FC2ブログ
2016
03.18

世界ジュニア選手権 2日目 ペアリザルト

最初の種目 is over

ペアLP
1 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)117.11 PB
2 Anastasia MISHINA / Vladislav MIRZOEV(ロシア)113.10 PB
3 Ekaterina BORISOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)110.44
4 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI(ウクライナ)95.78
5 Chelsea LIU / Brian JOHNSON(アメリカ)93.61 PB
6 Bianca MANACORDA / Niccolo MACII(イタリア)91.96 PB
7 Justine BRASSEUR / Mathieu OSTIGUY(カナダ)90.59
8 Lindsay WEINSTEIN / Jacob SIMON(アメリカ)88.83 PB
9 Joy WEINBERG / Maximiliano FERNANDEZ(アメリカ)88.17 PB
10 Bryn HOFFMAN / Bryce CHUDAK(カナダ)85.92
11 Anastasia GUBANOVA / Alexei SINTSOV(ロシア)78.83
12 Yumeng GAO / Bowen LI(中国)70.32
13 Chloe CURTIN / Steven ADCOCK(イギリス)67.94
14 Ekaterina KHOKHLOVA / Abish BAYTKANOV(カザフスタン)62.95 PB

ペアリザルト
1 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)181.82 PB
2 Anastasia MISHINA / Vladislav MIRZOEV(ロシア)172.60 PB
3 Ekaterina BORISOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)169.00
4 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI(ウクライナ)155.08 PB
5 Chelsea LIU / Brian JOHNSON(アメリカ)147.73 PB
6 Bianca MANACORDA / Niccolo MACII(イタリア)141.76 PB
7 Justine BRASSEUR / Mathieu OSTIGUY(カナダ)138.67
8 Bryn HOFFMAN / Bryce CHUDAK(カナダ)138.12
9 Lindsay WEINSTEIN / Jacob SIMON(アメリカ)137.58 PB
10 Joy WEINBERG / Maximiliano FERNANDEZ(アメリカ)135.71
11 Anastasia GUBANOVA / Alexei SINTSOV(ロシア)123.90
12 Chloe CURTIN / Steven ADCOCK(イギリス)112.68 PB
13 Yumeng GAO / Bowen LI(中国)112.56
14 Ekaterina KHOKHLOVA / Abish BAYTKANOV(カザフスタン)95.31 PB
WD Hope MCLEAN / Trennt MICHAUD(カナダ)

今大会最も目立っている観客アメリカおじさん。

名前長い組
ツイストは抱えました。スローサルコウが両足、2Loがシングルに。2Lzを見るに男性のジャンプも結構危ないので、高難度を入れられないのは女性だけの問題ではないのかも。

カーティン&アドコック
コンビネーションで転倒、スローでも両足と転倒、デススパイラルは女性が足をついてしまうなど、かなりミスは多かったんですけど、それでも何かいいんですよこの組。なんか上手い。なんか上手いから解散しないでね。ヴァイオリンアレンジのレミゼで、音源が変わりまくるやかましさがなくて、スッキリしていてよかった。

グバシン
スローで両方転倒したので、より一層冷え切ったキスクラに。動きが悪くて、やり合っている感がなかったです。

気になって組み立ての頃の映像見たんですけど、当時から言葉を交わしていませんでした。成長したから余計怖く見えるんですね。

ブラスール姪組
3連で少々の乱れはありましたが、無事に全てのエレメンツを入れました。スローは低く、リフトの移動距離も非常に短いので、ふたまわりぐらい小さなリンクで滑っている印象を受けました。

ワインスタイン&サイモン
スローの転倒は1本ありましたけど、かわいらしく演じてくれました。ソロジャンプではたくさんタノりました。ワインスタインさん16歳か。この組はあと2年ジュニアでいられるので、解散せずに続けてください。

ブリブラ
スローは2本とも転倒。SPでまとめられても、LPでは・・・というペアは多いです。リフトもスローもソロジャンプも倍になるわけですから。ちょっとずつ曲のいいところを持ってきた結果、何だか中途半端に見えてしまいました。

リュウ&ジョンソン
美女と野獣なのに紫。黄色じゃなくて紫。でもよく分かっている。アジア系が黄色着てしまうと、なんだかおかしな感じになるから。女性の2Aがなかなか決まらないですが、リフトはフリーレッグが落ちていたり、移動距離が少ないペアが多い中で、目立っていました。くるくる回すのが好きなんですね。コレオシークエンスもくるくる。この組も来シーズンはジュニアに残れます。よし。

マナコルダ&マチー
両方のソロジャンプで男性が失敗。脚が長くて不便そうです。2Fの着氷で氷に突き刺さりました。そう、コンパスのように。スローは両方入りましたし、これなかなかいい出来だったと思います。今回はいい大会になりました。順位が出てマチーさんがすごく喜んでいるよ。

ミーシナ&ミルゾエフ
とてもユニーク。いや変なプログラムです。3連の乱れがあったぐらいでした。ダブルジャンプでまとめるペアが多い中、3Sを入れられるのはデカいです。変なプログラムだけどミスはしないし、ミルゾエフがとにかく楽しそうなのがよかったです。変でも完璧にやれば成立するもんだ。

1mayuge.jpg

乳首弟組
エレメンツは全て慎重で、トランジションになった途端に元気になる演技でした。ジャンプの着氷がいいわけではないんですけど、しっかりとこらえていました。ソロスピンの入りで女性がめちゃ張り切っていました。でも回転がすごくズレました。男性はリフト中には舌を出しながら回る余裕を見せていました。そして演技終了とともに座り込みました。

2sit.jpg

忍耐勝組
ソロジャンプでトリプルが入れられない分基礎点では劣りますが、ぶっ飛びスローとリフトの質は抜けています。スケーティングスキルは1位ですが、他の項目が少し抑えられました。動きが慎重になってしまったのかもしれません。決して悪くはなかったのですが。

3morisoba.jpg

オガバル
女性のソロジャンプが両足とオーバーターンに。ツイストで詰まるし、スローは2つとも両足になって、GOEのプラスがことごとくもらえない感じに。ファイナルであったスピンの立ち尽くしはないですが、回転はズレていました。

4petrova.jpg

5petrova.jpg

6medalists.jpg

来年の枠
3枠 チェコ・ロシア
2枠 ウクライナ・アメリカ・イタリア・カナダ

十分な睡眠を取った後に見ればもっと楽しめたはずなのに。くそう。これだから時差は嫌なんだ。ということで、チェコから初めての世界ジュニアチャンピオンが誕生する歴史的瞬間でした。16歳と17歳でまだまだ若いですから、これから体も大きくなって、さらにエレメンツの質は上がるでしょう。怖いのが女性の成長期ですね。男性の身長は高い方ではないので、ここから伸びると厳しい。オガバルはメダルを逃しましたが、今シーズンは躍進のシーズンでした。リュウ&ジョンソンも上達しましたし、マナコルダさんたちもなかなかよかった。欠場となったアタスピもいいペアですし、来シーズンもジュニアのペアは楽しくなりそう。解散すんなよー。
Comment:3
2015
09.13

JGPオーストリア杯 3日目 ペアリザルト・アイスダンスリザルト・男子リザルト

八木沼さんのファミリーヒストリー見たけど家柄が良過ぎて震え上がる。歴史の授業のようだ。

ペアLP
1 Amina ATAKHANOVA / Ilia SPIRIDONOV(ロシア)106.39 PB
2 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)102.95 PB
3 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI(ウクライナ)99.75 PB
4 Anastasia POLUIANOVA / Stepan KOROTKOV(ロシア)89.05
5 Lindsay WEINSTEIN / Jacob SIMON(アメリカ)88.55
6 Justine BRASSEUR / Mathieu OSTIGUY(カナダ)86.54 PB
7 Ying ZHAO / Zhong XIE(中国)84.61 PB
8 Elena IVANOVA / Tagir KHAKIMOV(ロシア)84.58
9 Chelsea LIU / Brian JOHNSON(アメリカ)81.36 PB
10 Irma CALDARA / Edoardo CAPUTO(イタリア)66.40 PB
11 Ye Ri KIM / Alex Kang Chan KAM(韓国)65.66
12 Yue HAN / Ziyu KANG(中国)65.57 PB

ペアリザルト
1 Amina ATAKHANOVA / Ilia SPIRIDONOV(ロシア)162.50 PB
2 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)158.71 PB
3 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI(ウクライナ)152.92 PB
4 Anastasia POLUIANOVA / Stepan KOROTKOV(ロシア)135.46
5 Justine BRASSEUR / Mathieu OSTIGUY(カナダ)135.11 PB
6 Elena IVANOVA / Tagir KHAKIMOV(ロシア)131.28
7 Ying ZHAO / Zhong XIE(中国)129.71 PB
8 Chelsea LIU / Brian JOHNSON(アメリカ)128.73
9 Lindsay WEINSTEIN / Jacob SIMON(アメリカ)128.55 PB
10 Irma CALDARA / Edoardo CAPUTO(イタリア)103.80 PB
11 Yue HAN / Ziyu KANG(中国)102.35 PB
12 Ye Ri KIM / Alex Kang Chan KAM(韓国)98.55

中国は今シーズン他国選手の振付だの衣装だのパクりすぎじゃないか・・・国際大会では止めようや。

ポルコノ
ボヘミアンラプソディーはよく聞くヴァイオリンのやつよりも、この溜めがしつこいピアノ音源の方がいい気がする。でもヴァイオリンのはとにかく滑りやすそうで、選びたくなる気持ちは分かる。スロー1つ転倒、2つ目はふんわりと投げて成功でした。プレッシャーリフト上げるのとても上手でポジションが2人とも安定しました。

エレーナ滾る組
ダルタニアン←分かる
ジュスイマラード←無理やり分かる
ダルタニアン←こんなお話がありました・・・ってしたいのね、無理やり分かる。
ダルタニアンポップな音源←wwwwwwww???wwwww
改めてパンチありすぎる。滾るさんがソロジャンプでも失敗したし、スローもよくなかった。

リュウジョンソン
スローがダブルなのは痛い。ペア感はとてもある演技でした。ワンハンドでキャリーしてそのまま回転をかけるという、腕がプルプルしそうなリフトをしていました。フィギュアスケートでは珍しい美女と野獣でした。普通なら黄色のドレスを選ぶところでしょうが、女性がアジア系なのでおそらく似合わないでしょう。紫で正解。

オガバル
3Sで堪えスローで堪え、女性が堪えた演技でした。大きくマイナスは食らわないでしょう。スローはとても高さがあったので成功さえすれば+2もらえそうです。ジュニアで軽々とリバースラッソーを上げてしまうのは力のある証拠ですね。普通に上手。蛍光色幼女ヴァンパイアになるのか。

ブラスール姪組
これは素人編曲であって欲しいぐらいの散らかった編曲だ。アランフェスからドンファン・・・うん・・・。何を表現の主題にしているんだろう。スローがとにかく苦手なようなので高さを出せるようにがんばれ。あの高さで3回転はまぐれでも回れる気がしないです。

乳首弟組
うわあああああああああああああああああああああああああ3Tお手つきとスロールッツで足ついたぐらいでミス留めたああああああああああああああああああああああ課題のスローがんばったあああああああああああぴょぴょぴょ!!!変な曲だけど何でもいいよおおおおおおおおおおおおおおうっしっしっしっし。

アタスピ
略しやすい名字ありがとう。2人が手を繋いで男性が女性を引っ張らなくても2人の動きが合ってしまうというね。ペアスケーティングの完成度がこのシリーズの中では抜けているかなと。フライングシットの入り方がすごかったけど、あれは一体何なんだろう。3Sとスローサルコウでちょっとずつ失敗したけど、ロシアの1番手の座はここで確定っぽい。とにかくうめえ。女の子13歳、男の子17歳だから4シーズンジュニアで行ける!楽しみすぎる。

ペアでこんなに面白かったのはジュニアでは久しぶり。ファイナルが確定したのはオガバルだけですが、次戦で5組が2位4位の組み合わせを超えることが非常に考えにくいです。乳首弟組もよほどのことがなければファイナルです。

アイスダンスFD
1 Alla LOBODA / Pavel DROZD(ロシア)91.91 PB
2 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)84.85 PB
3 Julia BIECHLER / Damian DODGE(アメリカ)82.73 PB
4 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT(アメリカ)81.55 PB
5 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)81.05
6 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER(カナダ)75.11 PB
7 Nicole KUZMICH / Alexandr SINICYN(チェコ)74.96
8 Ashlynne STAIRS / Lee ROYER(カナダ)69.03 PB
9 Guoste DAMULEVICIUTE / Deividas KIZALA(リトアニア)65.76 PB
10 Rikako FUKASE / Aru TATENO(日本)62.57 PB
11 Darya POPOVA / Volodymyr NAKISKO(ウクライナ)61.87 PB
12 Olga GIGLAVA / Aleksandr SIROSHTAN(ウクライナ)61.60 PB
13 Emilia KALEHANAVA / Uladzislau PALKHOUSKI(ベラルーシ)61.01
14 Julia WAGRET / Mathieu COUYRAS(フランス)59.71 PB
15 Hannah Grace COOK / Temirlan YERZHANOV(カザフスタン)58.73 PB
16 Valentina SCHÄR / Carlo RÖTHLISBERGER(スイス)57.82 PB
17 Polina GORLOV / Eduard VISHNJAKOV(ドイツ)54.04 PB
18 Francesca RIGHI / Pietro PAPETTI(イタリア)53.33 PB
19 Hanna JAKUCS / Daniel ILLES(ハンガリー)50.94 PB
20 Mina SVAJGER / Michael CHRASTECKY(スロベニア)44.91 PB

アイスダンスリザルト
1 Alla LOBODA / Pavel DROZD(ロシア)153.64 PB
2 Marie-Jade LAURIAULT / Romain LE GAC(フランス)144.35 PB
3 Julia BIECHLER / Damian DODGE(アメリカ)142.32 PB
4 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT(アメリカ)140.11 PB
5 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)137.60 PB
6 Haley SALES / Nikolas WAMSTEEKER(カナダ)122.87 PB
7 Nicole KUZMICH / Alexandr SINICYN(チェコ)116.30
8 Ashlynne STAIRS / Lee ROYER(カナダ)116.03 PB
9 Guoste DAMULEVICIUTE / Deividas KIZALA(リトアニア)109.49 PB
10 Emilia KALEHANAVA / Uladzislau PALKHOUSKI(ベラルーシ)104.04 PB
11 Rikako FUKASE / Aru TATENO(日本)103.60 PB
12 Olga GIGLAVA / Aleksandr SIROSHTAN(ウクライナ)102.15 PB
13 Darya POPOVA / Volodymyr NAKISKO(ウクライナ)102.08 PB
14 Julia WAGRET / Mathieu COUYRAS(フランス)99.76 PB
15 Hannah Grace COOK / Temirlan YERZHANOV(カザフスタン)96.52 PB
16 Valentina SCHÄR / Carlo RÖTHLISBERGER(スイス)95.91 PB
17 Francesca RIGHI / Pietro PAPETTI(イタリア)93.30 PB
18 Polina GORLOV / Eduard VISHNJAKOV(ドイツ)90.53 PB
19 Hanna JAKUCS / Daniel ILLES(ハンガリー)88.84 PB
20 Mina SVAJGER / Michael CHRASTECKY(スロベニア)76.07 PB
WD Xibei LI / Guangyao XIANG(中国)

リカアル
かわいいプログラムをかわいく演じてくれました。歳相応でいいですね。レベルのあるローテーショナルリフトはよく見る形だけど、回転速度が速くて加点がたくさんもらえそうな感じ。2人はやったーって言ってるし、アグノエルも喜んでいるから満足な出来だったのでしょう。

カナダさん1組目映画とバレエのスパルタクスを混ぜていた。カレーのルウじゃないんだから、混ぜればいいってもんじゃないのよ。

ポグブノ
ブノワさんがツイズル失敗しなくて戸惑った。スピンでもリフトでもビールマンをやっていました。ホフロワのクドさには負けるけど。長身のリフトはかっこいいなー。真ん中に挟んだのが普通の曲すぎて、あまりロミジュリには見えなかったけど、現代劇だからそれでいいのか。

ロボドロ
スピンをムーブメントから入るなかなかの難易度。ジャンプっぽい動きからシットポジションに入るからそのままコケそう。SDもFDもどうして後半で台無しにしてしまうんだろう。んー・・・・・解せない。ヴァイオリンの動きに合わせたクイックイックイッとした足の動きなんて、滑りながらだから音楽に合うはずもないし、振付した意図が理解できない。

マリロマ
名字では略しようがない。若いカップルはみなさんツイズルが上手なので、彼らのあまり上手じゃないツイズルを見ると落ち着きます。男性が非常に膝を柔らかく使えていました。あまりインパクトはないけれど、評価される理由はあります。コンビネーションリフトは股の下から通してグイーンと回るポジションに迫力がありました。

ジュリアさんとデイミアンさん
あああああ・・・うめえ。緩急のつけ方が絶妙。男性がフリーレッグを振り上げて下げるとき、引くときの処理の仕方に無駄がなく美しい。んでたくさん動ける。ジュニアのカップルは序盤・中盤・終盤ぐらいの曲の演じ分けでしょうけど、彼らはひとつのステップの中でそれができてしまうから、すごく演技が大きく見えます。実にいい。TESがとれなくて残念です。

エフバジ
バジンさんは張り切るのはよしとしよう、体力切れるのもしょうがないとしよう、でも演技開始3秒で前傾姿勢になるのはどうかと思うのです。プログラムのスタイルどうこうではなく、常に前傾になっているのがもう暴れているように見えてしまうから。今日はバジン比で体力の消費を相当隠せていたと思います。

今大会でロボドロがダンス勢では1番乗りでファイナル確定。ファイナルの顔ぶれ見えてきました。4強のうちのポポブラ、パーソンズ、マクカーも決まりとして残り2席。
アンルイスは5戦目でパーソンズ、ポポブラのハードゲーム。アンルイスは3位以下ならファイナル不可で、アメリカの3組目ファイナルの可能性が発生する。
6戦目は2位ベントさん組とマリロマ、4位カレポノとポグブノ。2位の組は次も2位以上でファイナル確定になるからアメリカが3組目ファイナル派遣を狙うには、1位2位がアメリカじゃないといけない。優勝した方がファイナル。それ以外のパターンはありえない。アメリカはこれ以上派遣は触れない。
7戦目は大きな壁マクカーが優勝確定だとして、あと出るのが・・・・・うーん。顔ぶれに欠ける。シュピレワヤさんたちが引くほど上達していたらファイナルの可能性もある。2位を狙うのであればマリロマかベントさん組は7戦目に移動した方が可能性はある。

当選確定ラインは2位2位の26ポイント。1位4位の24でもわずかながらチャンスはあり。2位3位の24ポイントではファイナルは無理。こんな感じです。ちなみに5戦目に仮にアンルイスが2位以内に入った場合、24ポイントでファイナルに行ける可能性は消えます。26ポイント必須になります。

男子も女子もダンスも事前の評判通りには行っていませんから、どの顔ぶれになるか分かりません。だからこそ見る意味があるのです。

男子LP
1 Dmitri ALIEV(ロシア)150.33 PB
2 Vincent ZHOU(アメリカ)145.37 PB
3 Ivan PAVLOV(ウクライナ)128.30 PB
4 Matteo RIZZO(イタリア)119.08 PB
5 Tangxu LI(中国)116.76 PB
6 Niko ULANOVSKY(ドイツ)113.77 PB
7 Oleksiy MELNYK(アメリカ)113.00 PB
8 Roman GALAY(フィンランド)111.72 PB
9 Yunda LU(中国)106.94 PB
10 Shu NAKAMURA(日本)103.70
11 Luc MAIERHOFER(オーストリア)101.90 PB
12 Geon Hyeong AN(韓国)100.15 PB
13 Edrian Paul CELESTINO(カナダ)97.89 PB
14 Aleix GABARA(スペイン)95.89 PB
15 Yakau ZENKO(ベラルーシ)94.07 PB
16 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)91.29 PB
17 Taichi HONDA(日本)90.08
18 Nicola TODESCHINI(スイス)87.17
19 Kai Xiang CHEW(マレーシア)78.17 PB
20 Michel TSIBA(オランダ)71.86 PB
21 Artur PANIKHIN(カザフスタン)70.71 PB
22 Simon FUKAS(スロバキア)65.04 PB
23 Johannes MAIERHOFER(オーストリア)64.11 PB
24 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)59.07 PB

男子リザルト
1 Dmitri ALIEV(ロシア)225.94 PB
2 Vincent ZHOU(アメリカ)211.96 PB
3 Ivan PAVLOV(ウクライナ)195.73 PB
4 Tangxu LI(中国)175.17 PB
5 Matteo RIZZO(イタリア)172.45 PB
6 Roman GALAY(フィンランド)171.31 PB
7 Oleksiy MELNYK(アメリカ)170.39 PB
8 Niko ULANOVSKY(ドイツ)165.85
9 Yunda LU (中国)160.90 PB
10 Shu NAKAMURA(日本)159.54
11 Luc MAIERHOFER(オーストリア)151.78 PB
12 Geon Hyeong AN(韓国)150.04 PB
13 Edrian Paul CELESTINO(カナダ)144.44 PB
14 Aleix GABARA(スペイン)143.33 PB
15 Nicola TODESCHINI(スイス)140.36
16 Yakau ZENKO(ベラルーシ)139.72 PB
17 Taichi HONDA(日本)139.42
18 Jiri BELOHRADSKY(チェコ)139.31
19 Kai Xiang CHEW(マレーシア)119.96 PB
20 Artur PANIKHIN(カザフスタン)114.94 PB
21 Michel TSIBA(オランダ)105.46
22 Simon FUKAS(スロバキア)98.22 PB
23 Johannes MAIERHOFER(オーストリア)95.77 PB
24 Davide LEWTON BRAIN(モナコ)88.69 PB

やっぱ見た。

太一
3F 3Lz 3S 3F-2T 3Lo fall 2A-1Lo-2S 3T-1T 2A
ジャンプは頑張りましたが助走の影響でほとんど表現をできていない・・・。

ニコちゃん
4T ot-3T 2A 3Lz-3T shaky 3S 3Lo 3F so 2Lz 2A so
3Aじゃなくて4T派の方。ちょっとずつミスは出たけれど上手くまとめられました。日曜日のお父さんのような服装のノートルダムドパリ。演技のよかったところは・・・うーんとなあ・・・顔とか?

中村
3A so 2A 3Lz 3F-2T 2A-1Lo ot-3S 3Lz hd 3Lo 3T shaky
うーん・・・・・ステップは結構好きなんですけどね。もうちょっとなんか、個性をうーん、うーん、うーーーーーん。

リッツォがイタリアの作曲家の一番有名な曲をそれぞれ繋げただけの酷いメドレーを滑っていた。イタリア人とは思えないぜ。

ガライ
3A fall 3Lz-3T 3F-2T-2Lo 3F カベアブネエ 3Lo 2A 3S+2A df 2Lo so
兵隊というより警察官もしくは警備員の制服。もっとシャツのトーン落とさねば。前半は溌剌としてジャンプの質がよかったですが、後半は相当なお疲れで2Aあたりから危なかったです。前半の調子で行ければよさげな選手に育ちそう。合計で40点もパーソナルベスト更新したんですねえ。

タンシュー
3Lz-3T so 3F-2T tano 3Lo 3Lz 3F 2A-1Lo-2S 3S 2A
淡々とジャンプを成功させる海賊さん。がんばれ表現。プログラムが誰かのじゃないからOK。

メレニク
2A 3Lz 3F so 3S-3T 3F-2T so 3Lo hd 1S 2A-2Lo
スーツ衣装なのに袖まくりをする謎。衣替え前の高校生かよ。北米らしく小技のきいたトランジションをしておりました。後半はジャンプのミスがポポポンと出てしまい残念。

ヴィンセント
4S 2A 3F td 3Lz-1Lo-3S 2A 3Lo 3F-2T tano 3Lz tano-3T
4Sはどうやら認定された感じ。と思ったのにアンダーローテーションか。PCSは上がったけれど1番低いのはスケーティングスキルでした。引き続き強化よろしくお願いします。ジュニアスケーターにゴッドファーザーを滑らせるのは、タンゴを滑らせるよりもよく分からないことなんですけど、若いなりの溌剌とした演技は気持ちがよかったです。

アリエフ
4T-2T 3A-1Lo-3S 3A 3Lz-3T 3F 2Lz 3Lo 2A
前半のジャンプつおい。後半失敗してしまうのは前回もそうですけどジャンプで力を使ってしまうからでしょうね。スタミナ強化は課題のひとつ。ではありますけどこれだけの演技続けられるのは強い。ライサ以来のガッツシットスピンを見せてくれました。

パブロフ
2A 3Lz-3T 3F-2T 3Lo 3F 3Lz-2T-2Lo 2A shaky 3S
着氷が流れない、距離が出ない、助走が死ぬ謎のジャンプを跳ぶパブロフさん。だから全てのジャンプが失敗しそうに見えてしまう。今日は頑張りました。後半お疲れモードでしたが、本人もステップが終わればメダルメダルメダル!と思いながら滑っていたのでしょう。相当な気合が入っておりました。

ラトビア、アルゼンチン、イスラエル、ウクライナ・・・と男子はいろんな国が表彰台に乗るから楽しい。アリエフ男子のファイナル1番乗りおめでとう。ファイナル1番乗りは4つともロシアが決めました。来週はジュニアグランプリシリーズお休みなので、溜まりまくった記事消化とテストスケート動画消化に充てます。
Comment:4
2015
08.29

JGPリガ杯 2日目 アイスダンスSD・ペアリザルト・女子リザルト

アイスダンスSD
1 Betina POPOVA / Yuri VLASENKO(ロシア)59.82
2 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO(アメリカ)57.23 PB
3 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON(フランス)56.18 PB
4 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN(ロシア)54.29 PB
5 Melinda MENG / Andrew MENG(カナダ)51.50 PB
6 Hannah WHITLEY / Elliott GRAHAM(カナダ)45.99 PB
7 Emily DAY / Kevin LEAHY(アメリカ)45.33 PB
8 Anzhelika YURCHENKO / Volodymyr BYELIKOV(ウクライナ)43.41 PB
9 Xibei LI / Guangyao XIANG(中国)41.01 PB
10 Maria OLEYNIK / Yuri HULITSKI(ベラルーシ)40.64 PB
11 Marina ELIAS / Denis KORELINE(エストニア)37.49
12 Jogaile ZILIONYTE / Luca MORINI(リトアニア)34.90 PB
13 Villo MARTON / Danyil SEMKO(ハンガリー)34.43 PB
14 Ksenia DUBIVKA / Vadym KRAVTSOV(ウクライナ)31.75 PB
15 Nataliya ALEKSANDROVA / Ricards EVELINS(ラトビア)29.94 PB

メンズ
カナダの麺族。コーチ名のクレジットにはないのにシュピルバンドがキスクラにいました。死の舞踏とボルトというコンセプトの見えない謎構成。謎構成だけど一番高い項目がコンポジション・コレオグラフィー。

中国の女の子の背が高い組
去年はピアフのラヴィアンローズでFD、今年は違うボーカルのラヴィアンローズでSD。いかんでしょ。雪ちゃんどうしてキスクラにいるの?これダンスよ?

ハンナさんとエリオットさん
女の子が152cmと非常に小柄なのでパターンダンスでフリーレッグをスウィングするのを男性以上に派手に行っていました。でもそれぐらいの方が印象に残るかも。後半スタミナが切れていました。サウンドオブミュージックをオーストリアの民族衣装で滑りました。かわいくていいよー。

エフバジ
バジンの調子がよくないのかいつも以上にスタミナが持っていませんでした。ミッドラインは大きく2人の間が空いていましたし後半になればなるほどスタミナが顕著に切れて、ポルカに変わって2人でホールド組むときもヨロヨロでした。大丈夫?

アンルイス
アンジェリークとルイ。苗字で略せないから発音しないSを加えてアンルイス。ああ無情。フランスのカップルなのにドンキホーテを選びました。選曲がアメリカナイズされてますなあ。でもワルツでバレエの曲選ぶ方が少ないからいいか。シャンソン使われたらみんなと同じになっちゃう。

ポポブラ
あああああああああああああああああポポワさああああああああああああんんんんんんん期待を裏切らないドヤドヤしさと存在感。振りがいちいち大きい。ミッドラインは他のカップルより位置が近かった。ロシア人大好きな巨匠とマルガリータに効果音いっぱい足してました。衣装もボス感半端ない。最近画像整理してたら数年前の前髪ありのブラセンコが出てきて、超芋臭かったから彼も垢抜けたのだと感動しました。

カレポノ
縦にも横にもデカくなってる息子。what is calld 成長期ですね。息子のフリーレッグの美しさは目を見張ります。きれいに上がってボトンと落ちてこない。滑らかで余裕のあるスケーティング。ミッドラインやってると男女の技術の差が大きく見えました。ポテンシャル厨・才能厨じゃないけどここまで力が抜けてると期待せざるを得ない。

ペアLP
1 Anastasia POLUIANOVA / Stepan KOROTKOV(ロシア)93.15 PB
2 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI(ウクライナ)92.94 PB
3 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)86.92 PB
4 Ekaterina BORISOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)85.65 PB
5 Justine BRASSEUR / Mathieu OSTIGUY(カナダ)78.21 PB
6 Alina USTIMKINA / Nikita VOLODIN(ロシア)75.33 PB
7 Lindsay WEINSTEIN / Jacob SIMON(アメリカ)73.76 PB
8 Ying ZHAO / Zhong XIE(中国)64.87 PB
9 Yue HAN / Ziyu KANG(中国)54.65 PB

ペアリザルト
1 Renata OGANESIAN / Mark BARDEI(ウクライナ)144.29 PB
2 Anastasia POLUIANOVA / Stepan KOROTKOV(ロシア)138.75 PB
3 Ekaterina BORISOVA / Dmitry SOPOT(ロシア)135.42 PB
4 Anna DUSKOVA / Martin BIDAR(チェコ)134.83 PB
5 Alina USTIMKINA / Nikita VOLODIN(ロシア)122.11 PB
6 Justine BRASSEUR / Mathieu OSTIGUY(カナダ)120.27 PB
7 Lindsay WEINSTEIN / Jacob SIMON(アメリカ)114.54
8 Ying ZHAO / Zhong XIE(中国)107.40 PB
9 Yue HAN / Ziyu KANG(中国)93.04 PB

ウスティムキナ&ボロディン
みんな大好き(曲が)ウォリスとエドワーズ。どこら辺が皇太子をたぶらかしているのか、どこら辺が国を捨てるわがままな皇太子なのか、そもそもお互いを必要としていなさそうな恋愛物とは気づかないプログラム。3T-2T-2Tがきれいに入ったので、これは表彰台争い絡むぞ!と思いましたのにスローの投げ方が・・・ああ・・・。改善点は山ほどありそう。スパイラルできなかったから曲余りまくりました。

ポウリアノワ&コロトコフ
ヴィガザクのオペラ座の怪人の衣装を着ています。昨シーズンの禁止曲から今シーズンの禁止曲クイーンのボヘミアンラプソディー。禁止曲と禁止曲が交わった歴史的な瞬間と言えます。がんばった。ジャンプも降りられましたし。ガッツポーズ出ましたし。ここまで来て初めて普通のスローを投げる選手が。男の子の生え際はフレディリスペクトなのか?

忍耐勝組
ツイストは高い。2Aで男性がお手つき。3Tは跳べないようで2Tでした。リバースラッソーはやってきたんですけど、2つ目のリフトで落下と転倒。SPで上手く行っていてもLPだと若いペアは粗が出てしまいます。

オガバル
ジャンプはなんとか。スローは両方両足着氷でした。リバースラッソーの質はあまりよくなくてプルプルしていたので落とさないか気が気ではなかったです。降ろし方もあんまり上手じゃなかった。他の組に比べるとストーリーは演じられていたかなと思います。中だるみみたいな感じもしなかったですし。でもインタビューウィズバンパイアで蛍光色ドレスはないと思うのですが。

乳首弟組
最初3Tをきれいに降りてこれは逆転優勝行くか!となりました。スローサルコウも降りましたし。でも3Sで男性が転倒、スローフリップでも転倒がありました。レオノワのはしゃぐLPの曲とウッ!のツギハギ音楽のプログラムでしたけど、なんとか滑りのよさでカバーしようとしていました。この編曲正気なのか・・・?うーん惜しかった。

女子LP
1 Maria SOTSKOVA(ロシア)121.72 PB
2 Kaori SAKAMOTO(日本)112.20 PB
3 Da Bin CHOI(韓国)111.08 PB
4 Amber GLENN(アメリカ)106.75
5 Alisa FEDICHKINA(ロシア)104.10 PB
6 Xiangning LI(中国)100.03 PB
7 Yu Jin CHOI(韓国)96.13 PB
8 Sarah TAMURA(カナダ)93.62
9 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)90.48 PB
10 Yuna AOKI(日本)89.56 PB
11 Viveca LINDFORS(フィンランド)88.78 PB
12 Diana NIKITINA(ラトビア)88.72
13 Anastasia GOZHVA(ウクライナ)86.13 PB
14 Rebecca PENG(アメリカ)79.21 PB
15 Loena HENDRICKX(ベルギー)75.27 PB
16 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)72.42 PB
17 Anastasia SCHNEIDER(スウェーデン)67.79 PB
18 Anastasia ZAITSAVA(ベラルーシ)64.77 PB
19 Aiza MAMBEKOVA(カザフスタン)63.68 PB
20 Cassandra PEROTIN(フランス)61.84
21 Leonora Colmor JEPSEN(デンマーク)58.71 PB
22 Amelia SADLER(オーストラリア)58.48 PB
23 Alexandra HAGAROVA(スロバキア)57.65
24 Zeynep Dilruba SANOGLU(トルコ)55.85 PB
25 Kamile LINAUSKAITE(リトアニア)52.42
26 Kristina SHKULETA-GROMOVA(エストニア)52.15
27 Anzelika KLUJEVA(ラトビア)51.23 PB
28 Viktoria SHITOVA(ラトビア)50.96 PB
29 Romana KAISER(リヒテンシュタイン)44.62 PB
30 Polina USTINOVA(キプロス)43.27 PB
31 Thuridur Bjorg BJORGVINSDOTTIR(アイスランド)42.65 PB
32 Daisy VREENEGOOR(オランダ)40.53 PB

女子リザルト
1 Maria SOTSKOVA(ロシア)184.45 PB
2 Kaori SAKAMOTO(日本)170.95 PB
3 Da Bin CHOI(韓国)168.29 PB
4 Alisa FEDICHKINA(ロシア)167.59 PB
5 Amber GLENN(アメリカ)159.96
6 Xiangning LI(中国)146.55 PB
7 Yuna AOKI(日本)146.23 PB
8 Yu Jin CHOI(韓国)141.33 PB
9 Anastasia GOZHVA (ウクライナ)139.22 PB
10 Elizaveta UKOLOVA(チェコ)134.44
11 Viveca LINDFORS(フィンランド)130.71 PB
12 Diana NIKITINA(ラトビア)130.50
13 Sarah TAMURA(カナダ)128.49 PB
14 Loena HENDRICKX(ベルギー)124.43 PB
15 Rebecca PENG(アメリカ)123.11 PB
16 Juni Marie BENJAMINSEN(ノルウェー)116.04
17 Anastasia SCHNEIDER(スウェーデン)106.03 PB
18 Cassandra PEROTIN(フランス)100.68 PB
19 Anastasia ZAITSAVA(ベラルーシ)96.73 PB
20 Aiza MAMBEKOVA(カザフスタン)95.90 PB
21 Alexandra HAGAROVA(スロバキア)94.94
22 Kristina SHKULETA-GROMOVA(エストニア)94.09 PB
23 Leonora Colmor JEPSEN(デンマーク)92.11 PB
24 Zeynep Dilruba SANOGLU(トルコ)89.28 PB
25 Amelia SADLER(オーストラリア)87.75 PB
26 Anzelika KLUJEVA(ラトビア)86.27 PB
27 Kamile LINAUSKAITE(リトアニア)82.34
28 Viktoria SHITOVA(ラトビア)79.47 PB
29 Thuridur Bjorg BJORGVINSDOTTIR(アイスランド)74.35 PB
30 Daisy VREENEGOOR(オランダ)71.04 PB
31 Romana KAISER(リヒテンシュタイン)70.20 PB
32 Polina USTINOVA(キプロス)69.39 PB

タムラ
3S to 3Lz-2T 2A 3Lo 3Lz 3S-2T-2Lo 2A-3T hd
小っちゃい&細い。軽さでジャンプを跳んでいます。スローパートの表現がそれほど得意ではなさそうでした。LPには3Fが入っていないので、今シーズンのステップからの3Fの課題は難しいのでしょうね。ジョアンのガッツポーズ男らしい。

フランスのペロタンがキスクラにやってきたときコーチの濃い顔が画面にヌッと現れてビビった。インタビューでニキティナさんがロシア語喋ってる。ニキティナさんは一番リーザにインプレッションを受けているらしい。もうそんな時代なのか。

ユジン
3Lz-2T 2A-3T 3F 3Lz so 3Lo 3S-1T-1Lo 2A
毎度のことながら韓国スケーターのISUバイオのスカスカぷり。ちゃんと書こう?ロミジュリ滑りそうなウエストサイドストーリーの衣装。でもウエストサイドストーリーは現代版ロミジュリだから間違ってはいないのか。現代にタイムスリップしてきたジュリエットとトニーの恋の物語ですね。3連コンボ1回転でもちゃんとつけたのは偉い。これで順位変わることもありますから。

シャンニン
3Lz shaky 3F 3T-2T 3S-1Lo-3S 2A 3T 2A-2T
シャンニンの3Fの踏み切りいいわーモホークがはしゃいでる。癖あるジャンプが嫌いな人はやんや言いそうですけど僕は変なの好き。思わず3Fリピートしてしまいました。SPから衣装の色味がプログラムの印象よりも明るいです。もう少しトーンを落としてもよさそうな気がします。でも瑞々しい溌剌とした動きをしていたのでそういう点では合っていましたかね。キスクラのミンシュー。現役時代より随分甘酢あんかけ肉団子みたいになった。

ウコロワ
3Lo 2Lz 2A-1Lo-3S 3T 3Lz 3S-2T 2A
昨シーズンと同じライフイズビューティフル。ちょっと軽快になった気がしなくもなく、明るくなった気がしなくもない。この幸薄そうなライフイズビューティフルは応援したくなる。90点に喜ぶウコロワさん、わしも嬉しいぞ。

ソツコワ
3Lz-3T 3F 3F-1Lo-3S 3Lz 2A-2T tano 3Lo 2A
1人のジャッジがフライングシットに-1をつけただけで他にはマイナスはつけられませんでした。ルッツフリップのエッジに問題がないのは女子では大きなアドバンテージですね。彼女の演技は上品と捉えられるか無表情と捉えられるか好みが極端に分かれると思います。音楽が変わってもまとまりが良すぎて淡々として見えることがあるのでそこは改善して欲しいかも。

坂本
3F-3T 3Lz 3S-2T 2A-3T 3F 3Lo fall 2A
このプログラムはジャンプが一連の流れの中に組み込まれているのがいいですね。3Lzにはeマークがつきませんでした。3Loの転倒は残念だけど演技の印象に影響はしませんでした。それぐらいに他の流れがよかったから。バストから上がグキッと動くので体全体でヌワワワワワーンと動けるようになればもっとPCSが上がりそうです。2戦やるうちでソツコワにもサハノヴィッチにもツルスカヤにも当たるハードモード。

青木
3Lz-3Lo 3S ot 2A 2T fall 3Lz 3F 2A fall
3-3のセカンドはアンダーローテーションでした。失敗してしまった3Tや2Aはコンビネーションをつけてやろうと力が入りすぎて軸が曲がってしまったのかもしれません。振付はいいしスピードもありました。スピンの回転数が足りなくてノーバリューになったところとか、ステップもこなしきれずあまりよくなくてパフォーマンスやインタープリテーションが下がってしまったのは仕方ないでしょう。国内の試合でしっかり立て直しましょう。

グレン
3F-3T 3Lz-3T 2A 3Lo 3Lz td 3S df 2A fall
グレーは体型がダイレクトに出てしまう危険な色。白やピンクよりも危ない。腕も覆ってボディライン強調してるのは男らしい。3F-3Tと3Lz-3Tの連発は迫力あります。後半のジャンプ3つの失敗がグラデーションのように強くなって行きました。ボーカルに負けしてしまってエキシビションみたいになっている気がします。自分の編曲を忘れて曲が終わる前に動き出してしまうグレンさん。

フェディチキナ
2A 3F-3T 3Lz 2A-3T-2T 1Lz 1Lo 3S
またロシア人のフランス語志向が。ロシア人に「フランス好きなんですか?」って聞いてみたい。メモリー一曲のみで滑るというジュニアスケーターにとっては相当なハードルの高さだとは思うのですが驚くべきエキシビションっぽくなさ。きちんと競技用プログラムとしての表現があって流れもできていて情景が浮かびます。ポニーテールにリボンをつけてさりげない猫耳。掌に肉球ついてますよ。ジャンプさえ成功していればPCSは1番をもらえたでしょうね。台には乗れなかったけどとてもよかった。これからが楽しみ。これからが楽しみだけどこれから出してもらえるのか?

ダビン
3Lz-3T 3F 3Lo 2A-3T 3Lz-2T-2Lo 3S 2A
後半の3Tと2Loがアンダーローテーションをとられただけでジャンプは全て降りました。彼女の安定感は素晴らしいです。この衣装スカートのピラピラの先っちょの方までストーン使っていてすごくきれい。腕のレースのスケスケのアシンメトリーなところもいい。胸のYの切り込みがもっと浅かったら完璧だったのに。昨シーズンのBGMアンダンテスピアナートに比べたらこちらの方が遥かにいい。遥かにいいけどもう少し視線を上にしてくれたらと思います。終始表情が暗く見えてしまうので。たか子コーチそんなに喜ばない。うわーーーきゃーーーみたいなのないのか。

場内アナウンスさん「アイスダンスの表彰式」言うた。ソロダンスかな?女子に続きペアの表彰式もありました。女の子の顔が覚えられないから男の子の髪型でペアを見分けよう。フィギュアスケートの女の子はほとんどお団子だし普段はロングで降ろしてるから覚えられない。ホワイエクとシャルトランを時々間違えるレベル。ウクライナの国歌聞くことないので調べてみたらISU主催の大会で流れるのは7年ぶりでした。

ソツコワインタビューで好きなスケーターはカロリーナと。バロック音楽滑ろう!ロシアの枠はいないぞ!!!てか世界的に不在だから!!!!!
Comment:5
back-to-top