方成功させられなくなっています。ここのところ安定性を欠いていた2本目の3Aがクリーンに決まったのはよかった。3連続が入ったら180出ていたでしょうが、ジャンプを降りる度に熱を帯びてくる滑りがかっこよかったです。はい全盛期真っただ中~。

ヴィンセント
4Lz-3T 4S 3F 4T 3A-2T 3A 3Lz-1Eu-3F
去年はSPがよくてLPで崩れて辛酸なめ子でしたから、この出来は嬉しいでしょうね。4回転は種類を絞って完成度を上げてきました。終盤体力が切れても、ポイントとなる振付は音楽に合っていたので、PCSに対して大きなマイナスにはならないと思います。TESは速報から8点ほど下がりましたが、高いスコアが出ました。

昌磨
4S so 4F so 4T 4T shaky 3A 3A-1Eu-3F 3S-3T
4Sと4Fは回転不足でステップアウト。2本目の4Tはコンビネーションを付けられなかったです。静寂の中でソロジャンプをバシコーンと降りること自体がこのプログラムを彩る重要なピースになるので、ここで何度も止まってしまうと当然ながらPCS全項目に影響するでしょう。4回転失敗すると最後2つのコンボ降りられる法則発動。

リッツォ
4T fall 3A shaky 3Lz-3T 3Lo 3A-2T 3F-1Eu-3S 3Lz
4Tの連続成功が終わりました。またの挑戦お待ちしております。4Tが降りられるようになってから、低さに拍車が掛かっていた3Lzが安定しましたし、確率の低かった3Lz-3Tもよくなりました。クワド神の御加護ですか?来年はイタリア2枠だーーー!わーーーい!

羽生
4Lo 4S shaky 3Lo 4T 4T+3A 3F-3T 3A-1Eu-3S
4Loハイッタアアアアアアアアアアア!4Sは珍しく回転不足での着氷です。でもコケなかった。2本目の4Tの前からスピードが落ちていたので、いくら羽生といえどスピード不足で転倒するんじゃないかと思ったんですけど、いやーーーーーーー降りるわ。3F-3T危ないいいいいーーーーいやーーー降りるわ。3Aコンボこそ危ないいいいーーーーいやーーー降りるねえ。どんな足してんだ。すげープーの雨だった。笑った。プーの大雨洪水暴風波浪高潮警報。

ネイサン
4Lz 4F 4T-3T 3A 4T-3T 3Lz-3T 3F-1Eu-3S
最初のジャンプ4本だけでサモヒンの総TESより高い。練習でも4回転1回も失敗しないマンってどういうことなんだろう。何がどうなってるんだろう。ノーミスチケット何枚発行できるんだろう。FRBで発行してるのかな。FRBを掌握してるのかな。

ブラウン
4S fall 3A shaky 3S 3Lo 1A 3F-3T 3Lz-3T-2Lo
本田武史氏情報によると練習では4Sを成功させているそうですね。前半のエッジ系ジャンプが決まらなかったです。ラスト2本のコンビネーションがんばりました。今大会最終滑走の選手が全員いい演技をしたのでブラウンにも続いてほしかった。うーん残念。

ネイサン圧勝、羽生貫禄、急成長ヴィンセント。表彰台に乗った3人は素晴らしかった。あなたたちは国別には出るのかい?

来年の出場枠
3枠 アメリカ・日本
2枠 中国・ロシア・イタリア・チェコ

ロシア勢はSPの出遅れが響きました。カナダ勢はメッシングとニューエンで枠が取れないなら誰が出ても取れません。来年は1枠を巡った激しい戦いが繰り広げられることになります。それもまた一興。

フジテレビのスケートチームはゴールデンタイムに放送時間確保する引き換えに、変な番組作られる刑罰を科せられているのだろうか。司法取引ってやつね。

僕のメダル予想の答え合わせ
男子 はずれ はずれ はずれ
女子 はずれ はずれ はずれ
ペア はずれ あたり あたり
アイスダンス あたり はずれ はずれ
これはひどい。
2019
01.26

ヨーロッパ選手権 4日目 男子リザルト

細切れに寝たせいで何曜日なのか混乱。どうやら土曜日の夜らしい。

男子LP
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)179.75
2 Alexander SAMARIN(ロシア)177.87
3 Matteo RIZZO(イタリア)165.67
4 Kevin AYMOZ(フランス)158.32
5 Daniel GRASSL(イタリア)155.01
6 Michal BREZINA(チェコ)150.59
7 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)146.75
8 Alexander MAJOROV(スウェーデン)145.50
9 Adam SIAO HIM FA(フランス)141.36
10 Deniss VASILJEVS(ラトビア)140.63
11 Mikhail KOLYADA(ロシア)140.38
12 Paul FENTZ(ドイツ)140.26
13 Alexei BYCHENKO(イスラエル)136.31
14 Daniel SAMOHIN(イスラエル)130.69
15 Vladimir LITVINTSEV(アゼルバイジャン)130.68
16 Maxim KOVTUN(ロシア)128.48
17 Graham NEWBERRY(イギリス)127.29
18 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)125.98
19 Luc MAIERHOFER(オーストリア)125.37
20 Aleksandr SELEVKO(エストニア)125.19
21 Matyas BELOHRADSKY(チェコ)123.82
22 Irakli MAYSURADZE(ジョージア)113.54
23 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)112.54
24 Ivan SHMURATKO(ウクライナ)111.03

男子リザルト
1 Javier FERNANDEZ(スペイン)271.59
2 Alexander SAMARIN(ロシア)269.84
3 Matteo RIZZO(イタリア)247.08
4 Kevin AYMOZ(フランス)246.34
5 Mikhail KOLYADA(ロシア)240.87
6 Daniel GRASSL(イタリア)236.70
7 Michal BREZINA(チェコ)234.25
8 Alexander MAJOROV(スウェーデン)225.38
9 Alexei BYCHENKO(イスラエル)220.50
10 Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)219.79
11 Deniss VASILJEVS(ラトビア)219.50
12 Adam SIAO HIM FA(フランス)218.06
13 Daniel SAMOHIN(イスラエル)217.17
14 Maxim KOVTUN(ロシア)216.18
15 Paul FENTZ(ドイツ)209.96
16 Vladimir LITVINTSEV(アゼルバイジャン)204.28
17 Aleksandr SELEVKO(エストニア)195.13
18 Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)192.01
19 Matyas BELOHRADSKY(チェコ)191.22
20 Luc MAIERHOFER(オーストリア)189.00
21 Graham NEWBERRY(イギリス)188.62
22 Ivan SHMURATKO(ウクライナ)178.29
23 Irakli MAYSURADZE(ジョージア)174.43
24 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)173.61

マティアス
3Lz 2A 2F 3Lo 2A-3T 3Lz 3S-3T so
4Tは回避しましたが、抜けとステップアウトが1つずつ。この構成で世界選手権のミニマムスコアをクリアするにはノーミスで滑るしかありません。チェコはミハルしか出られないのが濃厚に。

クヴィテラシヴィリ
4S 3A 3F-1Eu-2S 3Lo 4T hd 2T-3T ot 3F-3T shaky
4Sにコンボ付けられない、3Aにコンボ付けよ・・・やっぱ止めよう。リカバリーのことをずっと考えて演技しているのか、中盤のコレオシークエンスに気持ちが入っていないように見えました。女子終わってるのに、エテリはキスクラに座ってくれないの?

セレフコ
2A 3F 2Lz-3T 3Lz 3S fall 3Lo-2T 2A-1Eu-2F shaky
今大会Carusoを聞きすぎたせいで、寝落ちしている間に製氷に入って演技のリプレイに入ったと錯覚しました。SPがとてもよかったので、LPでもいい滑りをしてほしかったです。ステップシークエンスでも大きく減点をされない程度のバランスを崩す場面もありました。緊張していたのでしょうか。パーソンズ兄と同系統の顔。

フェンツ
3A 4T df 3Lz ot-3T 3Lo shaky 3A-2T 3Lz-1Eu-2F 2S
SPの転倒で頭を打ったようですが無事に出場となりました。3Aは2本降りられました。4Tは回転不足で両足着氷です。昨シーズンから滑っているので、演技時間短縮してもすんなり入ってきます。この紙のようなペラペラ鎧ともそろそろお別れですね。シーズン後半はプログラムとの別れでもあります。

アダム
4T hd 3A 4S so 4T-2T 3Lz shaky 3Lo 3F-1Eu-3S
今日はジュベール先生のお召し物がつまらないです。虎はどうした。ジャンプを失敗してもコンビネーション付けてやるぞ!という気合いを感じました。前向きでいいです。ジュベールはコンボ使い切らないタイプだったので、自分を省みて指導しているのですね!コレオシークエンスでの鬱憤発散してる感よかったなあ。

リトヴィンツェフちゃんと見られなかったですが、4Tで転倒して起き上がる際に髪かき上げたのが王子様のようでしたよ。馬に乗ってお散歩して野原に着いたら、ふきのとうに足を引っ掛けて転んでしまったのでしょう。

リッツォ
4T 3A-2T 3Lz-3T ot 3Lo 3A hd 3F-1Eu-3S 3Lz
シーズン中にメドレーからメドレーに変更。クイーン流行ってますしね。4Tは初成功でした。半回転足りないというミスが多かったので、文句なしの成功です。1つ壁を破りました。挑戦的な作品ではないですが、観客を乗せられますし、何より自分の気持ちを高められます。聞こえる・・・さいたまスーパーアリーナの一糸乱れぬ手拍子が。パンパンパンパンパンパンパンパンウワーーーーキャーーーーボナセーラマンマミーア

ヴァシリエフス
3T shaky 3A fall 3A fall 3Lo-2T 3Lz-1Eu-3S 3Lz 3F
基礎点の高いジャンプをできるだけ前にズラして成功させようとしているのですが、決まっていかないです。後半はがんばりました。SPよりも動きはよかったですしね。男子の19歳なんてまだまだこれからよ。

マヨロフ
4T 3A fall 3Lz-3T 3F shaky 3A hd 2A-3T 3S
4Tオッケーです。ジャンプの着氷が乱れたので、後半のネクタイチェンジではっちゃけコレオシークエンスまで体力残せているか心配になりました。ところがどっこいギュンギュンでしたね。変なプログラムもそろそろ見納め。変プロ枠は弟が引き継いでくださいね。

ミハル
4S so 3A-3T 4S hd-2T 3Lz 1A 1F-2T-2Lo 3A fall
ステップアウトやお手付きがあるものの、4Sが抜けなしで2本入り、苦手なコンビネーションのセカンドトリプルも入るなんて!今日のミハルは一味違うぜ!そう思っていたら、3Lzの前ぐらいから徐々にスピードが落ちてきて不穏な雲行きに、抜け抜けリカバリー転倒でゲームセット・・・おうふ。結局ユーロの定位置に収まってしまった。

グラスル
4Lz fall 4Lo 3A 3Lo 3Lz-3T 3F-1Eu-3S 3Lz-3T
4Lzは転倒。4Loは余裕の着氷でした。3Loの方が重かったし質が悪いです。理解不能である。中盤立ち止まって露骨に休憩しました。何かしらトランジションを入れたり動いたりするのが流行りなので、レアな光景でした。TESは速報から下がりましたけど十分高いです。ガッカリするような出来や順位ではなく、素晴らしいユーロデビューだと思います。ズボンの裾ピロピロしていたのが引っ掛からなくてよかったです。

ビチェンコ
4T hd 3Lz-2T 3A-2T 3Lo 3A fall 3Lz-1Eu-2S 3F
アレクセイ・ビチェンコさん30歳、4T成功ならず。調整遅れからよくここまで持ってきましたよ。世界選手権でいい演技お願いします。今年はエキシビション出てくださいね。去年の世界選手権4位様だったのにエキシに出演なかったですから。

コフトゥン
4T shaky 4S fall 2T 3A so 3A so 2Lo 2Lz-1Eu-2S
大遭難・・・悲劇・・・怪我をしていたとしか考えられないような内容です。

エイモズ
4T fall 3Lz-3T 3A 3Lo so 3A-2T 3Lz-1Eu-3S shaky 3F
4Tからの復帰が早く、少し画面から目を離すと転倒していないように感じます。3連続もかっこよく誤魔化しました。3Aをイナバウアーとイーグルから入るので、助走が長い分決まらないと格好が付きません。プログラム中でも大きなポイントになる部分を決め、加点もたくさんもらえました。ジャンプを全て終えてからも、さらに展開があって、厚みのある4分間を演じてくれました。ここがPCSで高評価を得られる所以です。見応えがあります。

サモヒン
4T fall 4S fall 3Lo 3Lz shaky-2T 3Lz shaky 1A 3A
4Tの転倒から全く踏ん張らずに起き上がり、4Sの転倒からニースライドするようにクルンと起き上がりました。あんまりPCS引かないでもらいたい。でも中盤から立て続けにミスして演技が停滞したからダメか。2本目の3Aでは意地を見せました。3Lzの連続ミスの前まではスピードがギュンギュン出ていたのに、大幅に削られて元気なくなりました。

サマリン
4Lz ot 4T 3A-2T-2Lo 3Lo shaky 3A 3Lz-3T shaky 3F
4Lzはオーバーターンですが回転は回りきりました。コンビネーションジャンプの難易度を落として、メダルを狙いにきたでしょうか。結果が世界選手権の代表へ直接繋がりますからね。今シーズンのロシア男子ではヴォロノフさんの次に安定しているから、当然と言えば当然なのですよね。

なんですくん
4T-3T so 4S 3A-2T 3A 3Lo 2F-1Eu-3S 3S
SPの体力の足りなさを思うと、この構成でもギリギリだったと思います。実際、昨シーズンほど足は動いていませんでした。それでも着氷の乱れ1つと抜け1つに留めて、コントロールされた演技を見せてくれました。堂々たる退場です。一同起立!手のシワ消えるぐらい拍手ッ!!!!!

コリヤダ
4S fall 4T 3A fall 3Lo fall 3T 1A 3Lz
3Loの転倒で左手を付いて手首を痛めてしまったでしょうか。そこからのジャンプが決まらなかったです。大事に至らないといいです。

コリヤダ、コフトゥン、ザギトワのカルメン3きょうだいの失敗はロシア人のトラウマになりそう。カルメンは禁忌として封印されるのであった。

2020年ヨーロッパ選手権出場枠
3枠 ロシア・イタリア
2枠 スペイン・フランス・チェコ・スウェーデン・イスラエル・ジョージア

なんですくんの7連覇で幕を閉じました。ヨーロッパの絶対王者は絶対王者のままリンクを去ります。サマリンは3度目の出場にして初メダル。そしてリッツォはサミュエル・コンテスティ以来10年ぶりのイタリア男子表彰台です。

ISUの大会でスペイン国歌を次に聞くのはいつになるでしょうか。
2019
01.24

ヨーロッパ選手権 2日目 男子SP

男子SP
1 Q Mikhail KOLYADA(ロシア)100.49
2 Q Alexander SAMARIN(ロシア)91.97
3 Q Javier FERNANDEZ(スペイン)91.84
4 Q Kevin AYMOZ(フランス)88.02
5 Q Maxim KOVTUN(ロシア)87.70
6 Q Daniel SAMOHIN(イスラエル)86.48
7 Q Alexei BYCHENKO(イスラエル)84.19
8 Q Michal BREZINA(チェコ)83.66
9 Q Daniel GRASSL(イタリア)81.69
10 Q Matteo RIZZO(イタリア)81.41
11 Q Alexander MAJOROV(スウェーデン)79.88
12 Q Deniss VASILJEVS(ラトビア)78.87
13 Q Adam SIAO HIM FA(フランス)76.70
14 Q Vladimir LITVINTSEV(アゼルバイジャン)73.60
15 Q Morisi KVITELASHVILI(ジョージア)73.04
16 Q Aleksandr SELEVKO(エストニア)69.94
17 Q Paul FENTZ(ドイツ)69.70
18 Q Matyas BELOHRADSKY(チェコ)67.40
19 Q Ivan SHMURATKO(ウクライナ)67.26
20 Q Sondre ODDVOLL BOE(ノルウェー)66.03
21 Q Luc MAIERHOFER(オーストリア)63.63
22 Q Graham NEWBERRY(イギリス)61.33
23 Q Davide LEWTON BRAIN(モナコ)61.07
24 Q Irakli MAYSURADZE(ジョージア)60.89
25 Igor REZNICHENKO(ポーランド)59.99
26 Slavik HAYRAPETYAN(アルメニア)59.87
27 Nikolaj MAJOROV(スウェーデン)59.68
28 Burak DEMIRBOGA(トルコ)56.95
29 Nicky OBREYKOV(ブルガリア)56.54
30 Yakau ZENKO(ベラルーシ)56.38
31 Lukas BRITSCHGI(スイス)55.86
32 Roman GALAY(フィンランド)55.40
33 Conor STAKELUM(アイルランド)55.03
34 Hector ALONSO SERRANO(スペイン)53.94
35 Michael NEUMAN(スロバキア)53.38
36 Thomas KENNES(オランダ)48.57
37 Alexander BOROVOJ(ハンガリー)46.56

マティアス
3Lz-3T 2A 3F
首が太くなり、肩幅が出て、顔立ちもゴツゴツしてまいりました。成長期成長期!途中から観たから分からなかったけど、ジャンプ全部降りたっぽい。わーい。

オドボルボエ
2A 3Lz-3T 3F
しっとりボエ。ジャンプ降りました。初出場から25位→20位→20位→23位→19位という風に、SP当落線上にいたわけですが、今日は楽々通過の内容です。あとは3Aさえ降りられれば。

シュムラトコ
3A fall 3Lz-3T 3F
演技開始時のウィンクに悲鳴。日本人でも競技でこれぐらいやってくれる人出てきてほしいです。友野ならやれそう。しっとりした演技だけど、もっさりはしませんでした。スピンが上手なのもプラスに働きました。スピンの入りもきれいでしたし。ウクライナとベラルーシは兄弟みたいなものなので、三兄弟のロシアの観客からも歓声大きかったです。ジュニアの試合出てるときよりも滑りきれいに見えました。普通逆なのに。

リトヴィンツェフ
4T shaky 3A 3F-3T
時々ロシアから出てくる、触れたら割れてしまいそうなな芸術家肌スケーター。教室の片隅で横文字のタイトルの文庫本読んでそう。バレエ要素がありつつも、エレキ音源を使ってユーロ魂を忘れていません。北米のまねっこばかりをスケーターは見習ってほしいものですね!

マヨロフ弟はジャンプミスしてSPを落ちを察知したのか、カメラに近づいてチューして爪痕を残しました。大した芸人魂だよ。あっぱれだ!

オランダのケネスさんのキスクラにヨリック・ヘンドリックスさん。コーチが同じ繋がりで、彼自身もコーチをしている模様。

フェンツ
3A shaky 3T-3T 3Lz
2000年代前半のセンスの衣装。Blue skiesという曲に合わせて青色の衣装に。もっと淡い色のすればよかたのにから・・・。ステップでズルンと転倒した際に、後頭部を打って、起き上ってから気にするような仕草をしました。脳震盪などになっていなければいいのですが。

コフトゥン
4S fall 4T-3T 3A
遠目にだとタトゥーが腕毛に見えるから、めっちゃ体毛濃い人みたい。転倒しましたけど抜けてしまうよりはいいですよ。しかし、後ろでコンボ付けられましたし、昔の彼ではありません。でももうちょっと楽しそうに滑って!!!完全復活は明後日シクヨロ。

ハイラペティアン
3A fall 3Lz fall 3S-3T
髭面のハイラペティアン。貫禄が出てかっこいいと思います。眉毛太いから髭がプラスされるとバランスがいい。女子でも聴いたCaruso再び。

イラクリ
4T fall 3A 3F fall
Uptown funkからfix youにプログラム変更しました。Uptown funkの方がいいような気がしますね。筋肉風衣装がめちゃめちゃ合ってないのもなあ。ジャンプは仕方ないとしても、そこからですね。特に3F転倒してからのステップシークエンスの表現に熱が感じられない。いくらギタージャカジャカ入るとはいえ、盛り上がりは大きくないので、グライド出して力強く滑らないといけません。キスクラに座ったゲルボルト先生の美しさが輝いている。

アダム
3A 4T-2T 3Lz
彼に関してはあまりジャンプを心配して観なくなりました。セカンドが2回転になるとか、シェイキーなランディングになることはあるけれど、踏み止まれる選手なので。後半シャシャシャと軽く滑りすぎている感じもあるので、ゆったり滑るところもあったらいいなあ。

ミハル
4S-2T 3F hd 3A hd
脅威の4Sの安定感です。ミハルは3T得意ではありませんし、無理して付けたり、3Fに付けようとしたりするよりも2Tで収める方が賢明です。せっかく+3~4と狙えるジャンプを持っているのにお手付き2回・・・もったいない。でもメダル狙える位置につけました。これでも悪い出来だというのが今シーズンのミハルの一味違うところ。

エイモズ
4T 3Lz-3T 3A so
3Tのように4Tをあっさり着氷。側転風振付には場内が沸きました。かなりアクロバティックなプログラムなのに、しっかりエッジに乗って滑っているというのがいいんですよね。だから競技プロとして成立しています。PCS高評価で暫定1位に。フォンタナ大騒ぎ。

グラスル
4Lo 3A so 3Lz-3T
軽々と4Loを決めました。3Aは回りすぎてステップアウト。3Lzが詰まりましたが、クワド跳べるジャンプ力があるので3Tに繋げます。演技に繊細さは欠けていますが、かわいらしい選手がこのジャンプを跳ぶことにインパクトがありますね。ヨーロッパきっての個性派のコーチと振付師に挟まれているのだから、もっとヤバい表現をするスケーターに成長してください。楽しみにしていますよ。

サモヒン
4T hd-3T 4S so 3A
さ、さ、サモヒンがこれだけのミスで終えた!!!抜けと転倒なし!3Aをきれいに降りたところ見届けて満足しちゃいました。多分よかったはず。過去2年が大ハプニングに見舞われましたから、彼もほっとしていました。

マヨロフ兄
4T 3A hd 3Lz-3T shaky
4T堪え3A堪え3Lz-3T堪えきった!!!力強く堪えきっても、曲はバイーンバイーンバイーンと抜けた感じで続いていくのです。それがマヨロフ。個性を失ったマヨロフなどマヨロフではないのです。兄弟でユーロに出られるのはこれが最初で最後ですが、最後のユーロでお父さんが帯同できてよかったですね。帯同できるということは元気になったということでしょうし。お父さん日本にも来られるかな?

リッツォ
3A 3Lz ot 3F-3T
優しい幅跳び3A・・・ああ・・・このまま僕は天に召されるんだ・・・包み込むような優しい演技・・・そして3Lzのオーバーターンで現実に引き戻されました。リッツォは3Lzの高さが出なくなって、コンビネーションの成功率が低くなっています。後半でのリカバリーはバッチリでした。グラスルと同じようなスコアが出ました。どちらが上位にいくでしょうか。

サマリン
4Lz-3T 3F df 3A
4Lz-3Tと3Aはプラスがたくさんもらえる質です。4Lz-3Tは彼史上最高の出来だったと思います。4Fに挑みましたが、途中で開いてしまいました。ステップシークエンスが今まで一番じゃないか?ってぐらいにかっこよかったです。ロシア選手権から約1カ月ですが、この短い期間に上達していますね。力強くガンガン進むのですが、荒々しいのではなく丁寧さもあって、コントロールされた演技になっています。ふんっやるじゃないサマリン。べ、別にあんたの厨二病プロ好きとかそんなんじゃないんだからねっ!

ビチェンコ
4T 3A ot 3Lz-3T
ビチェンコさんの4T華麗なる復活。GPSで跳ぶことさえしなかったのに。3T跳ぶように降りました。あまりに簡単に跳んだからか、最初3Tとしてコールされていました。スピンステップは速報で安定のオール非レベル4でいつものビチェンコさんらしさを見せました。こうじゃなきゃ。ユーロでやってくれるのがビチェンコさんだよ。おかえりーーーーー。

クヴィテラシヴィリ
4S-3T 3A fall 2T
コンビネーションが決まりましたし、今シーズンは3A安定してるからノーミスくる!・・・ああ・・・あ・・・・・な展開でありました。90点を超えられる力を持っているだけにな。キスクラでガックリきていました。今日他の選手の演技があるわけでもないのに、エテリがいなくなっていました。

コリヤダ
4T-3T 3Lz 3A
ロシア選手権から1カ月、いつものコリヤダのスケーティングに戻りました。4T-3Tと3Aは完璧ではないもののプラスの質です。ということはこの構成でもさらに点数を伸ばせるということだ!3Lzは文句のつけようがありません。+4以上ですね。当然のハイスコア。

ヴァシリエフス
3F 3A shaky 3Lz-3T
ジャンプに一呼吸必要で、リズムから外れるような形です。それでクリーンに降りられればいいのですが、流れがなかったり、3Aが回転不足になってしまったり。分かりやすいプログラムではないので、ボヤッとした感じでいつの間にか終わってしまっています。

なんですくん
4T-2T 4S 3A so
成長期突入したばかりの男子のような細さ。シニアに上がって一番細いのではないでしょうか。頬こけちゃってますしね。試合に出ていないだけあって、あまり仕上がっているようには見えません。逆にいきなり出てきて4回転入れられるのもすごいのですけど。毛穴から噴き出す男臭を味わいたいのに、後半スタミナ切れで、いつものように足元が進んでいかなかったです。最後の最後も引っかかる様な感じでしたしね。4分間体力は持つのでしょうか。

時々バタバタとミスが続くとんでもない年がありますが、今年はいい演技が多かったです。コリヤダ、サマリン、エイモズ、ビチェンコ、リトヴィンツェフ。このあたりが印象に残りました。

コリヤダはオールレベル4でマイナス評価なしです。この構成でも103点狙えます。サマリンは4F<<かと思いきや3Fでした。すさまじく足りなさすぎたということか。ステップレベルはどうにかしよう!なんですくんは4SがアンダーローテーションでTESが伸びなかったですが、こちらもオールレベル4です。7連覇の行方は?コフトゥンは4Sがアンダーローテーションで転倒してこのスコアでした。8番のアゼルバイジャンジャッジの加点クレイジー。少々のミスなら加点しまくってます。

男子おもしろかった。
back-to-top